JPH10108764A - 袋形ベビーキャリア - Google Patents

袋形ベビーキャリア

Info

Publication number
JPH10108764A
JPH10108764A JP8263212A JP26321296A JPH10108764A JP H10108764 A JPH10108764 A JP H10108764A JP 8263212 A JP8263212 A JP 8263212A JP 26321296 A JP26321296 A JP 26321296A JP H10108764 A JPH10108764 A JP H10108764A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
carrier
shoulder belts
buckles
bag
carrier body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8263212A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3754768B2 (ja
Inventor
Junichi Higuchi
順一 樋口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Lucky Industry Co Ltd
Original Assignee
Lucky Industry Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Lucky Industry Co Ltd filed Critical Lucky Industry Co Ltd
Priority to JP26321296A priority Critical patent/JP3754768B2/ja
Publication of JPH10108764A publication Critical patent/JPH10108764A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3754768B2 publication Critical patent/JP3754768B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47DFURNITURE SPECIALLY ADAPTED FOR CHILDREN
    • A47D13/00Other nursery furniture
    • A47D13/02Baby-carriers; Carry-cots
    • A47D13/025Baby-carriers; Carry-cots for carrying children in seated position

Abstract

(57)【要約】 【課題】 背負い及び前抱きの双方に使用しうるベビー
キャリアであって、幼児の成長に合わせて長期に使用可
能であると共に、幼児を一層安全かつ安定に保持しうる
使用感に優れたベビーキャリアを提供する。 【解決手段】 背当て部2と股当て部3とを連続形成し
たキャリア本体1に、前当て片4を着脱自在に取付けた
ものとし、かつショルダーベルト5、5を、背当て部2
から上方に引き出したものとする。更に、ショルダーベ
ルト5、5の先端寄り中間部に股当て部と連結しうるバ
ックルを移動自在に取付けたものとする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、幼児を背負い
(おんぶ)あるいは前抱き(だっこ)して移動する際の
補助具として使用されるベビーキャリア、特にキャリア
本体部分が実質的に袋状に形成され、その中に幼児を収
容して安全に保持しうるものとした袋形のベビーキャリ
アに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種のおんぶ及びだっこ兼用の
袋形ベビーキャリアとしては、本願出願人が先に提案し
た実公平4−17064号公報に記載のようなものが知
られており、一般に多く用いられている。
【0003】この先行提案の袋形ベビーキャリアは、背
当て部、股当て部、前当て部を連続形成した袋状のキャ
リア本体の前記前当て部の上端から2本のショルダーベ
ルトを引き出し、その先端をキャリア本体の下部に取付
けた腰ベルトの適当な位置に連結しうるようになされた
ものである。そして、上記キャリア本体内に幼児を収容
して使用者の背中側に位置させることで背負い用とし
て、また使用者の正面側に位置させることで前抱き用と
して任意に転換使用しうるようになされたものである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
上記のような袋形ベビーキャリアにおいては、実用上、
更に解決すべき次のような難点があることが認識される
に至った。
【0005】第1には、ショルダーベルトがキャリア本
体の前当て部の上端から引き出されているため、背負い
時及び前抱き時のいずれの使用時にあっても、キャリア
本体内で幼児が比較的自由に大きく後方に反り返ること
が可能であり、そのために、使用者にとっては、幼児と
の一体感が損われて不安定な抱持感を抱くことになり、
必ずしも安全かつ安定した抱持感覚を持ち難い点であ
る。
【0006】第2には、袋形ベビーキャリアが使用に適
するのは、幼児の頭がすわる生後3〜4ケ月後から、歩
行を始める1才程度までの期間である。1才を過ぎたよ
うな平均的成長度の幼児は、身体の運動能力もしっかり
しており、かつ身体が大きくなっているため、袋状のキ
ャリア本体内に収めるときは、かえって窮屈であり、む
しろ前当て部を有しない、いわゆるオープンタイプのキ
ャリア本体を有するキャリアの方が、その使用に適する
ことになる。しかしながら、従来の上記のような袋形ベ
ビーキャリアは、オープンタイプへの転換が不可能なも
のであるため、その実用に適する期間が短かいものとな
るという難点があった。
【0007】第3には、前抱き時において、左右2本の
ショルダーベルトが使用者の肩を経由して真直ぐに降
り、背面側で腰ベルトに連結されるものであるため、該
ショルダーベルトが肩からずり落ち易い傾向を示し、必
ずしも使用時の着用安定感が良くないという難点があっ
た。
【0008】この発明は、上記のような難点を解決する
ことを目的とする。即ち、幼児を一層安定良く抱持する
ことができ、使用感に優れると共に、幼児の成長に合わ
せて一層長い期間に亘って好適に使用可能としたベビー
キャリアを提供することを目的とする。
【0009】
【課題を軽決するための手段】この発明は、上記の目的
において、背当て部(2)の下端に側面視U字状をなす
股当て部(3)が連続形成されたキャリア本体(1)
と、下端縁を前記股当て部(3)の前端縁に、上部両側
縁を背当て部(2)の両側耳部(2a)(2a)にそれ
ぞれ分離可能に連結された取外し自在な前当て片(4)
とを有し、左右に1対のショルダーベルト(5)(5)
が、前記キャリア本体(1)の背当て部(2)から上方
に引き出されており、上記ショルダーベルト(5)
(5)の先端側の帯紐部(5a)(5a)の中間位置
に、第1バックル(6a)(6a)が取付位置変更自在
に装着され、該第1バックル(6a)(6a)に対応し
てこれらと連結される第2バックル(6b)(6b)が
前記股当て部(3)の前端部外面両側縁部に設けられる
と共に、更に、前記ショルダーベルト(5)(5)の帯
紐部(5a)(5a)の先端に互いに連結可能な第1及
び第2バックル(7a)(7b)が取付けられてなるこ
とを特徴とする袋形ベビーキャリアを要旨とする。
【0010】好適な具体的実施態様として、上記ショル
ダーベルト(5)(5)は、その基部がキャリア本体
(1)の背当て部(2)背面に、背面視略V字状に縫着
一体化されたものとなされる。
【0011】また、キャリア本体(1)の背当て部
(2)の上部に、幼児の頭部安定用の頭当て部材(8)
が上方突出状にかつ着脱自在に設けられたものとなされ
る。
【0012】更にはまた、前当て片(4)を取外してオ
ープンタイプのベビーキャリアとして使用するときのた
めに、別途ブリッジベルト(9)が具備され、該ブリッ
ジベルト(9)が、キャリア本体(1)の背当て部
(2)の両側耳部(2a)(2a)間に渡して着脱自在
に取付可能なものとなされる。
【0013】この発明に係る上記構成のベビーキャリア
にあっては、ショルダーベルト(5)(5)がキャリア
本体(1)の背当て部(2)側から引き出し形成されて
いるため、背負い時及び前抱き時のいずれにあっても、
上記ショルダーベルトがキャリア本体(1)内に収めた
幼児を母親等の使用者の身体側に引き寄せるように作用
し、幼児の保持安定性を良好なものとなしうる。
【0014】また、前当て片(4)が着脱自在なものと
なされていることにより、これを取付けた状態では袋状
のキャリア本体を形成して、未だ十分に成長していない
幼児をも安全に、安定よく保持しうる一方、上記前当て
片(4)を取外せば、キャリア本体(1)を前当て部の
ないオープンタイプのものとして使用することができ、
たとえば1才を越えてやゝ身体の大きくなった幼児や着
ぶくれにより嵩高状態になった幼児を背負ったり、前抱
きするのにも、支障なく好都合に使用することができ
る。
【0015】更には、幼児を背負うときには、ショルダ
ーベルト(5)の中間の第1バックル(6a)(6a)
をキャリア本体(1)側の第2バックル(6b)(6
b)に止着連結し、余った帯紐部(5a)(5a)の先
端部を腰にまわして、その両端の第1及び第2バックル
(7a)(7b)を止着連結することにより腰ベルトと
して使用しうる。一方、幼児を前抱きするときには、シ
ョルダーベルト(5)(5)の中間の第1バックル(6
a)(6a)を該ベルトの先端方向に必要量移動し、実
質的なショルダーベルト長さを長くした上で、該ショル
ダーベルト(5)(5)を使用者の背中側でX字状にク
ロスさせ、上記第1バックル(6a)(6a)をそれぞ
れキャリア本体(1)側の第2バックル(6b)(6
b)に止着連結しうる。従って、上記いずれの場合にあ
っても、キャリア本体(1)を左右2本だけのショルダ
ーベルト(5)(5)を利用して、使用者の身体にしっ
かりと不安感なく装着することができ使用感に優れたも
のとなる。
【0016】
【発明の実施の形態】この発明の好適な1つの実施形態
を、図示例に基づいて以下説明する。
【0017】図1の参照において、この発明に係るベビ
ーキャリアは、従来品と同等の強靭な汎用素材を用いて
形成されるもので、背当て部(2)とその下端に連続形
成された側面略U字状を呈する広幅帯状の股当て部
(3)とからなるキャリア本体(1)、及びこれに着脱
自在に取付けられた正面視略逆凸状の前当て片(4)と
を有する。前当て片(4)は、下端縁がファスナー(1
0)を有して、股当て部(3)の前端縁に分離可能に連
結される一方、上部両側縁が上下各1対のホックによる
止着具(11)(11)を有して、背当て部(2)の両
側耳部(2a)(2a)の先端部に分離可能に連結され
たものとなされている。
【0018】従って、キャリア本体(1)とこれに取付
けられた前当て片(4)とで袋状体を形成し、その内側
に幼児をすっぽりと収めて安全に収容しうるものとなさ
れている。
【0019】左右1対のショルダーベルト(5)(5)
は、その基部が図4に分かり易く示すように背当て部
(2)の背面に、背面視略V字状をなす態様に重ね合わ
されて縫着一体化され、背当て部(2)の上端面側縁部
から上方に引き出されている。使用者の肩に掛かる部分
は、太い帯状のものに形成される一方、先端側はそれよ
り細い帯紐部(5a)(5a)によって形成され、全長
としては後述する使用態様に適するような十分な長さを
有するものに形成されている。
【0020】ショルダーベルト(5)(5)の先端側の
上記帯紐部(5a)(5a)には、その中間部に第1バ
ックル(6a)(6a)が、摺動による取付位置変更自
在に取付けられている。これらの第1バックル(6a)
(6a)は、キャリア本体(1)における股当て部
(4)の前端部外面両側縁部に取付けられた相手方の第
2バックル(6b)(6b)と対をなすもので、それら
に分離自在に止着連結しうるものである。
【0021】一方、ショルダーベルト(5)(5)の帯
紐部(5a)(5a)の各先端には、互いに対をなす第
1及び第2のバックル(7a)(7b)が取付けられ、
相互を止着連結しうるものとなされている。
【0022】前当て片(4)の上部外面には、横向きに
1本の安全補助ベルト(12)が中間部を縫い付けて取
付けられている。この補助ベルト(12)は、前当て片
(4)の上部の止着具(11)が万一外れたときの安全
対策として付設されたものであり、両端の第1バックル
(13a)(13a)を背当て部(2)(2)の両側耳
部(2a)(2a)の外面に取付けられた第2バックル
(13b)(13b)に止着連結しうるものとなされて
いる。
【0023】背当て部(2)の上部には、幼児の頭部を
支持して安定させるための板状の頭当て部材(8)が、
上方突出状にかつ着脱自在に取付けられている。この取
付手段は、従来品同様でよく、図示例ではホックによる
止着部材(図示略)と、抑さえ帯(14)との併用で背
当て部(2)に着脱可能に取付けたものとなされてい
る。
【0024】尚(15)はキャリア本体(1)の上方に
おいてショルダーベルト(5)(5)の基部間に渡され
た間隔規制用のブリッジベルト、図3、4に示す(1
6)は背当て部(2)の上部において、両ショルダーベ
ルト(5)(5)間に渡して設けられた間隔調節用ベル
トで、長さ調節自在であり、これの長さを調節すること
により、背当て部(2)の上部の実質有効幅を微調整し
うるものである。
【0025】次に、上記ベビーキャリアの使用方法につ
いて説明する。
【0026】図2、3には、背負い時の使用態様を示
す。
【0027】キャリア本体(1)に前当て片(4)を取
付けた状態において、それらによって形成される袋状部
内に幼児を収容する。一方、予め両ショルダーベルト
(5)(5)の中間部に取付けられている第1バックル
(6a)(6a)の位置を適当な取付位置にスライド調
整したのち、該第1バックル(6a)(6a)を対応位
置の第2バックル(6b)(6b)に止着連結する。こ
の状態でキャリア本体(1)側を使用者の背中側に位置
させ、ショルダーベルト(5)(5)を両肩に掛けて背
負う。このとき、第1バックル(6a)(6a)から突
出したショルダーベルト(5)(5)の先端側の帯紐部
(5a)(5a)の余剰部は、図6の(イ)に示すよう
にこれを使用者の腰まわりに回し、その先端の第1及び
第2バックル(7a)(7b)を相互に止着連結する。
【0028】この背負い状態では、幼児はキャリア本体
(1)と前当て片(4)とで形成される袋状部内に収ま
って脱落の心配なく安全に保持されると共に、ショルダ
ーベルト(5)(5)によって幼児の身体が使用者の身
体側に引き寄せられる方向に拘束されるため、良好な安
定性が保持される。更に、幼児の荷重は、ショルダーベ
ルト(5)(5)と、その先端部の腰に巻かれた帯紐部
(5a)(5a)による腰紐とに分散支持されるため、
使用者にかかる負担が少ない。
【0029】図5は前抱き時の使用態様を示す。
【0030】この前抱き時においては、ショルダーベル
ト(5)(5)の実質有効長さを、前記の背負い時より
も長く必要とする。このため、先ず予め、第1バックル
(6a)(6a)の取付位置を、ショルダーベルト
(5)(5)の先端方向に必要量移動する。しかるの
ち、前記同様幼児をキャリア本体(1)と前当て片
(4)とによる袋状部内に収容し、使用者の身体の前側
に位置させたのち、図6の(ロ)に示すように使用者の
背中側でショルダーベルト(5)(5)をX字状にクロ
スさせ、第1バックル(6a)(6a)を対応位置の第
2バックル(6b)(6b)に止着連結する。ショルダ
ーベルト(5)(5)の先端の余剰部分は、そのまゝ垂
れ下げておくか、邪魔にならないように適宜整理して近
傍のベルト部分等に掛け止めるものとしても良い。
【0031】この前抱き状態では、前記同様の幼児の安
全、安定保持作用に加えて、ショルダーベルト(5)
(5)が使用者の背中でクロスされるため、該ベルトが
肩からずり落ち傾向を生じることがなく、安定装着状態
を実現しうる。
【0032】幼児がやゝ成長し、キャリア本体(1)と
前当て片(4)とで形成される袋状部内にもはや収めて
保持する必要がなくなったようなときは、この発明のベ
ビーキャリアはこれをオープンタイプのものに変換して
使用する。このときの使用態様を図7に示す。
【0033】このオープンタイプでの使用は、図7に示
すように前当て片(4)を取外し、代って、このオープ
ンタイプでの使用時のために別途具備されたブリッジベ
ルト(9)の両端の第1バックル(13c)(13c)
を、背当て片(2)の両側耳部(2a)(2a)に取付
けられた前述の第2バックル(13b)(13b)に止
着連結して、該ブリッジベルト(9)を両耳部(2a)
(2a)間に渡して取付ける。これによってキャリア本
体(1)内に保持した幼児の前側を拘束して安全保持状
態としたのち、前記同様にして背負いあるいは前抱きに
使用する。
【0034】
【発明の効果】請求項1に係るこの発明のベビーキャリ
アにおいては、前述のようにキャリア本体と前当て片と
で構成される袋状部内に幼児を収容して安全に、しかも
前抱き及び背負いのいずれにも転換使用しうるのはもと
より、更に固有の次のような効果を奏する。
【0035】即ち、ショルダーベルトが、キャリア本体
の背当て部から引き出されたものとなされているため、
上記キャリア本体に保持した幼児を母親等使用者の身体
側に引き寄せる方向に上記ショルダーベルトを有効に作
用させることができる。従って、幼児の保持安定性を向
上し、幼児の激しい動きによって使用者の動作に悪影響
が及ぶのを回避しうる。
【0036】また、前当て片が着脱自在なものとなされ
ているから、前述のように幼児の成長度合いに応じて、
袋状ベビーキャリアとオープン型キャリアとに相互転換
使用することができ、ひいてはキャリアの実質使用期間
の延長による経済的メリットを得ることができる。
【0037】更には、2本のショルダーベルトを共通に
利用して、上記の前抱き及び背負いの相互転換使用が可
能になると共に、特に前抱き使用時においてショルダー
ベルトを使用者の背中でX字状にクロスさせて装着する
ことが可能であるため、ショルダーベルトが肩からずれ
落ちようとする傾向を生じることがなく、安定した良好
な使用感を得ることができる。
【0038】請求項2においては、背当て部の背面側に
V字状に配置されたショルダーベルトの基部により、キ
ャリア本体内の幼児に対し、その臀部から腰部両側にか
けてバランスの良い拘束力を作用させることが、幼児に
不快な局部圧迫感を与えることがない。
【0039】請求項3においては、頭当て部材の装着に
よって、特に未だ頭部の安定の悪い幼児に対しても、安
全に使用することができる。
【0040】請求項4においては、オープンタイプでの
使用時にあっても、幼児をキャリア本体に一層安全に保
持せしめることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施態様を示す全体斜視図である。
【図2】背負い時の使用状態を示す正面側から見た斜視
図である。
【図3】同じく背負い時の背面側から見た斜視図であ
る。
【図4】キャリア本体部の背面図である。
【図5】前抱き時の使用状態を示す前面側から見た視図
である。
【図6】背負い時及び前抱き時の使用状態における使用
者のキャリア装着状態を示すもので、図(イ)は背負い
時の正面姿、図(ロ)は前抱き時の背面姿をそれぞれ示
す正面図及び後面図である。
【図7】オープンタイプでの使用状態を示す斜視図であ
る。
【符号の説明】
1…キャリア本体 2…背当て部 2a…耳部 3…股当て部 4…前当て部 5…ショルダーベルト 5a…帯紐部 6a、7a…第1バックル 6b、7b…第2バックル 8…頭当て部材 9…ブリッジベルト

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 背当て部(2)の下端に側面視U字状を
    なす股当て部(3)が連続形成されたキャリア本体
    (1)と、 下端縁を前記股当て部(3)の前端縁に、上部両側縁を
    背当て部(2)の両側耳部(2a)(2a)にそれぞれ
    分離可能に連結された取外し自在な前当て片(4)とを
    有し、 左右に1対のショルダーベルト(5)(5)が、前記キ
    ャリア本体(1)の背当て部(2)から上方に引き出さ
    れており、 上記ショルダーベルト(5)(5)の先端側の帯紐部
    (5a)(5a)の中間位置に、第1バックル(6a)
    (6a)が取付位置変更自在に装着され、該第1バック
    ル(6a)(6a)に対応してこれらと連結される第2
    バックル(6b)(6b)が前記股当て部(3)の前端
    部外面両側縁部に設けられると共に、 更に、前記ショルダーベルト(5)(5)の帯紐部(5
    a)(5a)の先端に互いに連結可能な第1及び第2バ
    ックル(7a)(7b)が取付けられてなることを特徴
    とする袋形ベビーキャリア。
  2. 【請求項2】 ショルダーベルト(5)(5)は、その
    基部がキャリア本体(1)の背当て部(2)背面に、背
    面視略V字状に縫着一体化されている請求項1記載の袋
    形ベビーキャリア。
  3. 【請求項3】 キャリア本体(1)の背当て部(2)の
    上部に、幼児の頭部安定用の頭当て部材(8)が上方突
    出状にかつ着脱自在に設けられている請求項1または2
    に記載のベビーキャリア。
  4. 【請求項4】 前当て片(4)を取外してオープンタイ
    プのベビーキャリアとして使用するときのために、別途
    ブリッジベルト(9)が具備され、該ブリッジベルトが
    キャリア本体(1)の背当て部(2)の両側耳部(2
    a)(2a)間に渡して着脱自在に取付可能なものとな
    されている請求項1ないし3のいずれか1に記載の袋形
    ベビーキャリア。
JP26321296A 1996-10-03 1996-10-03 袋形ベビーキャリア Expired - Fee Related JP3754768B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26321296A JP3754768B2 (ja) 1996-10-03 1996-10-03 袋形ベビーキャリア

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26321296A JP3754768B2 (ja) 1996-10-03 1996-10-03 袋形ベビーキャリア

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10108764A true JPH10108764A (ja) 1998-04-28
JP3754768B2 JP3754768B2 (ja) 2006-03-15

Family

ID=17386346

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26321296A Expired - Fee Related JP3754768B2 (ja) 1996-10-03 1996-10-03 袋形ベビーキャリア

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3754768B2 (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200447518Y1 (ko) 2008-02-26 2010-01-28 김태헌 유아용 아기띠
US9713391B2 (en) 2013-03-13 2017-07-25 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier
US9750353B2 (en) 2010-06-18 2017-09-05 Boba Inc. Child carrier and methods of use
US10159357B2 (en) 2003-09-10 2018-12-25 The Ergo Baby Carrier, Inc. Baby carrier
US10441090B2 (en) 2015-01-15 2019-10-15 Lillebaby, Llc Child carrier having adjustable seat coupling
US10736436B2 (en) 2016-10-28 2020-08-11 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with multiple carry orientations
US11051634B2 (en) 2015-10-30 2021-07-06 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier
US11219317B2 (en) 2018-11-26 2022-01-11 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with enhanced freedom of movement
US11805921B2 (en) 2020-06-19 2023-11-07 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with multiple carry orientations
USD1010305S1 (en) 2020-12-18 2024-01-09 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10159357B2 (en) 2003-09-10 2018-12-25 The Ergo Baby Carrier, Inc. Baby carrier
KR200447518Y1 (ko) 2008-02-26 2010-01-28 김태헌 유아용 아기띠
US9750353B2 (en) 2010-06-18 2017-09-05 Boba Inc. Child carrier and methods of use
US9713391B2 (en) 2013-03-13 2017-07-25 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier
US9955797B2 (en) 2013-03-13 2018-05-01 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier
US10172478B2 (en) 2013-03-13 2019-01-08 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier
US10506885B2 (en) 2013-03-13 2019-12-17 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier
US11026521B2 (en) 2013-03-13 2021-06-08 The Ergo Baby Carrier Inc. Child carrier
US10441090B2 (en) 2015-01-15 2019-10-15 Lillebaby, Llc Child carrier having adjustable seat coupling
US11786055B2 (en) 2015-10-30 2023-10-17 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier
US11051634B2 (en) 2015-10-30 2021-07-06 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier
US10736436B2 (en) 2016-10-28 2020-08-11 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with multiple carry orientations
US11297957B2 (en) 2016-10-28 2022-04-12 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with multiple carry orientations
US11219317B2 (en) 2018-11-26 2022-01-11 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with enhanced freedom of movement
US11805921B2 (en) 2020-06-19 2023-11-07 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with multiple carry orientations
US11882943B2 (en) 2020-06-19 2024-01-30 The Ergo Baby Carrier, Inc. Adjustable child carrier with multiple carry orientations
USD1010305S1 (en) 2020-12-18 2024-01-09 The Ergo Baby Carrier, Inc. Child carrier

Also Published As

Publication number Publication date
JP3754768B2 (ja) 2006-03-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3856625B2 (ja) 対面・前向きだっこ兼用ベビーキャリア
US5246152A (en) Baby carrier with head support
EP1992257B1 (en) Reversible infant carrier
US4986458A (en) Infant carrier
FI98264C (fi) Lapsen kantamiseen tarkoitetut olkavaljaat
US7886946B2 (en) Baby carrier
US6247755B1 (en) Child carrier harness
US6186381B1 (en) Child carrier
US10631664B2 (en) Two-piece baby carrier
JP2005185426A (ja) サポート部材およびベビーキャリア
WO2012079787A1 (en) Child carrier
JP3669612B2 (ja) ブリッジベルト移動式ベビーキャリア
JP4463348B2 (ja) おんぶ専用子守帯
KR200473475Y1 (ko) 아기띠 힙시트
JP3754768B2 (ja) 袋形ベビーキャリア
CN115399601A (zh) 婴儿背带
JP3177589B2 (ja) 側頭サポート部材付ベビーキャリア
JP2000296034A (ja) 足ぐりベルト付ベビーキャリア
JP3077992U (ja) 乳児用パッドおよび縦抱き・横抱き兼用ベビーキャリア
KR101716580B1 (ko) 유아용 포대기
JP3029567B2 (ja) ベビーホルダー兼用ウエストバッグ
JP3725610B2 (ja) ウエストバッグ兼用ベビーホルダー
JP2000296033A (ja) 縦抱き・横抱き兼用ベビーキャリア
JP3375254B2 (ja) 乳幼児保持具
JP4643304B2 (ja) 頭部サポート部材およびベビーキャリア

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051003

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20051213

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20051219

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D02

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081222

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091222

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091222

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101222

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111222

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111222

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121222

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121222

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131222

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees