JPH09279588A - 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法 - Google Patents

樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法

Info

Publication number
JPH09279588A
JPH09279588A JP11415796A JP11415796A JPH09279588A JP H09279588 A JPH09279588 A JP H09279588A JP 11415796 A JP11415796 A JP 11415796A JP 11415796 A JP11415796 A JP 11415796A JP H09279588 A JPH09279588 A JP H09279588A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pot
slope
vegetation
tree
bag
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11415796A
Other languages
English (en)
Inventor
Tsuyoshi Sakate
強 坂手
Original Assignee
Nisshoku Corp
日本植生株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nisshoku Corp, 日本植生株式会社 filed Critical Nisshoku Corp
Priority to JP11415796A priority Critical patent/JPH09279588A/ja
Publication of JPH09279588A publication Critical patent/JPH09279588A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 施工の時期に制約がなく、施工が容易で、法
面に早期に安定に根を張ることができ、かつ樹木を自然
体に成長させることのできる樹木の植生ポットを提供す
ることを目的としている。 【解決手段】 腐食性素材よりなる袋体1内に、土壌ま
たは植生基材2と共に樹木の苗木3を収納している。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は樹木の早期安定成長
を図るために法面上に配置される植生ポットとその育苗
方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法の技術
分野に属する。
【0002】
【従来の技術】近年、法面の緑化工法の一つとして、種
子や肥料、土壌改良材等を混合した植生基材の吹付けに
よって法面上に厚層有機客土を形成する吹付け工法が盛
んにおこなわれるようになった。
【0003】この吹付け工法では、多くの場合、法面上
に予めネットを敷設し、吹付け機によって、そのネット
越しに法面に対して植生基材を吹き付け、岩盤地や硬質
土壌、瘠悪地等においても、より安定した厚層有機客土
を均一に形成できるようにしている。例えば特公平6−
99931号公報には、このような緑化工法の一例が記
載されている。
【0004】上述したような吹付け工法では、野草種や
牧草種、木本種等の種子が植生基材に配合され、変化に
富んだ多様な緑化も可能とされている。しかし、木本種
は他の種子からの被圧の影響を受けやすく、特に、成長
力の旺盛な外来の牧草種からの被圧を受けて充分に発芽
・生育できないことが多かった。
【0005】そこで、このような木本種の被圧の問題を
解消するためには、例えば、被圧を発生させやすい外来
草本種の配合割合を少なくする等の方法が考えられる
が、このような方法によっても、木本種を健全に発芽生
育させるためには、播種の時期を選ばなければならず、
施工の時期が制約されるという問題があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】近時は、景観のより一
層の向上を図ると共に、より安定した強固な法面の形成
を図るために、特に、樹木を早期に安定成長させること
のできる緑化工法が求められるようになり、上述した被
圧の問題の解消と共に、施工時期の制約の解消が大きな
課題となっている。
【0007】しかし、樹木種子を法面上で発芽・生育さ
せる場合、環境条件が厳しい場所では自然体に成長させ
るのが難しく成長が不揃いとなり美観を損ねることもあ
った。
【0008】また、特に、法面の傾斜が急な場合には、
上述した吹付け工法では樹木種子の定着が困難となるた
め、苗木を植設する方法が採られることもあるが、この
場合、図4に示すように、法面aを掘削して凹部bを形
成し、その凹部bに土壌改良材や肥料等を配合した植生
基材cを投入した後、苗木dを植設するという面倒な作
業を必要とし、コスト高になる難点があった。
【0009】本発明はこのような実情に鑑みてなされ、
施工の時期に制約がなく、施工が容易で、法面に早期に
安定に根を張ることができ、かつ樹木を自然体に成長さ
せることのできる樹木の植生ポットとその育苗方法およ
びその植生ポットを用いた法面緑化工法を提供すること
を目的としている。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明は上述の課題を解
決するための手段を以下のように構成している。すなわ
ち、請求項1に記載の発明では、樹木の早期安定成長を
図るために法面上に配置される植生ポットにあって、前
記植生ポットが、腐食性素材よりなる袋体内に、土壌ま
たは植生基材と共に樹木の苗木を収納してなることを特
徴としている。
【0011】請求項2に記載の発明では、腐食性素材よ
りなる袋体内に土壌または植生基材と共に樹木の種子を
収納した植生ポットを用いて育苗することを特徴として
いる。
【0012】請求項3に記載の発明では、法面の勾配に
類似した傾斜をもつ育苗床に、腐食性素材よりなる袋体
内に土壌または植生基材を充填すると共に、樹木の種子
を収容し又は樹木の幼苗を植栽した植生ポットを載置し
て育苗することを特徴としている。
【0013】請求項4に記載の発明では、請求項2また
は請求項3に記載の前記植生ポットを、温度及び水分管
理が施された育苗ハウス内で育苗することを特徴として
いる。
【0014】請求項5に記載の発明では、請求項3また
は請求項4に記載の前記傾斜をもつ育苗床の少なくとも
頂部付近に灌漑装置を設けることを特徴としている。
【0015】請求項6に記載の発明では、請求項1に記
載の樹木の植生ポットまたは請求項2ないし請求項5の
いずれかに記載の樹木の育苗方法により育苗された植生
ポットを法面上に配置して樹木の早期安定成長を図るこ
とを特徴としている。
【0016】請求項7に記載の発明では、法面に網状体
を敷設した後、請求項1に記載の樹木の植生ポットまた
は請求項2ないし請求項5のいずれかに記載の樹木の育
苗方法により育苗された植生ポットを前記網状体に配置
し、その植生ポットのまわりに植生基材を吹き付けるこ
とを特徴としている。
【0017】植生ポットを法面上に配置することによ
り、苗木の状態から法面に定着させるので、法面への根
の伸張が確実で、主根を痛めることなく、樹木の成長が
無理なく促進されることから、施工の時期が制約され
ず、風雨に強い自然体の樹木に整然と成長させることが
できる。
【0018】また、その植生ポットを育苗ハウス内で効
率よく健全に育苗促進することができ、その際に、法面
の傾斜に応じた傾きをもつ育苗床に、植生ポットを配置
することにより、樹形及び根の張り方を法面での植生に
近い状態にすることができ、植生ポットの法面への設置
後スムーズに生長し、根張も良好となる。
【0019】
【発明の実施の形態】以下に本発明の樹木の植生ポット
の一実施形態を図面を参照しつつ説明する。図1は樹木
の植生ポットの法面への植設状態の説明図、図2はビニ
ールハウス内での植生ポットの育苗状態の説明図、図3
は育苗状態の拡大説明図で、これらの図において、符号
1は例えば腐食性の不織布よりなる方形状の袋体、2は
その袋体1の内部に充填された土壌改良材、肥料等より
なる植生基材、3は育苗されたやなぎやさんご樹等の樹
木の苗木、4は苗木3を育苗するためのビニールハウス
(育苗ハウス)、5はビニールハウス4の内部に設けら
れる育苗装置、6は育苗床、7は育苗床6の支持部材、
8は給水装置(灌漑装置)、9は排水溝で、上述の袋体
1には2つの引掛金具10,10が設けられており、育
苗床6に設けた取付金具11,11,…に各引掛金具1
0,10を引っ掛けることによって、多数の袋体1,…
を育苗床6に保持できるようになっている。なお、苗木
3としてカシ類、シャリンバイ,ネズミモチ、ケアキ、
アカマツ、クロマツ、ハナミズキ等々が好適である。ま
た、植生基材2には、他の植物種子を配合してもよく、
発根性の旺盛なヤナギ、タニウツギ等は挿し木として導
入してもよい。
【0020】このような育苗装置5によって、当初、植
生基材2中に配合された樹木種子が、給水装置8から水
の供給を受けつつビニールハウス4内で生育し、徐々に
芽を出し、根が出てくる。その芽は経時的に脆くなって
いる袋体1の上部あたりから外部に突出し、一様に上方
に向けて伸長する(図3参照)。従って、その育苗床6
の傾斜角度を植生する法面15(図1参照)の傾斜角度
と略一致させておくことにより、法面15上に自然体の
樹木を成長させることができる。なお、ビニールハウス
4内は水分管理と共に温度管理が施されていることが望
ましい。
【0021】育苗床6で例えば図3に示す程度に育苗さ
れた植生ポットPを、例えば以下のようにして法面15
に植生することができる(図1参照)。まず、法面15
に肥料袋16を有するネット(網状体)17を敷設し、
アンカー等で固定した後、そのネット17に植生ポット
P,…を引っ掛ける。次いで、図示は省略するが、吹付
け機等によって草本種子やピートモス、パーク堆肥等を
配合した吹付け基材18を吹き付ければよい。
【0022】その植生ポットP,…はネット17に固定
されているため、流亡や凍上を免れ安定に法面15に定
着し、また、主根がネット17を介して法面15に向け
て確実に伸張して樹木の成長が無理なく促進され、風雨
に強い自然体の樹木に整然と成長させることができる。
【0023】このような植生ポットPによる緑化工法で
は、ビニールハウス4内の育苗過程で、樹木が苗木にま
で成長していることによって、他の植物から被圧を受け
ることがなく、また、その施工時期が制約されない利点
があり、しかも、現地での施工がきわめて容易でコスト
安となり、特に、急斜面や瘠悪地でも健全に緑化を図る
ことができる。
【0024】そして、ビニールハウス4内での育苗過程
が確実で短期間であることから、種子の段階で施工する
緑化工法に比べて、格段に早く樹木を成長させることが
でき、かつ歩留が高く、施工の信頼性が一段と向上す
る。また、工場生産により同じ規格の植生ポットP,…
を多数取り揃えることができ、より広い需要に柔軟に応
じることができる。
【0025】なお、袋体1内には、植生基材2に代えて
施工する法面の土壌を入れてもよく、土壌と植生基材を
混合したものを袋体1内に充填してもよい。また、ネッ
ト17は一重ネットであってもよく二重ネットであって
もよく、ネットなしであってもよく、その場合は、植生
ポットPをアンカー等で法面15に固定すればよい。あ
るいは、腐食性素材等よりなる植生マットの上に植生ポ
ットPを取り付けてもよい。
【0026】また、その植生ポットPには既に育苗され
た苗木を土壌や植生基材と共に充填してもよく、袋体1
を構成する素材については、腐食性素材であれば、不織
布の他に、例えばビスコースレーヨン等の腐食性繊維材
であってもよく、その材質の如何を問わず、適宜採用す
ることができるのはいうまでもない。
【0027】その袋体1の芽の出る箇所や根の張る箇所
には開孔や切り割りを設けておいてもよく、また、引掛
金具10,10に代えて紐や針金等の線材で袋体1を育
苗床6に固定してもよく、あるいは育苗床6に受け部材
を設けて袋体1を受けるようにしてもよい。
【0028】
【発明の効果】以上説明したように、本発明の樹木の植
生ポットは、腐食性素材よりなる袋体内に、土壌または
植生基材と共に、樹木の苗木を収納しているので、その
植生ポットを法面上に配置することにより現地での施工
をコスト安に容易におこなえ、かつ、苗木の状態から法
面に定着させることができ、法面への根の伸張が確実
で、他の植物からの被圧の影響を受けることなく、主根
を痛めず、根の多くが土面に向いているために活着が良
好となる。従って、施工時期が制約されず、樹木の成長
が早く、風雨に強い自然体の木に成育させることがで
き、美しい景観を得ることができる。
【0029】このような植生ポットは、育苗ハウス内で
育苗することにより、同規格のものを多数効率よく取り
揃えることができ、その際に、その植生ポットを配置す
る育苗床を法面の傾斜に応じて傾けておくことにより、
樹形及び根の張り方を法面での植生に近い状態にするこ
とができ、植生ポットの法面への施工後スムーズに苗木
を生長させることができ、根張も良好となる。
【0030】また、施工に際し、特に、法面上に網状体
を敷設し、その網状体に植生ポットを設置し、その周辺
部に植生基材を吹き付けることにより、樹木の早期安定
成長を図りつつ、そのまわりにその他の草本種等を生長
させて、バラエティーに富んだ法面緑化が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の樹木の植生ポットの一実施形態におけ
る施工説明図である。
【図2】同ビニールハウス内の育苗装置の斜視図であ
る。
【図3】同育苗床に取り付けられた植生ポットの断面図
およびその一部破断斜視図である。
【図4】従来の急斜面での苗木の植設方法の説明図であ
る。
【符号の説明】
1…袋体,2…土壌または植生基材,3…苗木 P…植
生ポット。

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 樹木の早期安定成長を図るために法面上
    に配置される植生ポットであって、前記植生ポットが、
    腐食性素材よりなる袋体内に、土壌または植生基材と共
    に樹木の苗木を収納してなることを特徴とする樹木の植
    生ポット。
  2. 【請求項2】 腐食性素材よりなる袋体内に土壌または
    植生基材と共に樹木の種子を収納した植生ポットを用い
    て育苗することを特徴とする樹木の育苗方法。
  3. 【請求項3】 法面の勾配に類似した傾斜をもつ育苗床
    に、腐食性素材よりなる袋体内に土壌または植生基材を
    充填すると共に、樹木の種子を収容し又は樹木の幼苗を
    植栽した植生ポットを載置して育苗することを特徴とす
    る樹木の育苗方法。
  4. 【請求項4】 温度及び水分の管理が施された育苗ハウ
    ス内で前記植生ポットを用いて育苗することを特徴とす
    る請求項2または請求項3に記載の樹木の育苗方法。
  5. 【請求項5】 前記傾斜をもつ育苗床の少なくとも頂部
    付近に灌漑装置を設けることを特徴とする請求項3また
    は請求項4に記載の樹木の育苗方法。
  6. 【請求項6】 請求項1に記載の樹木の植生ポットまた
    は請求項2ないし請求項5のいずれかに記載の樹木の育
    苗方法により育苗された植生ポットを法面上に配置して
    樹木の早期安定成長を図ることを特徴とする法面緑化工
    法。
  7. 【請求項7】 法面に網状体を敷設した後、請求項1に
    記載の樹木の植生ポットまたは請求項2ないし請求項5
    のいずれかに記載の樹木の育苗方法により育苗された植
    生ポットを前記網状体に配置し、その植生ポットのまわ
    りに植生基材を吹き付けることを特徴とする法面緑化工
    法。
JP11415796A 1996-04-10 1996-04-10 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法 Pending JPH09279588A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11415796A JPH09279588A (ja) 1996-04-10 1996-04-10 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11415796A JPH09279588A (ja) 1996-04-10 1996-04-10 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09279588A true JPH09279588A (ja) 1997-10-28

Family

ID=14630589

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11415796A Pending JPH09279588A (ja) 1996-04-10 1996-04-10 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09279588A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006194779A (ja) * 2005-01-14 2006-07-27 Riken Keiki Co Ltd 水素炎イオン化式ガス検知器
JP2007222075A (ja) * 2006-02-23 2007-09-06 Koiwa Kanaami Co Ltd 階段構造物
JP2008127810A (ja) * 2006-11-20 2008-06-05 Tankatsu:Kk 法枠植栽緑化工法。
CN104532858A (zh) * 2014-12-26 2015-04-22 北京东方园林股份有限公司 一种土质边坡绿化装置及方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006194779A (ja) * 2005-01-14 2006-07-27 Riken Keiki Co Ltd 水素炎イオン化式ガス検知器
JP2007222075A (ja) * 2006-02-23 2007-09-06 Koiwa Kanaami Co Ltd 階段構造物
JP2008127810A (ja) * 2006-11-20 2008-06-05 Tankatsu:Kk 法枠植栽緑化工法。
CN104532858A (zh) * 2014-12-26 2015-04-22 北京东方园林股份有限公司 一种土质边坡绿化装置及方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100654174B1 (ko) 녹화용 씨줄 네트
CN109042146A (zh) 一种葡萄和芦笋套种的方法
JPH09279588A (ja) 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法
JP3260119B2 (ja) 法面の植栽棚併用緑化工法
JP2717368B2 (ja) 法面植栽工法
CN109511504A (zh) 一种甘薯种植方法
CN105359764A (zh) 一种便于收获的山药种植方法
JP3934761B2 (ja) 法面緑化工法
JP3040956B2 (ja) 木が植生されたのり面
JP2932157B2 (ja) 法面緑化工法
JP2002238343A (ja) 傾斜面部への樹木苗の導入工法と樹木苗の植生ポットおよび傾斜面部への樹木苗の導入補助具
JP3480565B2 (ja) 法面用植栽ポット
JP2802899B2 (ja) 法面緑化工法
JPH0978586A (ja) 法面保護緑化用マット
JP3421735B2 (ja) 緑化工法
JPH07236350A (ja) 苗木の植生方法
JP2812374B2 (ja) 緑化基盤及びその施工法
JP2896654B2 (ja) 法面の緑化工法
JPH0646673A (ja) コンクリート基盤上で根の徒長を防止して観賞用植物を育成する方法と植物の根の徒長防止網
JP3170480B2 (ja) 法面の緑化工法
CN113099958A (zh) 一种边坡生态恢复方法
KR20030060681A (ko) 부직포 포트를 이용한 묘목 재배방법
CN110249888A (zh) 一种猕猴桃快速建园方法
JPH06173270A (ja) のり面緑化工法
CN109729855A (zh) 一种园林树木扦插快速繁育的方法