JP3650112B2 - ガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置 - Google Patents

ガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3650112B2
JP3650112B2 JP51004695A JP51004695A JP3650112B2 JP 3650112 B2 JP3650112 B2 JP 3650112B2 JP 51004695 A JP51004695 A JP 51004695A JP 51004695 A JP51004695 A JP 51004695A JP 3650112 B2 JP3650112 B2 JP 3650112B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steam
water
circuit
cooling
heat exchanger
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP51004695A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09503263A (ja
Inventor
ガブリエル、クリスチアン
Original Assignee
シーメンス アクチエンゲゼルシヤフト
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE4333439.3 priority Critical
Priority to DE4333439A priority patent/DE4333439C1/de
Application filed by シーメンス アクチエンゲゼルシヤフト filed Critical シーメンス アクチエンゲゼルシヤフト
Priority to PCT/DE1994/001085 priority patent/WO1995009300A1/de
Publication of JPH09503263A publication Critical patent/JPH09503263A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3650112B2 publication Critical patent/JP3650112B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02CGAS-TURBINE PLANTS; AIR INTAKES FOR JET-PROPULSION PLANTS; CONTROLLING FUEL SUPPLY IN AIR-BREATHING JET-PROPULSION PLANTS
    • F02C7/00Features, components parts, details or accessories, not provided for in, or of interest apart form groups F02C1/00 - F02C6/00; Air intakes for jet-propulsion plants
    • F02C7/12Cooling of plants
    • F02C7/16Cooling of plants characterised by cooling medium
    • F02C7/18Cooling of plants characterised by cooling medium the medium being gaseous, e.g. air
    • F02C7/185Cooling means for reducing the temperature of the cooling air or gas
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02CGAS-TURBINE PLANTS; AIR INTAKES FOR JET-PROPULSION PLANTS; CONTROLLING FUEL SUPPLY IN AIR-BREATHING JET-PROPULSION PLANTS
    • F02C7/00Features, components parts, details or accessories, not provided for in, or of interest apart form groups F02C1/00 - F02C6/00; Air intakes for jet-propulsion plants
    • F02C7/12Cooling of plants
    • F02C7/16Cooling of plants characterised by cooling medium
    • F02C7/18Cooling of plants characterised by cooling medium the medium being gaseous, e.g. air
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01KSTEAM ENGINE PLANTS; STEAM ACCUMULATORS; ENGINE PLANTS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; ENGINES USING SPECIAL WORKING FLUIDS OR CYCLES
    • F01K23/00Plants characterised by more than one engine delivering power external to the plant, the engines being driven by different fluids
    • F01K23/02Plants characterised by more than one engine delivering power external to the plant, the engines being driven by different fluids the engine cycles being thermally coupled
    • F01K23/06Plants characterised by more than one engine delivering power external to the plant, the engines being driven by different fluids the engine cycles being thermally coupled combustion heat from one cycle heating the fluid in another cycle

Description

本発明は、ガスタービンに後置接続されている廃熱ボイラを有し、その加熱面が蒸気タービンの水・蒸気循環路に接続されているようなガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置に関する。
かかるガス・蒸気タービン複合設備は一般に電気エネルギーを発生するために採用されている。ガスタービンの出力を増大するため従ってできるだけ大きな効率を得るために、タービンの入口における作動媒体の温度は特に高く例えば1200〜1500℃にすることが熱望されている。しかしこのような高いタービン入口温度は特にタービン翼の耐熱性に関する材料上の問題を生ずる。
タービン入口温度の増大はタービン翼がそれが常に材料の許容温度以下になっているように十分に冷却されるときに許される。このためにヨーロッパ特許第0379880号明細書において、ガスタービンに付設された圧縮機で圧縮された空気を分岐し、冷却媒体として作用するこの空気をガスタービンの入口の前で冷却することが知られている。その場合、空気・水冷却器が使用され、これで冷却媒体を冷却した際に得られた熱がそのために利用された給水を介して水・蒸気循環路に導入される。しかしその場合、特に冷却媒体を冷却するために水・蒸気循環路から取り出された給水の圧力を維持し流量を調節するために測定および調節費用が高くなるという欠点がある。
本発明の課題は、冷却媒体を冷却する装置を、上述の欠点を除去して良好なガスタービンの冷却が保証され、その際に得られた熱を有効に利用することによってガス・蒸気タービン複合設備の高い総合効率が得られるように形成することにある。更にこれをできるだけわずかな技術的費用で達成するものである。
本発明によればこの課題は、中間回路が設けられ、この中間回路が冷却媒体を冷却するための第1の熱交換器およびその際に得られた熱を伝達するための水・蒸気循環路に接続された第2の熱交換器にそれぞれ連結されることによって解決される。
冷却媒体を冷却する際に得られた熱は従って中間回路を介して即ち別個の密閉冷却回路を介してガス・蒸気タービンプロセスに伝達されるので、中間回路に存在する二次媒体の量が一定であることに基づいて量を調節する必要はない。水・蒸気循環路が中間回路から流れ技術的に切り離されているので、中間回路において二次媒体を搬送するためのポンプ動力は特に小さくてすむ。
ガスタービンを冷却するための冷却媒体は液状あるいはガス状をしている。好適には冷却媒体としてガスタービンに付設された空気圧縮機からの圧縮空気が利用される。
第2の熱交換器は、必要な温度レベルに応じて廃熱ボイラの種々の加熱面に接続できる。好適には中間回路に二次側で接続された第2の熱交換器は一次側が低圧蒸発器加熱面に接続された水・蒸気分離器に接続されている。この水・蒸気分離器は水側が第2の熱交換器の一次側入口に、蒸気側が一次側の出口にそれぞれ接続される。
中間回路内を流れかつ冷却媒体を冷却する二次媒体を搬送するために、好適には一次側が中間回路に接続された第1の熱交換器にポンプが前置接続される。更に第2の熱交換器に、その中を貫流する水あるいは水・蒸気混合物(三次媒体)を水・蒸気循環路から搬送する作用をするポンプが前置接続されると好適である。
補給水特に脱イオン水を密閉冷却回路に入れることができるようにするため、中間回路には供給配管が通じている。
運転条件により蒸気発生が減少するときにも、特に純粋なガスタービン運転(単一サイクル運転)の際にも十分な冷却作用を保証するために、中間回路には第1の熱交換器に対して並列に位置する補助冷却器が接続される。
本発明によって得られる利点は、特に密閉中間回路において二つの熱交換器を利用することによって、単純な運転方式で僅かな測定・調整技術費用において総合プロセスに特に適切に熱を回収することができることである。更に同じ系統技術を利用して中間回路の二次媒体を異種のものに交換しようとしなければ、冷却媒体の交換は不要である。
以下図面を参照して本発明の実施例を詳細に説明する。図面はガスタービン用の冷却媒体を冷却する装置を備えたガス・蒸気タービン複合設備を概略的に示している。
図面に概略的に示されているガス・蒸気タービン複合設備はガスタービン2を有している。このガスタービン2には燃焼室4が前置接続され、ガス側に廃熱ボイラ6が後置接続されている。この廃熱ボイラ6の加熱面は蒸気タービン10の水・蒸気循環路に接続されている。加熱面は詳細には低圧予熱面12、低圧蒸発器14および低圧過熱器16である。
蒸気タービン10に復水器18が後置接続され、この復水器18は復水ポンプ20を介して低圧予熱面12に接続されている。この低圧予熱面12は出口側が直接また入口側が循環ポンプ22を介してそれぞれ給水タンク24に接続されている。給水タンク24は出口側が給水ポンプ26を介して水・蒸気分離器28に接続されている。この水・蒸気分離器28の水側はポンプ30を介して低圧蒸発器14並びに(第2の)熱交換器32の一次側入口に接続されている。更にその蒸気側は低圧過熱器16および熱交換器32の一次側出口に接続されている。従って熱交換器32は低圧蒸発器14に水・蒸気分離器28を介して並列接続されている。
(第2の)熱交換器32は二次側が中間回路34に接続され、この中間回路34に(第1の)熱交換器36の一次側が接続されている。この熱交換器36は二次側がガスタービン2に通じている冷却空気配管38に接続されている。
冷却空気配管38はガスタービン2に付設された空気圧縮機40に接続されている。この空気圧縮機40並びにガスタービン2で駆動される発電機42は共通の軸44上に置かれている。冷却空気配管38の分岐管46はガスタービン2に付設された燃焼室4に通じている。
中間回路34にポンプ48並びに電動調整可能な二つの弁50、52が接続されている。これらの弁50、52並びに同様に電動調整可能な弁54を介して中間回路34に補助冷却器56が接続できる。この補助冷却器56には配管58を介して膨張タンク60が接続されている。膨張タンク60は配管61を介して中間回路34にも直接接続されている。中間回路34には更に弁62を備えた補給水D例えば脱イオン水の供給配管64が通じている。
ガス・蒸気タービン複合設備を運転する際、燃焼室4に燃料Bが導入される。燃料Bは燃焼室4においてガスタービン2用の作動媒体を発生するために空気圧縮機40から分岐管46を介して導入される圧縮空気Lで燃焼される。その燃焼の際に生ずる高温高圧の作動媒体あるいは燃焼ガスRGはガスタービン2内において膨張し、その際にガスタービン2を駆動し、従って空気圧縮機40並びに発電機42を駆動する。ガスタービン2から流出する膨張済み燃焼ガスRG′は燃焼ガス配管66を介して廃熱ボイラ6に導入され、そこで蒸気タービン10用の蒸気を発生するために利用される。この目的のために燃焼ガス流および水・蒸気循環路8は対向流方式で互いに結合されている。
特に良好な熱効率を得るために一般に蒸気は種々の圧力レベルで発生され、そのエンタルピーは発電機68を駆動する蒸気タービン10において発電用に利用される。この実施例では低圧段しか示さず説明しない。
蒸気タービン10から流出する膨張済み蒸気は復水器18に到達し、そこで凝縮して復水となる。この復水は復水ポンプ20および低圧予熱面12を通して給水タンク24に搬送される。給水の一部はもっと加熱するために循環ポンプ22によって再び低圧予熱面12に搬送され、そこから給水タンク24に戻される。加熱済み給水は給水タンク24から給水ポンプ26によって水・蒸気分離器28に搬送される。そこから加熱済み給水ポンプ30を介して低圧蒸発器14に導入され、そこで蒸発する。この蒸気は水・蒸気分離器28において残存する水を分離して、低圧過熱器16に導入される。そこから過熱蒸気は蒸気タービン10に送られる。過熱蒸気は蒸気タービン10内で膨張し、その際に蒸気タービン10を駆動し、発電機68を駆動する。
水・蒸気分離器28からの加熱済み水の部分流t1は熱交換器32を通して導かれ、その水は少なくとも一部が蒸発する。そのために必要な熱は中間回路34内を流れる二次媒体Sから取り出される。熱交換器32内で発生した蒸気あるいは水・蒸気混合物も水・蒸気分離器28に導かれる。
熱交換器32における熱移転の際に冷却された中間回路34の二次媒体Sは、空気圧縮機40からガスタービン2に導入される圧縮空気Lを冷却するために使用される。圧縮空気Lから二次媒体Sへの熱移転は熱交換器36において行われる。熱交換器36において冷却された空気L(以下冷却空気Kと呼ぶ)は配管70を介してガスタービン2の動翼に並びに配管72を介してガスタービン2の静翼に導かれる。
ガスタービン2用の冷却空気Kを更に冷却する必要がある場合、例えば蒸気タービンが停止していることにより熱交換器32だけでは二次媒体Sを確実に十分に再冷却できないとき、補助冷却器56が運転される。そのために弁50、52は少なくとも部分的に閉じられ、弁54が開かれる。同時に補助冷却器56に冷却媒体W例えば水が導入される。中間回路34の内部における二次媒体Sの容積変化は膨張タンク60により補償される。更に中間回路34に供給配管64を介して脱イオン水Dが導入される。
二つの熱交換器32、36を備えた中間回路34を利用することによって、一方では流れ技術的な切り離しが達成され、他方では蒸気タービン設備の水・蒸気循環路8と(主に冷却空気配管38と熱交換器36で代表される)冷却系統との間の熱的な連結が達成される。その場合冷却系統および中間回路34に対する測定技術および調整技術的な費用並びに中間回路34の内部における必要なポンプ動力は特に僅かである。

Claims (7)

  1. ガスタービン(2)に後置接続されている廃熱ボイラ(6)を有し、その加熱面(12、14、16)が蒸気タービン(10)の水・蒸気循環路(8)に接続されているようなガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン(2)の冷却媒体の冷却装置において、
    中間回路(34)が設けられ、中間回路(34)が冷却媒体(L)を冷却するための第1の熱交換器(36)と、その際に得られた熱を伝達するための水・蒸気循環路(8)に接続された第2の熱交換器(32)の二次側にそれぞれ連結されており、
    しかも第2の熱交換器(32)の一次側が、低圧・蒸発器 加熱面(14)に接続された水・蒸気分離器(28)に接続 され、該水・蒸気分離器(28)が水側で第2の熱交換器 (32)の一次側入口に、蒸気側で該第2の熱交換器(3 2)の一次側の出口にそれぞれ接続されている
    ことを特徴とするガス・蒸気複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置。
  2. 冷却媒体がガスタービン(2)に付設された空気圧縮機(40)からの圧縮空気(L)であることを特徴とする請求項1記載の装置。
  3. 第1の熱交換器(36)に中間回路(34)における媒体(S)を搬送するためのポンプ(48)が前置接続されていることを特徴とする請求項1又は2記載の装置。
  4. 第2の熱交換器(32)に水・蒸気循環路(8)からの三次媒体として使用される水を搬送するためのポンプ(30)が前置接続されていることを特徴とする請求項1ないしのいずれか1つに記載の装置。
  5. 中間回路(34)に補給水(D)の供給配管(64)が通じていることを特徴とする請求項1ないしのいずれか1つに記載の装置。
  6. 中間回路(34)に補助冷却器(56)が接続されていることを特徴とする請求項1ないしのいずれか1つに記載の装置。
  7. 中間回路(34)に膨張タンク(60)が接続されていることを特徴とする請求項1ないしのいずれか1つに記載の装置。
JP51004695A 1993-09-30 1994-09-19 ガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置 Expired - Fee Related JP3650112B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE4333439.3 1993-09-30
DE4333439A DE4333439C1 (de) 1993-09-30 1993-09-30 Vorrichtung zur Kühlmittelkühlung einer gekühlten Gasturbine einer Gas- und Dampfturbinenanlage
PCT/DE1994/001085 WO1995009300A1 (de) 1993-09-30 1994-09-19 Vorrichtung zur kühlung des kühlmittels der gasturbine einer gas- und dampfturbinenanlage

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09503263A JPH09503263A (ja) 1997-03-31
JP3650112B2 true JP3650112B2 (ja) 2005-05-18

Family

ID=6499135

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51004695A Expired - Fee Related JP3650112B2 (ja) 1993-09-30 1994-09-19 ガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置

Country Status (9)

Country Link
US (1) US5661968A (ja)
EP (1) EP0720689B1 (ja)
JP (1) JP3650112B2 (ja)
KR (1) KR100322163B1 (ja)
CN (1) CN1056666C (ja)
AT (1) AT165425T (ja)
DE (2) DE4333439C1 (ja)
RU (1) RU2126491C1 (ja)
WO (1) WO1995009300A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20180078039A (ko) * 2016-12-29 2018-07-09 포스코에너지 주식회사 흡수식 히트펌프를 이용한 폐열회수 시스템

Families Citing this family (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE59508040D1 (de) * 1994-10-28 2000-04-27 Abb Schweiz Ag Kraftwerksanlage
DE4446862C2 (de) * 1994-12-27 1998-01-29 Siemens Ag Verfahren zur Kühlung des Kühlmittels einer Gasturbine und Vorrichtung zur Durchführung des Verfahrens
DE19508018A1 (de) * 1995-03-07 1996-09-12 Abb Management Ag Verfahren zum Betrieb einer Kraftwerksanlage
DE19512466C1 (de) * 1995-04-03 1996-08-22 Siemens Ag Verfahren zum Betreiben eines Abhitzedampferzeugers sowie danach arbeitender Abhitzedampferzeuger
DE19541914A1 (de) * 1995-11-10 1997-05-15 Asea Brown Boveri Kühlluftkühler für Kraftwerksanlagen
DE19645322B4 (de) * 1996-11-04 2010-05-06 Alstom Kombinierte Kraftwerksanlage mit einem Zwangsdurchlaufdampferzeuger als Gasturbinen-Kühlluftkühler
WO1998053184A1 (de) * 1997-05-16 1998-11-26 Siemens Aktiengesellschaft Gas- und dampfturbinenanlage und verfahren zur kühlung des kühlmittels der gasturbine einer derartigen anlage
EP0919707B1 (de) * 1997-12-01 2003-04-02 ALSTOM (Switzerland) Ltd Gasturbinen-Kühlluftkühler
US6145295A (en) * 1998-11-23 2000-11-14 Siemens Westinghouse Power Corporation Combined cycle power plant having improved cooling and method of operation thereof
DE10041413B4 (de) * 1999-08-25 2011-05-05 Alstom (Switzerland) Ltd. Verfahren zum Betrieb einer Kraftwerksanlage
DE10196333T1 (de) * 2000-06-07 2003-05-15 Pursuit Dynamics Plc Royston Rückstoßantriebssystem
AUPQ802400A0 (en) 2000-06-07 2000-06-29 Burns, Alan Robert Propulsion system
TW541393B (en) * 2000-07-25 2003-07-11 Siemens Ag Method to operate a gas-and steam turbine device and the corresponding device
EP1193373A1 (de) * 2000-09-29 2002-04-03 Siemens Aktiengesellschaft Verfahren zum Betreiben einer Gas- und Dampfturbinenanlage sowie entsprechende Anlage
SE0004931D0 (sv) * 2000-12-29 2000-12-29 Addpower Ab Ways to convert heat into hot flue gases
US6651410B2 (en) * 2001-09-15 2003-11-25 Tommy Lee Osha Comfort management system for equine
DE60217476T2 (de) * 2002-07-30 2007-10-11 General Electric Co. Luftkühlungssystem und Verfahren für ein Kraftwerk mit kombiniertem Kreislauf
WO2005082545A1 (en) 2004-02-26 2005-09-09 Pursuit Dynamics Plc Improvements in or relating to a method and apparatus for generating a mist
AT446145T (de) * 2004-02-26 2009-11-15 Pursuit Dynamics Plc Verfahren und vorrichtung zur erzeugung von nebel
US8419378B2 (en) * 2004-07-29 2013-04-16 Pursuit Dynamics Plc Jet pump
DE102006029888B3 (de) * 2006-06-28 2007-11-15 Boge Kompressoren Otto Boge Gmbh & Co Kg Kompressoranlage
GB0618196D0 (en) 2006-09-15 2006-10-25 Pursuit Dynamics Plc An improved mist generating apparatus and method
US20080103217A1 (en) 2006-10-31 2008-05-01 Hari Babu Sunkara Polyether ester elastomer composition
US7871264B2 (en) * 2006-12-29 2011-01-18 Electrolux Home Products, Inc. Hub and spoke burner port configuration
ES2372890T3 (es) * 2007-05-02 2012-01-27 Pursuit Dynamics Plc. Licuefacción de biomasa basada en almidón.
EP2228600A1 (en) * 2008-06-17 2010-09-15 Aalborg Industries A/S Combination boiler system comprising a bypass for a waste heat recovery boiler
EP2196633A1 (de) * 2008-12-15 2010-06-16 Siemens Aktiengesellschaft Kraftwerk mit einer Turbineneinheit und einem Generator
US9410481B2 (en) 2010-09-21 2016-08-09 8 Rivers Capital, Llc System and method for high efficiency power generation using a nitrogen gas working fluid
CH705929A1 (de) * 2011-12-22 2013-06-28 Alstom Technology Ltd Verfahren zum Betreiben eines Kombikraftwerkes.
FI127597B (fi) * 2013-03-05 2018-09-28 Loeytty Ari Veli Olavi Method and apparatus for achieving high efficiency in an open gas turbine (combi) process
CN103352761B (zh) * 2013-06-20 2016-05-18 华电电力科学研究院 基于余热利用的燃机进气冷却装置
EP2863033B1 (en) * 2013-10-21 2019-12-04 Ansaldo Energia IP UK Limited Gas turbine with flexible air cooling system and method for operating a gas turbine
FI127525B (en) * 2014-01-08 2018-08-15 Finno Energy Oy System and method for generating electric energy
JP6296286B2 (ja) * 2014-03-24 2018-03-20 三菱日立パワーシステムズ株式会社 排熱回収システム、これを備えているガスタービンプラント、排熱回収方法、及び排熱回収システムの追設方法
FI127654B (en) * 2014-05-21 2018-11-30 Finno Energy Oy System and method for generating electric energy
CN107448249A (zh) * 2017-07-14 2017-12-08 中国神华能源股份有限公司 燃机透平冷却控制方法及装置、存储介质

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CH623888A5 (ja) * 1977-10-04 1981-06-30 Bbc Brown Boveri & Cie
GB2034822A (en) * 1978-11-15 1980-06-11 Rolls Royce Gas turbine engine cooling air supply
DE3261410D1 (en) * 1981-04-03 1985-01-17 Bbc Brown Boveri & Cie Combined steam and gas turbine power plant
JPH0445643B2 (ja) * 1982-10-13 1992-07-27 Hitachi Seisakusho Kk
US4991391A (en) * 1989-01-27 1991-02-12 Westinghouse Electric Corp. System for cooling in a gas turbine
US5185997A (en) * 1990-01-30 1993-02-16 Hitachi, Ltd. Gas turbine system
DE59205642D1 (de) * 1991-06-21 1996-04-18 Siemens Ag Verfahren und Anlage zum Betreiben einer Gasturbine
US5255505A (en) * 1992-02-21 1993-10-26 Westinghouse Electric Corp. System for capturing heat transferred from compressed cooling air in a gas turbine
DE4213023A1 (de) * 1992-04-21 1993-10-28 Asea Brown Boveri Verfahren zum Betrieb eines Gasturbogruppe
US5428950A (en) * 1993-11-04 1995-07-04 General Electric Co. Steam cycle for combined cycle with steam cooled gas turbine
US5491971A (en) * 1993-12-23 1996-02-20 General Electric Co. Closed circuit air cooled gas turbine combined cycle

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20180078039A (ko) * 2016-12-29 2018-07-09 포스코에너지 주식회사 흡수식 히트펌프를 이용한 폐열회수 시스템
KR101902083B1 (ko) 2016-12-29 2018-09-27 포스코에너지 주식회사 흡수식 히트펌프를 이용한 폐열회수 시스템

Also Published As

Publication number Publication date
US5661968A (en) 1997-09-02
DE4333439C1 (de) 1995-02-02
WO1995009300A1 (de) 1995-04-06
JPH09503263A (ja) 1997-03-31
EP0720689B1 (de) 1998-04-22
AT165425T (de) 1998-05-15
DE59405806D1 (de) 1998-05-28
EP0720689A1 (de) 1996-07-10
KR960705134A (ko) 1996-10-09
CN1056666C (zh) 2000-09-20
CN1132540A (zh) 1996-10-02
KR100322163B1 (ko) 2002-07-27
RU2126491C1 (ru) 1999-02-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3650112B2 (ja) ガス・蒸気タービン複合設備のガスタービン冷却媒体の冷却装置
US5628179A (en) Steam attemperation circuit for a combined cycle steam cooled gas turbine
KR100341646B1 (ko) 가스터어빈그룹의열적부하를받는구성품의냉각방법
US6269626B1 (en) Regenerative fuel heating system
RU2215165C2 (ru) Способ регенерации тепла выхлопных газов в преобразователе органической энергии с помощью промежуточного жидкостного цикла (варианты) и система регенерации тепла выхлопных газов
US7861526B2 (en) Steam generation plant and method for operation and retrofitting of a steam generation plant
JP4153662B2 (ja) ガス・蒸気複合タービン設備とその運転方法
US5491971A (en) Closed circuit air cooled gas turbine combined cycle
US6393822B2 (en) Cooling steam supply method of a combined cycle power generation plant
KR20010092653A (ko) 복합 싸이클 시스템 및 그 작동 방법
RU2126098C1 (ru) Геотермальная электростанция, работающая на геотермальной текучей среде высокого давления, и модуль электростанции
US5687559A (en) Hydrogen-combustion gas turbine plant
JP2006509942A (ja) ガスタービンの冷却空気の冷却装置と方法
JP3032005B2 (ja) ガス・蒸気タービン複合設備
JP2004510096A (ja) 燃焼タービン移行部に用いる圧縮空気蒸気発生器
RU2062332C1 (ru) Комбинированная газопаротурбинная устанвока
USRE36524E (en) Steam attemperation circuit for a combined cycle steam cooled gas turbine
CA2340650C (en) Gas turbine and steam turbine installation
JPH07208115A (ja) ガスタービンを単純サイクル及び蒸気タービンとの複合サイクルで運転するための方法及び装置
JP4070821B2 (ja) ガス・蒸気タービン設備とこの設備におけるガスタービンの冷却媒体の冷却方法
JPH06221113A (ja) ガス・蒸気タービン複合設備およびその運転方法
TW541393B (en) Method to operate a gas-and steam turbine device and the corresponding device
RU2298681C2 (ru) Турбинное устройство и способ работы турбинного устройства
KR101935637B1 (ko) 복합화력발전시스템
JP2000161018A (ja) 水―アンモニア混合流体による排熱回収発電方法及び装置

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040914

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041110

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050118

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050217

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080225

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090225

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100225

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110225

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120225

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130225

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees