JP5628718B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP5628718B2
JP5628718B2 JP2011059310A JP2011059310A JP5628718B2 JP 5628718 B2 JP5628718 B2 JP 5628718B2 JP 2011059310 A JP2011059310 A JP 2011059310A JP 2011059310 A JP2011059310 A JP 2011059310A JP 5628718 B2 JP5628718 B2 JP 5628718B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
state
winning
effect
stop
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011059310A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012192083A5 (ja
JP2012192083A (ja
Inventor
彰 水戸川
彰 水戸川
啓太 石原
啓太 石原
慶三 嶋津
慶三 嶋津
春貴 篠根
春貴 篠根
Original Assignee
株式会社ニューギン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Application filed by 株式会社ニューギン filed Critical 株式会社ニューギン
Priority to JP2011059310A priority Critical patent/JP5628718B2/ja
Publication of JP2012192083A publication Critical patent/JP2012192083A/ja
Publication of JP2012192083A5 publication Critical patent/JP2012192083A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5628718B2 publication Critical patent/JP5628718B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=47084583&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP5628718(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、遊技者による開始操作が行われることに基づいて複数列の図柄を変動させて行う1回の遊技が図柄表示手段で開始される遊技機に関するものである。

従来から、遊技機の一種であるパチンコ式スロットマシン(回胴式遊技機、以下「パチスロ」と示す)では、遊技媒体(以下「メダル」と示す)が用いられ、パチスロへのメダルの投入により遊技を開始することができるようになっている。このようなパチスロでは、ボーナス遊技とは異なる有利な状態を生起させるようにしたものが提案されている。そして、ボーナス遊技とは異なる有利な状態として、再遊技となる再遊技役(リプレイ役)の当選確率を上昇させるRT遊技状態を付与し、さらにRT遊技状態を継続させるように遊技のアシストを行うAT演出状態も合わせて付与するようにするものがある(例えば、特許文献1)。

特許文献1のパチスロでは、RT遊技状態であってAT演出状態であればRT遊技状態を継続させるためのストップボタンの押し順を報知することにより、RT遊技状態を継続させ得るようになっている。そして、RT遊技状態におけるAT演出状態は、遊技中に抽選されて当選したAT回数分の遊技が行われる間、付与されるようになっている。そして、特許文献1では、RT遊技状態におけるAT演出状態中、AT回数を上乗せ(追加)する抽選を行うようにしている。

特開2010−99330号公報

ところで、特許文献1のようなパチスロでは、RT遊技状態におけるAT演出状態中に、ボーナス遊技が付与される場面もあり得る。そして、特許文献1のようにAT回数を上乗せ(追加)するようなパチスロであれば、RT遊技状態におけるAT演出状態中のボーナス遊技が付与される場面でも、AT回数を上乗せ(追加)可能にすることが考えられる。しかしながら、ボーナス遊技中にもAT回数を上乗せ(追加)可能にする場合には、ボーナス遊技中に上乗せ(追加)されたAT回数が遊技者の予測に反して少なかったりすると、折角、ボーナス遊技が付与されているのに、却って遊技の興趣の低下に繋がってしまう可能性があった。

この発明は、このような従来技術に存在する問題点に着目してなされたものであり、その目的は、特別遊技状態中に特定状態が行われても遊技の興趣を向上させることのできる遊技機を提供することになる。

上記目的を達成するために請求項1に記載の発明は、遊技者による開始操作が行われることに基づいて複数列の図柄を変動させて行う1回の遊技が図柄表示手段で開始され、1回の遊技の開始に基づき各列の図柄の変動が開始された後、遊技者による停止操作に基づいて対応する列の図柄が停止され、前記1回の遊技が開始されるに際し複数の当選役の中から当選役を抽選する当選役抽選手段と、前記当選役抽選手段で抽選結果に応じた制御内容で、前記停止操作に基づいて対応する列の図柄の停止制御を行う停止制御手段と、を備え、前記停止制御により全列の図柄が停止された結果、前記図柄表示手段の入賞ライン上に停止表示された図柄に基づく停止結果に対応する制御が行われる遊技機において、特定条件が成立する場合、特定終了条件が成立するまでの各遊技を特定状態で行わせる一方、第1特別条件が成立する場合、設定される第1継続回数分の各遊技を第1特別遊技状態で行わせるとともに、第2特別条件が成立する場合、第2特別終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記第1継続回数を増加させる増加回数を抽選する増加抽選を行う第2特別遊技状態で行わせ、前記第1特別遊技状態又は前記第2特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、それまでの遊技状態を中断させて前記特定状態の終了後に再開させる遊技実行手段を備え、前記遊技実行手段は、前記第2特別遊技状態での遊技の終了に伴い、該第2特別遊技状態での遊技の間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知する一方、前記第2特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記増加抽選を行い得る前記特定状態を行わせるとともに、該特定状態での遊技の終了後、再開された前記第2特別遊技状態での遊技の終了に伴い、前記第2特別遊技状態と前記特定状態での合わせた遊技の間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知することを要旨とする。

請求項2に記載の発明は、開始操作が行われることに基づいて複数列の図柄を変動させて行う遊技が図柄表示手段で開始され、遊技の開始に基づき各列の図柄の変動が開始された後、停止操作に基づいて対応する列の図柄が停止され、前記遊技が開始されるに際し複数の当選役の中から当選役を抽選する当選役抽選手段と、前記当選役抽選手段で抽選結果に応じた制御内容で、前記停止操作に基づいて対応する列の図柄の停止制御を行う停止制御手段と、を備え、前記停止制御により全列の図柄が停止された結果、前記図柄表示手段の入賞ライン上に停止表示された図柄に基づく停止結果に対応する制御が行われる遊技機において、第1特別条件が成立する場合、設定される第1継続回数分の遊技において第1特別遊技状態を実行させ、第2特別条件が成立する場合、第2特別終了条件が成立するまで前記第1継続回数を増加させる増加抽選を行うことの可能な第2特別遊技状態を実行させ、前記第2特別遊技状態において特定条件が成立する場合、特定終了条件が成立するまで前記増加抽選を行うことの可能な特定状態を実行させる遊技実行手段を備え、前記遊技実行手段は、前記第2特別遊技状態の終了に伴い、該第2特別遊技状態において前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知する一方、前記第2特別遊技状態において前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまで前記増加抽選を行い得るとともに、該特定状態の終了後、再開された前記第2特別遊技状態の終了に伴い、前記第2特別遊技状態と前記特定状態での間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知することを要旨とする。

本発明によれば、特別遊技状態中に特定状態が行われても遊技の興趣を向上させることができる。

パチスロの機表側を示す正面図。 各リールの図柄の配列を説明する説明図。 入賞ラインを説明する説明図。 (a)、(b)は入賞ラインと非入賞ラインを説明する説明図。 賞態様を説明する説明図。 パチスロの電気的構成を示すブロック図。 (a)〜(c)は当選役決定テーブルを説明する説明図。 停止制御を説明する説明図。 遊技状態の移行の態様を説明する説明図。 演出状態の移行の態様を説明する説明図。 (a)〜(g)は演出表示装置での表示演出を説明する説明図。 上乗せ移行抽選及びART中回数抽選を説明する説明図。 上乗せ中回数抽選を説明する説明図。 ストックナビ抽選を説明する説明図。 RB中回数抽選を説明する説明図。 特別RB中回数抽選を説明する説明図。 上乗せART演出状態における遊技の流れを説明する説明図。

以下、本発明を遊技機の一種であるパチンコ式スロットマシン(回胴式遊技機、以下、「パチスロ」と示す)に具体化した一実施形態を図1〜図17に基づいて説明する。
図1には、本実施形態のパチスロ10の機表側が略示されており、パチスロ10は、前面を開口した直方体状の本体11と、当該本体の左側縁側に対して回動開閉可能に軸支された前面扉12とを備えている。前面扉12の前面上部には、遊技中(変動ゲーム中)に表示演出を行う液晶表示装置からなる演出装置としての演出表示装置14が配設されている。また、前面扉12の上部には、演出表示装置14を囲うように各種の演出効果光を発するランプRが設けられている。

前面扉12の前面中央には、中央パネル15が設けられているとともに、当該中央パネル15には、機内部に配設される図柄表示手段としてのドラムユニット13を透視可能な透視窓16が設けられている。透視窓16は、中央パネル15と一体形成された合成樹脂板から構成されている。ドラムユニット13は、各種の図柄が印刷された投光性を有する帯状のリールシートが外周に巻装された左リール13Lと、中リール13Cと、右リール13Rとから構成されている。そして、透視窓16には、左リール13Lを第1図柄列として、該第1図柄列が配置される隣には第2図柄列としての中リール13Cが配置し、該第2図柄列が配設される隣には第3図柄列としての右リール13Rが配置している。ドラムユニット13の各リール(左リール13L、中リール13C、及び右リール13R)に印刷される各図柄は、図2に示すように予め定められた順に各図柄がそれぞれに配列されている。ドラムユニット13の左リール13Lには、図柄L00〜図柄L20の21個の図柄が配列されている。また、中リール13Cには、図柄C00〜図柄C20までの21個の図柄が配列されている。また、右リール13Rには、図柄R00〜図柄R20までの21個の図柄が配列されている。そして、変動ゲームにおいて左リール13Lでは、図柄L00、図柄L01・・・図柄L20、図柄L00の順に透視窓16に表示されるように変動する。また、変動ゲームにおいて中リール13Cでは、図柄C00、図柄C01・・・図柄C20、図柄C00の順に透視窓16に表示されるように変動する。また、変動ゲームにおいて右リール13Rでは、図柄R00、図柄R01・・・図柄R20、図柄R00の順に透視窓16に表示されるように変動する。

なお、本実施形態において各リールでは、「REPLAY」の文字が装飾された図柄(図柄L00など(リプレイ図柄)、「BAR」の文字が装飾された図柄(図柄L01など(バー図柄))、「☆(星)」を模して「A」が付された図柄(図柄L02など(ブランクA図柄))がそれぞれ配列されている。また、各リールでは、「ベル」を模した図柄(図柄L05など(ベル図柄))、「スイカ(すいか)」を模した図柄(図柄L06など(スイカ図柄))、「7」を模した図柄(図柄L08など(セブン図柄))、「☆(星)」を模して「B」が付された図柄(図柄L09など(ブランクB図柄))がそれぞれ配列されている。また、各リールでは、「チェリー」を模した図柄(図柄C15など)がそれぞれに配列されている。なお、本実施形態におけるブランクA図柄及びブランクB図柄は、これらの組み合わせにより賞を付与し得る図柄となっている。以下では、各図柄を、「図柄」を省いて、「リプレイ」、「バー」、「ベル」、「スイカ」、「セブン」と示す場合もある。また、以下では、「ブランクA図柄」を「A」と示したり、「ブランクB図柄」を「B」と示したりする場合もある。

そして、各リールは、各々に対応して設けられたステッピングモータ(図示しない)により独立して縦方向に回転及び停止するように構成されており、各リールが回転することによって透視窓16には各種図柄が連続的に変化しつつ表示(変動)されるようになっている。そして、各リールの回転が停止した場合、透視窓16には、各リールのリールシートに印刷された複数の図柄のうち、連続する3つの図柄が上段、中段、下段の位置に停止表示されるようになっている。このため、透視窓16は、各リールにおいて3つの図柄が表示可能な大きさで形成されている。また、各リールには、該各リールの回転位置を検出するためのリールセンサSE1,SE2,SE3(図6に示す)が各リールにそれぞれ対応するように設けられている。

また、パチスロ10には、図3に示すように、透視窓16から透視可能な図柄の表示領域において、停止表示される図柄の組み合わせ(図柄組み合わせ)を規定する複数(本実施形態では7本)の図柄停止ラインが形成されている。本実施形態のパチスロ10では、図柄停止ラインとして、停止表示される図柄の組み合わせを入賞と判定し得る入賞ラインL1,L2,L3,L4(実線で示す)と、停止表示される図柄の組み合わせを入賞と判定し得ない非入賞ラインL5,L6,L7(破線で示す)が形成されている。すなわち、入賞ラインL1〜L4は、これら図柄停止ライン上に停止表示された図柄の組み合わせが賞を付与する態様である場合、該図柄の組み合わせに応じた賞を付与することとして有効と判定する有効ラインとなる。また、以下の説明で、単に「入賞ライン」と示す場合には、入賞ラインL1〜L4を示すものとする。また、非入賞ラインL5〜L7は、これら図柄停止ライン上に停止表示された図柄の組み合わせが賞を付与する態様と同一態様であったとしても、該図柄の組み合わせに応じた賞を付与しないこととして無効と判定する無効ラインとなる。また、以下の説明で、単に「非入賞ライン」と示す場合には、非入賞ラインL5〜L7を示すものとする。

具体的に説明すると、本実施形態の透視窓16では、図3に示すように9つの図柄停止位置D1〜D9に各列の図柄が停止表示されるようになっている。これら9つの図柄停止位置D1〜D9は、縦方向に上段、中段、下段に対応するとともに、横方向に左リール13L、中リール13C、右リール13Rに対応するよう3列に配置されている。そして、遊技者側から見て左側の上に位置する左リール用上停止位置D1と、遊技者側から見て左側の中央に位置する左リール用中停止位置D2と、遊技者側から見て左側の下に位置する左リール用下停止位置D3は、左リール13Lに対応する図柄停止位置とされ、左リール13Lの図柄配列において連続する3個の図柄が表示されるようになっている。また、遊技者側から見て中側の上に位置する中リール用上停止位置D4と、遊技者側から見て中側の中央に位置する中リール用中停止位置D5と、遊技者側から見て中側の下に位置する中リール用下停止位置D6は、中リール13Cに対応する図柄停止位置とされ、中リール13Cの図柄配列において連続する3個の図柄が表示されるようになっている。また、遊技者側から見て右側の上に位置する右リール用上停止位置D7と、遊技者側から見て右側の中央に位置する右リール用中停止位置D8と、遊技者側から見て右側の下に位置する右リール用下停止位置D9は、右リール13Rに対応する図柄停止位置とされ、右リール13Rの図柄配列において連続する3個の図柄が表示されるようになっている。

そして、透視窓16では、左リール用上停止位置D1、中リール用中停止位置D5、及び右リール用上停止位置D7によって入賞ラインL1(有効)が形成される。また、透視窓16では、左リール用下停止位置D3、中リール用中停止位置D5、及び右リール用下停止位置D9によって入賞ラインL2(有効)が形成される。また、透視窓16では、左リール用上停止位置D1、中リール用中停止位置D5、及び右リール用下停止位置D9によって入賞ラインL3(有効)が形成される。また、透視窓16では、左リール用下停止位置D3、中リール用中停止位置D5、及び右リール用上停止位置D7によって入賞ラインL4(有効)が形成される。

また、透視窓16では、左リール用上停止位置D1、中リール用上停止位置D4、及び右リール用上停止位置D7によって非入賞ラインL5(無効)が形成される。また、透視窓16では、左リール用中停止位置D2、中リール用中停止位置D5、及び右リール用中停止位置D8によって非入賞ラインL6(無効)が形成される。また、透視窓16では、左リール用下停止位置D3、中リール用下停止位置D6、及び右リール用下停止位置D9によって非入賞ラインL7(無効)が形成される。

そして、図4(a),(b)に示すように、例えば、左から順に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]の図柄の組み合わせが停止表示される場合には、図4(a)及び図4(b)の何れにおいても一直線上にリプレイ図柄が並んで停止表示されている状態となる。この場合には、図4(a)であれば、リプレイ図柄により入賞ラインL3(有効)を形成している、すなわち[リプレイ・リプレイ・リプレイ]が入賞ラインL3(有効)上に停止表示されていることになる。このため、図4(a)の場合には、[リプレイ・リプレイ・リプレイ]の図柄の組み合わせが有効とされて、後述する再遊技が付与されることになる。一方、図4(b)であれば、リプレイ図柄により非入賞ラインL5(無効)を形成している、すなわち[リプレイ・リプレイ・リプレイ]が非入賞ラインL5(無効)上に停止表示されていることになる。このため、図4(b)の場合には、[リプレイ・リプレイ・リプレイ]の図柄の組み合わせが無効とされて、後述する再遊技が付与される図柄の組み合わせが停止表示されているが、該再遊技が付与されないことになる。

また、中央パネル15には、変動ゲームに関わる情報を報知する表示部19が構成されている。表示部19には、投入可能表示用LED20a、再遊技表示用ランプ20b、ウェイト表示用LED20c、状態ランプ20d、賭数表示部21、貯留枚数表示部22、賞枚数表示部23、ゲーム情報表示部24が形成されている。

投入可能表示用LED20aは、変動ゲームのベット数を設定可能な状態、又は機本体に遊技媒体としてのメダルを投入可能な状態である時に点灯し、変動ゲームが開始される、又は最大のベット数(MAXBET)が設定され且つ貯留データ(クレジット)がクレジット上限枚数に達した場合に消灯する。再遊技表示用ランプ20bは、変動ゲームにおいて再遊技役(遊技者によりベット数を設定することなく内部的にベット数が自動的に設定されて次回の変動ゲームを開始させることができる状態を付与する役)が入賞した場合に点灯する。ウェイト表示用LED20cは、ウェイトタイム中にスタート操作が検出された場合に点灯し、ウェイトタイムが経過した後に消灯する。ウェイトタイムは、変動ゲームがあまり速く進行し過ぎてしまうことを規制するために設定された最短遊技時間であり、このウェイトタイム中にスタート操作が検出されると、ウェイトタイムが経過した後に各リールの回転動作が開始するように設定されている。状態ランプ20dは、変動ゲームの進行に合わせて点灯/消灯をする。

また、賭数表示部21は、3つのランプから構成されており、変動ゲームのベット数に応じてランプが点灯する。1ベット(1BET)で最も下のランプが点灯し、2ベット(2BET)で最も下のランプと真ん中のランプとが点灯し、3ベット(3BET)で全てのランプが点灯する。貯留枚数表示部22は、機内部で貯留しているクレジット数を表示する。賞枚数表示部23は、変動ゲーム中に入賞が発生した場合に、当該入賞に基づいて遊技者に付与される賞メダルの枚数が表示される。ゲーム情報表示部24では、ボーナス遊技(ビッグボーナスゲーム)中の払出枚数の総数を表示する。また、ゲーム情報表示部24では、ボーナス遊技(レギュラーボーナス)中の小役の入賞回数と残り回数とを表示する。

また、前面扉12の前面において中央パネル15の右下方位置には、メダル投入口27が配設されている。メダル投入口27の奥方には、メダルの通過を検知するメダルセンサSE4(図6に示す)が配設されている。また、前面扉12の前面において中央パネル15の左下方位置には、左から順にBETボタン28、及びMAXBETボタン29が設けられている。BETボタン28は、機内部で貯留記憶されているクレジットから1ベット分(1枚分)を変動ゲームのベット数(賭数)としてベットする(賭ける)際に押圧(操作)するボタンである。また、MAXBETボタン29は、1回の変動ゲームにおいて許容されるベット数の最大ベット数(本実施例では3ベット分(3枚分))を変動ゲームのベット数としてベットする(賭ける)際に押圧(操作)するボタンである。

また、前面扉12の前面において各BETボタン28,29の下方位置には、精算スイッチ31が設けられている。精算スイッチ31は、変動ゲームの開始に伴ってベットされたメダル(遊技媒体)、又は機内部に貯留記憶されているクレジットを払い戻すときに使用(操作)するスイッチである。また、精算スイッチ31の右方位置には、変動ゲームを開始する際に操作するスタートレバー32が設けられている。そして、パチスロ10では、ベット数の設定終了後にスタートレバー32を操作することにより、各リールの回転動作が開始されるようになっている。

スタートレバー32の右方位置には、遊技者により操作されるストップボタン33L,33C,33Rが設けられている。ストップボタン33L,33C,33Rは、回転しているリールを停止させるためのボタンであり、各リールに対応して3個のストップボタンがある。

また、前面扉12の前面における下部中央部にはメダル排出口36が形成されている。また、前面扉12の前面における下部には、メダル排出口36から排出されたメダルを受ける受皿37とともに、音声演出を行うスピーカ18が配設されている。

また、図1に破線で示すように、パチスロ10本体においてドラムユニット13の下方となる位置には、パチスロ10内部において、投入されたメダルを貯留するためのホッパー38が配置されている。このホッパー38の下方側にはメダル排出口36が位置し、図柄の組み合わせが遊技者に賞メダルを付与する予め定める賞態様(役)になった場合には、ホッパー38に貯留されたメダルがメダル排出口36へと払出されるようになっている。前面扉12の裏面側においてメダル投入口27の下方位置には、該メダル投入口27とホッパー38とを繋ぐようにメダルセレクター39が配設されている。

次に、遊技者が遊技(変動ゲーム)を行うための操作や、この操作に伴う各種装置の作動状況を説明する。
遊技(変動ゲーム)を開始させることが可能な状態において、ベット数を設定するには、BETボタン28、又はMAXBETボタン29の何れかを操作する。BETボタン28が操作された場合には、貯留記憶されているクレジットから1ベット分の枚数(メダル1枚)相当分のクレジットがベット数(賭数)として設定される。また、MAXBETボタン29が操作された場合には、貯留されているクレジットから対象とする遊技(変動ゲーム)で設定可能な最大ベット数分のクレジットがベット数(賭数)として設定される。なお、本実施形態のパチスロ10では、3ベットによる変動ゲームを許容するようになっている。

また、パチスロ10では、メダル投入口27からベット数に相当する枚数のメダルを投入することで各ベット数を設定することが可能であって、メダル1枚を投入するとき1ベット分のベット数が設定されるとともに、メダル3枚を投入するとき3ベット分のベット数が設定される。なお、対象とする遊技で設定可能な最大ベット数(本実施形態では3ベット)を超える分のメダルがメダル投入口27から投入される場合、クレジット機能を使用している時にはクレジットとして記憶される一方で、クレジット機能を使用していない時には図示しない経路を辿ってメダル排出口36から遊技者に払出される(返却される)ようになっている。

本実施形態のパチスロ10では、図3に示すように4本の入賞ラインを定めている。そして、遊技者によりBETボタン28、及びMAXBETボタン29が操作されると、それぞれのベット数が設定されるとともに4本の入賞ラインが有効となるように設定される。入賞ラインが有効になるとは、当該入賞ライン上に表示された図柄の組み合わせが有効となることで、有効な入賞ライン上に表示された図柄の組み合わせに応じた制御(賞メダルの払出しなど)が行われる。本実施形態における変動ゲームでは常に4本の入賞ラインが有効となるよう構成されている。

上記のようにベット数が設定され、スタートレバー32の操作が受付可能な状態、すなわち、ゲーム開始可能な状態で遊技者がスタートレバー32を操作する開始操作を行えば、ドラムユニット13の各リールが回転し、透視窓16には複数種類の図柄が連続的に変化するように表示される。その後、各リールが回転して所定時間が経過すると、各ストップボタン33L,33C,33Rの操作が受付可能になる。そして、遊技者により各ストップボタン33L,33C,33Rが操作されると、対応する各リールが停止され、透視窓16からは対応する列の上段、中段及び下段に図柄が表示される。

そして、各リールの全てが停止された時点で、有効化された入賞ラインの何れかに停止表示された図柄の組み合わせが予め定めた賞態様を形成する場合に入賞となり、入賞した賞態様に応じた特典(賞)が遊技者に付与される。例えば、賞として賞メダルを付与する場合には、入賞した賞態様に応じた枚数のメダルが賞メダルとして遊技者に付与される。また、特に予め定められた図柄の組み合わせが表示されてボーナス役が入賞した場合等にあっては、一般遊技とは異なり、遊技者にとって有利な、すなわち大量の賞メダルを獲得できるボーナス遊技が発生し、ボーナス遊技(ビッグボーナスゲームやレギュラーボーナスゲーム)が遊技者に付与される。なお、一般遊技とは、ボーナス遊技でない遊技(変動ゲーム)を示している。

本実施形態のパチスロ10では、スタートレバー32の開始操作を開始契機として1回の変動ゲーム(遊技)が開始し、ストップボタン33L,33C,33Rの停止操作により図柄の組み合わせが停止表示(停止)されることを1回とする変動ゲーム(遊技)が行われる。なお、図柄の組み合わせに応じて賞メダルが払出される場合には、賞メダルの払出しが完了したことを終了契機として1回の変動ゲーム(遊技)が終了する。

本実施形態のパチスロ10において、入賞ライン上に停止表示される図柄の組み合わせについて図5に基づき説明する。
図5には、内部で決定される当選役に基づき入賞ライン上に停止表示する図柄の組み合わせ(停止結果)と、該図柄の組み合わせに対応する賞とを示した役構成が示されている。

本実施形態では、図5に示される当選役に対応する図柄の組み合わせのいずれも有効とされる入賞ライン上に停止表示されていない場合には、1枚以上の賞メダルが遊技者に付与されないようになっている。なお、以下では、図5に示される何れにも対応しない図柄の組み合わせにより入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「はずれ停止目」と示す。

また、[ANY・チェリー・ANY]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、遊技状態に応じて1枚又は15枚の賞メダルを払出すことを定めている。なお、この場合には、入賞ラインを形成する左リール13L及び右リール13Rの各停止位置に停止表示される図柄は何れの図柄(「ANY」)でもよい。以下では、[ANY・チェリー・ANY]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「チェリー停止目」と示す。そして、チェリー停止目は、内部抽選で当選役として「チェリー役」が決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

また、[スイカ・スイカ・スイカ]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、遊技状態に応じて3枚又は15枚の賞メダルを払出すことを定めている。以下、[スイカ・スイカ・スイカ]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「スイカ停止目」と示す。そして、スイカ停止目は、内部抽選で当選役として「スイカ役」が決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

また、[ベル・ベル・ベル]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、遊技状態に応じて9枚の賞メダルを払出すことを定めている。以下、[ベル・ベル・ベル]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、第1停止結果としての「ベル停止目」と示す。そして、ベル停止目は、内部抽選で当選役として「左正解ベル役1,2,3,4(4種類)」、「中正解ベル役1,2,3,4(4種類)」、及び「右正解ベル役1,2,3,4(4種類)」の何れかが決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

また、[A/B・A/B・A/B]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、遊技状態に応じて9枚の賞メダルを払出すことを定めている。なお、[A/B]は、A図柄及びB図柄の何れでもよいことを示す。以下、[A/B・A/B・A/B]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、第2停止結果としての[ブランク停止目]と示す。そして、ブランク停止目は、内部抽選で当選役として「左正解ベル役1,2,3,4(4種類)」、「中正解ベル役1,2,3,4(4種類)」、及び「右正解ベル役1,2,3,4(4種類)」の何れかが決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

また、[A/B・A/B・ベル/リプレイ]、[A/B・ベル/セブン・A/B]、又は[ベル/セブン・A/B・A/B]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、遊技状態に関係なく1枚以上の賞メダルを払出さないとともに、遊技状態が後述するRT2遊技の状態であれば「終了目」とすることを定めている。なお、[ベル/リプレイ]は、「ベル」及び「リプレイ」の何れの図柄でもよいことを示し、[ベル/セブン]は、「ベル」及び「セブン」の何れの図柄でもよいことを示す。以下、[A/B・A/B・ベル/リプレイ]、[A/B・ベル/セブン・A/B]、又は[ベル/セブン・A/B・A/B]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、第3停止結果としての[バラケ停止目]と示す。そして、バラケ停止目は、内部抽選で当選役として「左正解ベル役1〜4」、「中正解ベル役1〜4」、及び「右正解ベル役1〜4」の何れかが決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

このため、本実施形態における「チェリー役」、「スイカ役」、「左正解ベル役1〜4」、「中正解ベル役1〜4」、「右正解ベル役1〜4」は、入賞ライン上に停止表示される図柄の組み合わせに基づいて賞メダルを払出すことを定める当選役(払出役)となる。また、以下の説明で、単に「ベル役」と示す場合には、「左正解ベル役1〜4」、「中正解ベル役1〜4」、及び「右正解ベル役1〜4」を示すものとする。また、以下の説明で、単に「左正解ベル役」と示す場合には、「左正解ベル役1〜4」を示すものとする。また、以下の説明で、単に「中正解ベル役」と示す場合には、「中正解ベル役1〜4」を示すものとする。また、以下の説明で、単に「右正解ベル役」と示す場合には、「右正解ベル役1〜4」を示すものとする。

また、[リプレイ・リプレイ・リプレイ]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、遊技者がベット数をベットすることなく内部で自動的にベット数が設定されることで次の変動ゲームを行う再遊技を付与することを定めている。以下、[リプレイ・リプレイ・リプレイ]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「リプレイ停止目」と示す。そして、リプレイ停止目は、内部抽選で当選役として「通常リプレイ役」が決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。また、リプレイ停止目は、後述するNRT遊技であれば「通常目」とすることを定めている。

また、[ベル・ベル・チェリー]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、再遊技を付与するとともに、「突入目」とすることを定めている。以下、[ベル・ベル・チェリー]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「特殊リプレイ停止目」と示す。そして、特殊リプレイ停止目は、内部抽選で当選役として「中正解特殊リプレイ役」及び「右正解特殊リプレイ役」の何れかが決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

このため、本実施形態における「通常リプレイ役」、「中正解特殊リプレイ役」、及び、「右正解特殊リプレイ役」は、入賞ライン上に停止表示される図柄の組み合わせに基づいて再遊技を付与することを定める当選役(再遊技役)となる。再遊技が付与される場合、遊技者はベット数をベットすることなく次の変動ゲームを行うことができる。そして、再遊技によりベット数が設定される場合には、再遊技が付与される契機となった変動ゲームで設定されたのと同一ベット数を設定することになる。なお、再遊技役では、遊技者に賞メダルが払い出されるわけではなく、再遊技役が停止表示した変動ゲームが行われたベット数と同じベット数で次の変動ゲームを行うことができるのみであって、賞としてメダルが遊技者に払い出されるわけではない。すなわち、遊技者は、再遊技役の入賞によっては賞メダルを獲得するわけではない。また、以下の説明で、単に「特殊リプレイ役」と示す場合には、「中正解特殊リプレイ役」、及び「右正解特殊リプレイ役」を示すとともに、単に「再遊技役」と示す場合には、「通常リプ役」、「中正解特殊リプレイ役」、及び「右正解特殊リプレイ役」を示すものとする。

本実施形態では、上述した「チェリー役」、「スイカ役」、「ベル役」、「リプレイ役」が小役となる。
また、[セブン・セブン・セブン]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、ボーナス遊技が開始(生起)されて「ビッグボーナスゲーム(以下、「BB遊技」と示す)」を付与することを定めている。以下、[セブン・セブン・セブン]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「BB停止目」と示す。そして、BB停止目は、内部抽選で当選役として「BB役」が決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

また、[セブン・セブン・バー]が何れかの入賞ライン上に停止表示される場合には、ボーナス遊技が開始(生起)されて「レギュラーボーナスゲーム(以下、「RB遊技」と示す)」を付与することを定めている。以下、[セブン・セブン・バー]により入賞ラインを形成している場合の図柄の組み合わせを、「RB停止目」と示す。そして、RB停止目は、内部抽選で当選役として「RB役」が決定されている場合に入賞する賞態様に定められている。

本実施形態において、BB役及びRB役は、遊技状態としてBB遊技又はRB遊技のボーナス遊技を作動(開始)させる契機となる当選役(ボーナス役)である。
また、本実施形態のパチスロ10には、再遊技役(通常リプレイ役、特殊リプレイ役)の当選確率を変動させて、遊技状態としてボーナス遊技以外における一般遊技を制御するRT機能(再遊技役確率変動機能)が搭載されている。本実施形態における一般遊技は、RT機能の作動態様に応じた状態に制御されるとともに、RT機能の作動中にはその種類に応じた状態に制御される。具体的に、RT機能の作動中の一般遊技では、RT1遊技に制御される場合と、RT2遊技に制御される場合とがある。また、RT機能の非作動中の一般遊技では、NRT遊技に制御される。以下の説明で、単に「NRT遊技」と示す場合には、NRT遊技に制御される一般遊技を示し、単に「RT1遊技」と示す場合には、RT1遊技に制御される一般遊技を示し、単に「RT2遊技」と示す場合には、RT2遊技に制御される一般遊技を示すものとなる。

次に、パチスロ10の電気的構成を図6にしたがって説明する。
パチスロ10の機裏側には、遊技機全体を制御する主制御基板40が装着されている。主制御基板40は、遊技機全体を制御するための各種処理を実行し、該処理結果に応じて各種の制御信号(制御コマンド)を演算処理し、該制御信号を出力する。また、機裏側には、遊技状態に応じた演出制御等を実行するサブ制御基板41が装着されている。そして、サブ制御基板41は、主制御基板40が出力した各種の制御信号を入力し、該制御信号に基づき所定の制御を実行する。

主制御基板40には、ドラムユニット13を構成する各リール(左リール13L、中リール13C、及び右リール13R)、リールセンサSE1〜SE3、メダルセンサSE4、サブ制御基板41、ホッパー38が接続されている。また、主制御基板40には、中央パネル15に設けられた各種表示用LED20a〜20d、賭数表示部21、貯留枚数表示部22、賞枚数表示部23、ゲーム情報表示部24が接続されている。また、主制御基板40には、BETボタン28と、MAXBETボタン29と、精算スイッチ31と、スタートレバー32と、各ストップボタン33L,33C,33Rとが接続されている。また、サブ制御基板41には、演出表示装置14が接続されている。また、サブ制御基板41には、スピーカ18や、各種ランプRが接続されている。

以下、主制御基板40について説明する。
主制御基板40は、主制御用CPU40aを備えており、該主制御用CPU40aには、主制御用ROM40b及び主制御用RAM40cが接続されている。主制御用CPU40aは、当選役決定乱数などの各種乱数の値を所定の周期毎に順次更新し、更新後の値を主制御用RAM40cの設定領域に設定して更新前の値を書き換えている。当選役決定乱数は、主制御用CPU40aが当選役決定テーブルに従い役(当選役)を決定する際に使用する乱数である。

また、主制御用CPU40aには、接続されるリールセンサSE1〜SE3から透視窓16で表示されている図柄(回転中の各リールの回転位置)に応じて第1〜第3の位置信号が入力されるようになっている。第1の位置信号には左リール13Lが対応し、第2の位置信号には中リール13Cが対応し、第3の位置信号には右リール13Rが対応するようになっている。そして、主制御用CPU40aは、第1〜第3の位置信号により各リールの回転位置及び停止位置を把握し、該第1〜第3の位置信号に基づき各リールの回転及び停止の制御を行う。また、主制御基板40(主制御用CPU40a)には、接続されるメダルセンサSE4から該メダルセンサSE4でメダルを検知する毎に、メダルを検知したことを示すメダル検知信号が入力されるようになっている。

また、主制御用CPU40aには、接続されるBETボタン28、MAXBETボタン29、精算スイッチ31、スタートレバー32及びストップボタン33L,33C,33Rが操作されると、各ボタンが操作されたことを示す各種操作信号が入力されるようになっている。また、主制御用CPU40aには、ホッパー38が接続されている。

また、主制御用ROM40bには、パチスロ10を制御するためのメイン制御プログラムが記憶されている。また、主制御用ROM40bには、遊技状態別、並びに当選役別の内部当選確率が、当選役決定乱数の値の割り当て範囲として定められた複数の当選役決定テーブルが記憶されている。また、主制御用ROM40bには、役毎に図柄の組み合わせの停止テーブルが予め定められている。停止テーブルとは、各ストップボタン33L,33C,33Rを遊技者が操作した時の操作のタイミングによって停止表示させる図柄を役毎に定めたものである。また、主制御用RAM40cには、パチスロ10の動作中に適宜書き換えられる各種情報が記憶(設定)されるようになっている。

次に、主制御用ROM40bに記憶される当選役決定テーブルT0,T1,T2,T3,T4について、図7(a)〜(c)に基づき説明する。
主制御用ROM40bには、抽選対象となる当選役の種類と、抽選対象となる各当選役の当選確率(抽選対象となる各当選役に振分けられる乱数値(乱数の値の範囲に基づく個数))を遊技状態毎にテーブル化したものが記憶されている。そして、各当選役決定テーブルは、遊技状態に応じて主制御用CPU40aにより用いられる。

そして、一般遊技であればNRT遊技に当選役決定テーブルT0が対応付けられているとともに、RT1遊技に当選役決定テーブルT1が対応付けられている一方、RT2遊技に当選役決定テーブルT2が対応付けられている。また、ボーナス遊技であればBB遊技に当選役決定テーブルT3が対応付けられているとともに、RB遊技に当選役決定テーブルT4が対応付けられている。

このため、本実施形態では、図7(a)に示すように、一般遊技では、再遊技役(合算)の当選確率がRT2遊技(当選役決定テーブルT2)で、NRT遊技(当選役決定テーブルT0)及びRT1(当選役決定テーブルT1)に比して大きく高まるように当選役決定乱数が振分けられている。また、一般遊技では、通常リプレイ役の当選確率がNRT遊技(当選役決定テーブルT0)<RT1遊技(当選役決定テーブルT1)<RT2遊技(当選役決定テーブルT2)の順に、高まるように当選役決定乱数が振分けられている。また、一般遊技では、NRT遊技(当選役決定テーブルT0)でのみ特殊リプレイ役を抽選対象とするように当選役決定乱数が振分けられているとともに、特殊リプレイ役(合算)の当選確率が通常リプレイ役に比して高まるように当選役決定乱数が振分けられている。なお、ボーナス遊技では、BB遊技(当選役決定テーブルT3)及びRB遊技(当選役決定テーブルT4)で再遊技役を抽選対象としないように当選役決定乱数が振分けられている。このため、本実施形態では、RT2遊技において、再遊技役の当選確率を高確率抽選状態に設定している。一方、本実施形態では、NRT遊技において、再遊技役の当選確率を低確率抽選状態に設定している。

このため、本実施形態のパチスロ10では、再遊技役(合算)の当選確率がNRT遊技及びRT1遊技に比して大きく高まるRT2遊技において、再遊技が付与され易い分、遊技者の保有するメダルを消費(投入)する場面を減少させることができるといった利益を遊技者に付与することができる。その結果、RT2遊技では、遊技者の保有するメダルを消費(投入)を抑えつつ、ボーナス役の抽選を受けてメダルを増加させ得るチャンスを遊技者に付与することができる。したがって、RT2遊技は、NRT遊技及びRT1遊技に比して遊技者に有利な遊技状態(制御状態)である。

また、本実施形態では、図7(b)に示すように、ボーナス遊技(当選役決定テーブルT3,T4)では、ベル役(合算)の当選確率が一般遊技(当選役決定テーブルT0〜T2)に比して大きく高まるように当選役決定乱数が振分けられている。また、各遊技状態(当選役決定テーブルT0〜T4)では、左正解ベル役、中正解ベル役、及び右正解ベル役の各当選確率が同一遊技状態であれば同一確率となるように当選役決定乱数が振分けられている。また、各遊技状態(当選役決定テーブルT0〜T4)では、ベル役(左正解ベル役1〜4、中正解ベル役1〜4、右正解ベル役1〜4)の各当選確率が同一遊技状態であれば同一確率となるように当選役決定乱数が振分けられている。また、ボーナス遊技では、BB遊技(当選役決定テーブルT3)でベル役を主な抽選対象とする一方、RB遊技(当選役決定テーブルT4)でベル役のみを抽選対象とするように当選役決定乱数が振分けられている。

本実施形態のパチスロ10では、ベル役(合算)の当選確率が一般遊技に比して大きく高まるBB遊技又はRB遊技において、ベル役に当選し易い分だけ賞メダルを獲得し易い分、遊技者の保有するメダルを増加させることができるといった利益を遊技者に付与することができる。その結果、BB遊技及びRB遊技では、遊技者の保留するメダルを増加させるチャンスを遊技者に付与することができる。したがって、BB遊技及びRB遊技は、一般遊技に比して遊技者に有利な遊技状態(制御状態)である。そして、遊技者は、BB役及びRB役に当選して入賞させて、ボーナス遊技を生起させることを目的に変動ゲームを行うことになる。

また、本実施形態では、図7(c)に示すように、一般遊技及びBB遊技(当選役決定テーブルT0〜T3)では、スイカ役の当選確率がチェリー役の当選確率に比して低くなるように当選役決定乱数が振分けられている。このため、本実施形態では、スイカ役にチェリー役に比して当選し難いことになる。なお、RB遊技(当選役決定テーブルT4)では、スイカ役及びチェリー役に対して当選役決定乱数が振分けられていない。

なお、後述するボーナス待機状態における当選役決定テーブルにおいては、ボーナス役を役抽選の抽選対象としないで、小役の当選確率を所定確率に定めている。
以下、サブ制御基板41について説明する。

サブ制御基板41は、サブ制御用CPU41aを備えており、該サブ制御用CPU41aにはサブ制御用ROM41b及びサブ制御用RAM41cが接続されている。サブ制御用ROM41bには、各種遊技演出を行うためのサブ制御プログラムが記憶されている。また、サブ制御用ROM41bには、演出表示装置14の表示演出態様が示される表示演出パターンや、スピーカ18の音声出力態様が示される音声演出パターンや、各種ランプRの発光態様が示される発光演出パターンが記憶されている。また、サブ制御用RAM41cには、パチスロ10の動作中に適宜書き換えられる各種情報が記憶(設定)されるようになっている。具体的には、サブ制御用RAM41cには、遊技状態に係るサブ用状態情報(フラグなど)がサブ制御用CPU41aにより記憶(設定)されるようになっている。

以下、主制御用CPU40aがメイン制御プログラムに基づき実行する変動ゲームに係る処理について説明する。
そして、主制御用CPU40aは、各種操作信号を入力すると、各種操作信号に定める所定の制御を実行する。そして、主制御用CPU40aは、各種操作信号の入力や各種制御により、各種表示用LED20a〜20d、賭数表示部21、貯留枚数表示部22、賞枚数表示部23、ゲーム情報表示部24の表示制御をその都度実行する。また、主制御用CPU40aは、賞態様の入賞に基づいて賞メダルを払出す場合、クレジット上限枚数(本実施形態では、「50(枚)」)を超えるとき、駆動信号をホッパー38に出力して、駆動信号を1回出力する毎に賞メダルを1枚払出させるように制御する。なお、主制御用CPU40aは、クレジットの清算時、駆動信号をホッパー38に出力して、クレジット分のメダルを遊技者に払出させるように制御する。

そして、主制御用CPU40aは、メダル投入口27よりメダルが投入される、各BETボタン28,29の操作信号を入力すると、ベット数を設定する。また、主制御用CPU40aは、各BETボタン28,29が操作毎に、クレジット数を更新する。また、主制御用CPU40aは、メダルの投入によりクレジット数を増加させる場合、クレジット数を更新させる。そして、主制御用CPU40aは、3ベットのベット数を設定するときに変動ゲームを行うことができるゲーム開始可能な状態を生起する。

続いて、主制御用CPU40aは、ゲーム開始可能な状態において、スタートレバー32の操作信号を入力すると、役抽選(内部抽選)を行う。そして、主制御用CPU40aは、主制御用RAM40cから当選役決定乱数の値を取得し、該値が主制御用ROM40bに記憶されている当選役決定テーブルの各当選役の値の範囲に属しているか否かを判定する役抽選を行う。役抽選において、主制御用CPU40aは、遊技状態に応じた当選役決定テーブルを用いて当選役を決定する。なお、主制御用CPU40aは、遊技状態を示す状態情報(フラグなど)を主制御用RAM40cに設定している。そして、主制御用CPU40aは、状態情報により遊技状態を把握している。本実施形態では、役抽選を行う主制御用CPU40aが、当選役抽選手段として機能する。

そして、主制御用CPU40aは、当選役を決定すると、決定した当選役の種類を示す役情報(フラグなど)を主制御用RAM40cに記憶(設定)する。主制御用CPU40aは、ボーナス役の当選の決定時、該ボーナス役が入賞するまでの間、主制御用RAM40cのボーナス役の役情報を持ち越すようになっている。このようにボーナス役の役情報が持ち越されている状態は、ボーナス役の入賞を待機しているボーナス待機状態となる。一方、主制御用CPU40aは、小役の当選の決定時、該小役の入賞の有無に関係なく役抽選の対象とする変動ゲーム(1回)の終了に伴って、主制御用RAM40cの小役の役情報を消去する。

このため、ボーナス役は、役抽選による当選の決定が、その入賞までの変動ゲームに跨って持越可能な役となる。一方、小役は、役抽選による当選の決定が、1回の変動ゲームでのみ有効とされ、その入賞か否かに関係なく以後の変動ゲームに跨って持越不可能な役となる。

続いて、主制御用CPU40aは、直前の変動ゲームの終了からウェイトタイムが経過している状態において、主制御用CPU40aは、各リールの回転動作を開始させるように各リールを制御する。また、主制御用CPU40aは、各リールの回転動作の開始に合わせて変動ゲームの開始を指示するとともに、役抽選の抽選結果及び変動ゲームが行われる遊技状態を示した変動ゲーム開始コマンドをサブ制御基板41(サブ制御用CPU41a)に出力する。なお、変動ゲーム開始コマンドは、持ち越されているボーナス役があればその役情報も合わせて指示する。

続いて、主制御用CPU40aは、遊技者によりストップボタン33L,33C,33Rの各種操作信号を入力すると、操作信号に対応するリールを停止させるための制御(停止制御)を行う。そして、主制御用CPU40aは、各リールに対応するリールセンサからの位置信号から、各リールの変動中には各リールの変動状況と、各リールの停止中には各リールの停止状況を把握している。なお、主制御用CPU40aは、ストップボタン33L,33C,33Rからの各種操作信号が入力されるまでの間、回転中のリールについて停止制御を行わないで回転動作を維持させる。

次に、主制御用CPU40aが行う停止制御について説明する。
主制御用CPU40aは、決定した当選役に基づき各ストップボタン33L,33C,33Rが遊技者により操作されるタイミングから所定の範囲内(最大で4図柄分)で各リールを停止させて、任意の図柄の組み合わせを停止表示させる。主制御用CPU40aは、回転中の各リールを停止させる場合、当選している当選役と各ストップボタン33L,33C,33Rの操作タイミングから主制御用ROM40bに記憶される停止テーブルに基づく図柄の組み合わせを停止表示させる停止制御を行う。このため、各リールは、ストップボタン33L,33C,33Rの遊技者による停止操作のタイミングで停止するとは限らず、遊技者による停止操作のタイミングと各リールの停止するタイミングとが一致しない場合(所謂、「すべり」)がある。本実施形態では、役抽選の抽選結果に応じた制御内容で、ストップボタン33L,33C,33Rの操作に基づいて対応するリールについて停止制御を行う主制御用CPU40aが、停止制御手段として機能する。

このため、左リール13L及び右リール13Rでは、停止させたい種類の図柄の間に挟む他の種類の図柄が7つ以上の部分を有していなければ、すべり制御を伴う結果、何れかの入賞ライン上に停止させた種類の図柄を停止表示させることができる。一方、左リール13L及び右リール13Rでは、停止させたい種類の図柄の間に挟む他の種類の図柄が7つ以上の部分を有していれば、すべり制御を伴っても、何れの入賞ラインにも停止させた種類の図柄を停止表示させることができない場合がある。また、中リール13Cでは、停止させたい種類の図柄の間に挟む他の種類の図柄が5つ以上の部分を有していなければ、すべり制御を伴う結果、入賞ラインの停止位置となる中段に停止させた種類の図柄を停止表示させることができる。一方、中リール13Cでは、停止させたい種類の図柄の間に挟む他の種類の図柄が5つ以上の部分を有していれば、すべり制御を伴っても、何れの入賞ラインにも停止させた種類の図柄を停止表示させることができない場合がある。

そして、主制御用CPU40aは、ボーナス役の当選(当選の持ち越し)時、遊技者による停止操作のタイミングが予め定めたタイミングで行われる場合、BB停止目を停止表示させる。一方、主制御用CPU40aは、ボーナス役の当選(当選の持ち越し)時、遊技者による停止操作のタイミングが予め定めたタイミングで行われない場合にはずれ停止目を停止させる。この場合には、BB役の取りこぼし(役情報の持ち越し)を発生させる。また、主制御用CPU40aは、チェリー役の当選時、遊技者による停止操作のタイミングが予め定めたタイミングで行われる場合、チェリー停止目を停止表示させる。一方、主制御用CPU40aは、チェリー役の当選時、遊技者による停止操作のタイミングが予め定めたタイミングで行われない場合、はずれ停止目を停止表示させる。この場合には、チェリー役の取りこぼしを発生させる。また、主制御用CPU40aは、スイカ役の当選時、遊技者による停止操作のタイミングが予め定めたタイミングで行われる場合、スイカ停止目を停止表示させる。一方、主制御用CPU40aは、スイカ役の当選時、遊技者による停止操作のタイミングが予め定めたタイミングで行われない場合、はずれ停止目を停止表示させる。この場合には、スイカ役の取りこぼしを発生させる。また、何れの当選役(ボーナス役及び小役)も決定しない場合(はずれ役の当選時)、主制御用CPU40aは、はずれ停止目を停止表示させる。

次に、ベル役(左正解ベル役1〜4、中正解ベル役1〜4、及び右正解ベル役1〜4)及び再遊技役(通常リプレイ役、中正解特殊リプレイ役、及び右正解特殊リプレイ役)の当選時における停止制御について図8に基づいて詳しく説明する。なお、図8では、「リプレイ」を「R」と示している。

本実施形態のパチスロ10では、「左正解ベル役」、「中正解ベル役」、及び「右正解ベル役」の当選時、3つのストップボタンのうち最初に操作されるストップボタンに基づき、ベル停止目、ブランク停止目、及びバラケ停止目のうち何れかの停止目が停止表示される。すなわち、ベル役は、3列のリールのうち最初に停止指示されるリールに基づき、停止表示される停止目が変化する特殊役となる。

そして、左正解ベル役1〜4当選時には、左リール13Lを停止指示するストップボタン33Lが最初に操作されることを、押し順正解としてベル停止目が停止表示される。一方、左正解ベル役1〜4の当選時には、左リール13L以外を停止指示するストップボタン33C,33Rの何れかが最初に操作されることを、押し順不正解としてブランク停止目及びバラケ停止目の何れかが停止表示される。また、左正解ベル役1〜4の当選時には、押し順不正解時でも対応するブランク停止目を停止表示可能な場合、ブランク停止目が停止表示されることになる。

また、中正解ベル役1〜4当選時には、中リール13Cを停止指示するストップボタン33Cが最初に操作されることを、押し順正解としてベル停止目が停止表示される。一方、中正解ベル役1〜4の当選時には、中リール13C以外を停止指示するストップボタン33L,33Rの何れかが最初に操作されることを、押し順不正解としてブランク停止目及びバラケ停止目の何れかが停止表示される。また、中正解ベル役1〜4の当選時には、押し順不正解時でも対応するブランク停止目を停止表示可能な場合、ブランク停止目が停止表示されることになる。

また、右正解ベル役1〜4当選時には、右リール13Rを停止指示するストップボタン33Rが最初に操作されることを、押し順正解としてベル停止目が停止表示される。一方、右正解ベル役1〜4の当選時には、右リール13R以外を停止指示するストップボタン33L,33Cの何れかが最初に操作されることを、押し順不正解としてブランク停止目及びバラケ停止目の何れかが停止表示される。また、右正解ベル役1〜4の当選時には、押し順不正解時でも対応するブランク停止目を停止表示可能な場合、ブランク停止目が停止表示されることになる。

そして、主制御用CPU40aは、ベル役の当選時、押し順正解であれば、遊技者による停止操作のタイミングに関係なくベル停止目(賞態様)を停止表示させる。また、主制御用CPU40aは、ベル役の当選時、押し順不正解であれば、最初に操作したストップボタンとその次に操作したストップボタンの停止操作の順序が予め定めた順序であれば、ブランク停止目(賞態様)を停止表示させる。一方、主制御用CPU40aは、ベル役の当選時、押し順不正解であれば、最初に操作したストップボタンとその次に操作したストップボタンの停止操作の順序が予め定めた順序でなければ、バラケ停止目(賞態様)を停止表示させる。

具体的に、図8のベル役の各欄に示すように、ベル役の各当選役における押し順不正解時には、2種類ずつのブランク停止目が対応付けられている。そして、ベル役の各当選役における押し順不正解時には、最初とその次に操作したストップボタンの順序が予め定めた順序であれば、該当選役に定めた2種類のブランク停止目の何れかが停止表示される。一方、ベル役の各当選役における押し順不正解時には、最初とその次に操作したストップボタンの順序が予め定めた順序でなければ、バラケ停止目が停止表示される。

そして、本実施形態のパチスロ10では、図8に示すように、最初の操作における押し順不正解時、押し順不正解となるストップボタンの何れが操作されても、対応するブランク停止目を停止表示させ得る構成となっている。このため、主制御用CPU40aは、押し順不正解時、押し順不正解となる最初のストップボタンの何れがどのようなタイミングで停止操作されても、その時の当選役に対応するブランク目を停止表示させ得るように制御する。そして、主制御用CPU40aは、押し順不正解時、最初とその次のストップボタンの順序に基づいて、ブランク停止目及びバラケ目の何れかを停止表示させることになる。すなわち、主制御用CPU40aは、押し順不正解時、最初とその次のストップボタンの順序が、予め定めた順序でなければ、何れかのバラケ停止目を停止表示させることになる。

また、入賞ラインとして各リールの図柄が一直線で形成される入賞ラインL3,L4上にバラケ目の中でも[A/B・A/B・リプレイ]が停止表示される場合、非入賞ラインL5,L7に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]の図柄の組み合わせが停止表示されることになる。そして、主制御用CPU40aは、特にRB遊技中、バラケ目を入賞ライン上に停止表示させる場合、非入賞ラインL5,L7に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]の図柄の組み合わせを停止表示させることができるバラケ目を停止表示させる。このため、本実施形態では、RB遊技中のベル役の当選時、押し順不正解でベル停止目及びブランク停止目を停止表示させることがでない場合、非入賞ライン上にリプレイ停止目と同一の図柄の組み合わせが停止表示されることになる。これにより、RB遊技中におけるベル役の当選に基づくバラケ目の停止表示時には、再遊技役が入賞しているかのような状況を創り出すことができる。

また、主制御用CPU40aは、再遊技役の当選時、当選内容に基づいて行う制御が異なる。本実施形態における主制御用CPU40aは、特殊リプレイ役の当選を決定する場合、同時に通常リプレイ役の当選を重複して決定(重複当選を決定)するようになっている。すなわち、主制御用CPU40aは、特殊リプレイ役の当選の決定時、特殊リプレイ役と通常リプレイ役の当選を重複して示す役情報を設定することになる。このため、主制御用CPU40aが通常リプレイ役の当選を決定する場合には、特殊リプレイ役の当選に基づく重複当選とする時と、特殊リプレイ役の当選に基づかない単独の当選(単独当選)とする時とがある。以下では、特殊リプレイ役の当選と示す場合には、同時に通常リプレイ役にも当選している時を示している。

そして、主制御用CPU40aは、単独当選とする通常リプレイ役(図8では「通R」と示す)の当選時、遊技者による停止操作のタイミングに関係なく単独当選とする通常リプレイ役の入賞とするリプレイ停止目(賞態様)を停止表示させる。また、主制御用CPU40aは、特殊リプレイ役(図8では「中R」及び「右R」と示す)の当選時、押し順正解であれば、遊技者による停止操作のタイミングに関係なく特殊リプレイ役の入賞とする特殊リプレイ停止目(賞態様)を停止表示させる。一方、主制御用CPU40aは、特殊リプレイ役の当選時、押し順不正解であれば、遊技者による停止操作のタイミングに関係なく重複当選とする通常リプレイ役の入賞とするリプレイ停止目(賞態様)を停止表示させる。

続いて、主制御用CPU40aは、各リールの全てを停止させて図柄の組み合わせを停止表示させると、入賞判定を行う。そして、主制御用CPU40aは、主制御用RAM40cから役情報を読み出し、読み出した役情報(当選役)に対応する図柄の組み合わせが入賞ライン上に停止表示させているかを判定する入賞判定を行う。入賞判定において、主制御用CPU40aは、各リールの停止に伴って入力する位置信号から、入賞ライン上に停止表示した図柄の組み合わせがどのような組み合わせであるかを特定し、その組み合わせが、役情報(当選役)に対応する賞態様であるか否かを判定する。主制御用CPU40aは、入賞ライン上に停止表示した図柄の組み合わせが、役情報(当選役)に対応する賞態様である場合に入賞(肯定)と判定する一方、役情報(当選役)に対応する賞態様でない場合に非入賞(否定)と判定する。

そして、主制御用CPU40aは、入賞判定で入賞と判定する場合、賞態様に応じた制御を行う。主制御用CPU40aは、賞態様に応じて、遊技状態を移行させる制御や賞メダルを払出す制御を行う。そして、主制御用CPU40aは、入賞判定により入賞を判定する場合、入賞とした旨を示す入賞指示コマンドをサブ制御基板41(サブ制御用CPU41a)に出力する。入賞指示コマンドにより、サブ制御基板41(サブ制御用CPU41a)は、変動ゲーム開始コマンドで指定される当選役が入賞したことを認識する。また、入賞指示コマンドでは、入賞とともに何れの停止目によって入賞したか(賞態様)に関しても、サブ制御基板41(サブ制御用CPU41a)が特定できるようになっている。すなわち、入賞指示コマンドでは、ベル役の入賞であっても、ベル停止目、ブランク停止目、及びバラケ停止目の何れの停止目に基づく入賞であるのかを特定できる。

具体的に、主制御用CPU40aは、BB役の入賞を判定する場合、次の変動ゲームからBB遊技に移行させる遊技状態の制御を行う。そして、主制御用CPU40aは、BB遊技制御を行う。BB遊技制御において、主制御用CPU40aは、BB遊技の開始後、1回目の変動ゲームから遊技者に付与した(払出した)賞メダルのBB払出枚数のカウントを開始する。また、BB遊技制御において、主制御用CPU40aは、BB遊技の変動ゲームで賞メダルを遊技者に付与する毎にBB払出枚数を加算して更新する。そして、主制御用CPU40aは、BB払出真数が最大払出数(本実施形態では315枚)を超える変動ゲームの終了に伴ってBB遊技を終了させる。

また、主制御用CPU40aは、RB役の入賞を判定する場合、次の変動ゲームからRB遊技に移行させる遊技状態の制御を行う。そして、主制御用CPU40aは、RB遊技制御を行う。RB遊技制御において、主制御用CPU40aは、RB遊技の開始後、賞メダルを遊技者に付与した(払出した)RB中入賞回数と行った変動ゲームのRB中実行回数のカウントを開始する。また、RB遊技制御において、主制御用CPU40aは、RB遊技中に賞メダル遊技者に付与する毎にRB中入賞回数を加算して更新するとともに、RB遊技の変動ゲームが行われる毎にRB中実行回数を加算して更新する。そして、主制御用CPU40aは、RB中入賞回数が6回(規定回数)となる又はRB中実行回数が10回(規定回数よりも多い上限回数)となる何れかを満たす変動ゲームの終了に伴ってRB遊技を終了させる。

また、主制御用CPU40aは、チェリー役の入賞を判定する場合、遊技状態に応じて1枚又は15枚の賞メダルを払出す制御を行う。また、主制御用CPU40aは、スイカ役の入賞を判定する場合、遊技状態に応じて3枚又は15枚の賞メダルを払出す制御を行う。

また、主制御用CPU40aは、ベル役の入賞を判定する場合、停止表示された結果に応じて行う制御が異なる。なお、主制御用CPU40aは、ベル役の当選の決定時、停止表示された結果がベル停止目、ブランク停止目、及びバラケ停止目の何れであってもベル役の入賞を判定することになる。そして、主制御用CPU40aは、ベル停止目又はブランク停止目に基づくベル役の入賞を判定する場合、9枚の賞メダルを払出す制御を行う。一方、主制御用CPU40aは、バラケ停止目に基づくベル役の入賞を判定する場合、1枚以上の賞メダルを付与しないとともに、RT2遊技中であれば終了目であることからRT2遊技を終了させて次の変動ゲームからNRT遊技に移行させる遊技状態の制御を行う。

また、主制御用CPU40aは、通常リプレイ役(単独当選又は重複当選)の入賞を判定する場合、次の変動ゲームを再遊技させるための制御を行う。再遊技させるための制御において、主制御用CPU40aは、再遊技させるための制御において、主制御用CPU40aは、入賞を判定した変動ゲームと同一のベット数を設定し、該ベット数を設定することを終了契機として1回の変動ゲームを終了させる。また、主制御用CPU40aは、通常リプレイ役の入賞を判定する場合、NRT遊技中であれば通常目であることからNRT遊技を終了させて次の変動ゲームからRT1遊技に移行させる遊技状態の制御を行う。また、主制御用CPU40aは、特殊リプレイ役の入賞を判定する場合、次の変動ゲームを再遊技させるための制御を行うとともに、突入目であることからNRT遊技を終了させて次の変動ゲームからRT2遊技に移行させる遊技状態の制御を行う。

次に、主制御用CPU40aが遊技状態に応じた変動ゲームに基づいて制御する遊技状態の移行の態様を図9に基づき説明する。
主制御用CPU40aは、遊技状態を移行させる場合、移行先の遊技状態を示す状態指示コマンドをサブ制御基板41(サブ制御用CPU41a)に出力する。状態指示コマンドにより、サブ制御基板41(サブ制御用CPU41a)は、遊技状態が何れの状態に制御されているかを把握する。

主制御用CPU40aは、一般遊技で当選したボーナス役の入賞を契機に、次の変動ゲームからBB遊技又はRB遊技(BB/RB)に移行させる。そして、主制御用CPU40aは、ボーナス役の当選が、一般遊技の中でもNRT遊技及びRT1遊技中であれば、BB遊技又はRB遊技の終了を契機に、次の変動ゲームからNRT遊技に移行させる。一方、主制御用CPU40aは、ボーナス役の当選が、一般遊技の中でもRT2遊技中であれば、BB遊技又はRB遊技の終了を契機に、次の変動ゲームから再びRT2遊技に移行させる(RT2遊技が継続される)。

また、主制御用CPU40aは、NRT遊技で通常リプレイ役(単独当選又は重複当選)に基づく通常目となるリプレイ停止目による通常リプレイ役の入賞を契機に、次の変動ゲームからRT1遊技に移行させる。そして、主制御用CPU40aは、RT1遊技に移行させると、RT1遊技での変動ゲームを32回行わせる間、RT1遊技に維持するとともに、RT1遊技での変動ゲームを32回行わせた(RT1遊技の移行から32回目の変動ゲームの終了)を契機に、次の変動ゲームからNRT遊技に移行させる。なお、主制御用CPU40aは、RT1遊技に移行させると、行った変動ゲームのRT1中実行回数のカウントを開始し、該RT1中実行回数によりNRT遊技への移行の契機を把握する。

一方、主制御用CPU40aは、NRT遊技で特殊リプレイ役の当選に基づく突入目となる特殊リプレイ停止目による特殊リプレイ役の入賞を契機に、次の変動ゲームからRT2遊技に移行させる。そして、主制御用CPU40aは、RT2遊技に移行させると、ベル役の当選に基づく終了目となるバラケ停止目によるベル役が入賞するまでの間、RT2遊技に維持するとともに、バラケ停止目によるベル役の入賞を契機に、次の変動ゲームからNRT遊技に移行させる。本実施形態におけるRT2遊技は、一旦、移行すると終了目さえ停止表示されなければ次のボーナス役の当選まで付与されるので、付与される変動ゲームに回数に関し、その上限回数が設定されていない(「無限」)ということになる。

なお、RT1遊技やRT2遊技では、当選役決定テーブルT1,T2にも示すように、特殊リプレイ役が決定され得ないようになっている。このため、RT1遊技やRT2遊技では、特殊リプレイ役に当選し得ないことから、RT2遊技に移行しないようになっている。また、通常目の停止表示によるRT1遊技への移行は、NRT遊技のみとしている。その結果、RT1遊技やRT2遊技の途中から、RT1遊技やRT2遊技に移行しないようになっている。

このため、本実施形態のパチスロ10では、RT2遊技に移行すると終了目の停止表示が回避される状況で、RT2遊技が継続される。さらに、一般遊技では、RT2遊技で終了目が停止表示されても、その後のNRT遊技で突入目を停止表示させることができる状況で、再びRT2遊技に移行される。

また、本実施形態では、RT2遊技中のベル役の当選時、押し順不正解でベル停止目を停止表示させることができない場合でも、その後のストップボタンとその停止操作のタイミングによっては終了目となるバラケ停止目の停止表示を回避することを可能としている。また、RT2遊技中のベル役の当選時の押し順不正解時には、最初の次のストップボタンの操作までは少なくとも終了目の停止表示が救済されることになる。

また、本実施形態では、リプレイ停止目が停止表示される場合、特に演出などに遊技者への報知を行わなければ、通常リプレイ役及び特殊リプレイ役の何れに当選したかが遊技者に認識され得ないことになる。このため、特にNRT遊技では、特殊リプレイ役の当選を報知するような演出が行われなければ、リプレイ停止目が特殊リプレイ役の重複当選に基づく通常目であるかの否か、すなわちRT2遊技に移行するチャンスであったか否かが遊技者に認識され得ないことになる。

次に、サブ制御用CPU41aがサブ制御プログラムに基づき実行する変動ゲームに係る処理について説明する。
サブ制御用CPU41aは、変動ゲーム開始コマンドや入賞指示コマンドの各種コマンドを入力すると、該コマンドに指定される内容に基づいて各種演出を実行させるように演出表示装置14の表示内容などを制御する。また、サブ制御用CPU41aは、状態指示コマンドを入力すると、遊技状態が何れの遊技状態に制御されているかを示すサブ用状態情報をサブ制御用RAM41cに記憶(設定)する。サブ制御用CPU41aは、サブ用状態情報によって、主制御用CPU40aが管理している遊技状態を把握する。そして、サブ制御用CPU41aは、変動ゲーム開始コマンドが入力される毎に各種演出に係る制御を行うようになっている。

そして、サブ制御用CPU41aは、演出表示装置14の演出状態を、主制御用CPU40aが制御する遊技状態に応じて複数種類に制御するようになっている。遊技者は、演出表示装置14の演出状態に応じて変動ゲーム(遊技)を行うことになる。そして、本実施形態のパチスロ10における演出状態では、その種類から遊技状態を遊技者に把握させたり、遊技者が遊技を有利に行うことができるような演出を行ったりするようになっている。

本実施形態における演出状態は、図10に示すように、複数種類(7種類)に分類されている。そして、演出状態には、遊技状態が一般遊技であって主にNRT遊技又はRT1遊技である場合に行われる通常演出状態がある。通常演出状態において演出表示装置14では、通常演出状態用の表示画面Gaとなるように「通常」が画像表示される。また、演出状態には、遊技状態が一般遊技の中でもRT2遊技である場合に行われるART演出状態と、上乗せART演出状態がある。本実施形態では、RT2遊技のもとで制御されるART演出状態が第1特別遊技状態となるとともに、RT2遊技のもとで制御される上乗せART演出状態が第2特別遊技状態となる。ART演出状態において演出表示装置14では、第1特別遊技演出としてのART演出状態用の表示画面Gbとなるように「ART」が画像表示される。また、上乗せART演出状態において演出表示装置14では、第2特別遊技演出としての上乗せART演出状態用の表示画面Gcとなるように「上乗せ」が画像表示される。また、演出状態には、遊技状態がBB遊技である場合に行われるBB演出状態がある。BB演出状態において演出表示装置14では、BB演出状態用の表示画面Gdとなるように「ボーナス(BB)」が画像表示される。また、演出状態には、遊技状態がRB遊技である場合に行われるRB演出状態と、ART中RB演出状態と、上乗せ中RB演出状態がある。本実施形態では、RB遊技のもとで制御されるART中RB演出状態と上乗せ中RB演出状態が特定遊技状態となる。RB演出状態において演出表示装置14では、RB演出状態用の表示画面Geとなるように「ボーナス(RB)」が画像表示される。また、ART中RB演出状態において演出表示装置14では、ART演出状態用の表示画面Gbとなるように「ART」が画像表示される。また、上乗せ中RB演出状態において演出表示装置14では、上乗せART演出状態用の表示画面Gcとなるように「上乗せ」が画像表示される。

本実施形態において、サブ制御用CPU41aは、サブ制御用RAM41cに演出状態の種類を示す演出フラグ(情報)を設定することで、制御している演出状態を把握する。そして、サブ制御用CPU41aは、演出フラグに対応する背景画像用の画像表示用データを選択するとともに、この選択した画像表示用データをもとに演出表示装置14の表示内容(表示画面)を制御する。

以下、各演出状態における制御内容について、演出表示装置14における表示演出と合わせて説明する。
そして、本実施形態におけるサブ制御用CPU41aは、以下に説明する各演出状態での制御を行う結果、図10に示す態様で制御する演出状態を移行させる。なお、図10では、演出状態の移行先の遊技状態を「括弧」内に示している。本実施形態では、以下に説明するように、演出状態を制御するサブ制御用CPU41aが、遊技実行手段として機能する。

最初に、通常演出状態における制御内容について説明する。
サブ制御用CPU41aは、遊技状態がNRT遊技及びRT1遊技である間、通常演出状態に制御する一方で、状況によっては遊技状態がRT2遊技である間、通常演出状態に制御する。

そして、サブ制御用CPU41aは、通常演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。そして、サブ制御用CPU41aは、BB役又はRB役の入賞の指示を契機に、対応するBB演出状態又はRB演出状態に制御する。

また、サブ制御用CPU41aは、特殊リプレイ役の当選が指定される場合、特殊リプレイ役の当選時に突入目となる特殊リプレイ停止目を停止表示させるための押し順正解となる操作方法(最初に操作すべきストップボタン)をナビゲートする突入目ナビ演出を行わせる場合がある。この突入目ナビ演出では、特殊リプレイ役の当選も報知する。本実施形態における突入目ナビ演出は、演出表示装置14で行われる。演出表示装置14では、図11(a)に示すように、ストップボタンを模した画像を3つ並べて表示させるとともに、そのうちの一つに対して「1」の数字を付す態様で突入目ナビ演出が行われる。図11(a)では、3つのうち真ん中に「1」が付されていることから、ストップボタン33Cを最初に操作すべきことを遊技者に把握させる。

そして、サブ制御用CPU41aは、特殊リプレイ役の当選が指定される場合、突入ナビ演出の権利を獲得しているか否かを確認する。この場合には、特殊リプレイ役に当選することから、遊技状態がNRT遊技となる。なお、サブ制御用CPU41aは、突入目ナビ演出の権利を獲得しているか否かに関する情報を、サブ制御用RAM41cに設定している。サブ制御用CPU41aは、突入ナビ演出の権利を獲得していれば突入目ナビ演出を行わせる一方、突入ナビ演出の権利を獲得していなければ突入目ナビ演出を行わせない。また、サブ制御用CPU41aは、突入目ナビ演出を行わせる場合、変動ゲームの開始に伴い突入目ナビ演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。

サブ制御用CPU41aは、突入目ナビ演出を行わせるに際し、中正解特殊リプレイ役の当選が指定されていれば、ストップボタン33Cを最初に操作する内容での突入目ナビ演出を行わせる。また、サブ制御用CPU41aは、突入目ナビ演出を行わせるに際し、右正解特殊リプレイ役の当選が指定されていれば、ストップボタン33Rを最初に操作する内容での突入目ナビ演出を行わせる。

そして、サブ制御用CPU41aは、突入目ナビ演出を行わせた結果、突入目の停止表示(特殊リプレイ役の入賞)を契機に、ART演出状態に制御する。この場合には、遊技状態がNRT遊技からRT2遊技に移行することになる。一方、サブ制御用CPU41aは、通常目の停止表示(通常リプレイ役の入賞)時、通常演出状態を継続させる。この場合には、遊技状態がNRT遊技からRT1遊技に移行することになる。なお、サブ制御用CPU41aは、突入目ナビ演出を行わせない場合での突入目の停止表示時、ART演出状態に制御しないで通常演出状態を継続させる。この場合には、遊技状態としてはRT2遊技に移行している。

このように、通常演出状態に制御される変動ゲームでは、突入目ナビ演出の権利を獲得していれば、特殊リプレイ役の当選時に突入目ナビ演出が行われる。一方、通常演出状態に制御される変動ゲームでは、突入目ナビ演出の権利を獲得しなければ、特殊リプレイ役の当選時にその旨の報知もなければ押し順のナビゲートも行われないことになる。このため、通常演出状態に制御される変動ゲームでは、突入目ナビ演出の権利を獲得しなければ、NRT遊技が遊技者の気付かない間に終了されてRT1遊技に移行していることになる。

また、本実施形態における通常演出状態に制御される変動ゲームでは、ストップボタン33Lを最初に操作しなければ、以後のナビストック抽選を非実行にしたりすることで、遊技者にとって不利な状況を付与するようになっている。さらに本実施形態の特殊リプレイ役の当選時は、ストップボタン33C,33Rの何れかが最初に操作される場合に押し順正解となる一方で、ストップボタン33Lを最初に操作すると押し順正解となり得ないようになっている。

このため、本実施形態では、通常演出状態の滞在中、突入目ナビ演出の権利を獲得している場合、突入目を停止表示させてART演出状態に移行させ得る。一方、本実施形態では、通常演出状態の滞在中、突入目ナビ演出の権利を獲得していない場合、突入目を停止表示させ得ないことから、ART演出状態にも移行させ得ないことになる。なお、本実施形態では、通常演出状態の滞在中、突入目ナビ演出の権利を獲得していない場合、ストップボタン33R以外を最初に操作することで突入目を停止表示させ得るが、この場合にはART演出状態への移行されないようにしている。その結果、突入目ナビ演出の権利を獲得している場面は、突入目ナビ演出の権利を獲得していない場面に比して遊技者に有利となる。

なお、突入目ナビ演出の権利は、BB遊技及びRB遊技の変動ゲームで行われるナビストック抽選に当選することで獲得することができる。このため、突入目ナビ演出の権利を獲得している場面は、突入目ナビ演出の権利を獲得していない場面に比して遊技者に有利となる。

次に、ART演出状態における制御内容について説明する。
サブ制御用CPU41aは、遊技状態がRT2遊技である間、ART演出状態に制御する。

そして、サブ制御用CPU41aは、通常演出状態からART演出状態に制御する場合、サブ制御用RAM41cにART継続回数の初期値として「50回」を設定するとともに、サブ制御用RAM41cにART中実行回数の初期値として「0回」を設定する。また、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態の制御の開始後、1回目の変動ゲームから行った変動ゲームのART中実行回数のカウントを開始する。サブ制御用CPU41aは、ART演出状態に制御される変動ゲーム行わせる毎にART中実行回数を加算して更新する。また、サブ制御用CPU41aは、ART中実行回数とART継続回数に基づいて、これらを演出表示装置14で遊技者に報知もする。これにより、遊技者は、ART演出状態に制御される変動ゲームが継続される回数(残り回数)を把握する。

また、サブ制御用CPU41aは、ART中実行回数がサブ制御用RAM41cに設定されているART継続回数と一致する変動ゲームの終了に伴いART演出状態の制御を終了し、次の変動ゲームから通常演出状態に制御する。この場合には、遊技状態としてはRT2遊技が継続されている。本実施形態では、突入目の停止表示とする第1特別条件が成立する場合、ART継続回数とする第1継続回数分の各変動ゲーム(遊技)をART演出状態で行わせる。

本実施形態のパチスロ10において、ART継続回数分の変動ゲームが行われる結果、ART演出状態からの通常演出状態に制御される場合には、遊技状態がRT2遊技であるが、ベルナビ演出が行われない通常演出状態であれば、いずれバラケ停止目が停止表示されて遊技状態がNRT遊技に移行されることになる。その後、突入目ナビ演出の権利を獲得していれば、再びART演出状態に制御される変動ゲームが、ART継続回数の間、継続して行われる。これにより、本実施形態では、上限回数が設定されていない(「無限」)RT2遊技と、突入目を出現させ得るNRT遊技を利用して、ART継続回数を1セットとするART演出状態の変動ゲームを行わせるゲーム性を実現することができる。そして、本実施形態では、後述するART継続回数の上乗せが行われなければ、50回の変動ゲームを1セットとしてART演出状態を行わせる一方、後述するART継続回数の上乗せが行われれば、50回に上乗せ分を加えた変動ゲームを1セットとしてART演出状態を行わせる。

また、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。そして、サブ制御用CPU41aは、BB役の入賞の指示を契機に、BB演出状態に制御する。また、サブ制御用CPU41aは、RB役の入賞の指示を契機に、ART中RB演出状態に制御する。

また、サブ制御用CPU41aは、BB役の当選が指定される場合、BB役の当選を確定的に報知する確定画面を表示させる。この場合に、サブ制御用CPU41aは、図11(b)に示すように、専用画面Gsを表示させつつ「BB確定」を表示させるように演出表示装置14の表示内容を制御する。なお、確定画面は、一旦、行われると、BB役の入賞までのボーナス待機状態の間、継続される。また、サブ制御用CPU41aは、RB役の当選が指定される場合、ART演出状態用の表示画面Gbを表示させつつRB役の当選を告知する告知演出を行わせる。この場合に、サブ制御用CPU41aは、図11(c)に示すように、表示画面Gbを表示させつつ「RB当選」を表示させるように演出表示装置14の表示内容を制御する。すなわち、RB役の当選が告知されるが、ART演出状態の表示画面Gbは継続されることになる。なお、告知演出は、RB役の入賞までのボーナス待機状態の間、継続される。また、サブ制御用CPU41aは、確定画面や告知演出を、当選とする変動ゲームの終了に伴い行わせる。

また、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、ベル役の当選時にベル停止目を停止表示させるための押し順正解となる操作方法(最初に操作すべきストップボタン)をナビゲートするベルナビ演出を行わせる。本実施形態におけるベルナビ演出は、演出表示装置14で行われる。演出表示装置14では、図11(d)に示すように、ストップボタンを模した画像を3つ並べて表示させるとともに、それぞれに対して「1」、「2」、「3」の数字を付す態様でベルナビ演出が行われる。図11(d)では、3つのうち右に「1」が、真ん中に「2」が、左に「3」が付されていることから、ストップボタン33Rを最初に操作すべきことと、ストップボタン33R→ストップボタン33C→ストップボタン33Lの順に操作すべきことを遊技者に把握させる。

そして、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態に制御している場合、ベル役の当選が指定される場合、ベルナビ演出を行わせる。また、サブ制御用CPU41aは、ベルナビ演出を行わせる場合、変動ゲームの開始に伴いベルナビ演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。

サブ制御用CPU41aは、ベルナビ演出を行わせるに際し、例えば、左正解ベル役1〜4の当選が指定されていれば、ストップボタン33Lを最初に操作する内容であって、ストップボタン33L→ストップボタン33R→ストップボタン33Cの内容でのベルナビ演出を行わせる。なお、本実施形態では、最初の次(2番目)とその次(3番目)に操作する内容としてランダムに決定することもできる。

このため、ART演出状態に制御変動ゲームでは、ベル役の当選時に終了目となるバラケ停止目の停止表示を回避してRT2遊技を継続させることができる。さらに、ART演出状態に制御される変動ゲームでは、ベル停止目により賞メダルも獲得できるとともに、再遊技役にも当選し易く保有するメダルの減少も抑えることができる。このため、ART演出状態は、遊技者に有利となる。

なお、ART演出状態に制御される変動ゲームでは、ベルナビ演出にしたがわない遊技(ストップボタンの操作)を行うことで、終了目が停止表示され得る。本実施形態では、ベルナビ演出にしたがわなかった場合にも、最初とその次のストップボタンが予め定めた順序で行われていれば、終了目の停止表示を回避することができる。

また、サブ制御用CPU41aは、スイカ役又はチェリー役の当選が指定される場合、上乗せART演出状態への上乗せ移行抽選とART継続回数の回数を上乗せするART中回数抽選とを合わせて行うようになっている。上乗せ移行抽選では、上乗せART演出状態への移行条件を成立させるか否かが決定される。また、ART中回数抽選(増加抽選)では、ART継続回数(第1継続回数)の回数を上乗せするかどうかに加えて、ART継続回数を上乗せする場合には上乗せ回数(増加させる増加回数)が決定(抽選)される。本実施形態では、上乗せ移行抽選に当選することを移行条件の成立としている。

そして、サブ制御用CPU41aは、図12に示すように、上乗せ移行抽選とART中回数抽選をする。そして、本実施形態では、当選役(スイカ役又はチェリー役)に基づき、上乗せ移行抽選の当選(移行)と非当選(移行なし)に乱数が振分けられている。また、本実施形態では、当選役(スイカ役又はチェリー役)に基づき、ART中回数抽選の当選(上乗せ)と非当選(上乗せなし)に乱数が振分けられているとともに、当選(上乗せ)とする場合、当選役(スイカ役又はチェリー役)に基づき、上乗せ回数毎に乱数が振分けられている。なお、サブ制御用CPU41aは各抽選に用いる乱数の値を所定の周期毎に更新する乱更新処理(乱数生成処理)を実行する。そして、各抽選に用いる乱数は、所定の周期毎に更新され、サブ制御用RAM41cに記憶されている。なお、サブ制御用CPU41aは、入賞するかどうかに関係なく当選に基づいて上乗せ移行抽選とART中回数抽選を行う。なお、サブ制御用CPU41aは、上乗せ移行抽選とART中回数抽選でともに当選とすれば、上乗せART演出状態への移行とART回数の上乗せをともに決定することになる。また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態への移行を決定するがART回数の上乗せを決定しない場合や、上乗せART演出状態への移行を決定しないがART回数の上乗せを決定する場合や、上乗せART演出状態への移行とART回数の上乗せをともに決定しない場合がある。

そして、本実施形態における上乗せ移行抽選では、スイカ役の当選時に当選とする移行割合がチェリー役の当選時の移行割合に比して高くなるように、乱数が振分けられている。また、本実施形態におけるART中回数抽選では、チェリー役の当選時にART回数の上乗せがスイカ役の当選時に比して行われ易いように、乱数が振分けられている。さらに、本実施形態におけるART中回数抽選では、ART回数の上乗せをする場合、スイカ役の当選時に上乗せ回数がチェリー役の当選時の上乗せ回数に比して多くなり易いように、乱数が振分けられている。その結果、本実施形態では、ART演出状態で上乗せ移行抽選及びART中回数抽選の対象とするスイカ役及びチェリー役のうち、役抽選での当選確率の低いスイカ役の当選時に上乗せART演出状態へ移行し易いことになる。さらに、本実施形態では、役抽選での当選確率の低いスイカ役の当選時、ART回数が上乗せされ難いが、ART回数が上乗せされるのであれば役抽選での当選確率の低いスイカ役の当選時に上乗せ回数が多くなり易いことになる。

そして、サブ制御用CPU41aは、上乗せ移行抽選の当選を契機に、次の変動ゲームから上乗せART演出状態に制御する。この場合には、遊技状態としてはRT2遊技が継続されている。また、サブ制御用CPU41aは、ART中回数抽選で上乗せ回数の当選を契機に、サブ制御用RAM41cに設定しているART継続回数に上乗せ回数を加算して更新する。そして、ART継続回数の加算によりART演出状態に制御される変動ゲームが行われる回数が加算される。なお、ART継続回数の加算によっては、演出表示装置14で報知されているART継続回数も合わせて更新される。この場合に演出表示装置14では、ART継続回数の上乗せを報知する演出を伴う。これにより、遊技者は、内部的なART継続回数の上乗せ結果を把握し得る。

なお、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態から上乗せART演出状態に制御する場合やBB役又はRB役の当選時における次の変動ゲームからART中実行回数のカウントを中断する一方で、中断時点のART中実行回数及びART継続回数を記憶保持する。そして、サブ制御用CPU41aは、再びART演出状態に制御する場合、中断時点から記憶保持されているART中実行回数及びART継続回数に基づいてART演出状態の制御を行う。また、ART継続回数に関しては、記憶保持中の上乗せART演出状態中などにおいて上乗せされ得ることから、中断時点の回数と一致しない場合もある。また、サブ制御用CPU41aは、BB役又はRB役の当選が指定される場合、これらの入賞までの間は各種抽選を行なわないが、ベルナビ演出については行わせる。このため、サブ制御用CPU41aは、BB役又はRB役の当選に基づく入賞によりART演出状態の制御を中断させても、BB遊技又はRB遊技の終了により中断していたART演出状態の制御を内部的に再開することになる。

次に、上乗せART演出状態における制御内容について説明する。
サブ制御用CPU41aは、遊技状態がRT2遊技である間、上乗せART演出状態に制御する。

そして、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態から上乗せART演出状態に制御する場合、サブ制御用RAM41cに上乗せ継続回数の初期値として「10回」を設定するとともに、サブ制御用RAM41cに上乗せ中実行回数の初期値として「0回」を設定する。また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態の制御の開始後、1回目の変動ゲームから行った変動ゲームの上乗せ中実行回数のカウントを開始する。サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態に制御される変動ゲーム行わせる毎に上乗せ中実行回数を加算して更新する。なお、本実施形態では、上乗せ中実行回数と上乗せ継続回数を遊技者に報知しない。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せ中実行回数がサブ制御用RAM41cに設定されている上乗せ継続回数と一致する変動ゲームの終了に伴い上乗せART演出状態の制御を終了し、次の変動ゲームからART演出状態に制御する。この場合には、遊技状態としてRT2遊技が継続されている。本実施形態では、上乗せ移行抽選の当選(移行条件の成立)とする第2特別条件が成立する場合、上乗せ継続回数分(第2継続回数分)の変動ゲーム(遊技)を行うとする第2特別終了条件が成立するまで各変動ゲーム(遊技)を上乗せART演出状態で行わせる。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。そして、サブ制御用CPU41aは、BB役の入賞の指示を契機に、BB演出状態に制御する。また、サブ制御用CPU41aは、RB役の入賞の指示を契機に、上乗せ中RB演出状態に制御する。

また、サブ制御用CPU41aは、BB役の当選が指定される場合、BB役の当選を確定的に報知する確定画面を表示させる。この場合に、サブ制御用CPU41aは、図11(b)に示すように、「BB確定」を表示させるように演出表示装置14の表示内容を制御する。なお、確定画面は、一旦、行われると、BB役の入賞までのボーナス待機状態の間、継続される。また、サブ制御用CPU41aは、RB役の当選が指定される場合、上乗せART演出状態用の表示画面Gcを表示させつつRB役の当選を告知する告知演出を行わせる。この場合に、サブ制御用CPU41aは、図11(e)に示すように、表示画面Gcを表示させつつ「RB当選」を表示させるように演出表示装置14の表示内容を制御する。すなわち、RB役の当選が告知されるが、上乗せART演出状態の表示画面Gcは継続されることになる。なお、告知演出は、RB役の入賞までのボーナス待機状態の間、継続される。また、サブ制御用CPU41aは、確定画面や告知演出を、当選とする変動ゲームの終了に伴い行わせる。

なお、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、ART演出状態の制御中と同様に、ベルナビ演出を行わせる。また、サブ制御用CPU41aは、ベルナビ演出に関してはART演出状態と同様の制御を行うため、ここでの説明は割愛する。

このため、上乗せART演出状態に制御される変動ゲームでは、ベル役の当選時に終了目となるバラケ停止目の停止表示を回避してRT2遊技を継続させることができる。さらに、上乗せART演出状態に制御される変動ゲームでは、ベル停止目により賞メダルも獲得できるとともに、再遊技役にも当選し易く保有するメダルの減少も抑えることができる。このため、上乗せART演出状態は、遊技者に有利となる。

なお、上乗せART演出状態に制御される変動ゲームでは、ベルナビ演出にしたがわない遊技(ストップボタンの操作)を行うことで、終了目が停止表示され得る。本実施形態では、ベルナビ演出にしたがわなかった場合にも、最初とその次のストップボタンが予め定めた順序で行われていれば、終了目の停止表示を回避することができる。

また、サブ制御用CPU41aは、毎変動ゲームの開始が指示される場合、ART継続回数の回数を上乗せする上乗せ中回数抽選を行うようになっている。また、上乗せ中回数抽選(増加抽選)では、ART継続回数(第1継続回数)の回数を上乗せする上乗せ回数(増加させる増加回数)が決定(抽選)される。サブ制御用CPU41aは、図13に示すように、上乗せ中回数抽選をする。そして、本実施形態では、当選役(スイカ役、チェリー役、それ以外(はずれ役を含む))に基づき、上乗せ回数毎に乱数が振分けられている。なお、サブ制御用CPU41aは、入賞するかどうかに関係なく当選に基づいて上乗せ中回数抽選を行う。

そして、本実施形態における上乗せ中回数抽選では、スイカ役の当選時に上乗せ回数が他の当選役の当選時の上乗せ回数に比して多くなり易いように、乱数が振分けられている。また、本実施形態における上乗せ中回数抽選では、スイカ役及びチェリー役以外の当選(はずれ役を含む)時、最低でも「1回」の上乗せ回数が決定されるように、乱数が振分けられている。その結果、本実施形態では、上乗せ中ART演出状態で上乗せ中回数抽選の対象とする当選役(ボーナス役を除く)のうち、役抽選での当選確率の低いスイカ役の当選時に上乗せ回数が多くなり易いことになる。さらに、本実施形態では、スイカ役及びチェリー役に比して出現し易い、スイカ役及びチェリー役以外(はずれ役を含む)の当選時に上乗せ回数が少なくなり易いが、最低でも「1回」の上乗せを見込むことができる。すなわち、本実施形態では、上乗せART演出状態に移行すれば、1回以上のART継続回数の上乗せを見込むことができる。

そして、サブ制御用CPU41aは、上乗せ中回数抽選で上乗せ回数の当選を契機に、サブ制御用RAM41cに設定しているART継続回数に上乗せ回数を加算して更新する。この場合には、移行契機となったART演出状態から記憶保持されているART継続回数に上乗せ回数が加算される。そして、ART継続回数の加算により、以後のART演出状態に制御される変動ゲームが行われる回数が加算される。また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態を通して上乗せされた上乗せ回数の合計を、サブ制御用RAM41cに設定し、上乗せART演出状態が終了されるまでの間、記憶保持する。サブ制御用CPU41aは、上乗せ回数を加算する毎に上乗せ回数の合計も加算して更新する。なお、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態から上乗せART演出状態に制御する場合、サブ制御用RAM41cに上乗せ回数の合計の初期値として「0回」を設定する。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態に制御される毎変動ゲームにおいて、ART継続回数の上乗せを煽る上乗せ煽り演出を行わせる。本実施形態における上乗せ煽り演出は、演出表示装置14で行われる。演出表示装置14では、図11(f)に示すように、表示画面上をフラッシュ(点滅)させて「チャージ」を表示させるチャージ演出が行われる。そして、サブ制御用CPU41aは、指定される当選役と上乗せ回数に応じて、フラッシュの激しさを異ならせたチャージ演出を行わせる。本実施形態では、フラッシュが激しいほど当選確率の低い当選役(スイカ役やチェリー役)に当選している可能性が高く、且つ上乗せ回数が多いことを示唆する。また、サブ制御用CPU41aは、毎変動ゲームの開始に伴いチャージ演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態での最終回となる変動ゲームにおいて、上乗せART演出状態を通して上乗せされた上乗せ回数の合計を報知する回数報知演出を行わせる。上乗せART演出状態での最終回となる変動ゲームとは、上乗せ中実行回数が上乗せ継続回数と一致する変動ゲームのことである。本実施形態における回数報知演出は、演出表示装置14で行われる。演出表示装置14では、図11(g)に示すように、「+50」のようにして上乗せ回数の合計が報知される。また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態での最終回となる変動ゲームの終了に伴い回数報知演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。

このため、本実施形態では、上乗せART演出状態における上乗せ結果を、上乗せART演出状態の変動ゲーム毎に報知しないで、最終回の変動ゲームであって上乗せART演出状態の最終場面で遊技者に報知することになる。このため、本実施形態では、上乗せART演出状態の毎変動ゲームでの上乗せ結果を把握し得ないで、上乗せART演出状態の全体を通しての上乗せ結果を遊技者に把握させる。

なお、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態からBB役又はRB役の当選時における次の変動ゲームから上乗せ中実行回数のカウントを中断する一方で、中断時点の上乗せ中実行回数、上乗せ継続回数、及び上乗せ回数の合計を記憶保持する。そして、サブ制御用CPU41aは、再び上乗せART演出状態に制御する場合、中断時点から記憶保持されている上乗せ中実行回数、上乗せ継続回数、及び上乗せ回数の合計に基づいて上乗せART演出状態の制御を行う。また、上乗せ継続回数に関しては、記憶保持中に上乗せされ得ないことから、中断時点の回数と一致する。一方、上乗せ回数の合計に関しては、上乗せ中RB演出状態中において上乗せして加算されることもあり、記憶保持している間に更新されていることもあることから、中断時点の回数と一致するとは限らない。また、サブ制御用CPU41aは、BB役又はRB役の当選が指定される場合、これらの入賞までの間は各種抽選を行なわないが、ベルナビ演出については行わせる。このため、サブ制御用CPU41aは、BB役又はRB役の当選に基づく入賞により上乗せART演出状態の制御を中断させても、BB遊技又はRB遊技の終了により中断していた上乗せART演出状態の制御を内部的に再開することになる。この場合における上乗せART演出状態での最終回となる変動ゲームは、BB遊技又はRB遊技を跨いた後に行われる変動ゲームであって、上乗せ中実行回数が上乗せ継続回数と一致する変動ゲームのことである。

次に、BB演出状態における制御内容について説明する。
サブ制御用CPU41aは、遊技状態がBB遊技である間、BB演出状態に制御する。
そして、サブ制御用CPU41aは、各演出状態からBB演出状態に制御する場合、主制御用CPU40aが管理するBB払出枚数に対応する枚数を、演出表示装置14で遊技者に報知する。なお、サブ制御用CPU41aは、主制御用CPU40aからの各種コマンドから当選役や賞態様を特定する結果、主制御用CPU40aが管理するBB払出枚数に対応する枚数を把握し得る。

また、サブ制御用CPU41aは、BB役の終了が指示される場合、BB演出状態の制御を終了し、次の変動ゲームから対応する演出状態に制御する。そして、サブ制御用CPU41aは、通常演出状態での当選であれば通常演出状態に制御するとともに、ART演出状態での当選であればART演出状態に制御する一方、上乗せART演出状態での当選であれば上乗せART演出状態に制御する。これらの場合には、BB役の当選時の遊技状態が継続されている。

すなわち、ART演出状態又は上乗せART演出状態は、BB役の当選に基づく入賞により(BB演出状態に制御されることにより)中断される一方、BB演出状態の終了により(ART演出状態又は上乗せART演出状態に制御されることにより)再開されることになる。

また、サブ制御用CPU41aは、BB演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。そして、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、ART演出状態(上乗せART演出状態)と同様に、ベルナビ演出を行わせる。また、サブ制御用CPU41aは、ベルナビ演出に関してはART演出状態(上乗せART演出状態)と同様の制御を行うため、ここでの説明は割愛する。このため、BB演出状態に制御される変動ゲームでは、ベル停止目により賞メダルを好適に獲得できる。

また、サブ制御用CPU41aは、毎変動ゲームの開始が指示される場合、突入目ナビ演出の権利を獲得させるナビストック抽選を行うようになっている。サブ制御用CPU41aは、図14に示すように、ナビストック抽選をする。そして、本実施形態では、獲得数毎に乱数が振分けられている。なお、サブ制御用CPU41aは、変動ゲームの開始に基づいてナビストック抽選を行う。すなわち、ナビストック抽選は、何れ(全て)の当選役でも行われる。本実施形態のナビストック抽選では、1回だけでなく複数回分の突入目ナビ演出の権利を獲得可能にしている。そして、本実施形態のナビストック抽選で「0回」に当選する場合には突入目ナビ演出の権利を獲得できないことになる一方、「1回」〜「5回」に当選する場合にはその回数分の突入目ナビ演出の権利を獲得することになる。

そして、本実施形態におけるナビストック抽選では、「0回」であって突入目ナビ演出の権利を獲得できない場面が大半となるように、乱数が振分けられている。また、本実施形態におけるナビストック抽選では、毎変動ゲームで1/200の確率(0.5%の割合)で突入目ナビ演出の権利を獲得し得るとともに、1/250の確率(0.4%の割合)で複数回(2回以上分)の突入目ナビ演出の権利を獲得し得るように、乱数が振分けられている。

そして、サブ制御用CPU41aは、ナビストック抽選で「1回」〜「5回」の当選を契機に、サブ制御用RAM41cに当選した回数分の突入目ナビ演出の権利を獲得している情報(フラグ)を設定する。なお、サブ制御用CPU41aは、既に獲得した分の突入目ナビ演出の権利が存在する場合、その分に今回の当選した回数分を加算した情報に更新する。なお、突入目ナビ演出の権利の獲得時、演出表示装置14では、突入目ナビ演出の権利の獲得を報知する演出を伴う。これにより、遊技者は、突入目ナビ演出の権利の獲得を把握し得る。

次に、RB演出状態における制御内容について説明する。
ここでは、通常演出状態での当選に基づいてRB演出状態に制御される場合について説明する。

サブ制御用CPU41aは、遊技状態がRB遊技である間、RB演出状態に制御する。
そして、サブ制御用CPU41aは、通常演出状態からRB演出状態に制御する場合、主制御用CPU40aが管理するRB中入賞回数及びRB中実行回数に対応する回数を、演出表示装置14で遊技者に報知する。なお、サブ制御用CPU41aは、主制御用CPU40aからの各種コマンドから当選役や賞態様を特定する結果、主制御用CPU40aが管理するRB中入賞回数及びRB中実行回数に対応する回数を把握し得る。

また、サブ制御用CPU41aは、RB役の終了が指示される場合、RB演出状態の制御を終了し、次の変動ゲームから通常演出状態に制御する。ここでは、通常演出状態での当選の場合である。この場合には、RB役の当選時の遊技状態が継続されている。

また、サブ制御用CPU41aは、RB演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。なお、RB遊技では、ベル役にのみ当選することから、毎変動ゲームでベル役の当選が指定されることになる。そして、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、BB演出状態のようにベルナビ演出を行わせない。このため、RB演出状態に制御される変動ゲームでは、ベル停止目により賞メダルを獲得できるとは限らず、ストップボタンの押し順に基づいて、ベル停止目及びブランク停止目の停止表示により賞メダルを獲得できる。そして、RB演出状態に制御される場合のRB遊技は、最小で6回の変動ゲームで終了される一方、最大で10回継続される。なお、最大で10回継続される場合には、賞メダルの払出し回数(入賞回数)が6回とは限らない。

また、サブ制御用CPU41aは、毎変動ゲームの開始が指示される場合、BB演出状態と同様に、ナビストック抽選を行うようになっている。また、サブ制御用CPU41aは、ナビストック抽選や、突入目ナビ演出の権利の獲得時の演出に関してはBB演出状態と同様の制御を行うため、ここでの説明は割愛する。

次に、ART中RB演出状態における制御内容について説明する。
ここでは、ART演出状態での当選に基づいてART中RB演出状態に制御される場合について説明する。

サブ制御用CPU41aは、遊技状態がRB遊技である間、ART中RB演出状態に制御する。
そして、サブ制御用CPU41aは、ART中RB演出状態に制御される間、ART演出状態用の表示画面Gbとなるように、演出表示装置14の表示内容を制御する。このため、このようなART中RB演出状態は、演出表示装置14でART演出状態用の表示画面Gbが維持された状態で行われるようになっている。さらに、このようなART中RB演出状態は、演出表示装置14でART中RB演出状態に制御する契機となるART演出状態から、ART演出状態用の表示画面Gbが維持された状態で行われるようになっている。この場合、演出表示装置14では、ART中実行回数とART継続回数についても継続して表示させる。そして、ART中RB演出状態では、ART中実行回数については、変化を伴わないがART継続回数については変化を伴う場合もある。

そして、サブ制御用CPU41aは、ART演出状態からART中RB演出状態に制御する場合、主制御用CPU40aが管理するRB中入賞回数及びRB中実行回数に対応する回数については報知しないようになっている。

また、サブ制御用CPU41aは、RB役の終了が指示される場合、ART中RB演出状態の制御を終了し、次の変動ゲームからART演出状態に制御する。ここでは、ART演出状態での当選の場合である。この場合には、遊技状態としてRT2遊技に移行している。

すなわち、ART演出状態は、RB役の当選に基づく入賞により(ART中RB演出状態に制御されることにより)中断される一方、ART中RB演出状態の終了により(ART演出状態に制御されることにより)再開されることになる。

また、サブ制御用CPU41aは、RB演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。なお、RB遊技では、ベル役にのみ当選することから、毎変動ゲームでベル役の当選が指定されることになる。そして、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、BB演出状態のようにベルナビ演出を行わせない。このため、ART中RB演出状態に制御される変動ゲームでは、ベル停止目により賞メダルを獲得できるとは限らず、ストップボタンの押し順に基づいて、ベル停止目及びブランク停止目の停止表示により賞メダルを獲得できる。そして、ART中RB演出状態に制御される場合のRB遊技は、最小で6回の変動ゲームで終了される一方、最大で10回継続される。なお、最大で10回継続される場合には、賞メダルの払出し回数(入賞回数)が6回とは限らない。

そして、本実施形態では、ART中RB演出状態では、バラケ停止目が停止表示される場面であれば、非入賞ライン上に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]による図柄の組み合わせが停止表示されることになる。このため、ART中RB演出状態では、ART演出状態で[リプレイ・リプレイ・リプレイ]による図柄の組み合わせが頻繁に停止表示される場面であるかのように演出表現される。

また、サブ制御用CPU41aは、ベル停止目によるベル役の入賞が指示される場合、ART継続回数の回数を上乗せするRB中回数抽選を行うようになっている。また、RB中回数抽選(増加抽選)では、ART継続回数(第1継続回数)の回数を上乗せする上乗せ回数(増加させる増加回数)が決定(抽選)される。サブ制御用CPU41aは、図15に示すように、RB中回数抽選をする。そして、本実施形態では、上乗せ回数毎に乱数が振分けられている。なお、サブ制御用CPU41aは、ベル停止目によるベル役の入賞に基づいてRB中回数抽選を行う一方で、ベル停止目以外のベル役の入賞に基づいてはRB中回数抽選を行わない。本実施形態におけるART中RB演出状態では、ベル停止目が停止表示されることで、賞メダルの獲得(権利)とBB中回数抽選の抽選(権利)が発生するとともに、ブランク停止目が停止表示されることで、賞メダルの獲得(権利)のみが発生する一方、バラケ停止目が停止表示されることで、何の獲得(権利)も発生しない。

そして、本実施形態におけるRB中回数抽選では、ベル停止目によるベル役の入賞で最低でも「1回」以上の上乗せ回数が決定されるとともに、3/5の確率(60%の割合)で「10回」以上の上乗せ回数が決定されるように、乱数が振分けられている。その結果、本実施形態では、ART中RB演出状態に移行してベル停止目のベル役を入賞させれば、1回以上のART継続回数の上乗せを見込むことができる。ただし、ベル停止目のベル役を入賞させることができない場合には、ART継続回数の上乗せ自体に期待できないことになる。一方、本実施形態では、ブランク停止目のベル役を入賞させれば、ART継続回数の上乗せは行われないが、賞メダルについては獲得することができる。

そして、サブ制御用CPU41aは、RB中回数抽選で上乗せ回数の当選を契機に、サブ制御用RAM41cに設定しているART継続回数に上乗せ回数を加算して更新する。この場合には、移行契機となったART演出状態から記憶保持されているART継続回数に上乗せ回数が加算される。そして、ART継続回数の加算により、以後のART演出状態に制御される変動ゲームが行われる回数が加算される。

なお、ART継続回数の加算によっては、演出表示装置14で報知されているART継続回数も合わせて更新される。この場合に演出表示装置14では、ART継続回数の上乗せを報知する演出を伴う。これにより、遊技者は、内部的なART継続回数の上乗せ結果を把握し得る。

このように制御されるART中RB演出状態では、ART演出状態が継続されているかのように演出表現される。また、ART演出状態において、1回のRB遊技を跨ぐ場合、ART演出状態がRB遊技分多く、行われたかのように演出表現される。これにより、遊技者は、RB遊技が行われていてもART演出状態が継続されているように感じ得る。

次に、上乗せ中RB演出状態における制御内容について説明する。
ここでは、上乗せART演出状態での当選に基づいて上乗せ中RB演出状態に制御される場合について説明する。

サブ制御用CPU41aは、遊技状態がRB遊技である間、上乗せ中RB演出状態に制御する。
そして、サブ制御用CPU41aは、上乗せ中RB演出状態に制御される間、上乗せART演出状態用の表示画面Gcとなるように、演出表示装置14の表示内容を制御する。このため、このような上乗せ中RB演出状態は、演出表示装置14で上乗せART演出状態用の表示画面Gcが維持された状態で行われるようになっている。さらに、このような上乗せ中RB演出状態は、演出表示装置14で上乗せ中RB演出状態に制御する契機となる上乗せART演出状態から、上乗せART演出状態用の表示画面Gcが維持された状態で行われるようになっている。

そして、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態から上乗せ中RB演出状態に制御する場合、主制御用CPU40aが管理するRB中入賞回数及びRB中実行回数に対応する回数については報知しないようになっている。

また、サブ制御用CPU41aは、RB遊技の終了が指示される場合、上乗せ中RB演出状態の制御を終了し、次の変動ゲームから上乗せART演出状態に制御する。ここでは、上乗せART演出状態での当選の場合である。この場合には、遊技状態としてRT2遊技に移行している。本実施形態では、RB役の当選に基づく入賞を契機とする特定条件が成立する場合、RB遊技の終了とする特定終了条件が成立するまでの各変動ゲーム(遊技)を上乗せ中RB演出状態で行わせる。また、本実施形態では、RB役が特定役となる。

すなわち、上乗せART演出状態は、RB役の当選に基づく入賞により(上乗せ中RB演出状態に制御されることにより)中断される一方、上乗せ中RB演出状態の終了により(上乗せART演出状態に制御されることにより)再開されることになる。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せ中RB演出状態に制御している場合、指定される当選役に基づいた演出を行わせるとともに、これら当選役の入賞に基づいて演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。なお、RB遊技では、ベル役にのみ当選することから、毎変動ゲームでベル役の当選が指定されることになる。

そして、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、上乗せ中RB演出状態での変動ゲームが4回行われるまでの間、ベル役の当選時にバラケ停止目を停止表示させるための操作方法(最初に操作すべきストップボタン)をナビゲートするバラケナビ演出を行わせる。本実施形態におけるバラケナビ演出は、演出表示装置14で行われる。演出表示装置14では、図11(d)に示すように、ベルナビ演出と同様に、ストップボタンを模した画像を3つ並べて表示させるとともに、それぞれに対して「1」、「2」、「3」の数字を付す態様でバラケナビ演出が行われる。ベルナビ演出との違いは、ナビゲートにしたがうことでバラケ目を停止表示させることができる点である。そして、サブ制御用CPU41aは、ベルナビ演出を行わせる場合、変動ゲームの開始に伴いバラケナビ演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。なお、本実施形態では、この場合にバラケ停止目が停止表示されると、非入賞ライン上に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]の図柄の組み合わせが停止表示されることになる。

そして、本実施形態では、上乗せ中RB演出状態では、バラケナビ演出が行われる場面であれば、非入賞ライン上に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]による図柄の組み合わせが停止表示されることになる。このため、上乗せ中RB演出状態では、上乗せART演出状態で[リプレイ・リプレイ・リプレイ]による図柄の組み合わせが頻繁に停止表示される場面であるかのように演出表現される。

一方、サブ制御用CPU41aは、ベル役の当選が指定される場合、上乗せ中RB演出状態での変動ゲームが5回目以後の間、ART演出状態(上乗せART演出状態)と同様に、ベルナビ演出を行わせる。また、サブ制御用CPU41aは、ベルナビ演出に関してはART演出状態(上乗せART演出状態)と同様の制御を行うため、ここでの説明は割愛する。

このため、上乗せ中RB演出状態に制御される変動ゲームでは、1回目〜4回目の4回の変動ゲームで賞メダルが獲得されない一方で、5回目〜10回目の6回の変動ゲーム賞メダルが獲得されることになる。すなわち、本実施形態における上乗せ中RB演出状態では、RB中実行回数が最大となる10回の変動ゲームに亘って継続させるような演出制御がサブ制御用CPU41aにより行われる。このため、上乗せ中RB演出状態に制御される場合のRB遊技は、各種ナビ演出にしたがう結果、10回の変動ゲーム(RB中実行回数が10回)を行いつつ、6回の賞メダル(払出し)を獲得し得る(RB中入賞回数が6回)ことができる。なお、各種ナビ演出にしたがわない場合には、RB中実行回数が10回の到達前にRB遊技が終了されたり、RB中入賞回数が6回の到達前にRB遊技が終了されたりする。

また、サブ制御用CPU41aは、毎変動ゲームの開始が指示される場合、ART継続回数の回数を上乗せする特別RB中回数抽選を行うようになっている。また、特別RB中回数抽選(増加抽選)では、ART継続回数(第1継続回数)の回数を上乗せする上乗せ回数(増加させる増加回数)が決定(抽選)される。サブ制御用CPU41aは、図16に示すように、特別RB中回数抽選をする。そして、本実施形態では、上乗せ回数毎に乱数が振分けられている。なお、サブ制御用CPU41aは、変動ゲームの開始に基づいて特別RB中回数抽選を行う。すなわち、特別RB中回数抽選は、何れ(全て)の当選役でも行われる。

そして、本実施形態における特別RB中回数抽選では、毎変動ゲームで最低でも「1回」以上の上乗せ回数が決定されるとともに、3/5の確率(60%の割合)で「10回」以上の上乗せ回数が決定されるように、乱数が振分けられている。その結果、本実施形態では、上乗せ中RB演出状態に移行すれば、1回以上のART継続回数の上乗せを見込むことができる。さらに、本実施形態では、上乗せ中RB演出状態を、RB中実行回数が最大となる10回の変動ゲームに亘って継続させ得ることから、上乗せのチャンスを最大限に付与する。その結果、上乗せ中RB演出状態は、ART中RB演出状態に比して上乗せ回数として多くの回数を見込むことができるだけでなく、一定の賞メダル(6回の入賞分)の獲得を見込むことができる。このため、上乗せ中RB演出状態は、ART中RB演出状態に比して遊技者に有利となる。なお、上乗せ中RB演出状態は、突入目ナビ演出の権利を獲得し得るRB演出状態と比較しても遊技者に有利となる。

そして、サブ制御用CPU41aは、特別RB中回数抽選で上乗せ回数の当選を契機に、サブ制御用RAM41cに設定しているART継続回数に上乗せ回数を加算して更新する。この場合には、移行契機となった上乗せART演出状態から記憶保持されているART継続回数に上乗せ回数が加算される。そして、ART継続回数の加算により、以後のART演出状態に制御される変動ゲームが行われる回数が加算される。また、サブ制御用CPU41aは、上乗せ回数を加算する毎に上乗せ回数の合計も加算して更新する。この場合には、移行契機となった上乗せART演出状態から記憶保持されている上乗せ回数の合計が加算される。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せART演出状態に制御される毎変動ゲームにおいて、上乗せART演出状態と同様に、ART継続回数の上乗せを煽る上乗せ煽り演出を行わせる。そして、サブ制御用CPU41aは、上乗せ回数に応じて、フラッシュの激しさを異ならせたチャージ演出を行わせる。本実施形態では、フラッシュが激しいほど上乗せ回数が多いことを示唆する。また、サブ制御用CPU41aは、毎変動ゲームの開始に伴いチャージ演出を行わせるように演出表示装置14の表示内容を制御する。

また、サブ制御用CPU41aは、上乗せ中RB演出状態において、上乗せ中RB演出状態を通して上乗せされた上乗せ回数の合計を報知させないようになっている。そして、サブ制御用CPU41aは、上乗せ中RB演出状態の終了後の上乗せART演出状態での最終回となる変動ゲームにおいて、上乗せ中RB演出状態を通して上乗せされた上乗せ回数の合計を、上乗せ中RB演出状態を跨いでいる上乗せART演出状態を通して上乗せされた上乗せ回数の合計と合わせて(纏めて)報知する。このため、本実施形態では、上乗せ中RB演出状態の毎変動ゲームでの上乗せ結果を把握し得ないで、上乗せ中RB演出状態を跨いでいる上乗せART演出状態の全体を通しての上乗せ結果を遊技者に把握させる。

このように制御される上乗せ中RB演出状態では、上乗せART演出状態が継続されているかのように演出表現される。また、上乗せART演出状態において、1回のRB遊技を跨ぐ場合、上乗せART演出状態がRB遊技分の10回分多く、すなわち上乗せ継続回数と合わせた分(RB役の当選から入賞までを考慮することから20回以上)行われたかのように演出表示される。さらに上乗せART演出状態及び上乗せ中RB演出状態では、各演出状態で行われる変動ゲームの残り回数などを把握させ得ないように構成している。これにより、遊技者は、RB遊技が行われていても上乗せART演出状態が継続されているように感じ得る。

次に、上乗せART演出状態に制御される変動ゲームの流れについて図17に例示される場面に基づいて説明する。なお、図17では、上乗せART演出状態の間に、RB役に当選する場面を例示している。また、図17では、変動ゲームが行われる回数を「G」で示している。

図17に示すように、上乗せART演出状態の制御が開始されると(上乗せART開始)、毎変動ゲームで上乗せ中回数抽選が行われる結果、毎変動ゲームで1回以上の上乗せ回数が決定される。

上乗せART演出状態に制御される「1G」〜「4G」において、演出表示装置14では、上乗せART演出状態用の表示画面Gcが画像表示される。そして、「1G」〜「3G」ではそれぞれ1回の上乗せ回数が決定される。また、「4G」では1回の上乗せ回数とともにRB役の当選が決定される。

この場合、「1G」〜「4G」のそれぞれにおいて、演出表示装置14では、フラッシュが比較的に激しくないチャージ演出が行われる。さらに、「1G」〜「4G」において、演出表示装置14では、ベルナビ演出も合わせて行われることもある。さらに、「1G」〜「4G」では、再遊技役に当選していると、入賞ライン上に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]が停止表示される。さらに「4G」において、演出表示装置14では、RB役の当選に基づく告知演出が行われる。そして、告知演出の次となる「5G」において、RB役が入賞する場合、次の「6G(RB開始)」から10回分となる「15G(RB終了)」までに跨って上乗せ中RB演出状態に制御される変動ゲーム(RB遊技)が行われる。なお、「5G」では、上乗せが行われない。

上乗せ中RB演出状態に制御される「6G」〜「15G」において、演出表示装置14では、上乗せART演出状態用の表示画面Gcが画像表示される。さらに、上乗せ中RB演出状態に制御されてから1回目〜4回目となる「6G」〜「9G」において、演出表示装置14では、バラケナビ演出とチャージ演出が合わせて行われる。ここでのチャージ演出は、上乗せ回数に応じた激しさのフラッシュを伴うことになる。そして、「6G」〜「9G」では、非入賞ライン上に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]が停止表示されることになる。続いて、上乗せ中RB演出状態に制御されてから5回目〜10回目となる「10G」〜「15G」において、演出表示装置14では、ベルナビ演出とチャージ演出が合わせて行われる。ここでのチャージ演出は、上乗せ回数に応じた激しさのフラッシュを伴うことになる。そして、上乗せ中RB演出状態に制御される「6G」〜「15G」では、合計で55回分の上乗せ回数が決定される一方、この時点での報知はされない。また、「15G」において、上乗せ中RB演出状態(RB遊技)が終了されると、次の「16G」から上乗せART演出状態に制御される変動ゲームが行われる。

続いて、上乗せART演出状態に制御される「16G」〜「21G」において、演出表示装置14では、上乗せART演出状態用の表示画面Gbが画像表示される。そして、上乗せART演出状態に制御される「16G」では30回の上乗せ回数が決定される。また、「17G」〜「21G」では1回の上乗せ回数が決定される。

この場合、「16G」において、演出表示装置14では、フラッシュが激しいチャージ演出が行われる。また、「17G」〜「21G」のそれぞれにおいて、演出表示装置14では、フラッシュが比較的に激しくないチャージ演出が行われる。さらに、「16G」〜「21G」において、演出表示装置14では、ベルナビ演出も合わせて行われることもある。さらに、「16G」〜「21G」では、再遊技役に当選していると、入賞ライン上に[リプレイ・リプレイ・リプレイ]が停止表示される。

そして、上乗せART演出状態に制御される最終回の変動ゲームとなる「21G(ボーナス待機状態とRB遊技を除いて10回目)」において、演出表示装置14では、その終了に伴い時上乗せ回数の合計として「+94回」とする回数報知演出が行われて、上乗せART演出状態が終了される(上乗せART終了)。

これにより、これら「1G」〜「21G」において、フラッシュが激しいチャージ演出が行われた場合に、遊技者は、上乗せ回数が多いことに期待できることを把握し得る。一方、フラッシュが比較的に激しくないチャージ演出が行われた場合に、遊技者は、上乗せ回数が多いことにあまり期待できないことを把握し得る。そして、回数報知演出により、遊技者は、今回の上乗せART演出状態とこの間の上乗せ中RB演出状態における上乗せ回数の合計を把握するとともに、チャージ演出の結果から、どの変動ゲームで上乗せが多かったのか、途中にRB役に当選したから上乗せが多かったかなどを推測することができる。

一方、図17に例示した場面において、上乗せ中RB演出状態での上乗せ回数が10回で、例えば、「1G」〜「3G」における上乗せ回数がそれぞれ10回、「16G」における上乗せ回数が50回の場合には、上乗せ回数として「+96」とする回数報知演出が行われる。この場合には、回数報知演出で報知された上乗せ回数としては図17に例示した場面と近い回数であるもの、実際のところ、RB役の当選による上乗せ効果は、図17に例示した場面に比して小さいことになる。このため、RB役の当選による上乗せ効果が小さい場合にも、上乗せ中RB演出状態での上乗せ結果を報知しないから、上乗せ回数が多かった理由については遊技者に推測させることができる。その結果、本実施形態では、RB役の当選による上乗せ効果が小さい場合にも、途中にRB役に当選したから上乗せが多かったかのではないかと遊技者に推測させ得る。

したがって、本実施形態によれば、以下に示す効果を得ることができる。
(1)第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われる場合には、各遊技(変動ゲーム)において増加抽選(特別RB中回数抽選)を行い得る構成とした。さらに特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))での増加抽選(特別RB中回数抽選)の結果は、再開された第2特別遊技状態(上乗せART演出状態)での遊技(最終回の変動ゲーム)の終了に伴い、第2特別遊技状態(上乗せART演出状態)での遊技(変動ゲーム)の間の結果と合わせて報知される構成とした。これにより、報知される増加抽選結果(特別RB中回数抽選の結果)が、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)の特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))によるものであるかどうかが遊技者に分かり難くなる。すなわち、他の部分での増加された(上乗せされた)結果が多ければ特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))で増加(上乗せ)された結果が少なくても遊技の興趣を低下させないで済む。むしろ特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))となったから多くの回数が増加(上乗せ)されたと思わせることができる。その結果、特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われると遊技の興趣を向上させることができる。

(2)増加抽選(RB中回数抽選)は、第1特別遊技状態中(ART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))が行われる場合にも行われ得る構成とした。さらに、特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))における増加抽選(RB中回数抽選)は、停止操作の順番により入賞ライン上に停止表示される停止結果(賞態様)が変化し得る特殊役(ベル役)の当選に基づいて第1停止結果(ベル停止目)が停止表示される場合に行われる構成とした。そして、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われる場合には、第1停止結果(ベル停止目)を停止表示させる停止操作の順番が報知される(ベルナビ演出が行われる)構成とした。これにより、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われる場合には、各遊技(変動ゲーム)において特殊役(ベル役)に当選すれば増加抽選(特別RB中回数抽選)を行う権利が好適に獲得され得る。その結果、特に第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われると遊技の興趣を向上させることができる。

(3)増加抽選(RB中回数抽選)は、第1特別遊技状態中(ART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))が行われる場合にも行われ得る構成とした。さらに、第1特別遊技状態中(ART演出状態中)に行われた特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))における増加抽選(RB中回数抽選)は、停止操作の順番により入賞ライン上に停止表示される停止結果(賞態様)が変化し得る特殊役(ベル役)の当選に基づいて第1停止結果(ベル停止目)が停止表示される場合に行われる構成とした。一方、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に行われた特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))における増加抽選(特別RB中回数抽選)は、遊技(変動ゲーム)を行う毎に増加抽選(特別RB中回数抽選)が行われる構成とした。そして、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われる場合には、上限回数(10回)の遊技が行われるように当選内容に応じて停止操作の順番が報知される構成とした。これにより、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われる場合には、上限回数分(10回分)の遊技(変動ゲーム)が好適に行われることから、増加抽選(特別RB中回数抽選)により第1継続回数(ART継続回数)が好適に増加(上乗せ)され得る。その結果、特に第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われると遊技の興趣を向上させることができる。

(4)第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に行われる特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))では、第2特別遊技演出(上乗せART演出状態用の表示画面Gc)が演出装置(演出表示装置14)で継続して行われる構成とした。これにより、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が行われる場合には、これまでの第2特別遊技状態(上乗せART演出状態)が恰も継続しているかのように演出表現してなされることになる。このため、特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が付与されていること自体が遊技者に分かり難くなる。その結果、特に第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態)が行われても遊技の興趣を向上させることができる。

(5)第1特別遊技状態及び第2特別遊技状態(ART演出状態及び上乗せART演出状態)の遊技(変動ゲーム)では、第1停止結果(ベル停止目)を停止表示させる停止操作の順番が報知されることから、再遊技役の当選確率が低確率に設定される契機の到来(RT2遊技からNRT遊技への移行)が回避される構成とした。これにより、第1特別遊技状態及び第2特別遊技状態(ART演出状態及び上乗せART演出状態)の遊技(変動ゲーム)では、好適に遊技が行われることから遊技者にとって有利な状態となる。その結果、有利な状態中に特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態及び上乗せ中RB演出状態))が行われても遊技の興趣を向上させることができる。

(6)第1特別遊技状態に(ART演出状態)おける増加抽選(ART中回数抽選)では、当選役の中で一部の当選役(スイカ役及びチェリー役)の決定を契機として行われ、該当選役のうち決定し難い当選役(スイカ役)であるほど増加(上乗せ)され難いが増加(上乗せ)されれば増加回数(上乗せ回数)が多い抽選結果が導出され易い構成とした。これにより、第1特別遊技状態(ART演出状態)では、第1継続回数(ART継続回数)が単に増加するか(上乗せされるか)どうかだけではなく、決定される当選役の種類にも遊技者の関心を向けることができる。その結果、第1特別遊技状態(ART演出状態)における遊技の興趣を向上させることができる。

(7)第1特別遊技状態中(ART演出状態中)に行われる特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))では、第1特別遊技演出(ART演出状態用の表示画面Gb)が演出装置(演出表示装置14)で継続して行われる構成とした。これにより、第1特別遊技状態中(ART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))が行われる場合には、これまでの第1特別遊技状態(ART演出状態)が恰も継続しているかのように演出表現してなされることになる。このため、特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))が付与されていること自体が遊技者に分かり難くなる。その結果、特に第1特別遊技状態中(ART演出状態中)に特定遊技状態(RB遊技(ART中RB演出状態))が行われても遊技の興趣を向上させることができる。

(8)第2特別遊技状態に(上乗せART演出状態)おける増加抽選(上乗せ中回数抽選)では、当選役に応じて増加回数(上乗せ回数)に変化を持たせる構成とした。さらに、第2特別遊技状態に(上乗せART演出状態)おける増加抽選(上乗せ中回数抽選)では、当選役のうち決定し難い当選役(スイカ役)であるほど増加回数(上乗せ回数)が多い抽選結果が導出され易い構成とした。これにより、第2特別遊技状態(上乗せART演出状態)では、第1継続回数(ART継続回数)が単に増加するか(上乗せされるか)どうかだけではなく、決定される当選役の種類にも遊技者の関心を向けることができる。その結果、第2特別遊技状態(上乗せART演出状態)における遊技の興趣を向上させることができる。

なお、上記実施形態は以下のように変更してもよい。
・本実施形態における各リールにおける図柄の配列は、変更してもよい。そして、特にRB役に対応するRB停止目に関しては、遊技者による停止操作のタイミングに関係なく入賞ライン上に停止表示可能に構成することもできる。このような構成によれば、第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態中)には、遊技者の特別な操作を要することなく特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))へと移行されることになる。このため、特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態))が付与されること自体が遊技者に分かり難くなる。その結果、特に第2特別遊技状態中(上乗せART演出状態)に特定遊技状態(RB遊技(上乗せ中RB演出状態)が行われても遊技の興趣を向上させることができる。また、第1特別遊技状態中(ART演出状態)についても同様の効果を奏することができる。なお、BB停止目についても遊技者による停止操作のタイミングに関係なく入賞ライン上に停止表示可能に構成することもできる。このような構成であれば、ボーナス待機状態を経由することがなくなり、上乗せ回数の抽選が行われない変動ゲームの発生を減らすことができる。

・本実施形態において、ART中RB演出状態では、ART演出状態用の表示画面Gbを継続して表示させなくてもよく、専用画面を表示させてもよい。また、上乗せ中RB演出状態では、上乗せART演出状態用の表示画面Gcを継続して表示させなくてもよく、専用画面を表示させてもよい。

・本実施形態において、BB演出状態では、ART演出状態中の当選であればART演出状態用の表示画面Gbを継続して表示させたり、上乗せART演出状態中の当選であれば上乗せART演出状態用の表示画面Gcを継続して表示させたりしてもよい。この場合には、BB演出状態でもART継続回数の上乗せを可能に構成してもよい。

・本実施形態において、ART中回数抽選では、当選役の種類に関係なく毎変動ゲームで行う構成を採用してもよい。また、ART中回数抽選では、再遊技役やベル役の当選時にも抽選したり、ベル役の当選であればベル停止目でのみ抽選をしたりもできる。ART中回数抽選では、抽選の態様(乱数の振分態様)を変更することもできる。そして、ART中回数抽選では、チェリー役で上乗せ移行抽選に当選し易くしたり、上乗せ回数が多くなり易くしたり、ART回数抽選に当選し難くしたりすることもできる。一方、ART中回数抽選では、スイカ役で上乗せ移行抽選に当選し難くしたり、上乗せ回数が少なくなり易くしたり、ART回数抽選に当選し易くしたりすることもできる。また、RB中回数抽選では、当選役の種類に関係なく毎変動ゲームで行う構成を採用してもよい。また、RB中回数抽選では、抽選の態様(乱数の振分態様)を変更することもできる。

・本実施形態において、上乗せ中回数抽選では、特定の当選役の当選が指定される場合に抽選される構成とすることもできる。また、上乗せ中回数抽選では、ベル役の当選であればベル停止目でのみ抽選をしたりもできる。また、上乗せ中回数抽選では、抽選の態様(乱数の振分態様)を変更することもできる。そして、上乗せ中回数抽選では、チェリー役で上乗せ回数が多くなり易くしたり、スイカ役で上乗せ回数が少なくなり易くしたりもできる。また、はずれ役の当選時に上乗せ回数が最も多くなるようにしてもよい。また、特別RB中回数抽選では、特定の当選役の当選が指定される場合に抽選される構成とすることもできる。また、特別RB中回数抽選では、ベル役の当選であればベル停止目でのみ抽選をしたりもできる。また、特別RB中回数抽選では、抽選の態様(乱数の振分態様)を変更することもできる。

・本実施形態において、第1特別遊技状態や第2特別遊技状態では、再遊技役の当選確率が高まっていなくてもよく、これ以外における遊技よりも保有するメダルの減少を抑えたり、増加させ易くしたりする構成であればよい。すなわち、本実施形態のART演出状態及び上乗せART演出状態では、再遊技役の当選確率が高まっていなくてもベル役の当選時、ベル停止目を停止表示させることができることから、通常演出状態に比して遊技者に有利となる。

・本実施形態では、ART演出状態の終了と遊技状態としてRT2遊技が終了するタイミングを同期させるような仕様で実現することもできる。その一方では、ART演出状態の開始と遊技状態としてRT2遊技が開始するタイミングを同期させなくてもよく、RT2遊技への移行後、所定のタイミング(条件の成立など)でART演出状態を開始させることもできる。

・本実施形態では、RT2遊技の終了契機として、RT2遊技で保有するメダルを増加させる契機とを同一の当選役(ベル役)に設定しなくてもよく、RT2遊技の終了契機として特殊リプレイ役などの他の当選役を設定してもよい。例えば、終了目を特殊リプレイ役の重複当選に基づく通常リプレイ役での通常目に設定すると、この場合のART演出状態や上乗せART演出状態では、RT2遊技の終了の契機となる特殊リプレイ役の重複当選時、突入目ナビ演出のように特殊リプレイ停止目を停止表示させる操作がナビゲートにより、RT2遊技の終了を回避させる。さらに、この場合のART演出状態や上乗せART演出状態では、ベル役の当選時、ベルナビ演出により賞メダルを獲得させる。

・本実施形態において、上乗せ中RB演出状態では、行う変動ゲームが10回で且つ入賞回数が6回とすることができれば、バラケナビ演出及びベルナビ演出の出現タイミングを変更できる。さらに、上乗せ中RB演出状態では、バラケナビ演出及びベルナビ演出のどちらを行うか毎変動ゲームで抽選するとともに、状況に合わせてバラケナビ演出及びベルナビ演出を強制的に行わせるような仕様も考えられる。

・本実施形態において、上乗せ中RB演出状態では、ART中RB演出状態と同様に、ベルナビ演出を行わないようにしてもよい。この場合にも、上乗せ中RB演出状態では、毎変動ゲームで特別RB中回数抽選を行うようにすることで、ART中RB演出状態に比して遊技者に有利な構成とすることができる。

・本実施形態において、上乗せ中RB演出状態では、ART中RB演出状態と同様に、ベル停止目によるベル役の入賞でRB中回数抽選を行わせることもできる。
・本実施形態において、ART中RB演出状態では、ベルナビ演出やバラケナビ演出を行わせることもできる。この場合にも、ART中RB演出状態では、ベル停止目によるベル役の入賞でRB中回数抽選を行うようにすることで、上乗せ中RB演出状態の方が遊技者に有利な構成とすることができる。

・本実施形態において、ART中RB演出状態では、上乗せ中RB演出状態と同様に、毎変動ゲームでRB中回数抽選を行わせることもできる。
・本実施形態では、特殊役に対応する当選役を、再遊技役などの他の小役に定めることもできる。そして、ART中RB演出状態でのRB中回数抽選の抽選契機や上乗せ中RB演出状態での特別RB中回数抽選を、ベル役以外の当選役に設定したり専用の小役を設定したりもできる。

・本実施形態では、RB遊技の終了を、入賞回数のみで規定することもできるし、実行回数のみで規定することもできる。また、RB遊技の終了を、BB遊技のように払出した賞メダルの枚数で規定することもできる。また、RB遊技としては、チャレンジタイム(所謂、「CT」)に制御されるようにしてもよい。

・本実施形態では、上乗せ中RB演出状態における上乗せ回数の結果(合計)がRB遊技中に報知されない構成となっていればよく、演出に関する構成などはBB演出状態と同様に、専用に設定してもよい。

・本実施形態では、ART中RB演出状態における上乗せ回数の結果(合計)をRB遊技中に報知しないで、次のART演出状態の移行時などにタイミングを変更することもできる。なお、ART演出状態における上乗せ回数の結果(合計)についても上乗せを決定する変動ゲームで報知しないで、そのタイミングを変更することもできる。この場合のART演出状態では、途中にART中RB演出状態を跨ぐ場合、該ART中RB演出状態における上乗せ回数の結果(合計)と合わせて(纏めて)報知するといったこともできる。

・本実施形態における回数報知演出では、どれだけの回数が上乗せされたかを認識可能であればよく、上乗せ回数の合計を報知しなくてもその時点におけるART継続回数を報知することもできる。

・本実施形態では、RT2遊技(ART演出状態の移行契機)への移行契機を、抽選による移行としてもよいし、NRT遊技で所定回数の変動ゲームが経過することとしてもよいし、ベル役の特定の停止目(ブランク停止目)に設定することもできるし、専用の小役の当選や、入賞、又は取りこぼしと設定することもできる。

・本実施形態では、上乗せART演出状態の移行契機を、ベル役の特定の停止目(ブランク停止目)に設定することもできるし、専用の小役の当選、入賞、又は取りこぼしと設定することもできる。

・本実施形態では、上乗せART演出状態の終了契機を、抽選(毎変動ゲームで継続か終了か抽選する)としたり、特定の当選役の当選としたり、特定の停止目の停止表示などに変更してもよい。

・本実施形態では、上乗せART演出状態における当選のBB遊技についても、上乗せ中RB演出状態と同様の構成で実現してもよい。また、ART演出状態における当選のBB遊技についてもART中RB演出状態の同様の構成で実現してもよい。この場合には、RB役を設定しない仕様に適用できる。

・本実施形態では、当選するBB役又はRB役の終了後、当選時の遊技状態に関係なくNRT遊技から開始させることもできる。この場合には、ART演出状態や上乗せART演出状態から当選するBB役又はRB役の終了後、一旦、通常演出状態や準備状態を経由させ、突入目ナビ演出などを行って当選時の演出状態(遊技状態)を再開させることになる。

・本実施形態において、NRT遊技から特定の当選役(例えば、シングルボーナス役)の取りこぼしを契機に、特殊リプレイ役に当選し得る遊技状態へ移行する構成としてもよい。この場合のNRT遊技では、特殊リプレイ役を役抽選の対象としないことになる。この場合には、RT2遊技への移行において、NRT遊技と1以上の他の遊技状態(RT機能の作動及び非作動のどちらでもよい)を経由することになる。

・本実施形態では、BB役を設定しない仕様に適用してもよい。また、仕様としては、RT1遊技を備えていなくてもよい。
・本実施形態では、特殊リプレイ役やベル役における停止目が変化し得る要素として、ストップボタンを操作するタイミングにしてもよい。この場合には、各リール(一つ又は全て)における特定の部分(図柄)を狙うような仕様が考えられる。そして、各種ナビ演出では、ストップボタンを操作するタイミング(特定の部分(図柄))を報知したりする。

・本実施形態では、各種演出を、演出表示装置14、スピーカ18、及びランプRで合わせて行わせることもできるし、スピーカ18、及びランプRのいずれかで行わせることできる。

・本実施形態は、遊技媒体として遊技球を(パチンコ球)を用いるパチンコ式スロット機(パチスロ機)に具体化してもよい。
次に、上記実施形態及び別例から把握できる技術的思想を以下に追記する。

(イ)前記当選役抽選手段は、前記入賞ライン上に停止表示されることで再度の遊技を実行可能な再遊技が賞として付与される再遊技役の当選確率を、前記第1特別条件又は前記第2特別条件の成立を契機に、高確率抽選状態に設定する一方、前記高確率抽選状態の設定中に前記特殊役の当選に基づいて前記入賞ライン上に前記第3停止結果が停止表示されることを契機に、前記再遊技役の当選確率を、前記高確率抽選状態よりも低確率に設定した低確率抽選状態に設定し、前記遊技実行手段は、前記第1特別遊技状態及び前記第2特別遊技状態の遊技で前記第1停止結果を停止表示させる前記停止操作の順番を特定可能な情報を報知する遊技機。

(ロ)前記遊技実行手段は、前記第1特別遊技状態において前記当選役抽選手段が決定し得る当選役の中で一部の当選役の決定を契機に、前記増加抽選を行うように構成され、該増加抽選を行う契機とされる当選役のうち前記当選役抽選手段が決定し得る当選役の中で決定し難い当選役であるほど前記増加回数が多い抽選結果を導出し易い遊技機。

(ハ)前記特定条件は、前記当選役抽選手段により特定役の当選が決定されたことに基づいて前記入賞ライン上に該特定役に対応する停止結果が停止表示される場合に成立され、前記図柄表示手段における各列の図柄の配列は、前記特定役に対応する停止結果が前記停止操作のタイミングに関係なく前記入賞ライン上に停止表示可能なように構成されている遊技機。

(ニ)前記演出装置では、前記第1特別遊技状態において該第1特別遊技状態であることを遊技者に報知する第1特別遊技演出が行われるように構成された遊技機。
(ホ)遊技者による開始操作が行われることに基づいて複数列の図柄を変動させて行う1回の遊技が図柄表示手段で開始され、1回の遊技の開始に基づき各列の図柄の変動が開始された後、遊技者による停止操作に基づいて対応する列の図柄が停止され、前記1回の遊技が開始されるに際し複数の当選役の中から当選役を抽選する当選役抽選手段と、前記当選役抽選手段で抽選結果に応じた制御内容で、前記停止操作に基づいて対応する列の図柄の停止制御を行う停止制御手段と、を備え、前記停止制御により全列の図柄が停止された結果、前記図柄表示手段の入賞ライン上に停止表示された図柄に基づく停止結果に対応する制御が行われる遊技機において、特定条件が成立する場合、特定終了条件が成立するまでの各遊技を特定遊技状態で行わせる一方、第1特別条件が成立する場合、設定される第1継続回数分の各遊技を第1特別遊技状態で行わせるとともに、第2特別条件が成立する場合、第2特別終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記第1継続回数を増加させる増加回数を抽選する増加抽選を行う第2特別遊技状態で行わせ、前記第1特別遊技状態又は前記第2特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、それまでの遊技状態を中断させて前記特定遊技状態の終了後に再開させる遊技実行手段を備え、前記遊技実行手段は、前記第2特別遊技状態での遊技の終了に伴い、該第2特別遊技状態での遊技の間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知する一方、前記第2特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記増加抽選を行い得る前記特定遊技状態を行わせるとともに、該特定遊技状態での遊技の終了後、再開された前記第2特別遊技状態での遊技の終了に伴い、前記第2特別遊技状態と前記特定遊技状態での合わせた遊技の間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知することを特徴とする遊技機。
(ヘ)前記当選役抽選手段は、前記停止操作の順番により前記入賞ライン上に停止表示される停止結果が変化し得る特殊役を、前記特定遊技状態での遊技で前記特定遊技状態以外での遊技に比して決定し易く構成され、前記特殊役の停止結果には、遊技媒体の払出しが賞として付与される第1停止結果及び第2停止結果と、遊技媒体の払出しが賞として付与されない第3停止結果とを含み、前記遊技実行手段は、前記第1特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記増加抽選を行い得る前記特定遊技状態を行わせ、前記第1特別遊技状態での遊技からの前記特定遊技状態での各遊技で、前記第1停止結果が停止表示される場合に前記増加抽選を行う一方、前記第2特別遊技状態での遊技からの前記特定遊技状態での各遊技で、前記第1停止結果が停止表示される場合に前記増加抽選を行うとともに前記第1停止結果を停止表示させる前記停止操作の順番を特定可能な情報を報知する技術的思想(ホ)に記載の遊技機。
(ト)前記当選役抽選手段は、前記停止操作の順番により前記入賞ライン上に停止表示される停止結果が変化し得る特殊役を、前記特定遊技状態での遊技で前記特定遊技状態以外での遊技に比して決定し易く構成され、前記特殊役の停止結果には、遊技媒体の払出しが賞として付与される第1停止結果及び第2停止結果と、遊技媒体の払出しが賞として付与されない第3停止結果とを含み、前記特定遊技状態での遊技における前記特定終了条件は、遊技媒体の払出しが規定回数行われる及び前記規定回数よりも多い上限回数の遊技が行われる何れかを満たす場合に成立とされ、前記遊技実行手段は、前記第1特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記増加抽選を行い得る前記特定遊技状態を行わせ、前記第1特別遊技状態での遊技からの前記特定遊技状態での各遊技で、前記第1停止結果が停止表示される場合に前記増加抽選を行う一方、前記第2特別遊技状態での遊技からの前記特定遊技状態での各遊技で、遊技を行う毎に前記増加抽選を行うとともに前記上限回数の遊技が行われるように当選内容に応じて前記停止操作の順番を特定可能な情報を報知する技術的思想(ホ)に記載の遊技機。
(チ)前記遊技実行手段は、前記第2特別遊技状態において該第2特別遊技状態であることを遊技者に報知する第2特別遊技演出を演出装置で行わせるとともに、前記第2特別遊技演出を行わせている間に前記特定遊技状態となる場合、該特定遊技状態の終了後に再開される前記第2特別遊技状態での遊技の終了まで前記第2特別遊技演出を継続して前記演出装置で行わせる技術的思想(ホ)、技術的思想(ヘ)及び技術的思想(ト)のうち何れか一項に記載の遊技機。

L1〜L4…入賞ライン、L5〜L7…非入賞ライン、10…パチスロ、13…リールユニット、13L…左リール、13C…中リール、13R…右リール、32…スタートレバー、33L、33C、33R…ストップボタン、40…主制御基板、40a…主制御用CPU、40b…主制御用ROM、40c…主制御用RAM、41…サブ制御基板、41a…サブ制御用CPU、41b…サブ制御用ROM、41c…サブ制御用RAM。

Claims (2)

  1. 遊技者による開始操作が行われることに基づいて複数列の図柄を変動させて行う1回の遊技が図柄表示手段で開始され、1回の遊技の開始に基づき各列の図柄の変動が開始された後、遊技者による停止操作に基づいて対応する列の図柄が停止され、前記1回の遊技が開始されるに際し複数の当選役の中から当選役を抽選する当選役抽選手段と、前記当選役抽選手段で抽選結果に応じた制御内容で、前記停止操作に基づいて対応する列の図柄の停止制御を行う停止制御手段と、を備え、前記停止制御により全列の図柄が停止された結果、前記図柄表示手段の入賞ライン上に停止表示された図柄に基づく停止結果に対応する制御が行われる遊技機において、
    特定条件が成立する場合、特定終了条件が成立するまでの各遊技を特定状態で行わせる一方、第1特別条件が成立する場合、設定される第1継続回数分の各遊技を第1特別遊技状態で行わせるとともに、第2特別条件が成立する場合、第2特別終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記第1継続回数を増加させる増加回数を抽選する増加抽選を行う第2特別遊技状態で行わせ、前記第1特別遊技状態又は前記第2特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、それまでの遊技状態を中断させて前記特定状態の終了後に再開させる遊技実行手段を備え、
    前記遊技実行手段は、前記第2特別遊技状態での遊技の終了に伴い、該第2特別遊技状態での遊技の間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知する一方、前記第2特別遊技状態での遊技で、前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまでの各遊技において前記当選役抽選手段が決定する当選役に基づいて前記増加抽選を行い得る前記特定状態を行わせるとともに、該特定状態での遊技の終了後、再開された前記第2特別遊技状態での遊技の終了に伴い、前記第2特別遊技状態と前記特定状態での合わせた遊技の間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知することを特徴とする遊技機。
  2. 開始操作が行われることに基づいて複数列の図柄を変動させて行う遊技が図柄表示手段で開始され、遊技の開始に基づき各列の図柄の変動が開始された後、停止操作に基づいて対応する列の図柄が停止され、前記遊技が開始されるに際し複数の当選役の中から当選役を抽選する当選役抽選手段と、前記当選役抽選手段で抽選結果に応じた制御内容で、前記停止操作に基づいて対応する列の図柄の停止制御を行う停止制御手段と、を備え、前記停止制御により全列の図柄が停止された結果、前記図柄表示手段の入賞ライン上に停止表示された図柄に基づく停止結果に対応する制御が行われる遊技機において、
    第1特別条件が成立する場合、設定される第1継続回数分の遊技において第1特別遊技状態を実行させ、第2特別条件が成立する場合、第2特別終了条件が成立するまで前記第1継続回数を増加させる増加抽選を行うことの可能な第2特別遊技状態を実行させ、前記第2特別遊技状態において特定条件が成立する場合、特定終了条件が成立するまで前記増加抽選を行うことの可能な特定状態を実行させる遊技実行手段を備え、
    前記遊技実行手段は、前記第2特別遊技状態において前記特定条件が成立する場合、前記特定終了条件が成立するまで前記増加抽選を行い得るとともに、該特定状態の終了後、再開された前記第2特別遊技状態の終了に伴い、前記第2特別遊技状態と前記特定状態での間に前記増加抽選により増加された前記第1継続回数を特定可能な情報を報知することを特徴とする遊技機。
JP2011059310A 2011-03-17 2011-03-17 遊技機 Active JP5628718B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011059310A JP5628718B2 (ja) 2011-03-17 2011-03-17 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011059310A JP5628718B2 (ja) 2011-03-17 2011-03-17 遊技機

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2012192083A JP2012192083A (ja) 2012-10-11
JP2012192083A5 JP2012192083A5 (ja) 2013-05-09
JP5628718B2 true JP5628718B2 (ja) 2014-11-19

Family

ID=47084583

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011059310A Active JP5628718B2 (ja) 2011-03-17 2011-03-17 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5628718B2 (ja)

Families Citing this family (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6142216B2 (ja) * 2012-11-12 2017-06-07 株式会社ソフイア スロットマシン
JP5576924B2 (ja) * 2012-11-22 2014-08-20 山佐株式会社 遊技機
JP5576925B2 (ja) * 2012-11-22 2014-08-20 山佐株式会社 遊技機
JP6076081B2 (ja) * 2012-12-25 2017-02-08 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP6171352B2 (ja) * 2013-01-18 2017-08-02 サミー株式会社 スロットマシン
JP6261169B2 (ja) * 2013-01-30 2018-01-17 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP5871239B2 (ja) * 2013-03-01 2016-03-01 サミー株式会社 スロットマシン
JP5946793B2 (ja) * 2013-04-30 2016-07-06 株式会社ニューギン 遊技機
JP6085521B2 (ja) * 2013-05-23 2017-02-22 株式会社ニューギン 遊技機
JP6031409B2 (ja) * 2013-05-30 2016-11-24 株式会社ニューギン 遊技機
JP6031410B2 (ja) * 2013-05-30 2016-11-24 株式会社ニューギン 遊技機
JP6031411B2 (ja) * 2013-05-30 2016-11-24 株式会社ニューギン 遊技機
JP6281680B2 (ja) * 2013-05-31 2018-02-21 株式会社三洋物産 遊技機
JP6342617B2 (ja) * 2013-06-21 2018-06-13 株式会社三共 スロットマシン
JP2015016287A (ja) * 2013-11-28 2015-01-29 タイヨーエレック株式会社 遊技機
JP2015112321A (ja) * 2013-12-12 2015-06-22 タイヨーエレック株式会社 Revolving machine
JP2015112322A (ja) * 2013-12-12 2015-06-22 タイヨーエレック株式会社 Revolving machine
JP6333080B2 (ja) * 2014-06-13 2018-05-30 株式会社三洋物産 遊技機
JP6591331B2 (ja) * 2016-03-25 2019-10-16 株式会社ニューギン 遊技機
JP6603171B2 (ja) * 2016-04-25 2019-11-06 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2017213033A (ja) * 2016-05-30 2017-12-07 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6216841B2 (ja) * 2016-07-01 2017-10-18 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP6216840B2 (ja) * 2016-07-01 2017-10-18 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP6341237B2 (ja) * 2016-07-28 2018-06-13 サミー株式会社 スロットマシン
JP6412079B2 (ja) * 2016-10-06 2018-10-24 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP6364055B2 (ja) * 2016-11-04 2018-07-25 株式会社ソフイア 遊技機
JP2017064466A (ja) * 2017-01-10 2017-04-06 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP6417428B2 (ja) * 2017-01-11 2018-11-07 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2017087061A (ja) * 2017-02-28 2017-05-25 株式会社三共 スロットマシン
JP2017144327A (ja) * 2017-06-05 2017-08-24 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP6516044B2 (ja) * 2018-05-16 2019-05-22 サミー株式会社 スロットマシン

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002172205A (ja) * 2000-12-07 2002-06-18 Sankyo Kk Slot machine
JP2003164567A (ja) * 2001-11-30 2003-06-10 Kpe Inc スロットマシン及び役の決定方法
JP2005160624A (ja) * 2003-12-01 2005-06-23 Daito Giken:Kk 遊技台
JP4992779B2 (ja) * 2008-03-20 2012-08-08 タイヨーエレック株式会社 回胴式遊技機
JP5422136B2 (ja) * 2008-03-28 2014-02-19 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP2009261545A (ja) * 2008-04-24 2009-11-12 Aruze Corp 遊技機
JP5606691B2 (ja) * 2009-06-23 2014-10-15 株式会社三共 スロットマシン
JP5552274B2 (ja) * 2009-07-23 2014-07-16 株式会社三共 スロットマシン

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012192083A (ja) 2012-10-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5865218B2 (ja) 遊技機
JP5955672B2 (ja) 遊技機
JP5865217B2 (ja) 遊技機
JP5788818B2 (ja) 遊技機
JP5940911B2 (ja) 遊技機
JP5918045B2 (ja) 遊技機
JP2006020791A (ja) スロットマシン及びスロットマシンの制御方法
JP5903327B2 (ja) 遊技機
JP6013277B2 (ja) 遊技機
JP5376174B2 (ja) 遊技台
JP6173731B2 (ja) 遊技機
JP2011083398A (ja) Amusement stand
JP5865189B2 (ja) 遊技機
JP5628776B2 (ja) 遊技機
JP6125768B2 (ja) 遊技機
JP5683513B2 (ja) 遊技機
JP5571324B2 (ja) 遊技機
JP2014073180A (ja) 遊技機
JP5662282B2 (ja) 遊技機
JP5985448B2 (ja) 遊技機
JP5536712B2 (ja) 遊技機
JP5819774B2 (ja) 遊技機
JP6165465B2 (ja) 遊技機
JP5970321B2 (ja) 遊技機
JP6289820B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130325

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130325

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140129

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140204

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140404

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140902

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20141002

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5628718

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R157 Certificate of patent or utility model (correction)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R157

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250