JP5535817B2 - エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法 - Google Patents

エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5535817B2
JP5535817B2 JP2010178093A JP2010178093A JP5535817B2 JP 5535817 B2 JP5535817 B2 JP 5535817B2 JP 2010178093 A JP2010178093 A JP 2010178093A JP 2010178093 A JP2010178093 A JP 2010178093A JP 5535817 B2 JP5535817 B2 JP 5535817B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
seawater
aeration
water
aeration apparatus
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010178093A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012035202A (ja
Inventor
圭介 園田
章造 永尾
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP2010178093A priority Critical patent/JP5535817B2/ja
Publication of JP2012035202A publication Critical patent/JP2012035202A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5535817B2 publication Critical patent/JP5535817B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D53/00Separation of gases or vapours; Recovering vapours of volatile solvents from gases; Chemical or biological purification of waste gases, e.g. engine exhaust gases, smoke, fumes, flue gases, aerosols
    • B01D53/34Chemical or biological purification of waste gases
    • B01D53/46Removing components of defined structure
    • B01D53/48Sulfur compounds
    • B01D53/50Sulfur oxides
    • B01D53/501Sulfur oxides by treating the gases with a solution or a suspension of an alkali or earth-alkali or ammonium compound
    • B01D53/502Sulfur oxides by treating the gases with a solution or a suspension of an alkali or earth-alkali or ammonium compound characterised by a specific solution or suspension
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F1/00Treatment of water, waste water, or sewage
    • C02F1/72Treatment of water, waste water, or sewage by oxidation
    • C02F1/74Treatment of water, waste water, or sewage by oxidation with air
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2252/00Absorbents, i.e. solvents and liquid materials for gas absorption
    • B01D2252/10Inorganic absorbents
    • B01D2252/103Water
    • B01D2252/1035Sea water
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2257/00Components to be removed
    • B01D2257/30Sulfur compounds
    • B01D2257/302Sulfur oxides
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F2101/00Nature of the contaminant
    • C02F2101/10Inorganic compounds
    • C02F2101/101Sulfur compounds
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F2103/00Nature of the water, waste water, sewage or sludge to be treated
    • C02F2103/08Seawater, e.g. for desalination
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F2103/00Nature of the water, waste water, sewage or sludge to be treated
    • C02F2103/18Nature of the water, waste water, sewage or sludge to be treated from the purification of gaseous effluents

Description

本発明は、石炭焚き、原油焚き及び重油焚き等の発電プラントに適用される排煙脱硫装置の排水処理に係り、特に、海水法を用いて脱硫する排煙脱硫装置の排水(使用済海水)をエアレーションにより脱炭酸(暴気)するエアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法に関する。
従来、石炭や原油等を燃料とする発電プラントにおいて、ボイラから排出される燃焼排気ガス(以下、「排ガス」と呼ぶ)は、該排ガス中に含まれている二酸化硫黄(SO2)等の硫黄酸化物(SOx)を除去してから大気に放出される。このような脱硫処理を施す排煙脱硫装置の脱硫方式としては、石灰石石膏法、スプレードライヤー法及び海水法等が知られている。
このうち、海水法を採用した排煙脱硫装置(以下、「海水排煙脱硫装置」と呼ぶ)は、吸収剤として海水を使用する脱硫方式である。この方式では、たとえば略円筒のような筒形状を縦置きにした脱硫塔(吸収塔)の内部に海水及びボイラ排ガスを供給することにより、海水を吸収液として湿式ベースの気液接触を生じさせて硫黄酸化物を除去している。
上述した脱硫塔内で吸収剤として使用した脱硫後の海水(使用済海水)は、たとえば、上部が開放された長い水路(Seawater Oxidation Treatment System;SOTS)内を流れ排水される際、水路の底面に設置したエアレーション装置から微細気泡を流出させるエアレーションによって脱炭酸(爆気)される(特許文献1〜3)。
特開2006−055779号公報 特開2009−028570号公報 特開2009−028572号公報
しかしながら、エアレーション装置で用いるエアレーションノズルは、基材の周囲を覆うゴム製等の散気膜に小さなスリットが多数設けられたものである。一般的には「ディフューザノズル」と呼ばれている。このようなエアレーションノズルは、供給される空気の圧力により、スリットから略均等な大きさの微細気泡を多数流出させることができる。
このようなエアレーションノズルを用いて、海水中でエアレーションを連続して行うと、散気膜のスリット壁面やスリット開口近傍に、海水中の硫酸カルシウム等の析出物が析出し、スリットの間隙が狭くなったり、スリットを塞いだりする結果、散気膜の圧力損失を増大させ、散気装置に空気を供給するブロワ、コンプレッサ等吐出手段の吐出圧高が発生し、ブロワ、コンプレッサ等に負荷がかかるという、問題がある。
析出物の発生は、散気膜の外側に位置する海水が、スリットから散気膜の内側へ浸み込み、常時スリットを通過する空気に、長時間に亙って触れて乾燥(海水の濃縮)が促進され、析出に至っている、と推定される。
本発明は、前記問題に鑑み、散気膜のスリットにおいて析出物の発生を抑制することができるエアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法を提供することを課題とする。
上述した課題を解決するための本発明の第1の発明は、硫黄分を吸収した海水を含む被処理水中に浸漬され、被処理水中に微細気泡を発生させて、前記被処理水を脱炭酸するエアレーション装置であって、空気を吐出手段により供給する空気供給配管と、空気供給配管に水分を供給する水分供給手段と、水分が含まれた空気が供給されるスリットを有する散気膜を備えたエアレーションノズルとを具備することを特徴とするエアレーション装置にある。
第2の発明は、第1の発明において、前記水分が真水または海水のいずれかであることを特徴とするエアレーション装置にある。
第3の発明は、硫黄分を吸収した海水を含む被処理水中に浸漬され、被処理水中に微細気泡を発生させて、前記被処理水を脱炭酸するエアレーション装置であって、空気を吐出手段により供給する空気供給配管と、空気供給配管に水蒸気を供給する水蒸気供給手段と、水蒸気が含まれた空気が供給されるスリットを有する散気膜を備えたエアレーションノズルとを具備することを特徴とするエアレーション装置にある。
第4の発明は、第1乃至3のいずれか一つの発明において、前記空気供給配管に、フィルタと冷却器とが設けられていることを特徴とするエアレーション装置にある。
第5の発明は、第4の発明において、吐出手段の空気導入口近傍に水分を供給することを特徴とするエアレーション装置にある。
第6の発明は、第1乃至5のいずれか一つの発明において、前記エアレーションノズルは、内部に空気が導入される支持体を覆う散気膜と、前記散気膜に多数設けられたスリットとからなり、スリットから微細気泡を流出させることを特徴とするエアレーション装置にある。
第7の発明は、海水を吸収剤として使用する脱硫塔と、前記脱硫塔から排出された使用済海水を流して排水する水路と、前記水路内に設置され、前記使用済海水中に微細気泡を発生して脱炭酸を行う第1乃至6のいずれか一つの発明のエアレーション装置とを具備することを特徴とする海水排煙脱硫装置にある。
第8の発明は、硫黄分を吸収した海水を含む被処理水中に浸漬され、被処理水中に微細気泡を発生させて、前記被処理水を脱炭酸するエアレーション装置を用い、吐出手段により空気を供給する際、水分又は水蒸気を添加し、水分が含まれた空気を、散気膜のスリットに供給することを特徴とするエアレーション装置の加湿方法にある。
本発明によれば、エアレーション装置の散気膜のスリットにおいて析出物の発生を抑制することができる。
図1は、本実施例に係る海水排煙脱硫装置の概略図である。 図2−1は、エアレーションノズルの平面図である。 図2−2は、エアレーションノズルの正面図である。 図3は、エアレーションノズルの内部構造概略図である。 図4は、本実施例に係るエアレーション装置の概略図である。 図5は、本実施例に係る他のエアレーション装置の概略図である。 図6は、本実施例に係る他のエアレーション装置の概略図である。 図7は、本実施例に係る他のエアレーション装置の概略図である。 図8−1は、散気膜のスリットにおける、空気(飽和湿り空気と水ミストとの混合)の流出と海水の浸入の状況を示す図である。 図8−2は、散気膜のスリットにおける、空気(飽和湿り空気)の流出と海水の浸入の状況を示す図である。 図8−3は、散気膜のスリットにおける、空気(湿り空気;相対湿度100%以下)の流出と海水の浸入、および濃縮海水の状況を示す図である。 図8−4は、散気膜のスリットにおける、空気の流出と海水の浸入、および濃縮海水の状況を示す図である。 図8−5は、散気膜のスリットにおける、空気の流出と海水の浸入、濃縮海水及び析出物の状況を示す図である。 図9は、空気供給管に水分を間欠的に供給する場合の、エアレーションノズルのスリットに浸み込んだ海水の塩分濃度の変化とエアレーション装置の運転状況を示す図である。
以下、この発明につき図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、この実施例によりこの発明が限定されるものではない。また、下記実施例における構成要素には、当業者が容易に想定できるもの、あるいは実質的に同一のものが含まれる。
本発明による実施例に係るエアレーション装置及び海水排煙脱硫装置について、図面を参照して説明する。図1は、本実施例に係る海水排煙脱硫装置の概略図である。
図1に示すように、海水排煙脱硫装置100は、排ガス101と海水103とを気液接触してSO2を亜硫酸(H2SO3)へ脱硫反応させる排煙脱硫吸収塔102と、排煙脱硫吸収塔102の下側に設けられ、硫黄分を含んだ使用済海水103Aを希釈用の海水103と希釈混合する希釈混合槽105と、希釈混合槽105の下流側に設けられ、希釈使用済海水103Bの水質回復処理を行う酸化槽106とからなるものである。
海水排煙脱硫装置100では、排煙脱硫吸収塔102において海水供給ラインL1を介して供給される海水103の内の一部の吸収用の海水103を排ガス101と気液接触させて、排ガス101中のSO2を海水103に吸収させる。そして、排煙脱硫吸収塔102で硫黄分を吸収した使用済海水103Aは、排煙脱硫吸収塔102の下部に設けられている希釈混合槽105に供給される希釈用の海水103と混合させる。そして、希釈用の海水103と混合希釈された希釈使用済海水103Bは、希釈混合槽105の下流側に設けられている酸化槽106に送給され、酸化用空気ブロア121より供給された空気122をエアレーションノズル123により供給し、水質回復させた後、排水124として海へ放流するようにしている。
図1中、符号102aは海水を上方に噴出させる液柱用の噴霧ノズル、120はエアレーション装置、122aは気泡、L1は海水供給ライン、L2は希釈海水供給ライン、L3は脱硫海水供給ライン、L4は排ガス供給ライン、L5は空気供給ラインである。
このエアレーションノズル123の構成を図2−1、図2−2及び図3を参照して、散気膜がゴム製の場合について説明する。
図2−1は、エアレーションノズルの平面図、図2−2は、エアレーションノズルの正面図、図3はエアレーションノズルの内部構造概略図である。
図3に示すように、エアレーションノズル123は、基材の周囲を覆うゴム製の散気膜11に小さなスリット12が多数設けられたものであり、一般的には「ディフューザノズル」と呼ばれている。このようなエアレーションノズル123は、空気供給ラインL5から供給される空気122の圧力により散気膜11が膨張すると、スリット12が開いて略均等な大きさの微細気泡を多数流出させることができる。
図2−1、図2−2に示すように、エアレーションノズル123は、空気供給ラインL5から分岐した複数(本実施例では8本)の枝管(図示せず)に設けられたヘッダ15に対して、フランジ16を介して取り付けられている。なお、希釈使用済海水103B中に設置される枝管及びヘッダ15には、耐食性を考慮して樹脂製パイプ等が使用されている。
エアレーションノズル123は、たとえば図3に示すように、使用済海水103Bに対する耐食性を考慮して樹脂製とした略円筒形状の支持体20を用い、この支持体20の外周を覆うようにして多数のスリット12が形成されたゴム製の散気膜11を被せた後、左右両端部をワイヤやバンド等の締結部材22により固定した構成とされる。
また、上述したスリット12は、圧力を受けない通常の状態においては閉じている。なお、海水排煙脱硫装置100においては、常時空気122を供給している状態では、常にスリット12は開放状態である。
ここで、支持体20の一端20aは、ヘッダ15に取り付けた状態で空気122の導入を可能とすると共に、その他端20bは、海水103が導入可能に開口されている。
このため、一端20a側は、ヘッダ15及びフランジ16を貫通する空気導入口20cを介してヘッダ15内部と連通している。そして、支持体20の内部は、支持体20の軸方向の途中に設けた仕切板20dにより分割され、この仕切板20dにより空気の流通が阻止されている。さらに、この仕切板20dよりヘッダ15側となる支持体20の側面には、散気膜11の内周面と支持体外周面との間に、すなわち、散気膜11を加圧して膨張させる加圧空間11aへ空気122を流出させるための空気出口20e、20fが開口している。従って、ヘッダ15からエアレーションノズル123に流入する空気122は、図中に矢印で示すように、空気導入口20cから支持体20の内部へ流入した後、側面の空気出口20e、20fから加圧空間11aへ流出することとなる。
なお、締結部材22は、散気膜11を支持体20に固定するとともに、空気出口20e、20fから流入する空気が両端部から漏出することを防止するものである。
このように構成されたエアレーションノズル123において、ヘッダ15から空気導入口20cを通って流入する空気122は、空気出口20e、20fを通って加圧空間11aへ流出することにより、最初はスリット12が閉じているため加圧空間11a内に溜まって内圧を上昇させる。内圧が上昇された結果、散気膜11は加圧空間11a内の圧力上昇を受けて膨張し、散気膜11に形成されているスリット12が開くことによって空気122の微細気泡を希釈使用済海水103B中に流出させる。このような微細気泡の発生は、枝管L5A〜5H及びヘッダ15を介して空気供給を受ける全てのエアレーションノズル123で実施される。
以下、本実施例に係るエアレーション装置について説明する。本発明では、散気膜11のスリット12での海水の乾燥・濃縮を防ぐことにより、硫酸カルシウム等の析出物の析出を回避する手段を提供する。スリット12において、供給される空気122が、海水103を乾燥・濃縮させない様に、供給される空気122を水分が多い湿り空気(相対湿度が高い状態)とするようにしている。さらには、空気122の相対湿度が高い状態としては、好適には、相対湿度が100%の飽和湿り空気、あるいは、水ミストを含む飽和湿り空気の状態となるようにして対策を講じている。
以下に、本発明を具体的に説明する。
図4乃至図7は、本実施例に係るエアレーション装置の概略図である。
図4に示すように、本実施例に係るエアレーション装置120Aは、被処理水である希釈使用済海水(図示せず)中に浸漬され、希釈使用済海水103B中に微細気泡を発生させるエアレーション装置であって、空気122を吐出手段であるブロア121A〜121Dにより供給する空気供給ラインL5と、空気供給ラインL5に水分である真水141を供給する水分供給手段である真水タンク140及び供給ポンプP1と、水分が含まれた空気が供給されるスリットを有する散気膜11を備えたエアレーションノズル123とを具備するものである。
また、空気供給ラインL5には、2基の冷却器131A、131Bと、2基のフィルタ132A、132Bとが各々設けられている。これにより、ブロア121A〜121Dにより圧縮された空気は冷却され、次いで濾過されている。
なお、ブロアが4基あるのは、通常は3基で運転しており、その内の1基は予備としている。また、冷却器131A、131Bと、フィルタ132A、132Bとが各々2基あるのは、連続して運転する必要から、通常は片方のみで運転し、他方はメンテナンス用としている。
ここで、本実施例では、水分の供給としては、真水を用いているが、真水の代わりに、海水(例えば、希釈海水供給ラインL2の海水103、希釈混合槽105の使用済海水103A、酸化槽106の希釈使用済海水103B等を)を用いるようにしてもよい。
本実施例によれば、水分(真水141または海水)を供給するようにしているので、エアレーションノズル123に供給する空気122を加湿(水蒸気分圧増加)することができる。
図4のエアレーション装置120Aでは、水分の供給は、真水141等を、一流体ノズルを用い、供給された空気122中に噴霧するようにしている。
また、図5のエアレーション装置120Bでは、別途空気供給ラインL7を設けて、空気122を水分の供給箇所に供給している。
そして、二流体ノズルを用い、水分(真水141または海水)の供給の際にアシストガスとして空気122を用いて水分を微細に噴霧し(水分の蒸発促進)、空気供給ラインL5から供給される空気122中に噴霧するようにしている。ここで、P2は空気供給ポンプである。
なお、上述の図4と図5で示した空気供給系において、冷却器131A、131Bを撤去し、ブロア121A〜121Dで加圧され、温度が上昇した空気122に、水分(真水または海水)を所定量注入し、供給される空気122の温度を下げ、エアレーションノズル123のスリット11での空気を飽和湿り状態としてもよい。
図6のエアレーション装置120Cでは、水蒸気142を水蒸気供給ラインL8により、供給している。P3は水蒸気供給ポンプである。
図7のエアレーション装置120Dでは、吐出手段であるブロア121A〜121Dの空気導入口近傍に水分143を供給する吸気スプレーノズル(図示せず)を設けている。この場合、水分143を吸気に添加し(水分は、ブロア本体に入る前に蒸発するようにする。)、ブロア出口側の冷却器131Aでの冷却量を調整し、エアレーションノズルのスリットを通過する空気を飽和湿り空気とする。
すなわち、ブロア121A〜121Dにより加圧圧縮された空気122は、その温度が例えば100℃程度と高温となるが、この際、水分143を余分に供給することで供給される空気122は水分リッチの状態となる。その後、冷却器131により空気の温度を低下させると(例えば40℃)、空気122中の水分量には変化がないので、冷却された空気122の水分の飽和度(相対湿度)が増加することとなる。結果として、エアレーションノズル123のスリット12での空気は相対湿度が100%となり、吸気に添加する水の量を更に増やすと、水ミストを含む飽和湿り空気となり、気液二相の状態となる。
また、ブロア121A〜121Dの入口側において、ブロアが吸込む大気の相対湿度が100%であっても、圧縮・冷却された結果、エアレーションノズル123のスリット11での空気の相対湿度が100%とならない場合もある。このような場合には、不足した水分143をブロア入口で補給すると、水分が蒸発せずブロア内部に浸入するため、好ましくない。この場合は、ブロア121A〜121Dの出口側、あるいは冷却器131A、131Bの後流側において、真水や海水等の水分を供給するようにすればよい。
なお、上述した図4乃至図7での空気122に水分を供給するにあたっては、エアレーションノズル123のスリット11を通過する空気が飽和湿り空気、もしくは水ミストを同伴する飽和湿り空気となるように、ブロア入口の大気条件(圧力、温度、相対湿度)に応じて、空気供給配管と外部との熱の授受と圧力損失を勘案し、供給する水分量の調整、冷却器の冷却量の調整を行う。
このように、飽和湿り空気もしくは、水ミストを同伴する飽和湿り空気がエアレーションノズル123に供給されることとなり、散気膜11のスリット12に浸入してくる海水の乾燥(濃縮)を防止し、硫酸カルシウム等の海水中の塩の析出を防止するようにしている。水ミストは、スリットに濃縮海水(塩分濃度該14%以下、3.4%以上)が形成されている場合には、海水の濃縮緩和(塩分濃度低下)に寄与する。
このような水分(真水、水蒸気、海水)を供給することにより、エアレーションノズル123に供給される空気122が水蒸気で飽和されるため、散気膜11のスリット12に浸入してくる海水の乾燥(濃縮)を防止し、硫酸カルシウム等の析出を防止するようにしている。これにより、散気膜11の圧力損失を防止できる。
また、水分の供給量としては、エアレーションノズル123のスリット12を通過する空気の湿り状態が、好適には、100%の飽和空気となるように設定し、さらには、水分がミスト状で同伴されている飽和湿り空気(気液二相状態)の状態となるように設定した方が好ましい。そして、エアレーションノズル123のスリット12に流入する空気122の相対湿度が70%以上、好ましくは80〜90%以上であり、装置のメンテナンス時間に応じて、スリットでの海水の濃縮速度が緩やかとなる条件でもよい。
エアレーションノズル123のスリット12を通過する空気の湿り状態は、ブロアが吸込む大気の湿度、水分の供給量、冷却器の冷却量等で調整する。
これにより、散気膜11のスリット12に浸入した海水を乾燥させず、海水濃縮(塩分濃度の増加)を抑え、海水の塩分濃度を14%程度以下に保つことが可能となる。
海水の塩分濃度は通常約3.4%であり、96.6%の水に3.4%の塩が溶けている。この塩は、塩化ナトリウムが77.9%、塩化マグネシウムが9.6%、硫酸マグネシウムが6.1%、硫酸カルシウムが4.0%、塩化カリウムが2.1%、その他0.2%の構成となっている。
この塩のなかで、海水の濃縮(海水の乾燥)につれて、硫酸カルシウムが最初に析出する塩であり、その析出の閾値が海水の塩分濃度で約14%である。
よって、水分供給手段により、エアレーションノズル123に供給される空気122中に真水141などの水分が注入され、水分リッチの状態とした空気を、散気膜11のスリット12に供給することで、スリット12における海水の濃縮(塩分濃度の上昇)を防ぐことができ、硫酸カルシウム等の析出を防止する。
この結果、硫酸カルシウム等の析出によるスリット12の間隙が狭くなることやスリット12の詰まりが防止され、散気膜11の圧力損失を防止できる。
図8−1〜図8−5は、散気膜11のスリット12における、空気(水分を供給した状態)の流出と海水103の浸入を示す図である。
ここで、本発明において、スリット12とは、散気膜11に形成される切れ込みをいい、スリット12の間隙は空気が排出される通路となる。
この通路を形成するスリット壁面12aは、海水103が接触しているが、空気122の導入によって乾燥・濃縮され、濃縮海水103aとなり、その後スリット壁面に析出物103bが析出され、スリットの通路を閉塞するものとなる。
図8−1では、空気122の相対湿度が100%(飽和湿り空気)であり、さらに水ミスト150が同伴して、気液二相の状態となっているので、スリット12に浸入した海水103は乾燥(濃縮)せず、塩分濃度が薄まることとなり、海水の乾燥(濃縮)が阻止される状態を示している。
図8−2では、空気122の相対湿度が100%であるので、海水の塩分濃度に変化はなく、海水の乾燥が阻止される状態を示している。
図8−3では、空気122の相対湿度が例えば80%であるので、海水の乾燥を抑制した状態であり、海水の塩分濃縮が徐々に増加し、濃縮海水103aが形勢された状況を示している。但し、海水の濃縮が始まっても海水の塩分濃度が概ね14%以下では、硫酸カルシウム等の析出はない。よって、この状態では、強制的に水分リッチな状態とすべく、水ミスト150を同伴する飽和湿り空気を間欠的に導入することで、ある程度濃縮された塩分濃度を薄めるようにして、析出を回避するようにすることで、長期間に亙っての運転が可能となる。
なお、図8−4及び図8−5に、散気膜11のスリット12における、空気による海水の乾燥・濃縮が進行して析出物が成長する状態を示す。
図8−4は、濃縮海水103aの一部において、局所的に海水の塩分濃度が14%を超えた部分に析出物103bが発生している状態である。この状態では析出物103bが僅かであるので、スリットを空気が通過する際の圧力損失が僅かに上昇するものの、空気122は通過可能である。
これに対し、図8−5は、濃縮海水103aの濃縮が進行すると、析出物103bによる閉塞(プラッキング)状態となり、圧力損失が大きくなる状態である。なお、このような状態でも空気122の通路は残っているものの吐出手段にはかなりの負荷がかかるものとなる。
図9は、海水塩分濃度の変化とエアレーション装置の運転状況を示す図である。
図9に示すように、相対湿度が100%以下の空気を供給する際には、所定時間の定常運転を行った後に、水ミスト150を含む水分リッチの湿度100%の飽和湿り空気、もしくは水ミストを同伴する飽和湿り空気を間欠的に導入(導入部分をピークで図示する)することで、硫酸カルシウム等の析出がない操業が可能となる。
本実施例によれば、海水にエアレーションを行うエアレーション装置において、散気孔(メンブレンスリット)での海水成分や汚泥等の汚れ成分の析出によるプラッギングを防止できることとなるので、エアレーション装置の圧損上昇を防止でき、長期間に亙って安定して操業することができる。
以上、本実施例では被処理水として海水を例にして説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば汚染排水処理における汚染水(例えば下水処理等)にエアレーションを行うエアレーション装置において、散気孔(メンブレンスリット)での汚泥等の汚れ成分の析出によるプラッギングを防止でき、長期間に亙って安定して操業することができる。
以上、本実施例ではエアレーション装置として、チューブ型のエアレーションノズルを用いて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば散気膜を有するディスク型や平板型のエアレーション装置や、スリットが常時開放しているようなセラミックス又は金属製等の散気膜を有する散気装置にも適用することができる。
以上のように、本発明に係るエアレーション装置によれば、エアレーション装置の散気膜のスリットにおいて析出物の発生を抑制することができ、例えば海水排煙脱硫装置に適用して、長期間に亙って連続して安定した操業が可能となる。
11 散気膜
12 スリット
100 海水排煙脱硫装置
102 排煙脱硫吸収塔
103 海水
103a 濃縮海水
103b 析出物
103A 使用済海水
103B 希釈使用済海水
105 希釈混合槽
106 酸化槽
120A〜120D エアレーション装置
122 空気
123 エアレーションノズル

Claims (8)

  1. 硫黄分を吸収した海水を含む被処理水中に浸漬され、被処理水中に微細気泡を発生させて、前記被処理水を脱炭酸するエアレーション装置であって、
    空気を吐出手段により供給する空気供給配管と、
    空気供給配管に水分を供給する水分供給手段と、
    水分が含まれた空気が供給されるスリットを有する散気膜を備えたエアレーションノズルとを具備することを特徴とするエアレーション装置。
  2. 請求項1において、
    前記水分が真水または海水のいずれかであることを特徴とするエアレーション装置。
  3. 硫黄分を吸収した海水を含む被処理水中に浸漬され、被処理水中に微細気泡を発生させて、前記被処理水を脱炭酸するエアレーション装置であって、
    空気を吐出手段により供給する空気供給配管と、
    空気供給配管に水蒸気を供給する水蒸気供給手段と、
    水蒸気が含まれた空気が供給されるスリットを有する散気膜を備えたエアレーションノズルとを具備することを特徴とするエアレーション装置。
  4. 請求項1乃至3のいずれか一つにおいて、
    前記空気供給配管に、フィルタと冷却器とが設けられていることを特徴とするエアレーション装置。
  5. 請求項4において、
    吐出手段の空気導入口近傍に水分を供給することを特徴とするエアレーション装置。
  6. 請求項1乃至5いずれか一つにおいて、
    前記エアレーションノズルは、内部に空気が導入される支持体を覆う散気膜と、
    前記散気膜に多数設けられたスリットとからなり、
    スリットから微細気泡を流出させることを特徴とするエアレーション装置。
  7. 海水を吸収剤として使用する脱硫塔と、
    前記脱硫塔から排出された使用済海水を流して排水する水路と、
    前記水路内に設置され、前記使用済海水中に微細気泡を発生して脱炭酸を行う請求項1乃至6のいずれか一つのエアレーション装置とを具備することを特徴とする海水排煙脱硫装置。
  8. 硫黄分を吸収した海水を含む被処理水中に浸漬され、被処理水中に微細気泡を発生させて、前記被処理水を脱炭酸するエアレーション装置を用い、
    吐出手段により空気を供給する際、水分又は水蒸気を添加し、
    水分が含まれた空気を、散気膜のスリットに供給することを特徴とするエアレーション装置の加湿方法。
JP2010178093A 2010-08-06 2010-08-06 エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法 Expired - Fee Related JP5535817B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010178093A JP5535817B2 (ja) 2010-08-06 2010-08-06 エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010178093A JP5535817B2 (ja) 2010-08-06 2010-08-06 エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法
CN201080067793.9A CN102985370B (zh) 2010-08-06 2010-10-08 通风装置及具备该装置的海水烟气脱硫装置、通风装置的加湿方法
PCT/JP2010/067787 WO2012017567A1 (ja) 2010-08-06 2010-10-08 エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法
TW099143984A TWI507238B (zh) 2010-08-06 2010-12-15 曝氣裝置、具備該曝氣裝置的海水排煙脫硫裝置、及曝氣裝置的加濕方法
US13/204,345 US20120031274A1 (en) 2010-08-06 2011-08-05 Aeration apparatus, seawater flue gas desulphurization apparatus including the same, and humidification method for aeration apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012035202A JP2012035202A (ja) 2012-02-23
JP5535817B2 true JP5535817B2 (ja) 2014-07-02

Family

ID=45555110

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010178093A Expired - Fee Related JP5535817B2 (ja) 2010-08-06 2010-08-06 エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20120031274A1 (ja)
JP (1) JP5535817B2 (ja)
CN (1) CN102985370B (ja)
TW (1) TWI507238B (ja)
WO (1) WO2012017567A1 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6105879B2 (ja) * 2012-09-10 2017-03-29 荏原実業株式会社 脱炭酸処理装置
US20140112834A1 (en) * 2012-10-23 2014-04-24 Babcock & Wilcox Power Generation Group, Inc. System and method for controlling scale build-up in a wfgd
JP6065216B2 (ja) * 2013-04-15 2017-01-25 清水建設株式会社 給気システム及びこれを備えた微生物培養装置

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3498402B2 (ja) * 1995-02-06 2004-02-16 石川島播磨重工業株式会社 脱硫装置
CN1262145A (zh) * 1999-01-26 2000-08-09 彭斯干 纯海水工业烟气脱硫方法
JP4426596B2 (ja) * 2001-09-25 2010-03-03 住友重機械エンバイロメント株式会社 散気装置
JP4153250B2 (ja) * 2002-07-02 2008-09-24 住友重機械エンバイロメント株式会社 散気方法及び散気システム
CN100553745C (zh) * 2006-07-12 2009-10-28 陈玉乐 逆流式海水脱硫吸收塔
JP5072470B2 (ja) * 2007-07-24 2012-11-14 三菱重工業株式会社 エアレーション装置
CN101411968B (zh) * 2007-10-18 2011-06-01 康那香企业股份有限公司 曝气系统用的散气器
JP2009106874A (ja) * 2007-10-31 2009-05-21 Hitachi Ltd 反応槽及び散気装置
JP5262287B2 (ja) * 2007-12-27 2013-08-14 Jfeエンジニアリング株式会社 散気装置および散気装置の運転方法
JP5324117B2 (ja) * 2008-03-31 2013-10-23 株式会社クボタ 散気装置及び散気装置を備えた膜濃縮装置を有する水処理施設
TWI392655B (zh) * 2008-10-29 2013-04-11 Kubota Kasui Corp Desulfurization seawater treatment method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012035202A (ja) 2012-02-23
WO2012017567A1 (ja) 2012-02-09
US20120031274A1 (en) 2012-02-09
TWI507238B (zh) 2015-11-11
TW201206539A (en) 2012-02-16
CN102985370A (zh) 2013-03-20
CN102985370B (zh) 2015-11-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101557868B (zh) 海水排烟脱硫系统
JP2012115764A (ja) 海水脱硫装置の排水水路及び海水排煙脱硫システム
JP2012239958A (ja) 湿式排煙脱硫装置と方法
JP5535817B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の加湿方法
JP5582952B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置
JP5535823B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の運転方法
JP5535861B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置
JP5583037B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の運転方法
JP5535824B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置
JP2012236164A (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の運転方法
JP2019141818A (ja) 水処理槽及び脱硫装置
TWI765136B (zh) 水處理槽及脫硫裝置
JP5582917B2 (ja) エアレーション装置及びこれを備えた海水排煙脱硫装置、エアレーション装置の運転方法
JP2014188431A (ja) 海水利用脱硫装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130214

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131119

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140120

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140401

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140423

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 5535817

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees