JP3200321U - 回転可能な清掃用モップ - Google Patents

回転可能な清掃用モップ Download PDF

Info

Publication number
JP3200321U
JP3200321U JP2015003776U JP2015003776U JP3200321U JP 3200321 U JP3200321 U JP 3200321U JP 2015003776 U JP2015003776 U JP 2015003776U JP 2015003776 U JP2015003776 U JP 2015003776U JP 3200321 U JP3200321 U JP 3200321U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mop
motor
pallet
handle
attached
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2015003776U
Other languages
English (en)
Inventor
沈友継
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
CCP Co Ltd
Original Assignee
CCP Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to CN201420604922.9U priority Critical patent/CN204133394U/zh
Priority to CN201420604922.9 priority
Application filed by CCP Co Ltd filed Critical CCP Co Ltd
Application granted granted Critical
Publication of JP3200321U publication Critical patent/JP3200321U/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=52410123&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP3200321(U) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】床掃除の際に、モップ布を高速回転させ、構造は簡単で、原理の理解は容易であり、各部分のアセンブリは着脱可能、交換可能であり、操作が容易で、清掃時間が節約され、効果は良好で、使用寿命が長い回転可能な清掃用モップを提供する。【解決手段】ハンドル、モップ柄、接続ヘッド、電池、パレット、モータ12、歯車15、回動ホイール16、軸受17及び雑巾フレーム18を含み、モップ柄の一端にハンドルが接続され、一端にパレットが接続され、接続ヘッドはモップ柄の下端部位に取り付けられ、電池は接続ヘッドの内部に配置され、モータ12はパレットの真ん中に取り付けられ、歯車15はモータ12の一方の側に取り付けられ、回動ホイール16はモータ12の他方の側に取り付けられ、回動ホイール16は軸受17を介してパレット下端の雑巾フレーム18に接続される。【選択図】図1

Description

本実用新案は清掃用具分野に関するものであり、特に回転可能な清掃用モップに関するものである。
人々の生活水準の日増しの改善に伴い、家庭用の清掃用具であるモップは各家庭にとって明らかに不可欠なものとなっている。現有のモップは簡単な1本のモップ柄の底端に若干の布を巻き付けたものばかりではなく、先進的なモップは360度任意に回転することができ、清掃作業がより簡便となり、徹底されるように、どのような隅にも簡単に深く差し込むことができる。
しかし、現有の360度回転するモップは、清掃時に多くの場合はモップ専用のバケツと組み合わせ、足踏み式の脱水装置またはハンドル回転式の脱水装置が使用され、その回転機能はいずれも脱水の目的のために設計されており、床掃除の際には依然として普通のモップと何らの違いもないため、一面の床をきれいに掃除するためには、何度も繰り返してモップを移動させなければならず、非常に労力を消費する。同時に、一般のモップはいずれも使用寿命があまり長くない。
上記の技術中に存在する不足箇所について、本実用新案ではモップ布を高速回転させる構造が簡単で、使用寿命が長いモップが提供されている。
上記目的を達成するため、本実用新案の回転可能な清掃用モップは、ハンドル、モップ柄、接続ヘッド、電池、パレット、モータ、歯車、回動ホイール、軸受及び雑巾フレームを含み、前記モップ柄の一端にハンドルが接続され、一端にパレットが接続され、前記接続ヘッドはモップ柄の下端部位に取り付けられ、前記電池は接続ヘッドの内部に配置され、前記モータはパレットの真ん中に取り付けられ、前記歯車はモータの一方の側に取り付けられ、回動ホイールはモータの他方の側に取り付けられ、前記回動ホイールは軸受を介してパレット下端の雑巾フレームに接続され、歯車はモータの駆動下で回動ホイールの運転を従動し、軸受を介して接続され、雑巾フレームは回動ホイールに従動されて高速運転する。
本実用新案に記載の回転可能な清掃用モップは、バランスカラムを更に含み、バランスカラムの一端はパレット周縁に沿って離隔してパレット下カバー上に取り付けられ、バランスカラムの他端は回動ホイールの周縁に係止接続される。
本実用新案に記載の回転可能な清掃用モップにおいて、モップ柄は、連接ロッド及びモップ短ロッドを含み、連接ロッドの両端にそれぞれモップ柄の長さを増加させるためのモップ短ロッドが接続され、当該接続方式は抜取可能式の接続である。
本実用新案に記載の回転可能な清掃用モップは、電源を制御するスイッチ及び電池を充電する充電プラグを更に含み、前記電源スイッチはハンドルの前後カバーにより取り囲まれ、前記充電プラグは電池に密着し、充電プラグは接続ヘッド上の孔内から凸出している。
本実用新案に記載の回転可能な清掃用モップは、モップ布を簡便に回転させる可動ヘッドを更に含み、前記可動ヘッドは接続ヘッドとパレットとの間に取り付けられる。
本実用新案に記載の回転可能な清掃用モップは、モータ固定フレーム及びモータカバーを更に含み、モータはモータ固定フレーム上に取り付けられ、モータカバーはモータの上面を被覆し、モータアセンブリ全体がパレットの真ん中に配置される。
本実用新案に記載の回転可能な清掃用モップは、変速タービンを更に含み、増圧用の変速タービンはモータ上に取り付けられる。
本実用新案の有益な効果は以下の通りである。現有技術に比べ、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは、スイッチをオンして、モータを回転させ、最終的に雑巾フレームの高速回転を従動することにより、床掃除の際に、モップ布を高速回転させるため、それにより床掃除は十分に時間が節約され、省力化され、かつ、簡便となる。比較的きれいな場所はさっと掃除するだけでよく、比較的汚れた場所には少しの間留まるだけでよく、このようにして床掃除に労力を費やすことなく床は非常にきれいになる。
更に、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは、構造が簡単で、原理の理解は容易であり、各部分のアセンブリは着脱可能、交換可能であるため、モップを使用する家庭の主婦にとっては絶対的に操作が簡便である。モップの使用寿命から見た場合、各部材は常に取り外して洗浄することができ、かつ、一部の小さな部品が損壊しても交換する必要があるだけであり、回転可能な清掃用モップ全体の正常な使用には全く影響がないため、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは、操作が容易で、清掃時間が節約され、効果は良好で、使用寿命が長い。
回転可能な清掃用モップのパレット部位の分解図である。 回転可能な清掃用モップのモップ柄部位の分解図である。 回転可能な清掃用モップのパレット部位の内部構造図である。
本実用新案をより明確に表現するため、以下においては図面に基づき本実用新案について更に説明する。
図1〜2を参照すると、本実用新案の回転可能な清掃用モップは、ハンドル20、モップ柄22、接続ヘッド23、電池24、パレット10、モータ12、歯車15、回動ホイール16、軸受17及び雑巾フレーム18を含み、モップ柄22の一端にハンドル20が接続され、一端にパレット10が接続され、接続ヘッド23はモップ柄22の下端部位に取り付けられ、電池24は接続ヘッド23の内部に配置され、モータ12はパレット10の真ん中に取り付けられ、歯車15はモータ12の一方の側に取り付けられ、回動ホイール16はモータ12の他方の側に取り付けられ、回動ホイール16は軸受17を介してパレット10下端の雑巾フレームに接続され、歯車15はモータ12の駆動下で回動ホイール16の運転を従動し、軸受17を介して接続され、雑巾フレーム18は回動ホイール16に従動されて高速運転する。
本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップについて、その作動原理は以下の通りである。
接続ヘッド23内部に電池24が取り付けられ、ハンドル20上のスイッチ21をオンすると、電池24が発生する電流がモータ12を従動して仕事をし、変速タービン14の作用下において、歯車15が運転を開始し、歯車15の運転が回動ホイール16の運転を従動し、回動ホイール16と雑巾フレーム18との間が軸受17により接続されているため、回動ホイール16の運転が雑巾フレーム18の回転を従動し、雑巾が雑巾フレーム18上に嵌装されているため、自動的に回転清掃が実施される。
現有技術に比べ、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは、スイッチをオンして、モータを起動し、最終的に雑巾フレームの高速回転を従動することにより、床掃除の際に、モップ布を高速回転させるため、それにより床掃除は十分に時間が節約され、省力化され、かつ、簡便となる。比較的きれいな場所はさっと掃除するだけでよく、比較的汚れた場所には少しの間留まるだけでよく、このようにして床掃除に労力を費やすことなく床は非常にきれいになる。
更に、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは、構造が簡単で、原理の理解は容易であり、各部分のアセンブリは着脱可能、交換可能であるため、モップを使用する家庭の主婦にとっては絶対的に操作が簡便である。モップの使用寿命から見た場合、各部材は常に取り外して洗浄することができ、かつ、一部の小さな部品が損壊しても交換する必要があるだけであり、回転可能な清掃用モップ全体の正常な使用には全く影響がないため、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは、操作が容易で、清掃時間が節約され、効果は良好で、使用寿命が長い。
本実施例において、当該回転可能な清掃用モップは、バランスカラム19を更に含み、バランスカラム19の一端はパレット10周縁に沿って離隔してパレット下カバー102上に取り付けられ、バランスカラム19の他端は回動ホイール16の周縁に係止接続される。当然、ここにおいてバランスカラム19は、回動ホイール16と雑巾フレーム18とを運転時に安定かつ平衡状態に到達させるために使用するが、回動ホイール16と雑巾フレーム18とを安定かつ平衡にする作用を発揮することができるその他の構造設計は、いずれも本願の簡単な変形または変換に属しており、本願の保護範囲内にあるものとする。
本実施例において、当該回転可能な清掃用モップは、そのモップ柄22が、連接ロッド221及びモップ短ロッド222を含み、連接ロッド222の両端にそれぞれモップ柄22の長さを増加させるためのモップ短ロッド221が接続され、当該接続方式は抜取可能式の接続である。それにより、使用者の必要に応じてモップ柄22の長さを延長または短縮することができ、位置の遠近に拘わらずいずれもきれいに清掃することができる。
本実施例において、当該回転可能な清掃用モップは、電源を制御するスイッチ21及び電池24を充電する充電プラグ25を更に含み、電源スイッチ21はハンドル20の前後カバーにより取り囲まれ、充電プラグ25は電池24に密着し、充電プラグ25は接続ヘッド23上の孔内から凸出している。電源スイッチ21は、回転清掃の操作が容易となるように、ハンドル20上に設置され、充電プラグ25の設置も充電の実施を簡便なものとさせている。
本実施例において、当該回転可能な清掃用モップは、モップ布を簡便に回転させる可動ヘッド26を更に含み、可動ヘッド26は接続ヘッド23とパレット10との間に取り付けられる。それによりモップは360度任意に回転可能となり、清掃作業がより簡便となり、徹底されるように、どのような隅にも簡単に深く差し込むことができる。当然、ここにおいて可動ヘッド23は回転接続材として使用するが、接続後に2つの部材の間で360度回転可能とさせることができるその他の接続材は、いずれも本願の簡単な変形または変換に属しており、本願の保護範囲内にあるものとする。
更に図3を参照すると、本実施例において、当該回転可能な清掃用モップは、モータ固定フレーム13及びモータカバー11を更に含み、モータ12はモータ固定フレーム13上に取り付けられ、モータカバー11はモータ12の上面を被覆し、モータアセンブリ全体がパレット10の真ん中に配置される。モータカバー及びモータ固定フレームの保護作用下において、モータの運転は何らの干渉も受けず、使用寿命も更に長くなる。
本実施例において、当該回転可能な清掃用モップは、変速タービン14を更に含み、増圧用の変速タービン14はモータ12上に取り付けられる。当然、ここにおいては変速タービン14を使用してモータを増圧するが、当然、モータの増圧作用を発揮することができるその他の構造設計は、いずれも本願の簡単な変形または変換に属しており、本願の保護範囲内にあるものとする。
本実用新案の優位性は以下の通りである。
1.現有技術に比べ、本実用新案が提供する回転可能な清掃用モップは床掃除の際に、モップ布を高速回転させ、構造は簡単で、原理の理解は容易であり、各部分のアセンブリは着脱可能、交換可能であり、当該モップは、操作が容易で、清掃時間が節約され、効果は良好で、使用寿命が長い。
2.バランスカラムの設置により、回動ホイールが回転時に上下に揺動しないため、モップは床掃除の際により平衡となりかつ安定する。
3.使用者の必要に応じてモップ柄の長さを延長または短縮することができ、位置の遠近に拘わらずいずれもきれいに清掃することができる。
4.電源スイッチが、回転清掃の操作が容易となるように、ハンドル上に設置され、充電プラグの設置も充電の実施を簡便なものとさせている。
5.モップは360度任意に回転可能であり、清掃作業がより簡便となり、徹底されるように、どのような隅にも簡単に深く差し込むことができる。
6.モータカバー及びモータ固定フレームの保護作用下において、モータの運転は何らの干渉も受けず、使用寿命も更に長くなる。
以上で開示されているのは本実用新案の幾つかの具体的な実施例に過ぎないが、本実用新案はそれらに限定されるものではなく、当業者であれば想到可能な変化は、いずれも本実用新案の保護範囲内にあるものとする。
主な部品番号の説明は以下の通りである。
10 パレット
101 パレット上カバー
102 パレット下カバー
11 モータカバー
12 モータ
13 モータ固定フレーム
14 変速タービン
15 歯車
16 回動ホイール
17 軸受
18 雑巾フレーム
19 バランスカラム
20 ハンドル
201 ハンドル上カバー
202 ハンドル下カバー
21 スイッチ
22 モップ柄
221 モップ短ロッド
222 連接ロッド
23 接続ヘッド
24 電池
25 充電プラグ
26 可動ヘッド

Claims (7)

  1. ハンドル、モップ柄、接続ヘッド、電池、パレット、モータ、歯車、回動ホイール、軸受及び雑巾フレームを含み、前記モップ柄の一端にハンドルが接続され、一端にパレットが接続され、前記接続ヘッドはモップ柄の下端部位に取り付けられ、前記電池は接続ヘッドの内部に配置され、前記モータはパレットの真ん中に取り付けられ、前記歯車はモータの一方の側に取り付けられ、回動ホイールはモータの他方の側に取り付けられ、前記回動ホイールは軸受を介してパレット下端の雑巾フレームに接続され、歯車はモータの駆動下で回動ホイールの運転を従動し、軸受を介して接続され、雑巾フレームは回動ホイールに従動されて高速回転することを特徴とする回転可能な清掃用モップ。
  2. 当該モップは、バランスカラムを更に含み、バランスカラムの一端はパレット周縁に沿って離隔してパレット下カバー上に取り付けられ、バランスカラムの他端は回動ホイールの周縁に係止接続されることを特徴とする請求項1に記載の回転可能な清掃用モップ。
  3. 当該モップ柄は、連接ロッド及びモップ短ロッドを含み、連接ロッドの両端にそれぞれモップ柄の長さを増加させるためのモップ短ロッドが接続され、当該接続方式は抜取可能式の接続であることを特徴とする請求項1に記載の回転可能な清掃用モップ。
  4. 当該モップは、電源を制御するスイッチ及び電池を充電する充電プラグを更に含み、前記電源スイッチはハンドルの前後カバーにより取り囲まれ、前記充電プラグは電池に密着し、充電プラグは接続ヘッド上の孔内から凸出していることを特徴とする請求項1に記載の回転可能な清掃用モップ。
  5. 当該モップは、モップ布を簡便に回転させる可動ヘッドを更に含み、前記可動ヘッドは接続ヘッドとパレットとの間に取り付けられることを特徴とする請求項1に記載の回転可能な清掃用モップ。
  6. 当該モップは、モータ固定フレーム及びモータカバーを更に含み、モータはモータ固定フレーム上に取り付けられ、モータカバーはモータの上面を被覆し、モータアセンブリ全体がパレットの真ん中に配置されることを特徴とする請求項1に記載の回転可能な清掃用モップ。
  7. 当該モップは、変速タービンを更に含み、増圧用の変速タービンはモータ上に取り付けられることを特徴とする請求項1に記載の回転可能な清掃用モップ。
JP2015003776U 2014-10-20 2015-07-27 回転可能な清掃用モップ Expired - Fee Related JP3200321U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201420604922.9U CN204133394U (zh) 2014-10-20 2014-10-20 可旋转清洁拖把
CN201420604922.9 2014-10-20

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3200321U true JP3200321U (ja) 2015-10-15

Family

ID=52410123

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015003776U Expired - Fee Related JP3200321U (ja) 2014-10-20 2015-07-27 回転可能な清掃用モップ

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3200321U (ja)
CN (1) CN204133394U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10653287B2 (en) 2017-09-29 2020-05-19 HONORS Co., Ltd. Rotary mop cleaner

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107137016A (zh) * 2017-06-09 2017-09-08 小狗电器互联网科技(北京)股份有限公司 新型直管接头及吸尘器吸管
CN107028557A (zh) * 2017-06-09 2017-08-11 小狗电器互联网科技(北京)股份有限公司 带有电池盒的吸尘器吸管及其吸尘器

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10653287B2 (en) 2017-09-29 2020-05-19 HONORS Co., Ltd. Rotary mop cleaner

Also Published As

Publication number Publication date
CN204133394U (zh) 2015-02-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3200321U (ja) 回転可能な清掃用モップ
CN204410745U (zh) 一种新型电动拖把
CN205597877U (zh) 智能鞋底清洁机
CN202801488U (zh) 多功能清洁机
CN208799170U (zh) 涮洗式拖地机器人
CN201537058U (zh) 一种电动扫地拖地机
CN206120230U (zh) 一种可吸尘的电动拖把
CN108852204B (zh) 改进的拖把桶
CN205197911U (zh) 一种电动拖把
CN202833337U (zh) 一种吊扇除尘器
JP3153895U (ja) 回転可能なモップ構造
CN204394442U (zh) 一种伸缩式电动刷杯器
CN203369870U (zh) 便于移动的拖把桶
CN202489891U (zh) 一种电动拖把
CN202898801U (zh) 一种洗衣机波轮
CN201271215Y (zh) 新式拖布
CN203468523U (zh) 一种新型胶棉拖把
CN203970280U (zh) 一种新型智能吸尘器上的拖地板结构
CN203407680U (zh) 一种电器除尘刷
CN204636234U (zh) 一种方便省力的电动拖把
CN203539275U (zh) 一种手压式旋转拖把的清洗桶
CN203776748U (zh) 一种可收放摇柄的蔬菜脱水器
CN203354491U (zh) 电动拖布
CN203122319U (zh) 多功能电动抹布
CN201315979Y (zh) 多功能马桶刷

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150818

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20150818

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20150818

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3200321

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A624 Registrability report (other person)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A624

Effective date: 20160824

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees