JP3315844B2 - Scheduling apparatus and scheduling method - Google Patents

Scheduling apparatus and scheduling method

Info

Publication number
JP3315844B2
JP3315844B2 JP24974695A JP24974695A JP3315844B2 JP 3315844 B2 JP3315844 B2 JP 3315844B2 JP 24974695 A JP24974695 A JP 24974695A JP 24974695 A JP24974695 A JP 24974695A JP 3315844 B2 JP3315844 B2 JP 3315844B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
step
time
process
resource
scheduling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP24974695A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH08212264A (en
Inventor
昌一 小島
克己 成松
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP6-306516 priority Critical
Priority to JP30651694 priority
Application filed by 株式会社東芝 filed Critical 株式会社東芝
Priority to JP24974695A priority patent/JP3315844B2/en
Publication of JPH08212264A publication Critical patent/JPH08212264A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3315844B2 publication Critical patent/JP3315844B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/06Resources, workflows, human or project management, e.g. organising, planning, scheduling or allocating time, human or machine resources; Enterprise planning; Organisational models
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/06Resources, workflows, human or project management, e.g. organising, planning, scheduling or allocating time, human or machine resources; Enterprise planning; Organisational models
    • G06Q10/063Operations research or analysis
    • G06Q10/0631Resource planning, allocation or scheduling for a business operation
    • G06Q10/06314Calendaring for a resource
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P90/00Enabling technologies with a potential contribution to greenhouse gas [GHG] emissions mitigation
    • Y02P90/02Total factory control, e.g. smart factories, flexible manufacturing systems [FMS] or integrated manufacturing systems [IMS]
    • Y02P90/20Total factory control, e.g. smart factories, flexible manufacturing systems [FMS] or integrated manufacturing systems [IMS] characterised by job scheduling, process planning or material flow

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、 コンピュータを利 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, interest a computer
用して、各種業務における開発もしくは設計プロジェクトのスケジュール、または、工場等における生産管理のスケジュール等各種のスケジュールを作成するスケジューリング装置及び方法に関する。 And use, development or design project schedule in a variety of business, or, on the scheduling apparatus and method for creating a schedule such as various types of schedule of production management in a factory or the like.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、各種業務における開発もしくは設計のプロジェクト、または工場等における生産管理等において、スケジューリング問題が計画業務ないし計画立案作業の主要な課題となっている。 Hitherto, the development or design of projects in various business or in the production management, and the like in a factory or the like, has become a major challenge of scheduling problems is planning business or planning work. このスケジューリング問題とは、一般に、「与えられたジョブに対して、処理の実行に必要な資源(リソース)と処理時間を割り付ける問題」と定義される。 And the scheduling problem, in general, "for a given job, resource (resource) and the treatment time problems allocating necessary for execution of processing" is defined as.

【0003】ここでは、スケジューリング問題を、「どの仕事を」、「誰が」、「いつ」行なうかを決定する問題とする。 [0003] In this case, the scheduling problem, "which work", "who", the problem of determining whether the conduct "when". そして、「どの仕事を」に相当するものを「工程」と呼び、「誰が」に相当するものを「リソース」と呼ぶことにする。 And, referred to as the equivalent of "any work", "process", will be referred to as the equivalent of a "who" and "resources". また、「いつ」とは、工程を処理する時間を決定することを意味する。 In addition, the "when", which means that to determine the time to process the process.

【0004】スケジューリングには様々な応用分野があるが、ここでは主にプロジェクトスケジューリングと生産計画のスケジューリングとの2つの分野における従来の技術を説明する。 [0004] The scheduling have various applications, but here mainly described conventional techniques in the two areas of the scheduling project scheduling and production planning. プロジェクトスケジューリングでは、工程の前後関係が複雑であるため、この前後関係を把握してスケジュールを立案することが要求される。 The project scheduling, because the context of the process is complicated, it is required to develop a schedule to understand the context. それに対して生産計画の場合は、設備等の制約、及び段取りに要する期間等の様々な制約を考慮しなければならない。 In the case of production planned for it, the constraint of equipment, etc., and must take into account the various constraints of the period, such as that required for the set-up.

【0005】このような問題に対処すべく、従来の技術では以下のような方法がとられている。 [0005] To cope with this problem, the prior art has been taken the following methods.

【0006】1. [0006] 1. プロジェクトスケジューリング プロジェクトスケジューリングにおいては、従来からP In the project scheduling project scheduling, P from conventional
ERT法及びCPM法が研究されている(関根智明著、 ERT method and CPM methods have been studied (Tomoaki Sekine al.,
「PERT・CPM」、日科技連)。 "PERT · CPM", JUSE). PERT法は、工程の前後関係をもとに工程ネットワークを作成し、このネットワークに基づいて各工程の最早開始時刻及び最遅終了時刻等を計算するものである。 PERT method creates a process network based on the context of the process is to compute the earliest start time and latest end time of each process on the basis of this network. これにより、各工程の時間的余裕等が計算される。 Thus, time margin of each step is calculated. また、CPM法は、PE In addition, CPM method, PE
RT法による結果に基づき、全体の工期を縮小するための方法であり、リソースの割付けに関する手法ではないため、ここではその説明は省略する。 Based on the result of the RT method is a method for reducing the entire construction period, because it is not a technique relating to allocation of resources and the description thereof will be omitted.

【0007】PERT法は、通常、山積み・山崩し法と共に使用される。 [0007] The PERT method is usually used in conjunction with the pile-mountain break method. この山積み・山崩し法とは、PERT And this pile-mountain break method, PERT
計算によって各工程の作業時刻を仮に決定し、そのスケジュールがリソースの制約のもとで実行不可能である場合に、リソースの要求が集中する部分の工程を、他のリソースに順次ずらしていく方法である。 Tentatively determining work time of each step by the calculation method when the schedule is not feasible under the resource constraints, the portion of the process of resource requests are concentrated, are sequentially shifted to the other resources it is.

【0008】しかしながら、この山積み・山崩し法は、 [0008] However, this pile-mountain break method,
リソースの優先度や余裕時間を考慮して順次処理時刻をずらしてゆく手法であり、基本的には、キャパシティが限られた単一のリソースに対して行うものである。 Is a technique Yuku staggered sequential processing time in view of the resource priority or margin time, basically, is performed for a single resource capacity is limited. すなわち、リソースが単一であるということは、例えばプロジェクトスケジューリングの場合には、個人に対して仕事を割り振るのではなく、集団(プロジェクトチーム全体)に対して仕事を割り振るということである。 In other words, the fact that the resource is a single, for example, in the case of project scheduling, rather than allocating the work to an individual, is that allocate the work to the population (the entire project team). このとき、キャパシティとは、集団における上限の人数であるとする。 In this case, the capacity, and a number of upper limit in the population.

【0009】一方、複数のリソースを対象とするスケジューリング方法として、上記方法を拡張したRAMPS On the other hand, as a scheduling method that targeted multiple resources, extension of the above method RAMPS
(Resource Allocation and Multi-Project Schedulin (Resource Allocation and Multi-Project Schedulin
g:前記文献参照)が知られている。 g: see the literature) is known. これは、作業に必要なリソースを、例えば「電気設計者グループ」と「機械設計者グループ」といった複数種類用意し、各工程を行なうために各リソースにつき何人必要かというデータをもとにスケジュールを立案する方法である。 This is, the resources required to work, for example, "electrical designer group" and a plurality of types available, such as "mechanical designer group", based on the schedule data of what people need for each resource in order to perform each step it is a method of planning. この方法によれば、複数のリソースに対してスケジューリングを行うことができる。 According to this method, it is possible to perform scheduling for a plurality of resources.

【0010】2. [0010] 2. 生産計画のスケジューリング 生産計画のスケジューリングにおいて、多品種少量生産の場合は、各生産要求品目を生産工程に分けたものがスケジュール単位となり、大量生産の場合は、生産要求品目をロット分割したロット単位を生産工程に分けたものがスケジュール単位となる。 In the scheduling of the scheduling production plan for production planning, in the case of limited production of diversified products, each of the production request item that is divided into the production process are schedulable unit, in the case of mass production, a lot units producing request item and batch split which was divided into the production process is the schedule unit. この生産計画の場合も工程数が多いため、問題としてはプロジェクトスケジューリングの問題と似ている。 Because there are a lot of number of steps in the case of this production plan, it is similar to that of project scheduling problem as a problem. すなわち、ラインの優先度及びラインごとの能力の違いを考えた上に、複雑な工程の順序関係を考慮し、更に、各ロットの最終納期を合わせるようスケジュールを立案しなければならない。 That is, on considering the differences in capabilities of priority and for each line of the line, considering the order relationship of complex steps, further, it must develop a schedule to match the final delivery of each lot. しかし、 But,
生産計画の場合は、さらに複雑になる場合が多い。 In the case of production plan, in many cases become more complex. 例えば、各工程で占有するリソースが1つではなく、例えば加工機械と治工具の2つが同時に必要であるといった制約、もしくは、同じ加工機械で2以上のロットを連続で加工する場合、使用している治工具が異なる場合にそれを設定するための準備時間(段取り時間)として1時間空けなければならないといった工場や設備などの制約を、考慮に入れなければならない。 For example, the one resource occupied by each process is not, for example, constraints such as two are simultaneously required of the processing machine and tools, or, when processing two or more lots succession in the same processing machine, using the constraints, such as preparation time (setup time) as factories and such must be spaced 1 hour facilities for tools there are to set it to be different, it must be taken into account. また、大量生産の場合は、ロットが多くなることが多く、全ての工程を一度にスケジューリングするのは困難である。 In addition, in the case of mass production, often the lot is large, it is difficult to schedule all the steps at once.

【0011】そこで、以下のようなスケジューリング方法が考えられる。 [0011] Therefore, it is considered scheduling method such as the following. すなわち、工程の混雑状況を予想し、 In other words, expect the congestion status of the process,
待ち時間を含めた各工程に要する時間を大まかに見積もって、各工程の開始可能時刻および終了時刻を決め、各工程ごとに独立してこの時間内に収まるようにスケジューリングを行なう方法である。 Estimate the time required for each process, including the waiting time in roughly determines the start enabled time and end time of each process is a method for performing scheduling to fit within this time independently for each process. または、工程順にスケジューリングを行い、前工程からスケジューリングする場合は、前工程の終了時刻を後続する工程の開始可能時刻に設定して、その後続する工程のスケジューリングを行なう方法である。 Or performs scheduling in order of steps, when scheduling from the previous step, and set the end time of the previous step to start enabled time of the subsequent process, is a method for performing scheduling of the subsequent process. このような方法によると、問題は各工程毎であって、その工程は単工程か、もしくは、複数工程であってもごく単純なものとなる。 According to this method, the problem is a respective process, the process is either a single step, or even multi-step becomes a very simple.

【0012】例えば、段取り期間を考慮したスケジューリング方法を考える。 [0012] For example, consider a scheduling method that takes into account the setup period. ここで、「ある工程では、加工機械の他に治工具が必要であり、製品によって治工具が決まっている。このとき、同じ加工機械で治工具を交換する時には、段取り期間が必要である」という制約があるとする。 Here, "in a certain step, requires tools in addition to the processing machines, tools are determined. At this time the product, when replacing the tools in the same processing machine, it is necessary setup period" and there is a restriction that. 治工具の数には余裕があり、交換する際の段取り期間のみを考えるとすると、同じ治工具を使用するロットをできる限りまとめて割り付けた方が、段取り期間が減少し、加工機械の稼働率が上がる。 There is a margin in the number of tools, and to consider only the set-up period at the time of exchange, who was assigned together as much as possible the lot to be used the same jigs and tools, setup period is reduced, processing machinery of capacity utilization It rises.

【0013】しかしながら、ロットをまとめ過ぎると、 [0013] However, if it is too summary of the lot,
その工程において1つのロットの滞留時間が増加し、そのロットに対する処理のみ先行して他のロットに対する処理が終了せず、プロジェクト全体の予定終了時刻に作業が終了しないという場合がある。 The residence time of one lot is increased in the process, in advance only the processing for the lot without process ends for the other lots, it may be referred to work scheduled end time of the entire project is not completed. 従って、加工機械の稼働率の向上と、ロットの滞留時間の減少という2つの相反する目標を考慮しなければならない。 Thus, the improvement of the operation rate processing machine, must be considered two competing goals of reduced residence time of the lot.

【0014】以上のような点を鑑みた従来の生産計画のスケジューリング方法としては、分岐限定法もしくは整数計画法などを用いて検索するOR(Operations Resea [0014] As the scheduling method of the conventional production planning in view points as described above, OR to search by using a branch and bound method or integer programming (Operations Resea
rch)的な方法と、ディスパッチング規則をIF−TH rch) specific to the method, IF-TH dispatching rule
ENルールで記述したエキスパートシステム的な方法がある。 There are expert system methods described in EN rule.

【0015】OR的な方法では、まず、基本的な最終結果であるスケジュールを評価する。 [0015] In the OR manner, first of all, to evaluate the schedule is a basic final result. 例えば、上述した例の場合、全ての加工機械の稼働率の和を第1の評価基準とし、各ロットの滞留時間の総和を第2の評価基準とし、最終的にスケジューリングされた結果に対してこれらを計算する。 For example, in the example described above, the sum of all the processing machines operating rate and the first evaluation criterion, the sum of the residence time of each lot as a second criterion, the finally against scheduled results these are calculated. このORの分野では、上記問題はロットの順序づけ問題として捉らえることが多く、この順序を最適化する方法が多数研究されている。 In the field of this OR, the problem is often to obtain 捉 et al as lots ordering problem, a method of optimizing the order is a number studied. 基本的には、順序を最適化するために、何らかの初期解を与え、これを最適解に近付くように修正を加えるといったものが多い。 Basically, in order to optimize the order, it gives some initial solution, in many cases such make modifications to approach it to the optimal solution.

【0016】これに対し、エキスパートシステム的な方法は、熟練した計画立案担当者が作業計画を作成する際に用いる発見的手法を、計算機上で知識ベース化して模擬する方法である。 [0016] On the other hand, the expert system approach is, the heuristics skilled planning staff is used when creating a work plan, it is a method of simulating and knowledge base of on a computer. すなわち、人間がスケジューリングする手順に近い方法で行うため、割り付けていない工程を選んで割り付ける、ということを繰り返す。 In other words, for carrying out in a way close to the procedure humans scheduling allocates choose not assigned process repeats that. スケジュールを作成する際に行なわれる選択及び割り付けのことは、ディスパッチングと呼ばれ、どのように選択してどのように割付けを行なうかという規則を、ディスパッチングルールと呼ぶ。 That the selection and assignment are performed when creating a schedule called dispatching, the rules of how selected describes the desired allocation, the called a dispatching rule. この場合、AI(Artificial Intel In this case, AI (Artificial Intel
igence)の分野の技術の経緯により、IF−THENルールによる記号推論によってスケジューリングが行なわれることが多い。 The history of the art of technology igence), is often carried out scheduling by symbol reasoning by IF-THEN rules. すなわち、制約条件を IF 〜 THEN 〜 というIF部(前件部)とTHEN部(後件部)からなるルール形式で表現する。 In other words, it expressed in the rule format to be a constraint from the IF part of IF ~ THEN ~ (antecedent) and THEN part (consequent).

【0017】例えば、段取り時間を少なくする場合について考える。 [0017] For example, consider the case to reduce the setup time. ここでは、各リソースに対して、現在割り付けられている最も遅い工程の終了時間をそのリソースの終了時間とし、その工程の使用している治具を、現在の使用治具と呼ぶこととする。 Here, for each resource, the end time of the slowest step currently allocated to the end time of the resource, the jig using the process, is referred to as a current use jig. この場合、以下のようなルール群によって割付けが行われる。 In this case, allocation is performed by following a set of rules.

【0018】IF ある工程の使用する治具が、あるリソースの現在使用している治具と同じとき THEN その工程をそのリソースに割り付ける IF 各リソースが現在使用している治具と、同じ治具を使用する工程がないとき THEN 納期の最も早い工程を、終了時刻が最も早いリソースに割り付ける このようなルール形式による表現は、見た目上は分かりやすくスケジューリング作業を考える上で知識を入力しやすく、簡単なスケジューリングシステムを構築することができる。 The jig used for IF there step, a jig IF the resource is currently using to allocate the same current time THEN the process and jigs are used for a resource in the resource, the same jig the earliest steps of the tHEN delivery time when there is no process to be used, is represented by such a rule format to be assigned to the earliest resource is the end time, look on it is easy to enter the knowledge in considering the scheduling work easy to understand, easy it can be constructed such scheduling system. 現在実用されているスケジューリングシステムは、このようなディスパッチング規則をIF−TH Scheduling systems that are currently in practical use, such dispatching rules IF-TH
ENルールもしくはそれに準じたプログラミング方式で行なわれているものが多い。 What is done in EN rule or programming system that conforms to it often. このようなルール形式によるスケジューリングの特徴は、最適解を追求することはせず、実用可能なレベルでのスケジューリングシステムを容易に構築できるという点にある。 Such rule format by the scheduling feature is not possible to pursue the optimal solution, in that it can easily be build scheduling system in practical level. 計算量もOR的な手法に比べて少なくて済むため、機械の台数が多い場合、もしくは機械に優先順位が決まっている場合にも対応させることができる。 Since the calculation amount can be small as compared with the OR technique, when the machine number is large, or even if the determined priority to the machine can be made to correspond.

【0019】 [0019]

【発明が解決しようとする課題】ところで、従来のスケジューリング方法には、以下のような問題点があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, the conventional scheduling method, and the following problems. 1. 1. プロジェクトスケジューリングの場合 従来のプロジェクトスケジューリングは、主に建築現場などのスケジュールを対象としてきたため、集団に対するキャパシティを考慮したスケジュールを作成すればよかった。 Traditional project scheduling the case of project scheduling, because that has been the subject of the schedule, such as primarily a construction site, you should create a schedule that takes into account the capacity for the population. しかし、特に設計作業の場合、各個人の能力によって工期が大幅に変化したり、従事不可能な作業が発生する場合があり、各個人の能力を考慮して個人単位のスケジュールを立案できるようにする必要がある。 However, especially in the case of design work, may change significantly the construction period by each individual's ability, there is a case that can not engaged in work occurs, so as to be able to develop a schedule of individual units in consideration of each individual's ability There is a need to. 各工程が割り付けられるリソースが一意に決まっている場合は、個人に対して仕事を割り振るために、上述したようにリソースを複数設定し、山積み・山崩し法を用いてスケジューリングを行うことができる。 If the resource each process is allocated is uniquely determined, to allocate work to individuals, a resource set multiple as described above, it is possible to perform scheduling using the pile-pile breaking method.

【0020】しかしながら、通常は、一つの作業に割り当てることができる人間は一人とは限らず、複数の人間から一人を選ぶ場合が多い。 [0020] Typically, however, not limited to one person is human beings that can be assigned to one of the work, there are many cases to choose one person from more than one person. このように、各工程を割付け可能なリソースが複数ある場合には、リソースを変更することにより山積みの状況が変化し、各工程とそれに対して割付け可能なリソースとの組み合わせの数に応じて、山積みの種類が発生することとなる。 Thus, if the steps are a plurality of allocatable resources, depending on the number of combinations of pile situation has changed, the process and allocable resources for thereby changing the resource, so that the pile of the kind occurs. 例えば、スケジューリングの対象となる工程が10工程あり、各々が割付け可能なリソースが3個ずつあったとする。 For example, the process to be scheduled in question has 10 steps, and each allocable resources were triplicate. その場合、各工程に選択可能なリソースのパターンは約17万通り存在することとなり、これらのパターンをすべて考慮した上で山崩しを行なうのは困難である。 In that case, the pattern of selectable resources to each step becomes to exist ways about 170,000, it is difficult to carry out the mountain break in consideration all of these patterns. しかも、現実問題では、「割付け可能なリソースのうち極力選択したいリソースがあるが、そのリソースが日程的に都合がつかなければ他のリソースでも良い」といった優先関係があることが多い。 Moreover, in the real problem, "but there is a resource that you want as much as possible selection of the allocation available resources, the resource schedule to even be in the other resources to be stuck is convenient," there is often a priority relationship such.

【0021】例えば、上述した設計作業の場合、各設計項目ごとに責任者が決まっており、なるべく責任者が設計作業を行なった方がよい。 [0021] For example, in the case of the design work as described above, has decided responsible for each design item, it is better that as much as possible responsible person has performed the design work. しかし、この「責任者が作業する」という制約を守るようにスケジューリングしようとすると、全体の工期が伸びることとなる。 However, when you try to scheduled to protect the restriction that this "responsible person to work", so that the whole of the construction period is extended. この場合、まず責任者に割り当てるように山積みを行ない、全体の工期とのバランスを考えながら、工程を他のリソースにずらして山崩しを行う必要がある。 In this case, first, performs a pile to assign the responsible person, while considering the balance of the overall construction period, it is necessary to perform mountain break by shifting the process to the other resources. しかしながら、 However,
このような山崩し法は、かなり複雑なものとなる。 Such a landslide and method is a rather complex thing. 従来の山崩し法では、プロジェクト全体が納期に間に合うように期間のみ考えて行えばよかった、この方法では、期間と共に、割付け可能なリソースについても考慮しつつ山崩しを行なわなければならない。 In the conventional mountain break method, the entire project was good be performed by thinking only period in time for the delivery time, in this way, along with the period, it must be made a mountain break while also consider the allocation of resources that can be.

【0022】このように、プロジェクトスケジューリングのように工程間の順序関係が複雑な問題に対して、従来の山積み・山崩し法、及びそれを拡張した方法では、 [0022] Thus, with respect to the order relation complications between processes like project scheduling, the conventional pile-pile breaking method, and methods extend it,
工程の期間的要素と共に、複数のリソース各々の優先度を考慮したスケジュールを作成することは困難であった。 With period elements of process, it is difficult to create a schedule that takes into account the priorities of a plurality of resources each.

【0023】2. [0023] 2. 生産計画の場合 上述したOR的な方法は、順序づけ問題に限定して最適化を行なう際には単一の機械についての問題となってしまい、複数の機械に対するスケジューリングに適用するのは困難である。 OR procedure described above when the production plan, when performing optimization is limited to the problem ordering becomes a problem for a single machine, it is difficult to apply to the scheduling for a plurality of machines . また、複数の機械であっても、2機もしくは3機といったごく小規模なものに限られる。 Also, a plurality of machines, limited to very small things like two aircraft or 3 aircraft. 更に、大抵は、複数工程ではなく単工程に対する研究のみ行われているというのが現状である。 Further, usually, at present, that being done only studies on single step rather than multiple steps.

【0024】このOR的な方法においては、最適解を求めることが基本であり、スケジューリングする目標を最終結果に対する評価関数によって表すため、目的が明確になるという利点がある。 [0024] In this OR approach, it is fundamental for obtaining the optimum solution, to represent the evaluation function the goal of the scheduling for the final result, there is an advantage that purpose becomes clear. しかしながら、その解法は複雑であり、一般に計算時間などの制約により複雑な問題には適応できないという問題があった。 However, the solution is complex, the complex problem there is a problem that can not be applied due to restrictions such as general computing time.

【0025】また、エキスパートシステム的な方法では、ルール形式による表現は、工程を1つ割り付ける際の条件づけに用いられるものであって、この表現方法では、上述したような機械の稼働率及びロットの停滞時間等を考慮した最適性についてのルールセットを記述するのは困難である。 Further, the expert system approach, expression by the rule format, which is used in conditioning when assigning one step, in this representation, the machine uptime and lot as described above it is difficult to describe the set of rules for the optimality taking into account the stagnation time of the. また、条件を詳細に設定しようとするとルールセットが複雑になり、構築が容易でなくなるという問題がある。 In addition, conditions will be complex rule set when you try to set in detail, there is a problem that is not easy to build. 更に、エキスパートシステム的な方法では、工程間の具体的な関係、期間的遅れの限度、特定の機械の不具合などの具体的な状況によって、知識を微調整するのが難しい。 Further, the expert system approach, specific relationships between processes, the limit of time lag, by the specific circumstances, such as failure of a particular machine, it is difficult to fine-tune the knowledge. すなわち、知識の構造が比較的複雑になるため、データの性質が異なる場合、それに合わせて少しずつ変化させるようなシステムを構築するのは困難である。 That is, since the structure of the knowledge is relatively complicated, when the nature of the data are different, it is difficult to build a system that changes little by little accordingly.

【0026】本発明は、上記のような従来技術の問題点を解決するために提案されたものであり、その目的は、 [0026] The present invention has been proposed to solve the problems of conventional techniques as described above, and its object is
順序関係が決定されている複数の工程各々について、複数のリソース各々との適合性を評価すると共に、工程の期間的要素をも評価し、その適合性と期間的要素とのバランスを最適に設定することが可能なスケジューリング装置及び方法を提供することである。 A plurality of steps each ordered relationship is determined, as well as evaluate the compatibility of the plurality of resources each, also evaluated the time elements of step, optimally set the balance between their compatibility and duration elements it is to provide a capable scheduling apparatus and method for.

【0027】また、他の目的は、複数の工程各々に複数の種類のリソースを割り付ける際に、段取り期間と上記工程の期間的要素とのバランスを最適に設定することが可能なスケジューリング装置及び方法を提供することである。 Further, another object, a plurality of the time of allocating a plurality of types of resources to process each capable optimally set the balance between the duration elements of setup period and the step scheduling apparatus and method it is to provide a.

【0028】更に、上記適合性と期間的要素とのバランス、もしくは段取り期間と期間的要素とのバランスを調整することができるスケジューリング装置及び方法を提供することである。 Furthermore, there is provided a scheduling apparatus and method capable of adjusting the balance between the compatibility and the balance of the period elements or setup period and the period element.

【0029】 [0029]

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、 Means for Solving the Problems The invention according to claim 1,
コンピュータを利用してスケジューリングを行うスケジ Sukeji you are using a computer performs scheduling
ューリング装置において、複数のリソースの各々について、その能力を含む属性を定義するためのリソース定義手段と、所定の順序関係を有する複数の工程について、 In Yuringu device, for each of a plurality of resources, the plurality of steps having a resource definition means for defining attributes including the ability predetermined order relation,
各々の属性を定義するための工程定義手段と、前記複数の工程における一連の工程全体またはその中の任意の工程に対し、その処理開始時期及び処理終了予定時期を設定するための時期設定手段と、 前記リソース定義手段に A step defining means for defining each of the attributes with respect to a series of steps all or any step therein in the plurality of steps, and timing setting means for setting the processing start time and a processing scheduled end time , the resource definition means
よって定義された複数のリソースに関するデータ、前記 Thus data relating to a plurality of resources defined, the
工程定義手段によって定義された複数の工程に関するデ De for a plurality of steps defined by the process definition means
ータ、及び前記時期設定手段によって設定された開始終 Chromatography data, and set the start end by said timing setting means
了時期に関するデータを格納する格納手段と、前記格納 Storage means for storing data relating to completion timing, the stored
手段に格納された前記複数の工程に関するデータに基づ Based on data relating to the plurality of steps stored in the unit
いて、前記複数の工程のうちリソースへの割付けを行う工程を順次選択する工程選択手段と、前記工程選択手段によって選択される各工程を、前記格納手段に格納され There are the steps selecting means for sequentially selecting step for assignment to a resource of the plurality of steps, each step selected by said step selecting means, stored in said storage means
た当該工程に関するデータ及び前記複数のリソースに関 It was about the data and the plurality of resources relating to the process
するデータに基づいて、複数のリソースの各々に対して Based on the data, for each of a plurality of resources
仮割付けする仮割付け手段と、 前記仮割付けの結果か A temporary allocation means for temporary assignment, or the result of the temporary allocation
ら、前記格納手段に格納された前記開始終了時期に関す Et al., Related to the start and end time stored in said storage means
るデータに基づいて、前記複数の工程のうちの一連の Based on that data, a set of engineering of the plurality of step
程の終了時期を求めることにより、その一連の工程の終了時期を期間的に評価し、その期間的評価を第1の尺度とする第1の評価手段と、 前記格納手段に格納された当 By determining the end timing of the extent, to evaluate the end timing of the series of steps in time, the the first evaluation means for the duration evaluation with the first measure, those stored in said storage means
該リソースに関するデータ及び当該工程に関するデータ Data about data and the process related to the resource
に基づいて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価し、その適合性評価を第2の尺度とする第2の評価手段と、前記第1の尺度、第2の尺度とを評価して当該工程と当該リソースとの組み合わせに対する評価値を算出し、この評価値を前記複数のリソースの各々について算出し、それら全てのリソースの評価値を比較することによって、当該工程に対し最適なリソースの決定を行うリソース決定手段と、 前記工程選択手段によって選択さ Based on, to evaluate the suitability for the process of the resource, and second evaluation means for the conformity assessment and second scales, said first scale, said evaluating a second measure calculating an evaluation value for a combination of the process and the resource, the evaluation value calculated for each of the plurality of resources, by comparing the evaluation values ​​of all their resources, determining the optimal resource to the process a resource determination unit for performing, is selected by the process selection means
れる各工程を、当該工程に対して前記リソース決定手段 The resource determination unit each step, with respect to the steps that
によって決定される各リソースに対して順次割り付ける工程割付け手段と、前記工程割付け手段によってリソース割り付けられた工程を表すスケジューリングチャートを生成する手段とを具備し、前記工程選択手段は、前記工程割付け手段によって既に割り付けがなされた工程を仮割り付けの対象として選択しないこと、を特徴とする。 Comprising the step allocating means for sequentially allocating for each resource that is determined, and means for generating a scheduling chart showing processes assigned to the resource by the process allocation unit by the process selection means, the process allocating means already not selecting the allocation is made step as the temporary allocation of the target, characterized by.

【0030】請求項15記載の発明は、前記請求項1記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、コンピュータを利用してスケジューリングを行うスケジューリング方法において、複数のリソースの各々について、 [0030] The invention of claim 15, wherein this section of the specification captures the invention of claim 1, wherein in terms of method, the scheduling method for scheduling using a computer, for each of a plurality of resources, Yoo
ーザから入力されたデータに基づいて、その能力を含む属性を定義し、定義した内容を複数のリソースに関するデータとして格納手段に格納するためのリソース定義ステップと、所定の順序関係を有する複数の工程について、 ユーザから入力されたデータに基づいて、各々の属性を定義し、定義した内容を複数の工程に関するデータとして前記格納手段に格納するための工程定義ステップと、前記複数の工程における一連の工程全体またはその中の任意の工程に対し、 ユーザから入力されたデータに Based on the input data from the chromatography The defines attributes including their ability, and resources defined step for storing in the storage means the contents defined as data relating to a plurality of resources, the plurality having a predetermined order relationship for process, based on data input from a user to define each attribute, the process definition step for storing in the storage means the contents defined as data relating to a plurality of steps, the series of the plurality of step to process all or any step therein, the data input by the user
基づいて、その処理開始時期及び処理終了予定時期を設定し、設定した内容を開始終了時期に関するデータとして前記格納手段に格納するための時期設定ステップと、 Based on the timing setting step for setting the processing start time and a processing scheduled end time is stored in the storage means as data on starting end timing the contents set,
前記格納手段に格納された前記複数の工程に関するデータに基づいて、前記複数の工程のうちリソースへの割付けを行う工程を順次選択する工程選択ステップと、前記工程選択ステップによって選択される各工程を、前記格納手段に格納された当該工程に関するデータ及び前記複数のリソースに関するデータに基づいて、複数のリソースの各々に対して仮割付けする仮割付けステップと、前記仮割付けの結果から、前記格納手段に格納された当該開始終了時期に関するデータに基づいて、前記複数の工程のうちの一連の工程の終了時期を求めることにより、 Based on the data relating to the storage means the plurality of processes stored in the process selecting step of sequentially selecting step for assignment to a resource of the plurality of steps, each step selected by said step selection step , based on the data about the data and the plurality of resources for stored the process in the storage unit, the temporary allocation step of temporarily allocating to each of a plurality of resources, the results of the tentative allocation, in the storage unit based on the data relating to stored the start and end time, by determining the end timing of the sequence of steps of the plurality of processes,
その一連の工程の終了時期を期間的に評価し、その期間的評価を第1の尺度とする第1の評価ステップと、前記格納手段に格納された当該リソースに関するデータ及び当該工程に関するデータに基づいて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価し、その適合性評価を第2 Evaluates the termination time of the series of steps in time, the basis of the data relating to the first evaluation step and the data related to the resources stored in said storage means and the step of the time evaluation in the first measure Te, to evaluate suitability for that step of the resource, the conformity assessment second
の尺度とする第2の評価ステップと、前記第1の尺度、 A second evaluation step of a measure of, the first measure,
第2の尺度とを評価して当該工程と当該リソースとの組み合わせに対する評価値を算出し、この評価値を前記複数のリソースの各々について算出し、それら全てのリソースの評価値を比較することによって、当該工程に対し最適なリソースの決定を行うリソース決定ステップと、 By evaluating the second measure calculating an evaluation value for the combination of the process and the resource, the evaluation value calculated for each of the plurality of resources, compares the evaluation values ​​of all those resources a resource determination step for determining the optimal resource to the process,
前記工程選択ステップによって選択される各工程を、当該工程に対して前記リソース決定ステップによって決定される各リソースに対して順次割り付ける工程割付けステップと、前記工程割付けステップによってリソースに割り付けられた工程を表すスケジューリングチャートを生成するステップとを具備し、前記工程選択ステップは、前記工程割付けステップによって既に割り付けがなされた工程を仮割り付けの対象として選択しないこと、 Each step selected by said step selection step, representing a step allocation step of sequentially allocating for each resource determined by the resource determination step with respect to the process, a process assigned to the resource by the process allocation step comprising the steps of generating a scheduling chart, the process selection step, it is not selected as the temporary allocation of the target already allocated have been made step by the step allocation step,
を特徴とする。 The features.

【0031】請求項1及び15記載の発明によれば、複数の工程の各々を、複数のリソースのいずれかに割り付けるスケジューリングを行う。 According to the invention of claim 1 and 15, wherein each of the plurality of steps, performs scheduling to assign to one of the plurality of resources. この際、例えば、各工程と各リソースとが、その組み合わせによって適合性の程度が定まるものとする。 In this case, for example, the respective steps and each resource is assumed to degree of compatibility is determined by the combination. 具体的には、各リソースにとっていずれの工程が得意であるか、また、各工程にとっていずれのリソースによって処理されるのが適当であるか、といった程度である。 Specifically, one of the steps for each resource is good, also the degree or appropriate, such as being processed by any of the resource for each step. この場合、各工程をいずれのリソースに割り付けるかにより、効率などの各種態様が異なってくる。 In this case, depending on whether allocating steps in any resources, various aspects such as efficiency becomes different. 一方、上記適合性のみを基準として割り付けていくと、所定数の工程を所定の期間内に終了しないという問題が起こる。 On the other hand, when gradually allocated based on the above-mentioned compatibility only a problem that does not end the predetermined number of steps within a predetermined time period occurs. 従って、各工程を各リソースに仮割付けを行い、後続する各工程、特に連続する一連の工程の終了時期を求めることにより、当該工程と当該リソースとの組み合わせにおける、処理予定時期、すなわち終了予定時期に対する期間的な評価を行う。 Thus, the steps performed provisionally allocated to each resource, the step of subsequent, in particular by obtaining the end time of a series of successive steps, in combination with the process and the resource, the scheduled processing time, i.e. the expected completion time perform a period evaluation for. この期間的な評価を数値等で表して第1の尺度とし、一方で、上記適合性を評価しこれを数値等で表して第2の尺度とする。 This period evaluation as a first measure, expressed in numerical values, while the the second measure indicates this to evaluate the suitability of a numerical value or the like. このように、各工程と各リソースとの適合性を評価しつつ、期間的要素をも考慮するため、適合性と期間的要素とのバランスがとれる最適なスケジューリングを行うことが可能となる。 Thus, while evaluating the compatibility with each step and each resource, in order to consider also the period elements, it is possible to perform optimal scheduling balance between compatible and duration factors can be taken.

【0032】請求項2記載の発明は、請求項1記載のスケジューリング装置において、前記複数の工程の一連の工程の終了時期を考慮して、前記リソースに対する重み付けを行うための第1の重みを設定する第1の重み設定手段を具備し、前記第2の評価手段は、前記第1の重みを用いて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価すること、を特徴とする。 [0032] According to a second aspect of the invention, set in the scheduling apparatus according to claim 1, wherein, in consideration of the end timing of a series of steps of the plurality of steps, the first weight for weighting for the resource to include a first weight setting means, said second evaluation means, using the first weighting, evaluating suitability for the process of the resource, characterized by.

【0033】 請求項16記載の発明は、前記請求項2 [0033] The invention of claim 16 wherein, the second aspect
記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項15記載のスケジューリング方法において、前記複数の工程の一連の工程の終了時期を考慮して、前記リソースに対する重み付けを行うための第1の重みを、ユーザ Invention there which is assumed from the viewpoint of the method according, in the scheduling method of claim 15, wherein, taking into consideration the end time of a series of steps of the multiple steps, the first for performing weighting for the resource the weight of the user
から入力されたデータに基づいて設定する第1の重み設定ステップを具備し、前記第2の評価ステップは、前記第1の重みを用いて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価すること、を特徴とする。 Comprises a first weight setting step of setting based on the input data from the second evaluation step, using the first weighting, evaluating suitability for the process of the resource, the features.

【0034】請求項2および請求項16の発明によれば、適合性を評価する際に第1の重みを参酌することにより、第1の尺度と第2の尺度とのバランスをとり、工程とリソースとの最適な組み合わせを決定することができる。 According to the invention of claims 2 and 16, by reference to the first weight in assessing the compatibility balance between the first measure and the second measure, a step it is possible to determine the optimum combination of resources. 特に、各工程と各リソースとの適合性を評価しつつ、期間的要素をも考慮し、更に、重みによってそれらのバランスをとるようにするため、適合性と期間的要素とのバランスがに優れた最適なスケジューリングを行うことが可能となる。 In particular, while evaluating the compatibility with each step and each resource, also considering period elements, further, in order to take their balance by weight, excellent balance between compliance and duration elements it is possible to perform optimal scheduling was.

【0035】請求項3記載の発明は、請求項2記載のスケジューリング装置において、スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第1の重み設定手段により設定された前記第1の重みを修正する重み修正手段を具備することを特徴とする。 The invention according to claim 3, in the scheduling apparatus according to claim 2, wherein in the scheduling, if a predetermined condition is satisfied event occurs, the first set by the first weight setting means characterized by comprising a weight correction means for correcting the weight.

【0036】請求項17記載の発明は、前記請求項3記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項16記載のスケジューリング方法において、スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第1の重み設定ステップにより設定された前記第1の重みを修正する重み修正ステップを具備することを特徴とする。 The invention of claim 17, wherein a in which the invention described in claim 3 caught in terms of methods, in the scheduling method according to claim 16, wherein in the scheduling, a predetermined condition is satisfied event occurs when, characterized in that it comprises a weight modifying step of modifying the first weight set by said first weight setting step.

【0037】請求項3及び17記載の発明によれば、工程間の具体的な関係、期間的遅れの限度、特定リソースの不具合などの具体的な事情に応じて、第1の重みを修正することにより、柔軟なスケジューリングが可能となる。 [0037] According to the invention of claim 3 and 17, specific relationships between processes, the limit of time lag, depending on the specific circumstances, such as failure of a particular resource, to modify a first weight by a flexible scheduling it is possible.

【0038】請求項4記載の発明は、請求項3記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択することを特徴とする。 The invention according to claim 4, in the scheduling apparatus according to claim 3, wherein the step selecting means, based on the time interrelation of the plurality of processes, allowed the earliest ready time for each step that end timing of the slowest and was used to calculate the evaluation value, and selects a process based on the evaluation value.

【0039】請求項18記載の発明は、前記請求項4記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項17記載のスケジューリング方法において、前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択することを特徴とする。 The invention of claim 18 wherein, the be those of the invention of claim 4, wherein captured in terms of methods, in the scheduling method of claim 17, wherein step selection step, the plurality of steps based on the time interrelation, the evaluation value is calculated by using the earliest startable end timing of the timing and acceptable slowest for each process, and selects a process based on the evaluation value .

【0040】請求項4及び18記載の発明によれば、複数の工程の期間的な相互関係に基づいて、各工程について最早の開始可能時期と許容される最遅の処理時期とを評価して工程を選択するため、開始時期及び終了時期が早い緊急度の高い工程から選択することができる。 According to the invention of claim 4 and 18, wherein, based on the duration mutual relationship among a plurality of steps, evaluating and processing time of the slowest acceptable and earliest ready time for each step In order to select a process, it is possible to start time and end time to select from an early high of urgency process.

【0041】請求項5記載の発明は、請求項1記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする。 [0041] According to a fifth aspect of the invention, in the scheduling apparatus of claim 1 wherein step selection means based on the time interrelation of the plurality of processes, is allowed longer processable time for each step that the processing time of the slowest and was used to calculate the evaluation value, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.

【0042】請求項19記載の発明は、前記請求項5記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項15記載のスケジューリング方法において、前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする。 The invention of claim 19, wherein this section of the specification captures the invention of claim 5, wherein in terms of methods, in the scheduling method of claim 15 wherein step selection step, the plurality of steps based on the time interrelation, calculating an evaluation value by using the earliest processable timing and the acceptable latest processing time for each step, which is configured to select a process based on the evaluation value it is characterized in.

【0043】請求項5及び19記載の発明によれば、複数の工程の期間的な相互関係に基づいて、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期とを評価して工程を選択するため、開始時期及び終了時期が早い緊急度の高い工程から選択することができる。 [0043] According to the invention of claim 5 and 19, wherein, based on the duration mutual relationship among a plurality of steps, evaluating and processing time of the slowest acceptable longer processable time for each step In order to select a process, it is possible to start time and end time to select from an early high of urgency process.

【0044】請求項6記載の発明は、請求項1記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、 [0044] According to a sixth aspect of the invention, in the scheduling apparatus of claim 1 wherein step selection means based on the time interrelation of the plurality of processes, it is allowed longer processable time for each step processing time of that slowest,
及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする。 And the correlation between the allocation status and each process of each resource at that time was comprehensively evaluated by calculating an evaluation value, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.

【0045】請求項20記載の発明は、前記請求項6記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項15記載のスケジューリング方法において、前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする。 [0045] The invention of claim 20, wherein this section of the specification captures the invention of claim 6, wherein in terms of methods, in the scheduling method of claim 15 wherein step selection step, the plurality of steps based on the time interrelation, comprehensively evaluated to assess the correlation between the allocation status and the steps for each resource of longer processing time processable timing and acceptable slowest, and at that point for each process It calculates a value, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.

【0046】請求項6及び20記載の発明によれば、複数の工程の期間的な相互関係に基づいて、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、その時点での各リソースの割付け状況と工程との相関を評価することによって工程を選択するため、その時点での各リソースの割付け状況を参照しつつ、開始時期及び終了時期が早い緊急度の高い工程を選択することができる。 [0046] According to the invention of claim 6 and 20, wherein, based on the duration mutual relationship among a plurality of steps, processing time of the earliest processable timing and acceptable slowest for each step, at which time to select the process by evaluating the correlation between allocation status and steps of each resource, with reference to the allocation status of each resource at that time, the start time and end time to select the fast urgent step be able to.

【0047】請求項7記載の発明は、請求項6記載のスケジューリング装置において、前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関を決定する際の当該工程の優先の度合いを決定する第2の重みを設定するための第2の重み設定手段を具備することを特徴とする。 [0047] According to a seventh aspect, in the scheduling apparatus according to claim 6, wherein a second weight which determines the degree of priority of the process in determining the correlation between the allocation status and each process for each resource characterized by comprising a second weight setting means for setting.

【0048】 請求項21記載の発明は、前記請求項7 [0048] The invention of claim 21 wherein, the claims 7
記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項20記載のスケジューリング方法において、前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関を決定する際の当該工程の優先の度合いを決定する第2の重みを、ユー Invention be those captured from the point of view of method described, in the scheduling method of claim 20, wherein, to determine the degree of priority of the process in determining the correlation between the allocation status and each process for each resource the second weight, Yu
ザから入力されたデータに基づいて設定するための第2 Second to set based on the input data from The
の重み設定ステップを具備することを特徴とする。 Characterized by comprising a weight setting step.

【0049】請求項7及び21記載の発明によれば、複数の工程の期間的な相互関係に基づいて、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、その時点での各リソースの割付け状況と工程との相関、及び第2の重みにより総合的に評価することによって工程を選択するため、その時点での各リソースの割付け状況を参照しつつ、開始時期及び終了時期が早い緊急度の高い工程を選択することができる。 [0049] According to the invention of claim 7 and 21 wherein, based on the duration mutual relationship among a plurality of steps, processing time of the earliest processable timing and acceptable slowest for each step, at which time correlation between allocation status and steps of each resource, and for selecting a process by comprehensively evaluated by a second weight, with reference to the allocation status of each resource at that time, the start time and end time is it is possible to select a high early urgency process.

【0050】請求項8記載の発明は、請求項7記載のスケジューリング装置において、スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第2の重み設定手段により設定された前記第2の重みを修正する重み修正手段を具備することを特徴とする。 The invention according to claim 8, in the scheduling apparatus of claim 7, wherein in the scheduling, if a predetermined condition is satisfied event occurs, the second set by the second weight setting means characterized by comprising a weight correction means for correcting the weight.

【0051】請求項22記載の発明は、前記請求項8記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項21記載のスケジューリング方法において、スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第2の重み設定ステップにより設定された前記第2の重みを修正する重み修正ステップを具備することを特徴とする。 [0051] The invention of claim 22, wherein this section of the specification captures the invention of claim 8, wherein in terms of methods, in the scheduling method of claim 21, wherein, in the scheduling, a predetermined condition is satisfied event occurs when, characterized by comprising a weight correction step for correcting the second weight set by the second weight setting step.

【0052】請求項8及び22記載の発明によれば、工程間の具体的な関係、期間的遅れの限度、特定リソースの不具合などの具体的な事情に応じて第2の重みを修正することにより、柔軟なスケジューリングが可能となる。 [0052] According to the invention of claim 8 and 22, wherein the specific relationship, period lag limits between steps, modifying the second weight depending on the specific circumstances, such as failure of a particular resource Accordingly, flexible scheduling is possible.

【0053】請求項9記載の発明は、請求項6記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、その時点での前記各リソースの割付け状況と各工程との相関に基づき、前記最早の処理可能時期と前記最遅の処理時期との間の期間のうちの一時期を求め、その時期を前記評価値とすることを特徴とする。 [0053] The invention of claim 9, wherein, in the scheduling apparatus according to claim 6, wherein the step selecting means, based on the correlation between the allocation status and each process of each resource at that time, the earliest processable timing and obtains the one time of the period between the processing time of the slowest, characterized in that the timing and the evaluation value. 請求項23記載の発明は、前記請求項9記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項20記載のスケジューリング方法において、前記工程選択ステップは、その時点での前記各リソースの割付け状況と各工程との相関に基づき、前記最早の処理可能時期と前記最遅の処理時期との間の期間のうちの一時期を求め、その時期を前記評価値とすることを特徴とする。 Invention of claim 23, comprising which is assumed from the standpoint of how the invention of claim 9, wherein, in the scheduling method of claim 20 wherein step selection step, wherein each resource at that time based on the correlation between the allocation situation and the steps, obtains the one time of the period between the processing time of the earliest processable timing and the most retarded, characterized in that the timing and the evaluation value.

【0054】請求項9および請求項23の発明によれば、前記最早の処理可能時期と前記最遅の処理時期との間の期間のうちの一時期を求め、その時期を評価値とすることにより、その時点の状況により適した工程を選択することができる。 [0054] According to the invention of claim 9 and claim 23, obtains the one time of the period between the processing time of the earliest processable timing and the latest, by the evaluation value that time , it is possible to select a process more suitable for the situation at that time.

【0055】請求項10記載の発明は、請求項1記載のスケジューリング装置において、前記工程定義手段は、 [0055] The invention of claim 10, wherein, in the scheduling apparatus according to claim 1, wherein said step defining means,
各工程に必要なリソースとして、前記リソース定義手段によって定義されるリソースの他に、予め付加リソースを定義するように構成され、前記第2の評価手段は、当該リソースにおいて前記付加リソースが同一である工程が連続して割り付けられている場合に前記適合性を高く評価するように構成されたことを特徴とする。 As resources required for each process, in addition to the resources defined by the resource definition means is configured to define in advance the additional resources, the second evaluation means, the additional resource is the same in the resource step wherein the is configured so that the conformity appreciate if the allocated continuously. 請求項2 Claim 2
4記載の発明は、前記請求項10記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項15記載のスケジューリング方法において、前記工程定義ステップは、各工程に必要なリソースとして、前記リソース定義ステップによって定義されるリソースの他に、予め付加リソースを定義するように構成され、前記第2の評価ステップは、当該リソースにおいて前記付加リソースが同一である工程が連続して割り付けられている場合に前記適合性を高く評価するように構成されたことを特徴とする。 4 The invention described in this section of the specification captured in terms of how the invention of claim 10, wherein, in the scheduling method of claim 15, wherein said step defining step is as a resource required for each step, the resource other resources that are defined by the defining step is configured to define in advance the additional resources, the second evaluation step, if the step the additional resource is the same in the resources are allocated consecutively wherein said that is configured to evaluate higher compatible.

【0056】請求項10及び24記載の発明によれば、 [0056] According to the invention of claim 10 and 24 wherein,
複数の工程の各々に、例えば治工具などの付加リソースが決められており、それら各工程をリソースのいずれかに割り付けるスケジューリングを行う。 To each of the plurality of steps, for example, jigs additional resources are determined in such a tool, it performs scheduling to assign them each step in one of the resource. この際、各リソースについてみると、そのリソースが種類の異なる工程を相前後して処理する時、各工程に決められた付加リソースが異なると、それを替えるための準備期間(以下、 At this time, when viewed for each resource, when the resources are processed one after the other the different steps, the additional resources determined for each process is different, the preparation period for changing it (hereinafter,
段取り期間)が工程間に必要となる場合がある。 Setup period) may require between steps. このような場合、この段取り期間を減少させるようにすると、 In this case, when the decrease of the setup period,
そのリソースの効率が上がる。 Efficiency of its resources increases. 一方、この段取り期間の減少を優先させると、同じ工程の処理のみが先行して他の工程が滞り、所定数の工程が所定の期間内に終了しないという問題が起こる。 On the other hand, if priority is given to reduction in the setup period, the same processing steps only precede other processes hitch, a problem that a predetermined number of steps is not completed within a predetermined time period occurs.

【0057】そのため、まず、各リソースにその時点で最後に割り付けられている工程の付加リソースと同一の付加リソースが定義された工程を優先して選択する。 [0057] Therefore, first, to select a step same additional resources and additional resources steps that are finally allocated at that time the resource is defined by priority. そして、選択した各工程を各リソースに割り付けた際に、 Then, when the allocation of the respective process selected in each resource,
当該工程に決められている付加リソースと、当該リソースに最後に割り付けられている工程に決められている付加リソースとが同一であるか否かを評価し、第2の尺度とする。 It assessed the additional resources that are determined to the process, whether the additional resources that are determined to process allocated to last the resource is the same, the second measure. これら付加リソースが同一である場合とは、すなわち、段取りが不要である場合である。 The case of these additional resources are identical, that is, if the setup is not required. また、各工程についてリソースの各々へ割り付けた場合の後続する各工程、特に連続する一連の工程の終了時期を求めることにより、当該工程と当該リソースとの組み合わせにおける、終了予定時期に対する期間的な評価を行う。 Further, each subsequent step of, in particular by obtaining the end time of a series of successive steps, in combination with the process and the resource, time evaluation for the scheduled end time of the case of assignment to each of the resource for each step I do. この期間的な評価を数値等で表して第1の尺度とする。 A first measure represents the time evaluation in numerical values.

【0058】請求項11記載の発明は、請求項10記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする。 [0058] The invention of claim 11, wherein, in the scheduling apparatus of claim 10 wherein step selection means based on the time interrelation of the plurality of processes, is allowed longer processable time for each step that the processing time of the slowest, and the correlation between the allocation status and each process of each resource at that time was comprehensively evaluated by calculating an evaluation value, it is configured to select a process based on the evaluation value characterized in that was. 請求項25記載の発明は、前記請求項11 The invention of claim 25 wherein, the claim 11
記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項24記載のスケジューリング方法において、前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする。 Invention there which is assumed from the viewpoint of the method according, in the scheduling method of claim 24 wherein step selection step, based on the time interrelation of the plurality of processes, longer processable respective steps processing timing of timing and acceptable slowest, and calculates a comprehensive evaluation to the evaluation value a correlation between the allocation status and each process of each resource at that time, selects the process based on the evaluation value characterized in that it is configured.

【0059】請求項11及び25記載の発明によれば、 [0059] According to the invention of claims 11 and 25 wherein,
段取りに関する評価と共に、複数の工程の期間的な相互関係に基づいて、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、その時点での各リソースの割付け状況と工程との相関を総合的に評価して工程を選択するため、緊急度の高さと共に段取りの増減を考慮して工程を選択することができる。 With assessment of setup, based on the duration mutual relationship among a plurality of processes, correlation between allocation status and steps of each resource in the processing time, the time of longer processable time as acceptable slowest for each step the order of selecting the overall evaluation to process, it is possible to select a process in consideration of the increase and decrease of the setup with urgency height.

【0060】請求項12記載の発明は、請求項11記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、当該工程の付加リソースと同一の付加リソースが定義された工程が、その時点でいずれかのリソースに割り付けられている場合に、前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関について高く評価するように構成されたことを特徴とする。 [0060] The invention of claim 12, wherein, in the scheduling apparatus of claim 11 wherein step selection means, steps identical additional resources and additional resources of the process has been defined, either at that time resources If you assigned to a, and said configured to appreciate the correlation between the allocation status and each step of each resource. 請求項26記載の発明は、前記請求項12記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項25記載のスケジューリング方法において、 The invention of claim 26, wherein this section of the specification captures the invention of claim 12, wherein in terms of methods, in the scheduling method of claim 25, wherein,
前記工程選択ステップは、当該工程の付加リソースと同一の付加リソースが定義された工程が、その時点でいずれかのリソースに割り付けられている場合に、前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関について高く評価するように構成されたことを特徴とする。 The process selection step, the step of the same additional resources and additional resources of the process is defined, if they have been assigned to one of the resource at that time, the correlation between the allocation status and each process for each resource characterized appreciate that it is configured to for. 請求項12 12.
および請求項26の発明によれば、付加リソースの割り当て状況を参照して、各工程の相関を評価することが可能となり、より適切な工程の選択が可能となる。 And According to the invention of Claim 26, with reference to the allocation state of the additional resources, it is possible to evaluate the correlation of each process, it is possible to select a more suitable process.

【0061】請求項13記載の発明は、請求項6または請求項11記載のスケジューリング装置において、前記工程選択手段は、最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて、前記評価値を算出することを特徴とする。 [0061] The invention of claim 13, wherein, in the scheduling apparatus according to claim 6 or claim 11 wherein step selection means uses the latest end time allowed the earliest-ready time, the and calculates the evaluation value. 請求項27記載の発明は、前記請求項13記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項20または請求項25記載のスケジューリング方法において、前記工程選択ステップは、最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて、前記評価値を算出することを特徴とする。 The invention according to claim 27, wherein a in which the invention of claim 13, wherein captured in terms of method, according to claim 20 or claim 25 scheduling method wherein step selection step, earliest startable by using the end time of the time and acceptable slowest, and calculates the evaluation value. 請求項13及び27記載の発明によれば、最早の処理可能時期として最早の開始可能時期を用い、許容される最遅の処理時期として最遅の終了時期を用いるため、演算が容易となる。 According to the invention of claim 13 and 27, wherein, using the earliest ready time as longer processable time, for using the end time of the latest as the processing time of the acceptable slowest, operation becomes easy.

【0062】請求項14記載の発明は、請求項1乃至1 [0062] The invention of claim 14 wherein the claims 1 to 1
3のいずれか1項に記載のスケジューリング装置において、前記第1の評価手段は、PERT(Program Evalua In the scheduling apparatus according to any one of 3, the first evaluation means, PERT (Program Evalua
tionand Review Technique )計算を用いて、第1の尺度を求めるように構成されたことを特徴とする。 Using tionand Review Technique) calculation, characterized in that it is configured to determine a first measure. 請求項28記載の発明は、前記請求項14記載の発明を方法の観点から捉えたものであって、請求項15乃至請求項2 The invention of claim 28 wherein, there is assumed from a viewpoint of how the invention of claim 14, wherein claims 15 to 2
7のいずれか1項に記載のスケジューリング方法において、前記第1の評価ステップは、PERT(Program Ev In 7 scheduling method according to any one of the first evaluation step, PERT (Program Ev
aluationand Review Technique )計算を用いて、第1 Using aluationand Review Technique) calculation, first
の尺度を求めるように構成されたことを特徴とする。 Characterized in that it is configured to determine the scale.

【0063】請求項14及び28記載の発明によれば、 [0063] According to the invention of claim 14 and 28,
PERT計算を用いて各工程を各リソースに割り付ける度に期間的な評価を行うため、割り付けのやり直しが不要となり、スケジューリングの時間を短縮させることができる。 To perform the time evaluation of each step every time allocated to each resource with PERT calculations redone allocation is not required, it is possible to shorten the scheduling time. 具体的には、期間をPERT計算を用いて求める。 Specifically, it determined using PERT calculation period. すなわち、PERT計算では、工程間の前後関係や並列関係など、主に期間的な相互関係を、工程間のネットワークで表しておく。 That is, in the PERT calculation, such as context and parallel relationships between processes, mainly period interrelation, previously expressed in the network between processes. そして、1又は2以上の工程をあるリソースやある時期に割り付けた場合、それと関係している他の工程を開始すべき時期や、他の工程が終了する時期を、上記ネットワークに基づいて求める。 When the assigned resources and some time in one or more steps, at the same other steps to be start time and that is associated, the time at which another process is completed, determined on the basis of said network. なお、本発明での上記のような期間の算出は、同趣旨の計算方法であれば、名称や具体的工程態様のいかんを問わずいかなる手法を用いて行うこともできる。 The calculation of the above-described period in the present invention, if the calculation method of the same effect,, no matter what names and specific process embodiments can also be carried out using any technique.

【0064】 [0064]

【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態について図面に従って具体的に説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Next, embodiments of the present invention will be described with reference to the accompanying drawings. なお、後述する実施の形態はコンピュータ上に実現され、実施の形態の各機能は所定の手順(プログラム)がこのコンピュータを制御することで実現される。 The embodiment described below is implemented on a computer, the functions of the embodiment is predetermined procedure (program) is realized by controlling the computer.

【0065】本明細書における各「手段」や「部」は実施の形態の各機能に対応する概念で、必ずしも特定のハードウェアやソフトウェア・ルーチンに1対1には対応しない。 [0065] Each herein "means" and "parts" in the concept corresponding to each function embodiment, not necessarily correspond one to one to a particular hardware or software routines. 同一のハードウェア要素が場合によって異なった手段を構成する。 Same hardware elements constituting the different means in some cases. 例えば、コンピュータはある命令を実行するときにある手段となり別の命令を実行するときは別の手段となりうる。 For example, it can be a separate means when executing means and becomes another instruction in when executing the computer are instructions. また、一つの手段がわずか1命令によって実現される場合もあれば多数の命令によって実現される場合もある。 Further, in some cases also be achieved by a number of instructions if when one unit is implemented by only one instruction.

【0066】したがって、本明細書では、以下、実施の形態の各機能を有する仮想的回路ブロック(手段)を想定して実施の形態を説明する。 [0066] Thus, in this specification, hereinafter, assumed to Embodiment virtual circuit blocks (means) having the functions of the embodiment will be described. 但し、コンピュータの使用は一例であり、本発明の機能の全部又は一部は、可能ならば、カスタムチップ(専用の集積回路)のような電子回路上に実現してもよい。 However, use of the computer is merely an example, all or part of the functions of the present invention, if possible, may be implemented on an electronic circuit such as a custom chip (dedicated integrated circuits).

【0067】実施の形態に用いられるコンピュータは、 [0067] The computer used to embodiments,
一般には、CPU(中央演算処理装置)と、RAM(随時書込読出型記憶素子)からなる主記憶装置とを有する。 Generally have a CPU (central processing unit), a main memory consisting of RAM (optionally write and read memory element). また、前記コンピュータの規模は自由であり、マイクロコンピュータ・パーソナルコンピュータ・スモールコンピュータ・ワークステーション・メインフレームなど、いかなる規模のものを用いてもよい。 Also, a scale of the computer is free, the microcomputer Personal Computer Small Computer workstation mainframes, etc., may be used as any scale.

【0068】また、前記コンピュータのハードウェアは、典型的には、キーボードやマウスなどの入力装置と、ハードディスク装置などの外部記憶装置と、CRT [0068] The hardware of the computer, typically an input device such as a keyboard and a mouse, an external storage device such as a hard disk device, CRT
表示装置やプリンタ印字装置などの出力装置と、必要な入出力制御回路を含む。 Comprising an output device such as a display device or a printer printing apparatus, the output control circuitry required.

【0069】但し、前記コンピュータのハードウェア構成は自由であり、本発明が実施できる限り、上記の構成要素の一部を追加・変更・除外してもよい。 [0069] However, the hardware configuration of the computer is free, so long as the invention can be practiced, may be added, changed, exclude some of the components. 例えば、実施の形態は、複数のコンピュータを接続したコンピュータネットワーク上に実現してもよい。 For example, the embodiments may be implemented on a computer network connected to multiple computers. また、CPUの種類は自由であり、CPUを複数同時に用いたり、単一のCPUをタイムシェアリング(時分割)で使用し、複数の処理を同時平行的に行ってもよい。 The type of CPU is free, or using a CPU plurality simultaneously, using a single CPU in the time-sharing may be performed a plurality of processing simultaneously in parallel manner.

【0070】また、他の入力装置(例えば、タッチパネル・ライトペン・トラックボールなどのポインティングデバイスや、デジタイザ・イメージ読取装置やビデオカメラなどの画像入力装置・音声識別装置・各種センサなど)を用いてもよい。 [0070] In addition, other input devices (e.g., a pointing device such as a touch panel, light pen, track ball, etc. digitizer images reader or a video camera image input device-speech recognition device, various sensors, etc.) by using the it may be. また、他の外部記憶装置(例えば、フロッピーディスク装置・RAMカード装置・磁気テープ装置・光学ディスク装置・光磁気ディスク装置・ Further, other external storage device (e.g., a floppy disk drive, RAM card device, magnetic tape device, optical disk device, a magneto-optical disk device,
バブルメモリ装置・フラッシュメモリなど)を用いてもよい。 Bubble memory devices, flash memory, etc.) may be used. また、他の出力装置(例えば、液晶表示装置・プラズマディスプレイ装置・ビデオプロジェクター・LE Further, other output devices (e.g., a liquid crystal display device, plasma display device, a video projector, LE
D表示装置・音響発生回路・音声合成回路など)を用いてもよい。 It may be used D such as a display device, sound generator and sound synthesizing circuit).

【0071】また、前記コンピュータにおいて実施の形態を実現するためのソフトウェアの構成としては、典型的には、実施の形態の各機能を実現するためのアプリケーションプログラムが、OS(オペレーティングシステム)上で実行される態様が考えられる。 [0071] Further, in the configuration of the software for implementing the embodiments the computer, typically, an application program for realizing the functions of the embodiments, run on an OS (operating system) aspect that is can be considered. また、実施の形態を実現するためのプログラムの態様としては、典型的には、高級言語やアセンブラからコンパイル(翻訳)された機械語が考えられる。 As the embodiment of a program for implementing the embodiments, typically, compiled from a high-level language and an assembler (translated) to the machine language is considered. 但し、前記コンピュータのソフトウェア構成も自由であり、本発明が実施できる限り、ソフトウェア構成を変更してもよい。 However, the software configuration of the computer is also free, so long as the invention can be practiced, may change the software configuration. 例えば、必ずしもOSを用いる必要はなく、また、プログラムの表現形式も自由であり、BASICのようなインタプリタ(逐次解釈実行型)言語を用いてもよい。 For example, it is not always necessary to use the OS, also representation of programs is free, may be used interpreter (sequential interpretation execution type) language such as BASIC.

【0072】また、プログラムの格納態様も自由であり、ROM(読出し専用メモリ)に格納しておいてもよく、また、ハードディスク装置のような外部記憶装置に格納しておき、コンピュータの起動時や処理の開始時に主メモリ上にロード(読み込み)してもよい。 [0072] Further, the storage form of the programs is free, it may be stored in a ROM (read only memory), also stored in the external storage device such as a hard disk device, Ya when the computer starts at the start of the process may be loaded (read) on the main memory. また、プログラムを複数の部分に分割して外部記憶装置に格納しておき、処理内容に応じて必要なモジュールのみを随時主メモリ上にロード(読み込み)してもよい。 Also stored in the external storage device by dividing the program into a plurality of parts, only the necessary modules in accordance with the processing contents may be loaded (read) on at any time main memory. さらに、 further,
プログラムの部分ごとに異なった態様で格納してもよい。 It may be stored in a different manner for each portion of the program.

【0073】また、本実施の形態における各手順の各ステップは、その性質に反しない限り、実行順序を変更し、複数同時に実行し、また、実行ごとに異なった順序で実行してもよい。 [0073] Further, each step of the procedure in the present embodiment, unless contrary to its nature, to change the execution order, performs multiple simultaneously may also be performed in a different order for each run. このような順序の変更は、例えば、 Such a change in order, for example,
ユーザが実行可能な処理を選択するなどメニュー形式のインターフェース手法によって実現することができる。 The user can be realized by an interface technique of menu-such as by selecting the executable process.

【0074】また、本明細書における「入力」は、本来の情報の入力のみならず、情報の入力と密接に関連する他の処理を含む。 [0074] In addition, the "input" in the present specification, not only the input of the original information, including other processes that are closely related to the input of information. このような処理は、例えば、入力内容のエコーバックや修正・編集である。 Such a process is, for example, is an echo back and modification and editing of input content. また、「入力」 In addition, the "input"
は、必ずしもコンピュータ外部からの入力には限定されず、所定のメモリ領域又はディスク装置から情報を読み出すことによっても行われる。 Is not necessarily limited to the input from the external computer, it is also performed by reading the information from the predetermined memory area or a disk device. また、本明細書における「出力」は、本来の情報の出力のみならず、情報の出力と密接に関連する他の処理を含む。 Also, "output" herein includes not only the output of the original information, including other process closely related to output information. このような処理は、 Such a process,
例えば、出力すべき範囲の入力や、画面スクロールの指示である。 For example, the range input or to be output is an instruction screen scrolling. また、「出力」は、必ずしもコンピュータ外部への出力には限定されず、所定のメモリ領域又はディスク装置に情報を書き込むことによっても行われる。 Also, "output" is not necessarily limited to the output of the external computer, it is also performed by writing the information in a predetermined memory area or a disk device. なお、対話的入出力手順によって入力と出力を一体的操作によって実現してもよく、このような一体的操作によって、選択・指定・特定などの処理を行ってもよい。 Incidentally, may input and output by the interactive input procedure realized by integrally operated by such integral operation, it may perform processing such as selecting and specifying-specific.

【0075】また、本明細書におけるデータ(情報)やデータの格納手段は前記コンピュータ上においていかなる態様で存在してもよい。 [0075] The storage means of the data (information) or data herein may be present in any manner on the computer. 例えば、データのハードウェア上の所在部分は、主記憶装置・外部記憶装置・CPU For example, the location part on the data of the hardware, main memory, external storage device, CPU
のレジスタやキャッシュメモリなどいかなる部分でもよい。 It may be any moiety, such as a register or a cache memory. また、データの保持態様も自由である。 The holding mode data is also free. 例えば、データは、ファイル形式で保持されるのみならず、メモリやディスクなどの記憶装置を物理的アドレスで直接アクセスすることによって実現してもよい。 For example, the data may not only be held in a file format, it may be realized by directly accessing a storage device such as memory and disk physical address. また、データの表現形式も自由で、例えば、文字列を表すコードの単位は、文字単位でも単語単位でもよい。 Moreover, representation of the data is also free, for example, a unit of code that represents a string can be a whole word in character units. また、データは必要とされる一定時間だけ保持されれば十分で、その後消滅してもよく、保持時間の長短は自由である。 The data is sufficient if it is held for a certain time required, may then disappear, the length of the holding time is free. また、辞書データのように当面変更されない情報は、ROMに格納してもよい。 Further, the time being unaltered information as dictionary data may be stored in ROM.

【0076】また、本明細書において、特定の情報への言及は確認的で、言及されない情報の存在を否定するものではない。 [0076] In this specification, a reference to a particular information confirmation to, does not deny the existence of not mentioned information. すなわち、本発明の動作では、動作に必要な一般的な情報やその格納領域、例えば、各種ポインタ、スタック、カウンタ、フラグ、パラメータ、ワークエリア、バッファなどが適宜用いられる。 That is, in the operation of the present invention, general information and the storage area required for the operation, for example, various pointers, stacks, counters, flags, parameters, work area, a buffer is appropriately used.

【0077】実施の形態の各部分が処理に要する情報は、特に記載がない場合、当該情報を保持している他の部分から獲得される。 [0077] Information required for each part process embodiment, if otherwise noted, are obtained from other parts holding the information. このような情報の獲得は、例えば、当該情報を格納している変数やメモリをアクセスすることによって実現することができる。 Acquisition of such information, for example, can be achieved by accessing the variables and memory storing the information. なお、情報の消去・抹消は、当該情報の内容自体を必ずしも記憶領域から現実に削除せず、消去を表すフラグを設定するなど、 Incidentally, erasure or deletion of the information, without deleting the contents itself of the information necessarily actually from the storage area, such as setting a flag representing the erasure,
情報の意味付けの変更によって行うことができる。 It can be carried out by the meaning of the change of information.

【0078】A. [0078] A. 第1の実施の形態 (A−1)第1の実施の形態の構成 図1は本発明の第1の実施の形態によるスケジューリング装置の構成を示すブロック図である。 First Embodiment (A-1) Configuration FIG. 1 of the first embodiment is a block diagram showing a configuration of a scheduling apparatus according to a first embodiment of the present invention. 同図において、 In the figure,
工程定義手段1は、スケジューリングの単位となる工程を複数個まとめて工程群として定義し、その各工程群を構成する各工程について、標準工期、及び優先リソース情報等の情報をその工程の属性として定義する。 Step defining means 1 is defined as process group together a plurality of steps which is a unit of scheduling, the respective steps constituting the respective process group, the standard work period, and information such as a priority resource information as an attribute of the process Define. また、 Also,
順序関係定義手段2は、上記各工程の順序関係を定義する。 Sequence relation defining means 2, defines the order relationship of the respective steps. この順序関係定義手段2は、工程の順序関係を定義することができるものであればいかなる方法であってもよい。 The sequence relation defining means 2 may be any method as long as it can define the order relation steps. 例えば、グラフィカルユーザインターフェースを使用したものでもよい。 For example, it may be obtained by using the graphical user interface.

【0079】また、リソース定義手段3は、複数のリソースを定義し、その各リソースについて、工程に対する能力等の属性を定義する。 [0079] The resource definition means 13 defines a plurality of resources, for each of its resources, defining attributes such as the ability for the process. 更に、開始終了時刻設定手段4は、上記工程定義手段1によって定義された複数の工程群に対し、最も早く開始可能な時刻と最も遅れた場合の終了予定時刻を設定する。 Furthermore, start and end time setting means 4, the plurality of process group defined by the step defining means 1, it sets a scheduled end time when the slowest and fastest start possible time. 上記工程定義手段1及び順序関係定義手段2によって定義された内容、及び開始終了時刻設定手段4によって設定された内容は、工程データ5aに格納され、リソース定義手段3によって定義された内容は、リソースデータ5bに格納される。 It said step defining means 1 and the contents defined by the sequence relation defining means 2, and the contents set by the start and end time setting means 4, is stored in the process data 5a, the contents defined by the resource definition means 3, the resource It is stored in the data 5b.

【0080】工程選択手段10は、PERT計算を行うことによって、工程定義手段1によって定義された工程のうち緊急度の高い工程を順次選択する。 [0080] Step selecting means 10, by performing the PERT calculations, sequentially selecting urgent process of steps defined by steps defining means 1. また、仮割付け手段7は、PERT計算を用いて、工程選択手段10 Further, the temporary allocating means 7 uses the PERT calculation process selection means 10
によって選択される工程を各リソースに対して仮割付けする。 Temporarily allocating a process to be selected for each resource by.

【0081】第1の評価手段9aは、仮割付け手段7によるPERT計算の結果から、配置時刻に対する評価を行う。 [0081] The first evaluation unit 9a is the result of PERT calculation by temporary allocation means 7 is evaluated for placement time. また、第2の評価手段9bは、リソース選択に対する評価を行う。 The second evaluation unit 9b performs evaluation for resource selection. 更に、リソース決定手段8は、第1の評価手段9a及び第2の評価手段9bによる評価に基づき、工程選択手段10によって選択される各工程と各リソースとの組み合わせに対する評価を行うことによって、当該工程に対して最適なリソースを決定する。 Furthermore, the resource determining means 8, based on the evaluation by the first evaluation means 9a and the second evaluation means 9b, by performing evaluation of a combination of each process and each resource selected by step selection means 10, the to determine the optimal resources for process.

【0082】また、工程割付け手段6は、当該工程について、リソース決定手段8によって決定されたリソースを実際に割り付けるという処理を複数の工程のそれぞれについて行う。 [0082] The step allocating means 6, for this step, it performed for each of a plurality of processes a process of actually allocate resource determined by the resource determination means 8.

【0083】第1の重み設定手段11aは、第2の評価手段9bによる評価に際し重みづけを行うための第1の重みを設定し、第2の重み設定手段11bは、工程選択手段10による工程の選択に際し第2の重みを設定する。 [0083] The first weight setting unit 11a sets the first weight for performing weighting in assessing of the second evaluating means 9b, the second weight setting unit 11b, the step by step selection means 10 setting the second weight upon selection of. 重み修正手段12は、工程間の具体的な関係、期間的遅れの限度、もしくは特定リソースの不具合などの具体的な事情に応じて、上記第1の重み及び第2の重みを修正する。 Weighting modifying means 12, specific relationships between processes, time lag limits, or in response to specific circumstances, such as failure of a particular resource, to modify the first weight and the second weight.

【0084】(A−2)第1の実施の形態の作用 (1)第1の実施の形態における具体的なスケジューリングの内容 以下、上述した構成のスケジューリング装置を用いてプロジェクトスケジューリングを行なう例を説明する。 [0084] (A-2) Operation of the first embodiment (1) the following specific content of scheduling in the first embodiment, illustrating an example of performing project scheduling using scheduling apparatus having the above structure to.

【0085】プロジェクトスケジューリング問題の例として、ビテオカセットレコーダーの設計プロジェクトについて行う場合について述べる。 [0085] Examples of project scheduling problems, we describe the case of the design project of Biteo cassette recorder. 本実施の形態のプロジェクトスケジューリングは、工程を作業者(この例では設計者)というリソースに割りつけることによって行なわれる。 Project Scheduling of this embodiment, a process operator (in this example designer) is performed by allocating a resource that. また、設計すべきビデオカセットレコーダーには2つの機種があり、それぞれについて独立したスケジュールが作成される。 In addition, the video cassette recorder to be designed there are two models, independent schedule is created for each. すなわち、作業開始可能日と作業終了予定日がそれぞれの機種で異なっており、この2つの機種の設計を、同じ設計者のチームで行なう。 In other words, it is different work can be started date and work expected completion date in each of the models, the design of the two models, carried out in the same designer of the team. また、 Also,
各機種の設計は、複数の設計項目からなり、各設計項目は複数の工程からなっている。 Design of each model is comprised of a plurality of design items, each design item is made from a plurality of steps. そして、各設計項目に対しては、責任者である主担当が決まっている。 Then, for each design item, are determined mainly in charge is responsible for. このような場合に、すべての工程に対して設計者と作業日を決定する。 In such a case, to determine the designers and working day for all of the process.

【0086】また、このプロジェクトのスケジューリングにおいては、以下の2点を評価基準とする。 [0086] Further, in the scheduling of the project, and evaluation criteria following two points. 1. 1. 可能な限り、各設計項目の主担当の人が作業を行なうようにする。 Wherever possible, the people of the main charge of each design item is to perform the work. 2. 2. 可能な限り、作業終了予定日に間に合うようにスケジューリングを行う。 As far as possible, it performs scheduling in time for work scheduled end date. すなわち、本実施の形態における問題は、上記2点の評価基準のバランスをとりつつスケジュールを立案することである。 That is, the problem in this embodiment is to develop a schedule while balancing criteria of the two points.

【0087】(2)スケジューリング対象及び各種データの入力 次に、スケジューリングの対象である複数の工程及び複数のリソースについてのデータの入力を行う。 [0087] (2) inputs of the scheduled and various data then is used to input data for a plurality of steps and a plurality of resources which is a target of the scheduling process.

【0088】まず、ユーザは、図1に示す工程定義手段1、順序関係定義手段2、及びリソース定義手段3により、工程とその順序関係、及び使用可能リソースと各工程のリソースに対する標準工数などのデータを入力する。 [0088] First, the user process defining means 1 shown in FIG. 1, the order relation defining means 2, and the resource definition means 3, process and the order relationship, and for resources available resources and the processes such as standard manhour to enter the data. なお、工程の順序関係は、工程定義手段1によって定義されるデータ等により装置内部で計算するようにしてもよい。 Note that the order relationship of step by data to be defined by the process definition means 1 may be calculated inside the device.

【0089】各機種の設計は、大項目として1. [0089] The design of each model, 1 as a large item. メカ部、2. Mechanical part, 2. 回路部、3. Circuit section, 3. 筐体の各項目に分かれており、更に、メカ部は1−1ローディング、1−2ヘッド、及び1−3ワインダーからなり、回路部は2−1メカ駆動部、2−2画像信号部、及び2−3電源部からなり、筐体は3−1筐体からなる。 Is divided into each item of the housing, further, the mechanical section 1-1 loading consists 1-2 head, and 1-3 winder circuit unit 2-1 mechanical driving unit, 2-2 image signal portion, and 2-3 made from the power supply unit, the housing consists of 3-1 housing. また、それぞれの項目は、標準的には1. In addition, each of the items, the standard 1. 構想設計、2. Concept design, 2. 仕様書作成、3. Creating specifications, 3. 内部設計、及び4. Interior design, and 4. 部品図作成の4工程で設計が行なわれるものとする。 It shall be designed in four steps of creating component diagram is performed.

【0090】まず、ユーザは、上記項目の各工程にかかる標準的な日数を、工程定義手段1によって表形式で入力する。 [0090] First, the user, the standard number of days according to the steps of the above-mentioned items, the process defining means 1 for inputting a tabular format. この入力結果である標準工数表を、表1に示す。 Standard Time Chart is the input results are shown in Table 1.

【表1】 [Table 1]

【0091】本実施の形態では、表1に示すように、各工程は、IDにハイフンをつけ工程の順番を記したもので識別される。 [0091] In this embodiment, as shown in Table 1, each step is identified by those that describes the order of a hyphen process ID. 機種は機種1と機種2との2機種あるが、この機種の違いはIDの十の位で識別する。 Models There are two models of the type 1 and type 2, but the difference of this model is identified by the tens of ID. 例えば、機種1のメカ部のローディングの構想設計は“11 For example, the concept design of the loading of the mechanical part of the model 1 "11
−1−1”と表し、機種2のメカ部のワインダーの仕様書は“21−3−2”と表す。また、本実施の形態では、機種1と機種2との工程内容及び工数はすべて同一であるとし、機種2に対しても同じ標準工数表を利用するものとする。この表1に示す標準工数表は、データA -1-1 "represents a, the mechanical part of the winder Specification Model 2" represents a 21-3-2 ". Further, in the present embodiment, the step contents and steps of the model 1 and model 2 are all and the same, also intended to use the same standard manhour table for model 2. standard Time Chart shown in Table 1, the data a
として工程データ5aに格納される。 It is stored in the process data 5a as.

【0092】また、各機種におけるメカ部、回路部、及び筐体の大項目に対して、主担当が決まっている。 [0092] Further, mechanical part in each model, the circuit section, and for large items of the casing, it is determined primarily responsible. ここでは、設計者は“A”から“F”までおり、そのうち“A”〜“C”に主担当となるべき項目が割り当てられている。 Here, the designer is from "A" to "F", which item should be the primary contact is assigned to them "A" ~ "C". ユーザは、この主担当データを、表2に示すように、工程定義手段1によって表形式で入力する。 User, the primary contact data, as shown in Table 2, the process defining means 1 for inputting a tabular format.

【表2】 [Table 2] この主担当データは、データBとして工程データ5aに格納される。 The primary contact data is stored as data B in Step data 5a.

【0093】また、各工程は、1. [0093] In addition, each step, 1. 構想設計→2. Concept design → 2. 仕様書作成→3. Specification creation → 3. 内部設計→4. Interior design → 4. 部品図作成の順で行なわれ、この順序関係は、表1に示すデータAを参照して設定される。 Performed in the order of creation part drawing, the order relation is set with reference to the data A shown in Table 1. 更に、この設計を行なう順序に関して、以下のような制約がある。 Furthermore, with respect to the order to make this design, there are the following restrictions. a)メカ部の構想設計が全て終了した後、メカ駆動部の構想設計を始める。 After a) mechanical part of the concept design is completed, begin conceptual design of the mechanical drive unit. b)メカ駆動部及び画像信号部の仕様書作成が終了した後、電源部の構想設計を始める。 After b) the mechanical driving unit and the specification creation of the image signal portions is completed, begin conceptual design of the power supply unit. c)メカ部、及び回路部の内部設計が全て終了した後、 c) mechanical part, and after the internal design of the circuit portion is completed,
筐体の構想設計を始める。 Start the concept design of the housing.

【0094】ユーザは、上記a)〜c)の関係を、順序関係定義手段2によって入力する。 [0094] The user, the relationship between the a) to c), and inputs the order relation defining means 2. 本実施の形態においては、工程の前後関係を、表3に示すように表形式で定義する。 In the present embodiment, the context of the process, defined in a table format as shown in Table 3.

【表3】 [Table 3] この表3に示す順序関係表は、データCとして工程データ5aに格納される。 Order relation table shown in Table 3 is stored as data C to the process data 5a.

【0095】また、ユーザは、各設計者に対して大項目及び工程ごとに、作業可能であるか不可能であるか、及び可能である場合はそれぞれについてどの程度の能力をもっているのかを、リソース定義手段3によって入力する。 [0095] The user, for each large item and processes for each designer, whether they have a degree of capacity for each case either impossible or is workable, and possible, the resource entering by definition means 13. この入力は、表4に示すように表形式で行う。 This input is performed in tabular form as shown in Table 4.

【表4】 [Table 4] この表4に示す能力設定表によれば、“D”、“E”、 According to capability setting table shown in Table 4, "D", "E",
及び“F”は外注であり、構想設計の作業が不可能であるということが分かる。 And "F" is outsourced, it can be seen that it is impossible to work concept design. また、外注である“D”は電気設計については作業不可能であり、外注である“E”は電気設計のみ作業可能である。 Further, it is outsourced "D" for the electrical design is impossible task, it is outsourced "E" is workable only electrical design. 更に、“D”と“E”との能力は標準であり、“F”の能力は標準の8割程度であると見積もることを表している。 Furthermore, "D" capability between the "E" is the standard, the ability of "F" represents be estimated to be about 80% of the standard. この“F”についての“0.8”という値は工期に反映され、例えばFに標準工期8日の仕事をさせると10日かかるということを示す。 Value "0.8" of the "F" is reflected in the construction period, indicates that such 10 days when to work a standard work period 8 days example F. 表4に示す能力設定表は、データDとしてリソースデータ5bに格納される。 Capability setting table shown in Table 4 is stored as data D to the resource data 5b.

【0096】また、ユーザは、リソース定義手段3を用いて各個人の休みの日を入力する。 [0096] In addition, the user inputs a day of rest for each individual using the resource definition means 3. 本実施の形態では、 In this embodiment,
毎週土曜日及び日曜日を休日とし、簡単のため特別な休日は入力しないものとする。 Every Saturday and Sunday and holidays, special holiday for the sake of simplicity it is assumed you do not enter. また、スケジュール期間は1994年3月28日からとし、設計上は3月28日の午前0時を0とした1日単位の整数値で時刻を扱う。 In addition, the schedule period is from March 28, 1994, design deals with the time as an integer value of a daily basis that the midnight of March 28 was set to 0. 従って、4月1日に開始して4月2日に終ると表現されたときには、4月2日の午前0時までに終るという意味になり、工期は4月1日の1日のみとなる。 Therefore, when it is finished and representation on April 2, starting on April 1, will mean that end until midnight on April 2, the construction period is only one day of April 1, .

【0097】更に、ユーザは、開始終了時刻設定手段4 [0097] In addition, the user, start and end time setting means 4
により、表5に示すように、各機種の設計を開始することができる最も早い日付と設計を終了する予定の日付とを入力する。 Accordingly, as shown in Table 5, to enter the date of the plan to end the earliest date with the design to be able to start the design of each model.

【表5】 [Table 5] この表5に示す開始/終了日設定表は、データEとして工程データ5aに格納される。 Start / end date setting table shown in Table 5, is stored as data E to the step data 5a.

【0098】また、スケジュールデータ5cには、上述した各種データの他に、スケジューリングのための内部計算用データとして表6に示すようなデータFが格納されている。 [0098] Moreover, the schedule data 5c, in addition to the various data described above, the data F as shown in Table 6 as an internal calculation data for scheduling is stored.

【表6】 [Table 6] このデータFは、スケジュール開始時にデータAの標準工数表により展開される。 The data F is expanded by standard manhour table data A when scheduling the start. この表6における“RS”とはリソースのことであり、“NONE”はまだリソースが割り付けられていないことを示す。 This is the "RS" in Table 6 is that resource, "NONE" is still indicating that no allocated resources. また、すべての日付が3/28になっているのは、これは初期値として上述したスケジュール期間の開始時刻である3/28が入っていることを示す。 In addition, all of the date is set to 3/28, this indicates that the start time of the schedule period described above as the initial value 3/28 is on. また、“EST”、“EET”、 In addition, "EST", "EET",
“LST”、及び“LET”はPERT計算の結果が書き込まれる領域であり、それぞれ、最早開始時刻、最早終了時刻、最遅開始時刻、及び最遅終了時刻を表す。 "LST", and "LET" is an area in which the result of the PERT calculation are written, respectively, earliest start time, earliest end time, latest start time, and represents the latest end time. なお、本実施の形態においては、PERT計算において使用する工期として、標準工期を用いる。 In the present embodiment, as construction period to be used in PERT calculation, using standard work period. 更に、“STA In addition, "STA
RT”は実際に割り付けられた開始時刻を表し、“EN RT "represents the start time, which is actually allocated," EN
D”はその終了時刻を表す。 D "represents the end time.

【0099】(3)許容遅れ量の見積もり 以上のように各データが設定された後、スケジューリングを開始する。 [0099] (3) after each data as described above estimates the allowable delay amount is set to start scheduling. ここでは、図2のフローチャートを参照して説明する。 Here, with reference to the flowchart of FIG. 始めに、各機種に対する許容遅れ量の見積もりを行う。 First, perform an acceptable delay amount of estimates for each model.

【0100】すなわち、ステップS1において、重み修正手段12は、順序関係定義手段2によって定義された順序関係に基づいてPERT計算を行う。 [0100] That is, in step S1, the weighting modifying means 12 performs the PERT calculated based on order relation defined by the sequence relation defining means 2. ここで、表3 Here, Table 3
のデータCに示す順序関係をネットワークで表現したものを、図3に示す。 A representation in the network order relations shown in data C, shown in Figure 3. この順序関係をもとに、各機種の構想設計の開始可能時刻を0としてPERT計算を行なった結果を、図4に示す。 Based on this order relation, the result of performing PERT Get start enabled time of the conceptual design of each model as 0, shown in Fig. 図4中の「最早割付け時刻」 "Earliest allocation time" in FIG. 4
は、各工程について、その工程について最も早く処理を開始・終了することができる時刻を表し、「最遅割付け時刻」は、最終工程の「最早割付け時刻」をその機種の全工程の最終期限として全工程をその時刻に完了させるために遅くても処理を開始・終了していなければならない時刻を表す。 For each process, represents the time at which it is possible to start and end the earliest processing for the process, "latest allocation time", the "earliest allocation time" the final step as the final deadline for the entire process of the model representing the slow and must be the start and end of the process is also time to complete the entire process at that time. 以上のことから、設計者の数及び主担当等の設計者の制約を考慮しなければ、最短69日でこのプロジェクトを完了させることができ、換言すれば、このプロジェクトを完了させるためには最低69日はかかるということが分かる。 From the above, to be taken into account the number and designers constraints primary contact such designers, it is possible to complete this project in the shortest 69 days, in other words, a minimum in order to complete the project is it can be seen that it takes 69 days.

【0101】以上のようにPERT計算を行なった結果は、表7に示すようにデータFに反映される。 [0102] result of performing PERT calculated as above is reflected in the data F as shown in Table 7.

【表7】 [Table 7] 機種1及び機種2についての最早開始時刻EST及び最遅開始時刻LSTは、その機種全体についての開始時刻であり、最早終了時刻EET及び最遅終了時刻LET Earliest start time EST and the latest start time LST for model 1 and model 2 is the start time for the whole the model, the earliest end time EET and the latest end time LET
は、その機種全体についての終了時刻である。 Is the end time for the entire the model. このステップS1においてPERT計算が行われる場合、既に割付け済みの工程に対しては、割り付けられた開始時刻と最早開始時刻ESTと最遅開始時刻LSTとを同一とし、また、割り付けられた終了時刻と最早終了時刻EE If the PERT calculation is performed in step S1, for the already allocated already step, allocated start time and earliest start time EST and the latest start time LST same, also allocated end time and earliest end time EE
Tと最遅終了時刻LETとを同一として、PERT計算を行うものとする。 As the same and T and the latest end time LET, and performs PERT calculation.

【0102】上記PERT計算が終了すると、重み修正手段12は、各機種に対する許容遅れ量の見積もりを行う。 [0102] When the PERT calculation is completed, the weighting modifying means 12 performs the allowable delay amount of estimates for each model. 許容遅れ量とは、割付け時の主担当に対する重みであり、一回の配置で、主担当に割り付けるために許容される遅れ量である。 The allowable delay amount is a weight to the main charge of the formatting, in one arrangement, a delay amount allowed to be allocated to the primary contact. この許容遅れ量は、上記PERT計算の結果から求められる。 The allowable delay amount is determined from the result of the PERT calculation. すなわち、機種全体の余裕日数(最遅終了時刻LETと最早終了時刻EETとの差) In other words, the model the entire margin of days (the difference between the earliest end time EET and the latest end time LET)
を未配置工程数(全工程数)で割れば、ー回あたりに遅れてもよい日数が算出される。 Dividing with unplaced number of steps (the total number of steps), optionally days even late per over time is calculated. ある機種nのそれぞれの工程に対する許容遅れ量Dn を求める式を、以下に示す。 The formula for the allowable delay amount Dn for each step of a model n, are shown below.

【0103】 [0103]

【数1】 [Number 1]

【0104】ここで、αは、各機種の作業の最終終了日を、希望する終了日に合わせるための係数であり、工程のネットワークの形状によって変化する。 [0104] In this case, α is the final end date of the work of each model, is a coefficient for adjusting the end date you want, to change the shape of the network of the process. 具体的には、 In particular,
工程ネットワークが直列であり、すべてのジョブが均等に遅れると仮定すれば、係数αは1に近くなるが、本実施の形態のように並行工程が多い場合は、遅れる量が均等にならない可能性が大きい。 Step network is a series, assuming all the jobs is delayed equally, but the coefficient α is close to 1, when parallel processes as in the present embodiment is large, the possibility that the amount of late is not uniform It is large. なぜなら、ある工程が後続する工程を遅らせると、それと並行する工程の余裕日数が増える、余裕日数が多い工程は遅れることなくスケジュールされる可能性が高くなる。 This is because, when delaying the process with process is followed, therewith increasing margin days parallel to process, often step afford number of days could be scheduled is increased without delay. その結果として、予定終了日よりも早く終了するようなスケジュールとなる。 As a result, the schedule, such as ends earlier than the scheduled end date. 係数αの値は、機種ごとの工程ネットワークの形状等により調整が必要であるが、本実施の形態ではα=1 The value of the coefficient alpha, it is necessary to adjust the shape of the process network each model, in this embodiment alpha = 1
0とする。 0 to.

【0105】この係数αは、重みの基準値となっており、第1の重み設定手段11aによって設定される。 [0105] The coefficient alpha, and a reference value of the weight is set by the first weight setting unit 11a. 従って、機種1及び機種2の各工程に対する許容遅れ量D Therefore, the allowable delay amount D for each step of the model 1 and model 2
1 及びD2 は、以下の式で求められる。 1 and D2 are determined by the following equation.

【0106】 [0106]

【数2】 [Number 2]

【0107】(4)工程の選択 次に、複数の工程のうち設計者への割付けを行う工程を順次選択する。 [0107] (4) Selection process then sequentially selects step for allocation to the designer of the plurality of processes. すなわち、ステップS2において、割付けの対象となる工程が残っているか否か判断し、残っている場合はステップS3へ進む。 That is, in step S2, it is determined whether there remains a step to be allocated, if you are remaining proceeds to step S3. そして、ステップS3 Then, step S3
において、工程選択手段10はPERT計算を行う。 In step selection means 10 performs the PERT calculation. このとき、既に割付け済みの工程に対しては、割り付けられた開始時刻と最早開始時刻ESTとを同一とし、また、割り付けられた終了時刻と最早終了時刻EETとを同一として、最早時刻に対するPERT計算のみ行う。 At this time, for the already allocated already step, allocated start time and longer the start time EST identical, also as the same end time allocated and the earliest end time EET, PERT calculation for longer time performed only.
この計算の結果は、スケジュールデータ5c中のデータFに書き込む。 The result of this calculation is written to the data F in the schedule data 5c. 最初のスケジューリングでは、ステップS1で計算した結果と同様の結果となる。 The first scheduling, the same result as a result of the calculation in step S1.

【0108】次に、ステップS4において、工程選択手段10は、緊急度の高い工程を1つ選択する。 [0108] Next, in step S4, step selection means 10 selects one of the urgent process. 本実施の形態では、緊急度の定義は 「最早開始時刻EST+(最遅終了時刻LET−最早開始時刻EST)×θ」 とする。 In this embodiment, the definition of urgency is "earliest start time EST + (latest end time LET- earliest start time EST) × theta". 本実施の形態においては、このθは固定値とし、「0.5」とする。 In this embodiment, the θ is a fixed value, and "0.5". このθの値は、他の値でもよい。 The value of this θ may be other values. また、上記最早開始時刻EST及び最遅終了時刻L In addition, the earliest start time EST and the latest end time L
ETは、表7のデータFを参照し、同じ値が複数ある場合は番号の小さいものを選択する。 ET refers to the data F in Table 7, if the same value is more selects the smaller numbered. ここでは、まず、 Here, first,
“11−1−1”の工程を選択する。 To select a process of "11-1-1".

【0109】また、このように緊急度のみにより工程を選択するのではなく、その時点での各設計者への割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して選択するようにしてもよい。 [0109] In addition, in this way rather than selecting the process only by the degree of urgency, be selected comprehensive evaluation to the correlation between the allocation situation and the steps to each designer at that time good. 例えば、上記θの値を可変値とし、工程毎に以下のように設定する。 For example, the value of the θ is a variable value is set as follows for each process. すなわち、その時点で最も空き時間の多い設計者を主担当とする工程のθの値を小さくする。 That is, to reduce the value of θ of step mainly responsible for many designers of most free time at that point. これにより、そのθの値が小さい工程が優先的に選択される。 Thus, the process value of the θ is small is preferentially selected. 従って、全体として、同じ工期であっても主担当への割付け数が増える可能性がある。 Thus, as a whole, the number of allocation is likely to increase to be the main charge of the same construction period. この場合、第2の重み設定手段11bにより、予め、上記工程を優先する度合いである重みを設定しておく。 In this case, the second weight setting unit 11b, in advance, setting the weight is the degree priority the process.

【0110】例えば、各リソースrの空き時間をT [0110] For example, the free time of each resource r T
(r)、各工程iの主担当をRi、及び第2の重みをm (R), the main charge of Ri of each step i, and the second weight m
(0<m<1)とし、各工程のθiを以下のように設定する。 And (0 <m <1), it sets the θi of each process as follows.

【数3】 [Number 3] この場合、θiの値は「0.5」を中心に上下にmの値の幅で動く。 In this case, the value of θi runs the width of the value of m in and below the "0.5".

【0111】上述したように、上記θiの値を用いて工程を評価した値、すなわち、選択の基準となる評価値は、時刻で表され、最早開始時刻ESTから最遅終了時刻LETまでの間を外れないようにすることができる。 [0111] As described above, the value of evaluating the process using the value of the .theta.i, i.e., during the evaluation value serving as a reference for selection, expressed in time, from the earliest start time EST to latest end time LET it is possible to prevent out of the.

【0112】ここで、選択された工程は、必ず最早開始時刻ESTから最遅終了時刻LETの間に割り付けられる。 [0112] In this case, a process that has been selected, allocated from sure earliest start time EST between the latest end time LET. このため、選択の基準となる評価値がこの期間を大きく外れると、以下のような不都合が生じる。 Therefore, the evaluation value as a reference of choice deviates increasing this period, occurs the following problem. すなわち、他に早く処理することができる工程があるにも関わらず、遅い時間にしか処理することができない工程を先に選んでしまう場合がある。 That is, in some cases to choose Despite steps that can be processed quickly in another, the process can not be processed only late earlier. そのため、不必要な空き時間ができたり、優先されない工程の処理時間が大幅に遅れてしまったり等、割付けに無駄が生じる可能性が高くなる。 Therefore, you can free time unnecessary, and the like or the processing time of the prioritized not process got significantly delayed, possibly waste occurs in the allocation increases.

【0113】従って、上述した方法により、評価値に対して効果的に優先度を反映させることができる。 [0113] Thus, by the method described above, it can be reflected effectively priority to evaluation value.

【0114】(5)仮割付け処理 次に、選択された工程を各設計者に対して仮割付けする。 [0114] (5) tentative assignment process will be provisionally allocated to each designer selected process. すなわち、ステップS5において、仮割付け手段7 That is, in step S5, the temporary allocating means 7
は、リソース定義手段3によって定義されているリソース、すなわち“A”〜“F”の設計者のうちの1人を選択する。 Selects one of the designers of resources defined, namely "A" ~ "F" by the resource definition means 13. 選択する順序は任意でよいが、ここでは“F” Order of selection may be arbitrary, but here "F"
から順に“A”まで選択することとする。 To be selected from up to "A" in the order. そして、割付けが終了していない設計者が残っている場合は、ステップS6に進む。 And, if there are still designers allocation has not been completed, the process proceeds to step S6. ここではまず、設計者“F”を選択する。 Here, first, to select a designer "F".

【0115】そして、ステップS6において、仮割付け手段7は、表4のデータD(能力設定表)の内容を参照して、ステップS4において選択された工程が当該リソースに割付け可能か否かを判断する。 [0115] Then, in step S6, the temporary allocating means 7 refers to the contents of the data in Table 4 D (capacity setting table), selected process in step S4 is judged whether it is possible assignment to the resource to. ここでは、工程“11−1−1”はメカ部の構想設計であり、“F”には割付け不可能であると判定する。 Here, it is determined in the step "11-1-1" is a concept design of the mechanical part, the "F" is not possible allocation. そして、再びステップS5へ戻る。 Then, the process returns again to step S5. なお、各工程に割付け可能なリソースのリストを予め与えることにより、ステップS5とステップS6とを組み合わせたステップを形成するという方法も可能である。 Incidentally, by providing a list of allocable resources in advance in each step, a method of forming a step which combines the steps S5 and S6 are also possible. すなわち、リソースを選択する際に上記リストを参照して割付け可能か否かを判断するという方法である。 That is a method that determines whether it is possible allocated by referring to the list in selecting a resource.

【0116】以下、ステップS5において、“E”及び“D”が順に選択されるが、これらはすべて割付け不可能であると判定され、その後“C”が選択される。 [0116] Hereinafter, in step S5, but "E" and "D" are sequentially selected, they are all determined to be impossible assignment, then "C" is selected. そして、ステップS6において、表4のデータD(能力設定表)の内容を参照して“C”には割付け可能であると判定し、ステップS7へ進む。 Then, in step S6, determines that refers to the contents of the data in Table 4 D (capacity setting table) in "C" can be allocated, the process proceeds to step S7.

【0117】次に、ステップS7において、仮割付け手段7は、表1のデータA(標準工数表)を参照して、当該工程の標準工期が8日であると判定する。 [0117] Next, in step S7, the temporary allocating means 7 refers to the data of Table 1 A (Standard Time Chart) determines that the standard construction period of the process is 8 days. また、表4 In addition, Table 4
のデータD(能力設定表)の内容を参照して、当該設計者の当該工程に対する工期を求める。 Refers to the contents of the data D (ability setting table), we obtain the construction period for the designer of the process. ここでは、設計者“C”のメカ部の構想設計に対する能力設定が1.0であることから、工期は以下のように計算される。 Here, since the capacity set for the conceptual design of the mechanical part of the designer "C" is 1.0, construction period is calculated as follows.

【0118】 標準工期(8日)÷能力設定(1.0)=8日 なお、予め各設計者と各設計項目の各工程に対する工期を計算しておき、リストとして保持しておく方法もあり、必ずしもこのタイミングで計算する必要はない。 [0118] Standard work period (8 days) ÷ ability setting (1.0) = 08 Here, advance to calculate the work period for advance each designer and each process of each design item, there is also a method to retain a list , it does not necessarily have to be calculated at this timing.

【0119】次に、ステップS8において、仮割付け手段8は、まず表7のデータFを参照して、当該リソースについて上記工期を確保することができる期間を求める。 [0119] Next, in step S8, the temporary allocation unit 8 first refers to the data F in Table 7 to determine the period which can be secured the construction period for the resource. ここでは、設計者“C”について、他の工期を跨がずに連続して8日間確保することができる期間を求める。 Here, determine the period which can be for designer "C", to ensure continuously without cross the other work period 8 days. “C”についてまだ何も割り付けられていない場合は、4/1から始まって2回土日をはさみ、4/13 If the "C" still for nothing is assignment, scissors twice Saturday and Sunday starting from 4/1, 4/13
(午前零時)までの期間が求められる。 Is required period of up to (midnight). そして、当該工程“11−1−1”を設計者“C”に割り付けたときの評価値をPERT計算により算出する。 Then, the evaluation value when the assignment to the designer "C" the process "11-1-1" is calculated by the PERT calculation.

【0120】ここで、仮割付け手段7は、PERT計算を行う前に表7のデータFを一時的に他の領域にコピーしておき、“11−1−1”の最早開始時刻EST及び最遅開始時刻LSTを4/1に、最早終了時刻EET及び最遅終了時刻LETを4/13にする(以下、仮配置と呼ぶ)。 [0120] Here, temporary assignment means 7, leave copied temporarily other areas of data F in Table 7 before performing PERT calculation, earliest start time EST and bottom for "11-1-1" slow start time LST to 4/1, earliest end time EET and the latest end time LET to 4/13 (hereinafter, referred to as temporary arrangement). そして、PERT計算では、最早開始時刻E Then, in the PERT calculation, the earliest start time E
STと最早終了時刻EETとを計算する部分だけをやり直す。 ST and redo only the part to calculate the earliest end time EET. その結果、データFは、表8に示すようになる。 As a result, data F is as shown in Table 8.

【表8】 [Table 8]

【0121】(6)組合わせに対する評価 次に、当該工程を当該設計者に割り付けたときの評価値を求める。 [0121] Evaluation of (6) combination then obtains the evaluation value when allocated the process to the designer. ここでは、評価値Vは、配置時刻に対する期間的評価値Vd からリソース選択に対する適合性評価値Vr を引いたものとし、その値が小さい程評価値が良いものとする。 Here, the evaluation value V is assumed from time evaluation value Vd to the arrangement time by subtracting the conformity assessment value Vr for resource selection, it is assumed that a good evaluation value as the value is small.

【0122】すなわち、第1の評価手段9aは、上記P [0122] That is, the first evaluation unit 9a is the P
ERT計算に基づき、配置時刻に対する期間的評価値V Based on the ERT calculation period evaluation value V to the arrangement time
d を計算する。 To calculate the d. 当該工程を当該設計者に割り付ける配置をしたとき、すなわち仮配置後の機種全体の工期の遅れ量Sは、以下の式により計算する。 When the arrangement of allocating the process to the designer, i.e. delay amount S models entire work period after temporary arrangement is calculated by the following equation.

【0123】 [0123]

【数4】 [Number 4] ここでは、仮配置後の機種全体の最早終了時刻EETは6/13であり、仮配置前の機種全体の最早終了時刻E Here, the earliest end time EET of the entire model after the temporary arrangement is a 6/13, earliest end time E of the entire model before provisional arrangement
ETは6/9であることから、機種全体の工期の遅れ量Sは以下の式に示すようになる。 ET is because it is 6/9, delay amount S of the whole model construction period is as shown in the following equation.

【0124】S=6/13−6/9=4 また、期間的評価値Vd は以下の式により計算する。 [0124] S = 6 / 13-6 / 9 = 4 A period evaluation value Vd is calculated by the following equation.

【数5】 [Number 5] Tは、スケジュール開始時刻(ここでは3/28)から、その工程の仮配置された終了時刻までの日数である。 T is the number of days from the scheduled start time (3/28 in this case), until the temporary arrangement end time of the process. 従って、ここでは、期間的評価値Vdは以下の式により求められる。 Accordingly, here, the period evaluation value Vd is obtained by the following equation.

【0125】 [0125]

【数6】 [6]

【0126】次に、第2の評価手段9bは、リソース選択に対する適合性評価値Vr を求める。 [0126] Next, the second evaluation unit 9b calculates the conformity assessment value Vr for resource selection. この適合性評価値Vr は、以下のように設定される。 The conformity assessment value Vr is set as follows.

【0127】 [0127]

【数7】 [Equation 7] ここで、工程“11−1−1”の主担当は、設計者“A”であるため、 Vr = 0 となる。 Here, the main responsible of the process "11-1-1" is, because it is a designer "A", the Vr = 0.

【0128】そして、リソース決定手段8は、第1の評価手段9a及び第2の評価手段9bによって求められた期間的評価値Vd 及び適合性評価値Vr から、評価値V [0128] Then, the resource determining means 8, from the period evaluation value Vd and conformity assessment value Vr obtained by the first evaluation means 9a and the second evaluation means 9b, evaluation value V
を求める。 The seek. ここでは、当該工程“11−1−1”と当該設計者“C”との組合わせに与えられる評価値Vは、 V=12−0=12 となる。 Here, evaluation value V given to the combination of the process "11-1-1" with the designer "C" becomes V = 12-0 = 12.

【0129】(7)最良の設計者の決定 次に、最良の設計者を決定する。 [0129] (7) determination of the best designers Then, to determine the best designer. すなわち、ステップS In other words, step S
9において、リソース決定手段8は、上記のようにして求めた評価値Vが最良値か否かを判断し、最良値であれば記憶する。 In 9, the resource determining means 8, the evaluation value V calculated as described above to determine whether the best values ​​are stored if the best value. この時点では、上記評価値V(12)が“11−1−1”に対する値の最良のものであるため、 Since this point, the evaluation value V (12) is of the best values ​​for "11-1-1"
この評価値Vと設計者“C”とをスケジュールデータ5 Schedule data 5 and the evaluation value V designer "C" and
cに記憶する。 And stores it in the c.

【0130】(8)他の設計者についての評価 そして、同様に他の設計者について、評価値Vを求める。 [0130] (8) Valuation of other designers and, as well as for other designers, seek an evaluation value V. すなわち、ステップS5へ戻り、ステップS5〜S That is, the process returns to step S5, step S5~S
9において、次の設計者“B”について同様に評価値を求める。 In 9, obtaining the same evaluation value for the next designer "B". すなわち、“11−1−1”を“B”に仮配置する。 That is, temporarily disposed to "11-1-1" "B". この時、終了時刻は“C”に仮配置したときと同じく4/13であり、“C”は“D”と同様に主担当でないため、評価値Vは12となる。 At this time, the end time is the same 4/13 and when temporarily arranged in "C", "C", because not likewise primary contact with the "D", the evaluation value V is 12. これは“C”に対する評価値と同一であり、最良の設計者は“B”から更新されない。 This is the same as the evaluation value for "C", the best designers are not updated from "B".

【0131】次に、ステップS5〜S9において、次の設計者“A”について同様に評価値を求める。 Next, in step S5 to S9, obtaining the same evaluation value for the next designer "A". すなわち、“11−1−1”を“A”に仮配置する。 That is, temporarily placed in "A" to "11-1-1". この時、 At this time,
配置時刻に対する評価値Vdは同じであるが、“A”は主担当であるため、リソース選択に関する評価値VrはD1 、すなわち7.86となる。 Although evaluation value Vd to the arrangement time is the same, "A" because the main charge, the evaluation value Vr for resource selection D1, that is, 7.86. そのため、設計者“A”に対する評価値Vは、 V=12−7.86=4.14 となる。 Therefore, the evaluation value V for the designer "A" becomes V = 12-7.86 = 4.14. 従って、“C”に対する評価値Vより“A”に対する評価値Vの方が良く、ステップS9において、この評価値V(4.14)と最良の設計者である“A”とがスケジュールデータ5cに新たに記憶される。 Thus, "C" is better evaluation value V for "A" than the evaluation value V for, in step S9, the best designers and the evaluation value V (4.14) "A" and the schedule data 5c It is newly stored in.

【0132】このようにして、全ての設計者について評価が終了すると、ステップS10へ進む。 [0132] In this way, when the evaluation for all the designer to complete, the process proceeds to step S10.

【0133】(9)最良の設計者への割付け そして、最終的に評価値が最良である設計者に割付けを行う。 [0133] (9) assignment to the best of designers and, finally evaluation value to perform the assignment to design who is the best. すなわち、ステップS10において、工程割付け手段6は、リソース決定手段8によってスケジュールデータ5cに記憶された設計者に対して、当該工程を割り付ける。 That is, in step S10, step allocating means 6, to the designer, which is stored in the schedule data 5c by the resource determination unit 8 allocates the process. ここでは、“11−1−1”が、最良の設計者“A”に対して割り付けられる。 Here, "11-1-1" is allocated with respect to the best designer "A". これにより、データF As a result, the data F
は表9に示すようになる。 Is as shown in Table 9.

【表9】 [Table 9] すなわち、工程“11−1−1”に対して、リソースR That is, for step "11-1-1" resource R
Sとして“A”が設定され、その開始時刻STARTと終了時刻ENDとして、最早開始時刻EST(4/1) "A" is set as the S, as the end time END and its start time START, the earliest start time EST (4/1)
と最早終了時刻EET(4/13)とがそれぞれ設定される。 When the earliest end time EET (4/13) are set, respectively.

【0134】以上のような処理を繰り返すことにより、 [0134] By repeating the process as described above,
スケジュールが作成される。 Schedule is created. 各設計者に割り付けられる工程が多くなると、設計者によってその工程の開始/終了時刻が大幅に変化する。 When step allocated is increased each designer, start / end time of the process by the designer changes significantly. そのため、各工程を各設計者に割り付けたときの時刻に対する評価と、その設計者が主担当であるか否かの評価とから、工程と設計者との組み合わせに対する評価を行い、その評価値を比較することにより、許容可能な遅れであれば主担当に割り付け、 Therefore, the evaluation of the time when the allocation of the respective steps in each designer, from the designer and evaluation of whether the primary contact, evaluated for a combination of the steps and designers, the evaluation value by comparison, assigned to the main charge if an acceptable delay,
遅れ量が大である場合は主担当以外の作業を早く行うことができる設計者に割り付ける。 If the delay amount is large is allocated to the designer that can be carried out quickly the work other than the main charge. そして、全工程について割付けが終了すると、ステップS2において割り付けるべき工程が残っていないと判断し、ステップS11に進んでスケジューリングを終了する。 When the allocation is completed for all the processes, it is determined that no remaining processes to be allocated is at step S2, to end the scheduling proceeds to step S11.

【0135】このようにしてスケジューリングした結果であるデータFを、表10に示す。 [0135] The data F is the result of scheduling in this way, shown in Table 10.

【表10】 [Table 10] 更に、このスケジューリング結果をガントチャートに表したものを、図5〜図9に示す。 Furthermore, a illustrates this scheduling result Gantt chart, shown in FIGS. 5-9. 図5aは設計項目ごとのスケジュールを示したものであり、各工程に割り付けられた設計者が書き込まれている。 Figure 5a is an illustration of the schedule for each design item, designers are written assigned to each process. 図6〜図9は設計者ごとのスケジュールであり、土日を埋めるボックスは休日を表している。 6 to 9 is a schedule of each designer, box to fill the weekend represents the holiday. リソース定義手段3により各個人の休日が入力されると、この休日のボックスが増え、不規則になる。 When the resource definition means 3 holiday for each individual input, this holiday box increases, becomes irregular. 休日が不規則に設定され、それらを避けて配置が行なわれるため、休日を考慮した上で優先度や能力に応じたスケジュールを作成することができる。 Holiday is irregularly configured for placement them avoided is performed, it is possible to create a schedule in accordance with the priority and capacity in consideration of the holiday.

【0136】図9に示すように、このスケジューリング結果では、予定終了日(納期)を数日超過している。 [0136] As shown in FIG. 9, in this scheduling result has exceeded a few days the scheduled end date (delivery date). この超過日数は、上述した許容遅れ量Dを計算する際に用いられる係数αにより変化する。 The excess number of days may vary by a factor used in calculating the allowable delay amount D described above alpha. すなわち、この係数α In other words, this coefficient α
により、納期に対する終了時期が調節できるようになっている。 By, the end timing with respect to the delivery date is adapted to be adjusted. 本来係数αは並行工程を考慮した係数であり、 Originally coefficient α is a coefficient that takes into account the parallel process,
納期に間に合うようにするのであれば、係数αの値を下げればよい。 If to the time for delivery, or by lowering the value of the coefficient alpha.

【0137】但し、予定終了日から大きくずれることなくプロジェクトを終了させるためには、最初にPERT [0137] However, in order to terminate the project without deviating significantly from the scheduled end date, first in PERT
計算をしたときの全体の工期からある程度余裕をもって予定終了日を設定する必要がある。 Calculation it is necessary to set a certain scheduled end date with a margin from the whole of the construction period of when the. また、複数のプロジェクトで同じ設計者群を共有する場合、さらに余裕をもって予定終了日を設定しておく必要がある。 Also, if you want to share the same designer group in multiple projects, it is necessary to set the scheduled end date further with a margin. その余裕がないときには、主担当に割り付けることよりもプロジェクトを早く終了させることを重視して割付けを行うこととなる。 In that time it can not afford, and to perform the assignment with an emphasis on it to terminate early the project than be assigned to the main charge. また、余裕をとりすぎると、全工程が主担当に割り付けられるようになり、かつ、予定終了日よりもかなり早く終了するスケジュールとなる。 In addition, too much to take a margin, looks like the whole process is allocated to the main charge, and a much faster end to schedule than the scheduled end date.

【0138】例えば、機種1だけに絞った単一プロジェクトをスケジューリングする場合を考える。 [0138] For example, consider the case of scheduling a single project, which focused on only models 1. この場合に、予定終了日を変化させて、実際に終了した日と主担当に割り当てられた工程数を表11に示す。 In this case, by changing the scheduled end date, shown in Table 11 actually ended days and the number of steps assigned to the main charge.

【表11】 [Table 11] この表から、予定終了日を6/1以前に設定すると、主担当に割り付けられる工程数は少ないが、終了日はかなり遅れる。 From this table, if you set the scheduled end date 6/1 before, but the number of steps is small, which is assigned to the main charge, the end date is considerably delayed. また、予定終了日を8/1以降に設定すると、主担当に割り付けられる工程数は多いが、終了日はかなり早くなる。 Also, if you set the scheduled end date on or after 8/1, but the main number of steps to be allocated in charge of many, the end date is considerably faster. 一方、7/1から8/1までの間に設定した場合は、おおよそ予定終了日に合ったスケジュールとなっている。 On the other hand, if you set during the period from 7/1 to 8/1, and has a schedule that fits roughly the scheduled end date. このように、おおよその目安として予定終了日を与えることにより、この予定終了日に合うように担当者の優先度を考えてスケジュールが行なわれる。 In this way, by giving the scheduled end date as a rough guide, schedule consider the priority of the person in charge to fit the scheduled end date is performed.

【0139】以上のように、本実施の形態によれば、各工程と各設計者との適合性を評価しつつ、期間的要素をも考慮し、更に、重みによってそれらのバランスをとるようにするため、適合性と期間的要素とのバランスがとれる最適なスケジューリングを行うことが可能となる。 [0139] As described above, according to this embodiment, while evaluating the compatibility with each step and each designer, also considering period elements, further, to take their balance by weight to, it is possible to perform optimal scheduling balance between compatible and duration factors can be taken.

【0140】また、複数の工程の期間的な相互関係に基づいて、各工程について最早開始時刻と最遅終了時刻とを求め、それら各時刻の和が最小である工程から選択するため、緊急度の高い工程から選択することができる。 [0140] Further, based on the duration mutual relationship among a plurality of processes, longer seek start time and the latest ending time for each step, since the sum of each time is selected from the process is minimized, urgency It may be selected from the high step.
更に、PERT計算を用いて評価を行うため、一旦割り付けたものに対して割付けをやり直す必要がなく、スケジューリングの時間を短縮させることができる。 Furthermore, in order to perform evaluation with PERT calculation, there is no need to redo the allocation with respect to those allocated once, it is possible to shorten the scheduling time.

【0141】B. [0141] B. 第2の実施の形態 次に、本発明の第2の実施の形態によるスケジューリング装置及びスケジューリング方法について説明する。 Second Embodiment Next, a description will be given scheduling apparatus and scheduling method according to a second embodiment of the present invention. 本実施の形態によるスケジューリング装置は、第1の実施の形態のスケジューリング装置と同様な構成であるものとし、その説明を省略する。 Scheduling apparatus according to this embodiment, it is assumed that scheduling apparatus similar to the configuration of the first embodiment, description thereof is omitted.

【0142】(1)第2の実施の形態における具体的なスケジューリングの内容 次に、生産計画の問題、特に、多工程のジョブショップ型の問題について説明する。 [0142] (1) the specific content of the scheduling of the second embodiment Next, production planning problems, in particular, will be described a job-shop problems multi-step. ここでは、大量生産ラインについて考え、同じラインで3種類の製品を加工するジョブがあるものとする。 Here, think about mass production line, it is assumed that there is a job to process the three types of products in the same line. 対象となる製品は板状のものであり、この両面に塗装する工程のスケジューリングを行なう。 Product of interest is of plate-like, performs scheduling step of painting the both surfaces. 更に、1. In addition, 1. 表研磨、2. Table polishing, 2. 表塗装、3. Table painting, 3. 裏研磨、及び4. Back polishing, and 4. 裏塗装の4つの工程によって加工が行なわれるものとする。 By four steps of the back coating shall machining is performed.

【0143】上記研磨工程には、研磨機械と共に治工具が必要であり、塗装工程にも塗装機械と共に治工具が必要である。 [0143] In the polishing process, tools with abrasive machine is required, even painting process is required jigs with painting machine. 治工具は製品によって異なり、治工具を取り替えるためには1時間の段取り期間が必要であるとする。 Tools varies by product, and in order to replace the tools are required setup period of one hour. また、研磨機械及び塗装機械はそれぞれ2台あり、 The polishing machine and coating machine is two, respectively,
いずれの機械も表工程及び裏工程の両工程を行うことができるものとする。 Both machines are also intended to be able to perform both steps in Table process and back process. これらの機械の有する能力は、リソース定義手段3によって入力される。 Ability possessed by these machines, is input by the resource definition means 3. その結果である能力設定表を、表12に示す。 The capability setting table which is the results are shown in Table 12.

【表12】 [Table 12] この能力設定表は、データDとしてスケジュールデータ5に格納される。 This capability setting table is stored as data D to the schedule data 5.

【0144】本実施の形態では、各品種ごとに1日の希望生産量が決められている。 [0144] In this embodiment, desired production of daily for each cultivar are determined. また、その各品種においてロット分割し、処理される品種のバラつきを抑えるために、各ロットにはその日の中で均等に開始可能時刻と納期が割り振られている。 In addition, the lot division in each of its varieties, in order to reduce the variation of the varieties to be processed, evenly start possible time and delivery time in the day has been allocated to each lot. また、ここでは簡単のため、ロット分割の大きさは、それぞれの処理時間が1時間になるように設定されているものとする。 Further, here, for simplicity, the size of the batch split, it is assumed that the respective processing times are set to be 1 hour. 従って、各機械における能力差を考えないため、全てのロットに対する作業時間は1時間となる。 Therefore, since no thinking ability difference in each machine, working time for all lots is 1 hour. 各品種の分割したロットの内容、開始可能時刻、及び納期を、表13に示す。 The contents of divided lots each variety, startable time, and the delivery date, shown in Table 13.

【表13】 [Table 13] ここで、時刻は、スケジュール開始時刻を0とした時間単位の整数値で表すものとする。 Here, time denote the scheduled start time by an integer value of 0 and the time unit. 表13に示す21個のロットの各々に対して4つの工程が存在するため、スケジュールの単位となる工程は84個存在することとなる。 Since the four steps for each of the 21 lots are shown in Table 13 are present, the process as a unit of schedule will be present 84.

【0145】ここでは、考慮すべき工程の順序関係は、 [0145] In this case, the order relationship of process steps that should be taken into account,
それぞれのロットの内部における工程間の順序関係のみである。 Only the order relation between processes in the interior of each lot. また、表13に示すデータは1日分のデータであり、この分量を24時間で処理するものとしてデータを作成している。 Further, the data shown in Table 13 is the data for one day, have created a data as processing this amount in 24 hours. リソースである機械は全部で4台であり、それぞれ表工程・裏工程が可能であることから、キャパシティの総和は 24×8=96[時間] である。 A resource machine is four in total, since it is possible to respectively Table process and back process, the capacity sum is 24 × 8 = 96 [times]. このことから、全作業量は、段取り期間及び工程間の順序関係等による制約がなければ余裕をもって作業できる分量であることが分かる。 Therefore, the total amount of work, it can be seen restriction by order relationship or the like between setup period and steps are quantities which can work with a margin if not.

【0146】本実施の形態においても、第1の実施の形態におけるプロジェクトスケジューリングと同様のデータ構造によって、スケジューリングを行なうことができる。 [0146] Also in this embodiment, the same data structure and project scheduling in the first embodiment, it is possible to perform scheduling. ただし、本実施の形態における問題の場合は、単純にPERT計算の結果により時刻の早いものから選択するのであれば、段取り時間の調節をすることができない。 However, if the problem in the present embodiment, if chosen from simple ones early in time as a result of the PERT calculation, it is impossible to adjust the setup time. すなわち、基本的に前詰めでスケジューリングするため、PERT計算の結果によって順序づけを行なうと、各品種が均等に選択されることになり、段取り時間は増大することとなる。 That is, for scheduling basically pre packed, when the ordering by the results of PERT calculation, will be each kind are selected uniformly, so that the setup time will increase. 従って、同じ治工具を使用する工程をまとめることにより、段取り時間を減少させるようにする。 Accordingly, by assembling the step of using the same tools, so as to reduce the setup time.

【0147】同じ治工具を使用する工程をまとめる方法として、ロットサイズを大きくする方法がある。 [0147] As a method to combine the step of using the same tools, there is a method of increasing the lot size. ロットサイズを大きくすると段取り時間が減少するため、このロットサイズに関する研究も多くなされている。 To reduce the setup time and to increase the lot size, it has been made many studies on the lot size. しかしながら、ロットサイズをその日ごとに調節すると、スケジューリング上、管理が複雑化する。 However, adjusting the lot size on a day-to-day basis, on scheduling, management is complicated. 従って、スケジューリングの単位は、管理が容易であるサイズにとどめておく必要がある。 Thus, the unit of scheduling, it is necessary to kept to size is easy to manage.

【0148】従って、ここでは、ロットサイズを変えるのではなく、選択する際の比較条件にその時点での割付け状況を反映させることにより、ロットまとめを行なう。 [0148] Therefore, here, instead of changing the lot size, by reflecting the allocation status at the time the comparison criteria for selecting performs lot sizing. 具体的には、工程選択に対する評価を行う際、その時点で各機械に最後に割り付けられている工程の治工具と同じ治工具を使用する工程を選択すると、その評価値に重みづけをする。 Specifically, when performing the evaluation of step selection, selecting the step of using the same tooling as the jig steps that are finally allocated to each machine at the time, the weighting of the evaluation value. この重みの大きさによって、ロットの大きさが変化する。 The magnitude of the weight, the size of the lot is changed. また、ロットをどの程度まとめればよいかは、その日にどの程度の需要があるかによって調整するようにする。 Also, how much should sum up the lot, so as to adjust the how much demand on that day. 従って、需要が多いときは、段取りを減らして生産量が増えるようにし、需要が少ないときは、段取りを増やして予定終了時刻にできる限り合わせるようにする。 Therefore, when the demand is large, so production by reducing the set-up is increased, when the demand is low is such match as possible to the scheduled end time to increase the setup.

【0149】(2)許容遅れ量の見積もり 以下、第2の実施の形態におけるスケジューリング装置の動作を、図2のフローチャートを参照して説明する。 [0149] (2) Estimate of the allowable delay amount or less, the operation of the scheduling apparatus of the second embodiment will be described with reference to the flowchart of FIG.
まず、ステップS1において、PERT計算を行なう。 First, in step S1, the PERT calculation.
PERT計算を行なった結果は、表14に示すようにデータFに反映される。 Result of performing PERT calculation is reflected in the data F as shown in Table 14.

【表14】 [Table 14] PERT計算が終了すると、重み修正手段12は、プロジェクト全体に対する許容遅れ量の見積もりを行う。 When PERT calculation is completed, the weighting modifying means 12 performs the allowable delay amount estimate for the entire project. この場合、許容遅れ量とは、各機械への割り付け時の治工具の段取りがある機械に対する重みであり、段取りがある機械に割り付けるために許容される遅れ量である。 In this case, the allowable delay amount, a weight for setup is machine tools during allocation to each machine, a delay amount allowed to allocate to the machine there is a setup.

【0150】許容遅れ量は、第1の実施の形態におけるプロジェクトスケジューリングの場合と同様に、以下の式により求められる。 [0150] allowable delay amount, as in the case of project scheduling in the first embodiment, is determined by the following equation.

【数8】 [Equation 8] この係数αは、重みの基準値となっており、この場合は第1の重み設定手段11aによって1に設定されている。 The coefficient α is a reference value of the weight, this case is set to 1 by the first weight setting unit 11a. また、各ロットの最遅終了時刻LETから最早終了時刻EETを引いたものはすべて6であり、工程数は4 In addition, those longer minus the end time EET from the latest end time LET of each lot are all 6, the number of steps is 4
であるから、各ロットに対する許容遅れ量Dn は、以下のようになる。 Since it is, the allowable delay amount Dn for each lot is as follows.

【0151】 [0151]

【数9】 [Equation 9]

【0152】また、重み修正手段12は、割付けの対象となる工程を選択する際の使用治工具による評価の重みBの見積もりを行なう。 [0152] The weight modification means 12 performs evaluation estimate of the weight B of by the use jigs in selecting process to be allocated. これは、段取りのない工程を優先して選択するための重みBである。 This is the weight B to preferentially selects no setup process. すなわち、段取りのない工程を選ぶために、PERT計算の結果を評価した値にどれだけ重みづけするかという値であり、この値によって、同じ治工具を使用する工程を優先して選択する度合いが決まる。 That is, to select the no setup step, a value of either association how weight to a value obtained by evaluating the results of the PERT calculation, this value, the degree of selection in preference the step of using the same tooling determined. ここでは、重みBは、24時間をその日の1つの機械の許容段取り回数で割ったものとする。 Here, the weight B shall be divided by 24 hours at one allowable setup number of the machine for the day. 許容段取り回数は、全体の余裕時間をリソース数と段取り1回の時間で割ったものである。 Allowable setup number is obtained by dividing the total margin time in the resource number and setup one time. この重みBを求める式を以下に示す。 It shows the equation for the weight B below.

【0153】 [0153]

【数10】 [Number 10]

【0154】ここでは、総資源容量は96時間であり、 [0154] In this case, the total resource capacity is 96 hours,
総工数は76であるため、重みBは以下に示すように求められる。 Since the total number of steps is 76, the weight B is calculated as follows.

【数11】 [Number 11]

【0155】(3)工程選択 次に、複数の工程のうち機械への割付けを行う工程を順次選択する。 [0155] (3) Step selection then sequentially selects the steps of performing assignment of the machine among the plurality of processes. すなわち、ステップS2に進み、割付けが行われていない機械が残っている場合は、ステップS3 That is, the process proceeds to step S2, if the allocation is left machines not performed, step S3
へ進む。 To advance. そして、ステップS3において、PERT計算を行なう。 Then, in step S3, the PERT calculation. 最初のスケジューリングでは、ステップS1 The first scheduling step S1
で計算した結果と同様の結果となる。 In the similar results as the results of calculation. 次に、ステップS Then, step S
4において、緊急度の高い工程を1つ選択する。 In 4 selects one urgent step. 本実施の形態では、緊急度の定義は以下の式で表される。 In this embodiment, the definition of urgency is expressed by the following equation. min (x){EST(x)+LET(x)−J(x)× min (x) {EST (x) + LET (x) -J (x) ×
2B} ここで、J(x)は、その工程xが使用する治工具と同じ治工具を使用する工程がいずれかの機械に最後に割り付けられている場合は「1」となり、その他の場合は「0」となる。 2B} Here, J (x), that if the process of step x uses the same tools as tools to be used is allocated to the last one of the machine becomes "1", otherwise It becomes "0". また、Bに2を乗じるのは、比較の対象の時刻が最早開始時刻ESTと最遅終了時刻LETとの和であるため、数値的に釣り合わせるためである。 Also, the multiplying 2 to B, because time of the target of the comparison is the sum of the earliest start time EST and the latest end time LET, in order to numerically balanced.

【0156】また、第1の実施の形態と同様に、緊急度の定義を 「最早開始時刻EST+(最遅終了時刻LET−最早開始時刻EST)×θ」 としてもよい。 [0156] Also, as in the first embodiment, the definitions of the urgency may be "earliest start time EST + (latest end time LET- earliest start time EST) × theta". この場合、θをJ(x)の関数とする。 In this case, the θ is a function of J (x).

【0157】最初は、いずれのリソースにも工程が割り付けられていないため、J(x)は全て「0」であり、 [0157] First, in order to process in any of the resources are not allocated, J (x) are all "0",
時刻が最も早い工程“1−1−1”、“2−1−1”、 Time is the earliest process "1-1-1", "2-1-1",
及び“3−1−1”の中から、工程“1−1−1”が選択される。 And from among the "3-1-1", step "1-1-1" is selected.

【0158】(4)仮割付けステップ 次に、選択された工程を各機械に対して仮割付けする。 [0158] (4) the temporary assignment step will be provisionally allocated the selected process on each machine.
すなわち、ステップS5において、仮割付け手段7は、 That is, in step S5, the temporary allocation means 7,
“A”〜“D”の機械のうちの1つを選択する。 "A" to select one of the mechanical ~ "D". 選択する順序は任意でよいが、ここでは“D”から順に“A” Order of selection may be arbitrary, but here in order from the "D" "A"
まで選択することとする。 To be selected to. まず、“D”を選択する。 First, select the "D".

【0159】ステップS6において、表12のデータD [0159] In step S6, the data in Table 12 D
(能力設定表)の内容を参照して、ステップS4において選択された工程が当該機械に割付け可能か否かを判断する。 Refers to the contents of (capacity setting table), steps selected in step S4 determines whether it is possible assignment to the machine. ここでは、工程“1−1−1”は表研磨であるため、機械“D”には割付け不可能であると判定する。 Here, step "1-1-1" is determined because a table polishing, the machine "D" is not possible allocation. そして、再びステップS5に戻る。 And, again it returns to the step S5. 次に、ステップS5において“C”が選択されるが、これは割当て不可能であり、その後“B”が選択される。 Next, "C" is selected in step S5, it is not possible assignment, then "B" is selected. そして、ステップS6 Then, step S6
において、割り当て可否判定手段7は、表12のデータD(能力設定表)の内容を参照して“B”には割付け可能であると判定し、ステップS7へ進む。 In, the allocation determination unit 7 refers to the contents of the data in Table 12 D (capacity setting table) in "B" is determined to be allocated, the process proceeds to step S7.

【0160】次に、ステップS7において、仮割付け手段7は、表12のデータD(能力設定表)の内容を参照して、当該機械の当該工程に対する工期を求める。 [0160] Next, in step S7, the temporary allocating means 7 refers to the contents of the data in Table 12 D (capacity setting table), we obtain the construction period for the machine of the process. ここでは、上述したように各工程の標準工期は1日であり、 Here, the standard construction period of each step as described above is 1 day,
機械“B”の能力設定が1であることから、工期は以下のように計算される。 Since the capacity setting of the machine "B" is 1, construction period is calculated as follows. 標準工期(1日)÷能力設定(1)=1日 Standard construction period (1 day) ÷ ability setting (1) = 1 day

【0161】次に、ステップS8において、まず、仮割付け手段7は、“1−1−1”を機械“A”に前詰めに割り付けたときの終了時刻を求める。 [0161] Next, in step S8, first, tentative allocation means 7 determines the end time when the assignment before packed in "1-1-1" machine "A". 最初は、まだ何も割り付けられていないので、0:00から始まって1: At first, because it does not yet allocated anything, from 0:00 beginning 1:
00に終了することとなる。 00 so that the ends. そして、当該工程“11− Then, the process "11-
1−1”を機械“B”に割り付けたときの評価値をPE PE evaluation values ​​when 1-1 "machine" was assigned to B "
RT計算により計算する。 Calculated by the RT calculation.

【0162】ここで、仮割付け手段7は、PERT計算を行う前に表14のデータFを一時的に他の領域にコピーしておき、“1−1−1”の最早開始時刻EST及び最遅開始時刻LSTを0:00に、最早終了時刻EET [0162] Here, temporary assignment means 7, leave copied temporarily other areas of data F in Table 14 before performing the PERT calculation, "1-1-1" earliest start time EST and the top at 0:00 the late start time LST, earliest end time EET
及び最遅終了時刻LETを1:00に仮配置する。 And to temporarily place the latest end time LET at 1:00. そして、PERT計算では、最早開始時刻ESTと最早終了時刻EETとを計算する部分だけをやり直す。 Then, in the PERT calculation, redo the only part that calculates the earliest end time EET with the earliest start time EST. この場合、もとの値と同じなので、データは変更されない。 In this case, the same as the original value, the data is not changed.

【0163】(5)組合わせに対する評価 次に、当該工程を当該機械に割り付けたときの評価値を求める。 [0163] (5) Evaluation Next for combination to obtain the evaluation value when allocated the process on the machine. ここで、本実施の形態において評価値Vは、配置時刻に対する期間的評価値Vdとリソース選択に対する段取り評価値Vrを足したものとし、その値が小さい方が評価が良いものとする。 Here, the evaluation value V in the present embodiment, the plus the setup evaluation value Vr to the time period evaluation value Vd and resource selection for placement time, it its value is smaller it is assumed evaluation is good.

【0164】すなわち、第1の評価手段9aは、上記P [0164] That is, the first evaluation unit 9a is the P
ERT計算の結果に基づき、配置時刻に対する期間的評価値Vdを計算する。 Based on the results of ERT calculation, it calculates a period evaluation value Vd to the arrangement time. 当該工程を当該機械に割り付ける配置をしたときの機種全体の工期の遅れ量Sは、以下の式により計算する。 Delay amount S models overall construction period when the arrangement of allocating the process the machine is calculated by the following equation.

【数12】 [Number 12] 今回の場合は、 S=0 となる。 In the case of this time, the S = 0.

【0165】ここで、配置時刻に対する期間的評価値V [0165] In this case, the period evaluation value V to the arrangement time
d は以下の式により計算する。 d is calculated by the following equation.

【数13】 [Number 13] Tは、スケジュール開始時刻を0としたときの工程の終了時刻の日数である。 T is the number of days of the end time of the process at the time of the 0 scheduled start time. 従って、ここでは、期間的評価値Vdは以下に示す式により求められる。 Accordingly, here, the period evaluation value Vd is calculated by the equation shown below.

【数14】 [Number 14]

【0166】次に、第2の評価手段9bは、リソース選択に対する段取り評価値Vr を求める。 [0166] Next, the second evaluation means 9b finds the setup evaluation value Vr for resource selection. この段取り評価値Vr は、以下のように設定される。 The setup evaluation value Vr is set as follows.

【数15】 [Number 15] まだ何も割付けがされていない場合は、段取りがないため、 Vr = 0 となる。 If you are not yet being assigned anything, because set-up there is no, and Vr = 0.

【0167】そして、リソース決定手段8は、第1の評価手段9a及び第2の評価手段9bによって求められた期間的評価値Vd 及び段取り評価値Vr から、評価値V [0167] Then, the resource determining means 8, from the period evaluation value Vd and the setup evaluation value Vr obtained by the first evaluation means 9a and the second evaluation means 9b, evaluation value V
を求める。 The seek. ここでは、当該工程“1−1−1”と当該機械“B”との組合わせに与えられる評価値Vは、 V=0.5+0=0.5 となる。 Here, evaluation value V given to the combination of the machine "B" with the process "1-1-1" becomes V = 0.5 + 0 = 0.5.

【0168】(6)最良の機械の決定 次に、最良の機械を決定する。 [0168] (6) The best mechanical decision then determine the best machine. すなわち、ステップS9 That is, step S9
において、リソース決定手段8は、上記のようにして求めた評価値Vが最良値か否かを判断し、最良値であれば記憶する。 In, resource determination unit 8, evaluation value V calculated as described above to determine whether the best values ​​are stored if the best value. この評価値Vは小さいほど良く、ここでは“1−1−1”に対する値の最良のものであるため、上記評価値V(0.5)と機械“B”とを記憶する。 The evaluation value V smaller the better, here since they are the best values ​​for the "1-1-1", and stores the machine "B" and the evaluation value V (0.5).

【0169】(7)他の機械についての評価 そして、同様に他の機械について、評価値Vを求める。 [0169] (7) Evaluation of other machines and, similarly for the other machine, obtaining the evaluation value V.
すなわち、S5へ戻り、ステップS5〜S9において、 That is, the process returns to S5, in step S5 to S9,
次の機械“A”について同様に評価値を求める。 Seek in the same manner as in the evaluation value for the next machine "A". すなわち、“1−1−1”を“A”に仮配置する。 That is, temporarily disposed a "1-1-1" "A". このとき、 At this time,
終了時刻は“B”に仮配置したときと同じく1:00であり、“A”は“B”と同様に治工具の段取りがないため、評価値V=0.5を得る。 End time is 1:00 well as when temporarily arranged in "B", "A" is "B" because there is no setup of the tools as well, to obtain an evaluation value V = 0.5. これは“B”に対する評価値と同一であり、最良の機械は更新されない。 This is the same as the evaluation value for "B", the best machine is not updated. このようにして、全ての機械について評価が終了すると、ステップS10へ進む。 In this way, when the evaluation of all of the machine ends, the process proceeds to step S10.

【0170】(8)最良の機械への割付け そして、最終的に評価値が最良である設計者に割付けを行う。 [0170] (8) assignment to the best of the machine and, finally evaluation value to perform the assignment to design who is the best. すなわち、ステップS10において、工程割付け手段6は、“1−1−1”を最良の機械“B”に対して割り付ける。 That is, in step S10, step allocating means 6 allocates for the "1-1-1" the best machine "B". これにより、データFは表15に示すようになる。 Thus, the data F is as shown in Table 15.

【表15】 [Table 15] すなわち、工程“1−1−1”に対して、リソースRS That is, for step "1-1-1", the resource RS
として“B”が設定され、その開始時刻STARTと終了時刻ENDとして、最早開始時刻EST(0:00) "B" is set as, as the end time END and its start time START, the earliest start time EST (0:00)
と最早終了時刻EET(1:00)とがそれぞれ設定される。 When the earliest end time EET (1:00) are set, respectively.

【0171】以上のような処理を繰り返すことにより、 [0171] By repeating the process as described above,
スケジュールが作成される。 Schedule is created. その最終結果を、表16に示す。 The final results are shown in Table 16.

【表16】 [Table 16] 更に、このスケジューリング結果をガントチャートに表したものを、図10および図11に示す。 Furthermore, a illustrates this scheduling result Gantt chart, shown in FIGS. 10 and 11. 同図に示すように、治工具の交換が必要な工程より治工具の交換が必要のない工程が優先して選択され、その優先して選択された工程が、治工具の交換が必要ない機械に優先的に割り当てられている。 As shown in the figure, the selected process replaced without need of tools than needs replacement process of tools are preferentially, steps selected that preferentially is no need to replace the jigs machine It assigned preferentially to the. このように、通常意識して行わなければならない治工具の交換のタイミングを計ったスケジュールを、自動的に作成することができる。 In this way, the schedule that measure the timing of the exchange of tools that usually must be made aware, can be created automatically. また、その優先する度合を、機械の混み具合を予測して調節するため、治工具の交換のタイミングを適宜計ったスケジューリングを行うことができる。 Further, the priority degree for adjusting predicting the congestion of the machine, it is possible to perform scheduling measure the timing of replacement of the jigs as appropriate.

【0172】ここで、全体として生産量を減らす場合のスケジューリングの例を示す。 [0172] Here, an example of the scheduling of the case to reduce the production as a whole. 表17に、この場合のロットの内容、開始可能時刻、及び納期を示す。 Table 17 shows the contents of a lot of this case, start possible time, and the delivery date.

【表17】 [Table 17] 各工程の納期に対する余裕日数は上述した例と同様であるため、許容遅れ量Dの値は変わらない。 For margin days for delivery of each step is the same as the example described above, the value of the allowable delay amount D does not change. また、総工数は15ロット×4工程で60となり、上述したように重みBを計算すると、以下の式に示すようになる。 The total number of steps is 60 becomes 15 lots × 4 process, when calculating the weight B as described above, as shown in the following equation.

【数16】 [Number 16] ここで、3ではなく2.5にしているのは、後続する処理における計算で2を掛けたときに整数値にするためである。 Here, what the 2.5 rather than 3 is to an integer value when multiplied by 2 in the calculation in the subsequent processing.

【0173】スケジューリング結果をガントチャートで表したものを、図12aおよび図13に示す。 [0173] The a representation of the scheduling result in the Gantt chart, shown in Figures 12a and 13. このように、段取りを調整して概ねその日のうちに作業を終るようにし、しかも各ロットの終了予定時刻からあまり離れないようにスケジュールを立てることができることがわかる。 In this way, by adjusting the set-up so as to generally end the work on the same day, yet it can be seen that it is possible to make a schedule so as not too far from the expected completion time of each lot.

【0174】以上のように、本実施の形態によれば、段取り時間を評価しつつ、期間的要素をも考慮し、更に、 [0174] As described above, according to this embodiment, while evaluating the setup time, also considering the time element, further,
重みによってそれらのバランスをとるようにするため、 To take their balance by weight,
機械の効率と期間的要素とのバランスがとれる最適なスケジューリングを行うことが可能となる。 It is possible to perform optimal scheduling balance between efficiency and duration elements of the machine can be taken. また、工程の選択に際し、工程の期間的な相互関係にもとづいて各工程についての最早開始時刻と最遅終了時刻とを求め、それら各時刻の和に対して重みづけを行った結果が最小である工程から選択するため、緊急度の高さと共に段取りの増減を考慮して工程を選択することができる。 Further, upon selection of the process, based on the period interrelation of process obtains the earliest start time and the latest ending time for each step, the result of weighting made to the sum of their respective times the minimum to select from a certain step, it is possible to select a process in consideration of the increase and decrease of the setup with urgency height.

【0175】C. [0175] C. 他の実施の形態 なお、本発明は、上記の実施の形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々変形して実施することができるものであるから、次に例示するような他の実施の形態をも包含するものである。 Other embodiments The present invention is not limited to the above embodiment, since as it can be modified in various ways without departing from the scope of the invention, then to illustrate also such other embodiments are intended to cover.

【0176】上記各実施の形態では、工程の選択の際に、各工程についての最早開始時刻ESTと最遅終了時刻LETのみを用いているが、最早終了時刻EET及び最遅開始時刻LSTを用いるようにしてもよい。 [0176] In the above embodiments, during the process of selection, although longer using only start time EST and the latest end time LET for each step, an earliest end time EET and latest start time LST it may be so.

【0177】例えば、工程を設計者もしくは加工機械に割り付けるスケジューリングに限らず、複数の部屋の割付け、もしくは配車等の計画に用いることも可能である。 [0177] For example, not only the scheduling for allocating the designer or processing machine to process, it is also possible to use the planning of the allocation of a plurality of rooms or dispatch the like.

【0178】また、リソースの適合性の評価は、工程に対する優先度等に限らず、予め一定の基準を設定し、その基準を満たしているか否かを基準としてもよい。 [0178] In addition, the evaluation of the suitability of a resource, not only the priority or the like for the process, set in advance certain criteria, may be used as the reference whether to satisfy the criteria. 例えば、リソースの能力として一定の基準を設定しておき、 For example, previously set certain standards as the ability of the resource,
その基準を超えるか否かについて評価を行う。 The evaluation performed whether more than the reference.

【0179】 [0179]

【発明の効果】以上のように、本発明によれば、順序関係が決定されている複数の工程各々について、複数のリソースとの適合性を評価すると共に、工程の期間的要素をも評価し、その適合性と期間的要素とのバランスを最適に設定することができる。 As is evident from the foregoing description, according to the present invention, a plurality of steps each ordered relationship is determined, as well as evaluate the compatibility of the plurality of resources, also evaluated the time element of step , it is possible to set the balance between their compatibility and duration elements optimally. また、複数の工程各々に複数の種類のリソースを割り付ける際に、段取り期間と上記工程の期間的要素とのバランスを最適に設定することができる。 Further, it is possible when allocating a plurality of types of resources to a plurality of steps each, optimally sets the balance between the duration elements of setup period and the step. 更に、上記適合性と期間的要素とのバランス、もしくは段取り期間と期間的要素とのバランスを重みにより調整することできる。 Moreover, the balance between the compatibility and duration elements, or the balance between the setup period and the period elements can be adjusted by the weight.

【0180】このように、簡単な知識表現で柔軟なスケジュールを作成でき、特に、多工程でかつ複数の機械の問題に対し、簡単にスケジューリングを行うことができる。 [0180] Thus, to create a flexible schedule with a simple knowledge representation, in particular, to a multi-step a and a plurality of mechanical problems, can be easily performed scheduling. 例えば、プロジェクトスケジューリングにおいては、各個人のスケジュールを作成することが可能となり、生産計画においては、多工程及び多機能のジョブショップスケジューリングに対してもスケジュールを作成することができる。 For example, in a project scheduling, it is possible to create a schedule for each individual, in the production planning, it is possible to create a schedule even for job shop scheduling of multi-step and multi-function.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1の実施の形態及び第2の実施の形態によるスケジューリング装置の構成を示す機能ブロック図 Figure 1 is a functional block diagram showing a configuration of a scheduling apparatus according to the first embodiment and the second embodiment of the present invention

【図2】本発明の第1の実施の形態及び第2の実施の形態におけるスケジューリングの手順の一例を示すフローチャート Flow chart illustrating an example of the first embodiment and the second scheduling in the embodiment of the procedure of the invention; FIG

【図3】本発明の第1の実施の形態において各工程の順序関係をネットワークで表現した図 Figure order relations of each process expressed in the network in the first embodiment of the present invention; FIG

【図4】本発明の第1の実施の形態において各工程の順序関係にもとづいてPERT計算を行った結果を示す図 Shows the results of PERT calculated based in the first embodiment in order relation of each process of the present invention; FIG

【図5】本発明の第1の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [5] Gantt chart showing the results of the scheduling in the first embodiment of the present invention

【図6】本発明の第1の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [6] The first Gantt chart showing the results of scheduling in the embodiment of the present invention

【図7】本発明の第1の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [7] The first Gantt chart showing the results of scheduling in the embodiment of the present invention

【図8】本発明の第1の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [8] first Gantt chart showing the results of scheduling in the embodiment of the present invention

【図9】本発明の第1の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [9] The first Gantt chart showing the results of scheduling in the embodiment of the present invention

【図10】本発明の第2の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート Gantt chart showing the Figure 10 Results of the scheduling in the second embodiment of the present invention

【図11】本発明の第2の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [11] Gantt chart showing the results of the scheduling in the second embodiment of the present invention

【図12】本発明の第2の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート Gantt chart showing the Figure 12 Results of the scheduling in the second embodiment of the present invention

【図13】本発明の第2の実施の形態におけるスケジューリングの結果を示すガントチャート [13] Gantt chart showing the results of the scheduling in the second embodiment of the present invention

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…工程定義手段 2…順序関係定義手段 3…リソース定義手段 4…開始終了時刻設定手段 5a…工程データ 5b…リソースデータ 5c…スケジュールデータ 6…工程割付け手段 7…仮割付け手段 8…リソース決定手段 9a…第1の評価手段 9b…第2の評価手段 10…工程選択手段 11a…第1の重み設定手段 11b…第2の重み設定手段 12…重み修正手段 1 ... Step defining means 2 ... sequence relation defining means 3 ... resource defining means 4 ... start end time setting unit 5a ... process data 5b ... resource data 5c ... schedule data 6 ... step allocating means 7 ... temporary assignment means 8 ... resource determination means 9a ... first evaluation means 9b ... second evaluation means 10 ... process selecting means 11a ... first weight setting unit 11b ... second weight setting unit 12 ... weight modification means

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G06F 17/60 108 B23Q 41/08 G06F 15/02 355 G06F 19/00 JICSTファイル(JOIS) ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G06F 17/60 108 B23Q 41/08 G06F 15/02 355 G06F 19/00 JICST file (JOIS)

Claims (28)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 コンピュータを利用してスケジューリン [Claim 1] using a computer scheduling
    グを行うスケジューリング装置において、複数のリソースの各々について、その能力を含む属性を定義するためのリソース定義手段と、 所定の順序関係を有する複数の工程について、各々の属性を定義するための工程定義手段と、 前記複数の工程における一連の工程全体またはその中の任意の工程に対し、その処理開始時期及び処理終了予定時期を設定するための時期設定手段と、 前記リソース定義手段によって定義された複数のリソー In the scheduling device for performing grayed, for each of a plurality of resources, the resource definition means for defining an attribute that contains the ability for a plurality of steps having a predetermined order relationship, process definitions to define the respective attributes means and, for any step of the overall sequence of steps or therein in the plurality of steps, and timing setting means for setting the processing start time and a processing scheduled end time, a plurality defined by the resource definition means resources of
    スに関するデータ、前記工程定義手段によって定義され Data relating to the scan, as defined by the process definition means
    た複数の工程に関するデータ、及び前記時期設定手段に Data relating to a plurality of steps were, and the timing setting section
    よって設定された開始終了時期に関するデータを格納す Therefore, to store the data on the start and end time that has been set
    る格納手段と、 前記格納手段に格納された前記複数の工程に関するデー That storage means and, data relating to the plurality of steps stored in said storage means
    タに基づいて、前記複数の工程のうちリソースへの割付けを行う工程を順次選択する工程選択手段と、 前記工程選択手段によって選択される各工程を、前記格 Based on the data, the plurality of steps selecting means for sequentially selecting step for assignment to a resource of the step, the steps being selected by the process selection means, said price
    納手段に格納された当該工程に関するデータ及び前記複 Data and the double about stored the process pay means
    数のリソースに関するデータに基づいて、複数のリソー Based on the data on the number of resources, the plurality of resources
    スの各々に対して仮割付けする仮割付け手段と、 前記仮割付けの結果から、前記格納手段に格納された前 Graphics and temporary allocation means for temporary allocation for each of the front said from the result of the temporary allocation stored in said storage means
    記開始終了時期に関するデータに基づいて、前記複数の工程のうちの一連の工程の終了時期を求めることにより、その一連の工程の終了時期を期間的に評価し、その期間的評価を第1の尺度とする第1の評価手段と、 前記格納手段に格納された当該リソースに関するデータ Based on the data relating to serial start and end time, of a series of the plurality of steps by obtaining the end time of the process to evaluate the end timing of the series of steps in time, the the period evaluation first first evaluation means and the data related to the resources stored in the storage unit to measure
    及び当該工程に関するデータに基づいて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価し、その適合性評価を第2の尺度とする第2の評価手段と、 前記第1の尺度、第2の尺度とを評価して当該工程と当該リソースとの組み合わせに対する評価値を算出し、この評価値を前記複数のリソースの各々について算出し、 And based on the data regarding the process, to assess its suitability for the process of the resource, and second evaluation means for the conformity assessment and second scales, the first scale and a second scale evaluating the calculated evaluation values ​​for the combination of the process and the resource, and calculates the evaluation value for each of the plurality of resources,
    それら全てのリソースの評価値を比較することによって、当該工程に対し最適なリソースの決定を行うリソース決定手段と、 前記工程選択手段によって選択される各工程を、当該工 By comparing the evaluation values of all their resources, and the resource determination means for the determination of optimal resource to the process, the steps to be selected by the process selection means, the Engineering
    程に対して前記リソース決定手段によって決定される各 Each is determined by the resource determination means relative extent
    リソースに対して順次割り付ける工程割付け手段と、 前記工程割付け手段によってリソース割り付けられた工程を表すスケジューリングチャートを生成する手段とを具備し、 前記工程選択手段は、前記工程割付け手段によって既に割り付けがなされた工程を仮割り付けの対象として選択しないこと、 を特徴とするスケジューリング装置。 Comprising a sequence allocating step allocating means for resources, and means for generating a scheduling chart showing processes assigned to the resource by the process allocation unit, said process selecting means, already allocation made by the process allocating means It was steps not to select as the temporary allocation of the target, the scheduling apparatus according to claim.
  2. 【請求項2】 前記複数の工程の一連の工程の終了時期を考慮して、前記リソースに対する重み付けを行うための第1の重みを設定する第1の重み設定手段を具備し、 前記第2の評価手段は、前記第1の重みを用いて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価すること、 を特徴とする請求項1記載のスケジューリング装置。 2. A consideration of the end timing of a series of steps of the plurality of steps, comprising a first first weight setting means for setting a weight for weighting for said resource, said second evaluation means uses the first weight, evaluating the suitability for the process of the resource scheduling apparatus according to claim 1, wherein.
  3. 【請求項3】 スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第1の重み設定手段により設定された前記第1の重みを修正する重み修正手段を具備することを特徴とする請求項2記載のスケジューリング装置。 3. A scheduling, when a predetermined condition is satisfied event has occurred, characterized by comprising a weight modifying means for modifying the first weight set by said first weight setting means scheduling device according to claim 2.
  4. 【請求項4】 前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択することを特徴とする請求項3記載のスケジューリング装置。 Wherein said step selecting means, based on the time interrelation of the plurality of steps, calculating an evaluation value by using the earliest startable end timing of the timing and acceptable slowest for each step the scheduling apparatus of claim 3, wherein the selecting step based on the evaluation value.
  5. 【請求項5】 前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする請求項1記載のスケジューリング装置。 Wherein said step selecting means, based on the time interrelation of the plurality of processes, the evaluation value is calculated by using the processing time of the slowest acceptable longer processable time for each step the scheduling apparatus according to claim 1, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.
  6. 【請求項6】 前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする請求項1記載のスケジューリング装置。 Wherein said step selecting means, based on the time interrelation of the plurality of processes, each longer processable time as the acceptable latest processing time for step, and each resource at that time comprehensively evaluate the correlation between the allocation status and the process calculates an evaluation value, the scheduling apparatus according to claim 1, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.
  7. 【請求項7】 前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関を決定する際の当該工程の優先の度合いを決定する第2の重みを設定するための第2の重み設定手段を具備することを特徴とする請求項6記載のスケジューリング装置。 7. be provided with a second weight setting means for setting the second weight to determine the degree of priority of the process of determining the correlation between the allocation status and each process for each resource scheduling apparatus according to claim 6, wherein.
  8. 【請求項8】 スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第2の重み設定手段により設定された前記第2の重みを修正する重み修正手段を具備することを特徴とする請求項7記載のスケジューリング装置。 8. A scheduling, when a predetermined condition is satisfied event has occurred, characterized by comprising a weight modifying means for modifying the second weight set by said second weight setting means scheduling device according to claim 7.
  9. 【請求項9】 前記工程選択手段は、その時点での前記各リソースの割付け状況と各工程との相関に基づき、前記最早の処理可能時期と前記最遅の処理時期との間の期間のうちの一時期を求め、その時期を前記評価値とすることを特徴とする請求項6記載のスケジューリング装置。 Wherein said step selecting means, based on the correlation between the allocation status and each process of each resource at that time, of the period between the processing time of the earliest processable timing and the most retarded of the calculated one time, scheduling apparatus according to claim 6, characterized in that the timing and the evaluation value.
  10. 【請求項10】 前記工程定義手段は、各工程に必要なリソースとして、前記リソース定義手段によって定義されるリソースの他に、予め付加リソースを定義するように構成され、 前記第2の評価手段は、当該リソースにおいて前記付加リソースが同一である工程が連続して割り付けられている場合に前記適合性を高く評価するように構成されたこと、 を特徴とする請求項1記載のスケジューリング装置。 Wherein said step defining means, as the resources required for each process, in addition to the resources defined by the resource definition means is configured to define in advance the additional resources, the second evaluation means the scheduling apparatus of claim 1, wherein a, which is configured such that the compatibility of appreciate when step the additional resource is the same in the resources are allocated consecutively.
  11. 【請求項11】 前記工程選択手段は、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする請求項1 Wherein said step selecting means, based on the time interrelation of the plurality of processes, each longer processable time as the acceptable latest processing time for step, and each resource at that time claim comprehensively evaluate the correlation between the allocation status and the process calculates an evaluation value, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value 1
    0記載のスケジューリング装置。 0 scheduling apparatus according.
  12. 【請求項12】 前記工程選択手段は、当該工程の付加リソースと同一の付加リソースが定義された工程が、その時点でいずれかのリソースに割り付けられている場合に、前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関について高く評価するように構成されたことを特徴とする請求項11記載のスケジューリング装置。 12. The method of claim 11, wherein step selection means, steps identical additional resources and additional resources of the process is defined, if they have been assigned to one of the resource at that time, the the allocation status of each resource scheduling device according to claim 11, characterized in that it is configured to appreciate the correlation between the respective steps.
  13. 【請求項13】 前記工程選択手段は、最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて、前記評価値を算出することを特徴とする請求項6または請求項1 Wherein said step selection means uses the earliest startable end timing of the timing and acceptable slowest, claim 6 or claim 1 and calculates the evaluation value
    1記載のスケジューリング装置。 1 scheduling apparatus according.
  14. 【請求項14】 前記第1の評価手段は、PERT(Pr 14. The method of claim 13, wherein the first evaluating means, PERT (Pr
    ogram Evaluation and Review Technique )計算を用いて、第1の尺度を求めるように構成されたことを特徴とする請求項1乃至13のいずれか1項に記載のスケジューリング装置。 Using ogram Evaluation and Review Technique) computing, scheduling apparatus according to any one of claims 1 to 13, characterized in that it is configured to determine a first measure.
  15. 【請求項15】 コンピュータを利用してスケジューリングを行うスケジューリング方法において、 複数のリソースの各々について、 ユーザから入力された 15. A scheduling method for scheduling using a computer, for each of a plurality of resources, input by the user
    データに基づいて、その能力を含む属性を定義し、定義した内容を複数のリソースに関するデータとして格納手段に格納するためのリソース定義ステップと、 所定の順序関係を有する複数の工程について、 ユーザか Based on the data, to define the attributes including the ability and resources defining step for storing in the storage means the contents defined as data relating to a plurality of resources, the plurality of steps having a predetermined order relation, the user
    ら入力されたデータに基づいて、各々の属性を定義し、 Based on et input data to define each attribute,
    定義した内容を複数の工程に関するデータとして前記格納手段に格納するための工程定義ステップと、 前記複数の工程における一連の工程全体またはその中の任意の工程に対し、 ユーザから入力されたデータに基づ A step defining step for storing in the storage means the defined content as data relating to a plurality of processes, optional step to, based on data input from the user in the entire series of steps or in the plurality of steps Dzu
    いて、その処理開始時期及び処理終了予定時期を設定し、設定した内容を開始終了時期に関するデータとして前記格納手段に格納するための時期設定ステップと、 前記格納手段に格納された前記複数の工程に関するデータに基づいて、前記複数の工程のうちリソースへの割付けを行う工程を順次選択する工程選択ステップと、 前記工程選択ステップによって選択される各工程を、前記格納手段に格納された当該工程に関するデータ及び前記複数のリソースに関するデータに基づいて、複数のリソースの各々に対して仮割付けする仮割付けステップと、 前記仮割付けの結果から、前記格納手段に格納された当該開始終了時期に関するデータに基づいて、前記複数の工程のうちの一連の工程の終了時期を求めることにより、その一連の工程の終 There are, set the processing start timing and a processing scheduled end time, the timing setting step for storing in the storage means as data on starting end timing the contents set relates to the storage means the plurality of processes that are stored in the based on the data, a step selection step of sequentially selecting step for assignment to a resource of the plurality of steps, data about each process and the process stored in said storage means selected by said step selection step and on the basis of data relating to the plurality of resources, the temporary allocation step of temporarily allocating to each of a plurality of resources, the results of the tentative allocation, based on the data concerning the start and end time stored in said storage means , by determining the end timing of the sequence of steps of the plurality of steps, the end of the series of steps 時期を期間的に評価し、その期間的評価を第1の尺度とする第1の評価ステップと、 前記格納手段に格納された当該リソースに関するデータ及び当該工程に関するデータに基づいて、当該リソースの当該工程に対する適合性を評価し、その適合性評価を第2の尺度とする第2の評価ステップと、 前記第1の尺度、第2の尺度とを評価して当該工程と当該リソースとの組み合わせに対する評価値を算出し、この評価値を前記複数のリソースの各々について算出し、 Time period to evaluate the, on the basis of the data relating to the first evaluation step and the data related to the resources stored in said storage means and the step of the time evaluation with the first measure, the of the resource evaluate its suitability for process, for the combination of the second evaluation step of the conformity assessment and second scales, said first scale, with the process and the resource by evaluating a second measure calculating an evaluation value, and calculates the evaluation value for each of the plurality of resources,
    それら全てのリソースの評価値を比較することによって、当該工程に対し最適なリソースの決定を行うリソース決定ステップと、 前記工程選択ステップによって選択される各工程を、当該工程に対して前記リソース決定ステップによって決定される各リソースに対して順次割り付ける工程割付けステップと、 前記工程割付けステップによってリソースに割り付けられた工程を表すスケジューリングチャートを生成するステップとを具備し、 前記工程選択ステップは、前記工程割付けステップによって既に割り付けがなされた工程を仮割り付けの対象として選択しないこと、 を特徴とするスケジューリング方法。 By comparing the evaluation values ​​of all their resources, and the resource determination step for determining the optimal resource to the process, the steps to be selected by the process selection step, the resource determination step for that step sequentially and step allocation step of allocating, to and generating a scheduling chart showing processes assigned to the resource by the process allocation step, the step selection step, the step allocation step for each resource determined by the already not selecting the allocation is made step as the temporary allocation of the subject, the scheduling method comprising the.
  16. 【請求項16】 前記複数の工程の一連の工程の終了時期を考慮して、前記リソースに対する重み付けを行うための第1の重みを、ユーザから入力されたデータに基づ 16. Considering the end timing of a series of steps of the plurality of processes, based the first weight for weighting for the resource, the data input by the user
    いて設定する第1の重み設定ステップを具備し、 前記第2の評価ステップは、前記第1の重みを用いて、 Comprises a first weight setting step of setting you are, the second evaluation step, using the first weight,
    当該リソースの当該工程に対する適合性を評価すること、 を特徴とする請求項15記載のスケジューリング方法。 Scheduling method of claim 15, wherein the, to evaluate the suitability for the process of the resource.
  17. 【請求項17】 スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第1の重み設定ステップにより設定された前記第1の重みを修正する重み修正ステップを具備することを特徴とする請求項16 17. A scheduling, when a predetermined condition is satisfied event has occurred, characterized by comprising a weight correction step of correcting said first weight set by said first weight setting step 16.
    記載のスケジューリング方法。 Scheduling method described.
  18. 【請求項18】 前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択することを特徴とする請求項17記載のスケジューリング方法。 18. The process selection step, based on the time interrelation of the plurality of steps, calculating an evaluation value by using the earliest startable end timing of the timing and acceptable slowest for each step the scheduling method of claim 17, wherein the selecting step based on the evaluation value.
  19. 【請求項19】 前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期とを用いて評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする請求項15記載のスケジューリング方法。 19. The process selection step, based on the time interrelation of the plurality of processes, the evaluation value is calculated by using the earliest processable timing and the acceptable latest processing time for each step the scheduling method of claim 15, wherein a configured to select a process based on the evaluation value.
  20. 【請求項20】 前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする請求項15記載のスケジューリング方法。 20. The method of claim 19, wherein step selection step, based on the time interrelation of the plurality of processes, each longer processable time as the acceptable latest processing time for step, and each resource at that time comprehensively evaluate the correlation between the allocation status and the process calculates an evaluation value, claim 15 scheduling method according to characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.
  21. 【請求項21】 前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関を決定する際の当該工程の優先の度合いを決定する第2の重みを、ユーザから入力されたデータに基 21. The second weight, based on data input from a user to determine the degree of priority of the process of determining the correlation between the allocation status and each process for each resource
    づいて設定するための第2の重み設定ステップを具備することを特徴とする請求項20記載のスケジューリング方法。 Scheduling method of claim 20, characterized in that it comprises a second weight setting step for setting Zui.
  22. 【請求項22】 スケジューリングにおいて、所定の条件を満たす事象が発生した場合に、前記第2の重み設定ステップにより設定された前記第2の重みを修正する重み修正ステップを具備することを特徴とする請求項21 22. A scheduling, when a predetermined condition is satisfied event has occurred, characterized by comprising a weight correction step for correcting the second weight set by the second weight setting step 21.
    記載のスケジューリング方法。 Scheduling method described.
  23. 【請求項23】 前記工程選択ステップは、その時点での前記各リソースの割付け状況と各工程との相関に基づき、前記最早の処理可能時期と前記最遅の処理時期との間の期間のうちの一時期を求め、その時期を前記評価値とすることを特徴とする請求項20記載のスケジューリング方法。 23. The process selection step, based on the correlation between the allocation status and each process of each resource at that time, of the period between the processing time of the earliest processable timing and the most retarded of the calculated one time, scheduling method of claim 20, characterized in that the timing and the evaluation value.
  24. 【請求項24】 前記工程定義ステップは、各工程に必要なリソースとして、前記リソース定義ステップによって定義されるリソースの他に、予め付加リソースを定義するように構成され、 前記第2の評価ステップは、当該リソースにおいて前記付加リソースが同一である工程が連続して割り付けられている場合に前記適合性を高く評価するように構成されたこと、 を特徴とする請求項15記載のスケジューリング方法。 24. The process defined step, as a resource required for each step, in addition to the resources defined by the resource definition step, is configured to define in advance the additional resources, the second evaluation step the scheduling method of claim 15, wherein a, which is configured such that the compatibility of appreciate when step the additional resource is the same in the resources are allocated consecutively.
  25. 【請求項25】 前記工程選択ステップは、前記複数の工程の期間的な相互関係に基づき、各工程について最早の処理可能時期と許容される最遅の処理時期、及びその時点での各リソースの割付け状況と各工程との相関を総合的に評価して評価値を算出し、この評価値に基づいて工程を選択するように構成されたことを特徴とする請求項24記載のスケジューリング方法。 25. The process selection step, based on the time interrelation of the plurality of processes, each longer processable time as the acceptable latest processing time for step, and each resource at that time comprehensively evaluate the correlation between the allocation status and the process calculates an evaluation value, the scheduling method of claim 24, characterized in that it is configured to select a process based on the evaluation value.
  26. 【請求項26】 前記工程選択ステップは、当該工程の付加リソースと同一の付加リソースが定義された工程が、その時点でいずれかのリソースに割り付けられている場合に、前記各リソースの割り付け状況と各工程との相関について高く評価するように構成されたことを特徴とする請求項25記載のスケジューリング方法。 26. The process selection step, the step of the same additional resources and additional resources of the process is defined, if they have been assigned to one of the resource at that time, the the allocation status of each resource scheduling method of claim 25, wherein a configured to appreciate the correlation between the respective steps.
  27. 【請求項27】 前記工程選択ステップは、最早の開始可能時期と許容される最遅の終了時期とを用いて、前記評価値を算出することを特徴とする請求項20または請求項25記載のスケジューリング方法。 27. The process selection step, by using the earliest startable end timing of the timing and acceptable slowest of claim 20 or claim 25, wherein the calculating the evaluation value scheduling method.
  28. 【請求項28】 前記第1の評価ステップは、PERT 28. The first evaluation step, PERT
    (Program Evaluation and Review Technique )計算を用いて、第1の尺度を求めるように構成されたことを特徴とする請求項15乃至請求項27のいずれか1項に記載のスケジューリング方法。 (Program Evaluation and Review Technique) using a calculation, scheduling method according to any one of claims 15 to 27, characterized in that it is configured to determine a first measure.
JP24974695A 1994-12-09 1995-09-27 Scheduling apparatus and scheduling method Expired - Fee Related JP3315844B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6-306516 1994-12-09
JP30651694 1994-12-09
JP24974695A JP3315844B2 (en) 1994-12-09 1995-09-27 Scheduling apparatus and scheduling method

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24974695A JP3315844B2 (en) 1994-12-09 1995-09-27 Scheduling apparatus and scheduling method
US08/569,773 US5826236A (en) 1994-12-09 1995-12-08 Method for allocating resources and processes for design and production plan scheduling

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08212264A JPH08212264A (en) 1996-08-20
JP3315844B2 true JP3315844B2 (en) 2002-08-19

Family

ID=26539456

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24974695A Expired - Fee Related JP3315844B2 (en) 1994-12-09 1995-09-27 Scheduling apparatus and scheduling method

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5826236A (en)
JP (1) JP3315844B2 (en)

Families Citing this family (149)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6609100B2 (en) * 1997-03-07 2003-08-19 Lockhead Martin Corporation Program planning management system
US6032121A (en) * 1997-05-15 2000-02-29 International Business Machines Corporation Method for proactive planning
US5983195A (en) * 1997-06-06 1999-11-09 Electronic Data Systems Corporation Method and system for scheduling product orders in a manufacturing facility
DE69811790T2 (en) * 1997-08-01 2003-11-20 Ibm Derivation of process models from Rechnungsprüfvorgängen for systems to manage work flows
US6014760A (en) * 1997-09-22 2000-01-11 Hewlett-Packard Company Scheduling method and apparatus for a distributed automated testing system
JPH11232324A (en) * 1998-02-16 1999-08-27 Nec Yamagata Ltd Load division type production management system and production management method
JPH11235648A (en) * 1998-02-17 1999-08-31 Toshiba Corp Manufacturing plan control device, manufacturing plan controlling method and storage medium recorded with manufacturing plan control program capable of reading by computer
WO1999045450A2 (en) * 1998-03-04 1999-09-10 Rockford Powertrain, Inc. Remotely accessible manufacturing and inventory control system
US6044361A (en) * 1998-03-24 2000-03-28 International Business Machines Corporation Fast inventory matching algorithm for the process industry
US6278978B1 (en) * 1998-04-07 2001-08-21 Blue Pumpkin Software, Inc. Agent scheduling system and method having improved post-processing step
US6078912A (en) * 1998-04-15 2000-06-20 Travelhost, Inc. Computer-based system and method for resource determination and management
AU5318699A (en) * 1998-07-22 2000-02-14 Vibhu K. Kalyan Computer-implemented value management tool for an asset intensive manufacturer
US6351734B1 (en) * 1998-09-09 2002-02-26 Unisys Corporation System and method for resource allocation and planning
US6442515B1 (en) 1998-10-26 2002-08-27 Invensys Systems, Inc. Process model generation independent of application mode
US6442512B1 (en) 1998-10-26 2002-08-27 Invensys Systems, Inc. Interactive process modeling system
US6323882B1 (en) * 1998-10-26 2001-11-27 Simulation Sciences, Inc. Method and systems for a graphical real time flow task scheduler
CA2348443A1 (en) * 1998-10-30 2000-05-11 Bowe Bell + Howell Company Finite scheduling system, method, and computer program product for document processing
US6243612B1 (en) * 1998-11-09 2001-06-05 Advanced Micro Devices, Inc. Processing system having a scheduling system based on a composite ratio of process scheduling factors
US6418356B1 (en) 1998-12-31 2002-07-09 Silicon Valley Group, Inc. Method and apparatus for resolving conflicts in a substrate processing system
US6768930B2 (en) 1998-12-31 2004-07-27 Asml Holding N.V. Method and apparatus for resolving conflicts in a substrate processing system
US6865437B1 (en) * 1998-12-31 2005-03-08 Asml Holdings N.V. Robot pre-positioning in a wafer processing system
US6678572B1 (en) * 1998-12-31 2004-01-13 Asml Holdings, N.V. Recipe cascading in a wafer processing system
US6356797B1 (en) * 1999-01-04 2002-03-12 Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd. Method for automatic scheduling of production plan
US6240398B1 (en) * 1999-01-07 2001-05-29 Lucent Technologies Inc. Product classification process for optical subassemblies
JP2000242478A (en) * 1999-02-15 2000-09-08 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Device and method for deciding execution possibility
JP3741562B2 (en) * 1999-03-29 2006-02-01 松下電器産業株式会社 Production plan of how to create and the creation device
US6393332B1 (en) 1999-04-02 2002-05-21 American Standard Inc. Method and system for providing sufficient availability of manufacturing resources to meet unanticipated demand
US6415195B1 (en) 1999-04-02 2002-07-02 American Standard Inc. Method and system for providing sufficient availability of manufacturing resources to meet unanticipated demand
US6397118B1 (en) 1999-04-02 2002-05-28 American Standard Inc. Method and system for providing sufficient availability of manufacturing resources to meet unanticipated demand
US6415194B1 (en) 1999-04-02 2002-07-02 American Standard Inc. Method and system for providing sufficient availability of manufacturing resources to meet unanticipated demand
US6456894B1 (en) * 1999-06-01 2002-09-24 Applied Materials, Inc. Semiconductor processing techniques
US6408220B1 (en) 1999-06-01 2002-06-18 Applied Materials, Inc. Semiconductor processing techniques
US6445968B1 (en) * 1999-07-12 2002-09-03 Maharaj K. Jalla Task manager
AU1193801A (en) * 1999-10-06 2001-05-10 Accenture Llp Method and estimator for providing operations maturity model assessment
US7139719B1 (en) * 1999-10-08 2006-11-21 I2 Technologies Us, Inc. System for scheduling product planning
US7035808B1 (en) * 1999-10-20 2006-04-25 Avaya Technology Corp. Arrangement for resource and work-item selection
US6459946B1 (en) * 1999-11-12 2002-10-01 Agere Systems Guardian Corp. Method and system for determining operator staffing
US7769601B1 (en) 1999-11-15 2010-08-03 Walgreen Co. Apparatus and method for accessing pharmacy information and ordering prescriptions
US7110970B2 (en) * 1999-12-30 2006-09-19 Ge Capital Commercial Finance, Inc. Methods and apparatus for rapid deployment of a valuation system
US20010051890A1 (en) * 2000-03-17 2001-12-13 Raleigh Burgess Systems and methods for providing remote support via productivity centers
AU3581401A (en) * 2000-03-31 2001-10-15 British Telecomm Handling unscheduled tasks in a scheduling process
US6606527B2 (en) * 2000-03-31 2003-08-12 International Business Machines Corporation Methods and systems for planning operations in manufacturing plants
US7082605B2 (en) * 2000-03-31 2006-07-25 Vidus Limited Contingency planning in a scheduling process
US6952656B1 (en) 2000-04-28 2005-10-04 Applied Materials, Inc. Wafer fabrication data acquisition and management systems
WO2001091022A2 (en) * 2000-05-19 2001-11-29 Enron Broadband Services, Inc. Commodity trading of bandwidth
US7430523B1 (en) * 2000-06-12 2008-09-30 Tariq Khalidi Automated competitive bidding system and process
JP4517471B2 (en) * 2000-07-10 2010-08-04 横浜ゴム株式会社 Equipment change instruction output apparatus and equipment change instruction output method
IL154760D0 (en) * 2000-09-05 2003-10-31 Univ Michigan Tech Methods for simultaneous control of lignin content and compositions, and cellulose content in plants
US7124059B2 (en) * 2000-10-17 2006-10-17 Accenture Global Services Gmbh Managing maintenance for an item of equipment
US8655698B2 (en) * 2000-10-17 2014-02-18 Accenture Global Services Limited Performance-based logistics for aerospace and defense programs
US6980959B1 (en) 2000-10-17 2005-12-27 Accenture Llp Configuring mechanical equipment
US20020052770A1 (en) * 2000-10-31 2002-05-02 Podrazhansky Mikhail Yury System architecture for scheduling and product management
US6601017B1 (en) * 2000-11-09 2003-07-29 Ge Financial Assurance Holdings, Inc. Process and system for quality assurance for software
US8214501B1 (en) 2001-03-02 2012-07-03 At&T Intellectual Property I, L.P. Methods and systems for electronic data exchange utilizing centralized management technology
US7120879B2 (en) * 2001-04-20 2006-10-10 Peter Pius Gutberlet Hierarchical presentation techniques for a design tool
US20020184074A1 (en) * 2001-05-31 2002-12-05 Shou-Chung Chen Method for planning product groups
US7716332B1 (en) 2001-06-20 2010-05-11 At&T Intellectual Property I, L.P. System and method for server-based predictive caching of back-end system data
US7440906B1 (en) 2001-09-04 2008-10-21 Accenture Global Services Gmbh Identification, categorization, and integration of unplanned maintenance, repair and overhaul work on mechanical equipment
US7461008B2 (en) * 2001-09-04 2008-12-02 Accenture Global Services Gmbh Planning and scheduling modification of a configuration
US7457763B1 (en) 2001-09-04 2008-11-25 Accenture Global Services Gmbh Predictive maintenance system
US7457762B2 (en) * 2001-09-04 2008-11-25 Accenture Global Services Gmbh Optimization of management of maintenance, repair and overhaul of equipment in a specified time window
US8266066B1 (en) 2001-09-04 2012-09-11 Accenture Global Services Limited Maintenance, repair and overhaul management
US6961732B2 (en) 2001-12-18 2005-11-01 General Electric Company Web based process capability data collection and reporting system
US20030130859A1 (en) * 2002-01-09 2003-07-10 Kennedy Michael B. Method, process and apparatus to identify, define and qualify applied technologies for busines and government operations rules for the purpose of modeling and conducting project feasibilities and risk assessments
US8321236B2 (en) 2002-02-01 2012-11-27 Walgreen Co. Method and apparatus for prescription processing
JP2003263472A (en) * 2002-03-08 2003-09-19 Toyota Motor Corp Method and device for calculating necessary man-hour and optimal personnel organization
US20030179287A1 (en) * 2002-03-22 2003-09-25 Dejan Kozic System and method for providing pharmaceutical services to a plurality of remote sites from a central site
US20080091492A1 (en) * 2002-04-19 2008-04-17 Bowler Steven B Web-enabled deliverable-gate program management with scoring method for product development processes
US20080065515A1 (en) * 2002-04-26 2008-03-13 Bowler Steve B Program management of supplier deliverables using web-enabled software
WO2003094107A2 (en) 2002-05-02 2003-11-13 Manugistics, Inc. Constraint-based production planning and scheduling
US7801976B2 (en) * 2002-05-28 2010-09-21 At&T Intellectual Property I, L.P. Service-oriented architecture systems and methods
US20030229550A1 (en) * 2002-06-07 2003-12-11 International Business Machines Corporation System and method for planning and ordering components for a configure-to-order manufacturing process
US7620561B1 (en) * 2002-08-19 2009-11-17 I2 Technologies Us, Inc. On-demand repair planning
US7277862B1 (en) * 2002-08-19 2007-10-02 I2 Technologies Us, Inc. Push planning for unserviceable parts to facilitate repair planning in a repair network
US8117059B1 (en) * 2002-08-19 2012-02-14 Jda Software Group, Inc. Pull planning for serviceable parts to facilitate on-demand repair planning
US20080195446A1 (en) * 2002-10-24 2008-08-14 Bowler Steven B Cross-program dependency scheduling
JP3925857B2 (en) * 2002-11-07 2007-06-06 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation Schedule how to create, program and task scheduling apparatus
US20040243459A1 (en) * 2003-01-24 2004-12-02 Geritz William F. System and method for automating business development
US20040172289A1 (en) * 2003-02-28 2004-09-02 Dejan Kozic Method and system for remotely verifying a prescription
US8484060B2 (en) 2003-05-28 2013-07-09 International Business Machines Corporation Project estimating system and method
US7164959B2 (en) * 2003-08-22 2007-01-16 Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd. Method and system of classifying demand data
US7139846B1 (en) * 2003-09-30 2006-11-21 Veritas Operating Corporation Computer system and method for performing low impact backup operations
US7711593B2 (en) * 2003-10-22 2010-05-04 I2 Technologies Us, Inc. Pull planning for unserviceable parts in connection with on-demand repair planning
US7904192B2 (en) * 2004-01-14 2011-03-08 Agency For Science, Technology And Research Finite capacity scheduling using job prioritization and machine selection
US7031879B1 (en) * 2004-02-10 2006-04-18 Unisys Corporation System and method for determining dependencies between system resource performance characteristics
US20050246221A1 (en) * 2004-02-13 2005-11-03 Geritz William F Iii Automated system and method for determination and reporting of business development opportunities
US7248942B2 (en) * 2004-02-19 2007-07-24 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Airflow detection system having an airflow indicating device
US7472373B2 (en) * 2004-02-20 2008-12-30 International Business Machines Corporation Method and system to gauge and control project churn
JP2005242844A (en) * 2004-02-27 2005-09-08 Wood One:Kk Process planning processor and program
US8782654B2 (en) * 2004-03-13 2014-07-15 Adaptive Computing Enterprises, Inc. Co-allocating a reservation spanning different compute resources types
US9778959B2 (en) 2004-03-13 2017-10-03 Iii Holdings 12, Llc System and method of performing a pre-reservation analysis to yield an improved fit of workload with the compute environment
CA2559593C (en) 2004-03-13 2013-12-31 Cluster Resources, Inc. System and method of co-allocating a reservation spanning different compute resources types
CA2559603A1 (en) 2004-03-13 2005-09-29 Cluster Resources, Inc. System and method for providing advanced reservations in a compute environment
WO2005089235A2 (en) 2004-03-13 2005-09-29 Cluster Resources, Inc. System and method providing object messages in a compute environment
CA2461808A1 (en) * 2004-03-24 2005-09-24 Clevor Technologies Inc. A system and method for constructing a schedule that better achieves one or more business goals
US8788308B1 (en) * 2004-03-29 2014-07-22 West Corporation Employee scheduling and schedule modification method and apparatus
US6983188B2 (en) * 2004-04-16 2006-01-03 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Scheduling system
US7412684B2 (en) * 2004-05-28 2008-08-12 Peter Pius Gutberlet Loop manipulation in a behavioral synthesis tool
US20050267792A1 (en) * 2004-05-28 2005-12-01 Sumit Mehrotra Method and system for laboratory management
TWI317909B (en) * 2004-09-10 2009-12-01 Hon Hai Prec Ind Co Ltd System and method for mould production scheduling
GB0421353D0 (en) * 2004-09-24 2004-10-27 Nokia Corp Resource allocation in a communication system
US7428520B2 (en) * 2004-11-15 2008-09-23 Becton, Dickinson And Company Graphical user interface for use with open expert system
JP4897213B2 (en) * 2004-12-06 2012-03-14 株式会社日立メディコ Medical equipment production planning support system and program
JP2006215768A (en) * 2005-02-03 2006-08-17 Hitachi Global Storage Technologies Netherlands Bv Manufacturing support apparatus and manufacturing support method
WO2006094890A1 (en) * 2005-03-04 2006-09-14 Quadrat Method for processing a link of time segments
US7477958B2 (en) * 2005-05-11 2009-01-13 International Business Machines Corporation Method of release and product flow management for a manufacturing facility
US7239930B2 (en) * 2005-05-24 2007-07-03 International Business Machines Corporation Method, system, and computer program product for improved flow of development lots in a manufacturing facility
US7546583B2 (en) * 2005-07-12 2009-06-09 International Business Machines Corporation Real options based iterative development program metrics
KR101196087B1 (en) * 2005-10-13 2012-11-01 스트래터시스,인코포레이티드 Transactional method for building three dimensional objects
US20070088569A1 (en) * 2005-10-18 2007-04-19 Walgreen Co. System for separating and distributing pharmacy order processing for prescription verification
US8315887B2 (en) * 2005-10-18 2012-11-20 Walgreen Co. System for separating and distributing pharmacy order processing for specialty medication
US8311891B2 (en) * 2005-10-18 2012-11-13 Walgreen Co. System for separating and distributing pharmacy order processing for medication payments
US8175891B2 (en) * 2005-10-18 2012-05-08 Walgreen Co. System for separating and distributing pharmacy order processing for compound medication
US20070088590A1 (en) * 2005-10-18 2007-04-19 Walgreen Co. System for separating and distributing pharmacy order processing for out of stock medication
US7734478B2 (en) 2005-10-18 2010-06-08 Walgreen Co. Method and apparatus for inter-pharmacy workload balancing using resource function assignments
US8666780B2 (en) * 2005-10-18 2014-03-04 Walgreen Co. System for separating and distributing pharmacy order processing
US7765108B2 (en) 2005-10-18 2010-07-27 Walgreen Co. Method and apparatus for inter-pharmacy workload balancing
EP1777648A1 (en) * 2005-10-24 2007-04-25 Sap Ag Production planning with sequence independent setup activities
US8126992B2 (en) * 2005-10-27 2012-02-28 International Business Machines Corporation Method and system for optimally scheduling a web conference managed by a web application
US7305276B2 (en) * 2005-10-31 2007-12-04 International Business Machines Corporation Method, system, and computer program product for controlling the flow of material in a manufacturing facility using an extended zone of control
JP5657189B2 (en) * 2005-11-09 2015-01-21 株式会社神戸製鋼所 Schedule correction device and schedule modification program, as well as the schedule fix
EP1801697A1 (en) * 2005-12-21 2007-06-27 International Business Machines Corporation Method, system and computer program for dynamic resources allocation
JP4894035B2 (en) * 2006-01-27 2012-03-07 株式会社東芝 Yard work planning system, method and program
US8185422B2 (en) * 2006-07-31 2012-05-22 Accenture Global Services Limited Work allocation model
EP1887498A1 (en) * 2006-07-31 2008-02-13 Accenture Global Services GmbH Work allocation model
US7793292B2 (en) * 2006-09-13 2010-09-07 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Compact batch viewing techniques for use in batch processes
US20080228544A1 (en) * 2007-03-15 2008-09-18 Bd Metrics Method and system for developing an audience of buyers and obtaining their behavioral preferences using event keywords
US20080270151A1 (en) * 2007-04-26 2008-10-30 Bd Metrics Method and system for developing an audience of buyers and obtaining their behavioral preferences to promote commerce on a communication network
US8140883B1 (en) * 2007-05-03 2012-03-20 Altera Corporation Scheduling of pipelined loop operations
KR101012249B1 (en) * 2007-07-10 2011-02-08 다이닛뽕스크린 세이조오 가부시키가이샤 Scheduling method and program for a substrate treating apparatus
US7801633B2 (en) * 2007-07-10 2010-09-21 Dainippon Screen Mfg. Co., Ltd. Scheduling method and program for a substrate treating apparatus
US8775198B2 (en) * 2007-07-25 2014-07-08 Walgreen Co. System and method for performing a remote verification of a pharmacy fill utilizing an image to image comparison
US8185902B2 (en) 2007-10-31 2012-05-22 International Business Machines Corporation Method, system and computer program for distributing a plurality of jobs to a plurality of computers
US8155772B2 (en) * 2008-02-04 2012-04-10 Sap Ag Method and system for integrating a restriction object with a material object
US20090222310A1 (en) * 2008-02-29 2009-09-03 Microsoft Corporation Techniques to allocate project resources
US8092361B2 (en) * 2008-05-02 2012-01-10 Ortho-Clinical Diagnostics, Inc. Split spin centrifugation of test elements
US8145501B1 (en) 2008-10-09 2012-03-27 Walgreen Co. System and method for performing pharmacy product filling using non-registered pharmacists
JP2010097414A (en) * 2008-10-16 2010-04-30 Citizen Machinery Co Ltd Apparatus and method for controlling machine tool
US7941325B2 (en) * 2008-11-14 2011-05-10 Walgreen Co. System and method of using a non-retail central filling facility to process pharmacy product prescriptions in a pharmacy retail network
JP5235647B2 (en) * 2008-12-19 2013-07-10 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation System for the scheduling of tasks, methods, and programs
EP2224384A1 (en) * 2009-02-25 2010-09-01 Siemens Aktiengesellschaft Method and system for scheduling a manufacturing process
JP5290818B2 (en) * 2009-03-17 2013-09-18 株式会社ブリヂストン Tire molding instruction allocation method
JP5332991B2 (en) * 2009-07-15 2013-11-06 富士通株式会社 The information processing apparatus
US8306839B2 (en) 2009-08-28 2012-11-06 Accenture Global Services Limited Labor resource decision support system
JP5379261B2 (en) * 2012-04-12 2013-12-25 新日鐵住金株式会社 Scheduling apparatus, scheduling method and a computer program
JP6102477B2 (en) * 2013-05-07 2017-03-29 富士通株式会社 Schedule management program, schedule management method, and schedule management device
US10055703B2 (en) * 2015-01-13 2018-08-21 Accenture Global Services Limited Factory management system
CN107257987A (en) * 2015-02-25 2017-10-17 西门子公司 A method for manufacturing a product according to a production plan including a plurality of production steps and a manufacturing facility
JP6472338B2 (en) * 2015-06-16 2019-02-20 株式会社日立製作所 The start-stop scheduling system and start-stop schedule optimization system

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2533495B2 (en) * 1986-07-25 1996-09-11 株式会社日立製作所 Wa - Kusukejiyu - ring method and apparatus
JP2686021B2 (en) * 1992-07-14 1997-12-08 新日本製鐵株式会社 Scheduling method
US5408663A (en) * 1993-11-05 1995-04-18 Adrem Technologies, Inc. Resource allocation methods

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08212264A (en) 1996-08-20
US5826236A (en) 1998-10-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Zijm Towards intelligent manufacturing planning and control systems
McMullen et al. A heuristic for solving mixed-model line balancing problems with stochastic task durations and parallel stations
Wang A fuzzy project scheduling approach to minimize schedule risk for product development
Stecke A hierarchical approach to solving machine grouping and loading problems of flexible manufacturing systems
US6049742A (en) Projected supply planning matching assets with demand in microelectronics manufacturing
US6192346B1 (en) Vacations and holiday scheduling method and system having a bidding object which enables employees to bid and prevent from bidding if higher priority employees have not bid
JP4571819B2 (en) Predictable preemptive of planning and scheduling for different job priority system and method
Ramasesh Dynamic job shop scheduling: a survey of simulation research
US6023702A (en) Method and apparatus for a process and project management computer system
AU764982B2 (en) Method for computerized supply chain planning
Vinod et al. Simulation modeling and analysis of due-date assignment methods and scheduling decision rules in a dynamic job shop production system
US5594639A (en) Order processing control module
Luh et al. Scheduling of manufacturing systems using the Lagrangian relaxation technique
US6216109B1 (en) Iterative repair optimization with particular application to scheduling for integrated capacity and inventory planning
Cheng et al. Survey of scheduling research involving due date determination decisions
US8571912B2 (en) Method and system for allocating specific appointment time windows in a service industry
EP0797164A1 (en) Appointment booking and scheduling system
US8185422B2 (en) Work allocation model
EP0893774A2 (en) Activity based equipment scheduling method and system
US7051328B2 (en) Production server architecture and methods for automated control of production document management
US7487106B2 (en) System and method for managing mobile workers
Luh et al. Schedule generation and reconfiguration for parallel machines
JP3204063B2 (en) Schedule management system
US20060053043A1 (en) Enterprise project management system and method therefor
US8015044B2 (en) System and method for determining a promise date for a demand in a business environment

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees