JP4510888B2 - 中央化された基地局におけるリソース分配および信号ルーティング方法 - Google Patents

中央化された基地局におけるリソース分配および信号ルーティング方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4510888B2
JP4510888B2 JP2007526163A JP2007526163A JP4510888B2 JP 4510888 B2 JP4510888 B2 JP 4510888B2 JP 2007526163 A JP2007526163 A JP 2007526163A JP 2007526163 A JP2007526163 A JP 2007526163A JP 4510888 B2 JP4510888 B2 JP 4510888B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
channel
processing device
channel processing
radio link
cell
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2007526163A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008502235A (ja
Inventor
リウ、シェン
Original Assignee
ユーティーシダカントンシュンヨウシャンゴンシ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ユーティーシダカントンシュンヨウシャンゴンシ filed Critical ユーティーシダカントンシュンヨウシャンゴンシ
Priority to PCT/CN2004/000623 priority Critical patent/WO2005122610A1/zh
Publication of JP2008502235A publication Critical patent/JP2008502235A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4510888B2 publication Critical patent/JP4510888B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W28/00Network traffic or resource management
    • H04W28/16Central resource management; Negotiation of resources or communication parameters, e.g. negotiating bandwidth or QoS [Quality of Service]
    • H04W28/18Negotiating wireless communication parameters
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W28/00Network traffic or resource management
    • H04W28/02Traffic management, e.g. flow control or congestion control
    • H04W28/08Load balancing or load distribution
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W72/00Local resource management, e.g. wireless traffic scheduling or selection or allocation of wireless resources
    • H04W72/04Wireless resource allocation

Description

本発明は、移動体通信システムにおける中央化された基地局の技術的分野に関する。特に本発明は遠隔無線周波数装置(RRU)を使用する中央化された基地局システムにおけるリソース分配および制御方法に関する。

1.中央化された基地局の概要
移動体通信システムでは、基地トランシーバ局(BTS)は無線信号の送信、受信、処理を実行する。伝統的なBTSは主としてベースバンド処理サブシステムと、RFサブシステムと、アンテナからなり、図1の(a)に示されているように、1つのBTSが複数のアンテナを介して異なるセルをカバーすることができ、BTSは図1の(b)に示されているように、あるインターフェースを介して、基地局制御装置(BSC)または無線ネットワーク制御装置(RNC)にそれぞれ接続され、それによって無線アクセスネットワーク(RAN)を構成している。

図2は別の中央化された基地局、即ち遠隔無線周波数装置(RRU)を使用する中央化された基地局のシステムアーキテクチャを示している。伝統的な基地局と比較して、RRUを使用するこの中央化された基地局は多くの利点を有している。即ち伝統的な基地局に基づいた1つのマクロセルは複数のマイクロセルと置換されることが可能にされ、それによって異なる無線環境に対して良好に適合され、キャパシタンス、カバー区域、システムの他の無線性能を改良し、このような中央化された構造により、ソフトハンドオーバーがさらにソフトなハンドオーバーを使用して実行されることができ、したがってさらに多くの処理利得を得ることができ、このような中央化された構造により、高価なベースバンド信号処理リソースが複数のセルによって共用されるリソースプールにされ、それによって便宜性を多重化し、システム価格を効率的に減少する統計的結果を得ることができる。国際特許出願第WO9005432号明細書(発明の名称“Communications System”)と、米国特許出願第US5657374号明細書(発明の名称“Cellular System with Centralized Base Stations and Distributed Antenna Units”)および第US6324391号明細書(発明の名称“Cellular Communication with Centralized Control and Signal Processing”)と、中国特許出願第CN1471331号明細書(発明の名称“Mobile Communications Base Station System”)と、米国特許出願第US20030171118号明細書(発明の名称“Cellular Radio Transmission Apparatus and Cellular Radio Transmission Method”)等は全て、その技術の関連する構成の詳細を明示している。

図2に示されているように、RRUを使用する中央化された基地局システムは、中央チャンネル処理マスター装置(MU)10と、中央化された方法で設けられている複数の遠隔無線周波数装置(RRU)20からなり、これらは広帯域幅の送信リンクまたはネットワークを介して接続され、一方、BSC/RNCインターフェース装置はユーザ平面と、BTSとBSC/RNCインターフェースとの間のインターフェースのシグナリング平面との処理を実行する。中央チャンネル処理マスター装置(MU)は主として、チャンネル処理リソースプール、信号ルーティング割当て装置、およびその他の機能装置からなり、チャンネル処理リソースプールは複数のチャンネル処理装置を積層することにより形成され、ベースバンド信号処理およびその他の作業を実行し、信号ルーティング割当て装置はそれぞれのセルのトラフィック差にしたがってチャンネル処理リソースをダイナミックに割当て、それによって処理リソースは効率的に複数のセルにより共有されることができる。信号ルーティング割当て装置は、図2に示されているようにMU内で実現されることに加えて、単一の装置としてMUの外部で実現されることもできる。RRUは主として、送信チャンネルRFパワー増幅器と、受信チャンネル低雑音増幅器と、アンテナおよびその他の機能装置から構成されている。中央チャンネル処理マスター装置10とRRU間のリンクは典型的に、光ファイバ、銅ケーブル、マイクロ波、およびその他の送信媒体を使用し、信号送信はサンプリング後にデジタル信号を取ることができ、或いは変調されたアナログ信号でもよく、信号はベースバンド信号、中間周波数信号、RF信号であってもよい。

従来技術についての前述の概説から、中央化された基地局の主な利点は、ベースバンド信号処理リソースが複数のセルにより共用されるリソースプールであることを可能にし、それによって統計的に多重化された利点を得て、効率的にシステム価格を減少させることにある。したがって、チャンネル処理リソース分配を効率的に実行する方法が中央化された基地局の鍵である。

2.チャンネル処理リソースと中央化された基地局
符合分割多元アクセス(CDMA)システムでは、ベースバンド信号処理リソースは主として、RAKE受信機またはコアとしてのマルチユーザ検出(MUDD)等のような他の強化された受信技術を有するチップレベルの処理装置と、コアとしてのチャンネルCODEC処理を有するシンボルレベルの処理装置とからなり、シンボルレベルの処理はユーザサービスタイプおよびレート関係に密接に関連され、一方、チップレベルの処理はユーザサービスタイプおよびレート関係によりあまり影響を受けず、主としてサービスチャンネルの数に関連される。

多数のセクタと多数の搬送波周波数をサポートする大規模の基地局システムでは、チャンネル処理機能セクションは典型的に2つの可能なアーキテクチャを有し、その一方はチップレベルの処理装置とシンボルレベルの処理装置を単一のボード上に集積することにより実現され、即ちそのシステムは構成されることのできる数の複数のチャンネル処理モジュールからなり、他方はチップレベルの処理装置とシンボルレベルの処理装置を異なるボード上にそれぞれ設けることにより実現され、即ちそのシステムは構成されることのできる数の複数のチップレベルの処理モジュールとシンボルレベルの処理モジュールからなる。図3および4は前述の2つのアーキテクチャの典型的な構造例を示している。

図3に示されているように、チップレベルの処理装置とシンボルレベルの処理装置を集積することにより形成されるシステムアーキテクチャの典型的な例では、システムはM個の独立したチャンネル処理モジュールからなり、いわゆる“独立した”はこれらのチャンネル処理モジュールがそれぞれのチャンネル処理タスクを何等の内部の信号相互接続なしに実行することを指している。内部の信号相互接続がないと、システムのバックボードバスの設計は非常に簡単化され、これは大規模の中央化された基地局の形成を可能にする。モジュール間の独立はシステムリソースの効率的な利用につながらないが、ベースバンド信号処理に対する従来技術の解決策は、デジタル信号プロセッサ(DSP)または並列処理のため複数のマイクロ処理装置のアレイにより形成される構造に基づいて、全てソフトウェアの構成の解決策も有する。プロセッサリソースのスケジュール化におけるソフトウェアの柔軟性により、システムリソースの効率的な利用に関する構造の欠点は大幅に減少される。

システムアーキテクチャの典型的な例では、図4に示されているようにチップレベルの処理装置とシンボルレベルの処理装置とは別々に分離され、そのシステムはP個のチップレベルの処理モジュールとQ個のシンボルレベルの処理モジュールからなり、チップレベルの処理モジュールは相互に独立し、即ちこれらはそれぞれのチップレベルの処理タスクを何等の内部の信号相互接続なしに実行する。チップレベルの処理速度は非常に高く、それ故チップレベルの処理モジュール間の内部の信号相互接続は、システムアーキテクチャを複雑にさせ、大規模の中央化された基地局で適用するのが困難であり、他方で、比較的低速度のために、シンボルレベルの処理モジュールは内部の信号相互接続が処理リソースを共用することを可能にし、したがってシンボルレベルの処理セクションは連続的な単一の処理モジュールとみなされることができる。

したがって、前述の2つの典型的な実行構造はチャンネル処理リソースの不連続性の問題を有している。一方、大規模の中央化された基地局では、各チャンネル処理装置は限定された処理能力を有し、それ故、中央化された基地局によりサポートされるRRUが大規模なものであるとき、各チャンネル処理装置に対するRRUの全ての無線信号の同時的な交換は実用的な意味をもたない。一方、無線信号は信号ルーティング割当て装置とシステムの複雑性により制限されている高いデータ流速度を有するので、各チャンネル処理装置に対するRRUの全ての無線信号の同時的な交換は実現が困難である。したがって各チャンネル処理装置によって同時に処理されることのできるRRU信号の数は常に限定され、即ち中央化された基地局におけるRRUに対応する全ての無線信号が必ずしもあるチャンネル処理装置へ同時に交換されることができるわけではない。

したがって、図3および4に示されているチャンネル処理システムアーキテクチャの典型的な例の解析によれば、中央化された基地局における従来技術のチャンネル処理リソース分配の問題は、以下の疑問としてさらに要約されることができる。即ち、
・新しく付加された各無線リンク(新しく構築されたリンクまたは、マクロダイバーシティのために付加されたリンクを含む)に関して、処理のために分配されるべきチャンネル処理装置はいずれであるか、および無線リンクが属しているセルのRRUの対応する無線信号が分配されたチャンネル処理装置に伝送されるかである。

図3に示されているチャンネル処理システムアーキテクチャのための前述のチャンネル処理装置はそれぞれのチャンネル処理モジュールに対応し、図4に示されているチャンネル処理システムアーキテクチャのチップレベルの処理モジュールに対応している。シンボルレベルの処理セクションは連続的で単一の処理モジュールであり、前述の分配問題をもたないので、その内部リソースのスケジュール化については本発明で考慮しない。前述の疑問を考慮して、本発明は有効な方法を説明する。

すなわち、本発明の目的の1つは、無線通信システムの中央化された基地局におけるチャンネルリソースの分配を行う方法を提供することである。

本発明の方法は、新しく付加された各無線リンクに対して、最適のチャンネル処理装置を選択するステップを含み、それによって前記の新しく付加された各無線リンクに関連されるチャンネル処理は対応して選択された最適のチャンネル処理装置中で実行される。

前述のチャンネルリソース分配方法の1実施形態では、さらに次のステップが行われる。すなわち、
アクセスプロセスにおける前記新しく付加された各無線リンクに関連されるパラメータにしたがって、既知のシステムリソースモデル情報を使用して前記新しく付加された各無線リンクの占有されるリソース量を量子化し、新しく付加された各無線リンク対して、前記量子化により得られる前記新しく付加された各無線リンクの占有されるリソース量に基づいて最適なチャンネル処理装置を選択するステップを含んでいる。

前述のチャンネルリソース分配方法による好ましい実行モードでは、新しく付加された各無線リンクに対する最適なチャンネル装置を選択する前記ステップは、各選択された最適なチャンネル処理装置が処理を行う責任を有する無線リンクに対応するセルを地理的に近隣にあるようにし、可能な限りある領域に中央化させるように行われる。

したがって、前述の方法による(新しく構築されたリンクと、マクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)新しく付加された各無線リンクの最適なチャンネル処理装置の選択は、この時点で、基地局のチャンネル処理リソースの最適化された分配を実現することができる。これに基づいて、チャンネル処理リソースの使用を最大にするために、チャンネル処理装置の処理負荷を平衡するように、中央化された基地局におけるチャンネル処理装置の負荷の中期的または長期的の統計結果にしたがって、チャンネル処理装置間のリソーススケジュール化を実行することがさらに可能である。

それ故、本発明のさらに別の目的は、無線通信システムの中央化された基地局で適合的なリソーススケジュール化および負荷平衡を行う方法を提供することであり、この方法は、
前記中央化された基地局におけるチャンネル処理装置の負荷の統計結果にしたがって、システムリソースモデル情報のチャンネル処理装置間の負荷共有に関連されるパラメータを適合可能に調節し、それによってチャンネル処理装置間の適合的なリソーススケジュール化および負荷平衡を実現するステップを含み、
最適なチャンネル処理装置が新しく付加された各無線リンクのために決定された占有されるリソース量に基づいて、前記新しく付加された各無線リンクのために選択され、それによって前記新しく付加された各無線リンクに関連されるチャンネル処理は対応して選択された最適なチャンネル処理装置において実行される。

本発明の適合的リソーススケジュール化および負荷平衡を実行するための前述の方法の実行モードでは、新しく付加された各無線リンクに対して選択された最適なチャンネル処理装置が処理する責任を有する無線リンクに対応するセルは地理的に近傍のものにされ、可能な限りある1つの領域に中央化される。

適合的リソーススケジュール化および負荷平衡のための前述の方法の好ましい実行モードによれば、中央化された基地局中の各チャンネル処理装置では、中央化された基地局の制御下のセルは異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループに区分され、最適なチャンネル処理装置は高から低に区分されたセルセットのリソース分配レベルにしたがって、前記新しく付加された各無線リンクのために選択される。

本発明のさらに目的によれば、本発明の前述のチャンネルリソース分配方法を実現するための中央化された基地局が提供され、その中央化された基地局は、
中央チャンネル処理マスター装置MUと、
広帯域幅の送信リンクまたはネットワークを介して中央チャンネル処理マスター装置MUにそれぞれ結合されている複数の遠隔無線周波数装置RRUとを具備し、
前記中央化された基地局はさらに、
新しく付加された各無線リンクに対して、最適なチャンネル処理装置を選択するための最適なチャンネル選択部材を具備し、それによって新しく付加された各無線リンクに関連されるチャンネルは対応して選択された最適なチャンネル処理装置において実行される。

本発明による前述の中央化された基地局の実行モードでは、前記最適なチャンネル選択部分は新しく付加された各無線リンクに対して、既知のシステムリソースモデル情報を使用して量子化された前記新しく付加された各無線リンクのリソースの占有量に基づいて最適なチャンネル処理装置を選択するように構成される。好ましい実行モードでは、前記最適なチャンネル選択部材は、各選択された最適なチャンネル処理装置が処理を行う責任を有する無線リンクに対応するセルが地理的に近傍であり、可能な限りある1つの領域に中央化させることを可能にするように構成されている。

本発明を例示するために、1例としてCDMAシステムを採用して説明するが、本発明の基本的な考え、本質、原理および方法はFDMA、TDMA、OFDM等の移動体通信システムの他のモードに対しても応用可能であることを説明する必要がある。

説明したように、本発明によれば、中央化された基地局中のチャンネル処理リソースの分配は2つの独立した処理プロセスに分割され、その一方は(新しく構築されたリンクと、マクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)新しく付加された各無線リンクの最適なチャンネル処理装置を選択するプロセスであり、他方は、チャンネル処理リソースの使用を最大にする目的を実現するために、チャンネル処理装置の処理負荷を平衡するように、中央化された基地局におけるチャンネル処理装置の負荷の中期的または長期的の統計結果にしたがって、チャンネル処理装置間のリソーススケジュール化を実行するプロセスである。明らかに、前者の処理プロセスは中央化された基地局におけるチャンネル処理リソース分配の最適化を実現することができ、後者はさらに前者を改良したものである。

本発明の特定の実施形態の図面の詳細な説明を参照することによって、本発明の特徴および利点はさらに明瞭になるであろう。
以下、添付図面を参照して、本発明の1実施形態の詳細な説明を行う。

1.アクセス処理におけるリソース分配
本発明によれば、(新しく構築されたリンクおよび、マクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)無線リンクが新しく付加されるとき、対応するチャンネル処理を実行するための最適なチャンネル処理装置を選択することが必要である。したがって、新しく付加された無線リンクのリソース占有度を解析し評価することが必要であり、前記解析にしたがって、中央化された基地局の関係するシステムリソースは主に以下である。
・チップレベル処理装置のリソース、
・(図3に示されているようにチャンネル処理システムアーキテクチャに対してだけの)シンボルレベルの処理装置リソース、
・各チャンネル処理装置により、最大の同時に処理されることが可能な、即ち各チャンネル処理装置へ同時に交換または伝送されることが可能なRRU無線信号のチャンネルリソース。

前述したように、異なるレートを有し、異なるサービスタイプのための無線リンクは異なるチップレベルの処理リソースと、シンボルレベルの処理リソースとを占有し、他方で新しく構築された無線リンクと、マクロダイバーシティにより付加されたリンクもシステムリソースの占有において異なっている。したがって、レート、サービスタイプ、および無線リンクがマクロダイバーシティのために付加されたか否か等を含む無線リンクパラメータに従って、新しく付加された各無線リンクの占有されたリソース量を量子化し、それによってリソース占有度の解析および評価を行うことが必要である。種々のレートを有している、種々のタイプのサービスにおける無線リンクの平均的なリソース占有量と、チャンネル処理リソース構造等を含むシステムリソースモデル情報が基地局に対して知られていることが決定されるので、対応するチャンネル処理を行う最適なチャンネル処理装置の処理の選択は実際には検索操作に等しい。

本発明によれば、(新しく構築されたリンク、およびマクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)新しく付加された各無線リンクの最適なチャンネル処理装置の選択は次の原理に従わなければならない。即ち、最適なチャンネル処理装置の選択は各チャンネル処理装置のRRU信号チャンネルリソースを可能な限り少量しか占有してはならず、マクロダイバーシティブランチが存在するセル中のRRU無線信号は、ソフトハンドオーバーが生じたとき、よりソフトなハンドオーバーを実現するために1つの同一のチャンネル処理装置へ可能な限り交換される必要があり、異なるセル間の移動体端末のハンドオーバーのような移動性プロセスにより生じるチャンネル処理装置を横切るハンドオーバー動作は可能な限り減少されなければならない。

実際に、使用される移動体通信システムがソフトハンドオーバー技術をサポートするとき、1つの同一のチャンネル処理装置の1つの移動体端末の全てのマクロダイバーシティブランチを同時に処理することは、システム処理リソースの損失を減少させ、カバー区域、キャパシタンス、他の無線性能の改良を助ける。TTDモードのCDMAシステムのような使用される移動体通信システムがソフトハンドオーバー技術をサポートしないならば、移動体端末がハンドオーバーのために異なるセル間を移動して、その無線リンクのチャンネル処理を1つの同一のチャンネル処理装置で依然として実行させるとき、異なるチャンネル処理装置間の移動体端末に関連されるコンテキスト情報の移動動作を減少させることができ、パラメータ構造と関連される動作と新しいチャンネル処理装置における動作を減少でき、それによって、システムの複雑性を簡単にし、システムの安定性と信頼性の改良を促す。

前述の原理によれば、本発明の好ましい実行モードでは、アクセスプロセスにおける(新しく構築されたリンク、およびマクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)新しく付加された各無線リンクのための最適なチャンネル処理装置が選択され、それによって各チャンネル処理装置が処理する責任を有する無線リンクに対応するセルを地理的に近接させ、可能な限りある領域に中央化し、それによって各チャンネル処理装置のRRU信号チャンネルリソースを占有する量を可能な限り少なくし、ソフトハンドオーバーが行われるとき、マクロダイバーシティブランチが存在するセル中のRRU無線信号が可能な限り1つの同一のチャンネル処理装置に交換されることを可能にし、それによって異なるセル間の移動体端末のハンドオーバーのような移動性プロセスにより生じるチャンネル処理装置を横切るハンドオーバー動作の減少を可能な限り減少することを助ける。

具体的に説明すると、本発明にしたがったアクセス処理における(新しく構築されたリンク、およびマクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)新しく付加された各無線リンクのための最適なチャンネル処理装置を選択するための好ましい実行モードを以下説明する。

第1に、中央化された基地局の各チャンネル処理装置に対しては、中央化された基地局の制御下のセルは異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループに区分され、限定されない好ましい実行モードでは、セルは3つのセルセット、即ち基本セルセット、候補セルセット、残りのセルセットに区分され、各チャンネル処理装置は最初にその基本セルセット内のセルのサービスチャンネルを処理し、その後、候補セルセット内のセルのサービスチャンネルを処理し、最後に残りのセルセット内のセルのサービスチャンネルを処理する。本発明によれば、セル区分は以下の原理に従う必要がある。
・中央化された基地局が属している各セルは1つおよびただ1つだけのチャンネル処理装置の基本セルセット中になければならず、このチャンネル処理装置はセルの帰属するチャンネル処理装置と呼ばれる。したがって、全てのチャンネル処理装置の基本セルセットは空の交叉点を有し、それらのユニオンは、中央化された基地局に属する全てのセルである。
・基本セルは地理的に近傍のセルのセットであり、それによって各チャンネル処理装置のRRU信号チャンネルリソースの占有が可能な限り少ないことを助長し、ソフトハンドオーバーが行われるとき、マクロダイバーシティが存在するセル中のRRU無線信号が可能な限り1つの同一のチャンネル処理装置に交換されることを可能にし、それによってチャンネル処理装置のよりソフトなハンドオーバーの実現を助ける。
・各チャンネル処理装置の候補セルセット中のセルはチャンネル処理装置の基本セルセット中のセルに対して地理的に近傍の周辺セルであり、それ故、これらは基本セルセットの地理的なカバー区域の拡大部分である。オーバーラップされるカバー区域によって、1つのセルは複数のチャンネル処理装置の候補セルセット中に同時に存在することができる。以下説明するように、候補セルセット中のセルは負荷共有のための候補セルであり、即ちあるチャンネル処理装置が冗長チャンネル処理リソースを有しており、他方で別のチャンネル処理は処理される負荷をさらに多く有するとき、このあるチャンネル処理装置は最初にチャンネル処理リソースをその候補セルセット中のセルへ提供することができる。あるチャンネル処理装置の候補セルセットが他のチャンネル処理装置の基本セルセットの幾つかのセルを含んでいるならば、このあるチャンネル処理装置はこれらのチャンネル処理装置の近傍のチャンネル処理装置と呼ばれる。
・残りのセルセットは中央化された基地局の基本セルおよび候補セル以外の、中央化された基地局に属するセルのセットである。残りのセルセット中のセルはそのチャンネル処理装置により処理されるセルからさらに長い距離離れているので、これらは過剰なRRU信号チャンネルリソースを消費し、よりソフトなハンドオーバー処理を実現するのは困難である。したがって、以下説明するように、残りのセルセットのセルは究極の場合における負荷共有のための選択肢である。

図5は前述の3つのセルセットの概略図を示している。1例では、中央化された基地局はそれぞれ図5のD1、D2、…D9領域で示されている基本セルセットにそれぞれ対応している全部で9つのチャンネル処理装置を有しており、これらの領域はそれに対応する候補セルセットを付加して、図5に示されているE1、E2、…E9領域に拡大され、各領域はある数の地理的に近傍のセルを含んでいる。全てのチャンネル処理装置の基本セルセットは中央化された基地局の右側の全てのセルをカバーし、任意のセルはただ1つの帰属するチャンネル処理装置を有しているが、1つのセルは複数のチャンネル処理装置の候補セルセット中に同時であってもよいことが認められる。

図6aおよび図6bは本発明による好ましい実行モードにおける中央化された基地局の無線リンクのための最適なチャンネル処理装置を選択するプロセスを示したフローチャートである。図面では、図6aは最適なチャンネル処理装置の選択プロセスを示す概略フローチャートである。図6aで示されているように、ステップS50では、中央化された基地局の各チャンネル処理装置に関して、図5で示されている方法により、中央化された基地局の制御下のセルは異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループに区分され、ステップS60では、最適なチャンネル処理装置は、高から低で区分されたセルセットのリソース分配レベルに基づいて、新しく付加された各無線リンクに対して選択され、ステップS70で、最適なチャンネル選択処理の結果が戻され、即ち最適なチャンネル処理装置が新しく付加された各無線リンクのために適切に選択されているか否かが返送される。

図6bは図6aのステップS60とS70の詳細な処理フローを示しており、BSC/RNCから、無線リンクを新しく構築または付加したことのメッセージを受信(ステップS100)した後、基地局は直ちに対応するメッセージ処理を行い、無線リンクのレート、サービスタイプ、およびその他のパラメータを獲得し、新しく無線リンクを構築し付加する要素を考慮しながら、既知のシステムリソースモデル情報を使用して無線リンクのリソース占有量を量子化し(ステップS110)、無線リンクが存在するセルと、対応するRRU信号を検索し(ステップS120)を検索し、その後、基地局は無線リンクが存在するセルの帰属するチャンネル処理装置が(チップレベル処理装置リソース、シンボルレベル処理装置リソース、RRU無線信号チャンネルリソース等を含めた)必要なリソースを無線リンクに提供できるか否かを決定し(ステップS130)、ステップS130の決定結果が“ノー”であるならば、即ちその帰属するチャンネル処理装置が必要とされるリソースを提供しないならば、基地局は無線リンクが存在するセルを候補セルセットが含んでいる全てのチャンネル処理装置を検索し(ステップS140)、対応するチャンネル処理装置が、高から低までの利用可能なリソース量の順序で、必要とされるリソースを無線リンクに提供することができるか否かを連続的に決定し(ステップS150)、ステップS150の決定結果が“ノー”であるならば、即ち全てのこれらのチャンネル処理装置が依然として必要とされるリソースを提供することができないならば、基地局は他のチャンネル処理装置が、高から低までの利用可能なリソース量の順序で、必要とされるリソースを無線リンクに提供することができるか否かを連続的に決定し(ステップS160)、要求を満たすチャンネル処理装置が依然として発見されないならば、基地局はBSC/RNCへ、無線リンクの構築または付加ができないというメッセージを返送し、不十分な処理リソースの結果として故障が生じたことを示す(ステップS210)。前述のリソース決定において、リソース要求を満たすチャンネル処理装置が発見されると、その後の決定は停止され、それから基地局は無線リンクが存在するセルのRRU無線信号がチャンネル処理装置へ伝送されているか否かを決定し(ステップS170)、伝送されていないならば、RRU無線信号はチャンネル処理装置へ伝送され(ステップS180)、その結果、基地局は無線リンクのための対応するチャンネル処理リソースを分配および構成し、無線リンクのための対応するチャンネル処理リソースを構成し、対応するチャンネル処理装置のリソース状態の統計情報を更新し(S190)、無線リンクを構築または付加することに成功したというメッセージをBSC/RNCへ返送する(ステップS200)。

無線リンクのための最適なチャンネル処理装置についての前述の選択プロセスでは、無線リンクが存在するセルに帰属するチャンネル処理装置は優先的に選択され、それによって各チャンネル処理装置のRRU信号チャンネルリソースを可能な限り少ない占有を容易にし、ソフトハンドオーバーが行われるとき、マクロダイバーシティが存在するセル中のRRU無線信号が可能な限り1つの同一のチャンネル処理装置に交換されることを可能にし、それによってさらにソフトなハンドオーバー処理を実現することを促し、帰属するチャンネル処理装置が不十分なリソースを有するとき、同じ目的で、無線リンクが存在するセルを候補セルセットが含んでいるチャンネル処理装置を考慮する必要がある。この状態は、帰属するチャンネル処理装置の基本セルの隣接領域が多数のアクチブユーザと高いトラフィックを有するという理由で主に生じ、それ故、近傍のチャンネル処理装置が、帰属するチャンネル処理装置の過剰負荷を共有する必要がある。無線リンクが存在するセルを候補セルセットが含んでいる複数のチャンネル処理装置が要求される処理リソースを提供できるとき、最小の負荷を有するチャンネル処理装置がチャンネル処理装置間の負荷平衡を実現するために選択され、さらに高いトラフィックが短期間内で、ある広範囲の領域で生じる究極の場合をシステムが有するときのみ、近傍ではないチャンネル処理装置は負荷共有処理を行う。

アクセスプロセスにおいて(新しく構築されたリンク、およびマクロダイバーシティにより付加されたリンクを含めた)新しく付加された各無線リンクのための最適なチャンネル処理装置の選択を実現するために、採択される実行モードは各チャンネル処理装置が処理する責任を有する無線リンクに対応するセルが地理的に近傍で、可能な限りある領域に中央化されることを可能にする。しかしながら当業者はこの好ましい実行モードが、本発明にしたがって中央化された基地局の新しく付加された無線リンクのための最適なチャンネル処理装置を選択する技術的解決策に対する制限ではないことを理解すべきであり、建設的な努力を行わずに当業者によって考えることのできる他の構成方法は本発明の技術的範囲内に入ることも考慮すべきである。例えば、各チャンネル処理装置が区分される方法は他の選択肢を有することができ、対応する区分方法が中央化された基地局の前述のリソース分配の最適化を行う限り正当である。

2.適合的リソーススケジュール化および負荷平衡
本発明によれば、無線リンクのための最適なチャンネル処理装置の選択に基づいて、中央化された基地局のチャンネル処理装置の負荷の中期的および長期的の統計的結果にしたがってチャンネル処理装置の処理負荷を平衡するためにチャンネル処理装置間のリソーススケジュール化を実行することがさらに可能であり、それによってチャンネル処理リソースの利用を最大にする目的を達成することができる。

したがって、本発明はさらにチャンネル処理装置間の負荷平衡を実現するための方法を提供する。本発明のこの方法によれば、図5に示されている好ましい実行モードにおける候補セルセットのような、チャンネル処理装置の負荷共有目的に基づいたセルセットは、中央化された基地局のチャンネル処理装置の負荷の中期的および長期的の統計結果にしたがって適合可能に調節され、それによってチャンネル処理装置間の負荷平衡目的を達成することができる。

本発明による方法の好ましい実施形態の第1のケースでは、中央化された基地局のチャンネル処理装置の瞬間的な負荷状態の統計を取ることによって、ある時間範囲内のチャンネル処理装置の(平均的な)負荷量が得られ、全てのチャンネル処理装置の全体的な平均負荷量は数学的平均を通して得られる。あるチャンネル処理装置が予め定められたしきい値だけ総平均を超える負荷量を有するならば、そのチャンネル処理装置の近傍のチャンネル処理装置の候補セルセットは適切に拡大され、それにおいて付加されるセルはチャンネル処理装置の基本セルセット中のセルであり、対応する近傍のチャンネル処理装置の候補セルセット中のセルに地理的に近傍である。近傍のチャンネル処理装置に対する候補セルセットに付加されるセル数はまたそれぞれの負荷量に依存し、即ち近傍のチャンネル処理セルが有する負荷量が大きいほど、その候補セルセットに付加されるセルは少数であり、一方、近傍のチャンネル処理セルが有する負荷量が小さいほど、その候補セルセットに付加されるセルは多数となり、他方でチャンネル処理装置の候補セルセットは適切に減少され、差し引かれるセル数もそれぞれのチャンネル処理装置の負荷量にしたがい、即ちチャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が大きいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットから差し引かれ、近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは少数であり、一方、チャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットから差し引かれ、近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは多くなる。

図7の(a)は第1のケースを示す概略図である。図7の(a)に示されるように、ある中央化された基地局は、基本セルA、B、Cにそれぞれ対応する3つのチャンネル処理装置A、B、Cを具備する。チャンネル処理装置Bが予め定められたしきい値だけ総平均を超える負荷量を有するならば、前述の好ましい解決策に基づいて、その近傍のチャンネル処理装置AとCの候補セルセットは拡大され、一方、チャンネル処理装置Bの候補セルセットは減少され、チャンネル処理装置Aの負荷がチャンネル処理装置Cの負荷よりも大きいならば、チャンネル処理装置Aの候補セルセットの拡大された量はチャンネル処理装置Cの候補セルセットの量よりも小さく、チャンネル処理装置Bの候補セルセットから差し引かれチャンネル処理装置Aの基本セルセットに属すセルはチャンネル処理装置Cの基本セルセットに属するセルよりも多い。

本発明による方法の好ましい実施形態の第2のケースでは、中央化された基地局のチャンネル処理装置の瞬間的な負荷状態の統計を取ることによって、ある時間範囲内のチャンネル処理装置の(平均的な)負荷量と全てのチャンネル処理装置の総平均負荷量が得られる(これは第1のケースの処理と同じである)。あるチャンネル処理装置が予め定められたしきい値だけ総平均よりも低い負荷量を有するならば、チャンネル処理装置の候補セルセットは適当に拡大される。付加されるセル数はそれぞれの近傍のチャンネル処理装置の負荷量に依存しており、即ちチャンネル処理装置のある近傍チャンネル処理セルが有する負荷量が大きいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットに付加され、近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは少数であり、チャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットに付加され、近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは多数である。他方で、チャンネル処理装置の近傍のチャンネル処理装置の候補セルセットは適切に減少され、差し引かれるセルの数もまたそれぞれの近傍のチャンネル処理装置の負荷量にしたがい、即ち近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が大きいほど、その候補セルセットから差し引かれるセルの数は多く、一方、近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、その候補セルセットから差し引かれるセルは少数である。

図7の(b)は第2のケースを示す概略図である。ある中央化された基地局は基本セルA、B、Cにそれぞれ対応する3つのチャンネル処理装置A、B、Cを具備している。チャンネル処理装置Bが予め定められたしきい値だけ総平均をより低い負荷量を有するならば、前述の第2の好ましい解決策に基づいて、チャンネル処理装置Bのその近傍のチャンネル処理装置AとCの候補セルセットは減少され、一方、チャンネル処理装置Bの候補セルセットは拡大される。チャンネル処理装置Aの負荷がチャンネル処理装置Cの負荷よりも小さいならば、チャンネル処理装置Aの候補セルセットの減少された量はチャンネル処理装置Cの候補セルセットの量よりも小さく、チャンネル処理装置Bの候補セルセットに付加され、チャンネル処理装置Aの基本セルセットに属しているセルはチャンネル処理装置Cの基本セルセットに属するセルよりも多い。

当業者は、本発明の前述したような適合的リソーススケジュール化および負荷平衡方法において、チャンネル処理装置の負荷程度を決定するためのパラメータは、全てのチャンネル処理装置の総平均負荷量に加えて、さらに全てのチャンネル処理装置の全加重平均負荷量または全てのチャンネル処理装置の全平均負荷量の関数、例えばaP+bのようなその他の適切なパラメータを含むことができることを理解するであろう。ここでaとbは定数であり、Pは全ての処理装置の全平均負荷量である。あるチャンネル処理装置の負荷量が調節される必要があるか否かを決定するときに使用されるしきい値に関しては、これは実際の状態にしたがって当業者により設定されることもできる。

本発明の前述の2つの方法はソフトウェアにより実現されることが好ましいが、明らかに、これらの方法は当業者によく知られている種々のハードウェアモジュールまたは構造により実現されることもできる。それ故、既知のハードウェア構造またはそれらの組み合わせを使用して、本発明の前述の方法を実現するためのハードウェア構造もまた本発明の技術的範囲内に入るものと考えられることができる。例えば中央化された基地局で、新しく付加された無線リンクのための最適なチャンネル処理装置を選択するための対応する最適化チャンネル処理装置選択部材を設定することが可能であり、それによって中央化された基地局でリソースの最適化された分配を行う。最適なチャンネル処理装置選択部材は種々のよく知られた機能モジュールにより実現されることができ、これらは例えば図3に示されているMU10で与えられるか、中央化された基地局に対して外部に設けられることができることが容易に理解される。

本発明の技術的解決策を実施形態と共に前述した。しかしながら、当業者は本発明の原理および技術的範囲を逸脱せずに、種々の改良または変形をさらに本発明に対して行うことができる。本発明の技術的範囲は特許請求の範囲によってのみ決定される。

伝統的なBTSアーキテクチャと、伝統的な無線アクセスネットワークアーキテクチャの概略図。 RRUを使用する中央化された基地局のシステムアーキテクチャの概略図。 チップレベルの処理装置とシンボルレベルの処理装置がチャンネル処理機能セクションに一体化されている従来技術の基地局システムのシステムアーキテクチャの概略図。 チップレベルの処理装置とシンボルレベルの処理装置がチャンネル処理機能セクション中で分離されている従来技術の基地局システムのシステムアーキテクチャの概略図。 本発明の1実施形態による、中央化された基地局中のチャンネル処理装置の3つのセルセットの概略図。 本発明の1実施形態により、中央化された基地局の無線リンクに対して最適なチャンネル処理装置を選択するためのプロセスのフローチャート。 図6aで示されているように、最適なチャンネル処理装置を選択するためのプロセスの詳細なフローチャート。 本発明によるチャンネル処理リソースの適合的なスケジュール化および負荷平衡のための方法の1実施形態の第1のケースと第2のケースの概略図。

Claims (30)

  1. 無線通信システムの中央化された基地局においてチャンネルリソース分配を行う方法において、
    新しく付加された各無線リンクに関連されるチャンネル処理が対応して選択された最適のチャンネル処理装置において行われるように、新しく付加された各無線リンクに対して最適のチャンネル処理装置を選択するステップを含み、
    アクセス処理において新しく付加された各無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を選択する前記ステップは、
    中央化された基地局の各チャンネル処理装置に対して、中央化された基地局の制御下のセルを異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループに区分し、
    区分されたセルセットのリソース分配レベルにしたがって新しく付加された各無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を選択し、その選択は高いリソース分配レベルから低いリソース分配レベルへ順次行われ、高いリソース分配レベルを有するセルセットにおいて優先的な選択を行い、最適なチャンネル処理装置が高いリソース分配レベルを有するセルセットでは発見されなかったときにのみ、それに続いてそれより低いリソース分配レベルを有するセルセットにおいて前記チャンネル処理装置を選択するサブステップを含んでいるチャンネルリソース分配を行う方法。
  2. アクセスプロセスにおける前記新しく付加された各無線リンクに関連されるパラメータにしたがって、既知のシステムリソースモデル情報を使用して前記新しく付加された各無線リンクの占有されるリソース量を量子化し、前記新しく付加された各無線リンクに対して、前記量子化により得られる前記新しく付加された各無線リンクの占有されるリソース量に基づいて最適なチャンネル処理装置を選択するステップをさらに含んでいる請求項1記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  3. 新しく付加された各無線リンクに対して最適なチャンネル装置を選択する前記ステップは、各選択された最適なチャンネル処理装置が処理を行う責任を有する無線リンクに対応するセルを地理的に近傍のセルと、可能な限りある1つの領域に中央化させるように行われる請求項1または2記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  4. 各チャンネル処理装置に対して区分された異なるリソース分配レベルを有するセルセットは、基本セルと、候補セルと、残りのセルとを含み、基本セルは各処理装置に対して特有であり、全てのチャンネルの処理装置の基本セルセットは空の交叉部を有し、基本セルセットの各セルに関して、中央化された基地局に属する全てのセルであるユニオンを有し、セルが属するチャンネル処理装置はセルの属しているチャンネル処理装置であり、各チャンネル処理装置の候補セルセット中のセルはチャンネル処理装置の基本セルセットのセルに対して地理的に近傍である周辺セルであり、残りのセルセットは基本セルおよび候補セル以外の中央化された基地局に属するセルのセットであり、リソース分配レベルは高から低に各チャンネル処理装置の前記基本セル、候補セル、残りのセルに順次割当てられる請求項1乃至3のいずれか1項記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  5. 高から低まで区分されたセルセットのリソース分配レベルにしたがって、新しく付加された各無線リンクに対して最適なチャンネル処理装置を選択する前記ステップは、
    無線リンクを新しく付加するメッセージをBSC/RNCから受信した後、基地局は無線リンクが位置するセルと、対応するRRU無線信号とを前記量子化から得られた新しく付加された無線リンクの占有するリソース量に基づいて決定し、
    前記セルの帰属しているチャンネル処理装置が必要とされるリソースを無線リンクに提供できるか否かを決定し、その属するチャンネル処理装置が必要とされるリソースを提供できない場合には、無線リンクが位置するセルを候補セルセットが含んでいる全てのチャンネル処理装置を検索し、対応するチャンネル処理装置が、高から低までの利用可能なリソース量の順序で、必要とされるリソースを有する無線リンクを提供できるか否かを連続的に決定し、全てのこれらのチャンネル処理装置が依然として必要とされるリソースを提供できないならば、他のチャンネル処理装置が、高から低まで利用可能なリソース量の順序で、必要とされるリソースを無線リンクに提供できるか否かを連続的に決定し、それによって前記新しく付加された無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を得る請求項記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  6. 前記リソース分配ステップのそれぞれの決定時において、リソース要求を満たすチャンネル処理装置が見つかる限り、その後の決定を停止し、要求を満たす最適のチャンネル処理装置が依然としてリソース分配ステップ中で発見されないならば、前記中央化された基地局が対応しているBSC/RNCへの無線リンクの構築または付加ができなかったというメッセージを返送し、故障が不十分な処理リソースから生じたことを示し、
    リソース要求を満たすチャンネル処理装置が前記リソース分配ステップで得られた後、無線リンクが存在するセルのRRU無線信号が最適なチャンネル処理装置に伝送されたか否かを決定し、伝送されていないならば、RRU無線信号を最適なチャンネル処理装置へ導き、その後対応するチャンネル処理リソースを無線リンクへ分配して構成し、対応するチャンネル処理装置のリソース状態の統計的情報を更新し、無線リンクを構築または付加することに成功したというメッセージをBSC/RNCへ返送する請求項記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  7. 前記最適なチャンネル処理装置が対応する新しく付加された無線リンクに与えられることができるリソースは、チップレベルの処理装置リソースと、シンボルレベルの処理装置リソースと、RRU無線信号チャンネルリソースとを含んでいる請求項1乃至のいずれか1項記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  8. 新しく付加された各無線リンクの占有されるリソース量を量子化する前記ステップで使用されるパラメータは、新しく付加された各無線リンクのレート、サービスタイプ、無線リンクパラメータを含んでいる請求項記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  9. 前記無線リンクパラメータは、前記新しく付加された無線リンクがマクロダイバーシティにより付加された無線リンクであるか、新しく構築された無線リンクであるかを示すタイプパラメータを含んでいる請求項のチャンネルリソース分配を行う方法。
  10. 最適なチャンネル処理装置が、前記リソース分配ステップ中に新しく付加された無線リンクに対して選択されるとき、無線リンクが位置するセルを候補セルセットが含んでいる複数のチャンネル処理装置が存在して、各複数のチャンネル処理装置が必要とされる処理リソースを提供できる場合には、チャンネル処理装置間で負荷平衡を実現するために、前記最適なチャンネル処理装置として最小の負荷を有するチャンネル処理装置を選択する請求項記載のチャンネルリソース分配を行う方法。
  11. 無線通信システムの中央化された基地局で適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法において、
    前記中央化された基地局におけるチャンネル処理装置の負荷の統計結果にしたがって、システムリソースモデル情報のチャンネル処理装置間の負荷共有に関連されるパラメータを適合するように調節し、それによってチャンネル処理装置間の適合的なリソーススケジュール化および負荷平衡を行うステップを含み、
    このリソーススケジュール化および負荷平衡を行うステップにおいて、
    最適なチャンネル処理装置は、アクセス処理において新しく付加された各無線リンクに対して決定された占有されるリソース量に基づいて、この新しく付加された各無線リンクに対して選択され
    このアクセス処理において新しく付加された各無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を選択するステップは、
    中央化された基地局の各チャンネル処理装置に対して、中央化された基地局の制御下のセルを異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループに区分し、
    区分されたセルセットのリソース分配レベルにしたがって新しく付加された各無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を選択し、その選択は高いリソース分配レベルから低いリソース分配レベルへ順次行われ、高いリソース分配レベルを有するセルセットにおいて優先的な選択を行い、最適なチャンネル処理装置が高いリソース分配レベルを有するセルセットでは発見されなかったときにのみ、それに続いてそれより低いリソース分配レベルを有するセルセットにおいて前記チャンネル処理装置を選択するサブステップを含んでいるリソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  12. 新しく付加された各無線リンクに対して選択された最適なチャンネル処理装置が処理の責任を有する無線リンクに対応するセルは地理的に近傍に位置され、可能な限りある1つの領域で中央化される請求項11記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  13. 中央化された基地局の各チャンネル処理装置に対して、中央化された基地局の制御下のセルは異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループに区分され、
    最適なチャンネル処理装置は高から低までの区分されたセルセットのリソース分配レベルにしたがって、前記新しく付加された各無線リンクのために選択される請求項11記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  14. 各チャンネル処理装置に対して区分された異なるリソース分配レベルを有するセルセットは、基本セルセット、候補セルセット、残りのセルセットを含み、
    基本セルセットは各処理装置で特有であり、全てのチャンネル処理装置の基本セルセットは空の交叉部を有し、基本セルセットの各セルに関して、中央化された基地局に属する全てのセルであるユニオンを有し、セルが属するチャンネル処理装置はセルの属しているチャンネル処理装置であり、各チャンネル処理装置の候補セルセット中のセルはチャンネル処理装置の基本セルセットのセルに対して地理的に近傍にある周辺セルであり、残りのセルセットは基本セルおよび候補セル以外の中央化された基地局に属するセルのセットであり、リソース分配レベルは高から低までの順序で各チャンネル処理装置の前記基本セル、前記候補セル、前記残りのセルに対して割当てられる請求項13記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  15. システムリソースモデル情報中でチャンネル処理装置を共有する負荷に関連するパラメータを適合するように調節する前記ステップにおいて、
    ある1つのチャンネル処理装置の負荷量を予め定められた値と比較し、
    その比較結果に基づいて、前記チャンネル処理装置の負荷共有に関連されるパラメータを適合するように調節するサブステップを含んでいる請求項11乃至14のいずれか1項記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  16. 前記予め定められた値は、
    中央化された基地局のチャンネル処理装置の瞬間的な負荷状態の統計を取り、ある範囲の時間内におけるチャンネル処理装置の平均負荷量を得て、得られた平均負荷量の数学的平均によって獲得された全てのチャンネル処理装置の全平均負荷量を前記予め定められた値として取り、得られた平均負荷量の加重処理を実行することによって獲得された全チャンネル処理装置の加重された全平均負荷量を前記予め定められた値として取り、全ての処理装置の全平均負荷量の関数aP+bを前記予め定められた値として取る方法の少なくとも1つによって得られ、前記aとbは定数であり、Pは全てのチャンネル処理装置の全平均負荷量である請求項15記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  17. 前記チャンネル処理装置の負荷共有に関連されるパラメータはそれぞれの前記チャンネル処理装置の対応するセルセットのサイズである請求項15記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  18. チャンネル処理装置が前記予め定められた値よりも大きい負荷量を有するならば、チャンネル処理装置の1以上の近傍のチャンネル処理装置の候補セルセットを適切に拡大し、他方でチャンネル処理装置の候補セルセットを適切に減少させる請求項15記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  19. チャンネル処理装置の負荷量が前記予め定められた値よりも大きいときに付加されるセルは、チャンネル処理装置の基本セルセット中のセルであり、対応する近傍のチャンネル処理装置の候補セルセット中のセルに対して地理的に近傍にあるセルである請求項18記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  20. チャンネル処理装置の負荷量が前記予め定められた値よりも大きいとき、チャンネル処理装置の近傍のチャンネル処理装置の候補セルセットに付加されるセル数は、前記近傍のチャンネル処理装置のそれぞれの負荷量に依存しており、即ち近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が大きいほど、その候補セルセットに付加されるセルは少数であり、近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、その候補セルセットに負荷されるセルは多くされている請求項18記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  21. チャンネル処理装置の負荷量が前記予め定められた値よりも大きいとき、チャンネル処理装置の候補セルセットの適切に減少される量は、チャンネル処理装置のそれぞれの近傍のチャンネル処理装置の負荷量に依存し、即ちチャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が大きいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットから差し引かれ、近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは少数であり、一方、チャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットから差し引かれ、近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは多くなる請求項18記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  22. チャンネル処理装置の負荷量が前記予め定められた値よりも小さい場合には、チャンネル処理装置の候補セルセットを適切に拡大し、他方でチャンネル処理装置の1以上の近傍のチャンネル処理装置の候補セルセットを適切に減少させる請求項15記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  23. チャンネル処理装置の負荷量が前記予め定められた値よりも小さいとき、チャンネル処理装置の候補セルセットに付加されるセル数は、それぞれの近傍のチャンネル処理装置の負荷量に依存しており、即ちチャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が大きいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットに付加され近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは少数であり、チャンネル処理装置のある近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、チャンネル処理装置の候補セルセットに付加され近傍のチャンネル処理装置の基本セルセットに属するセルは多くされる請求項22記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  24. チャンネル処理装置の負荷量が前記予め定められた値よりも小さいとき、チャンネル処理装置の近傍のチャンネル処理装置の候補セルセットの減少される量もまた、それぞれの近傍のチャンネル処理装置の負荷量に依存しており、即ち近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が大きいほど、候補セルセットから差し引かれるセルは多くなり、近傍のチャンネル処理装置が有する負荷量が小さいほど、その候補セルセットから差し引かれるセルは少なくされる請求項22記載の適合的リソースのスケジュール化および負荷平衡を行う方法。
  25. 中央化された基地局において、
    中央チャンネル処理マスター装置MU(10)と、
    広帯域幅の送信リンクまたはネットワークを介して中央チャンネル処理マスター装置MUにそれぞれ結合されている複数の遠隔無線周波数装置RRU(20)とを具備し、
    前記中央化された基地局はさらに、
    新しく付加された各無線リンクのために最適なチャンネル処理装置を選択するための最適なチャンネル選択装置を具備し、それによって前記新しく付加された各無線リンクに関連されるチャンネル処理は、対応して選択された最適なチャンネル処理装置において実行され
    前記最適なチャンネル選択装置は、
    中央化された基地局の各チャンネル処理装置のために、中央化された基地局の制御下のセルを異なるリソース分配レベルを有するセルセットの対応するグループへ区分するセルセット区分サブ装置と、
    区分されたセルセットのリソース分配レベルにしたがって新しく付加された各無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を選択し、その選択は高いリソース分配レベルから低いリソース分配レベルへ順次行い、高いリソース分配レベルを有するセルセットにおいて優先的な選択を行い、最適なチャンネル処理装置が高いリソース分配レベルを有するセルセットでは発見されなかったときにのみ、それに続いてそれより低いリソース分配レベルを有するセルセットにおいて前記チャンネル処理装置を選択する中央化された基地局。
  26. 前記最適なチャンネル選択部材は、既知のシステムリソースモデル情報を使用して量子化された前記新しく付加された各無線リンクの占有されるリソース量に基づいて、新しく付加された各無線リンクに対して最適なチャンネル処理装置を選択するように構成されている請求項25記載の中央化された基地局。
  27. 前記最適なチャンネル選択部材は、各選択された最適なチャンネル処理装置が処理を行う責任を有する無線リンクに対応するセルを地理的に近傍のものとし、可能な限りある1つの領域に中央化させることを可能にするように構成されている請求項25記載の中央化された基地局。
  28. 各チャンネル処理装置に対して区分された異なるリソース分配レベルを有するセルセットは、基本セルセット、候補セルセット、残りのセルセットを具備し、基本セルは各処理装置で特有であり、全てのチャンネルの処理装置の基本セルセットは空の交叉部を有し、基本セルセットの各セルに関して、中央化された基地局に属する全てのセルであるユニオンを有し、セルが属するチャンネル処理装置はセルのチャンネル処理装置に属し、各チャンネル処理装置の候補セルセット中のセルはチャンネル処理装置の基本セルセットのセルに対して地理的に近傍にある周辺セルであり、残りのセルセットは基本セルおよび候補セル以外の中央化された基地局に属するセルのセットであり、リソース分配レベルは高から低まで各チャンネル処理装置の前記基本セル、候補セル、残りのセルに割当てられる請求項25乃至27のいずれか1項記載の中央化された基地局。
  29. 前記チャンネル選択サブ部材は、
    新しく付加された無線リンクに対応するセルの帰属チャンネル処理装置が必要とされるリソースを無線リンクに提供できるか否かを決定し、その属するチャンネル処理装置が必要とされるリソースを提供できないならば、無線リンクが位置するセルを候補セルセットが含んでいる全てのチャンネル処理装置を検索し、対応するチャンネル処理装置が、高から低までの利用可能なリソース量の順序で、必要とされるリソースを無線リンクに提供できるか否かを連続的に決定し、全てのこれらのチャンネル処理装置が依然として必要とされるリソースを提供できないならば、他のチャンネル処理装置が、高から低までの利用可能なリソース量の順序で、必要とされるリソースを無線リンクに提供できるか否かを連続的に決定し、それによって前記新しく付加された無線リンクに対する最適なチャンネル処理装置を得るように構成されている請求項28記載の中央化された基地局。
  30. 前記チャンネル選択サブ部材はさらに、
    前記リソース分配プロセス中のそれぞれの決定時において、リソース要求を満たすチャンネル処理装置が見つかる限り、その後の決定を停止し、要求を満たす最適のチャンネル処理装置が依然としてリソース分配ステップで発見されないならば、前記中央化された基地局が対応しているBSC/RNCへの無線リンクの構築または負荷ができなかったというメッセージを返送し、故障が不十分な処理リソースから生じたことを示し、リソース要求を満たすチャンネル処理装置が前記リソース分配プロセスで得られた後、無線リンクが存在するセルのRRU無線信号が最適なチャンネル処理装置に伝送されるか否かを決定し、伝送されていないならば、RRU無線信号を最適なチャンネル処理装置へ伝送し、その後対応するチャンネル処理リソースを無線リンクへ分配して構成し、対応するチャンネル処理装置のリソース状態の統計的情報を更新し、適切に無線リンクを構築または付加したというメッセージをBSC/RNCへ返送するように構成されている請求項29記載の中央化された基地局。
JP2007526163A 2004-06-10 2004-06-10 中央化された基地局におけるリソース分配および信号ルーティング方法 Expired - Fee Related JP4510888B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/CN2004/000623 WO2005122610A1 (fr) 2004-06-10 2004-06-10 Procede d'attribution des ressources et signaux de routage dans une station de base (bs) centralisee

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008502235A JP2008502235A (ja) 2008-01-24
JP4510888B2 true JP4510888B2 (ja) 2010-07-28

Family

ID=35503526

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007526163A Expired - Fee Related JP4510888B2 (ja) 2004-06-10 2004-06-10 中央化された基地局におけるリソース分配および信号ルーティング方法

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP4510888B2 (ja)
CN (1) CN100551154C (ja)
WO (1) WO2005122610A1 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009164912A (ja) * 2008-01-07 2009-07-23 Nec Corp 基地局装置およびその制御方法
CN101932142B (zh) * 2009-06-19 2015-04-01 中兴通讯股份有限公司 Ip接入的时分bts的用户面数据上下行传输方法
CN104581825A (zh) * 2013-10-18 2015-04-29 中兴通讯股份有限公司 资源状态获取方法、装置及系统

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5293641A (en) 1991-10-03 1994-03-08 Telefonaktiebolaget L M Ericsson Signal strength controlled directed retry in a mobile radiotelephone system
US5627879A (en) * 1992-09-17 1997-05-06 Adc Telecommunications, Inc. Cellular communications system with centralized base stations and distributed antenna units
TW253088B (ja) 1992-10-02 1995-08-01 Ericsson Telefon Ab L M
JPH0759145A (ja) * 1993-08-13 1995-03-03 Oki Electric Ind Co Ltd 移動通信システム
US5758287A (en) 1994-05-20 1998-05-26 Airtouch Communications, Inc. Hub and remote cellular telephone system
JPH09261722A (ja) * 1996-03-22 1997-10-03 Hitachi Ltd 移動無線通信方式
US6473623B1 (en) * 1996-04-18 2002-10-29 At&T Wireless Services, Inc. Method for self-calibration of a wireless communication system
JPH1023497A (ja) * 1996-06-13 1998-01-23 At & T Corp 集中基地局を利用したセルラ無線電話システム
SE522834C2 (sv) * 1998-11-11 2004-03-09 Ericsson Telefon Ab L M Anordning, system och förfarande relaterande till radiokommunikation
SE515898C2 (sv) * 1999-05-21 2001-10-22 Ericsson Telefon Ab L M En metod för cellastfördelning i ett cellulärt mobilradiokommunikationssystem
AU3993401A (en) * 2000-04-27 2001-11-12 Lgc Wireless Inc Adaptive capacity management in a centralized basestation architecture
US6353600B1 (en) * 2000-04-29 2002-03-05 Lgc Wireless, Inc. Dynamic sectorization in a CDMA cellular system employing centralized base-station architecture

Also Published As

Publication number Publication date
CN1957630A (zh) 2007-05-02
CN100551154C (zh) 2009-10-14
WO2005122610A1 (fr) 2005-12-22
JP2008502235A (ja) 2008-01-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0995278B1 (en) Cellular system traffic allocation and dynamic load balancing
US5781861A (en) Method for shedding traffic load in code division multiple access mobile communication system
DE69736615T2 (de) Drahtloses Kommunikationssystem mit dynamischer Zuweisung der Funkkanäle
CA2147312C (en) Apparatus and method for dynamic resource allocation in wireless communication networks utilizing ordered borrowing
US6987793B2 (en) Predictive collision avoidance in macrodiverse wireless networks with frequency hopping using switching
JP4676533B2 (ja) 移動通信システム及び基地局
US6597913B2 (en) Distributed dynamic channel management in cellular systems
US7180877B1 (en) Asymmetric measurement-based dynamic packet assignment system and method for wireless data services
KR101059662B1 (ko) Wan 시그널링 및 피어 투 피어 시그널링을 지원하는 혼합형 무선 통신 시스템에서의 전력 제어 및/또는 간섭 관리에 관한 방법 및 장치
US6018662A (en) Method for performing progressive soft handoff in CDMA systems
RU2404541C2 (ru) Взвешенное справедливое совместное использование беспроводного канала с помощью масок использования ресурсов
ES2391038T3 (es) Procedimiento de medición de calidad de canal dinámico para técnicas de modulación y codificación adaptativas
EP1997334B1 (en) Measurement-assisted dynamic frequency-reuse in cellular telecommuncations networks
ES2243061T3 (es) Asignacion de codigo para sistemas de radiocomunicaciones sectorizados.
CN102549943B (zh) 用于对资源度量进行编码的方法和装置
DE19882331B3 (de) System und Verfahren zum dynamischen Erhöhen der Kapazität eines Codeunterteilungsmehrfachzugriffs- (Code Division Multiple Access) Funktelekommunikationsnetzwerks
RU2178239C2 (ru) Способ определения времени выполнения жесткого переключения канала связи с частоты на частоту и установления среды жесткого переключения канала связи
DE19983172B4 (de) Dynamische Zuordnung von Paketdatenkanälen
CN1101637C (zh) 在移动通信系统中带有功率控制的自适应信道分配的方法和装置
ES2346192T3 (es) Sistema celular de comunicacion por radio con reutilizacion de frecuencia.
JP3667845B2 (ja) スロットダイナミック割り当てと同一チャンネル干渉の減少を有する多重アクセスセルラー通信
ES2333221T3 (es) Procedimiento y dispositivo para optimizar redes de comunicacion inalambrica celulares.
US8180354B2 (en) Method for allocating radio resource in multi-carrier time division duplex mobile communication system
KR960000527B1 (ko) 마이크로셀룰러 통신 시스템
US6023622A (en) Wireless communication system with dynamic channel allocation

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091006

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100106

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100114

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100208

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100330

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100430

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130514

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees