JPH06182248A - 厨芥処理装置 - Google Patents

厨芥処理装置

Info

Publication number
JPH06182248A
JPH06182248A JP4344273A JP34427392A JPH06182248A JP H06182248 A JPH06182248 A JP H06182248A JP 4344273 A JP4344273 A JP 4344273A JP 34427392 A JP34427392 A JP 34427392A JP H06182248 A JPH06182248 A JP H06182248A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
garbage
crushing
tank
processing
processing tank
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4344273A
Other languages
English (en)
Inventor
Takuya Morishita
拓也 森下
Satoshi Hirata
敏 平田
Yoshihisa Onishi
義久 大西
Akihiro Fukumoto
明広 福本
Kenji Aida
謙次 會田
Hiroyuki Sasakura
博之 笹倉
Kenji Toyooka
賢次 豊岡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP4344273A priority Critical patent/JPH06182248A/ja
Publication of JPH06182248A publication Critical patent/JPH06182248A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】 材料投入口から投入された厨芥を粉砕する粉
砕手段と、粉砕手段から排出された厨芥を受納する処理
槽と、処理槽内に収納され、厨芥を分解処理する処理媒
質と、処理槽内の厨芥と処理媒質を混合する処理槽と、
処理槽を所定時間毎に駆動させる制御回路30を設けた厨
芥処理装置。 【効果】 厨芥の分解処理効率を向上することができ、
厨芥廃棄処理の手間を解消し、環境保全の向上を図るこ
とができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、厨芥を処理する厨芥処
理装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種厨芥処理装置として、コン
ポスターが広く使用されている。コンポスターは、筒状
体と筒状体の上面開口を被う蓋とから構成され、筒状体
を地表に載置し、上面開口から筒状体内に厨芥を投入し
て堆肥化するものである。しかしながら、堆肥化の速度
が遅く、処理能力に問題があった。
【0003】また、厨芥を粉砕して脱水し、それを自動
的にゴミ袋などに投棄するものが例えば、特開平4-1569
59号公報(B02C 21/00)にて提案されている。しかしなが
ら、この方式においてはゴミ袋などに収納された厨芥を
廃棄する必要があり、廃棄処理に手間がかかると共に、
環境保全の観点からも問題となるものであった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記欠点に
鑑みなされたもので、短期間に厨芥を分解処理し得る厨
芥処理装置を提供することを課題とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の第1の手段は、
材料投入口から投入された厨芥を粉砕する粉砕手段と、
粉砕手段から排出された厨芥を受納する処理槽と、処理
槽内に収納され、厨芥を分解処理する処理媒質と、処理
槽内の厨芥と処理媒質を混合する混合手段と、混合手段
を、粉砕手段の運転停止から所定時間後に駆動させる制
御回路を設けたことを特徴とする。
【0006】本発明の第2の手段は、材料投入口から投
入された厨芥を粉砕する粉砕手段と、粉砕手段から排出
された厨芥を受納する処理槽と、処理槽内に収納され、
厨芥を分解処理する処理媒質と、処理槽を回転させ、処
理槽内の厨芥と処理媒質を混合する駆動手段と、処理槽
を回転させる駆動手段を、粉砕手段の運転停止から所定
時間後に駆動させる制御回路を設けたことを特徴とす
る。
【0007】本発明の第3の手段は、材料投入口から投
入された厨芥を粉砕する粉砕手段と、粉砕手段から排出
された厨芥を受納する処理槽と、処理槽内に収納され、
厨芥を分解処理する処理媒質と、処理槽内に配設され、
駆動手段により回転駆動して処理槽内の厨芥と処理媒質
を混合する撹拌翼と、撹拌翼を駆動する駆動手段を、粉
砕手段の運転停止から所定時間後に駆動させる制御回路
を設けたことを特徴とする。
【0008】本発明の第4の手段は、材料投入口から投
入された厨芥を粉砕する粉砕手段と、粉砕手段から排出
された厨芥を受納する処理槽と、処理槽内に収納され、
厨芥を分解処理する処理媒質と、処理槽内の水を排水す
る排水管と、排水管を開閉する開閉手段と、処理槽内に
配設され、処理槽内に所定量の水を貯めた状態で駆動手
段により回転駆動して処理槽内の厨芥と処理媒質を混合
する撹拌翼と、撹拌翼を駆動する駆動手段を、粉砕手段
の運転停止から所定時間後に駆動させる制御回路を設け
たことを特徴とする。
【0009】
【作用】本発明の第1の手段によれば、材料投入口より
投入された厨芥は、粉砕手段により粉砕されて処理槽に
供給され、混合手段により処理槽内の厨芥と処理媒質を
混合する。この混合を停止して処理媒質内に無酸素状態
を形成し、粉砕手段の停止、即ち、厨芥処理から所定時
間後に再度撹拌を行うことにより酸素供給状態を構成
し、無酸素状態と酸素供給状態を構成することにより、
厨芥処理効率を向上する。また、厨芥は粉砕手段により
粉砕されているので、処理媒質の作用により比較的短期
間で分解消滅する。
【0010】本発明の第2の手段によれば、材料投入口
より投入された厨芥は、粉砕手段により粉砕されて処理
槽に供給され、駆動手段により処理槽を回転させて処理
槽内の厨芥と処理媒質を混合する。この混合を停止して
処理媒質内に無酸素状態を形成し、粉砕手段の停止、即
ち、厨芥処理から所定時間後に再度撹拌を行うことによ
り酸素供給状態を構成し、無酸素状態と酸素供給状態を
構成することにより、厨芥処理効率を向上する。また、
厨芥は粉砕手段により粉砕されているので、処理媒質の
作用により媒質の作用により比較的短期間で分解消滅す
る。
【0011】本発明の第3の手段によれば、材料投入口
より投入された厨芥は、粉砕手段により粉砕されて処理
槽に供給され、混合手段により処理槽内の厨芥と処理媒
質を混合する。この混合を停止して処理媒質内に無酸素
状態を形成し、粉砕手段の停止、即ち、厨芥処理から所
定時間後に再度撹拌を行うことにより酸素供給状態を構
成し、無酸素状態と酸素供給状態を構成することによ
り、厨芥処理効率を向上する。また、厨芥は粉砕手段に
より粉砕されているので、処理媒質の作用により比較的
短時間で分解消滅する。
【0012】本発明の第4の手段によれば、開閉手段に
より排水パイプを閉塞し、粉砕手段を作動させると、材
料投入口より投入された厨芥は、粉砕手段により粉砕さ
れて水とともに処理槽に供給される。処理槽内に所定量
の水がたまると、混合手段を駆動させ、処理槽内の厨芥
と処理媒質を混合する。この混合を停止して処理媒質内
に無酸素状態を形成し、粉砕手段の停止、即ち、厨芥処
理から所定時間後に再度撹拌を行うことにより酸素供給
状態を構成し、無酸素状態と酸素供給状態を構成するこ
とにより、厨芥処理効率を向上する。また、厨芥は粉砕
手段により粉砕されているので、処理媒質の作用により
比較的短時間で分解消滅する。
【0013】
【実施例】本発明の第1実施例を図1乃至図5に基づい
て詳述する。
【0014】1は流し台、2はシンクで、底部に水切篭
3を着脱自在に収納する厨芥受部4を有している。前記
厨芥受部4底面には排水管5が接続されると共に、水切
篭3及び厨芥受部4底面には後述する粉砕機7の材料投
入口10に連通する開口を形成している。6は前記水切篭
3及び厨芥受部4底面の開口を介して後述する粉砕機7
の材料投入口10に挿入される材料押圧棒で、炊事の際
に、材料押圧棒6にて水切篭3の開口を閉成し、シンク
2からの水が粉砕機7の材料投入口10に流れるのを防止
するようになっている。
【0015】7は前記流し台1の下部空間に収納され、
支持台8により支持される粉砕機で、移送筒9の材料投
入口10を前記厨芥受部4の開口に接続すると共に、先端
に固定歯11を装着している。12は前記移送筒9内に配設
され、電動機13により回転駆動される螺旋体で、先端に
回転歯14を有しており、材料投入口10から供給された厨
芥を螺旋体12の回転により先端に移送し、回転歯14と固
定歯11とにより粉砕するようになっている。15は前記移
送筒9先端に設けられたガイド体で、このガイド体15に
より粉砕機7から排出された厨芥を効率よく後述する処
理媒質28に混合するようになっている。
【0016】16は支持台8に一対の軸受17、18を介して
回転自在に支持される処理槽で、合成樹脂、ステンレス
等の耐食性材料にて形成されており、処理槽16内面に
は、内側に向かって複数のリブ19を突出形成している。
前記処理槽16の一側を軸支する軸受17を移送筒9の先端
が貫通し、軸受17を支持する支持台8にて処理槽16の一
側と粉砕機7の移送筒9を支持している。20は前記処理
槽16の他側に固定された駆動軸で、スプロケット21が固
定されている。22は電動機で、その回転軸にスプロケッ
ト23を固定し、スプロケット21、23間に架設されたチェ
ーン24を介して処理槽16を回転させるようになってい
る。25は前記処理槽16に穿設された小孔で、後述する処
理媒質28が漏れない程度の大きさに形成され、処理媒質
28が厨芥を分解することにより生じる水と炭酸ガスを処
理槽16の外部に排出するようになっている。26は前記処
理槽16下方に配設されるドレンパンで、処理槽16から排
出される水を受け、排水パイプ27を介して排水管5に排
水するようになっている。
【0017】前記処理槽16内には、処理媒質28が収納さ
れている。処理媒質28は、おが屑等の木質細片、もみが
ら、米糠、土等の微生物培養基材、本実施例では、特公
平2−34679号公報(C02F 11/02)「木質細片による汚泥の
微生物処理方法」に示される微生物培養基材を使用して
いる。この処理媒質28に厨芥を投入して混合すると、カ
ン菌、球菌が発生し、厨芥をカン菌が腐食させ、球菌が
食べて水と炭酸ガスに分解して厨芥を消滅させる。
【0018】次に、回路を図1に基づいて説明する。29
は前記流し台1に配設した図示しない操作スイッチを有
するスイッチ回路、30は前記スイッチ回路29からの信号
を入力する制御回路で、粉砕機駆動部31を介して粉砕機
7駆動用電動機13を、処理槽駆動部32を介して処理槽16
駆動用電動機22を制御するようになっている。
【0019】而して、炊事時には、図3に示す如く、材
料押圧棒6を粉砕機7の材料投入口10に挿入して水切篭
3の開口部を閉塞する。この状態では、シンク2からの
水は水切篭3を介して排水管5に排水される。
【0020】厨芥を処理する際には、図2に示す如く、
材料押圧棒6を取り外し、図示しない操作スイッチの操
作により電動機13を駆動して螺旋体12を回転させなが
ら、材料押圧棒6により水切篭3及び厨芥受部4の開口
を介して材料投入口10に厨芥を入れる。材料投入口10よ
り粉砕機7内に入れられた厨芥は、螺旋体12により移送
筒9先端側へ移送され、固定歯11と回転歯14によって粉
砕されて処理槽16に排出される。
【0021】制御回路30は、処理槽16を回転させる電動
機22を、粉砕機7の電動機13と同期して同時に回転を開
始させ、粉砕機7から排出された厨芥は、処理槽16の回
転により処理媒質28と混ぜ合わされる。
【0022】材料投入口10への厨芥の投入が終了する
と、図示しない操作スイッチを操作して運転を停止させ
るのであるが、粉砕機7内に厨芥が残留して粉砕機7内
で厨芥が腐敗するのを防止するために、制御回路30は、
操作スイッチ操作後、粉砕機7内の厨芥が処理槽16へ排
出されるのに十分な時間経過後に粉砕機7の電動機13を
停止させる。また、制御回路30は、粉砕機7から供給さ
れた厨芥を処理媒質28と十分に混合させるために、粉砕
機7の電動機13の運転停止から所定時間後に処理槽16回
転用電動機22を停止させる。この処理槽16停止状態にお
いて、厨芥が外気に接触しない状態、所謂無酸素状態を
形成する。
【0023】制御回路30は、粉砕機7回転用電動機13が
停止してから所定時間後に一定時間処理槽駆動部32に処
理槽16を回転させる信号を出力し、一定時間処理槽16を
回転させると共に、その処理槽16の回転停止から所定時
間後に一定時間処理槽16を回転させる信号を処理槽駆動
部32に出力し、所定時間後とに厨芥を外気に接触させ
る。この厨芥を外気に接触させない状態と外気に接触さ
せる状態とを繰り返すことによって、処理媒質28に自然
発生するカン菌と球菌により効率よく厨芥を水と炭酸ガ
スに分解し、消滅させる。また、処理槽16に供給される
厨芥は、粉砕機7にて粉砕されているので、処理効率を
一層向上することができる。
【0024】本発明の第2実施例を図6乃至図8に基づ
いて説明する。尚、上記第1実施例と同一部品は同一符
号を付して説明を省略する。
【0025】33は処理槽で、下部に形成した排水孔34
を、排水パイプ35を介して排水管5に接続し、処理槽33
内の水を排水管5に排水するようになっている。36は処
理槽33上部に形成された排気孔で、排気パイプ37を介し
て屋外に連通し、送風機38の送風により処理槽33内の空
気を屋外へ排気し、材料押圧棒39の中央に形成した通気
孔40及び粉砕機7を介して処理槽33内に空気を供給し
て、処理媒質28に発生するカン菌及び球菌の活性化を図
ると共に、処理槽33内の悪臭を屋外へ排気するようにな
っている。
【0026】41は前記処理槽33内に配設された一対の撹
拌翼で、合成樹脂、ステンレス等の耐食性材料から形成
されており、一方の撹拌翼41をチェーン42を介して電動
機43に連結すると共に、撹拌翼41間にチェーン44を架設
して電動機43の駆動により撹拌翼41を回転させ、処理槽
33内の処理媒質28と厨芥を混合するようになっている。
【0027】図6は本第2実施例の回路を示し、45は前
記流し台1に配設した図示しない操作スイッチを有する
スイッチ回路、46は前記スイッチ回路45からの信号を入
力する制御回路で、粉砕機駆動部47を介して粉砕機7駆
動用電動機13を、撹拌翼駆動部48を介して撹拌翼41駆動
用電動機43を、送風機駆動部49を介して送風機38を制御
するようになっている。
【0028】而して、図示しない操作スイッチを操作す
ると、制御回路46は粉砕機7駆動用電動機13を駆動さ
せ、材料投入口10より粉砕機7内に入れられた厨芥を、
螺旋体12により移送筒9先端へ移送し、固定歯11と回転
歯14によって粉砕して処理槽33に排出する。
【0029】また、制御回路46は、撹拌翼41回転用電動
機43を、粉砕機7駆動用電動機13と同時に駆動させ、粉
砕機7から排出した厨芥を、撹拌翼41の回転により処理
媒質28と混合させる。
【0030】材料投入口10への厨芥の投入が終了し、図
示しない操作スイッチが操作されると、制御回路46は、
操作スイッチ操作後、粉砕機7内の厨芥が処理槽33へ排
出されるのに十分な時間経過後に粉砕機7の電動機13を
停止させ、粉砕機7内に厨芥が残留して粉砕機7内で厨
芥が腐敗するのを防止する。また、制御回路46は、粉砕
機7の電動機13の運転停止から所定時間後に撹拌翼41回
転用電動機43を停止させ、粉砕機7から供給された厨芥
を処理媒質28と十分に混合させる。この撹拌翼41停止状
態により、厨芥が外気に接触しない状態、所謂無酸素状
態を形成する。
【0031】制御回路46は、粉砕機7回転用電動機13が
停止してから所定時間後に一定時間撹拌翼駆動部48に撹
拌翼41を回転させる信号を出力して撹拌翼41を回転さ
せ、撹拌翼41の回転停止から所定時間後に再度撹拌翼41
を回転させる。これを繰り返すことにより、所定時間毎
に厨芥が酸素に接触する。この厨芥を外気に接触させな
い状態と外気に接触させる状態とを繰り返すことによ
り、処理媒質28に自然発生するカン菌と球菌により効率
よく厨芥を水と炭酸ガスに分解し、消滅させる。また、
処理槽33に供給される厨芥は、粉砕機7にて粉砕されて
いるので、処理効率を一層向上することができる。
【0032】また、制御回路46は撹拌翼41駆動用電動機
43の駆動と同時に送風機38を駆動させ、撹拌翼41駆動用
電動機43の停止から一定時間後に運転を停止させる。撹
拌翼41の回転時に送風機38により処理槽33内に空気を供
給するので、処理媒質28への空気供給効率を向上させる
ことができる。また、送風機38の駆動用により、シンク
2の厨芥受部4を介して処理槽33内に空気を供給するの
で、処理媒質28の撹拌によって発生する悪臭が厨芥受部
4を介して厨房側へ漏れるのを防止することができる。
さらに、撹拌翼41の回転停止から一定時間送風機38の運
転を継続することにより、処理媒質28の撹拌によって発
生する悪臭を確実に屋外に排気することができ、悪臭の
厨房側への漏れを防止することができる。
【0033】本発明の第3実施例を図9乃至図12に基
づいて説明する。尚、第1実施例と同一部品は同一符号
を付して説明を省略する。
【0034】51は円筒状の処理槽で、底面に形成した排
水口52を、排水パイプ53を介して排水管5に接続してお
り、排水口52には処理媒質28の漏れを防止するフィルタ
を装着している。54は前記処理槽51上面に形成された排
気孔、55は前記処理槽51内面に形成されたリブである。
【0035】56は前記処理槽51上面に固定された電動機
で、その回転軸57を処理槽51内に延設して回転軸57下端
を処理槽51底面に設けた軸受58に軸支している。前記電
動機56の回転軸57には、線体を螺旋状に形成した撹拌翼
59が固定されており、前記回転軸57及び撹拌翼59は、合
成樹脂、ステンレス等の耐食性材料から形成され、ある
いは表面に、合成樹脂等の耐食性材料の被膜を施してい
る。
【0036】次に、回路を図9に基づいて説明する。60
は前記流し台1に配設した図示しない操作スイッチを有
するスイッチ回路、61は前記スイッチ回路60からの信号
を入力する制御回路で、粉砕機駆動部62を介して粉砕機
7駆動用電動機13を、撹拌翼駆動部63を介して撹拌翼59
駆動用電動機56を制御するようになっている。
【0037】而して、図示しない操作スイッチを操作す
ると、制御回路61は粉砕機7駆動用電動機13を駆動さ
せ、材料投入口10より粉砕機7内に入れられた厨芥を、
螺旋体12により移送筒9先端へ移送し、固定歯11と回転
歯14によって粉砕して処理槽51に排出する。
【0038】また、制御回路61は、撹拌翼59回転用電動
機56を、粉砕機7駆動用電動機13と同時に駆動させ、粉
砕機7から排出した厨芥を、撹拌翼59の回転により処理
媒質28と混合させる。
【0039】材料投入口10への厨芥の投入が終了し、図
示しない操作スイッチが操作されると、制御回路61は、
操作スイッチ操作後、粉砕機7内の厨芥が処理槽51へ排
出されるのに十分な時間経過後に粉砕機7の電動機13を
停止させ、粉砕機7内に厨芥が残留して粉砕機7内で厨
芥が腐敗するのを防止する。また、制御回路61は、粉砕
機7の電動機13の運転停止から所定時間後に撹拌翼59回
転用電動機56を停止させ、粉砕機7から供給された厨芥
を処理媒質28と十分に混合させる。この撹拌翼59停止状
態により、厨芥が外気に接触しない状態、所謂無酸素状
態を形成する。
【0040】制御回路61は、粉砕機7回転用電動機13が
停止してから所定時間後に一定時間撹拌翼駆動部53に撹
拌翼59を回転させる信号を出力して撹拌翼59の回転さ
せ、撹拌翼59の回転停止から所定時間後に再度撹拌翼59
を回転させる。これを繰り返すことにより、所定時間毎
に厨芥が酸素に接触する。この厨芥を外気に接触させな
い状態と外気に接触させる状態とを繰り返すことによ
り、処理媒質28に自然発生するカン菌と球菌により効率
よく厨芥を水と炭酸ガスに分解し、消滅させる。また、
処理槽51に供給される厨芥は、粉砕機7にて粉砕されて
いるので、処理効率を一層向上することができる。
【0041】本発明の第4実施例を図13乃至図15に
基づいて説明する。この第4実施例は、第3実施例の粉
砕機7を、先端が上方に位置するように粉砕機7を傾斜
して配置し、粉砕機7の移送筒9内にシンク2からの排
水を貯め、処理槽51内の悪臭がシンク2側に漏れるのを
防止している。
【0042】本発明の第5実施例を図16及び図17に
基づいて説明する。尚、第3実施例と同一部品は同一符
号を付して説明を省略する。64は移送筒9と厨芥受部4
とを連通する通水孔で、水切篭3を介して厨芥受部4に
入った水を、移送筒9を介して処理槽51に供給するよう
になっている。65は排水パイプ53に設けられた電磁バル
ブで、常時開放し、厨芥処理時に閉成するようになって
いる。66は処理槽51内の水位を検出する水位検出セン
サ、67は処理槽51内の所定水位以上の水を排水管5を介
して排水する分岐管である。
【0043】図16は本第5実施例の回路を示し、68は
前記流し台1に配設した図示しない操作スイッチを有す
るスイッチ回路、69は前記水位検出センサ66を有する水
位検出回路、70は前記スイッチ回路68からの信号を入力
する制御回路で、粉砕機駆動部71を介して粉砕機7駆動
用電動機13を、撹拌翼駆動部72を介して処理槽51駆動用
電動機56を、電磁バルブ駆動部73を介して電磁バルブ65
を制御するようになっている。
【0044】而して、図示しない操作スイッチを操作す
ると、制御回路70は粉砕機7駆動用電動機13を駆動さ
せ、材料投入口10より粉砕機7内に入れられた厨芥を、
螺旋体12により移送筒9先端へ移送し、固定歯11と回転
歯14によって粉砕して処理槽51に排出する。
【0045】また、制御回路70は、粉砕機7駆動用電動
機13と同時に電磁バルブ65に通電して排水パイプ53を閉
塞し、粉砕機7より厨芥とともに排出される水を処理槽
51に貯溜し、処理槽51内の水位が所定水位に達すると、
水位センサ66が制御回路70に信号を出力し、制御回路70
はその信号に基づいて撹拌翼59回転駆動用電動機56を駆
動する。
【0046】材料投入口10への厨芥の投入が終了し、図
示しない操作スイッチが操作されると、制御回路70は、
操作スイッチ操作後、粉砕機7内の厨芥が処理槽51へ排
出されるのに十分な時間経過後に粉砕機7の電動機13を
停止させ、粉砕機7内に厨芥が残留して粉砕機7内で厨
芥が腐敗するのを防止する。制御回路70は、粉砕機7の
電動機13の運転停止から所定時間後に撹拌翼59回転用電
動機56を停止させて、粉砕機7から排出された厨芥を処
理媒質28を十分に混合させる。また、制御回路70は粉砕
機7の電動機13運転停止と同時に電磁バルブ65への通電
を停止し、排水パイプ53を開放し、排水状態により、厨
芥が外気に接触しない状態、所謂無酸素状態を形成す
る。
【0047】制御回路70は、粉砕機7回転用電動機13が
停止してから所定時間後に一定時間撹拌翼駆動部72に撹
拌翼59を回転させる信号を出力して撹拌翼59を回転さ
せ、撹拌翼59の回転停止から所定時間後に再度撹拌翼59
を回転させる。これを繰り返すことにより、所定時間毎
に厨芥が酸素に接触する。この厨芥を外気に接触させな
い状態と外気に接触させる状態とを繰り返すことによ
り、処理媒質28に自然発生するカン菌と球菌により効率
よく厨芥を水と炭酸ガスに分解し、消滅させる。また、
処理槽51に供給される厨芥は、粉砕機7にて粉砕されて
いるので、処理効率を一層向上することができる。
【0048】尚、上記各実施例においては、粉砕機7
を、移送筒9、螺旋体12、固定歯11、回転歯14、螺旋体
12及び回転歯14を回転させる電動機13にて構成したが、
粉砕機を、電動機にて高速回転するカッターにて構成
し、カッターの回転による遠心力にて粉砕した厨芥を処
理槽に排出するように構成してもよい。
【0049】
【発明の効果】以上の如く、本発明の各請求項の構成に
よれば、厨芥の分解処理効率を向上することができ、厨
芥廃棄処理の手間を解消し、環境保全の向上を図ること
ができる等の効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施例の回路図である。
【図2】同厨芥処理状態を示す断面図である。
【図3】同炊事状態を示す断面図である。
【図4】同断面図である。
【図5】同他の方向から見た断面図である。
【図6】本発明の第2実施例の回路図である。
【図7】同断面図である。
【図8】同他の方向から見た断面図である。
【図9】本発明の第3実施例を示す回路図である。
【図10】同断面図である。
【図11】同炊事状態を示す断面図である。
【図12】同厨芥処理状態を示す断面図である。
【図13】本発明の第4実施例を示す断面図である。
【図14】同炊事状態を示す断面図である。
【図15】同厨芥処理状態を示す断面図である。
【図16】本発明の第5実施例を示す回路図である。
【図17】同断面図である。
【符号の説明】
7 粉砕機 10 材料投入口 11 固定歯 13 電動機 14 回転歯 16 処理槽 22 電動機 28 処理媒質 29 処理槽 30 制御回路 33 処理槽 41 撹拌翼 43 電動機 46 制御回路 51 処理槽 56 電動機 59 撹拌翼 61 制御回路 65 電磁バルブ 66 水位センサ 70 制御回路
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 福本 明広 大阪府守口市京阪本通2丁目18番地 三洋 電機株式会社内 (72)発明者 會田 謙次 大阪府守口市京阪本通2丁目18番地 三洋 電機株式会社内 (72)発明者 笹倉 博之 大阪府守口市京阪本通2丁目18番地 三洋 電機株式会社内 (72)発明者 豊岡 賢次 大阪府守口市京阪本通2丁目18番地 三洋 電機株式会社内

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 材料投入口から投入された厨芥を粉砕す
    る粉砕手段と、該粉砕手段から排出された厨芥を受納す
    る処理槽と、該処理槽内に収納され、厨芥を分解処理す
    る処理媒質と、前記処理槽内の厨芥と処理媒質を混合す
    る混合手段と、前記混合手段を、粉砕手段の運転停止か
    ら所定時間後に駆動させる制御回路を設けたことを特徴
    とする厨芥処理装置。
  2. 【請求項2】 材料投入口から投入された厨芥を粉砕す
    る粉砕手段と、該粉砕手段から排出された厨芥を受納す
    る処理槽と、該処理槽内に収納され、厨芥を分解処理す
    る処理媒質と、前記処理槽を回転させ、処理槽内の厨芥
    と処理媒質を混合する駆動手段と、前記処理槽を回転さ
    せる駆動手段を、粉砕手段の運転停止から所定時間後に
    駆動させる制御回路を設けたことを特徴とする厨芥処理
    装置。
  3. 【請求項3】 材料投入口から投入された厨芥を粉砕す
    る粉砕手段と、該粉砕手段から排出された厨芥を受納す
    る処理槽と、該処理槽内に収納され、厨芥を分解処理す
    る処理媒質と、前記処理槽内に配設され、駆動手段によ
    り回転駆動して処理槽内の厨芥と処理媒質を混合する撹
    拌翼と、該撹拌翼を駆動する駆動手段を、粉砕手段の運
    転停止から所定時間後に駆動させる制御回路を設けたこ
    とを特徴とする厨芥処理装置。
  4. 【請求項4】 材料投入口から投入された厨芥を粉砕す
    る粉砕手段と、該粉砕手段から排出された厨芥を受納す
    る処理槽と、該処理槽内に収納され、厨芥を分解処理す
    る処理媒質と、前記処理槽内の水を排水する排水管と、
    該排水管を開閉する開閉手段と、前記処理槽内に配設さ
    れ、処理槽内に所定量の水を貯めた状態で駆動手段によ
    り回転駆動して処理槽内の厨芥と処理媒質を混合する撹
    拌翼と、該撹拌翼を駆動する駆動手段を、粉砕手段の運
    転停止から所定時間後に駆動させる制御回路を設けたこ
    とを特徴とする厨芥処理装置。
JP4344273A 1992-12-24 1992-12-24 厨芥処理装置 Pending JPH06182248A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4344273A JPH06182248A (ja) 1992-12-24 1992-12-24 厨芥処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4344273A JPH06182248A (ja) 1992-12-24 1992-12-24 厨芥処理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06182248A true JPH06182248A (ja) 1994-07-05

Family

ID=18367964

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4344273A Pending JPH06182248A (ja) 1992-12-24 1992-12-24 厨芥処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06182248A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100254075B1 (ko) * 1996-08-08 2000-04-15 가나이 쓰도무 부엌쓰레기처리장치

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100254075B1 (ko) * 1996-08-08 2000-04-15 가나이 쓰도무 부엌쓰레기처리장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH06182248A (ja) 厨芥処理装置
JPH06182247A (ja) 厨芥処理装置
JPH06170350A (ja) 厨芥処理装置
JP3128366B2 (ja) 厨芥処理装置
JPH06190353A (ja) 厨芥処理装置
JPH06218349A (ja) 厨芥処理装置
JP3229681B2 (ja) 厨芥処理装置
JPH06182312A (ja) 厨芥処理装置
JPH06182315A (ja) 厨芥処理装置
JP3300832B2 (ja) 生ゴミ処理機
JPH06198267A (ja) 厨芥処理装置
JPH06182246A (ja) 厨芥処理装置
JPH06182316A (ja) 厨芥処理装置
JPH06190358A (ja) 厨芥処理装置
JPH06182314A (ja) 厨芥処理装置
JPH06226229A (ja) 厨芥処理装置
JPH06182313A (ja) 厨芥処理装置
JP3229702B2 (ja) 厨芥処理装置
JP3253393B2 (ja) 厨芥処理装置
JPH06182244A (ja) 厨芥処理装置
JPH06218348A (ja) 厨芥処理装置
JPH06238257A (ja) 厨芥処理装置
JPH06226228A (ja) 厨芥処理装置
JP2001276789A (ja) 厨芥処理装置
JP3469612B2 (ja) 厨芥処理装置