JPH03138201A - 塵芥収集車 - Google Patents

塵芥収集車

Info

Publication number
JPH03138201A
JPH03138201A JP27398189A JP27398189A JPH03138201A JP H03138201 A JPH03138201 A JP H03138201A JP 27398189 A JP27398189 A JP 27398189A JP 27398189 A JP27398189 A JP 27398189A JP H03138201 A JPH03138201 A JP H03138201A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
box
garbage
container
storage box
throw
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP27398189A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2794020B2 (ja
Inventor
Koji Takemura
竹村 皓司
Junichi Suzuki
順一 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Morita Tokushu Kiko KK
Original Assignee
Morita Tokushu Kiko KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Morita Tokushu Kiko KK filed Critical Morita Tokushu Kiko KK
Priority to JP27398189A priority Critical patent/JP2794020B2/ja
Publication of JPH03138201A publication Critical patent/JPH03138201A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2794020B2 publication Critical patent/JP2794020B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Refuse-Collection Vehicles (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は、塵芥収集車に関するものである。
〔従来の技術〕
一般に、塵芥収集車は塵芥の収容箱と投入箱とを有し、
塵芥収集時には投入箱と収容箱を固縛装置によりロック
しておき、投入器内に投入された塵芥を当該投入箱内に
装設された積込装置により収容箱内に順次収容し、当該
収容箱内が満杯状態になると、廃棄場で収容箱にロック
した投入箱のロックを解除して当該投入箱を上方に開放
した後、収容箱をダンプさせたり、排出板により塵芥を
排出させる。
従来、このような塵芥収集車は、道路端やごみ捨て場等
に放棄された厨芥、紙屑、空かん等の異質の塵芥を一つ
の塵芥収容箱内に一緒に収容し、これを所定の廃棄場に
運搬して排出している。
〔発明が解決しようとする課題〕
ところで、各家庭、商店、工場等から放棄される塵芥は
、多種多様であり、このような塵芥の中には、資源の再
利用の為に再生して再び新しい原料として使用されるも
のがある。ところが、従来の塵芥収集車は、厨芥、紙屑
、空かん等の異質の塵芥を一つの塵芥収容箱内に一緒に
収容している為、廃棄場でそれを分別する必要があり、
この分別作業が重労働で、しがも、時間を要するという
問題があった。
この発明は、上記問題に鑑みて提案されたもので、異質
の塵芥を分別して収容し得る塵芥収集車を提供すること
を目的とする。
〔課題を解決するための手段〕
この発明は、上記目的を達成する為、塵芥の収容箱と投
入箱とを具備し、投入箱内に投入された塵芥を当該投入
箱内に装設された積込装置により収容箱内に順次収容す
る塵芥収集車に於いて、上記投入箱に平行リンク機構を
介して上部に蓋体を有するコンテナボックスを装着し、
かつ、投入箱と平行リンク機構との間に昇降シリンダを
装設したものである。
〔作用〕
この発明によれば、コンテナボックスに塵芥を収容する
場合に、当該コンテナボックスを降下して投入箱の後方
に配置し、それ以外の場合にはコンテナボックスを投入
箱の投入口の上方に上昇させてお(ことにより、異質の
塵芥を収容箱とコンテナボックスに分別して収容するこ
とができる。
〔実施例〕
以下、この発明を図示の実施例に基づいて説明する。
第1図乃び第2図に於いて、(1)は収容箱で、車台(
2)にブラケット(3)を介して枢着され、適当な起伏
シリンダ(図示せず)によリダンブ可能なように塔載さ
れている。(4)は収容箱(1)の後部上端にブラケッ
ト(5)を介して枢着吊持された投入箱であって、後部
に投入口(4a)を有し、通常は図示してない固縛装置
により収容箱(1)に対しロックさせて当該収容箱(1
)の後部開口を閉蓋している。
(6)は収容箱(4)の下部に油圧モータ(図示せず)
により回転駆動するように軸架された回転軸(7)に取
付けられたサイクルプレートであって、投入口(4a)
より投入箱(4)の下部に投入された塵芥を収容箱(1
)の後部開口手前に掻き上げる。(8)はサイクルプレ
ート(6)の上方に設けられた枢軸(9)に揺動自在に
枢着された積込板であって、その上端部に投入箱(4)
の前方上部にブラケッ) (10)を介して根部を枢着
した積込みシリンダ(11)のピストンロフト(11a
 )の先端を枢着し、この積込みシリンダ(11)のピ
ストンロフト(11a )の伸縮動作により前後に揺動
してサイクルプレート(6)により掻き上げられた塵芥
を収容箱(1)内に積込む。(12)は投入箱(4)の
前部開口上部に取付けられた遮蔽板であって、収容箱(
1)内に収容された塵芥が後部開口より溢れ出て再び投
入箱(4)内に戻るのを防止する。(13)は上部に蓋
体(14)を有するコンテナボックスであって、投入箱
(4)に平行リンク機構を介して装設し、即ち、根部を
投入箱(4)に上下2段に枢着して平行に延びる同一長
さのリンクレバー(15)  (16)の先端に枢着し
て装設し、かつ、一方のリンクレバー(15)の根部に
昇降シリンダ(17)の根部を枢着するとともに、当該
昇降シリンダ(17)のピストンロフト(17a)の先
端をもう一方のリンクレバー (16)の中間部に枢着
し、昇降シリンダ(17)の伸縮動作によりリンクレバ
ー(15)  (16)が揺動起伏されて投入箱(4)
の後方で垂直状態のまま昇降する。
而して、上記構成の塵芥収集車に於いて、例えば、再利
用する塵芥をコンテナボックス(13)に収容し、再利
用しない塵芥を収容箱(1)に収容するようにすると、
再利用する塵芥をコンテナボックス(13)に収容する
場合、先ず、昇降シリンダ(17)によりリンクレバー
(15)(16)を揺動倒伏してコンテナボックス(1
3)を第1図実線で示すように、投入箱(4)の後方に
降下し、この状態でコンテナボックス(13)の蓋体(
14)を開放してコンテナボックス(13)内に塵芥を
収容する。コンテナボックス(13)に塵芥を収容し終
ると、昇降シリンダ(17)によりリンクレバー(15
)  (16)を揺動起立してコンテナボックス(13
)を第1図想像線で示すように、投入箱(4)の投入口
(4a)の上方に上昇する。そして、この状態で、塵芥
を運搬するとともに、収容箱(1)内に再使用しない塵
芥を収容する。即ち、再使用しない塵芥を投入口(4a
)から投入箱(4)内に投入し、これをサイクルプレー
ト(6)で収容箱(1)の後部開口手前に掻き上げて積
込板(8)により収容箱(1)内に収容する。
尚、以上はこの発明の一実施例であって、例えば、実施
例では再使用する塵芥をコンテナボックス(13)に収
容し、再使用しない塵芥を収容箱(1)に収容している
が、これに限定されず、コンテナボックス(13)と収
容箱(1)に異質の塵芥を収容すれば良い。また、実施
例では回転式積込装置を備えた塵芥収集車に通用してい
るが、プレス式積込装置を備えた塵芥収集車にも通用で
き、更に、収容箱(1)をダンプさせて塵芥を排出する
塵芥収集車以外にも排出板により収容箱(1)内の塵芥
を排出させる塵芥収集車にも通用できる。
〔発明の効果〕
この発明によれば、異質の塵芥を収容箱とコンテナボッ
クスに分別して収容することができ、しかも、異質の塵
芥をそれぞれ別厘に排出することができるから、廃棄場
での分別処理が能率的に行うことができる。また、後方
で積込み、排出が可能であるから、従来からの廃棄場の
施設がそのまま使用でき、極めて合理的である。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの発明に係る塵芥収集車を示す一部断面側面
図、82図はその平面図である。 (1)・・−収容箱、   (4)−・投入箱、(6)
−・サイクルプレート、 (8)−積込板、   (11) −・積込みシリンダ
、(13)・−コンテナボックス、 (14) −蓋体、 (15)  (16)・−リンクレバー(17) −昇
降シリンダ。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)塵芥の収容箱と投入箱とを具備し、投入箱内に投
    入された塵芥を当該投入箱内に装設された積込装置によ
    り収容箱内に順次収容する塵芥収集車に於いて、 上記投入箱に平行リンク機構を介して上部に蓋体を有す
    るコンテナボックスを装着し、かつ、投入箱と平行リン
    ク機構との間に昇降シリンダを装設したことを特徴とす
    る塵芥収集車。
JP27398189A 1989-10-20 1989-10-20 塵芥収集車 Expired - Fee Related JP2794020B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27398189A JP2794020B2 (ja) 1989-10-20 1989-10-20 塵芥収集車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27398189A JP2794020B2 (ja) 1989-10-20 1989-10-20 塵芥収集車

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03138201A true JPH03138201A (ja) 1991-06-12
JP2794020B2 JP2794020B2 (ja) 1998-09-03

Family

ID=17535274

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27398189A Expired - Fee Related JP2794020B2 (ja) 1989-10-20 1989-10-20 塵芥収集車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2794020B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03102501U (ja) * 1990-02-09 1991-10-24
JPH0616308U (ja) * 1992-02-05 1994-03-01 廣司 三輪 ダンプトラック
JPH0740608U (ja) * 1993-12-28 1995-07-21 新明和工業株式会社 塵芥収集車の分別塵芥収集装置
US5931628A (en) * 1995-03-28 1999-08-03 Mcneilus Truck And Manufacturing, Inc. Manual/automated side loader
CN104495162A (zh) * 2014-11-28 2015-04-08 广西玉柴专用汽车有限公司 压缩式垃圾车
CN105366246A (zh) * 2015-11-23 2016-03-02 中国重汽集团柳州运力专用汽车有限公司 一种垃圾车尾斗连杆翻转机构

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03102501U (ja) * 1990-02-09 1991-10-24
JPH0616308U (ja) * 1992-02-05 1994-03-01 廣司 三輪 ダンプトラック
JPH0740608U (ja) * 1993-12-28 1995-07-21 新明和工業株式会社 塵芥収集車の分別塵芥収集装置
US5931628A (en) * 1995-03-28 1999-08-03 Mcneilus Truck And Manufacturing, Inc. Manual/automated side loader
CN104495162A (zh) * 2014-11-28 2015-04-08 广西玉柴专用汽车有限公司 压缩式垃圾车
CN105366246A (zh) * 2015-11-23 2016-03-02 中国重汽集团柳州运力专用汽车有限公司 一种垃圾车尾斗连杆翻转机构

Also Published As

Publication number Publication date
JP2794020B2 (ja) 1998-09-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6565305B2 (en) Container handler mounting mechanism
US7284943B2 (en) Full eject manual/automated side loader
US5205698A (en) Waste collection system for segregating solid waste into preselected component materials
US5303841A (en) Waste collection system for segregating solid waste into preselected component materials
US5163805A (en) Waste collection system for segregating solid waste into preselected component materials
US4363588A (en) Refuse handling system
CN105752565B (zh) 一种自装卸垃圾车
US5094582A (en) Waste collection and disposal system
CA2273893A1 (en) Method and apparatus for collecting recyclable materials
US4425070A (en) Separated discards carrier
US4156386A (en) Trash compactor
JPH03138201A (ja) 塵芥収集車
CN210456037U (zh) 车厢可卸式分类垃圾箱
US4173423A (en) Trash bin loader and compactor for trash collecting vehicles
JPS61502674A (ja) ごみ等を運搬するための車両
US4121725A (en) Truck body
WO1999033717A1 (en) Adapter and methods for emptying rear end loading waste containers using front loading waste vehicles
CN212150279U (zh) 一种垃圾回收车
CN110525847B (zh) 一种垃圾桶顶出式翻转倾倒垃圾车箱
JPH03152002A (ja) 塵芥収集車
US6821077B2 (en) Waste and recyclable materials compaction and handling apparatus
JP2838099B2 (ja) 塵芥収集車
CN207791770U (zh) 一种设有智能化卸料联动系统的吊装式垃圾压缩车
US20040184902A1 (en) Refuse cart lifter with an improved range of operation
JPH082607A (ja) 分別ゴミ収集車

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees