JPH09146948A - Document preparation support device - Google Patents

Document preparation support device

Info

Publication number
JPH09146948A
JPH09146948A JP30439895A JP30439895A JPH09146948A JP H09146948 A JPH09146948 A JP H09146948A JP 30439895 A JP30439895 A JP 30439895A JP 30439895 A JP30439895 A JP 30439895A JP H09146948 A JPH09146948 A JP H09146948A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
object
media material
position
document
layout
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP30439895A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takashi Ishitani
高志 石谷
Original Assignee
Sharp Corp
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a document preparation support device which easily lay out objects in a document. SOLUTION: Restriction conditions of arrangement among objects are set as a rule base and a mechanism which enables a user to roughly determine arrangement positions is provided, and those conditions are stored in the rule base 64 and a layout meeting the user's desire and restriction conditions is automatically generated by an automatic layout engine part 52 and stored in layout information 68, and presented When the user corrects the layout information 68, layout corrected information 66 is stored and utilized to propose a layout next time.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、コンピュータ、ワードプロセッサなどのように電子的な文書の作成を支援するための装置に関し、特に、電子的な文書のみならず、その他さまざまなマルチメディア素材を扱い、これらを作成/編集し、画面上やページ上、時間軸上に配置するような文書作成支援装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention treats computer, relates to an apparatus for supporting the creation of electronic documents, such as word processor, in particular, as well as electronic document only, the other a variety of multi-media material , create / edit these, on-screen or on the page, it relates to a document preparation support device, such as to place on the time axis.

【0002】 [0002]

【従来の技術】文字情報を中心とした文書データと、図形データ、動画データなどをレイアウトするための文書作成装置として、レイアウト編集装置、DTP(Desk T And Background of the Invention document with a focus on character information data, graphic data, as a document creating apparatus for laying out such as video data, the layout editing equipment, DTP (Desk T
op Publishing )装置などが現在広く使われている。 op Publishing) devices and the like are now widely used. これら装置では一般的に、文書データ、図形データなど、 Generally in these devices, document data, such as graphic data,
1つの塊として取扱うことができるデータ(これを「メディア素材」という)を、画面上にどのように配置するかをオペレータの操作によって編集する。 The data that can be handled as one mass (called "media material"), or arranging how on the screen for editing by the operator of the operation. メディア素材としては、上述の文書データ、図形データ、動画データなどに加えて、音声データなども含まれる。 The media material described in the document data, graphic data, in addition, such as video data also includes voice data.

【0003】このように複数種類のメディア素材を取扱うため、こうした装置の操作は複雑なものとなる。 [0003] In order to handle this way, a plurality of types of media materials, operation of such devices is a complicated thing. また出来上がった文書が全体としてまとまりよくなるためには、オペレータの感性も必要とされるので、既に述べた装置を操作するための知識と併せてオペレータにとって大きな負担となっている。 In order to finished document is well unity as a whole, since it is also required sensibility of the operator, has become a major burden on the operator in conjunction with the knowledge to manipulate the already mentioned device.

【0004】このような問題を回避するための提案がこれまでにいくつかなされている。 [0004] are proposed in order to avoid such problems have been made a few so far. たとえば特開平5−1 For example, JP-A-5-1
01052号公報(平成3年10月4日出願)には、文書作成者が文書デザインの知識を持たなくても、意図したような見栄えのよい文書を容易に作成することができるような文書作成支援装置が開示されている。 The 01052 JP (1991 October 4 pending), you need not have knowledge of the document creator document design, document preparation, such as it is possible to easily create a good document-looking, such as intended support apparatus is disclosed. この文書作成支援装置では、文書情報と文書デザイン知識情報とを用いて推論を行ない、最適な文書デザインを決定するようにしている。 In this document creation support apparatus performs inference by using the document information and document design knowledge information, so that to determine the optimal document design. また、文書の不具合点を指摘した情報を知識ベース化することによって、作成した文書の不具合な点を指摘する機能も提案されている。 In addition, by the knowledge base of the pointed out that information the problem points of the document, has also been proposed the ability to point out a problem of document that you create.

【0005】また、特開平5−108641号公報(平成3年10月17日出願)では、同様の文書スタイル設計支援装置が開示されている。 [0005] In JP-A-5-108641 discloses (1991 October 17 filed), the same document style design support apparatus is disclosed. 同公報の開示する装置は、文書スタイルデザイン知識情報を用いて推論を行ない、最適な文書スタイルデザインを決定している。 The devices disclosed in this publication performs inference using the document style design knowledge information, and determines the optimum document style design.

【0006】また特開平6−223061号公報(平成5年1月27日出願)では、バランスの取れたレイアウトを可能にする文書作成処理装置が提案されている。 [0006] In JP-A-6-223061 (1993 January 27 filed), document composition system that enables layout balanced has been proposed. この公報に記載の文書作成処理装置では、文書を構成するオブジェクト(文章、罫線、図形など)間および頁上に基準線を設けている。 In document creating apparatus according to this publication, the object of a document (text, borders, graphic, etc.) are provided baseline during and page on. そして、基準線同士の関連を予め決めておくことにより、頁上に配置する文章データや図版データなどのレイアウトのバランスを取ることを特徴とする。 By predetermining the relevant reference line between, and wherein the balance of the layout, such as text data or illustrations data be placed on the page.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】文書内で取扱う文書構成要素(メディア素材)の種類は、より増加すると考えられる。 Kind of SUMMARY OF THE INVENTION It is an object of the document components to be handled in the document (media material) is considered to be more to increase. そうしたメディア素材の種類が増えるにつれて、それらを文書内に適切に配置するためには、装置を扱うための操作が複雑にならざるを得ない。 As kinds of such media material is increased, them in order to properly placed within the document, the operation is inevitably complicated to handle device. またそれらをどのように配置するとその文書にとって適切な配置となるかについては、文書作成者の感覚に頼らざるを得なくなってしまう。 In addition For it happens when you place them how to a suitable arrangement for the document, no longer forced to rely on the sense of the document creator. さらに、マルチメディアの世界が広がるに従って、テキスト間でのリンクを含んだハイパーテキストという要素や、時間軸も含めた(動画などの)素材の配置をどのようにするかという問題が生じており、 In addition, in accordance with the multi-media world is spread, elements and that inclusive hypertext links between text, and there is a problem that how to the placement of the time axis was also included (such as video) material,
こうした問題についてはメディア素材の内容も含めた理解が必要とされるため、オペレータに対して非常に複雑な知識が要求されるという問題がある。 Since for such problems is required understood, including the contents of the media materials, there is a problem that is very complex knowledge to the operator is required.

【0008】こうした問題、特に、メディア素材(以下「オブジェクト」と呼ぶ。)を1つの単位として取扱った場合の、文書内での配置、または時間軸を持つ文書内での配置をどのようにするかが問題となる。 [0008] These problems, in particular, in the case of dealing media material (hereinafter referred to as "objects".) As one unit, how the arrangement in the document with the arrangement, or the time axis in the document whether there is a problem. こうした問題について、前述した従来の技術では、オブジェクトに対する知識を持つオペレータであっても、それらを文書内の適切な位置に適切な大きさで配置するのが難しいという問題がある。 For these problems, in the conventional art described above, even an operator with knowledge for an object, it is difficult to place in their proper appropriate size to a location in the document. 操作も容易とはいえない。 Operation not be said to be easy. また特開平6−223061号公報のように基準線に基づくレイアウトの決定は、上記したような時間軸を持つ文書に対しては有効ではない。 The determination of the layout based on the reference line as JP-A-6-223061 is not effective for the document having a time axis as described above.

【0009】それゆえに、請求項1に記載の発明の目的は、オブジェクトを文書内の適切な位置に容易に配置することができる文書作成支援装置を提供することである。 [0009] Therefore, an object of the invention described in claim 1 is to provide a document creation support apparatus capable of easily placing the object in position in the document.

【0010】請求項2に記載の発明の目的は、オブジェクトを、簡単な操作で文書内の適切な位置に容易に配置することができる文書作成支援装置を提供することである。 An object of the invention described in claim 2 is to provide a document creation support apparatus capable of objects, be easily arranged at appropriate positions in the document with a simple operation.

【0011】請求項3に記載の発明の目的は、ユーザの最小限の操作で、オブジェクトを文書内の適切な位置に容易に配置することができる文書作成支援装置を提供することである。 An object of the invention described in claim 3, with minimal user operation is to provide a document creation support apparatus that can be readily placed in the appropriate location in the document object.

【0012】請求項4から8に記載の発明の目的は、オブジェクトの文書内への配置位置を簡単な操作で指定することができる文書作成支援装置を提供することである。 An object of the invention according to claims 4 8, is to provide a document creation support apparatus capable of specifying the location of the document object in a simple operation.

【0013】請求項9から12に記載の発明の目的は、 An object of the invention according to claims 9 12,
オブジェクトの文書内への配置に当たり、その大きさを簡単な操作で指定することができる文書作成支援装置を提供することである。 It strikes the placement in a document of an object is to provide a document creation support apparatus capable of specifying the size of a simple operation.

【0014】請求項13に記載の発明の目的は、文書内の、ユーザの希望をより適切に反映した位置に、容易にオブジェクトを配置することができる文書作成支援装置を提供することである。 An object of the invention described in claim 13, in the document, in a position that reflects the desire of the user more appropriately, to provide a document creation support apparatus that can easily place objects.

【0015】 [0015]

【課題を解決するための手段】上記の問題を解決するために、本願請求項1に記載の発明は、任意のオブジェクトを統合した文書を処理するための文書作成支援装置であって、オブジェクトを文書内に配置する際のレイアウトを管理するためのレイアウト管理機構と、あるオブジェクトの、文書内の配置に対するユーザの希望事項をユーザから受取ってレイアウト管理機構に与えるための入力手段とを含む。 In order to solve the above problems BRIEF SUMMARY OF THE INVENTION The invention according to the claims 1, a document creation support apparatus for processing documents that integrates any object, the object including a layout management mechanism for managing the layout when placed within the document, of an object, and input means for providing receiving the user desired items from the user to the layout manager for placement in a document. レイアウト管理機構は、ユーザの希望事項に従って、あるオブジェクトの、文書内の配置位置を提案する機能を有している。 Layout management mechanism, according to the user's desired item has the function proposed by an object, the position in the document.

【0016】請求項2に記載の文書作成支援装置は、請求項1に記載の構成に加えて、さらに文書のレイアウトを表示するための表示手段を含む。 The document creation support apparatus according to claim 2, in addition to the configuration of claim 1, including display means for further displaying the layout of the document. そして入力手段は、 And input means,
表示手段の表示上の任意の位置を指定するための位置指定手段と、位置指定手段を用いてユーザが特定の操作を行なったことに応じて、表示画面上の概略の位置が指定されたものと解釈する手段とを含む。 That the position specifying means for specifying an arbitrary position on the display of the display means, in response to a user performing a specific operation using the position specifying means, the position of the outline on the display screen is designated and means be interpreted as. レイアウト管理機構は、この概略の位置を基準としてあるオブジェクトの、文書内の配置位置を提案する機能を有している。 Layout management mechanism, the object in reference to the position of the outline, and has a function to propose an arrangement position in the document.

【0017】請求項3に記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1に記載の構成に加えて、オブジェクトのタイプに応じたデフォルト位置を定めるための情報を記憶する記憶手段をさらに含む。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 3, in addition to the configuration of claim 1, further comprising a storage means for storing information for determining a default position for the type of object . そしてレイアウト管理機構は、ユーザの希望事項を受ける前に、対応のデフォルト位置に、あるオブジェクトを配置することを提案する機能を有する。 The layout management mechanism, prior to receiving the user desired items, the default position of the corresponding functions to propose placing a certain object.

【0018】請求項4に記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1の構成に加えて、入力手段が、あるオブジェクトの、文書内の他の要素との間の距離に関する制約条件を入力するための手段を含む。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 4, in addition to the first aspect, the input means, of an object, a constraint on the distance between the other elements in the document including the means for entering. レイアウト管理機構は、あるオブジェクトの配置位置の提案において、 Layout management mechanism, the proposed arrangement positions of an object,
この制約条件を満足させるように配置位置を定める機能を有する。 It has a function of determining the position so as to satisfy this constraint.

【0019】請求項5記載に記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1に記載の構成に加えてさらに、文書のレイアウトを表示するための表示手段を含む。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 5, wherein, in addition to the arrangement of claim 1, including display means for displaying the layout of the document. そして入力手段は、表示手段の表示上の任意の位置を指定するための位置指定手段を含む。 The input means includes position specifying means for specifying an arbitrary position on the display of the display means. レイアウト管理機構は、 The layout management mechanism,
位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、表示画面上のある領域と予め定める関係を持ってあるオブジェクトが配置されるようにこのあるオブジェクトの配置位置を決定する。 In response to the using position specifying means was performed a specific operation for specifying an area where there is a user, the arrangement of an object as an object that is with previously determined relationship between area of ​​display screen is arranged position to determine.

【0020】請求項6記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項5に記載の構成に加えて、レイアウト管理機構は、位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、あるオブジェクトが、表示画面上の上記したある領域内に必ず配置されるようにそのオブジェクトの配置位置を決定する。 The document creation support apparatus according to the sixth aspect of the present invention, in addition to the configuration according to claim 5, layout management mechanism, a specific operation of designating a region in which a user using the position specifying means in response to performing a, an object determines the arrangement position of the object to be placed always in a certain area as described above on the display screen.

【0021】請求項7記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項5記載の構成に加えて、レイアウト管理機構は、位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、表示画面上のある領域内にあるオブジェクトが概略配置されるようにこのオブジェクトの配置位置を決定する。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 7, wherein, in addition to the configuration of claim 5, wherein the layout management mechanism, perform a specific operation for specifying a region in which a user using the position specifying means and in response to, objects in the area of ​​display screen determines the arrangement position of the object as outlined arranged.

【0022】請求項8記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項5記載の構成に加えて、レイアウト管理機構は、位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、あるオブジェクトの少なくとも一部が上記したある領域内に必ず配置されるようにこのオブジェクトの配置位置を決定する。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 8, in addition to the configuration of claim 5, wherein the layout management mechanism, perform a specific operation for specifying a region in which a user using the position specifying means and in response to at least a portion of an object determines the arrangement position of the object to be always positioned in a certain area as described above.

【0023】請求項9記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1記載の構成に加えて、オブジェクトの各々は、その大きさを示すサイズ情報を有しており、オブジェクトの配置に当たってそのサイズ情報を変更しないことをユーザが指定することを可能にするための手段をさらに含んでいる。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 9, wherein, in addition to the configuration of claim 1 wherein, each object has a size information indicating the size, the when the arrangement of the objects and further including means for allowing the user to specify that you do not change the size information. そしてレイアウト管理機構は、オブジェクトのサイズ情報を変更しないことが指定されたことに応じて、オブジェクトのサイズ情報に従ってオブジェクトの配置位置を決定する。 The layout management mechanism, in response to it may not change the size information of the object is specified, it determines the arrangement position of the object in accordance with size information of the object.

【0024】請求項10記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1記載の構成に加えて、オブジェクトの各々は、その大きさを示すサイズ情報を有しており、文書のレイアウトを表示するための表示手段と、オブジェクトの配置に当たってその表示の大きさの変動可能な範囲をユーザが表示上で指定することを可能にするための手段とをさらに含む。 [0024] 10. document creation support apparatus according to the described invention, in addition to the first aspect, wherein, each object has a size information indicating the size, displays the layout of the document and display means for, and means for the display of the size fluctuation range of the carrying arrangement of the object allows the user to specify on the display. そしてレイアウト管理機構は、オブジェクトの表示の大きさの変動可能な範囲が指定されたことに応じて、オブジェクト表示の大きさを決定する。 The layout management mechanism, in response to the variation range of the size of the display object is specified, it determines the size of the object displayed.

【0025】請求項11記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1記載の構成に加えて、オブジェクトの各々は、その大きさを示すサイズ情報を有し、文書のレイアウトを表示するための表示手段と、あるメディア素材の配置に当たって、当該オブジェクトと、既に前記表示手段により表示されているオブジェクトとの間の位置関係をユーザが表示上で指定することを可能にするための手段とをさらに含む。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 11, wherein, in addition to the first aspect, wherein, each object has a size information indicating the size, for displaying a layout of a document and display means, when the arrangement of certain media material, and the object already and means for the user the positional relationship between the object displayed by the display means make it possible to specify on the display further comprising. そしてレイアウト管理機構は、 And layout management mechanism,
あるオブジェクトと、既に表示手段により表示されているオブジェクトとの間の位置関係が指定されたことに応じて、このあるオブジェクトの表示の大きさと配置位置とを決定する。 And an object already in response to the positional relationship between the object displayed by the display means is designated to determine the size and position of the display of the certain object.

【0026】請求項12に記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項11の構成に加えて、複数個のあるオブジェクトの配置に当たって、当該複数個のオブジェクト間の位置関係および大きさの関係をユーザが指定することを可能にするための手段をさらに含む。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 12, in addition to the configuration of claim 11, when the arrangement of the objects with a plurality, positional relationship and size of the relationship between the plurality of objects further comprising means for allowing a user to specify. そしてレイアウト管理機構は、この複数個のオブジェクトと、既に表示手段により表示されているオブジェクトとの間の位置関係と、この複数個のオブジェクト間の位置関係および大きさの関係が指定されたことに応じて、この複数個のオブジェクトの表示の大きさと配置位置とを決定する。 The layout management mechanism, the a plurality of objects, and positional relationship between the object displayed by the already displayed means that the positional relationship and size of the relationship between the plurality of objects are specified in response, to determine the size and position of display of the plurality of objects.

【0027】請求項13記載の発明に係る文書作成支援装置は、請求項1から12のいずれかに記載の構成に加えて、レイアウト管理機構により提案された配置をユーザがさらに修正することを可能にするための修正入力手段と、この修正入力手段を介して行なわれた修正に関する修正情報を蓄積するための修正情報蓄積手段とをさらに含む。 The document creation support apparatus according to the invention of claim 13, wherein, in addition to the configuration according to any one of claims 1 to 12, allows the user to further modify the arrangement proposed by the layout management mechanism further comprising a correction input means to, and correction information storage means for storing correction information relating to modifications made via the correction input means. そしてレイアウト管理機構は、この修正情報蓄積手段により蓄積された修正情報をオブジェクト間の制約条件として解釈してオブジェクトの配置の提案内容を決定する機能を有する。 The layout management mechanism has a function of determining the proposal of the arrangement of the object to interpret the correction information stored by the correction information storage means as the constraints between objects.

【0028】 [0028]

【発明の実施の形態】図1は、本願発明の実施の形態1 Figure 1 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION, the embodiment of the present invention 1
の文書作成支援装置のハードウェア構成を示す。 Showing the hardware configuration of the document creation support device. 図1を参照してこの文書作成支援装置は、バス30と、バス3 The document creation support apparatus with reference to FIG. 1, a bus 30, a bus 3
0に接続され、所定のプログラムを実行することにより本願特許請求の範囲に記載の機能の多くを実現するためのCPU(中央処理装置)32を含む。 0 to be connected, it includes a CPU (central processing unit) 32 for realizing many functions described in the scope of the appended claims by executing a predetermined program. この装置はこの他に以下に述べるような種々の構成要素を含むが、それらはいずれもバス30と接続されており、バス30を介してCPU32および他の要素の間で更新することが可能である。 This device includes various components as described below In addition, they both are connected to the bus 30, it can be updated between the CPU32 and other elements via a bus 30 is there.

【0029】この装置はさらに、ペン36やマウス38 [0029] The apparatus further includes, pen 36 and mouse 38
などのポインティングデバイスと、キーボード40とが接続され、これらユーザが入力する際に用いる入力デバイスの制御を司るキーCPU34と、表示装置46に結合されたVRAM(Video Random Access Memory)48 A pointing device such as a keyboard 40 and is connected, a key CPU34 which controls the input devices for use in these user inputs, VRAM coupled to the display device 46 (Video Random Access Memory) 48
と、プログラムやデータを格納するための、RAM(Ra If, for storing programs and data, RAM (Ra
ndom Access Memory)からなるメモリ50と、CPU3 A memory 50 consisting ndom Access Memory), CPU3
2で実行され、文書作成支援装置の機能の大部分を実現するためのプログラムを格納するための、ROM(Read Runs 2, for storing a program for implementing most of the functions of the document creation support apparatus, ROM (a Read
Only Memory)からなるプログラムメモリ42と、FD A program memory 42 consisting Only Memory), FD
(フロッピーディスクドライブ)、HD(ハードディスク)、CD−ROM(Compact-Disc ROM)装置などの外部ファイルデバイスおよび他のシステムに結合されたネットワークが接続可能なI/O(入出力)ポート44とを含む。 (Floppy disk drive), HD (hard disk), a CD-ROM (Compact-Disc ROM) device external file devices and other systems coupled to the network can connect and I / O (input and output), such as port 44 including. なおネットワークの先に、2次記憶およびその管理システムや、クライアントが存在する場合もある。 Note that the previous network, and secondary storage and a management system, in some cases the existence of the client.

【0030】この装置はさらに、図2以下を参照して後述する、本願発明の特徴部分である自動レイアウトエンジン部52を格納するためのROM/RAM領域を含む。 [0030] The apparatus further includes a ROM / RAM area for storing the automatic layout engine unit 52 which is a characteristic part of with reference to FIG. 2 below will be described later, the present invention.

【0031】図2を参照して、図1に示される各構成要素と、さらにCPU32が実行するソフトウェアにより実現される本願の文書作成支援装置のシステム構成について述べる。 [0031] With reference to FIG. 2, and each of the components shown in FIG. 1, described system configuration of the document creation support apparatus of the present application realized by the software further CPU32 performs. 図2を参照して、この文書作成支援装置は、図1に示すキーボード40、ペン36およびマウス38を用いたユーザの操作を管理するためのユーザインタフェース管理部60と、ユーザインタフェース管理部60から受けるユーザの操作情報に基づいて、文書内で扱うオブジェクトのレイアウト情報を管理するためのレイアウト管理部62と、オブジェクトに関する表示命令を受けて、レイアウト管理部62が保持するレイアウト情報に基づいて画面表示を管理する表示管理部70と、 Referring to FIG. 2, the document creation support apparatus includes a user interface manager 60 to manage the operation of the user using the keyboard 40, the pen 36 and the mouse 38 shown in FIG. 1, the user interface management unit 60 based on the operation information of the user to receive a layout management unit 62 for managing layout information of an object to be handled in the document, receiving a display command for an object, the screen display based on the layout information layout management unit 62 holds a display management unit 70 to manage,
表示管理部70の制御のもと、図1に示されるVRAM Under the control of the display control section 70, VRAM shown in Figure 1
48および表示装置46による画面表示を制御するための表示部72とを含む。 And a display unit 72 for controlling the screen display by 48 and display device 46.

【0032】この装置のシステムはさらに、ユーザインタフェース管理部60およびレイアウト管理部62からの指示に応答して各オブジェクトデータを編集/作成するためのオブジェクトエディタ群74を含む。 The system of the apparatus further includes an object editor group 74 for editing / creating each object data in response to an instruction from the user interface management unit 60 and the layout manager 62. オブジェクトエディタ群74は、オブジェクトの種類に対応するだけの種類のオブジェクトエディタ76、78、…を含む。 Object editor group 74 includes object type editor 76 and 78 only corresponding to the type of object, ... a. この装置のシステムはさらに、文書内で扱うオブジェクトデータからなるオブジェクトデータ群80を含む。 System of the apparatus further comprises an object data group 80 consisting of object data handled in the document. このオブジェクトデータ群80は、文書内で扱われる複数個のオブジェクトデータ82、84、…を含む。 The object data group 80 includes a plurality handled in the document object data 82, ... a.

【0033】この装置のシステムはさらに、レイアウト管理部62から得られる現在のレイアウト情報と、ユーザからのレイアウト指令とを受け、適切なレイアウトを作成する自動レイアウトエンジン部52と、文書内でのオブジェクトのレイアウトを示すレイアウト情報68 The system of the device further includes a current layout information obtained from the layout management unit 62, an automatic layout engine 52 receives the layout instruction from the user, to create the appropriate layout objects in the document the layout information 68 that indicates the layout
と、自動レイアウトエンジン部52により提示されたレイアウトをユーザが修正した場合に蓄積されるレイアウト修正情報66と、自動レイアウトエンジン部52がレイアウトの自動的な生成の際に用いるルールベース64 If a layout correction information 66 to be stored layouts presented by the automatic layout engine unit 52 when the user modifies the rule base 64 to the automatic layout engine unit 52 is used when the automatic generation of the layout
とを含む。 Including the door.

【0034】図2に示す各要素と、図1に示される各ハードウェア要素との関係について説明する。 [0034] and each element shown in FIG. 2, the relationship between the hardware elements shown in FIG. 1 will be described. 図2のユーザインタフェース管理部60は、図1に示されるキーC User interface management unit 60 of FIG. 2, the key C shown in FIG. 1
PU34とプログラムメモリ42に格納されたユーザインタフェース管理のためのプログラムによって実現される。 It is achieved by the user interface management program for which is stored in PU34 a program memory 42. 図2に示す表示部72は、図1に示すVRAM48 Display unit 72 shown in FIG. 2, shown in FIG. 1 VRAM48
に相当する。 It corresponds to. 但しこの表示部72は場合によってはサーバー形式を取り、ネットワークを経由した外部システムに存在する場合もあり得る。 However take the server type in some cases the display unit 72 may be also be present in the external system via the network. 図2に示すレイアウト管理部62と、表示管理部70と、オブジェクトエディタ群74とはいずれも図1に示すプログラムメモリ42内に収められたプログラムをCPU32が実行することにより実現される。 Layout management unit 62 shown in FIG. 2, a display management section 70, and the Object Editor group 74 is realized by executing the CPU32 programs were all housed in the program memory 42 shown in FIG. オブジェクトデータ群80と、ルールベース64と、レイアウト修正情報66と、レイアウト情報68とは、当該文書の編集が実行されるときには図1 An object data group 80, a rule base 64, a layout correction information 66, the layout information 68, the figure when the editing of the document is performed 1
に示すメモリ50内に格納され、当該文書の保存時には、I/Oポート44を経由してHDやネットワーク上の他のシステム内の記憶装置のファイルシステムに格納される。 Stored in memory 50 shown in, during storage of the document is stored via the I / O port 44 to the file system of the storage device in the other systems on the HD or network.

【0035】本願発明の特徴となる自動レイアウトエンジン部52は、図1に示す自動レイアウトエンジン部のためのROM/RAM領域52に格納されている。 The automatic layout engine unit 52 which is a feature of the present invention, is stored in the ROM / RAM area 52 for the automatic layout engine unit shown in FIG. そのためこの自動レイアウトエンジン部52を従来のシステムに追加するだけで、従来から存在するシステムを簡単に拡張して本願発明に係る文書作成支援装置を実現することができる。 Therefore only by adding the automatic layout engine unit 52 to the conventional system, it is possible to realize a document creation support apparatus according to easily scale to the present invention a system that exists in the prior art. もちろん、自動レイアウトエンジン部5 Of course, the automatic layout engine unit 5
2をプログラムメモリ42内に格納するようにもできる。 2 also to be stored in the program memory 42.

【0036】図3に、図2のオブジェクトデータ82、 [0036] FIG. 3, the object data 82 in FIG. 2,
84の形式の例を示す。 It shows an example of the 84 format of. 図3に示されるようにオブジェクトデータのフォーマットは、そのタイプと、そのオブジェクトのIDと、そのオブジェクトの名前と、オブジェクトの幅および高さとを含む。 Format of the object data as shown in FIG. 3 includes its type, the ID of the object, the name of the object, and a width and height of the object. なおオブジェクトのうちの特定のタイプについては、高さの後ろに固有のオプション情報が追加して付加される。 Note For certain types of objects, is added with additional options specific information after the height.

【0037】図3には、5つのオブジェクトデータの例が示されている。 [0037] Figure 3 shows an example of five objects data is shown. これらオブジェクトのオブジェクトI Object I of these objects
Dはそれぞれ1、100、101、102、110であり、名前はそれぞれObjC、ObjA、ObjB、O D are each 1,100,101,102,110, respectively name ObjC, ObjA, ObjB, O
bjD、ObjXである。 bjD, is ObjX. これらオブジェクトのタイプはそれぞれフレーム、イメージ、テキスト、ムービー、 Each type of these objects frame, image, text, movies,
テキストとなっている。 It has become a text. フレームオブジェクトとは、文書の枠に対応するオブジェクトである。 The frame object, is an object corresponding to the frame of the document. イメージオブジェクトは画像データを示す。 Image object represents the image data. テキストオブジェクトは通常のテキストデータを示す。 Text object shows a normal text data. ムービーオブジェクトは、 Movie objects,
動画データを示す。 It shows the video data.

【0038】続いて図4を参照して、図2のレイアウト情報68のフォーマットについて説明する。 [0038] With continuing reference to Figure 4 to describe the format of the layout information 68 in FIG. 2. 図4を参照してレイアウト情報の一般的フォーマットは、その先頭にレイアウト情報であることを示す「positio General format of the layout information with reference to FIG. 4 shows that the layout information at the head "positio
n」というタグを有し、その後にオブジェクトのID Has a tag called n ", ID subsequent to object
と、オブジェクトの表示位置のX座標とY座標とを含んでいる。 If, and an X and Y coordinates of the display position of the object. なおこの座標は、たとえば文書や表示画面の左上を原点とし、右方向をX座標軸、下方向をY座標軸としたものが用いられることが多い。 Note The coordinates, for example the origin at the upper left of the document or the display screen, the right X coordinate axis, is often used as a down direction is Y axis. さらにレイアウト情報は、Y座標の後ろに表示属性を示すデータflagを持つが、このflagは省略可能である。 Furthermore layout information is has a data flag indicating the display attribute after the Y-coordinate, the flag can be omitted. 表示されていないオブジェクトについてはflag=0に設定される。 For objects that are not displayed is set to flag = 0. したがって図4に示される5つの例のうち、上の3 Thus of the five examples shown in Figure 4, the upper 3
つはそれぞれ該当位置に表示されているが、下の2つのオブジェクトは表示されていない。 One is being displayed in the appropriate position, the two objects under is not displayed. 但し表示されていないオブジェクトに対しても配置位置は定められている。 However position even for an object which is not displayed is defined.

【0039】図2に示すレイアウト修正情報66の例を図5に示す。 [0039] FIG. 5 shows an example of the layout correction information 66 shown in FIG. 図5を参照して、レイアウト修正情報のフォーマットは、どのようにそのオブジェクトの位置が修正されたかを示すタグである「アクション」と称される情報と、オブジェクトのIDと、アクションタグの種類に応じて定められるパラメータとからなる。 Referring to FIG. 5, the format of the layout modification information, how the information called a tag "Action" indicating that one position of the object is modified, the ID of the object, the type of action tag depending comprising a defined parameter.

【0040】アクションは、前述のようにオブジェクトの配置がどのように修正されたかを示すタグであり、m The action is a tag indicating whether the modified how the placement of objects as described above, m
ove(移動された)、resize(サイズ変更された)などがある。 ove (moved), there is such as resize (resized). このアクションタグの種類に応じて、 Depending on the type of this action tag,
必要なパラメータが決まる。 Necessary parameters are determined. たとえばmoveの場合には、座標(x,y)から座標の差分(dx,dy)だけ移動されたことを示すパラメータが付加される。 For example, in the case of move, the coordinates (x, y) the difference (dx, dy) from the coordinate parameter indicating that it has been moved by is added. 図5に示す2つの例はともにmoveの例であるが、IDが1 Two examples shown in FIG. 5 are both examples of move but, ID 1
00のオブジェクトについては、座標(10,100) 00 of about objects, coordinates (10, 100)
から(1,10)だけ移動されたことを示し、ID=1 From (1, 10) only indicates that it has been moved, ID = 1
01のオブジェクトの場合には座標(50,200)から(0,−10)だけ移動されたことを示している。 In the case of 01 objects indicates that it has been moved from the coordinates (50, 200) only (0, -10).

【0041】図6に、図2のルールベース64のうち、 [0041] FIG. 6, of the rule base 64 of FIG. 2,
一般ルールのフォーマットについて示す。 It shows the format of the general rules. このフォーマットにより定義されるルールは、オブジェクトタイプやオブジェクトクラスなど特定のオブジェクトを指すことなく定義する一般ルールである。 Rules defined by this format is generally the rule that defines without refer to specific objects, such as object type or object class. この一般ルールにより定義されるルールベースは、他に該当する特定のルールが存在しなかった場合に適用されるデフォルトルールや、学習によって作成または修正されるルールなどを含む。 This general rule base is defined by the rule comprises or default rules applied when certain rules corresponding to the other does not exist, such as rules that are created or modified by learning.

【0042】図6の例1に示す一般ルールは、タイプがイメージ(imgobj)またはムービー(movie [0042] General rules shown in example 1 of FIG. 6, type image (imgobj) or movie (movie
obj)に属するオブジェクトobj1と、タイプがテキスト(textobj)に属するオブジェクトobj The object obj1 belonging to obj), object obj type belongs to the text (textobj)
2との間の条件定義であって、両者の距離(dista A condition defined between two, both the distance (Dista
nce)が、10以上でなければならないことを表わす。 nce) is, indicating that must be 10 or more. すなわちこのルールのフォーマットの1行目は、このルールが適用されるオブジェクトのタイプを指定する。 That first line of the format of this rule specifies the type of object to which the rule applies. そしてボディの部分で、この2つのオブジェクトが満たさなければならない条件がスクリプト形式で定義される。 And in part of the body, conditions that the two objects must satisfy are defined in script form.

【0043】一般ルールは例2に示される形式で書くこともできる。 [0043] General rules can also be written in the format shown in the example 2. 例2に示されるルールでは、type1を指定すべきところに、“*”という、いわゆるワイルドカードが指定されている。 In the rule shown in Example 2, the place to be designated a type1, called "*", the so-called wild card is specified. したがってオブジェクトob Therefore object ob
j1としてはすべてのオブジェクトタイプが該当する。 The j1 all of the object types applicable.
またこのオブジェクトobj2のタイプとしてはfra The fra as a type of this object obj2
meが指定されている。 me has been specified. このframeというオブジェクトタイプは文書枠を示す。 Object type that this frame shows the document frame. したがってこの例2のルールは、すべてのオブジェクトobj1と文書枠obj2 Therefore, the rules this Example 2, all of the objects obj1 and document frame obj2
とは、距離10以上離さなければならないことを示す。 And indicates that must be spaced a distance of 10 or more.

【0044】図7に、図2のルールベース64のうち特定のオブジェクトまたは特定タイプのオブジェクトに対する条件を設定するためのルールのフォーマットを示す。 [0044] FIG. 7 shows the format of a rule for setting conditions for a particular object or a particular type of object among the rule base 64 of FIG. 図7に示されるルールは、ユーザが設定する、「オブジェクトの配置に関する、オブジェクト間の制約条件」をルールベース化するためのものである。 Rule shown in FIG. 7, the user sets, "related to the arrangement of the objects, constraints between objects" is intended to rule base the. 但し図7 However, Figure 7
に示されるフォーマット自身が直接ユーザに見えるわけではない。 Format itself is shown in is not always visible to the user directly.

【0045】図7の例1は、オブジェクトID=100 [0045] Example 1 of FIG. 7, object ID = 100
のオブジェクトobj1と、オブジェクトID=101 And of the object obj1, object ID = 101
のオブジェクトobj2との間の条件定義である。 It is a condition defined between the object obj2 of. その条件は「Let」で始まる部分に定義されており、両者の距離が20以上でなければならず、かつ100以下でなければならないことを示している。 The conditions show that must in are defined in a portion starts, it must be at a distance of both 20 or more and 100 or less "Let".

【0046】特定オブジェクトの制約条件については例2に示すような形での記述もできる。 [0046] For constraints of a particular object can be written in the form similar to the example 2. 例2のルールでは、オブジェクトID=100のオブジェクトobj1 In the rules of Example 2, object ID = 100 of the object obj1
と、タイプがイメージ(imgobj)のオブジェクトobj2との間での制約条件を示す。 If, type indicates the constraints between the object obj2 of the image (imgobj). このルールは、タイプがimgobjに属するすべてのオブジェクトについて適用される。 This rule type is applied for all of the objects that belong to the imgobj. この例2のルールは、IDが100であるオブジェクトと、タイプがimgobjであるすべてのオブジェクトとの間の距離は、20以上でなければならないことを表わしている。 The rules in this example 2, an object ID is 100, the distance between the all object types is imgobj represents that must be 20 or more.

【0047】図6の一般ルールのフォーマットと図7の制約条件のルールのフォーマットとの記述は、ほとんど同じと考えてよい。 [0047] description of the format of the rules of the constraints of the format of the general rules and 7 of FIG. 6, may be considered to be almost the same. ただし図6に示す一般ルールのフォーマットでは、オブジェクトをIDでは直接は指定することができないようにされている。 However, in the format of general rules shown in FIG. 6, is directly in the ID of the object is prevented can be specified. このようにすることで、〈rule〉による記述が一般化されたルールを示し、〈condition〉で記述されたルール(制約条件)が個別のオブジェクトのルールであるという意味的な区別ができる。 By doing so, show the rules described by <rule> is generalized, it is semantic distinction between <condition> with the rules described (constraints) are rules of individual objects. ただしシステム内部ではこれら双方ともほとんど同様に扱うことができる。 However, in the internal system can handle both these both almost similar.

【0048】ユーザが何らかの希望事項を入力しないとき、これらルールベースによってオブジェクトのデフォルト位置を決定することもできる。 [0048] When the user does not enter some hope matters, it is also possible to determine the default position of the object by these rules-based. その場合、ユーザはそのデフォルト位置を希望に応じて修正すればよい。 In that case, the user may modify as desired the default position.

【0049】以下、この実施の形態の装置の動作について説明するが、それに先立って、本願発明の装置においてオブジェクト配置を指示または変更する手続について説明する。 [0049] Hereinafter, the operation of the apparatus of this embodiment, prior to it will be described the procedures for instructing or modifying the object location in the apparatus of the present invention. 従来、オブジェクトを新規に配置する場合には、そのオブジェクトの基準位置と大きさとをユーザが厳密に指示していた。 Conventionally, when placing an object into new, a reference position and size of the object user has instructed strictly. また、配置を変更する際にも、どのオブジェクトをどこの位置にどのようなサイズに変更するのかを、オブジェクトの基準点を文書内で厳密に指示することにより行なっていた。 Also, when changing the arrangement, the what to change the size of any object where the position was performed by instructing exactly the point of the object in the document. そうした処理の一例として、領域を指定する方法について説明する。 An example of such a process, a method for specifying the region.

【0050】図8は、従来装置で行なわれていたポインティングデバイスを用いた領域指定方法の代表的なものを示す。 [0050] Figure 8 shows a typical example of area designation method using a pointing device has been performed in the conventional device. 図8を参照して、領域を特定するためには、矩形領域の対角を表わす2点P1およびP2を順に指定する。 Referring to FIG. 8, in order to identify areas specifies the two points P1 and P2 representing the diagonal of the rectangular area in turn. P1、P2の指定の仕方としては、いわゆるドラッグと呼ばれる方法がある。 P1, as a designation of how P2, there is a method called a so-called drag. ドラッグにおいては、ポインティングデバイスとしてマウスを利用する場合を例にとると、P1でマウスボタンを押下し、P1の対角位置にあるP2までマウスボタンを押したままマウスポインタを移動し、P2でマウスボタンを放す。 In drag, taking the case of using the mouse as a pointing device as an example, by pressing the mouse button P1, moves the mouse pointer while holding down the mouse button to P2 at the diagonal positions of P1, mouse P2 release the button. これにより2点P1およびP2が指定され、この2点を対角とする矩形領域が特定される。 Thus the two points P1 and P2 are specified, a rectangular area for the two points as diagonal is identified. または、P1でマウスボタンを一旦押し、P2で再度マウスボタンを押すことによる指定方法もある。 Or, once press the mouse button in P1, there is also a designated method by pressing the mouse button again at P2. その他色々なパターンが領域の指定方法として使用されている。 Other various patterns have been used as a method of specifying the area. しかしこれら従来の方法に共通する特徴的なことは、P1およびP2という明確な点をユーザが指定することで、その時点で明確にユーザの指定した矩形領域が定まることにある。 But a characteristic common to these conventional methods, the user can further specify a point clear of P1 and P2, in the rectangular area specified by the user clearly at that time is determined.

【0051】しかし、このように厳密な領域を指定するのは、ユーザの一般的な感覚とは一致していない。 [0051] However, to specify such strict area, it does not coincide with the general sense of the user. 一般的にはユーザは「だいたいこの辺り」にオブジェクトを配置しようと考えるのであり、上記のような厳密な位置を考えるわけではない。 In general, the user is of thinking and trying to place the object in the "roughly around here", I do not think the exact position as described above. しかし従来の装置では、このようなユーザの感覚をそのまま装置の操作に反映することができなかった。 However, in the conventional apparatus, it is impossible to reflect the operation of the intact device the sense of such users.

【0052】本発明の装置では、こうした問題に対応するために、「だいたいこの辺り」という領域指定を許している。 [0052] In the apparatus of the present invention, in order to cope with these problems, and allow the area designated as "roughly around here." そのような領域の指定方法を図9に示す。 How to specify such region shown in Fig.

【0053】図9(A)と(B)とは、許される方法のうち2つの別々の方法を示している。 [0053] Figure 9 (A) and (B) show two different ways of the methods permitted. 図9(A)は、点A1からスタートして、指定したい領域をポインティングデバイスで囲む操作を行なうことにより斜線部で示された領域を指定する方式を示している。 FIG. 9 (A) shows a method of designating a region indicated by the hatched portion by starting from the point A1, it performs an operation of surrounding the area to be specified by the pointing device. この場合領域を囲む境界が幅のある破線で示されており、その領域にグレーゾーンが含まれることを示すようになっている。 In this case is shown in broken lines in the border surrounding the area width is as shown to include a gray zone in that region. このようなグレーゾーンが含まれる場合、領域の中央部分は確実に領域内に含まれるが、境界に近い点は、その領域に含まれるか否かを一見して見分けることができない。 If it contains such a gray zone, but the central part of the region is included in reliably region, a point near the boundary can not tell at a glance whether included in the region. たとえば境界に近い点は、表示画面上の位置において図9(A)の斜線領域内に含まれていたとしても、領域外と認定される場合もある。 For example a point near the boundary, even though included in the hatched region shown in FIG. 9 (A) in position on the display screen, it may be recognized as areas outside. その逆に図9(A)の表示画面上では斜線領域外にある点であっても、領域内と認定される場合もあり得る。 Also is on the display screen shown in FIG. 9 (A) and vice versa in a point that is outside the shaded area, it may also be recognized as the region.

【0054】図9(B)に、図8に示す方法と同様にしてこのようなグレーゾーンを含む領域を指定する場合を図示してある。 [0054] in FIG. 9 (B), is shown a case where the same manner as in FIG. 8 designates a region including such a gray zone. この場合も2点B1およびB2を指定して領域を特定するが、この領域にはグレーゾーンが含まれることになる。 In this case also identify areas by specifying two points B1 and B2, but will include gray zone in this region.

【0055】なお、本装置では、図8に示されるように明確な領域を指定するか、図9に示されるように「だいたいの指定」とのいずれを行なうかを、領域を特定する前に設定することができる。 [0055] In the present apparatus, to specify the distinct regions as shown in Figure 8, or perform any in the "approximate designation" as shown in FIG. 9, prior to identifying the area it can be set.

【0056】図10に、図9(A)に示されるような任意図形による領域指定を行なった場合のオブジェクトの指定、選択の場合の領域とオブジェクトとの位置関係を示している。 [0056] Figure 10, the specified object in the case of performing any graphic region specified by as shown in FIG. 9 (A), shows the positional relationship between the region and the object when the selection. 図6において、指定領域Yを斜線および境界の破線で、対象とするオブジェクトを仮に矩形領域で示す。 6 shows a specified area Y in dashed diagonal lines and boundaries, if a rectangular area objects of interest. オブジェクトの基準点をPとし、図10中で記号の×印で示している。 The reference point of the object is P, it is indicated by × mark symbol in FIG.

【0057】オブジェクトの基準点とは、あるオブジェクトをレイアウト管理する上で定められる、オブジェクトを代表する点をいう。 [0057] The reference point of the object, is defined in terms of layout management of an object, say a point that represents the object. オブジェクトの基準点とオブジェクトのサイズ情報(たとえば幅および高さ)とによって、オブジェクトの占める領域を決めることができる。 By the reference point of the object and the object size information (e.g., width and height), it can be determined area occupied by the object.
オブジェクトの基準点はレイアウト管理モジュールが管理する。 The reference point of the object layout management module to manage.

【0058】基準点は、X−Y2次元で管理する装置ではX,Y座標によって表わすことができる。 [0058] reference point, the device to be managed by X-Y2-dimensional can be expressed X, the Y-coordinate. さらに3次元で管理する場合にはx,y,z座標によって表わすことができる。 Further when administering in three dimensions may be expressed x, y, by the z coordinate. さらに基準点に時間情報をも含めて、いつのどの点を基準とするオブジェクト、という指定も可能である。 , Including the additional time information to the reference point, when the objects which point to a reference, it is designated also called. 図10では、図示の便宜上2次元平面としてオブジェクトを表わしている。 In Figure 10, it represents the object as a convenience two-dimensional plane shown.

【0059】図10(A)は、オブジェクトの基準点P [0059] FIG. 10 (A) is the reference point of the object P
が指定領域Yに表示画面上では含まれているが、オブジェクトの一部が指定領域Yからはみ出している場合を示す。 Although but are included in the display screen to the designated area Y, it shows a case where a part of the object extends off the specified area Y. 図10(B)は、基準点Pを含むオブジェクトの全体が指定領域Y内に表示画面上では含まれている場合を示す。 Figure 10 (B) shows a case where the entire object containing the reference point P is contained in the display screen in a specified area Y.

【0060】図11に、表示されているオブジェクトについてサイズおよび基準点位置を取得するときの配置情報を模式的に示している。 [0060] in FIG. 11, the arrangement information of the time to get the size and the reference point position for the object being displayed is schematically shown. 例として図13に示すように、既に3つのオブジェクトObjA、ObjBおよびObjCが表示されている場合を例にとる。 As shown in FIG. 13 as an example, take already three objects ObjA, a case where ObjB and ObjC are displayed as an example. なおオブジェクトObjCは文書枠を示している。 The object ObjC shows the document frame.

【0061】図11に示すように、各オブジェクトの配置情報は、基準点の座標とサイズとからなっている。 [0061] As shown in FIG. 11, the arrangement information of each object is made from the coordinates and size of the reference point.

【0062】図12に、領域の表し方(装置内部で保持される情報)の形式の例を示す。 [0062] FIG. 12 shows an example of a format of how to express the region (information held within the device). 前述のように領域として、明確な境界を持つ領域と、「だいたい指定」のように曖昧な境界を持つものとの2種類が存在する。 As a region as described above, a region having a clear boundary, there are two kinds of as having ambiguous boundaries as "designated generally". 通常の領域としては、矩形領域と、楕円領域と、多角形領域と、点集合領域とを例として示す。 The usual region shows a rectangular region, and elliptic region, a polygonal region, the point set region as an example. 矩形領域データのパラメータ(x1,y1)と(x2,y2)とは、矩形領域の左上および右下の対角の2点の座標を示す。 The rectangular region data parameters (x1, y1) and (x2, y2), showing a two-point coordinates of the upper left and lower right diagonal of the rectangular region. 楕円領域のデータのパラメータ(x1,y1)、(x2,y Parameters of the data of the elliptical area (x1, y1), (x2, y
2)は、その楕円が内接する矩形領域の左上と右下の対角の座標を示す。 2) indicates the coordinates of the diagonal of the upper left and lower right of the rectangular area in which the ellipse is inscribed. 多角形領域のパラメータは、画数nと各頂点の座標(x1,y1)、(x2,y2)、…からなっている。 Parameters of the polygonal region, stroke count n and each vertex coordinate (x1, y1), consist (x2, y2), .... 点集合領域は、その集合内の点の数nと、 Point set region, the number n of points in the set,
各点の座標(x1,y1)、(x2,y2)、…を含む。 Of each point coordinates (x1, y1), (x2, y2), including ....

【0063】「だいたい指定」の場合、対応する通常の領域の表現形式に「fuzzy_」を付加したものとなっており、そのパラメータも対応する通常領域のデータのパラメータと同様であるが、さらに境界線の幅wが付加されている。 [0063] If "Specify roughly", has become that by adding "fuzzy_" to the corresponding expression form of the usual area, but the parameter is similar to the parameters of the data of the corresponding normal area, further boundary width w of the lines have been added. そして、境界線上は外へいくほど徐々にその領域としての有効度が薄れるものとなっている。 The borderline has become that gradually effectiveness as the area toward the outside fades. なお点集合領域については、各点に関して、領域としての有効度w1、w2を付加している。 Note that although the point set area, for each point, and adding the effectiveness w1, w2 as regions.

【0064】図13に示すようにペンを用いて任意の領域Y(ObjY)を指定した場合、領域Yとして次のようにユーザ指定領域データが取得できる。 [0064] with a pen, as shown in FIG. 13 when specifying an arbitrary area Y (ObjY), user specified area data as an area Y as follows can be obtained.

【0065】Y=fuzzy_poli{n,(x_y [0065] Y = fuzzy_poli {n, (x_y
1,y_y1),(x_y2,y_y2),…,w} このようにして「だいたい指定」された領域YにオブジェクトObjXを配置する場合を例として以下この装置を説明する。 1, y_y1), (x_y2, y_y2), ..., w} describing the device following an example in which this manner to place the object ObjX the "roughly designated" region Y.

【0066】なお図14を参照して、表示装置46の表示領域上には、オブジェクト表示領域194と、オブジェクト一覧領域190とが少なくとも表示され、さらに種々の操作を選択するためのボタンが表示されている。 [0066] Referring still to FIG. 14, on the display area of ​​the display device 46, an object display area 194, is at least the display and the object list region 190 is a button to further select various operations ing.
ユーザはペン192を用いてこれらボタンを選択したり、オブジェクト表示領域194上で任意図形を描いたり、オブジェクト一覧領域190上のオブジェクトをオブジェクト表示領域94上にドラッグしたりして文書を作成していく。 Users can select these buttons by using the pen 192, or draw any shape on the object display area 194, to create a document and drag the object on the object list region 190 on the object display area 94 go.

【0067】図15に、オブジェクト一覧領域190の中の特定のオブジェクト196をオブジェクト表示領域194上の特定の位置198に配置する場合の操作を示す。 [0067] FIG. 15 shows the operation in the case of placing the particular object 196 in the object list region 190 to a particular location 198 on the object display region 194. まずペン192を用いてオブジェクト196を選択し、そのままこのオブジェクト196をドラッグして、 First select the object 196 by using the pen 192, accept drag this object 196,
オブジェクト表示領域194上の、所望の位置に基準点が来るようにする。 On the object display region 194, so that the reference point is at the desired position. これによりペン192で指定された点にオブジェクト196の基準点が正確に位置するようにオブジェクト196が表示領域上に配置される。 Thus the object 196 as the reference point of the object 196 to the point specified by the pen 192 is positioned accurately is arranged on the display area.

【0068】図16に、「だいたい指定」によりオブジェクト196をオブジェクト表示領域194上の「だいたい指定」による領域200に配置する場合を考える。 [0068] Figure 16, consider a case of arranging in the area 200 by the "roughly designated" by the "roughly designated" on the object display region 194 objects 196.
この場合にはユーザは、ペン192を図16において1、2、3で示されている順序で操作する。 In this case the user operates in the order shown a pen 192 in FIG. 16 1, 2, 3. すなわちまずオブジェクト196を選択してドラッグした上1および2の数字で示されるようにペン192で円を描く。 That is, first select the object 196 draws a circle with a pen 192 as indicated by 1 and the number 2 on the dragged. さらにその後「だいたい指定」しようとする矩形領域の右下付近でペン192を用いて円形3を描く。 Draw a circle 3 by using the pen 192 further then "roughly specified" in the lower right corner near the rectangular region to be. これにより周囲が曖昧な領域200が、このように「だいたい指定」された2つの部分の対応する位置に頂点を有する矩形領域として指定される。 Thereby ambient ambiguous region 200 is designated as a rectangular area having a vertex at the corresponding position of the thus "generally designated" by the two parts.

【0069】図17に、文書の構成要素であるオブジェクト間に定義される制約条件の概念を示す。 [0069] Figure 17 shows the concept of constraints defined between the objects which are components of a document. 図17を参照して、オブジェクトObjAとオブジェクトObjB With reference to FIG. 17, object ObjA and object ObjB
間には制約条件Cond(A,B)が設けられている。 Constraint Cond (A, B) is provided between.
図17ではその制約条件の存在は鎖の形式で示されている。 The presence of the constraint in Figure 17 is shown in the form of a chain. Cond(A,B)は、オブジェクトAの下端辺中央とオブジェクトBの上辺の指定点との間の距離を一定に保つことを条件としている。 Cond (A, B) is in a condition to keep the distance between the upper side of the designated point of the lower end side central and object B of the object A constant.

【0070】またオブジェクトBとオブジェクトCとの間には制約条件Cond(B,C)が設けられている。 [0070] Also between the object B and the object C constraints Cond (B, C) are provided.
このCond(B,C)は、オブジェクトBの右下角点とオブジェクトCの左下角点との距離を一定に保つことを示している。 The Cond (B, C) shows that to keep the distance between the lower left corner point of the lower right corner point and the object C object B constant. さらにオブジェクトCと文書枠194というオブジェクトとの間にも制約条件Cond(C, Furthermore even constraint Cond (C between the object and the called object C and the document frame 194,
W)という制約条件が設けられている。 W) that the constraint conditions are provided. この条件は、オブジェクトCの右辺と文書枠Wの右辺とが一定の距離に保たれることを指定している。 This condition specifies that the the right side of the right side and the document frame W of the object C is kept at a constant distance. もちろん図17のような表示は表示の一例にしかすぎず、各鎖の表示はオブジェクト間に何らかの制約条件があることを示しているものにすぎない。 Of course the display as shown in FIG. 17 is merely only one example of a display, the display of each chain merely indicates that there is some constraints between objects. 画面上にこのような表示が必ずされていなければならない必要はない。 Such a display is not necessary that must be always on the screen. たとえば表示領域とは別の部分にこれら制約条件のみを表示したり、設定したりできるようにしてもよい。 For example, to display only those constraints to another part from the display area may be able to or set.

【0071】オブジェクト間の制約条件は、必要に応じてさまざまに設定することが可能である。 [0071] constraints between objects, it is possible to set various as needed. 同じ点同士でも、別の制約条件を設定することもできる。 Even in each other the same point, it is also possible to set a different constraints. たとえば上記した例でCond(A,B)は、オブジェクトAの下辺中央とオブジェクトBの上辺指定点との距離が、オブジェクトAとオブジェクトCとの距離と同じようにする、ということを指定してもよい。 For example Cond example mentioned above (A, B) is the distance between the upper designated point of the lower side middle and object B of object A, the same as the distance between the objects A and C, and specifies that it may be.

【0072】このような制約条件を指定すると、図2に示す自動レイアウトエンジン部52は、この制約条件を満足するように各オブジェクト位置の算出を行なうようになっている。 [0072] Specifying the above constraints, the automatic layout engine unit 52 shown in FIG. 2, thereby performing the calculation of the pieces of object position so as to satisfy the constraint condition.

【0073】図18に、オブジェクト間の制約条件を設定したり解除したりする場合の画面表示の例を示す。 [0073] FIG. 18 shows an example of a screen display in the case of or unset the constraints between objects. 図18に示す例では、オブジェクト表示領域194上に表示された2つのオブジェクト210および212間に制約条件214を設定する処理を選択することにより、条件設定と条件解除とを選択する表示216が現れ、これをペン192を用いていずれかを選択することにより条件設定と条件解除とが行なえる。 In the example shown in FIG. 18, by selecting the processing for setting a constraint condition 214 between the two objects 210 and 212 displayed on the object display region 194, display 216 for selecting a condition setting and condition released to appear , the condition setting and conditions released and can be performed by selecting one with the pen 192 this. 制約条件を設定するオブジェクトを予め任意に選ぶことができるので、任意のオブジェクト間、またはオブジェクトと文書枠との間などに制約条件を設けることができる。 It is possible to choose the object to set the constraint conditions in advance optionally, it can be provided such as constraints between any between objects, or objects and documents frame. なお、文書枠自体も1つのオブジェクトとして考えることもできる。 It is also possible to think the document frame itself as a single object.

【0074】ここで再び、あるオブジェクトが規定された領域内に属するか否かを判断する手法について説明する。 [0074] Here again, it will be described a technique of determining whether belonging to the region where an object is defined. 最初に、領域が明確な境界を有する場合について考える。 First, consider the case where the region has a clear boundary. この場合、あるオブジェクトがその境界内にあるか否かを判断する基準として次の(1)〜(3)の3つが考えられる。 In this case, an object is are three of the following (1) to (3) is considered as a criterion for determining whether it is within its boundaries.

【0075】 [0075]

【数1】 [Number 1]

【0076】なお上式で、Yは指定領域であり、オブジェクトX内の点をxとして表すものとする。 [0076] Note that the above equation, Y is the designated region, denote the point in the object X as x. (1)は、 (1),
オブジェクトXの基準点Pが領域Y内に存在する場合にオブジェクトXが領域Y内にあると判断する場合の条件である。 It is a condition when the object X is determined to be within the region Y when the reference point P of the object X is present in the region Y. (2)は、オブジェクトX内のすべての点xが領域Y内に存在する場合に、オブジェクトXが領域Y内に存在すると判断する場合の条件である。 (2) is a condition when all points x in the object X is when present in the region Y, it is determined that the object X is present in the region Y. (3)は、オブジェクトXのうちいずれか1点でも領域Y内に位置する場合に、オブジェクトXが領域Y内にあると判断する場合の条件である。 (3), when positioned within the region Y at any one point of the object X, it is a condition when the object X is determined to be within the region Y.

【0077】一方、図10に示されるような「だいたい指定」の場合には上述のような条件をそのまま適用することはできない。 [0077] On the other hand, can not be directly applied conditions as described above in the case of "specified roughly" as shown in FIG. 10. そこで、本願発明に係るシステムでは次の条件に従ってこうして場合の判断を行なっている。 Therefore, in the system according to the present invention is performed a determination if this way according to the following criteria.

【0078】 [0078]

【数2】 [Number 2]

【0079】上述の式のうち、前半部分は、「オブジェクトX内のすべての点が領域Y内に入るのであればオブジェクトXが領域Y内にあると判断する」ことを示す。 [0079] Among the above-mentioned formula, the first half indicates that "it is determined that all points as long as it falls within the region Y object X in the object X is in the region Y '.
この判断基準は、通常のユーザの感覚と一致していると考えられる。 This criterion is considered to be consistent with the sense of normal user.

【0080】上述の式の後半部分は、「だいたい指定」 [0080] the latter part of the above equation is, "generally designated"
に関連する特徴的な判断の仕方である。 It is a way of characteristic judgment related. この式におけるLは、対象とするオブジェクト内の各点x1,x2,… L in this formula, each point in the object of interest x1, x2, ...
と領域Yとの距離s1,s2,…との重み付け総和を表わす。 The distance s1, s2 of the region Y, representing the weighted sum of ... and. オブジェクト内のある点が表示上領域Y内にある場合には対応する距離s=0とし、点xが領域Y外にある場合に、その点xと領域Yとの最短距離をこの点xと領域Yとの距離Sとする。 And the distance s = 0 to a point within the object corresponding to the case in the display on the area Y, if the point x is outside the region Y, the shortest distance between the point x and the region Y and the point x the distance S between the region Y.

【0081】このような判断の方法を、図19および図20を参照してより詳細に説明する。 [0081] The method of the determination, with reference to FIGS. 19 and 20 will be described in more detail.

【0082】図19には、オブジェクトObjの基準点Pが領域Y内に表示上存在するが、このオブジェクトの一部の領域が領域Y外に出ている場合を示す。 [0082] Figure 19 is a reference point P of the object Obj is present on the display in the area Y, showing a case where part of the area of ​​the object are on the extracellular region Y. 図19 Figure 19
(A)に示した線Q−Q線で、この領域Yとオブジェクトとの双方の断面を概念的に考えると図19(B)のように示される。 A line line Q-Q shown (A), the shown are as in FIG. 19 Considering both of the cross-section of this region Y and objects conceptually (B). このオブジェクトObjと領域Yとが共通する部分、すなわちオブジェクトObjのうち領域Y Portion and the object Obj and region Y is common, i.e. of the object Obj region Y
内に表示上属する部分のみを抽出して示したのが図19 It is shown by extracting only the portion that belongs on the display within the 19
(C)であり、領域Objのうち領域Yに属する部分が斜線を引いた部分310として示されている。 A (C), the portion which belongs to the region Y of the region Obj is shown as part 310 hatched.

【0083】図19(D)を参照して、既に述べたように定義された距離を用いて、オブジェクトObj内の、 [0083] With reference to FIG. 19 (D), using the distance which is defined as already mentioned, in the object Obj,
xと領域Yとの距離を考えると、図19に示した折れ線312のようになる。 Given the distance between x and the area Y, so that the polygonal line 312 shown in FIG. 19.

【0084】一方、各オブジェクトには、そのタイプ、 [0084] On the other hand, each object, its type,
名前、サイズ、それを構成する各点、オブジェクトの形状に加えて、各点に予め与えられた重み係数aが含まれているものとする。 Name, size, in addition to the points, the shape of the objects constituting it, is assumed to include the previously given weighting coefficients a to each point. その例を図19(E)に示す。 The example shown in FIG. 19 (E). 図1 Figure 1
9においてオブジェクトObj内のQ−Q断面の各点には図19(E)において曲線314で示されるような重みaが予め与えられている。 Weights a like to each point of Q-Q section of the object Obj shown by the curve 314 in FIG. 19 (E) is given in advance in 9. この重みを用いて、上述の「数2」で示したLを計算すると図9(F)に示した曲線となり、その面積に対応する値がLで示される。 Using this weight, calculating the L indicated by "number 2" described above will curve shown in FIG. 9 (F), the value corresponding to the area indicated by L.

【0085】このようにして求めたLが予め定めるしきい値より小さい場合にはオブジェクトObjが領域Y内に属すると判断し、そうでない場合にはこのオブジェクトは領域Y以外にあると判断する。 [0085] object Obj if L calculated in this way is less than the threshold value predeterminable determined to be within the region Y, and otherwise determines that the object is in other than the region Y.

【0086】オブジェクトObj内のすべての点xが表示上領域Y内に含まれる場合を図示したのが図20である。 [0086] The all points x within the object Obj is shown a case included in the display on the area Y is shown in FIG 20. 図20は図19(A)〜(F)に対応して(A)〜 Figure 20 is corresponding to FIG. 19 (A) ~ (F) (A) ~
(F)として分けて示してある。 It is shown separately as (F). 特に図20(C)を参照して、オブジェクトObj内の点はすべて領域Y内に属するので、オブジェクトObjの全幅と同じだけの斜線を引いた領域320が考えられる。 With particular reference to FIG. 20 (C), since all belong to the region Y point in the object Obj, region 320 hatched in as much as the total width of the object Obj is considered. 図20(D)に示されるように、領域Y内に点xがすべて含まれるので、 As shown in FIG. 20 (D), because it contains all of the point x in the region Y,
xと領域Yとの距離をグラフとして示すと横線と一致した曲線320となる。 A curve 320 which is aligned with the horizontal line when indicating the distance between x and the area Y as a graph. すなわち距離は0である。 That is, the distance is 0.

【0087】仮におよびオブジェクトObjに図20 [0087] FIG. 20 to if and object Obj
(E)に示される曲線324で表わされる重み係数が与えられていたとしても、各点xと領域Yとの距離が0であるため、重み付け距離も図20(F)において横軸と一致する曲線326で示されるように0となり、重み付け総和Lも0となる。 Even weighting coefficients represented by the curve 324 shown in (E) had been given, since the distance between the points x and region Y is 0, the weighted distance is also consistent with the horizontal axis in FIG. 20 (F) It becomes zero as shown by curve 326, a weighted sum L also 0. したがってオブジェクト内のすべての点xが領域Y内に表示上含まれる場合は、図19の特殊な場合にすぎず、同じ判断基準によって判断できることがわかる。 Thus if all points x in the object is in the display in the area Y, only special case of FIG. 19, it can be seen that determined by the same criteria.

【0088】上述したような条件によって、ユーザによる「だいたいの位置の指定」を実現することができる。 [0088] Depending on the conditions, such as described above, it is possible to realize a "designation of approximate position" by the user.
本発明ではこの機能は自動レイアウトエンジン部52 This feature in the present invention the automatic layout engine unit 52
(図2参照)内に組込まれている。 It is incorporated (see FIG. 2).

【0089】但し本装置では、オブジェクトの位置を定める場合には具体的にはオブジェクトの基準位置を定める必要がある。 [0089] However, in this apparatus, when determining the position of the object is specifically it is necessary to determine the reference position of the object. そのため、上述の「数2」の式に代えて、次の式を用いてオブジェクトの基準位置Pを定めている。 Therefore, instead of the equation of "number 2" described above, it defines a reference position P of the object using the following equation.

【0090】 [0090]

【数3】 [Number 3]

【0091】(4)は、オブジェクト内のすべての点を指定された領域Y内に含むことができる場合の基準位置pの決め方を示す。 [0091] (4) shows a method of determining the reference position p of the case that can be included in the specified area Y in which all points in the object. この式においてσ1,σ2,…はそれぞれ、オブジェクト内の各点a1,a2,…と領域Y In this formula .sigma.1, .sigma. @ 2, respectively ..., each point in the object a1, a2, ... an area Y
との距離を示している。 It shows the distance between.

【0092】(5)は、オブジェクトのすべてを領域内に収めることはできない場合を示す。 [0092] (5), shows the case where it is not possible to fit all of the objects in the area.

【0093】上述の式(4)または(5)を場合に応じて使い分けることにより、オブジェクトを配置するときの、そのオブジェクトの基準位置を定めることができる。 [0093] By selectively depending on the case the above-mentioned formula (4) or (5), when placing an object, it is possible to determine the reference position of the object.

【0094】なお、上述の式(4)および(5)において、必ずしもオブジェクト内のすべての点について上述した式を適用する必要はない。 [0094] Incidentally, in the above equation (4) and (5), is not always necessary to apply the above expression for all points in the object. たとえばオブジェクトの形状に応じて複数個の代表点を予め定めておき、それら代表点についてのみ上述した式を計算するようにしてもよい。 For example set in advance a plurality of representative points in accordance with the shape of the object, only may be calculated the above expression for their representative points. たとえばオブジェクト領域が矩形で示される場合には、その矩形の4頂点についてのみ上述の式(4)または(5)を適用し、基準点Pを算出してもよい。 For example, when the object area is indicated by a rectangle applies the above equation only four vertexes of the rectangle (4) or (5) may be calculated reference point P. 計算量などを考えると、そのようにしたほうが実用的である。 Given such computational, better to that way is practical.

【0095】以下、再び図13を参照して、現在まだ表示領域上に配置されていないオブジェクトObjXを、 [0095] Hereinafter, with reference again to FIG. 13, the object ObjX currently not yet placed on the display area,
ユーザが点線で指定した領域Yにだいたい収まるように配置する場合を例にとって、本願装置の動作を説明する。 For example if the user places to fit roughly to the area Y specified by dotted lines, illustrating the operation of the present apparatus. なお図13にも示されるように、既に画面上にはオブジェクトObjA、ObjB、ObjCが既に配置されているものとする。 Incidentally, as also shown in Figure 13, already on the screen object ObjA, OBJb, it is assumed that ObjC has already been placed. また点線で指定した領域Yは、ユーザがペンなどで描いて指定している。 Region Y specified in dotted lines also a user specifies drawn by a pen. オブジェクトO Object O
bjA、ObjB、ObjXのオブジェクトタイプは図13に示すとおりイメージ、テキスト、テキストである。 BJA, OBJb, object types ObjX is as images, text, text shown in FIG. 13. またオブジェクトObjCは文書枠を表わすオブジェクトタイプFrameである。 The object ObjC is an object type Frame representing the document frame.

【0096】図2を参照して、処理の流れの概略について説明する。 [0096] With reference to FIG. 2, the outline of the processing flow. この実施の形態に係る文書作成支援装置では、いくつかのオブジェクトを取扱うことができるものとする。 In document creation support apparatus according to this embodiment, it assumed to be capable of handling several objects. この場合、それぞれのオブジェクトは文書作成支援装置内では、オブジェクトデータ82、84、…として管理される。 In this case, each of the objects in the document creation support apparatus, object data 82, 84 are managed as .... オブジェクトデータ自体の編集は、それぞれのオブジェクトに応じたオブジェクトエディタ7 The editing of the object data itself, object editor 7 in accordance with the respective object
6、78、…が担当する。 6,78, ... it is responsible. オブジェクトエディタ76、 Object Editor 76,
78、…は、各オブジェクトのデータに対するユーザの操作をユーザインタフェース管理部60を経由して受け、データ編集/作成などを行なうことができる。 78, ..., the operation of the user for data of each object received via the user interface management unit 60 can be performed and data editing / creating. 但しオブジェクトエディタ76、78、…は、文書中でのそのオブジェクトの位置付けや配置については管理はできない。 However Object Editor 76, 78, ... you can not manage for the position and arrangement of the objects in the document.

【0097】文書中あるいは画面上でこれらオブジェクトをどのように配置するのかを管理するのがレイアウト管理部62である。 [0097] to manage whether to place how these objects in the document in or on the screen is the layout management unit 62. レイアウト管理部62は、画面上にどのようにオブジェクトが配置されているのか、オブジェクトとオブジェクトとの文書中における関係がどのようになっているか、などについての情報を管理する。 Layout management unit 62, how the object is positioned on the screen, or relationships in a document of an object and the object becomes how to manage information about such. レイアウト管理部62はさらに、時間軸を持つ文書であれば、時間空間内においてオブジェクトがどのように存在するのかなどの情報をも管理する。 Layout management unit 62 further, if a document having a time axis, also manages information such as whether there how objects in the time space. そしてレイアウト管理部62は、現在の画面上におけるオブジェクトの表示命令を表示管理部70に対して行なう。 The layout management unit 62 performs a display instruction of the object in the current screen on the display management unit 70.

【0098】ユーザからの画面変更指示や、オブジェクト間の関係を変更する指示や、新たなオブジェクトを作成する指示などは、一旦ユーザインタフェース管理部6 [0098] and the screen change instruction from the user, instructions and to change the relationships between objects, instructions such as to create a new object is, once the user interface management unit 6
0が受けた上で、レイアウト管理部62に伝達する。 In terms of 0 is received, and transmits the layout management unit 62. レイアウト管理部62は、このようなユーザ2の指示に従って、レイアウト情報68を修正し、必要に応じてオブジェクトエディタ76、78、…に修正が起こった旨を知らせる。 Layout management unit 62 in accordance with an instruction of such user 2, to correct the layout information 68, notifying object editor 76, which is modified ... have occurred if necessary. オブジェクトエディタに知らせる修正に関連する命令の具体的なものとしては、オブジェクトの作成命令、サイズ変更命令、再表示命令などが含まれる。 Specific examples of those instructions associated with the corrected inform the Object Editor, create command objects, size change instruction, and the like redisplay instruction. また、重なり合いのないオブジェクト同士の位置変更のように、それぞれのオブジェクトエディタの管理する表示領域に影響がない場合には、変更されたレイアウト情報に基づいて、レイアウト管理部62は表示管理部70に対して表示命令を送る。 Moreover, as the position change between no overlap object, if there is no effect on the display area for managing each object editor, based on the changed layout information, the layout management unit 62 to the display control section 70 send the display command for.

【0099】マルチメディアデータを扱う文書作成装置では、オブジェクトデータにたとえば動画や音声のように、それ自体が時間軸を持つものがある。 [0099] In document creating apparatus for handling multimedia data, as for example video or audio object data, there is in itself having a time axis. これらの表示/出力の更新タイミングは、図形静止画だけの場合とは異なるので、レイアウト管理部の構成は上記とは若干異なる必要がある。 Update timing of these display / output is different from the case of only figures still image, the configuration of the layout management unit above and is slightly different needs.

【0100】たとえば、オブジェクトデータのみが時間軸を持つタイプであり、文書は時間軸を持たない場合には、上記の処理手順と同じとなる。 [0100] For example, a type in which only the object data having a time axis, a document in the case where no time axis, the same as the above described procedure. これは次の理由による。 This is due to the following reasons. 動画などを再生する場合、その再生の指示は、ユーザがそのオブジェクトを指し示すことで行なうことが多い。 When reproducing such video, an instruction of the reproduction, the user is often done by pointing to the object. このとき、ユーザインタフェース管理部60は、単にユーザがそのオブジェクトに対してアクションしていることをそのオブジェクトデータを管理するオブジェクトエディタに通知すればよい。 In this case, the user interface management unit 60 may simply notify that the user is an action for the object in the object editor that manages the object data. このようなアクションの通知は、動画などの時間軸を持ったものには限られず、 Notice of such action is not limited to those with a time axis, such as videos,
通常のオブジェクトに対して行なわれるものと同様である。 It is similar to that performed on the normal object. そのように時間軸を有するオブジェクトも含めて、 , Including objects having so a time axis,
一般に指定されたオブジェクトに該当するオブジェクトエディタが、そのアクションに応じて動作すればよい。 In general object editor for the specified object it is, may operate in accordance with the action.

【0101】一方、文書自体にも時間軸を持っている場合には、両者の時間軸の整合性(同期)を取る必要が出てくる。 [0101] On the other hand, if you have the axis and time on the document itself, need to take both the time axis of the integrity of the (synchronous) comes out. この役目もレイアウト管理部62またはそのサブモジュールが担当する。 This role also is responsible layout management unit 62 or its sub-modules.

【0102】本発明では、「だいたいこの辺り」といったユーザの感覚を装置の操作に反映させるために、図2 [0102] In the present invention, in order to reflect the operation of the device the user's sense, such as "roughly around here", 2
に示す自動レイアウトエンジン部52を設けている。 It is provided an automatic layout engine unit 52 shown in. オブジェクトを新規に作成する場合、ユーザはその位置/ If you want to create the object to a new, user is the position /
大きさを本文書作成支援装置に指示するが、このとき、 While instructing the size to the document creation support apparatus, this time,
ユーザインタフェース管理部に対して既に述べたように「だいたいこの辺り」という指示を行なうことができる。 It is possible to perform instruction "roughly around here" As already mentioned the user interface manager. こうしたユーザからの指示を受けると、レイアウト管理部62は、そのユーザ指示を一旦レイアウト情報6 When receiving an instruction from this user, the layout management unit 62, once the layout information that user instruction 6
8として格納し、これからさらにレイアウトエンジン部52にそのユーザ指示を伝達する。 Stored as 8, and transmits the user further instructs the layout engine unit 52 will now. いくつかのオブジェクトについてこのような指示がある場合には、これらの指示がすべて自動レイアウトエンジン部52に伝えられる。 If there is such an indication for some objects, these instructions are transmitted all the automatic layout engine unit 52.

【0103】自動レイアウトエンジン部52は、オブジェクトごとのだいたいの位置と大きさ情報を受取ると、 [0103] automatic layout engine unit 52 receives the approximate position and size information of each object,
ルールベースを参照しながら、ユーザの指示情報を満足し、しかもその文書に応じた位置と大きさ情報との算出を行なう。 With reference to the rule base, satisfying the user instruction information, yet to calculate the position and size information corresponding to the document. 自動レイアウトエンジン部52は、算出された配置情報により、レイアウト情報68を更新する。 Automatic layout engine 52 by the calculated placement information, and updates the layout information 68. この更新が行なわれると、レイアウト管理部62は、その情報に基づいて表示管理部70に対する表示命令の発行などを行なう。 When this update is performed, the layout management unit 62 performs the issuance of a display instruction to the display control section 70 based on the information.

【0104】図21に、この場合の処理フローをユーザ操作と、対応するシステム内の処理とに分けて示す。 [0104] Figure 21 shows separately a processing flow in this case the user operation, to the processing in the corresponding system. 図21において、処理は縦方向に時系列に的に並べられ、 In Figure 21, the process arranged in longitudinally manner in time series,
データの流れは点線の矢印によって示されている。 The flow of data is indicated by dotted arrows.

【0105】図21を参照して、まずユーザは、指定方法を設定する(90)。 [0105] With reference to FIG. 21, the user first sets the specified method (90). この場合の指定すべき対象は、 The subject should be given in this case,
既に述べたような「だいたい指定」をオンとするかオフとするか、および領域をどのような形式で指定するか、 As earlier described "roughly designation" or on and which are off, and to specify in what format the region,
である。 It is. 領域形式としては、既に述べたような任意の図形による指定と、対角上の2点により矩形を指定したり、またはドラッグにより指定したりする方法がある。 The domain form, there is already the specification in any shape as mentioned, method or specified by the designation or, or drag a rectangle by two points on the diagonal.

【0106】このようにして指定された方法はシステム内のユーザインタフェース管理部62に与えられる。 [0106] The method specified in this way is given to the user interface management unit 62 in the system.

【0107】続いてユーザは新規に配置するオブジェクトを指定する(92)。 [0107] Subsequently, the user specifies the object to be placed in the new (92). この処理は具体的には、たとえば図15に示されるオブジェクト一覧領域190からオブジェクト196を選択する処理に相当する。 This process is specifically corresponds from the object list area 190 shown in FIG. 15 for example, the process of selecting the object 196. このようにして指定されたオブジェクトを特定するデータはたとえばシステム内の対応するオブジェクトエディタ76に与えられる。 Data identifying the object specified in this way is supplied to the corresponding object editor 76, for example, in the system.

【0108】オブジェクトエディタ76は、与えられたデータに従ってオブジェクトIDをレイアウト管理部6 [0108] Object Editor 76, the layout object ID in accordance with the given data managing section 6
2に与え、さらにオブジェクトデータ78を介して自動レイアウトエンジン部52にオブジェクトデータを与える。 Given to 2, giving the object data to the automatic layout engine unit 52 further through the object data 78.

【0109】さらにユーザは、オブジェクトの配置領域をステップ90で設定した指定方法に応じた操作で指定する(94)。 [0109] Further, the user specifies the operation in accordance with the specified method to set the placement area of ​​the object in step 90 (94). このようにして指定された位置情報はレイアウト管理部62に与えられる。 Position information specified in this manner is given to the layout management unit 62. レイアウト管理部6 The layout management unit 6
2は、ユーザインタフェース管理部60から与えられた指定方法に関する情報と、オブジェクトエディタ76から与えられた選択されたオブジェクトのIDと、ステップ94から与えられた位置情報とに応答して、レイアウト情報68に対してこの位置情報を、自動レイアウトエンジン部52に対してオブジェクトのIDと指定方法を、それぞれ与える。 2, information on how to specify a given from the user interface management unit 60, and the ID of the selected object provided from the object editor 76, in response to the position information provided by the step 94, the layout information 68 against this position information, the ID and the specified method of an object to the automatic layout engine unit 52 gives respectively.

【0110】さらにユーザは配置処理開始をこの装置に対して指示する(96)。 [0110] Further, the user instructs the placement process starts with respect to the device (96). この指示に応答して自動レイアウトエンジン部52は、レイアウト情報68と、オブジェクトデータ78と、図2に示すルールベース64およびレイアウト修正情報66とを参照して、選択されたオブジェクトの最適な配置位置を決定し、図2に示すレイアウト管理部62を経由して表示管理部70に与える。 Automatic layout engine unit 52 in response to this instruction, the layout information 68, the object data 78, with reference to the rule base 64 and layout correction information 66 shown in FIG. 2, the optimum position of the selected object It determines and gives the display managing section 70 via the layout management unit 62 shown in FIG. 表示管理部70は表示部72を制御してこの新たなオブジェクトを決定された位置に表示させる。 Display management unit 70 displays on the determined the new object and controls the display unit 72 positions. ユーザはこのように画面上に表示されたオブジェクトを確認する(98)。 The user confirms an object displayed in this manner screen (98).

【0111】図22を参照して、自動レイアウトエンジン部52で行なわれる処理の詳細なフローチャートについて説明する。 [0111] With reference to FIG. 22, a detailed flowchart of processing performed by the automatic layout engine unit 52. 自動レイアウトエンジン部52は、新たなオブジェクトの配置が指示されると、レイアウト管理部62(図2参照)において現在表示されているオブジェクトの現在の配置情報を取得する(110)。 Automatic layout engine 52, when the arrangement of the new object is instructed to acquire the current location information of the object that is currently displayed in the layout management unit 62 (see FIG. 2) (110). この配置情報は、このオブジェクトの以前の設定情報を含むこともあるし、このオブジェクトが新規に作成された場合には、デフォルト指定や仮に設定された配置を示す情報も含む。 The arrangement information may or may include a previous configuration information of the object, if this object is newly created also includes information indicating the default specification and tentatively set disposed.

【0112】次に、ユーザインタフェース管理部60からレイアウト管理部62に対して指示された各オブジェクトに対する、ユーザの領域指定条件や制約条件を読込む(112)。 [0112] Next, for each object that is instructed to the layout management unit 62 from the user interface management unit 60 reads the area designated condition and constraints of the user (112). これら条件は図2のルールベース64に格納されており、その内容については既に説明した。 These conditions are stored in the rule base 64 in FIG. 2, already described its contents. この制約条件の取得は、図2に示すルールベース64から、画面上に定義されているオブジェクトに関するものだけを取出して行なわれる。 Acquisition of constraints, the rule base 64 shown in FIG. 2 is performed is taken out only relates to objects defined on the screen. 取出しには、画面上のオブジェクトのIDとタイプとをキーとして、ルールベース内の一般ルールと制約条件とから、一致するIDおよびタイプを有するものを検索することにより行なわれる。 The extraction, as a key the ID and the type of the object on the screen, and a general rule and constraints in the rule base is carried out by searching for those having the corresponding ID and type.

【0113】無限ループを避けるために、ルールカウントを0に設定し(114)、処理のメインループに入る(116〜130)。 [0113] In order to avoid an infinite loop, the rule count is set to 0 (114), it enters the main loop of processing (116-130). このメインループではまず、ループカウンタを1インクリメントする(116)。 This main loop is first increments the loop counter (116). そしてループカウントが予め設定された最大ループ数を超えたかどうかをチェックする(118)。 Then it is checked whether or not exceeded the maximum number of loops loop count is set in advance (118). もしループカウントが最大ループ数を超えていれば、条件を満足する配置情報を見つけることができなかったことになり、この処理はエラー終了する(120)。 If If loop count exceeds the maximum number of loops, will be not able to find the location information satisfying the condition, the process ends in error (120). ループカウントが最大ループ数を超えていなければ、図2に示すルールベース64を参照し、各オブジェクトの制約条件に見合う基準点の位置を算出する(122)。 If no loop count exceeds the maximum number of loops, with reference to the rule base 64 shown in FIG. 2, and calculates the position of the reference point to meet the constraints of each object (122). さらに、各オブジェクトの制約条件に見合うオブジェクトサイズを算出する(124)。 Moreover, to calculate the object size to meet the constraints of each object (124).

【0114】このような過程を経て算出されたオブジェクトの位置/サイズに対して、ユーザがレイアウト管理部62によって修正を行なっている場合もあり得る。 [0114] with respect to the position / size of the object which is calculated through the above process, the user may might have done modified by the layout manager 62. その場合には、そのレイアウト修正情報がレイアウト修正情報66(図2参照)として格納されている。 In that case, the layout correction information is stored as layout correction information 66 (refer to FIG. 2). したがって図23を参照して、当該オブジェクトのレイアウト修正情報が存在するか否かを調べる(図3、126)。 Thus with reference to FIG. 23, it is checked whether the layout correction information of the object exists (Figure 3,126). 修正情報があれば、その情報に従って今回の位置/サイズの変更を行ない(128)、第1回目の位置/サイズが求められる。 If the correction information, performs changing of the current position / size according to the information (128), the position / size of the first time is determined.

【0115】このようにして求めた位置/サイズが、すべてのオブジェクトの制約条件を満たしているかどうかをチェックする(130)。 [0115] In this way, the position / size required, to check whether it meets the constraints of all the objects (130). もし制約条件が満たされていなければ、上記した116〜130の工程を繰返すことで徐々にオブジェクトの位置/サイズを集約していく。 Unless if constraints are satisfied, we continue to aggregate gradually the position / size of the object by repeated 116-130 steps described above. 条件を満たすものがあれば、そのような各オブジェクトの配置情報をレイアウト情報68に格納し、処理を終了する(132)。 If there is satisfy those stores arrangement information of each such object in the layout information 68, the process ends (132).

【0116】再び図2を参照して、自動レイアウトエンジン部52の処理が正常に終了すれば、レイアウト管理部62は、新たに算出されたレイアウト情報68からレイアウト情報を読出し、表示管理部70に対して表示命令を発行することによりオブジェクトの表示をし直す。 [0116] Referring again to Figure 2, if the process is normally completed in the automatic layout engine unit 52, the layout management unit 62, the layout information 68 which is newly calculated reads the layout information, the display management section 70 re-display of the object by issuing a display instruction for.
この後に、ユーザはオブジェクトの配置を変更することができる。 After this, the user can change the arrangement of the objects. この修正情報は次に位置/サイズを設定する際にユーザの希望に沿った配置を実現する上で非常に有効になるので、レイアウト修正情報66として格納しておく。 This correction information becomes very effective in achieving alignment along the desired user in setting the next position / size, it is stored as layout correction information 66. 但し、ユーザによってあまりにも大きな修正がなされた場合には、その修正情報の利用に限界がある。 However, if too large modifications made by the user, there is a limit to the use of the correction information. したがってレイアウト修正情報66として格納しておく情報は、微調整レベルの修正情報とするのが最も有効である。 Therefore information to be stored as layout correction information 66, it is most effective to the fine adjustment level correction information.

【0117】図24に、図22のステップ122で示される処理の詳細なフローチャートを示す。 [0117] Figure 24 shows a detailed flowchart of processing shown in step 122 of FIG. 22. 図24を参照して、まず処理対象となるオブジェクトObjTとしてオブジェクトObjXを選択する(160)。 Referring to FIG. 24, first select the object ObjX as an object ObjT to be processed (160). 続いてオブジェクトObjTの基準位置を取得する(162)。 Then to obtain the reference position of the object ObjT (162).
オブジェクトの基準位置については既に説明した。 Already described for the reference position of the object.

【0118】続いてオブジェクトObjTが、ユーザによって指定された領域Y内にすべて含まれるようなオブジェクトObjTの配置があるかどうかについて判断する(164)。 [0118] Subsequently object ObjT it is determined whether there is a position objects ObjT as all contained within a specified area Y in which the user (164). そうした配置がある場合(図20参照) If there is such an arrangement (see Fig. 20)
すべに述べた「数3」の式(4)に従って基準点Pを算出する。 Calculating a reference point P according to the equation mentioned all "Number 3" (4). オブジェクトObjTが領域Y内にすべて含まれるような配置がない場合(図19参照)、「数3」の式(5)で示されるような計算を行ない、基準点Pを算出する(166)。 If the object ObjT there is no arrangement to include all in the area Y (see FIG. 19) performs a calculation as represented by the formula (5) "The number 3", and calculates the reference point P (166).

【0119】さらにすべての制約条件についてチェックしたかどうかを判断する(170)。 [0119] or a to determine whether it has checked for further all of the constraints (170). すべての制約条件についてチェックが済んでいれば処理は終了する。 Processing as long as it completed a check for all of the constraints is completed. チェックしていない制約条件が存在する場合、その制約条件を取得する(172)。 If you check and no constraints are present, to get its constraints (172). そして上述のようにして計算された配置が、ステップ172で取得した制約条件を満足しているかどうかをチェックする(174)。 The computed arranged as described above is to check whether the satisfied acquired constraints in step 172 (174). 満足していれば処理はステップ170に戻り、次の制約条件に対する処理を行なう。 Processing if satisfied returns to step 170, performs the processing for the next constraint. 条件が満足されていなければ、この制約条件を満足するように基準点を変更する(17 If not satisfied condition, changes the reference point so as to satisfy the constraint (17
6)。 6). このとき、変更量(dx,dy)がなるべく小さくなるように基準点の変更を選択する。 In this case, the change amount (dx, dy) to select the change of the reference point as possible reduced. またこの場合、 Also in this case,
このようにして変更した基準点の情報はすべて基準点履歴として一時メモリ内に逐次格納しておき、基準点を変更する際に、既に選択された基準点として基準点履歴に存在しているような位置は選択しないようにする。 Thus advance sequentially stored in the temporary memory as all reference points history information of the changed reference point is, when changing the reference point, as already exists in the reference point history as a reference point selected do not position so as not to select. こうすることで同一の内容を繰返し計算することが避けられる。 It is avoided to calculate repeatedly the same content in doing so.

【0120】このようにして変更した基準点を基準点履歴に追加し(178)、処理は再びステップ170以下に戻る。 [0120] In this way a reference point has been changed by adding the reference point history (178), the process returns to step 170 below. なお基準点履歴を格納する一時メモリは、レイアウトエンジンの一連の作業を完了した時点で破棄される。 Incidentally temporary memory for storing the reference point history is discarded upon completion of the series of operations of the layout engine.

【0121】次に図25を参照して、図22のステップ124で行なわれる、「ルールベースを参照し、オブジェクトのサイズを算出」する処理の詳細のフローチャートについて説明する。 [0121] Next, with reference to FIG. 25, is performed at step 124 of FIG. 22, "with reference to the rule base, calculate the size of the object" will be described flowchart of details of a process for.

【0122】まず処理する対象オブジェクトObjTとして、オブジェクトObjXを選択する(140)。 [0122] First as the target object ObjT for processing, selecting an object ObjX (140). 次にこのオブジェクトObjTのサイズ変更が可能かどうかについて判断する(142)。 Then a determination is made whether it is possible to resize the object ObjT (142). この判断は、本実施の形態の文書作成支援装置では、オブジェクトのサイズ変更を行なわないような指定をユーザが行なうことを可能にしているためである。 This determination is a document creation support apparatus of the present embodiment is because it allows to perform specified that does not perform the resizing of the object user. ユーザがオブジェクトのサイズ変更を行なうことを望んでいない場合、そうした指定を行なうことでオブジェクトのサイズ変更が行なわれないようなオブジェクトの配置の算出を行なうことができる。 If the user does not want to make a size change of an object, it is possible to calculate the arrangement of objects is not performed resize objects by performing such a designation. オブジェクトObjTのサイズ変更が可能でなければ以下の処理はスキップする。 The following processing if not resizable objects ObjT is skipped.

【0123】オブジェクトのサイズ変更が可能な場合、 [0123] If the size change of the object is possible,
オブジェクトObjTのサイズ情報を取得する(14 To get the size information of the object ObjT (14
4)。 4). そして「数2」で述べた重み付け距離LをこのオブジェクトObjTについて算出し、この重み付け距離Lが予め定められたしきい値以下かどうかについて判断する。 The weighted distance L mentioned in the "number 2" was calculated for this object ObjT, a determination is made whether the following weighting distance L is a predetermined threshold. しきい値以下である場合には処理は直接ステップ150に進むが、しきい値以下でない場合にはステップ148で、この重み付け距離Lがしきい値以下になるようにこのオブジェクトObjTのサイズを変更する処理が行なわれる。 Proceeds directly to step 150, the process when it is below the threshold, in step 148, if not less than the threshold value, as the weighted distance L is equal to or lower than the threshold resize this object ObjT processing for is performed. なおこの際にも、変更量(dw,dx) It should be noted that even in this case, change the amount of (dw, dx)
がなるべく小さくなるようなサイズ変更を行なう。 But carry out the size change, such as much as possible smaller.

【0124】次に、すべての制約条件をチェックしたかどうかについて判断する(150)。 [0124] Next, a determination is made whether or not to check all of the constraints (150). すべての制約条件についてのチェックが終了した場合にはこの処理全体が終了する。 This entire process is completed when the check for all of the constraints has been completed. 制約条件のうちチェックしていないものがある場合、その制約条件を取得する(152)。 If there is not checked out constraints, it acquires the constraint (152). そしてこの制約条件について、上述のようにして求められたオブジェクトのサイズがこの制約条件を満足しているかどうかをチェックする(154)。 And for this constraint, the size of the object that has been determined as described above to check whether or not satisfy this constraint (154). 満足している場合には処理はステップ150に戻り、次の制約条件に対してステップ150〜154の処理を繰返す。 If you are satisfied, the process returns to step 150 to repeat the processing of steps 150-154 for the next constraint. 条件が満足されていない場合には、条件を満足するようにサイズを変更する処理が行なわれる(156)。 If the condition is not satisfied, the process for changing the size so as to satisfy the condition is performed (156). この場合にもサイズの変更量(dw,dx)がなるべく小さくなるようにサイズの変更を行なう。 Change amount of size in this case (dw, dx) is to change the size as much as possible reduced. ステップ156の後再び制御はステップ150に戻り、ステップ150〜156の処理を必要なだけ繰返す。 Again the control after step 156 returns to step 150, repeating as necessary the processing of step 150-156.

【0125】以上のようにしてルールベースの制約条件からオブジェクトのサイズ変更が行なわれる。 [0125] The above manner, the size change of the object from the rule base of the constraint condition is performed. サイズ変更を行なう際には、基準点の変更は行なわない。 When performing resize, change of the reference point is not performed. また、 Also,
制約条件を満足するようなオブジェクトのサイズが色々算出されるのが一般的であるが、最も変更量の小さい範囲で算出を行なう。 Although it is common that the size of the object that satisfies constraints are variously calculated, to calculate a small range of the most amount of change.

【0126】このようにして得られた修正情報に従って、図23のステップ128でのレイアウト情報の修正が行なわれる。 [0126] In accordance with correction information obtained in this manner, the correction of the layout information in step 128 of FIG. 23 is performed. たとえば修正情報が For example, correction information

【0127】 [0127]

【数4】 [Number 4]

【0128】のようになっている場合、オブジェクトO [0128] If it is as, object O
bjXの基準位置は、x方向に1、y方向に10だけ移動されることになる。 Reference position of bjX will be moved 10 to 1, y-direction in the x-direction.

【0129】上述の実施の形態に係る文書作成支援装置では、まずそのオブジェクトの配置位置についての指定方法に特徴がある。 [0129] In the document creation support apparatus according to the above-described embodiment, first it is characterized by a method of specifying the arrangement position of the object. すなわち従来のように図8のような形での領域指定のみではなく、図9に示すような領域指定を行なうことができる。 That not only areas designated in the form as shown in FIG. 8 as in the prior art, it is possible to perform region specification as shown in FIG. これらはいずれもユーザインタフェース管理部60にそうした指定を解釈する機能を持たせ、さらにユーザインタフェース管理部60の指示に基づいて、オブジェクトの配置位置を算出することができる自動レイアウトエンジン部52を設けることによって実現された。 These are all provided with a function to interpret such a designation to the user interface management unit 60, further on the basis of the instruction of the user interface management unit 60, providing the automatic layout engine unit 52 can calculate the position of the object It was realized by.

【0130】なお、図9では、領域の境界を破線で示し、この境界が明確なものではないことを示しているが、図8に示すのと同様に明確な境界を指定するようにすることもできる。 [0130] In FIG. 9, indicates the boundary of the region in the broken line, but the boundary is shown that not clear, it is to specify a similarly clear boundaries that shown in FIG. 8 It can also be. この場合には図9のように境界を破線で示すのではなく、実線で表示するようにする。 In this case, rather than indicating the boundary as shown in FIG. 9 by dashed lines, so as to display a solid line. こうした指定についても同様にユーザインタフェース管理部60で解釈し、自動レイアウトエンジン部52で配置を計算する機能を持たせることによって実現させている。 For such specified interpreted in the user interface management unit 60 as well, thereby realized by having the function of calculating an arrangement with automatic layout engine unit 52.
なお配置の算出の仕方としては、この実施の形態では図10(A)(但し領域Yの境界は実線であるものとする。)の場合にはオブジェクトは領域Yの内部にはないものと解釈し、図10(B)の場合にはオブジェクトが領域Y内にあるものと判断する。 Note the method of calculating the arrangement construed as not inside the object region Y in the case of FIG. 10 in this embodiment (A) (provided that the boundary of the region Y is assumed to be a solid line.) and, in the case of FIG. 10 (B) determines that the object is in the region Y.

【0131】また、本発明の文書作成支援装置では既に述べたように図10に示したように領域Yの境界を曖昧なものとすることによって、「だいたいこの辺り」というオブジェクトの配置位置の指定を行なうことができる。 [0131] Further, by making the boundary of the area Y, as shown in FIG. 10 as has already been described in document creation support apparatus of the present invention and ambiguous, the specified alignment position of the object called "roughly around here" it can be carried out. 図10(B)ではオブジェクトが領域Y内に含まれることは明白であるが、図10(A)のような配置でも、オブジェクトと指定領域との重なり具合によってオブジェクトが領域Yに含まれるかどうかが変化し、領域内に含まれる場合も含まれない場合もあり得る。 Although FIG. 10 (B) the object is obvious to be included within the region Y, in arrangement shown in FIG. 10 (A), the whether the object by degree of overlap between the object and the specified area is included in the area Y There varies, there may be not be included may be included in the area. 図10 Figure 10
(A)の基準点Pを有するオブジェクトが領域Y内に含まれるかどうかは、既に述べた「数2」の条件を適用する際の、重み付け総和Lの算出の際に用いられるオブジェクト内の各点の重み係数a1,a2,…の設定の仕方と、総和Lと比較されるしきい値の設定の仕方とにより定まる。 Whether an object having a reference point P of the (A) is included in the region Y is in applying already mentioned the condition of "number 2", each in the object to be used in the calculation of the weighted sum L weighting coefficients a1, a2 of the point, and how ... setting, determined by the method of setting the threshold to be compared with the sum L. その詳細については図19および図20の特に(D)(E)および(F)に示されている。 For the details are shown in particular (D) (E) and (F) of FIG. 19 and FIG. 20. 自動レイアウトエンジン部52は、このようにしてある領域Y内にオブジェクトが含まれるか否かを判定する機能を有している。 Automatic layout engine unit 52 has a function of determining whether or not contains an object within a region Y that is in this way.

【0132】なおまた、ある領域内にオブジェクトが含まれると判定する際の1つの条件として、オブジェクトの基準点さえその領域に含まれていればよいという条件もあり得るが、またオブジェクト内の領域の一部でも指定領域内に含まれていればそのオブジェクトはその領域内に含まれると判定するようにしてもよい。 [0132] Note also, as one condition for determining to include the object in a certain area, but there may be conditions that may be contained even point of the object in that area, also the region of the object the object may be determined to be included within the region be contained in a part even designated area of. オブジェクトの一部が指定領域内に含まれるか否かをチェックするための機構としては、「数1」の(3)というルールを適用し、これを自動レイアウトエンジン部52に実装すればよい。 The mechanism for checking whether the portion of the object is in the specified area, by applying the rule (3) of the "Number 1", may be mounted to this automatic layout engine unit 52.

【0133】また本実施の形態の文書作成支援装置では、オブジェクトのサイズが変更されないような指定をユーザが行なうことができる。 [0133] In the document creation support apparatus of this embodiment, a designation such as size of the object is not changed the user can perform. そうした指定がされた場合には、図25のステップ142で示される処理でサイズ変更が不可能と判断され、オブジェクトのサイズが変更されることはない。 If the such specification is, it is determined that not resize processing shown in step 142 of FIG. 25, there is no possibility that the size of the object is changed. この機能も上述した自動レイアウトエンジン部52により実現される。 This function is realized by the automatic layout engine unit 52 described above.

【0134】また本実施の形態の文書作成支援装置では、ユーザのオブジェクトサイズに関する指定段階において、オブジェクトのサイズの変動可能な範囲を、その最大サイズおよび最小サイズで指示することができるものとする。 [0134] In the document creation support apparatus of the present embodiment, in the specification stage about the object size of the user, the fluctuation range of the size of the object, and what can be indicated by the maximum and minimum size. この指示をルールベース64(図2参照)の制約条件として格納しておく。 Storing the instruction as a constraint condition of a rule base 64 (see FIG. 2). これにより、図25のステップ154で、指定された最大、最小範囲内にオブジェクトサイズが収まるかどうかのチェックが行なわれ、 Thus, at step 154 ​​of FIG. 25, the maximum specified, whether the check object size is within a minimum range is performed,
もし指定範囲に収まらないときにはステップ156で配置の算出が再び行なわれる。 Calculating the arrangement in step 156 is performed again when not fit in the specified range it.

【0135】また本実施の形態の文書作成支援装置では、図17に示したようにオブジェクト間の制約条件を指定することができる。 [0135] In the document creation support apparatus of the present embodiment can be specified constraints between objects as shown in FIG. 17. この制約条件は図2のルールベース64に制約条件として格納されている。 This constraint is stored as a constraint condition in the rule base 64 of FIG. 自動レイアウトエンジン部52は、図24のステップ174および図25のステップ154でこのような制約条件が満足されているかどうかをチェックするようにし、満足されていない場合にはオブジェクトサイズや配置位置を変更する処理が行なわれる。 Automatic layout engine unit 52, so as to check whether such constraints in step 154 ​​of step 174 and 25 of Figure 24 are satisfied, changes the object size and position if not satisfied processing for is performed. 但しこの場合、変更されるのは処理対象となっているオブジェクトのみであって、既に配置が決まっているオブジェクトの位置およびサイズは変更されない。 However, in this case, be only object being changed to be processed, it is not changed the position and size of objects already determined arrangement. これは、図24および図25から明確である。 This is clear from FIGS. 24 and 25. ただし、何らかの条件指定によって既存のオブジェクトの配置が変更されるような実現の仕方もあり得る。 However, there may be ways of realizing such an arrangement of an existing object by some condition specified are changed.

【0136】また新しく配置するオブジェクトが複数個ある場合、新しく配置するオブジェクトの間での制約条件だけを設定できるようにし、新しいオブジェクトの関係を制約条件として加えておく。 [0136] In the case where the object to be newly placed there are a plurality, to be set only constraints between objects newly placed, A supplementary relationship of the new object as a constraint condition. こうした制約条件を加えることにより、新たに表示するオブジェクトに対して、設定しておいた条件を満足するオブジェクト配置が可能となる。 By adding these constraints, the object to be newly displayed, thereby enabling the object arrangement which satisfies the condition that has been set. また新しいオブジェクトのみではなく、既に配置されたオブジェクトとの間の制約条件をも設けるようにすることも可能である。 Also not only a new object, it is also possible to already be provided constraints between the placed objects.

【0137】さらに本実施の形態の文書作成支援装置では、自動レイアウトエンジン部52が上述の処理によって提案したレイアウトについて、ユーザがさらに修正をすることができる。 [0137] In the document creation support apparatus of this embodiment further has an automatic layout engine unit 52 about the layout proposed by the above-described processing, the user can further modification. そのような情報は図2のレイアウト修正情報66に格納される。 Such information is stored in the layout correction information 66 of FIG.

【0138】レイアウト修正情報の例を次に示す。 [0138] shown below is an example of the layout modification information. 以下では、レイアウト情報として時間情報を含まない場合を取上げている。 In the following, it is taken up when it contains no time information as layout information.

【0139】 [0139]

【数5】 [Number 5]

【0140】上の表記では「<」から「>」までが1つのレコード情報を表わしている。 [0140] In the notation on until < "" from ""> represents the one of the record information. 「<」の直後の語はこのレコード情報が何を表しているかを示すタグである。 Word immediately after the "<" is a tag that indicates whether this record information indicates what.
「position」というタグは、このレコードがあるオブジェクトのレイアウト情報であることを示している。 Tag "position" indicates that it is the layout information of the object that there is this record. 以下の各項目は、項目名とその値とを「=」で結んでいる。 The following items, has signed the item name and its value in the "=". そしてobjidは各オブジェクトを識別するために付したIDを、xは指定のオブジェクトの基準点のx座標を、yは指定のオブジェクトの基準点のY座標をそれぞれ示す。 And objid is the ID assigned to identify each object, x is the x-coordinate of the reference point of the specified object, y represents the Y coordinate of the reference point of the specified object, respectively. したがって、上記の例では、ユーザは次の(1)(2)の修正を行なったことがわかる。 Thus, in the above example, the user is seen that conducted fixes for the following (1) (2).

【0141】(1) objid=100で示されるオブジェクトを、位置(10,100)から(11,11 [0141] The object indicated (1) in objid = 100, from the position (10, 100) (11, 11
0)に移動した。 0) has moved to.

【0142】(2) objid=101で示されるオブジェクトを、位置(50,200)から(50,19 [0142] The object indicated by (2) objid = 101, from the position (50, 200) (50,19
0)に移動した。 0) has moved to.

【0143】このようなレイアウトの修正に対応するレイアウト修正情報は既に述べた図5に示したものとなっている。 [0143] layout correction information corresponding to the modification of such a layout is made to that shown in FIG. 5 already described.

【0144】このようにレイアウト修正情報を格納しておくことで、次回に文書のレイアウトをこの文書作成支援装置が提案する際には、たとえば図26に示すようなルールを提供することにより、学習効果を持たせることができる。 [0144] By storing this manner the layout correction information, when the proposed the document creation support device layout of the document to the next, by providing rules as shown in FIG. 26 for example, learning it is possible to have an effect.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態の文書作成支援装置のハードウェア構成を示す図である。 1 is a diagram showing a hardware configuration of the document creation support apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の文書作成支援装置のシステム構成を示す図である。 2 is a diagram showing the system configuration of the document creation support apparatus of the present invention.

【図3】オブジェクトデータのフォーマットを示す図である。 3 is a diagram showing a format of the object data.

【図4】レイアウト情報のフォーマットを示す図である。 Figure 4 illustrates the format of the layout information.

【図5】レイアウト修正データのフォーマットを示す図である。 FIG. 5 is a diagram showing the format of the layout modification data.

【図6】ルールベースのうち、一般ルールのフォーマットを示す図である。 [6] Among the rule base is a diagram showing a format of a general rule.

【図7】ルールベースのうち、特定オブジェクトの制約条件のフォーマットを示す図である。 [7] Among the rule base is a diagram showing a format of a constraint of a particular object.

【図8】2点を指定することにより矩形領域を指定する方法を模式的に示す図である。 8 is a diagram schematically illustrating a method of designating a rectangular area by designating two points.

【図9】領域を「だいたい指定」する場合の方法を示す図である。 [9] The area is a diagram illustrating a method in the case of "specified roughly".

【図10】「だいたい指定」された領域とオブジェクトとの位置関係を模式的に示す図である。 [10] The positional relationship between the "roughly designated" area and the object is a diagram schematically illustrating.

【図11】オブジェクトのサイズおよび基準点位置を模式的に示す図である。 11 is a diagram schematically showing the size and the reference point position of the object.

【図12】領域の表しかたを模式的に示す図である。 12 is a diagram schematically showing a represents how regions.

【図13】新たなオブジェクトを配置する際の表示領域の状態を模式的に示す図である。 13 is a diagram schematically showing a state of the display area when placing a new object.

【図14】文書作成支援装置の文書作成の画面例を模式的に示す図である。 [14] The screen example document creation document creation support apparatus is a diagram schematically illustrating.

【図15】オブジェクトをオブジェクト表示領域の上の特定な位置に正確に配置する場合の操作を模式的に示す図である。 15 is a diagram schematically showing the operation in the case where precise placement of objects in a specific position on the object display region.

【図16】オブジェクトを表示領域上のある領域に配置することを指定する際の、領域の大きさを「だいたい指定」する操作方法を模式的に示す図である。 [16] for specifying placing the area on a display object area is a diagram schematically illustrating an operation method of the magnitude of the region "designated generally".

【図17】オブジェクト間の制約条件を模式的に示す図である。 17 is a diagram schematically showing the constraints between objects.

【図18】オブジェクト間の制約条件の設定および解除の画面を模式的に示す図である。 18 is a diagram schematically showing the setting and clearing the screen of constraints between objects.

【図19】オブジェクトの一部のみが指定領域Y内にあるときの、オブジェクトがその領域内にあるか否かを判定する処理を模式的に示す図である。 [Figure 19] when only a portion of the object is in the specified area Y, it is a diagram schematically showing a process of determining whether or not an object is in the region.

【図20】オブジェクトがすべて指定領域内に含まれるときの、オブジェクトと指定領域との包含関係を判断する方法を模式的に示す図である。 [Figure 20] when the object is in all designated area is a diagram schematically showing a method of determining the inclusion relationship between the objects and the specified area.

【図21】オブジェクトを新たに配置する際の本システムの処理の流れを模式的に示す図である。 21 is a diagram schematically showing the flow of processing of the system when a new position the object.

【図22】オブジェクトを新たに配置する際の、自動レイアウトエンジン部の処理のフローチャートの前半部分を示す図である。 [Figure 22] when the object newly arranging a diagram showing a first half of a flowchart of the processing of the automatic layout engine.

【図23】オブジェクトを新たに配置する際の、自動レイアウトエンジン部の処理のフローチャートの後半部分を示す図である。 [Figure 23] when the object newly arranging a diagram showing the second half of the flowchart of the processing of the automatic layout engine.

【図24】オブジェクトの基準点の位置を算出する処理のフローチャートである。 24 is a flowchart of a process for calculating the position of the reference point of the object.

【図25】オブジェクトのサイズを算出する処理のフローチャートである。 FIG. 25 is a flowchart of a process for calculating the size of the object.

【図26】レイアウト修正情報に対応するルールを模式的に示す図である。 26 is a diagram schematically showing a rule corresponding to the layout correction information.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

32 CPU 34 キーCPU 42 プログラムメモリ 52 自動レイアウトエンジン部 60 ユーザインタフェース管理部 62 レイアウト管理部 64 ルールベース 66 レイアウト修正情報 68 レイアウト情報 32 CPU 34 keys CPU 42 program memory 52 automatic layout engine 60 User interface management unit 62 layout management unit 64 rulebase 66 layout correction information 68 layout information

Claims (13)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 任意のメディア素材を統合した文書を処理するための文書作成支援装置であって、 メディア素材を文書内に配置する際のレイアウトを管理するためのレイアウト管理機構と、 あるメディア素材の、文書内の配置に対するユーザの希望事項をユーザから受取って前記レイアウト管理機構に与えるための入力手段とを含み、 前記レイアウト管理機構は、前記ユーザの希望事項に従って、前記あるメディア素材の、文書内の配置位置を提案する機能を有している、文書作成支援装置。 1. A document creation support apparatus for processing documents that integrates any media materials, the layout management mechanism for managing the layout in placing the media material in the document, certain media material of, and a input means for providing a user desired items in the layout management mechanism receives from the user to the arrangement in the document, the layout management mechanism, according to the wishes matters of the user, of the certain media material, document It has a function to propose an arrangement position of the inner, document creation support apparatus.
  2. 【請求項2】 さらに、文書のレイアウトを表示するための表示手段を含み、 前記入力手段は、 前記表示手段の表示上の任意の位置を指定するための位置指定手段と、 前記位置指定手段を用いてユーザが特定の操作を行なったことに応じて、表示画面上の概略の位置が指定されたものと解釈する手段とを含み、 前記レイアウト管理機構は、前記概略の位置を基準として前記あるメディア素材の、文書内の配置位置を提案する機能を有している、請求項1に記載の文書作成支援装置。 Wherein further comprising a display means for displaying the layout of the document, said input means includes position specifying means for specifying an arbitrary position on the display of the display means, the position specifying means in response to a user performing a specific operation using, and means for interpreted as the position of the outline on the display screen is designated, the layout management mechanism, the certain reference to the position of the outline media material has a function to propose an arrangement position in the document, document creation support apparatus according to claim 1.
  3. 【請求項3】 さらに、メディア素材のタイプに応じたデフォルト位置を定めるための情報を記憶する記憶手段を含み、 前記レイアウト管理機構は、ユーザの希望事項を受ける前に、対応のデフォルト位置に前記あるメディア素材を配置することを提案する機能を有する、請求項1に記載の文書作成支援装置。 Wherein further includes a storage means for storing information for determining a default position for the type of media material, wherein the layout management mechanism, prior to receiving the user desired items, the default position of a corresponding has a function proposes to place a certain media material, document creation support apparatus according to claim 1.
  4. 【請求項4】 前記入力手段は、 あるメディア素材の、文書内の他の要素との間の距離に関する制約条件を入力するための手段を含み、 前記レイアウト管理機構は、前記あるメディア素材の配置位置の提案において、前記制約条件を満足させるように配置位置を定める機能を有する、請求項1記載の文書作成支援装置。 Wherein said input means includes means for inputting the certain media material, the distance related constraints between other elements in the document, the layout management mechanism, the arrangement of the certain media material in the proposed position, has a function to determine the position so as to satisfy the constraint condition, the document creation support apparatus according to claim 1.
  5. 【請求項5】 さらに、文書のレイアウトを表示するための表示手段を含み、 前記入力手段は、 前記表示手段の表示上の任意の位置を指定するための位置指定手段を含み、 前記レイアウト管理機構は、 前記位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、前記表示画面上の前記ある領域と予め定める関係を持って前記あるメディア素材が配置されるように前記あるメディア素材の配置位置を決定する、請求項1記載の文書作成支援装置。 5., further comprising display means for displaying the layout of the document, said input means includes position specifying means for specifying an arbitrary position on the display of the display means, the layout management mechanism is, in response to performing a specific operation for specifying an area where there is a user using the position specifying means, the certain media material with the pre-defined relationship with the certain area on the display screen is located wherein determining the position of the media material with as document creation support apparatus according to claim 1.
  6. 【請求項6】 前記レイアウト管理機構は、 前記位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、前記表示画面上の前記ある領域内に必ず前記あるメディア素材が配置されるように前記あるメディア素材の配置位置を決定する、 Wherein said layout management mechanism, the position in response to designation means that subjected to particular operations that specify an area where there is a user using the certain always the certain media in the area on the display screen determining the position of the media material with such materials are disposed,
    請求項5記載の文書作成支援装置。 Document creation support apparatus according to claim 5.
  7. 【請求項7】 前記レイアウト管理機構は、 前記位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、前記表示画面上の前記ある領域内に前記あるメディア素材が概略配置されるように前記あるメディア素材の配置位置を決定する、 Wherein said layout management mechanism, in response to performing a specific operation for specifying an area where there is a user using the position specifying means, the certain media material to the certain area on the display screen there determines the position of the media material with as outlined arranged,
    請求項5記載の文書作成支援装置。 Document creation support apparatus according to claim 5.
  8. 【請求項8】 前記レイアウト管理機構は、 前記位置指定手段を用いてユーザがある領域を指定する特定の操作を行なったことに応じて、前記表示画面上の前記ある領域内に前記あるメディア素材の少なくとも一部が必ず配置されるように前記あるメディア素材の配置位置を決定する、請求項5記載の文書作成支援装置。 Wherein said layout management mechanism, in response to performing a specific operation for specifying an area where there is a user using the position specifying means, the certain media material to the certain area on the display screen at least partially determine the position of the media material with as always arranged, document creation support apparatus according to claim 5, wherein the.
  9. 【請求項9】 メディア素材の各々は、その大きさを示すサイズ情報を有し、 メディア素材の配置に当たってそのサイズ情報を変更しないことをユーザが指定することを可能にするための手段をさらに含み、 前記レイアウト管理機構は、メディア素材のサイズ情報を変更しないことが指定されたことに応じて、メディア素材のサイズ情報に従ってメディア素材の配置位置を決定する、請求項1記載の文書作成支援装置。 Each of 9. The media material has a size information indicating the size further comprises means for allowing a user to specify that you do not change the size information when the arrangement of the media material the layout management mechanism, in response to not to modify the size information of the media material is designated to determine the position of the media material according to the size information of the media materials, document creation support apparatus according to claim 1.
  10. 【請求項10】 メディア素材の各々は、その大きさを示すサイズ情報を有し、 文書のレイアウトを表示するための表示手段と、 メディア素材の配置に当たってその表示の大きさの変動可能な範囲をユーザが表示上で指定することを可能にするための手段とをさらに含み、 前記レイアウト管理機構は、メディア素材の表示の大きさの変動可能な範囲が指定されたことに応じて、メディア素材表示の大きさを前記範囲内で決定する、請求項1 Each of 10. Media material has a size information indicating the size of a display means for displaying the layout of the document, the display size change range of the carrying arrangement of the media material the user further comprises means for making it possible to specify on the display, the layout management mechanism, depending on the variation range of the size of the display of the media material is specified, the media material displayed to the size determined within the range, according to claim 1
    記載の文書作成支援装置。 Document creation support device as claimed.
  11. 【請求項11】 メディア素材の各々は、その大きさを示すサイズ情報を有し、 文書のレイアウトを表示するための表示手段と、 あるメディア素材の配置に当たって、当該あるメディア素材と、既に前記表示手段により表示されているメディア素材との間の位置関係をユーザが表示上で指定することを可能にするために手段とをさらに含み、 前記レイアウト管理機構は、前記あるメディア素材と、 Each of 11. Media material has a size information indicating the size of a display means for displaying the layout of the document, when the arrangement of some media materials, and media material the certain already said display further comprising a means for the user the positional relationship between the media material being displayed makes it possible to specify on the display by means, the layout management mechanism, and media material with the,
    既に前記表示手段により表示されているメディア素材との間の位置関係が指定されたことに応じて、前記あるメディア素材の表示の大きさと配置位置とを決定する、請求項1記載の文書作成支援装置。 Already in response to the positional relationship between the media material being displayed is designated by the display means, for determining the size and position of display of the certain media material, document creation support of claim 1, wherein apparatus.
  12. 【請求項12】 複数個のメディア素材の配置に当たって、当該複数個のメディア素材間の位置関係および大きさの関係をユーザが指定することを可能にするための手段をさらに含み、 前記レイアウト管理機構は、前記複数個のメディア素材と、既に前記表示手段により表示されているメディア素材との間の位置関係と、前記複数個のメディア素材間の位置関係および大きさの関係が指定されたことに応じて、前記複数個のメディア素材の表示の大きさと配置位置とを決定する、請求項11記載の文書作成支援装置。 In 12. the plurality of media material arrangement further comprises means for user positional relationship and size of the relationship between the plurality of media material makes it possible to specify the layout management mechanism , said a plurality of media material, and the positional relationship between the media material that has already been displayed by the display means, that the positional relationship and size of the relationship between the plurality of media material is designated in response, to determine the size and position of display of the plurality of media material, document creation support apparatus according to claim 11, wherein.
  13. 【請求項13】 前記レイアウト管理機構により提案された配置をユーザがさらに修正することを可能にするための修正入力手段と、 前記修正入力手段を介して行なわれた修正情報を蓄積するための修正情報蓄積手段とをさらに含み、 前記レイアウト管理機構は、前記修正情報蓄積手段により蓄積された修正情報をメディア素材間の制約条件として解釈してメディア素材の配置の提案内容を決定する機能を有する、請求項1から12のいずれかに記載の文書作成支援装置。 13. Fixed for storing a correction input means for allowing the user to further modify the proposed arrangement by the layout management mechanism, correction information made via the correction input means further comprising an information storing means, the layout management mechanism has a function of determining the proposal of an arrangement of media material to interpret the correction information stored by said correction information storage means as a constraint between the media material, document creation support apparatus according to any one of claims 1 to 12.
JP30439895A 1995-11-22 1995-11-22 Document preparation support device Granted JPH09146948A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30439895A JPH09146948A (en) 1995-11-22 1995-11-22 Document preparation support device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30439895A JPH09146948A (en) 1995-11-22 1995-11-22 Document preparation support device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09146948A true true JPH09146948A (en) 1997-06-06

Family

ID=17932540

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30439895A Granted JPH09146948A (en) 1995-11-22 1995-11-22 Document preparation support device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09146948A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006178993A (en) * 2004-12-20 2006-07-06 Microsoft Corp Method, system, and computer readable storage medium for making layout of automatically-placed element and user-placed element on chart
US7430713B2 (en) 2004-01-30 2008-09-30 Canon Kabushiki Kaisha Layout adjustment method and apparatus and layout adjustment program
JP2009070405A (en) * 2008-11-26 2009-04-02 Canon Inc Information processing method, device, and computer program
JP2010027042A (en) * 2008-06-17 2010-02-04 Canon Inc Design generating device, method, and program
US7665018B2 (en) 2004-08-31 2010-02-16 Canon Kabushiki Kaisha Information processing apparatus, information processing method, and program
JP2010086315A (en) * 2008-09-30 2010-04-15 Canon Inc Information processing apparatus and information processing method
US7900139B2 (en) 2005-03-04 2011-03-01 Canon Kabushiki Kaisha Layout control apparatus, layout control method, and layout control program

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7430713B2 (en) 2004-01-30 2008-09-30 Canon Kabushiki Kaisha Layout adjustment method and apparatus and layout adjustment program
US7665018B2 (en) 2004-08-31 2010-02-16 Canon Kabushiki Kaisha Information processing apparatus, information processing method, and program
JP2006178993A (en) * 2004-12-20 2006-07-06 Microsoft Corp Method, system, and computer readable storage medium for making layout of automatically-placed element and user-placed element on chart
US7900139B2 (en) 2005-03-04 2011-03-01 Canon Kabushiki Kaisha Layout control apparatus, layout control method, and layout control program
JP2010027042A (en) * 2008-06-17 2010-02-04 Canon Inc Design generating device, method, and program
JP2010086315A (en) * 2008-09-30 2010-04-15 Canon Inc Information processing apparatus and information processing method
JP2009070405A (en) * 2008-11-26 2009-04-02 Canon Inc Information processing method, device, and computer program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5715416A (en) User definable pictorial interface for a accessing information in an electronic file system
US7519573B2 (en) System and method for clipping, repurposing, and augmenting document content
US6230170B1 (en) Spatial morphing of text to accommodate annotations
US7554689B2 (en) Document layout method
US6584479B2 (en) Overlay presentation of textual and graphical annotations
US6613099B2 (en) Process and system for providing a table view of a form layout for a database
US6330007B1 (en) Graphical user interface (GUI) prototyping and specification tool
US5873106A (en) Geometry management for displaying objects on a computer
US20080307308A1 (en) Creating Web Clips
US5555357A (en) Computer system and method for generating and manipulating charts and diagrams
US5668966A (en) System and method for direct manipulation of search predicates using a graphical user interface
US6052514A (en) Distributed publication system with simultaneous separate access to publication data and publication status information
US20100083172A1 (en) Method and system for generating and displaying an interactive dynamic list view of multiply connected objects
US6054985A (en) Data processing system and method for simulating compound objects
US20100070464A1 (en) Document-based workflows
US7743331B1 (en) Viewing and modifying content slide navigation properties
US6570597B1 (en) Icon display processor for displaying icons representing sub-data embedded in or linked to main icon data
US6069630A (en) Data processing system and method for creating a link map
US7302649B2 (en) Operation method for processing data file
US7587680B2 (en) Information displaying apparatus, information displaying program and storage medium
US5911145A (en) Hierarchical structure editor for web sites
US5675753A (en) Method and system for presenting an electronic user-interface specification
US6320602B1 (en) Region layout in a view on a graphical display screen
US5630069A (en) Method and apparatus for creating workflow maps of business processes
US20040139401A1 (en) Real time preview

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040830

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050201

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050328

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20050407

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20050930