JP5898563B2 - ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設 - Google Patents

ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設 Download PDF

Info

Publication number
JP5898563B2
JP5898563B2 JP2012110128A JP2012110128A JP5898563B2 JP 5898563 B2 JP5898563 B2 JP 5898563B2 JP 2012110128 A JP2012110128 A JP 2012110128A JP 2012110128 A JP2012110128 A JP 2012110128A JP 5898563 B2 JP5898563 B2 JP 5898563B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
grapes
facility
power generation
main
serves
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012110128A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2013236566A (ja
Inventor
由行 岡木
由行 岡木
Original Assignee
由行 岡木
由行 岡木
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 由行 岡木, 由行 岡木 filed Critical 由行 岡木
Priority to JP2012110128A priority Critical patent/JP5898563B2/ja
Publication of JP2013236566A publication Critical patent/JP2013236566A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5898563B2 publication Critical patent/JP5898563B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P60/00Technologies relating to agriculture, livestock or agroalimentary industries
    • Y02P60/12Technologies relating to agriculture, livestock or agroalimentary industries using renewable energies, e.g. solar water pumping

Description

この発明は、ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設に関する。
太陽光を利用した発電は、今最も注目を集めている発電方法の一つである。その発電に用いるソーラーパネルが電気を生み出すには当然のごとく日照が必要である。
一方、ぶどうの栽培にも日照が必要である。ぶどうの葉によって光合成が行われてぶどうの木は成長するが、ぶどうの房に日光を当てることもぶどうの色付きのために必要である。しかしながら、雨や雹などはぶどうの房に害をもたらす。最近では皮ごと食べられる種無しぶどうが人気である。降雨は、種無しぶどうにするためのジベレリン処理を無駄にしてしまう。さらに、薬剤の雨による溶脱がぶどうの皮にサビをもたらし、見た目も悪くしてしまう。
上記のような露地栽培における害を防ぐため、ぶどう棚の上にビニール等の透明材料の屋根をトンネル状に設けることが提案されている。例えば、所定の間隔をおいて植えた栽培列中の各ぶどう樹の主枝を略一定の高さで地面と平行の方向にのびるように生長させ、該主枝からその長手方向に沿って生じる側枝の各々の長さを、該側枝に生じた結果母枝の芽の数が2個または1個になるよう毎年剪定して短く保ち、結果母枝から生じた新梢(結果枝)を下向きに垂らした状態で果実を実らせるぶどうの栽培方法において、地面と平行にのびた主枝の上方を透明材料の屋根でトンネル状に覆うことを特徴とするぶどうの栽培方法、および該方法の使用に適するぶどう栽培用棚(特許文献1第1頁、要約参照)が提案されている。
また、露地栽培の場合、雨や雹だけでなく、過度な日照がぶどうの栽培に害をもたらすことがある。例えば、夏場の強過ぎる日光や高温は、ぶどうの成長(光合成)を抑制し、日焼けや縮果病を発生させてしまう。さらに、夏季の降雨後の晴天で、水分を十分に吸ったぶどうの実が、太陽光によって急激に熱せられることで膨張して割れること(裂果)がある。このような害を防ぐためには。ぶどうの房に日除けが必要であった。
特開2005−160309号公報(第1頁、要約)
ぶどうの短梢栽培施設に関して解決しようとする問題点は、雨除けや日除けを行う施設は、ぶどうの生育期にのみ必要なものであるにもかかわらず、設置する費用が高額になってしまい、普及していないことにある。一方、太陽光発電施設に関して解決しようとする問題点は、適切な設置場所の確保ができないことにある。
本発明は、上記のような事情に鑑みてなされたものであり、ぶどうの房について雨除けや日除けができる共に、太陽光による発電ができるように、ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設を提供することを目的とする。
本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の一形態によれば、主幹から延長や分岐された主枝を、直線状であって地面に対して一定の高さで平行に伸びるように生長させ、長手方向に間隔をおいた前記主枝の複数の部位から両脇へそれぞれ側枝を短く伸ばし、該側枝に生じた新梢にぶどうの房が着果するように栽培するぶどうの短梢栽培に用いるため、ぶどうの枝を固定して支持するように設けられたぶどう棚と、前記ぶどうの房について雨除けや日除けができるように上方から覆うと共に、太陽光による発電ができるように、前記主枝の上側に該主枝に沿って長手方向へ延びる直列の帯状に設置された複数のソーラーパネルから構成される帯状発電パネル列とを具備することを特徴とする。
また、本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の一形態によれば、前記ぶどう棚が、前記ソーラーパネルを設置するための支持枠体を兼ねるように設けられていることを特徴とすることができる。
また、本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の一形態によれば、前記ソーラーパネルの傾斜角度を調整することができる角度調節機構部を備えることを特徴とすることができる。
また、本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の一形態によれば、複数列の前記主枝が所要の間隔をおいて平行に育成され、該複数列の前記主枝に対応して前記帯状発電パネル列も所要の間隔をおいて複数列に設置されていることを特徴とすることができる。
また、本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の一形態によれば、前記主枝が一本のぶどうの木から2列に育成されるように、該主枝が前記主幹から延長や分岐されてU字状やH字状の樹形に伸ばされて生長されていることを特徴とすることができる。
本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設によれば、ぶどうの房について雨除けや日除けができると共に、太陽光による発電ができることで、圃場及びその施設の有効活用ができるという特別有利な効果を奏する。
ぶどうの短梢栽培用施設の形態例を示す斜視図である。 本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の形態例を示す斜視図である。 本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の他の形態例を示す側面図である。 本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の他の形態例を示す斜視図である。
以下、本発明に係るぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設の形態例を添付図面(図1乃至図4)に基づいて詳細に説明する。
ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設は、ぶどう棚1と帯状発電パネル列20を備えるものである。なお、図1は、短梢栽培が行われるぶどう棚1のみの例を示す。
ぶどう棚1は、主幹10から延長や分岐された主枝11を、直線状であって地面50に対して一定の高さで平行に伸びるように生長させ、長手方向に間隔をおいた主枝11の複数の部位から両脇へそれぞれ側枝12を短く伸ばし、側枝12に生じた新梢にぶどうの房13が着果するように栽培するぶどうの短梢栽培に用いるため、ぶどうの枝を固定して支持するように設けられている。主枝11は、一本のぶどうの木から2列に育成されるように、主枝11が主幹10から延長や分岐されてU字状やH字状の樹形に伸ばされて生長されることが多い。図1は、主枝11がH字状の形状に伸ばされている例である。なお、主枝11が主幹10からT字状に分岐されて1列に伸ばす方法もある。
ぶどうの木は、従来、頭上に主枝11を広げて成長させる棚栽培によることが多かった。一方、本発明に関する短梢栽培によれば、ぶどうの木の主枝11を真っ直ぐに例えば東西に伸ばして生長させている。このため、整枝・せん定が簡単である。また、ぶどうの房13はそれぞれの側枝12において一つ着果させるため、新梢管理、着果調節等が容易である。なお、この主枝11の両側に位置する2つのぶどうの房13間の距離は、40cm程度に保たれている。ところで、主枝11を伸ばす方向は特に限定されないが、東西に伸ばすことで、ソーラーパネル21を適切に配置できる。但し、厳密に東西である必要はなく、設置場所の条件に適宜に対応させて配置すればよい。
ぶどう棚1は、東西に伸ばした主枝11に沿って主枝11を保持固定する横長の棒状体2とその棒状体2を支える地面50から立設された支持部材3と、側枝12を保持固定する、棒状体2に直交する枠状部材4とによって構成することができる。このぶどう棚1を構成する材料には特に限定されない。針金や金属製のパイプ或いはロープを用いることもできる。さらに、その材料は木材でもよく、耐久性の高いカラマツ材を支持部材3に用いてもよい。
帯状発電パネル列20は、ぶどうの房13について雨除けや日除けができるように上方から覆うと共に、太陽光による発電ができるように、主枝11の上側にその主枝11に沿って長手方向へ延びる直列の帯状に設置された複数のソーラーパネル21から構成される。
本形態例のソーラーパネル21は、図2に示すように矩形状であって、幅が80〜90cm、長さが160〜180cm程度の一般的に市販されているものである。この一般的な形状のソーラーパネル21の幅は、短梢栽培における主枝11の外側に着果するぶどうの房13間の距離より十分に長い。したがって、このソーラーパネル21は、ぶどうの雨除けや日除けに適切である。そして、ソーラーパネル21は、東西に延びたぶどうの主枝11に沿って長手方向へ並べることができるので発電に最適となる。なお、ソーラーパネル21の大きさは、特に長さは限定されないが、一般的なサイズのものを使用することで、コストを低減できる。ソーラーパネル21は、完全に日照を遮るものの他、ある程度の量の光を通過させることのできる例えばフィルム状の太陽電池を用いたものでもよい。
ソーラーパネル21は、図2に示すように、支持枠体5によって支持され太陽の軌跡に向けて南向きに傾斜させた状態で保持される。この場合、図3および図4に示すように、ぶどう棚1が、ソーラーパネル21を設置するための支持枠体を兼ねるように設けることもできる。これによりぶどう棚1とソーラーパネル21の支持枠体の材料の節約やスペースの節約となり、またソーラーパネル21を堅牢に保持することができる。
ソーラーパネル21の支持枠体5若しくは支持枠体5を兼用するぶどう棚1には、ソーラーパネル21の傾斜角度を調整することができる角度調節機構部7を備えることができる。
これによれば、降雨や降雹の場合にはソーラーパネル21を水平に保ち、出来るだけぶどうの房13に雨などがあたらないようにすることができる。また、日差しSが強い夏場には日差しSを最も効果的に遮る角度にソーラーパネル21を傾斜させることができる。一方、冬場には、太陽の軌跡に対応してソーラーパネル21の傾斜角度を大きくして日差しSがソーラーパネルに広く当たるようにして発電効果を上げることができる。これにより、ぶどうの圃場の広さを活用した太陽光発電が可能となる。なお、地面50に反射シートを置くことで、太陽光を適度に遮りつつ、光をぶどうの房13に当てることも可能である。
角度調整機構部7は、その角度を、モータを内蔵して自在に調整することができる。角度調整は、リモートコントロールにしたり、コンピュータによって最適な角度に自動的に調整したりすることも可能である。ソーラーパネル21は、ぶどうの房13の位置より50cm程度上に位置させることができる。このため手動で調整する場合でも角度調整は困難な作業とはならない。
さらに、角度調整機構部7によるソーラーパネル21の角度を自動的に調整する場合は、降雨センサー、温湿度センサー、日照センサーや紫外線センサーなどの気象状況を感知するセンサーを設置し、そのセンサーによって検出された情報に基づいて制御情報を出力する制御装置を介して角度調整を行うようにしてもよい。この角度調整の制御には、前述のセンサーによる情報や、インターネットなどの外部から取得できる気象情報を入力し、降雨や気温の変化などの気象現象を予測する機能を有するコンピュータソフトなどを用い、ソーラーパネル21の角度を調整するようにしてもよい。
角度調整機構部7は、一定の角度毎に間欠的にソーラーパネル21を固定することもできる。これによれば、ソーラーパネル21を強固に固定して強風や降雪に耐えるようにすることも可能となる。間欠的な固定手段の例としては、ソーラーパネル21に連結材を連結し、支持枠体5に複数設けた溝や孔とボルトで固定することがある。
複数列の主枝11が所要の間隔をおいて平行に育成され、複数列の主枝11に対応して帯状発電パネル列20も所要の間隔をおいて複数列に設置させることができる。これにより通常のソーラーパネル21の設置方法と同様に、主枝11に対応するソーラーパネル21が他の主枝11に対応するソーラーパネル21に対して影を作らないように設置できる。このため発電効果を上げることができる。主枝11をH字状又はU字状に伸ばす場合にも、同様である。なお、具体的なサイズとしては、例えば、平行に栽培される主枝11の間隔を240mmとし、支持枠体5の巾を例えば80〜90mmとすることができる。これによれば、農薬散布用自動車を走行できるなど、作業性を向上できる。
以上、本発明につき好適な形態例を挙げて種々説明してきたが、本発明はこの形態例に限定されるものではなく、発明の精神を逸脱しない範囲内で多くの改変を施し得るのは勿論のことである。
1 ぶどう棚
2 棒状体
3 支持部材
4 枠状部材
5 支持枠体
7 角度調整機構部
10 主幹
11 主枝
12 側枝
13 ぶどうの房
20 帯状発電パネル列
21 ソーラーパネル
50 地面
S 日差し

Claims (5)

  1. 主幹から延長や分岐された主枝を、直線状であって地面に対して一定の高さで平行に伸びるように生長させ、長手方向に間隔をおいた前記主枝の複数の部位から両脇へそれぞれ側枝を短く伸ばし、該側枝に生じた新梢にぶどうの房が着果するように栽培するぶどうの短梢栽培に用いるため、ぶどうの枝を固定して支持するように設けられたぶどう棚と、
    前記ぶどうの房について雨除けや日除けができるように上方から覆うと共に、太陽光による発電ができるように、前記主枝の上側に該主枝に沿って長手方向へ延びる直列の帯状に設置された複数のソーラーパネルから構成される帯状発電パネル列とを具備するぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設。
  2. 前記ぶどう棚が、前記ソーラーパネルを設置するための支持枠体を兼ねるように設けられていることを特徴とする請求項1記載のぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設。
  3. 前記ソーラーパネルの傾斜角度を調整することができる角度調節機構部を備えることを特徴とする請求項1又は2記載のぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設。
  4. 複数列の前記主枝が所要の間隔をおいて平行に育成され、該複数列の前記主枝に対応して前記帯状発電パネル列も所要の間隔をおいて複数列に設置されていることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設。
  5. 前記主枝が一本のぶどうの木から2列に育成されるように、該主枝が前記主幹から延長や分岐されてU字状やH字状の樹形に伸ばされて生長されていることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載のぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設。
JP2012110128A 2012-05-12 2012-05-12 ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設 Active JP5898563B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012110128A JP5898563B2 (ja) 2012-05-12 2012-05-12 ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012110128A JP5898563B2 (ja) 2012-05-12 2012-05-12 ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013236566A JP2013236566A (ja) 2013-11-28
JP5898563B2 true JP5898563B2 (ja) 2016-04-06

Family

ID=49762216

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012110128A Active JP5898563B2 (ja) 2012-05-12 2012-05-12 ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5898563B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR3019274B1 (fr) 2014-03-26 2020-05-22 Sun'r Procede de production d'energie electrique adapte aux cultures
JP2016208764A (ja) * 2015-04-27 2016-12-08 裕史 久保 太陽光発電システム

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06141707A (ja) * 1992-11-11 1994-05-24 Hokoku Kogyo Co Ltd 果樹棚装置
JP3227524B2 (ja) * 1993-02-05 2001-11-12 株式会社荏原製作所 植物栽培及び太陽光発電システム
JPH08256614A (ja) * 1995-03-24 1996-10-08 Ishimoto Nougiken:Kk 農作物栽培方法及び農作物栽培用遮光被覆材
JP2005160309A (ja) * 2003-11-28 2005-06-23 Suntory Ltd Gdcトンネル栽培法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2013236566A (ja) 2013-11-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3177129U (ja) モジュール化可能なソーラエネルギ施設の温室棚
ES2745329T3 (es) Procedimiento de generación de energía eléctrica adaptado a los cultivos
US20110067298A1 (en) System for protecting crops from the weather
JP5565988B2 (ja) 植物栽培システム
KR20040072192A (ko) 자동 개폐식 과수 비가림 하우스
JP5898563B2 (ja) ぶどうの短梢栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設
JP6302218B2 (ja) 植物栽培用施設を兼ねる太陽光発電施設及びその使用方法
KR102167311B1 (ko) 터널 하우스형 인삼 재배 시설
JP2014018082A (ja) ソーラー農業
RU2479986C1 (ru) Способ создания условий для выращивания теплолюбивых овощных культур в условиях открытого грунта и устройство для его реализации
WO2014114966A1 (en) Shelter for cultures in rows with solar and wind generators
KR102037591B1 (ko) 인삼밭 기반의 영농형 태양광 발전 시스템
Reddy Greenhouse technology
KR101212007B1 (ko) 골짜기형 비가림 장치
JP3203344U (ja) 農作物栽培建物
CN101563997A (zh) 一种露地葡萄促成防寒的栽培方法
Baeza et al. Protected cultivation in Europe
JP2010193837A (ja) 複数の太陽電池モジュールを配設した温室及び太陽電池モジュールの配設方法
KR20120051271A (ko) 작물 건조 및 재배용 다단계 하우스
KR102279501B1 (ko) 반사경을 이용한 식물의 재배구조
CN202385574U (zh) 防水增产型葡萄架
CN215074326U (zh) 柑橘生长架及柑橘棚架
CN207151345U (zh) 一种铁皮石斛的栽培设施
KR102256518B1 (ko) 식물 생산 공장의 관리시스템
KR101691028B1 (ko) 단동 하우스 터널형 인삼용 차양장치

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150420

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160212

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160301

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160304

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5898563

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250