JP4667728B2 - 掃引波長計及び波長校正方法 - Google Patents

掃引波長計及び波長校正方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4667728B2
JP4667728B2 JP2003143783A JP2003143783A JP4667728B2 JP 4667728 B2 JP4667728 B2 JP 4667728B2 JP 2003143783 A JP2003143783 A JP 2003143783A JP 2003143783 A JP2003143783 A JP 2003143783A JP 4667728 B2 JP4667728 B2 JP 4667728B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wavelength
calibration
swept
electrical signal
laser
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2003143783A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004004080A (ja
Inventor
ドゥウェイニ・アール・アンダーソン
Original Assignee
ソルラブス、 インコーポレイテッドThorlabs, Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US10/155,383 priority Critical patent/US6985234B2/en
Application filed by ソルラブス、 インコーポレイテッドThorlabs, Inc. filed Critical ソルラブス、 インコーポレイテッドThorlabs, Inc.
Publication of JP2004004080A publication Critical patent/JP2004004080A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4667728B2 publication Critical patent/JP4667728B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01JMEASUREMENT OF INTENSITY, VELOCITY, SPECTRAL CONTENT, POLARISATION, PHASE OR PULSE CHARACTERISTICS OF INFRA-RED, VISIBLE OR ULTRA-VIOLET LIGHT; COLORIMETRY; RADIATION PYROMETRY
    • G01J9/00Measuring optical phase difference; Determining degree of coherence; Measuring optical wavelength
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01JMEASUREMENT OF INTENSITY, VELOCITY, SPECTRAL CONTENT, POLARISATION, PHASE OR PULSE CHARACTERISTICS OF INFRA-RED, VISIBLE OR ULTRA-VIOLET LIGHT; COLORIMETRY; RADIATION PYROMETRY
    • G01J9/00Measuring optical phase difference; Determining degree of coherence; Measuring optical wavelength
    • G01J9/02Measuring optical phase difference; Determining degree of coherence; Measuring optical wavelength by interferometric methods
    • G01J9/0246Measuring optical wavelength
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01JMEASUREMENT OF INTENSITY, VELOCITY, SPECTRAL CONTENT, POLARISATION, PHASE OR PULSE CHARACTERISTICS OF INFRA-RED, VISIBLE OR ULTRA-VIOLET LIGHT; COLORIMETRY; RADIATION PYROMETRY
    • G01J3/00Spectrometry; Spectrophotometry; Monochromators; Measuring colours
    • G01J3/28Investigating the spectrum
    • G01J2003/2866Markers; Calibrating of scan
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01SDEVICES USING THE PROCESS OF LIGHT AMPLIFICATION BY STIMULATED EMISSION OF RADIATION [LASER] TO AMPLIFY OR GENERATE LIGHT; DEVICES USING STIMULATED EMISSION OF ELECTROMAGNETIC RADIATION IN WAVE RANGES OTHER THAN OPTICAL
    • H01S3/00Lasers, i.e. devices using stimulated emission of electromagnetic radiation in the infrared, visible or ultraviolet wave range
    • H01S3/0014Monitoring arrangements not otherwise provided for

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、一般に、掃引レーザ(swept laser)に関し、特に、同調可能なレーザの波長校正と、挿入損失及びリターン・ロスを決定するための正規化された測定とを同時に行う掃引波長計及び波長校正方法に関する。
【0002】
【従来の技術】
光通信ネットワークは、コンポーネント(構成要素)が商業的に利用できるようになるにしたがって、実質的に益々複雑になってきている。これらコンポーネントの多くは、分布帰還型(distributed feedback: DFB)レーザ及びエルビウム・ドープト・ファイバ増幅器(erbium-doped fiber amplifier: EDFA)の如き能動要素である。他のコンポーネントは、マルチプレクサ/ディマルチプレクサ及びファイバ・ブラッグ・グレーティング(fiber Bragg grating: FBG:ファイバのコア部の屈折率を周期的に変化させたもの)の如き受動要素である。しばしば、これら受動コンポーネントで最も関心のある特性は、スペクトル伝送及び/又は反射である。
【0003】
受動光学コンポーネントのスペクトル特性を測定するために、この業界は、2つの異なる技術を制定した。これら技術の一方は、ブロードバンド(スペクトル的に明るい)ソース(光源)を用いて、そのコンポーネントの入力端を照明し、伝送されたか又は反射された光のスペクトル内容を光スペクトラム・アナライザ(OSA)を用いて測定する。他の技術は、同調可能なレーザ(掃引レーザ)を受動コンポーネントへの入力として用い、この受動コンポーネントの出力端にパワー・メータの如きブロードバンド検出器を用いる。波長計による測定によりレーザの波長変化を検出すると、パワー・メータは、輝度の差を記録して、このコンポーネントの波長依存伝送又は反射を測定する。
【0004】
これら2つの技術では、同調可能なレーザは、最良のスペクトル分解能及びダイナミック・レンジを提供する。この理由により、同調可能なレーザによる方法は、問題が残るが、最もうまくいく方法であると広く信じられている。最も重要な問題の1つは、同調可能なレーザの波長校正を迅速に且つ精度良く行えるかということである。この試験の最も一般的な構成は、同調可能なレーザと、マイケルソン干渉計による標準波長計とを有する。この試験手順では、レーザの波長を増加させて、停止させる。レーザの波長レンジ内における各波長ステップに対して、パワー・メータが光パワーを読み取り、波長計がその光の波長を測定し、このプロセスを繰り返す。
【0005】
この手順の本質的な課題は、波長計による波長測定に必要な時間である。典型的なマイケルソン干渉計は、正確な波長を測定するために、数千もの縞(光干渉による縞)を必要とする。取込みのために、多くのフリンジを走査するには、50ミリ秒以上の時間がかかる。また、波長計は、これら縞の高速フーリエ変換(FFT)を行い、波長を計算しなければならない。この処理には、例えば、更に50ミリ秒もかかる。この場合、同調可能なレーザの波長を測定するのに、約0.1秒がかかる。
【0006】
受動コンポーネントのスペクトル特性を2ナノメートル(2,000ピコメートル)のレンジにわたって試験し、波長に2ピコメートル・ステップで指標が付けられている場合、レーザは1000倍でステップし、波長校正を行うために各ステップに0.1秒が必要となる。総合試験時間は、約100秒、即ち、1.67分である。1ピコメートルの分解能による走査は、時間を2倍にする。また、この走査が20ナノメートルのレンジにまで延びると、その時間は、更に10倍も長くなる。100ナノメートル・レンジの走査は、2.78時間も必要とする。数百又は数千ものかかる受動コンポーネントを試験する結果、テスト・ステーションが生産効率を制限するボトルネックとなってしまう。使用期間中の最初にレーザを校正した後に、再校正の前のしばらくの間、波長計を用いることなく、レーザを掃引する。この結果、確度は、各掃引の前に校正するほどではない。しかし、これは、校正に必要な時間と、結果の所望確度との妥協である。
【0007】
さらに、挿入損失及びリターン・ロスを決定するための正規化された測定(正規化測定)を行うには、別の試験装置及びモジュールから前方(forward)及び反射の測定を行う必要があった。これは、ユーザにとって、不便であった。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】
よって、同調可能なレーザ用の正確な波長校正を行うと同時に、挿入損失及びリターン・ロスを決定するための正規化測定を通常の試験設定の一部として自動的に行える掃引波長計が必要とされている。
【0009】
したがって、本発明は、同調可能なレーザ用の正確な波長校正を行うと同時に、挿入及びリターン・ロス決定用の正規化測定を通常の試験設定の一部として自動的に行える掃引波長計及び波長校正方法を提供するものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】
本発明は、掃引レーザ用の実時間波長校正装置を有する掃引波長計であって;所定の光波長範囲にわたる掃引レーザ(12)用の光波長と循環的な電気信号を、この電気信号の各点に対応する波長が正確に既知であるように、掃引レーザの掃引光出力から発生する手段(17)と;既知のスペクトル吸収線を用いて、掃引光出力から、電気信号用の校正基準を与える手段(28、30)とを具えている。
また、本発明は、掃引レーザ用に実時間波長校正を行う方法であって;所定の光波長範囲にわたる掃引レーザ用の光波長と循環的な電気信号を、この電気信号の各点に対応する波長が正確に既知であるように、掃引レーザの掃引光出力から発生し;既知のスペクトル吸収線を用いて、掃引光出力から、電気信号用の校正基準を与えることを特徴とする。
【0011】
本発明は、同調可能な掃引レーザの波長校正を略実時間で行える掃引波長計を提供するものであって、掃引光出力の波長と循環的な電気信号、即ち、この波長の変動と同方向に敏感に変動する電気信号をこの掃引光出力から発生し(17)、所定レンジの波長内で既知の吸収線(エネルギーが媒体を透過する際に吸収される波長又は周波数の微少な範囲)を用いて電気信号を校正する(28、30)。掃引レーザを校正する1つの方法(図2)は、掃引光出力を偏光器(18)に入力する。この偏光器は、ファイバ(20)の高複屈折部分の一端に結合しており、この複屈折部分の固定モードに対して45度の方向を向いている。この高複屈折ファイバの他端は、偏光ビーム・スプリッタ(22)に結合している。この偏光ビーム・スプリッタは、直交偏光モードを分離する。このビーム・スプリッタからの出力を検出(24、26)し、その電気的出力を合成して、循環的電気信号を形成する。この循環的電気信号を発生する他の方法(図3)は、1対の不揃いの長さの経路(21、23)を有する不平衡干渉計に掃引光出力を入力する。これら2つの経路からの出力は、結合器を介して、光受信器(27)に入力され、循環的電気信号を得る。いずれの方法でも、循環的電気信号の任意の点は、その点における掃引光出力の波長に正確に対応する。基準手段では、平衡経路において、波長の所定レンジ内の既知のスペクトル吸収線を有するガスを含むガス吸収セル(28)は、掃引光出力を受ける。スペクトル線が検出器(30)により検出されて、既知の波長で循環的電気信号に対する校正基準を発生する。既知の複数スペクトル線の間の位相差と、所望点に対する既知の第1スペクトル線の間の位相差とに基づいて、既知の複数の校正基準の間を補間して、循環的電気信号における他の点を校正する。
【0012】
さらに、掃引波長計は、挿入損及びリターン・ロスを決定するための前方正規化測定を自動的且つ同時に行う追加的な検出器及び結合器を含んでいる。
【0013】
本発明の目的、利点及び新規な特徴は、添付図を参照した以下の詳細説明から更に明らかになろう。
【0014】
【発明の実施の形態】
図1は、本発明による掃引レーザ用波長校正装置のブロック図である。同調可能な掃引レーザ12は、掃引光出力を第1結合器(カプラー)14に供給する。
この第1結合器14は、掃引光出力を正面パネル・コネクタ及び第2結合器16に供給する。第2結合器16は、掃引光出力を光電気信号変換器17に供給する。この光電気信号変換器17にて、掃引光出力は、ほぼ正弦波の循環的な電気信号に変換される。光電気信号変換器17の一例を図2に示す。結合器16からの掃引光出力は、偏光器18を介して高複屈折(highly birefringent: HiBi)ファイバ20の一部に入力する。このファイバ20は、偏光状態を維持するように設計されている。偏光器18は、HiBiファイバ20の固有モードに対して、即ち、偏光軸に対して45度になるように向けられている。HiBiファイバ20の他端には、偏光ビーム・スプリッタ22が設けられ、この偏光ビーム・スプリッタ22は、HiBiファイバの偏光軸に対して45度の方向になっている。HiBiファイバ20は、入力偏光器18及び出力偏光ビーム・スプリッタ22と結合している。この出力偏光ビーム・スプリッタ22に結合した2個の検出器24及び26は、スプリッタ22からの出力を受けて、電気信号を発生する。この電気信号は、HiBiファイバの長さに応じて、光信号の波長と循環的に変化し、即ち、この波長の変化と同方向に密接に変化し、その周期は約100ピコメートルである。
【0015】
より簡単で、より安定し、ノイズの少ない光電気信号変換器17を実現する他の方法は、図3に示すように、結合器16からの掃引光信号を干渉計19に入力することである。干渉計19は、不揃いの長さの、即ち不平衡の1対の経路21及び23を有し、自由スペクトル・レンジ(free spectral range: FSR)は、例えば、約80ピコ・メートルである。干渉計19からの光信号出力は、光受信器27に入力する。光受信器27の出力は、電気信号であり、経路21、23の長さの差に応じて、100ピコメートルのオーダの周期の波長が循環的に変化する。
【0016】
再び図1を参照する。ガス吸収セル28も第2結合器16からの掃引光出力を受けて、他の検出器30への出力を発生する。この検出器30は、光電気信号変換器17が発生した循環電気信号用の校正基準を与える。これらにより、同調可能なレーザ(掃引レーザ)12の掃引光出力の波長を正確且つほぼ実時間で、ピコメートルの精度での校正が可能になる。なお、ガス吸収セル28及び検出器30が基準手段を構成する。
【0017】
この校正のアプローチは、次の2つである。
(1)エンコーダが波長に拘束されるのと同様に、掃引光信号の波数(波長の逆数)と循環的な電気信号を掃引光信号から発生する。
(2)ガス吸収セル28からの既知のスペクトル吸収線を用いて、循環的電気信号を校正する。
【0018】
図2に示すように、波長の変化に応じて、偏光コンポーネント18、22及びHiBiファイバ20がどのように循環的電気信号を発生するかを理解するために、光学システムを表すジョーンズ・マトリクス(Jones matrix)を考察する。偏光器18を通過した後に、HiBiファイバ20に入力する光に対するジョーンズ・マトリクスは、次のようになる。
|E|
| |
|0|
HiBiファイバ20のジョーンズ・マトリクスは、次のようになる。
【数1】
なお、λは、光の波長であり、φ'(λ)は、HiBiファイバ20における速い軸(fast axis)と遅い軸(slow axis)との間の総合位相遅延の半分であり、θは、偏光の入力状態とHiBiファイバの速い軸との間の角度である。また、SQRTは、二乗の平方根を意味し、*は、乗算を意味する。
【0019】
偏光ビーム・スプリッタ22のジョーンズ・マトリクスは、一方の出力に対して
|10|
| |
|00|
となり、他方の出力に対して
|00|
| |
|01|
となる。上述の式を組み合わせると、偏光ビーム・スプリッタ22の第1脚部(leg)における電界Eout(λ)は、次式のようになる。
【数2】
この式を拡張し、その複素共役と乗算し、θ=45度に設定し、その結果を簡略化すると、次のようになる。
Pout1= E2cos(φ'(λ))2
同様に、偏光ビーム・スプリッタ22からの第2出力は、次式のようになる。
【数3】
また、
Pout2= E2sin(φ'(λ))2
となる。
【0020】
これら2つの出力式の和は、1に等しく、ここでの仮定が、損失のない理想的な光学コンポーネントであることを示している。検出器24、26は、二乗検波器であるので、その電流は、光パワーに比例する。複合信号Sigは、検出器の電流を引いたものを、それらの和で除算して求まる。すなわち、
Sig = (Pout1 - Pout2) / (Pout1 + Pout2)
= (E2cos(φ'(λ))2 - E2sin(φ'(λ))2 )/ (E2cos(φ'(λ))2 + E2sin(φ'(λ))2)
= 2cos(φ'(λ))2 -1
この出力信号は、正規化されて、+1及び−1の間で正弦波的に変化する値を有するので、これは、望ましい状態を表す。HiBiファイバ20の速い軸及び遅い軸の間の位相遅延φ(λ)は、次のようになる。
φ(λ) = 2πLΔn/λ
なお、Lは、ファイバの物理的な長さであり、Δnは、速い軸のインデックス(屈折率)と遅い軸のインデックスとの間の差であり、λは、真空中の光の波長である。φ'(λ)=0.5φ(λ)であり、波数kをk=2π/λのように定義して、式Sigを置換すると次のようになる。
Sig = 2cos(LkΔn/2)2 - 1
波数の関数として描くと、複合出力信号は、周期K=2π/LΔnの正弦波となる。
【0021】
図4は、長さが50メートルで、ファイバの速い軸と遅い軸とのインデックスの差が0.000388であるHiBiファイバ20の一片における複合信号32を示す。この校正に対する自由スペクトル・レンジ(FSR)は、大雑把に3.239cm-1であり、1,550ナノメートルの波長にて約0.124ナノメートルである。100ナノメートルにわたってレーザを走査する際、約800サイクルとなる。図3に示す干渉計19を用いて、比較可能な信号を光受信器27から発生する。
【0022】
同様に、図3の干渉計19において、2個の経路21、23の間の位相差φは、約φ=2πLn/λとなる。なお、Lは、これらの長い経路及び短い経路の長さの差である。干渉計19からの出力Sigは、
Sig=A0 2cos2(πLn/λ)
であり、A0は、干渉計への信号入力である。したがって、波数の関数(1/λ)としての干渉計19の出力は、簡単な二乗正弦波の関数である。
【0023】
ファイバ20の正確な長さと、複数の固有モードの間のインデックスの差とを知ることにより、又は、干渉計19の2つの経路21、23の長さの差を知ることにより、波形の単一の点のみを校正する必要があり、その後、サイクルを計数することにより、他の任意の波長を校正できる。しかし、ファイバ20の長さ、又は、経路21、23の長さは、環境条件、主に温度により変化し、Δnは、環境条件と波長とにより変化する。これら変化は、他の条件では大きく変化しないかもしれないが、ナノメートル確度で校正する際に、これらの影響を無視できない。
【0024】
これは、第2結合器16の第2脚部が入ってきた場合である。この第2脚部は、例えば、アセチレン又はシアン化水素を含んだガス吸収セル28を有する。これらガスは、1550ナノメートルの光波長付近で多くの吸収線を有し、電気通信に用いるソースの校正に理想的である。図5は、図4の循環波形32の校正に、吸収スペクトル34をどのように用いるかを示す。この例の場合、点で示すサンプル36の波長を求める。
【0025】
掃引レーザ12が走査を行う(波長を順次変化させる)場合、レーザの位置を相関させるいくつかの種類の指針がある。この指針は、掃引レーザ12にて回折格子を回転させるのに用いるステップ・モータからのステップでもよい。図5の水平軸は、掃引レーザ12における内側からの信号を表す。この信号が変化すると、できるだけ線形が望ましいにもかかわらず、レーザの波長が未知の方法で変化する。波長の変化の結果、光電気信号変換器17からの循環波形32がほぼ正弦波的に変化すると共に、ガス吸収セル28における吸収に応じて光パワーも変化する。吸収線34は、既知の波長にあるが、これらは、水平軸に沿った座標により循環波形32と関連するので、これらを用いて循環波形32の校正ができる。なお、図5において、複数の吸収線を太い縦線で示す。
【0026】
k1known及びk2knownが吸収スペクトル34の位置から求まる2つの既知の波数を表すと仮定する。また、Δφ1が循環波形32により求まる2つの既知の波数の間の位相と仮定する。図5の例の場合、最も左側の吸収線34の波長が1531.588ナノメートルであり、右側の次の吸収線の波長が1530.976ナノメートルであり、これらは、アセチレンのP(11)及びP(10)ラインに対応する。循環波形32を試験することにより、2個の校正波長の間隔は、11.19サイクルであることが判る。Δφ2を、吸収線スペクトル34からの既知の第1波数と、所望の未知の波数との間の位相差に定義すると、サンプル36の場所における波数kunknownが次のように求まる。
kunknown = k1known + Δφ2((k2known - k1known)/Δφ1)
図5の位相差から読み取って、k1known =41023.991cm-1、k2known =41040.391cm-1、Δφ1=11.19*2π及びΔφ2=5.14*2πの場合、サンプル36の未知の波数は、41031.524cm-1となり、これは、1531.307ナノメートルである。このアルゴリズムを用いると、循環波形32の総ての点(サンプル)の波数及び波長を計算することができる。これは、同調可能なレーザ12の掃引における総てのステップでの波長を計算できることを意味する。
【0027】
校正エラーを見積もるために、複数の既知の波数の間の差を高確度で、典型的には、1ピコメートルのエラー未満で求める。これは、未知の波数の校正によるエラーは、校正に用いる吸収線34と、位相を測定する際の不確実さとの間の隔たりに応じて決まることを意味する。位相を高確度で測定する技術が存在し、アセチレン及びシアン化水素のセルにおける吸収線34の間の間隔は、0.5ナノメートルのオーダである。よって、既存のアルゴリズムは、絶対的な校正エラーの可能性を1ピコメートルのオーダに維持できる。このアルゴリズムは、吸収線34の間を補間した場合が最も正確であるが、外挿の場合も、外挿された波数に対して、又は、掃引を行うのに必要な期間中、電気信号の循環特性が大きく変化しなければ、合理的な精度(確度)である。
【0028】
適切な精度は、検出器24、26、30及び受信器27の回路における信号対ノイズ比(SNR)を適切に維持しながら、掃引レーザ12をできるだけ速く掃引することにより決まる。掃引レーザ12及びこれら検出器24、26、30の間の光損失は、10dB以下のオーダで比較的小さくなければならない。これは、レーザ出力が1dBmならば、検出器において−10dBmでなければならないことを意味する。ピコメートル毎にサンプリングする間、0.1秒内で10ナノメートルを走査するには、大雑把に、0.1秒内の10,000個のサンプル、即ち、1秒当たり10万個のサンプルを集める必要がある。よって、受信器回路の帯域幅は、100kHzのオーダでなければならない。良好に設計された受信器/検出器のフロント・エンドは、ノイズ等化パワーが−80dBmで、数百KHzの帯域幅であり、SNRは、約70dBでなければならない。これは、レーザ12を高速に同調できると仮定して、1秒で最も広いスペクトルを走査できるとすれば、総ての精密な位相測定に対して適切以上となる。
【0029】
波形を取り込んで、これらを校正する。しかし、これは、1回の処理であり、上述の如く、比較的簡単であり、直接的なアルゴリズムである。合理的な能力のあるデジタル信号プロセッサ(DSP)による校正には、たぶん数秒で充分である。よって、1ピコメートルの分解能及びピコメートルの確度による30ナノメートルの走査の全時間は、4又は5秒未満に完了できる。これは、マイケルソン干渉計により同調可能なレーザを校正するのに要する時間に対して、大幅な改善である。
【0030】
図6は、掃引波長計の全体を示す。同調可能なレーザ12からの光は、第1結合器14を通過する。この結合器14は、光を90対10に分ける。この90%が正面パネル・コネクタを介して被試験装置(DUT)に伝送される。第1結合器14からの光の10%の部分は、2個の連続した50対50結合器33及び16を通過する。第3結合器16からの光は、上述のように、ガス吸収セル28及び検出器(D2)30の組合せにより処理されると共に、干渉計19及び光受信器(D3)27の組合せにより処理されて、波長校正が行われる。第2結合器33からの光の50%は、前方(forward)検出器(D1)35に結合されると同時に前方光エネルギーを測定する。同様に、DUT又は正面パネル・コネクタからの反射光は、第1結合器14に戻ると共に、反射検出器(D4)37に供給されて、反射光のエネルギーが同時に測定される。前方検出器(D1)35からの前方光エネルギーを、DUTの挿入損及びリターン・ロスを決定するための正規化された測定に用いる。
【0031】
挿入損失を決定する際、掃引光出力をDUTに入力して、DUTの出力端にて、適切な光パワー・メータにより測定する。この挿入損失は、前方光パワー測定により求めるように、DUTからの測定出力パワー(DUT_Output_Optical_Power)と、伝送された掃引光出力(Forward_Optical_Power)との比から計算する。すなわち、
I.L.=10*log(DUT_Output_Optical_Power/(Forward_Optical_Power))
となる。ここで、Forward_Optical_Powerは、K*D1(フォトダイオード電流)である。同様に、DUTのリターン・ロスは、反射検出器(D4)37での反射光パワーと、前方光パワー測定との比から計算する。
【0032】
【発明の効果】
よって、本発明による掃引波長計は、掃引レーザ用の実時間波長校正器を有する。これは、掃引レーザの波長により循環的に変化する電気波形を形成し、既知の吸収スペクトル線により循環電気波形を校正するので、既知の吸収スペクトル線の間を内挿するか、又は外挿して、その循環波形の点をその波長として正確に求めることができる。また、本発明は、被測定装置の挿入損失及びリターン・ロスを求める際に用いる正規化測定と同時に前方掃引光出力を測定できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明により正確に波長校正を行う掃引波長計の一部のブロック図である。
【図2】本発明により、掃引レーザ波長と循環的な電気信号を発生する偏光維持ファイバのループを示すブロック図である。
【図3】本発明により、掃引レーザ波長と循環的な電気信号を発生する干渉計のブロック図である。
【図4】本発明による循環電気信号発生器からの正弦波出力を示す図である。
【図5】本発明により、既知の吸収スペクトル線と重ね合わさった正弦波出力を示す図である。
【図6】本発明により、波長校正と同時に前方及び反射測定を行う掃引波長計を示す図である。
【符号の説明】
12 掃引レーザ(同調可能なレーザ)
14 第1結合器
16 第2結合器
17 光電気信号変換器
18 偏光器
20 ファイバ
21 経路
23 経路
24 検出器
26 検出器
27 光受信器
28 ガス吸収セル
30 検出器
32 複合信号(循環波形)
33 結合器
34 吸収スペクトル(吸収線)
35 前方検出器
36 サンプル
37 反射検出器

Claims (20)

  1. 掃引レーザ用の実時間波長校正装置を有する掃引波長計であって、
    所定の光波長範囲にわたる上記掃引レーザ用の光波長に対して循環波形である電気信号を上記掃引レーザの掃引光出力から発生する手段と、
    上記掃引光出力からの所定の光波長範囲内における既知のスペクトル吸収線を用いて、上記電気信号用の校正基準を与える手段と、
    上記掃引光出力からの前方エネルギーの正規化測定を前記校正基準を与えることと同時に行う手段であって、前記校正基準を用いて上記掃引レーザの掃引におけるすべてのステップでの波長を計算する手段
    を具えた掃引波長計。
  2. 上記発生する手段は、
    2つ不揃いの長さの光路を有し、上記掃引レーザからの掃引光出力を入力する不平衡干渉計と、
    上記不平衡干渉計からの光出力を上記循環的な電気信号に変換する手段と
    を具えた請求項1記載の掃引波長計。
  3. 上記発生する手段は、
    上記掃引レーザからの掃引光出力を入力とする偏光器と、
    一端が上記偏光器の出力に結合したファイバの高複屈折部分であって、上記偏光器は上記ファイバの固定モードに対して45度の方向を向いているファイバの高複屈折部分と、
    上記ファイバの高複屈折部分の他端に、上記ファイバの固定モードに対して45度の方向を向いて結合した偏光ビーム・スプリッタと、
    1組の検出器であって、各検出器は上記偏光ビーム・スプリッタの各出力に結合し、各出力電気信号を生成し、これらの合成が上記電気信号である1組の検出器と
    を具えた請求項1記載の掃引波長計。
  4. 上記与える手段は、
    波長の所定レンジ内で既知のスペクトル吸収線を有するガスを含み、上記掃引レーザからの掃引光出力を受けるように結合された出力を有するガス検出器と、
    上記既知のスペクトル吸収線を上記ガス吸収セルから上記校正基準に変換する検出器と
    を具えた請求項1,2,3のいずれかに記載の掃引波長計。
  5. 上記ガス吸収セルに含まれるガスは、1550ナノメートルの公称波長を有する上記掃引レーザのためにアセチレン及びシアン化水素からなるグループから選ばれた物質を有することを特徴とする請求項4記載の掃引波長計。
  6. 上記各出力電気信号の合成は、上記電気信号として上記各出力電気信号の差を有することを特徴とする請求項4記載の掃引波長計。
  7. 上記電気信号を上記既知のスペクトル吸収線を用いて波長に関して校正する手段をさらに有することを特徴とする請求項4記載の掃引波長計。
  8. 上記校正手段は、上記電気信号の校正のため上記既知のスペクトル吸収線間を内挿する手段を有することを特徴とする請求項7記載の掃引波長計。
  9. 上記校正手段は、上記電気信号の校正のため上記既知のスペクトル吸収線から外挿する手段をさらに有することを特徴とする請求項7記載の掃引波長計。
  10. 掃引レーザ用の実時間波長校正を行う方法であって、
    所定の光波長範囲にわたる上記掃引レーザ用の光波長に対して循環波形である電気信号を上記掃引レーザの掃引光出力から発生するステップと、
    上記掃引光出力からの所定の光波長範囲内における既知のスペクトル吸収線を用いて、上記電気信号用の校正基準を与えるステップと、
    上記掃引光出力からの前方エネルギーの正規化測定を前記校正基準を与えることと同時に行うステップであって、前記校正基準を用いて上記掃引レーザの掃引におけるすべてのステップでの波長を計算するステップ
    を有することを特徴とする波長校正方法。
  11. 上記発生するステップは、
    上記掃引光信号を不平衡干渉計の2つの不揃いの長さの平行な光路を介して伝送するステップと、
    上記不平衡干渉計の出力を上記循環的な電気信号に変換するステップと
    を有することを特徴とする請求項10記載の波長校正方法。
  12. 上記発生するステップは、
    上記掃引光出力を干渉計に入力するステップと、
    ファイバの高複屈折部分の一端を上記偏光器の出力に、上記偏光器が上記ファイバの固定モードに対して45度の方向を向いているように結合するステップと、
    偏光ビーム・スプリッタを上記ファイバの高複屈折部分の他端に、この偏光ビーム・スプリッタが上記ファイバの固定モードに対して45度の方向を向いて結合し、1対の出力を有するように結合するステップと
    上記偏光ビーム・スプリッタの1対の出力からこの1対の出力の合成として上記電気信号を導出するステップと
    を有することを特徴とする請求項10記載の波長校正方法。
  13. 上記与えるステップは、
    上記掃引光出力を、波長の所定レンジ内で既知のスペクトル吸収線を有する物質を含むガス検出器に入力するステップと、
    上記ガス吸収セルの出力から既知のスペクトル吸収線を上記校正基準として検出するステップと
    を有することを特徴とする請求項10,11,12のいずれかに記載の波長校正方法。
  14. 上記物質は、1550ナノメートルの公称波長を有する同調可能レーザのためにアセチレン及びシアン化水素からなるグループから選ばれたガスを有することを特徴とする請求項13記載の波長校正方法
  15. 上記導出するステップは、上記偏光ビーム・スプリッタからの1対の出力の差をとって上記合成を上記電気信号として形成するステップを有することを特徴とする請求項13記載の波長校正方法。
  16. 上記電気信号を上記校正基準を用いて波長に関して校正するステップをさらに有することを特徴とする請求項13記載の波長校正方法。
  17. 上記校正するステップは、上記電気信号の校正のため上記校正基準の既知のスペクトル吸収線間を内挿するステップを有することを特徴とする請求項16記載の波長校正方法。
  18. 上記校正するステップは、上記電気信号の校正のため上記構成基準の既知のスペクトル吸収線から外挿するステップをさらに有することを特徴とする請求項17記載の波長校正方法
  19. 上記掃引光出力に応じて反射エネルギーの測定を同時に行うステップをさらに有することを特徴とする請求項1記載の掃引波長計。
  20. 上記掃引光出力に応じて反射エネルギーの測定を同時に行うステップをさらに有することを特徴とする請求項10記載の波長校正方法。
JP2003143783A 2001-01-30 2003-05-21 掃引波長計及び波長校正方法 Active JP4667728B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10/155,383 US6985234B2 (en) 2001-01-30 2002-05-24 Swept wavelength meter

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004004080A JP2004004080A (ja) 2004-01-08
JP4667728B2 true JP4667728B2 (ja) 2011-04-13

Family

ID=29400577

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003143783A Active JP4667728B2 (ja) 2001-01-30 2003-05-21 掃引波長計及び波長校正方法

Country Status (5)

Country Link
US (1) US6985234B2 (ja)
EP (1) EP1365218B1 (ja)
JP (1) JP4667728B2 (ja)
CN (1) CN100401030C (ja)
DE (1) DE60324499D1 (ja)

Families Citing this family (57)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6570894B2 (en) * 2001-01-30 2003-05-27 Tektronix, Inc. Real-time wavelength calibration for swept lasers
DE60100085T2 (de) 2001-04-12 2003-05-28 Agilent Technologies Inc Vorrichtung zur Kalibrierung von Wellenlängenmesseinrichtungen
US6744495B2 (en) * 2002-08-22 2004-06-01 Hon Hai Precision Ind. Co., Ltd. WDM measurement system
US20040264981A1 (en) * 2003-06-25 2004-12-30 Tyco Telecommunications (Us) Inc. Wavelength monitoring and control system
US20060088068A1 (en) * 2004-10-13 2006-04-27 Intune Technologies Low noise swept wavelength laser system and method
JP4753137B2 (ja) * 2005-11-29 2011-08-24 独立行政法人情報通信研究機構 光強度測定器のキャリブレーション方法及び装置
US10292677B2 (en) 2013-03-14 2019-05-21 Volcano Corporation Endoluminal filter having enhanced echogenic properties
US9867530B2 (en) 2006-08-14 2018-01-16 Volcano Corporation Telescopic side port catheter device with imaging system and method for accessing side branch occlusions
US8347373B2 (en) 2007-05-08 2013-01-01 Fortinet, Inc. Content filtering of remote file-system access protocols
JP5524835B2 (ja) 2007-07-12 2014-06-18 ヴォルカノ コーポレイションVolcano Corporation 生体内撮像用カテーテル
US10219780B2 (en) 2007-07-12 2019-03-05 Volcano Corporation OCT-IVUS catheter for concurrent luminal imaging
US9596993B2 (en) 2007-07-12 2017-03-21 Volcano Corporation Automatic calibration systems and methods of use
US8395781B2 (en) 2007-07-12 2013-03-12 Volcano Corporation Automatic calibration systems and methods of use
WO2009009801A1 (en) * 2007-07-12 2009-01-15 Volcano Corporation Apparatus and methods for uniform frequency sample clocking
EP2245433A4 (en) * 2008-02-21 2011-05-18 Luna Innovations Inc HIGH WAVE LENGTH PRECISION MEASUREMENT AND CONTROL OF TUNABLE LASER
DE102008045634A1 (de) 2008-09-03 2010-03-04 Ludwig-Maximilians-Universität München Wellenlängenabstimmbare Lichtquelle
JP5079755B2 (ja) * 2009-08-06 2012-11-21 国立大学法人 筑波大学 光コヒーレンストモグラフィーの構成機器の較正方法
US8582619B2 (en) 2011-03-15 2013-11-12 Lightlab Imaging, Inc. Methods, systems, and devices for timing control in electromagnetic radiation sources
US9164240B2 (en) 2011-03-31 2015-10-20 Lightlab Imaging, Inc. Optical buffering methods, apparatus, and systems for increasing the repetition rate of tunable light sources
WO2013033592A1 (en) 2011-08-31 2013-03-07 Volcano Corporation Optical-electrical rotary joint and methods of use
US9286673B2 (en) 2012-10-05 2016-03-15 Volcano Corporation Systems for correcting distortions in a medical image and methods of use thereof
US9307926B2 (en) 2012-10-05 2016-04-12 Volcano Corporation Automatic stent detection
US10070827B2 (en) 2012-10-05 2018-09-11 Volcano Corporation Automatic image playback
US9367965B2 (en) 2012-10-05 2016-06-14 Volcano Corporation Systems and methods for generating images of tissue
US9324141B2 (en) 2012-10-05 2016-04-26 Volcano Corporation Removal of A-scan streaking artifact
US9858668B2 (en) 2012-10-05 2018-01-02 Volcano Corporation Guidewire artifact removal in images
US10568586B2 (en) 2012-10-05 2020-02-25 Volcano Corporation Systems for indicating parameters in an imaging data set and methods of use
US9292918B2 (en) 2012-10-05 2016-03-22 Volcano Corporation Methods and systems for transforming luminal images
WO2014055880A2 (en) 2012-10-05 2014-04-10 David Welford Systems and methods for amplifying light
US9840734B2 (en) 2012-10-22 2017-12-12 Raindance Technologies, Inc. Methods for analyzing DNA
CA2894403A1 (en) 2012-12-13 2014-06-19 Volcano Corporation Devices, systems, and methods for targeted cannulation
EP2934310A4 (en) 2012-12-20 2016-10-12 Nathaniel J Kemp RECONFIGURABLE OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY SYSTEM BETWEEN DIFFERENT IMAGING MODES
US10939826B2 (en) 2012-12-20 2021-03-09 Philips Image Guided Therapy Corporation Aspirating and removing biological material
US10942022B2 (en) 2012-12-20 2021-03-09 Philips Image Guided Therapy Corporation Manual calibration of imaging system
WO2014113188A2 (en) 2012-12-20 2014-07-24 Jeremy Stigall Locating intravascular images
WO2014099899A1 (en) 2012-12-20 2014-06-26 Jeremy Stigall Smooth transition catheters
US10058284B2 (en) 2012-12-21 2018-08-28 Volcano Corporation Simultaneous imaging, monitoring, and therapy
JP2016508757A (ja) 2012-12-21 2016-03-24 ジェイソン スペンサー, 医療データのグラフィカル処理のためのシステムおよび方法
JP2016508233A (ja) 2012-12-21 2016-03-17 ナサニエル ジェイ. ケンプ, 光学スイッチを用いた電力効率のよい光学バッファリング
JP2016502884A (ja) 2012-12-21 2016-02-01 ダグラス メイヤー, 延在カテーテル本体テレスコープを有する回転可能超音波撮像カテーテル
WO2014100530A1 (en) 2012-12-21 2014-06-26 Whiseant Chester System and method for catheter steering and operation
JP2016507892A (ja) 2012-12-21 2016-03-10 デイビッド ウェルフォード, 光の波長放出を狭幅化するためのシステムおよび方法
CA2895940A1 (en) 2012-12-21 2014-06-26 Andrew Hancock System and method for multipath processing of image signals
US9612105B2 (en) 2012-12-21 2017-04-04 Volcano Corporation Polarization sensitive optical coherence tomography system
US9486143B2 (en) 2012-12-21 2016-11-08 Volcano Corporation Intravascular forward imaging device
JP2016501625A (ja) 2012-12-21 2016-01-21 ジェローム マイ, 可変線密度での超音波撮像
US10226597B2 (en) 2013-03-07 2019-03-12 Volcano Corporation Guidewire with centering mechanism
WO2014138555A1 (en) 2013-03-07 2014-09-12 Bernhard Sturm Multimodal segmentation in intravascular images
CN105228518B (zh) 2013-03-12 2018-10-09 火山公司 用于诊断冠状微脉管疾病的系统和方法
WO2014159819A1 (en) 2013-03-13 2014-10-02 Jinhyoung Park System and methods for producing an image from a rotational intravascular ultrasound device
US9301687B2 (en) 2013-03-13 2016-04-05 Volcano Corporation System and method for OCT depth calibration
US10219887B2 (en) 2013-03-14 2019-03-05 Volcano Corporation Filters with echogenic characteristics
US20160030151A1 (en) 2013-03-14 2016-02-04 Volcano Corporation Filters with echogenic characteristics
US9851249B2 (en) * 2015-02-23 2017-12-26 Micron Optics, Inc. Method for enabling system operation based on a spectral fingerprint
US10578494B1 (en) * 2017-02-10 2020-03-03 Lockheed Martin Coherent Technologies, Inc. Compact wavelength meter and laser output measurement device
CN108562237B (zh) * 2018-01-04 2020-02-18 大连理工大学 一种采用hcn气室在光频域反射传感系统中进行光谱校准的装置和方法
CN110470456A (zh) * 2019-08-16 2019-11-19 中国信息通信研究院 一种光插回损校准装置和测试方法

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02128126A (en) * 1988-11-08 1990-05-16 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Light frequency encoder
JPH0319933U (ja) * 1989-03-30 1991-02-27
JPH0359428A (en) * 1989-07-28 1991-03-14 Fujitsu Ltd Method and device for measuring frequency modulation characteristic of semiconductor laser
JPH1164158A (ja) * 1997-08-13 1999-03-05 Sumitomo Electric Ind Ltd 波長フィルタの測定装置及び測定方法
JPH11204856A (ja) * 1998-01-19 1999-07-30 Komatsu Ltd 波長検出制御装置

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4542523A (en) * 1982-05-17 1985-09-17 Polaroid Corporation Radiographic intensifying screen manipulator
US4595292A (en) 1983-07-29 1986-06-17 The Perkin-Elmer Corporation Apparatus for detecting coherent radiation and unequal path interferometers
US4823354A (en) * 1987-12-15 1989-04-18 Lumonics Inc. Excimer lasers
JPH08304084A (ja) 1995-05-09 1996-11-22 Hitachi Cable Ltd 光ファイバジャイロ
US5780843A (en) 1996-07-16 1998-07-14 Universite Laval Absolute optical frequency calibrator for a variable frequency optical source
GB9701627D0 (en) * 1997-01-27 1997-03-19 Plessey Telecomm Wavelength manager
NO307357B1 (no) * 1997-02-14 2000-03-20 Optoplan As Anordning for maling av optiske bolgelengder
US5896193A (en) 1997-02-14 1999-04-20 Jds Fitel Inc. Apparatus for testing an optical component
JP3608366B2 (ja) 1998-01-30 2005-01-12 安藤電気株式会社 波長可変光源装置
US6542523B1 (en) 1998-01-30 2003-04-01 Ando Electric Co., Ltd. Wavelength-variable light source apparatus
EP1099943B1 (en) 2000-08-16 2003-01-08 Agilent Technologies, Inc. (a Delaware corporation) Wavemeter comprising coarse and fine measuring units
US6570894B2 (en) * 2001-01-30 2003-05-27 Tektronix, Inc. Real-time wavelength calibration for swept lasers
DE60100085T2 (de) 2001-04-12 2003-05-28 Agilent Technologies Inc Vorrichtung zur Kalibrierung von Wellenlängenmesseinrichtungen
US6633371B1 (en) * 2001-10-09 2003-10-14 Alliance Fiber Optic Products, Inc. Optical performance monitors
CA2411792A1 (en) * 2002-03-18 2003-09-18 Dicos Technologies Inc. Absolutely calibrated periodic filters and sources

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02128126A (en) * 1988-11-08 1990-05-16 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Light frequency encoder
JPH0319933U (ja) * 1989-03-30 1991-02-27
JPH0359428A (en) * 1989-07-28 1991-03-14 Fujitsu Ltd Method and device for measuring frequency modulation characteristic of semiconductor laser
JPH1164158A (ja) * 1997-08-13 1999-03-05 Sumitomo Electric Ind Ltd 波長フィルタの測定装置及び測定方法
JPH11204856A (ja) * 1998-01-19 1999-07-30 Komatsu Ltd 波長検出制御装置

Also Published As

Publication number Publication date
EP1365218B1 (en) 2008-11-05
US6985234B2 (en) 2006-01-10
CN1459625A (zh) 2003-12-03
CN100401030C (zh) 2008-07-09
EP1365218A2 (en) 2003-11-26
DE60324499D1 (de) 2008-12-18
EP1365218A3 (en) 2004-11-10
US20020163646A1 (en) 2002-11-07
JP2004004080A (ja) 2004-01-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10324002B2 (en) Devices and methods for characterization of distributed fiber bend and stress
US9025160B2 (en) Spectral phase analysis for precision ranging
Baney et al. Extended-range optical low-coherence reflectometry using a recirculating delay technique
Deschênes et al. Optical referencing technique with CW lasers as intermediate oscillators for continuous full delay range frequency comb interferometry
Koyamada et al. Novel technique to improve spatial resolution in Brillouin optical time-domain reflectometry
Tanaka et al. Linear interpolation of periodic error in a heterodyne laser interferometer at subnanometer levels (dimension measurement)
US4750833A (en) Fiber optic dispersion method and apparatus
EP1113250B1 (en) Method and apparatus for determining the polarisation mode dispersion of an optical device
US6900896B2 (en) Method and system for measuring optical characteristics of a sub-component within a composite optical system
Martin-Mateos et al. Dual-comb architecture for fast spectroscopic measurements and spectral characterization
US7561276B2 (en) Demodulation method and apparatus for fiber optic sensors
US6888125B2 (en) Fiber optic sensing systems and method of use thereof
KR101040032B1 (ko) 광학적 fmcw 후방 산란 측정 시스템의 캘리브레이팅
Von Der Weid et al. On the characterization of optical fiber network components with optical frequency domain reflectometry
Baney et al. Theory and measurement techniques for the noise figure of optical amplifiers
US5268741A (en) Method and apparatus for calibrating a polarization independent optical coherence domain reflectometer
US5371597A (en) System and method for measuring polarization dependent loss
EP1420238B1 (en) Determining an optical property by using superimposed delayed signals
CN103591895B (zh) 一种光纤长度测量系统及测量方法
US5227623A (en) Method and apparatus for measuring polarization mode dispersion in optical devices
Jiang Fourier transform white-light interferometry for the measurement of fiber-optic extrinsic Fabry–Perot interferometric sensors
CN101201243B (zh) 基于光纤延时自外差法的测量窄线宽激光器线宽装置及其测量方法
US8345238B2 (en) Measuring optical spectral property of light based on polarization analysis
US6870629B1 (en) Optical frequency sweep control and readout by using a phase lock
JP2008523396A (ja) 干渉測定法における時間変化する位相の補償法

Legal Events

Date Code Title Description
RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20040616

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20040625

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A073

Effective date: 20040914

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060509

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080929

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081111

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090209

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090707

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091019

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20091113

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20100122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101118

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110112

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4667728

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140121

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250