JP2005028105A - 真空掃除機用モータ組立体およびそれを備える真空掃除機 - Google Patents

真空掃除機用モータ組立体およびそれを備える真空掃除機 Download PDF

Info

Publication number
JP2005028105A
JP2005028105A JP2004104825A JP2004104825A JP2005028105A JP 2005028105 A JP2005028105 A JP 2005028105A JP 2004104825 A JP2004104825 A JP 2004104825A JP 2004104825 A JP2004104825 A JP 2004104825A JP 2005028105 A JP2005028105 A JP 2005028105A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chamber
motor
vacuum cleaner
dust
case
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2004104825A
Other languages
English (en)
Inventor
Jung-Seon Park
重 善 朴
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Samsung Electronics Co Ltd
Original Assignee
Samsung Gwangju Electronics Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Samsung Gwangju Electronics Co Ltd filed Critical Samsung Gwangju Electronics Co Ltd
Publication of JP2005028105A publication Critical patent/JP2005028105A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/10Filters; Dust separators; Dust removal; Automatic exchange of filters
    • A47L9/12Dry filters
    • A47L9/122Dry filters flat
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L5/00Structural features of suction cleaners
    • A47L5/12Structural features of suction cleaners with power-driven air-pumps or air-compressors, e.g. driven by motor vehicle engine vacuum
    • A47L5/22Structural features of suction cleaners with power-driven air-pumps or air-compressors, e.g. driven by motor vehicle engine vacuum with rotary fans
    • A47L5/28Suction cleaners with handles and nozzles fixed on the casings, e.g. wheeled suction cleaners with steering handle
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/0081Means for exhaust-air diffusion; Means for sound or vibration damping
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/10Filters; Dust separators; Dust removal; Automatic exchange of filters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/22Mountings for motor fan assemblies
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S55/00Gas separation
    • Y10S55/03Vacuum cleaner

Abstract

【課題】 静かなところで真空掃除機を使用可能な真空掃除機用モータ組立体およびこれを備えた真空掃除機を提供する。
【解決手段】 本発明にかかる真空掃除機のモータ組立体は、吸込力を生成させるモータと;モータと集塵装置とを連結する空気流路上に設けられ、排気される空気を再度フィルタリングする補助フィルタ部材と;モータケースと;を含み、モータケースは、集塵装置と連結され、補助フィルタ部材が設けられる第1のチャンバと、掃除機本体の排気口と連結され、モータの外郭を取り囲む第2のチャンバと、第1および第2のチャンバを互いに空気疎通が可能に連結する連結流路と、を含む。
【選択図】 図3

Description

本発明は、真空掃除機に関し、特に、被掃除面のゴミを吸入するための吸込力を生成させるよう真空掃除機内に設けられたモータ組立体に関する。
通常、真空掃除機は駆動時に被掃除面に沿って移動しつつ被掃除面における散在したゴミを周辺空気と共に吸込み掃除を行なう装置であり、掃除機本体および吸気口組立体を含む。
図1は、真空掃除機の中アップライト型真空掃除機の外観を示した図であり、図2は図1に示した真空掃除機の掃除機本体を示した図である。
図1および図2を参照すれば、従来のアップライト型真空掃除機100は吸気口組立体110、掃除機本体120、集塵装置130、モータ組立体150を含む。
吸気口組立体110には、前記被掃除面のゴミを吸込むゴミ吸込孔(図示せず)がその底面に形成される。
掃除機本体120は、吸気口組立体110の一側に回動自在に連結されており、その後方には前記ゴミ吸込孔を介して吸入され集塵装置130によってゴミが濾し出された空気が排気される排気口127が形成される。かかる掃除機本体120の外郭は前方ケース121と後方ケース122により形成される。集塵装置130は、吸気口組立体110を介して吸込まれた外気からゴミを分離する装置であって、本図面に示された真空掃除機100は、掃除機本体120の集塵チャンバ125に取付けられ、前記外気を旋回させることによって発生する遠心力を用いてゴミを分離するサイクロン集塵装置130、該サイクロン集塵装置130から排気される空気を再度フィルタリングする補助フィルタ組立体140を含む。参考に、未説明符号160は、サイクロン集塵装置130のダストカップ135を集塵チャンバ125内で昇降させ、掃除機本体120の集塵チャンバ125の上端に固設されたサイクロンヘッド部131に結合/分離させる昇降ユニットである。
モータ組立体150は、前記ゴミ吸込孔に吸込力を発生させるためのもので、前記ゴミ吸込孔に空気疎通可能に連結されるよう掃除機本体120に格納される。かかるモータ組立体150は前述の吸込力を発生させるモータ305(図4参照)の外郭を取り囲むモータケース153を含む。該モータケース153は、補助フィルタ組立体140から排気される空気を掃除機本体120の排気口127へ導く役割を果たす。
前述のように構成される従来の真空掃除機と類似した真空掃除機は、米国特許5230722にも開示されてあるため、詳細な構成はこれを参照すればよい。
かかる従来の真空掃除機100は、モータ組立体150、補助フィルタ組立体140それぞれが別に構成されているので、モータ組立体150と補助フィルタ組立体140とを連結する空気流路が必要とされる。このような前記空気流路をシーリングするためのシーリング装置180もさらに必要とされる。
これによれば、モータ組立体150と補助フィルタ組立体140および前記空気流路の連結部位を介して駆動ノイズが漏れてしまい、静かなところでは掃除機の使用が容易でないという問題点があった。
さらに、別途の空気流路とシーリング装置とをさらに設置することで真空掃除機100の製造工程が複雑になると共に、製造コストも上昇してしまうという問題点もある。
本発明は前述した従来の問題点を解決するために案出されたもので、その目的は、真空掃除機の駆動時に発生するノイズを低減させ、より静かな状態で真空掃除機を使用することができるよう、その構成が改善された真空掃除機用モータ組立体およびそれを備える真空掃除機を提供することにある。
前記目的を達成するための本発明にかかる真空掃除機のモータ組立体は、ゴミ吸気孔に吸込力を生成させるモータと;前記モータと前記吸込力により前記ゴミが含まれた状態で吸入される外気からゴミを分離する集塵装置を連結する空気流路上に設けられ、前記集塵装置から排気される空気を再度フィルタリングする補助フィルタ部材と;前記集塵装置と連結し前記補助フィルタ部材が設けられる第1のチャンバと、前記掃除機本体の排気口と連結し、前記モータが設けられる第2のチャンバがその内部に区画形成され、前記第1および第2のチャンバを互いに空気疎通可能に連結する連結流路を含むモータケースと;を含むことを特徴とする。
本発明によれば、前記第1のチャンバは、前記掃除機本体の外壁を貫通し前記掃除機本体の外部に露出される出入口によってその一側がオープンされ、前記補助フィルタ部材は、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に取付けられる。
なお、前記モータケースは、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に設けられる着脱部材をさらに含み、前記着脱部材は、前記補助フィルタ部材を保持する保持部と;前記保持部の一側に設けられ前記保持部が前記第1のチャンバに挿入されたとき前記出入口を覆って前記掃除機本体の外部から前記出入口を遮断させる蓋体部と;を含むことが好ましい。
前記出入口の縁部に沿って前記モータケースにシーリング部材がさらに設けられることが好ましい。
一方、前記モータケースは、前記第1のチャンバがその内部に形成され、前記第1のチャンバと前記集塵装置とを空気疎通可能に連結させる第1のポートを含む第1のケースと;前記第1のケースと結合し前記第2のチャンバを前記モータケース内に形成させ、前記第2のチャンバと前記真空掃除機の排気口とを連結する第2のポートを含む第2のケース;を含み、前記連結流路は、前記第1および第2のケースの結合時に前記第1および第2のチャンバを互いに連結させるよう前記第1のケースの一側壁に貫通形成される連結孔を含む。
ここで、前記第2のケースは、前記連結孔を介して前記第2のチャンバに吸込まれた空気をガイドし、前記空気が前記モータの円周方向に沿って前記第2のケース内で所定の距離旋回した後、前記第2のポートから排気されるように案内する案内ダクトをさらに含むことが好ましい。
本発明の他の観点による真空掃除機は、ゴミ吸込孔が下端面に形成された吸気口組立体と;前記吸気口組立体の一側に回動自在に設けられ、前記ゴミ吸込孔と空気疎通可能に順次配される集塵チャンバおよび排気口を有する掃除機本体と;前記掃除機本体に格納されその駆動時に前記ゴミ吸込孔に吸込力が発生されるようにし、その上部の外壁が前記集塵チャンバの底面をなすモータ組立体と;前記集塵チャンバに設けられ前記ゴミ吸込孔を介して吸込まれた外気からゴミを分離する集塵装置;を含み、前記吸込力を発生させるモータと;前記集塵装置に空気疎通可能に連結され、前記集塵装置から排気される空気を再度フィルタリングする補助フィルタ部材が取付けられる第1のチャンバと、前記掃除機本体の排気口と連結され前記モータが設けられる第2のチャンバそれぞれがその内部に区画形成され、前記第1および第2のチャンバを互い空気疎通可能に連結する連結流路を含むモータケースと;を含むことを特徴とする。
なお、前記集塵装置は、前記ゴミ吸込孔を介して吸込まれた空気を旋回させることで発生される遠心力を用いてゴミを分離するサイクロン集塵装置を含み、前記サイクロン集塵装置は、前記集塵チャンバの上端部に固設され、前記ゴミ吸込孔と前記モータケースとの空気疎通を可能に連結するサイクロンヘッド部と;前記サイクロンヘッド部の下端に着脱自在に設けられ、サイクロンチャンバを形成させ、前記サイクロンチャンバから遠心分離されたゴミが積載されるダストカップと;を含むことが好ましい。
そして、前記集塵チャンバには、前記集塵チャンバに挿入された前記ダストカップを上昇させ前記サイクロンヘッド部と結合させる昇降ユニットが設けられ、前記昇降ユニットは、前記モータ組立体の上部外壁上に設けられることが好ましい。
さらに、前記昇降ユニットは、前記モータ組立体の上部外壁に回動自在に設けられるレバー部材と;前記集塵チャンバに挿入される前記ダストカップの下面を保持し、前記レバー部材の上部に昇降可能に設けられるディスクと;前記レバー部材とディスクとの間に設けられ前記レバー部材の回動時に前記ディスクを昇降させるカム駆動部と;を含むことがもっとも好ましい。
他の観点によれば、真空掃除機用のモータ組立体は、前記吸込力を発生させるモータと;前記モータが設けられるチャンバがその内部に形成され、前記吸込力により前記ゴミを含んだ状態で前記掃除機本体内に吸込まれる外気から前記ゴミを分離する集塵装置と前記チャンバとを連結する第1のポート、および前記掃除機本体の排気口と前記チャンバとを連結させる第2のポートを有するモータケースと;を含み、前記モータケースは、前記第1のポートを介して吸込まれた空気が前記モータの円周方向に沿って前記モータケース内で所定の旋回角の分旋回した後、前記第2のポートを介して排気されるように案内する案内ダクトを含むことを特徴とする。
本発明によると、独立的に掃除機本体に設けられたモータ組立体と補助フィルタ組立体が1つのモータケースに統合的に設けられることによってモータ組立体と補助フィルタ組立体との連結部位に設けられた別途のシーリング装置を必要としない。
これによって、真空掃除機の駆動時にモータ組立体と補助フィルタ組立体を連結する連結部位を介して駆動ノイズ漏れを抑え、より静な環境で掃除作業ができる。
そして、1つのモータ組立体につき補助フィルタ部材とサイクロン集塵装置用昇降ユニットの機能が統合されるので真空掃除機の製造コストをダウンさせ得る効果がある。
また、モータケース内に形成された案内ダクトにより排気流路はモータケース内で所定の長さ延長するため、真空掃除機の駆動ノイズを低減させることができる。
以下、本発明の好適な実施形態につき添付された図を参照して詳説する。参考に、本発明の実施形態を説明することにあたって、図1および図2に図示かつ説明された従来の真空掃除機の構成要素と同一な構成および機能を有する真空掃除機の構成要素について従来と同一な参照符号を付して引用する。図3ないし図7を参照すれば、本発明の好適な実施形態にかかる真空掃除機は、掃除機本体220、サイクロン集塵装置130、モータ組立体300を有している。
図3に示すよう、本発明の実施形態にかかる掃除機本体220は、集塵チャンバ225および排気口127を含み、モータ組立体300を格納する。これによれば、吸気口組立体110(図1参照)のゴミ吸込孔(図示せず)を介して外部から吸込まれた空気は集塵チャンバ225とモータ組立体300とを順次に経由した後、排気口127を介して掃除機本体220の外部に排気される。
サイクロン集塵装置130は、前記ゴミ吸込孔を介して流入された外気からゴミを分離するための集塵装置の一種であって、前記ゴミ吸込孔を介して吸込まれた外気を旋回させ旋回気流を生成させると共に、該旋回気流の遠心力からゴミを分離する。本実施形態におけるサイクロン集塵装置130は、サイクロンヘッド部131とダストカップ135を含む。サイクロンヘッド部131は、集塵チャンバ225の上端部に固設され前記ゴミ吸込孔に空気疎通可能に連結される入口132、後述されるモータケース310に空気疎通可能に連結される出口133を有する。ダストカップ135は、サイクロンヘッド部131の下端に分離可能に結合し、結合時に前記外気が旋回されるサイクロンチャンバが内部に形成される。参考に、未説明符号134、229はサイクロンヘッド部131を集塵チャンバ225に固定させるための締結部材と締結孔である。
以上のように構成される本実施形態にかかる真空掃除機は、前述のようなサイクロン集塵装置130のダストカップ135をサイクロンヘッド部131に結合させるために昇降ユニット260をさらに含む。前記昇降ユニット260は、集塵チャンバ225に挿入された状態のダストカップ135を上昇させサイクロンヘッド部131と結合させるためのものであり、レバー部材261とディスク263およびカム駆動部(図示せず)を含み、集塵チャンバ225の底面に設けられる。前記レバー部材261は、集塵チャンバ225の底面に図4の矢印(a)方向で掃除機本体220について左右回動が可能に設けられ、その上部にはダストカップ135の底面を保持するディスク263がレバー部材261の回動時に昇降できるよう設けられる。そして、レバー部材261とディスク263との間には、レバー部材261の回動時にディスク263を昇降させるための前記カム駆動部が設けられる。該カム駆動部は、レバー部材261の回動によってディスク263を昇降させることができる構成ならば多様な形態で構成可能であるため、それに対する詳説は省略する。
モータ組立体300は、集塵装置130と排気口127を連結する空気流路上に配されるように掃除機本体220に設けられ、モータ305(図4参照)と補助フィルタ部材270およびモータケース310を含む。本発明にかかるモータ組立体300は、補助フィルタ部材270がモータケース310に直接着脱自在に設けられるという点において、前述された従来のモータ組立体300の技術構成と対比される相違点を有する。これによれば、真空掃除機の駆動時に補助フィルタ部材270からモータ305を連結する連結流路を介してモータ305の駆動ノイズが漏れることを完璧に封鎖することができる。また、モータ305と補助フィルタ部材270とを連結する別の連結装置およびこれに加えられるシーリング装置の設置が要らないため真空掃除機の製造を便利にかつ製造コストをダウンさせることができる。
以下、図3ないし図7を参照しながら本発明の好適な実施形態にかかるモータ組立体300を詳説する。
モータ305は、ゴミ吸込孔に吸込力を発生させるためのもので、一般の真空掃除機に用いられるファンモータと同一なのでそれに対する詳説は省く。補助フィルタ部材270は、サイクロン集塵装置130とモータ305とを連結する空気流路上に配されるよう、後述されるモータケース310に着脱自在に設けられ、サイクロン集塵装置130から排気される空気を再度フィルタリングできるようスポンジのような多孔性部材で形成されることが好ましい。
モータケース310は、第1のケース320と第2のケース330とを含む。
第1のケース320は、モータ305の上方部、すなわち、空気流動を発生させるファンユニットファンユニット306側を取り囲むよう形成され、補助フィルタ部材270が着脱自在に取付けられる第1のチャンバ350がその内部に形成される。そして、第1のケース320は、第1のポート323、出入口325、連結孔324を含む。前記第1のポート323は、集塵装置130の出口133と連結される吸気口128に連結され、集塵装置130と第1のチャンバ350を空気疎通可能に連結する。連結孔324は第1のケース320の下部壁322のほぼ中央部に貫通形成され、第2のケース330と第1のケース320との結合時に第1のチャンバ350と後述される第2のチャンバ360を互いに空気疎通可能に連結する。一方、出入口325は、モータケース310が掃除機本体220に取付けられた状態で掃除機本体220の外部に露出するよう形成され、第1のチャンバ350の一側をオープンさせる。かかる出入口325には、着脱部材272が着脱自在に挿入される。前記着脱部材272は、補助フィルタ部材270を第1のチャンバ350に設けることを補助するためのもので、保持部275および蓋体部273を含む。保持部275は、補助フィルタ部材270を保持し着脱部材272の装着時に第1のチャンバ350の内部に配される。これによれば、図7に示すように、第1のポート323を介して第1のチャンバ350内に流入される空気が補助フィルタ部材270を経由して連結孔324を通って後述される第2のチャンバ360に排気されるのでサイクロン集塵装置130から排気される空気を再度フィルタリングできる。従って、真空掃除機のフィルタリング効率を向上させることにも繋がる。なお、蓋体部273と出入口325の隙間から空気の漏れを抑えるため、出入口325または蓋体部273の縁部に沿ってシーリング部材(図示せず)がさらに設けられることができる。
第2のケース330は、第1のケース320の下部オープン面322側に結合され、モータ305が設けられる第2のチャンバ360をモータケース310内に形成させる。前記第2のチャンバ360は、連結孔324を介して第1のチャンバ350と空気疎通可能に連結されており、第2のポート333を介して掃除機本体220の排気口127と空気疎通可能に連結されている。
図6および図7に示すように、本実施形態におけるモータケース310は、真空掃除機の駆動時に空気流動によるノイズを低減させるためにモータ305から排気される空気流路が特定の形状で形成される。かかる空気流路の形状は、第2のケース330の内周面にモータ305の円周方向に沿ってモータ305のファンユニット306から第2のポート333に延びた案内ダクト337により形成される。前記案内ダクト337によれば、モータ305から排気される空気は第2のケース330の内周面に沿って所定の長さ旋回した後、第2のポート333に排気されることができるよう案内される。これによれば、モータケース310内における空気流路を最大に延長させることで真空掃除機の駆動ノイズを低減させることができる。
一方、本実施形態におけるモータケース310は、その上部面が集塵チャンバ225の底面をなす。よって、前述された昇降ユニット260がモータケース310、すなわち、第1のケース320の上部面321(図3参照)に回動自在に設けられる。これによれば、モータ組立体300を掃除機本体220に設けるとき、モータ305と補助フィルタ部材270と昇降ユニット260とが同時に掃除機本体220に設けられるため真空掃除機100(図1参照)の製造工程がより簡単になされる。
一方、本発明を説明することに当って吸気口組立体110(図1参照)と掃除機本体220とが互い回動自在に結合するアップライト型真空掃除機の場合にのみ説明したが、これに限定されない。すなわち、吸気口組立体(図示せず)と掃除機本体(図示せず)が分離設置されて延長管のような連結部材によって連結されるキャニスター型掃除機の場合にもまた掃除機本体にもモータ組立体300の設置が可能である。モータ組立体の適用による作用および効果は前述の実施形態と同一である。
以上で説明された本発明によると、独立的に掃除機本体120(図1参照)に設けられたモータ組立体150(図2参照)と補助フィルタ組立体140(図1参照)が1つのモータケース310に統合的に設けられることによってモータ組立体と補助フィルタ組立体との連結部位に設けられた別途のシーリング装置が要らなくなる。
これによって、真空掃除機の駆動時にモータ組立体と補助フィルタ組立体とを連結する連結部位を介して駆動ノイズが漏れることを抑え、より静な環境で掃除作業ができる。
そして、1つのモータ組立体300につき補助フィルタ部材270とサイクロン集塵装置用昇降ユニット260の機能が統合されるので真空掃除機の製造コストをダウンさせ得る効果がある。
また、モータケース310内に形成された案内ダクト337により排気流路がモータケース310内で所定の長さがさらに延長され、真空掃除機100の駆動ノイズを低減させることができる。
以上では、本発明を、本発明の原理を説明するための好適な実施例について図示かつ説明したが、本発明は、そのように図示し説明されたそのままの構成及び作用に限定されるものではなく、却って、添付された特許請求の範囲の思想及び範疇を逸脱することなく、各種の変更及び修正が可能であることを当該発明の属する技術分野における通常の知識を有する者であれば誰でも容易に理解できるはずである。従って、かかるすべての適切な変更及び修正と均等物も本発明の範囲に属することと見做されるべきである。
吸込モータと集塵チャンバとを連結する流路上においてフィルタ部材が分離可能に取付けられる全ての真空掃除機に適用可能である。
従来の真空掃除機の中アップライト型真空掃除機を一例に挙げてその外観を示す斜視図である。 図1の掃除機本体を抜粋して示す分離斜視図である。 本発明の好適な実施形態によるアップライト型真空掃除機の掃除機本体を抜粋して示す分離斜視図である 図3のモータ組立体を抜粋して示す分離斜視図である。 図3のモータ組立体を抜粋して示す分離斜視図である。 本発明の好適な実施形態によるモータ組立体の第2のケースの内部を示す斜視図である。 図3のVII-VII端面線に沿って本発明の好適な実施形態によるモータ組立体の作動状態を示す断面図である。
符号の説明
220 掃除機本体
225 集塵チャンバ
130 サイクロン集塵装置
260 昇降ユニット
270 補助フィルタ部材
272 着脱部材
300 モータ組立体
305 モータ
310 モータケース
320 第1のケース
323 第1のポート
324 連結孔
325 出入口
330 第2のケース
333 第2のポート
337 案内ダクト
350 第1のチャンバ
360 第2のチャンバ

Claims (22)

  1. 被掃除面からゴミを吸込む吸込力を生成させるよう掃除機本体に格納されるモータ組立体であって、
    前記吸込力を発生させるモータと;
    前記吸込力により前記ゴミが含まれた状態で吸込まれる外気からゴミを分離する集塵装置を前記モータに連結する空気流路上に設けられ、前記集塵装置から排気される空気を再度フィルタリングする補助フィルタ部材と;
    前記集塵装置と連結され前記補助フィルタ部材が設けられる第1のチャンバと、前記掃除機本体の排気口と連結され前記モータが設けられる第2のチャンバと、前記第1および第2のチャンバを互いに空気疎通可能に連結する連結流路を含むモータケースと;
    を含むことを特徴とする真空掃除機のモータ組立体。
  2. 前記第1のチャンバは、前記掃除機本体の外壁を貫通し前記掃除機本体の外部に露出される出入口によってその一側がオープンされ、
    前記補助フィルタ部材は、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に取付けられることを特徴とする請求項1に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  3. 前記モータケースは、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に設けられる着脱部材をさらに含み、
    前記着脱部材は、
    前記補助フィルタ部材を保持する保持部と;
    前記保持部の一側に設けられ、前記保持部が前記第1のチャンバに挿入されたとき前記出入口を覆って前記掃除機本体の外部から前記出入口を遮断させる蓋体部と;
    を含むことを特徴とする請求項2に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  4. 前記モータケースは、
    前記第1のチャンバがその内部に形成され、前記第1のチャンバと前記集塵装置とを空気疎通可能に連結させる第1のポートを含む第1のケースと;
    前記第1のケースと結合し前記第2のチャンバを形成させ、前記第2のチャンバと前記真空掃除機の排気口とを連結する第2のポートを含む第2のケース;を含み、
    前記連結流路は、前記第1および第2のケースの結合時に前記第1および第2のチャンバを互いに連結させるよう前記第1のケースの一側壁に貫通形成される連結孔を含むことを特徴とする請求項2に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  5. 前記第2のケースは、前記連結孔を介して前記第2のチャンバに吸込まれた空気をガイドし、前記空気が前記モータの外周面に沿って前記第2のケース内で所定の距離旋回した後、前記第2のポートを介して排気されるように案内する案内ダクトをさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  6. 前記モータケースは、前記連結流路を介して前記第2のチャンバに吸込まれた空気が、前記モータの外周面に沿って前記モータケース内で所定の距離旋回した後、前記排気口に排気されるように案内する案内ダクトを含むことを特徴とする請求項1に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  7. ゴミ吸込孔を備える吸気口組立体と;
    前記吸気口組立体の一側に回動自在に設けられ、前記ゴミ吸込孔と空気疎通可能に順次配される集塵チャンバおよび排気口を有する掃除機本体と;
    前記掃除機本体に格納され、その駆動時に前記ゴミ吸込孔に吸込力が発生されるようにし、その上部の外壁が前記集塵チャンバの底面をなすモータ組立体と;
    前記集塵チャンバに設けられ前記ゴミ吸込孔を介して吸込まれた外気からゴミを分離する集塵装置;
    を含み、
    前記モータ組立体は、
    前記吸込力を発生させるモータと;
    前記集塵装置に空気疎通可能に連結され、前記集塵装置から排気される空気を再度フィルタリングする補助フィルタ部材が取付けられる第1のチャンバと、前記掃除機本体の排気口と連結され前記モータが設けられる第2のチャンバと、前記第1および第2のチャンバを互いに空気疎通可能に連結する連結流路を含むモータケースと;
    を含むことを特徴とする真空掃除機。
  8. 前記第1のチャンバは、前記掃除機本体の外壁を貫通し前記掃除機本体の外部に露出される出入口によりその一側がオープンされ、
    前記補助フィルタ部材は、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に取付けられることを特徴とする請求項7に記載の真空掃除機。
  9. 前記モータケースは、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に設けられる着脱部材をさらに含み、
    前記着脱部材は、
    前記補助フィルタ部材を保持する保持部と;
    前記保持部の一側に設けられ、前記保持部が前記第1のチャンバに挿入されたとき前記出入口を覆って前記掃除機本体の外部から前記出入口を遮断させる蓋体部と;
    を含むことを特徴とする請求項8に記載の真空掃除機。
  10. 前記モータケースは、前記連結流路から前記第2のチャンバに吸込まれた空気をガイドし、前記空気が前記モータの外周面に沿って前記モータケース内で所定の旋回角の分旋回した後、前記排気口に排気されるように案内する案内ダクトを含むことを特徴とする請求項7に記載の真空掃除機。
  11. 前記モータケースは、
    前記第1のチャンバがその内部に形成され、前記第1のチャンバと前記集塵装置とを空気疎通可能に連結させる第1のポートを含む第1のケースと;
    前記第1のケースと結合され、前記第2のチャンバを形成させ、前記第2のチャンバと前記真空掃除機本体の排気口とを連結する第2のポートを含む第2のケースと;を含み、
    前記連結流路は、前記第1および第2のケースの結合時、前記第1および第2のチャンバとを互いに連結させるよう前記第1のケースの一側壁に貫通形成される連結孔を含むことを特徴とする請求項7に記載の真空掃除機。
  12. 前記第2のケースは、前記連結孔を介して前記第2のチャンバに吸込まれた空気をガイドし、前記空気を前記モータの外周面に沿って前記第2のケース内で所定の旋回角の分旋回した後、前記第2のポートを介して排気されるように案内する案内ダクトを含むことを特徴とする請求項11に記載の真空掃除機。
  13. 前記集塵装置は、前記ゴミ吸込孔を介して吸込まれた空気を旋回させることで発生される遠心力を用いてゴミを分離するサイクロン集塵装置を含み、
    前記サイクロン集塵装置は、
    前記集塵チャンバの上端部に固設され、前記ゴミ吸込孔と前記モータケースと空気疎通可能に連結されるサイクロンヘッド部と;
    前記サイクロンヘッド部の下端に着脱自在に設けられ、サイクロンチャンバを形成させ前記サイクロンチャンバから遠心分離されたゴミが積載されるダストカップと;
    を含むことを特徴とする請求項7に記載の真空掃除機。
  14. 前記集塵チャンバには、前記集塵チャンバに挿入された前記ダストカップを上昇させ前記サイクロンヘッド部と結合させる昇降ユニットが設けられ、
    前記昇降ユニットは、前記モータ組立体の上部外壁上に設けられることを特徴とする請求項13に記載の真空掃除機。
  15. 前記昇降ユニットは、
    前記モータ組立体の上部外壁に回動自在に設けられるレバー部材と;
    前記集塵チャンバに挿入される前記ダストカップの下面を保持し、前記レバー部材の上部に昇降可能に設けられるディスクと;
    前記レバー部材とディスクとの間に設けられ、前記レバー部材の回動時に前記ディスクを昇降させるカム駆動部と;
    を含むことを特徴とする請求項14に記載の真空掃除機。
  16. 掃除機本体に格納され被掃除面からゴミを吸込む吸込力を生成させるモータ組立体であって、
    前記吸込力を発生させるモータと;
    前記モータが設けられるチャンバがその内部に形成され、前記吸込力により前記ゴミを含んだ状態で前記掃除機本体内に吸込まれる外気から前記ゴミを分離する集塵装置と前記チャンバとを連結する第1のポート、および前記掃除機本体の排気口と前記チャンバとを連結する第2のポートを有するモータケースと;を含み、
    前記モータケースは、前記第1のポートを介して吸込まれた空気が前記モータの外周面に沿って前記モータケース内で所定の旋回角の分旋回した後、前記第2のポートを介して排気されるように案内する案内ダクトを含むことを特徴とする真空掃除機のモータ組立体。
  17. 前記モータケースは、前記チャンバ内を横切るように設けられた隔壁によって前記モータケース内に区画形成される第1のチャンバおよび第2のチャンバを含むことを特徴とする請求項16に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  18. 前記第1のチャンバは、前記第1および第2のポートを連結する空気流路上に配され、前記第1のポートを介して前記第1のチャンバ内に吸込まれる空気をフィルタリングする補助フィルタ部材がその内部に着脱自在に設けられることを特徴でする請求項17に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  19. 前記第1のチャンバは、前記掃除機本体の外壁を貫通し前記掃除機本体の外部に露出される出入口によりその一側がオープンされ、
    前記補助フィルタ部材は、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に取付けられることを特徴とする請求押18に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  20. 前記モータケースは、前記出入口を介して前記第1のチャンバに着脱自在に取付けられる着脱部材をさらに含み、
    前記着脱部材は、前記補助フィルタ部材を保持し、前記吸気口と前記連結流路との空気疎通が可能になるよう複数の貫通孔が形成された保持部;および
    前記保持部の一側に設けられ、前記保持部が前記第1のチャンバ内に位置するとき前記出入口を覆う蓋体部;
    を含むことを特徴とする請求項19に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  21. 前記第2のチャンバは、前記第1のチャンバと所定の連結流路を介して前記第1のチャンバに連結され、その内部に前記モータが設けられることを特徴とする請求項17に記載の真空掃除機のモータ組立体。
  22. 前記連結流路は、前記隔壁に貫通形成された連結孔であることを特徴とする請求項17に記載の真空掃除機のモータ組立体。
JP2004104825A 2003-07-07 2004-03-31 真空掃除機用モータ組立体およびそれを備える真空掃除機 Withdrawn JP2005028105A (ja)

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR10-2003-0045759A KR100500848B1 (ko) 2003-07-07 2003-07-07 진공청소기용 모터 조립체 및 이를 구비하는 진공청소기

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005028105A true JP2005028105A (ja) 2005-02-03

Family

ID=32677895

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004104825A Withdrawn JP2005028105A (ja) 2003-07-07 2004-03-31 真空掃除機用モータ組立体およびそれを備える真空掃除機

Country Status (11)

Country Link
US (1) US7275281B2 (ja)
JP (1) JP2005028105A (ja)
KR (1) KR100500848B1 (ja)
CN (1) CN1575723A (ja)
AU (1) AU2004202417B2 (ja)
CA (1) CA2470987C (ja)
DE (1) DE102004029422A1 (ja)
FR (1) FR2857247A1 (ja)
GB (2) GB2417888B (ja)
IT (1) ITMI20041345A1 (ja)
RU (1) RU2004120671A (ja)

Families Citing this family (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
SE0300355D0 (sv) 2003-02-10 2003-02-10 Electrolux Ab Hand held vacuum cleaner
JP2005204880A (ja) * 2004-01-22 2005-08-04 Sanyo Electric Co Ltd 電気掃除機及びその集塵装置
GB2427999A (en) * 2005-07-07 2007-01-17 Hoover Ltd Vacuum cleaner providing filter-absence detection
GB2441724B (en) * 2005-07-12 2011-03-09 Bissell Homecare Inc Vacuum cleaner base
KR101353311B1 (ko) * 2005-12-27 2014-01-24 삼성전자주식회사 진공청소기
US20070163075A1 (en) * 2006-01-17 2007-07-19 Butler Dennis C Stair cleaning vacuum cleaner
SE0600668L (sv) * 2006-03-24 2007-10-23 Electrolux Abp Handhållen dammsugare
SE531125C2 (sv) * 2007-01-19 2008-12-23 Electrolux Ab Förbättringar med avseende på luftströmningsförluster i en dammsugare
EP2007264B1 (en) 2006-04-10 2019-03-13 Aktiebolaget Electrolux Vacuum cleaner with filter cleaning means
EP2012638B1 (en) * 2006-04-10 2013-06-19 Aktiebolaget Electrolux A vacuum cleaner
KR100734571B1 (ko) * 2006-05-26 2007-07-02 한경희 스팀진공청소기
US7749292B2 (en) * 2006-11-16 2010-07-06 Suzhou Clean Bloom Electric Co., Ltd. Cyclonic dust collecting apparatus
KR100818225B1 (ko) * 2006-12-22 2008-04-01 삼성광주전자 주식회사 진공청소기
WO2008091199A1 (en) * 2007-01-23 2008-07-31 Aktiebolaget Electrolux Vacuum cleaner nozzle
KR100813539B1 (ko) * 2007-04-02 2008-03-17 한경희 집진용기 및 이를 사용한 스팀진공청소기
KR101566426B1 (ko) 2009-05-07 2015-11-06 삼성전자주식회사 진공청소기
US8470083B2 (en) * 2010-03-08 2013-06-25 Oreck Holdings, Llc Portable canister vacuum
US20110219579A1 (en) * 2010-03-12 2011-09-15 G.B.D. Corp. Suction motor housing for an upright surface cleaning apparatus
USD665959S1 (en) * 2011-03-04 2012-08-21 Bissell Homecare, Inc. Portion of floor cleaning machine
USD666372S1 (en) 2011-08-15 2012-08-28 Techtronic Floor Care Technology Limited Filter housing
GB2523815A (en) * 2014-03-07 2015-09-09 Techtronic Floor Care Tech Ltd Surface cleaning apparatus
JP2019063023A (ja) * 2017-09-28 2019-04-25 ツインバード工業株式会社 電気掃除機
USD912345S1 (en) * 2018-08-30 2021-03-02 Samsung Electronics Co., Ltd. Cleaner
GB2605749B (en) * 2021-01-22 2023-04-26 Dyson Technology Ltd A filter arrangement for a vacuum cleaning appliance

Family Cites Families (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB1052161A (ja) * 1963-03-08
US4213224A (en) 1978-08-21 1980-07-22 Shop-Vac Corporation By-pass type portable vacuum cleaner
US4586214A (en) 1983-12-08 1986-05-06 Shop Vac Corporation Compact vacuum cleaner
JPH01209035A (ja) 1988-02-17 1989-08-22 Sanyo Electric Co Ltd 電気掃除機
US5102435A (en) 1991-03-11 1992-04-07 Hako Minuteman, Inc. Vacuum suction machine with high efficiency filter and operating interlock
US5548867A (en) * 1994-03-03 1996-08-27 Samsung Electronics Co., Ltd. Vibroisolating apparatus of vacuum cleaner
JP3240368B2 (ja) 1995-12-08 2001-12-17 シャープ株式会社 電気掃除機
EP0865249B1 (en) * 1996-06-28 2001-10-17 Koninklijke Philips Electronics N.V. Vacuum cleaner housing with a minimized number of unmoulding directions
KR0136300Y1 (ko) 1996-09-10 1999-02-01 최진호 진공청소기용 모터의 소음감쇠구조
US6085382A (en) * 1997-01-10 2000-07-11 White Consolidated Industries, Inc. Air filtrating self-propelled upright vacuum cleaner
JPH1132947A (ja) 1997-06-30 1999-02-09 Daewoo Electron Co Ltd 真空掃除機の吸音装置
ES2203853T3 (es) * 1997-10-27 2004-04-16 Daewoo Electronics Corporation Aspirador silencioso.
GB9726676D0 (en) 1997-12-17 1998-02-18 Notetry Ltd A vacuum cleaner
JP2001037687A (ja) 1999-08-02 2001-02-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電気掃除機
US6269518B1 (en) 1999-12-08 2001-08-07 Shell Electric Mfg. (Holdings) Co. Ltd. Bagless vacuum cleaner
US6341404B1 (en) * 2000-01-13 2002-01-29 Royal Appliance Mfg. Co. Upright vacuum cleaner with cyclonic airflow pathway
US6286553B1 (en) * 2000-09-01 2001-09-11 Tdw Delaware, Inc. Removable closure system
KR100437363B1 (ko) * 2001-01-11 2004-06-25 삼성광주전자 주식회사 사이클론 집진장치의 오물수거통 고정장치
KR100390608B1 (ko) 2001-03-12 2003-07-07 삼성광주전자 주식회사 진공청소기의 사이클론 집진장치
KR100398686B1 (ko) 2001-07-25 2003-09-19 삼성광주전자 주식회사 사이클론 집진장치 및 업라이트형 진공청소기
JP2002125898A (ja) 2001-09-10 2002-05-08 Sharp Corp 電気掃除機
KR20030035629A (ko) 2001-11-01 2003-05-09 (주)휴먼앤휴먼테크놀러지 무선 진공청소기용 집진필터의 착탈구조
KR100445479B1 (ko) * 2001-12-20 2004-08-21 엘지전자 주식회사 진공청소기의 모터하우징

Also Published As

Publication number Publication date
CN1575723A (zh) 2005-02-09
CA2470987C (en) 2008-11-25
GB2403646B (en) 2006-06-28
AU2004202417B2 (en) 2006-05-25
RU2004120671A (ru) 2006-01-10
GB2417888A (en) 2006-03-15
DE102004029422A1 (de) 2005-02-03
FR2857247A1 (fr) 2005-01-14
GB0524738D0 (en) 2006-01-11
GB2417888B (en) 2006-06-28
AU2004202417A1 (en) 2005-01-27
US20050005391A1 (en) 2005-01-13
GB2403646A (en) 2005-01-12
GB0412121D0 (en) 2004-06-30
ITMI20041345A1 (it) 2004-10-05
US7275281B2 (en) 2007-10-02
KR20050005863A (ko) 2005-01-15
CA2470987A1 (en) 2005-01-07
KR100500848B1 (ko) 2005-07-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005028105A (ja) 真空掃除機用モータ組立体およびそれを備える真空掃除機
RU2325836C2 (ru) Узел пылеулавливания для пылесоса (варианты)
KR100615360B1 (ko) 사이클론 집진장치 및 그 사이클론 집진장치를 가지는진공청소기
KR101353311B1 (ko) 진공청소기
KR100429479B1 (ko) 전기청소기
KR20140028870A (ko) 진공청소기
TW201500026A (zh) 自走式清潔設備之集塵方法及裝置
JP2009504235A (ja) 真空掃除機のフィルタ装着構造
KR100509057B1 (ko) 진공청소기용 흡입노즐
KR100730944B1 (ko) 진공 청소기의 배기 유로구조
KR20060019740A (ko) 진공 청소기의 흡입 노즐 구조
KR100579518B1 (ko) 업라이트형 진공청소기의 공기흐름 전환장치 및 이를구비한 업라이트형 진공청소기
KR100631571B1 (ko) 진공청소기의 흡입헤드
KR20190136628A (ko) 청소기
KR20190136629A (ko) 청소기
EP2211678B1 (en) Electric vacuum cleaner
EP2789282A1 (en) Electric vacuum cleaner
JP4559610B2 (ja) 電気掃除機
KR102570849B1 (ko) 차량용 청소장치
KR102071391B1 (ko) 청소기
KR101256102B1 (ko) 진공청소기
JP2001353109A (ja) 電気掃除機およびその吸込口体
KR200192862Y1 (ko) 업라이트 진공청소기의 배기부구조
KR20240000978A (ko) 청소기
KR200144887Y1 (ko) 진공청소기

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20050907