JPS59170335A - 大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置 - Google Patents

大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置

Info

Publication number
JPS59170335A
JPS59170335A JP4196183A JP4196183A JPS59170335A JP S59170335 A JPS59170335 A JP S59170335A JP 4196183 A JP4196183 A JP 4196183A JP 4196183 A JP4196183 A JP 4196183A JP S59170335 A JPS59170335 A JP S59170335A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
track width
crawler
clawler
lower runner
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4196183A
Other languages
English (en)
Inventor
Katsura Hattori
服部 桂
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Sharyo Ltd
Original Assignee
Nippon Sharyo Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Sharyo Ltd filed Critical Nippon Sharyo Ltd
Priority to JP4196183A priority Critical patent/JPS59170335A/ja
Publication of JPS59170335A publication Critical patent/JPS59170335A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/08Superstructures; Supports for superstructures
    • E02F9/085Ground-engaging fitting for supporting the machines while working, e.g. outriggers, legs
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02FDREDGING; SOIL-SHIFTING
    • E02F9/00Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
    • E02F9/08Superstructures; Supports for superstructures
    • E02F9/10Supports for movable superstructures mounted on travelling or walking gears or on other superstructures
    • E02F9/12Slewing or traversing gears
    • E02F9/121Turntables, i.e. structure rotatable about 360°

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は、大型クロ−2型建設機械の上部構造と下部構
造の分解・組立装置に関するもので、ある。
一般に杭打機やクローラ型クレーンの本体1は、第1図
乃至第3図に示す如く上部旋回体2が下部走行体3上に
載置されておシ、′核子部走行体3のトラックフレーム
40前後夫々には両端の継ぎビーム5aにクローラフレ
ーム6を装着したアクスルビーム5が張シ出して設けら
れている。
本体1の軌道幅は、トラックフレーム4とクローラフレ
ーム6を連結する油圧シリンダ7にょシ作業中の安定を
計るための作業幅り、と輸送幅L!とに拡縮可能であシ
、作業時にはアクスルビーム5のブラケット8の穴8a
とクローラフレーム6のリンク90穴9at−1また輸
送時には前記穴8aとリンク9の穴9bt位置合わせし
てビン10によシ固定した後、走行用油圧モータ11に
よシ走行するよう構成されている。
しかし、本体が大型が大型化すると単に軌道幅を縮小し
ても機体の重量や高さが輸送制限を邊かに超えるため、
本体を上部構造と下部構造に分割する必要があるが、そ
の分解・組立作業には他の大型クレーンを必要とし、さ
らに組立時の上部構造と下部構造との芯合せが困難であ
った0本発明は上記に鑑みなされたものであって、上部
旋回体と下部走行体に分割可能にした大型クローラ型建
設機械において、前、肥土部旋回体の前後に下部走行体
の最大軌道幅よシ外側に張り出す支持梁を伸縮自在に設
け、該支持梁端部に前記上部旋回体を支持する油圧シリ
ンダを着脱可能に設けると共に、前記下部走行体はトラ
ックフレームの両側に張シ出すアクスルビームに一対の
クローラフレームを油圧シリンダによって摺動可能に枢
支し、該クローラフレームを最大軌道幅と最小軌道幅の
略中間幅で連結する固定リンクを設は友ことを特徴とし
、その目的とするところは、大型クローラ型建設機械の
輸送時の分解・組立作業に他の大型クレーンを用いるこ
となく容易に分割可能で、特に組立時の上部構造と下部
構造の芯合せを容易にした大型クローラ型建設機械の分
解・組立装置を提供するものである。
以下、不発明の一実施例を第4図乃至第13図によって
説明する。
上部旋回体2及び下部走行体3は第4図に示す如く、ト
ラックフレーム4に内歯付旋回ベアリング12の内輪1
3at−ボルト14で固設し、外輪13bt−上部旋回
体2にボルト15で分割可能に装着してあり、旋回ビニ
オン(図示してない)によって上部旋回体2は旋回可能
に構成されている。
前記上部旋回体2の前後端夫々には、下部走行体3の最
大軌道幅L1よシ外側に張り出す支持梁16を伸縮可能
に設け、該支持梁16の両端には上部旋回体2を支持す
る油圧シリンター17が着脱可能に設けられている。
下部走行体3のトラックフレーム4の前後夫々には、両
端の継ぎビーム5aにクローラフレーム6を装着した゛
rクスルビーム5が設けられておシ、前記トラックフレ
ーム4及びクローラフレーム6を連結する油圧シリンダ
7によシ軌道幅を作業時幅L1と輸送時幅Lx(第6図
)に拡縮可能に構成されていて、作業時幅L1ではアク
スルビーム5に設けられたブラケット8の穴8aとリン
ク18の穴18aを、輸送時幅り、では前記穴8aと穴
18bを、また略中間幅り、では穴8aと穴180を位
置合わせをし、ビン19を嵌挿して固定する(第7図)
上記リンク18の外側には、左右のクロー2フレーム6
を最大及び最小の軌道幅の略中間幅L1で°′固定する
よう、固定リンク20が該クローラフレーム6に備えら
れたブラケツ)61&にビン21によシ固着されている
次に本装置を用い九分解方法を第8図乃至第13図によ
り説明する。
上部旋回体2の支持梁16を下部走行体3の最大軌道幅
L1よシ外@まで伸長した後、他のクレーン21を用い
て油圧シリンダ17を前記支持梁16の外端に装着し、
該油圧シリンダ17をクローラフレーム6が地勢シする
まで伸長させ、ブラケット8とリンク18を固定してい
るビン19を外してクローラフレーム6とトラックフレ
ーム4との保合を解除すると共に、油圧シリンダ7によ
り輸送時幅り、に縮小した後、位置合わせされた穴8a
と穴18bにビン19を嵌挿して固定する。
次に、油圧シリンダ17を縮小してトレーラ22に自走
で搭載した後(第8図)、上部旋回体を固着しているポ
ルト15を外し、再び油圧シリンダ17i伸長して上部
旋回体2を上方へ分割しく第9図)、下部走行体3をト
レーラ22によシ引き出す。
油圧シリンダ17により支持され次上部旋回体2の下部
空間には別のトレーラ22′を入れ、油圧シリンダ17
を縮小させて台23を介して所定の位置に搭載した後、
クレーン21で前記油圧シリンダ17を取シ外して支持
梁16′t−縮小させる。
以上で上部旋回体2と下部走行体30分解及びトレーラ
22への搭載が完了する。
次に組立方法は・、まず上部旋回体2を下部走行体3上
に搭載と逆の手順で載置し、下部走行体30走行油圧モ
ータ11と油圧シリンダ7に上部旋回体2の油圧操作ユ
ニットよシ油圧ホース(図示せず)を接続し、前記走行
油圧モーフ11を駆動してトレー222よシ自走で降ろ
す。
そして、輸送時幅−にクローラフレーム6を係止しであ
るビン19のいづれか片側のビンを外し、外した側の油
圧シリンダ7をリンク18の穴180 カ)ラックフレ
ーム4に設けたブラケット8の穴8aと合致するまで伸
長してビン19にょシ該リンク18を固定すると共に、
他側のビン19を外して油圧シリンダ7を伸長し、軌道
幅を略中間11 Lmにして固定リンク2oをり・−一
う7レーム6のブラケット6aにビン21にょシ固着し
て左右のクローラフレーム6を連結する。ここで先に固
定した片側のリンク18を係止しているビン19を外し
て左右いづれかの油圧シリンダ7を伸縮させると、クロ
ーラフレーム6.6は固定リンク20で連結されている
のでトラックフレーム4が左右に移動する。その移動量
Mは Ll(最大軌道幅)Ls(固定軌道幅)=MILm (
固定軌道幅)−Lx(最小軌道幅)=M、  ′とする
と幅に1M!のいづれかの小さい幅だけ移動可能である
から、M = Ml = Kとすればトラック7レーム
4の移動量Mが最大となる。
次に下部走行体3の中心0.と上部旋回体2の旋回中心
01の左右の差異Ht 、Htをトラックフレーム4の
左右の移動量Mよシ小さく芯合せして、下部走行体3を
上部旋回体2に進入させ、第11図鎖線位置の如く旋回
中心01とトラックフレーム4の中心0.の前後方向の
芯合せを行い、更に油圧シリンターフ′t″伸縮して左
右の芯合せを行う(第12図。
第13図鎖線位置)。
上部旋回体2の旋回中心0.とトラックフレーム4の中
心0!を前後・左右に調整完了後、油圧シリンダ17を
縮小して上部旋回体2を下部走行体3の外輪13bにポ
ル)15によシ固着し、走行油圧モータ11と油圧シリ
ンダ7の油圧ホースを切換える。そして、左右のクロー
ラフレーム6を連結している固定り/り20を外し、分
解方法と逆の方法で軌道幅を最大軌道幅り、で固定し、
他のクレーン24で油圧シリンダ17を取シ外して支持
梁16を上部旋回体2に縮小して組立作業を完了する。
尚、本体1が三点支持式杭打機の場合には、後部の油圧
シリンダ17を取シ外す必要はない0以上の説明から明
らかなように、本発明を実施すれば従来上部構造と下部
構造を分割する方式が困難であった大型クローラ型建設
機械を、上部構造と下部構造の分割を他の大型のクレー
ン機を用いることなく可能とし、トレーラへの積込み積
降しを自刃で行い、しかも上部構造と下部構造の芯合わ
せを、下部走行体の前後の走行とトランクフレームの左
右の移動で容易に行える利点がある。
【図面の簡単な説明】
第1図は従来の本体の正面図、第2図は第1図の側面図
、第3図は第2図のI−1断面図、第4図乃至第13図
は本発明の一実施例を示すもので、第4図は要部の拡大
断面図、第5図は本体の正面図、第6図は第5図の側面
図、第7図は第6図の■−■断面図、第8図は本体をト
レー2に搭載した正面図、第9図はトレーラ上で上部旋
回体を分割した側面図、第1θ図は上部旋回体をトレー
2に搭載した正面図、第11図は下部走行体を上部旋回
体に装着する説明図、第12図及び第13図は芯合せの
説明図である。 2は上部旋回体、3は下部走行体、4はトラック7レー
ム、5はアクスルビーム、6はクロー2フレーム、7は
油圧シリンダ、8はブラケット、11は走行用油圧モー
タ、12は内歯付旋回ベアリング、16は支持梁、17
は油圧シリンダ、18はリンク、20は固定リンクであ
る。 ! 15 差7図 ) 麦5図 矛6図 厘 麦8図 豪9因 麦II図 手続補正書 昭和58年6月16日 」 1、事件の表示 昭和58年 特 許 願第41961  号2、発 明
の名称 大型クローラ型建設機械の分解・組立装置事件との関係
   特許出願人 (461)日本車輌製造株式会社 4、代理人 7、補正の対象 → 明細書第8頁第8行乃至第9行の「下部走行体3上に搭
載と逆の手順で載置し、」を「搭載手順の逆の方法でト
レーラ22よシ降ろし、」に訂正する。 以上

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1、上部旋回体と下部走行体に分割可能にした大型クロ
    ーラ型建設機械において、前記上部旋回体の前後に下部
    走行体の最大軌道幅よシ外側に張シ出す支持梁を伸縮自
    在に設け、該支持梁端部に前記上部旋回体を支持する油
    圧シリンIrを着脱可能に設けると共に、前記下部走行
    体はトラックフレームの両側に張シ出すアクスルビーム
    に一対のクローラフレームを油圧シリンダによって摺動
    可能に枢支し、該クローラフレームを最大軌道幅と最小
    軌道幅の略中間幅で連結する固定リンクを設けたことを
    特徴とする大型クローラ型建設機械の分解・組立装置。
JP4196183A 1983-03-14 1983-03-14 大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置 Pending JPS59170335A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4196183A JPS59170335A (ja) 1983-03-14 1983-03-14 大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4196183A JPS59170335A (ja) 1983-03-14 1983-03-14 大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS59170335A true JPS59170335A (ja) 1984-09-26

Family

ID=12622780

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4196183A Pending JPS59170335A (ja) 1983-03-14 1983-03-14 大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS59170335A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1152092A1 (de) * 2001-07-20 2001-11-07 Hans Neunteufel Vorrichtung zum Verstellen eines Oberwagens auf einem Unterwagen sowie Fahrzeug, insbesondere Bagger oder Lader, mit einer solchen Oberwagenverstellung
CN102381637A (zh) * 2011-10-25 2012-03-21 三一汽车起重机械有限公司 一种汽车起重机
CN103496639A (zh) * 2013-10-17 2014-01-08 长沙中联恒通机械有限公司 一种基于可滑移随车起重装置的整装整卸车

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1152092A1 (de) * 2001-07-20 2001-11-07 Hans Neunteufel Vorrichtung zum Verstellen eines Oberwagens auf einem Unterwagen sowie Fahrzeug, insbesondere Bagger oder Lader, mit einer solchen Oberwagenverstellung
WO2003012215A1 (de) * 2001-07-20 2003-02-13 Hans Neunteufel Vorrichtung zum verstellen eines oberwagens auf einem unterwagen sowie fahrzeug, zum beispiel bagger, mit einer solchen oberwagenverstellung
US7140829B2 (en) 2001-07-20 2006-11-28 Hans Neunteufel Device for displacing a revolving structure on a chassis and vehicle, e.g. a digger, having said revolving structure displacement
CN102381637A (zh) * 2011-10-25 2012-03-21 三一汽车起重机械有限公司 一种汽车起重机
CN103496639A (zh) * 2013-10-17 2014-01-08 长沙中联恒通机械有限公司 一种基于可滑移随车起重装置的整装整卸车

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3700115A (en) Vehicle with variable width ground supports
US3929204A (en) Trailer crane with outrigger to crawler conversion
BRPI0903477A2 (pt) sistema de transporte de munhão e guindaste que utiliza o mesmo
US3442409A (en) Transport vehicle
US4036508A (en) Self-propelled drilling and workover rig
US4907732A (en) Right-of-way double jointer
CA2078392C (en) Crane upper works to lower works alignment system
JP2021533054A (ja) 取り付け部品、特に車両クレーンのメインジブを輸送するための車両クレーンシステム
JPS59170335A (ja) 大型クロ−ラ型建設機械の分解・組立装置
GB2058730A (en) Storing Wheeled Frames of Cargo Container Trailers
JP2001354390A (ja) 互いに同一の左側及び右側クローラ組立体を有するクローラクレーン
CN110758224A (zh) 一种轮胎式隧道管廊运架车
US4181182A (en) Wagon having incorporated support jacks
JP7074594B2 (ja) クローラ式建設機械及びクローラの取付方法
CN211918504U (zh) 一种轮胎式隧道管廊运架车
JP6683595B2 (ja) クローラ式作業車両
CA2518991C (en) Pipe layer apparatus
JP2000257116A (ja) 建設機械
JP3049626B2 (ja) 管運搬台車
JPH0258700A (ja) 覆工用移動式型枠の移動機構
KR100296410B1 (ko) 차량 정비대
CN211056510U (zh) 轮胎式隧道管廊运架机
JPH07292721A (ja) 油圧作業車両の車体構造
JP3153766B2 (ja) 長尺物運搬台車
JPH07113275B2 (ja) 建物ユニットの運搬装置