JP2819990B2 - Hoist type tower crane - Google Patents

Hoist type tower crane

Info

Publication number
JP2819990B2
JP2819990B2 JP16264493A JP16264493A JP2819990B2 JP 2819990 B2 JP2819990 B2 JP 2819990B2 JP 16264493 A JP16264493 A JP 16264493A JP 16264493 A JP16264493 A JP 16264493A JP 2819990 B2 JP2819990 B2 JP 2819990B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hoist
rail
trolley
horizontal
ring
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP16264493A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0710457A (en
Inventor
康平 栗田
達也 脇坂
Original Assignee
株式会社大林組
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社大林組 filed Critical 株式会社大林組
Priority to JP16264493A priority Critical patent/JP2819990B2/en
Publication of JPH0710457A publication Critical patent/JPH0710457A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2819990B2 publication Critical patent/JP2819990B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
【0001】[0001]
【産業上の利用分野】本発明は、建設中の建造物に隣設
するタワーにより荷揚げするための装置に関し、特に、
荷を巻き上げるホイストをレールに沿って自走するトロ
リに設けたトロリホイストを循環させて荷揚げを行うホ
イスト型タワークレーンに関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to an apparatus for unloading a tower under construction by a tower adjacent to the building under construction.
The present invention relates to a hoist-type tower crane that unloads by hoisting a load by circulating a trolley hoist provided on a trolley that travels along rails.
【0002】[0002]
【従来の技術】建設中の建造物への荷揚げは一般にタワ
ークレーンによって行われる(例えば特開昭53−31
5493)。このようなタワークレーンは、タワークレ
ーン1台につき荷揚げのためのワイヤ及び吊フックが1
組である。又、複数組が設けられる場合であっても、使
用されるのは一時に1組のみである。このため荷の玉掛
け、荷揚げ、荷据置及び荷取場への復帰等の一連の作業
は、前回の作業を終了するまでは次の作業へ進むことが
できなかった。即ち、例えば前回の荷を荷据置場に据置
いている最中に、次回の荷を荷揚げするというように作
業を並行して行うことができず作業が非能率的であっ
た。
2. Description of the Related Art Unloading of a building under construction is generally performed by a tower crane (for example, see Japanese Unexamined Patent Publication No. 53-31).
5493). Such a tower crane has one wire for lifting and one hanging hook per tower crane.
It is a set. Even when a plurality of sets are provided, only one set is used at a time. For this reason, a series of operations such as slinging, unloading, unloading the cargo, and returning to the loading area could not proceed to the next operation until the previous operation was completed. That is, for example, while the previous load is being placed in the storage area, the work cannot be performed in parallel, such as unloading the next load, and the work is inefficient.
【0003】これに対し、複数の荷揚げを並行して行う
ものとしてトロリホイストを利用するものが提案されて
いる(特開平4−155062)。このトロリホイスト
は、荷を巻き上げるホイストを、レールに沿って自走す
るトロリに設けたものである。このトロリホイストが自
走するレールは、同一断面の移動可能なレールと固定レ
ールがあり、トロリを吊ったままの移動可能なレール
を、固定レールの端部に一時的に接続して、トロリを固
定レールに乗り移らせることにより、次々と異なるレー
ルを走行し荷を運搬することができる。
On the other hand, a method using a trolley hoist has been proposed for performing a plurality of unloading operations in parallel (Japanese Patent Application Laid-Open No. H4-155062). In this trolley hoist, a hoist for winding up a load is provided on a trolley that runs by itself along a rail. The rail on which the trolley hoist runs is divided into a movable rail and a fixed rail of the same cross section.The movable rail with the trolley hung is temporarily connected to the end of the fixed rail to connect the trolley. By transferring to a fixed rail, it is possible to travel on different rails one after another and carry a load.
【0004】[0004]
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記タ
ワークレーンに前記トロリホイストをそのまま利用しよ
うとすると、トロリホイストはタワークレーンの水平ジ
ブ高さからはるか下方の地上面に達する長いロープを下
ろして荷を吊上げなければならない。このためトロリホ
イストに長いロープを備える必要が生じ、1台のトロリ
ホイストの荷重が過大なものとなる。
However, if the trolley hoist is to be used for the tower crane as it is, the trolley hoist unloads a long rope from the horizontal jib height of the tower crane to the ground surface far below. Must be lifted. For this reason, it is necessary to equip the trolley hoist with a long rope, and the load of one trolley hoist becomes excessive.
【0005】本発明は、以上の問題点を解決するために
成されたもので、タワークレーンにトロリホイストを利
用し、複数台のトロリホイストで荷揚げ、中継ぎ水平運
搬および荷降ろしからなる一連の作業を並行して行い、
且つ1台のトロリホイストの重量を小さくできるホイス
ト型タワークレーンを提供することを目的とする。
The present invention has been made in order to solve the above problems, and a series of operations including unloading with a plurality of trolley hoists using a trolley hoist in a tower crane, horizontal transfer and unloading of a splicer. In parallel,
It is another object of the present invention to provide a hoist type tower crane capable of reducing the weight of one trolley hoist.
【0006】[0006]
【課題を解決するための手段】以上の目的を達成するた
めに、本発明は、荷を巻き上げるホイストをレールに沿
って自走するトロリに設けた複数台のトロリホイスト
と、1台のトロリホイストが自走できる接続用の短いホ
イストレールと、建設中の建造物に隣設されるタワー
と、タワーの上部に設けられ前記ホイストレールを吊下
げるウインチと、吊下げられたホイストレールのトロリ
ホイストをリング状の軌道上を複数台移動させる中継ぎ
水平運搬装置と、移動したホイストレールが一端に接続
され他端が荷据置場に位置し全体が略水平面内で回動す
る水平レールを有する水平ジブと、を備えたことを特徴
とする。
SUMMARY OF THE INVENTION In order to achieve the above object, the present invention provides a plurality of trolley hoists provided on a trolley which self-propells a load hoist along a rail, and one trolley hoist. A short hoist rail for connection that can run by itself, a tower next to the building under construction, a winch provided at the top of the tower and suspending the hoist rail, and a trolley hoist of the suspended hoist rail A horizontal jib having a relay horizontal transport device that moves a plurality of rings on a ring-shaped track, and a horizontal hoist in which the moved hoist rail is connected to one end and the other end is located at a loading place and the whole rotates in a substantially horizontal plane. , Is provided.
【0007】また、中継ぎ水平運搬装置を、前記ウイン
チにより吊上げられた前記ホイストレールをクランプし
直してリング状の軌道上を移動させる複数台の水平移動
装置を有するようにしたり、前記ウインチにより吊上げ
られた前記ホイストレールからトロリホイストを乗り移
りさせ、リング状の軌道を走行する中継ぎ水平運搬専用
ホイストレールを有するようにすることもできる。
In addition, the relay horizontal conveying device may include a plurality of horizontal moving devices for re-clamping the hoist rail lifted by the winch and moving the hoist rail on a ring-shaped track, or may be provided with a plurality of horizontal moving devices. Alternatively, a trolley hoist may be transferred from the hoist rail, and a hoist rail dedicated to an intermediate horizontal transport that runs on a ring-shaped track may be provided.
【0008】さらに、前記リング状の軌道は、リングガ
ーダ型ダブルレールとすることが好ましく、前記水平移
動装置をクレーンガーダとした方がよい。
Further, the ring-shaped track is preferably a ring girder type double rail, and the horizontal moving device is preferably a crane girder.
【0009】[0009]
【作用】荷は荷取場でホイストにより巻き上げられ、こ
のホイストが設けられたトロリは、門型クレーン又は天
井クレーンのレールに沿って自走する。門型クレーン又
は天井クレーンは地上の荷取場を走行する。走行後の設
定位置で前記レールの端にはホイストレールが接続され
る。トロリホイストはレールからこのホイストレールへ
乗り移る。このホイストレールはタワーの上部に設けら
れたウインチにより吊上げられる。吊上げられたホイス
トレールはクレーンガーダによりクランプし直される。
このクレーンガーダは複数台が、リング状の軌道上を移
動する。
The load is hoisted by the hoist at the loading area, and the trolley provided with the hoist runs along the rail of the portal crane or the overhead crane. A portal crane or overhead crane travels on the ground loading dock. A hoist rail is connected to an end of the rail at a set position after traveling. The trolley hoist transfers from the rail to this hoist rail. The hoist rail is lifted by a winch provided at the top of the tower. The lifted hoist rail is re-clamped by the crane girder.
A plurality of the crane girder move on a ring-shaped orbit.
【0010】あるいは、吊上げられたホイストレールか
らトロリホイストが他のホイストレールへ乗り移る。こ
のような他のホイストレールは複数台がリング状の軌道
上を移動する。
[0010] Alternatively, the trolley hoist transfers from the hoist rail suspended to another hoist rail. A plurality of such other hoist rails move on a ring-shaped orbit.
【0011】このようにしてリング状の軌道上を移動し
たホイストレールは、水平ジブの水平レールの一端に接
続される。この水平レールの他端は荷据置場に位置す
る。そして水平ジブは全体が略水平面内で回動し、建設
中の建造物の任意の場所を据置場とできる。
The hoist rail having moved on the ring-shaped track in this way is connected to one end of a horizontal rail of a horizontal jib. The other end of the horizontal rail is located at the loading area. The entire horizontal jib pivots in a substantially horizontal plane, so that any location of the building under construction can be used as a depot.
【0012】[0012]
【実施例】以下本発明の第1実施例を図1及び図2にお
いて説明する。地上の荷置場1には門型クレーン3が走
行可能に設けられている。この走行は、2本のレール5
の上で行われる。門型クレーン3の上部には、I型断面
のレール7が設けられている。このレールに沿って自走
できるトロリホイスト9が複数台(図中は3台)設けら
れている。トロリホイスト9は、荷11を巻き上げられ
るホイスト13が、自走するトロリ15に設けられたも
のである。前記レール7は、門型クレーン3の中央では
複線となっており、複数台のトロリホイストが逆方向に
自走できるようになっている。このレール7の端部に
は、後述するホイストレール17が接続できるようにな
っている。即ち、接続のためのガイド機構及びロック機
構(図示せず)が設けられている。
DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS A first embodiment of the present invention will be described below with reference to FIGS. A portal crane 3 is provided in the loading place 1 on the ground so that it can travel. This run is performed on two rails 5
Done on On the upper part of the portal crane 3, a rail 7 having an I-shaped cross section is provided. A plurality (three in the figure) of trolley hoists 9 capable of self-propelling along the rails are provided. In the trolley hoist 9, a hoist 13 capable of hoisting a load 11 is provided on a self-propelled trolley 15. The rail 7 has a double track at the center of the portal crane 3 so that a plurality of trolley hoists can travel in the opposite direction by themselves. A hoist rail 17 to be described later can be connected to an end of the rail 7. That is, a guide mechanism and a lock mechanism (not shown) for connection are provided.
【0013】ホイストレール17は、前記レール7と同
一のI型断面を有し、1台のトロリホイスト9が自走で
きる短い接続用のレールであり、上面には、後述するウ
インチ19によるクランプ、及びクレーンガーダ21
(図2)によるクランプが行われるためのオートクラン
プ機構23,25が備えられている。
The hoist rail 17 has the same I-shaped cross section as that of the rail 7 and is a short connecting rail on which one trolley hoist 9 can run by itself. And crane girder 21
Auto-clamp mechanisms 23 and 25 for performing the clamping according to FIG. 2 are provided.
【0014】荷揚げの必要な建設中の建造物27(図
1)の隣にはタワー29が設けられる。このタワー29
の上部には、リングガーダ型ダブルレール装置31が設
けられている。このリングガーダ型ダブルレール装置3
1は、リング状の2本の並行な軌道33(図2)を有す
る。この軌道33には複数台のクレーンガーダ21が設
けられている。これらのクレーンガーダ21は、軌道3
3の上を自走する。
A tower 29 is provided next to the building under construction 27 (FIG. 1) that requires unloading. This tower 29
A ring girder type double rail device 31 is provided at the upper part of the device. This ring girder type double rail device 3
1 has two parallel tracks 33 (FIG. 2) in the form of a ring. A plurality of crane girders 21 are provided on the track 33. These crane girders 21
Self-run on 3
【0015】この軌道33上の1ヶ所にはウインチステ
ージ35が跨がって設けられている。ウインチステージ
35には2台のウインチ19が備えられ、前記ホイスト
レール17をオートクランプ機構23によりクランプし
て吊上げ及び吊下ろすことができるようになっている。
ウインチステージ35は2本の軌道33を跨ぐコの字型
を有し、コの字の両先端が更に屈曲して軌道33を包む
形になっている。そして略コの字の開口部を、前記クレ
ーンガーダ21が通過できるようになっている。そし
て、クレーンガーダ21がウインチステージ35を丁度
通過する位置で、吊上げられたホイストレール17はク
レーンガーダ21のすぐ下に位置する。この位置でクレ
ーンガーダ21は、ホイストレール17のオートクラン
プ機構24により自動的にホイストレール17のクラン
プが行える。
A winch stage 35 is provided at one location on the track 33 so as to straddle it. The winch stage 35 is provided with two winches 19, and the hoist rail 17 can be lifted and lowered by being clamped by the automatic clamp mechanism 23.
The winch stage 35 has a U-shape straddling the two tracks 33, and both ends of the U-shape are further bent so as to wrap the track 33. The crane girder 21 can pass through the substantially U-shaped opening. Then, at the position where the crane girder 21 just passes through the winch stage 35, the hoist rail 17 lifted is located immediately below the crane girder 21. At this position, the crane girder 21 can automatically clamp the hoist rail 17 by the auto clamp mechanism 24 of the hoist rail 17.
【0016】リングガーダ型ダブルレール装置31のリ
ング状の軌道33の一部であって建造物27(図2)側
には、水平ジブ37が設けられている。この水平ジブ3
7は図示しない構造により支えられ、一端がリング状の
軌道33側を向いて、軌道33の円弧に合わせて円弧状
に回動できるようになっている。又、水平ジブ37の他
端は建造物27の任意の荷据置場に位置できるようにな
っている。水平ジブ37の下側には水平レール39が設
けられている。そして水平レール39の一端は、前記軌
道上を移動してきたホイストレール17に接続するため
のガイド機構及びロック機構(図示せず)が設けられて
いる。
A horizontal jib 37 is provided on a part of the ring-shaped track 33 of the ring girder type double rail device 31 on the building 27 (FIG. 2) side. This horizontal jib 3
Numeral 7 is supported by a structure (not shown), one end of which faces the ring-shaped track 33, and is rotatable in an arc in accordance with the arc of the track 33. Further, the other end of the horizontal jib 37 can be located at an arbitrary loading place of the building 27. A horizontal rail 39 is provided below the horizontal jib 37. One end of the horizontal rail 39 is provided with a guide mechanism and a lock mechanism (not shown) for connecting to the hoist rail 17 moving on the track.
【0017】以下、本実施例の作用について説明する。
建設現場に運ばれてきた資材等の荷は、荷取場1に仮置
される。この仮置の箇所へ向って門型クレーン3が2本
のレール5上を走行する。更にトロリホイスト9が門型
クレーン上部のレール7に沿って自走する。荷の仮置場
の上方にトロリホイスト9がくると、ホイスト13がロ
ープを巻下げ荷の玉掛けをする。
The operation of this embodiment will be described below.
Loads of materials and the like that have been transported to the construction site are temporarily stored in a loading dock 1. The portal crane 3 travels on the two rails 5 toward the temporary storage location. Further, the trolley hoist 9 runs along the rail 7 above the portal crane. When the trolley hoist 9 comes above the temporary storage of the load, the hoist 13 lowers the rope and slings the load.
【0018】この玉掛けは、トロリホイスト9の下方に
設けられた吊具によって行われる。そしてロープを巻き
上げ、トロリホイスト9がレール7に沿って自走する。
この自走はレール7の端に向って行われる。
The slewing is performed by a hanger provided below the trolley hoist 9. Then, the rope is hoisted, and the trolley hoist 9 runs by itself along the rail 7.
This self-running is performed toward the end of the rail 7.
【0019】又、門型クレーン3は、タワー29の真横
の所定場所まで走行する。そして、上方からウインチ1
9によりオートクランプ機構23を介してクランプされ
たホイストレール17が吊下げられてくる。やがてこの
ホイストレール17は前記レール7の端に接続される。
接続されたホイストレール17に向って、門型クレーン
3のレール7を自走するトロリホイスト9が乗り移る。
乗り移った後、再びウインチ19がホイストレール17
を吊上げる。
The portal crane 3 travels to a predetermined location right beside the tower 29. And winch 1 from above
9, the hoist rail 17 clamped via the auto clamp mechanism 23 is suspended. Eventually, the hoist rail 17 is connected to the end of the rail 7.
The trolley hoist 9 that runs on the rail 7 of the portal crane 3 moves toward the connected hoist rail 17.
After the transfer, the winch 19 is moved to the hoist rail 17 again.
Hoist.
【0020】吊上げられたホイストレール17がウイン
チステージ35の真下にくると、クレーンガーダ21が
軌道33上を移動して、ホイストレール17の真上にく
る。そしてオートクランプ機構25によりホイストレー
ル17を自動的にクランプする。オートクランプ機構2
3はアンクランプする。
When the lifted hoist rail 17 comes directly below the winch stage 35, the crane girder 21 moves on the track 33 and comes right above the hoist rail 17. Then, the hoist rail 17 is automatically clamped by the auto clamp mechanism 25. Auto clamp mechanism 2
3 is unclamped.
【0021】その後、クレーンガーダ21は軌道33上
を同じ方向に更に移動し、概略反対側の水平ジブ37の
基部延長線上へ移動する。そして、この移動したホイス
トレール17が、水平ジブ37の水平レール39の一端
に接続される。
Thereafter, the crane girder 21 further moves on the track 33 in the same direction, and moves on the base extension line of the horizontal jib 37 on the substantially opposite side. The moved hoist rail 17 is connected to one end of the horizontal rail 39 of the horizontal jib 37.
【0022】この接続後に、トロリホイストは9はホイ
ストレール17から水平レール39へ乗り移る。水平レ
ール39の所要位置まできたトロリホイスト9は、ホイ
スト13のロープを巻き下げ荷を荷据置場41に据置
く。そして玉掛けを外し、ホイスト13がロープを巻き
上げてトロリホイスト9は水平レール39を一端まで自
走する。そして、接続しているホイストレール17へ乗
り移る。
After this connection, the trolley hoist 9 moves from the hoist rail 17 to the horizontal rail 39. The trolley hoist 9 arriving at the required position of the horizontal rail 39 hangs down the rope of the hoist 13 and places the load on the loading place 41. Then, the sling is removed, the hoist 13 winds up the rope, and the trolley hoist 9 runs on the horizontal rail 39 to one end. Then, the user transfers to the connected hoist rail 17.
【0023】このホイストレール17はリングガーダ2
1にクランプされたまま、更にリング状の軌道33上を
同方向に進み再びウインチステージの真下に戻る。又、
複数台のトロリホイスト9は門型クレーン3のレール7
上で並行して荷揚げ作業ができる。このように複数の荷
揚げを並行して行うことができるので、荷揚げ作業の能
率を向上できる。
The hoist rail 17 is a ring girder 2
While being clamped at 1, the vehicle further proceeds in the same direction on the ring-shaped orbit 33 and returns to the position immediately below the winch stage again. or,
The plurality of trolley hoists 9 are the rails 7 of the portal crane 3
Unloading work can be performed in parallel. Since a plurality of unloading operations can be performed in parallel, the efficiency of the unloading operation can be improved.
【0024】又、タワー29の上部から地上の荷取場1
の荷を吊上げるロープは、荷の吊上げ吊下しを専門に行
うウインチ19に装備させることができる。したがっ
て、そのような長いロープを各トロリホイスト9に装備
させる必要が無いので、トロリホイスト9の重量を適正
なものにすることができる。このため複数台のトロリホ
イスト9を備える本実施例のホイスト型タワークレーン
の部材の強度を保つために部材を余り大きなものにしな
くて済む。
Also, from the upper part of the tower 29, a loading place 1 on the ground
Can be mounted on a winch 19 that specializes in lifting and suspending loads. Therefore, since it is not necessary to equip each trolley hoist 9 with such a long rope, the weight of the trolley hoist 9 can be made appropriate. For this reason, in order to maintain the strength of the members of the hoist type tower crane of this embodiment having a plurality of trolley hoists 9, the members do not need to be too large.
【0025】以上の実施例では複数のホイストレール1
7はそれぞれが地上から水平ジブ37の他端までを往復
するものであったが、図3,図4に示す第2実施例のよ
うに、複数のホイストレール17を、荷揚げ降ろし専用
のものと中継ぎ水平運搬専用のものに分けることができ
る。即ち、荷揚げ降ろし専用のホイストレール17Aは
地上とウインチ19までを往復する。中継ぎ水平運搬専
用のホイストレール17Bはウインチ19と水平ジブ3
7の他端、即ちリング状の軌道33上を常に同一方向へ
移動する。
In the above embodiment, a plurality of hoist rails 1
Each of the rails 7 reciprocates from the ground to the other end of the horizontal jib 37. However, as in the second embodiment shown in FIGS. 3 and 4, a plurality of hoist rails 17 are dedicated to unloading and unloading. It can be divided into ones that are used exclusively for horizontal transfer. That is, the hoist rail 17 </ b> A dedicated for unloading and unloading reciprocates between the ground and the winch 19. The hoist rail 17B dedicated to the horizontal transfer is a winch 19 and a horizontal jib 3
7 always moves in the same direction on the ring-shaped orbit 33.
【0026】即ち、2台のウインチ19が設けられたウ
インチステージ35は片持状に、先端がリング状の軌道
33から外へ突出している。そして吊上げられたホイス
トレール17Aが、軌道33上を移動してきた他のホイ
ストレール17Bに接続できる位置構造となっている。
軌道33上の各ホイストレール17Bには、この接続の
ためのガイド機構及びロック機構が備えられている。
That is, the winch stage 35 provided with the two winches 19 has a cantilever shape, and the tip of the winch stage 35 projects outward from the ring-shaped orbit 33. The hoist rail 17A thus lifted has a position structure that can be connected to another hoist rail 17B that has moved on the track 33.
Each hoist rail 17B on the track 33 is provided with a guide mechanism and a lock mechanism for this connection.
【0027】本実施例において、吊上げられた荷揚げ降
ろし専用のホイストレール17Aから、トロリホイスト
9が中継ぎ運搬専用のホイストレール17Bへ乗り移
る。この中継ぎ水平運搬専用のホイストレール17Bは
複数が存在し、各々リング状の軌道33上を同一方向に
移動する。そしてトロリホイスト9が乗り移った軌道3
3上のホイストレール17Bは、水平ジブ37の水平レ
ール39の他端に接続する。そしてトロリホイスト9
は、このホイストレール17Bから水平レール39へ乗
り移り、水平レール39の一端へ自走し荷を据置く。
In the present embodiment, the trolley hoist 9 transfers from the hoist rail 17A dedicated to unloading and unloading to the hoist rail 17B dedicated to the relay transportation. There are a plurality of hoist rails 17B dedicated to the relay horizontal transport, each of which moves on the ring-shaped track 33 in the same direction. And the trajectory 3 on which the trolley hoist 9 moved
The hoist rail 17B on 3 is connected to the other end of the horizontal rail 39 of the horizontal jib 37. And trolley hoist 9
Transfers from the hoist rail 17B to the horizontal rail 39 and self-propelled to one end of the horizontal rail 39 to place the load.
【0028】その後、トロリホイスト9はまったく逆の
順に、水平レール39からホイストレール17Bへ乗り
移り、軌道33上を移動し、前記荷揚げ降ろし専用のホ
イストレール17Aへ乗り移る。
Thereafter, the trolley hoist 9 moves from the horizontal rail 39 to the hoist rail 17B, moves on the track 33, and moves to the hoist rail 17A dedicated for unloading and unloading, in exactly the reverse order.
【0029】このようにして複数のホイストレール17
を荷揚げ降ろし専用のものと中継ぎ水平運搬専用のもの
に分けることで、荷揚げ降ろし専用のホイストレール1
7Aは昇降動作のみを行えば良く、中継ぎ水平運搬専用
のホイストレール17Bは軌道33上をリング状に移動
する動作のみを行えば良い。したがって、各ホイストレ
ールの制御は容易となる。
In this manner, the plurality of hoist rails 17
The hoist rails 1 dedicated to unloading and unloading are divided into ones dedicated to unloading and
7A only needs to perform the raising / lowering operation, and the hoist rail 17B dedicated to the relay horizontal transportation only needs to perform the operation of moving on the track 33 in a ring shape. Therefore, control of each hoist rail becomes easy.
【0030】なお、以上の実施例においては荷取場1に
は門型クレーン3が設けられるものとして説明したが、
他の実施例においては荷取場1に建屋が設けられ、建屋
の内部に天井クレーンが設けられるものとしても良い。
天井クレーンの端部には、建屋の側壁に開口が設けられ
前記端部が露出し、この露出部分に、吊下げられたホイ
ストレール17が接続される。
In the above-described embodiment, it has been described that the loading dock 1 is provided with the portal crane 3.
In another embodiment, a building may be provided at the loading dock 1, and an overhead crane may be provided inside the building.
At the end of the overhead crane, an opening is provided in the side wall of the building to expose the end, and a suspended hoist rail 17 is connected to this exposed portion.
【0031】また、中継ぎ水平運搬装置の軌道は、ダブ
ルレールに限らず、モノレールでもよく、その平面配置
は円形でなくともよい。
Further, the track of the relay horizontal conveying device is not limited to a double rail, but may be a monorail, and its planar arrangement may not be circular.
【0032】[0032]
【発明の効果】以上説明したように本発明のホイスト型
タワークレーンによれば、地上の荷取場から荷をタワー
の上部まで吊上げるのはトロリホイストではなく、この
トロリホイストとは別に吊上げ吊下し専用に設けられる
ウインチによって行われる。したがって複数台の各トロ
リホイストは長いロープを必要とせず、トロリホイスト
の重要なロープのために過大となってしまうことが避け
られる。
As described above, according to the hoist type tower crane of the present invention, it is not the trolley hoist that lifts the load from the loading place on the ground to the upper part of the tower. It is performed by a winch provided exclusively for lowering. Accordingly, each of the plurality of trolley hoists does not require long ropes, and is prevented from becoming excessive due to the important ropes of the trolley hoist.
【0033】複数台のトロリホイストが、中継ぎ水平運
搬装置のリング状の軌道上を移動するので、複数台のト
ロリホイストにより荷揚げ作業を並行して行うことがで
き、荷揚げ作業を能率的なものにできる。
Since a plurality of trolley hoists move on the ring-shaped track of the relay horizontal transport device, the unloading operation can be performed in parallel by the plurality of trolley hoists, and the unloading operation can be performed efficiently. it can.
【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]
【図1】本発明の第1実施例を示す概略全体斜視図であ
る。
FIG. 1 is a schematic overall perspective view showing a first embodiment of the present invention.
【図2】図1のII部拡大斜視図である。FIG. 2 is an enlarged perspective view of a portion II in FIG.
【図3】本発明の第2実施例を示す全体概略斜視図であ
る。
FIG. 3 is an overall schematic perspective view showing a second embodiment of the present invention.
【図4】図3のIV部拡大斜視図である。FIG. 4 is an enlarged perspective view of a portion IV in FIG. 3;
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1 荷取場 3 門型クレーン 5 レール 7 レール 9 トロリホイスト 11 荷 13 ホイスト 15 トロリ 17 ホイストレール 19 ウインチ 21 クレーンガーダ 23,25 オートクランプ機構 27 建造物 29 タワー 31 リングガーダ型ダブルレール装置 33 軌道 35 ウインチステージ 37 水平ジブ 39 水平レール 41 荷据置場 DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Loading place 3 Portal crane 5 Rail 7 Rail 9 Trolley hoist 11 Load 13 Hoist 15 Trolley 17 Hoist rail 19 Winch 21 Crane girder 23, 25 Auto clamp mechanism 27 Building 29 Tower 31 Ring girder type double rail device 33 Track 35 Winch stage 37 horizontal jib 39 horizontal rail 41 loading place

Claims (5)

    (57)【特許請求の範囲】(57) [Claims]
  1. 【請求項1】 荷を巻き上げるホイストをレールに沿っ
    て自走するトロリに設けた複数台のトロリホイストと、
    1台のトロリホイストが自走できる接続用の短いホイス
    トレールと、建設中の建造物に隣設されるタワーと、タ
    ワーの上部に設けられ前記ホイストレールを吊下げるウ
    インチと、吊下げられたホイストレールのトロリホイス
    トをリング状の軌道上を複数台移動させる中継ぎ水平運
    搬装置と、移動したホイストレールが一端に接続され他
    端が荷据置場に位置し全体が略水平面内で回動する水平
    レールを有する水平ジブと、を備えたホイスト型タワー
    クレーン。
    1. A plurality of trolley hoists provided on a trolley for self-propelling a hoist for lifting a load along a rail;
    A short hoist rail for connection in which one trolley hoist can move on its own, a tower adjacent to the building under construction, a winch provided at the top of the tower and suspending the hoist rail, and a suspended hoist A relay horizontal transportation device that moves a plurality of rail trolley hoists on a ring-shaped track, and a horizontal rail in which the moved hoist rail is connected to one end and the other end is located at a loading place and the whole rotates in a substantially horizontal plane A hoist-type tower crane comprising:
  2. 【請求項2】 前記中継ぎ水平運搬装置が、前記ウイン
    チにより吊上げられた前記ホイストレールをクランプし
    直してリング状の軌道上を移動させる複数台の水平移動
    装置を有することを特徴とする請求項1に記載のホイス
    ト型タワークレーン。
    2. The apparatus according to claim 1, wherein the relay horizontal transport device includes a plurality of horizontal moving devices for re-clamping the hoist rail lifted by the winch and moving the hoist rail on a ring-shaped track. The hoist-type tower crane according to 1.
  3. 【請求項3】 前記中継ぎ水平運搬装置が、前記ウイン
    チにより吊上げられた前記ホイストレールからトロリホ
    イストを乗り移りさせ、リング状の軌道上を走行する中
    継ぎ水平運搬専用ホイストレールを有することを特徴と
    する請求項1に記載のホイスト型タワークレーン。
    3. The relay horizontal transport device according to claim 1, further comprising a hoist rail dedicated to the relay horizontal transport that transfers a trolley hoist from the hoist rail lifted by the winch and travels on a ring-shaped track. Item 2. A hoist type tower crane according to Item 1.
  4. 【請求項4】 前記リング状の軌道が、リングガーダ型
    ダブルレールであることを特徴とする請求項1ないし請
    求項3に記載のホイスト型タワークレーン。
    4. The hoist type tower crane according to claim 1, wherein the ring-shaped track is a ring girder type double rail.
  5. 【請求項5】 前記水平移動装置が、クレーンガーダで
    あることを特徴とする請求項2に記載のホイスト型タワ
    ークレーン。
    5. The hoist type tower crane according to claim 2, wherein the horizontal moving device is a crane girder.
JP16264493A 1993-06-30 1993-06-30 Hoist type tower crane Expired - Lifetime JP2819990B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16264493A JP2819990B2 (en) 1993-06-30 1993-06-30 Hoist type tower crane

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16264493A JP2819990B2 (en) 1993-06-30 1993-06-30 Hoist type tower crane

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0710457A JPH0710457A (en) 1995-01-13
JP2819990B2 true JP2819990B2 (en) 1998-11-05

Family

ID=15758544

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16264493A Expired - Lifetime JP2819990B2 (en) 1993-06-30 1993-06-30 Hoist type tower crane

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2819990B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE19637175C2 (en) * 1995-09-13 2001-12-06 Aisin Seiki Device for cutting a curved, continuously fed workpiece
KR20020096558A (en) * 2001-06-21 2002-12-31 코리아프랜트 주식회사 Cutting apparatus for injection product having curvature
DE102004032945A1 (en) * 2004-07-07 2006-02-02 Aloys Wobben Device for producing and / or assembling goods
KR100847906B1 (en) * 2007-03-26 2008-07-29 성백섭 Crane
JP2012036563A (en) * 2010-08-03 2012-02-23 Shimizu Corp Caisson method and caisson assembly equipment
JP6534029B2 (en) * 2015-01-30 2019-06-26 清水建設株式会社 Construction transport system
CN108792953B (en) * 2018-06-26 2020-04-24 合肥市春华起重机械有限公司 Circular high-precision crane and control method thereof

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0710457A (en) 1995-01-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3039445B2 (en) Container crane
JP2819990B2 (en) Hoist type tower crane
JP2003246584A (en) Crane
JP2551161Y2 (en) Overhead traveling crane equipment
JP3252713B2 (en) Operating method of overhead crane
CN213059945U (en) Hoisting and transferring primary-secondary flatcar
JP6393954B2 (en) Crane overhead structure system and crane manufacturing method
JP3298488B2 (en) Container crane
CN212452317U (en) Bridge deck rotating system
JPH10167668A (en) Vertical and horizontal transporting device and its operation
JP2833439B2 (en) Hoist type tower crane
SU850560A1 (en) Device for erecting equipment with aid of boom crane
GB2226539A (en) Improvements in load handling
JPH10176420A (en) Conveying method and device for material in underground work
JP2536604Y2 (en) Crane suspended load transfer mechanism
JP2000053375A (en) Vertical carrier system corresponding to slewing overhead crane
JPH11157777A (en) Container crane
JP2000302375A (en) Concrete conveying and placing device
JP2887889B2 (en) crane
JPH06298490A (en) Bridge crane
SU712368A1 (en) Crane trolley
JP2000240287A (en) Carrier system for automated construction method
JPH0958973A (en) Container crane
JP2000303694A (en) Frame and method for unloading members
JP2775206B2 (en) Material transport equipment for building construction