JPH0679096A - 横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構 - Google Patents

横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構

Info

Publication number
JPH0679096A
JPH0679096A JP27220992A JP27220992A JPH0679096A JP H0679096 A JPH0679096 A JP H0679096A JP 27220992 A JP27220992 A JP 27220992A JP 27220992 A JP27220992 A JP 27220992A JP H0679096 A JPH0679096 A JP H0679096A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
rinsing
basket
rotary drum
laundry
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP27220992A
Other languages
English (en)
Inventor
Chiyuki Kikushima
千幸 菊島
Original Assignee
Nippon Asahi Kiko Hanbai Kk
日本アサヒ機工販売株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Asahi Kiko Hanbai Kk, 日本アサヒ機工販売株式会社 filed Critical Nippon Asahi Kiko Hanbai Kk
Priority to JP27220992A priority Critical patent/JPH0679096A/ja
Publication of JPH0679096A publication Critical patent/JPH0679096A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 [目的]横型回転ドラム式の洗濯脱水機のすすぎ機構に
おいて、従来あったロスタイムその他の不合理性を排
し、短時間に、より清浄な仕上がりを得ることを目的と
する。 [構成]内胴バスケット(2)を回転させながら排水を
行い、かつ、同時に外胴(1)及び内胴バスケットの壁
を経ることなく、直接内胴バスケット内に注水を行なう
ことを特徴とする洗濯脱水機のすすぎ機構。

Description

【発明の詳細な説明】 [0001] [産業上の利用分野]この発明は、洗濯脱水機のすすぎ
機構に関するものである。
[0002] [従来の技術]従来の横型回転ドラム式洗濯脱水機のす
すぎ機構は、一般的に次のようなプログラムに組み込ま
れており、それに必要とする時間も比較的長時間を要し
た。
その一つの原因は、すすぎに於いての注水、すすぎ、排
水という作業の繰り返しが多いことであった。これを機
構の面から見てみると図1に見るごとく、注水口(5)
より注がれた水は、内胴バスケット(2)の小穴(8)
を通って外胴(1)の下方に貯められる。水量が多くな
ると、水は内胴バスケット及び洗濯物を浸す状態とな
り、ここで始めて内胴バスケットは回転し、正転、反転
を繰り返す。そのあと回転は止まり、排水が始まる。以
上が従来の横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎの作業
動作の概略であるが、このすすぎ機構には、いくつかの
問題点があった。
[0003] [発明が解決しようとする課題] (イ)すすぎに於いて、注水、すすぎ、排水の繰り返し
が多く、かつ、一つの機能が働く間、他の機能はロスタ
イムとなっている。例えば、注水中はすすぎの機能も排
水の機能も働いてはいない。
(ロ)洗濯物が、常に、すすぎ出された汚れ水に浸され
た状態のまま、作業が続行していく。即ち、洗濯物に付
着した汚れ物質は、洗濯によって剥離し、水中に浮遊し
ているが、洗濯物はその中に浸されたままの状態である
ため、汚れ物質は、再度洗濯物によって捕捉される。
これを図3について見るならば、排水直前には洗濯物は
汚水に浸されており、洗濯物に付着していた汚れ物質
(12)(13)が排水によって除去されても、次に汚
水中の汚れ物質(14)(15)は再度洗濯物によって
捕捉されて付着することになる。本発明は以上の欠点を
解決するものである。
[0004] [課題を解決するための手段]内胴バスケット(2)を
回転させながら排水を行い、かつ、同時に外胴(1)及
び内胴バスケットの壁を経ることなく、直接内胴バスケ
ット内に注水を行なうことを特徴とする洗濯脱水機のす
すぎ機構。
[0005] [作用]内胴バスケット(2)を回転させながら排水口
(6)より排水し、同時に蓋(3)に装着した注水口
(5)からノズル(9)を通して内胴バスケットの内部
に注水する。その結果、水は洗濯物の組織内を通過後、
内胴バスケットの小穴(8)を通って、外胴(1)の内
壁に当たったあと、内壁を伝って排水口(6)より排出
される。
[0006] [実施例]以下、本発明の実施例について説明する。図
2に見るごとく、下部に排水口(6)をもつ外胴(1)
の内部に、回転軸(7)に結合された内胴(2)を設
け、その円周面に小穴(8)をあける。次に、その先端
に数個のノズル(9)を有する注水口(5)を蓋(3)
に取り付ける。このノズルは内胴バスケットの奥〔図2
では左手〕より手前〔図2では右手〕にかけて平均に注
水ができるようにする。本発明は以上のような構造でこ
れを使用するときは、洗濯終了後のすすぎを、内胴バス
ケットを回転させながら、同時に注水と排水を行なうも
のである。内胴バスケットを回転させれば、汚れ物質の
浮遊した水は、遠心力によってバスケットの小穴より飛
散し、外胴の壁を伝って下方に集まり、排水口より排出
される。一方、ノズルより流入した水は遠心力により、
洗濯物の組織内を内から外へと、強い圧力をともなって
流出する。この水は常に清浄であり汚れ物質を含むこと
はない。そして組織内に残る汚れ物質を急速に運び出
す。いったい、「洗濯」とは洗濯物の組織に強く付着し
ている汚れを、手でもんだり、石に叩きつけたり、バス
ケットの正転、反転を繰り返したり、或いは化学的な分
解によって剥離することであるならば、「すすぎ」とは
剥離して水中に浮遊している汚れ物質や洗濯物に付着し
ている汚れ物質を流し去ることである。この点、従来の
すすぎ機構は不合理であり、矛盾がある。この不合理さ
が、すすぎの手間を増やし、非能率にしていた のであ
る。従来の洗濯機のすすぎ方法を例えてみれば、手桶に
汲んだ水の中で洗濯物を広げて汚れを拡散し、水を捨
て、再び汲んだ水に洗濯物を漬けて汚れを拡散するのに
似ている。この場合、水中の汚れ物質は次第に希釈され
るが、常に残存しており、洗濯物を水中より引き上げる
際、再度付着する。それに対して、本発明によるすすぎ
方法は、洗い終わった洗濯物を強い流れの川の水に晒す
か、或いは落下する滝水の下に置いたのに似ている。図
4に見るごとく、洗濯物の組織を通過する水は、常に清
浄な水ばかりであり、従来のように、汚れ水が通過する
ことは全くない。また、このすすぎ機構においては遠心
力の働きも大きい。いま、内胴バスケットの径を760
mmとし、毎分1000回転とするならば、そのGは4
20Gとなる。この大きな力が洗濯物の組織の間の汚れ
物質を流し去る。この力は従来のすすぎ機構では、全く
働いてはいなかった作用である。また、洗濯物の縫い目
等に入った汚れを落とすため、従来のような正転、反転
のすすぎ動作を併用すれば一層効果的である。注水口の
位置については、回転軸をパイプにし、その内部に水を
通して内胴バスケット内に注水する方法もある。また、
本発明は横型回転ドラム式洗濯脱水機について述べたも
のであるが、回転ドラムが縦型の場合でも原理は同じで
あり、充分に応用することができる。これを図5に示
す。
[0007] [発明の効果] (イ)内胴バスケットを回転させながら、同時に排水と
注水を行なうため、ロスタイムがない。
(ロ)図4に見るごとく、洗濯物の組織の間に流入する
水は、常に清浄な水だけであり、再度汚染されることが
ない。
(ハ)内胴バスケットが回転しているので、遠心力が働
き、洗濯物の組織の間を通過する流水の力は強く、汚れ
物質を速やかに運び去ることができる。
【図面の簡単な説明】
[図 1] 従来の横型回転ドラム式洗濯脱水機の側面
断面図である。 [図 2] 本発明による横型回転ドラム式洗濯脱水機
の側面断面図である。 [図 3] 従来型の正面よりの内部断面図である。 [図 4] 本発明による正面よりの内部断面図であ
る。 [図 5] 本発明を縦型回転ドラム式洗濯脱水機に応
用した場合の側面断面図である。 [符号の説明] 1. 外胴 2. 内胴バスケット 3. 蓋 4. パッキン 5. 注水口 6. 排水口 7. 回転軸 8. 小穴 9. ノズル 10. 水面 11. 汚れ物質 12. 汚れ物質 13. 汚れ物質 14. 汚れ物質

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. [請求項 1]内胴バスケット(2)を回転させながら
    排水を行い、かつ、同時に外胴(1)及び内胴バスケッ
    トの壁を経ることなく、直接内胴バスケット内に注水を
    行なうことを特徴とする洗濯機のすすぎ機構。
JP27220992A 1992-08-31 1992-08-31 横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構 Pending JPH0679096A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27220992A JPH0679096A (ja) 1992-08-31 1992-08-31 横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27220992A JPH0679096A (ja) 1992-08-31 1992-08-31 横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0679096A true JPH0679096A (ja) 1994-03-22

Family

ID=17510633

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27220992A Pending JPH0679096A (ja) 1992-08-31 1992-08-31 横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0679096A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100436144B1 (ko) * 2001-09-28 2004-06-14 삼성전자주식회사 드럼세탁기
KR100484807B1 (ko) * 2002-07-30 2005-04-22 엘지전자 주식회사 세탁기의 샤워 커넥터
KR100484808B1 (ko) * 2002-07-30 2005-04-22 엘지전자 주식회사 세탁기의 순환장치
KR100565479B1 (ko) * 2000-03-30 2006-03-30 엘지전자 주식회사 세탁수 분사 장치가 구비된 드럼 세탁기
KR100701934B1 (ko) * 2000-05-24 2007-03-30 엘지전자 주식회사 드럼 세탁기
JP2008123563A (ja) * 2008-02-22 2008-05-29 Casio Comput Co Ltd コード読み取り装置

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5252477A (en) * 1975-10-24 1977-04-27 Hitachi Ltd Electric washer

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5252477A (en) * 1975-10-24 1977-04-27 Hitachi Ltd Electric washer

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100565479B1 (ko) * 2000-03-30 2006-03-30 엘지전자 주식회사 세탁수 분사 장치가 구비된 드럼 세탁기
KR100701934B1 (ko) * 2000-05-24 2007-03-30 엘지전자 주식회사 드럼 세탁기
KR100436144B1 (ko) * 2001-09-28 2004-06-14 삼성전자주식회사 드럼세탁기
KR100484807B1 (ko) * 2002-07-30 2005-04-22 엘지전자 주식회사 세탁기의 샤워 커넥터
KR100484808B1 (ko) * 2002-07-30 2005-04-22 엘지전자 주식회사 세탁기의 순환장치
JP2008123563A (ja) * 2008-02-22 2008-05-29 Casio Comput Co Ltd コード読み取り装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100510233C (zh) 用于清洁洗衣机的桶的方法
JP2578564B2 (ja) 洗濯機
JPH09173689A (ja) 洗濯機
JP2004081651A (ja) 洗濯機の洗浄方法
KR20070095339A (ko) 함침 공정 뒤에 직물을 스핀건조하기 위한 방법
KR20090073580A (ko) 세탁기의 제어방법
JPH0741115B2 (ja) 洗濯機
JPH0679096A (ja) 横型回転ドラム式洗濯脱水機のすすぎ機構
DE4013450A1 (de) Verfahren zum spuelen von waesche in einer programmgesteuerten trommelwaschmaschine
KR101448626B1 (ko) 세탁기의 제어방법
JPH08257290A (ja) 衣類洗濯機
KR100484268B1 (ko) 세탁물 편심 제거 방법
JP2008301709A (ja) 野菜洗浄機の制御方法
JP2002248297A (ja) 洗濯機
KR20040102508A (ko) 세탁기의 배수방법
JPH04250198A (en) Operating method of washing machine
CN108085927B (zh) 一种洗衣机的筒的清洗控制方法及洗衣机
JP4103245B2 (ja) 洗濯機
KR100793764B1 (ko) 세탁기용 이물질 채집장치
KR101015868B1 (ko) 세탁기용 배수장치
KR101235389B1 (ko) 프로그램-제어식 세탁기
KR200150337Y1 (ko) 세탁기의 필터장치
KR0161941B1 (ko) 세탁기의 이물질 제거방법
KR20000033339A (ko) 세탁기의 보푸라기 제거 헹굼방법
KR0125466Y1 (ko) 세탁기의 상부주수장치