JP3174260B2 - 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法 - Google Patents

塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法

Info

Publication number
JP3174260B2
JP3174260B2 JP01089896A JP1089896A JP3174260B2 JP 3174260 B2 JP3174260 B2 JP 3174260B2 JP 01089896 A JP01089896 A JP 01089896A JP 1089896 A JP1089896 A JP 1089896A JP 3174260 B2 JP3174260 B2 JP 3174260B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dust
plate
pushing
partition plate
box
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP01089896A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09202404A (ja
Inventor
皓司 竹村
佳廣 石田
浩二 早川
文次 大久保
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Komatsu Ltd
Original Assignee
Komatsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Komatsu Ltd filed Critical Komatsu Ltd
Priority to JP01089896A priority Critical patent/JP3174260B2/ja
Publication of JPH09202404A publication Critical patent/JPH09202404A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3174260B2 publication Critical patent/JP3174260B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明が属する技術分野】本発明は、押込板によって塵
芥収容箱に押込まれた塵芥が、塵芥投入箱側へ逆戻りす
るのを仕切板によって防止した、塵芥収集車の塵芥押込
み装置および塵芥押込み方法に関する。
【0002】
【従来の技術】塵芥投入箱内に配設された回転板と押込
板の協働作用によって、塵芥を圧縮して塵芥収容箱に押
込むいわゆる回転式塵芥収集車は広く使用されている。
塵芥投入箱は、キャビン後方のシャシー上に搭載された
塵芥収容箱の後部開口に開閉自在に取付けられていて、
塵芥収容箱が塵芥で満杯になると、ごみ処理場などで塵
芥投入箱を開放して塵芥収容箱の後部開口から塵芥を放
出するようにしている。
【0003】前記回転板は、塵芥投入箱の底部近傍にお
いてその回転軸を車両幅方向に水平にして配設されてい
る。また、押込板は回転板の上方において車両前後方向
に往復動可能に配設されている。そして、塵芥投入箱の
後部投入口から箱内に投入された塵芥は、回転板によっ
て前方上方に掻上げられ、回転板が水平位置まで回転し
た段階で回転板が一旦停止され、この状態で押込板が前
方に移動され、回転板の上面に掻上げ保持された塵芥を
塵芥収容箱内に押込むようにしている。塵芥収容箱内に
は前後方向に移動可能な排出板が配設され、この排出板
と押込板との間で塵芥を圧縮して押込むようにしてい
る。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】最近、産業廃棄物の回
収義務が法律によって強化されつつあるが、この規制強
化の流れと対応して、産業廃棄物の中でもとりわけプラ
スチック廃材などの弾発性を有する塵芥の収集需要が顕
著に増えつつある。従来の回転式塵芥収集車は、前述の
如く押込板と排出板との間で塵芥を圧縮するようにして
いるが、プラスチックなどの弾発性の塵芥を専用に又は
一般雑芥と混ぜて塵芥収容箱に押込む場合、一旦押込ん
で押込板を後退させ次の塵芥の押込みを行おうとする時
に、直前に塵芥収容箱に押込んだ塵芥の一部が弾性復元
力にて塵芥投入箱側へ戻ってくることがある。このよう
に塵芥が戻ると、次の塵芥の押込み工程の支障になるこ
とは勿論のこと、塵芥収容箱内の塵芥の圧縮率ないし減
容率が低下して、塵芥積込量が少なくなる。
【0005】本発明の目的は、弾発性を有する塵芥を塵
芥投入箱側へ逆戻りすることなく押込むことができる塵
芥収集車の塵芥押込み装置および塵芥押込み方法を提供
することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するため
本発明の塵芥押込み装置は、塵芥収集車の塵芥収容箱の
後部開口に開閉自在に取付けられる塵芥投入箱の内部
に、塵芥投入箱に投入された塵芥を後部開口高さまで掻
上げる回転板と、回転板によって掻上げられた塵芥を塵
芥収容箱内方に向けて押し込む押込板とが配設された塵
芥収集車の塵芥押込み装置において、押込板の前進位置
の前側に隣接させて、上下方向にスライドする仕切板を
配設したものである。
【0007】前記押込板を後退させる時に、仕切板を閉
じることによって、塵芥収容箱内の塵芥の逆戻りを防止
する。
【0008】また本発明の塵芥押込み方法は、仕切板を
閉じた状態で押込板を前進させて、押込板と仕切板との
間にある塵芥を前圧縮した後、仕切板を上昇させ、押込
板を前進させて、前圧縮された塵芥を塵芥収容箱内方に
向けて押込むようにしたものである。
【0009】すなわち、仕切板を塵芥の逆戻り防止の他
に、押込板と協働して塵芥の前圧縮にも利用せんとする
ものである。
【0010】この場合、押込板の前面壁と前記仕切板の
後面壁にそれぞれ凹凸を形成しておくことにより、押込
板と仕切板との間にある塵芥を、前圧縮しつつ前記凹凸
により効果的に圧潰することができる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下に本発明の一実施形態を図に
基づいて説明する。図1(A)(B)は回転式塵芥収集
車2の外観を示す。キャビン4の後方に、図2(A)の
ように、テレスコピックシリンダ3にて前後動可能な排
出板5を内蔵した直方体形状の塵芥収容箱6が配設さ
れ、この塵芥収容箱6の後部開口8に塵芥投入箱10が
取付けられている。この塵芥投入箱10はその上端部が
ヒンジ12によって塵芥収容箱6の後端上部に連結さ
れ、ヒンジ12を中心として上下方向に開閉自在とされ
ている。
【0012】塵芥投入箱10の内部には、従来と同様
に、回転板14と押込板16が配設されている。本実施
形態の塵芥収集車2の塵芥押込み装置は、回転板14と
押込板16に加えて、仕切板18を配設した点に特徴が
ある。以下さらに詳しく説明する。
【0013】塵芥投入箱10は、左右一対の側板10a
と、これら側板10a上端間を連結する上面板10b
と、側板10a下端間を連結する底面板10cとで構成
される。底面板10cは、回転板14の先端の軌跡に対
応するように円弧状に屈曲形成されている。上面板10
bの後端縁と底面板10cの後端縁との間に、横長長方
形の塵芥投入口20が形成されている。回転板14は、
図2(A)〜(C)に示すように、塵芥投入箱10の底
部近傍に配設され、塵芥投入箱10の幅方向(図2の紙
面に垂直な方向)に配設された回転軸22に一体に取付
けられ、この回転軸22の端部は、塵芥投入箱10の側
板10a外方に配設された油圧モータ(図示せず)によ
って回転されるようになっている。油圧モータは通常は
一個であって、回転軸22の一端に連結されるが、本実
施形態では回転軸22の両端に油圧モータを一個ずつ連
結している(図示せず)。そして、これら一対の油圧モ
ータを直列と並列に切換え可能に油圧源に接続すること
により、塵芥の掻上げ工程前半では直列接続による高速
掻上げがなされ、掻上げ工程後半では並列接続による低
速ながら倍のトルクでの掻上げがなされるようになって
いる。この直列と並列の切換えは、回転板14の回転位
置によって自動的に切換えられるようになっている。
【0014】塵芥投入箱10のいずれか一方の側板10
aには、水平位置まで上昇した回転板14の下面位置に
対応して図3のように孔54が形成され、この孔54か
ら水平方向に出没自在なロックピン50が突出してい
る。このロックピン50の先端部は下方に向いたテーパ
面とされ、後端部は側板10aの外面に一体的に取付け
られた筒状部52にスライド自在に収容されている。筒
状部52内には圧縮ばね56が配設され、この圧縮ばね
56にてロックピン50が側板10aの内側方向に常時
付勢されている。ロックピン50の後端部にはレバー5
8が連結され、このレバー58を手動で、又は自動(電
気信号により、レバー58を電磁石又は油圧シリンダに
より)矢印方向に倒すことによりロックピン50を後退
させることができるようになっている。
【0015】回転板14の上方には図2(A)〜(C)
のように押込板16が配設されている。この押込板16
の両端部は、塵芥投入箱10の側板10a内面に近接し
た位置で、側板10aに軸支された揺動軸24を中心と
して、前後方向に揺動可能な揺動アーム26の下端部に
一体に連結されている。揺動アーム26の中間部は、連
結ピン28によって押込みシリンダ30のピストンロッ
ドに連結されている。この押込みシリンダ30の本体側
は、枢支ピン32によって塵芥投入箱10の側板10a
内面にほぼ水平に支持されている。
【0016】押込板16の上方には、左右の側板10a
を連結する横断壁34が形成されている。この横断壁3
4の前端縁は、塵芥収容箱6の後部開口8に近接する位
置まで延在し、横断壁34の後端縁は、押込板16の上
端縁の揺動軌跡と対応するように弧状の下面を形成しつ
つ塵芥投入箱10の中央まで延在している。そして、こ
の横断壁34と、後部開口8の下縁高さまで回転上昇し
た回転板14との間の空間が、押込板16の前方の塵芥
が塵芥収容箱に押込まれる時の通路になるようにしてい
る。
【0017】横断壁34の中間には、塵芥投入箱10の
幅方向に延在する切欠き36が形成されている。この切
欠き36に、下端部を斜めカットにて尖鋭にされた平板
状の仕切板18が上下方向にスライド可能に挿入されて
いる。側板10aの内面には、図4に示すように案内溝
38が形成され、この案内溝38に仕切板18の両側部
がスライド可能に嵌合されている。仕切板18の内部は
上端部を開口した中空構造とされ、この中空部に左右一
対の仕切板シリンダ40が内蔵されている。この仕切板
シリンダ40の本体側上端部は、塵芥投入箱10の上面
板10bの下面に枢支ピン42にて支持され、他方、仕
切板シリンダ40のピストンロッド40aの下端部は、
ピン44を介して仕切板18の下端部に連結されてい
る。仕切板シリンダ40の押引方向すなわちピストンロ
ッド40aの延在方向は、仕切板18のスライド方向と
完全一致されており、これによっていわゆる直押直引構
造にて強力な押込力ないし引抜力が得られるようになっ
ている。
【0018】塵芥収集車2は以上の如く構成され、この
塵芥収集車2によってプラスチック廃材等の弾発力を有
する塵芥を塵芥収容箱6内に押込む時の作動につき説明
する。まず始めに、仕切板シリンダ40を駆動して仕切
板18を下げた状態にしておく。そして塵芥投入箱10
の塵芥投入口20から塵芥を投入する。投入された塵芥
は図5(A)のように塵芥投入箱10の底部に溜まる。
【0019】次に、回転板14を図2で時計方向に回転
させ、この回転板14が約50度回転した時点で押込板
16が自動的に後方向に作動し、押込板16はその下端
部を回転板14の回転軸22の上方位置に近付けた状態
で一旦停止する。一方、回転板14は回り続け、図5
(B)のように塵芥を前方上方に掻上げる。回転板14
を水平位置まで回転させた図5(C)の状態で回転板1
4を一旦停止させ、この状態で仕切板シリンダ40を駆
動して仕切板18を横断壁34の上方に引っ込ませる。
回転板14が上昇する時、図3のように、回転板14の
側縁部上面がロックピン50のテーパ面を押圧し、ロッ
クピン50を圧縮ばね56に抗して筒状部52内へ後退
させ、回転板14がロックピン50の位置を通過した瞬
間、ロックピン50は圧縮ばね56によって元の位置ま
で突出する。従って、水平位置で停止させた回転板14
の下面にロックピン50が当接し、回転板14を逆方向
に回転させ得なくなる。
【0020】なお、回転板14と底面板10c内面との
間や側板10a内面との間に塵芥が食い込んだ時は、ロ
ックピン50を後退させて回転板14を逆回転させ、食
い込んだ塵芥を除去する。
【0021】次に、図5(D)のように押込みシリンダ
30を駆動して押込板16を前進させ、回転板14の上
面に掻上げ保持された塵芥を塵芥投入箱10内へ押込
む。押込板16を前進端まで移動させると、塵芥収容箱
6内の圧力が高まり、この圧力と均衡するように、図5
(E)のように、排出板5が所定距離だけ自動的に車両
前方側へ後退する。
【0022】次に、図5(F)のように、仕切板シリン
ダ40を駆動して仕切板18を下降させ、横断壁34と
開口8下縁との間の塵芥押込み通路を閉鎖する。以上を
もって一巡の積込工程が終了し、塵芥投入口20から次
の塵芥の投入を行い、再び回転板14を回転させて以上
と同様の操作を繰り返す。
【0023】次に、弾発力が特に強い塵芥の押込み操作
について説明する。弾発力が特に強い塵芥は、以上で説
明した押込み操作でも十分に圧縮されないおそれがあ
る。そこで、仕切板18を下降させて塵芥押込み通路を
閉鎖した状態で押込板16を前進させ、仕切板18と押
込板16との間で塵芥を強制圧潰し、その後仕切板18
を上昇させ、押込板16をさらに前進させるといった方
法を取る。これによって、特に強い弾発力を有するプラ
スチック廃材でも、仕切板18と押込板16との間の狭
い空間で強烈に圧潰されて減容されるから、塵芥収容能
力が格段に向上する。押込板16を一回前進させただけ
では塵芥を十分に圧潰しきれない場合は、仕切板18を
閉鎖したまま押込板16をさらに数回前後動させるとよ
い。これによって十分に圧潰しきれていない塵芥が前
後、左右、上下に揺さ振られ、十分に圧潰減容される。
【0024】なお、板状プラスチック廃材などは特に圧
潰し難いものであるが、図4のように押込板16の前面
に凹凸46を形成すると共に、仕切板18の後面に前記
凹凸と相補する形の凹凸48を形成すれば、これら凹凸
46,48間で板状プラスチック廃材を簡単に圧裂圧潰
し大幅減容することができる。凹凸は押込板16か仕切
板18のいずれか一方に設けても一定の圧裂圧潰効果が
あるが、図4のように両方に形成した方がより効果的で
ある。なお、これら凹凸46,48は仕切板18の上下
動時に互いに干渉しない形状ないし配置とすることは勿
論である。
【0025】
【発明の効果】以上説明したように、本発明は塵芥収容
箱に押込んだ塵芥が逆戻りしないように仕切板を配設し
たから、押込板が後退するときも塵芥収容箱内の圧力が
低下せず、従って高密度高減容率の塵芥積込が可能とな
り、圧縮積込能力の大幅向上が期待できる。また、押込
板と仕切板との間で塵芥の前圧縮ないし前圧潰が可能な
ので、弾発力の特に強いプラスチック廃材でも大幅減容
した状態で塵芥収容箱に押込むことができるから、仕切
板による逆戻り防止と相俟って塵芥収容能力のさらなる
向上が期待できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】(A)は回転式塵芥収集車の平面図、(B)は
回転式塵芥収集車の側面図。
【図2】(A)は塵芥収容箱と塵芥投入箱10の側面
図、(B)は押込板16後退時の塵芥投入箱10の側面
図、(C)は押込板16前進時の塵芥投入箱10の側面
図。
【図3】回転板用ロックピンの側面図。
【図4】押込板と仕切板の水平断面図。
【図5】(A)〜(F)は、塵芥詰込み工程を順番に説
明した工程図。
【符号の説明】
2 塵芥収集車 6 塵芥収容箱 10 塵芥投入箱 10a 側板 10b 上面板 10c 底面板 14 回転板 16 押込板 18 仕切板 20 塵芥投入口 22 回転軸 24 揺動軸 26 揺動アーム 30 押込みシリンダ 38 案内溝 40 仕切板シリンダ 46,48 凹凸 50 ロックピン
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 早川 浩二 大阪府八尾市神武町1番48号 森田特殊 機工株式会社内 (72)発明者 大久保 文次 大阪府八尾市神武町1番48号 森田特殊 機工株式会社内 審査官 平城 俊雅 (56)参考文献 特開 平8−301403(JP,A) 特開 平8−143105(JP,A) 実開 平1−88605(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B65F 3/00 B65F 3/14

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 塵芥収集車の塵芥収容箱の後部開口に開
    閉自在に取付けられる塵芥投入箱の内部に、塵芥投入箱
    に投入された塵芥を前記後部開口高さまで掻上げる回転
    板と、前記回転板によって掻上げられた塵芥を塵芥収容
    箱内方に向けて押し込む押込板とが配設された塵芥収集
    車の塵芥押込み装置において、 前記押込板の前進位置の前側に隣接させて、上下方向に
    スライドする仕切板を配設してなる塵芥収集車の塵芥押
    込み装置。
  2. 【請求項2】 請求項1記載の塵芥収集車の塵芥押込み
    装置において、前記仕切板を閉じた状態で前記押込板を
    前進させて、押込板と仕切板との間にある塵芥を前圧縮
    した後、仕切板を上昇させ、押込板を前進させて、前圧
    縮された塵芥を前記塵芥収容箱内方に向けて押込むよう
    にした塵芥収集車の塵芥押込み方法。
  3. 【請求項3】 前記押込板の前面壁と前記仕切板の後面
    壁にそれぞれ凹凸を形成し、押込板と仕切板との間にあ
    る塵芥を前圧縮しつつ前記凹凸により圧潰するようにし
    た請求項2記載の塵芥収集車の塵芥押込み方法。
JP01089896A 1996-01-25 1996-01-25 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法 Expired - Lifetime JP3174260B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01089896A JP3174260B2 (ja) 1996-01-25 1996-01-25 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP01089896A JP3174260B2 (ja) 1996-01-25 1996-01-25 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09202404A JPH09202404A (ja) 1997-08-05
JP3174260B2 true JP3174260B2 (ja) 2001-06-11

Family

ID=11763126

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP01089896A Expired - Lifetime JP3174260B2 (ja) 1996-01-25 1996-01-25 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3174260B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013120353A1 (zh) * 2012-02-15 2013-08-22 中联重科股份有限公司 填装器以及后装压缩式垃圾车

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103496187B (zh) * 2013-09-24 2015-06-10 广西玉柴专用汽车有限公司 一种垃圾压缩机
CN103723413B (zh) * 2013-12-15 2015-09-30 长沙中联重科环卫机械有限公司 一种垃圾车用压填机构、垃圾车
CN103935668B (zh) * 2014-04-15 2016-03-02 广西源众科技有限公司 摆杆式垃圾压缩设备
CN103950669A (zh) * 2014-05-07 2014-07-30 海沃机械(扬州)有限公司 一种后装式垃圾压缩车
CN104828441B (zh) * 2015-03-19 2017-04-12 中联重科股份有限公司 压填设备和垃圾车
CN105600246B (zh) * 2016-02-18 2017-12-05 广西源众科技有限公司 连杆刮提式压缩转运设备
CN109264268B (zh) * 2018-11-03 2021-11-02 安徽华信电动科技股份有限公司 一种具有垃圾压缩功能的垃圾车的工作方法
CN110342161A (zh) * 2019-08-12 2019-10-18 四川泓江美欣环卫科技有限公司 移动式垃圾压缩站及其控制方法
CN112357418B (zh) * 2020-12-15 2022-09-06 郑州宇通重工有限公司 一种环卫车用垃圾挤压装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013120353A1 (zh) * 2012-02-15 2013-08-22 中联重科股份有限公司 填装器以及后装压缩式垃圾车

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09202404A (ja) 1997-08-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3174260B2 (ja) 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法
CN210935257U (zh) 一种办公垃圾快速粉碎压缩装置
CN212530895U (zh) 垃圾压缩机构及垃圾收集装置
CN211309678U (zh) 一种垃圾桶
CN213567844U (zh) 一种环保型固定压缩垃圾箱
US5088396A (en) Trash compactor apparatus and method
CN209939551U (zh) 一种卧式垃圾压缩箱
CN216188126U (zh) 一种便于进行压缩垃圾的垃圾清扫车
CN2484173Y (zh) 垃圾压缩机
CN212474757U (zh) 一种垃圾压缩机构及垃圾收集装置
CN214448782U (zh) 一种垃圾分类用可回收垃圾压缩器
JP2522597Y2 (ja) 圧縮式塵芥収集車の塵芥積込み装置
CN217510110U (zh) 一种图书馆文创产品用书籍回收装置
CN217416927U (zh) 一种便于移动的压缩垃圾运输推车
CN213370773U (zh) 一种票据收纳箱
CN217293628U (zh) 一种垃圾压缩设备
CN215477445U (zh) 一种垃圾车用垃圾箱
CN213833172U (zh) 一种垃圾压缩车
CN216425601U (zh) 一种家用多功能垃圾桶
CN213849475U (zh) 一种人力资源数据统计装置
JP2582910B2 (ja) 塵芥収集車
CN213500994U (zh) 一种房屋建筑施工用建筑垃圾压缩装置
CN111792226B (zh) 一种垃圾分类回收装置
CN211944852U (zh) 具有伸缩式复合刮板的垃圾收集装置
CN216402621U (zh) 一种智能压缩式垃圾分类回收箱

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20010220

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080330

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090330

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090330

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100330

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100330

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110330

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110330

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120330

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130330

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130330

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140330

Year of fee payment: 13

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term