JP5321945B2 - 浮屋根式貯槽の改造方法 - Google Patents

浮屋根式貯槽の改造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5321945B2
JP5321945B2 JP2008072805A JP2008072805A JP5321945B2 JP 5321945 B2 JP5321945 B2 JP 5321945B2 JP 2008072805 A JP2008072805 A JP 2008072805A JP 2008072805 A JP2008072805 A JP 2008072805A JP 5321945 B2 JP5321945 B2 JP 5321945B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floating roof
roof
storage tank
floating
fixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008072805A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009228247A (ja
Inventor
宏治 石井
晴彦 奥山
Original Assignee
株式会社石井鐵工所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社石井鐵工所 filed Critical 株式会社石井鐵工所
Priority to JP2008072805A priority Critical patent/JP5321945B2/ja
Publication of JP2009228247A publication Critical patent/JP2009228247A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5321945B2 publication Critical patent/JP5321945B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

この発明は、既設の浮屋根式貯槽の上部に固定屋根を形成する浮屋根式貯槽の改造方法に関する。
例えば、特許文献1には、タンクの側板の組立完了後に、タンク側板内の底板上で組立てられた浮屋根を水張りによって所定高さまで浮上させ、該浮屋根上に仮設された足場および支柱等の支持部材を利用して固定屋根を組立てることから成るインナーフロート式タンクの屋根組立工法が開示されている。
特開昭60−19877号
しかし、特許文献1のインナーフロート式タンクの屋根組立工法は新設タンクの組立工法であって、この特許文献1には既設浮屋根式貯槽から固定屋根式貯槽へ改造する場合に施工性良く行う方法は開示されていない。さらに、固定屋根形成に利用した既設の浮屋根は固定屋根形成後には不要な場合があり、この浮屋根を適切に撤去することが望まれ、さらに新たな浮屋根を設けることが必要とされる場合があるが、この点についても特許文献1に開示が無い。
この発明は上記の点に鑑みてなされたもので、その目的は、既設浮屋根式貯槽から固定屋根式貯槽へ改造する場合にこの改造を施工性良く行う浮屋根式貯槽の改造方法、この固定屋根形成後の既設の浮屋根の処理を適切に行う浮屋根式貯槽の改造方法、及び既設の浮屋根処理後に新規浮屋根を適切に形成する浮屋根式貯槽の改造方法を提供することにある。
請求項1に係る発明の浮屋根式貯槽の改造方法は、既設の浮屋根式貯槽の上部に固定屋根を形成する浮屋根式貯槽の改造方法であって、前記浮屋根式貯槽に水張りし、前記浮屋根を上昇させて前記浮屋根式貯槽の上部に移動させるステップと、吊り上げ装置と前記浮屋根上に形成して前記固定屋根の屋根骨を支持する支持装置とを用いて前記浮屋根の上で前記固定屋根を形成するステップと、を有し、次いで、前記固定屋根の形成後に水抜きし、前記浮屋根を前記浮屋根式貯槽の底板近傍に移動させるステップと、前記固定屋根に形成した取出口から前記浮屋根の解体部材を取り出すステップと、を有することを特徴とする。
この浮屋根式貯槽の改造方法は、前記浮屋根式貯槽に水張りし、前記浮屋根を上昇させて前記浮屋根式貯槽の上部に移動させるステップと、吊り上げ装置と前記浮屋根上に形成して前記固定屋根の屋根骨を支持する支持装置とを用いて前記浮屋根の上で前記固定屋根を形成するステップと、を有するので、上昇させた浮屋根の上で固定屋根を形成することになる。このように、上昇させた浮屋根の上で固定屋根を形成するこの改造方法は、浮屋根が水によって高い位置で支持されているので、底板近傍に位置させた浮屋根の上で固定屋根の屋根骨を形成してから水張りして浮屋根を上昇させて固定屋根を形成する従来の方法に比べて、固定屋根の部材を吊り上げ装置を用いて吊り上げて側板を越えさせた後に吊り下ろす距離、及び、その後にこの部材を吊り上げていた吊り上げ装置のフック等を上方に移動させる距離を短くすることが出来る。このため、従来の方法に比べて、安全かつ容易に固定屋根を形成できる。また、工期の時間も短く出来る。このように、この浮屋根式貯槽の改造方法は、施工性良く行うことが出来る改造方法になる。
この浮屋根式貯槽の改造方法は、前記固定屋根の形成後に水抜きし、前記浮屋根を前記浮屋根式貯槽の底板近傍に移動させるステップと、前記固定屋根に形成した取出口から前記浮屋根の解体部材を取り出すステップと、を有するので、底板近傍に移動させた浮屋根を解体し、浮屋根を解体した解体部材を取出口を利用して作業性良く取り出すことが出来る。そして、取出口を固定屋根に形成するため、この取出口を大きく形成出来、解体部材がある程度大きくても許容されるので、浮屋根の切断解体回数を減らすことができる。このため、この浮屋根式貯槽の改造方法は、既設の浮屋根を適切に撤去することが出来る。
また、請求項に係る発明の浮屋根式貯槽の改造方法では、請求項1記載の浮屋根式貯槽の改造方法において、前記浮屋根の解体後、新たに形成する浮屋根の部材を前記取出口及び又は前記浮屋根式貯槽の側板のマンホールから前記浮屋根式貯槽の内部に搬入し、前記浮屋根式貯槽の内部で前記部材を組立てて新たな浮屋根を形成するステップをさらに有することを特徴とする。
この浮屋根式貯槽の改造方法は、前記浮屋根の解体後、新たに形成する浮屋根の部材を前記取出口及び又は前記浮屋根式貯槽の側板のマンホールから前記浮屋根式貯槽の内部に搬入し、前記浮屋根式貯槽の内部で前記部材を組立てて新たな浮屋根を形成するステップをさらに有することを特徴とするので、この浮屋根式貯槽の改造方法は、新たな浮屋根を容易かつ簡易に形成出来る。特にマンホールから新規浮屋根の部材を浮屋根式貯槽内に搬入する場合には、部材の搬入が簡単になる。一方で、取出口から新規浮屋根の部材を浮屋根式貯槽内に搬入する場合には、部材を大きく出来、浮屋根の組立て回数(溶接回数)を減らすことができる。このように、この浮屋根式貯槽の改造方法は、新規浮屋根を適切に形成することが出来る。
なお、浮屋根式貯槽に固定屋根を形成した後、或いは浮屋根を撤去した後の貯槽は、浮屋根式貯槽とはいえない場合がある。本発明の説明においては、このような貯槽が、固定屋根形成前又は浮屋根撤去前において浮屋根式貯槽であれば、この貯槽を浮屋根式貯槽と表現することもある。また、本発明の説明においては、内部に新規の浮屋根を構築した貯槽を固定屋根式貯槽と表現することもある。
上記のように請求項1記載の発明によれば、上昇させた浮屋根の上で固定屋根を形成することになる。このように、上昇させた浮屋根の上で固定屋根を形成するこの改造方法は、浮屋根が水によって高い位置で支持されているので、底板近傍に位置させた浮屋根の上で固定屋根の屋根骨を形成してから水張りして浮屋根を上昇させて固定屋根を形成する従来の方法に比べて、固定屋根の部材を吊り上げ装置を用いて吊り上げて側板を越えさせた後に吊り下ろす距離、及び、その後にこの部材を吊り上げていた吊り上げ装置のフック等を上方に移動させる距離を短くすることが出来る。このため、従来の方法に比べて、安全かつ容易に固定屋根を形成できる。また、工期の時間も短く出来る。このように、この浮屋根式貯槽の改造方法は、既設浮屋根式貯槽から固定屋根式貯槽へ改造する場合にこの改造を施工性良く行うことが出来る。また、前記固定屋根の形成後に水抜きし、前記浮屋根を前記浮屋根式貯槽の底板近傍に移動させるステップと、前記固定屋根に形成した取出口から前記浮屋根の解体部材を取り出すステップと、を有するので、底板近傍に移動させた浮屋根を解体し、浮屋根を解体した解体部材を取出口を利用して作業性良く取り出すことが出来る。そして、取出口を固定屋根に形成するため、この取出口を大きく形成出来、解体部材がある程度大きくても許容されるので、浮屋根の切断解体回数を減らすことができる。このため、この浮屋根式貯槽の改造方法は、固定屋根形成後の既設の浮屋根を適切に撤去することが出来る。
請求項記載の発明によれば、請求項1記載の浮屋根式貯槽の改造方法において、前記浮屋根の解体後、新たに形成する浮屋根の部材を前記取出口及び又は前記浮屋根式貯槽の側板のマンホールから前記浮屋根式貯槽の内部に搬入し、前記浮屋根式貯槽の内部で前記部材を組立てて新たな浮屋根を形成するステップをさらに有することを特徴とするので、この浮屋根式貯槽の改造方法は、新たな浮屋根を容易かつ簡易に形成出来る。特にマンホールから新規浮屋根の部材を浮屋根式貯槽内に搬入する場合には、部材の搬入が簡単になる。一方で、取出口から新規浮屋根の部材を浮屋根式貯槽内に搬入する場合には、部材を大きく出来、浮屋根の組立て回数(溶接回数)を減らすことができる。このように、この浮屋根式貯槽の改造方法は、既設の浮屋根処理後に新規浮屋根を適切に形成することが出来る。
本発明の実施形態例について図面を参照しながら説明する。なお、図面において、同様のもの、対応するもの、又は総称出来るものについては同じ符号を付して説明する場合がある。また、図面において、同様のもの、対応するもの、又は総称出来るものが複数ある場合、一部のもののみに符号を付して説明する場合がある。本発明は下記の実施形態にのみ限定されるものではない。本発明の要旨を逸脱しない範囲で下記の実施形態に変更(例えば構成要素(部材等)の省略又は付加、構成要素の形状の変更等)を加えることが出来るのはもちろんである。なお、下記で説明するような、各部材等の組立てや形成においては、適宜溶接等を用いる。
(ステップ1) まず、浮屋根式貯槽100に貯蔵した貯蔵液を全て抜く(図1参照)。浮屋根式貯槽100は、円盤状の底板102と、この底板102に立設した円筒状の側板104と、貯蔵液に浮く浮屋根1と、その他の諸設備と、により構成される。諸設備としては、ゲージングホーム116、ゲージポール(図示せず)、エアフォーム(図示せず)、せき板(図示せず)、雨よけ板108、ローリングラダー112、レール114、液面計(図示せず)等がある。
貯蔵液が抜かれると、浮屋根式貯槽100の浮屋根1は、デッキサポート106等の浮屋根サポート部材により、底板102から上方向に間隔をあけて支持される。これにより、浮屋根1は、底板102近傍に位置する。貯蔵液は、例えば工業用水や海水等である。図示した浮屋根1はシングルデッキタイプの浮屋根1であって、この浮屋根1は、デッキ板2と、このデッキ板2の外側(すなわち浮屋根1の外周部)に位置する外周部ポンツーン3と、を有する。デッキ板2の形状は、浮屋根式貯槽100の形状に合わせて決定し、例えば円盤状等の板状になる。外周部ポンツーン3の形状は、浮屋根式貯槽100の形状に合わせて決定し、例えば円環状等の環状(円環に限らず多角環状も含む。)になる。浮屋根1は、シングルデッキタイプであるが、他の例としてダブルデッキタイプ、パンタイプであっても良い。
(ステップ2) そして、上記諸設備のうちの、この固定屋根の形成方法に不要な設備を撤去する。なお、図2以降ではデッキサポート106が適宜省略されているが、デッキサポート106等の浮屋根サポート部材は、固定屋根を設置して浮屋根1が降下した際の支えに使うため残しておく。また、図2以降では、シール部材110が省略されているが、シール部材110を残しておけば、下降時の浮屋根降下ガイドに使用出来、加えて、転落災害防止にも役立つ。
(ステップ3) 浮屋根式貯槽100に注水して水張りし、浮屋根1を上昇させて浮屋根式貯槽100の上部に移動させる(図2参照)。浮屋根式貯槽100への水張りは、上記の工業用水や海水を用いても良い。工業用水や海水も水である。海水を用いると、浮力が増し、浮屋根1がより安定する。
(ステップ4) 浮屋根1上に、固定屋根30の形成に必要な支持装置及び作業足場を形成する(図3参照)。支持装置は、固定屋根30の屋根骨7等を支持する装置で、例えば、浮屋根1の中央に形成した中央支持装置20(すなわち仮架台)がある。また、作業足場(図示せず)は、固定屋根30の形成に必要な足場で、例えば、外周部ポンツーン3上に形成したものがあるが、外周部ポンツーン3上を直接作業足場としてもよい。このような作業足場を利用して、ブラケット8を側板104の上部に形成する(図3参照)。ブラケット8は、固定屋根の屋根骨7と側板104とを連結する。ブラケット8により、屋根骨7と側板104との連結をスムーズに行うことが出来る。
(ステップ5) 上昇した浮屋根1を利用し、浮屋根1の上で、クレーン等の吊り上げ装置40と、中央支持装置20等の支持装置と、を用いて固定屋根30を浮屋根式貯槽100の上部に形成する。
具体的には、まず、屋根骨7を、吊り上げ装置40、中央支持装置20等の支持装置、及び、作業足場を利用して形成する。屋根骨7の部材43は、吊り上げ装置40により吊り上げられ、運ばれる。屋根骨7は、中央支持装置20とブラケット8との間に懸け渡す形状になるように部材43を組立てて形成する。この屋根骨7は、浮屋根式貯槽中央上方を中心として、複数方向に伸びてブラケット8に渡る形状である。そして、この屋根骨7の上に屋根板9を設置する(図3及び図4参照)。これにより、固定屋根30が浮屋根式貯槽100の上部に形成される(図4参照)。
このように、上昇させた浮屋根1の上で固定屋根30を形成するこの改造方法は、浮屋根1が水によって高い位置で支持されているので、底板102近傍に位置させた浮屋根1の上で固定屋根30の屋根骨7を形成してから水張りして浮屋根1を上昇させて固定屋根30を形成する従来の方法に比べて、固定屋根30の部材43を吊り上げ装置を用いて吊り上げて側板104を越えさせた後に吊り下ろす距離、及び、その後にこの部材43を吊り上げていた吊り上げ装置40のフック等を上方に移動させる距離を矢印Lのように短くすることが出来る。このため、従来の方法に比べて、安全かつ容易に固定屋根30を形成できる。また、工期の時間も短く出来、落下物についても安全性が高くなる。このように、この浮屋根式貯槽100の改造方法は、施工性良く行うことが出来る改造方法になる。
また、上記のように、浮屋根式貯槽100の上部に浮屋根1を上昇させてから上記の支持装置又は作業足場を形成する場合、すなわち、上昇させた浮屋根1の上で必要な支持装置又は作業足場を形成する場合、上記同様、支持装置自体、作業足場自体、又はこれらの部材を吊り下ろす距離、及び、その後にこの部材を吊り上げていた吊り上げ装置40のフック等を上方に移動させる距離を矢
印Lのように短くすることが出来る。このため、従来の方法に比べて、安全かつ容易に支持装置等を形成できる。
また、水張りによって側板104上端縁の真円度が上昇し精度良く固定屋根30を構築することが出来る。さらに、浮屋根1を、支持装置及び作業足場を支持する部分に有効利用することが出来、既設の浮屋根1を、固定屋根30の形成に有効利用する。さらに、浮屋根1が水によって支持されているので、浮屋根1全体の広い面積で、支持装置及び作業足場からの荷重を平均に受けることが出来る。このため、上記従来の方法に比べ浮屋根1の補強をしなくて良いか又は少なくできる。また、浮屋根1が水によって支持されているので、浮屋根1自体を支持する支持装置を設ける必要もなくなるので、上記従来の方法に比べ、支持装置等を削減することが出来る。また、この浮屋根式貯槽100の改造方法によれば、地震災害などに対応した安全性向上の観点、或いは有効なる消火設備の観点から、既設の浮屋根式貯槽100を固定屋根式貯槽に改造する需要に応じることが出来る。なお、浮屋根1が高い位置にあるので、固定屋根30中央部は正規高さよりも少し高く持ち上げるなどして荷重による降下分を予め配慮することによって屋根骨7を組むことが容易となる。
(ステップ6) 固定屋根30の形成後に水抜きし、浮屋根1を浮屋根式貯槽100の底板102近傍(底板102上)に移動させる(図5参照)。底板102近傍に移動させた浮屋根1は、デッキサポート106等の浮屋根サポート部材により、底板102から上方向に間隔をあけて支持される(図6参照)。
なお、水抜き前、特に屋根骨7形成後に上記の支持装置及び作業足場を撤去すると良い。支持装置及び作業足場は、吊り上げ装置40を用いて撤去されるが、このときに撤去すれば、支持装置自体、作業足場自体、又はこれらの部材を吊り上げる距離、及び、その後にこの部材を吊り上げていた吊り上げ装置40のフック等を下方に移動させる距離を短くすることが出来、安全かつ容易に支持装置及び作業足場の撤去を行える。
(ステップ7) 固定屋根30に形成した取出口35から浮屋根1の解体部材45を取り出す(図6参照)。具体的には、固定屋根30に取出口35(屋根開口部)を形成するとともに、浮屋根1を切断解体し、切断解体した浮屋根1の解体部材45を取出口35から吊り上げ装置40を使って吊り上げ、搬出撤去する。
固定屋根30の形成後に水抜きし、浮屋根1を浮屋根式貯槽100の底板102近傍に移動させ、固定屋根30に形成した取出口35から浮屋根1の解体部材41を取り出すので、底板102近傍に移動させた浮屋根1を解体し、浮屋根1を解体した解体部材45を取出口35を利用して作業性良く取り出すことが出来る。そして、取出口35を固定屋根30に形成するため、この取出口35を大きく形成出来、解体部材45がある程度大きくても許容されるので、浮屋根1の切断解体回数を減らすことができる。このため、浮屋根式貯槽100の改造方法は、固定屋根30形成に利用した浮屋根1を適切に撤去することが出来る。このため、浮屋根1を作業性良く、解体、搬出撤去することが出来る。特に、切断解体した浮屋根1の解体部材45を取出口35から吊り上げ装置40を使って搬出撤去するので、解体部材45がある程度大きくても、容易に搬出撤去出来る。
なお、浮屋根1を解体する際等のステップ7において、底板102上に少量の水を張って作業すれば、浮屋根1の切断火花養生が可能となり、加えて、表面保護養生のために亜鉛引き鋼材などの薄板を敷いておけば、底板102表面、塗装ライニングなどを損傷することなく、作業性良く、浮屋根1を切断、解体、撤去することが出来る。更に、張った水を利用して浮体上に解体部材45等を載せて移動させれば、大きな重機搬入と移動が困難な閉塞した浮屋根式貯槽100内での解体部材45の移動を大きな重機に頼らず効率的に行うことが出来る。
(ステップ8) 簡易浮屋根等の新たな浮屋根50を設ける場合、浮屋根1の解体後、新たに形成する浮屋根の部材47(図7参照)及び又は49(図8参照)を取出口35(図7参照)及び又は浮屋根式貯槽100の側板104のマンホール60(図8参照)から浮屋根式貯槽100の内部に搬入し、浮屋根式貯槽100の内部で部材(図7参照)及び又は49(図8参照)を組立てて新たな浮屋根50を形成する。
取出口35は、上記の取出口をそのまま用いる事が出来、浮屋根50形成が容易になる。マンホール60は、通常、建設時や清掃等の時に利用されるものであり、浮屋根式貯槽100の側板104に予め形成してある。
浮屋根50は、例えば、デッキ板51と、このデッキ板51の裏面に形成する浮き53と、デッキ板の外側かつ側板104の間に形成したシール部材54(ショック吸収材)と、を有する。また、貯蔵液が浮屋根式貯槽100に貯蔵されていない場合、浮屋根50は、底板102近傍に位置し、デッキサポート52等の浮屋根サポート部材により、底板102から上方向に間隔をあけて支持される(図7参照)。浮屋根50の部材47又は49は、アルミ材などの軽量屋根材である。
簡易浮屋根等の新たな浮屋根50を設ける場合にも、底板102上には、浮屋根50の溶接火花養生のための水を少量張っておくか、表面保護養生のために亜鉛引き鋼材などの薄板を敷いておくかする。これにより、底板102表面、塗装ライニングなどを損傷することなく、作業性良く、新規浮屋根50を形成することが出来る。更に、張った水を利用して浮体上に部材47又は49等を載せて移動させれば、大きな重機搬入と移動が困難な閉塞した貯槽内での部材47又は49の移動を大きな重機に頼らず効率的に行うことが出来る。なお、浮屋根50は、シングルタイプであるが、ポンツーンタイプ又はダブルデッキタイプとしても良い。
浮屋根1の解体後、新たに形成する浮屋根50の部材47及び又は49を取出口35及び又は浮屋根式貯槽100の側板104のマンホール60から浮屋根式貯槽100の内部に搬入し、浮屋根式貯槽100の内部で部材47及び又は49を組立てて新たな浮屋根50を形成するので、この浮屋根式貯槽の改造方法は、新たな浮屋根50を容易かつ簡易に形成出来る。特に図8のように低位置にあるマンホールから新規浮屋根50の部材49を浮屋根式貯槽100内に搬入する場合には、部材49の搬入が簡単になる。一方で、取出口35から新規浮屋根50の部材47を浮屋根式貯槽100内に搬入する場合には、部材47を大きく出来、浮屋根50の組立て回数(溶接回数)を減らすことができる。いずれにしても、この浮屋根式貯槽の改造方法は、新規浮屋根50を適切に形成することが出来る。
この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法は、浮屋根と水張りを利用して、既設の浮屋根式貯槽を固定屋根式貯槽に改造する場合に広く適用することが出来る。
この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、貯槽の貯蔵液を抜いた状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図1に続いて、浮屋根式貯槽に注水して水張りし、浮屋根を上昇させる状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図2に続いて、固定屋根を形成する状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図3に続いて、固定屋根形成後の状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図4に続いて、浮屋根式貯槽から水抜きし、浮屋根を下降させる状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図5に続いて、浮屋根を解体撤去する状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図6に続いて、取出口を用いて新たな浮屋根を形成する状態を示す説明図である。 この発明に係る浮屋根式貯槽の改造方法の一例を説明する説明図であり、図6に続いて、マンホールを用いて新たな浮屋根を形成する状態を示す説明図である。
符号の説明
1 浮屋根2 デッキ板3 外周部ポンツーン7 屋根骨8 ブラケット9 屋根板20 中央支持装置30 固定屋根35 取出口40 吊り上げ装置43 部材45 解体部材47 部材49 部材50 浮屋根51 デッキ板52 デッキサポート53 浮き54 シール部材60 マンホール100 浮屋根式貯槽102 底板104 側板108 雨よけ板110 シール部材112 ローリングラダー114 レール116 ゲージングホーム

Claims (2)

  1. 既設の浮屋根式貯槽の上部に固定屋根を形成する浮屋根式貯槽の改造方法であって、 前記浮屋根式貯槽に水張りし、前記浮屋根を上昇させて前記浮屋根式貯槽の上部に移動させるステップと、吊り上げ装置と前記浮屋根上に形成して前記固定屋根の屋根骨を支持する支持装置とを用いて前記浮屋根の上で前記固定屋根を形成するステップと、を有し、次いで、前記固定屋根の形成後に水抜きし、前記浮屋根を前記浮屋根式貯槽の底板近傍に移動させるステップと、前記固定屋根に形成した取出口から前記浮屋根の解体部材を取り出すステップと、を有することを特徴とする浮屋根式貯槽の改造方法。
  2. 請求項記載の浮屋根式貯槽の改造方法において、前記浮屋根の解体後、新たに形成する浮屋根の部材を前記取出口及び又は前記浮屋根式貯槽の側板のマンホールから前記浮屋根式貯槽の内部に搬入し、前記浮屋根式貯槽の内部で前記部材を組立てて新たな浮屋根を形成するステップをさらに有することを特徴とする浮屋根式貯槽の改造方法。
JP2008072805A 2008-03-21 2008-03-21 浮屋根式貯槽の改造方法 Active JP5321945B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008072805A JP5321945B2 (ja) 2008-03-21 2008-03-21 浮屋根式貯槽の改造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008072805A JP5321945B2 (ja) 2008-03-21 2008-03-21 浮屋根式貯槽の改造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009228247A JP2009228247A (ja) 2009-10-08
JP5321945B2 true JP5321945B2 (ja) 2013-10-23

Family

ID=41243949

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008072805A Active JP5321945B2 (ja) 2008-03-21 2008-03-21 浮屋根式貯槽の改造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5321945B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5701490B2 (ja) * 2009-09-04 2015-04-15 株式会社竹中工務店 屋根改修工法及び構造物
CN102312582B (zh) * 2011-07-12 2013-04-03 江苏天誉建材检验有限公司 一种将聚脲应用于旧柔性防水屋面的翻新改造的施工方法

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6019877A (en) * 1983-07-11 1985-02-01 Toyo Kanetsu Kk Inner float type tank roof assembling method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009228247A (ja) 2009-10-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6127459B2 (ja) 円筒型タンクの構築方法
JP6351776B1 (ja) 橋脚補修・補強工事に用いる仮締切り構造体の設置工法
JP5321945B2 (ja) 浮屋根式貯槽の改造方法
JP5627084B2 (ja) 多層建築物のブロック式解体工法
CN204435820U (zh) 自稳卡固式电梯井移动操作平台
KR101123989B1 (ko) 풍하중에 안전한 수평지지력을 갖는 승강식 지하주차 설비시스템
JP5875183B2 (ja) 水害対策建物
KR101312121B1 (ko) 수문구조물의 수문 유지보수를 위한 수문 탈거장치 및 그 방법
US2847755A (en) Method of erecting floating roofs and apparatus therefor
KR20150009414A (ko) 해상 풍력발전기를 안벽에서 조립하는 방법
JP2006335386A (ja) 浮屋根式タンクのルーフ解体方法
JP5510863B2 (ja) 浮屋根式貯槽の浮屋根解体工事施工法
JP2006264668A (ja) はしご
JP4789876B2 (ja) 二重構造煙突の解体方法及びその解体装置
KR101510453B1 (ko) 스틸바닥판을 이용한 콘크리트 스틸하우스 교각 푸팅 시공 방법
JP6284660B1 (ja) 浮体併用による重量構造物の移動方法並びに橋脚補修・補強工事用仮締切り構造体設置時に用いる仮設重量構造物の撤去移動方法
JP4915731B2 (ja) 浮屋根改造方法
KR101824526B1 (ko) 해양구조물 및 이의 설치방법
JP2014111867A (ja) 建物養生枠
JP2020193479A (ja) 防水屋根構造とその防水施工方法
JP2618937B2 (ja) 仮設支持構造物及び原子炉格納容器の据付工法
JP5083615B2 (ja) 浮屋根補強支持構造及びこれを用いた固定屋根形成方法
JP2013011210A (ja) ポンプピットの蓋
JP5922548B2 (ja) ドーム状屋根の架設方法
JP5053181B2 (ja) 脚付構造物の撤去方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110228

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120907

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121002

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121113

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130618

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130704

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5321945

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250