JP3074099U - 水耕栽培装置 - Google Patents

水耕栽培装置

Info

Publication number
JP3074099U
JP3074099U JP2000004150U JP2000004150U JP3074099U JP 3074099 U JP3074099 U JP 3074099U JP 2000004150 U JP2000004150 U JP 2000004150U JP 2000004150 U JP2000004150 U JP 2000004150U JP 3074099 U JP3074099 U JP 3074099U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
suspended
planter
planter body
hydroponic cultivation
mounting plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2000004150U
Other languages
English (en)
Inventor
紘一 中村
Original Assignee
紘一 中村
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 紘一 中村 filed Critical 紘一 中村
Priority to JP2000004150U priority Critical patent/JP3074099U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3074099U publication Critical patent/JP3074099U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Cultivation Receptacles Or Flower-Pots, Or Pots For Seedlings (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】有底箱型をしたプランターは花卉や野菜類の栽
培に多く用いられているが、土から虫がわいたり、土が
周囲に散らばることがあり、清潔感に欠けるとしてその
使用を嫌う人たちがいる。一方、水耕栽培は土を用いな
いので、土を用いるプランターに比べ、清潔感において
勝っているが、根腐れの発生する場合があり、水耕栽培
に適さない植物もあり、その用途は限られれていた。 【構成】水密性を有する有底箱型をしたプランター本体
1と、このプランター本体1の上端に乗架する内側がく
り抜かれた額縁状をした上縁係止板2と、この上縁係止
板2からプランター本体1内へ垂下された複数の吊支片
5と、この吊支片5によって吊支され、プランター本体
1内においてほぼ水平に位置せしめられた植物載置板6
と、この植物載置板6から振り分け状に懸吊せしめられ
た布状をした吸水体7、とから水耕栽培装置を構成し
た。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
この考案は、水耕栽培装置、詳しくは、花卉や野菜を手軽かつ衛生的に栽培す ることができる便利な水耕栽培用の装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
近年、花卉だけでなく、野菜の栽培を趣味として家庭で楽しむ人たちが増えて おり、この為の装置や用具も多く出回っている。自宅で野菜を栽培する場合、無 農薬野菜や有機栽培も納得の行く様に自分自身で試すことができる為、趣味と実 益を重ねた野菜栽培は今後ますます盛んにするものと思われる。
【0003】 趣味としての花卉や野菜の栽培の場合、集合住宅ではスペースの関係から プランターを用い、ベランダや室内で行うことも多い。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
通常、家庭における花卉や野菜の栽培の場合、土を入れたプランターにこれら を植え込むことが普通である。しかし、プランター内の土から虫がわき出したり 、土がこぼれ出して周囲を汚したりすることがある為、清潔感に欠けるとして土 の入ったプランターの室内やベランダへの持ち込みを嫌う人たちも多い。又、手 入れの際に手が汚れるとして土の入ったプランターを敬遠する人たちも多い。
【0005】 更に、近年の都会生活では、植物栽培に適した土自体の手入れも困難な為、園 芸用品店で土壌をわざわざ購入しなければならなかったり、使用済みや余剰な土 壌の処理も簡単に行えないという困った状況も発生している。
【0006】 土は園芸の基本であり、土に直接触れることによって、植物を育てる楽しみも 倍加するはずであるが、上記の通りの実態であるので、土を全く用いず、水耕栽 培で花卉や野菜を育てることも提案されており、その為の装置や用具も多く出回 っている。
【0007】 水耕栽培は土を用いぬ為、清潔感があり、室内における植物の小規模な栽培に は適しているが、水の管理が非常に難しく、育成しようとする植物の根が腐って しまうことも多く、初心者には手に負えない場合もあった。又、従来の水耕栽培 においては、植物の根は水に完全に浸積されて根からの空気呼吸が出来なくなる 為、植物の種類によっては水耕栽培が不可能な場合もあった。
【0008】 更に、水耕栽培を行うには、専用の栽培装置が必要であり、装置の入手に費用 がかかるといった問題もあった。
【0009】 本考案者は好みの花卉や野菜を趣味と実益を兼ね、土を用いることなく、手軽 に栽培できる装置を研究した結果、土を用いず、清潔感があるという水耕栽培の 長所を生かしつつ、根腐れを起こすことなく、手軽に植物の育生を楽しむことが 出来る低コストな水耕栽培装置を開発することに成功し、本考案としてここに提 案するものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】
水密性を有する有底箱型をしたプランター本体1と、このプランター本体1の 上端に乗架する内側がくり抜かれた額縁状をした上縁係止板2と、この上縁係止 板2からプランター本体1内へ垂下された複数の吊支片5と、この吊支片5によ って吊支され、プランター本体1内においてほぼ水平に位置せしめられた植物載 置板6と、この植物載置板6から振り分け状に懸吊せしめられた布状をした吸水 体7とから水耕栽培装置を構成することより、上記課題を解決せんとするもので ある。
【0011】
【実施例】
図1はこの考案に係る水耕栽培装置の一実施形態の一部を切欠いて描いたその 正面図、図2は図1における矢視A方向から見たその断面図である。
【0012】 図中、1は水密性を有する有底箱型をしたプランター本体であり、その内側下 部は水タンク部14となっている。図中15はプランター本体1の額面に設けら れたオーバーフロー孔であり、水タンク部14の水9の水位がこのオーバーフロ ーコー15より上に上昇しない様になっている。 なお、このプランター本体1自体は市販のプラスチック製プランターと全く同 じである。一方、2はこのプランター本体1の上縁3に乗架するプラスチック製 の上縁係止板であり、プランター本体1の上縁平面形状とほぼ相似形で若干大き い外周形状を有し、内側がほぼ相似形になる様にくり抜かれた額縁状をなしてい る。
【0013】 そして、この上縁係止板2の内周縁4の数箇所からは下方に向かって舌片状の 吊支片5から垂設されており、この吊支片5の下端には略長方形をした植物載置 板6がプランター本体1内においてほぼ水平を保つ様に吊支されている。なお、 この植物載置板6は前述のオーバーフロー孔5より上方に位置する様にその位置 が設定されている。そして、この植物載置板6からは木綿布、不織布等の布状吸 水体7が振り分け状にプランター本体1の水タンク部14底に向かって懸吊され ている。
【0014】 次に、この水耕栽培装置の使用方向について説明する。プランター本体1の水 タンク部14内に水9を満たし、吸水体7の下部をこの水9に浸す。一方、植物 載置板6上には、苗用ポット10に入れられた植物12を載置する。すると、水 タンク部14の水9は吸水体7の毛細管現象によって吸い上げられ、植物載置板 6の上面にまで達する。植物載置板6の上面に達した水9は苗用ポット10の底 面に設けられている水抜き孔13を通して苗用ポット10の内部に侵入し、植物 12の根11に達することになる。
【0015】 従って、植物には絶えず適量の水分が供給されることになり、育生上極めて良 好な状態に置かれることになる。なお、水タンク部14の水9には、適宜適量の 肥料を供給することは言うまでもない。なお、プランター本体1の壁面にはオー バーフロー孔15が設けられているので、水タンク14の水9の水位がオーバー フロー孔15以上に上昇することなく、いかなる場合にも植物載置板6が水没す るおそれはない。
【0016】
【効果】
この考案に係る水耕栽培装置は上記の通りの構成を有するものであり、栽培植 物の根は空気中に位置していながら、絶えず適量の水分が供給されており、根腐 れのおそれが全くなく、清潔感あふれる環境下で植物を育成させることができる 効果を有する。又も土を全く用いないので虫がわく心配や手入れの際に手を汚す おそれもなく、室内用として最適である。
【0017】 更に、プランター本体1は従来の市販品をそのまま用いることが出来るので、 製造コストも非常に少なくてすみ、家庭園芸を趣味とする多くの人たちに安価で 提供できる効果を有し、極めて実用的なものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案に係る水耕栽培装置の一実施形態の一
部を切欠いて描いたその正面図。
【図2】図1において矢視A方向から見たその断面図。
【符号の説明】 1 プランター本体 2 上縁係止板 3 上端 4 内周縁 5 吊支片 6 植物載置板 7 吸水体 9 水 10 苗用ポット 11 根部 12 植物 13 水抜き孔 14 水タンク部 15 オーバーフロー孔

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】水密性を有する有底箱型をしたプランター
    本体1と、このプランター本体1の上端に乗架する内側
    がくり抜かれた額縁状をした上縁係止板2と、この上縁
    係止板2からプランター本体1内へ垂下された複数の吊
    支片5と、この吊支片5によって吊支され、プランター
    本体1内においてほぼ水平に位置せしめられた植物載置
    板6と、この植物載置板6から振り分け状に懸吊せしめ
    られた布状をした吸水体7と、からなることを特徴とす
    る水耕栽培装置。
JP2000004150U 2000-06-15 2000-06-15 水耕栽培装置 Expired - Lifetime JP3074099U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000004150U JP3074099U (ja) 2000-06-15 2000-06-15 水耕栽培装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000004150U JP3074099U (ja) 2000-06-15 2000-06-15 水耕栽培装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3074099U true JP3074099U (ja) 2000-12-19

Family

ID=43207288

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000004150U Expired - Lifetime JP3074099U (ja) 2000-06-15 2000-06-15 水耕栽培装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3074099U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014000073A (ja) * 2012-05-25 2014-01-09 Minoru Industrial Co Ltd 野菜栽培器具

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014000073A (ja) * 2012-05-25 2014-01-09 Minoru Industrial Co Ltd 野菜栽培器具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20130031834A1 (en) Vertical planter system for orchids and epiphytic plants
CN202565823U (zh) 组合式栽培箱
JP2014171471A (ja) 花器を植木鉢として使用するための技術
KR200463816Y1 (ko) 기능성 화분
JP2001128588A (ja) プランター付水槽
JP3074099U (ja) 水耕栽培装置
JP6296515B2 (ja) 一般家庭向け簡易水耕栽培装置
JP3262724B2 (ja) 栽培装置
KR200365120Y1 (ko) 수조가 구비된 화분
JP2004267181A (ja) 植物自在棒固定鉢
CN207411103U (zh) 一种水培箱
CN215872778U (zh) 一种用于栽培秋海棠属植物的栽培容器
JP2019150004A (ja) 固形培地底潅水水耕栽培
KR20140131611A (ko) 식물 재배 장치
JP2013252121A (ja) 底潅水屋内栽培システム
TW201234956A (en) Plant planting device and planting method
CN2442503Y (zh) 生态环境花盆
KR200238295Y1 (ko) 만능화분
KR200364363Y1 (ko) 향발산 캔 화분
KR200303993Y1 (ko) 수경화분
CN2466889Y (zh) 植物吸水容器
JPH06178625A (ja) 陸生植物の水上園芸施設
JP3043872U (ja) 植物栽培装置
KR19980017484U (ko) 관상식물의 수경재배용 화분
JP3149228U (ja) 植物栽培装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term