JPH0623414Y2 - ラッピング仕上機能を有する研削盤 - Google Patents

ラッピング仕上機能を有する研削盤

Info

Publication number
JPH0623414Y2
JPH0623414Y2 JP17457786U JP17457786U JPH0623414Y2 JP H0623414 Y2 JPH0623414 Y2 JP H0623414Y2 JP 17457786 U JP17457786 U JP 17457786U JP 17457786 U JP17457786 U JP 17457786U JP H0623414 Y2 JPH0623414 Y2 JP H0623414Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
grindstone
base
grinding
lapping
controlled
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP17457786U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6379154U (ja
Inventor
秋夫 小樋
文敏 寺崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Okuma Corp
Original Assignee
Okuma Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Okuma Corp filed Critical Okuma Corp
Priority to JP17457786U priority Critical patent/JPH0623414Y2/ja
Publication of JPS6379154U publication Critical patent/JPS6379154U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0623414Y2 publication Critical patent/JPH0623414Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 産業上の利用分野 本考案は内研,端研,ラッピング仕上を一貫して行うこ
とを可能とするNC研削盤に関する。
従来技術 従来はプレス金型,引抜ダイス,プラスチック金型部品
及び噴射ノズル等研削穴加工後にラッピング仕上を必要
とする部品が多数あるがこれらは別工程として手作業で
行っていた。
考案が解決しようとする問題点 この手作業によるラッピング仕上作業は高度な熟練を要
し非常に時間のかかる作業であった。従って精密部品に
おけるラッピング工程は生産上のネックとなる作業の1
つであり解決が望まれていた。
問題点を解決するための手段 ベッド上で切込方向にNCで移動制御可能とされる切込
台上に設けられた主軸台を有し、主軸方向にNCで移動
制御可能とされるテーブル部材上に加工位置と待機位置
に別々に移動可能に設けられた2組の砥石軸ユニットを
有する研削盤において、前記テーブル部材上で前記2組
の砥石軸ユニットを跨ぐように設けられた橋形取付台に
固設された固定台と、該固定台に設けられた前記切込方
向の旋回軸で旋回自在に設けられた旋回台と、前記固定
台に固設されたブラケットに前記旋回軸と平行に設けら
れた支軸によって旋回自在に枢支され前記旋回台を加工
位置と待機位置に旋回させる流体圧シリンダ装置と、前
記旋回台に設けられ前記加工位置に旋回されたとき主軸
方向を向くラッピング仕上用回転軸ユニットを含んでな
り、内面研削,端面研削,ラッピング仕上をワンチャッ
キングで行えるものである。
実施例 以下本考案の実施例を図面にもとづき説明する。ベッド
1の上面左寄り前後切込方向(X軸)に切込下台2が設
けられており、この切込下台2上のX軸方向案内面に切
込台3が摺動可能に載置され下面に取付けためねじ4が
切り込み台2上X軸方向に回転のみ可能に軸承され、N
Cで制御されるモータ5で回転される送りねじ6と螺合
していて切込み送り並びに位置制御される。切込台3上
にはX軸と直角の主軸(Z軸)方向に軸心を有し先端に
各種工作物を自動的に対応して把持できるチャック7例
えば実開昭58-158385号を嵌着した主軸を回転可能に軸
承する主軸台8が固着されている。また切込台3にはド
レッシング装置10のベース9がZ軸方向に突出してい
て、その上にX軸方向にドレッシング装置10が設けら
れている。このドレッシング装置10はX軸方向に軸心
を有する流体圧シリンダ11のピストンロッド12端に
ダイヤモンドツール13が固着されており、流体圧シリ
ンダ11に切換弁を介して圧力流体が送り込まれること
により早送りでドレッシング位置と待機位置に位置決め
される。ベッド1上にはZ軸方向にデーブル14が摺動
可能に載置されており、その下面に設けた雌ねじ15が
ベッド1にZ軸方向に回転のみ可能に軸承され、NCで
制御されるモータ16で回転される送りねじ17に螺合
しておりZ軸方向の位置制御がされる。テーブル14上
には砥石軸下台18がボルトによって固着されており、
砥石軸下台18上にはZ軸方向に2本で一対の案内面2
3a,23bと同様の図示しない一対の案内面の計2対
の案内面を有する案内台25が固着されている。この2
対の案内面上には下面に嵌合する案内面を有する図示し
ない砥石軸台がそれぞれ滑らかな摺動が可能なように載
置され、一方の砥石軸台上に砥石例えば小径の内研用ダ
イヤモンド砥石をクイル端に有しNCで回転が制御され
る高周波内研軸をZ軸方向に軸承した砥石軸ユニット3
1が、また他方の砥石軸台上には砥石例えば少し大径の
端研用のビトリフアイドボラゾン砥石をクイル端に有し
NCで回転が制御される高周波内研軸をZ軸方向に軸承
した砥石軸ユニット33が固設されている。そして砥石
軸ユニット31は砥石軸心と平行に砥石軸下台18上に
固着された流体圧シリンダ34のピストンロッド35端
と図示しない砥石軸台を介して連結され、砥石軸ユニッ
ト33も同様に流体圧シリンダ36の図示しないピスト
ンロッド端に連結されていて、それぞれ独立して加工位
置と待機位置に位置決めされる。
砥石軸下台18上にラッピング仕上用回転軸ユニット旋
回装置38取付用の橋形取付台39が砥石軸ユニット3
1,33を跨いで固設されており橋形取付台39上に固
定台40が旋回中心穴40aをX軸方向として中央部に
固設されている。固定台40は旋回中心穴40aと直角
方向の溝40bを中央部に有し旋回中心穴40aは溝4
0bによって中央部が空間に形成され、この空間部に旋
回穴41aを有する旋回台41が旋回軸43によって旋
回のみ可能に枢支されている。旋回台41は下面がラッ
ピング仕上用回転軸ユニット58の枠体44の取付面4
1bに形成され、上部に旋回穴41aと平行に支軸45
用の穴41cが穿設されており、穴41cと直角方向の
中央溝41dが設けられている。また固定台40の後端
面に溝40bを挟んで一対のブラケット47が固設され
旋回中心穴41aと平行の穴47aがそれぞれに穿設さ
れている。そして一対のブラケット47の中間に流路4
8a,48bを有する流体圧シリンダ48が端に設けら
れた角形口金49の両脇に植設された旋回支軸50によ
って旋回可能に設けられている。流体圧シリンダの流路
48a,48bはNCで制御される図示しない電磁切換
弁にそれぞれパイロット付逆止弁を介して接続されてい
る。流体圧シリンダ48のピストンロッド51先端に連
結金具52が設けられ、旋回台41の上部穴41cの中
央部に挿通され支軸45によって旋回のみ可能に枢支さ
れている。そしてピストンロッド51の露出部は円筒状
のアコーデイオンゴムカバー53によって保護されてい
る。旋回台41の下面41bにラッピング仕上用回転軸
ユニット58の枠体44が固設され枠体44に上下に並
んで設けられたZ軸方向の穴44a,44bにエア流路
56aを有するエアモータ56とクイル端にラバー砥石
57を有するラッピング仕上用回転軸ユニット58がそ
れぞれ嵌着されベルト59によってラッピング仕上用回
転軸が回転される。
ラバー砥石57はパウダ状の微細砥粒をゴム成分いわゆ
るラバーを結合剤としたラッピング用の砥石である。そ
してラッピング仕上用回転軸ユニット58は不用時に流
体圧シリンダ48によって旋回され上方の待機位置に移
動するようにされており待機中は逆止弁によって安全が
保たれるような構造となっている。
作用 今工作物は内研,端研,ラッピング仕上を必要とするも
のとし、工作物に適合するチャックの爪が割出され、搬
送装置で送り込まれた工作物が把持される。テーブル1
4は図示しない内研用ダイヤモンド砥石を有する砥石軸
ユニット31が加工位置に割出されるようにNCでモー
タ16を制御して送りねじ17を回転して位置決めす
る。次いでNCでモータ5を制御して送りねじ6を回転
して切込台3を砥石軸ユニット31の研削軸の対向位置
に位置決めする。次いでNCで砥石軸ユニット31の高
周波内研軸を制御回転させ、また流体圧シリンダ34が
選択され、図示しない切換弁が作用して圧力流体が送り
込まれ砥石軸ユニット31が前進されて図示しないダイ
ヤモンド砥石が工作物の穴に臨みモータ16が制御され
て砥石がテーブル14と一体でトラバースするととも
に、モータ5が制御されて切込台3が切り込み送りさ
れ、内研加工が行われる。内研加工終了により流体圧シ
リンダ34の圧力流体方向が切換弁で切換えられ砥石軸
ユニット31が待機位置に後退される。切込台3はモー
タ5の逆転によって砥石軸ユニット33に装着される図
示しないポラゾン砥石に対応する位置に移動位置決めさ
れ、NCで砥石軸ユニット33の高周波砥石軸を制御回
転させ、また流体圧シリンダ36に図示しない切換弁に
よって圧力流体が送り込まれ砥石軸ユニット33が前進
される。モータ5を制御して切込台3をX軸方向にトラ
バースし、モータ16を制御してテーブル14に切り込
み送りを与えて工作物の端を研削加工する。端研が終わ
れば流体圧シリンダ36の圧力流体方向を切換弁で切換
え砥石軸ユニット33を待機位置に後退させる。
次いで流体圧シリンダ48が選択され、図示しない切換
弁が作用して圧力流体が送り込まれ旋回台41が旋回さ
れてラッピング仕上用回転軸ユニット58が水平位置に
割出され、NCモータ16を制御して送りねじ17を回
転してラッピング仕上用回転軸が加工位置に割出され
る。次いでNCモータ5を制御して送りねじ6を回転し
て切込台3を移動しラバー砥石57の対向位置に工作物
を位置決めする。次いでエアモータ56に図示しない切
換弁によって圧力空気を送り込まれて回転しベルト59
を介してラッピング仕上用回転軸が回転され、モータ1
6が制御されてラバー砥石57が工作物の穴に臨み、ラ
バー砥石57がテーブル14と一体でトラバースすると
ともにモータ5が制御されて切込台3が切込み送りされ
ラッピング仕上が行われる。
ラッピング仕上が終われば流体圧シリンダ48の圧力流
体方向を切換弁で切換え旋回台41が旋回されラッピン
グ仕上用回転軸ユニット58を待機位置とする。このよ
うにして工作物の内研,端研,ラッピング仕上を繰り返
し所定個数研削すると砥石軸ユニット31,33の砥石
及びラバー砥石57のドレッシングのためモータ5が制
御され切込台3が移動されてドレッシング装置10が位
置決めされ流体圧シリンダ11に切換弁を介して圧力流
体が送られダイヤモンドツール13が前進され、図示し
ないダイヤモンド砥石または図示しないポラゾン砥石ま
たはラバー砥石57もそれぞれドレッシング位置に前進
されるとともにモータ16を制御してテーブル14がZ
軸制御されてドレッシング可能位置で砥石とともにドラ
バースされ、モータ5を制御してダイヤモンドツール1
3に切り込みを与え、それぞれの砥石をドレッシングす
るものである。
効果 以上詳述したように本考案はそれぞれ独立して制御でき
る2本の砥石軸に加えてこの砥石軸と干渉しない橋形取
付台上にラッピング仕上用回転軸を設け必要時に加工位
置に割出すようになしたので、複雑な機構を必要とせ
ず、ワンチャッキングにてNC研削やNCラッピング仕
上が行えるので加工精度が保たれるとともに手作業の実
施で長時間かかったラッピング工程が自動化でき加工時
間が短縮され生産性が著しく向上する効果を有する。さ
らにまたラッピンク仕上がX・Z軸同時2軸制御のNC
機能により、テーパ,プロファイル,ストレート,端
面,外面の自動仕上が可能である。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の概略図、第2図はラッピング仕上用回
転軸部分の横断面図である。14……テーブル、18…
…砥石軸下台 31,33……砥石軸ユニット 39……橋形取付台、40……固定台 41……旋回台、43……旋回軸 47……ブラケット、48……流体圧シリンダ 50……旋回支軸 58……ラッピング仕上用回転軸ユニット

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】ベッド上で切込方向にNCで移動制御可能
    とされる切込台上に設けられた主軸台を有し、主軸方向
    にNCで移動制御可能とされるテーブル部材上に加工位
    置と待機位置に別々に移動可能に設けられた2組の砥石
    軸ユニットを有する研削盤において、前記テーブル部材
    上で前記2組の砥石軸ユニットを跨ぐように設けられた
    橋形取付台に固設された固定台と、該固定台に設けられ
    た前記切込方向の旋回軸で旋回自在に設けられた旋回台
    と、前記固定台に固設されたブラケットに前記旋回軸と
    平行に設けられた支軸によって旋回自在に枢支され前記
    旋回台を加工位置と待機位置に旋回させる流体圧シリン
    ダ装置と、前記旋回台に設けられ前記加工位置に旋回さ
    れたとき主軸方向を向くラッピング仕上用回転軸ユニッ
    トを含んでなり、内面研削,端面研削,ラッピング仕上
    をワンチャッキングで行えることを特徴とするラッピン
    グ仕上機能を有する研削盤。
JP17457786U 1986-11-13 1986-11-13 ラッピング仕上機能を有する研削盤 Expired - Lifetime JPH0623414Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17457786U JPH0623414Y2 (ja) 1986-11-13 1986-11-13 ラッピング仕上機能を有する研削盤

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17457786U JPH0623414Y2 (ja) 1986-11-13 1986-11-13 ラッピング仕上機能を有する研削盤

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6379154U JPS6379154U (ja) 1988-05-25
JPH0623414Y2 true JPH0623414Y2 (ja) 1994-06-22

Family

ID=31113091

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17457786U Expired - Lifetime JPH0623414Y2 (ja) 1986-11-13 1986-11-13 ラッピング仕上機能を有する研削盤

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0623414Y2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102485422A (zh) * 2010-12-03 2012-06-06 大连吉润高新技术机械有限公司 一种新型万能落地磨床

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102485422A (zh) * 2010-12-03 2012-06-06 大连吉润高新技术机械有限公司 一种新型万能落地磨床

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6379154U (ja) 1988-05-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100553409B1 (ko) 공작물의 연삭방법 및 장치
US6685536B1 (en) Method for grinding convex running faces and outside diameters on shaft-like workpieces in one set-up and grinding machine for carrying out the method
JPH10509661A (ja) 硬化した工作物を仕上げ加工するための方法及び装置
KR20120033307A (ko) 연삭 지지 장치
CZ304903B6 (cs) Způsob a zařízení k broušení centrických ložiskových čepů klikových hřídelů
JPH09466U (ja) 研削盤
JPH0899242A (ja) 複合加工用の工作機械
CA2339020A1 (en) Grinding machine with hard-turning attachment
JP3566403B2 (ja) 主軸テーパ穴再研装置
JPH0623414Y2 (ja) ラッピング仕上機能を有する研削盤
US6852015B2 (en) Method and apparatus for grinding workpiece surfaces to super-finish surface with micro oil pockets
CN216227931U (zh) 一种数控双头内圆车磨复合机床
JP4712586B2 (ja) Nc工作機械
CN216883179U (zh) 一种适用于加工内外曲线的走头式随动磨床
JP2000263393A (ja) 研削装置
EP0406775A2 (en) Grinding machine
JPH0487746A (ja) 複合工作機械
JP2000042878A (ja) 円筒研削盤及びそのワーク軸と砥石軸、並びにこの円筒研削盤による平錐の加工方法
JPH05138513A (ja) 対向砥石台を備えた円筒研削盤
TWM566629U (zh) CNC car grinding machine
JP2005007515A (ja) 宝石類の外面研削装置
JPS62148101A (ja) 複合加工nc旋盤
KR20120138400A (ko) 공작물 내경 가공 6축 씨엔씨 복합 가공기
EP1177856B1 (en) Flat surface grinding machine with a second wheelhead for machining broaches
GB2613826A (en) A machine tool for machining workpieces and methods of operation thereof