WO2019102589A1 - Elevator compensation rope installation device - Google Patents

Elevator compensation rope installation device Download PDF

Info

Publication number
WO2019102589A1
WO2019102589A1 PCT/JP2017/042232 JP2017042232W WO2019102589A1 WO 2019102589 A1 WO2019102589 A1 WO 2019102589A1 JP 2017042232 W JP2017042232 W JP 2017042232W WO 2019102589 A1 WO2019102589 A1 WO 2019102589A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
rope
elevator
counterweight
car
compensating
Prior art date
Application number
PCT/JP2017/042232
Other languages
French (fr)
Japanese (ja)
Inventor
大登 古平
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱電機株式会社 filed Critical 三菱電機株式会社
Priority to PCT/JP2017/042232 priority Critical patent/WO2019102589A1/en
Publication of WO2019102589A1 publication Critical patent/WO2019102589A1/en

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B7/00Other common features of elevators
    • B66B7/06Arrangements of ropes or cables
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B7/00Other common features of elevators
    • B66B7/06Arrangements of ropes or cables
    • B66B7/08Arrangements of ropes or cables for connection to the cars or cages, e.g. couplings

Abstract

This elevator compensation rope installation device is used in an elevator that has a car and a counterweight that are raised and lowered in an elevator shaft in mutually opposite directions, a cable that suspends the car and the counterweight, and an elevator compensation rope that is connected to the car and the counterweight and that hangs in the elevator shaft. This elevator compensation rope installation device has: a direction-changing device that is mounted on at least one of the car and the counterweight and that changes the direction of the elevator compensation rope on at least one end of the elevator compensation rope; a rope end hold adjustment member that is connected to the elevator compensation rope; and a holder that holds the rope end hold adjustment member on the car or the counterweight.

Description

エレベーター補償ロープの取付装置Mounting device for elevator compensation rope
 本発明は、昇降路内を、互いに逆方向に昇降するかごおよび釣合おもりと、かごおよび釣合おもりを懸吊する主索と、かごおよび釣合おもりに接続され、昇降路内に吊り下げられるエレベーター補償ロープとを有するエレベーターに用いられる、エレベーター補償ロープの取付装置に関するものである。 The present invention is connected to a car and a counterweight which lifts and lowers each other in a hoistway in the opposite direction, a main rope which suspends the car and the counterweight, and a car and a counterweight, and is suspended in the hoistway. An elevator compensation rope attachment device for use in an elevator having the same.
 近年の高層階用エレベーターにおいては、かご、または釣合おもりの重量に、主索の自重が加わることが無視できない。すなわち、かごが最上階付近または最下階付近にある場合には、主索の自重が、かごおよび釣合おもりの重量のバランスを大きく崩すため、巻上機と主索との間にすべりが生じる。そのため、かごの底部および釣合おもり底部を連結し、昇降路内に垂れ下がるエレベーター補償ロープを設け、主索の自重によるアンバランスを、補償ロープの自重によって相殺する技術が用いられている。 In recent high-rise elevators, it can not be ignored that the weight of the main rope is added to the weight of the car or counterweight. That is, when the car is near the top floor or near the bottom floor, the weight of the main cord largely breaks the balance of the weight of the car and the counterweight, so that there is slippage between the hoist and the main cord. It occurs. Therefore, there is used a technique in which the bottom of the car and the bottom of the counterweight are connected to each other, and an elevator compensation rope hanging down in the hoistway is provided to cancel the unbalance due to the weight of the main rope by the weight of the compensation rope.
 従来のエレベーター補償ロープの取付装置は、エレベーターのかご、または釣合おもりの下部に取り付けられ、補償ロープおよび補償ロープの先端が取り付けられるロープシャックルは、鉛直方向に一直線上に設けられていた。そのため、かご、または釣合おもりの高さが増し、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用することができなかった。 A conventional elevator compensation rope attachment device is attached to the lower part of an elevator car or a counterweight, and the compensation rope and the rope shackle to which the tip of the compensation rope is attached are vertically aligned. Therefore, the height of the car or the counterweight is increased, and the space in the height direction in the hoistway can not be used effectively.
 特許文献1に記載されたエレベーター補償ロープの取付装置が取り付けられたエレベーターでは、積載おもりとして、おもり片の長手方向が鉛直方向となるように作製された特殊なおもり片が用いられている。おもり片の上下は、釣合おもりの積載室において、積載室の上下の枠に、それぞれ固定されている。また、おもり片の間には、隙間が設けられている。この隙間には、エレベーター補償ロープの先端部が取り付けられるロープシャックルが設けられている。 In the elevator to which the attaching device of the elevator compensation rope described in Patent Document 1 is attached, a special weight made so that the longitudinal direction of the weight becomes the vertical direction is used as the load weight. The upper and lower portions of the weight piece are respectively fixed to upper and lower frames of the loading chamber in the loading chamber of the counterweight. In addition, a gap is provided between the weight pieces. The gap is provided with a rope shackle to which the tip of the elevator compensation rope is attached.
特開2004-75312号JP 2004-75312
 しかしながら、特許文献1に記載されたエレベーター補償ロープの取付装置をエレベーターに取り付けるためには、積載おもりに、エレベーターごとに、特殊なおもり片を作製し、用いなければいけなかった。 However, in order to attach the elevator compensation rope attachment device described in Patent Document 1 to an elevator, it is necessary to produce and use a special weight for each elevator as a load weight.
 この発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであって、積載おもりに、おもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することを目的とするものである。 The present invention has been made to solve the problems as described above, and it is possible to use a load in a hoistway without using a special weight such that the longitudinal direction of the weight is vertical. It is an object of the present invention to provide an elevator compensation rope attachment device that can effectively utilize space in the height direction.
 この発明によるエレベーター補償ロープの取付装置は、昇降路内を、互いに逆方向に昇降するかごおよび釣合おもりと、かごおよび釣合おもりを懸吊する主索と、かごおよび釣合おもりに接続され、昇降路内に吊り下げられるエレベーター補償ロープとを有するエレベーターに用いられる。この発明によるエレベーター補償ロープの取付装置は、かごおよび釣合おもりの少なくとも一方に取り付けられ、エレベーター補償ロープの両端部のうち少なくとも一方において、エレベーター補償ロープの方向を転換する方向転換装置と、エレベーター補償ロープに接続されるロープ端部保持調整部材と、ロープ端部保持調整部材をかごまたは釣合おもりに対して保持する保持具とを有する。 The elevator compensating rope mounting device according to the present invention is connected to the car and the counterweight which lift and lower in the hoistway in opposite directions, the main rope for suspending the car and the counterweight, and the car and the counterweight. , An elevator compensation rope suspended in a hoistway. A device for attaching an elevator compensation rope according to the present invention is attached to at least one of a car and a counterweight, and a redirecting device for diverting the direction of the elevator compensation rope at at least one of the ends of the elevator compensation rope; A rope end holding and adjusting member connected to the rope and a holder for holding the rope end holding and adjusting member against a car or a counterweight.
 この発明のエレベーター補償ロープの取付装置によれば、積載おもりとして、一般的に用いられる平積み用のおもり片を用いることができる。そのため、おもり片の長手方向が鉛直方向となる特殊なおもり片を用いる必要がない。また、エレベーター補償ロープは、昇降路底部の補償ロープ用張り車から上向きに延ばされており、方向転換装置によって、下向きまたは横向きに方向が変えられる。方向が変えられた補償ロープの先端部は、ロープ端部保持調整部材によって固定されている。したがって、ロープ端部保持調整部材は、補償ロープ用張り車の鉛直線上からずれた位置に設けられている。そのため、釣合おもりは、補償ロープ用張り車に接触する直前の位置まで下げることができる。 According to the elevator compensation rope mounting device of the present invention, a flat weight for generally used can be used as the load weight. Therefore, it is not necessary to use a special weight piece in which the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction. Also, the elevator compensation rope is extended upward from the compensation rope sheave at the bottom of the hoistway and is turned downward or sideways by the turning device. The tip of the diverted compensating rope is fixed by means of a rope end holding adjustment member. Therefore, the rope end holding and adjusting member is provided at a position deviated from the vertical line of the compensating rope sheave. Thus, the counterweight can be lowered to a position just before contact with the compensating rope sheave.
 これにより、積載おもりに、おもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 This provides an elevator compensation rope attachment device that can effectively use the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. can do.
本発明の実施の形態1におけるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられたエレベーターの全体の構成図である。BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS It is a block diagram of the whole elevator provided with the installation apparatus of the elevator compensation rope in Embodiment 1 of this invention. 実施の形態1における釣合おもりの正面図である。FIG. 6 is a front view of the counterweight in the first embodiment. 実施の形態1におけるエレベーター補償ロープの取付装置の正面図である。FIG. 5 is a front view of the elevator compensation rope attachment device according to the first embodiment. 実施の形態1におけるエレベーター補償ロープの取付装置の側面図である。FIG. 5 is a side view of the elevator compensation rope attachment device according to the first embodiment. 実施の形態1の効果を示すための図であり、方向転換装置がない場合の釣合おもりの正面図である。It is a figure for showing the effect of Embodiment 1, and is a front view of balance weight in case there is no direction change device. 実施の形態2における釣合おもりの正面図である。FIG. 16 is a front view of a counterweight according to a second embodiment. 実施の形態3における釣合おもりの正面図である。FIG. 20 is a front view of a counterweight in the third embodiment. 実施の形態3における方向転換装置の上面図である。FIG. 20 is a top view of the direction changing device in the third embodiment. 実施の形態4におけるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられたエレベーターの全体の構成図である。It is a block diagram of the whole elevator provided with the installation apparatus of the elevator compensation rope in Embodiment 4. FIG. 実施の形態4におけるかごの下部の正面図である。FIG. 25 is a front view of the lower part of the car in the fourth embodiment. 実施の形態5におけるかごの下部の正面図である。FIG. 25 is a front view of the lower part of the car in the fifth embodiment. 実施の形態6におけるかごの下部の正面図である。FIG. 25 is a front view of the lower part of the car in the sixth embodiment. 実施の形態6における方向転換装置の上面図である。FIG. 21 is a top view of a direction changing device in a sixth embodiment.
 以下、本発明におけるエレベーター補償ロープの取付装置の実施の形態について、図面を用いて説明する。なお、同一または相当部分については同一符号で示し、重複する説明は省略する。 Hereinafter, an embodiment of a device for attaching an elevator compensation rope in the present invention will be described using the drawings. The same or corresponding portions are denoted by the same reference numerals and redundant description will be omitted.
 実施の形態1.
 図1は、この発明の実施の形態1におけるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられたエレベーターの全体の構成図である。
Embodiment 1
FIG. 1 is a block diagram of an entire elevator provided with a device for attaching an elevator compensation rope according to a first embodiment of the present invention.
 昇降路1内には、かご3および釣合おもり4が、主索10によって吊り下げられ、互いに逆方向の昇降可能に配置されている。
 昇降路1の上部には、機械室5が設けられている。機械室5内には、巻上機6およびそらせ車7が、間隔をあけて設置されている。巻上機6は、駆動装置本体8および駆動綱車9を有している。駆動綱車9は、駆動装置本体8により回転される。駆動綱車9およびそらせ車7には、主索10が巻き掛けられている。かご3は、巻上機6の駆動力によって、昇降路1内に設けられるかご側ガイドレール2aに案内されて、昇降路1内を昇降する。また、釣合おもり4は、巻上機6の駆動力によって、昇降路1内に設けられる釣合おもり側ガイドレール2bに案内されて、昇降路1内を昇降する。
In the hoistway 1, the car 3 and the counterweight 4 are suspended by the main ropes 10 and are arranged to be able to ascend and descend in opposite directions.
A machine room 5 is provided in the upper part of the hoistway 1. In the machine room 5, a hoisting machine 6 and a deflecting wheel 7 are installed at intervals. The hoisting machine 6 has a drive main body 8 and a drive sheave 9. The drive sheave 9 is rotated by the drive main body 8. A main rope 10 is wound around the drive sheave 9 and the diverter 7. The car 3 is guided by the car-side guide rail 2 a provided in the hoistway 1 by the driving force of the hoisting machine 6 to move up and down in the hoistway 1. Further, the counterweight 4 is guided by the counterweight-side guide rail 2 b provided in the hoistway 1 by the driving force of the hoisting machine 6, and ascends and descends in the hoistway 1.
 釣合おもり4の下部には、エレベーター補償ロープの取付装置31が設けられている。エレベーター補償ロープの取付装置31によって、釣合おもり4に、エレベーター補償ロープとしての補償ロープ11の両端部のうちの一方が取り付けられている。補償ロープ11は、釣合おもり4の中心に取り付けられている。補償ロープ11は、昇降路1の底部に設置されている補償ロープ用張り車12に巻かれている。補償ロープ11の他方は、かご3の下部に取り付けられている。 At the lower part of the counterweight 4, an elevator compensation rope mounting device 31 is provided. One of the two ends of the compensating rope 11 as the elevator compensating rope is attached to the counterweight 4 by the attaching device 31 of the elevator compensating rope. The compensating rope 11 is attached to the center of the counterweight 4. The compensating rope 11 is wound on a compensating rope support wheel 12 installed at the bottom of the hoistway 1. The other of the compensating ropes 11 is attached to the lower part of the car 3.
 次に、釣合おもり4について、図2を用いて説明する。図2は、図1における釣合おもり4の正面図である。図2は、図1において、II-II線から見た図である。
 釣合おもり4は、上枠13、左右一対の吊枠14、下枠15を備えている。上枠13は、主索10によって懸吊されている。上枠13および下枠15の間には、積載おもり17が平積みされている。積載おもり17は、左右の吊枠14によって、水平方向のずれを抑制される。左右の吊枠14は、下枠15の下方に延長され、その先端に取付台16が設けられている。
Next, the counterweight 4 will be described with reference to FIG. FIG. 2 is a front view of the counterweight 4 in FIG. FIG. 2 is a view seen from the II-II line in FIG.
The counterweight 4 includes an upper frame 13, a pair of left and right hanging frames 14, and a lower frame 15. The upper frame 13 is suspended by the main ropes 10. A load weight 17 is stacked between the upper frame 13 and the lower frame 15. The load weight 17 is prevented from being shifted in the horizontal direction by the left and right suspension frames 14. The left and right suspension frames 14 are extended below the lower frame 15, and a mounting base 16 is provided at the tip of the lower frame 15.
 エレベーター補償ロープの取付装置31は、方向転換装置としての滑車20、ロープ端部保持調整部材としてのロープシャックル25、および保持具としてのナット24を備えている。滑車20には、補償ロープ11がかけられている。補償ロープ11において、先端部11aには、ロープシャックル25が取り付けられている。ロープシャックル25は、ナット24によって、取付台16に取り付けられている。補償ロープ11において、ロープシャックル25に取り付けられていない側は、昇降路1の底部の補償ロープ用張り車12に巻かれている。なお、滑車20は、回転しない円板でもよい。 The elevator compensating rope mounting device 31 includes a pulley 20 as a turning device, a rope shackle 25 as a rope end holding and adjusting member, and a nut 24 as a holding tool. A compensating rope 11 is hung on the pulley 20. In the compensating rope 11, a rope shackle 25 is attached to the tip end 11a. The rope shackle 25 is attached to the mount 16 by a nut 24. In the compensating rope 11, the side not attached to the rope shackle 25 is wound on a compensating rope support wheel 12 at the bottom of the hoistway 1. The pulley 20 may be a non-rotating disk.
 次に、エレベーター補償ロープの取付装置31の詳細について、図3および図4を用いて説明する。図3は、エレベーター補償ロープの取付装置31の正面図であり、図4は側面図である。
 滑車20は、取付金21、軸22、および複数のシーブ23によって構成される。軸22およびシーブ23は、取付金21によって、下枠15に取り付けられている。シーブ23は、軸22を中心に回転可能である。図4に示すように、綱溝を有する3つのシーブ23に、それぞれ、補償ロープ11がかけられている。
Next, details of the elevator compensation rope attachment device 31 will be described with reference to FIGS. 3 and 4. FIG. 3 is a front view of the elevator compensating rope mounting device 31, and FIG. 4 is a side view.
The pulley 20 is constituted by a mounting metal 21, a shaft 22 and a plurality of sheaves 23. The shaft 22 and the sheave 23 are attached to the lower frame 15 by the attachment 21. The sheave 23 is rotatable about an axis 22. As shown in FIG. 4, compensating ropes 11 are respectively applied to three sheaves 23 having a groove.
 図3および図4に示すように、補償ロープ11の先端部11aは、ロープシャックル25に接続されている。ロープシャックル25は、金属製であり、ソケット25s、ロッド25rおよび雄ねじ25fによって構成される。ソケット25sにおいて、先端部11aは、例えば、溶融金属もしくはくさびによって固定されている。ロッド25rは、長尺の円柱形の棒である。ソケット25sとロッド25rとは、例えば、ピンによって固定されている。雄ねじ25fは、ロッド25rのソケット25sがついていない側に設けられており、ナット24によって、取付台16に保持されている。 As shown in FIGS. 3 and 4, the tip end 11 a of the compensating rope 11 is connected to the rope shackle 25. The rope shackle 25 is made of metal and includes a socket 25s, a rod 25r and an external thread 25f. In the socket 25s, the tip end 11a is fixed by, for example, a molten metal or a wedge. The rod 25r is a long cylindrical rod. The socket 25s and the rod 25r are fixed by, for example, a pin. The male screw 25 f is provided on the side of the rod 25 r on which the socket 25 s is not attached, and is held on the mount 16 by the nut 24.
 次に、実施の形態1のエレベーターの作用を、図2を用いて説明する。
 図2において、例えば、補償ロープ11が下向きに引かれる場合を考察する。左右の取付台16には、左右それぞれのロープシャックル25およびナット24を介して、一方には時計回りの回転モーメントが生じ、もう一方には反時計回りの回転モーメントが生じる。しかしながら、滑車20およびナット24は、釣合おもり4の中心線C1に対して、左右対称に設けられているため、これらの回転モーメントは釣り合っている。これにより、釣合おもり4に対して、補償ロープ11によって、時計回りまたは反時計回りの、いずれか一方向の回転モーメントは作用しない。
Next, the operation of the elevator according to the first embodiment will be described with reference to FIG.
Consider, for example, the case where the compensating rope 11 is pulled downward in FIG. On the left and right mounts 16, a clockwise rotational moment is generated on one side and a counterclockwise rotational moment is generated on the other side via the respective rope shackles 25 and the nuts 24 respectively. However, since the pulley 20 and the nut 24 are provided symmetrically with respect to the center line C1 of the counterweight 4, their rotational moments are balanced. Thereby, either clockwise or counterclockwise rotational moment does not act on the counterweight 4 by the compensating rope 11.
 また、ロープシャックル25、および破線で示す補償ロープ用張り車12は、水平方向に位置がずれている。したがって、ロープシャックル25および補償ロープ用張り車12は、接触しない。すなわち、釣合おもり4は、補償ロープ用張り車12が滑車20に接触する直前の位置まで、下げることができる。 Further, the rope shackle 25 and the compensating rope support wheel 12 indicated by a broken line are shifted in the horizontal direction. Thus, the rope shackle 25 and the compensating rope sheave 12 do not touch. That is, the counterweight 4 can be lowered to a position just before the compensating rope support wheel 12 contacts the pulley 20.
 図5は、図2における滑車20がない場合の、釣合おもり40の正面図である。釣合おもり40においては、実施の形態1の場合と同じく、おもり片が平積みである。図5に示すように、下枠15の下に、第2の下枠26および第3の下枠27が設けられている。ロープシャックル25は、第2の下枠26に固定されている。ロープシャックル25は、長尺のロッド25rを有するので、第2の下枠26から、ロッド25rの長さだけ下方に、第3の下枠27を設けなければならない。補償ロープ11は、鉛直方向の一直線上に、ロープシャックル25に取り付けられている。そのため、釣合おもり40は、破線で示される補償ロープ用張り車12が、第3の下枠27に接触する直前の位置までしか下げることができない。 FIG. 5 is a front view of the counterweight 40 without the pulley 20 in FIG. In the counterweight 40, as in the case of the first embodiment, the weight pieces are stacked flat. As shown in FIG. 5, a second lower frame 26 and a third lower frame 27 are provided below the lower frame 15. The rope shackle 25 is fixed to the second lower frame 26. Since the rope shackle 25 has the long rod 25r, the third lower frame 27 must be provided below the second lower frame 26 by the length of the rod 25r. The compensating rope 11 is attached to the rope shackle 25 on a straight line in the vertical direction. Therefore, the counterweight 40 can be lowered only to a position just before the compensating rope support wheel 12 shown by the broken line contacts the third lower frame 27.
 このように、実施の形態1におけるエレベーター補償ロープの取付装置31は、昇降路1内を、互いに逆方向に昇降するかご3および釣合おもり4と、かご3および釣合おもり4を懸吊する主索10と、かご3および釣合おもり4に接続され、昇降路1内に吊り下げられる補償ロープ11とを有するエレベーターに用いられている。実施の形態1におけるエレベーター補償ロープの取付装置31は、釣合おもり4に取り付けられ、補償ロープ11の両端部のうちの一方において、補償ロープ11の方向を転換する滑車20と、補償ロープ11に接続されるロープシャックル25と、ロープシャックル25を釣合おもり4に対して保持するナット24とを有している。 As described above, the elevator compensation rope mounting device 31 according to the first embodiment suspends the car 3 and the counterweight 4, the car 3, and the counterweight 4, which move up and down in the hoistway 1 in opposite directions. It is used in an elevator having a main rope 10 and a compensating rope 11 connected to the car 3 and the counterweight 4 and suspended in the hoistway 1. The elevator compensation rope attachment device 31 according to the first embodiment is attached to the counterweight 4, and the pulley 20 changes the direction of the compensation rope 11 at one of the ends of the compensation rope 11 and the compensation rope 11. It has a rope shackle 25 to be connected and a nut 24 for holding the rope shackle 25 against the counterweight 4.
 実施の形態1のエレベーター補償ロープの取付装置31によれば、積載おもり17として、一般的に用いられる平積み用のおもり片を用いることができる。そのため、おもり片の長手方向が鉛直方向となる特殊なおもり片を用いる必要がない。また、補償ロープ11は、昇降路1の底部の補償ロープ用張り車12から上向きに延ばされており、滑車20によって、下向きに方向が変えられる。方向が変えられた補償ロープ11は、ロープシャックル25に固定されている。したがって、ロープシャックル25は、補償ロープ用張り車12の鉛直線上からずれた位置に設けられている。そのため、釣合おもり4は、補償ロープ用張り車12に接触する直前の位置まで下げることができる。 According to the attachment device 31 of the elevator compensation rope of the first embodiment, a flat lay piece generally used can be used as the load weight 17. Therefore, it is not necessary to use a special weight piece in which the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction. Further, the compensating rope 11 extends upward from the compensating rope support wheel 12 at the bottom of the hoistway 1 and is turned downward by the pulley 20. The compensating rope 11 whose direction has been changed is fixed to the rope shackle 25. Therefore, the rope shackle 25 is provided at a position deviated from the vertical line of the compensating rope suspension wheel 12. Therefore, the counterweight 4 can be lowered to a position just before contacting the compensating rope support wheel 12.
 これにより、積載おもりに、おもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 This provides an elevator compensation rope attachment device that can effectively use the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. can do.
 滑車20は2個備えられている。そのため、釣合おもり4に対して、補償ロープ11による時計回りおよび反時計回りの回転モーメントが釣り合っている。これにより、釣合おもり4は、安定して昇降することが可能である。 Two pulleys 20 are provided. Therefore, the clockwise and counterclockwise rotational moments by the compensating rope 11 are balanced against the counterweight 4. As a result, the counterweight 4 can move up and down stably.
 滑車20およびナット24は、釣合おもり4の中心線C1に対して、左右対称に設けられている。そのため、釣合おもり4に対して、補償ロープ11による時計回りおよび反時計回りの回転モーメントが釣り合っている。これにより、釣合おもり4は、安定して昇降することが可能である。 The pulley 20 and the nut 24 are provided symmetrically with respect to the center line C1 of the counterweight 4. Therefore, the clockwise and counterclockwise rotational moments by the compensating rope 11 are balanced against the counterweight 4. As a result, the counterweight 4 can move up and down stably.
 エレベーター補償ロープの取付装置31は、釣合おもり4に取付けられている。そのため、釣合おもり4に設けられたシーブ23が、おもりの働きをすることができる。これにより、釣合おもり4に積載されるおもり片の数を減らすことができる。また、おもり片の数を減らすことによって、釣合おもり4の高さを減らすことができる。これにより、昇降路内の高さ方向のスペースを、さらに有効に利用できる。 The elevator compensation rope attachment device 31 is attached to the counterweight 4. Therefore, the sheave 23 provided in the counterweight 4 can function as a weight. Thereby, the number of weight pieces loaded on the counterweight 4 can be reduced. Also, the height of the counterweight 4 can be reduced by reducing the number of weight pieces. Thereby, the space in the height direction in the hoistway can be used more effectively.
 滑車20は複数のシーブ23を有し、複数のシーブ23に、複数の補償ロープ11が取り付けられている。滑車20は回転可能である。これにより、補償ロープ11の方向を円滑に変更することができる。 The pulley 20 has a plurality of sheaves 23 and a plurality of compensating ropes 11 are attached to the plurality of sheaves 23. Pulley 20 is rotatable. Thereby, the direction of compensation rope 11 can be changed smoothly.
 実施の形態1においては、ロープシャックル25は、取付台16に対して、ナット24によって固定されているが、取付台16に雌ねじを設けることによって、固定してもよい。また、接着剤で固定してもよい。 In the first embodiment, the rope shackle 25 is fixed to the mount 16 by the nut 24, but may be fixed by providing the mount 16 with a female screw. Moreover, you may fix with an adhesive agent.
 また、かご3および釣合おもり4の主索10の側のローピングは、いずれも1対1ローピングである。かご3および釣合おもり4のローピングが同じであれば、同様の効果は期待できるので、例えば、かご3および釣合おもり4のローピングは、2対1ローピングであってもよい。 Further, the roping on the side of the main rope 10 of the car 3 and the counterweight 4 is all one-to-one roping. For example, the roping of the car 3 and the counterweight 4 may be a 2 to 1 roping, since the same effect can be expected if the roping of the car 3 and the counterweight 4 is the same.
 実施の形態2.
 次に、実施の形態2におけるエレベーター補償ロープの取付装置について、図6を用いて説明する。実施の形態2のエレベーター補償ロープの取付装置では、方向転換装置が4個備えられている。
Second Embodiment
Next, an elevator compensation rope mounting apparatus according to Embodiment 2 will be described with reference to FIG. In the elevator compensating rope mounting device of the second embodiment, four turning devices are provided.
 図6は、実施の形態2によるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられた釣合おもりの正面図である。釣合おもり41の下部には、吊枠14を介して、取付台16aおよび16bが設けられている。取付台16aには、ロープシャックル25aが、ナット24aによって保持されている。また、取付台16bには、ロープシャックル25bが、ナット24bによって保持されている。ロープシャックル25aおよび25bは、ロープ端部保持調整部材を、ナット24aおよび24bは保持具を、それぞれ構成する。 FIG. 6 is a front view of a counterweight provided with a mounting device for an elevator compensation rope according to a second embodiment. At the lower part of the counterweight 41, mounts 16a and 16b are provided via the suspension frame 14. A rope shackle 25a is held by a nut 24a on the mount 16a. Further, a rope shackle 25b is held by a nut 24b on the mount 16b. The rope shackles 25a and 25b constitute a rope end holding and adjusting member, and the nuts 24a and 24b constitute a holder, respectively.
 また、下枠15には、方向転換装置としての4個の滑車50a、50b、50cおよび50dが設けられている。4個の滑車50a~50dは、釣合おもり41の中心線C2に対して、左右対称に取り付けられている。エレベーター補償ロープの取付装置32は、4個の滑車50a~50d、ロープシャックル25a~25b、およびナット24a~24bによって構成される。 Further, the lower frame 15 is provided with four pulleys 50a, 50b, 50c and 50d as a direction changing device. The four pulleys 50a to 50d are mounted symmetrically with respect to the center line C2 of the counterweight 41. The elevator compensating rope mounting device 32 is composed of four pulleys 50a to 50d, rope shackles 25a to 25b, and nuts 24a to 24b.
 補償ロープ11は、ロープ61および62によって構成されている。滑車50bおよび50dには、ロープ61がかけられている。ロープ61の先端部61aは、ロープシャックル25bに取り付けられている。ロープ61において、先端部61aと反対側の端部は、補償ロープ用張り車12に巻かれている。
 また、滑車50cおよび50aには、ロープ62がかけられている。ロープ62の先端部62aは、ロープシャックル25aに取り付けられている。ロープ62において、先端部62aと反対側の端部は、補償ロープ用張り車12に巻かれている。
The compensating rope 11 is constituted by ropes 61 and 62. A rope 61 is hung on the pulleys 50b and 50d. The tip 61a of the rope 61 is attached to the rope shackle 25b. In the rope 61, an end opposite to the tip end 61a is wound around a compensating rope support wheel 12.
Further, a rope 62 is hung on the pulleys 50c and 50a. The tip 62a of the rope 62 is attached to the rope shackle 25a. The end of the rope 62 opposite to the tip 62 a is wound on a compensating rope support wheel 12.
 図6に示すように、4個の滑車50a~50d、およびナット24a~24bは、釣合おもり41の中心線C2に対して、左右対称に設けられている。そのため、釣合おもり41に対して、補償ロープ11による回転モーメントは作用しない。 As shown in FIG. 6, the four pulleys 50a to 50d and the nuts 24a to 24b are provided symmetrically with respect to the center line C2 of the counterweight 41. Therefore, the rotational moment by the compensating rope 11 does not act on the counterweight 41.
 このように、実施の形態2におけるエレベーター補償ロープの取付装置32は、釣合おもり41に取り付けられ、補償ロープ11の先端部61aおよび62aにおいて、補償ロープ11の方向を転換する4個の滑車50a~50dと、補償ロープ11に接続されるロープシャックル25a~25bと、ロープシャックル25a~25bを釣合おもり41に対して保持するナット24a~24bとを有している。これにより、積載おもりに、おもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Thus, the elevator compensation rope attachment device 32 in the second embodiment is attached to the counterweight 41, and the four pulleys 50a that switch the direction of the compensation rope 11 at the tip portions 61a and 62a of the compensation rope 11 To 50 d, rope shackles 25 a to 25 b connected to the compensating rope 11, and nuts 24 a to 24 b for holding the rope shackles 25 a to 25 b against the counterweight 41. This provides an elevator compensation rope attachment device that can effectively use the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. can do.
 滑車50a~50dは4個備えられている。これにより、釣合おもり41は、安定して昇降することが可能である。 Four pulleys 50a to 50d are provided. Thus, the counterweight 41 can be stably moved up and down.
 滑車50a~50d、およびナット24a~24bは、釣合おもり41の中心線C2に対して、左右対称に設けられている。これにより、釣合おもり41は、安定して昇降することが可能である。 The pulleys 50a to 50d and the nuts 24a to 24b are provided symmetrically with respect to the center line C2 of the counterweight 41. Thus, the counterweight 41 can be stably moved up and down.
 エレベーター補償ロープの取付装置32は、釣合おもり41に取付けられている。これにより、釣合おもりに積載されるおもり片の数を減らすことができるとともに、昇降路内の高さ方向のスペースを、さらに有効に利用できる。 The elevator compensation rope attachment device 32 is attached to the counterweight 41. Thus, the number of weight pieces loaded on the counterweight can be reduced, and the space in the height direction in the hoistway can be used more effectively.
 実施の形態3.
 次に、実施の形態3におけるエレベーター補償ロープの取付装置について、図7および図8を用いて説明する。実施の形態3のエレベーター補償ロープの取付装置では、方向転換装置が1個設けられている。
Third Embodiment
Next, an elevator compensation rope mounting apparatus according to a third embodiment will be described with reference to FIGS. 7 and 8. In the elevator compensating rope mounting device of the third embodiment, one direction changing device is provided.
 図7は、実施の形態3によるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられた釣合おもりの正面図であり、図8は、方向転換装置の上面図である。 FIG. 7 is a front view of a counterweight provided with a mounting device for an elevator compensation rope according to Embodiment 3, and FIG. 8 is a top view of a direction changing device.
 釣合おもり42の下枠15の下方には、取付枠28が設けられている。左右の吊枠14は、取付枠28の下方に延長され、その先端に取付台16aおよび16bが設けられている。取付台16aには、ロープシャックル25aが取り付けられている。取付台16bには、ロープシャックル25bが取り付けられている。 Below the lower frame 15 of the counterweight 42, a mounting frame 28 is provided. The left and right suspension frames 14 are extended below the mounting frame 28, and mounts 16a and 16b are provided at their tips. A rope shackle 25a is attached to the mount 16a. The rope shackle 25b is attached to the mount 16b.
 取付枠28には、取付金具29aおよび29bによって、方向転換装置としての合板51が取り付けられている。合板51は、釣合おもり42の中心線C3に対して、左右対称に取り付けられている。合板51は、綱溝が設けられた2つの長円形の板51aおよび51bが交互に重ね合されたものである。実施の形態3では、4枚の板51bおよび3枚の板51aが交互に重ね合されている。(図8参照)。エレベーター補償ロープの取付装置33は、合板51、ロープシャックル25a~25b、およびナット24a~24bによって構成される。板51aおよび51bは、シーブを構成する。 Plywood 51 as a direction changing device is attached to the mounting frame 28 by mounting brackets 29a and 29b. The plywood 51 is mounted symmetrically with respect to the center line C3 of the counterweight 42. The plywood 51 is formed by alternately stacking two oval plates 51a and 51b provided with rope grooves. In the third embodiment, four plates 51b and three plates 51a are alternately stacked. (See Figure 8). The elevator compensating rope mounting device 33 is configured of a plywood 51, rope shackles 25a to 25b, and nuts 24a to 24b. The plates 51a and 51b constitute a sheave.
 補償ロープ11は、ロープ61および62によって構成されている。合板51のそれぞれの板51bには、それぞれロープ61がかけられている。ロープ61の先端部61aは、ロープシャックル25bに取り付けられている。ロープ61において、先端部61aと反対側の端部は、補償ロープ用張り車12に巻かれている。
 また、合板51のそれぞれの板51aには、それぞれロープ62がかけられている。ロープ62の先端部62aは、ロープシャックル25aに取り付けられている。ロープ62において、先端部62aと反対側の端部は、補償ロープ用張り車12に巻かれている。
 したがって、2つの板51aおよび51bの水平方向の長さを変更することによって、ロープ61および62の、補償ロープ用張り車12に向かって垂らされる位置は、任意に変更することができる。
The compensating rope 11 is constituted by ropes 61 and 62. A rope 61 is hung on each plate 51 b of the plywood 51. The tip 61a of the rope 61 is attached to the rope shackle 25b. In the rope 61, an end opposite to the tip end 61a is wound around a compensating rope support wheel 12.
Further, ropes 62 are respectively hung on the respective boards 51 a of the plywood 51. The tip 62a of the rope 62 is attached to the rope shackle 25a. The end of the rope 62 opposite to the tip 62 a is wound on a compensating rope support wheel 12.
Therefore, by changing the horizontal length of the two plates 51a and 51b, the position of the ropes 61 and 62 hanging down toward the compensating rope sheave 12 can be arbitrarily changed.
 図7に示すように、合板51、およびナット24a~24bは、釣合おもり42の中心線C3に対して、左右対称に設けられている。そのため、釣合おもり42に対して、補償ロープ11による回転モーメントは作用しない。 As shown in FIG. 7, the plywood 51 and the nuts 24 a to 24 b are provided symmetrically with respect to the center line C 3 of the counterweight 42. Therefore, the rotational moment by the compensating rope 11 does not act on the counterweight 42.
 このように、実施の形態3におけるエレベーター補償ロープの取付装置33は、釣合おもり42に取り付けられ、補償ロープ11の先端部61aおよび62aにおいて、補償ロープ11の方向を転換する合板51と、補償ロープ11に接続されるロープシャックル25a~25bと、ロープシャックル25a~25bを釣合おもり42に対して保持するナット24a~24bとを有している。これにより、積載おもりにおもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Thus, the elevator compensation rope attachment device 33 according to the third embodiment is attached to the counterweight 42, and the plywood 51 changes the direction of the compensation rope 11 at the tip portions 61a and 62a of the compensation rope 11, and Rope shackles 25a-25b connected to the rope 11 and nuts 24a-24b for holding the rope shackles 25a-25b against the counterweight 42 are provided. This provides an elevator compensation rope attachment device capable of effectively utilizing the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. be able to.
 合板51、およびナット24a~24bは、釣合おもり42の中心線C3に対して、左右対称に設けられている。これにより、釣合おもり42は、安定して昇降することが可能である。 The plywood 51 and the nuts 24 a to 24 b are provided symmetrically with respect to the center line C 3 of the counterweight 42. Thus, the counterweight 42 can be stably raised and lowered.
 エレベーター補償ロープの取付装置33は、釣合おもり42に取付けられている。これにより、釣合おもりに積載されるおもり片の数を減らすことができるとともに、昇降路内の高さ方向のスペースを、さらに有効に利用できる。 The elevator compensation rope attachment device 33 is attached to the counterweight 42. Thus, the number of weight pieces loaded on the counterweight can be reduced, and the space in the height direction in the hoistway can be used more effectively.
 合板51は複数のシーブ51aおよび51bを有し、複数のシーブ51a~51bに、複数の補償ロープ11が取り付けられている。複数のシーブ51a~51bにおいて、板の長さを変更することによって、補償ロープ11を補償ロープ用張り車12側の任意の位置に下すことができる。これにより、補償ロープ用張り車12は、設置場所の自由度を増すことができる。 The plywood 51 has a plurality of sheaves 51a and 51b, and a plurality of compensation ropes 11 are attached to the plurality of sheaves 51a to 51b. In the plurality of sheaves 51a to 51b, the compensation rope 11 can be lowered to any position on the compensating rope support wheel 12 side by changing the length of the plate. Thereby, the compensating rope suspension wheel 12 can increase the degree of freedom of the installation location.
 実施の形態4.
 次に、実施の形態4におけるエレベーター補償ロープの取付装置について、図9および図10を用いて説明する。実施の形態1から3では、エレベーター補償ロープの取付装置は、釣合おもり側に取り付けられていたが、実施の形態4では、かご側に取り付けられている。
Fourth Embodiment
Next, an elevator compensation rope mounting apparatus according to a fourth embodiment will be described with reference to FIGS. 9 and 10. In the first to third embodiments, the elevator compensation rope attachment device is attached to the counterweight side, but in the fourth embodiment, it is attached to the car side.
 図9は、実施の形態4におけるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられたエレベーターの全体の構成図である。かご3の下部には、エレベーター補償ロープの取付装置34が設けられている。エレベーター補償ロープの取付装置34によって、かご3に、補償ロープ11の一端が取り付けられている。補償ロープ11は、かご3の中心に取り付けられている。補償ロープ11は、昇降路1の底部の補償ロープ用張り車12に巻かれている。補償ロープ11の他端は、釣合おもり4の下部に取り付けられている。 FIG. 9 is a configuration diagram of an entire elevator provided with a device for attaching an elevator compensation rope according to a fourth embodiment. At the lower part of the car 3, an elevator compensating rope mounting device 34 is provided. The elevator compensating rope attaching device 34 attaches one end of the compensating rope 11 to the car 3. The compensating rope 11 is attached to the center of the car 3. The compensating rope 11 is wound on a compensating rope support wheel 12 at the bottom of the hoistway 1. The other end of the compensating rope 11 is attached to the lower part of the counterweight 4.
 図10は、かご3の下部の正面図である。かご3には、側面に吊枠54が設けられている。かご3の下部には、一辺が開放された四角形形状の下枠55が設けられている。下枠55の長手方向を塞ぐように、取付台56が設けられている。取付台56には、ロープシャックル25が、ナット24によって、取り付けられている。 FIG. 10 is a front view of the lower part of the car 3. A hanging frame 54 is provided on the side surface of the car 3. At the lower part of the car 3, a rectangular lower frame 55 whose one side is open is provided. A mount 56 is provided to close the lower frame 55 in the longitudinal direction. A rope shackle 25 is attached to the mount 56 by a nut 24.
 また、下枠55には、かご3の中心線C4に対して、左右対称に、方向転換装置としての滑車20が設けられている。補償ロープ11は、滑車20にかけられている。補償ロープ11の先端部11aは、ロープシャックル25に取り付けられている。補償ロープ11において、先端部11aと反対側の端部は、下方に延ばされている。 Moreover, the lower frame 55 is provided with pulleys 20 as a direction changing device symmetrically with respect to the center line C4 of the car 3. The compensating rope 11 is mounted on a pulley 20. The tip 11 a of the compensating rope 11 is attached to the rope shackle 25. In the compensating rope 11, the end opposite to the tip end 11a is extended downward.
 図10に示すように、滑車20およびナット24は、かご3の中心線C4に対して、左右対称に設けられている。そのため、かご3に対して、補償ロープ11による回転モーメントは作用しない。 As shown in FIG. 10, the pulley 20 and the nut 24 are provided symmetrically with respect to the center line C4 of the car 3. Therefore, no rotational moment by the compensating rope 11 acts on the car 3.
 このように、実施の形態4におけるエレベーター補償ロープの取付装置34は、昇降路1内を、互いに逆方向に昇降するかご3および釣合おもり4と、かご3および釣合おもり4を懸吊する主索10と、かご3および釣合おもり4に接続され、昇降路1内に吊り下げられる補償ロープ11とを有するエレベーターに用いられている。実施の形態4におけるエレベーター補償ロープの取付装置34は、かご3に取り付けられ、補償ロープ11の両端部のうち少なくとも一方において、補償ロープ11の方向を転換する滑車20と、補償ロープ11に接続されるロープシャックル25と、ロープシャックル25をかご3に対して保持するナット24とを有している。これにより、積載おもりにおもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 As described above, the elevator compensation rope mounting device 34 according to the fourth embodiment suspends the car 3 and the counterweight 4, the car 3 and the counterweight 4, which move up and down in the hoistway 1 in the opposite direction to each other. It is used in an elevator having a main rope 10 and a compensating rope 11 connected to the car 3 and the counterweight 4 and suspended in the hoistway 1. The elevator compensation rope attachment device 34 according to the fourth embodiment is attached to the car 3 and is connected to the pulley 20 that switches the direction of the compensation rope 11 at least at one of the ends of the compensation rope 11 and the compensation rope 11 A rope shackle 25 and a nut 24 for holding the rope shackle 25 with respect to the car 3. This provides an elevator compensation rope attachment device capable of effectively utilizing the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. be able to.
 滑車20は2個備えられている。そのため、かご3に対して、補償ロープ11による時計回りおよび反時計回りの回転モーメントが釣り合っている。これにより、かご3は、安定して昇降することが可能である。 Two pulleys 20 are provided. Therefore, the clockwise and counterclockwise rotational moments by the compensating rope 11 are balanced with respect to the car 3. Thus, the car 3 can move up and down stably.
 滑車20およびナット24は、かご3の中心線C4に対して、左右対称に設けられている。そのため、かご3に対して、補償ロープ11による時計回りおよび反時計回りの回転モーメントが釣り合っている。これにより、かご3は、安定して昇降することが可能である。 The pulley 20 and the nut 24 are provided symmetrically with respect to the center line C4 of the car 3. Therefore, the clockwise and counterclockwise rotational moments by the compensating rope 11 are balanced with respect to the car 3. Thus, the car 3 can move up and down stably.
 また、エレベーター補償ロープの取付装置34は、かご3に取付けられている。かご3は、水平方向に長さがあるため、ロープシャックル25を水平方向に配置することができる。そのため、かご3の高さを、より縮めることができる。これにより、昇降路内の高さ方向のスペースを、さらに有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Also, the elevator compensation rope attachment device 34 is attached to the car 3. Since the car 3 has a length in the horizontal direction, the rope shackle 25 can be arranged in the horizontal direction. Therefore, the height of the car 3 can be further reduced. Thus, it is possible to provide an elevator compensation rope attachment device that can more effectively utilize the space in the height direction in the hoistway.
 実施の形態5.
 次に、実施の形態5におけるエレベーター補償ロープの取付装置について、図11を用いて説明する。実施の形態5では、方向転換装置が3個備えられている。
Embodiment 5
Next, an elevator compensation rope mounting apparatus according to the fifth embodiment will be described with reference to FIG. In the fifth embodiment, three redirecting devices are provided.
 図11は、実施の形態5によるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられたかご3の下部の正面図である。かご3の下部には、下枠55が設けられている。下枠55には、取付台56aおよび56bが設けられている。取付台56aには、ロープシャックル25aが、ナット24aによって取り付けられている。また、取付台56bには、ロープシャックル25bが、ナット24bによって取り付けられている。かご3の下枠55には、方向転換装置としての3個の滑車52a、52bおよび52cが設けられている。3個の滑車52a、52bおよび52cは、かご3の中心線C5に対して、左右対称となるように配置されている。エレベーター補償ロープの取付装置35は、3個の滑車52a~52c、ロープシャックル25a~25b、およびナット24a~24bによって構成される。 FIG. 11 is a front view of the lower part of the car 3 provided with the elevator compensating rope attaching apparatus according to the fifth embodiment. A lower frame 55 is provided at the lower part of the car 3. The lower frame 55 is provided with mounts 56a and 56b. The rope shackle 25a is attached to the mount 56a by a nut 24a. Further, a rope shackle 25b is attached to the mount 56b by a nut 24b. The lower frame 55 of the car 3 is provided with three pulleys 52a, 52b and 52c as a direction changing device. The three pulleys 52a, 52b and 52c are arranged to be symmetrical with respect to the center line C5 of the car 3. The elevator compensating rope mounting device 35 is constituted by three pulleys 52a to 52c, rope shackles 25a to 25b, and nuts 24a to 24b.
 補償ロープ11は、ロープ63、64、65および66によって構成されている。ロープ63は、滑車52aにかけられており、先端部63aは、ロープシャックル25aに取り付けられている。ロープ64は、滑車52bにかけられており、先端部64aは、ロープシャックル25bに取り付けられている。ロープ65は、滑車52bにかけられており、先端部65aは、ロープシャックル25aに取り付けられている。ロープ66は、滑車52cにかけられており、先端部66aは、ロープシャックル25bに取り付けられている。ロープ63、64、65および66において、先端部63a、64a、65aおよび66aのそれぞれの反対側の端部は、下方に延ばされている。 The compensating rope 11 is constituted by ropes 63, 64, 65 and 66. The rope 63 is hung on a pulley 52a, and the tip 63a is attached to the rope shackle 25a. The rope 64 is hung on the pulley 52b, and the tip 64a is attached to the rope shackle 25b. The rope 65 is hung on a pulley 52b, and the tip 65a is attached to the rope shackle 25a. The rope 66 is hung on a pulley 52c, and the tip 66a is attached to the rope shackle 25b. In the ropes 63, 64, 65 and 66, the opposite ends of the tip portions 63a, 64a, 65a and 66a respectively extend downward.
 図11に示すように、滑車52a、52bおよび52cは、かご3の中心線C5に対して、左右対称に設けられている。また、ナット24aおよび24bは、かご3の中心線C5に対して、左右対称に設けられている。そのため、かご3に対して、補償ロープ11による時計回りおよび反時計回りの回転モーメントは釣り合っている。 As shown in FIG. 11, the pulleys 52 a, 52 b and 52 c are provided symmetrically with respect to the center line C <b> 5 of the car 3. The nuts 24 a and 24 b are provided symmetrically with respect to the center line C 5 of the car 3. Therefore, the clockwise and counterclockwise rotational moments by the compensating rope 11 are balanced with respect to the car 3.
 このように、実施の形態5におけるエレベーター補償ロープの取付装置35は、かご3に取り付けられ、補償ロープ11の先端部63a~66aにおいて、補償ロープ11の方向を転換する滑車52a~52cと、補償ロープ11に接続されるロープシャックル25a~25bと、ロープシャックル25a~25bをかご3に対して保持するナット24a~24bとを有している。これにより、積載おもりにおもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Thus, the elevator compensation rope attachment device 35 according to the fifth embodiment is attached to the car 3 and, at the tip portions 63a to 66a of the compensation rope 11, the pulleys 52a to 52c that change the direction of the compensation rope 11 Rope shackles 25a-25b connected to the rope 11 and nuts 24a-24b for holding the rope shackles 25a-25b with respect to the car 3 are provided. This provides an elevator compensation rope attachment device capable of effectively utilizing the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. be able to.
 滑車52a~52cは3個備えられている。これにより、かご3は、安定して昇降することが可能である。 Three pulleys 52a to 52c are provided. Thus, the car 3 can move up and down stably.
 滑車52a~52cおよびナット24a~24bは、かご3の中心線C4に対して、左右対称に設けられている。これにより、かご3は、安定して昇降することが可能である。 The pulleys 52a to 52c and the nuts 24a to 24b are provided symmetrically with respect to the center line C4 of the car 3. Thus, the car 3 can move up and down stably.
 また、エレベーター補償ロープの取付装置35は、かご3に取付けられている。これにより、昇降路内の高さ方向のスペースを、さらに有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Also, the elevator compensation rope mounting device 35 is mounted to the car 3. Thus, it is possible to provide an elevator compensation rope attachment device that can more effectively utilize the space in the height direction in the hoistway.
 実施の形態6.
 次に、実施の形態6におけるエレベーター補償ロープの取付装置について、図12および図13を用いて説明する。実施の形態6では、方向転換装置が1個備えられている。
Sixth Embodiment
Next, an elevator compensation rope mounting apparatus according to a sixth embodiment will be described with reference to FIGS. 12 and 13. In the sixth embodiment, one redirecting device is provided.
 図12は、実施の形態6によるエレベーター補償ロープの取付装置が設けられたかごの下部の正面図である。図13は、方向転換装置の上面図である。 FIG. 12 is a front view of the lower part of the car provided with the elevator compensating rope attaching apparatus according to the sixth embodiment. FIG. 13 is a top view of the turning device.
 かご3の下部には、下枠55が設けられている。下枠55には、取付台56aおよび56bが設けられている。取付台56aには、ロープシャックル25aが、ナット24aによって取り付けられている。また、取付台56bには、ロープシャックル25bが、ナット24bによって取り付けられている。 A lower frame 55 is provided at the lower part of the car 3. The lower frame 55 is provided with mounts 56a and 56b. The rope shackle 25a is attached to the mount 56a by a nut 24a. Further, a rope shackle 25b is attached to the mount 56b by a nut 24b.
 また、下枠55には、かご3の中心線C6に対して左右対称に、方向転換装置としての合板53が設けられている。合板53は、取付金具29cおよび29dによって、下枠55に固定されている。合板53は、綱溝が設けられた2つの長円形の板53aおよび53bが交互に重ね合されたものである。実施の形態6では、4枚の板53bおよび3枚の板53aが交互に重ね合されている(図13参照)。エレベーター補償ロープの取付装置36は、合板53、ロープシャックル25a~25b、およびナット24~24bによって構成される。板53aおよび53bは、シーブを構成する。 Further, the lower frame 55 is provided with a plywood 53 as a direction changing device symmetrically with respect to the center line C6 of the car 3. The plywood 53 is fixed to the lower frame 55 by mounting brackets 29c and 29d. The plywood 53 is formed by alternately laminating two oval plates 53a and 53b provided with a groove. In the sixth embodiment, four plates 53b and three plates 53a are alternately stacked (see FIG. 13). The elevator compensating rope mounting device 36 is configured of a plywood 53, rope shackles 25a-25b, and nuts 24-24b. The plates 53a and 53b constitute a sheave.
 補償ロープ11は、ロープ67および68によって構成されている。板53bには、ロープ67がかけられている。ロープ67の先端部67aは、ロープシャックル25bに取り付けられている。ロープ67において、先端部67aと反対側の端部は、下方に延ばされている。
 また、板53aには、ロープ68がかけられている。ロープ68の先端部68aは、ロープシャックル25aに取り付けられている。ロープ68において、先端部68aと反対側の端部は、下方に延ばされている。
 したがって、2つの板53aおよび53bの水平方向の長さを変更することによって、ロープ67および68が垂らされる位置は、任意に変更することができる。
The compensating rope 11 is constituted by ropes 67 and 68. A rope 67 is hung on the plate 53b. The tip portion 67a of the rope 67 is attached to the rope shackle 25b. In the rope 67, the end opposite to the tip 67a is extended downward.
Further, a rope 68 is hung on the plate 53a. The tip 68a of the rope 68 is attached to the rope shackle 25a. In the rope 68, the end opposite to the tip 68a is extended downward.
Therefore, by changing the horizontal lengths of the two plates 53a and 53b, the position where the ropes 67 and 68 are hung can be arbitrarily changed.
 図12に示すように、合板53およびナット24a~24bは、かご3の中心線C6に対して、左右対称に設けられている。そのため、かご3に対して、補償ロープ11による時計回りおよび反時計回りの回転モーメントは釣り合っている。 As shown in FIG. 12, the plywood 53 and the nuts 24 a to 24 b are provided symmetrically with respect to the center line C 6 of the car 3. Therefore, the clockwise and counterclockwise rotational moments by the compensating rope 11 are balanced with respect to the car 3.
 このように、実施の形態6におけるエレベーター補償ロープの取付装置36は、かご3に取り付けられ、補償ロープ11の先端部67aおよび68aにおいて、補償ロープ11の方向を転換する合板53と、補償ロープ11に接続されるロープシャックル25a~25bと、ロープシャックル25a~25bをかご3に対して保持するナット24a~24bとを有している。これにより、積載おもりにおもり片の長手方向が鉛直方向となるような特殊なおもり片を用いることなく、昇降路内の高さ方向のスペースを有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Thus, the elevator compensation rope attachment device 36 according to the sixth embodiment is attached to the car 3 and the plywood 53 changes the direction of the compensation rope 11 at the tip portions 67a and 68a of the compensation rope 11, and the compensation rope 11 , And nuts 24a-24b for holding the rope shackles 25a-25b with respect to the car 3. This provides an elevator compensation rope attachment device capable of effectively utilizing the space in the height direction in the hoistway without using a special weight piece such that the longitudinal direction of the weight piece is the vertical direction for the load weight. be able to.
 合板53およびナット24a~24bは、かご3の中心線C6に対して、左右対称に設けられている。これにより、かご3は、安定して昇降することが可能である。 The plywood 53 and the nuts 24 a to 24 b are provided symmetrically with respect to the center line C 6 of the car 3. Thus, the car 3 can move up and down stably.
 また、エレベーター補償ロープの取付装置36は、かご3に取付けられている。これにより、昇降路内の高さ方向のスペースを、さらに有効に利用できるエレベーター補償ロープの取付装置を提供することができる。 Also, the elevator compensation rope attachment device 36 is attached to the car 3. Thus, it is possible to provide an elevator compensation rope attachment device that can more effectively utilize the space in the height direction in the hoistway.
 合板53は複数のシーブ53aおよび53bを有し、複数のシーブ53a~53bに、複数の補償ロープ11が取り付けられている。複数のシーブ53a~53bにおいて、板の長さを変更することによって、補償ロープ11を補償ロープ用張り車12側の任意の位置に下すことができる。これにより、補償ロープ用張り車12は、設置場所の自由度を増すことができる。 The plywood 53 has a plurality of sheaves 53a and 53b, and a plurality of compensating ropes 11 are attached to the plurality of sheaves 53a to 53b. In the plurality of sheaves 53a to 53b, the compensation rope 11 can be lowered to any position on the compensating rope support wheel 12 side by changing the length of the plate. Thereby, the compensating rope suspension wheel 12 can increase the degree of freedom of the installation location.
 実施の形態1から6では、エレベーター補償ロープの取付装置を、かご、または釣合おもりの一方に取り付ける例について説明したが、かご、および釣合おもりの両方に取り付けてもよい。 In the first to sixth embodiments, an example of attaching the elevator compensating rope attachment device to one of the car and the counterweight has been described, but it may be attached to both the car and the counterweight.
 1 昇降路、3 かご、4,40,41,42 釣合おもり、10 主索、11 補償ロープ(エレベーター補償ロープ)、20,50a,50b,50c,50d,52a,52b,52c 滑車(方向転換装置)、23 シーブ、24,24a,24b ナット(保持具)、25,25a,25b ロープシャックル(ロープ端部保持調整部材)、31,32,33,34,35,36 エレベーター補償ロープの取付装置、51,53 合板(方向転換装置)、51a,51b,53a,53b 板(シーブ)、C1,C2,C3 釣合おもりの中心線、C4,C5,C6 かごの中心線。 Reference Signs List 1 hoistway, 3 cars, 4, 40, 41, 42 counterweights, 10 main ropes, 11 compensating ropes (elevator compensating ropes), 20, 50a, 50b, 50c, 50d, 52a, 52b, 52c pulleys (turning direction Devices), 23 sheaves, 24, 24a, 24b nuts (holders), 25, 25a, 25b rope shackles (rope end holding and adjusting members), 31, 32, 33, 34, 35, 36 installation devices for elevator compensation ropes 51, 53 Plywood (direction changer), 51a, 51b, 53a, 53b Plate (sheave), C1, C2, C3 Balance weight center line, C4, C5, C6 basket center line.

Claims (6)

  1.  昇降路内を、互いに逆方向に昇降するかごおよび釣合おもりと、前記かごおよび前記釣合おもりを懸吊する主索と、前記かごおよび前記釣合おもりに接続され、前記昇降路内に吊り下げられるエレベーター補償ロープとを有するエレベーターに用いられる、エレベーター補償ロープの取付装置であって、
     前記エレベーター補償ロープの取付装置は、前記かごおよび前記釣合おもりの少なくとも一方に取り付けられ、
     前記エレベーター補償ロープの両端部のうち少なくとも一方において、前記エレベーター補償ロープの方向を転換する方向転換装置と、
     前記エレベーター補償ロープに接続されるロープ端部保持調整部材と、
     前記ロープ端部保持調整部材を前記かごまたは前記釣合おもりに対して保持する保持具とを有する、エレベーター補償ロープの取付装置。
    The elevator car is connected to a car and a counterweight which lift and lower in the opposite direction to each other, a main rope which suspends the car and the counterweight, the car and the counterweight, and is suspended in the hoistway. A device for mounting an elevator compensation rope, for use in an elevator having an elevator compensation rope to be lowered, comprising:
    The elevator compensation rope attachment device is attached to at least one of the car and the counterweight.
    A turning device for turning the direction of the elevator compensation rope at least at one of the ends of the elevator compensation rope;
    A rope end holding adjustment member connected to the elevator compensation rope;
    And a holder for holding the rope end holding and adjusting member against the car or the counterweight.
  2.  前記方向転換装置は、複数個備えられる請求項1に記載の、エレベーター補償ロープの取付装置。 The elevator compensating rope mounting device according to claim 1, wherein a plurality of the direction changing devices are provided.
  3.  前記方向転換装置および前記保持具は、前記かごまたは前記釣合おもりの中心線に対して、左右対称に設けられる請求項1または2に記載の、エレベーター補償ロープの取付装置。 The elevator compensating rope mounting device according to claim 1, wherein the turning device and the holder are provided symmetrically with respect to a center line of the car or the counterweight.
  4.  請求項1から3のいずれか1項に記載の、エレベーター補償ロープの取付装置であって、前記釣合おもりに取付けられるエレベーター補償ロープの取付装置。 The elevator compensation rope attachment device according to any one of claims 1 to 3, wherein the elevator compensation rope attachment device is attached to the counterweight.
  5.  請求項1から3のいずれか1項に記載の、エレベーター補償ロープの取付装置であって、前記かごに取付けられるエレベーター補償ロープの取付装置。 The elevator compensation rope attachment device according to any one of claims 1 to 3, wherein the elevator compensation rope attachment device is attached to the car.
  6.  前記方向転換装置は複数のシーブを有し、
     前記複数のシーブに、複数の前記エレベーター補償ロープが取り付け可能である請求項1から5のいずれか1項に記載の、エレベーター補償ロープの取付装置。
    The turning device comprises a plurality of sheaves,
    The elevator compensating rope mounting device according to any one of claims 1 to 5, wherein a plurality of the elevator compensating ropes can be attached to the plurality of sheaves.
PCT/JP2017/042232 2017-11-24 2017-11-24 Elevator compensation rope installation device WO2019102589A1 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2017/042232 WO2019102589A1 (en) 2017-11-24 2017-11-24 Elevator compensation rope installation device

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201780096959.1A CN111372882A (en) 2017-11-24 2017-11-24 Mounting device for elevator compensating ropes
PCT/JP2017/042232 WO2019102589A1 (en) 2017-11-24 2017-11-24 Elevator compensation rope installation device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2019102589A1 true WO2019102589A1 (en) 2019-05-31

Family

ID=66631873

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2017/042232 WO2019102589A1 (en) 2017-11-24 2017-11-24 Elevator compensation rope installation device

Country Status (2)

Country Link
CN (1) CN111372882A (en)
WO (1) WO2019102589A1 (en)

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003276966A (en) * 2002-03-27 2003-10-02 Toshiba Elevator Co Ltd Elevator device
WO2006018868A1 (en) * 2004-08-18 2006-02-23 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Elevator device
EP2765110A2 (en) * 2013-02-12 2014-08-13 Kone Corporation An arrangement for damping lateral sways of rope-like means fixed to an elevator unit and an elevator

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FI101373B (en) * 1993-04-05 1998-06-15 Kone Corp Arrangements for compensation of the elongation in the carrier and compensation lines
JPH07237852A (en) * 1994-02-15 1995-09-12 Otis Elevator Co Hoisting drum type home-use elevator
US5861084A (en) * 1997-04-02 1999-01-19 Otis Elevator Company System and method for minimizing horizontal vibration of elevator compensating ropes
JPH1111824A (en) * 1997-06-27 1999-01-19 Toshiba Corp Vibration control device for tail cord of elevator
JP4219639B2 (en) * 2002-08-20 2009-02-04 三菱電機株式会社 Elevator counterweight
JP2004338831A (en) * 2003-05-13 2004-12-02 Mitsubishi Electric Corp Elevator device
JP5026677B2 (en) * 2005-03-23 2012-09-12 東芝エレベータ株式会社 Elevator and elevator remote monitoring system equipped with this elevator
CN1970422A (en) * 2006-12-05 2007-05-30 孟繁贵 Indirect-drive towed elevator
JP2012246116A (en) * 2011-05-30 2012-12-13 Mitsubishi Electric Corp Elevator device, and emergency stop test method thereof
EP2676915B1 (en) * 2012-06-22 2016-08-10 Kone Corporation Elevator
CN203976167U (en) * 2014-07-09 2014-12-03 常熟市通润电梯厂有限公司 A kind of home lift fag end combination reserse putting device
CN204251141U (en) * 2014-11-11 2015-04-08 上海爱登堡电梯股份有限公司 High-velocity elevator wire rope compensates and swelling device
CN104477732A (en) * 2014-11-24 2015-04-01 日立电梯(中国)有限公司 Elevator compensation system
CN104649100B (en) * 2015-02-05 2017-04-12 广州广日电梯工业有限公司 Elevator compensation rope tension device
CN104891304A (en) * 2015-05-15 2015-09-09 江南嘉捷电梯股份有限公司 Elevator rope head installation structure
CN105329744A (en) * 2015-12-11 2016-02-17 天津市奥瑞克电梯有限公司 Compensating rope suspension device
CN105819305B (en) * 2016-05-06 2018-11-09 广东铃木电梯有限公司 A kind of elevator balanced heavy compensation transmission device of Shuangzi
CN106144841A (en) * 2016-08-12 2016-11-23 康力电梯股份有限公司 A kind of car bottom compensates suspended structure

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003276966A (en) * 2002-03-27 2003-10-02 Toshiba Elevator Co Ltd Elevator device
WO2006018868A1 (en) * 2004-08-18 2006-02-23 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Elevator device
EP2765110A2 (en) * 2013-02-12 2014-08-13 Kone Corporation An arrangement for damping lateral sways of rope-like means fixed to an elevator unit and an elevator

Also Published As

Publication number Publication date
CN111372882A (en) 2020-07-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4833225B2 (en) Compensation in elevator systems with multiple cars in one hoistway
KR20050051701A (en) Elevator device
JP2004083231A (en) Elevator device
US20200354195A1 (en) Elevator system roping arrangement
JP2003306282A (en) Elevator equipment
JP2003276970A (en) Elevator device
KR101636194B1 (en) Elevator and method for modifying elevator
JP5235577B2 (en) Elevator equipment
JPWO2007069311A1 (en) Elevator equipment
JP4934941B2 (en) Elevator equipment
JPH1160117A (en) Elevator
CN100534887C (en) Lift installation
WO2019102589A1 (en) Elevator compensation rope installation device
JP5065766B2 (en) Elevator equipment
JPWO2003020628A1 (en) Elevator equipment
EP1842821A1 (en) Balance weight-less elevator apparatus
KR20160036787A (en) Installation structure for machine room-less elevator
JPWO2018225140A1 (en) Elevator
JP6336225B2 (en) Elevator equipment
KR20040068178A (en) Elevator equipment
JP4270051B2 (en) Elevator equipment
JP2013129493A (en) Moving cable apparatus for elevator
JP2001146370A (en) Elevator device
WO2020095431A1 (en) Construction elevator device
WO2004108577A1 (en) Machine room-less elevator

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 17932647

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 17932647

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: JP