JPS61173040A - 換気装置 - Google Patents

換気装置

Info

Publication number
JPS61173040A
JPS61173040A JP60014832A JP1483285A JPS61173040A JP S61173040 A JPS61173040 A JP S61173040A JP 60014832 A JP60014832 A JP 60014832A JP 1483285 A JP1483285 A JP 1483285A JP S61173040 A JPS61173040 A JP S61173040A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
heat exchanger
air
exhaust
flow type
indoor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP60014832A
Other languages
English (en)
Inventor
Nobuo Kumazaki
熊崎 伸夫
Hironobu Nakamura
裕信 中村
Naoshi Yokoie
尚士 横家
Tadakatsu Kachi
可知 忠勝
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Electric Corp
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP60014832A priority Critical patent/JPS61173040A/ja
Publication of JPS61173040A publication Critical patent/JPS61173040A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B30/00Energy efficient heating, ventilation or air conditioning [HVAC]
    • Y02B30/56Heat recovery units

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は熱交換器を備えた換気装置に関するものである
〔従来の技術〕
従来の換気装置を第2図(A)〜(C)に示す09は室
内と室外を仕切る壁、15は壁9に設けられた孔、6は
孔15に嵌合された壁スリーブ、lは孔15の室内@を
おおり室内ケーシング、13は室内ケーシングl内に仕
切板14’を介して支持された駆動モータ、3,4は駆
動モータ13の両端に取付けられた給気7アンおよび排
気ファン、20は同じく室内ケーシング1内に設けられ
た直交流形熱交換器、2は室内ケーシングlの背部に設
けられた給排気口、7は壁スリープ6内に貫通されると
ともにその内端を給排気口2と接続されかつ外端にウェ
ザカバー8t−設けられ九給排気パイプで、給排気パイ
プ7は第3図に示すように内部を給気側と排気側に仕切
る仕切りlOを有している。
5は室内ケーシングlに設けられた給排気グリルである
上記構成において、駆動モータ13によシ給気ファン3
および排気7アン4を回転させると、外気は給排気バイ
グアおよび給排気口2t−介して室内ケーシングl内に
入シ、給気ファン3および熱交換器20を介して給排気
グリル5から室内に給気される。又、室内からの排気は
給排気グリル5から排気ファン4および熱交換器12を
介して給排気口2、給排気パイプ7を通シ、室外に排気
される。この際、熱交換器20で給気と排気の熱および
湿気の交換が行われる。
〔発明が解決しようとする問題点〕
しかるに、上記した従来装置においては、直交流形熱交
換器20の熱交換効率があまシ良くないために熱交換器
20の小形化かむずかしく、この熱交換器20および給
気7アン3、排気7アン4ijN内ケーシングl内に設
けざるを得す、室内ケーシングlが大形化した。又、孔
15に貫通した給排気パイプ7Fi給気側と排気側を仕
切るために仕切シlOが必要で構造が複雑になつ九。
本゛発明は上記した従来の欠点を除去し、室内ケーシン
グの小形化が可能であるとともに壁の孔内金特に給気側
と排気側に仕切る必要がなく構造の簡単化が可能な換気
装置を提供することを目的とする。
〔問題点を解決する九めの手段〕
本発明では、壁の孔内にπフロー形熱交換器を配設した
〔作 用〕
πフロー形熱交換器は給気と排気の対向流路長が長く、
熱交換効率が良いので小形化して壁内へ設置することが
可能である。
〔実施例〕
以下、本発明の実施例を図面とともに説明する。
#!1図において、21は壁スリーブ6の内面に嵌合さ
れた筒状のパイプ、22ijパイプ21内に設けられた
断面台形のπフロー形熱交換器で、他の構成は従来と同
様である。πフロー形熱交換器22#:r既に本出願人
が特願昭59−94101号において提案したものでメ
ジ、以下に説明する。
第4図および第5図において、12は流れを制御するた
めの複数の平行流路12aを形成する波形板状のフィン
で、フィン12の上下両側には熱交換すべき2つの気流
を仕切るグレー)11を固着する。次に、フィン12に
おける静圧損失の分布を与えるために一端を平行流路1
2aに対して垂直に切断するとともに他端を斜めに切断
して熱交換素子16を作成する。最後に、斜めに切断し
た他端に気流のガイド機能を兼ねたスペーサ17を固着
して単位部材18を形成する。そして、この単位部材1
8をフィン12のある部分とフィン12のない空白部1
9とが積層方向に交互になるよう互違いに積層し、第5
図に示す断面台形のにフロー形熱交換器を形成する。a
、&′は1次気流Mの吸込口および吹出口を示し、b 
、 b’は2火気流Nの吸込口および吹出口を示す。も
ちろん、不必要な開口はシーリング剤などでシールする
。1次気流Mと2火気流Nとはプレー)11を介して熱
と湿気の交換が行われる。1次気流Mと2火気流Nとは
対向流路長が長いために良好な熱交換効率が得られる。
上記構成において、ファン3.4を回転させると、室内
からの排気は給排気グリル5から室内ケーシングl内に
入)、排気7アン4および熱交換器22を介して室外に
排出される。又、給気はやはシ室外から熱交換器22を
介して室内ケーシングl内に至シ、給気ファン3および
給排気グリル5を介して室内に供給される0給気と排気
はπフロー形熱交換器22において良好に行われるため
熱交換器22を小形化してパイプ21内に収納しても何
ら支障はなく、室内ケーシングlの小形化が可能となっ
た。又、パイプ21内では、熱交換器22によシ給気餉
と排気側の仕切シが行われる九めにパイプ21に仕切シ
を設ける必要がなく、構造が簡単化した。
〔発明の効果〕
以上のように本発明においては、壁の孔内にπフロー形
熱交換器を収納しておシ、室内ケーシングを小形化する
ことができる。又、前記熱交換器は熱交換効率が良いの
で小形化して壁の孔内に設けても何ら支障はない。さら
に、壁の孔内においては熱交換器によシ給気側と排気側
の仕切シが行われるので、特に仕切シを設ける必要がな
く、構成が簡単となる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係る換気装置の断面図、第2図(A)
〜(c) Fi夫々従来の換気装置の正面図、横断平面
図および縦断側面図、@35!Qは従来の給排気パイプ
の正面図、84図は本発明に係るπフロー形態交換器の
単位部材の斜視図、@5図は本発明に係るπフロー形熱
交換器の斜視図である。 l・・・室内ケーシング、3・・・給気7アン、4・・
・排気ファン、9・・・壁、15・・・孔、21・・・
バイス、22・・・πフロー形熱交換器。 尚、図中同一符号は四−又は相当部分を示す。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)室内と室外を仕切る壁に孔を設け、この孔内に給
    気と排気の熱交換を行うπフロー形熱交換器を設け、か
    つ前記孔の室内側をおおう室内ケーシング内に室内から
    前記熱交換器を介して室外への排気を行う排気ファンと
    室外から前記熱交換器を介して室内への給気を行う給気
    ファンを設けたことを特徴とする換気装置。
JP60014832A 1985-01-29 1985-01-29 換気装置 Pending JPS61173040A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP60014832A JPS61173040A (ja) 1985-01-29 1985-01-29 換気装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP60014832A JPS61173040A (ja) 1985-01-29 1985-01-29 換気装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS61173040A true JPS61173040A (ja) 1986-08-04

Family

ID=11872004

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP60014832A Pending JPS61173040A (ja) 1985-01-29 1985-01-29 換気装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61173040A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103604188A (zh) * 2013-12-03 2014-02-26 上海理工大学 家用室内外空气循环系统

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103604188A (zh) * 2013-12-03 2014-02-26 上海理工大学 家用室内外空气循环系统
CN103604188B (zh) * 2013-12-03 2016-02-24 上海理工大学 家用室内外空气循环系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3577863B2 (ja) 対向流型熱交換器
RU1831648C (ru) Изолирующий теплообменник
JPS61173040A (ja) 換気装置
JP2950252B2 (ja) 高所設置用空気調和機
JP2575861B2 (ja) 空調換気扇
JPH03251634A (ja) 熱交換気装置
JPS6234143Y2 (ja)
JPH09217952A (ja) 熱交換換気装置
JPH0412374Y2 (ja)
JPS61173039A (ja) 換気装置
JP3453917B2 (ja) 積層型熱交換器の流体導通方法及び熱交換換気装置
EP0676032A1 (en) Plate-type heat exchanger
JP3045137B2 (ja) 熱交換エレメント
JPS6186594A (ja) 熱交換器
JPS6133425Y2 (ja)
KR20230114416A (ko) 양축모터 듀얼팬을 적용한 에너지절감형 스탠드 공기순환기
JPH0117063B2 (ja)
JPH0248773Y2 (ja)
JPH0221710Y2 (ja)
JP3235171B2 (ja) 空調換気装置
JPH05296512A (ja) 熱交換換気装置
JP3039079B2 (ja) 熱交換換気装置
JPH0155385B2 (ja)
JPH04366339A (ja) 天井埋め込み形全熱交換換気ユニット
JPH0416093Y2 (ja)