New! Search for patents from more than 100 countries including Australia, Brazil, Sweden and more

JP3106743U - コンセントの防塵装置 - Google Patents

コンセントの防塵装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3106743U
JP3106743U JP2004004326U JP2004004326U JP3106743U JP 3106743 U JP3106743 U JP 3106743U JP 2004004326 U JP2004004326 U JP 2004004326U JP 2004004326 U JP2004004326 U JP 2004004326U JP 3106743 U JP3106743 U JP 3106743U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sides
left
top cover
side
cover
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2004004326U
Other languages
English (en)
Inventor
冠霖 林
Original Assignee
新橋實業股▲ふん▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 新橋實業股▲ふん▼有限公司 filed Critical 新橋實業股▲ふん▼有限公司
Priority to JP2004004326U priority Critical patent/JP3106743U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3106743U publication Critical patent/JP3106743U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 コンセントの防塵装置の提供。
【解決手段】 トップカバーと両側のサイドカバーを利用して防塵作用を具備させたコンセントの防塵装置であり、トップカバーの両側辺に斜面があり、両側のサイドカバーを駆動して左斜め下と右斜め下に移動させて展開して開放状態となしプラグをコンセントに挿入させることができ、トップカバーに対する施力を停止すると弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、並びにトップカバーに設けられたスライド柱に協動して両側のサイドカバーが上向きにもとの位置に戻り防塵作用を回復し、便利且つ楽に操作できる。
【選択図】 図7

Description

本考案はコンセントの防塵装置に係り、トップカバーと両側のサイドカバーにより防塵作用を具備させたものであり、そのうちトップカバーの両側辺に斜面があり、両側のサイドカバーを駆動して左斜め下と右斜め下に移動させて展開して開放状態となしプラグをコンセントに挿入させることができ、便利且つ楽に操作できる、コンセントの防塵装置に関する。

周知の防塵カバーを具えたコンセントは図1から図3に示されるように、コンセントケース911、防塵カバー912、ねじりバネ913、後部カバー914、通信ソケット915等の部品で構成され、使用時に以下のような欠点を有している。
1.プラグ(図示せず)を挿入する時、防塵カバー912は上向きの施力によりねじりバネ913を圧縮しなければ開放させられず、このため施力操作が自然な動作で行なえず、且つ楽に行なえない。
2.ある期間使用すると、ねじりバネ913が弾性疲労により変形や脱落を発生しやすく、このため防塵カバー912が落下して防塵作用を喪失する。

別の周知の防塵カバーは図4から図6に示されるように、コンセントケース921、防塵カバー922、防塵下カバー923、バネ924、位置決め片925、後部カバー926、通信ソケット927等の部品で構成され、使用時に防塵カバー922は下向きに押圧され並びに防塵下カバー923が協動により下に移動し、押圧操作が上から下の施力で自然に行なえるが、依然として操作が楽に行なえる機能を具備しない。このようなコンセント製品は角部或いは屋内の下部等配置物の背面或いは下方に設置されうるため、使用者の操作空間が更に狭く、このため防塵カバーの操作を自然に楽に行なえるようにすることが重要である。

本考案の主要な目的は、一種のコンセントの防塵装置を提供することにあり、それは、トップカバーと両側のサイドカバーを利用して防塵作用を具備させたコンセントの防塵装置であり、トップカバーの両側辺に斜面があり、両側のサイドカバーを駆動して左斜め下と右斜め下に移動させて展開して開放状態となしプラグをコンセントに挿入させることができ、トップカバーに対する施力を停止すると弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、並びにトップカバーに設けられたスライド柱に協動して両側のサイドカバーが上向きにもとの位置に戻り防塵作用を回復し、便利且つ楽に操作できるものとする。

請求項1の考案は、コンセントケース、トップカバー、両側のサイドカバー、左右のガイドレールを具えたコンセントの防塵装置であり、
該コンセントケースは、後部カバーと接続、位置決めされ、該後部カバーは通信ソケットと接続され、通信ソケットの挿入溝がコンセントケースの挿入孔に対向し、且つトップカバーと両側のサイドカバーが該通信ソケットの前側とコンセントケース内のベースの前側壁の間で活動可能な状態を呈し、前述のコンセントケースと後部カバー及び通信ソケットの組合せ、位置決め後に、コンセントケース両側に設けられた係止突起が面板の挿入孔内に設けられた固定フレームのストッパと係合され、且つ該コンセントケースのベース内の両側に位置決め片が設けられて、二つの位置決め片がバネの下方に位置し、
該トップカバーは、片状の本体を具え、該本体の上方が折り曲げられてプッシュハンドルとされ、並びに該プッシュハンドルがコンセントケースの前側挿入孔より突出し、且つ本体より前向きに連動部が突出し、該連動部は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面が形成され、また本体の上方両側に該連動部の二つの斜面より所定の距離隔てられたスライド柱が設けられ、この二つのスライド柱が対応するサイドカバーの滑り溝内にスライド自在に挿入され、本体の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片が形成され、各位置決め片の凸柱がバネの上方に挿入され、該バネの下方がコンセントケース内のベース両側に設けられた嵌合ブロックに当接され、
該両側のサイドカバーは、上端面にトップカバーの連動部の両側斜面の傾斜に対応する案内斜面が設けられ、下端面にも案内斜面がありそれぞれコンセントケースのベースに設けられた左右のガイドレールの案内斜面の上方に当接され、両側のサイドカバーの背面に滑り溝が設けられてトップカバーの両側のスライド柱がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部が設けられて該傾斜部の下端の直立部に接続され、
該左右のガイドレールは、それぞれコンセントケース内のベースの前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレールの上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面が設けられ、
以上の部品で構成され、トップカバーの両側がバネの圧力を受け、そのプッシュハンドルがコンセントケースの挿入孔の上端に圧接され、並びにトップカバーの連動部と両側のサイドカバーの前端面が防塵作用を具え、通信プラグを挿入したい時は、トップカバーのプッシュハンドルを下向きに押せば、その連動部の左右両側の斜面が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバーを駆動し、両側のサイドカバーがその下端面の案内斜面により左右のガイドレールの案内斜面に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバーが両側のサイドカバーを左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバーの両側のスライド柱もまた両側のサイドカバーの背面の滑り溝に沿って下向きに移動し、トップカバーのプッシュハンドルが下向きに押圧されてコンセントケースの挿入孔の下端に当接される時、該トップカバー両側のスライド柱がそれぞれ両側のサイドカバーの滑り溝の直立部の下端に位置し並びに左右のガイドレールに当接され、反対に、トップカバーのプッシュハンドルに対する施力を停止する時、バネの弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、且つその両側のスライド柱が下から上に滑り溝の直立部に沿って上に移動し傾斜部に進入し、両側のサイドカバーに圧接されて両側のサイドカバーを左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、サイドカバーがもとの位置に回復してトップカバーと組み合わされて防塵機能が回復することを特徴とする、コンセントの防塵装置としている。
請求項2の考案は、箱形コンセントケース、トップカバー、両側のサイドカバー、左右のガイドレールを具えたコンセントの防塵装置であり、
該箱形コンセントケースは、そのベースに底板が接続され、該底板の前側に左右のガイドレールが設けられ、左右のガイドレールが箱形コンセントケースのベースの前側上方に位置しその左斜め下及び右斜め下に傾斜する案内斜面が両側のサイドカバーの案内斜面と接触し、該箱形コンセントケースの挿入孔がベース前側壁のU形孔と逆U形孔を具えた箱蓋の嵌合組合せ後に形成され、このほかベースが位置決め溝を具えて通信ソケットの嵌め込みに供され、通信ソケットの挿入溝が挿入孔に対向し、且つトップカバーと両側のサイドカバーが通信ソケットの前側と箱形コンセントケースのベース内の前側壁の間に介装されて活動可能な状態を呈し、且つベースに接続された底板に別に凸柱が凸設されてバネの下方に嵌合され、箱形コンセントケースのベースに別にその前側壁と所定距離隔てられた隔板が設けられ、隔板と前側壁の間に空間が形成されてトップカバーと両側のサイドカバーの活動が可能とされ、且つベースに貫通する溝が設けられて前述の空間と連通し、ベースに接続された底板に設けられた左右のガイドレールが前述の空間内に進入するのに便利とされ、
該トップカバーは、片状の本体を具え、該本体の上方が折り曲げられてプッシュハンドルとされ、並びに該プッシュハンドルがコンセントケースの前側挿入孔より突出し、且つ本体より前向きに連動部が突出し、該連動部は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面が形成され、また本体の上方両側に該連動部の二つの斜面より所定の距離隔てられたスライド柱が設けられ、この二つのスライド柱が対応するサイドカバーの滑り溝内にスライド自在に挿入され、本体の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片が形成され、各位置決め片の凸柱がバネの上方に挿入され、該バネの下方がコンセントケース内のベース両側に設けられた嵌合ブロックに当接され、
該両側のサイドカバーは、上端面にトップカバーの連動部の両側斜面の傾斜に対応する案内斜面が設けられ、下端面にも案内斜面がありそれぞれコンセントケースのベースに設けられた左右のガイドレールの案内斜面の上方に当接され、両側のサイドカバーの背面に滑り溝が設けられてトップカバーの両側のスライド柱がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部が設けられて該傾斜部の下端の直立部に接続され、
該左右のガイドレールは、それぞれコンセントケース内のベースの前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレールの上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面が設けられ、
以上の部品で構成され、トップカバーの両側がバネの圧力を受け、そのプッシュハンドルが箱形コンセントケースの挿入孔の上端に圧接され、並びにトップカバーの連動部と両側のサイドカバーの前端面が防塵作用を具え、通信プラグを挿入したい時は、トップカバーのプッシュハンドルを下向きに押せば、その連動部の左右両側の斜面が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバーを駆動し、両側のサイドカバーがその下端面の案内斜面により左右のガイドレールの案内斜面に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバーが両側のサイドカバーを左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバーの両側のスライド柱もまた両側のサイドカバーの背面の滑り溝に沿って下向きに移動し、トップカバーのプッシュハンドルが下向きに押圧されてコンセントケースの挿入孔の下端に当接される時、該トップカバー両側のスライド柱がそれぞれ両側のサイドカバーの滑り溝の直立部の下端に位置し並びに左右のガイドレールに当接され、反対に、トップカバーのプッシュハンドルに対する施力を停止する時、バネの弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、且つその両側のスライド柱が下から上に滑り溝の直立部に沿って上に移動し傾斜部に進入し、両側のサイドカバーに圧接されて両側のサイドカバーを左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、サイドカバーがもとの位置に回復してトップカバーと組み合わされて防塵機能が回復することを特徴とする、コンセントの防塵装置としている。
請求項3の考案は、面板、トップカバー、両側のサイドカバー、左右のガイドレールを具えたコンセントの防塵装置であり、
該面板は、それに接続された後部カバーに左右のガイドレールが設けられ、左右のガイドレールがその左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面により両側のサイドカバーの案内斜面と接触し、該面板に挿入孔が設けられ、且つ面板の後側の上と下に二つの位置決め壁が設けられて該位置決め壁に設けられた係止溝が両側にフックを具えた後部カバーに接続、位置決めされ、該後部カバーは通信ソケットに接続され、通信ソケットの挿入溝に面板の挿入孔が対向し、且つトップカバーと両側のサイドカバーが後部カバーの前側と面板の前側壁内部の間に介装されて活動可能な状態を呈し、
該トップカバーは、片状の本体を具え、該本体の上方が折り曲げられてプッシュハンドルとされ、並びに該プッシュハンドルがコンセントケースの前側挿入孔より突出し、且つ本体より前向きに連動部が突出し、該連動部は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面が形成され、また本体の上方両側に該連動部の二つの斜面より所定の距離隔てられたスライド柱が設けられ、この二つのスライド柱が対応するサイドカバーの滑り溝内にスライド自在に挿入され、本体の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片が形成され、各位置決め片の凸柱がバネの上方に挿入され、該バネの下方がコンセントケース内のベース両側に設けられた嵌合ブロックに当接され、
該両側のサイドカバーは、上端面にトップカバーの連動部の両側斜面の傾斜に対応する案内斜面が設けられ、下端面にも案内斜面がありそれぞれコンセントケースのベースに設けられた左右のガイドレールの案内斜面の上方に当接され、両側のサイドカバーの背面に滑り溝が設けられてトップカバーの両側のスライド柱がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部が設けられて該傾斜部の下端の直立部に接続され、
該左右のガイドレールは、それぞれコンセントケース内のベースの前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレールの上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面が設けられ、
以上の部品で構成され、トップカバーの両側がバネの圧力を受け、そのプッシュハンドルが面板の挿入孔の上端に圧接され、並びにトップカバーの連動部と両側のサイドカバーの前端面が防塵作用を具え、通信プラグを挿入したい時は、トップカバーのプッシュハンドルを下向きに押せば、その連動部の左右両側の斜面が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバーを駆動し、両側のサイドカバーがその下端面の案内斜面により左右のガイドレールの案内斜面に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバーが両側のサイドカバーを左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバーの両側のスライド柱もまた両側のサイドカバーの背面の滑り溝に沿って下向きに移動し、トップカバーのプッシュハンドルが下向きに押圧されてコンセントケースの挿入孔の下端に当接される時、該トップカバー両側のスライド柱がそれぞれ両側のサイドカバーの滑り溝の直立部の下端に位置し並びに左右のガイドレールに当接され、反対に、トップカバーのプッシュハンドルに対する施力を停止する時、バネの弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、且つその両側のスライド柱が下から上に滑り溝の直立部に沿って上に移動し傾斜部に進入し、両側のサイドカバーに圧接されて両側のサイドカバーを左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、サイドカバーがもとの位置に回復してトップカバーと組み合わされて防塵機能が回復することを特徴とする、コンセントの防塵装置としている。

本考案はトップカバーと両側のサイドカバーを利用して防塵作用を具備するものとされ、そのうちトップカバーの両側辺に斜面が設けられて両側のサイドカバーを駆動してそれぞれ左斜め下及び右斜め下に移動させて開放状態となしてプラグをコンセントに挿入できる状態とすることができ、操作に便利で楽に操作できる。

図7から図17は本考案のコンセントの防塵装置の第1実施例を示す。それは、トップカバー1、両側のサイドカバー2、3、左右のガイドレール4、5を具えている。

該トップカバー1は、片状の本体11を具え、該本体11の上方が折り曲げられてプッシュハンドル111とされ、並びに該プッシュハンドル111がコンセントケース6の前側挿入孔61より突出し、且つ本体11より前向きに連動部112(図8、10)が突出し、該連動部112は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面1121、1122が形成され、また本体11の上方両側に別に該連動部112の二つの斜面1121、1122より所定の距離隔てられたスライド柱113、114が設けられ、この二つのスライド柱113、114がそれぞれ二つのサイドカバー2、3の滑り溝21、31内に滑り込み、本体11の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片115が形成され、各位置決め片115の凸柱1151がバネ10の上方101に挿入され、更にバネ10の下方102がコンセントケース6内のベース62両側に設けられた嵌合ブロック621に当接されている。

該両側のサイドカバー2、3は、上端面にトップカバー1の連動部112の両側斜面1121、1122の傾斜に対応する案内斜面22、32が設けられ、下端面にも案内斜面22、32がありそれぞれコンセントケース6のベース62に設けられた左右のガイドレール4、5の案内斜面41、51の上方に当接され、両側のサイドカバー2、3の背面に滑り溝21、31が設けられてトップカバー1の両側のスライド柱113、114がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝21、31にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部211、311が設けられて該傾斜部211、311の下端の直立部212、312に接続されている。

該左右のガイドレール4、5は(図7参照)、それぞれコンセントケース6内のベース62の前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレール4、5の上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面41、51が設けられている。

以上の部品で構成され、トップカバー1の両側がバネ10の圧力を受け、そのプッシュハンドル111がコンセントケース6の挿入孔61の上端に圧接され、並びにトップカバー1の連動部112と両側のサイドカバー2、3の前端面20、30が防塵作用を具え(図13、14)、通信プラグ(図示せず)を挿入したい時は、トップカバー1のプッシュハンドル111を下向きに押せば、その連動部112の左右両側の斜面1121、1122が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバー2、3を駆動し、両側のサイドカバー2、3がその下端面の案内斜面22、32により左右のガイドレール4、5の案内斜面41、51に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバー1が両側のサイドカバー2、3を左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバー1の両側のスライド柱113、114もまた両側のサイドカバー2、3の背面の滑り溝21、31に沿って下向きに移動し、トップカバー1のプッシュハンドル111が下向きに押圧されてコンセントケース6の挿入孔61の下端に当接される時(図16)、該トップカバー1両側のスライド柱113、114がそれぞれ両側のサイドカバー2、3の滑り溝21、31の直立部212、312の下端に位置し並びに左右のガイドレール4、5に当接される(図11)。反対に、トップカバー1のプッシュハンドル111に対する施力を停止する時、バネ10の弾性回復力によりトップカバー1が上に移動し、且つその両側のスライド柱113、114が下から上に滑り溝21、31の直立部212、312に沿って上に移動し傾斜部211、311に進入し、両側のサイドカバー2、3に圧接されて両側のサイドカバー2、3を左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、もとの位置に回復させ(図10、13)、トップカバー1と組み合わされて防塵機能が回復する。

更に、前述のコンセントケース6はその両側の係止溝67で両側にフック631を具えた後部カバー63に接続、位置決めされ、該後部カバー63は通信ソケット60と接続され、並びに通信ソケット60の挿入溝601が後部カバー63の挿入孔61に対向し、且つ前述のトップカバー1と両側のサイドカバー2、3が通信ソケット60の前側とコンセントケース6内のベース62の前側壁620の間で活動可能な状態とされ、コンセントケース6と後部カバー63及び通信ソケット60が組み合わされ位置決めされた後、コンセントケース6両側に設けられた係止突起622により面板64(図17)の挿入孔641内に設けられた固定フレーム642のストッパ(図示せず)と係合し、位置決めされる。

また、前述のコンセントケース6のベース62両側に設けられた嵌合ブロック621の後側が二つの位置決め片66の下方661に嵌合され、各位置決め片66の上方に嵌め孔662が設けられて、コンセントケース6内のベース62の前側壁620に設けられた凸柱6201(図10)と嵌合接続され、二つの位置決め片66がちょうど前述のバネ10の後方に位置し、バネ10の位置決め効果が増される。

このほか、図18から図22に示されるのは本考案の第2実施例であり、それによると、トップカバー1、両側のサイドカバー2、3、左右のガイドレール4、5の構造特徴及び技術内容は前述の第1実施例と同じであるが、第1実施例と異なるところは以下のとおりである。即ち、該左右のガイドレール4、5が箱形コンセントケース7のベース72に接続された底板73の前側上方に設置され、左右のガイドレール4、5がそれぞれ箱形コンセントケース7のベース72の前側上方に位置してその左斜め下向き及び右斜め下向きに傾斜する案内斜面41、51が両側のサイドカバー2、3の案内斜面22、32と接触し、該箱形コンセントケース7の挿入孔71がベース72前側壁の凹形孔721と逆U形孔741を具えた箱蓋74の嵌合組合せ後に形成され、このほか、ベース72が位置決め溝720を具えて通信ソケット60の嵌め込みに供され、通信ソケット60の挿入溝601が挿入孔71に対向し、且つトップカバー1と両側のサイドカバー2、3が通信ソケット60の前側と箱形コンセントケース7のベース72内の前側壁722の間に介装されて活動可能な状態を呈する。

更に第2実施例中の箱形コンセントケース7のベース72に接続された底板73に別に凸柱732が凸設されてバネ10の下方に嵌合される。

また、前述の第2実施例中の箱形コンセントケース7のベース72に別にその前側壁722と所定距離隔てられた隔板725が設けられ、隔板725と前側壁722の間に空間728が形成されて前述のトップカバー1と両側のサイドカバー2、3の活動が可能とされ、且つベース72に貫通する溝727が設けられて前述の空間728と連通し、ベース72に接続された底板73に設けられた左右のガイドレール4、5が前述の空間728内に進入するのに便利とされている。

このほか、図23から図27は本考案の第3実施例を示し、それによると、トップカバー1、両側のサイドカバー2、3、左右のガイドレール4、5の構造特徴及び技術内容は前述の第1実施例と同じであるが、第1実施例と異なるところは以下のとおりである。即ち、コンセントケース6が別の規格の面板8に改められ、且つ面板8に二組の防塵装置が取付けられ、左右のガイドレール4、5は面板8に接続された後部カバー83の前側に設置するよう改められ、左右のガイドレール4、5がその左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面41、51により両側のサイドカバー2、3の案内斜面22、32と接触し、該面板8に挿入孔81が設けられ、且つ面板8の後側の上と下に二つの位置決め壁827が設けられて該位置決め壁827に設けられた係止溝8271が両側にフック831を具えた後部カバー83に接続、位置決めされ、該後部カバー83は通信ソケット60に接続され、通信ソケット60の挿入溝601に面板8の挿入孔81が対向し、且つトップカバー1と両側のサイドカバー2、3が後部カバー83の前側と面板8の前側壁82内部の間に介装されて活動可能な状態を呈し、このほか二つのバネ10の下方が後部カバー83下方の両側の凸片832に当接されている。

周知の製品の立体分解図である。 周知の製品の部分部品立体図である。 周知の製品の部分部品背面図である。 もう一つの周知の製品の部分部品分解図である。 もう一つの周知の製品の正面図である。 もう一つの周知の製品の立体組合せ図である。 本考案の第1実施例の背面立体分解図である。 本考案の第1実施例中、トップカバーと両側のサイドカバーの部分立体組合せ図である。 本考案の第1実施例中、トップカバーと両側のサイドカバーの別角度の部分立体組合せ図である。 本考案の第1実施例の組合せ断面図である。 本考案の第1実施例中の防塵装置開放状態の組合せ断面図である。 本考案の第1実施例の立体組合せ図である。 本考案の第1実施例の別角度の立体図である。 本考案の第1実施例の別角度の断面立体図である(バネは未表示)。 本考案の第1実施例中の防塵装置の開放状態の立体図である。 本考案の第1実施例中の防塵装置の開放状態の立体図である(コンセントケースは未表示)。 本考案の第1実施例中の面板の立体図である。 本考案の第2実施例の立体分解図である。 本考案の第2実施例のカバーの未組付け状態の立体断面分解図である。 本考案の第2実施例の立体図である。 本考案の第2実施例の部分部品背面立体図である。 本考案の第2実施例の部分部品立体図である。 本考案の第3実施例の立体分解図である。 本考案の第3実施例の立体図である。 本考案の第3実施例の背面立体分解図である。 本考案の第3実施例の背面立体図である。 本考案の第3実施例中の防塵装置の開放状態の立体図である。

符号の説明

1 トップカバー
10 バネ
101 上方
102 下方
11 本体
111 プッシュハンドル
112 連動部
1121、1122 斜面
113、114 スライド柱
115 位置決め片
1151 凸柱
2、3 サイドカバー
21、31 滑り溝
211、311 傾斜部
212、312 直立部
22、32 案内斜面
4、5 ガイドレール
41、51 案内斜面
6 コンセントケース
60 通信ソケット
601 挿入溝
61 挿入孔
62 ベース
620 前側壁
6201 凸柱
621 嵌合ブロック
622 係止突起
63 後部カバー
631 フック
64 面板
641 挿入孔
642 固定フレーム
66 位置決め片
661 下方
662 嵌め孔
67 係止溝
7 箱形コンセントケース
71 挿入孔
72 ベース
720 位置決め溝
721 凹形孔
722 前側壁
725 隔板
728 空間
73 底板
732 凸柱
74 箱蓋
741 逆U形孔
8 面板
81 挿入孔
82 前側壁
827 位置決め壁
8271 係止溝
83 後部カバー
832 凸片

Claims (3)

  1. コンセントケース、トップカバー、両側のサイドカバー、左右のガイドレールを具えたコンセントの防塵装置であり、
    該コンセントケースは、後部カバーと接続、位置決めされ、該後部カバーは通信ソケットと接続され、通信ソケットの挿入溝がコンセントケースの挿入孔に対向し、且つトップカバーと両側のサイドカバーが該通信ソケットの前側とコンセントケース内のベースの前側壁の間で活動可能な状態を呈し、前述のコンセントケースと後部カバー及び通信ソケットの組合せ、位置決め後に、コンセントケース両側に設けられた係止突起が面板の挿入孔内に設けられた固定フレームのストッパと係合され、且つ該コンセントケースのベース内の両側に位置決め片が設けられて、二つの位置決め片がバネの下方に位置し、
    該トップカバーは、片状の本体を具え、該本体の上方が折り曲げられてプッシュハンドルとされ、並びに該プッシュハンドルがコンセントケースの前側挿入孔より突出し、且つ本体より前向きに連動部が突出し、該連動部は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面が形成され、また本体の上方両側に該連動部の二つの斜面より所定の距離隔てられたスライド柱が設けられ、この二つのスライド柱が対応するサイドカバーの滑り溝内にスライド自在に挿入され、本体の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片が形成され、各位置決め片の凸柱がバネの上方に挿入され、該バネの下方がコンセントケース内のベース両側に設けられた嵌合ブロックに当接され、
    該両側のサイドカバーは、上端面にトップカバーの連動部の両側斜面の傾斜に対応する案内斜面が設けられ、下端面にも案内斜面がありそれぞれコンセントケースのベースに設けられた左右のガイドレールの案内斜面の上方に当接され、両側のサイドカバーの背面に滑り溝が設けられてトップカバーの両側のスライド柱がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部が設けられて該傾斜部の下端の直立部に接続され、
    該左右のガイドレールは、それぞれコンセントケース内のベースの前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレールの上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面が設けられ、
    以上の部品で構成され、トップカバーの両側がバネの圧力を受け、そのプッシュハンドルがコンセントケースの挿入孔の上端に圧接され、並びにトップカバーの連動部と両側のサイドカバーの前端面が防塵作用を具え、通信プラグを挿入したい時は、トップカバーのプッシュハンドルを下向きに押せば、その連動部の左右両側の斜面が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバーを駆動し、両側のサイドカバーがその下端面の案内斜面により左右のガイドレールの案内斜面に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバーが両側のサイドカバーを左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバーの両側のスライド柱もまた両側のサイドカバーの背面の滑り溝に沿って下向きに移動し、トップカバーのプッシュハンドルが下向きに押圧されてコンセントケースの挿入孔の下端に当接される時、該トップカバー両側のスライド柱がそれぞれ両側のサイドカバーの滑り溝の直立部の下端に位置し並びに左右のガイドレールに当接され、反対に、トップカバーのプッシュハンドルに対する施力を停止する時、バネの弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、且つその両側のスライド柱が下から上に滑り溝の直立部に沿って上に移動し傾斜部に進入し、両側のサイドカバーに圧接されて両側のサイドカバーを左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、サイドカバーがもとの位置に回復してトップカバーと組み合わされて防塵機能が回復することを特徴とする、コンセントの防塵装置。
  2. 箱形コンセントケース、トップカバー、両側のサイドカバー、左右のガイドレールを具えたコンセントの防塵装置であり、
    該箱形コンセントケースは、そのベースに底板が接続され、該底板の前側に左右のガイドレールが設けられ、左右のガイドレールが箱形コンセントケースのベースの前側上方に位置しその左斜め下及び右斜め下に傾斜する案内斜面が両側のサイドカバーの案内斜面と接触し、該箱形コンセントケースの挿入孔がベース前側壁のU形孔と逆U形孔を具えた箱蓋の嵌合組合せ後に形成され、このほかベースが位置決め溝を具えて通信ソケットの嵌め込みに供され、通信ソケットの挿入溝が挿入孔に対向し、且つトップカバーと両側のサイドカバーが通信ソケットの前側と箱形コンセントケースのベース内の前側壁の間に介装されて活動可能な状態を呈し、且つベースに接続された底板に別に凸柱が凸設されてバネの下方に嵌合され、箱形コンセントケースのベースに別にその前側壁と所定距離隔てられた隔板が設けられ、隔板と前側壁の間に空間が形成されてトップカバーと両側のサイドカバーの活動が可能とされ、且つベースに貫通する溝が設けられて前述の空間と連通し、ベースに接続された底板に設けられた左右のガイドレールが前述の空間内に進入するのに便利とされ、
    該トップカバーは、片状の本体を具え、該本体の上方が折り曲げられてプッシュハンドルとされ、並びに該プッシュハンドルがコンセントケースの前側挿入孔より突出し、且つ本体より前向きに連動部が突出し、該連動部は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面が形成され、また本体の上方両側に該連動部の二つの斜面より所定の距離隔てられたスライド柱が設けられ、この二つのスライド柱が対応するサイドカバーの滑り溝内にスライド自在に挿入され、本体の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片が形成され、各位置決め片の凸柱がバネの上方に挿入され、該バネの下方がコンセントケース内のベース両側に設けられた嵌合ブロックに当接され、
    該両側のサイドカバーは、上端面にトップカバーの連動部の両側斜面の傾斜に対応する案内斜面が設けられ、下端面にも案内斜面がありそれぞれコンセントケースのベースに設けられた左右のガイドレールの案内斜面の上方に当接され、両側のサイドカバーの背面に滑り溝が設けられてトップカバーの両側のスライド柱がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部が設けられて該傾斜部の下端の直立部に接続され、
    該左右のガイドレールは、それぞれコンセントケース内のベースの前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレールの上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面が設けられ、
    以上の部品で構成され、トップカバーの両側がバネの圧力を受け、そのプッシュハンドルが箱形コンセントケースの挿入孔の上端に圧接され、並びにトップカバーの連動部と両側のサイドカバーの前端面が防塵作用を具え、通信プラグを挿入したい時は、トップカバーのプッシュハンドルを下向きに押せば、その連動部の左右両側の斜面が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバーを駆動し、両側のサイドカバーがその下端面の案内斜面により左右のガイドレールの案内斜面に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバーが両側のサイドカバーを左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバーの両側のスライド柱もまた両側のサイドカバーの背面の滑り溝に沿って下向きに移動し、トップカバーのプッシュハンドルが下向きに押圧されてコンセントケースの挿入孔の下端に当接される時、該トップカバー両側のスライド柱がそれぞれ両側のサイドカバーの滑り溝の直立部の下端に位置し並びに左右のガイドレールに当接され、反対に、トップカバーのプッシュハンドルに対する施力を停止する時、バネの弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、且つその両側のスライド柱が下から上に滑り溝の直立部に沿って上に移動し傾斜部に進入し、両側のサイドカバーに圧接されて両側のサイドカバーを左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、サイドカバーがもとの位置に回復してトップカバーと組み合わされて防塵機能が回復することを特徴とする、コンセントの防塵装置。
  3. 面板、トップカバー、両側のサイドカバー、左右のガイドレールを具えたコンセントの防塵装置であり、
    該面板は、それに接続された後部カバーに左右のガイドレールが設けられ、左右のガイドレールがその左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面により両側のサイドカバーの案内斜面と接触し、該面板に挿入孔が設けられ、且つ面板の後側の上と下に二つの位置決め壁が設けられて該位置決め壁に設けられた係止溝が両側にフックを具えた後部カバーに接続、位置決めされ、該後部カバーは通信ソケットに接続され、通信ソケットの挿入溝に面板の挿入孔が対向し、且つトップカバーと両側のサイドカバーが後部カバーの前側と面板の前側壁内部の間に介装されて活動可能な状態を呈し、
    該トップカバーは、片状の本体を具え、該本体の上方が折り曲げられてプッシュハンドルとされ、並びに該プッシュハンドルがコンセントケースの前側挿入孔より突出し、且つ本体より前向きに連動部が突出し、該連動部は上が太く下が細くなるよう形成されて対称な二つの斜面が形成され、また本体の上方両側に該連動部の二つの斜面より所定の距離隔てられたスライド柱が設けられ、この二つのスライド柱が対応するサイドカバーの滑り溝内にスライド自在に挿入され、本体の上端両側が後ろ向きに折り曲げられて位置決め片が形成され、各位置決め片の凸柱がバネの上方に挿入され、該バネの下方がコンセントケース内のベース両側に設けられた嵌合ブロックに当接され、
    該両側のサイドカバーは、上端面にトップカバーの連動部の両側斜面の傾斜に対応する案内斜面が設けられ、下端面にも案内斜面がありそれぞれコンセントケースのベースに設けられた左右のガイドレールの案内斜面の上方に当接され、両側のサイドカバーの背面に滑り溝が設けられてトップカバーの両側のスライド柱がスライド自在に挿入され、前述の滑り溝にその上端面の傾斜に合わせて傾斜部が設けられて該傾斜部の下端の直立部に接続され、
    該左右のガイドレールは、それぞれコンセントケース内のベースの前側上方の所定位置に設けられ、左右のガイドレールの上端に左斜め下向きと右斜め下向きに傾斜する案内斜面が設けられ、
    以上の部品で構成され、トップカバーの両側がバネの圧力を受け、そのプッシュハンドルが面板の挿入孔の上端に圧接され、並びにトップカバーの連動部と両側のサイドカバーの前端面が防塵作用を具え、通信プラグを挿入したい時は、トップカバーのプッシュハンドルを下向きに押せば、その連動部の左右両側の斜面が左斜め下向き及び右斜め下向きに両側のサイドカバーを駆動し、両側のサイドカバーがその下端面の案内斜面により左右のガイドレールの案内斜面に沿って左斜め下向き及び右斜め下向きにスライドし、且つ前述のトップカバーが両側のサイドカバーを左斜め下向き、右斜め下向きにスライドさせると同時に、該トップカバーの両側のスライド柱もまた両側のサイドカバーの背面の滑り溝に沿って下向きに移動し、トップカバーのプッシュハンドルが下向きに押圧されてコンセントケースの挿入孔の下端に当接される時、該トップカバー両側のスライド柱がそれぞれ両側のサイドカバーの滑り溝の直立部の下端に位置し並びに左右のガイドレールに当接され、反対に、トップカバーのプッシュハンドルに対する施力を停止する時、バネの弾性回復力によりトップカバーが上に移動し、且つその両側のスライド柱が下から上に滑り溝の直立部に沿って上に移動し傾斜部に進入し、両側のサイドカバーに圧接されて両側のサイドカバーを左斜め上向きと右斜め上向きに駆動し、サイドカバーがもとの位置に回復してトップカバーと組み合わされて防塵機能が回復することを特徴とする、コンセントの防塵装置。
JP2004004326U 2004-07-22 2004-07-22 コンセントの防塵装置 Expired - Lifetime JP3106743U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004004326U JP3106743U (ja) 2004-07-22 2004-07-22 コンセントの防塵装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004004326U JP3106743U (ja) 2004-07-22 2004-07-22 コンセントの防塵装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3106743U true JP3106743U (ja) 2005-01-20

Family

ID=43269502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004004326U Expired - Lifetime JP3106743U (ja) 2004-07-22 2004-07-22 コンセントの防塵装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3106743U (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6116488A (en) Trigger switching structure of contact/full sequential actuation fastening tool
US20120287562A1 (en) Expandable Keyboard Device
US5730342A (en) Mobile telephone fastening
US5463195A (en) Key switch
US6927972B1 (en) Concealed type hook structure adapted to secure a portable computer to a base member
US6547119B2 (en) Power stapler
US5935729A (en) Cam actuated latch for battery case
CN2777910Y (zh) 电池盖卡锁结构
US5749278A (en) Mold-pressing device
US5146770A (en) Card-operated lock
US6951469B1 (en) Electric outlet dust protective structure
US7108443B2 (en) Coupling device for a foldable frame
CN1681144A (zh) 用于移动通信终端的电池组锁定装置
GB2266230A (en) Vacuum cleaner nozzle with duster function
JP2004272704A (ja) メモリカード用アダプタ
US6452787B1 (en) Engaging and ejecting device for expansion module/cell of portable computer
CN201337385Y (zh) 一种盖板的快装装置
US7940025B2 (en) Device for locking a power tool to a battery pack, and battery pack
US5944436A (en) Pen possible to sound
US20080276744A1 (en) Side core-pulling mechanism of mold
US5330280A (en) Filing apparatus of both-side opening/closing type
GB2308755A (en) Half-fitting prevention connector
JPH07106028A (ja) Fpcコネクタ装置
US4916276A (en) Push lock mechanism
CN105508846A (zh) 一种带报警装置的计算机显示装置组件

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101104

Year of fee payment: 6

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101104