WO2013035236A1 - 空気調和機 - Google Patents

空気調和機 Download PDF

Info

Publication number
WO2013035236A1
WO2013035236A1 PCT/JP2012/004705 JP2012004705W WO2013035236A1 WO 2013035236 A1 WO2013035236 A1 WO 2013035236A1 JP 2012004705 W JP2012004705 W JP 2012004705W WO 2013035236 A1 WO2013035236 A1 WO 2013035236A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
blade
air
air conditioner
changing
outlet
Prior art date
Application number
PCT/JP2012/004705
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
廣和 加守田
利光 弘田
司 石曽根
杉尾 孝
井上 雄二
和美 木下
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2011196183A priority Critical patent/JP5166582B1/ja
Priority to JP2011196184A priority patent/JP5166583B1/ja
Priority to JP2011-196184 priority
Priority to JP2011-196183 priority
Application filed by パナソニック株式会社 filed Critical パナソニック株式会社
Publication of WO2013035236A1 publication Critical patent/WO2013035236A1/ja

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F1/00Room units for air-conditioning, e.g. separate or self-contained units or units receiving primary air from a central station
    • F24F1/0007Indoor units, e.g. fan coil units
    • F24F1/0011Indoor units, e.g. fan coil units characterised by air outlets
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F13/00Details common to, or for air-conditioning, air-humidification, ventilation or use of air currents for screening
    • F24F13/08Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates
    • F24F13/10Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates movable, e.g. dampers
    • F24F13/14Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates movable, e.g. dampers built up of tilting members, e.g. louvre
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F13/00Details common to, or for air-conditioning, air-humidification, ventilation or use of air currents for screening
    • F24F13/08Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates
    • F24F13/10Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates movable, e.g. dampers
    • F24F13/14Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates movable, e.g. dampers built up of tilting members, e.g. louvre
    • F24F13/15Air-flow control members, e.g. louvres, grilles, flaps or guide plates movable, e.g. dampers built up of tilting members, e.g. louvre with parallel simultaneously tiltable lamellae

Abstract

本発明の空気調和機は、室内機の吹出口から吹き出される空気の向きを上下に変更する上下風向変更羽根が、吹出口の近傍に回動自在に設けられた第1及び第2の羽根を備え、第2の羽根が、第1の羽根に対して並列に位置する並列位置と直列に連結される直列位置とに移動可能に構成され、空調運転時において第2の羽根が直列位置に移動したとき、上下風向変更羽根の長さが最大になるように構成される。これにより、上下風向変更羽根の長さをより少ない部品点数で見かけ上長くして、より高い空気の整流効果を得ることができる。

Description

空気調和機
 本発明は、室内機に、吹出口から吹き出される空気の向きを変更する風向変更羽根を設け、当該風向変更羽根を制御して空調運転を行う空気調和機に関し、特に、吹出口から吹き出される空気の向きを上下に変更する上下風向変更羽根の構造に関するものである。
 従来の空気調和機には、室内機の吹出口から吹き出される空気の向きを変更する風向変更羽根が設けられている。風向変更羽根は、吹出口から吹き出される空気の向きを上下に変更する上下風向変更羽根と、吹出口から吹き出される空気の向きを左右に変更する左右風向変更羽根とで構成されている。
 従来の上下風向変更羽根の構成としては、例えば、特許文献1(特開2010-60223号公報)に開示されたものが知られている。特許文献1には、空気調和機の運転時に空気調和機の吹出口から吹き出される空気の向きを大きく変更するとともに、空気調和機の停止時には空気調和機本体をコンパクトにすることを目的として、上下風向変更羽根を3つの羽根で構成したものが開示されている。具体的には、特許文献1の上下風向変更羽根は、風の流れ方向の上流側に位置する第1の羽根と、風の流れ方向の下流側に位置し、第1の羽根に2本のリンクにより連結された第2の羽根と、第2の羽根に取り付けられた第3の羽根とで構成されている。第1及び第2の羽根は、それぞれ定位置で固定された回動軸を中心として回動することにより、互いに直列に連結された位置と、互いに回動方向に離れた位置とに移動可能に構成されている。第3の羽根は、第1及び第2の羽根が互いに回動方向に離れて位置するときに、それらの間を風が通り抜けるのを防止するように設けられている。
特開2010-60223号公報
 上下風向変更羽根は、その長さが長いほど、吹出口から吹き出される空気の向きを大きく変更するなどの空気の整流効果が高い。しかしながら、空気調和機の室内機は、カーテンレールなどの物体の上方に設置されることが多いものである。このため、上下風向変更羽根を1つの羽根で構成し、当該羽根の長さを長くすると、当該羽根がカーテンレールなどの物体に接触して十分に回動できず、空気の整流効果が低下するおそれがあり、空気調和機の設置場所に制限が発生する。また、上下風向変更羽根の回動軸側の端部から離れた反対側の端部までの長さ(上下風向変更羽根の空気流れ方向の長さ)を長くすると、回動軸にかかるトルクが大きくなる。従って、上下風向変更羽根の長さを単純に長くすることは困難である。
 これに対し、特許文献1の空気調和機によれば、第1の羽根と第2の羽根とを互いに離し、それらの間を風が通り抜けないように第3の羽根を設けることで、上下風向変更羽根の見かけ上の長さを長くすることができる。しかしながら、特許文献1の空気調和機では、第3の羽根を設ける必要があるため、部品点数が多くなる。
 本発明は、このような従来の課題を解決するものであり、上下風向変更羽根の長さをより少ない部品点数で見かけ上長くして、より高い空気の整流効果を得ることができる空気調和機を提供することを目的とする。
 前記従来の課題を解決するために、本発明の空気調和機は、室内機に、吹出口から吹き出される空気の向きを上下に変更する上下風向変更羽根を設け、当該上下風向変更羽根を制御して空調運転を行う空気調和機であって、
 前記上下風向変更羽根は、前記吹出口の近傍に回動自在に設けられた第1及び第2の羽根を備え、
 前記第2の羽根は、前記第1の羽根に対して並列に位置する並列位置と直列に連結される直列位置とに移動可能に構成され、前記空調運転時において前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記上下風向変更羽根の長さが最大になるように構成されている。
 本発明の空気調和機によれば、前記構成を有することにより、上下風向変更羽根の長さをより少ない部品点数で見かけ上長くして、より高い空気の整流効果を得ることができる。
 本発明のこれらと他の目的と特徴は、添付された図面についての好ましい実施の形態に関連した次の記述から明らかになる。この図面においては、
図1は、本発明の実施の形態にかかる空気調和機が備える室内機の縦断面図であり、 図2は、図1の室内機を一部切り欠いて示す斜視図であり、 図3は、上羽根が並列位置に位置する状態を示す概略図であり、 図4は、図3に示す状態から上羽根と下羽根が略平行な状態を維持したままま同じ角度回動した状態を示す概略図であり、 図5は、図3に示す状態から上羽根が下羽根に近づいた状態を示す概略図であり、 図6は、図5に示す状態から上羽根と下羽根が略平行な状態を維持したままま同じ角度回動した状態を示す概略図であり、 図7は、図5に示す状態から上羽根が下羽根にさらに近づいた状態を示す概略図であり、 図8は、図7に示す状態から上羽根と下羽根が略平行な状態を維持したままま同じ角度回動した状態を示す概略図であり、 図9は、上羽根が下羽根と直列位置に位置する状態を示す概略図であり、 図10は、冷房時において上下風向変更羽根が図9に示す状態にあるときに吹出口から吹き出される空気の流れを示す説明図であり、 図11は、冷房時において上下風向変更羽根が図5に示す状態にあるときに吹出口から吹き出される空気の流れを示す説明図であり、 図12は、冷房時において上下風向変更羽根が図7に示す状態にあるときに吹出口から吹き出される空気の流れを示す説明図であり、 図13は、暖房時において上下風向変更羽根が図4に示す状態にあるときに吹出口から吹き出される空気の流れを示す説明図であり、 図14は、暖房時において上下風向変更羽根が図6に示す状態にあるときに吹出口から吹き出される空気の流れを示す説明図であり、 図15は、暖房時において上下風向変更羽根が図8に示す状態にあるときに吹出口から吹き出される空気の流れを示す説明図である。
 本発明の空気調和機は、室内機に、吹出口から吹き出される空気の向きを上下に変更する上下風向変更羽根を設け、当該上下風向変更羽根を制御して空調運転を行う空気調和機であって、
 前記上下風向変更羽根は、前記吹出口の近傍に回動自在に設けられた第1及び第2の羽根を備え、
 前記第2の羽根は、前記第1の羽根に対して並列に位置する並列位置と直列に連結される直列位置とに移動可能に構成され、前記空調運転時において前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記上下風向変更羽根の長さが最大になるように構成されるものである。
 これにより、第1及び第2の羽根を直列に連結したときに上下風向変更羽根の長さが最大になるようにしているので、上下風向変更羽根の長さをより少ない部品点数で見かけ上長くすることができる。また、第2の羽根は第1の羽根に対して並列に移動可能に構成されているので、第1及び第2の羽根がカーテンレールなどの物体に接触することを回避することができる。従って、高い空気の整流効果を得ることができる。
 なお、前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記第1の羽根の表面と前記第2の羽根の表面とが面一になるように構成されることが好ましい。
 また、前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記第1の羽根の端部と前記第2の羽根の端部とが重なるように構成されることが好ましい。
 また、前記第1の羽根の端部には、前記第2の羽根の端部を受け入れる段差部が設けられていることが好ましい。
 一方、前記従来の空気調和機では、安静時(くつろいでいるとき)や活動時(例えば、家事をしているとき)などの使用者の使用状況に応じて快適な空調環境を作り出すという点で未だ改善の余地があった。本発明者らは、前記従来の課題を解決するために鋭意検討した結果、以下の知見を得た。
 すなわち、本発明者らは、安静時や活動時などの使用者の状況に応じて、使用者が快適と感じる室内の上部空間と下部空間の温度差が異なることを見出した。例えば、暖房時において、使用者が快適と感じる室内の上部空間と下部空間の温度差は、安静時には約6℃(例えば、上部空間が24℃で下部空間が30℃)であり、使用者が食事をしているときのような活動量が比較的小さいときには約4℃(例えば、上部空間が24℃で下部空間が28℃)であり、使用者が室内を掃除しているときのような活動量が大きいときには約2℃(例えば、上部空間が24℃で下部空間が26℃)であることを見出した。また、本発明者らは、使用者の状況に応じて上部空間と下部空間の温度差を最適な値に調整するには、従来の上下風向変更羽根のように吹出口から吹き出される空気を一方向のみに向ける構成では困難であるという知見を得た。さらに、本発明者らは、吹出口から吹き出される空気を二方向(例えば、上部空間と下部空間)に向けるように分配し、当該分配する空気の風量を調整することで、上部空間と下部空間の温度差を所望の値にコントロールできることを見出した。 
 そこで、本発明の空気調和機は、前記第1の羽根の回動軸が定位置で固定され、前記第2の羽根の回動軸が前記第1の羽根に対して近づく又は離れるように移動可能に構成されることが好ましい。
 これにより、第2の羽根と当該第2の羽根と対向する前記吹出口を形成する壁との間隔及び第1の羽根と第2の羽根との間隔を調整することができ、その結果、第2の羽根と前記壁との間を通過する空気の風量と、第1の羽根と第2の羽根との間を通過する空気の風量とを調整することができる。これにより、室内の上部空間と下部空間の温度差を最適な値に調整することが可能になり、使用者の状況に応じて一層快適な空調環境を作り出すことができる。
 なお、前記第1の羽根と前記第2羽根とは、互いに対して略平行な状態を維持するように連結されることが好ましい。
 また、前記第1の羽根と前記第2の羽根とは、それぞれ一対のリンクアームに枢動可能に連結され、4節リンク機構を構成することが好ましい。
 また、前記一対のリンクアームを回動させることにより、前記第1の羽根と前記第2の羽根との間隔を調整する間隔調整用駆動部を備えることが好ましい。
 また、前記第1の羽根を回動させる角度調整用駆動部を備え、前記第1の羽根の回動動作にリンクして前記第2の羽根が回動し、前記第1及び第2の羽根の両方の角度が調整されるように構成されることが好ましい。
 以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
 《実施の形態》
 一般家庭で使用される空気調和機は、通常、冷媒配管で互いに接続された室外機と室内機とで構成されている。図1は、本発明の実施の形態にかかる空気調和機の室内機を示している。
 室内機は、本体2と、本体2の前面開口部2aを開閉自在に塞ぐ可動式の前面パネル4とを備えている。空気調和機の運転停止時において、前面パネル4は、本体2に密着して前面開口部2aを閉じるように設けられている。一方、空気調和機の空調運転時において、前面パネル4は、本体2から離反する方向に移動して前面開口部2aを開放するように設けられている。なお、図1は、前面パネル4が前面開口部2aを閉じた状態を示している。
 本体2の内部には、熱交換器6と、前面開口部2a及び上面開口部2bから取り入れられた室内空気を熱交換器6で熱交換して室内に吹き出すためのファン8と、熱交換した空気を室内に吹き出す吹出口10を開閉するとともに空気の吹き出し方向を上下に変更する上下風向変更羽根12と、空気の吹き出し方向を左右に変更する左右風向変更羽根14とが設けられている。また、前面開口部2a及び上面開口部2bと熱交換機6との間には、前面開口部2a及び上面開口部2bから取り入られた室内空気に含まれる塵埃を除去するためのフィルタ16が設けられている。
 上下風向変更羽根12は、第1の羽根の一例である下羽根18と、下羽根18の上方に設けられた第2の羽根の一例である上羽根20とを備えている。上下風向変更羽根12は、下羽根18と上羽根20とを協働させて、吹出口10から吹き出された空気の吹き出し方向を制御するように構成されている。また、下羽根18は、回動軸22を中心として回動自在に設けられている。上羽根20は、後述するリンクアーム36a,36bによって下羽根18と略平行に保たれた状態で自由に下羽根18に対して近接・離間できるように設けられている。
 左右風向変更羽根14は、例えば、室内機の正面から見て左側に位置する一組の羽根と、右側に位置する一組の羽根とで構成されている。各一組の羽根は、複数枚(例えば、4枚)の羽根で構成されている。また、各一組の羽根は、それぞれ別々の駆動源(例えば、駆動モータ)26に連結され、駆動源26により独立して制御される。
 空気調和機が空調運転を開始すると、上下風向変更羽根12が開制御されて吹出口10が開放される。この状態でファン8が駆動されることで、室内空気が前面開口部2a及び上面開口部2bを介して室内機の内部に取り入れられる。取り入れられた室内空気は、熱交換器6で熱交換が行われ、ファン8を通過し、ファン8の下流側に形成された通風路28を通過して、吹出口10より吹き出される。
 吹出口10からの空気の吹き出し方向は、上下風向変更羽根12及び左右風向変更羽根14により制御される。上下風向変更羽根12及び左右風向変更羽根14の角度調整などの動作は、室内機を制御する制御装置(図示せず)により制御される。
 吹出口10の上流側に位置する通風路28は、ファン8の下流側に位置するリアガイダ30と、ファン8の下流側に位置しリアガイダ30に対向するスタビライザ32と、本体2の両側壁(図示せず)とで形成されている。
 なお、上述した用語「スタビライザ」は、ファン8の下流近傍に位置し、ファン8の前部付近に発生する渦を安定化させるスタビライザと、このスタビライザの下流側に位置し、ファン8により搬送される空気の圧力回復を担うディフューザの前部の上側を構成する壁部分に分けることもできるが、ここでは、これらを総称して「スタビライザ」という。
 また、前面パネル4には、図2に示すように、人の活動量を検知する活動量検知装置の一例として人感センサユニット34が設けられている。ここで、「人の活動量」とは、人の動きの度合いを示す概念であり、例えば、「安静」、「活動量大」、「活動量小」などの複数の活動量レベルに分類されるものである。「安静」とは、例えば、ソファでくつろいでいるときのようなほとんど活動がない場合をいう。「活動量大」とは、掃除しているときやアイロン掛けをしているときのような頻繁に活動している場合をいう。「活動量小」とは、食事をしているときのような多少活動している場合をいう。人感センサユニット34としては、特に限定されるものではなく、従来公知のもの(例えば、特開2008-215764号公報等参照)を使用することができる。
 次に、上下風向変更羽根12の構成について、さらに詳しく説明する。図3~図9は、上下風向変更羽根12の構成を示す概略図である。なお、図3~図9においては、スタビライザ32の前端部とリアガイダ30の前端部とを結ぶ仮想曲線で吹出口10の位置を示している。
 上下風向変更羽根12は、上述したように、下羽根18と上羽根20とを備えている。下羽根18と上羽根20とは、吹出口10の近傍に回動自在に設けられている。より具体的には、下羽根18の回動軸22は、吹出口10の下端部10aの近傍に設けられ、定位置で固定されている。一方、上羽根20の回動軸24は、定位置では固定されず、下羽根18に対して相対的に近接・離間するように移動可能に設けられている。
 即ち、下羽根18と上羽根20とは、略平行な状態を維持するように連結されている。本実施の形態では、下羽根18と上羽根20とは、それぞれ一対のリンクアーム36a,36bに枢動可能に連結され、これにより、4節リンク機構が構成されている。一方のリンクアーム36aは、下羽根18の回動軸22と上羽根20の回動軸24とに枢動可能に連結されている。他方のリンクアーム36bは、下羽根18の回動軸22から風の流れ方向の下流側に離れた部分と、上羽根20の回動軸24から風の流れ方向の下流側に離れた部分とに枢動可能に連結されている。
 なお、「略平行な状態」とは、下羽根18と上羽根20とが完全に平行な状態のみならず、巨視的に見て概ね平行な状態も含むことを意味する。下羽根18及び上羽根20として、直線形状や同一の厚さを有するものだけでなく、湾曲していたり、段差部が設けられたものを使用することができるからである。
 また、下羽根18の回動軸22には、下羽根18を回動させる駆動モータ等の角度調整用の駆動源38が連結されている。駆動源38の駆動力により下羽根18が回動軸22を中心として回動することによって、当該下羽根22の回動動作にリンクして上羽根20が下羽根18に対して略平行な状態を維持しつつ回動軸24を中心として回動する。これにより、図3及び図4若しくは図5及び図6若しくは図7及び図8に示すように、下羽根18及び上羽根20の両方の角度が調整される。より具体的には、下羽根18が回動軸22を中心として矢印A1方向に回動することにより、上羽根20が回動軸24を中心としてA1方向に回動する。一方、下羽根18が回動軸22を中心として矢印A1方向とは反対方向に回動することにより、上羽根20が回動軸24を中心としてA1方向と反対方向に回動する。下羽根18及び上羽根20の両方の角度を調整することにより、吹出口10から吹き出される空気の向きが調整される。
 また、下羽根18の回動軸22と同軸上には、リンクアーム36aを回動させる駆動モータ等の間隔調整用の駆動源40が配置されている。駆動源40の駆動力によりリンクアーム36aが回動軸22を中心として回動することによって、当該リンクアーム36aの回動動作にリンクしてリンクアーム36bが回動する。これにより、図3、図5、図7に示すように、上羽根20の回動軸24が下羽根18に対して近づく又は離れるように移動する。より具体的には、リンクアーム36aが回動軸22を中心として矢印A2方向に回動することにより、上羽根20の回動軸24が下羽根18に対して近づくように移動する。一方、リンクアーム36aが回動軸22を中心として矢印A2方向とは反対方向に回動することにより、上羽根20の回動軸24が下羽根18に対して離れるように移動する。
 図3に示す状態から図5に示す状態まで上羽根20の回動軸24が下羽根18に近づくことにより、下羽根18と上羽根20との間隔が狭くなり、上羽根20とスタビライザ32との間隔が広がる。これにより、吹出口10から吹き出される空気が二方向(例えば、上部空間と下部空間)に向かうように分配される。
 また、図5に示す状態から図7に示す状態まで上羽根20の回動軸24が下羽根18に近づくことにより、下羽根18と上羽根20との間隔がさらに狭くなり、上羽根20とスタビライザ32との間隔がさらに広がる。これにより、下羽根18と上羽根20との間を通過する空気の風量が小さくなり、上羽根20とスタビライザ32との間を通過する空気の風量が大きくなる。
 上述のように、上羽根20の回動軸24が下羽根18に対して近づける又は離れるように移動することによって、下羽根18と上羽根20との間を通過する空気の風量と、上羽根20とスタビライザ32との間を通過する空気の風量とが調整される。
 また、駆動源40の駆動力によりリンクアーム36a,36bが回動するとき、上羽根20の上流側端部20aは、吹出口10を示す仮想曲線に対して風の流れ方向の上流側又は下流側に移動する。図3~6に示す状態のとき、上羽根20の上流側端部20aは、吹出口10を示す仮想曲線に対して風の流れ方向の上流側に位置する。例えば図3に示す状態から図7に示す状態までリンクアーム36a,36bが回動することにより、上羽根20の上流側端部20aは、吹出口10を示す仮想曲線に対して風の流れ方向の上流側から下流側に移動する。この時、上羽根20の上流側端部20aから、スタビライザ32及び下羽根18へのそれぞれに対する距離の割合が変化し、この割合に応じてスタビライザ32の上側の壁面に略平行に吹き出す風量と、上羽根および下羽根に略平行に吹き出す風量との割合を自在に変動させ、快適な空調空間を実現することが出来る。
 また、図3~図9に示すように、上羽根20は、空調運転時において、下羽根18に対して並列に位置する並列位置B1と直列に連結される直列位置B2とに移動可能に構成されている。上羽根20の並列位置B1と直列位置B2との間の移動は、駆動源40の駆動力によりリンクアーム36aが回動軸22を中心として回動することによって行われる。
 図9に示すように、上羽根20が直列位置B2に移動したとき、上下風向変更羽根12の見かけ上の長さが最大になる。これにより、吹出口10から吹き出される空気をより遠くまで供給することができる。なお、図9に示す状態において、上羽根20の上流側端部20aは、吹出口10を示す仮想曲線よりも風の流れ方向の下流側に位置している。
 なお、上羽根20が直列位置B2に移動したとき、下羽根18の表面と上羽根20の表面とは、面一であることが好ましい。これにより、整流効果が増大し吹出口10から吹き出される空気の流れを妨げず、当該空気の整流効果を向上させることができる。また、下羽根18及び上羽根20の裏面側についても面一であること好ましい。これにより、デザイン性を向上させることができるとともに、僅かながらも前記空気の整流効果を向上させることができる。また、下羽根18には、一対のリンクアーム36a,36bを収容する凹部(図示せず)が形成されることが好ましい。
 また、上羽根20が直列位置B2に移動したとき、上羽根20の後端部と下羽根18の前端部とが重なるように構成されることが好ましい。また、この場合、図9に示すように、下羽根18の前端部には、上羽根20の後端部を受け入れる段差部18aが設けられることがさらに好ましい。これにより、上羽根20の後端部と下羽根18の前端部との間から吹出口10から吹き出される空気が漏れて、当該空気の整流効果が低下することを抑えることができる。また、上羽根20の後端部と下羽根18の前端部とが重なるように構成することで、上羽根20を長くしても同じ収容スペースで収容することができるので、上羽根20を長くすることが可能になる。
 なお、前記では、リンクアーム36a,36bの回動により上羽根20が移動することを説明するために、上羽根20の上流側端部20aの位置に着目して説明したが、上流側端部20aは、必ずしも吹出口10を示す仮想曲線を通過するように設けられる必要はない。また、この場合、上羽根20の回動軸24が、吹出口10を示す仮想曲線に対して風の流れ方向の上流側又は下流側に移動するように構成されてもよい。
 次に、空調運転時の上下風向変更羽根12の好ましい制御動作について説明する。
 冷房時においては、活動量レベルが「安静」に近い場合ほど、室内の上部空間と下部空間の温度をなるべく均一にし、なお且つ冷風を体に直接当てないようにすることが使用者にとって快適であると考えられている。(例えば、活動量レベルが「安静」の場合には、室内の上部空間と下部空間の温度差を約0℃、さらに室内の上部空間と下部空間の風速は気流感を感じない風速でいずれも約0.2m/s以下にすると、使用者が快適に感じることが知られている。)このため、冷房時においては、図9に示すように、上羽根20が直列位置B2に移動するように駆動源38及び駆動源40を制御することが好ましい。これにより、上下風向変更羽根12の見かけ上の長さが最大になり、空気の整流効果が向上する。冷房時において室内機の内部で冷やされた空気(冷風)は、暖かい空気より重いため吹出口10から床面に向けて下降しようとするが、上下風向変更羽根12の見かけ上の長さが長くなることにより、当該空気の向きを天井面に沿う方向に変更することができる。これにより、図10に示すように、吹出口10から吹き出される空気(冷風)を天井面に沿って室内機が設置される壁面と対向する壁面まで供給することができ、室内の上部空間と下部空間の温度をより均一にすることができるとともに、使用者には冷風が直接当たらないようにすることができる。
 また、冷房時であっても、室内の温度が高い冷房初期の場合や、活動量レベルが「活動量大」に近い場合ほど、使用者が暑く感じやすい状況であるため、冷風の一部を使用者の上半身に直接当てて体感温度を下げる方が、使用者にとって快適であると考えられる(例えば、活動量レベルが「活動量大」の場合には、室内の上部空間を下部空間よりも約1℃低くなるように温度差をつけ、さらに室内の上部空間は適度な気流感を感じる風速約0.5m/s前後にすると、使用者が快適に感じることを本発明者らは見出した。)。このため、冷房初期や「活動量大」の場合においては、図5又は図7に示す位置に上羽根20が移動するように駆動源38及び駆動源40を制御することが好ましい。これにより、図11又は図12に示すように、吹出口10から吹き出される空気を天井面に沿う方向と使用者に向かう方向の二方向に分配することができる。
 また、暖房時においては、使用者の足元の温度が高いことが使用者にとって快適であると考えられている。このため、暖房時においては、図4に示すように、上羽根20が並列位置B1に移動し且つ、上下風向変更羽根の角度が下向きになるように駆動源38及び駆動源40を制御することが好ましい。暖房時において室内機の内部で温められた空気(温風)は、吹出口10から上方に浮き上がろうとするが、上羽根20が並列位置B1に移動し且つ、上下風向変更羽根の角度を下向きにすることにより、当該吹き出される殆どの空気の向きを下方に変更することができる。これにより、図13に示すように、吹出口10から吹き出される空気(温風)を床面に向けて供給することができ、使用者の足元の温度を高くすることができる。
 また、暖房時において、省エネルギー性を考慮すると、温風を天井面及び床面を含む壁面全体に循環させ、室内を効率良く温めることが好ましいと考えられる。この場合、図6又は図8に示す位置に上羽根20が広い角度で且つ、下羽根18との距離が広い範囲で移動するように駆動源38及び駆動源40を制御することが好ましい。これにより、図14又は図15に示すように、吹出口10から吹き出される空気を天井面に沿う方向と使用者の足元に向かう方向の二方向に分配することができ、室内を効率良く温めて省エネルギー性の高い暖房を実現することができる。
 なお、上羽根20を直列位置B2に移動させるのは、冷房時に限定されものではなく、暖房時であってもよい。また、上羽根20を並列位置B1に移動させるのは、暖房時に限定されものではなく、冷房時であってもよい。すなわち、吹出口10から空気を供給する目標地点までの距離が長いときに上羽根20を直列位置B2に移動させ、吹出口10から空気を供給する目標地点までの距離が短いときに上羽根20を並列位置B1に移動させればよい。
 また、安静時や活動時などの使用者の状況に応じて、使用者が快適と感じる室内の上部空間と下部空間の温度差が異なる。このため、人感センサユニット34の検知信号に基づいて下羽根18と上羽根20との間隔を調整することが好ましい。図3、図5、図7に示すように、下羽根18と上羽根20との間隔を調整することにより、吹出口10から吹き出される空気を二方向(例えば、上部空間と下部空間)に向けるように分配し、当該分配する空気の風量を調整することができる。これにより、上部空間と下部空間の温度差を所望の値にコントロールすることが可能になる。
 以上、本実施の形態によれば、下羽根18及び上羽根20を直列に連結したときに上下風向変更羽根12の長さが最大になるようにしているので、上下風向変更羽根12の長さをより少ない部品点数(2つ)で見かけ上長くすることができる。また、上羽根20は下羽根18に対して並列に移動可能に構成されているので、下羽根18及び上羽根20がカーテンレールなどの物体に接触することを回避することができる。従って、高い空気の整流効果を得ることができる。
 なお、本発明は前記実施の形態に限定されるものではなく、その他種々の態様で実施できる。例えば、前記実施の形態では、下羽根18の回動軸22が定位置で固定され、上羽根20の回動軸24が移動可能に構成されるものとしたが、本発明はこれに限定されない。例えば、上羽根20と下羽根18とが所定の距離を保ち、リンクアーム36a,36bが枢動することなく固定された状態で上羽根20と下羽根18とが相対位置を保ったまま、回動軸22を中心に回動させるようにしてもよい。
 また、上羽根20の回動軸24が定位置で固定され、下羽根18の回動軸22が移動可能に構成されてもよい。すなわち、下羽根18と上羽根20のいずれか一方が定位置で固定され、下羽根18と上羽根20のいずれか他方が移動可能に構成されていればよい。
 また、前記実施の形態では、下羽根18と上羽根20とを一対のリンクアーム36a,36bにより略平行な状態を維持するように連結したが、本発明はこれに限定されない。例えば、下羽根18と上羽根20とをジャッキのような部材で連結してもよい。
 また、前記実施の形態では、上羽根20が下羽根18の前方に移動して互いに直列に連結されるようにしたが、本発明はこれに限定されない。例えば、上羽根20が下羽根18の後方に移動して互いに直列に連結されるようにしてもよい。
 本発明は、添付図面を参照しながら好ましい実施の形態に関連して充分に記載されているが、この技術に熟練した人々にとっては種々の変形や修正は明白である。そのような変形や修正は、添付した請求の範囲による本発明の範囲から外れない限りにおいて、その中に含まれると理解されるべきである。
 以上のように、本発明にかかる空気調和機は、上下風向変更羽根の長さをより少ない部品点数で見かけ上長くして、より高い空気の整流効果を得ることができるので、一般家庭で使用される空気調和機を含む様々な空気調和機として有用である。
  2  室内機本体
  2a 前面開口部
  2b 上面開口部
  4  前面パネル
  6  室内熱交換器
  8  室内ファン
 10  吐出口
 12  上下風向変更羽根
 14  左右風向変更羽根
 16  フィルタ
 18  下羽根
 18a 段差部
 20  上羽根
 22  回動軸
 24  回動軸
 26  駆動源
 28  通風路
 30  リアガイダ
 32  スタビライザ
 34  人感センサユニット
 36a,36b  リンクアーム
 38  駆動源(角度調整用駆動源)
 40  駆動源(間隔調整用駆動源)

Claims (10)

  1.  室内機に、吹出口から吹き出される空気の向きを上下に変更する上下風向変更羽根を設け、当該上下風向変更羽根を制御して空調運転を行う空気調和機であって、
     前記上下風向変更羽根は、前記吹出口の近傍に回動自在に設けられた第1及び第2の羽根を備え、
     前記第2の羽根は、前記第1の羽根に対して並列に位置する並列位置と直列に連結される直列位置とに移動可能に構成され、前記空調運転時において前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記上下風向変更羽根の長さが最大になる、空気調和機。
  2.  前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記第1の羽根の表面と前記第2の羽根の表面とが面一になるように構成された、請求項1に記載の空気調和機。
  3.  前記第2の羽根が前記直列位置に移動したとき、前記第1の羽根の端部と前記第2の羽根の端部とが重なるように構成された、請求項1又は2に記載の空気調和機。
  4.  前記第1の羽根の端部には、前記第2の羽根の端部を受け入れる段差部が設けられている、請求項3に記載の空気調和機。
  5.  前記第1の羽根の回動軸が定位置で固定され、前記第2の羽根の回動軸が前記第1の羽根に対して近づく又は離れるように移動可能に構成されている、請求項1~4のいずれか1つに記載の空気調和機。
  6.  前記第2の羽根の回動軸を前記第1の羽根に対して近づく又は離れるように移動させることにより、前記第2の羽根と当該第2羽根と対向する前記吹出口を形成する壁との間を通過する空気の風量と、前記第1の羽根と前記第2の羽根との間を通過する空気の風量とを調整可能に構成された、請求項5に記載の空気調和機。
  7.  前記第1の羽根と前記第2羽根とは、互いに対して略平行な状態を維持するように連結された、請求項5又は6に記載の空気調和機。
  8.  前記第1の羽根と前記第2の羽根とは、それぞれ一対のリンクアームに枢動可能に連結され、4節リンク機構を構成する、請求項5~7のいずれか1つに記載の空気調和機。
  9.  前記一対のリンクアームを回動させることにより、前記第1の羽根と前記第2の羽根との間隔を調整する間隔調整用駆動部を備える、請求項8に記載の空気調和機。
  10.  前記第1の羽根を回動させる角度調整用駆動部を備え、前記第1の羽根の回動動作にリンクして前記第2の羽根が回動し、前記第1及び第2の羽根の両方の角度が調整されるように構成された、請求項5~9のいずれか1つに記載の空気調和機。
PCT/JP2012/004705 2011-09-08 2012-07-24 空気調和機 WO2013035236A1 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011196183A JP5166582B1 (ja) 2011-09-08 2011-09-08 空気調和機
JP2011196184A JP5166583B1 (ja) 2011-09-08 2011-09-08 空気調和機
JP2011-196184 2011-09-08
JP2011-196183 2011-09-08

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201280043897.5A CN103782111B (zh) 2011-09-08 2012-07-24 空气调节机

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2013035236A1 true WO2013035236A1 (ja) 2013-03-14

Family

ID=47831717

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2012/004705 WO2013035236A1 (ja) 2011-09-08 2012-07-24 空気調和機

Country Status (2)

Country Link
CN (1) CN103782111B (ja)
WO (1) WO2013035236A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017134762A1 (ja) * 2016-02-03 2017-08-10 三菱電機株式会社 空気調和機の室内機

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105333591B (zh) * 2014-08-12 2018-09-04 Tcl空调器(中山)有限公司 导风结构及挂壁式室内机
CN108759050B (zh) * 2015-02-13 2020-12-22 广东美的制冷设备有限公司 百叶机构及具有其的出风装置
CN104841638B (zh) * 2015-05-05 2016-11-30 刘书雄 一种粮食除尘机的风门控制装置

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62162546U (ja) * 1986-04-07 1987-10-15
JPS6435351U (ja) * 1987-08-28 1989-03-03
JPH0257849A (en) * 1988-08-23 1990-02-27 Fujitsu General Ltd Wind direction control method for air conditioner
JPH08334255A (ja) * 1995-06-09 1996-12-17 Fujitsu General Ltd 空気調和機の室内機
JPH10197045A (ja) * 1996-11-12 1998-07-31 Daikin Ind Ltd 空気調和機の吹出案内羽根構造
JP2004044929A (ja) * 2002-07-12 2004-02-12 Fujitsu General Ltd 空気調和機
JP2011007232A (ja) * 2009-06-24 2011-01-13 Kurashiki Kako Co Ltd 防振架台

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3203131B2 (ja) * 1994-06-29 2001-08-27 シャープ株式会社 空気調和機
CN1112547C (zh) * 1997-04-18 2003-06-25 Lg电子株式会社 分体式空调器室内单元控制空气吹出方向的装置
JP4880377B2 (ja) * 2006-06-16 2012-02-22 シャープ株式会社 空気調和機

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62162546U (ja) * 1986-04-07 1987-10-15
JPS6435351U (ja) * 1987-08-28 1989-03-03
JPH0257849A (en) * 1988-08-23 1990-02-27 Fujitsu General Ltd Wind direction control method for air conditioner
JPH08334255A (ja) * 1995-06-09 1996-12-17 Fujitsu General Ltd 空気調和機の室内機
JPH10197045A (ja) * 1996-11-12 1998-07-31 Daikin Ind Ltd 空気調和機の吹出案内羽根構造
JP2004044929A (ja) * 2002-07-12 2004-02-12 Fujitsu General Ltd 空気調和機
JP2011007232A (ja) * 2009-06-24 2011-01-13 Kurashiki Kako Co Ltd 防振架台

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017134762A1 (ja) * 2016-02-03 2017-08-10 三菱電機株式会社 空気調和機の室内機
US10895388B2 (en) 2016-02-03 2021-01-19 Mitsubishi Electric Corporation Indoor unit air-conditioning apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
CN103782111A (zh) 2014-05-07
CN103782111B (zh) 2016-08-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6065184B2 (ja) 空気調和機
JP2007120898A (ja) 空気調和機
WO2013088679A1 (ja) 空気調和機
WO2013035218A1 (ja) 空気調和機
WO2013035236A1 (ja) 空気調和機
JP2007120895A (ja) 空気調和機
JP2009085448A (ja) 空気調和機
JP2007120897A (ja) 空気調和機
JP5128698B1 (ja) 空気調和機
JP5128697B1 (ja) 空気調和機
JP2014035087A (ja) 空気調和機
JP6004165B2 (ja) 空気調和機
JP2014009918A (ja) 空気調和機
JP2013057499A (ja) 空気調和機
WO2014002434A1 (ja) 空気調和機
JP6098962B2 (ja) 空気調和機
JP5166582B1 (ja) 空気調和機
JP5166583B1 (ja) 空気調和機
JP2007278601A (ja) 空気調和機
JP2013133963A (ja) 空気調和機
JP5138831B1 (ja) 空気調和機
JP2014016132A (ja) 空気調和機
JP2014031895A (ja) 空気調和機
JP2013057500A (ja) 空気調和機
WO2021054286A1 (ja) 空調室内機

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 12829635

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

122 Ep: pct app. not ent. europ. phase

Ref document number: 12829635

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1