JP3786673B1 - 長尺根菜類の洗浄装置 - Google Patents

長尺根菜類の洗浄装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3786673B1
JP3786673B1 JP2005294380A JP2005294380A JP3786673B1 JP 3786673 B1 JP3786673 B1 JP 3786673B1 JP 2005294380 A JP2005294380 A JP 2005294380A JP 2005294380 A JP2005294380 A JP 2005294380A JP 3786673 B1 JP3786673 B1 JP 3786673B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
brush
cleaned
cleaning
roll brush
cleaning roll
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005294380A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007097529A (ja
Inventor
孝二 湯口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MACHINERY INC. FE SYSTEM WORKS CO., LTD
Original Assignee
MACHINERY INC. FE SYSTEM WORKS CO., LTD
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by MACHINERY INC. FE SYSTEM WORKS CO., LTD filed Critical MACHINERY INC. FE SYSTEM WORKS CO., LTD
Priority to JP2005294380A priority Critical patent/JP3786673B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3786673B1 publication Critical patent/JP3786673B1/ja
Priority to KR1020060070504A priority patent/KR100807292B1/ko
Publication of JP2007097529A publication Critical patent/JP2007097529A/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23NMACHINES OR APPARATUS FOR TREATING HARVESTED FRUIT, VEGETABLES OR FLOWER BULBS IN BULK, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; PEELING VEGETABLES OR FRUIT IN BULK; APPARATUS FOR PREPARING ANIMAL FEEDING- STUFFS
    • A23N12/00Machines for cleaning, blanching, drying or roasting fruits or vegetables, e.g. coffee, cocoa, nuts
    • A23N12/02Machines for cleaning, blanching, drying or roasting fruits or vegetables, e.g. coffee, cocoa, nuts for washing or blanching
    • B08B1/12
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B3/00Cleaning by methods involving the use or presence of liquid or steam
    • B08B3/02Cleaning by the force of jets or sprays

Abstract

【課題】 手洗いを強いられてきた扁平状の長芋や、葉付大根を自動的に連続洗浄することを可能とすることにより、洗浄、選別、箱詰めと言った一連の作業をシステム化し、出荷における合理化、省力化を可能とする長尺根菜類の洗浄装置を提供する。
【解決手段】 被洗浄物に対して高水圧の水を噴射することにより洗浄を行う高水圧噴射手段を備え、長手方向に添って配設された内方洗浄用ロールブラシ16、外側に位置する外方洗浄用ロールブラシ18、上方に位置する被洗浄物の飛びはね防止ブラシ20を有する長尺根菜類の洗浄装置において、内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18に植毛されている刷毛を被洗浄物が進む方向に傾けて植毛したことにより、被洗浄物に傷を付けることなく、洗浄を行うようにした。
【選択図】 図2

Description

本発明は、長尺根菜類の洗浄装置に係わり、長尺根菜類には例えば大根、長芋、ごぼう等があるが、このうち、特に葉付大根、長芋の洗浄に好適な洗浄装置に関する。
近年、消費者の健康志向の高まりを受け、特に葉付大根は、通常の大根よりも高価格で販売され、健康野菜に対する消費者のニーズは大幅に高まっている。従来、このような葉付大根の洗浄は、横送り式ロールブラシ洗浄機で葉付大根の根部のみを洗浄した後、大根の葉を水に浸しながら、人手による手洗いによって洗浄する方法などが採られている。
一方、本発明の出願人は、既に長尺根菜類自動洗浄装置(特願2000-69700号=特許第3343683号)を開発し、この長尺根菜類自動洗浄装置は、洗浄後の根菜類に傷がつかず、且つ日持ちがするなどの特徴を有している。
特許第3343683号公報
しかしながら、水などに浸して手作業、或いは横送り式ロールブラシ洗浄機で根部のみを洗浄して、葉部を手洗いして出荷する方法は、非常に手間の掛かる重労働であるとともに、洗浄、選別、箱詰めの一連の作業を連続して行うことができないため、大量出荷は困難である。また、大根の葉は水に浸し過ぎると、水分を吸って、劣化が進行して傷みやすくなる性質があり、このため、前記方法では、商品価値が低下すると言う問題点があった。
また、前述した長尺根菜類自動洗浄装置(特願2000-69700号=特許第3343683号)によっても葉付き大根を洗浄することは可能であるが、葉の形状によっては不具合が発生していた。具体的には、葉付き大根を洗浄した場合、葉に広がりを持った大根や扁平状になった長芋の場合、葉が水噴射ノズルにぶつかったり、ブラシにこすられて傷がつく場合があった。また、長芋を洗浄する場合でも扁平状の長芋の場合は傷をつけてしまう場合があった。
さらに、従来の根菜類自動洗浄装置は、円柱状をなすブラシ本体の材質として木を芯材として使用しているものが多いが、木にブラシの刷毛を直接植毛していたため、北海道や東北など、冬期間乾燥凍結する地域ではブラシ本体の木部が乾燥により割れが生じ、刷毛がブラシ本体から抜け落ちる場合があり、その結果、最悪1年程度の短いサイクルで交換しなければならないこともあり、維持管理に手間とコストがかかっていた。
本発明は、このような諸事情に対処するために提案されたものであって、手洗いを強いられてきた扁平状の長芋や、葉付大根を自動的に連続洗浄することを可能とすることにより、洗浄、選別、箱詰めと言った一連の作業をシステム化し、出荷における合理化、省力化を可能とする長尺根菜類の洗浄装置を提供することを目的とする。
また、洗浄中に大根葉や、扁平状の長芋を傷つけることがなく商品価値を向上させることが可能であるとともに、ブラシ寿命を飛躍的に延ばし、ブラシ交換における作業手間と維持経費の削減を図り、且つ洗浄水の噴射ノズルの形状を見直すことで使用水量の低減を図ることが可能な長尺根菜類の洗浄装置を提供することを目的とする。
上記目的を達成するために、請求項1記載の発明は、被洗浄物が投入される入口シュート並びに被洗浄物が排出される出口シュートを備えた上部フレームを有するとともに、該上部フレームが取り付けられたフレーム本体、並びに洗浄装置を備え、前記入口シュート側が出口シュートよりも上方に位置してなり、該洗浄装置は被洗浄物の進行方向に沿って高水圧の水を被洗浄物へ噴射する噴射ノズルを有する高水圧噴射手段を有し、前記上部フレームの長手方向に添って配設された内方洗浄用ロールブラシ、該内方洗浄用ロールブラシに対して外側に位置する外方洗浄用ロールブラシ、該外方洗浄用ロールブラシに対して上方に位置する被洗浄物の飛びはね防止ブラシを有するとともに、これらの3つのロールブラシは同一方向に回転するように設けられ、前記内方洗浄用ロールブラシ、外方洗浄用ロールブラシに、刷毛を被洗浄物が進む方向に傾けて植毛することによって洗浄時に被洗浄物の表面に該刷毛の側面を当接させて被洗浄物を回転させながら前記入口シュートから出口シュートへ向かって移動させるようにした長尺根菜類の洗浄装置であって、前記内方洗浄用ロールブラシ、外方洗浄用ロールブラシには間隔を隔てて各ロールブラシよりも大径のリングブラシが同心円状に取り付けられ、該リングブラシに植毛されている刷毛は被洗浄物の進行方向に対しほぼ垂直に植毛され、且つその先端が被洗浄物の進行方向とほぼ平行であることを特徴としている。
上述のように、請求項1記載の発明によれば、内方洗浄用ロールブラシ、外方洗浄用ロールブラシに植毛されている刷毛は、被洗浄物が進む方向に傾けて植毛されているので、洗浄時に被洗浄物の表面に当接するのは刷毛の先端ではなく側面が当接するため、傷の付き易い葉付大根や、平芋などを傷つけることなく洗浄することができる。
さらに、各ロールブラシの刷毛は、洗浄水を毛細管現象によって刷毛全体で保水しつつ、ブラシの回転により生じる遠心力によって刷毛の先端に水が集まるようになる。そして、刷毛を被洗浄物が進む方向に傾けて植毛したこととも相まって、水が刷毛から飛び出しにくくなり、この結果、洗浄時のブラシの表面は水膜で覆われた状態となる。この水膜の上を、被洗浄物である根菜類が回転しながら進むため、ブラシの回転による被洗浄物の根菜類表面への傷付きを防止しながら、確実な洗浄が可能となったものである。
また、内方洗浄用ロールブラシ、外方洗浄用ロールブラシに、間隔を隔てて、各ロールブラシよりも大径のリングブラシを複数取り付け、これらのリングブラシによって被洗浄物の先端や、曲がり部、凹凸部などに付着した汚れを浮かしながら被洗浄物である根菜類を移動させるようにしているため、高水圧噴射手段の水圧による洗浄を効果的に行うことが可能である。さらに、リングブラシに植毛されている刷毛は被洗浄物の進行方向に対し、傾けて植毛するのではなく垂直に植毛しているため、洗浄をより確実なものとすることができる。
以下、本発明に係る長尺根菜類の洗浄装置の好適な実施形態について添付図面を参照して説明する。
図1は本発明の一実施形態に係る洗浄装置の概略斜視図、図2は洗浄装置の内部構成を示した斜視図、図3は洗浄装置の要部であるブラシの配置状況を示した正面図である。図1及び図2に示されるように、洗浄装置10は、フレーム本体12と、上部フレーム14と、内方洗浄用ロールブラシ16と、外方洗浄用ロールブラシ18と、飛びはね防止ブラシ20と、高水圧噴射手段22等とから構成され、本実施形態の洗浄装置10では右方洗浄装置10A、及び左方洗浄装置10Bの2列の洗浄ラインを備えている。
図1及び図2に示されるように、フレーム本体12は、鉄材で製作された前部側一対の支脚12A,12Aと、後部側一対の支脚12B,12B等とを備え、これらの支脚のうち、前部側の支脚12Aは、後部側の支脚12Bよりも高く形成されている。上部フレーム14は、前部側の支脚12A、及び後部側の支脚12Bの上端間を前後方向に連結する前後枠14A,14Aと、前後枠14Aの前端部同士を横方向に連結する前部側横枠14Bと、前後枠14Aの後端部同士を横方向に連結する後部側横枠14Cとを有し、平面視矩形状に形成されている。上部フレーム14は、支脚12A及び12Bの高低差によってフレーム本体12に対し、0°〜30の角度で前部側が高くなるように傾斜して支持されている。また、図3に示されるように、上部フレーム14の前部側は、前部側横枠14Bを上辺とする正面視矩形状の枠体24が取り付けられている。
前部側横枠14A、並びに後部側横枠14Bには、各ブラシの回転軸を軸支する支持部材26,26…が左右一対ずつ起立するように立設され、それぞれ正面から視ると略コ字状をなしている。各支持部材26には、内方洗浄用ロールブラシ16の回転軸を軸支する支持片26Aと、飛びはね防止ブラシ20の回転軸を軸支する支持片26Bがそれぞれ設けられている。また、前部側横枠14B、及び後部側横枠14Cには、外方洗浄用ロールブラシ18の回転軸を軸支する支持片28が設けられている。
図2及び図3に示されるように、内方洗浄用ロールブラシ16、並びに外方洗浄用ロールブラシ18、飛びはね防止ブラシ20は相互に平行となるよう上部フレーム14上に配設され、各ブラシのうち、内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18及び飛びはね防止ブラシ20は、円柱状に形成されているとともに、このうち、内方洗浄用ロールブラシ16と外方洗浄用ロールブラシ18は同一寸法を有している。図2に示されるように、内方洗浄用ロールブラシ16と、外方洗浄用ロールブラシ18には、各ロールブラシよりも大径のリングブラシ32が、前後方向に所定の間隔を隔てて取り付けられている。内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18は、一定間隔を隔てて平行に配設されているが、各ロールブラシ16,18に取り付けられているリングブラシ32は、前後方向に交互に位置するように配置され、隣接する各ロールブラシ16,18の毛先に接触するように配設されている。また、外方洗浄用ロールブラシ18及び飛びはね防止ブラシ20は、所定の間隔を隔てて配設されている。
なお、内方洗浄用ロールブラシ16、並びに外方洗浄用ロールブラシ18は、中心が同一の高さとなるように設置してもよいし、或いは図3に示すように、ある程度段違いとなる高さで設置してもよい。
外方洗浄用ロールブラシ18,18間には、仕切部30が外方洗浄用ロールブラシ18,18の前後に沿って、やはり各ブラシと平行となるように取り付けられ、右方洗浄装置10A、及び左方洗浄装置10Bとの間を仕切っている。また、図3に示されるように、枠体24の下部には、駆動モータ34,34が配設され、歯車とチェーンによって、内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18、飛びはね防止ブラシ20を、それぞれ回転させるようになっている。内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18及び飛びはね防止ブラシ20は、上部フレーム14上に設置されたカバー部31によって覆われている。
図1に示されるように、カバー部31は、上部フレーム14上に取り付けられ、このカバー部31は、骨枠31Aと、カバー31Bとで構成されている。骨枠31Aは、上部フレーム14の上面に配置された右方洗浄装置10A、及び左方洗浄装置10Bを上方から覆うように構成された枠からなっている。カバー部31Bは、骨枠31Aの全面を覆うように張設されたビニールなどからなるシートで構成されている。カバー部31の前部側には被洗浄物が投入される入口シュート29Aが設けられているとともに、後部側には被洗浄物の出口シュート29Bが設けられている。
次に、各ブラシの詳細な構成について説明する。図4は、内方洗浄用ロールブラシ16及び外方洗浄用ロールブラシ18の一部を示す側面断面図、並びにロールブラシ16,18に植毛されている刷毛の状態を図示した概略図である。図4(A)に示されるように、3種類の内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18、及び飛びはね防止ブラシ20は、いずれも木製の芯部33と、被覆部35、刷毛部37等とから構成されている。各ロールブラシ16,18の外周面を被覆している被覆部35としては、例えば塩ビ管、樹脂パイプ、ゴム管などが用いられ、この被覆部35によって木製の芯部33を保護している。
図4(B)に示されるように、各ロールブラシ16,18の刷毛部37は、ブラシの中心部に対し洗浄を行う大根等の根菜類の進行方向に傾けて植毛されており、この刷毛部37は獣毛、樹脂系材料の毛、ナイロンの毛など、太さや種類を、1種類だけ又は数種類組み合わせて、数十本から数百本束ねられて構成されている。刷毛部37の太さは、束が例えば円形をなす場合は、数ミリの直径dを有するように形成されているとともに、刷毛部37,37・・の一束、一束の間隔Lは、少なくとも一束の太さであるd以上となるように植毛されている。このように、刷毛部37同士の間隔をあけたのは、被洗浄物が刷毛部37の上に載ったときに弾力性が失われず、進行方向に傾けて斜めに植毛したことと相まって被洗浄物を傷つけることがなく、刷毛部37自身の耐久性が向上するためである。即ち、洗浄時に被洗浄物が刷毛の上に載ったときに、刷毛の弾力性を維持しながら被洗浄物に刷毛部37が当接するため、大根などの表面を傷付けるのを防止しつつ、確実に洗浄することが可能となったものである。また、同時に刷毛部37の弾力性が維持される結果、刷毛部37を構成する1本1本の毛自体の耐久性も向上する。なお、図4で示した刷毛部37を構成する一束の形状は、円形のほか、楕円形など、用途に応じて適宜選択することができる。
また、図4(B)に示されるように、各ロールブラシ16,18を、根菜類の投入口側或いは出口側から見た場合に、刷毛部37は束で植毛されているため、洗浄水を噴射すると毛細管現象で、刷毛部37の先端で保水効果を発揮し、ブラシ16,18が回転すると遠心力により刷毛部37先端に水が集まるとともに、図4(C)にも示されるように、刷毛部37が進行方向に傾斜して植毛されていることで、先端に集まった水が水膜X,X・・となって外側に飛び出しにくくなり、回転中においても刷毛部37先端の外側を水膜X,X・・で覆うことになる。それにより、これらの水膜X,X・・上を、被洗浄物である根菜類が回転しながら進むため、被洗浄物に直接刷毛部37が当たらす、ブラシに絡んで傷のつきやすい葉付き大根や、扁平状なために重量が偏ることにより、傷つきやすい平芋などを傷つけることなく洗浄することが可能となっている。一方、内方洗浄用ロールブラシ16及び外方洗浄用ロールブラシ18に取り付けられているリングブラシ32の刷毛は、進行方向に対し垂直方向に植毛されている。
なお、飛びはね防止ブラシ20については、図示していないが、同様に木製の芯部33を被覆部35によって被覆する構造であり、且つ斜め植毛ではなく進行方向に対して垂直に植毛されているが、内方洗浄用ロールブラシ16及び外方洗浄用ロールブラシ18と同様に斜めに傾けて植毛してもよい。
高水圧噴射手段22は、昇降手段である上下微動装置22Aと、配管22Bと、噴射管22C等とから構成され、このうち、上下微動装置22Aにはパンタグラフタイプのネジ式ジャッキが2基用いられている。前後の上下微動装置22Aの間は、そのネジ部同士がハンドル19を有する棒材21を介して接続され、ハンドル19を回転させることにより、棒材21に回転力が伝達され、前後の上下微動装置22Aを協働して上下動させ、同じ距離だけ上下動させることができるようになっている。配管22Bは、カバー部31の上面に沿って前後方向に配設された左右一対のパイプからなり、後述するように、上下微動装置22Aと上下動可能に連結されている。
図5は昇降手段である上下微動装置22Aによって高圧水噴射手段22を上下動させた場合の作用を示す概略側面図、並びに概略正面図である。図3及び図5に示されるように、上下微動装置22Aの可動部23は、左右の配管22B間に架設された水平軸36の中央部と接続され、上下方向の力を水平軸36に伝達することが可能となっている。また、前後の各水平軸36の端部には、カバー部31の前後に2本ずつ立設された支柱38,38に対し、摺動可能な内径のパイプ材40,40が取り付けられており、上下被動装置22Aの可動部23が上下動することによって水平軸36が両脇の支柱36にガイドされながら上下方向へ移動する。水平軸36は、例えば図5(A)に示される実線の位置から一点鎖線に示す位置まで配管22B全体を上下に移動させることができるようになっている。このように、上下微動装置22Aであるジャッキの上下動に従って噴射管22C全体が上下動するため、噴射ノズル22Dの上下位置を被洗浄物の種類や、汚れ具合、葉の状況等に応じて微調整することが可能である。
噴射管22Cは、配管22Bの下面に、所定間隔をもって複数の噴射管が配設されており、各噴射管22Cは、カバー部31の天井面を上方から貫通する状態で垂下されている。噴射管22Cの先端には噴射ノズル22Dが取り付けられ、噴射ノズル22Dは、被洗浄物である根菜類の通り道となる内方洗浄用ロールブラシ16と外方洗浄用ロールブラシ18間の上方に位置している。噴射ノズル22Dは、その先端の断面形状が略扇状に形成されているため、噴射される水は、従来の洗浄装置のように円錐状ではなく、横方向から見ると扇状に噴射され、被洗浄物に対して満遍なく水が噴射されるようになっている。
次に、前述した本実施形態の洗浄装置の洗浄時における作用について説明する。
図6は投入された被洗浄物の動きを示した説明図、図7は噴射ノズル22Dによって噴射される水の状態を示す説明図並びにリングブラシ32の作用を示す説明図、図8は曲がりのある被洗浄物の移動時における作用を示す説明図並びに飛びはね防止ブラシ20の作用を示す説明図である。
図6(A)に示されるように、投入シュート29Aから投入された大根などの被洗浄物50は、内方洗浄用ロールブラシ16及び外方洗浄用ロールブラシ18に設けられた刷毛部37の作用によって被洗浄物50の底部と側部から力が働き、1本ずつ無理なく回転しながら洗浄装置内を移動していく。この際、内方洗浄用ロールブラシ16及び外方洗浄用ロールブラシ18には、それぞれリングブラシ32が一定間隔毎に前後方向に亘って取り付けられているため、図6(B)に示されるように、被洗浄物50はリングブラシ32によって進行方向に対し横向き、若しくは上向きの力が与えられ、内方洗浄用ロールブラシ16及び外方洗浄用ロールブラシ18との間を蛇行しながら移動していく。
また、前述したように、ロールブラシ16,18の刷毛部37は、被洗浄物50の進行方向に傾けて植毛されているため、後述する高水圧噴射手段22から噴射される洗浄水を、刷毛部37全体で保水しつつ、ブラシの回転による遠心力によって刷毛部37の先端付近に水を集めるため、刷毛部37の表面が水膜で覆われた状態となる。このため、図8(A)に示されるように、被洗浄物50である大根などが仮に曲がっていたり、扁平形状、凹凸を有している場合でも、その表面に刷毛部37による擦過傷などの傷を付けることなく移動させながら、被洗浄物50を洗浄することができる。
被洗浄物50は、移動中において、高圧水噴射手段22の噴射ノズル22Dから噴射される水によって泥や汚れなどの洗浄が行われる。噴射ノズル22Dから噴射される水は、ノズル22Dの断面形状が扁平状に形成されているため、図7(A)の一点鎖線Yに示されるように、根菜類の投入口側或いは出口側から見た場合、ほぼ直線状をなすように水が噴射される。即ち、噴射ノズル22Dは、根菜類の通り道となる内方洗浄用ロールブラシ16と外方洗浄用ロールブラシ18間の上方から、水を略直線状に噴射するため、大根などの被洗浄物50に対し、満遍なく高圧の水による洗浄が行われるとともに、被洗浄物の通り付近のみに高圧の水を噴射するため、水の無駄な飛散が減少し、少ない水量で効果的な洗浄を行うことが可能となっている。また、被洗浄物50が葉付大根の場合には、水圧の力で、葉が跳ね上がるのを防止しながら洗浄作業を行うことができる。
前述したように、高圧水噴射手段22は、上下微動装置22Aによって被洗浄物50の状況に応じて、噴射手段22全体を上下させることができるので、例えば、葉に広がりを持った葉付大根の場合は、葉がノズル22Dに接触しない位置まで高水圧噴射手段22全体を上側へ移動させて洗浄することで、葉を傷つけることなく洗浄することが可能である。
図7(B)に示されるように、洗浄中における内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18、飛びはね防止ブラシ20の回転方向は同一であり、本実施形態では右方洗浄装置10Aの場合は左回りであり、一方、左方洗浄装置10Bでは右回りに回転するようになっている。図8(B)に示されるように、移動中の被洗浄物50が二点鎖線に示すように跳ね上がった場合には、飛びはね防止ブラシ20によって回転力が作用し、被洗浄物50を元の位置に戻すように働く。これによって、被洗浄物50が飛び跳ねて洗浄が行われなくなると言った事態を防止することができる。
以上説明したように、本実施形態の長尺根菜類の洗浄装置によれば、葉付大根などの長尺根菜類を連続的に自動運転で洗浄することが可能となる結果、人手による重労働を解消することができるとともに、本洗浄装置を、選別、箱詰めの作業を実施する一連のプラントに組み込むことが可能となり、出荷作業の合理化、省力化を図ることができる。特に、手洗いを余儀なくされていた扁平状長芋や、加工用の大径の大根の自動洗浄が可能なため、生産者の出荷時における作業効率が向上する。
また、傷つきやすい肌を有する根菜類についても、内方洗浄用ロールブラシ16と外方洗浄用ロールブラシ18の刷毛部37を傾けて植毛しているため、傷をつけることなく自動洗浄することができ、商品価値の向上に寄与する。
さらに、今まで廃棄されていた葉付大根の出荷を拡大することができるので、商品の差別化を図ることができ、高付加価値の商品として市場に提供することができる。また、内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18、飛びはね防止ブラシ20は、その外側を塩ビなどの被覆部35で覆っているため、木製の芯部33のブラシの場合、冬季間の乾燥や凍結から芯部33を保護することができ、ブラシの交換サイクルを長期化することが可能なため、その結果、維持コスト、交換作業に要する作業手間等を低減することが可能である。
加えて、洗浄装置そのものの構造がシンプルなため、組立作業が容易で使用者である農家自身がメンテナンスを行うことができると言う利点を有する。
なお、本実施形態では、内方洗浄用ロールブラシ16、外方洗浄用ロールブラシ18、飛びはね防止ブラシ20の芯材として木製の部材を使用したが、植毛することができ、円柱状に加工可能で一定の強度を持つ部材であれば、木製には限定されない。また、本実施形態の洗浄装置は、右方洗浄装置10Aと、左方洗浄装置10Bとの2基の洗浄装置から構成したが、これには限定されず、単一の洗浄装置、或いは3基とするなど、その数は幾つでもよい。
以上説明したように、本発明によれば、手洗いを強いられてきた扁平状の長芋や、葉付大根を自動的に連続洗浄することを可能となり、洗浄、選別、箱詰めと言った一連の作業をシステム化することができ、出荷時の作業を合理化、省力化することが可能である。また、洗浄中に大根葉や、扁平状の長芋を傷つけることがないため、市場における商品価値を大幅に向上させることができる。
本発明の一実施形態に係る長尺根菜類の洗浄装置の概略斜視図である。 本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置の内部構成を示した斜視図である。 同じく、本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置の要部であるブラシの配置状況を示した正面図である。 同じく、本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置の要部である内方洗浄用ロールブラシ及び外方洗浄用ロールブラシの一部を示す側面断面図、並びにロールブラシに植毛されている刷毛の状態を図示した概略図、洗浄時の作用の概略図である。 同じく、本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置の要部である昇降手段である上下微動装置によって高圧水噴射手段を上下動させた場合の作用を示す概略側面図及び正面図である。 同じく、本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置に投入された被洗浄物の動きを示した説明図である。 同じく、本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置の要部である高圧水噴射手段によって噴射される水の状態を示す説明図である。 同じく、本実施形態における長尺根菜類の洗浄装置を使用して曲がりのある被洗浄物の移動時における作用を示す説明図、並びに飛びはね防止ブラシの作用を示す説明図である。
符号の説明
10 長尺根菜類の洗浄装置
10A 右方洗浄装置
10B 左方洗浄装置
12 フレーム本体
12A 支脚(前部側)
12B 支脚(後部側)
14 上部フレーム
14A 前後枠
14B 前部側横枠
14C 後部側横枠
16 内方洗浄用ロールブラシ
18 外方洗浄用ロールブラシ
20 飛びはね防止ブラシ
22 高圧水噴射手段
22A 上下微動装置
22B 配管
22C 噴射管
22D 噴射ノズル
23 可動部
24 枠体
26 支持部材
26A 26B 28 支持片
29A 入口シュート
29B 出口シュート
30 仕切部
31 カバー部
31A 骨枠
31B カバー
32 リングブラシ
33 芯部
34 駆動モータ
35 被覆部
36 水平軸
37 刷毛部
38 支柱
40 パイプ材
50 被洗浄物
X 水膜

Claims (1)

  1. 被洗浄物が投入される入口シュート並びに被洗浄物が排出される出口シュートを
    備えた上部フレームを有するとともに、該上部フレームが取り付けられたフレーム本体、並びに洗浄装置を備え、前記入口シュート側が出口シュートよりも上方に位置してなり、該洗浄装置は被洗浄物の進行方向に沿って高水圧の水を被洗浄物へ噴射する噴射ノズルを有する高水圧噴射手段を有し、前記上部フレームの長手方向に添って配設された内方洗浄用ロールブラシ、該内方洗浄用ロールブラシに対して外側に位置する外方洗浄用ロールブラシ、該外方洗浄用ロールブラシに対して上方に位置する被洗浄物の飛びはね防止ブラシを有するとともに、これらの3つのロールブラシは同一方向に回転するように設けられ、前記内方洗浄用ロールブラシ、外方洗浄用ロールブラシに、刷毛を被洗浄物が進む方向に傾けて植毛することによって洗浄時に被洗浄物の表面に該刷毛の側面を当接させて被洗浄物を回転させながら前記入口シュートから出口シュートへ向かって移動させるようにした長尺根菜類の洗浄装置であって、
    前記内方洗浄用ロールブラシ、外方洗浄用ロールブラシには間隔を隔てて各ロールブラシよりも大径のリングブラシが同心円状に取り付けられ、該リングブラシに植毛されている刷毛は被洗浄物の進行方向に対しほぼ垂直に植毛され、且つその先端が被洗浄物の進行方向とほぼ平行であることを特徴とする長尺根菜類の洗浄装置。
JP2005294380A 2005-10-07 2005-10-07 長尺根菜類の洗浄装置 Active JP3786673B1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005294380A JP3786673B1 (ja) 2005-10-07 2005-10-07 長尺根菜類の洗浄装置
KR1020060070504A KR100807292B1 (ko) 2005-10-07 2006-07-27 긴 근채류의 세정장치

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005294380A JP3786673B1 (ja) 2005-10-07 2005-10-07 長尺根菜類の洗浄装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP3786673B1 true JP3786673B1 (ja) 2006-06-14
JP2007097529A JP2007097529A (ja) 2007-04-19

Family

ID=36635827

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005294380A Active JP3786673B1 (ja) 2005-10-07 2005-10-07 長尺根菜類の洗浄装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3786673B1 (ja)
KR (1) KR100807292B1 (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016007181A (ja) * 2014-06-25 2016-01-18 株式会社佐野農機 根菜類の洗浄装置
CN106040644A (zh) * 2016-06-29 2016-10-26 哈尔滨华藻生物科技开发有限公司 一种高效清洗装置
CN106638834A (zh) * 2016-11-22 2017-05-10 中国科学院东北地理与农业生态研究所 洗根和收集根系兼备的水槽过滤装置及方法
CN107671051A (zh) * 2017-11-08 2018-02-09 中国农业科学院农田灌溉研究所 一种简易旋转式自动根系清洗装置
CN108080309A (zh) * 2017-12-06 2018-05-29 郑州仁宏医药科技有限公司 一种中药加工用药材清洗装置
RU2680907C1 (ru) * 2017-12-04 2019-02-28 Александр Владимирович Титенок Устройство для мойки корнеклубнеплодов
CN110653211A (zh) * 2019-10-18 2020-01-07 甘肃省和顺元中药饮片有限公司 一种多功能洗药机
CN112189864A (zh) * 2020-10-11 2021-01-08 苗宝俊 一种用于对蔬菜快速清洗的除泥装置
CN112238079A (zh) * 2019-07-17 2021-01-19 江苏省农业科学院 一种须根系作物根部清洗装置及清洗方法
CN114669523A (zh) * 2022-02-18 2022-06-28 安徽淮草堂中药饮片有限公司 一种中药饮片生产用中药泥土处理设备
CN114887956A (zh) * 2022-03-21 2022-08-12 江西源生狼和药业有限公司 一种艾叶提取物的加工装置
CN116099791A (zh) * 2023-04-13 2023-05-12 黄元御(潍坊)生物科技有限公司 一种用于中药材加工的清洗装置
CN116140264A (zh) * 2023-04-19 2023-05-23 河北安国振宇药业有限公司 一种三叶青制备用洗药机

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008307061A (ja) * 2008-09-11 2008-12-25 Sandee Syst Kk 搬送洗浄装置
JP5143299B1 (ja) * 2012-02-14 2013-02-13 株式会社エフ・イー ショウガ類の洗浄装置及び洗浄方法
CN103230891A (zh) * 2013-05-03 2013-08-07 山东瑞帆果蔬机械科技有限公司 错流式清洗喷冲装置
JP5614824B1 (ja) * 2014-02-28 2014-10-29 東邦窯業株式会社 繊維質ライニングロール
CN107051928B (zh) * 2017-05-22 2019-11-29 安徽济人药业有限公司 一种可便捷排出污水的中药材白芷自动去泥清洗机
CN107897969B (zh) * 2017-12-02 2021-06-11 马家全 一种收合式洗藕设备
RU205076U1 (ru) * 2020-11-17 2021-06-25 Федеральное государственное бюджетное образовательное учреждение высшего образования "Ульяновский государственный аграрный университет имени П.А. Столыпина" Комбинированное устройство для мойки и измельчения корнеплодов
RU205075U1 (ru) * 2020-11-17 2021-06-25 Федеральное государственное бюджетное образовательное учреждение высшего образования "Ульяновский государственный аграрный университет имени П.А. Столыпина" Комбинированное устройство для мойки и измельчения корнеплодов
RU205543U1 (ru) * 2020-11-17 2021-07-20 Федеральное государственное бюджетное образовательное учреждение высшего образования "Ульяновский государственный аграрный университет имени П.А. Столыпина" Комбинированное устройство для мойки и измельчения корнеплодов

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200215705Y1 (ko) 2000-10-02 2001-03-15 양옥열 고구마 자동 세척시스템
KR200240894Y1 (ko) 2001-05-14 2001-10-15 해륙기계공업 주식회사 농산물 세척장치
KR100421780B1 (ko) * 2001-12-28 2004-03-11 한국기계연구원 에젝터를 이용한 다단격실형 세척기
KR200335279Y1 (ko) 2003-09-23 2003-12-06 대한민국(관리부서:농촌진흥청) 감자세척 건조장치

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016007181A (ja) * 2014-06-25 2016-01-18 株式会社佐野農機 根菜類の洗浄装置
CN106040644A (zh) * 2016-06-29 2016-10-26 哈尔滨华藻生物科技开发有限公司 一种高效清洗装置
CN106638834A (zh) * 2016-11-22 2017-05-10 中国科学院东北地理与农业生态研究所 洗根和收集根系兼备的水槽过滤装置及方法
CN106638834B (zh) * 2016-11-22 2019-02-19 中国科学院东北地理与农业生态研究所 洗根和收集根系兼备的水槽过滤装置及方法
CN107671051B (zh) * 2017-11-08 2023-08-04 江苏农林职业技术学院 一种简易旋转式自动根系清洗装置
CN107671051A (zh) * 2017-11-08 2018-02-09 中国农业科学院农田灌溉研究所 一种简易旋转式自动根系清洗装置
RU2680907C1 (ru) * 2017-12-04 2019-02-28 Александр Владимирович Титенок Устройство для мойки корнеклубнеплодов
CN108080309A (zh) * 2017-12-06 2018-05-29 郑州仁宏医药科技有限公司 一种中药加工用药材清洗装置
CN112238079A (zh) * 2019-07-17 2021-01-19 江苏省农业科学院 一种须根系作物根部清洗装置及清洗方法
CN110653211A (zh) * 2019-10-18 2020-01-07 甘肃省和顺元中药饮片有限公司 一种多功能洗药机
CN112189864A (zh) * 2020-10-11 2021-01-08 苗宝俊 一种用于对蔬菜快速清洗的除泥装置
CN114669523B (zh) * 2022-02-18 2023-04-11 安徽淮草堂中药饮片有限公司 一种中药饮片生产用中药泥土处理设备
CN114669523A (zh) * 2022-02-18 2022-06-28 安徽淮草堂中药饮片有限公司 一种中药饮片生产用中药泥土处理设备
CN114887956A (zh) * 2022-03-21 2022-08-12 江西源生狼和药业有限公司 一种艾叶提取物的加工装置
CN114887956B (zh) * 2022-03-21 2023-09-29 江西源生狼和药业有限公司 一种艾叶提取物的加工装置
CN116099791A (zh) * 2023-04-13 2023-05-12 黄元御(潍坊)生物科技有限公司 一种用于中药材加工的清洗装置
CN116099791B (zh) * 2023-04-13 2023-06-09 黄元御(潍坊)生物科技有限公司 一种用于中药材加工的清洗装置
CN116140264A (zh) * 2023-04-19 2023-05-23 河北安国振宇药业有限公司 一种三叶青制备用洗药机
CN116140264B (zh) * 2023-04-19 2023-08-18 河北安国振宇药业有限公司 一种三叶青制备用洗药机

Also Published As

Publication number Publication date
KR100807292B1 (ko) 2008-02-28
KR20070039395A (ko) 2007-04-11
JP2007097529A (ja) 2007-04-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3786673B1 (ja) 長尺根菜類の洗浄装置
JP5143299B1 (ja) ショウガ類の洗浄装置及び洗浄方法
CN105962391B (zh) 一种砂糖橘清洗分级设备
KR101158766B1 (ko) 농산물 세척장치
CN209031166U (zh) 一种板栗清洗装置
CN203955591U (zh) 一种高尔夫球棒握把清洗机
CN207305957U (zh) 一种用于虾类加工的清洗装置
CN207822435U (zh) 一种体育用品清洗装置
CN103866525B (zh) 带有刷鞋功能的洗衣机
CN205547240U (zh) 一种黄泥腌制蛋黄泥清洗装置
KR200430764Y1 (ko) 긴 근채류의 세정장치
CN207371215U (zh) 一种空调过滤网用清洗装置
CN203748615U (zh) 蔬果清洗机
CN106562454A (zh) 一种适用菌类产品的清洗烘干系统
JP6437735B2 (ja) 農作物の洗浄装置
CN211910452U (zh) 一种魔芋加工用清洗装置
CN212035891U (zh) 一种鲜果清洗装置
CN210580888U (zh) 马铃薯刷洗机
CN209749750U (zh) 蔬果去毛发机
KR20120003643U (ko) 다용도 과일 세척기
JP3343683B2 (ja) 長尺根菜類用自動洗浄装置
CN219742619U (zh) 一种清洁基座及清洁系统
CN217774931U (zh) 一种农业机械配件生产用清洗装置
CN110537886A (zh) 刷洗式自动洗碗机
CN220402998U (zh) 一种用于葡萄加工的清洗装置

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060320

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060320

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 3786673

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090331

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120331

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120331

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130331

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140331

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250