JP2003080173A - 廃棄物搬送シュート - Google Patents

廃棄物搬送シュート

Info

Publication number
JP2003080173A
JP2003080173A JP2001278239A JP2001278239A JP2003080173A JP 2003080173 A JP2003080173 A JP 2003080173A JP 2001278239 A JP2001278239 A JP 2001278239A JP 2001278239 A JP2001278239 A JP 2001278239A JP 2003080173 A JP2003080173 A JP 2003080173A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chute
waste
air
plastic
obliquely
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001278239A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeki Yamazaki
茂樹 山崎
Hidetoshi Noda
英俊 野田
Takuro Nomura
卓朗 野村
Toshiaki Takuwa
稔朗 宅和
Sakae Yamamoto
栄 山元
Yukio Toyoda
幸雄 豊田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NKK Plant Engineering Corp
JFE Engineering Corp
Original Assignee
NKK Plant Engineering Corp
NKK Corp
Nippon Kokan Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NKK Plant Engineering Corp, NKK Corp, Nippon Kokan Ltd filed Critical NKK Plant Engineering Corp
Priority to JP2001278239A priority Critical patent/JP2003080173A/ja
Publication of JP2003080173A publication Critical patent/JP2003080173A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 搬送中に廃棄物の選別機能を有する廃棄物搬
送シュート、及び、シュートや排気部のフィルム状のプ
ラスチックによる閉塞を防止することができるプラスチ
ックごみを搬送する廃棄物搬送シュートを提供するこ
と。 【解決手段】 廃棄物7を搬送する搬送シュートであっ
て、傾斜配設した上方シュート2と、上方シュート2に
対して下面側に向けて断面を拡大して段差部4を形成し
上方シュート2と一体的に同方向に傾斜配設した下方シ
ュート3と、段差部4に斜め下方に向けて配設した中間
シュート5と、中間シュート5に向けて空気を噴出する
エアーノズル6とからなる搬送シュート1を備えた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、廃棄物処理施設、
特に、粗大ごみ、不燃ごみあるいはプラスチック等の廃
棄物を処理する施設において、一方の装置から他方の装
置に廃棄物を搬送し、あるいはプラスチックを破砕して
搬送する、廃棄物搬送シュート(以下、搬送シュートと
いう)に関するものである。
【0002】
【従来の技術】リサイクル処理施設において、回収され
た産業廃棄物や一般廃棄物が、その再利用形態におい
て、選別、加工処理される。図4は、例えば特開平10
ー225934号公報に開示された従来の廃棄物の処理
工程の一例を示す工程図である。まず、容器包装廃棄物
20中から、風力選別21によってガラスびん22を除
去する。次いで、ガラスびん22が除去されたアルミ
缶、スチール缶、プラスチック類からなる容器包装廃棄
物23を、揺動反発式の選別器24によって、スチール
缶、アルミ缶、容器プラスチックからなる重量物25
と、トレー類、フィルム類からなる軽量物26とに選別
する。次いで、先の重量物25を、磁選機27、アルミ
選別機28、乾式選別工程29を経て選別していき、一
方、先の軽量物26を、湿式分離工程30を経て選別し
ていく。
【0003】図5は例えば特開平8ー309286号公
報に開示された従来の風力選別装置の他の例を示す斜視
図である。図において、複数の空気噴出ノズル31を等
間隔で一列に並べたノズルヘッダ32を、分別ごみの投
入コンベヤ33の終端部の下方に、空気噴出ノズル31
を斜め上向きにして配置すると共に、空気噴出ノズル3
1の間隔を、分別ごみの代表寸法の50%以上、100
%以下とし、空気噴出ノズル31の口径を、1mm以
上、5mm以下とし、かつ空気噴出ノズル31からの空
気噴出速度を80m/s以上、250m/s以下とした
もので、分別ごみを、その容積比重によって選別するよ
うにしたものである。
【0004】図6は例えば特開平10ー249282号
公報に開示された従来の風力選別装置の一例を示す説明
図である。この風力選別装置は、ごみを搬送投入するた
めの投入手段34と、ごみを選別するための気流を発生
させるノズルヘッダ35と、平滑な分離板36とによっ
て構成され、ノズルヘッダ35はごみ投入手段の投入部
37の下方から上方にほぼ45度の方向に気流を噴射す
るように設置され、分離板36はノズルヘッダ35の気
流の噴射方向の正面に気流を妨げるように設置されて、
分離板36と装置天井38の間に適切な空間を有し、分
離板36の後方で分離板36の上縁より下方の位置に空
気の排出口39があって、分別されたごみが適切に仕分
けられるように複数の仕切板40,41が設けられてい
る。
【0005】図7は従来のプラスチックごみ搬送装置の
一例を示す説明図である。この装置においては、集塵と
搬送は個別に行われ、通常は粉塵が発生する装置に近い
ところで集塵を行う。プラスチックを破砕する破袋機1
0において発生した粉塵類は、破袋機10の空気ととも
に、破袋機10の天井部に設けた排気管42を経由して
バグフィルタ(図示せず)に送られ、ここで回収され
る。
【0006】また、破袋機10で破砕されたフィルム状
のプラスチックごみ19は、シュート43を経て小孔を
有する揺動反発式選別器45を備えたプラスチック種類
選別機44に落下し、複数の大きさに分別される。そし
て、ここで発生した粉塵類も、プラスチック種類選別機
44内の空気とともに、プラスチック種類選別機44の
天井部に設けた排気管46を経由してバグフィルタに送
られ、ここで回収される。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】図5、図6に示すよう
な廃棄物の処理工程における従来の風力選別装置によれ
ば、自由落下する廃棄物に対し、斜め上向きの空気を噴
出して軽量物を吹上げることにより選別しているので、
装置が大型化する傾向にある。また、既設の処理施設
に、追加して配置することが困難である。
【0008】また、図7に示すようなプラスチックごみ
を搬送する装置によれば、フィルム状のプラスチック1
9は薄くて軽量であるため、破袋機10やシュート4
3、さらにプラスチック種類選別機44内を浮遊し、落
下速度も小さいため、シュート43や排気管42,46
内に吸引されて閉塞を起こしやすく、詰まりの原因にな
っていた。また、排気管42,46の口元にフィルム状
プラスチック19の侵入防止用の金網を設置した場合に
は、この金網にフィルム状プラスチック19が付着して
空気の排出を阻害する。このため、気流搬送等を行う場
合も考えられるが、そのためには動力や装置が必要とな
る。
【0009】本発明は上記のような課題を解決するため
になされたもので、装置が大型化することなく、既設の
処理施設に追加して設置することができ、搬送中に廃棄
物の選別機能を発揮することが可能な搬送シュートを提
供することを目的とする。
【0010】また、本発明は、シュートや排気管へのフ
ィルム状のプラスチックによる閉塞を防止することがで
きる、プラスチックごみを搬送する搬送シュートを提供
することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】(1) 本発明は、廃棄
物を搬送する搬送シュートにおいて、傾斜配設した上方
シュートと、上方シュートに対して下面側に向けて断面
を拡大して段差部を形成し上方シュートと一体的に同方
向に傾斜配設した下方シュートと、段差部に斜め下方に
向けて配設した中間シュートと、中間シュートに向けて
空気を噴出するエアーノズルとからなる搬送シュートを
備えたものである。 (2) また、中間シュートを、上方シュートに対して
ほぼ直角かつ斜め下方に向けて配設した。
【0012】(3) また、破砕されたプラスチックご
みを搬送する搬送シュートにおいて、ほぼ鉛直に立設さ
れた筒状部と、筒状部の上部に斜めまたはほぼ鉛直に配
設されて上部が破袋機に接続された筒状部より小断面の
吸気部と、筒状部と吸気部との間に形成された段差部の
近傍にほぼ鉛直または斜めに配設した排気部とからなる
搬送シュートを備え、吸気部と排気部とをほぼV字状に
構成して、吸気部から排気部に至るほぼV字状の空気の
流れを形成するようにしたものである。
【0013】
【発明の実施の形態】[実施の形態1]図1は本発明の
実施の形態1の説明図で、廃棄物処理施設の搬送シュー
トにおける鉄類の精選用風力選別を示す。図において、
1は廃棄物処理施設において、粗大物、不燃物等の廃棄
物の処理を行う搬送シュートであり、上方、中間、下方
の各シュートから構成され、クロス方向から斜め下流側
に向けてジェット気流を使用した風力選別を行うように
したものである。2は斜め下方向に傾斜して配設された
上方シュート、3は上方シュート2に対して下面側に向
けて断面を拡大して両者の間に段差部4を形成して配設
され、上方シュート2と一体的に傾斜した下方シュート
である。5は段差部4において斜め下方に向けて分岐し
て設けられた中間シュートで、上方シュート1の傾斜方
向に対してほぼ直角にかつ斜め下方に向けて配設されて
いる。
【0014】6は搬送シュート1に設けたジェット空気
流8を噴出するためのエアーノズルで、選別物(後述)
の流れ方向とクロスする方向、すなわち中間シュート5
側に向けてジェット空気流8を噴出する。7は選別物で
ある鉄類7aを含む廃棄物で、選別物である鉄類7aに
は、磁選時に鉄類7aと共に絡まって吸い付けられたプ
ラスチック等の異物、すなわち混入物である軽量物7b
が混入している。これら軽量物7bは選別物である鉄類
7aよりも比重が小さいため、風力選別によって選別さ
れる。
【0015】上記のように構成した実施の形態1の作用
を説明する。鉄類7aと軽量物7bの混合体である廃棄
物7は、傾斜した搬送シュート1の流れ方向に搬送され
る過程において、鉄類7aと軽量物7bがバラバラにな
る。そして、上方シュート1に案内されると、斜め下方
の速度ベクトルを持って落下している廃棄物7は、段差
部4で、その落下速度ベクトルとほぼ直角で下向きのエ
アーノズル6からのジェット空気流8を受ける。
【0016】こうして、廃棄物7は、エアーノズル6か
ら噴出されたジェット空気流8によって、搬送シュート
1の段差部4で、軽量物7bと鉄類7aに分別される。
すなわち、混入している軽量物7bが中間シュート5側
に移動し、選別物である鉄類7aが下方シュート3側に
移動して、軽量物7bと鉄類7aの精選が行なわれる。
【0017】上記の搬送シュートによれば、搬送シュー
ト1を分岐するだけで選別ができるから、設置場所の制
限がなく、したがって、既設の処理施設における追加の
設置が容易になる。また、軽量物7bを吹き上げないか
ら消費する空気量が少なく、噴出圧力を低くすることが
できる。
【0018】[実施の形態2]図2は本発明の実施の形
態2の説明図で、搬送シュートにおける可燃物類の精選
用風力選別を示す。実施の形態2では、実施の形態1の
場合と異なり、混入物が金属類等の重量物であるため、
搬送シュートの延長側から混入物が選別される。なお、
実施の形態1と同一部分には同じ符号を付し、説明を省
略する。
【0019】6は搬送シュート1に設けたジェット空気
流8を噴出するためのエアーノズルで、選別物の流れ方
向、すなわち中間シュート5側に向けてジェット空気流
8を噴出する。9は選別物である可燃物9aを含む廃棄
物で、選別物である可燃物9aには、重量物9bが混入
している。選別物である可燃物9aは混入物である重量
物9bよりも比重が小さいため、風力選別によって選別
される。
【0020】上記のように構成した実施の形態2におい
て、可燃物9aと重量物9bを含む廃棄物9は、傾斜し
た搬送シュート1の流れ方向に沿って搬送され、上方シ
ュート1に案内されると、斜め下方の速度ベクトルを持
って落下している廃棄物9は、段差部4で、その落下速
度ベクトルとほぼ直角で下向きのエアーノズル6からの
ジェット空気流8を受ける。
【0021】こうして、廃棄物9は、エアーノズル6か
ら噴出されたジェット空気流8によって、搬送シュート
1の段差部4で、可燃物9aと重量物9bに分別され
る。すなわち、選別物である可燃物9aが中間シュート
5側に移動し、混入している重量物9bが下方シュート
3側に移動して、可燃物9aと重量物9bの精選が行な
われる。
【0022】上記の搬送シュートによれば、搬送シュー
ト1を分岐するだけで選別ができるから、設置場所の制
限がなく、したがって、既設の処理施設における追加の
設置が容易になる。また、可燃物9aを吹き上げないか
ら消費する空気量が少なく、噴出圧力を低くすることが
できる。
【0023】[実施の形態3]図3は本発明の実施の形
態3の説明図で、プラスチックごみの搬送装置を示す。
10は破袋機で、この頂部には装入口11が設けられ、
底部には落下部を構成する搬送シュート12が接続さ
れ、この搬送シュート12はさらに選別器につながって
いる。搬送シュート12は、ほぼ鉛直に立設された筒状
管(筒状部)13と、筒状管13の上部と破袋機10の
下部とに斜め(または、ほぼ鉛直)に接続された筒状管
13より小断面の吸気管(吸気部)14と、筒状管13
と排気管14との間に形成された段差部15の近傍に斜
め(または、ほぼ鉛直)に分岐して接続された排気管
(排気部)16とによって構成され、搬送シュート12
を構成する吸気管14と排気管16とは段差部15を介
してほぼV字状に交わり、吸気管14から段差部15を
介して排気管16に至るほぼV字状の空気の流れを形成
する。なお、排気管16は、集塵装置(図示せず)に連
結されている。
【0024】17は破袋機10内に設けた破砕機、18
はプラスチック袋に入れられて破袋機10内に導入さ
れ、破砕機17によって破砕されるプラスチックごみで
ある。19は破砕機17によって破砕されたフィルム状
プラスチック(破砕されたプラスチック袋を含む)であ
る。なお、筒状管13の下端部と搬送用ベルトコンベア
との間にシール部材(図示せず)を設けて空気の侵入を
防止するようにしてもよい。
【0025】上記のように構成した実施の形態3の作用
を説明する。プラスチックごみ18は装入口11から破
袋機10内に装入され、ここで破砕機17によって破砕
されてフィルム状プラスチック19となる。このフィル
ム状プラスチック19は、空気の流れによって下向きに
付勢されて、搬送シュート12の吸気管14内を斜め下
方(ほぼ鉛直下方)に搬送され(矢印a方向)、筒状管
13内をほぼ鉛直下方に落下する(矢印b方向)。この
とき、吸引に供した空気の全部または一部は、斜め上方
(ほぼ鉛直上方)に向けて排気管16より排出するの
で、空気流のみ逆転して上向きに排出される(矢印c方
向)。そして、排出された空気とともに粉塵類が移動
し、集塵装置に集塵される。上記のプラスチックごみ搬
送装置によれば、フィルム状プラスチック19が搬送シ
ュート12や排気管16を閉塞することがなく、また、
排気側への侵入するのを防止することができる。
【0026】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、本発明
に係る廃棄物搬送シュートは、傾斜配設した上方シュー
トと、上方シュートに対して下面側に向けて断面を拡大
して段差部を形成し上方シュートと一体的に同方向に傾
斜配設した下方シュートと、段差部に斜め下方に向けて
配設した中間シュートと、中間シュートに向けて空気を
噴出するエアーノズルとからなる搬送シュートを備えた
ので、粗大物、不燃物等の廃棄物処理において、各種選
別物を精選することができる。
【0027】また、本発明は、ほぼ鉛直に立設された筒
状部と、筒状部の上部に斜めまたはほぼ鉛直に配設され
て上部が破袋機に接続された筒状部より小断面の吸気部
と、筒状部と吸気部の間に形成された段差部の近傍にほ
ぼ鉛直または斜めに配設した排気部とからなる搬送シュ
ートを備え、吸気部と排気部とをほぼV字状に構成し
て、吸気部から排気部に至るほぼV字状の空気の流れを
形成するようにしたので、フィルム状プラスチックの搬
送とダストの集塵を同時に行い、この際、フィルム状プ
ラスチックの排気側への侵入を防止して、排気側を閉塞
することなく、搬送、集塵の効率を向上させることがで
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態1の説明図である。
【図2】本発明の実施の形態2の説明図である。
【図3】本発明の実施の形態3の説明図である。
【図4】従来の廃棄物の処理工程の一例を示す工程図で
ある。
【図5】従来の風力選別装置の一例を示す斜視図であ
る。
【図6】従来の風力選別装置の他の一例を示す説明図で
ある。
【図7】従来のプラスチックごみ搬送装置の一例を示す
説明図である。
【符号の説明】
1 搬送シュート 2 上方シュート 3 下方シュート 4 段差部 5 中間シュート 6 エアーノズル 7,7a,7b,9,9a,9b 廃棄物 10 破袋機 12 搬送シュート 13 筒状管(筒状部) 14 吸気管(吸気部) 15 段差部 16 排気管(排気部) 18 プラスチックごみ 19 フィルム状プラスチック
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 野田 英俊 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号 日 本鋼管株式会社内 (72)発明者 野村 卓朗 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号 日 本鋼管株式会社内 (72)発明者 宅和 稔朗 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号 日 本鋼管株式会社内 (72)発明者 山元 栄 神奈川県横浜市鶴見区弁天町3番地7 エ ヌケーケープラント建設株式会社内 (72)発明者 豊田 幸雄 神奈川県横浜市鶴見区弁天町3番地1 エ ヌケー環境株式会社内 Fターム(参考) 4D004 AA07 AA46 BA06 CA04 CA08 CB45 4D021 FA02 GA03 GA11 HA10 4D067 EE02 EE22 GA18 GB03

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 廃棄物を搬送する廃棄物搬送シュートに
    おいて、傾斜配設した上方シュートと、該上方シュート
    に対して下面側に向けて断面を拡大して段差部を形成し
    該上方シュートと一体的に同方向に傾斜配設した下方シ
    ュートと、前記段差部に斜め下方に向けて配設した中間
    シュートと、該中間シュートに向けて空気を噴出するエ
    アーノズルとからなる搬送シュートを備えたことを特徴
    とする廃棄物搬送シュート。
  2. 【請求項2】 中間シュートを、上方シュートに対して
    ほぼ直角かつ斜め下方に向けて配設したことを特徴とす
    る請求項1記載の廃棄物搬送シュート。
  3. 【請求項3】 破砕されたプラスチックごみを搬送する
    廃棄物搬送シュートにおいて、ほぼ鉛直に立設された筒
    状部と、該筒状部の上部に斜めまたはほぼ鉛直に配設さ
    れて上部が破袋機に接続された前記筒状部より小断面の
    吸気部と、前記筒状部と吸気部との間に形成された段差
    部の近傍にほぼ鉛直または斜めに配設した排気部とから
    なる搬送シュートを備え、前記吸気部と排気部とをほぼ
    V字状に構成して、前記吸気部から排気部に至るほぼV
    字状の空気の流れを形成することを特徴とする廃棄物搬
    送シュート。
JP2001278239A 2001-09-13 2001-09-13 廃棄物搬送シュート Pending JP2003080173A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001278239A JP2003080173A (ja) 2001-09-13 2001-09-13 廃棄物搬送シュート

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001278239A JP2003080173A (ja) 2001-09-13 2001-09-13 廃棄物搬送シュート

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003080173A true JP2003080173A (ja) 2003-03-18

Family

ID=19102639

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001278239A Pending JP2003080173A (ja) 2001-09-13 2001-09-13 廃棄物搬送シュート

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003080173A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100847472B1 (ko) * 2007-07-11 2008-07-21 (주)한동알앤씨 건설폐기물에 포함된 이물질 선별장치
GB2464689A (en) * 2008-10-21 2010-04-28 Buhler Sortex Ltd Chute for inspection and sorting apparatus
US8100268B2 (en) 2004-07-27 2012-01-24 Buhler Sortex Limited Chutes for sorting and inspection apparatus
US8247724B2 (en) 2008-10-20 2012-08-21 Buhler Sortex Ltd. Chutes for sorting and inspection apparatus

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8100268B2 (en) 2004-07-27 2012-01-24 Buhler Sortex Limited Chutes for sorting and inspection apparatus
KR100847472B1 (ko) * 2007-07-11 2008-07-21 (주)한동알앤씨 건설폐기물에 포함된 이물질 선별장치
US8247724B2 (en) 2008-10-20 2012-08-21 Buhler Sortex Ltd. Chutes for sorting and inspection apparatus
GB2464689A (en) * 2008-10-21 2010-04-28 Buhler Sortex Ltd Chute for inspection and sorting apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5344025A (en) Commingled waste separation apparatus and methods
US5722542A (en) Machine and method for separating recyclable matter
US5464100A (en) Sorting apparatus in solid waste sorting system
JP2001225017A (ja) 風力選別機
JP2002177890A (ja) 風力選別装置
JP2003080173A (ja) 廃棄物搬送シュート
JPH10249282A (ja) 風力選別装置
JP3753852B2 (ja) 破袋廃棄物の風力選別装置
JP3672864B2 (ja) 渦気流分別装置
JP3754607B2 (ja) 渦気流吸引装置及びこの渦気流吸引装置を用いた選別装置
JP3225816B2 (ja) ごみの風力選別装置
JP6745574B1 (ja) 風力式選別装置
JP4533541B2 (ja) 風力併用傾斜コンベア型選別機
JP2509056B2 (ja) 固体廃棄物分別処理システムの分別処理装置
JP3668645B2 (ja) 渦気流分別装置
JP6371999B1 (ja) 混合収集廃棄物の選別処理システム
JPH0889899A (ja) 廃棄物の選別装置
JP2002307017A (ja) 渦気流吸引装置
KR0155083B1 (ko) 고체폐기물 분별처리시스템의 분별처리장치
JPH10216639A (ja) ごみ選別装置
JP3163476U (ja) 重量物と軽量物とを分離する分離装置
CA2068935A1 (en) Air separator
JP2574615B2 (ja) 固体廃棄物分別処理システム
JPH07100435A (ja) 固体廃棄物分別処理装置
JP2000051792A (ja) 風力選別機