JP6072959B2 - 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ - Google Patents

移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ Download PDF

Info

Publication number
JP6072959B2
JP6072959B2 JP2016052870A JP2016052870A JP6072959B2 JP 6072959 B2 JP6072959 B2 JP 6072959B2 JP 2016052870 A JP2016052870 A JP 2016052870A JP 2016052870 A JP2016052870 A JP 2016052870A JP 6072959 B2 JP6072959 B2 JP 6072959B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
network
connection
failure
wireless terminal
information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016052870A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2016140097A (ja
Inventor
ヘンリー チャン
ヘンリー チャン
憲由 福田
憲由 福田
Original Assignee
京セラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US38939510P priority Critical
Priority to US61/389,395 priority
Application filed by 京セラ株式会社 filed Critical 京セラ株式会社
Publication of JP2016140097A publication Critical patent/JP2016140097A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6072959B2 publication Critical patent/JP6072959B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/20Manipulation of established connections
    • H04W76/27Transitions between radio resource control [RRC] states
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/0001Systems modifying transmission characteristics according to link quality, e.g. power backoff
    • H04L1/0023Systems modifying transmission characteristics according to link quality, e.g. power backoff characterised by the signalling
    • H04L1/0026Transmission of channel quality indication
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L41/00Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks
    • H04L41/06Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks involving management of faults or events or alarms
    • H04L41/069Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks involving management of faults or events or alarms involving storage or log of alarms or notifications or post-processing thereof
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W24/00Supervisory, monitoring or testing arrangements
    • H04W24/02Arrangements for optimising operational condition
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W24/00Supervisory, monitoring or testing arrangements
    • H04W24/04Arrangements for maintaining operational condition
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W72/00Local resource management, e.g. wireless traffic scheduling or selection or allocation of wireless resources
    • H04W72/04Wireless resource allocation
    • H04W72/0406Wireless resource allocation involving control information exchange between nodes
    • H04W72/0413Wireless resource allocation involving control information exchange between nodes in uplink direction of a wireless link, i.e. towards network
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W72/00Local resource management, e.g. wireless traffic scheduling or selection or allocation of wireless resources
    • H04W72/04Wireless resource allocation
    • H04W72/048Wireless resource allocation where an allocation plan is defined based on terminal or device properties
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/10Connection setup
    • H04W76/18Management of setup rejection or failure

Description

本発明は、無線リンク障害(RLF)レポートを取り扱う移動通信方法、無線端末、及びプロセッサに関する。

移動通信システムでは、基地局の周辺にビルが建設されたり、当該基地局の周辺基地局の設置状況が変化したりすると、当該基地局に係る無線通信環境が変化する。このため、従来では、オペレータにより、測定機材を搭載した測定用車両を使用し、ネットワーク(基地局)からの受信信号状態を測定して測定データを収集するドライブテストが行われている。

このような測定及び収集は、例えば基地局のカバレッジの最適化に貢献できるが、工数が多く、且つ費用が高いという課題がある。そこで、移動通信システムの標準化プロジェクトである3GPP(3rd Generation Partnership Project)では、ユーザが所持する無線端末を使用して、当該測定及び収集を自動化するためのMDT(Minimization of Drive Test)の仕様策定が進められている。

MDTの一種として、即座報告型のMDT(「Immediate MDT」と称される)がある。Immediate MDTは、接続状態の無線端末が、受信信号状態の測定を行い、測定結果及び測定時の位置情報をネットワークに報告するものである。接続状態とは、無線端末が通信実行中の状態である。

また、3GPP規格では、接続状態の無線端末がネットワークとの接続障害を検出したことに応じて、当該接続障害に関する無線リンク障害(RLF)レポートを、無線端末からネットワークに送信するよう規定されている(3GPP TS 36.300 v10.4.0参照)。接続障害とは、RLF又はハンドオーバ障害である。さらに、Immediate MDTにおいて、RLFレポートを拡張し、接続障害が発生した位置を特定するための位置情報をRLFレポートに含めるよう規定されている(3GPP TS 37.320 v10.1.0参照)。

ネットワークは、無線端末から受信するImmediate MDTのレポートやRLFレポートに基づいて、カバレッジ最適化のためのパラメータ調整(設定変更)を行う。

ところで、無線端末は、接続障害の発生を検出した後、当該接続障害に関するRLFレポートを直ちにネットワークに送信できるとは限らない。

例えば、無線端末が、接続障害によって接続状態からアイドル状態に移行した後、ネットワークに改めて接続した際にRLFレポートを送信するケースがある。

また、あるRAT(Radio Access Technology)で無線端末が検出した接続障害に関するRLFレポートは、当該RATに対して送信する必要があるため、当該接続障害の直後に無線端末が他のRATに接続し、その後当該RATに改めて接続した際にRLFレポートを送信するケースがある。

これらのケースでは、接続障害が発生してからRLFレポートを送信するまでに長時間が経過していることがあり得る。このため、ネットワークが、カバレッジ最適化のためのパラメータ調整を行った後に、当該パラメータ調整を行う前の時点での接続障害に関するRLFレポートを受信してしまうことがあり、誤ったパラメータ調整を誘発する虞があった。

そこで、本発明は、ネットワークが誤ったパラメータ調整を行ってしまうことを防止できる移動通信方法、無線端末、及び基地局を提供する。

上述した課題を解決するために、本発明は以下のような特徴を有している。

本発明に係る移動通信方法の特徴によれば、無線端末(例えばUE200)がネットワーク(例えばE−UTRAN10)に接続して通信を行う移動通信方法であって、前記無線端末が、接続状態において、前記ネットワークとの接続障害の発生を検出するステップと、前記検出された接続障害に関する無線リンク障害(RLF)レポートを、前記無線端末から前記ネットワークに送信するステップと、を有し、前記RLFレポートを送信するステップにおいて、前記無線端末は、前記接続障害が発生した時刻を特定するための時間情報を前記RLFレポートに含めて前記ネットワークに送信する。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記無線端末が、前記接続障害の発生によってアイドル状態に移行した後、前記ネットワークに改めて接続することによって接続状態に復帰するステップをさらに有し、前記RLFレポートを送信するステップにおいて、前記無線端末は、前記復帰するステップで接続状態に復帰した後、前記時間情報を前記RLFレポートに含めて前記ネットワークに送信する。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記RLFレポートを送信するステップにおいて、前記無線端末は、前記時間情報と、前記接続障害が発生した位置を特定するための位置情報とを前記RLFレポートに含めて前記ネットワークに送信する。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記ネットワークが、接続状態の前記無線端末に対してImmediate MDTを設定するステップをさらに有し、前記設定するステップは、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報を前記ネットワークから前記無線端末に送信するステップを含む。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記RLFレポートに含められる前記時間情報は、前記ネットワークから受信した前記絶対時間情報と、前記ネットワーク時刻に対する前記接続障害が発生した時刻の相対時間を示す相対時間情報と、を含む。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記ネットワークが、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報をブロードキャストするステップと、前記無線端末が、前記ネットワークからブロードキャストされる前記絶対時間情報を受信するステップと、をさらに有する。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記RLFレポートに含められる前記時間情報は、前記ネットワークから受信した前記絶対時間情報と、前記ネットワーク時刻に対する前記接続障害が発生した時刻の相対時間を示す相対時間情報と、を含む。

本発明に係る移動通信方法の他の特徴によれば、前記RLFレポートに含められる前記時間情報は、相対時間情報を含むことなく、前記ネットワークから受信した前記絶対時間情報のみに基づく。

本発明に係る無線端末の特徴によれば、ネットワークに接続して通信を行う無線端末であって、接続状態において、前記ネットワークとの接続障害の発生を検出する検出部(例えば接続障害処理部262)と、前記検出された接続障害に関する無線リンク障害(RLF)レポートを前記ネットワークに送信する送信部(例えば、接続障害処理部262、無線通信部210)と、を有し、前記送信部は、前記接続障害が発生した時刻を特定するための時間情報を前記RLFレポートに含めて前記ネットワークに送信する。

本発明に係る無線端末の他の特徴によれば、上述した特徴において、記憶部(記憶部250)をさらに有し、前記記憶部は、前記検出された接続障害に関する情報であって前記RLFレポートに含めるべきRLF情報を、他の情報とは個別に記憶する。

本発明に係る基地局の特徴によれば、接続状態の無線端末に対してImmediate MDTを設定する基地局(例えばeNB100)であって、前記Immediate MDTを設定する際に、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報を前記無線端末に送信する送信部(例えば、Configuration情報生成部141、無線通信部110)を有する。

本発明に係る基地局の他の特徴によれば、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報をブロードキャストするブロードキャスト送信部(無線通信部110)を有する。

第1実施形態及び第2実施形態に係る移動通信システムの全体構成図である。 第1実施形態及び第2実施形態に係るeNB(基地局)のブロック図である。 第1実施形態及び第2実施形態に係るUE(無線端末)のブロック図である。 第1実施形態に係るUEの動作フロー図である。 第2実施形態に係るUEの動作フロー図である。

図面を参照して、本発明の第1実施形態、第2実施形態、及びその他の実施形態を説明する。以下の各実施形態に係る図面において、同一又は類似の部分には同一又は類似の符号を付す。

[第1実施形態]
(移動通信システムの概要)
図1は、本実施形態に係る移動通信システム1の全体構成図である。本実施形態に係る移動通信システム1は、3GPPで仕様が策定されているLTE(Long Term Evolution)又はLTE−Advancedに基づいて構成されており、上述したImmediate MDTをサポートする。

図1に示すように、移動通信システム1は、eNB(evolved Node−B)100、UE(User Equipment)200、MME(Mobility Management Entity)/S−GW(Serving Gateway)310、及びOAM(Operation and Maintenance)320を有する。本実施形態において、eNB100は基地局に相当し、UE200は無線端末に相当する。

複数のeNB100は、LTEの無線アクセスネットワークであるE−UTRAN(Evolved−UMTS Terrestrial Radio Access Network)10を構成する。本実施形態において、E−UTRAN10は、UE200が接続するネットワークに相当する。

各eNB100は、オペレータによって設置される固定型の無線通信装置であり、UE200との無線通信を行うように構成される。各eNB100は、隣接する他のeNB100との通信をX2インターフェイス上で行い、MME/S−GW310との通信をS1インターフェイス上で行う。各eNB100は、無線通信エリアの最小単位であるセルを1つ又は複数形成する。各eNB100は、セルを識別可能な参照信号を常時ブロードキャストしている。

UE200は、ユーザが所持する可搬型の無線通信装置である。UE200は、E−UTRAN10に含まれるeNB100に接続し、該eNB100を介して通信先との通信を実行可能に構成される。UE200が通信先と通信実行中の状態は接続状態と称され、UE200が待ち受け中の状態はアイドル状態と称される。UE200は、移動に伴って、在圏するセルを切り替える。UE200が接続状態時のセル切り替えはハンドオーバと称され、UE200がアイドル状態時のセル切り替えはセルリセレクションと称される。

MMEは、UE200に対する各種モビリティ管理を行うように構成される。S−GWは、UE200が送受信するユーザデータの転送制御を行うように構成される。複数のMME/S−GW310は、LTEのコアネットワークであるEPC(Evolved Packet Core)300を構成する。OAM320は、オペレータによって設置されるサーバ装置であり、E−UTRAN10の保守及び監視を行うように構成される。

次に、Immediate MDTの概要を説明する。

eNB100は、必要に応じて、Immediate MDTを行うためのMeasurement Configuration情報を、自局に接続する(接続状態の)UE200に送信する。Immediate MDTのコンフィグレーションは、実際には、SON−MROの一部であり、その要求メッセージはUE Information Requestメッセージに組み込まれている。UE Information Responseメッセージにおいて、ReportConfigEUTRA IE内に位置情報を含めることができる。

Measurement Configuration情報を受信したUE200は、接続状態において、接続先のeNB100及びその隣接基地局からの受信信号状態を測定するとともに測定結果を含む測定データを当該接続先のeNB100に送信する。

なお、受信信号状態とは、例えば参照信号受信電力(RSRP)や参照信号受信品質(RSRQ)である。測定データは、受信信号状態の測定結果に加え、測定時の位置情報を含む。位置情報とは、UE200がGPS機能を有している場合にはGPS位置情報であり、UE200がGPS機能を有していない場合にはRFフィンガープリント情報である。

UE200からの測定データを受信したeNB100は、受信した測定データに対して時間情報を付与し、当該時間情報が付与された測定データをOAM320に転送する。OAM320は、このようにして得られた測定データに基づいてカバレッジ問題を発見すると、発見したカバレッジ問題を、オペレータに通知する、もしくは解消するためのネットワーク最適化を行う。

次に、RLFレポートの概要を説明する。

UE200は、接続状態(RRC connected state)において、E−UTRAN10に含まれるeNB100との接続障害を検出すると、E−UTRAN10との再接続(RRC connection re−establishment)を試みる。

UE200は、接続状態を維持しながらE−UTRAN10との再接続(RRC connection re−establishment)に成功すると、当該接続障害に関するRLFレポートを接続先のeNB100に送信する。

これに対し、UE200は、E−UTRAN10との再接続(RRC connection re−establishment)に失敗すると、アイドル状態に移行し、2回の接続障害に関する情報を記録する。一方はeNB100に係属している際の接続障害であり、他方は再接続の際の接続障害である。そして、UE200は、E−UTRAN10と接続(fresh RRC connection establishment)する際、RLFレポートを送信可能である旨の通知(Indication)を接続先のeNB100に送信する。UE200は、接続状態において、接続先のeNB100からの要求(UE Information Request)に応じて、RLFレポートを含む応答(UE Information Response)を当該接続先のeNB100に送信する。

本実施形態では、Immediate MDTをコンフィグレーションされたUE200は、接続障害の発生によってアイドル状態に移行した後、接続状態に復帰した場合には、当該接続障害が発生した時刻を特定するための時間情報をRLFレポートに含めて送信する。当該時間情報の詳細については後述する。

(eNB100の構成)
次に、eNB100の構成を説明する。図2は、eNB100のブロック図である。

図2に示すように、eNB100は、アンテナ101、無線通信部110、ネットワーク通信部120、記憶部130、及び制御部140を有する。

アンテナ101は、無線信号の送受信に用いられる。無線通信部110は、例えば無線周波数(RF)回路やベースバンド(BB)回路等を用いて構成され、アンテナ101を介して無線信号を送受信する。ネットワーク通信部120は、他のネットワーク装置(MME/S−GW310、OAM320や他のeNB100等)との通信を行う。記憶部130は、例えばメモリを用いて構成され、eNB100の制御等に用いられる各種の情報を記憶する。制御部140は、例えばプロセッサを用いて構成され、eNB100が備える各種の機能を制御する。

制御部140は、Measurement Configuration情報を生成するConfiguration情報生成部141と、UE200から送信されるレポートに係る処理を行うレポート処理部142と、を有する。

Configuration情報生成部141は、UE200をImmediate MDTに使用すると決定すると、Measurement Configuration情報を生成し、当該Measurement Configuration情報を、接続状態の当該UE200に送信するよう無線通信部110を制御する。

Measurement Configuration情報は、各種の測定パラメータを含む。測定パラメータは、測定対象及びレポートトリガを含む。測定対象は、例えばRSRPやRSRQである。また、パワーヘッドルーム(PHR)を測定対象とすることもできる。レポートトリガは、例えば、Periodic、又は、サービングセルのRSRPが閾値を下回ったことである。本実施形態では、Measurement Configuration情報は、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報を含む。詳細には、絶対時間情報は、UE200にImmediate MDTを設定する際の現在ネットワーク時刻をYY−MM−DD HH:MM:SSの形式で示すものである。

レポート処理部142は、Immediate MDTによる測定データを含むMeasurementレポートをUE200から無線通信部110が受信した場合に、当該Measurementレポートを取得する。当該測定データは、RSRP、RSRQ、又はPHの測定結果と、当該測定を行った際の位置情報とを含む。レポート処理部142は、Measurementレポートに含まれる測定データに対して時間情報を付与し、当該時間情報が付与された測定データをOAM320に転送するようネットワーク通信部120を制御する。詳細には、当該時間情報は、Immediate MDTに係るMeasurementレポートを取得した際の現在ネットワーク時刻をYY−MM−DD HH:MM:SSの形式で示すものである。ただし、レポート処理部142は、測定データをOAM320に転送するケースに限らず、当該測定データの内容を解釈し、eNB100自身のパラメータ調整に使用してもよい。

レポート処理部142は、RLFレポートを送信可能である旨の通知(Indication)をUE200から無線通信部110が受信した場合で、OAM320からの指示により、又は、eNB100自身の判断により、当該RLFレポートを取得すると決定した場合に、当該RLFレポートを取得するためのUE Information Requestメッセージを生成し、当該UE Information Requestメッセージを当該UE200に送信するよう無線通信部110を制御する。

そして、レポート処理部142は、UE Information Requestメッセージに応じてUE200から送信される、RLFレポートを含むUE Information Responseメッセージを無線通信部110が受信すると、受信したUE Information Responseメッセージに含まれるRLFレポートを取得する。レポート処理部142は、当該RLFレポートが時間情報を含まない場合には、当該RLFレポートに対して時間情報を付与し、当該時間情報が付与されたRLFレポートをOAM320又は他のeNB100に転送するようネットワーク通信部120を制御する。レポート処理部142は、当該RLFレポートが時間情報を含む場合には、当該RLFレポートをOAM320又は他のeNB100に転送するようネットワーク通信部120を制御する。なお、レポート処理部142は、RLFレポートをOAM320又は他のeNB100に転送するケースに限らず、当該測定データの内容を解釈し、eNB100自身のパラメータ調整に使用してもよい。

(UE200の構成)
次に、UE200の構成を説明する。図3は、UE200のブロック図である。

図3に示すように、UE200は、アンテナ201、無線通信部210、ユーザインターフェイス部220、GPS受信機230、バッテリ240、記憶部250、及び制御部260を有する。ただし、UE200は、GPS受信機230を有していなくてもよい。

アンテナ201は、無線信号の送受信に用いられる。無線通信部210は、例えば無線周波数(RF)回路やベースバンド(BB)回路等を用いて構成され、アンテナ201を介して無線信号を送受信する。ユーザインターフェイス部220は、ユーザとのインターフェイスとして機能するディスプレイやボタン等である。GPS受信機230は、UE200の地理的な位置を示す位置情報を生成する。バッテリ240は、充電可能なバッテリであって、UE200の各ブロックに供給される電力を蓄える。

記憶部250は、例えばメモリを用いて構成され、UE200の制御等に用いられる各種の情報を記憶する。記憶部250は、検出された接続障害に関する情報であってRLFレポートに含めるべきRLF情報を、他の情報とは個別に記憶するように構成されている。他の情報とは、例えば、通常のImmediate MDTで得られる測定データ等を意味する。Immediate MDTで得られる測定データは、即座に報告されるものであるため、一時的な記憶(バッファリング)を行えばよい。これに対し、RLF情報は、即座に報告されるとは限らないため、特別な個別の記憶領域に記憶する。

制御部260は、例えばプロセッサを用いて構成され、UE200が備える各種の機能を制御する。

制御部260は、Immediate MDTに係る処理を行うImmediate MDT処理部261と、接続障害に係る処理を行う接続障害処理部262と、接続障害に係る相対時間を計時するための相対時間タイマ263と、を有する。ここで、相対時間とは、ネットワーク時刻に対する接続障害発生時刻の相対時間である。

Immediate MDT処理部261は、接続状態において、Immediate MDTに係るMeasurement Configuration情報をeNB100から無線通信部210が受信すると、受信したMeasurement Configuration情報に含まれる測定パラメータを設定(すなわち、記憶部250に記憶)する。Immediate MDT処理部261は、接続状態において、記憶部250に記憶された測定パラメータに従って測定処理を行う。詳細には、測定パラメータのうちの測定対象で指定された対象の測定及び位置情報の取得を行う。また、測定パラメータのうちのレポートトリガで指定されたトリガで、測定データ(測定結果及び位置情報)を含むMeasurementレポートをeNB100に送信するよう無線通信部210を制御する。

本実施形態では、Immediate MDTに係るMeasurement Configuration情報は、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報を含む。Immediate MDT処理部261は、Immediate MDTに係るMeasurement Configuration情報をeNB100から無線通信部210が受信すると、当該Measurement Configuration情報に含まれる絶対時間情報を記憶部250に記憶するとともに、相対時間タイマ263を起動する。相対時間タイマ263は、起動した後、例えば1秒単位で計時を行う。

接続障害処理部262は、接続状態において、接続障害を検出する。例えば、接続障害処理部262は、接続状態において、Radio Problemを検出し、且つ、当該Radio Problemを検出してから所定時間(T1)内に回復しない場合に、RLFが発生したと判断する。接続障害処理部262は、接続障害を検出すると、相対時間タイマ263が計時した相対時間を取得する。さらに、接続障害処理部262は、接続障害を検出してから所定時間(T2)内に再接続(RRC connection re−establishment)を試みる。

接続障害処理部262は、接続障害を検出してから所定時間(T2)内に再接続(RRC connection re−establishment)に成功した場合には、現行仕様に従って、RLFレポートを再接続先のeNB100(セル)に送信するよう無線通信部210を制御する。Immediate MDTがコンフィグレーションされている場合、接続障害処理部262は、接続障害が検出された位置を示す位置情報をRLFレポートに含めて送信するよう制御する。

これに対し、接続障害を検出してから所定時間(T2)内に再接続(RRC connection re−establishment)に失敗した場合には、UE200はアイドル状態に移行する。この場合、接続障害処理部262は、各接続障害について、接続障害に関する情報(以下、「RLF情報」と称する)と、接続障害を検出した位置を示す位置情報と、相対時間タイマ263が計時した相対時間を示す相対時間情報と、を記憶部250に記憶する。各RLF情報は、接続障害に係るセルのID(E−CGI)と、再接続(RRC connection re−establishment)が試みられたセルのID(E−CGI)と、接続障害の種別(RLF又はハンドオーバ障害)の情報と、無線測定情報と、を含む。

接続障害処理部262は、接続障害によってアイドル状態に移行した後、E−UTRAN10に含まれるeNB100と接続(fresh RRC connection establishment)する際、RLFレポートを送信可能である旨の通知(Indication)を接続先のeNB100に送信するよう無線通信部210を制御する。接続障害処理部262は、当該Indicationに応じてeNB100から送信されたUE Information Requestメッセージを無線通信部210が受信すると、各接続障害について、記憶部250に記憶されているRLF情報、位置情報、絶対時間情報、及び相対時間情報を取得し、各RLF情報、位置情報、絶対時間情報、及び相対時間情報を含むRLFレポートを生成し、当該RLFレポートをUE Information Responseメッセージに含めてeNB100に送信するよう無線通信部210を制御する。

(UE200の動作)
以下において、本実施形態に係るUE200の動作を説明する。図4は、本実施形態に係るUE200の動作フロー図である。図4の初期状態では、UE200は接続状態(RRC connected state)であるとする。

ステップS101において、無線通信部210は、Immediate MDTに係るMeasurement Configuration情報をサービングセルから受信する。上述したように、本実施形態では、当該Measurement Configuration情報は、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報を含む。

ステップS102において、Immediate MDT処理部261は、当該Measurement Configuration情報に含まれる測定パラメータを記憶部250に記憶する。また、Immediate MDT処理部261は、当該Measurement Configuration情報に含まれる絶対時間情報を記憶部250に記憶するとともに、相対時間タイマ263を起動する。

ステップS103において、接続障害処理部262は、接続障害が発生したか否かを判断する。接続障害処理部262が接続障害の発生を検出した場合(ステップS103;YES)、処理がステップS104に進む。

ステップS104において、接続障害処理部262は、接続障害を検出すると、第1のRLF情報を生成し、相対時間タイマ263が計時した第1の相対時間を取得し、第1のRLF情報及び第1の相対時間情報を記憶部250に記憶する。また、第1の接続障害が検出された位置を示す第1の位置情報を記憶部250に記憶する。

ステップS105において、接続障害処理部262は、接続障害を検出してから所定時間(T2)内に再接続(RRC connection re−establishment)が可能であるか否かを判断する。

接続障害を検出してから所定時間(T2)内に再接続(RRC connection re−establishment)が可能である場合(ステップS105;YES)、ステップS106において、接続障害処理部262は、再接続(RRC connection re−establishment)を行う。また、接続障害処理部262は、第1のRLF情報及び第1の位置情報を記憶部250から取得し、第1のRLF情報及び第1の位置情報を含むRLFレポートを再接続先セルに送信するよう無線通信部210を制御する。

一方、接続障害を検出してから所定時間(T2)内に再接続(RRC connection re−establishment)が不能である場合(ステップS105;NO)、ステップS107において、UE200はアイドル状態(RRC idle state)に移行する。また、接続障害処理部262は、第2のRLF情報を生成し、相対時間タイマ263から第2の相対時間情報を取得し、第2のRLF情報及び第2の相対時間情報を記憶部250に記憶する。さらに、接続障害処理部262は、第2の接続障害が検出された位置を示す第2の位置情報を記憶部250に記憶する。

ステップS108において、接続障害処理部262は、E−UTRAN10に含まれるセルとの接続(fresh RRC connection establishment)が可能であるか否かを判断する。E−UTRAN10に含まれるセルとの接続(fresh RRC connection establishment)が可能である場合(ステップS108;YES)、処理がステップS109に進む。

ステップS109において、接続障害処理部262は、E−UTRAN10に含まれるセルとの接続(fresh RRC connection establishment)を行い、接続状態に復帰する。また、接続障害処理部262は、RLFレポートを送信可能である旨の通知(Indication)を接続先セルに送信するよう無線通信部210を制御する。

ステップS110において、接続障害処理部262は、接続先セルからのUE Information Requestメッセージを無線通信部210が受信したか否かを判断する。接続先セルからのUE Information Requestメッセージを無線通信部210が受信した場合(ステップS110;YES)、処理がステップS111に進む。

ステップS111において、接続障害処理部262は、記憶部250に記憶されている第1及び第2のRLF情報、第1及び第2の位置情報、絶対時間情報、第1及び第2の相対時間情報を取得し、当該第1及び第2のRLF情報、第1及び第2の位置情報、絶対時間情報、第1及び第2の相対時間情報を含むRLFレポートを生成し、当該RLFレポートをUE Information Responseメッセージに含めてeNB100に送信するよう無線通信部210を制御する。

(第1実施形態のまとめ)
以上説明したように、UE200は、E−UTRAN10との接続障害の発生を検出し、検出した接続障害に関するRLFレポートをE−UTRAN10に送信する。UE200は、接続障害が発生した時刻を特定するための時間情報をRLFレポートに含めてE−UTRAN10に送信する。これにより、E−UTRAN10やOAM320は、RLFレポートがいつ発生した接続障害に関するものであるかを把握できるため、誤ったパラメータ調整を行ってしまうことを防止できる。

本実施形態では、UE200は、接続障害の発生によってアイドル状態に移行した後、E−UTRAN10に改めて接続することによって接続状態に復帰する。UE200は、接続状態に復帰した後、時間情報をRLFレポートに含めてE−UTRAN10に送信する。接続障害によって接続状態からアイドル状態に移行した後、E−UTRAN10に改めて接続した際にRLFレポートを送信する場合、接続障害が発生してからRLFレポートを送信するまでに長時間が経過している可能性がある。よって、この場合はRLFレポートに時間情報を含めることで、E−UTRAN10やOAM320が誤ったパラメータ調整を行ってしまうことを防止できる。

本実施形態では、UE200は、時間情報と、接続障害が発生した位置を特定するための位置情報とをRLFレポートに含めてE−UTRAN10に送信する。これにより、E−UTRAN10やOAM320は、受信したRLFレポートがいつ・どこで発生した接続障害に関するものであるかを把握できる。

本実施形態では、E−UTRAN10が接続状態のUE200に対してImmediate MDTを設定する際に、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報をE−UTRAN10からUE200に送信する。これにより、Immediate MDTのコンフィグレーション手順において絶対時間情報をUE200に送信することができるため、既存のプロシージャを若干変更するのみで絶対時間情報をUE200が取得できる。

本実施形態では、RLFレポートに含められる時間情報は、E−UTRAN10から受信した絶対時間情報と、E−UTRAN10時刻に対する接続障害が発生した時刻の相対時間を示す相対時間情報と、を含む。これにより、E−UTRAN10やOAM320は、絶対時間情報と、絶対時間情報を基準とした相対時間情報とから、接続障害が発生した時刻を精度よく特定できる。

[第2実施形態]
以下において、第2実施形態について、第1実施形態との相違点を説明する。

本実施形態では、eNB100の無線通信部210は、ネットワーク時刻を示す絶対時間情報をブロードキャストする。詳細には、無線通信部210は、絶対時間情報をシステム情報ブロック(SIB)に含めてブロードキャストチャネル上で送信する。

(UE200の動作)
本実施形態に係るUE200の動作について、第1実施形態との相違点を説明する。図5は、本実施形態に係るUE200の動作フロー図である。図5の初期状態では、UE200は接続状態(RRC connected state)であるとする。

ステップS201において、無線通信部210は、Immediate MDTに係るMeasurement Configuration情報をサービングセルから受信する。本実施形態では、当該Measurement Configuration情報は、絶対時間情報を含まない。Immediate MDT処理部261は、当該Measurement Configuration情報に含まれる測定パラメータを記憶部250に記憶する。

ステップS202において、無線通信部210は、ブロードキャストされるSIBを受信する。本実施形態では、SIBは、絶対時間情報を含む。

ステップS203において、Immediate MDT処理部261は、SIBに含まれる絶対時間情報を記憶部250に記憶するとともに、相対時間タイマ263を起動する。

ステップS204以降の動作は、第1実施形態に係るステップS103以降の動作と同様である。

(第2実施形態のまとめ)
以上説明したように、E−UTRAN10は、絶対時間情報をブロードキャストし、UE200は、E−UTRAN10からブロードキャストされる絶対時間情報を受信する。このように、UE200は、基地局からブロードキャストされる絶対時間情報を受信することで、絶対時間情報を取得できる。

[その他の実施形態]
上記のように、本発明は各実施形態によって記載したが、この開示の一部をなす論述及び図面はこの発明を限定するものであると理解すべきではない。この開示から当業者には様々な代替実施形態、実施例及び運用技術が明らかとなる。

第2実施形態では、相対時間タイマの使用を省略してもよい。絶対時間情報がSIBの一部としてブロードキャストされているため、UEは、接続障害が発生(S204)した際に、ブロードキャストされる絶対時間情報を単に取得し、その絶対時間をネットワークに送信する、又は後で送信する必要があれば絶対時間を記憶する。これは、ネットワークで時間が十分保証できる程度に、絶対時間のブロードキャスト周期が短いことを前提としている。この場合、RLFレポートは、相対時間情報を含まずに、ネットワークからブロードキャストされる絶対時間情報のみに基づく。

本発明は、接続状態のUE200により記録処理が行われるMDTの形態であるLogged MDT in Connectedにも適用できる。この場合、第1実施形態と同様にして、絶対時間情報は、Logged MDT in Connectedのための新たなLoggedMeasurementConfigurationメッセージに追加される必要がある。

上述した第2実施形態は、Immediate MDTがコンフィグレーションされるUE200に限らず、Immediate MDTがコンフィグレーションされないUE200に対しても適用可能である。

また、上述した各実施形態では、LTEに基づいて構成される移動通信システムを例に説明したが、LTEに限らず、MDTをサポートする他の移動通信システム(例えば、W−CDMA)に対して本発明を適用してもよい。

このように本発明は、ここでは記載していない様々な実施形態等を包含するということを理解すべきである。

なお、米国仮出願第61/389395号(2010年10月4日出願)の全内容が、参照により、本願明細書に組み込まれている。

以上のように、本発明に係る移動通信方法、無線端末、及び基地局によれば、ネットワークが誤ったパラメータ調整を行ってしまうことを防止できるため、移動体通信などの無線通信において有用である。

Claims (3)

  1. 無線端末がRRC接続状態においてネットワークとの接続障害の発生を検出した場合において、前記検出された接続障害に関する無線リンク障害レポートを前記無線端末が記録するステップと、
    前記接続障害を検出した後、前記無線端末が前記ネットワークとのRRC接続の確立に失敗した場合において、接続確立失敗に関する接続確立失敗情報を前記無線端末が記録するステップと、
    前記無線端末が前記ネットワークとのRRC接続を確立する際に、前記無線リンク障害レポートを保持していれば、前記無線リンク障害レポートを送信可能であることを示す通知を前記無線端末から前記ネットワークに送信するステップと、
    前記通知に対して前記ネットワークから送信される、前記無線リンク障害レポートの送信要求を前記無線端末が受信した場合に、前記接続障害が発生した時刻を特定するための第1の時間情報と前記無線端末の第1の無線測定情報とを含んだ前記無線リンク障害レポートを前記無線端末から前記ネットワークに送信するステップと、を有し、
    前記無線端末は、前記接続確立失敗の時刻を特定するための第2の時間情報と前記無線端末の第2の無線測定情報とを含んだ前記接続確立失敗情報も前記ネットワークに送信可能に構成されていることを特徴とする移動通信方法。
  2. 制御部を有する無線端末であって、
    前記制御部は、前記無線端末がRRC接続状態においてネットワークとの接続障害の発生を検出した場合において、前記検出された接続障害に関する無線リンク障害レポートを記録し、
    前記制御部は、前記接続障害を検出した後、前記無線端末が前記ネットワークとのRRC接続の確立に失敗した場合において、接続確立失敗に関する接続確立失敗情報を記録し、
    前記制御部は、前記無線端末が前記ネットワークとのRRC接続を確立する際に、前記無線リンク障害レポートを保持していれば、前記無線リンク障害レポートを送信可能であることを示す通知を前記ネットワークに送信し、
    前記制御部は、前記通知に対して前記ネットワークから送信される、前記無線リンク障害レポートの送信要求を前記無線端末が受信した場合に、前記接続障害が発生した時刻を特定するための第1の時間情報と前記無線端末の第1の無線測定情報とを含んだ前記無線リンク障害レポートを前記ネットワークに送信し、
    前記制御部は、前記接続確立失敗の時刻を特定するための第2の時間情報と前記無線端末の第2の無線測定情報とを含んだ前記接続確立失敗情報も前記ネットワークに送信可能に構成されていることを特徴とする無線端末。
  3. 無線端末に備えられるプロセッサであって、
    前記無線端末がネットワークとの接続障害の発生を検出した場合において、前記検出された接続障害に関する無線リンク障害レポートを記録するステップと、
    前記接続障害を検出した後、前記無線端末が前記ネットワークとのRRC接続の確立に失敗した場合において、RRC接続の確立失敗に関する接続確立失敗情報を記録するステップと、
    前記無線端末が前記ネットワークとのRRC接続を確立する際に、前記無線リンク障害レポートを保持していれば、前記無線リンク障害レポートを送信可能であることを示す通知を前記ネットワークに送信するステップと、
    前記通知に対して前記ネットワークから送信される、前記無線リンク障害レポートの送信要求を前記無線端末が受信した場合に、前記接続障害が発生した時刻を特定するための第1の時間情報と前記無線端末の第1の無線測定情報とを含んだ前記無線リンク障害レポートを前記ネットワークに送信するステップと、を実行し、
    前記接続確立失敗の時刻を特定するための第2の時間情報と前記無線端末の第2の無線測定情報とを含んだ前記接続確立失敗情報も前記ネットワークに送信可能に構成されていることを特徴とするプロセッサ。
JP2016052870A 2010-10-04 2016-03-16 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ Active JP6072959B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US38939510P true 2010-10-04 2010-10-04
US61/389,395 2010-10-04

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015153756 Division 2011-10-04

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016140097A JP2016140097A (ja) 2016-08-04
JP6072959B2 true JP6072959B2 (ja) 2017-02-01

Family

ID=45928109

Family Applications (5)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013531964A Active JP5546688B2 (ja) 2010-10-04 2011-10-04 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ
JP2014098507A Active JP5791757B2 (ja) 2010-10-04 2014-05-12 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ
JP2015153756A Active JP5905628B2 (ja) 2010-10-04 2015-08-04 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ
JP2016052870A Active JP6072959B2 (ja) 2010-10-04 2016-03-16 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ
JP2016254754A Active JP6140356B1 (ja) 2010-10-04 2016-12-28 基地局及び方法

Family Applications Before (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013531964A Active JP5546688B2 (ja) 2010-10-04 2011-10-04 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ
JP2014098507A Active JP5791757B2 (ja) 2010-10-04 2014-05-12 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ
JP2015153756A Active JP5905628B2 (ja) 2010-10-04 2015-08-04 移動通信方法、無線端末、及びプロセッサ

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016254754A Active JP6140356B1 (ja) 2010-10-04 2016-12-28 基地局及び方法

Country Status (6)

Country Link
US (3) US9100858B2 (ja)
EP (1) EP2625611A4 (ja)
JP (5) JP5546688B2 (ja)
KR (1) KR20130081289A (ja)
CN (1) CN103154899A (ja)
WO (1) WO2012047921A1 (ja)

Families Citing this family (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10595221B2 (en) * 2010-11-03 2020-03-17 Hfi Innovation, Inc. Method of MDT information logging and reporting
CN103856980B (zh) * 2012-11-28 2018-11-02 联发科技股份有限公司 连接建立失败报告方法和用户设备
US9661510B2 (en) 2012-03-30 2017-05-23 Mediatek Inc. Failure event report extension for inter-RAT radio link failure
US20130083667A1 (en) * 2011-10-03 2013-04-04 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Accessibility Measurements
US9272851B2 (en) * 2011-11-07 2016-03-01 Mediatek Inc. Minimization of drive tests for uplink link coverage
KR101616253B1 (ko) * 2012-01-26 2016-04-28 엘지전자 주식회사 무선 통신 시스템에서 보고 방법 및 이를 지원하는 장치
CN106454926B (zh) * 2012-05-04 2020-06-02 华为技术有限公司 链路覆盖问题确定方法、装置与系统
WO2013168776A1 (ja) * 2012-05-11 2013-11-14 京セラ株式会社 通信制御方法、ユーザ端末、プロセッサ、記憶媒体、及び基地局
US9185581B2 (en) 2012-05-11 2015-11-10 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Classifying failure reports as either current or stale for mobility robustness optimization adjustments
JP5984278B2 (ja) * 2012-10-15 2016-09-06 ノキア テクノロジーズ オーユー サービス要求後の遅延
US8891396B2 (en) * 2012-10-24 2014-11-18 Intel Mobile Communications GmbH Communication device, mobile terminal, method for requesting information and method for providing information
US9730090B2 (en) * 2012-11-15 2017-08-08 Mediatek, Inc. Radio link failure report extensions in mobile communication networks
JP2016504842A (ja) * 2012-12-07 2016-02-12 アルカテル−ルーセント ダウンリンク無線リンク状態を提供するための、epdcchで構成されたユーザ機器において使用するための方法および装置
EP2947927A4 (en) * 2013-01-18 2016-10-12 Kyocera Corp Communication control method, cellular base station and user terminal
CN104039023B (zh) * 2013-03-05 2018-05-22 电信科学技术研究院 一种进行rrc连接重建的方法及用户设备
US20140281756A1 (en) * 2013-03-14 2014-09-18 Ford Global Technologies, Llc Method and apparatus for tracking device interaction information
CN104919840A (en) * 2013-04-03 2015-09-16 富士通株式会社 Information processing method, measurement report triggering method and apparatus thereof, and communications system
WO2015010339A1 (zh) * 2013-07-26 2015-01-29 华为技术有限公司 无线网络kpi的测量方法、用户设备、网络设备以及系统
CN103501517B (zh) * 2013-09-23 2016-09-14 电信科学技术研究院 一种上报移动信息的方法、系统和设备
WO2015042779A1 (zh) * 2013-09-24 2015-04-02 华为技术有限公司 一种终端、基站及其发送失败信息的方法
JP6182276B2 (ja) * 2014-03-21 2017-08-16 ソニー株式会社 通信デバイスおよび方法
BR112017008031A2 (pt) * 2014-10-20 2018-01-23 Ericsson Telefon Ab L M proibição de indicações de falha para falha de grupo de células secundárias
JP6425076B2 (ja) * 2014-12-13 2018-11-21 尚史 本田 位置情報に基づく個人識別情報処理システム及び方法
US10524152B2 (en) * 2015-01-22 2019-12-31 Nokia Solutions And Networks Oy Coverage hole analysis
JP6451841B2 (ja) * 2015-06-02 2019-01-16 富士通株式会社 移動端末装置
TW201739630A (zh) 2016-05-02 2017-11-16 滿捷特科技公司 具有伸展和縮回經過維護模組之列印頭的印表機
US10021667B2 (en) * 2016-06-23 2018-07-10 Qualcomm Incorporated Positioning in beamformed communications
CN108810940B (zh) * 2017-04-28 2020-06-02 维沃移动通信有限公司 波束恢复处理方法和终端
US10736074B2 (en) 2017-07-31 2020-08-04 Qualcomm Incorporated Systems and methods to facilitate location determination by beamforming of a positioning reference signal

Family Cites Families (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IL151524D0 (en) * 2000-03-30 2003-04-10 Cellguide Ltd Providing time synchronization to a gps locator
DE60314331T2 (de) * 2002-05-03 2008-02-14 Innovative Sonic Ltd., Road Town Verfahren von Zellenaktualisierung via Leerlauf zwecks Stromsparung in einem UMTS Mobil nach gescheiterter Funkverbindung.
US7236795B2 (en) * 2004-02-26 2007-06-26 Lucent Technologies Inc. Controlling processor load in a wireless telecommunications network node
JP2006203792A (ja) 2005-01-24 2006-08-03 Fujitsu Ltd 移動端末からのエラー情報収集蓄積方法、移動端末及び局側のエラー情報収集蓄積装置
WO2006106921A1 (ja) * 2005-03-31 2006-10-12 Nec Corporation 移動通信のサービスレベル管理システム
US8068839B2 (en) * 2005-06-09 2011-11-29 Mitsubishi Electric Corporation Mobile radio communication system, base station apparatus, radio network controller, and mobile station
US7925255B2 (en) * 2006-12-14 2011-04-12 General Motors Llc Satellite radio file broadcast method
US8929202B2 (en) * 2007-06-13 2015-01-06 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Technique for handling radio link failure in a communication network
JP2009016948A (ja) 2007-06-29 2009-01-22 Kenwood Corp 電波状況管理システム、電波状況測定方法及び電波状況管理装置
CN101822095A (zh) * 2007-08-07 2010-09-01 夏普株式会社 移动通信系统、移动台装置、基站装置、通信方法和通信控制方法
KR101042829B1 (ko) * 2007-08-08 2011-06-20 삼성전자주식회사 개인 네트워크 셀을 가지는 무선 통신 시스템에서 무선링크 연결 장치 및 방법
EP2180731A4 (en) * 2007-08-16 2014-03-05 Nec Corp Radio communication system and method
JP5234004B2 (ja) * 2007-11-09 2013-07-10 日本電気株式会社 無線通信システム及び方法並びにプログラム
US8391906B2 (en) * 2007-11-16 2013-03-05 Qualcomm Incorporated Basing neighbor list updates on a radio link failure
US9066316B2 (en) 2007-11-19 2015-06-23 Qualcomm Incorporated Diagnostic monitoring by a wireless device
US8780732B2 (en) * 2008-03-18 2014-07-15 Qualcomm Incorporated Method of network management by assistance from terminal using control-plane signaling between terminal and network
WO2009123391A1 (en) * 2008-03-31 2009-10-08 Lg Electronics Inc. Reporting measurements from a mobile station to a network and associated handover control method
EP2324658B1 (en) 2008-08-11 2015-05-20 Alcatel Lucent Handover method and apparatus in a wireless communications network
JP4597234B2 (ja) * 2008-09-26 2010-12-15 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 移動局
WO2010040417A1 (en) * 2008-10-10 2010-04-15 Nokia Siemens Networks Oy Apparatus, method and program providing a confidence estimation of coverage hole detection
WO2010062043A2 (en) * 2008-11-03 2010-06-03 Lg Electronics Inc. Method and apparatus for rrc connection reestablishment in wireless communication system
US8837426B2 (en) * 2008-12-19 2014-09-16 Htc Corporation Method of handling cell selection for in a wireless communication system and related mobile device
US9107133B2 (en) * 2009-01-06 2015-08-11 Qualcomm Incorporated Adaptation of handover parameters
ES2368385T3 (es) * 2009-01-29 2011-11-16 Lg Electronics Inc. Esquema de transmisión de señales para una gestión eficaz del canal dedicado mejorado común.
CN101815314A (zh) 2009-02-20 2010-08-25 华为技术有限公司 发现无线网络问题的方法、装置及系统
US8700029B2 (en) * 2009-03-22 2014-04-15 Htc Corporation Method of handling radio link failure detection in a wireless communication system and related communication device
JPWO2010143428A1 (ja) * 2009-06-12 2012-11-22 パナソニック株式会社 基地局制御装置および携帯端末
KR101707683B1 (ko) * 2009-06-24 2017-02-16 엘지전자 주식회사 무선 통신 시스템상에서 단말의 측정 보고를 네트워크로 전송하는 방법
CN102804850B (zh) * 2009-06-26 2015-06-10 Lg电子株式会社 在无线通信系统中在切换失败时记录测量结果的方法
CN101938828B (zh) * 2009-06-29 2013-08-14 创新音速股份有限公司 处理跨系统交递的方法及通讯装置
US8295165B2 (en) * 2009-07-27 2012-10-23 Lg Electronics Inc. Apparatus and method for handling radio link failure in wireless communication system
WO2011039960A1 (ja) * 2009-10-02 2011-04-07 三菱電機株式会社 移動体通信システム
US8892101B2 (en) * 2009-11-23 2014-11-18 Nokia Corporation Radio problem detection assisted rescue handover
US8577360B2 (en) * 2010-04-12 2013-11-05 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) UE-based MDT measuring and reporting in a cellular radio access network
US8571542B2 (en) * 2010-06-21 2013-10-29 Htc Corporation Mobile communication device, service network, and methods for MDT log reporting
US8391887B2 (en) * 2010-08-13 2013-03-05 Research In Motion Limited Methods and apparatus to activate location measurements
US8553563B2 (en) * 2010-08-13 2013-10-08 Blackberry Limited Methods and apparatus to limit reporting of neighbor cell measurements

Also Published As

Publication number Publication date
US9100858B2 (en) 2015-08-04
JP2014143762A (ja) 2014-08-07
JP6140356B1 (ja) 2017-05-31
US20130189973A1 (en) 2013-07-25
KR20130081289A (ko) 2013-07-16
WO2012047921A1 (en) 2012-04-12
JP2015195621A (ja) 2015-11-05
EP2625611A1 (en) 2013-08-14
JP5905628B2 (ja) 2016-04-20
JP2013542675A (ja) 2013-11-21
JP5546688B2 (ja) 2014-07-09
US9961709B2 (en) 2018-05-01
US9420621B2 (en) 2016-08-16
JP2016140097A (ja) 2016-08-04
EP2625611A4 (en) 2016-12-07
US20160330785A1 (en) 2016-11-10
JP5791757B2 (ja) 2015-10-07
CN103154899A (zh) 2013-06-12
US20150289311A1 (en) 2015-10-08
JP2017108413A (ja) 2017-06-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6635279B2 (ja) 無線通信装置及び該無線通信装置により実行される方法
CN105027608B (zh) 在无线通信系统中报告mbms信息的方法及支持该方法的装置
US10555200B2 (en) Radio measurement collection method and radio terminal
EP2508022B1 (en) Method of mdt information logging and reporting
US10560857B2 (en) Radio communication system, radio terminal, radio network, radio communication method and program
CN103797846B (zh) 蜂窝无线电通信中的改进的切换鲁棒性
JP2020078093A (ja) 無線端末、第1の無線局、第2の無線局、及び制御方法
US8731543B2 (en) Method and apparatus for reporting a logged measurement in a wireless communication system
US9936412B2 (en) Method and device for performing a logged measurement in a wireless communication system
KR101496591B1 (ko) 무선 통신 시스템에서 로그된 측정 보고 방법 및 장치
KR101584463B1 (ko) 무선 통신 시스템에서 위치 정보를 함께 보고하는 방법 및 이를 지원하는 장치
KR101642517B1 (ko) 이동 통신 시스템에서 핸드오버 중에 상향 링크 동기 타이머를 조작하는 방법
KR101232615B1 (ko) 무선통신시스템 및 방법
US20130331104A1 (en) Base station apparatus, user equipment, and method used in mobile communication system
US9072025B2 (en) Method of measurement reporting and related communication device
EP2945413B1 (en) Detecting and reporting a radio network problem occurring in a second cell on a user equipment having a radio resource connection established in a first cell
KR20150082468A (ko) 통제 하에 로깅 및 리포팅을 콘트롤하기 위한 시스템 및 방법
WO2014025196A1 (ko) 무선 통신 시스템에서 이동성 정보 보고 방법 및 이를 지원하는 장치
JP5856338B2 (ja) 通信制御方法、ユーザ端末、プロセッサ、及び基地局
JP5869117B2 (ja) セル情報を通知し、セル・モビリティ・パラメータを調節する方法、端末、及び基地局
EP2833657A1 (en) Method and device for preserving mobility information in terminal state transition and effectively re-accessing in heterogeneous cell network in mobile communication system
US9544868B2 (en) Radio communication system, radio terminal, radio network, radio communication method and program
JP6100881B2 (ja) 電気通信システムにおける接続回復の方法及び配置構成
JP5922133B2 (ja) 3gppシステムで測定情報を制御する方法及び装置
EP2591625B1 (en) Methods and radio base stations for determining performance state of a cell

Legal Events

Date Code Title Description
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20160427

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160705

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160901

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161129

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161228

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6072959

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150