JP3447255B2 - 弾球遊技機 - Google Patents

弾球遊技機

Info

Publication number
JP3447255B2
JP3447255B2 JP2000093614A JP2000093614A JP3447255B2 JP 3447255 B2 JP3447255 B2 JP 3447255B2 JP 2000093614 A JP2000093614 A JP 2000093614A JP 2000093614 A JP2000093614 A JP 2000093614A JP 3447255 B2 JP3447255 B2 JP 3447255B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
decoration
game
ball
game machine
light emitting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000093614A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2001276378A (ja
Inventor
邦夫 松元
Original Assignee
株式会社藤商事
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社藤商事 filed Critical 株式会社藤商事
Priority to JP2000093614A priority Critical patent/JP3447255B2/ja
Publication of JP2001276378A publication Critical patent/JP2001276378A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3447255B2 publication Critical patent/JP3447255B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、パチンコ機、アレ
ンジボール機、雀球遊技機等の弾球遊技機に関するもの
である。

【0002】

【従来の技術】従来のパチンコ機等の弾球遊技機では、
遊技盤の前面側にガイドレールを円弧状に設けると共
に、このガイドレールの内側の遊技領域に、特別図柄表
示手段、特別図柄始動手段、可変入賞手段、普通入賞手
段等の複数個の遊技部品を適宜配置し、また遊技領域内
の左右両側に、内装飾体と内発光ランプとを備えた内装
飾手段を設けている。

【0003】そして、例えば特別図柄表示手段の変動後
の停止図柄が特定態様となったときに、可変入賞手段が
所定時間又は所定個数の遊技球が入賞するまで開放する
特別遊技状態を発生させる一方、内装飾手段の内発光ラ
ンプを点滅させて、そのときの特別遊技状態を視覚的に
演出するようにしている。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】従来の弾球遊技機で
は、遊技盤に左右一対の内装飾手段を装着しているの
で、古い遊技盤を取り外して新しい遊技盤と交換する場
合には、遊技内容に関係のない内装飾手段も遊技盤と一
体で廃棄しなければならず、内装飾手段が無駄になる欠
点がある。

【0005】また内装飾手段は、遊技盤を前側から覆う
ガラス扉の扉枠の内周側近傍で遊技領域の左右両側にあ
るため、内発光ランプの点滅発光等によって特別遊技状
態を演出する場合にも、十分な演出効果を期待し難い欠
点がある。

【0006】本発明は、このような従来の問題点に鑑
み、内装飾手段の無駄を極力防止でき、しかも演出
向上を期待できる弾球遊技機を提供することを目的とす
る。

【0007】

【課題を解決するための手段】本発明は、遊技機本体1
に対して着脱自在に装着された遊技盤5 と、該遊技盤5
に装着され且つ該遊技盤5 の上部側に遊技球を案内する
ガイドレール7,8 と、該ガイドレール7,8 の内側の遊技
領域9 側に配置された内装飾手段36と、前記遊技機本体
1 側に装着され且つ前記遊技盤5 を前側から覆うガラス
扉17とを備えた弾球遊技機において、前記ガラス扉17
に、その扉枠28から前記遊技領域9 内へと突出する前記
内装飾手段36を設け、前記遊技盤5 に、遊技球を前記遊
技領域9 の内側へと案内するための球案内手段37を前記
内装飾手段36の裏側に対応して設けたものである。

【0008】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を図面に
基づいて詳述する。図1〜図5は本発明の第1の実施形
態を例示する。図1において、1 は遊技機本体で、外枠
2 と、この外枠2 の前側に開閉自在に配置された前枠3
とを備えている。

【0009】前枠3 の裏側には、図2及び図3に示すよ
うに遊技盤装着枠4 が固定され、この遊技盤装着枠4 に
遊技盤5 が裏側から着脱自在に装着され、裏機構板6 に
より固定されている。

【0010】遊技盤5 の前面には、上部側に遊技球を案
内する円弧状の内ガイドレール7 及び外ガイドレール8
が装着されると共に、このガイドレール7,8 の内側の遊
技領域9 内に液晶表示手段10、特別図柄始動手段11、可
変入賞手段12、普通図柄始動手段13、普通入賞手段14等
の遊技部品が配置されている。液晶表示手段10は、特別
図柄表示手段15を構成するもので、その上部に普通図柄
表示手段16が設けられている。

【0011】前枠3 には、遊技盤5 を前側から覆うガラ
ス扉17と、このガラス扉17の下側に配置された前面板18
とがヒンジ19により開閉自在に枢着されている。前面板
18には、発射用の遊技球を貯留する上皿20が装着され、
また前枠3 の下部には、余剰球を貯留する下皿21と、発
射手段22の発射ハンドル23とが設けられている。なお、
発射手段22は、発射ハンドル23を回動操作したときに、
打撃槌により発射レール上の遊技球を1個づつガイドレ
ール7,8 側に発射するようになっている。

【0012】前枠3 は、図2及び図3に示すように、木
製の上下一対の横枠部24及び左右一対の縦枠部25を備
え、その各縦枠部25の前側に合成樹脂製の前枠カバー26
が装着されると共に、縦枠部25と前枠カバー26との間に
板金製の支持板27が介在され、その支持板27にヒンジ19
を介してガラス扉17及び前面板18が枢着されている。

【0013】ガラス扉17は、遊技盤5 及び前枠3 の上側
の横枠部24を前側から覆う大きさであって、その上端側
は前枠3 の上端と略面一状になっている。ガラス扉17
は、図2及び図3に示すように、縦長矩形状等の扉枠28
と、この扉枠28の裏側にガラス保持枠29を介して挿脱自
在に保持された前後2枚のガラス板30とを備え、扉枠28
の内側が遊技盤5 の遊技領域9 に対応する開口となって
いる。

【0014】なお、この開口は、前側から外ガイドレー
ル8 が見える程度の大きさであり、遊技盤5 の遊技領域
9 よりも若干大きくなっている。また開口の上部側は円
弧状に、下部側は角形に夫々形成されている。

【0015】扉枠28は、板金製の枠板31と、この枠板31
を前側から覆う合成樹脂製の扉カバー32とをネジ等で着
脱自在に結合したもので、この扉枠28の上部側に特別遊
技状態表示用の第1外装飾手段33、下皿満杯表示用の第
2外装飾手段34及び補給切れ表示用の第3外装飾手段35
が、上下方向の中間部に遊技領域9 内へと突出する左右
一対の内装飾手段36が夫々設けられている。また遊技盤
5 には、図2に示すように、遊技球を遊技領域9 の内側
に案内するための球案内手段37が内装飾手段36の裏側に
対応して設けられている。

【0016】なお、枠板31はヒンジ19を介して支持板27
に枢支されている。扉カバー32の内周縁には、枠板31の
内周側でガラス板30側に屈曲する屈曲縁38が内装飾手段
36の内周側を含む周方向の全周に亘って一体に形成さ
れ、この屈曲縁38の後端がガラス板30に近接している。

【0017】第1外装飾手段33は、図3に示すように、
扉枠28の上部側に横長状に形成された第1外装飾体39
と、この第1外装飾体39の裏側に分散して配置された複
数個の第1外発光ランプ40とにより構成されている。第
2外装飾手段34は、第1外装飾手段33の左右方向の一端
側の下側近傍に配置された第2外装飾体41と、この第2
外装飾体41の裏側に配置された1個又は複数個の第2外
発光ランプ42とを備えている。第3外装飾手段35は、第
1外装飾手段33の左右方向の他端側の下側近傍に配置さ
れた第3外装飾体43と、この第3外装飾体43の裏側に配
置された1個又は複数個の第3外発光ランプ44とを備え
ている。

【0018】各外装飾体39,41,43は、無色透明、着色透
明等の光透過性を有する合成樹脂製であって、例えば図
3に第1外装飾体39側を例示するように、扉カバー32に
形成された係合部45に係脱自在に係合する係合爪46等に
より、扉カバー32の前側に着脱自在に装着されている。
なお、各外装飾体39,41,43は、扉カバー32に一体に設け
ても良い。

【0019】内装飾手段36は、図2及び図4に示すよう
に、内装飾体47と、この内装飾体47の裏側に配置された
1個又は複数個の内発光ランプ48とを備え、少なくとも
内装飾体47の一部が遊技領域9 内に突出して、その遊技
領域9 の左右両側に対応するように設けられている。内
装飾体47は、無色透明、着色透明等の光透過性を有する
合成樹脂製であって、縦長状、その他の所定形状に構成
され、扉カバー32から遊技領域9 側に突出して一体に形
成された装飾体取り付け部49の前面側に外装飾体39,41,
43と同様に係合部50、係合爪51等を介して着脱自在に装
着されている。

【0020】各外発光ランプ40,42,44及び内発光ランプ
48は、1枚の共通なランプ基板52にプリント配線等によ
り装着され、そのランプ基板52はネジ等により扉カバー
32の裏側に着脱自在に固定されている。ランプ基板52
は、図5に示すように、左右の内装飾手段36から上部の
各外装飾手段33〜35に跨がって逆U字状、その他の適宜
形状に形成されている。各発光ランプ40,42,44,48 は、
扉カバー32、装飾体取り付け部49に形成されたランプ孔
53,54 に裏側から嵌合されている。

【0021】なお、内装飾体47は、装飾体取り付け部49
と一体に、即ち扉カバー32と一体に形成しても良い。ま
た装飾体取り付け部49の内周縁には、前述のように扉カ
バー32の屈曲縁38が一体に形成されている。

【0022】各発光ランプ40,42,44,48 は、リード線等
を介して図外のランプ制御基板に接続され、第1外発光
ランプ40及び内発光ランプ48は特別遊技状態の発生中
に、第2外発光ランプ42は下皿21の遊技球が満杯状態の
ときに、第3外発光ランプ44は遊技球の補給切れのとき
に夫々点滅発光するように、ランプ制御基板側のランプ
制御手段により制御されている。

【0023】球案内手段37は、図2に示すように、装飾
体取り付け部49側の屈曲縁38に対応して形成された案内
壁55と、この案内壁55から外側に一体に形成された取り
付け部56とを備え、その取り付け部56が遊技盤5 に取り
付けられている。なお、この球案内手段37は省略しても
良い。

【0024】この弾球遊技機では、遊技中に特別図柄表
示手段15の変動後の停止図柄が特定態様になり、遊技者
に有利な特別遊技状態が発生すれば、第1外装飾手段33
の第1外発光ランプ40と内装飾手段36の内発光ランプ48
とが点滅発光して、その特別遊技状態を視覚的に演出す
る。

【0025】また下皿21の遊技球が満杯状態になれば、
第2外装飾手段34の第2外発光ランプ42が点滅発光し
て、下皿21の満杯状態を表示し報知する。遊技機本体1
の裏側の球払い出し系に対する遊技球の補給切れが発生
した場合には、第3外装飾手段35の第3外発光ランプ44
が点滅発光して、その補給切れを表示し報知する。

【0026】この実施形態では、内装飾手段36が扉枠28
から遊技領域9 側に突出するようにガラス扉17に内装飾
手段36を設けているので、従来の遊技盤5 側に設ける場
合に比較して、ガラス扉17の前側のデザインを斬新にで
きると共に、内装飾手段36による特別遊技状態の演出性
が向上する。また内装飾手段36がガラス扉17側にあるた
め、古い遊技盤5 を取り外して新しい遊技盤5 と交換す
る場合にも、内装飾手段36を遊技盤5 と一緒に廃棄する
必要がなく、内装飾手段36の無駄を極力防止できる。

【0027】内装飾手段36は、内装飾体47と、この内装
飾体47の裏側に配置された内発光ランプ48とを備えてい
るので、内発光ランプ48の点滅により内装飾体47を発光
させることができる。また内発光ランプ48が内装飾体47
と共にガラス扉17側にあるため、内装飾体47の裏側近傍
で内発光ランプ48を発光させることができ、従って、内
発光ランプ48に小型の発光ダイオード等を使用でき、内
装飾手段36を小型化できる。

【0028】内装飾手段36の内発光ランプ48と各外装飾
手段33〜35の外発光ランプ40,42,44とを同一のランプ基
板52に装着しているので、部品点数を削減できると共
に、そのランプ基板52の取り付け等を容易にできる。

【0029】内装飾手段36がガラス扉17側にあるが、こ
の内装飾手段36に対応して遊技盤5側に球案内手段37を
設けているので、この球案内手段37により遊技球を遊技
領域9 の中央側に案内できる。従って、例えば内ガイド
レール7 の上部内周に斜め上方から遊技球が衝突したよ
うな場合でも、その遊技球が内ガイドレール7 に沿って
アウト口まで移動することがなく、遊技性の低下を防止
できる。

【0030】図6及び図7は本発明の第2の実施形態を
例示し、この実施形態では、内装飾手段36の内装飾体47
と内発光ランプ48とを分離して、その内装飾体47をガラ
ス扉17の扉枠28側に、内発光ランプ48を遊技盤5 側に夫
々設けている。

【0031】内装飾体47は、遊技領域9 の中央側に円弧
状に突出しており、図7に示すように扉枠28の扉カバー
32に一体に形成されている。遊技盤5 には、図6及び図
7に示すように、内装飾体47に対応してランプ孔57が縦
長状、その他の所定形状に形成され、ランプ基板58に装
着された内発光ランプ48が遊技盤5 の裏側からランプ孔
57に嵌合されている。ランプ基板58は、遊技盤5 の裏側
にネジ等で着脱自在に固定されている。遊技盤5 には、
内発光ランプ48に対応して集光用のレンズ体59が設けら
れており、そのレンズ体59は、ランプ孔57に前側から嵌
合されている。球案内手段37は、内装飾体47の内縁側の
形状に沿って配列された複数本の遊技釘60により構成さ
れている。

【0032】このように内装飾手段36の内装飾体47と内
発光ランプ48とを分離して、内装飾体47をガラス扉17の
扉枠28側に、内発光ランプ48を遊技盤5 側に設けても、
内発光ランプ48によりガラス扉17側の内装飾体47を発光
させることが可能である。

【0033】図8は本発明の第3の実施形態を例示し、
この実施形態では、案内壁55と取り付け部56とを備えた
球案内手段37を使用し、その取り付け部56にレンズ体59
を一体に形成している。なお、レンズ体59は、球案内手
段37の取り付け部56とは別体構造にしても良い。

【0034】図9は本発明の第4の実施形態を例示し、
この実施形態では、外装飾手段33の外装飾体39と内装飾
手段36の内装飾体47とを一体に形成して、その各装飾体
39,47 をガラス扉17側に取り付けている。

【0035】即ち、外装飾体39及び内装飾体47は、ガラ
ス扉17の扉カバー32に夫々一体に形成され、その外装飾
体39の裏側に、ランプ基板52に取り付けられた外発光ラ
ンプ40が配置され、また内装飾体47の裏側に、ランプ基
板52に取り付けられた内発光ランプ48が配置されてい
る。なお、ランプ基板52は外装飾体39、内装飾体47等に
一体のボス部61,62 にネジ等により着脱自在に固定され
ている。ランプ基板52は一体でも良いし、別体でも良
い。

【0036】以上、本発明の各実施形態について例示し
たが、本発明は各実施形態に限定されるものではない。
例えば、ガラス扉17の上部側に3個の外装飾手段33〜35
を設けているが、これは1個でも良いし、2個以上の複
数個でも良い。また外装飾手段33〜35は省略しても良
い。

【0037】内装飾手段36をガラス扉17側に設けるに当
たっては、その内装飾体47又は、内装飾体47及び内発光
ランプ48を2枚のガラス板30間に配置しても良いし、ガ
ラス板30の裏側でガラス扉17側に設けても良い。内装飾
手段36を2枚のガラス板30間に配置する場合、各ガラス
板30を上側から挿脱自在にすれば、その内装飾手段36に
よってガラス板30の挿脱に支障が生じることもない。

【0038】内装飾手段36の内装飾体47は、どのような
形状、構造でも良い。要するにガラス扉17側から遊技領
域9 の中央側に向かって突出する構造であれば十分であ
る。更に本発明はパチンコ機は勿論のこと、アレンジボ
ール機、雀球遊技機等の各種の弾球遊技機においても同
様に実施可能である。

【0039】

【発明の効果】本発明によれば、遊技機本体1 に対して
着脱自在に装着された遊技盤5 と、該遊技盤5 に装着さ
れ且つ該遊技盤5 の上部側に遊技球を案内するガイドレ
ール7,8 と、該ガイドレール7,8 の内側の遊技領域9 側
に配置された内装飾手段36と、遊技機本体1 側に装着さ
れ且つ遊技盤5 を前側から覆うガラス扉17とを備えた弾
球遊技機において、ガラス扉17に、その扉枠28から遊技
領域9 内へと突出する内装飾手段36を設け、遊技盤5
に、遊技球を遊技領域9 の内側へと案内するための球案
内手段37を内装飾手段36の裏側に対応して設けているの
で、遊技盤5 を廃棄する場合でも、その内装飾手段36の
無駄を極力防止でき、しかも演出性の向上を期待できる
利点がある。

【0040】また内装飾手段36は内装飾体47と、該内装
飾体47の裏側に配置された内発光ランプ48とを備え、内
装飾体47と内発光ランプ48との内の少なくとも該内装飾
体47を、ガラス扉17のガラス板30の前側で扉枠28に設け
ているので、内発光ランプ48の点滅等により内装飾体47
の発光が可能である。

【0041】更に内発光ランプ48をガラス扉17側に設け
ているので、内発光ランプ48を内装飾体47の裏側近傍に
配置できる。また内発光ランプ48を遊技盤5 側に設ける
ことにより、内発光ランプ48で内装飾体47を発光させる
構造であるにも拘わらず、ガラス扉17側の内装飾体47を
小型化できる。

【0042】ガラス扉17に、外装飾体39,41,43と、該外
装飾体39,41,43の裏側に配置された外発光ランプ40,42,
44とを備えた外装飾手段33〜35を設け、内装飾体47と外
装飾体39,41,43とを一体に形成しているので、外装飾手
段33〜35及び内装飾手段36による演出性等が更に向上す
ると共に、部品点数を削減でき、構造的に簡単にでき
る。また内発光ランプ48と外発光ランプ40,42,44とを同
一のランプ基板52に装着しているので、部品点数を削減
でき、構造的に簡単にできる。

【0043】また内装飾手段36を略左右対称に設けてい
るので、遊技領域9 内の各遊技部品と共に左右のバラン
スを良好にできる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の第1の実施形態を示す弾球遊技機の正
面図である。

【図2】本発明の第1の実施形態を示す内装飾手段側の
拡大横断面図である。

【図3】本発明の第1の実施形態を示す外装飾手段側の
拡大縦断面図である。

【図4】本発明の第1の実施形態を示す内装飾手段側の
拡大縦断面図である。

【図5】本発明の第1の実施形態を示すガラス扉の斜視
図である。

【図6】本発明の第2の実施形態を示す遊技盤の正面図
である。

【図7】本発明の第2の実施形態を示す内装飾手段側の
拡大横断面図である。

【図8】本発明の第3の実施形態を示す内装飾手段側の
拡大横断面図である。

【図9】本発明の第4の実施形態を示す内装飾手段及び
外装飾手段側の拡大縦断面図である。

【符号の説明】

1 遊技機本体 5 遊技盤 7 内ガイドレール 8 外ガイドレール 9 遊技領域 17 ガラス扉 28 扉枠 30 ガラス板 33 第1外装手段 34 第2外装手段 35 第3外装手段 36 内装飾手段 39 第1外装飾体 40 第1外発光ランプ 41 第2外装飾体 42 第2外発光ランプ 43 第3外装飾体 44 第3外発光ランプ 47 内装飾体 48 内発光ランプ 52 ランプ基板

フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) A63F 7/02 326

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 遊技機本体(1) に対して着脱自在に装着
    された遊技盤(5) と、該遊技盤(5) に装着され且つ該遊
    技盤(5) の上部側に遊技球を案内するガイドレール(7)
    (8)と、該ガイドレール(7)(8)の内側の遊技領域(9) 側
    に配置された内装飾手段(36)と、前記遊技機本体(1) 側
    に装着され且つ前記遊技盤(5) を前側から覆うガラス扉
    (17)とを備えた弾球遊技機において、前記ガラス扉(17)
    に、その扉枠(28)から前記遊技領域(9) 内へと突出する
    前記内装飾手段(36)を設け、前記遊技盤(5) に、遊技球
    を前記遊技領域(9) の内側へと案内するための球案内手
    段(37)を前記内装飾手段(36)の裏側に対応して設けたこ
    とを特徴とする弾球遊技機。
  2. 【請求項2】 前記内装飾手段(36)は内装飾体(47)と、
    該内装飾体(47)の裏側に配置された内発光ランプ(48)と
    を備え、前記内装飾体(47)と前記内発光ランプ(48)との
    内、少なくとも前記内装飾体(47)を、前記ガラス扉(17)
    のガラス板(30)の前側で前記扉枠(28)に設けたこと特徴
    とする請求項1に記載の弾球遊技機。
  3. 【請求項3】 前記内発光ランプ(48)を前記ガラス扉(1
    7)側に設けたことを特徴とする請求項1又は2に記載の
    弾球遊技機。
  4. 【請求項4】 前記内発光ランプ(48)を前記遊技盤(5)
    側に設けたことを特徴とする請求項1又は2に記載の弾
    球遊技機。
  5. 【請求項5】 前記ガラス扉(17)に、外装飾体(39)(41)
    (43)と、該外装飾体(39)(41)(43)の裏側に配置された外
    発光ランプ(40)(42)(44)とを備えた外装飾手段(33)〜(3
    5)を設け、前記内装飾体(47)と前記外装飾体(39)(41)(4
    3)とを一体に形成したことを特徴とする請求項2〜4の
    何れかに記載の弾球遊技機。
  6. 【請求項6】 前記内発光ランプ(48)と前記外発光ラン
    プ(40)(42)(44)とを同一のランプ基板(52)に装着したこ
    とを特徴とする請求項5に記載の弾球遊技機。
  7. 【請求項7】 前記内装飾手段(36)を略左右対称に設け
    たことを特徴とする請求項1〜6の何れかに記載の弾球
    遊技機。
JP2000093614A 2000-03-30 2000-03-30 弾球遊技機 Expired - Fee Related JP3447255B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000093614A JP3447255B2 (ja) 2000-03-30 2000-03-30 弾球遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000093614A JP3447255B2 (ja) 2000-03-30 2000-03-30 弾球遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001276378A JP2001276378A (ja) 2001-10-09
JP3447255B2 true JP3447255B2 (ja) 2003-09-16

Family

ID=18608776

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000093614A Expired - Fee Related JP3447255B2 (ja) 2000-03-30 2000-03-30 弾球遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3447255B2 (ja)

Cited By (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015128722A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015128725A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015128726A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015128723A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015144955A (ja) * 2015-05-21 2015-08-13 株式会社大一商会 遊技機
JP2015147085A (ja) * 2015-04-16 2015-08-20 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015155069A (ja) * 2015-06-05 2015-08-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2015163317A (ja) * 2015-06-17 2015-09-10 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015163316A (ja) * 2015-06-17 2015-09-10 株式会社大一商会 遊技機
JP2015171619A (ja) * 2015-07-08 2015-10-01 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015171618A (ja) * 2015-07-08 2015-10-01 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015180298A (ja) * 2015-06-05 2015-10-15 株式会社大一商会 遊技機
JP2015192877A (ja) * 2015-06-17 2015-11-05 株式会社大一商会 遊技機
JP2016083384A (ja) * 2015-11-30 2016-05-19 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185457A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016185460A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185459A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016185464A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016185462A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185458A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185461A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185456A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016198570A (ja) * 2016-08-03 2016-12-01 株式会社大一商会 遊技機

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003093604A (ja) * 2001-09-27 2003-04-02 Maruhon Ind Co Ltd 遊技機
JP2009183318A (ja) * 2008-02-01 2009-08-20 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP6041734B2 (ja) * 2013-03-29 2016-12-14 株式会社平和 遊技機
JP6041735B2 (ja) * 2013-03-29 2016-12-14 株式会社平和 遊技機
JP2014131564A (ja) * 2013-10-11 2014-07-17 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP6569071B2 (ja) * 2014-08-07 2019-09-04 豊丸産業株式会社 遊技機
JP6086626B2 (ja) * 2015-11-30 2017-03-01 株式会社大一商会 遊技機

Cited By (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015128722A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015128725A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015128726A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015128723A (ja) * 2015-04-16 2015-07-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2015147085A (ja) * 2015-04-16 2015-08-20 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015144955A (ja) * 2015-05-21 2015-08-13 株式会社大一商会 遊技機
JP2015155069A (ja) * 2015-06-05 2015-08-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2015180298A (ja) * 2015-06-05 2015-10-15 株式会社大一商会 遊技機
JP2015163316A (ja) * 2015-06-17 2015-09-10 株式会社大一商会 遊技機
JP2015163317A (ja) * 2015-06-17 2015-09-10 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015192877A (ja) * 2015-06-17 2015-11-05 株式会社大一商会 遊技機
JP2015171619A (ja) * 2015-07-08 2015-10-01 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2015171618A (ja) * 2015-07-08 2015-10-01 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016083384A (ja) * 2015-11-30 2016-05-19 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185460A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185457A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016185459A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016185464A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 パチンコ遊技機
JP2016185462A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185458A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185461A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016185456A (ja) * 2016-08-03 2016-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2016198570A (ja) * 2016-08-03 2016-12-01 株式会社大一商会 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2001276378A (ja) 2001-10-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5269378B2 (ja) 弾球遊技機
JP5234572B2 (ja) 遊技機
JP4817720B2 (ja) パチンコ機のランプ装置
JP5879597B2 (ja) 遊技機
JP2009153853A (ja) 弾球遊技機
JP4157742B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2005152579A (ja) 弾球遊技機
JP5070429B2 (ja) 遊技機
JP2006280680A (ja) 遊技機
JP2006122323A (ja) 遊技機
JP5077652B2 (ja) 遊技機
JP3532404B2 (ja) 遊技機
JP5299984B2 (ja) 遊技機
JP4038451B2 (ja) パチンコ遊技機
JP4607368B2 (ja) 遊技機
JP2008104637A (ja) 遊技機
JP3806073B2 (ja) パチンコ機
JP2005296245A (ja) 遊技機
JP5819922B2 (ja) 遊技機
JP3916173B2 (ja) 遊技機
JP2011103967A (ja) 遊技台
JP2015008962A (ja) 遊技機
JP2009050504A (ja) 遊技機
JP2015047283A (ja) 遊技機
JP2005034232A (ja) 弾球遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080704

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090704

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090704

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100704

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110704

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110704

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120704

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120704

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130704

Year of fee payment: 10

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees