JPH05324641A - Tape printer - Google Patents

Tape printer

Info

Publication number
JPH05324641A
JPH05324641A JP4155752A JP15575292A JPH05324641A JP H05324641 A JPH05324641 A JP H05324641A JP 4155752 A JP4155752 A JP 4155752A JP 15575292 A JP15575292 A JP 15575292A JP H05324641 A JPH05324641 A JP H05324641A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
format
data
line buffer
code
printing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4155752A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yuka Yamaura
由佳 山浦
Shiro Yamada
史郎 山田
Kengo Omura
賢吾 大村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Brother Industries Ltd
Original Assignee
Brother Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Brother Industries Ltd filed Critical Brother Industries Ltd
Priority to JP4155752A priority Critical patent/JPH05324641A/en
Publication of JPH05324641A publication Critical patent/JPH05324641A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Printers Characterized By Their Purpose (AREA)
  • Accessory Devices And Overall Control Thereof (AREA)
  • Record Information Processing For Printing (AREA)
  • Document Processing Apparatus (AREA)

Abstract

PURPOSE:To provide a tape printer by which only the minimum necessary format information necessary for a printing can be arranged and stored in a line buffer by a simple operation, and the line buffer can be validly utilized. CONSTITUTION:When a printing key is operated, code data are retrieved from an address next to the leading address of the line buffer. When more than format codes are continuously retrieved, and a character code is retrieved (S32, S33: Yes, S37: No), the format codes except the format code at the end among the continuous format codes are deleted from the line buffet (S40). and the following code data are moved to the leading side according to the number (S41). On the other hand, the format information corresponding to the deleted format codes is deleted from the line buffer (S43), and the previously suceeding format information is moved to the end side according to the number (S44).

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention

【0001】[0001]

【産業上の利用分野】本発明はテープ印字装置に関し、
特に文書データの印字処理に不必要な印字フォーマット
設定の為の制御コード及びそのフォーマット情報をライ
ンバッファから簡単に消去するようにしたものに関す
る。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a tape printer,
In particular, the present invention relates to a control code for setting print format unnecessary for print processing of document data and format information thereof which can be easily deleted from the line buffer.

【0002】[0002]

【従来の技術】本願出願人は、実開平1─85050号
公報に記載のように、印字媒体としてのテープ(例え
ば、10ミリ、約24ミリの幅のテープ)に文字や記号
を印字できるテープ印字装置を実用化したが、このテー
プ印字装置は、ファイルの背表紙に貼るファイル名を印
字したテープを作成するのに好適なものである。また、
本願出願人は、文字列の印字行をフォーマット的に指示
することにより、入力した文字列を複数行に亙って前記
テープに印字できる複数行印字機能を付加したテープ印
字装置を提案した(特願平3─91492号参照)。
2. Description of the Related Art As described in Japanese Utility Model Laid-Open No. 1-85050, the applicant of the present invention is a tape capable of printing characters and symbols on a tape (for example, a tape having a width of 10 mm or about 24 mm) as a printing medium. Although a printing device has been put into practical use, this tape printing device is suitable for making a tape on which a file name is printed which is to be attached to the spine of a file. Also,
The applicant of the present application has proposed a tape printer which adds a multi-line printing function capable of printing an input character string over a plurality of lines on the tape by instructing a print line of the character string in a format (special feature: See Japanese Patent Application No. 3-91492).

【0003】更に、本願出願人は、文書の全体に対して
グローバルな印字フォーマットを設定できる上、文書の
一部に対してローカルな印字フォーマットを設定できる
フォーマット設定機能を付加したテープ印字装置を提案
した(特願平4─18500号参照)。従って、これら
複数行印字機能やフォーマット設定機能などを付加した
テープ印字装置においては、複写キーや削除キーや移動
キーなどの多数の編集キーを組合せて操作することによ
り、文書の任意の複数位置に各種のフォーマット設定が
可能になっており、これら文書のデータやフォーマット
設定の制御コード、更にこれらフォーマットの情報は制
御装置内に設けたラインバッファに全て格納され、これ
ら文書の内容、制御コードに対応するフォーマットマー
クなどがディスプレイに表示されるように構成されてい
る。
Further, the applicant of the present application proposes a tape printer having a format setting function capable of setting a global print format for the entire document and setting a local print format for a part of the document. (See Japanese Patent Application No. 4-18500). Therefore, in a tape printer with these multi-line printing functions and format setting functions added, it is possible to combine multiple editing keys such as copy keys, delete keys, move keys, etc. Various format settings are possible. The data of these documents, the control code for format settings, and the information of these formats are all stored in the line buffer provided in the control device, and correspond to the contents and control codes of these documents. The format mark and so on are displayed on the display.

【0004】[0004]

【発明が解決しようとする課題】上述したように、これ
ら複数行印字機能やフォーマット設定機能などを付加し
たテープ印字装置においては、多数の編集キーを操作し
て、文書の文字列の任意の複数位置に各種のフォーマッ
トを設定できるが、特に制御コードを複写キー操作で複
数位置に複写して設けたり、ローカルなフォーマットに
後続する文字列を削除するなどの複雑な編集作業を行な
った結果、不要なフォーマットの制御コードやこれに対
応する不要なフォーマット情報がラインバッファに多数
記憶されることになり、その結果、文書データのデータ
記憶容量が減少するという問題がある。更に、これら多
数の不要なフォーマット設定の制御コードやこれに対応
するフォーマット情報を削除キーにより手作業でライン
バッファから消去して整理するに場合には、この整理処
理が煩雑化するという問題がある。
As described above, in the tape printer to which the plural line printing function and the format setting function are added, a large number of editing keys are operated to select an arbitrary plurality of character strings of a document. Various formats can be set in the position, but it is unnecessary as a result of complicated editing work such as copying the control code to multiple positions using the copy key operation and deleting the character string following the local format. A large number of control codes of various formats and unnecessary format information corresponding thereto are stored in the line buffer, resulting in a problem that the data storage capacity of document data is reduced. Further, when a large number of unnecessary format setting control codes and corresponding format information are manually erased from the line buffer by the delete key to be organized, there is a problem that the organization process becomes complicated. ..

【0005】本発明の目的は、簡単な操作で印字に必要
な最低限のフォーマット情報だけを整理してラインバッ
ファに記憶でき、ラインバッファを有効活用し得るよう
なテープ印字装置を提供することにある。
An object of the present invention is to provide a tape printer capable of organizing only the minimum format information required for printing by a simple operation and storing it in a line buffer and effectively utilizing the line buffer. is there.

【0006】[0006]

【課題を解決するための手段】請求項1に係るテープ印
字装置は、図1の機能ブロック図に示すように、文字や
記号及び種々の制御指令を入力する為の入力手段と、入
力された文字や記号のデータを記憶するラインバッファ
と、ドット列で印字する印字ヘッドを含み、ラインバッ
ファのデータを受けて印字媒体としてのテープを送りな
がら印字する印字手段と、ラインバッファのデータを受
けて表示するディスプレイを含む表示手段とを備えたテ
ープ印字装置において、入力手段から入力される印字フ
ォーマット設定の制御コードとその印字フォーマット情
報とを、それらに後続して入力される文字や記号のデー
タに対応付けてラインバッファに記憶させるデータ記憶
制御手段と、入力手段の所定のキー又は複数の所定のキ
ーのうちの1つが操作されたときに、ラインバッファに
記憶された複数の連続する制御コードを検索し、複数の
連続する制御コードのうちの末尾の制御コード以外の制
御コード及びそれに対応する印字フォーマット情報をラ
インバッファから消去するデータ消去制御手段とを備え
たものである。
As shown in the functional block diagram of FIG. 1, a tape printer according to a first aspect of the present invention has an input means for inputting characters and symbols and various control commands. Includes a line buffer that stores character and symbol data, and a print head that prints in a dot string.It receives the data in the line buffer, prints while feeding the tape as the print medium, and receives the data in the line buffer. In a tape printer having display means including a display for displaying, a print format setting control code inputted from the input means and the print format information are converted into character and symbol data inputted subsequently thereto. The data storage control means for storing the data in the line buffer in association with each other, and the predetermined key of the input means or one of a plurality of predetermined keys are When it is created, it searches the multiple consecutive control codes stored in the line buffer, and outputs the control code other than the last control code among the multiple consecutive control codes and the corresponding print format information from the line buffer. And a data erasing control means for erasing.

【0007】[0007]

【作用】請求項1に係るテープ印字装置においては、入
力手段から入力される印字フォーマット設定の制御コー
ドとその印字フォーマット情報とは、データ記憶制御手
段によりそれらに後続して入力手段から入力される文字
や記号のデータに対応付けてラインバッファに記憶され
る。一方、入力手段の所定のキー又は複数の所定のキー
のうちの1つが操作されたとき、データ消去制御手段
は、先ずラインバッファに記憶された複数の連続する制
御コードを検索し、複数の連続する制御コードを検出し
たときには、これら連続する制御コードのうちの末尾の
制御コード以外の制御コード及びそれに対応する印字フ
ォーマット情報をラインバッファから消去する。
In the tape printer according to the first aspect of the present invention, the print format setting control code and the print format information inputted from the input means are inputted from the input means after the data storage control means. It is stored in the line buffer in association with character and symbol data. On the other hand, when the predetermined key of the input means or one of the plurality of predetermined keys is operated, the data erasing control means first retrieves a plurality of consecutive control codes stored in the line buffer, and a plurality of consecutive control codes are retrieved. When the control code to be detected is detected, the control code other than the control code at the end of these continuous control codes and the print format information corresponding thereto are erased from the line buffer.

【0008】このように、所定のキーを操作するだけ
で、ラインバッファ内に格納された複数の連続する制御
コードのうちの必要な末尾の制御コード以外の不要な制
御コード及びそれに対応する不要な印字フォーマット情
報がラインバッファから消去されるので、簡単な操作で
印字に必要な最低限の制御コードやこれに対応するフォ
ーマット情報だけをラインバッファに記憶できる。
As described above, by operating a predetermined key, unnecessary control codes other than the necessary end control code among a plurality of consecutive control codes stored in the line buffer and corresponding unnecessary control codes. Since the print format information is erased from the line buffer, it is possible to store only the minimum control code required for printing and the format information corresponding to it in the line buffer with a simple operation.

【0009】[0009]

【実施例】以下、本発明の実施例について図面に基いて
説明する。本実施例は、アルファベット文字や記号など
の多数のキャラクタを印字用テープに2行印字が可能な
英語専用のテープ印字装置に本発明を適用した場合のも
のである。図2に示すように、テープ印字装置1の本体
フレーム2の前部にはキーボード3が配設され、キーボ
ード3の後方で本体フレーム2内には印字機構PMが配
設され、またキーボード3の後方には文字や記号を表示
可能な液晶ディスプレイ22が設けられている。
Embodiments of the present invention will be described below with reference to the drawings. In this embodiment, the present invention is applied to an English-only tape printer capable of printing two lines of a large number of characters such as alphabetic characters and symbols on a printing tape. As shown in FIG. 2, a keyboard 3 is arranged in the front part of the main body frame 2 of the tape printer 1, a printing mechanism PM is arranged in the main body frame 2 behind the keyboard 3, and the keyboard 3 A liquid crystal display 22 capable of displaying characters and symbols is provided on the rear side.

【0010】キーボード3には、アルファベットや数字
や記号を入力する為の文字キー、スペースキー、リター
ンキー、カーソルを右方或いは左方へ移動させるカーソ
ル移動キー、文書データを作成する文書作成キー、GF
M(グローバルフォーマット)の設定処理を開始するG
FMキー、GFMを設定する設定キー、入力した文書の
データの記憶或いは読出しの為のストアキー、文書デー
タや設定したGFMのデータを記憶する登録キー及びこ
れらのデータを読出す読出しキー、LFM(ローカルフ
ォーマット)を設定するLFM設定キー、2行印字にお
ける上段に文字印字をする為の上段指示キー及び下段に
文字印字をする為の下段指示キー、文書データを削除す
る削除キー、文書のデータを複写する為の複写キー、入
力データを無効にする取消キー、印字を指令する印字キ
ー、電源をON・OFFする為の電源キーなどが設けら
れている。
The keyboard 3 includes character keys for inputting alphabets, numbers and symbols, a space key, a return key, a cursor movement key for moving the cursor to the right or left, a document creation key for creating document data, GF
G to start M (global format) setting process
FM key, setting key for setting GFM, store key for storing or reading input document data, registration key for storing document data and set GFM data, read key for reading these data, LFM ( LFM setting key to set (local format), upper row instruction key to print characters on the upper row in line printing, lower row instruction key to print characters on the lower row, delete key to delete document data, and document data A copy key for copying, a cancel key for invalidating input data, a print key for instructing printing, a power key for turning the power on and off, and the like are provided.

【0011】ここで、グローバルフォーマット(GF
M)とは、文書のデータを印字する際に用いる印字用の
フォーマット(書式)であり、特に文書の全体に対して
適用するので、この名称を用いる。ローカルフォーマッ
ト(LFM)とは、文書データの一部に部分的に適用す
る印字用のフォーマットであり、特に文書中に格納する
フォーマットなので、グローバルフォーマットに対して
この名称を用いる。このGFMとして設定されたGFM
データは、例えば2バイトからなり、最初の1バイトに
は印字文字のサイズデータが格納され、次の1バイトに
は、ボールド、アンダーライン、白抜きなどの文字修飾
や書体名の為のフラグデータが所定のビットに対応させ
て格納される。また、LFMとして設定されたLFMデ
ータは、例えば1バイトからなり、基本的には前述した
GFMデータと同様である。
Here, the global format (GF
M) is a printing format used when printing the data of a document, and this name is used because it applies particularly to the entire document. The local format (LFM) is a format for printing that is partially applied to a part of document data, and is a format that is stored in a document, so this name is used for the global format. GFM set as this GFM
The data consists of, for example, 2 bytes, and the first 1 byte stores the size data of the print character, and the next 1 byte contains flag data for character decoration such as bold, underline, white space, etc. Is stored in association with a predetermined bit. The LFM data set as the LFM consists of, for example, 1 byte, and is basically the same as the above-mentioned GFM data.

【0012】次に、図3に基いて印字機構PMについて
簡単に説明すると、印字機構PMに着脱自在に矩形状の
テープ収納カセットCSが装着されており、このテープ
収納カセットCSには、透明なフィルムからなる幅約9
又は12mmの印字用テープ5が巻装されたテープスプー
ル6と、インクリボン7が巻装されたリボン供給スプー
ル8と、このインクリボン7を巻取る巻取りスプール9
と、印字用テープ5と同一幅を有する両面テープ10が
剥離紙を外側にして巻装された供給スプール11と、こ
れら印字用テープ5と両面テープ10とを接合させる接
合ローラ12とが回転自在に設けられている。印字用テ
ープ5とインクリボン7とが重なる位置には、サーマル
ヘッド13が立設され、これら印字用テープ5とインク
リボン7とをサーマルヘッド13に押圧するプラテンロ
ーラ14と、印字用テープ5と両面テープ10とを接合
ローラ12に押圧する送りローラ15とは支持体16に
回転可能に枢支されている。このサーマルヘッド13に
は、128個の発熱素子からなる発熱素子群が上下方向
に列設されている。
Next, the printing mechanism PM will be briefly described with reference to FIG. 3. A rectangular tape storage cassette CS is detachably attached to the printing mechanism PM, and the tape storage cassette CS is transparent. Film width of about 9
Alternatively, a tape spool 6 around which a 12 mm printing tape 5 is wound, a ribbon supply spool 8 around which an ink ribbon 7 is wound, and a take-up spool 9 around which the ink ribbon 7 is wound up.
And a supply spool 11 in which a double-sided tape 10 having the same width as the printing tape 5 is wound with the release paper outside, and a joining roller 12 for joining the printing tape 5 and the double-sided tape 10 are rotatable. It is provided in. A thermal head 13 is erected at a position where the printing tape 5 and the ink ribbon 7 overlap each other, and a platen roller 14 that presses the printing tape 5 and the ink ribbon 7 against the thermal head 13, and the printing tape 5 are provided. A feed roller 15 for pressing the double-sided tape 10 against the joining roller 12 is rotatably supported by a support body 16. In the thermal head 13, a heating element group composed of 128 heating elements is vertically arranged.

【0013】従って、テープ送りモータ24(図4参
照)の所定回転方向への駆動により接合ローラ12と巻
取りスプール9とが所定回転方向に夫々同期して駆動さ
れながら発熱素子群に通電されたとき、印字用テープ5
上には複数のドット列により文字が印字され、しかも印
字用テープ5は両面テープ10を接合した状態でテープ
送り方向Aにテープ送りされる。尚、印字機構PMの詳
細については、特開平2─106555号公報を参照。
Therefore, when the tape feed motor 24 (see FIG. 4) is driven in the predetermined rotation direction, the joining roller 12 and the take-up spool 9 are driven in synchronism with each other in the predetermined rotation direction, and the heating elements are energized. When printing tape 5
Characters are printed by a plurality of dot rows on the upper side, and the printing tape 5 is fed in the tape feeding direction A with the double-sided tape 10 joined. For details of the printing mechanism PM, see Japanese Patent Application Laid-Open No. 2-106555.

【0014】次に、テープ印字装置1の制御系は、図4
のブロック図に示すように構成されている。キーボード
3と、液晶ディスプレイ(LCD)22に表示データを
出力する為の表示用RAMを有するディスプレイコント
ローラ(LCDC)23と、サーマルヘッド13を駆動
する為の駆動回路25と、テープ送りモータ24を駆動
する為の駆動回路26と、警告用ブザー20の為の駆動
回路21とは制御装置Cの入出力インターフェース27
に夫々接続されている。制御装置Cは、CPU29と、
このCPU29にデータバスなどのバス28を介して接
続された入出力インターフェース27、CGROM3
0、ROM31・32及びRAM40とから構成されて
いる。
Next, the control system of the tape printer 1 is shown in FIG.
The block diagram of FIG. A keyboard 3, a display controller (LCDC) 23 having a display RAM for outputting display data to a liquid crystal display (LCD) 22, a drive circuit 25 for driving the thermal head 13, and a tape feed motor 24. The drive circuit 26 for operating the warning buzzer 20 and the drive circuit 21 for the warning buzzer 20 are the input / output interface 27 of the controller C.
Connected to each. The control device C includes a CPU 29,
An input / output interface 27, CGROM 3 connected to the CPU 29 via a bus 28 such as a data bus
0, ROM 31, 32 and RAM 40.

【0015】CGROM(パターンデータメモリ)30
には、多数のキャラクタの各々に関して、表示の為のド
ットパターンデータがコードデータに対応させて格納さ
れている。ROM(アウトラインデータメモリ)31に
は、キャラクタを印字する為に多数のキャラクタの各々
に関して、キャラクタの輪郭線を規定する輪郭線データ
(アウトラインデータ)が書体(ゴシック系書体、明朝
系書体など)毎に分類されコードデータに対応させて格
納されている。
CGROM (pattern data memory) 30
For each of a large number of characters, the dot pattern data for display is stored in the column corresponding to the code data. A ROM (outline data memory) 31 has contour data (outline data) that defines the contour of each character for printing characters, such as a Gothic typeface and a Mincho typeface. It is classified for each and stored corresponding to the code data.

【0016】ROM32には、キーボード3から入力さ
れた文字や数字や記号などのキャラクタのコードデータ
に対応させてディスプレイコントローラ23を制御する
表示駆動制御プログラム、テキストメモリ42の各コー
ドデータに対応するアウトラインデータからドットパタ
ーンデータに変換処理して印字バッファ45に展開する
イメージ展開処理制御プログラム、印字バッファ45の
データを順次読出してサーマルヘッド13やテープ送り
モータ24を駆動する印字駆動制御プログラム、本願特
有の後述のテープ印字制御の制御プログラムなどが格納
されている。尚、前記イメージ展開処理制御プログラム
には、キャラクタにボールドやアンダーラインや白抜き
などの文字修飾処理制御の為の各種のサブルーチンが含
まれている。
The ROM 32 has a display drive control program for controlling the display controller 23 in accordance with character code data such as characters, numbers and symbols input from the keyboard 3, and an outline corresponding to each code data in the text memory 42. An image development processing control program for converting data into dot pattern data and developing it in the print buffer 45, a print drive control program for sequentially reading the data in the print buffer 45 and driving the thermal head 13 and the tape feed motor 24, which is unique to the present application. A control program for tape print control, which will be described later, and the like are stored. The image development processing control program includes various subroutines for controlling character modification processing such as bolding, underlining, and whitening of characters.

【0017】RAM40のラインバッファ41には、キ
ーボード3から入力された複数の文字や記号のコードデ
ータと、設定されたGFMやLFMの為の制御コードで
あるフォーマットコードとからなる文書データが、先頭
アドレスから末尾アドレス方向に順次格納されるととも
に、これらGFMやLFMなどのフォーマット情報が末
尾アドレスから先頭アドレス方向に順次に格納される。
テキストメモリ42には、ラインバッファ41からの文
書データが格納される。ポインタメモリ43には、文書
データを指示するテキストポインタのポインタ値TXP
と、フォーマット情報を指示するフォーマットデータポ
インタのポインタ値FDP と、文書データの最終コードの
次のアドレスつまり文末を指示するリロケートポインタ
のポインタ値RLP とが格納される。カウンタメモリ44
には、文書データ中のフォーマットコードの数FCが格
納される。印字バッファ45には、イメージ展開された
文字や記号の印字用ドットパターンデータが格納され
る。
In the line buffer 41 of the RAM 40, document data consisting of code data of a plurality of characters and symbols input from the keyboard 3 and a set format code which is a control code for GFM and LFM is at the head. The format information such as GFM and LFM is sequentially stored from the end address toward the start address, and the format information such as GFM and LFM is sequentially stored from the end address toward the start address.
The text memory 42 stores the document data from the line buffer 41. The pointer memory 43 stores in the pointer value TXP of a text pointer that indicates document data.
And a pointer value FDP of a format data pointer which indicates format information and a pointer value RLP of a relocate pointer which indicates the address next to the last code of the document data, that is, the end of the sentence. Counter memory 44
In the field, the number FC of format codes in the document data is stored. The print buffer 45 stores dot pattern data for printing characters and symbols that have been image-developed.

【0018】次に、テープ印字装置1の制御装置Cで行
なわれるテープ印字制御のルーチンについて、図5・図
6のフローチャートに基いて説明する。尚、図中符号S
i(i=10、11、12・・・・)は各ステップであ
る。電源キー操作により電源が投入されるとこの制御が
開始され、文書データの入力に先立ってGFMを設定す
る為にGFM設定キーが操作されたときには(S10・
S11:Yes)、GFM設定処理制御が実行される
(S12)。この設定処理制御においては、GFMを設
定する為の設定画面がディスプレイ22に表示されるの
で、文字サイズや文字修飾、書体に関する設定項目の内
容をカーソル移動キーにより順次切換えて表示させなが
ら所望のフォーマット内容が設定される。
Next, a tape print control routine executed by the controller C of the tape printer 1 will be described with reference to the flow charts of FIGS. Incidentally, reference numeral S in the figure
i (i = 10, 11, 12, ...) Is each step. This control is started when the power is turned on by operating the power key, and when the GFM setting key is operated to set the GFM prior to the input of the document data (S10.
(S11: Yes), the GFM setting process control is executed (S12). In this setting processing control, since the setting screen for setting the GFM is displayed on the display 22, the contents of the setting items relating to the character size, the character decoration, and the typeface are sequentially switched by the cursor movement keys to be displayed in a desired format. The content is set.

【0019】更に、この設定されたGFMデータはライ
ンバッファ41内の末尾アドレスから2バイトに亙って
格納されるとともに、このラインバッファ41内の先頭
アドレスには、制御コードであるGFMコードが格納さ
れる。例えば、図7に示すように、ラインバッファ41
の先頭アドレスTAにはGFMの設定に伴ってGFMコ
ードが格納され、しかもこのGFMコードに対応するG
FM情報が末尾アドレスBAから2バイトに亙って格納
される。次に、表示処理制御によりこのGFMコードに
対応するGFMマークGMがディスプレイ22に表示さ
れ(S15)、S10に戻る。例えば、図9に示すよう
に、GFMが設定されたディスプレイ22の先頭表示位
置にGFMマークGMが表示される。
Further, the set GFM data is stored for 2 bytes from the end address in the line buffer 41, and the GFM code which is a control code is stored in the start address in the line buffer 41. To be done. For example, as shown in FIG. 7, the line buffer 41
A GFM code is stored in the head address TA of the GFM according to the setting of the GFM, and G corresponding to the GFM code is stored.
FM information is stored in 2 bytes from the end address BA. Next, the GFM mark GM corresponding to this GFM code is displayed on the display 22 by the display processing control (S15), and the process returns to S10. For example, as shown in FIG. 9, the GFM mark GM is displayed at the top display position of the display 22 in which the GFM is set.

【0020】次に、文書データを作成する為に文書作成
キーが操作されたときには(S10:Yes、S11:
No、S13:Yes)、入力された複数のコードデー
タからなる文書データをラインバッファ41に格納する
文書の作成・編集処理制御が実行され(S14)、これ
らの文書データに対応する文字や記号がディスプレイ2
2に表示され(S15)、S10に戻る。従って、GF
MコードとそのGFM情報とが、それらに後続して入力
される文書データに対応付けてラインバッファ41に格
納される。例えば、文字「ABC」が入力されたときに
は、ラインバッファ41には図7に示すように、これら
のコードデータが順次格納され、図9に示すようにこれ
らの文字列「ABC」がディスプレイ22に表示され
る。尚、符号Kはカーソルである。
Next, when the document creation key is operated to create the document data (S10: Yes, S11:
No, S13: Yes), the document creation / editing process control for storing the document data composed of the plurality of input code data in the line buffer 41 is executed (S14), and the characters and symbols corresponding to these document data are displayed. Display 2
2 is displayed (S15), and the process returns to S10. Therefore, GF
The M code and its GFM information are stored in the line buffer 41 in association with the document data input subsequently to them. For example, when the character "ABC" is input, these code data are sequentially stored in the line buffer 41 as shown in FIG. 7, and these character strings "ABC" are displayed on the display 22 as shown in FIG. Is displayed. The symbol K is a cursor.

【0021】次に、文書データの一部だけに印字体裁を
変更する為に、LFM設定キーが操作されたときには
(S10:Yes、S11・S13:No、S16:Y
es)、LFM設定処理制御が実行される(S17)。
この設定処理制御においては、前記GFM設定処理と同
様に設定画面がディスプレイ22に表示されるので、文
字修飾や書体に関する設定項目の内容をカーソル移動キ
ーにより順次切換えて表示させながら所望のフォーマッ
ト内容が設定される。更に、この設定されたLFMデー
タはラインバッファ41内の末尾側の所定アドレスに1
バイトで格納されるとともに、このラインバッファ41
内の先頭側の所定アドレスには、制御コードであるLF
Mコードが格納される。
Next, when the LFM setting key is operated in order to change the print format for only a part of the document data (S10: Yes, S11 / S13: No, S16: Y).
es), the LFM setting process control is executed (S17).
In this setting process control, since the setting screen is displayed on the display 22 as in the GFM setting process, the desired format contents can be displayed while sequentially switching and displaying the contents of the setting items related to character decoration and typeface with the cursor movement keys. Is set. Further, the set LFM data is set to 1 at a predetermined address on the end side in the line buffer 41.
This line buffer 41 is stored with bytes.
At a predetermined address on the head side of the
The M code is stored.

【0022】例えば、図7に示すように、LFMの設定
に伴ってLFMコードがラインバッファ41の先頭側の
所定アドレスに格納され、しかもこのLFMコードに対
応するLFM情報が末尾側の所定アドレスに1バイトで
格納される。そして、そのLFMコードに対応するLF
MマークLMがディスプレイ22に表示され(S1
5)、S10に戻る。例えば、図9に示すように、LF
Mが設定されたディスプレイ22の表示位置にLFMマ
ークLMが表示される。また、上段指示キーや下段指示
キーが操作されたときには(S10:Yes、S11・
S13・S16:No、S18:Yes)、これら上段
指示キー或いは下段指示キーに対応した印字指令処理制
御が実行され(S19)、S15を経てS10に戻る。
即ち、この印字指令処理制御においては、これら上段指
示キー或いは下段指示キーに対応した制御コードである
上段指示コード又は下段指示コードがラインバッファ4
1の先頭側の所定アドレスに格納され、更にこの上段指
示コード又は下段指示コードに対応する上段指示情報又
は下段指示情報がラインバッファ41の末尾側の所定ア
ドレスに1バイトで格納される。
For example, as shown in FIG. 7, the LFM code is stored in a predetermined address on the head side of the line buffer 41 in accordance with the setting of the LFM, and the LFM information corresponding to this LFM code is stored in the predetermined address on the end side. It is stored in 1 byte. Then, the LF corresponding to the LFM code
The M mark LM is displayed on the display 22 (S1
5) Return to S10. For example, as shown in FIG.
The LFM mark LM is displayed at the display position of the display 22 where M is set. When the upper instruction key or the lower instruction key is operated (S10: Yes, S11.
S13 / S16: No, S18: Yes), the print command processing control corresponding to the upper instruction key or the lower instruction key is executed (S19), and the process returns to S10 through S15.
That is, in this print command processing control, the upper instruction code or the lower instruction code which is a control code corresponding to the upper instruction key or the lower instruction key is the line buffer 4
The upper instruction information or the lower instruction information corresponding to the upper instruction code or the lower instruction code is stored in a predetermined address on the end side of the line buffer 41 in 1 byte.

【0023】例えば、図7に示すように、上段指示コー
ドや下段指示コードがラインバッファ41の先頭側の所
定アドレスに格納されるとともに、これらに対応する上
段指示情報や下段指示情報がラインバッファ41の末尾
側の所定アドレスに1バイトで格納される。そして、図
9に示すように、これら上段指示コードに対応する上段
指示マークUMや下段指示コードに対応する下段指示マ
ークDMが夫々ディスプレイ22に表示される。一方、
削除キーや複写キーなどが操作されたときには(S1
0:Yes、S11・S13・S16・S18・S2
0:No)、これら操作されたキーに対応する処理が実
行され(S23)、S15を経てS10に戻る。尚、S
12、S14、S17、S19及びS23で処理制御が
実行された結果、ラインバッファ41内のデータが追加
又は削除される毎に、最終入力データの次のアドレスを
指示するリロケートポインタ値RLP がインクリメント又
はデクリメントされる。
For example, as shown in FIG. 7, the upper instruction code and the lower instruction code are stored in a predetermined address on the head side of the line buffer 41, and the upper instruction information and the lower instruction information corresponding to them are stored in the line buffer 41. It is stored in 1 byte at a predetermined address on the end side of. Then, as shown in FIG. 9, the upper instruction mark UM corresponding to these upper instruction codes and the lower instruction mark DM corresponding to the lower instruction codes are displayed on the display 22, respectively. on the other hand,
When the delete key or copy key is operated (S1
0: Yes, S11, S13, S16, S18, S2
0: No), the process corresponding to these operated keys is executed (S23), and the process returns to S10 via S15. Incidentally, S
As a result of execution of the processing control in 12, S14, S17, S19 and S23, the relocate pointer value RLP indicating the next address of the final input data is incremented or incremented every time the data in the line buffer 41 is added or deleted. Decremented.

【0024】次に、文書を印字する為に印字キーが操作
されたときには(S10:Yes、S11・S13・S
16・S18:No、S20:Yes)、先ずフォーマ
ット情報整理処理が実行され(S21)、その後印字処
理が実行され(S22)、S10に戻る。このフォーマ
ット情報整理処理制御(図6参照)について説明する
が、この時点において、ラインバッファ41には例え
ば、図7に示すように、先頭側には文書データが順次格
納されるとともに、末尾側には各種のフォーマット情報
が順次格納されているものとし、この文書データは図9
に示すように表示されているものとする。尚、これらG
FMコードやLFMコードや上段指示コードや下段指示
コードをフォーマットコードとする。
Next, when the print key is operated to print the document (S10: Yes, S11, S13, S).
16. S18: No, S20: Yes), the format information organization process is first executed (S21), the printing process is then executed (S22), and the process returns to S10. This format information organization processing control (see FIG. 6) will be described. At this point, for example, as shown in FIG. 7, the line buffer 41 sequentially stores document data at the head side and at the tail side at the end side. It is assumed that various types of format information are sequentially stored, and this document data is shown in FIG.
It is supposed to be displayed as shown in. These G
The FM code, the LFM code, the upper instruction code, and the lower instruction code are used as the format code.

【0025】この制御が実行されると、先ずテキストポ
インタTXP にはラインバッファ41の先頭アドレスTA
の次のアドレスがセットされ、フォーマットデータポイ
ンタFDP にはラインバッファ41の末尾アドレスBAよ
り2つ先頭側のアドレスがセットされ、更にフォーマッ
トカウント値FCには「0」が格納される(S30)。
即ち、図7に示すように、先頭アドレスTAに格納され
たGFMコードとこのGFMコードに対応するGFM情
報とは必要であり、削除する必要がないからである。
When this control is executed, the start address TA of the line buffer 41 is first stored in the text pointer TXP.
Next address is set, the format data pointer FDP is set to two addresses on the leading side of the end address BA of the line buffer 41, and "0" is stored in the format count value FC (S30).
That is, as shown in FIG. 7, the GFM code stored at the head address TA and the GFM information corresponding to this GFM code are necessary and need not be deleted.

【0026】次に、テキストポインタ値TXP がリロケー
トポインタ値RLP よりも小さいときには(S31:N
o)、テキストポインタ値TXP で指示するラインバッフ
ァ41のコードデータが検索され(S32)、そのコー
ドデータが文字コードのときに(S33:Yes)、フ
ォーマットカウント値FCが1以下のときには(S3
7:Yes)、このフォーマットカウント値FCがクリ
アされ(S38)、テキストポインタ値TXP が1つイン
クリメントされ(S39)、S31に戻る。ところで、
検索したコードデータがフォーマットコードのときには
(S33:No)、フォーマットカウント値FCが1つ
インクリメントされ(S34)、そのフォーマットコー
ドがGFMコードでないときには(S35:No)、フ
ォーマットデータポインタ値FDP が1つデクリメントさ
れ(S36)、S39を経てS31に戻る。尚、検索し
たフォーマットコードがGFMコードのときには(S3
5:Yes)、S39を経てS31に戻る。
Next, when the text pointer value TXP is smaller than the relocate pointer value RLP (S31: N).
o), the code data in the line buffer 41 designated by the text pointer value TXP is searched (S32), and when the code data is a character code (S33: Yes), when the format count value FC is 1 or less (S3).
7: Yes), the format count value FC is cleared (S38), the text pointer value TXP is incremented by 1 (S39), and the process returns to S31. by the way,
When the retrieved code data is the format code (S33: No), the format count value FC is incremented by 1 (S34), and when the format code is not the GFM code (S35: No), the format data pointer value FDP is one. It is decremented (S36) and returns to S31 via S39. When the retrieved format code is the GFM code (S3
5: Yes), and returns to S31 through S39.

【0027】一方、S31〜S39が繰り返されて、フ
ォーマットコードが2つ以上連続して検索された場合に
は、フォーマットカウント値FCが2以上になってお
り、次に検索したコードデータが文字コードのときに
(S32、S33:Yes)、S37でNoと判定さ
れ、テキストポインタ値TXP に基いて、その文字コード
の1つ先頭側のフォーマットコードつまり連続するフォ
ーマットコードのうちの末尾のフォーマットコード以外
のフォーマットコードがラインバッファ41から削除さ
れ(S40)、この削除されたコードデータの数aに応
じて後続する各コードデータが先頭側に移動されるのに
伴って、テキストポインタ値TXP にはこのコードデータ
の数aに対応する先頭側のアドレスがセットされ(S4
1)、更にリロケートポインタ値RLP も同様にコードデ
ータの数aに対応する先頭側のアドレスがセットされる
(S42)。
On the other hand, when S31 to S39 are repeated and two or more format codes are continuously searched, the format count value FC is 2 or more and the next searched code data is the character code. When (S32, S33: Yes), it is determined as No in S37, and based on the text pointer value TXP, one of the character code is the first format code, that is, other than the last format code of the consecutive format codes. Is deleted from the line buffer 41 (S40), and each subsequent code data is moved to the head side according to the number a of the deleted code data. The head side address corresponding to the number a of code data is set (S4
1) Further, the relocate pointer value RLP is similarly set to the head side address corresponding to the number a of code data (S42).

【0028】更に、フォーマットデータポインタ値FDP
に基いて、今回において連続するフォーマット情報のう
ちこのフォーマットデータポインタ値FDP で指示するフ
ォーマット情報以外のフォーマット情報がラインバッフ
ァ41から削除され(S43)、この削除されたフォー
マット情報の数bに応じて前続するフォーマット情報が
末尾側に移動されるのに伴って、フォーマットデータポ
インタ値FDP にはこのフォーマット情報の数bに対応す
る末尾側のアドレスがセットされ(S44)、S39を
経てS31に戻る。
Further, the format data pointer value FDP
Based on this, the format information other than the format information indicated by the format data pointer value FDP among the consecutive format information at this time is deleted from the line buffer 41 (S43), and the format information is deleted according to the number b of the deleted format information. As the preceding format information is moved to the end side, the format data pointer value FDP is set to the end address corresponding to the number b of the format information (S44), and returns to S31 via S39. ..

【0029】例えば、図7に示すように、テキストポイ
ンタ値TXP が2点鎖線で示すアドレスに移動して文字
「D」の文字コードを検出したとき、フォーマットカウ
ント値FCは「4」なので、テキストポインタ値TXP で
指示する文字「D」の文字コードの直前の「下段指示コ
ード」より先頭アドレス側に連続するフォーマットコー
ド、即ち「上段指示コード」と「GFMコード」と「L
FMコード」とがラインバッファ41から削除される。
一方、フォーマットデータポインタ値FDP が2点鎖線で
示す「下段指示情報」を指示しているときには、この
「下段指示情報」より末尾アドレス側の「上段指示情
報」と「「LFM情報」とがラインバッファ41から削
除される。その結果、図8に示すように、削除された3
つのフォーマットコードに後続するフォーマットコード
や文字コードが先頭アドレス側に夫々移動され、また削
除された2つのフォーマット情報に後続するフォーマッ
ト情報が末尾アドレス側に夫々移動されて整理される。
For example, as shown in FIG. 7, when the text pointer value TXP moves to the address indicated by the chain double-dashed line and the character code of the character "D" is detected, the format count value FC is "4". A format code consecutive from the "lower instruction code" immediately before the character code of the character "D" indicated by the pointer value TXP to the start address side, that is, "upper instruction code", "GFM code", and "L"
The “FM code” is deleted from the line buffer 41.
On the other hand, when the format data pointer value FDP indicates the "lower instruction information" indicated by the two-dot chain line, the "upper instruction information" and "LFM information" on the end address side of this "lower instruction information" are lines. It is deleted from the buffer 41. As a result, as shown in FIG.
Format codes and character codes that follow one format code are moved to the head address side, respectively, and format information that follows the two deleted format information are moved to the end address side and are arranged.

【0030】そして、テキストポインタ値TXP とリロケ
ートポインタ値RLP とが等しくなって文書データの全て
について不要なフォーマットコード及びフォーマット情
報が削除されたときには(S31:Yes)、この制御
を終了して印字処理制御が実行され(S22)、テープ
印字制御のS10に戻る。この印字処理制御において
は、設定された文字サイズに基いて拡大率を求める一
方、この拡大率を用いてアウトラインデータを拡大・縮
小処理するとともに、このアウトラインデータから印字
用のドットパターンデータが作成されて印字バッファ4
5に格納され、更にこの印字バッファ45のドットパタ
ーンデータが印字機構PMに出力されて印字処理され
る。尚、拡大率を用いてアウトラインデータからドット
データに変換するドットパターンデータ変換処理制御の
詳細については、特開昭49─129447号公報を参
照。従って、例えば、図8に示すように、不要なGFM
コードが削除されるので、図10に示すように、不要な
GFMコードを削除した結果の文書データがディスプレ
イ22に表示され、且つこの文書データについて印字用
テープ5に印字される。
Then, when the text pointer value TXP and the relocate pointer value RLP become equal and unnecessary format codes and format information are deleted from all the document data (S31: Yes), this control is ended and the printing process is performed. The control is executed (S22), and the process returns to S10 of the tape print control. In this print processing control, the enlargement ratio is calculated based on the set character size, while the enlargement / reduction processing is performed using this enlargement ratio, and dot pattern data for printing is created from this outline data. Print buffer 4
5, and the dot pattern data in the print buffer 45 is output to the printing mechanism PM for printing. For details of dot pattern data conversion processing control for converting outline data into dot data using the enlargement ratio, see Japanese Patent Laid-Open No. 49-129447. Therefore, for example, as shown in FIG.
Since the code is deleted, as shown in FIG. 10, the document data as a result of deleting the unnecessary GFM code is displayed on the display 22, and this document data is printed on the printing tape 5.

【0031】以上説明したように、印字キーを操作する
だけで、ラインバッファ41内に記憶された複数の連続
するフォーマットコードのうちの必要な末尾のフォーマ
ットコード以外の不要なフォーマットコード及びそれに
対応する不要なフォーマット情報がラインバッファ41
から消去されるので、簡単な操作で印字に必要な最低限
のフォーマットコードやこれに対応するフォーマット情
報だけを整理してラインバッファ41に記憶でき、しか
もラインバッファ41を有効活用することができる。
As described above, only by operating the print key, an unnecessary format code other than the necessary end format code among a plurality of continuous format codes stored in the line buffer 41 and the corresponding unnecessary format code. Unnecessary format information is line buffer 41
Therefore, the minimum format code necessary for printing and the format information corresponding thereto can be organized and stored in the line buffer 41 by a simple operation, and the line buffer 41 can be effectively used.

【0032】尚、前記フォーマット情報整理処理制御
を、入力した文字列の総文字幅にその左右両端の余白量
を加算したテープ長を演算させて表示するテープ長表示
キー、そのテープ長を設定する為のテープ長設定キー、
フレーズ文字列の登録又は読出しの為のフレーズメモリ
キーなど、ラインバッファ41内のデータの整理処理を
必要とする種々のキー操作で開始するように構成しても
よい。尚、ドットパターンを用いて文書を印字する印字
機構を備えた種々のテープ印字装置に本発明を適用し得
ることは勿論である。
A tape length display key for calculating and displaying the tape length obtained by adding the total character width of the input character string to the left and right margins of the input character string and setting the tape length is set. Tape length setting key for
It may be configured to start by various key operations that require a process of organizing data in the line buffer 41, such as a phrase memory key for registering or reading a phrase character string. It is needless to say that the present invention can be applied to various tape printers having a printing mechanism for printing a document using a dot pattern.

【0033】[0033]

【発明の効果】請求項1に係るテープ印字装置によれ
ば、データ記憶制御手段と、データ消去制御手段とを設
け、所定のキーを操作するだけで、ラインバッファ内に
記憶された複数の連続する制御コードのうちの必要な末
尾の制御コード以外の不要な制御コード及びそれに対応
する不要な印字フォーマット情報がラインバッファから
消去されるので、簡単な操作で印字に必要な最低限の制
御コードやこれに対応するフォーマット情報だけを整理
してラインバッファに記憶でき、しかもラインバッファ
を有効活用することができる。
According to the tape printer of the first aspect of the present invention, the data storage control means and the data erasing control means are provided, and a plurality of consecutive data stored in the line buffer can be stored only by operating a predetermined key. The unnecessary control codes other than the necessary tail control code among the control codes to be generated and the corresponding unnecessary print format information are erased from the line buffer, so the minimum control code required for printing can be Only the format information corresponding to this can be organized and stored in the line buffer, and the line buffer can be effectively used.

【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]

【図1】本発明の構成を示す機能ブロック図である。FIG. 1 is a functional block diagram showing a configuration of the present invention.

【図2】テープ印字装置の平面図である。FIG. 2 is a plan view of the tape printer.

【図3】印字機構の概略平面図である。FIG. 3 is a schematic plan view of a printing mechanism.

【図4】テープ印字装置の制御系のブロック図である。FIG. 4 is a block diagram of a control system of the tape printer.

【図5】テープ印字制御のルーチンの概略フローチャー
トである。
FIG. 5 is a schematic flowchart of a tape print control routine.

【図6】フォーマット情報整理処理制御のルーチンの概
略フローチャートである。
FIG. 6 is a schematic flowchart of a routine of format information organization processing control.

【図7】ラインバッファ内のデータ構造を説明する説明
図である。
FIG. 7 is an explanatory diagram illustrating a data structure in a line buffer.

【図8】不要なフォーマット情報が削除された図7相当
図である。
FIG. 8 is a diagram corresponding to FIG. 7 with unnecessary format information deleted.

【図9】不要なフォーマットマークを含む文書データの
表示例を示す図である。
FIG. 9 is a diagram showing a display example of document data including unnecessary format marks.

【図10】整理された文書データの表示例を示す図であ
る。
FIG. 10 is a diagram showing a display example of organized document data.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 テープ印字装置 3 キーボード 13 サーマルヘッド 22 液晶ディスプレイ 24 テープ送りモータ 29 CPU 31 ROM 32 ROM 40 RAM 41 ラインバッファ C 制御装置 CS テープ収納カセット PM 印字機構 1 Tape Printing Device 3 Keyboard 13 Thermal Head 22 Liquid Crystal Display 24 Tape Feed Motor 29 CPU 31 ROM 32 ROM 40 RAM 41 Line Buffer C Controller CS Tape Storage Cassette PM Printing Mechanism

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B41J 29/36 8804−2C ─────────────────────────────────────────────────── ─── Continuation of the front page (51) Int.Cl. 5 Identification code Office reference number FI technical display location B41J 29/36 8804-2C

Claims (1)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 文字や記号及び種々の制御指令を入力す
る為の入力手段と、入力された文字や記号のデータを記
憶するラインバッファと、ドット列で印字する印字ヘッ
ドを含み、ラインバッファのデータを受けて印字媒体と
してのテープを送りながら印字する印字手段と、ライン
バッファのデータを受けて表示するディスプレイを含む
表示手段とを備えたテープ印字装置において、 前記入力手段から入力される印字フォーマット設定の制
御コードとその印字フォーマット情報とを、それらに後
続して入力される文字や記号のデータに対応付けてライ
ンバッファに記憶させるデータ記憶制御手段と、 前記入力手段の所定のキー又は複数の所定のキーのうち
の1つが操作されたときに、前記ラインバッファに記憶
された複数の連続する制御コードを検索し、複数の連続
する制御コードのうちの末尾の制御コード以外の制御コ
ード及びそれに対応する印字フォーマット情報をライン
バッファから消去するデータ消去制御手段と、 を備えたことを特徴とするテープ印字装置。
1. A line buffer including an input means for inputting characters and symbols and various control commands, a line buffer for storing data of the input characters and symbols, and a print head for printing in dot rows. A tape printing apparatus comprising: a printing unit that receives data and prints while sending a tape as a printing medium; and a display unit that includes a display that receives and displays data in a line buffer, and a printing format input from the input unit. Data storage control means for storing a control code for setting and its print format information in a line buffer in association with character or symbol data to be input subsequently thereto, and a predetermined key or a plurality of keys of the input means. A plurality of consecutive control codes stored in the line buffer when one of the predetermined keys is operated A tape printing apparatus comprising: a data erasing control unit that retrieves and erases a control code other than the last control code of a plurality of consecutive control codes and corresponding print format information from a line buffer. ..
JP4155752A 1992-05-23 1992-05-23 Tape printer Pending JPH05324641A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4155752A JPH05324641A (en) 1992-05-23 1992-05-23 Tape printer

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4155752A JPH05324641A (en) 1992-05-23 1992-05-23 Tape printer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05324641A true JPH05324641A (en) 1993-12-07

Family

ID=15612646

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4155752A Pending JPH05324641A (en) 1992-05-23 1992-05-23 Tape printer

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05324641A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001028788A (en) * 1999-05-13 2001-01-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd Mobile communication terminal
US6980213B1 (en) 1999-05-13 2005-12-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Terminal device for mobile communication

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001028788A (en) * 1999-05-13 2001-01-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd Mobile communication terminal
US6980213B1 (en) 1999-05-13 2005-12-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Terminal device for mobile communication

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3094658B2 (en) Tape printer
JPH05185653A (en) Tape printing apparatus
JPH10166667A (en) Character printer
JP2985910B2 (en) Printing device
JP2910817B2 (en) Tape printer
JPS60111284A (en) Typewriter with display
US5413420A (en) Wordprocessing device
JPH05324641A (en) Tape printer
JP3249687B2 (en) Tape-shaped label making device
JP2621726B2 (en) Tape printer
JPH05177901A (en) Printer
JPH06198962A (en) Preparing device for registration dot pattern data of tape printer
JPH07214860A (en) Document processing equipment
JP2976416B2 (en) Barcode printing device
JP3050469B2 (en) Tape printer
JP3095046B2 (en) Dot pattern data creation device for registration of tape printer
JP3060443B2 (en) Printing device
JP3273094B2 (en) Document processing device
JP2861567B2 (en) Tape printer
JPH07276715A (en) Tape printer capable of printing a plurality of blocks in optional number of lines
JP3053137B2 (en) Document processing device
JP3209236B2 (en) Document processing apparatus and document processing method
JP3123577B2 (en) Tape printer
JP2874544B2 (en) Tape printer
JPH0872322A (en) Tapelike label forming apparatus