JP2582273B2 - 移動槽の洗浄装置 - Google Patents

移動槽の洗浄装置

Info

Publication number
JP2582273B2
JP2582273B2 JP244588A JP244588A JP2582273B2 JP 2582273 B2 JP2582273 B2 JP 2582273B2 JP 244588 A JP244588 A JP 244588A JP 244588 A JP244588 A JP 244588A JP 2582273 B2 JP2582273 B2 JP 2582273B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tank
cleaning
moving
moving tank
lid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP244588A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01180246A (en
Inventor
弘志 大西
邦夫 武藤
守 新留
延和 国光
Original Assignee
旭エンジニアリング株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 旭エンジニアリング株式会社 filed Critical 旭エンジニアリング株式会社
Priority to JP244588A priority Critical patent/JP2582273B2/ja
Publication of JPH01180246A publication Critical patent/JPH01180246A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2582273B2 publication Critical patent/JP2582273B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J19/00Chemical, physical or physico-chemical processes in general; Their relevant apparatus
    • B01J19/0053Details of the reactor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J19/00Chemical, physical or physico-chemical processes in general; Their relevant apparatus
    • B01J19/0006Controlling or regulating processes
    • B01J19/004Multifunctional apparatus for automatic manufacturing of various chemical products

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、移動槽式の多目的バッチシステム等に使用
される移動槽のタンク内を洗浄するための洗浄装置に関
する。
〔発明の背景及び従来技術〕
従来の反応槽は固定式のため、そこに挿入される原料
あるいは反応槽から排出する製品等は、固定された反応
槽に接続用配管によって移送あるいは排出されていた。
そのため、配管がくもの巣状となり、また、多数の品種
を扱う場合、品種の切替え毎に配管の切替えが要求され
たりするため運転管理、保全管理が煩雑となるばかりで
なく、それぞれの単位操作のつなぎに中間槽を必要とす
るため、全体のレイアウトも複雑となり、更に、前記し
たように配管がくもの巣状となるため配管の一部に残液
が貯溜し、次の製品に前記の残液が混入する恐れがあ
り、また、配管の洗浄操作も煩雑で時間がかゝり、生産
性も悪化していた。
そこで、配管を最少限とするために単位操作ごと、例
えば、注入ステーション、複数の反応ステーション、蒸
留ステーション、サンプリング取出ステーション、払い
出しステーション、洗浄ステーション等とユニット化し
て反応槽を固定化することなく、軌道上あるいは無軌道
上を自走して移動可能とした移動槽とすることにより前
記した各ステーションを移動しながら原料の投入より反
応生成物の払い出しまでを行うようにした移動槽バッジ
システムが提案され一部実施されている。
〔発明が解決しようとする問題点〕
前述した移動槽を用いたバッチシステムは多品種、少
量生産に有効であるが、そのため品種の切替が頻繁に行
われることとなり、その品種の切替ごとに移動槽のタン
ク内面を洗浄することが必要となる。
そして、この洗浄に当り、例えば洗浄ステーション等
に移動してきた移動槽は所定の停止位置に停止せしめら
れるが、移動槽の停止に際して停止位置の多少のずれが
発生することがある。そして、洗浄ステーションの洗浄
水用供給管を移動槽のタンク内に挿入するために、前記
の移動槽の停止位置のずれを考慮して、移動槽の洗浄用
開口部を広く構成して前記の洗浄水供給管を挿入し易く
すると、洗浄時に洗浄水供給管先端から噴出する洗浄水
が前記した広い洗浄用開口部より移動槽外へ飛散し、移
動槽近辺を汚染することがある。
本発明は、移動槽の洗浄時に洗浄用液が移動槽外へ飛
散しないようにした移動槽の洗浄装置の提供を目的とす
るものである。
〔問題点を解決するための技術手段〕
本発明に係る移動槽の洗浄装置は前記の目的を達成す
るために、移動槽の洗浄用開口部へ挿入可能とされた昇
降自在な先端に洗浄水噴出孔部を備えた鞘管と、該鞘管
内に挿着された洗浄水供給管と、前記鞘管に遊嵌され前
記した移動槽の洗浄用開口部を閉塞する蓋体とを備え、
前記蓋体を係止せしめる蓋体止め具を鞘管の噴出孔部の
上部位置に固定したことをその特徴とするものである。
〔作用〕
本発明に係る移動槽の洗浄装置は、移動槽の上部に形
成された洗浄用開口部に挿入可能とされた昇降自在な先
端に洗浄水噴出孔部を設けた鞘管を備えており、この鞘
管内に洗浄水供給管を挿着して、該洗浄水供給管より洗
浄水を供給して前記の洗浄水噴出孔より洗浄水を移動槽
のタンク内に噴出して洗浄する。そして、前記した移動
槽の洗浄用開口部を閉塞する蓋体を前記の鞘管に遊嵌
し、該蓋体を係止せしめる蓋体止め具を前記鞘管の噴出
孔部の上部に固定したので、前記の蓋体は鞘管が上方に
あるときは前記の蓋体止め具にて落下を防止され、鞘管
が下降して移動槽内に挿入したとき、前記の蓋体が、開
口部を閉塞するので、洗浄時に移動槽のタンク内に洗浄
水が噴出されても前記の蓋体によって洗浄水が移動槽外
に飛散することがない。
〔実施例〕
本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
第2図でAを示す台車付槽は、移動槽式調合槽の一例
であって、この移動式槽調合槽(以下単に移動槽Aとい
う)は、洗浄用開口部及び洗浄水排出部のみを示し、攪
拌機,ジャケット部等の他の構成については省略してあ
る。移動槽Aは、車輪20,20,……を備えた移動台車21に
立設された架台22に支持されたタンク23よりなり、制御
システムにより軌道上あるいは無軌道上を自走せしめら
れるものである。24,24′はタンク23の上部にそれぞれ
形成された洗浄用開口部ケーシング、25,25′はそれぞ
れ前記の洗浄用開口部ケーシング24,24′内に開口され
た洗浄用開口部で、開閉用蓋26,26′によって通常は閉
塞されている。
27はタンク23の底部に穿設された連通孔に接続した排
出管であり、洗浄された洗浄廃液は前記排出管27より外
部に排出される。28は前記した連通孔に着座せしめた弁
であり、該弁28は弁軸29をスプリング30に抗して押し上
げることにより開き、押し上げ力を解除すればスプリン
グ30によって閉鎖される。31は前記弁軸29にピストン32
の作用せしめて前記の弁28の開閉を行うシリンダであ
り、該シリンダ31は、洗浄ステーション(図示しない)
の移動槽Aの停止位置の地上側に設けられている。Bは
洗浄部を示し、1,1′は洗浄ステーションの地上側の左
右の架台で、該架台1,1′のそれぞれに、支持杆2,2′を
介してシリンダ3,3′が装着されている。
上記それぞれのシリンダ3,3′のピストン4,4′の先端
には、先端に噴出孔部6,6′を備えた鞘管5,5′が自在状
態で連結され、該鞘管5,5′内にはそれぞれ洗浄水供給
管7,7′を挿着し、この洗浄水供給管7,7′より洗浄水を
供給し、前記の噴出孔部6,6′より洗浄水を噴出させて
洗浄する。
8,8′は、断面状をなす蓋体であり、該蓋体8,8′は
前記した鞘管5,5′に遊嵌され、鞘管5,5′が下降して移
動槽Aの洗浄用開口部25,25′を越えて挿入されたとき
前記の蓋体8,8′が移動槽Aの洗浄用開口ケーシング24,
24′を覆うように閉塞するようにされる。9,9′は前記
鞘管5,5′の噴出孔部6,6′の上部位置に固定された蓋体
止め具である。
本発明の実施例は以上のように構成されるので、移動
槽Aが払い出しステーションで調合された内容物を移動
槽Aのタンク23より払い出された後、洗浄ステーション
に移動し、所定の位置に停止し、停止後、移動槽Aのタ
ンク23の上部の洗浄用開口部25,25′を覆っていた開閉
用蓋26,26′を開き、タンク23底部連通孔に接続される
排出管27の先端に排出用チューブ33を連結して廃液処理
部へ通ずるようにしておく。
次いで、洗浄ステーションの洗浄部の地上側の左右の
架台1,1′にそれぞれ装着されたシリンダ3,3′を作動し
て、ピストン4,4′の先端に自由状態で連結された鞘管
5,5′を下降せしめ、鞘管5,5′を移動槽Aのタンク23の
二つの洗浄用開口部25,25′を越えて挿入する。このと
き、前記鞘管5,5′に遊嵌され、蓋体止め具9,9′に止め
られていた蓋体8,8′が移動槽Aの洗浄用開口部ケーシ
ング24,24′に係合されて前記ケーシング24,24′を閉鎖
状態とする。次いで鞘管5,5′内に挿着されている洗浄
液供給管7,7′より洗浄液を供給し、鞘管5,5′の先端に
設けられた噴出孔6,6′より洗浄液を噴出させてタンク2
3内を洗浄する。この洗浄に際して、両方のシリンダ3,
3′を交互に昇降せしめて洗浄水を噴射せしめれば洗浄
効果がより向上する。このように噴射することによりタ
ンク23内面の全面及び攪拌機(図示しない)の洗浄が可
能となるものである。そして、前記したように洗浄用開
口ケーシング24,24′には蓋体8,8′が係合状態となり前
記ケーシング24,24′を覆っているので洗浄水が移動槽
外への飛散を防止している。
移動槽Aのタンク23内に溜った洗浄水は地上側のエア
シリンダ31を作動して前記タンク23の底部に設けた弁28
を開き排出管27より外部へ排出する。
なお、前記したようにピストン4,4′と鞘管5,5′とは
自在接手によって連結すれば、移動槽Aの停止位置がず
れた場合であっても鞘管5,5′の移動槽A内への挿入が
可能である。
〔発明の効果〕
本発明に係る移動槽の洗浄装置は、移動槽の上部に形
成された洗浄用開口部に挿入可能とされた昇降自在な鞘
管に蓋体を遊嵌し、前記の鞘管の先端には洗浄水噴出孔
を設けるとともに、鞘管内には洗浄水供給管を挿着さ
せ、前記の鞘管の洗浄水噴出孔部の上部位置に前記の蓋
体を係止せしめる蓋体止め具を固定したので、鞘管が上
方位置にあるときは蓋体は蓋体止め具により係止されて
落下することがなく、また、前記の鞘管を下降して洗浄
用開口部を越えてタンク内に挿入し、洗浄水供給管より
洗浄水を供給して噴出孔より噴出せしめて移動槽のタン
ク内を洗浄するものであるが、前記した鞘管の下降時に
鞘管に遊嵌される蓋体が移動槽の開口部に係合状態で載
置されるので、洗浄時に洗浄水が前記の開口部より移動
槽外に飛散することがない。したがって、移動槽周辺が
汚れる恐れがないという実用的効果を有するものであ
る。
【図面の簡単な説明】
図面は、本発明の実施例を示し、第1図は洗浄装置の洗
浄部の説明図、第2図は移動槽の説明図である。 3,3′:シリンダ、5,5′:鞘管 6,6′:噴出孔部、7,7′:洗浄水供給管 8,8′:蓋体、A:移動槽 25,25′:洗浄用開口部

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】移動槽の洗浄用開口部へ挿入可能とされた
    昇降自在な先端に洗浄水噴出孔部を備えた鞘管と、該鞘
    管内に挿着された洗浄水供給管と、前記鞘管に遊嵌され
    前記した移動槽の洗浄用開口部を閉塞する蓋体とを備
    え、前記蓋体を係止せしめる蓋体止め具を鞘管の噴出孔
    部の上部位置に固定したことを特徴とする移動槽の洗浄
    装置。
JP244588A 1988-01-11 1988-01-11 移動槽の洗浄装置 Expired - Fee Related JP2582273B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP244588A JP2582273B2 (ja) 1988-01-11 1988-01-11 移動槽の洗浄装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP244588A JP2582273B2 (ja) 1988-01-11 1988-01-11 移動槽の洗浄装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01180246A JPH01180246A (en) 1989-07-18
JP2582273B2 true JP2582273B2 (ja) 1997-02-19

Family

ID=11529479

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP244588A Expired - Fee Related JP2582273B2 (ja) 1988-01-11 1988-01-11 移動槽の洗浄装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2582273B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0677867U (ja) * 1993-04-12 1994-11-01 京栄ステンレス工業株式会社 流体運搬用コンテナ洗浄装置
JPH09150052A (ja) * 1995-11-29 1997-06-10 Asahi Eng Co Ltd 移動式密閉容器による生産方式
JP6531972B2 (ja) * 2014-11-25 2019-06-19 シブヤマシナリー株式会社 洗浄装置
CN112588749A (zh) * 2020-10-23 2021-04-02 江山市艺康化学有限公司 一种五氧化二磷反应釜

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01180246A (en) 1989-07-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU603955B2 (en) Dispensing apparatus
US4941491A (en) Method and apparatus for cleaning containers
EP2008728A1 (en) Container-cleaning system
EP0575005A1 (en) Apparatus for washing and sterilizing rubber plugs or the like which may be used in pharmaceutical containers
US5286302A (en) Method for cleaning intermediate bulk containers on a mobile vehicle
JP2582273B2 (ja) 移動槽の洗浄装置
JPH06165957A (ja) 自動塗装機
EP1302414B1 (en) Mixed vehicle for collecting wastes and washing igloo-type containers
FI91221C (fi) Kuljetussäiliöiden pesu- ja puhdistuslaite
NL9301014A (nl) Inrichting voor het inzamelen van in afvalhouders aangeboden afval en het reinigen van geleegde afvalhouders.
EP0144662B1 (en) Apparatus and method for cleaning flowable material filling devices
US20050183745A1 (en) Tank cleaning device
US2418691A (en) Machine for emptying and washing containers
US5106428A (en) Method for cleaning containers
FI93524B (fi) Laite säiliöiden pesua varten, erityisesti ruiskutuskoneessa käytettäviä maanviljelyskemikaalisäilöitä varten
US7328652B2 (en) Apparatus and system for dispensing dough
ES2698266B2 (es) Dispositivo y metodo de limpieza de espacios cerrados
KR101909741B1 (ko) 협잡물 처리장치
CA1267589A (en) Valve removal and cleaning system for container filling apparatus
US20200023325A1 (en) Mixer comprising cleaning nozzle
US20140102484A1 (en) Drying device for containers and method for cleaning such a drying device
JP2514062B2 (ja) 移動槽への流体注入装置
JP2572183B2 (ja) 容器洗浄装置
US5915426A (en) Apparatus and process for cleaning the outside of containers
EP2722303B1 (de) Vorrichtung und Verfahren zum Reinigen einer Behälterbehandlungsmaschine sowie Behälterbehandlungsmaschine

Legal Events

Date Code Title Description
S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees