JP4688149B2 - Hair dye composition - Google Patents

Hair dye composition Download PDF

Info

Publication number
JP4688149B2
JP4688149B2 JP2005193906A JP2005193906A JP4688149B2 JP 4688149 B2 JP4688149 B2 JP 4688149B2 JP 2005193906 A JP2005193906 A JP 2005193906A JP 2005193906 A JP2005193906 A JP 2005193906A JP 4688149 B2 JP4688149 B2 JP 4688149B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
agent
component
hair
partition coefficient
alcohol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005193906A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007008892A (en )
Inventor
弘尚 村越
孝之 辻
Original Assignee
ホーユー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、毛髪に塗布されて毛髪を染色する染毛剤組成物に関するものである。 The present invention relates is applied to the hair a hair dye composition for dyeing hair.

従来より、この種の染毛剤組成物としては、アルカリ剤及び酸化染料を含有する第1剤と過酸化水素等の酸化剤を含有する第2剤とから構成される2剤式染毛剤、及びアルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素等の酸化剤を含有する第2剤と直接染料を含有する第3剤とから構成される3剤式染毛剤が知られている(例えば、特許文献1参照)。 Conventionally, as the hair dye composition of this kind, the first agent and the two-agent composed of a second agent containing an oxidizing agent such as hydrogen peroxide hair dye containing an alkali agent and an oxidation dye and the first agent and the 3-part hair dye composed of a third agent containing a second agent and a direct dye containing an oxidizing agent such as hydrogen peroxide containing an alkali agent are known ( For example, see Patent Document 1).

ところで、上記の2剤式染毛剤においては、第1剤及び第2剤を長期の保存後に混合してこれを頭髪に塗布した場合、第1剤に起因する染毛効果の変化が生じることがあるといった問題を有している。 Incidentally, in the two-agent hair dye described above, if this were applied to the hair by mixing the first agent and second agent after prolonged storage, the change in the hair dyeing effect caused by the first agent occurs It has a problem that there is.
特開2001−316231号公報 JP 2001-316231 JP

このような問題を回避するには、上記の3剤式染毛剤のように第1剤と第3剤とにそれぞれ染料とアルカリ剤とを分離することにより、第1剤の保存時において直接染料に対するアルカリ剤の影響をなくすことが考えられる。 To avoid this problem, by separating the first agent and the third agent and to each dye and an alkaline agent like 3-part hair dye of the directly during storage of the first agent it is conceivable to eliminate the influence of alkaline agent to the dye. しかしながら、染料としてカプラーを用いる場合には以下の問題が生じてくる。 However, in the case of using the coupler as a dye is arise the following problems. すなわち、カプラーを含有する第1剤の調製時において、基剤に該カプラーを混合する場合には、その基剤に対するカプラーの溶解性が低下してしまう。 That is, in the preparation of the first agent containing a coupler, when mixed with the coupler in a base, the solubility of the coupler for the base is lowered. これは、基剤に対するカプラーの溶解を助長するアルカリ剤が第1剤中に存在しないことに起因するものと考えられる。 This alkali agent for promoting the dissolution of the coupler to the base agents are thought to be due to the absence in the first agent. これにより、第1剤の調製時においてカプラーが基剤に対して十分に溶解せずに析出してしまう可能性が高かった。 Thus, the coupler at the time of preparation of the first agent was high possibility that precipitated not sufficiently soluble in the base.

この発明は、こうした従来の実情に鑑みてなされたものであり、その目的は、経時的な染色効果の変化を抑制しつつ、基剤に対するカプラーの溶解性を高めることのできる染毛剤組成物を提供することにある。 The present invention has been made in view of these conventional circumstances, and an object while suppressing the change with time in dyeing effect, hair dye composition capable of enhancing the solubility of the coupler relative to base It is to provide a.

上記の目的を達成するために、請求項1に記載の発明の染毛剤組成物は、(A)カプラーとしてレゾルシン及び5−(2−ヒドロキシエチルアミノ)−2−メチルフェノールから選ばれる少なくとも一種と(B)基剤とを含有する第1剤と、(C)酸化剤を含有する第2剤と、(D)アルカリ剤を含有する第3剤とから構成され、使用時に混合調製される染毛剤組成物において、前記(B)基剤は、(b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香族アルコールから選択される少なくとも1種を含有してなり、前記(b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香 To achieve the above object, at least one hair dye composition of the invention according to claim 1, selected from resorcinol and 5- (2-hydroxyethylamino) -2-methylphenol as (A) Coupler is composed of a (B) a first agent containing a base, and a second agent containing the (C) oxidizing agent, a third agent containing (D) an alkali agent, is mixed prepared at the time of use in the hair dye composition, the (B) bases, (b1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ethers, and aromatic and also contains at least one selected from an alcohol, the (b1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ethers, and aromatic アルコールのオクタノール/水分配係数[log(P OW )]は、前記(A)カプラーのオクタノール/水分配係数の±3の範囲内であることを要旨とする。 Octanol / water partition coefficient of the alcohol [log (P OW)] is summarized in that in the range of ± 3 of octanol / water partition coefficient of the (A) coupler.

請求項2に記載の発明の染毛剤組成物は、請求項1に記載の発明において、前記第1剤のpHは8.5以下であることを要旨とする The hair dye composition of the invention according to claim 2 is the invention according to claim 1, pH of the first agent is summarized in that it is 8.5 or less.

本発明の染毛剤組成物によれば、経時的な染色効果の変化を抑制しつつ、基剤に対するカプラーの溶解性を高めることができる。 According to the hair dye composition of the present invention, while suppressing the change with time in dyeing effect, it is possible to increase the solubility of the coupler relative to base.

以下、本発明を具体化した実施形態について詳細に説明する。 It will now be described in detail embodiments embodying the present invention.
本実施形態の染毛剤組成物は、第1剤、第2剤及び第3剤とから構成される、所謂3剤式の形態を有している。 The hair dye composition of the present embodiment, the first agent, and a second agent and a third agent, has the form of a so-called three-part type. 第1剤には(A)カプラー及び(B)基剤が含有される。 The first agent is contained in (A) coupler and (B) base. (B)基剤は、(b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香族アルコールから選択される少なくとも1種を含有してなるものである。 (B) The basis may, (b1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ether, and at least one selected from an aromatic alcohol it is those comprising a. 第2剤には(C)酸化剤が含有される。 The second agent is contained in (C) oxidizing agent. また、第3剤には(D)アルカリ剤が含有される。 Further, the third agent is contained in (D) an alkali agent. 第1剤、第2剤及び第3剤は使用時に混合調製され、これらの混合物が毛髪に塗布されることにより毛髪が染色される。 The first agent, second agent and a third agent is mixed prepared at the time of use, these mixtures hair is dyed by being applied to the hair.
[第1剤] [First agent]
第1剤には、(A)カプラー及び(B)基剤が含有される。 The first agent, (A) coupler and (B) base is contained.

(A)成分としてのカプラーは、酸化染料の一種であり、(C)酸化剤による酸化重合によって発色可能な化合物である。 (A) a coupler as a component is a type of oxidation dyes, chromogenic compound capable by oxidative polymerization with (C) an oxidizing agent.
(A)成分の具体例としては、レゾルシン、5−(2−ヒドロキシエチルアミノ)−2−メチルフェノール、ピロガロール、カテコール、m−アミノフェノール、メタフェニレンジアミン、2,4−ジアミノフェノール、1,2,4−ベンゼントリオール、トルエン−3,4−ジアミン、トルエン−2,4−ジアミン、ハイドロキノン、α−ナフトール、2,6−ジアミノピリジン、1,5−ジヒドロキシナフタレン、5−アミノオルトクレゾール、パラメチルアミノフェノール、2,4−ジアミノフェノキシエタノール、没食子酸、タンニン酸、没食子酸エチル、没食子酸メチル、没食子酸プロピル、五倍子及びそれらの塩等が挙げられる。 Specific examples of the component (A), resorcinol, 5- (2-hydroxyethylamino) -2-methylphenol, pyrogallol, catechol, m- aminophenols, meta-phenylenediamine, 2,4-aminophenol, 1,2 , 4-benzene triol, toluene-3,4-diamine, toluene-2,4-diamine, hydroquinone, alpha-naphthol, 2,6-diaminopyridine, 1,5-dihydroxynaphthalene, 5-amino-o-cresol, para-methyl aminophenol, 2,4-diaminophenoxyethanol, gallic acid, tannic acid, ethyl gallate, methyl gallate, propyl gallate include gallnut and the like salts thereof. また「医薬部外品原料規格」(1991年6月発行、薬事日報社)に収載される成分も含まれる。 The "quasi-drugs raw materials Standard" (issued June 1991, Yakujinipposha) also includes components that are listed in. これらの(A)成分は単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These component (A) may be blended alone, or may be formulated in combination of two or more.

本実施形態では、これらの(A)成分の中でも、染毛色調の変化に特に大きな影響を与えると考えられている芳香族化合物、及びその塩類より選ばれる少なくとも一種が好ましい。 In the present embodiment, among these components (A), aromatic compounds that are believed to give particularly large effect on changes in dyed hair color tone, and at least one is preferably selected from the salts thereof. この芳香族化合物としては、下記一般式(1)で表される基、及び−OR基よりなる群から選ばれる少なくとも2つの置換基が互いにメタ位に置換されているものが知られている。 As the aromatic compound, it is known which at least two substituents are substituted in the meta position relative to one another are selected from the group consisting of group and -OR groups, represented by the following general formula (1).

ただし、一般式(1)中のR 及びR は、水素、炭素数2以下の炭化水素、及び炭素数2以下の脂肪族アルコールから任意に選択される1種であり、互いに同一であっても異なってもよい。 However, R 1 and R 2 in the general formula (1) is hydrogen, one selected number 2 or less hydrocarbon carbon, and 2 from the aliphatic alcohols having a carbon number optionally, a mutually same it may be different from each other. −OR基のRは水素、炭素数2以下の炭化水素、及び炭素数2以下の脂肪族アルコールから選択される1種である。 R in -OR group is hydrogen, one selected number 2 or less hydrocarbon carbon, and from 2 following aliphatic alcohol carbon atoms. また、前記「少なくとも2つの置換基」は互いに同一であっても異なってもよい。 Further, the "at least two substituents" may be the same or different from each other.

この種の芳香族化合物の中でもさらに好ましい成分としては、レゾルシン、5−(2−ヒドロキシエチルアミノ)−2−メチルフェノール、m−アミノフェノール、5−アミノオルトクレゾール及びそれらの塩類より選ばれる少なくとも一種が挙げられる。 At least one Further preferred components even, resorcinol, 5- (2-hydroxyethylamino) -2-methylphenol, selected from m- aminophenol, 5-amino-o-cresol and salts thereof in this kind of aromatic compounds and the like.

第1剤中における(A)成分の含有量は、好ましくは0.001〜50重量%、より好ましくは0.01〜20重量%である。 The content of the component (A) in the first agent is preferably from 0.001 to 50 wt%, more preferably 0.01 to 20 wt%. この含有量が0.001重量%未満では十分な染毛力が得られない可能性が高い。 This content is likely not sufficient hair force is obtained is less than 0.001 wt%. 一方、50重量%を超えて配合した場合には、第1剤の調製時において(A)成分が(B)基剤に対して十分に溶解せずに析出してしまう可能性が高い。 On the other hand, when the amount is more than 50% by weight, (A) component during the preparation of the first agent (B) is a high possibility that precipitated not sufficiently soluble in the base.

この種の(A)成分のオクタノール/水分配係数[log(P OW )]は−2〜3である。 Octanol / water partition coefficient of such component (A) [log (P OW)] is -2~3. なお、前記オクタノール/水分配係数[log(P OW )]は、水相と有機相(オクタノール相)での物質(例えば、カプラー)の分配のための尺度であり、下記の式(1)ように定義される。 Incidentally, the octanol / water partition coefficient [log (P OW)], the substance in the aqueous and organic phases (octanol phase) (for example, couplers) is a measure for the distribution of, the following equation (1) so It is defined in. 本実施形態のオクタノール/水分配係数は、経済協力開発機構(OECD)テストガイドライン(OECD理事会決定「C(81)30最終別添(1)」)107又は日本工業規格Z7260−107(2000)「分配係数(1−オクタノール/水)の測定−フラスコ浸とう法」並びにOECDテストガイドライン117に定められた方法で測定した値をいう。 Octanol / water partition coefficient of the present embodiment, Economic Cooperation and Development (OECD) test guideline (OECD Council Decision "C (81) 30 final Attachment (1)") 107 or JIS Z7260-107 (2000) It refers to - "flask immersion shaking method measuring the partition coefficient (1-octanol / water)" and the value measured by the method specified in OECD test guideline 117.
log(P OW )=log([P ]/[P ])…(1) log (P OW) = log ( [P O] / [P W]) ... (1)
[P ]:オクタノール相中における物質のモル数[P ]:水相中における物質のモル数 例えば、このlog(P OW )値が高いほど、その物質は疎水性となる。 [P O]: octanol phase moles of material in the [P W]: number of moles of material in the aqueous phase for example, the higher the log (P OW) value, the material becomes hydrophobic. 例えば、log(P OW )の値が1である物質は水相よりも有機相に10倍よく溶け、log(P OW )の値が2である物質は水相よりも有機相に100倍よく溶ける。 For example, material values of log (P OW) is 1 well soluble 10-fold in the organic phase than the aqueous phase, the value of log (P OW) is 2 substances may 100 times the organic phase than the aqueous phase melt.

また本実施形態では、酸化染料として主要中間体を前記(A)成分と併用してもよい。 In the present embodiment, it may be used in combination with the component (A) a key intermediate as oxidation dye. この主要中間体の具体例としては、パラフェニレンジアミン、パラアミノフェノール、ヒドロキシエチルパラフェニレンジアミン、2,2´−[(4−アミノフェニル)イミノ]ビスエタノール、トルエン−2,5−ジアミン及びそれらの塩類等が挙げられる。 Specific examples of the key intermediate, paraphenylenediamine, para-aminophenol, hydroxyethyl paraphenylenediamine, 2,2' - [(4-aminophenyl) imino] bis ethanol, toluene-2,5-diamine and their salts, and the like. 塩類としては塩酸塩、硫酸塩、酢酸塩等が挙げられる。 Salts hydrochloride, sulfate, acetate and the like. これらの主要中間体は単独で配合してもよく、複数を組み合わせて配合してもよい。 These key intermediates may be formulated alone, or may be blended in combination.

(B)成分としての基剤は、(b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香族アルコールから選択される少なくとも1種を含有してなるものである。 (B) base as a component is selected from (b1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ether, and aromatic alcohols it is one comprising at least one. (b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香族アルコールは、(B)成分に対する(A)成分の溶解性を助長するために配合される。 (B1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ether, and aromatic alcohols, solubility of the component (A) relative to component (B) It is formulated to promote. この(b1)成分のうちの界面活性剤としては、非イオン性界面活性剤、カチオン性界面活性剤、アニオン性界面活性剤及び両性界面活性剤が挙げられる。 The surfactant of the (b1) component, a nonionic surfactant, cationic surfactant, anionic surfactants and amphoteric surfactants.

非イオン性界面活性剤の具体例としては、ポリオキシエチレン(以下、POEという)アルキルエーテル類、POEアルキルフェニルエーテル類、POE・ポリオキシプロピレン(以下、POPという)アルキルエーテル類、POEソルビタン脂肪酸エステル類、POEプロピレングリコール脂肪酸エステル等が挙げられる。 Specific examples of the nonionic surfactants include polyoxyethylene (hereinafter, POE hereinafter) alkyl ethers, POE alkylphenyl ethers, POE · polyoxypropylene (hereinafter, POP referred) alkyl ethers, POE sorbitan fatty acid esters s, such as POE propylene glycol fatty acid esters. 例えば、POEアルキルエーテル類の具体例としては、POEラウリルエーテル、POEセチルエーテル、POEステアリルエーテル、POEベヘニルエーテル等が挙げられる。 For example, specific examples of the POE alkyl ethers, POE lauryl ether, POE cetyl ether, POE stearyl ether, POE behenyl ether and the like.

カチオン性界面活性剤の具体例としては、塩化セチルトリメチルアンモニウム、塩化ラウリルトリメチルアンモニウム、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、臭化セチルトリメチルアンモニウム、臭化ステアリルトリメチルアンモニウム、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム、ステアリルトリメチルアンモニウムサッカリン、セチルトリメチルアンモニウムサッカリン等が挙げられる。 Specific examples of the cationic surfactant, cetyl trimethyl ammonium chloride, lauryl trimethyl ammonium chloride, stearyl trimethyl ammonium chloride, alkyl trimethyl ammonium chloride, distearyl dimethyl ammonium chloride, cetyltrimethylammonium bromide, bromide stearyltrimethylammonium, ethyl lanolin fatty acid aminopropyl ethyl dimethyl ammonium sulfate, stearyltrimethylammonium saccharin, and cetyltrimethylammonium saccharin and the like.

アニオン性界面活性剤の具体例としては、ラウリル硫酸ナトリウム等のアルキル硫酸塩、POEラウリルエーテル硫酸ナトリウム等のPOEアルキル硫酸塩、ラウリル硫酸トリエタノールアミン等のアルキル硫酸エステル塩、ステアロイルメチルタウリンナトリウム、ドデシルベンゼンスルホン酸トリエタノールアミン、テトラデセンスルホン酸ナトリウム、POEラウリルエーテルリン酸及びその塩等が挙げられる。 Specific examples of the anionic surfactants, POE alkyl sulfates, alkyl sulfates such as triethanolamine lauryl sulfate, stearoyl methyl taurate, sodium, such as alkyl sulfates, POE lauryl ether sulfate such as sodium lauryl sulfate, dodecyl benzenesulfonic acid triethanolamine, sodium tetradecene sulfonate, POE lauryl ether phosphate and salts thereof.

両性界面活性剤の具体例としては、2−ウンデシル−N,N,N−(ヒドロキシエチルカルボキシメチル)−2−イミダゾリンナトリウム、ココアミドプロピルベタイン、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン等が挙げられる。 Specific examples of the amphoteric surfactant include 2-undecyl -N, N, N-(hydroxyethyl carboxymethyl) -2-imidazoline sodium, cocoamidopropyl betaine, lauryl betaine and the like.

本実施形態では、これらの界面活性剤の中でも、(B)成分に対する(A)成分の溶解性を向上させることができることから、オクタノール/水分配係数が、前記(A)成分のオクタノール/水分配係数の±3の範囲内である非イオン性界面活性剤が用いられる。 In the present embodiment, among these surfactants, (B) since it is possible to improve the solubility of the component (A) to component, octanol / water partition coefficient of said component (A) of octanol / water partition nonionic surfactant is within the range of ± 3 of the coefficient is used.

この種の非イオン性界面活性剤の具体例としては、POE(15)ラウリルエーテル(分配係数:0.65)、POE(20)ステアリルエーテル(分配係数:2.23)、POE(15)オレイルエーテル(分配係数:3.39)、POE(15)イソセチルエーテル(分配係数:2.54)、POE(15)セチルエーテル(分配係数:2.62)、POE(15)イソステアリルエーテル(分配係数:3.53)、POE(20)オクチルドデシルエーテル(分配係数:3.14)等が挙げられる。 Examples of this type of nonionic surfactant, POE (15) lauryl ether (partition coefficient: 0.65), POE (20) stearyl ether (partition coefficient: 2.23), POE (15) oleyl ether (partition coefficient: 3.39), POE (15) isocetyl ether (partition coefficient: 2.54), POE (15) cetyl ether (partition coefficient: 2.62), POE (15) isostearyl ether (distribution factor: 3.53), POE (20) octyl dodecyl ether (partition coefficient: 3.14), and the like. なお、POEに付随する数値は付加モル数を示す。 The values ​​associated with the POE represents a molar number of addition. これらの非イオン性界面活性剤は、単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These nonionic surfactants may be blended alone, or may be formulated in combination of two or more.

また、(b1)成分のうちの多価アルコールの具体例としては、プロピレングリコール(以下、PGという)、ポリエチレングリコール(以下、PEGという)400、PEG200、グリセリン、1,3−ブチレングリコール、エチレングリコール、ジエチレングリコール、ジプロピレングリコール、1,3−ブタンジオール、ヘキシレングリコール、ソルビトール、マルチトール等が挙げられる。 Further, (b1) Examples of the polyhydric alcohol of the component, a propylene glycol (hereinafter, PG hereinafter), polyethylene glycol (hereinafter, referred to as PEG) 400, PEG 200, glycerol, 1,3-butylene glycol, ethylene glycol , diethylene glycol, dipropylene glycol, 1,3-butanediol, hexylene glycol, sorbitol, maltitol, and the like.

本実施形態では、これらの多価アルコールの中でも、(B)成分に対する(A)成分の溶解性を向上させることができることから、オクタノール/水分配係数が、前記(A)成分のオクタノール/水分配係数の±3の範囲内である多価アルコールが用いられる。 In the present embodiment, among these polyhydric alcohols, (B) since it is possible to improve the solubility of the component (A) to component, octanol / water partition coefficient of said component (A) of octanol / water partition polyhydric alcohol is in the range of ± 3 of the coefficient is used.

この種の多価アルコールの具体例としては、PG(分配係数:−0.78)、PEG400(分配係数:−3.12)、グリセリン(分配係数:−2.2)、エチレングリコール(分配係数:−1.4)、ジエチレングリコール(分配係数:−1.3)、1,3−ブタンジオール(分配係数:−1.4)、ヘキシレングリコール(分配係数:−0.7)等が挙げられる。 Specific examples of the polyhydric alcohol of this type, PG (partition coefficient: -0.78), PEG 400 (partition coefficient: -3.12), glycerol (partition coefficient: -2.2), ethylene glycol (distribution coefficient : -1.4), diethylene glycol (partition coefficient: -1.3), 1,3 butanediol (partition coefficient: -1.4), hexylene glycol (partition coefficient: -0.7), and the like . これらの多価アルコールは、単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These polyhydric alcohols may be formulated alone, or may be formulated in combination of two or more.

(b1)成分のうちの低級アルコール(炭素数4以下)の具体例としては、2−プロパノール、エタノール、プロパノール等が挙げられる。 Examples of lower alcohols (having 4 or less carbon atoms) in the (b1) component, 2-propanol, ethanol, propanol and the like. 本実施形態では、これらの低級アルコールの中でも、(B)成分に対する(A)成分の溶解性を向上させることができることから、オクタノール/水分配係数が、前記(A)成分のオクタノール/水分配係数の±3の範囲内である低級アルコールが用いられる。 In the present embodiment, among these lower alcohols, (B) since it is possible to improve the solubility of the component (A) to component, octanol / water partition coefficient, octanol / water partition coefficient of said component (A) lower alcohol is used in the range of ± 3 of. この種の低級アルコールの具体例としては、2−プロパノール(分配係数:0.28)、エタノール(分配係数:−0.14)等が挙げられる。 Specific examples of the lower alcohols of this type, 2-propanol (partition coefficient: 0.28), ethanol (partition coefficient: -0.14), and the like. これらの低級アルコールは、単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These lower alcohols may be added alone, or may be formulated in combination of two or more.

また、(b1)成分のうちの多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテルの具体例としては、エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、ジエチレングリコールモノメチルエーテル、等が挙げられる。 Further, (b1) Examples of the polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ethers of the components, ethylene glycol monoethyl ether, ethylene glycol monomethyl ether, ethylene glycol monobutyl ether, diethylene glycol monoethyl ether, diethylene glycol monomethyl ether , and the like. 本実施形態では、これらの多価アルコールアルキルエーテルの中でも、(B)成分に対する(A)成分の溶解性を向上させることができることから、オクタノール/水分配係数が、前記(A)成分のオクタノール/水分配係数の±3の範囲内である多価アルコールアルキルエーテルが用いられる。 In the present embodiment, among these polyhydric alcohol alkyl ether, since it is possible to improve the solubility of the (A) component to the (B) component, octanol / water partition coefficient, of the component (A) Octanol / polyhydric alcohol alkyl ether is in the range of ± 3 of water partition coefficient is used. この種の多価アルコールアルキルエーテルの具体例としては、エチレングリコールモノエチルエーテル(分配係数:−0.42)、エチレングリコールモノメチルエーテル(分配係数:−0.91)等が挙げられる。 Specific examples of such polyhydric alcohol alkyl ether, ethylene glycol monoethyl ether (partition coefficient: -0.42), ethylene glycol monomethyl ether (partition coefficient: -0.91), and the like. これらの多価アルコールアルキルエーテルは、単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These polyhydric alcohol alkyl ethers may be formulated alone, or may be formulated in combination of two or more.

(b1)成分のうちの芳香族アルコールの具体例としては、ベンジルアルコール、ベンジルオキシエタノール、ノニルフェノキシエタノール、オクチルフェノキシエタノール、γ−フェニルプロピルアルコール、桂皮アルコール、アニスアルコール、p−メチルベンジルアルコール、α−ジメチルフェネチルアルコール、α−フェニルエタノール、フェノキシエタノール等が挙げられる。 (B1) Examples of the aromatic alcohols of the component, benzyl alcohol, benzyloxy ethanol, nonyl phenoxy ethanol, octyl phenoxy ethanol, .gamma.-phenylpropyl alcohol, cinnamic alcohol, anise alcohol, p- methylbenzyl alcohol, alpha-dimethyl phenethyl alcohol, alpha-phenylethanol, phenoxyethanol. 本実施形態では、これらの芳香族アルコールの中でも、(B)成分に対する(A)成分の溶解性を向上させることができることから、オクタノール/水分配係数が、前記(A)成分のオクタノール/水分配係数の±3の範囲内である芳香族アルコールが用いられる。 In the present embodiment, among these aromatic alcohol, (B) since it is possible to improve the solubility of the component (A) to component, octanol / water partition coefficient of said component (A) of octanol / water partition aromatic alcohol is used in the range of ± 3 coefficients.

この種の芳香族アルコールの具体例としては、ベンジルアルコール(分配係数:1.08)、ベンジルオキシエタノール(分配係数:1.2)、α−フェニルエタノール(分配係数:1.2)等が挙げられる。 Specific examples of such aromatic alcohol, benzyl alcohol (partition coefficient: 1.08), benzyloxyethanol (partition coefficient: 1.2), alpha-phenyl ethanol (partition coefficient: 1.2) and the like include It is. これらの芳香族アルコールは、単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These aromatic alcohols may be formulated alone, or may be formulated in combination of two or more.

第1剤中における(b1)成分の含有量は、好ましくは0.01〜50重量%、より好ましくは0.1〜30重量%である。 The content of (b1) component in the first agent is preferably from 0.01 to 50 wt%, more preferably 0.1 to 30 wt%. この含有量が0.01重量%未満であると、(B)成分に対する(A)成分の溶解性が低下するとともに、第1剤の基剤安定性を十分に保持することができないおそれがある。 When the content is less than 0.01 wt%, it may not be able to hold (B) with the solubility of the component (A) to component decreases, the base stability of the first agent sufficiently . 一方、50重量%を超えて配合しても、(B)成分に対する(A)成分の溶解性に関してそれ以上の効果が得られない可能性が高い。 On the other hand, even though the amount is more than 50 wt%, not likely to be obtained more effectively with respect to the solubility of the (A) component to the (B) component.

(B)成分には、その他の成分として高級アルコール、水、pH調整剤、油性成分等を含有させることが好ましい。 The component (B), a higher alcohol as the other components, water, pH adjusting agents, it is preferable to contain an oil component or the like.
高級アルコールは、第1剤の粘度安定性を向上させるべく配合されるものであり、こうした観点から炭素数が14以上のものが好ましい。 Higher alcohols are those which are formulated to improve the viscosity stability of the first agent, the number of carbon atoms from this viewpoint is preferably from 14 or more. 但し、本実施形態の高級アルコールとは、前記芳香族アルコールを除くものをいう。 However, a higher alcohol in the present embodiment, refers to excluding the aromatic alcohol. この高級アルコールの具体例としては、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、セチルアルコール、セトステアリルアルコール、2−オクチルドデカノール、オレイルアルコール等が挙げられる。 The specific examples of higher alcohols, stearyl alcohol, behenyl alcohol, lauryl alcohol, myristyl alcohol, cetyl alcohol, cetostearyl alcohol, 2-octyldodecanol, oleyl alcohol, and the like. これらの高級アルコールは、単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These higher alcohols may be formulated alone, or may be formulated in combination of two or more.

水は、各成分の溶媒又は分散媒として第1剤を溶液、分散液又は乳化物とするために適量配合される。 Water solution first agent as a solvent or dispersion medium of the components, an appropriate amount as needed to the dispersion or emulsion.
pH調整剤は、第1剤のpHを所望の範囲に設定するために配合される。 pH adjusting agent is formulated in order to set the pH of the first agent to the desired range. pH調整剤の具体例としては、塩酸、燐酸、硫酸、酢酸、乳酸、酒石酸、及びそれらの塩類等が挙げられる。 Specific examples of pH adjusting agents are hydrochloric acid, phosphoric acid, sulfuric acid, acetic acid, lactic acid, tartaric acid, and the like their salts. 第1剤中におけるpH調整剤の配合量は、第1剤のpHが所望の範囲になる量とするのが好ましい。 The amount of pH adjusting agent in the first agent in is preferably an amount that the pH of the first agent is in a desired range.

油性成分は、仕上り感を向上させるために配合される。 Oil component is formulated in order to improve the finish feeling. 油性成分としては、油脂類、ロウ類、炭化水素類、エステル類、シリコーン類等が挙げられる。 The oily component, fats and oils, waxes, hydrocarbons, esters, silicones, and the like.
油脂類の具体例としては、ホホバ油、オリーブ油のグリセライド等、ロウ類の具体例としては、ミツロウ、ラノリン等、炭化水素類の具体例としては、ワセリン、流動パラフィン、固形パラフィン、イソパラフィン、スクワラン等が挙げられる。 Specific examples of fats and oils, jojoba oil, olive oil glyceride, specific examples of waxes include beeswax, lanolin, and specific examples of hydrocarbons, petrolatum, liquid paraffin, solid paraffin, isoparaffin, squalane and the like. エステル類の具体例としては、ミリスチン酸イソプロピル、ミリスチン酸オクチルドデシル等、シリコーン類の具体例としては、ジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、ポリエーテル変性シリコーン、高重合シリコーン、アミノ変性シリコーン等が挙げられる。 Specific examples of the esters, isopropyl myristate, octyldodecyl myristate and the like, specific examples of silicones, dimethyl polysiloxane, methylphenyl polysiloxane, polyether-modified silicone, highly polymerized silicone, amino-modified silicones include It is.

さらに、その他の成分としてラウリン酸、ミリスチン酸、リノレン酸等の脂肪酸、ソルビトール、マルトース等の糖類、バチルアルコール、キミルアルコール等のアルキルグリセリルエーテル、アラビアガム、カラヤガム、トラガントガム、アルギン酸ナトリウム、キサンタンガム、セルロース誘導体、架橋ポリアクリル酸、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジウム等の水溶性高分子化合物、アスコルビン酸類、亜硫酸ナトリウム等の還元剤、パラベン等の防腐剤、EDTA等のキレート剤、フェナセチン、8−ヒドロキシキノリン、アセトアニリド、ピロリン酸ナトリウム、バルビツール酸、尿酸、タンニン酸等の安定剤、植物抽出物、生薬抽出物、紫外線吸収剤、直接染料、香料等が挙げられる。 Further, lauric acid as other components, myristic acid, fatty acids such as linolenic acid, sorbitol, maltose, etc., batyl alcohol, alkyl glyceryl ether such as chimyl alcohol, gum arabic, karaya gum, tragacanth gum, sodium alginate, xanthan gum, cellulose derivatives, crosslinked polyacrylic acid, water-soluble polymer compounds such as polychlorinated dimethylmethylene piperidone indium, ascorbic acid, a reducing agent such as sodium sulfite, preservatives such as paraben, chelating agents such as EDTA, phenacetin, 8-hydroxyquinoline, acetanilide, sodium pyrophosphate, barbituric acid, uric acid, stabilizers such as tannic acid, plant extracts, crude drug extracts, ultraviolet absorbers, direct dyes, fragrances, and the like. また「医薬部外品原料規格」(1991年6月発行、薬事日報社)に収載されるものから選ばれる少なくとも一種を配合してもよい。 The "quasi-drug material Standard" (issued June 1991, Yakujinipposha) may be blended at least one selected from those listed in.

第1剤のpHは8.5以下、好ましくは7未満である。 pH of the first agent is 8.5 or less, preferably less than 7. 第1剤のpHが8.5を超えると、長期の保存に際して染毛効果の変化が生じる可能性が高い。 When the pH of the first agent is more than 8.5, there is a high possibility that during long-term storage is a change in hair effect occurs.
この第1剤の剤型は、水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、クリーム状等が挙げられる。 Dosage form of the first agent is an aqueous solution form, dispersion liquid, emulsion, gel, foam, cream and the like. この第1剤は、チューブ容器、エアゾール容器等の各種容器に充填され、使用時まで保存される。 The first agent tube container is filled to the various containers, such as aerosol containers and stored until use.
[第2剤] [The second agent]
第2剤には(C)酸化剤が含有される。 The second agent is contained in (C) oxidizing agent. この(C)成分としての酸化剤は、酸化染料を酸化重合させて発色させるとともに、毛髪に含まれるメラニンを脱色させるために配合される。 The (C) oxidizing agent as the component causes color development by oxidative polymerization of oxidation dyes are formulated in order to decolorize the melanin contained in the hair. (C)成分の具体例としては、過酸化水素、過酸化尿素、過酸化メラミン、過炭酸ナトリウム、過炭酸カリウム、過ホウ酸ナトリウム、過ホウ酸カリウム、過酸化ナトリウム、過酸化カリウム、過酸化マグネシウム、過酸化バリウム、過酸化カルシウム、過酸化ストロンチウム、硫酸塩の過酸化水素付加物、リン酸塩の過酸化水素付加物、ピロリン酸塩の過酸化水素付加物等が挙げられる。 Specific examples of the component (C), hydrogen peroxide, urea peroxide, melamine peroxide, sodium percarbonate, potassium percarbonate, sodium perborate, potassium perborate, sodium peroxide, potassium peroxide, magnesium, barium peroxide, calcium peroxide, strontium peroxide, hydrogen peroxide adducts of sulfate, hydrogen peroxide adducts of phosphate, and hydrogen peroxide adducts of pyrophosphates is. これらの(C)成分は単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 These component (C) may be blended alone, or may be formulated in combination of two or more. 本実施形態では、これらの(C)成分の中でも、メラニンの脱色力に優れることから、過酸化水素を用いるのが好ましい。 In the present embodiment, among these component (C), since it is excellent in bleaching power of melanin, it is preferable to use hydrogen peroxide.

第1剤、第2剤及び第3剤の混合物(以下、単に混合物という。)中における(C)成分の含有量は、好ましくは0.1〜10重量%、より好ましくは1〜6重量%である。 The first agent, a mixture of the second agent and a third agent (hereinafter, simply referred to. Mixture) content of the component (C) in the can, preferably 0.1 to 10 wt%, more preferably 1-6 wt% it is. この含有量が0.1重量%未満であると、酸化染料を十分に酸化重合させることが困難となるおそれがある。 When the content is less than 0.1 wt%, it may become difficult to sufficiently oxidative polymerization of oxidation dye. 一方、10重量%を超えて配合すると、毛髪の損傷を低減することができないおそれがある。 On the other hand, when the amount is more than 10 wt%, it may not be possible to reduce damage to the hair.

第2剤にはその他の成分として第1剤に記載の水、油性成分、界面活性剤等が含有される。 Water according to the first agent to a second agent as other components, oil components, surfactants, and the like are contained. また、(C)成分として過酸化水素を含有させた場合は、過酸化水素の保存安定性を向上させるために安定化剤を含有させることが好ましい。 Moreover, if was contained hydrogen peroxide as the component (C), it is preferable to contain a stabilizer for improving the storage stability of hydrogen peroxide. 過酸化水素の安定化剤としては、尿素、フェナセチン、スズ酸ナトリウム、エチレングリコールフェニルエーテル、8−オキシキノリン、リン酸、1−ヒドロキシエタン−1,1−ジホスホン酸及びその塩、ジブチルヒドロキシトルエン等が挙げられる。 As the stabilizer for hydrogen peroxide, urea, phenacetin, sodium stannate, ethylene glycol phenyl ether, 8-oxyquinoline, phosphoric acid, 1-hydroxyethane-1,1-diphosphonic acid and salts thereof, dibutylhydroxytoluene and the like and the like. また「医薬部外品原料規格」(1991年6月発行、薬事日報社)に収載されるものから選ばれる少なくとも一種を配合してもよい。 The "quasi-drug material Standard" (issued June 1991, Yakujinipposha) may be blended at least one selected from those listed in.

この第2剤の剤型は、水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、クリーム状等が挙げられる。 Dosage form of the second agent is an aqueous solution form, dispersion liquid, emulsion, gel, foam, cream and the like.
[第3剤] Third agent]
第3剤には(D)アルカリ剤が含有される。 The third agent is contained in (D) an alkali agent. (D)成分としてのアルカリ剤は、(C)成分の作用を促進することにより、毛髪に明度を付与するために配合される。 (D) an alkali agent as the component, by promoting the action of component (C) is formulated in order to impart brightness to the hair.

(D)成分の具体例としては、アルカノールアミン、アンモニア、有機アミン類(2−アミノ−2−メチル−1,3−プロパンジオール、グアニジン等)、無機アルカリ(水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム等)、塩基性アミノ酸(アルギニン、リジン等)等が挙げられる。 Specific examples of the component (D), alkanolamines, ammonia, organic amines (2-amino-2-methyl-1,3-propanediol, guanidine, etc.), inorganic alkali (sodium hydroxide, potassium hydroxide, carbonate sodium, potassium carbonate, etc.), basic amino acids (arginine, lysine and the like) and the like. アルカノールアミンの具体例としては、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、モノプロパノールアミン、イソプロパノールアミン、ジプロパノールアミン、トリプロパノールアミン、2−アミノ−2−メチル−1,3−プロパンジオール、2−アミノ−2−メチル−1−プロパノール、2−アミノ−2−ヒドロキシメチル−1,3−プロパンジオール等が挙げられる。 Specific examples of the alkanolamines, monoethanolamine, diethanolamine, triethanolamine, mono propanolamine, isopropanolamine, dipropanolamine, tripropanolamine, 2-amino-2-methyl-1,3-propanediol, 2- amino-2-methyl-1-propanol, 2-amino-2-hydroxymethyl-1,3-propanediol.

これらの(D)成分は単独で配合してもよく、二種以上を組み合わせて配合してもよい。 Component (D) may be blended alone, or may be formulated in combination of two or more. また、(D)成分の塩類を組み合わせて配合してもよい。 It may also be formulated in combination salts of the component (D). 本実施形態では、これらの(D)成分の中でも毛髪の明度が良好となり、染毛力を十分に発揮させることができることから、第3剤中に少なくともモノエタノールアミン及びアンモニアから選ばれる少なくとも1種を含有させることが好ましい。 In the present embodiment, the lightness of the hair Among component (D) is improved, at least one kind of hair force since it is possible to sufficiently exhibit, selected from at least monoethanolamine and ammonia in a third agent preferably contains a.

混合物中における(D)成分の含有量は、好ましくは0.1〜20重量%、より好ましくは1〜15重量%である。 The content of component (D) in the mixture is preferably from 0.1 to 20 wt%, more preferably 1-15 wt%. この含有量が0.1重量%未満であると、十分な明度が得られないおそれがある。 When the content is less than 0.1 wt%, there is a possibility that sufficient brightness can not be obtained. 一方、20重量%を超えて配合すると、仕上り後の毛髪において良好な感触を得ることが困難となるおそれがある。 On the other hand, it may become is blended more than 20 wt%, it is difficult to obtain a good feel in the hair after finish.

また、第3剤にはその他の成分として第1剤に記載の水、油性成分、界面活性剤等が含有される。 The water according to the first agent to a third agent as other components, oil components, surfactants, and the like are contained. さらに、「医薬部外品原料規格」(1991年6月発行、薬事日報社)に収載されるものから選ばれる少なくとも一種を配合してもよい。 Further, "quasi-drug material Standard" (issued June 1991, Yakujinipposha) may be blended at least one selected from those listed in.

この第3剤の剤型は、水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、クリーム状等が挙げられる。 Dosage form of the third agent is an aqueous solution form, dispersion liquid, emulsion, gel, foam, cream and the like.
[混合物] [blend]
混合物は、第1剤、第2剤及び第3剤を所定の割合で混合調製することによって得られる。 The mixture is first agent, obtained by the second agent and the third agent are mixed prepared at a predetermined ratio. 混合物中における(A)成分の含有量は、好ましくは0.001〜10重量%、より好ましくは0.01〜5重量%である。 The content of the component (A) in the mixture is preferably 0.001 to 10 wt%, more preferably 0.01 to 5 wt%. この含有量が0.001重量%未満であると、十分な染毛力は得られにくい。 When the content is less than 0.001 wt%, sufficient hair force is difficult to obtain. 一方、10重量%を超えて配合すると、染毛力に関してもそれ以上の顕著な効果が得られない可能性が高く、経済的でない。 On the other hand, when the amount is more than 10 wt%, there is a high possibility that not be obtained any more remarkable effect with regard hair strength, not economical.

また、混合物中における(b1)成分の含有量は、好ましくは0.1〜50重量%、より好ましくは1〜40重量%である。 The content of (b1) component in the mixture is preferably from 0.1 to 50 wt%, more preferably 1 to 40 wt%. この含有量が0.1重量%未満であると、(B)成分に対する(A)成分の溶解性が低下し、十分な染毛力が得られない可能性が高い。 When the content is less than 0.1 wt%, (B) the solubility of the component (A) to component decreases, there is a high possibility that no sufficient hair force can not be obtained. 一方、50重量%を超えて配合しても、(B)成分に対する(A)成分の溶解性に関してそれ以上の効果が得られず、染毛力に関してもそれ以上の効果が得られない可能性が高い。 On the other hand, even though the amount is more than 50 wt%, (B) is not obtained any more effect on the solubility of the component (A) to component, may not be obtained more effectively with regard hair force It is high.

混合調製時における混合物のpHは、好ましくは8〜12、より好ましくは9〜11である。 pH of the mixture during the mixing preparation is preferably 8-12, more preferably 9-11. このpHが8未満では、(C)成分の作用を十分に促進することができない可能性が高い。 In this pH is less than 8, there is a high possibility that it is impossible to sufficiently facilitate the action of the component (C). 一方、pHが12を超えると、毛髪が脱色される際、毛髪に損傷等の不具合が生じる可能性が高い。 On the other hand, when the pH exceeds 12, when the hair is bleached, it is likely that problems will be caused such as damage to the hair.

この混合物の剤型は、水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、クリーム状等が挙げられる。 Dosage form of the mixture, an aqueous solution form, dispersion liquid, emulsion, gel, foam, cream and the like.
さて、第1剤を調製するには、(A)成分を(B)成分に添加し、これを攪拌混合する。 Now, to prepare a first agent, added to the component (A) (B) component, which is mixed and stirred. そして、各種容器に充填された第1剤は、使用時まで保存される。 The first agent filled in the various containers are stored until use. ここで、本実施形態では、第1剤において(D)成分を除外したことにより、第1剤を長期に亘って保存する場合でも染毛効果の変化が抑制されるようになる。 In the present embodiment, by excluding the component (D) in the first agent, changes in hair effects even when stored over a first agent-term is suppressed.

また、(A)成分のオクタノール/水分配係数に対して±3の範囲内であるオクタノール/水分配係数を有する(b1)成分を用いることで、(A)成分が(b1)成分との協働作用により(B)成分に溶解されやすくなる。 Further, (A) By using the (b1) component having an octanol / water partition coefficient in the range of ± 3 with respect to octanol / water partition coefficient of a component, (A) component (b1) together with the component It tends to be dissolved in the component (B) for combined action. このため、本実施形態では、第1剤において(D)成分を除外したことで(B)成分に対する(A)成分の溶解性が低下することがなく、該(B)成分に対する(A)成分の良好な溶解性が確保されるようになる。 Therefore, in the present embodiment, without solubility of the component (A) by excluding the first agent component (D) relative to component (B) is reduced, the component (A) to said component (B) good solubility is to be secure. よって、本実施形態によれば、経時的な染毛効果の変化が抑制されるとともに、第1剤の調製時において(B)成分に対する(A)成分の溶解性が高められる。 Therefore, according to the present embodiment, the change with time in hair dyeing effect is suppressed, the solubility of the (A) component to the (B) component during the preparation of the first agent is enhanced.

次に、第1剤、第2剤及び第3剤を所定の混合割合で混合することによって混合物を調製し、この混合物の必要量をコーム(櫛)又は刷毛に付着させ、毛髪に塗布する。 Next, the first agent, the second agent and a third agent mixture was prepared by mixing in a predetermined mixing ratio, the required amount of this mixture is deposited on the comb (comb) or brush, it is applied to the hair. この混合物中では、(C)成分によって(A)成分が酸化重合されることにより、該(A)成分が発色される。 In the mixture, the component (C) is the component (A) by being oxidized polymerization, the component (A) is colored. これにより、毛髪が染色される。 As a result, the hair is dyed.

前記の実施形態によって発揮される効果について、以下に記載する。 The effects exerted by the embodiment described above, are described below.
・ 本実施形態では、第1剤と第3剤とにそれぞれ(A)成分と(D)成分とが分離されており、第1剤の保存時においては、(A)成分に対する(D)成分の影響が回避される。 In the illustrated embodiment, and each of the first agent and the third agent components (A) and (D) components are separated, at the time of storage of the first agent, for component (A) (D) component influence of is avoided. すなわち、本実施形態では、第1剤において(D)成分を除外したことにより、第1剤を長期に亘って保存する場合でも染毛効果の変化が抑制されるようになる。 That is, in this embodiment, by excluding the component (D) in the first agent comprises a first agent as the change in hair effects even when stored for a long time is suppressed. その結果、十分に安定した染毛力を有する染毛剤組成物が得られる。 As a result, hair dye composition having a sufficiently stable hair dyeing force.

・ 第1剤のpHは8.5以下である。 · PH of the first agent is 8.5 or less. これにより、(A)成分に対する(D)成分の影響が抑えられるため、経時的な染毛効果の変化を好適に抑制することができる。 Accordingly, since the suppressed the influence of (D) component to the component (A), it is possible to suitably suppress the change with time in hair dyeing effect.
・ (b1)成分のオクタノール/水分配係数は、(A)成分のオクタノール/水分配係数に対して±3の範囲内とされている。 · (B1) component of the octanol / water partition coefficient is in the range of ± 3 with respect to octanol / water partition coefficient of the component (A). これにより、(A)成分が(b1)成分との協働作用により(B)成分に溶解されやすくなる。 Thus, it tends to be dissolved in the component (B) for in cooperation with the (A) component (b1) component. このため、(B)成分に対する(A)成分の良好な溶解性を確保することができる。 Therefore, it is possible to ensure good solubility of the (A) component to the (B) component.

次に、実施例及び比較例を挙げて前記実施形態を更に具体的に説明する。 Next, the embodiment examples and comparative examples will be described more specifically.
(実施例1〜5及び比較例1〜5:染色性試験) (Examples 1 to 5 and Comparative Examples 1 to 5: Staining Test)
表1に示す各成分を混合して、実施例1〜5においては第1剤〜第3剤を、比較例1〜5においては第1剤及び第2剤を調製し、これらを60℃にて1ヶ月保存した後、各例の染毛剤組成物を得た。 By mixing the components shown in Table 1, the first agent to third agent in Examples 1-5 and Comparative Examples 1-5 were prepared first and second agents, these to 60 ° C. after 1 month storage Te to obtain a hair dye composition of each example. そして、各例の染毛剤組成物を毛束に塗布した。 Then, applying the hair dye composition of each example to the hair bundle. 次いで、染毛剤組成物が塗布された毛束を30分間放置した後、プレーンリンスを施すことによって毛束の染毛処理を完了した。 Then, after leaving the tufts hair dye composition is applied for 30 minutes to complete the dyeing process tufts by applying plain rinsing. 染毛処理が施された毛束について、下記の項目の評価を行った。 For hair bundle dyeing process has been performed, we were evaluated for the following items.

なお、実施例1〜5では第1剤〜第3剤は重量比において1:2:1の割合で混合される。 Note that one in embodiment the fifth first agent to third agent weight ratio: 2: is mixed at a ratio of 1. 比較例1〜5では第1剤と第2剤とは1:1の割合で混合される。 In Comparative Examples 1 to 5 and the first agent and the second agent 1: is mixed at a ratio of 1. また、表1における各成分の配合を示す数値の単位は重量%を示す。 The unit of numerical values ​​showing the compounding of the components in Table 1 are by weight%.

<長期保存による染毛効果の変化の有無> <Presence or absence of the change in the hair dyeing effect of long-term storage>
実施例1〜5においては第1剤〜第3剤を、比較例1〜5においては第1剤及び第2剤を調製した後に、これらを保存することなく上記と同様の混合比で染毛剤組成物を調製し、これを各例の標準サンプルとした。 The first agent to third agent in Examples 1-5, Comparative Examples 1-5 After preparing the first and second agents, the hair dye with the same above mixing ratio without storing them composition was prepared, which was used as standard samples for each example. 次に、各例の標準サンプルを毛束に塗布した後、上記と同様の操作を施すことで毛束の染毛処理を完了した。 Then, after coating a standard sample of each example in tuft, it completed the hair dyeing process of the hair bundle by applying the same operation as above. そして、各例の染毛剤組成物と標準サンプルとを用いてそれぞれ毛束の染毛処理をした際の毛束の色調(染毛色調)を比較し、該毛束の色調の変化の有無について専門のパネラーが以下の基準に従い評価した。 Then, compare the color (dyeing tone) of the hair bundle at the time of the hair dyeing process of each tuft with and a standard sample hair dye composition of each example, presence or absence of a change in the color tone of said capillary bundle professional panelists were evaluated according to the criteria of below. その結果を表1に示す。 The results are shown in Table 1.

○:標準サンプルに対し、毛束の色調に変化が無い ×:標準サンプルに対し、毛束の色調に変化が生じる ○: for a standard sample, × there is no change in the color of the hair bundle: For standard sample, a change in the color of the hair bundle occur

表1より明らかなように、実施例1〜5では、第1剤と第3剤とにそれぞれ(A)成分と(D)成分とが分離されていることから、第1剤〜第3剤を長期に亘って保存した後に染毛剤組成物を調製したとしても、標準サンプルに対する染毛色調の変化が無く、染毛効果の変化が抑制された。 Table 1 As is clear, in Example 1-5, since each of the first agent and the third agent components (A) and component (D) are separated, the first agent to third agent the even a hair dye composition after storage for a long period was prepared, no change in the dyed hair color tone to the standard sample, the change in hair dyeing effect is suppressed. これに対し、比較例1〜5では、第1剤中に(A)成分と(D)成分とが共存しているため、第1剤及び第2剤を長期に亘って保存した後に染毛剤組成物を調製した際には、標準サンプルに対する染毛色調の変化が認められ、染毛効果の変化(低下)が確認された。 In contrast, in Comparative Example 1-5, since in the first agent and the component (A) and component (D) coexist, hair after storage over the first and second agents in the long-term agent when the composition was prepared, a change in the dyed hair color tone was observed for the standard sample, the change in hair dyeing effect (reduction) was observed. これは、長期の保存に際し第1剤中で、(D)成分による(A)成分への影響が生じ、(A)成分の作用効果が弱められたものと推測される。 Which, upon prolonged storage in a first dosage, the effect of the component (A) by component (D) occurs, it is presumed that weakened the effect of the component (A).

(実施例6〜11及び比較例6〜9:溶解性試験) (Examples 6-11 and Comparative Examples 6-9: Solubility Test)
ここでは、表2に示す各成分を混合して、第1剤を調製した。 Here, by mixing the components shown in Table 2, to prepare a first agent. そして、ここで得られた各例の第1剤に関し、(B)成分に対する(A)成分の溶解性について、以下の基準に従い目視にて評価した。 The respect to the first agent of each Example obtained here, the solubility of the (A) component to the (B) component was visually evaluated according to the following criteria. その結果を表2に示す。 The results are shown in Table 2. なお、(A)成分として5−(2−ヒドロキシエチルアミノ)−2−メチルフェノール(以下、5HMという)を用いた第1剤(実施例9〜11及び比較例9)に関しては、第1剤が淡色化するほど、(B)基剤に5HMが十分に溶解していることを意味する。 Incidentally, (A) component as 5- (2-hydroxyethylamino) -2-methylphenol (hereinafter referred 5HM) first agent using terms (Examples 9-11 and Comparative Example 9), the first agent There as lightening, it means that the 5HM is sufficiently soluble in (B) base. また、表中の各成分の含有量を示す数値の単位は重量%であり、各成分に付随する数値は、オクタノール/水分配係数である。 The unit of numerical value indicating the content of each component in the tables is wt%, the numerical values ​​associated with each component is octanol / water partition coefficient.
(実施例6〜8及び比較例6〜8) (Examples 6-8 and Comparative Example 6-8)
○:第1剤中におけるレゾルシンの残存が認められない ×:第1剤中におけるレゾルシンの残存が認められる(実施例9〜11及び比較例9) ○: × residual resorcinol in the first dosage is not observed: remaining of resorcinol is found in the first agent (Examples 9-11 and Comparative Example 9)
○:第1剤の淡色化が認められる ×:第1剤の淡色化が認められない ○: × lightening first agent is observed: lightening of the first agent is not observed

表2より明らかなように、実施例6〜11では、(A)成分のオクタノール/水分配係数の±3の範囲内である値のオクタノール/水分配係数を有する(b1)成分が添加されていることから、(B)基剤に対する(A)成分の溶解性は良好なものであった。 Table 2 As is evident, in Example 6-11, is added (A) having an octanol / water partition coefficient of a value in the range of ± 3 of octanol / water partition coefficient of component (b1) component since there, it was as good solubility of the component (a) with respect to (B) base. すなわち、実施例6〜8に関しては第1剤中におけるレゾルシンの残存が認められず、また、実施例9〜11に関しては第1剤の淡色化が認められた。 That is, it not observed residual resorcin in the first agent with respect to Examples 6-8, also lightening of the first agent was observed with respect to Examples 9-11. これは、(A)成分及び(b1)成分のオクタノール/水分配係数が上記の関係を満たす場合には、(A)成分が(b1)成分との協働作用により(B)成分に溶解されやすくなるためと思われる。 This is because when the octanol / water partition coefficient of the component (A) and (b1) component satisfies the above relation is dissolved in the component (B) for in cooperation with the (A) component (b1) component It seems to become easier. これに対し、(A)成分及び(b1)成分のオクタノール/水分配係数が上記の関係を満たしていない比較例6〜9では、(B)成分に対する(A)成分の溶解性が芳しくない結果となった。 Results contrast, the component (A) and (b1) In Comparative Example 6-9 Octanol / water partition coefficient of a component does not meet the above relationship, the solubility of the (A) component to the (B) component poor It became. すなわち、比較例6及び7に関しては第1剤中におけるレゾルシンの残存が認められ、また、比較例8及び9に関しては第1剤の淡色化が認められなかった。 That is, for Comparative Examples 6 and 7 observed residual resorcin in the first agent, also lightening of the first agent is not observed with respect to Comparative Examples 8 and 9.

なお、前記実施形態を次のように変更して構成することもできる。 It is also possible to configure to change the embodiments as follows.
・ 本実施形態では、第1剤、第2剤及び第3剤とから構成される、所謂3剤式の染毛剤組成物を採用した。 In the illustrated embodiment, the first agent, and a second agent and a third agent, was employed hair dye composition of the so-called three-part type. しかしながら、さらに第1剤、第2剤及び第3剤を構成する各成分を分離して4剤式以上に構成してもよい。 However, further first agent may be configured to more than 4-part separates the respective components constituting the second agent and a third agent. 例えば、二種以上の(A)カプラーを配合する場合に、これらの(A)カプラーを第1剤と第4剤とに分離してなる4剤式の染毛剤組成物が挙げられる。 For example, when formulating two or more (A) coupler, the hair dye composition of the 4-part formed by separating these (A) coupler into a first agent and fourth agent.

さらに、前記実施形態より把握できる技術的思想について以下に記載する。 Furthermore, described below technical idea understood from the embodiment.
・ 前記第1剤、前記第2剤及び前記第3剤が混合調製された混合物中における前記(A)カプラーの含有量は、0.001〜10重量%であることを特徴とする染毛剤組成物。 - the first agent, wherein the content of the (A) coupler in the second agent and the third agent is mixed prepared mixture, hair dye, characterized in that 0.001 to 10 wt% Composition.

Claims (2)

  1. (A)カプラーとしてレゾルシン及び5−(2−ヒドロキシエチルアミノ)−2−メチルフェノールから選ばれる少なくとも一種と(B)基剤とを含有する第1剤と、(C)酸化剤を含有する第2剤と、(D)アルカリ剤を含有する第3剤とから構成され、使用時に混合調製される染毛剤組成物において、 A first agent containing at least one (B) a base as (A) a coupler selected from resorcinol and 5- (2-hydroxyethylamino) -2-methylphenol, a containing (C) oxidizing agent and two drugs, (D) is composed of a third agent containing an alkali agent, the hair dye composition to be mixed prepared at the time of use,
    前記(B)基剤は、(b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香族アルコールから選択される少なくとも1種を含有してなり、 (B) the base is, (b1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ether, and at least one selected from an aromatic alcohol and also it contains the seeds,
    前記(b1)界面活性剤、多価アルコール、低級アルコール(炭素数4以下)、多価アルコールアルキル(炭素数4以下)エーテル、及び芳香族アルコールのオクタノール/水分配係数[log(P OW )]は、前記(A)カプラーのオクタノール/水分配係数の±3の範囲内であることを特徴とする染毛剤組成物。 Wherein (b1) a surfactant, a polyhydric alcohol, lower alcohols (having 4 or less carbon atoms), a polyhydric alcohol alkyl (having 4 or less carbon atoms) ether, and octanol / water partition coefficient of an aromatic alcohol [log (P OW)] is hair dye composition being in the range of ± 3 of octanol / water partition coefficient of the (a) coupler.
  2. 前記第1剤のpHは8.5以下であることを特徴とする請求項1に記載の染毛剤組成物。 The hair dye composition of claim 1, wherein the pH of the first agent is 8.5 or less.
JP2005193906A 2005-07-01 2005-07-01 Hair dye composition Expired - Fee Related JP4688149B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005193906A JP4688149B2 (en) 2005-07-01 2005-07-01 Hair dye composition

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005193906A JP4688149B2 (en) 2005-07-01 2005-07-01 Hair dye composition

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007008892A true JP2007008892A (en) 2007-01-18
JP4688149B2 true JP4688149B2 (en) 2011-05-25

Family

ID=37747841

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005193906A Expired - Fee Related JP4688149B2 (en) 2005-07-01 2005-07-01 Hair dye composition

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4688149B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2940079B1 (en) * 2008-12-19 2011-02-18 Oreal Composition comprising at least one solid fatty alcohol, dyeing process using the implemented systems
US8202326B2 (en) 2009-01-26 2012-06-19 Hoyu Co., Ltd. Hair dye composition, oxidation hair dye composition and method for prevention of change in color tone of hair dyeing
FR2942595B1 (en) * 2009-02-27 2011-04-22 Oreal Composition comprising an oxidation dye and the 3-phenyl-1-propanol, for dyeing keratin fibers.
CN102791246A (en) * 2009-02-27 2012-11-21 莱雅公司 Composition containing a dye and 3-phenyl-1-propanol and dyeing of keratin fibres
JP5739053B1 (en) * 2014-12-05 2015-06-24 勇人 若林 Hair dyeing method
JP6297527B2 (en) * 2015-08-22 2018-03-20 勇人 若林 Dyeing and permanent-wave treatment method using the hair dye

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06287118A (en) * 1993-04-01 1994-10-11 Seiwa Kasei:Kk Hair dyeing agent
JPH10279452A (en) * 1997-02-10 1998-10-20 Shiseido Co Ltd Oxidative hair dye composition
JP2004123618A (en) * 2002-10-03 2004-04-22 Takara Belmont Co Ltd Hair cosmetic and hair treatment method
JP2004123759A (en) * 2004-01-13 2004-04-22 Kao Corp Hair dye composition

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06287118A (en) * 1993-04-01 1994-10-11 Seiwa Kasei:Kk Hair dyeing agent
JPH10279452A (en) * 1997-02-10 1998-10-20 Shiseido Co Ltd Oxidative hair dye composition
JP2004123618A (en) * 2002-10-03 2004-04-22 Takara Belmont Co Ltd Hair cosmetic and hair treatment method
JP2004123759A (en) * 2004-01-13 2004-04-22 Kao Corp Hair dye composition

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007008892A (en) 2007-01-18 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5021066A (en) Oxidative hair dye composition based on a gel vehicle and a process to dye hair
US5480459A (en) Oxidative hair dye based on a creamlike carrier composition as well as process for the dyeing of hair
US20100162492A1 (en) Ready-to-use composition for oxidation dyeing of keratin fibers comprising at least one fatty substance chosen from fatty amides and fatty acid esters, at least one dye precursor, at least one oxidizing agent and optionally at least one alkaline agent, and methods and kits therewith
US6156076A (en) Two-part hair dye compositions containing polyether polyurethanes and conditioning agents
JP2003081792A (en) Decolorant composition and hair color composition
JP2010248103A (en) Hair dye and dyeing method
JP2003081790A (en) Decolorant composition and hair color compos i t i on
JP2002284655A (en) Foaming type two-agent hair-dyeing composition and aerosol product containing the same
JP2007291016A (en) Hair cosmetic
JP2003073240A (en) Foamy hair dye composition and foamy hair-bleaching agent composition
US20120210520A1 (en) Oxidative Dyeing Compositions Comprising an 1-Hexyl/Heptyl-4,5-diaminopyrazole and a m-Aminophenol and Derivatives Thereof
US7465323B2 (en) High carbonate oxidative dye compositions
JP2003081791A (en) Oxidizer composition, and hair color or hair decolorant
WO2010054981A2 (en) Combination of cationic bleach activators and dyes
WO1991011985A1 (en) Oxidative hair dyeing agent made from a liquid dye carrier substance and composition in emulsion form containing an oxidizing agent, and oxidative hair-dyeing process
US20100162493A1 (en) Composition for oxidation dyeing of keratin fibers comprising at least one fatty substance, at least one oxidation base, at least one dye precursor, at least one oxidizing agent, and optionally at least one alkaline agent, and processes and kits therewith
JP2001097834A (en) Aerosol product filled with hair dye composition
JP2005041820A (en) Hair dyeing composition
JP2002226340A (en) Hair dye composition
JP2008290949A (en) Composition for bleaching or dyeing hair
JP2005255656A (en) Hair dyeing method
EP2198839A1 (en) Composition for the oxidative dyeing of keratinous fibres comprising a fatty material and a 4,5-diamino-pyrazole derivative
FR2940079A1 (en) Composition comprising at least one solid fatty alcohol, dyeing process using the implemented systems
JP2004217672A (en) Hair dye composition
JP2006282524A (en) Hair-treating agent composition

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080219

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100615

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100823

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110201

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110210

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees