JP3062994U - ツボ押し健康座椅子 - Google Patents

ツボ押し健康座椅子

Info

Publication number
JP3062994U
JP3062994U JP1999003429U JP342999U JP3062994U JP 3062994 U JP3062994 U JP 3062994U JP 1999003429 U JP1999003429 U JP 1999003429U JP 342999 U JP342999 U JP 342999U JP 3062994 U JP3062994 U JP 3062994U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chair
backrest
health chair
acupressure point
point health
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1999003429U
Other languages
English (en)
Inventor
安則 板坂
Original Assignee
安則 板坂
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 安則 板坂 filed Critical 安則 板坂
Priority to JP1999003429U priority Critical patent/JP3062994U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3062994U publication Critical patent/JP3062994U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Finger-Pressure Massage (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目 的】従来よりある椅子のシートを改善し、姿勢を
正し、ツボを押して健康に役立つものとなすこと。 【構 成】従来ある椅子の背もたれ(2)へ隆起物
(4)を複数個付設した構造もの。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は椅子の背もたれの改良に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
一般に、椅子、座椅子等は背もたれ部にもたれることにより、楽に座るも のであるが、背中を丸めて座ったり、座部に浅く掛けて不自然な姿勢をとる と、単に疲れて長時間座れないだけでなく、健康にも悪い影響を及ぼすもの である。 図1に従来の座椅子を示すが、従来の座椅子の背もたれ(2)は平面又は 背中に対して凹形となっているため、背もたれ部へもたれかかると背中が丸 くなって、胸を開き背筋を伸ばして、力を抜いて座るという健康に良い姿勢 がとれないという欠点がある。本考案はこの欠点を修正するものである。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
本考案は椅子の背もたれにもたれるという行為を利用し、単に楽に座るだ けでなく胸部を開き背筋が伸びるという正しい姿勢を保つこと、及び背中の ツボをも押して健康となるようにすることを課題としたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】
胸を開き、背筋を伸ばして、背もたれへもたれるためには、背もたれの中 心に沿って縦長な隆起部を設けること、及びこの隆起部を身体へ密着させる ことが必要である。 本考案は、大きな隆起部では密着が難しいので、小さな隆起物を椅子の背 もたれへ複数個設置すること、及び隆起物の構造をスプリングと弾性材の組 合せとして、ウレタン等の弾性材のみの構造と比べて、弾性度を大きくして 、背中を押される感覚をよりソフトで好感触となしたものである。
【0005】
【作 用】
図2は、隆起物(4)を背もたれ(2)へ4個(4ケ所)付設したもので あって、この4個の隆起物(4)によって、背筋の中央部の上下を支持して 胸を開いてリラクゼーションして座るとともに、4点の背中のツボを押すこ とが出来る。 図3は隆起物(4)を背もたれ(2)へ付設した部分の断面構造図であっ て、隆起物(4)はスプリング(7)、ウレタン(9)及びカバー(8)よ り構成され、背もたれ(2)のフレーム(6)でスプリング(7)を支持す る構造となっている。
【0006】
【実施例】
図2は隆起物(4)を4個(4ケ所)付設したものであるが、隆起物(4 )は背もたれによって複数個を適当に付設して利用するものである。
【0007】
【考案の効果】
本考案による隆起物(4)を用いるときには、単に座るだけで、胸が開き 、背中のツボが押されて、背筋も伸びるので、身体の疲れがとれ、リラック スできるので、ストレスの解消にも役立つものである。
【0008】
【図面の簡単な説明】
【図1】図1は従来の座椅子を示す斜視図である。
【図2】図2は本考案による隆起物(4)を付設した座
椅子の斜視図である。
【図3】図3は本考案による隆起物(4)を背もたれへ
付設した部分の構造を示す断面図である。
【符号の説明】
1は従来の座椅子 3はシート部 5はウレタン等の背もたれ用クッション材 6は背もたれのフレーム

Claims (2)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】スプリング(7)と背押し(9)より構成
    される突起物(4)を座椅子の背もたれ(2)へ複数個
    付設した座椅子。
  2. 【請求項2】[請求項1]の突起物(4)を椅子の背もた
    れへ付設した椅子。
JP1999003429U 1999-04-12 1999-04-12 ツボ押し健康座椅子 Expired - Lifetime JP3062994U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1999003429U JP3062994U (ja) 1999-04-12 1999-04-12 ツボ押し健康座椅子

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1999003429U JP3062994U (ja) 1999-04-12 1999-04-12 ツボ押し健康座椅子

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3062994U true JP3062994U (ja) 1999-10-15

Family

ID=43196718

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1999003429U Expired - Lifetime JP3062994U (ja) 1999-04-12 1999-04-12 ツボ押し健康座椅子

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3062994U (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6052852A (en) Mattress having massage effect
JPS61280862A (ja) 空気マツサ−ジ椅子
JP3062994U (ja) ツボ押し健康座椅子
KR20170123155A (ko) 탄성보강부재가 구비된 소파
JP2012170672A (ja) 胸及び肩周囲マッサージ器具
KR102073647B1 (ko) 의자용 좌판쿠션
JPH0417146Y2 (ja)
JP3023974U (ja) 腰掛椅子
JP3194412U (ja) 胸及び肩周囲マッサージ器具
KR200361519Y1 (ko) 다목적 등받이
CN208755560U (zh) 一种组合式护理枕头
JP2799405B2 (ja) 腰掛用家具
JP3086945U (ja) 弾力のある椅子
JP3039468U (ja) 椅 子
JPH11235254A (ja) 多目的クッション
JPH07171034A (ja) 椅 子
JPH11151141A (ja) 椅子用磁器カバー
JP2004057757A (ja) つぼ押しストレッチ健康椅子
JP3014795U (ja) 背伸ばし椅子
JP3012056U (ja) 背もたれが湾曲に可動する椅子
JP3066727U (ja) バイブレ―タ―内蔵クッション
KR200204832Y1 (ko) 등받이에 지압판이 부설된 의자
KR200187801Y1 (ko) 건강보조 지압구
KR100472038B1 (ko) 보조의자
JPH09384A (ja) 背もたれ