JP6077524B2 - クロストリジウム・ディフィシル疾患を有する患者において疾患の重症度を決定するための、および感染を監視するためのバイオマーカーとしての糞便中のラクトフェリン - Google Patents

クロストリジウム・ディフィシル疾患を有する患者において疾患の重症度を決定するための、および感染を監視するためのバイオマーカーとしての糞便中のラクトフェリン Download PDF

Info

Publication number
JP6077524B2
JP6077524B2 JP2014508608A JP2014508608A JP6077524B2 JP 6077524 B2 JP6077524 B2 JP 6077524B2 JP 2014508608 A JP2014508608 A JP 2014508608A JP 2014508608 A JP2014508608 A JP 2014508608A JP 6077524 B2 JP6077524 B2 JP 6077524B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
difficile
lactoferrin
disease
severity
treatment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014508608A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2014519018A5 (ja
JP2014519018A (ja
Inventor
ブーン,ジェームズ・ハンター
リヤリー,デヴィッド・エム
ウィルキンズ,トレーシー・ディー
カーマン,ロバート・ジェイ
Original Assignee
テックラブ,インコーポレーテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201161480616P priority Critical
Priority to US61/480,616 priority
Priority to US13/457,049 priority patent/US20120276059A1/en
Priority to US13/457,064 priority patent/US20120276060A1/en
Priority to US13/457,064 priority
Priority to US13/457,049 priority
Priority to PCT/US2012/035495 priority patent/WO2012149351A1/en
Application filed by テックラブ,インコーポレーテッド filed Critical テックラブ,インコーポレーテッド
Publication of JP2014519018A publication Critical patent/JP2014519018A/ja
Publication of JP2014519018A5 publication Critical patent/JP2014519018A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6077524B2 publication Critical patent/JP6077524B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N33/00Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/00 - G01N31/00
    • G01N33/48Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
    • G01N33/50Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing
    • G01N33/53Immunoassay; Biospecific binding assay; Materials therefor
    • G01N33/569Immunoassay; Biospecific binding assay; Materials therefor for microorganisms, e.g. protozoa, bacteria, viruses
    • G01N33/56911Bacteria
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine or rifamycins
    • A61K31/41Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine or rifamycins having five-membered rings with two or more ring hetero atoms, at least one of which being nitrogen, e.g. tetrazole
    • A61K31/41641,3-Diazoles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/70Carbohydrates; Sugars; Derivatives thereof
    • A61K31/7028Compounds having saccharide radicals attached to non-saccharide compounds by glycosidic linkages
    • A61K31/7034Compounds having saccharide radicals attached to non-saccharide compounds by glycosidic linkages attached to a carbocyclic compound, e.g. phloridzin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K35/00Medicinal preparations containing materials or reaction products thereof with undetermined constitution
    • A61K35/66Microorganisms or materials therefrom
    • A61K35/74Bacteria
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K38/00Medicinal preparations containing peptides
    • A61K38/04Peptides having up to 20 amino acids in a fully defined sequence; Derivatives thereof
    • A61K38/14Peptides containing saccharide radicals; Derivatives thereof, e.g. bleomycin, phleomycin, muramylpeptides or vancomycin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K45/00Medicinal preparations containing active ingredients not provided for in groups A61K31/00 - A61K41/00
    • A61K45/06Mixtures of active ingredients without chemical characterisation, e.g. antiphlogistics and cardiaca
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P1/00Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P1/00Drugs for disorders of the alimentary tract or the digestive system
    • A61P1/12Antidiarrhoeals
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P31/00Antiinfectives, i.e. antibiotics, antiseptics, chemotherapeutics
    • A61P31/04Antibacterial agents
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2333/00Assays involving biological materials from specific organisms or of a specific nature
    • G01N2333/195Assays involving biological materials from specific organisms or of a specific nature from bacteria
    • G01N2333/33Assays involving biological materials from specific organisms or of a specific nature from bacteria from Clostridium (G)
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2333/00Assays involving biological materials from specific organisms or of a specific nature
    • G01N2333/435Assays involving biological materials from specific organisms or of a specific nature from animals; from humans
    • G01N2333/79Transferrins, e.g. lactoferrins, ovotransferrins
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2800/00Detection or diagnosis of diseases
    • G01N2800/52Predicting or monitoring the response to treatment; Prognosis
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2800/00Detection or diagnosis of diseases
    • G01N2800/56Staging of a disease; Further complications associated with the disease

Description

関連出願への相互参照
この出願は、2012年4月26に出願された米国特許出願一連番号13/457,064および2012年4月26に出願された米国特許出願一連番号13/457,049に対する優先権を主張し、その両方が2011年4月29日に出願された米国仮出願一連番号61/480,616に対する優先権を主張し、その全てを明確に本明細書にそのまま援用する。

クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症(CDI)は、軽症の〜自己限定的な(self−limiting)下痢から生命を危うくする偽膜性大腸炎および巨大結腸症までが含まれる、ある範囲の臨床像を含む。多くの健康な人(例えば乳児)がクロストリジウム・ディフィシル(C.ディフィシル)を保菌しており、多くの患者が病院への入院後に無症候性保菌者になる。ほとんどの症例は、臨床評価、抗生物質使用の履歴、ならびに便中のその生物および/または毒素AおよびB(すなわちそれぞれTcdAおよびTcdB)の存在に基づいて診断される。酵素結合免疫アッセイ(EIA)試験は、便標本中の毒素を測定するための最も頻繁に用いられる試験形式であり、特異的な中和と組み合わせられた組織培養は便中の毒素を検出するための至適基準(gold standard)である。最近、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)試験がC.ディフィシル毒素AおよびB遺伝子(tcdAおよびtcdB)の存在を決定するために利用可能であり、これらは独立した試験として、およびC.ディフィシル陰性の患者を除外するためにグルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH)の検出との組み合わせで用いられる。これらのアッセイの全てが診断の助けとしてC.ディフィシルの存在を検出するのに適しているが、疾患の重症度に関する情報は提供しない。

その疾患の重症度は、適切な一連の処置を勧めるための重要な要因である。一般に、C.ディフィシル疾患を有する患者はしばしば発熱を示し、わずかに上昇した白血球(白血球増加)を有し、そして軽症の腹痛を経験する。軽症の症例は刺激している(inciting)抗生物質の中断によく応答するが、中程度および/または中程度〜重症のC.ディフィシル疾患の症例はしばしば抗生物質介入を必要とする。現在、医学的および/または外科的処置を最適化するためにCDADの重症度に基づいて患者を層別化するためにルーチン的に用いられている単一の実験室パラメーターはない。

本発明の説明的な態様を、添付された図面への参照により下記で詳細に記述し、ここで:
図1Aは、本発明の態様に従うC.ディフィシル疾患を有すると診断された患者に関する患者の特徴を示し; 図1Bは、本発明の態様に従う重症度により層別化された臨床的に定義されたC.ディフィシル疾患の症例を有する患者に関する平均ラクトフェリンレベル(μg/mL±標準誤差)を示し; 図2は、本発明の態様に従うARL027対他のリボタイプのC.ディフィシル感染症により層別化された患者に関する平均ラクトフェリンレベル(μg/mL±標準誤差)を示し; 図3は、本発明の態様に従うC.ディフィシル疾患を有する患者における抗生物質処置の間および後のラクトフェリンレベルの毎日の監視を示し; 図4Aは、本発明の態様に従う臨床的治癒(最初の処置の間および/または後に症状がなく、且つC.ディフィシルがいない)を有する患者に関するバイオマーカーの結果の要約を示し; 図4Bは、本発明の態様に従う細菌の再感染(最初の処置の間および/または後の、症状の非存在下でのC.ディフィシルの再出現(return))を有する患者に関するバイオマーカーの結果の要約を示し;そして 図4Cは、本発明の態様に従う臨床的再発または非治癒(最初の処置の間および/または後の、症状およびC.ディフィシルの再出現)を有する患者に関するバイオマーカーの結果の要約を示す。

本発明は、C.ディフィシル疾患の重症度に基づく患者の層別化を助けるための試験法に向けられている。バイオマーカーの一団(panel)を用いた疾患を有する患者の重症度に基づく層別化は、発生率の増大および頻繁な重症の症状および抗生物質の使い過ぎのため、決定的に必要とされている新規の概念である。より多くの毒素および芽胞を産生する大流行株リボタイプARL 027の出現は、より重症のC.ディフィシル疾患およびより大きな再燃の機会と結びついてきた。加えて、抗生物質フィダキソマイシン(fidaxomicin)(Dificid)のようなより新しい薬物療法がC.ディフィシル疾患に関する追加の処置選択肢を与える。L. Kyneらにより1999年に公開された研究において、著者はアイルランド、ダブリンにおけるCDADの大流行に関する疾患状態の詳細な特性付けを実施した。この特定の大流行には、便中細胞毒素陽性であるが無症候性である14人の患者が含まれていた。症候性の患者の内で、25%は抗生物質処置なしの軽症の自己限定的疾患を有し、35%は抗生物質処置に応答する中程度に重症のC.ディフィシル疾患を有し、そして40%は11〜36日間続く長期化した症状を有する重症の疾患を発現した。C.ディフィシル疾患を有する患者の合計8%が、偽膜および中毒性巨大結腸症を伴う重症の大腸炎へと進行した。著者は、医師はC.ディフィシル疾患の症例に関する罹患率および死亡率を低下させるために疾患重症度の早期の指標に気を付けるべきであると特筆した。

臨床像および様々な実験室パラメーターの組み合わせが、患者を疾患活動性(例えば軽症、中程度、および中程度〜重症)により層別化するために評価されてきた。白血球数(WBC)、血清アルブミンレベル(腸中への漏出の指標)、および腎不全を監視するためのクレアチニンレベルが、C.ディフィシルに関する疾患活動性に関する最も一般的に用いられる実験室指標である。C.ディフィシルの軽症〜中程度の症例は、通常は15,000/μL以下のWBC、正常な血清クレアチニン(2.0mg/dL未満)およびアルブミンレベル(2.5g/dL以上)を示す。症状には、1日あたり血液を含まない10未満の水様便を有すること、および平均4日までの間続く軽症の痙攣が含まれる。軽症〜中程度のC.ディフィシル疾患の初期のエピソードを有する患者に関する一般的な処置は、ニトロイミダゾールクラスの抗生物質のメンバーを用いた処置である。例えば、軽症〜中程度のC.ディフィシル疾患は、500mgメトロニダゾールで1日3回10日間処置することができる。ほとんどの症例はさらなる合併症なしで消散する(resolve)が、これらの症例の25%に至るまでが複数回再燃して第2ラウンドの抗生物質を必要とする可能性があり、それには歴史的にバンコマイシンのようなグリコペプチドクラスの抗生物質のメンバーを用いた処置が含まれてきた。しかし、今日ではそのような第2ラウンドの抗生物質にはフィダキソマイシン(Dificid)のような大環状クラスの抗生物質のメンバーが含まれる。

65歳を超える多数の共存症を有する患者はC.ディフィシル疾患に関するより高い危険にさらされており、多数回の再燃につながるより重症の疾患を患う頻度がより高い。重症の劇症型C.ディフィシル疾患は、10日より長い間の1日あたり11以上の液状便を有することを特徴とする。便標本はしばしば粘膜を含有し、血性である可能性がある。劇症型C.ディフィシル大腸炎に関する定義された実験室パラメーターは、15,000/μL以上のWBC、乏しい腎機能を示す上昇している血清クレアチニン(50%の増大および2.0mg/dL以上のレベル)、および血清の腸中への滲出のためのタンパク質の喪失を示す2.5g/dL未満に低下したアルブミンレベルである。臨床像には、内視鏡検査の際の偽膜、重症の腹痛および痙攣、ならびにCTスキャンにより観察される大腸の肥厚が含まれる可能性がある。腸閉塞に由来する中毒性巨大結腸症が起こる可能性があり、それは吐き気、嘔吐、重症の脱水、およ極度の嗜眠を引き起こす。C.ディフィシル疾患の重症および再燃性の症例に関する処置には、通常10日間の1日あたり4回の125mgバンコマイシンが含まれる。

C.ディフィシル感染症を有する患者に関する疾患活動性の同定は、適切な処置ならびに罹患率および死亡率が低下したよりよい転帰に必須である。本発明の1態様は、糞便中ラクトフェリンを測定し、その糞便中ラクトフェリンの測定値をC.ディフィシルにより引き起こされる腸炎症に関する指標として用いることにより、C.ディフィシル疾患における重症度を評価するための診断パラメーターを提供する。

C.ディフィシル疾患は、活性化された好中球の粘膜を越える管腔中への浸潤を含む炎症性疾患であり、それは大腸炎を、そして重症の症例では偽膜の形成を引き起こす。ヒトラクトフェリンはほとんどの粘膜分泌中に存在する糖タンパク質であり、活性化された好中球の顆粒の主な構成要素である。C.ディフィシルからの腸炎症の発症の間、活性化された好中球が腸管腔に浸潤し、糞便中ラクトフェリンの増大を引き起こす。

糞便標本はC.ディフィシル検査(抗原および毒素)に関してルーチン的に収集される。従って、疾患の重症度の指標としての腸炎症の量を決定するために、糞便中ラクトフェリンのレベルを測定するための追加の検査を行うことができる。加えて、抗原の存在ならびに毒素AおよびBのレベルを糞便中ラクトフェリン濃度と組み合わせることは、最適な医学的処置のための患者が真の軽症〜重症の感染症を有する患者からの保菌者であるかどうかの決定において医師を助けることができる。

本発明の1態様において、糞便中ラクトフェリンレベルを用いてC.ディフィシル疾患を有する患者において疾患の重症度を評価するための方法が提供される。毒素Aは、IL−8の放出および活性化された好中球の腸粘膜中への浸潤を引き起こす、走化性の強いタンパク質である。実際、毒素Bの濃度の100倍未満の毒素A濃度がIL−8の放出を刺激することが示されている。毒素Aは、Il−1βおよび腫瘍壊死因子アルファ(TNF−α)が含まれる他の炎症促進性サイトカイン類も刺激する。毒素Bは組織損傷および炎症を引き起こす細胞毒素であり、体液の蓄積を引き起こす毒素Aと共に疾患に寄与する。腸毒性および走化性の毒素Aならびに毒素Bの細胞毒性作用の複合作用は、疾患の重症度に強く寄与する。Kuehneらによる研究において、ノックアウト変異体は、A+B−およびA−B+変異体の両方がハムスターモデルにおいて細胞毒性であり、疾患を引き起こすことを示した。tcdBが挿入により不活性化された場合、結果としてもたらされるA+B−変異体は細胞培養において増大した毒素Aの細胞毒性を示したことは、興味深い発見であった。その増大した細胞毒性は、抗毒素A特異的抗体により完全には中和されなかった。tcdBの不活性化後の細胞毒性の増大に関する理由は決定されなかったが、増大した発現によるものであると考えられた。二重ノックアウト変異体A−B−はハムスターにおいて疾患を引き起こさなかった。これらの結果は、TcdAおよびTcdBの両方が、組み合わせで、および独立して疾患を引き起こすことを確証した。別の研究において、A−B+分離株の分析は、マウスにおいて通常の毒素Bよりも有意に致死性である変異体毒素Bを示した。これらの研究は、その疾患における両方の毒素の役割を支持する。便中の毒素の存在との組み合わせでの腸炎症の存在を決定するための方法は、C.ディフィシル感染症を有する患者に関する疾患状態に関する追加の情報を与えることができる。

本発明の1態様は、例としてC.ディフィシル抗原(GDH)、毒素A(tcdAまたはTcdA)およびB(tcdBまたはTcdB)が含まれる毒素産生性C.ディフィシルの存在を決定するためのバイオマーカーの一団を用いるC.ディフィシル疾患の存在の決定を提供する。理解されるであろうように、本発明のさらなる態様は、C.ディフィシル感染に関する追加のバイオマーカーを利用する。C.ディフィシル疾患の診断が結論付けられた場合、糞便中ラクトフェリン濃度を用いて疾患の重症度を決定することができる。C.ディフィシルによる感染が疑われる患者において、GDHが存在する場合、それはC.ディフィシルの存在を示しており、毒素Aおよび/またはB(遺伝子および/またはタンパク質)を検出して毒素産生性C.ディフィシルの存在を示し、続いて腸炎症の指標としての糞便中ラクトフェリンレベルを測定する。毒素産生性C.ディフィシルが存在するかどうかをラクトフェリン濃度との組み合わせで知ることは、処置を最適化するために疾患重症度を決定するのを助けるであろう。

複数の態様において、一連のC.ディフィシル感染に関するバイオマーカーの測定が利用される。例えば、ラクトフェリン、GDH、毒素A、および/または毒素Bレベルを分析および/または処置の間に規則的な間隔で監視することができる。複数の態様において、1種類以上のバイオマーカー(例えばGDH、毒素Aおよび/またはB)の存在の一連の分析はその細菌の指標を提供し、それを患者の処置への応答を決定するために用いることができる。

複数の態様において、糞便試料中のラクトフェリンのレベルはC.ディフィシルの重症度の指標を提供する。例えば、“軽症の”C.ディフィシル疾患は、7.25μg/mL未満のラクトフェリンを含む試料で示され得る。複数の態様において、軽症のC.ディフィシル疾患の診断は、その軽症の疾患を定義するための臨床指標と組み合わせられた、7.25μg/mL未満のラクトフェリンを含む試料で示される。例えば、1日あたりの形を成さない便の数、発熱の存在、腹痛、および嘔吐のような臨床指標を軽症のC.ディフィシル疾患の診断を示すものとして特性付ける、および/または決定することができ、それを7.25μg/mL未満のラクトフェリンの測定値と一緒に分析して疾患の重症度を決定することができる。複数の態様において、軽症のC.ディフィシルの診断のための臨床指標には、1日あたり3〜5の便を有することおよび15,000/mm以下の白血球数が含まれる。さらなる態様において、C反応性タンパク質(CRP)、白血球数(WBC)、血清アルブミン、および/またはクレアチニンのような実験室パラメーターをラクトフェリンのレベル、カルプロテクチンのレベル、および/または臨床指標(単数または複数)と組み合わせて、軽症のC.ディフィシルを有すると診断された患者における疾患の重症度を決定することができる。

別の例において、“中程度の”C.ディフィシル疾患は、7.25μg/mL〜99.99μg/mLのラクトフェリンを含む試料で示され得る。一部の態様において、中程度のC.ディフィシル疾患の診断は、その中程度の疾患を定義するための臨床指標と組み合わせられた、7.25μg/mL〜99.99μg/mLのラクトフェリンを含む試料で示される。例えば、1日あたりの形を成さない便の数、発熱の存在、腹痛、および嘔吐のような臨床指標を中程度のC.ディフィシル疾患の診断を示すものとして特性付ける、および/または決定することができ、それを7.25μg/mL〜99.99μg/mLのラクトフェリンの測定値と一緒に分析して疾患の重症度を決定することができる。複数の態様において、中程度のC.ディフィシルの診断のための臨床指標には、1日あたり6〜9の便を有すること、15,001/mmから20,000/mmまでの白血球数、および中程度の腹痛が含まれる。さらなる態様において、C反応性タンパク質(CRP)、白血球数(WBC)、血清アルブミン、および/またはクレアチニンのような実験室パラメーターをラクトフェリンのレベル、カルプロテクチンのレベル、および/または臨床指標(単数または複数)と組み合わせて、中程度のC.ディフィシルを有すると診断された患者における疾患の重症度を決定することができる。

さらなる例において、“中程度〜重症の”C.ディフィシル疾患は、100μg/mL以上のラクトフェリンを含む試料で示され得る。一部の態様において、中程度〜重症のC.ディフィシル疾患の診断は、その中程度〜重症の疾患を定義するための臨床指標と組み合わせられた、100μg/mL以上のラクトフェリンを含む試料で示される。例えば、1日あたりの形を成さない便の数、発熱の存在、腹痛、および嘔吐のような臨床指標を中程度〜重症のC.ディフィシル疾患の診断を示すものとして特性付ける、および/または決定することができ、それを100μg/mL以上のラクトフェリンの測定値と一緒に分析して疾患の重症度を決定することができる。複数の態様において、中程度〜重症のC.ディフィシルの診断のための臨床指標には、1日あたり10以上の便を有すること、20,001/mm以上の白血球数、および重症の腹痛が含まれる。さらなる態様において、C反応性タンパク質(CRP)、白血球数(WBC)、血清アルブミン、および/またはクレアチニンのような実験室パラメーターをラクトフェリンのレベル、カルプロテクチンのレベル、および/または臨床指標(単数または複数)と組み合わせて、中程度〜重症のC.ディフィシルを有すると診断された患者における疾患の重症度を決定することができる。

C.ディフィシルGDHバイオマーカーの存在に関する検査の1つの典型的な方法はC.DIFF CHEK(商標)−60検査を用いることであり、それはC.ディフィシルGDHに特異的な抗体を用いる。Microassay PlateはGDH抗原に対する固定されたポリクローナル抗体を含有し、一方でConjugateはホースラディッシュペルオキシダーゼにコンジュゲートされた高度に特異的なモノクローナル抗体からなる。GDH抗原が標本中に存在する場合、そのアッセイにおいて形成される酵素−抗体−抗原複合体により、呈色が検出される。

毒素Aおよび毒素Bの存在に関する検査の1つの典型的な方法はC DIFFICILE TOX A/B II(商標)検査を用いることであり、それはC.ディフィシル毒素AおよびBに対する抗体を用いる。その検査は毒素AおよびBに対する固定された親和性精製されたポリクローナル抗体を利用し、検出抗体はホースラディッシュペルオキシダーゼにコンジュゲートされた毒素Aモノクローナル抗体およびホースラディッシュペルオキシダーゼにコンジュゲートされた毒素Bポリクローナル抗体の混合物からなる。毒素AおよびBが標本中に存在する場合、そのアッセイにおいて形成される酵素−抗体−抗原複合体により、呈色が検出される。

GDH、毒素Aおよび毒素Bの存在に関する検査の1つの典型的な方法はQUIK CHEK COMPLETE(商標)検査を用いることであり、それはC.ディフィシルのGDHおよび毒素AおよびBに特異的な抗体を用いる。その装置は固定された抗体の3本の縦線を含有し、抗原検査の線はC.ディフィシルのGDHに対する抗体を含有し、対照の線は抗ホースラディッシュペルオキシダーゼ抗体を含有する点線である。毒素AおよびB検査の線はC.ディフィシル毒素AおよびBに対する抗体を含有し、Conjugateはホースラディッシュペルオキシダーゼに連結されたGDHに対する抗体ならびに毒素AおよびBに対する抗体からなる。GDH反応は縦の青い線の出現に関して視覚的に調べられ、それは陽性の検査を示し、一方で青い線は毒素AおよびBに関する陽性の検査も示す。

C.ディフィシル毒素の存在に関する検査の1つの典型的な方法はC.DIFFICILE TOX−B TEST(商標)であり、それは組織培養形式を用いて糞便標本中の細胞毒性活性の存在を検出し、特異的抗毒素を用いるC.ディフィシル毒素の同定を確証する。その試験は、その細胞毒性活性を特異的な抗毒素である試薬を用いて中和することによりC.ディフィシル毒素の存在を確証する。そのアッセイにおいて、C.ディフィシル毒素が存在する場合、PBSを有するウェル中の細胞は丸くなり、それは細胞毒性活性の存在を実証し、一方でC.ディフィシル毒素の存在は抗毒素を含有するウェルにおいてその細胞毒性活性が中和された場合に確証される。

C.ディフィシルを処置する1つの典型的な方法は、天然細菌叢移植による。糞便(または糞便(Faecal))微生物叢移植(FMT)とも呼ばれるこのプロセスは、健康なヒトの提供者から得られた健康な細菌叢を例えば浣腸による便の注入により導入することによる大腸内細菌叢の修復である。天然細菌叢移植は、その患者が飲む液体として投与することもできる。

本発明の1観点は、C.ディフィシル疾患を有する患者を処置する方法に向けられている。その方法は、中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を、重症の腸炎症を示す糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の高められたレベルに関して検査結果が陽性であった患者に投与することを含む。糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルは、定量的酵素免疫アッセイ(EIA)の使用により決定される。ラクトフェリンの高められたレベルは、糞便試料中で100ug/mL以上であってよい。この場合、その療法上有効な処置は、グリコペプチド系抗生物質または大環状抗生物質の1種類以上であってよい。その療法上有効な処置は天然細菌叢移植であってもよい。

本発明の別の観点は、C.ディフィシル疾患を有する患者を処置する方法に向けられている。その方法は、中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を、中程度の腸炎症を示す糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の高められたレベルに関して検査結果が陽性であった患者に投与することを含む。糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルは、定量的酵素免疫アッセイ(EIA)の使用により決定されてよい。ラクトフェリンの高められたレベルは、糞便試料中で7.25μg/mL〜99.99μg/mLであってよい。この場合における療法上有効な処置は、1種類以上のニトロイミダゾール系抗生物質であってよい。加えて、その療法上有効な処置は天然細菌叢移植であってよい。

本発明の別の観点は、クロストリジウム・ディフィシル疾患の重症度により患者を診断する方法に向けられている。その方法は、C.ディフィシル疾患を有すると診断されている人から糞便試料を得て;その糞便試料中にラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の高められたレベルが存在するかどうかを決定し;そしてその糞便試料中にラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の高められたレベルが存在することが決定されたら、その糞便試料中に存在するラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルに基づいてそのC.ディフィシル疾患の重症度を同定することを含む。糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルは、定量的酵素免疫アッセイ(EIA)の使用により決定されてよい。ラクトフェリンの高められたレベルがその糞便試料中で100μg/mL以上である場合、C.ディフィシル疾患の重症度は中程度〜重症であると考えてよい。この場合、その療法上有効な処置は、グリコペプチド系抗生物質または大環状抗生物質の1種類以上であってよい。その療法上有効な処置は天然細菌叢移植であってよい。ラクトフェリンの高められたレベルがその糞便試料中で7.25μg/mL〜99.99μg/mLである場合、C.ディフィシル疾患の重症度は中程度であると考えられる。この場合、その療法上有効な処置は1種類以上のニトロイミダゾール系抗生物質であってよい。ラクトフェリンの高められたレベルがその糞便試料中で7.25μg/mL未満である場合、C.ディフィシル疾患の重症度は軽症であると考えられ、その療法上有効な処置は無処置であってよい。C.ディフィシル疾患を有すると診断された患者において疾患の重症度を決定するために用いられるラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルは、以下の1種類以上と組み合わせることができる:1日あたりの形を成さない便の数、発熱の存在、腹痛、および嘔吐の1種類以上を含む臨床症状、ならびにC反応性タンパク質(CRP)、白血球数(WBC)、血清アルブミン、およびクレアチニンの1種類以上を含む実験室パラメーター。C.ディフィシルの診断は、毒素産生性C.ディフィシルの存在を示すバイオマーカーの存在に基づいて結論付けることができる。

本発明のさらに別の観点は、C.ディフィシル疾患を有する患者を監視する方法に向けられている。その方法は、第1の時点において患者から第1の糞便試料を得て;第1の時点よりも後の第2の時点において同じ患者から第2の糞便試料を得て;第1の糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の第1の量を第2の糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の第2の量と比較して第1の時点および第2の時点の間のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルにおける変化を同定し;ラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルにおける変化に基づいて、患者のC.ディフィシル疾患の重症度における変化を同定し;そして患者のC.ディフィシル疾患の重症度における変化の同定に基づいて、C.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置をその患者に投与することを含む。療法上有効量の処置は、ラクトフェリンのレベルがその患者の第2の糞便試料に関して7.25μg/mL未満に低下していた場合、処置の停止であってよい。療法上有効量の処置は、ラクトフェリンのレベルがその患者の第2の糞便試料に関して7.25μg/mL〜99.99μg/mLである場合、中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を投与することであってよい。この場合、その中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置は、ニトロイミダゾール系抗生物質の1種類以上を含む。療法上有効量の処置は、ラクトフェリンのレベルがその患者の第2の糞便試料に関して100μg/mL以上である場合、中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を投与することであってよく、ここで100μg/mL以上のラクトフェリンのレベルは重症の腸炎症を示す。中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置は、グリコペプチド系抗生物質または大環状抗生物質の1種類以上を用いた処置を含む。中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された別の処置は、天然細菌叢移植を用いた処置を含む。

本発明のさらに別の観点は、C.ディフィシル疾患を有する患者を監視する方法に向けられている。その方法は、第1の時点において患者から第1の糞便試料を得て;第1の時点よりも後の第2の時点において同じ患者から第2の糞便試料を得て;第1の糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の第1の量を第2の糞便試料中のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上の第2の量と比較して第1の時点および第2の時点の間のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルにおける変化を同定し;ラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上のレベルにおける変化に基づいて、患者のC.ディフィシル疾患の重症度における変化を同定し;そしてC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を、第2の糞便試料を得た後にその患者に投与することを含み、ここでその患者は第1の時点においてC.ディフィシルの軽症の症例を、第2の時点において増大した量のラクトフェリンまたはカルプロテクチンの1種類以上を有し、ここで第1の試料における第1の量および第2の試料における第2の量の比較は増大した腸炎症およびC.ディフィシル疾患の悪化を示す。療法上有効量の処置は、ラクトフェリンのレベルがその患者の第2の糞便試料に関して7.25μg/mL〜99.99μg/mLである場合、中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を投与することであってよい。中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置は、ニトロイミダゾール系抗生物質の1種類以上を用いた処置を含む。療法上有効量の処置は、ラクトフェリンのレベルがその患者の第2の糞便試料に関して100μg/mL以上である場合、中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された療法上有効量の処置を投与することであってよい。中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置は、グリコペプチド系抗生物質または大環状抗生物質の1種類以上を用いた処置を含む。中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置は、天然細菌叢移植を用いた処置を含む。

本発明の別の観点は、C.ディフィシル疾患の存在およびC.ディフィシル疾患の重症度を決定する診断法に向けられている。その方法は、患者から糞便試料を得て;同じ患者の糞便試料から第1のバイオマーカーの存在を決定し、ここでその第1のバイオマーカーの存在はC.ディフィシル疾患の存在を示し;そして同じ患者の糞便試料から第2のバイオマーカーのレベルを決定することを含み、ここでその第2のバイオマーカーのレベルはC.ディフィシル疾患の重症度を示す。第1のバイオマーカーは、C.ディフィシルのグルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH)を含む。別の第1のバイオマーカーは、C.ディフィシルの毒素Aを含む。別の第1のバイオマーカーは、C.ディフィシルの毒素Bを含む。第1のバイオマーカーは、C.ディフィシルの毒素A遺伝子(tcdA)またはC.ディフィシルの毒素B遺伝子(tcdB)の1つ以上を含んでいてよい。第2のバイオマーカーは、その患者の糞便試料中のラクトフェリンのレベルを含む。第2のバイオマーカーは、その患者の糞便試料中のカルプロテクチンのレベルも含んでいてよい。

以下は本発明に従って好ましいアッセイを確立するために利用されてきた手順の実施例である。以下の実施例は単に典型的なものであり、限定として与えられているわけではない。

実施例1
糞便中ラクトフェリンレベルを、軽症から中程度〜重症の疾患までの範囲の臨床的に定義されたC.ディフィシル疾患を有する患者において評価した。簡潔には、ある範囲の重症度を示す臨床的に確証されたC.ディフィシル疾患を有する患者を、腸の病気を有しないと定められた14人の年齢性別を合わせた健康な対象と共に募集した。疾患活動性は、医師の評価により、ならびに症状、血清アルブミン、WBC数および共存症に基づいて定められた。糞便中ラクトフェリンを定量的酵素免疫アッセイ(EIA)を用いて測定した。便中のC.ディフィシルのグルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH)ならびに毒素AおよびBを、膜に基づくEIAを用いて検出した。毒素産生培養を芽胞濃縮(enrichment)を用いて行い、分離株および便標本の両方を組織培養アッセイにより細胞毒性に関して試験した。

結果
39件の臨床的に確証されたC.ディフィシル疾患の症例(15件は中程度〜重症、21件は中程度、および3件は軽症)を、6ヶ月の期間の間検査した。年齢は32から89歳までの範囲に及び、50パーセントが女性であった。主な共存症は、糖尿病(31%)、癌(23%)および腎不全(23%)であった。全ての患者がGDH陽性であり、4人を除く全ての患者から毒素産生性C.ディフィシルが分離された。平均ラクトフェリンレベル(μg/mL±標準誤差)は、中程度〜重症の対象に関して1198±404、中程度の対象に関して132±50、軽症の対象に関して12±5、そして健康な対象に関して2±0.3であった。便中の毒素は、組織培養により、中程度〜重症の疾患の87%(13/15)、中程度の疾患の71%(15/21)、そして軽症の疾患に関して33%(1/3)で検出された。最も低いラクトフェリンレベル(8μg/mL以下)を有する中程度〜重症の患者の2人および4人の最も低いラクトフェリンレベル(12μg/mL以下)を有する中程度の患者の3人も、組織培養陰性であった。これらの患者の内で、重症の患者および4人の中程度の患者の2人は陰性の糞便培養を有していた。これらの患者の全てがその臨床評価に寄与する共存症を有していた。我々の結論は、臨床設定において、共存症はC.ディフィシル感染に関する臨床評価を複雑にし得ることである。我々の結果は、糞便中ラクトフェリンがC.ディフィシル感染症を有する患者において疾患の重症度を示すために有用であることを示している。

従って、図1Aは、臨床的に確証されたC.ディフィシル疾患の症例に関する患者の特徴を詳述する。ほとんどの患者は64歳より高い年齢であり、痛みを経験し、液状便を有し、糖尿病、癌、腎不全および肺炎が含まれる共存症を患っていた。図1Bは、C.ディフィシル疾患の軽症、中程度、および中程度〜重症の症例の間でラクトフェリンレベルが有意により高く、中程度〜重症の群に関してより高い傾向があったことを示している。

図2は、リボタイプにより分類された臨床的に確証されたC.ディフィシル疾患を有する患者に関する平均ラクトフェリンレベルを示す。ARL 027に感染した患者は、他のリボタイプに感染した患者よりも有意に高いラクトフェリンのレベルを有していた。研究は、ARL 027に感染した患者は便中毒素を有し、より重症の疾患を示す傾向があることを示してきた。

実施例2
糞便中C.ディフィシルGDH、毒素AおよびB、ならびにヒトラクトフェリンレベルを、C.ディフィシル疾患を有する数人の対象において抗生物質処置の間に測定した。臨床的に確証されたC.ディフィシル疾患を有する両方の対象を、GDH、毒素AおよびB、ならびに糞便中ラクトフェリンの存在に関して、酵素結合免疫アッセイ(EIA)により監視した。標本の収集は抗生物質処置の開始時に開始され、可能である場合は毎日〜毎週継続された。症状の記録はそれぞれの患者により保たれ、試験期間の間全ての処置が記録された。両方の患者が抗生物質処置に対して急速な応答を示し、糞便中GDH、毒素AおよびB、ならびに糞便中ラクトフェリンは24時間以内にベースラインに達した。抗原、毒素、および糞便中ラクトフェリンは、抗生物質療法の間陰性のままであった。処置の後、両方の患者が臨床的再燃を経験し、全てのパラメーターに関して急速な増大を示した。抗生物質の第2過程の後、全てのパラメーターがベースラインに戻った。抗生物質の第2過程の完了時に、全てのパラメーターが臨床症状の非存在下で急速に増大した。GDHおよび毒素は両方とも3〜4週間存在したままであったが、糞便中ラクトフェリンは迅速にベースラインに戻った。臨床症状が存在せず、患者は健康なままであったため、抗生物質は投与されなかった。

結果
この評価において、C.ディフィシルGDH、毒素、および糞便中ラクトフェリンレベルは、ベースライン(陰性)に戻ることにより抗生物質療法に迅速に応答した。より興味深いことに、GDHおよび毒素の両方が、臨床症状を伴わずに、且つベースラインのラクトフェリンにより決定されるように腸炎症を伴わずに存在していた。これらの結果は、どのC.ディフィシル疾患の症例が抗生物質によるそれ以上の処置を必要としない可能性があるかの決定に関する、抗原および毒素の測定との組み合わせでの糞便中ラクトフェリンの役割を示している。加えて、我々の発明は、C.ディフィシル疾患の監視における糞便中ラクトフェリンの役割を提供する。C.ディフィシル疾患の患者において臨床評価と共にラクトフェリンを用いて腸炎症の量を決定することにより、患者の疾患の重症度に関する同定は、処置を最適化し、よりよい患者の転帰をもたらすために有用であることが判明する可能性がある。

処置は、様々な重症度のレベルが異なる処置の推奨を必要とするため、C.ディフィシル疾患に関して最適化されてよい。例えば、C.ディフィシル疾患の軽症の症例はしばしば抗生物質処置を受けない。対照的に、中程度の重症度の症例はメトロニダゾールのような抗生物質を必要とする可能性があり、一方でC.ディフィシル疾患の中程度〜重症の症例は、バンコマイシンおよびフィダキソマイシン(Dificid)のような抗生物質を用いて処置される可能性がある。

図3は、C.ディフィシル感染の初期のエピソードからの、抗生物質処置の間および後の日々のラクトフェリンレベルを図説する。ラクトフェリンは初期のエピソードの間および両方の再燃の期間の間高められた(7.25μg/mL以上)。レベルは一度処置が開始されると急速に低下し、症状が戻るにつれて増大した。

実施例3
下痢および陽性便中毒素(TcdAおよびTcdB)および/またはグルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH)を有する患者(pts)を募集して、インフォームドコンセントを得た。便標本を、入院時(T=0)に開始して経過観察(T=F)まで収集した。GDH、毒素、およびラクトフェリン(LF:中央値μg/g)を便標本中で免疫アッセイにより測定した。細菌培養および計数(中央値CFU#/g)をエタノール濃縮を用いて行い、分離株のリボタイプを決定した。合計18人の入院患者を募集し、T=0からT=Fまで21日の期間(中央値)の間追跡した。年齢の中央値は75歳であり、男性:女性比率は1:3.5であった。Ptsを以下の3つの群に層別化した:(i)処置され、再発を示さなかったpts(N=9)、(ii)処置され、症状が完全に消散したが、CDIを有していたpts(N=5)、および(iii)最初は処置に応答したが再燃したpts(N=4)。

結果
群(i)中の患者は、T=0においてGDH、毒素に関して強い陽性および10の芽胞計数からT=Fにおいて全てのバイオマーカーに関して陰性まで至った。LFはこの期間の間406から4までの範囲に入った(表1a)。群(ii)中の5人のptsの4人は、T=0においてGDH、毒素に関して陽性であり、10の芽胞計数を有していた。T=Fにおいて、その5人のptsの3人は毒素陰性であり、3人のptsはGDH陽性のままであり、全てのptsは芽胞を有していた(10)。これらのptsに関するLFは、症状の消散と関係して85から2まで低下した(表1b)。群(iii)に関して、4人のptsは全て症候性のままであり、GDH、毒素に関して強い陽性のままであり、10の芽胞計数を有していた。この群に関するLFレベルはT=0およびT=Fの両方において類似していた(それぞれ362および315)(表1c)。合計5人(28%)のptsはT=0において027 CDIを有していた。群(ii)において、5人のptsの3人は027に保菌者として再感染していた。群(iii)において、1人の患者が027に転換された(converted)。**027分離株の全てがフルオロキノロン耐性であった。我々の研究において、T=Fにおいて、ptsの50%がCDIを有さず、28%が保菌者になり、22%が病気のままであった。GDH、毒素およびLFレベルは全て臨床疾患の存在と相関していた。C.ディフィシルは複雑な感染症であり続け、疾患の正確な診断はその生物に関する、および炎症に関するバイオマーカーと合わせて用いられる病歴に頼っている。

図4Aは、C.ディフィシル疾患に関する抗生物質処置の前および後のCDIバイオマーカーの結果を示す。この群中の患者の全てが、最初の抗生物質処置の間および後に、無症状およびC.ディフィシルが検出されないことを意味する臨床的治癒を有していた。

図4Bは、C.ディフィシル疾患に関する抗生物質処置の前および後のCDIバイオマーカーの結果を示す。この群中の全ての患者が、最初の抗生物質処置の間および/または後に、症状の非存在下でC.ディフィシル生物が検出されることを意味するC.ディフィシルの再感染を有していた。

図4Cは、C.ディフィシル疾患に関する抗生物質処置の前および後のCDIバイオマーカーの結果を示す。この群中の全ての患者が、最初の抗生物質処置の間および/または後に、症状およびC.ディフィシル生物が維持されている、または戻ったことを意味する臨床的再発または非治癒を有していた。

代わりの態様において、糞便中ラクトフェリンではなく、またはそれに加えて、糞便中カルプロテクチンを腸炎症を測定するための非侵襲的マーカーとして利用することができる。例えば、C.ディフィシル疾患を有すると診断された人において、糞便中カルプロテクチンの定量的レベルを測定することができ、その定量的レベルを軽症、中程度、および中程度〜重症が含まれる疾患の重症度と関係付けることができる。さらに、糞便中カルプロテクチンを処置に続いて測定して医学的処置に対する人の応答またはその疾患の活動性レベルを監視することができる。

要約すると、本発明は、C.ディフィシル疾患を有すると診断された人におけるC.ディフィシル疾患の重症度をラクトフェリンを用いて同定するための非侵襲的方法に向けられている。同定された疾患の重症度を、その人に関する好ましい一連の処置を勧めるために用いることができる。本発明はさらに、ラクトフェリンレベルにおける変化を利用して人の疾患活動性および/または処置に対する応答を監視することに向けられている。

本発明の免疫アッセイは、腸炎症の指標の役目を果たす安定なタンパク質であるラクトフェリンを検出し、疾患重症度をC.ディフィシル疾患に関係付けるための、および疾患活動性を監視するための定量的な糞便中ラクトフェリンレベルを提供する。本発明を特定の態様に関して記述してきたが、それは全ての点で限定的ではなく説明的であることを意図している。代わりの態様が本発明が属する技術分野の当業者にその範囲から逸脱することなく明らかになるであろう。

前記のことから、この発明は本明細書において上記で明らかでありその方法に本来備わっている他の利点と一緒に述べた全ての目標および目的を達成するために十分に適合されたものであることが分かるであろう。特定の特徴および部分的組合せは有用なものであり、他の特徴および部分的組合せと関係なく用いることができることは理解されるであろう。これは特許請求の範囲により意図されており、特許請求の範囲内である。

Claims (17)

  1. クロストリジウム・ディフィシル疾患の重症度を評価する方法であって、該方法がC.ディフィシル疾患を有すると診断されている人由来の糞便試料を準備し;該糞便試料中にラクトフェリンの高められたレベルが存在するかどうかを決定し;そして該糞便試料中にラクトフェリンの高められたレベルが存在することが決定されたら、該糞便試料中に存在するラクトフェリンのレベルに基づいて該C.ディフィシル疾患の重症度を同定することを含
    ここで、ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で100μg/mL以上であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度〜重症であると同定され;ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で7.25μg/mL〜99.99μg/mLであるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度であると同定され;ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で7.25μg/mL未満であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が軽症であると同定される、
    前記方法。
  2. 糞便試料中のラクトフェリンのレベルが定量的酵素免疫アッセイ(EIA)の使用により決定される、請求項1に記載の方法。
  3. 請求項1または2に記載の方法であって、C.ディフィシルを有すると評価された患者において疾患の重症度を決定するために用いられるラクトフェリンのレベルが以下:1日あたりの形を成さない便の数、発熱の存在、腹痛、および嘔吐の1種類以上を含む臨床症状、ならびにC反応性タンパク質(CRP)、白血球数(WBC)、血清アルブミン、およびクレアチニンの1種類以上を含む実験室パラメーターの1種類以上と組み合わせられる、前記方法。
  4. C.ディフィシルの評価が毒素産生性C.ディフィシルの存在を示すバイオマーカーの存在に基づいて結論付けられる、請求項1〜3のいずれか1項に記載の方法。
  5. C.ディフィシル疾患を有する患者を監視する方法であって、該方法が第1の時点において患者由来の第1の糞便試料を準備し;第1の時点よりも後の第2の時点において同じ患者由来の第2の糞便試料を準備し;第1の糞便試料中のラクトフェリンの第1の量を第2の糞便試料中のラクトフェリンの第2の量と比較して第1の時点および第2の時点の間のラクトフェリンのレベルにおける変化を同定し;ラクトフェリンのレベルにおける変化に基づいて、患者のC.ディフィシル疾患の重症度における変化を同定することを含み、
    ここで、ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で100μg/mL以上であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度〜重症であると同定され;ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で7.25μg/mL〜99.99μg/mLであるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度であると同定され;ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で7.25μg/mL未満であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が軽症であると同定される、
    前記方法。
  6. 中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置がニトロイミダゾール系抗生物質の1種類以上を含む、請求項5に記載の方法。
  7. 中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置がグリコペプチド系抗生物質または大環状抗生物質の1種類以上を用いた処置を含む、請求項5に記載の方法。
  8. 中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置が天然細菌叢移植を用いた処置を含む、請求項5に記載の方法。
  9. C.ディフィシル疾患を有する患者を監視する方法であって、該方法が第1の時点において患者由来の第1の糞便試料を準備し;第1の時点よりも後の第2の時点において同じ患者由来の第2の糞便試料を準備し;第1の糞便試料中のラクトフェリンの第1の量を第2の糞便試料中のラクトフェリンの第2の量と比較して第1の時点および第2の時点の間のラクトフェリンのレベルにおける変化を同定し;ラクトフェリンのレベルにおける変化に基づいて、患者のC.ディフィシル疾患の重症度における変化を同定することを含み、
    ここで、ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で100μg/mL以上であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度〜重症であると同定され;ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で7.25μg/mL〜99.99μg/mLであるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度であると同定され;ラクトフェリンの高められたレベルが糞便試料中で7.25μg/mL未満であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が軽症であると同定され、
    該患者が第1の時点においてC.ディフィシルの軽症の症例を、第2の時点において増大した量のラクトフェリンを有し、第1の試料における第1の量および第2の試料における第2の量の比較が増大した腸炎症およびC.ディフィシル疾患の悪化を示す、前記方法。
  10. 中程度のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置がニトロイミダゾール系抗生物質の1種類以上を用いた処置を含む、請求項9に記載の方法。
  11. 中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置がグリコペプチド系抗生物質または大環状抗生物質の1種類以上を用いた処置を含む、請求項10に記載の方法。
  12. 中程度〜重症のC.ディフィシルの処置において有効であることが示された処置が天然細菌叢移植を用いた処置を含む、請求項10に記載の方法。
  13. C.ディフィシル疾患の存在およびC.ディフィシル疾患の重症度を評価する方法であって、該方法が患者由来の糞便試料を準備し;同じ患者の糞便試料から第1のバイオマーカーの存在を決定し、第1のバイオマーカーの存在がC.ディフィシル疾患の存在を示し;そして同じ患者の糞便試料から第2のバイオマーカーのレベルを決定することを含み、第2のバイオマーカーのレベルがC.ディフィシル疾患の重症度を示し、第2のバイオマーカーが糞便試料中のラクトフェリンのレベルを含み、
    ここで、ラクトフェリンのレベルが100μg/mL以上であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度〜重症であると同定され;ラクトフェリンのレベルが7.25μg/mL〜99.99μg/mLであるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が中程度であると同定され;ラクトフェリンのレベルが7.25μg/mL未満であるとき、C.ディフィシル疾患の重症度が軽症であると同定される、
    前記方法。
  14. 第1のバイオマーカーがC.ディフィシルのグルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH)を含む、請求項13に記載の方法。
  15. 第1のバイオマーカーがC.ディフィシルの毒素Aを含む、請求項13に記載の方法。
  16. 第1のバイオマーカーがC.ディフィシルの毒素Bを含む、請求項13に記載の方法。
  17. 第1のバイオマーカーがC.ディフィシルの毒素A遺伝子(tcdA)またはC.ディフィシルの毒素B遺伝子(tcdB)の1以上を含む、請求項13に記載の方法。
JP2014508608A 2011-04-29 2012-04-27 クロストリジウム・ディフィシル疾患を有する患者において疾患の重症度を決定するための、および感染を監視するためのバイオマーカーとしての糞便中のラクトフェリン Active JP6077524B2 (ja)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201161480616P true 2011-04-29 2011-04-29
US61/480,616 2011-04-29
US13/457,064 US20120276060A1 (en) 2011-04-29 2012-04-26 Fecal lactoferrin as a biomarker for determining disease severity and for treating infection in patients with clostridium difficile disease
US13/457,064 2012-04-26
US13/457,049 2012-04-26
US13/457,049 US20120276059A1 (en) 2011-04-29 2012-04-26 Fecal lactoferrin as a biomarker for determining disease severity and for monitoring infection in patients with clostridium difficile disease
PCT/US2012/035495 WO2012149351A1 (en) 2011-04-29 2012-04-27 Fecal lactoferrin as a biomarker for determining disease severity and for monitoring infection in patients with clostridium difficile disease

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2014519018A JP2014519018A (ja) 2014-08-07
JP2014519018A5 JP2014519018A5 (ja) 2015-06-18
JP6077524B2 true JP6077524B2 (ja) 2017-02-08

Family

ID=47068058

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014508608A Active JP6077524B2 (ja) 2011-04-29 2012-04-27 クロストリジウム・ディフィシル疾患を有する患者において疾患の重症度を決定するための、および感染を監視するためのバイオマーカーとしての糞便中のラクトフェリン

Country Status (5)

Country Link
US (3) US20120276059A1 (ja)
EP (1) EP2705154A4 (ja)
JP (1) JP6077524B2 (ja)
CA (1) CA2834400A1 (ja)
WO (1) WO2012149351A1 (ja)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2531589B1 (en) 2010-02-01 2017-04-05 MikrobEX Bacteriotherapy for Clostridium difficile colitis
US20120276059A1 (en) 2011-04-29 2012-11-01 Techlab, Inc. Fecal lactoferrin as a biomarker for determining disease severity and for monitoring infection in patients with clostridium difficile disease
US10295535B2 (en) 2011-04-29 2019-05-21 Techlab, Inc. Clostridium difficile dehydrogenase and toxin as a biomarker for monitoring infection in patients with clostridium difficile disease and differentiating carrier state from active disease
US9133527B2 (en) * 2012-05-11 2015-09-15 Techlab, Inc. Cell wall protein CwpV (CD0514) as a diagnostic marker for Clostridium difficile ribotype 027
US10383901B2 (en) 2013-06-05 2019-08-20 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT), compositions and methods of manufacture
US9675648B2 (en) 2013-06-05 2017-06-13 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT), compositions and methods of manufacture
US9511099B2 (en) 2013-06-05 2016-12-06 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT), compositions and methods of manufacture
US9694039B2 (en) 2013-06-05 2017-07-04 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT), compositions and methods of manufacture
US9782445B2 (en) 2013-06-05 2017-10-10 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT), compositions and methods of manufacture
US9511100B2 (en) 2013-06-05 2016-12-06 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT), compositions and methods of manufacture
US10513552B2 (en) 2014-06-20 2019-12-24 Immunimed Inc. Use of polyclonal antibodies against clostridium difficile for treatment of inflammatory bowel disease
EP2957570B1 (en) * 2014-06-20 2019-04-17 Immunimed Inc. Polyclonal antibodies against clostridium difficile and uses thereof
CN107921072A (zh) 2015-06-09 2018-04-17 雷柏奥提斯有限公司 微生物群恢复治疗(mrt)组合物和制造方法
US10799539B2 (en) 2015-06-09 2020-10-13 Rebiotix, Inc. Microbiota restoration therapy (MRT) compositions and methods of manufacture
US10548912B2 (en) * 2015-07-03 2020-02-04 Astellas Pharma Europe Ltd. Dosage regimen for a tiacumicin compound
US20180363033A1 (en) * 2015-12-08 2018-12-20 Mayo Foundation For Medical Education And Research Biomarkers for predicting clostridium difficile infection treatment outcome

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5965375A (en) 1997-04-04 1999-10-12 Biosite Diagnostics Diagnostic tests and kits for Clostridium difficile
JP2000155121A (ja) * 1998-11-18 2000-06-06 Nitto Denko Corp 免疫学的検査法
EP1340078B1 (en) 2000-11-14 2009-05-27 Techlab, Inc. Method for differentiating irritable bowel syndrome from inflammatory bowel disease (ibd) and for monitoring persons with ibd using total endogenous lactoferrin as a marker
EP2985349B1 (en) * 2004-11-24 2020-07-01 TechLab, Inc. Device for detection of analytes
EP2271366A4 (en) 2008-02-28 2012-06-20 3M Innovative Properties Co Antibodies to clostridium difficile spores and uses thereof
US20120276059A1 (en) 2011-04-29 2012-11-01 Techlab, Inc. Fecal lactoferrin as a biomarker for determining disease severity and for monitoring infection in patients with clostridium difficile disease

Also Published As

Publication number Publication date
EP2705154A1 (en) 2014-03-12
US10295536B2 (en) 2019-05-21
US20120276060A1 (en) 2012-11-01
CA2834400A1 (en) 2012-11-01
JP2014519018A (ja) 2014-08-07
US20120276059A1 (en) 2012-11-01
EP2705154A4 (en) 2014-11-12
WO2012149351A1 (en) 2012-11-01
US20140219966A1 (en) 2014-08-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Wright et al. Measurement of fecal calprotectin improves monitoring and detection of recurrence of Crohn's disease after surgery
Yarur et al. Concentrations of 6-thioguanine nucleotide correlate with trough levels of infliximab in patients with inflammatory bowel disease on combination therapy
Vijayan et al. Procalcitonin: a promising diagnostic marker for sepsis and antibiotic therapy
Wang et al. Methods to determine intestinal permeability and bacterial translocation during liver disease
Tande et al. Prosthetic joint infection
Jekarl et al. Procalcitonin as a diagnostic marker and IL-6 as a prognostic marker for sepsis
JP6634544B2 (ja) 過敏性腸症候群の診断方法
Lindkvist et al. Serum nutritional markers for prediction of pancreatic exocrine insufficiency in chronic pancreatitis
Diaconu et al. Helicobacter pylori infection: old and new
Ohigashi et al. Changes of the intestinal microbiota, short chain fatty acids, and fecal pH in patients with colorectal cancer
Lewis The utility of biomarkers in the diagnosis and therapy of inflammatory bowel disease
Masia et al. Usefulness of procalcitonin levels in community-acquired pneumonia according to the patients outcome research team pneumonia severity index
Desai et al. biological activity markers in inflammatory bowel disease
Louis et al. Maintenance of remission among patients with Crohn's disease on antimetabolite therapy after infliximab therapy is stopped
Akiyama Serum levels of soluble IL-2 receptor α, IL-6 and IL-1 receptor antagonist in schizophrenia before and during neuroleptic administration
Costa et al. Role of faecal calprotectin as non-invasive marker of intestinal inflammation
Küster et al. Interleukin-1 receptor antagonist and interleukin-6 for early diagnosis of neonatal sepsis 2 days before clinical manifestation
Kweon et al. Usefulness of presepsin (sCD14 subtype) measurements as a new marker for the diagnosis and prediction of disease severity of sepsis in the Korean population
Schmit et al. The time course of blood C-reactive protein concentrations in relation to the response to initial antimicrobial therapy in patients with sepsis
Rashid et al. Ankylosing spondylitis is linked to Klebsiella—the evidence
Van Rossum et al. Procalcitonin as an early marker of infection in neonates and children
Barati et al. Comparison of WBC, ESR, CRP and PCT serum levels in septic and non-septic burn cases
Luyt et al. Procalcitonin kinetics as a prognostic marker of ventilator-associated pneumonia
Whiteman et al. Association of Helicobacter pylori infection with reduced risk for esophageal cancer is independent of environmental and genetic modifiers
Arasaradnam et al. Guidelines for the investigation of chronic diarrhoea in adults: British Society of Gastroenterology

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150427

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150427

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160225

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160303

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20160601

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160727

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161214

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170112

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6077524

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250