JP2018003921A - Oil supply structure - Google Patents

Oil supply structure Download PDF

Info

Publication number
JP2018003921A
JP2018003921A JP2016129283A JP2016129283A JP2018003921A JP 2018003921 A JP2018003921 A JP 2018003921A JP 2016129283 A JP2016129283 A JP 2016129283A JP 2016129283 A JP2016129283 A JP 2016129283A JP 2018003921 A JP2018003921 A JP 2018003921A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
clutch
oil
piston
canceller
oil passage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2016129283A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP6490625B2 (en
Inventor
雅夫 嶋本
Masao Shimamoto
雅夫 嶋本
恭太 松本
Kyota Matsumoto
恭太 松本
弥輝 檀上
Hiroki Danjo
弥輝 檀上
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Daihatsu Motor Co Ltd
Original Assignee
Daihatsu Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daihatsu Motor Co Ltd filed Critical Daihatsu Motor Co Ltd
Priority to JP2016129283A priority Critical patent/JP6490625B2/en
Publication of JP2018003921A publication Critical patent/JP2018003921A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6490625B2 publication Critical patent/JP6490625B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Landscapes

  • Hydraulic Clutches, Magnetic Clutches, Fluid Clutches, And Fluid Joints (AREA)

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an oil supply structure which can supply oil to a canceler chamber from an oil flow-in space even if a clutch piston is arranged between the oil flow-in space at the outside of a clutch drum and the canceler chamber.SOLUTION: An external fitting part 71 which is externally fit to an input shaft 41 is formed at a clutch drum 61. An oil flow-in space 123 into which oil flows is arranged at a position adjacent to the external fitting part 71 of the clutch drum 61 around the input shaft 41. The oil flow-in space 123 and a canceler chamber 97 communicate with each other via an oil passage composed of an outer groove 131 formed at the clutch drum 61 and an internal peripheral groove 132 formed between the input shaft 41 and the external fitting part 71.SELECTED DRAWING: Figure 2

Description

本発明は、クラッチにオイルを供給するオイル供給構造に関する。   The present invention relates to an oil supply structure for supplying oil to a clutch.

自動変速機が搭載された車両では、エンジンの発生トルクがトルクコンバータを介して自動変速機に入力され、自動変速機で変速された駆動力が駆動輪に伝達される。自動変速機には、たとえば、無段変速機(CVT:Continuously Variable Transmission)や有段式の自動変速機(AT:Automatic Transmission)などが広く用いられる。   In a vehicle equipped with an automatic transmission, the torque generated by the engine is input to the automatic transmission via a torque converter, and the driving force changed by the automatic transmission is transmitted to the drive wheels. For example, a continuously variable transmission (CVT) or a stepped automatic transmission (AT) is widely used as the automatic transmission.

自動変速機では、回転要素を制動または回転要素と別の回転要素とを連結するためのクラッチ(ブレーキ)が多く使用されている。クラッチには、その作動のためのオイルを供給する必要がある。また、クラッチは、回転要素間の差回転を吸収しなければならず、その差回転の吸収による焼き付きなどを防止するために、潤滑のためのオイルの供給を必要とする。そのため、自動変速機では、オイルポンプで発生した油圧がバルブボディで調圧されて、その調圧された油圧がバルブボディから油路を通してオイルの供給を必要とするクラッチなどの各部に供給される。   In an automatic transmission, a clutch (brake) for braking a rotating element or connecting a rotating element and another rotating element is often used. The clutch needs to be supplied with oil for its operation. Further, the clutch must absorb the differential rotation between the rotating elements, and requires oil supply for lubrication in order to prevent seizure due to the absorption of the differential rotation. Therefore, in the automatic transmission, the hydraulic pressure generated by the oil pump is regulated by the valve body, and the regulated hydraulic pressure is supplied from the valve body to each part such as a clutch that requires oil supply through the oil passage. .

たとえば、図4には、回転軸201とギヤ202とを直結/分離するクラッチ203が示されている。なお、図4では、断面を表すハッチングの付与が省略されている。   For example, FIG. 4 shows a clutch 203 that directly connects / disconnects the rotary shaft 201 and the gear 202. In FIG. 4, the hatching indicating the cross section is omitted.

回転軸201は、略円筒状のステータシャフト204に挿通されている。ステータシャフト204と自動変速機の外殻をなすユニットケース205との間には、リテーナ206が架設されており、ステータシャフト204は、リテーナ206により、ユニットケース205に対して固定的に保持されている。   The rotating shaft 201 is inserted through a substantially cylindrical stator shaft 204. A retainer 206 is installed between the stator shaft 204 and the unit case 205 that forms the outer shell of the automatic transmission. The stator shaft 204 is fixedly held to the unit case 205 by the retainer 206. Yes.

回転軸201とステータシャフト204との間には、ニードルローラベアリング211が介在されている。また、回転軸201には、ニードルローラベアリング211と回転軸線方向に離れた位置に、ボールベアリング212のインナレース(内輪)が外嵌されている。ボールベアリング212のアウタレース(外輪)は、ユニットケース205に固定されている。これにより、回転軸201は、ニードルローラベアリング211およびボールベアリング212を介して、ユニットケース205に回転可能に保持されている。   A needle roller bearing 211 is interposed between the rotating shaft 201 and the stator shaft 204. Further, an inner race (inner ring) of a ball bearing 212 is externally fitted to the rotating shaft 201 at a position away from the needle roller bearing 211 in the rotating axis direction. An outer race (outer ring) of the ball bearing 212 is fixed to the unit case 205. Thereby, the rotating shaft 201 is rotatably held by the unit case 205 via the needle roller bearing 211 and the ball bearing 212.

また、回転軸201には、ボールベアリング212に対してステータシャフト204側に隣接して、ボールベアリング213のインナレースが外嵌されている。ギヤ202は、ボールベアリング213のアウタレースに固定されている。   Further, an inner race of a ball bearing 213 is fitted on the rotating shaft 201 adjacent to the ball bearing 212 on the stator shaft 204 side. The gear 202 is fixed to the outer race of the ball bearing 213.

クラッチ203は、ボールベアリング213に対してステータシャフト204側に設けられている。クラッチ203は、クラッチドラム221、クラッチハブ222、クラッチピストン223およびキャンセラ224を備えている。   The clutch 203 is provided on the stator shaft 204 side with respect to the ball bearing 213. The clutch 203 includes a clutch drum 221, a clutch hub 222, a clutch piston 223, and a canceller 224.

クラッチドラム221は、ボールベアリング213が外嵌されている部分に対してステータシャフト204側に隣接する位置に設けられている。クラッチドラム221には、スプライン231とスプライン嵌合する略円筒状の嵌合部231と、嵌合部231から回転径方向の外側に延びる略円環板状の第1中間部232と、第1中間部232からステータシャフト204の外周面上まで延びる略円筒状の第2中間部233と、第2中間部233から回転径方向の外側に延びる略円環板状の第3中間部234と、第3中間部234から回転軸線方向のギヤ202側に延びる略円筒状のプレート保持部235とがこの順に連続して形成されている。プレート保持部235には、複数のクラッチプレート236が回転軸線方向に間隔を空けてプレート保持部235から回転径方向の内側に延びた状態に保持されている。   The clutch drum 221 is provided at a position adjacent to the stator shaft 204 side with respect to a portion where the ball bearing 213 is externally fitted. The clutch drum 221 includes a substantially cylindrical fitting portion 231 that is spline-fitted with the spline 231, a substantially annular plate-like first intermediate portion 232 that extends outward from the fitting portion 231 in the rotational radial direction, and a first A substantially cylindrical second intermediate portion 233 extending from the intermediate portion 232 to the outer peripheral surface of the stator shaft 204; a substantially annular plate-shaped third intermediate portion 234 extending outward from the second intermediate portion 233 in the rotational radial direction; A substantially cylindrical plate holding portion 235 extending from the third intermediate portion 234 to the gear 202 side in the rotation axis direction is formed continuously in this order. A plurality of clutch plates 236 are held in the plate holding portion 235 so as to extend from the plate holding portion 235 to the inside in the rotation radial direction with an interval in the rotation axis direction.

クラッチハブ222は、ギヤ202と一体に形成され、ギヤ202から複数のクラッチプレート236に回転径方向の内側から対向する位置まで延びる略円筒状をなしている。クラッチハブ222には、複数のクラッチディスク237が回転軸線方向に間隔を空けて保持されている。クラッチプレート236とクラッチディスク237とは、回転軸線方向に交互に並ぶように配置されている。   The clutch hub 222 is formed integrally with the gear 202 and has a substantially cylindrical shape extending from the gear 202 to a plurality of clutch plates 236 from the inside in the rotational radial direction to a position facing the clutch plate 236. A plurality of clutch disks 237 are held on the clutch hub 222 at intervals in the rotation axis direction. The clutch plates 236 and the clutch disks 237 are arranged so as to be alternately arranged in the rotation axis direction.

クラッチピストン223は、クラッチドラム221とクラッチハブ222との間に、回転軸線方向に移動可能に設けられている。クラッチピストン223は、回転軸線方向に見た形状が円環状をなし、その内周端部がクラッチドラム221の第2中間部233に回転径方向の外側から対向している。また、クラッチピストン223には、シール238が貼着されている。シール238の一部は、クラッチドラム221のプレート保持部235に液密的に当接し、別の一部は、クラッチドラム221の第2中間部233に液密的に当接している。これにより、回転軸201の周囲において、クラッチドラム221とクラッチピストン223との間に、クラッチピストン223に作用する油圧が供給されるピストン室241が形成されている。   The clutch piston 223 is provided between the clutch drum 221 and the clutch hub 222 so as to be movable in the rotational axis direction. The clutch piston 223 has an annular shape when viewed in the rotational axis direction, and an inner peripheral end thereof faces the second intermediate portion 233 of the clutch drum 221 from the outside in the rotational radial direction. A seal 238 is attached to the clutch piston 223. A part of the seal 238 is in liquid-tight contact with the plate holding part 235 of the clutch drum 221, and another part is in liquid-tight contact with the second intermediate part 233 of the clutch drum 221. Thus, a piston chamber 241 to which hydraulic pressure acting on the clutch piston 223 is supplied is formed between the clutch drum 221 and the clutch piston 223 around the rotation shaft 201.

キャンセラ224は、クラッチハブ222とクラッチピストン223との間に設けられている。回転軸線方向に見た形状が円環状をなし、その内周端部がクラッチドラム221の嵌合部231に外嵌されている。キャンセラ224の外周端部には、シール242が貼着されている。シール242は、クラッチピストン223に液密的に当接している。これにより、クラッチピストン223とキャンセラ224との間に、キャンセラ室243が形成されている。キャンセラ室243には、リターンスプリング244が設けられており、クラッチピストン223とキャンセラ224とは、リターンスプリング244の付勢力により、互いに離間する方向に弾性的に付勢されている。   The canceller 224 is provided between the clutch hub 222 and the clutch piston 223. The shape seen in the direction of the rotation axis is an annular shape, and the inner peripheral end thereof is externally fitted to the fitting portion 231 of the clutch drum 221. A seal 242 is attached to the outer peripheral end of the canceller 224. The seal 242 is in liquid-tight contact with the clutch piston 223. As a result, a canceller chamber 243 is formed between the clutch piston 223 and the canceller 224. The canceller chamber 243 is provided with a return spring 244, and the clutch piston 223 and the canceller 224 are elastically biased in a direction away from each other by the biasing force of the return spring 244.

クラッチピストン223は、ピストン室241に供給される油圧により、クラッチプレート236側に移動し、クラッチプレート236を押圧する。この押圧により、クラッチプレート236とクラッチディスク237とが圧接し、クラッチ203が係合する。クラッチ203の係合状態から油圧が開放されると、クラッチピストン223とキャンセラ126との間に介在されているリターンスプリング244の付勢力により、クラッチピストン223がクラッチプレート236から離間する。その結果、クラッチディスク237とクラッチプレート236との圧接が解除され、クラッチ203が解放される。   The clutch piston 223 moves to the clutch plate 236 side by the hydraulic pressure supplied to the piston chamber 241 and presses the clutch plate 236. By this pressing, the clutch plate 236 and the clutch disc 237 are pressed against each other, and the clutch 203 is engaged. When the hydraulic pressure is released from the engaged state of the clutch 203, the clutch piston 223 is separated from the clutch plate 236 by the urging force of the return spring 244 interposed between the clutch piston 223 and the canceller 126. As a result, the pressure contact between the clutch disk 237 and the clutch plate 236 is released, and the clutch 203 is released.

ステータシャフト204には、バルブボディからオイルが供給される油路251が形成されている。油路251は、ステータシャフト204のクラッチドラム221側の端面で開放されている。そして、クラッチドラム221の第1中間部232には、オイル供給孔252が貫通して形成されている。これにより、油路251に供給されるオイルは、ステータシャフト204と第1中間部232との間の空間253に流出し、その空間253からオイル供給孔252を通してキャンセラ室243に流入する。   The stator shaft 204 is formed with an oil passage 251 through which oil is supplied from the valve body. The oil passage 251 is opened at the end surface of the stator shaft 204 on the clutch drum 221 side. An oil supply hole 252 is formed through the first intermediate portion 232 of the clutch drum 221. As a result, the oil supplied to the oil passage 251 flows into the space 253 between the stator shaft 204 and the first intermediate portion 232, and flows into the canceller chamber 243 from the space 253 through the oil supply hole 252.

クラッチドラム221が回転している状態では、キャンセラ室243内のオイルに遠心力が作用し、キャンセラ室243に遠心油圧が発生する。この遠心油圧により、ピストン室241内の遠心油圧をキャンセル(相殺)することができる。そのため、係合状態からピストン室241内の油圧が開放されると、リターンスプリング244の付勢力により、クラッチピストン223がクラッチドラム221側にスムーズに移動する。   In a state where the clutch drum 221 is rotating, centrifugal force acts on the oil in the canceller chamber 243, and centrifugal hydraulic pressure is generated in the canceller chamber 243. The centrifugal hydraulic pressure in the piston chamber 241 can be canceled (cancelled) by this centrifugal hydraulic pressure. Therefore, when the hydraulic pressure in the piston chamber 241 is released from the engaged state, the clutch piston 223 smoothly moves to the clutch drum 221 side by the urging force of the return spring 244.

特開2015−145682号公報Japanese Patent Laying-Open No. 2015-145682

図4に示される構成では、クラッチドラム221のサイズに対して、クラッチピストン223の内径が大きく、クラッチピストン223の受圧面積が小さい。たとえば、クラッチピストン223の内周端部がクラッチドラム221の嵌合部231に回転径方向の外側から対向するように、クラッチピストン223の内径を小さくすれば、クラッチピストン223の受圧面積を拡大することができる。そして、その受圧面積の拡大により、クラッチ203の伝達トルク容量を増大させることができる。   In the configuration shown in FIG. 4, the inner diameter of the clutch piston 223 is larger than the size of the clutch drum 221, and the pressure receiving area of the clutch piston 223 is smaller. For example, if the inner diameter of the clutch piston 223 is reduced so that the inner peripheral end of the clutch piston 223 faces the fitting portion 231 of the clutch drum 221 from the outside in the rotational radial direction, the pressure receiving area of the clutch piston 223 is increased. be able to. And the transmission torque capacity of the clutch 203 can be increased by expanding the pressure receiving area.

しかしながら、クラッチピストン223の内周端部がクラッチドラム221の嵌合部231に回転径方向の外側から対向していると、油路251からオイルが流入する空間253とキャンセラ室243との間にクラッチピストン223が配置されるため、空間253からキャンセラ室243にオイルを供給することができない。   However, if the inner peripheral end of the clutch piston 223 faces the fitting portion 231 of the clutch drum 221 from the outside in the rotational radial direction, the space between the oil passage 251 and the canceller chamber 243 between the oil passage 251 Since the clutch piston 223 is disposed, oil cannot be supplied from the space 253 to the canceller chamber 243.

本発明の目的は、クラッチドラムの外側のオイル流入空間とキャンセラ室との間にクラッチピストンが配置されていても、オイル流入空間からキャンセラ室にオイルを供給できる、オイル供給構造を提供することである。   An object of the present invention is to provide an oil supply structure capable of supplying oil from an oil inflow space to a canceller chamber even when a clutch piston is disposed between the oil inflow space outside the clutch drum and the canceller chamber. is there.

前記の目的を達成するため、本発明に係るオイル供給構造は、クラッチドラム、クラッチピストンおよびキャンセラを備え、回転軸に外嵌される外嵌部がクラッチドラムに形成され、クラッチピストンがクラッチドラムの内側に設けられて、クラッチドラムとクラッチピストンとの間にピストン室が形成され、クラッチピストンの内周端部が外嵌部に対して回転径方向に対向し、キャンセラがクラッチピストンに対してピストン室と反対側に設けられた構成を有するクラッチにおいて、クラッチピストンとキャンセラとの間に形成されるキャンセラ室に油圧を供給する構造であって、この構造では、回転軸の周囲で外嵌部に隣接する位置に、オイルが流入するオイル流入空間が設けられ、回転軸と外嵌部との間に、オイル流入空間とキャンセラ室とを連通させる油路が設けられている。   In order to achieve the above object, an oil supply structure according to the present invention includes a clutch drum, a clutch piston, and a canceller, and an outer fitting portion that is fitted on a rotating shaft is formed on the clutch drum. Provided inside, a piston chamber is formed between the clutch drum and the clutch piston, the inner peripheral end of the clutch piston faces the outer fitting portion in the rotational radial direction, and the canceller is a piston with respect to the clutch piston. In the clutch having the configuration provided on the opposite side of the chamber, the hydraulic pressure is supplied to the canceller chamber formed between the clutch piston and the canceller. In this structure, the outer fitting portion is provided around the rotating shaft. An oil inflow space into which oil flows is provided at an adjacent position, and the oil inflow space and the cancel box are disposed between the rotating shaft and the outer fitting portion. An oil passage for communicating is provided a chamber.

この構造によれば、クラッチドラムには、回転軸に外嵌される外嵌部が形成されている。回転軸の周囲で外嵌部に隣接する位置には、オイルが流入するオイル流入空間が設けられている。オイル流入空間とキャンセラ室とは、回転軸と外嵌部との間に設けられた油路を介して連通されている。そのため、クラッチピストンの内周端部が外嵌部に対して回転径方向に対向し、これによりオイル流入空間とキャンセラ室との間にクラッチピストンが配置されていても、オイル流入空間から油路を通してキャンセラ室にオイルを供給することができる。   According to this structure, the clutch drum is formed with an external fitting portion that is externally fitted to the rotating shaft. An oil inflow space into which oil flows is provided at a position adjacent to the outer fitting portion around the rotation shaft. The oil inflow space and the canceller chamber are communicated with each other through an oil passage provided between the rotating shaft and the outer fitting portion. Therefore, even if the inner peripheral end of the clutch piston faces the outer fitting portion in the rotational radial direction, and the clutch piston is arranged between the oil inflow space and the canceller chamber, the oil path from the oil inflow space Oil can be supplied to the canceller chamber through.

また、クラッチピストンの内周端部が外嵌部に対して回転径方向に対向する構成では、その内周端部を外嵌部との間に隙間が生じる程度に外嵌部に近接させることにより、クラッチピストンの受圧面積の拡大を図ることができる。受圧面積の拡大により、クラッチ枚数(クラッチプレートおよびクラッチディスクの枚数)を増加させたり、ピストン室に供給される油圧を増大させたりせずに、クラッチの伝達トルク容量を増大させることができる。したがって、クラッチ枚数の増加によるコストアップやピストン室に供給される油圧の増大によるクラッチドラムやクラッチピストンの強度不足の問題を回避しつつ、クラッチの伝達トルク容量を増大させることができる。   Also, in the configuration in which the inner peripheral end of the clutch piston faces the outer fitting portion in the rotational radial direction, the inner peripheral end is brought close to the outer fitting portion so that a gap is formed between the outer fitting portion and the outer fitting portion. As a result, the pressure receiving area of the clutch piston can be increased. By increasing the pressure receiving area, it is possible to increase the transmission torque capacity of the clutch without increasing the number of clutches (the number of clutch plates and clutch disks) or increasing the hydraulic pressure supplied to the piston chamber. Therefore, it is possible to increase the transmission torque capacity of the clutch while avoiding the problems of cost increase due to an increase in the number of clutches and insufficient strength of the clutch drum and clutch piston due to an increase in the hydraulic pressure supplied to the piston chamber.

油路は、外嵌部の内周面にその回転軸線方向の全長にわたって形成される内周溝を含む構成であってもよい。   The oil path may include an inner circumferential groove formed on the inner circumferential surface of the outer fitting portion over the entire length in the rotation axis direction.

回転軸の外周面および外嵌部の内周面にスプラインが形成されて、回転軸と外嵌部とがスプライン嵌合する構成では、外嵌部の内周面に形成されるスプラインの一部を欠落(欠歯)させることにより、内周溝が形成されてもよい。   In the configuration in which the spline is formed on the outer peripheral surface of the rotating shaft and the inner peripheral surface of the outer fitting portion, and the rotating shaft and the outer fitting portion are spline-fitted, a part of the spline formed on the inner peripheral surface of the outer fitting portion An inner circumferential groove may be formed by missing (missing teeth).

また、外嵌部の外表面に他部材(ロックナットなど)が当接する構成では、油路は、外嵌部の内周面に回転軸線方向の全長にわたって形成される内周溝と、クラッチドラムの外表面に形成され、回転径方向に延びて内周溝に接続される外溝とを含む構成であってもよい。   In the configuration in which another member (such as a lock nut) is in contact with the outer surface of the outer fitting portion, the oil passage is formed on the inner circumferential surface of the outer fitting portion over the entire length in the rotation axis direction, and the clutch drum And an outer groove formed on the outer surface and extending in the rotational radial direction and connected to the inner circumferential groove.

内周溝に代えて、回転軸の周面に回転軸線方向に延びる外周溝が形成されてもよい。ただし、クラッチドラムの外表面に外溝が形成される構成では、外溝が外周溝に接続されるように回転軸と外嵌部との回転方向の位置を合わせる必要があり、回転軸へのクラッチドラムの組み付けに手間がかかるので、外嵌部の内周面に内周溝が形成されることが好ましい。   Instead of the inner peripheral groove, an outer peripheral groove extending in the direction of the rotation axis may be formed on the peripheral surface of the rotation shaft. However, in the configuration in which the outer groove is formed on the outer surface of the clutch drum, the rotational shaft and the outer fitting portion must be aligned in the rotational direction so that the outer groove is connected to the outer peripheral groove. Since it takes time to assemble the clutch drum, it is preferable that an inner peripheral groove is formed on the inner peripheral surface of the outer fitting portion.

本発明によれば、クラッチドラムの外側のオイル流入空間とキャンセラ室との間にクラッチピストンが配置されていても、オイル流入空間からキャンセラ室にオイルを供給することができる。そのため、クラッチピストンの受圧面積の拡大を図ることができ、受圧面積の拡大により、クラッチ枚数の増加によるコストアップやピストン室に供給される油圧の増大によるクラッチドラムやクラッチピストンの強度不足の問題を回避しつつ、クラッチの伝達トルク容量を増大させることができる。   According to the present invention, even if the clutch piston is disposed between the oil inflow space outside the clutch drum and the canceller chamber, oil can be supplied from the oil inflow space to the canceller chamber. For this reason, the pressure receiving area of the clutch piston can be increased, and the increase in the pressure receiving area causes problems such as an increase in cost due to an increase in the number of clutches and insufficient strength of the clutch drum and clutch piston due to an increase in hydraulic pressure supplied to the piston chamber. While avoiding, the transmission torque capacity of the clutch can be increased.

本発明の一実施形態に係るオイル供給構造が適用された変速ユニットの一部の構成を示す断面図である。It is sectional drawing which shows the structure of a part of transmission unit to which the oil supply structure which concerns on one Embodiment of this invention was applied. クラッチの近傍の構成を示す断面図である。It is sectional drawing which shows the structure of the vicinity of a clutch. クラッチドラムの外嵌部および第1中間部を右側から見た側面図である。It is the side view which looked at the external fitting part and 1st intermediate part of the clutch drum from the right side. 従来の変速ユニットの一部の構成を示す断面図である。It is sectional drawing which shows the structure of a part of conventional transmission unit.

以下では、本発明の実施の形態について、添付図面を参照しつつ詳細に説明する。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings.

<変速ユニット>
図1は、本発明の一実施形態に係るオイル供給構造が適用された変速ユニット1の一部の構成を示す断面図である。なお、図1では、断面を表すハッチングの付与が省略されている。
<Transmission unit>
FIG. 1 is a cross-sectional view illustrating a partial configuration of a transmission unit 1 to which an oil supply structure according to an embodiment of the present invention is applied. In FIG. 1, the hatching indicating the cross section is omitted.

変速ユニット1は、車両に搭載されて、エンジン(図示せず)が発生するトルクを変速して駆動輪(図示せず)に伝達するユニットであり、トルクコンバータ2および自動変速機3を含む。トルクコンバータ2および自動変速機3は、変速ユニット1の外殻をなすユニットケース4内に収容されている。   The transmission unit 1 is a unit that is mounted on a vehicle, changes the torque generated by an engine (not shown), and transmits the torque to drive wheels (not shown), and includes a torque converter 2 and an automatic transmission 3. The torque converter 2 and the automatic transmission 3 are accommodated in a unit case 4 that forms an outer shell of the transmission unit 1.

<トルクコンバータ>
トルクコンバータ2は、フロントカバー11、ポンプインペラ12、タービンハブ13、タービンランナ14、ロックアップ機構15およびステータ16を備えている。
<Torque converter>
The torque converter 2 includes a front cover 11, a pump impeller 12, a turbine hub 13, a turbine runner 14, a lockup mechanism 15, and a stator 16.

フロントカバー11は、回転軸線を中心に略円板状に延び、その外周端部が自動変速機3側(図1における左側。以下、「左側」という。)に屈曲した形状をなしている。フロントカバー11の中心部は、エンジン側(図1における右側。以下、「右側」という。)に膨出している。この膨出した部分には、エンジンの発生トルク(エンジントルク)が入力される。   The front cover 11 extends in a substantially disk shape around the rotation axis, and has an outer peripheral end bent toward the automatic transmission 3 (left side in FIG. 1; hereinafter referred to as “left side”). The center portion of the front cover 11 bulges to the engine side (the right side in FIG. 1, hereinafter referred to as “the right side”). The generated torque (engine torque) of the engine is input to the bulged portion.

ポンプインペラ12は、フロントカバー11の左側に配置されている。ポンプインペラ12の外周端部は、フロントカバー11の外周端部に接続され、回転軸線を中心にフロントカバー11と一体回転可能に設けられている。ポンプインペラ12の内面には、複数のブレード21が放射状に並べて配置されている。   The pump impeller 12 is disposed on the left side of the front cover 11. The outer peripheral end of the pump impeller 12 is connected to the outer peripheral end of the front cover 11 and is provided so as to be able to rotate integrally with the front cover 11 around the rotation axis. A plurality of blades 21 are arranged radially on the inner surface of the pump impeller 12.

タービンハブ13は、フロントカバー11とポンプインペラ12との間に配置されている。タービンハブ13は、略円筒状のボス部22と、ボス部22から回転径方向の外側に延出したフランジ部23とを一体的に有している。   The turbine hub 13 is disposed between the front cover 11 and the pump impeller 12. The turbine hub 13 integrally includes a substantially cylindrical boss portion 22 and a flange portion 23 extending from the boss portion 22 to the outside in the rotational radial direction.

タービンランナ14は、タービンハブ13のフランジ部23のポンプインペラ12側の面に固定されている。タービンランナ14のポンプインペラ12との対向面には、複数のブレード24が放射状に並べて配置されている。   The turbine runner 14 is fixed to the surface of the flange 23 of the turbine hub 13 on the pump impeller 12 side. A plurality of blades 24 are arranged radially on the surface of the turbine runner 14 facing the pump impeller 12.

ロックアップ機構15は、ロックアップピストン25およびダンパ機構26を備えている。   The lockup mechanism 15 includes a lockup piston 25 and a damper mechanism 26.

ロックアップピストン25は、略円環板状をなし、その内周端部がタービンハブ13のフランジ部23に外嵌されて、フロントカバー11とタービンランナ14との間に位置している。ロックアップピストン25に対してタービンランナ14側の係合側油室27の油圧がフロントカバー11側の解放側油室28の油圧よりも高いと、その差圧により、ロックアップピストン25がフロントカバー11側に移動する。逆に、解放側油室28の油圧が係合側油室27の油圧よりも高いと、その差圧により、ロックアップピストン25がタービンランナ14側に移動する。   The lock-up piston 25 has a substantially annular plate shape, and an inner peripheral end portion thereof is fitted on the flange portion 23 of the turbine hub 13 and is positioned between the front cover 11 and the turbine runner 14. If the hydraulic pressure of the engagement side oil chamber 27 on the turbine runner 14 side is higher than the hydraulic pressure of the release side oil chamber 28 on the front cover 11 side with respect to the lockup piston 25, the differential pressure causes the lockup piston 25 to move to the front cover. Move to the 11 side. Conversely, if the hydraulic pressure in the release side oil chamber 28 is higher than the hydraulic pressure in the engagement side oil chamber 27, the lockup piston 25 moves to the turbine runner 14 side due to the differential pressure.

ロックアップピストン25のフロントカバー11側の面には、その外周端部に摩擦材29が貼着されている。差圧により、ロックアップピストン25がフロントカバー11側に移動し、摩擦材29がフロントカバー11に押し付けられると、ポンプインペラ12とタービンランナ14とが直結(ロックアップオン)される。その状態から、差圧により、ロックアップピストン25がタービンランナ14側に移動すると、摩擦材29がフロントカバー11から離間し、ポンプインペラ12とタービンランナ14との直結が解除(ロックアップオフ)される。   A friction material 29 is stuck to the outer peripheral end of the surface of the lockup piston 25 on the front cover 11 side. When the lock-up piston 25 moves to the front cover 11 side due to the differential pressure and the friction material 29 is pressed against the front cover 11, the pump impeller 12 and the turbine runner 14 are directly connected (lock-up on). From this state, when the lockup piston 25 moves to the turbine runner 14 side due to the differential pressure, the friction material 29 is separated from the front cover 11 and the direct connection between the pump impeller 12 and the turbine runner 14 is released (lockup off). The

ダンパ機構26は、ポンプインペラ12とタービンランナ14との直結時にエンジンからの振動を減衰するための機構である。具体的には、ダンパ機構26は、ロックアップピストン25に支持されるリテーニングプレート31と、リテーニングプレート31に支持されるスプリング32と、スプリング32を介して回転方向にリテーニングプレート31と弾性的に連結されるドリブンプレート33と、スプリング32の外周を取り囲む外周部材34とを備えている。フロントカバー11に入力される振動は、リテーニングプレート31とドリブンプレート33との間でスプリング32が圧縮および復元を繰り返すことによって減衰される。   The damper mechanism 26 is a mechanism for dampening vibrations from the engine when the pump impeller 12 and the turbine runner 14 are directly connected. Specifically, the damper mechanism 26 includes a retaining plate 31 supported by the lock-up piston 25, a spring 32 supported by the retaining plate 31, and the retaining plate 31 elastically in the rotational direction via the spring 32. And a driven plate 33 connected to each other and an outer peripheral member 34 surrounding the outer periphery of the spring 32. The vibration input to the front cover 11 is damped as the spring 32 repeatedly compresses and restores between the retaining plate 31 and the driven plate 33.

ステータ16は、ポンプインペラ12とタービンランナ14との間に配置されている。   The stator 16 is disposed between the pump impeller 12 and the turbine runner 14.

ロックアップオフの状態において、エンジントルクによりポンプインペラ12が回転すると、ポンプインペラ12からタービンランナ14に向かうオイルの流れが生じる。このオイルの流れがタービンランナ14のブレード24で受けられて、タービンランナ14が回転する。このとき、トルクコンバータ2の増幅作用が生じ、タービンランナ14には、エンジントルクよりも大きなトルクが発生する。   When the pump impeller 12 is rotated by the engine torque in the lock-up off state, an oil flow from the pump impeller 12 toward the turbine runner 14 is generated. The oil flow is received by the blade 24 of the turbine runner 14 and the turbine runner 14 rotates. At this time, the amplifying action of the torque converter 2 occurs, and the turbine runner 14 generates torque larger than the engine torque.

<自動変速機>
自動変速機3は、インプットシャフト41、ギヤ42およびクラッチ43を備えている。
<Automatic transmission>
The automatic transmission 3 includes an input shaft 41, a gear 42, and a clutch 43.

インプットシャフト41は、中空軸に形成されている。インプットシャフト41は、トルクコンバータ2の回転軸線上を延び、トルクコンバータ2に挿通されている。インプットシャフト41の右側の端部には、タービンハブ13のボス部22が外嵌されて、そのボス部22がスプライン嵌合されている。これにより、インプットシャフト41は、タービンハブ13と一体回転し、さらには、そのタービンハブ13に対して固定されたタービンランナ14およびロックアップ機構15(ロックアップピストン25およびダンパ機構26)と一体回転する。   The input shaft 41 is formed as a hollow shaft. The input shaft 41 extends on the rotational axis of the torque converter 2 and is inserted through the torque converter 2. A boss portion 22 of the turbine hub 13 is externally fitted to the right end portion of the input shaft 41, and the boss portion 22 is spline-fitted. As a result, the input shaft 41 rotates integrally with the turbine hub 13, and further rotates together with the turbine runner 14 and the lockup mechanism 15 (the lockup piston 25 and the damper mechanism 26) fixed to the turbine hub 13. To do.

インプットシャフト41には、略円筒状のステータシャフト44が外嵌されている。ステータシャフト44の右側の端部は、回転軸線方向においてポンプインペラ12とタービンランナ14との間に位置し、その端部とタービンハブ13のボス部22との間には、間隔が空けられている。ステータシャフト44の右側の端部には、トルクコンバータ2のステータ16が固定されており、ステータシャフト44は、ステータ16を回転不能に支持している。ステータシャフト44は、トルクコンバータ2から左側に延出している。そして、ステータシャフト44には、トルクコンバータ2から延出した部分に、略円環板状のリテーナ45が圧入により外嵌されている。リテーナ45は、ユニットケース4にボルトで締結されている。これにより、ステータシャフト44は、リテーナ45を介して、ユニットケース4に固定的に保持されている。   A substantially cylindrical stator shaft 44 is fitted on the input shaft 41. The right end portion of the stator shaft 44 is located between the pump impeller 12 and the turbine runner 14 in the rotational axis direction, and a space is provided between the end portion and the boss portion 22 of the turbine hub 13. Yes. The stator 16 of the torque converter 2 is fixed to the right end portion of the stator shaft 44, and the stator shaft 44 supports the stator 16 so as not to rotate. The stator shaft 44 extends from the torque converter 2 to the left side. A substantially annular plate-like retainer 45 is fitted on the stator shaft 44 by press-fitting in a portion extending from the torque converter 2. The retainer 45 is fastened to the unit case 4 with bolts. Thereby, the stator shaft 44 is fixedly held by the unit case 4 via the retainer 45.

インプットシャフト41とステータシャフト44との間には、隙間46が設けられており、この隙間46には、リテーナ45と回転径方向に対向する位置に、ニードルローラベアリング47が配置されている。インプットシャフト41は、ニードルローラベアリング47を介して、ステータシャフト44に回転可能に保持されている。また、インプットシャフト41の左側の端部には、ボールベアリング48のインナレース(内輪)が外嵌されている。ボールベアリング48のアウタレース(外輪)は、ユニットケース4に固定されている。これにより、インプットシャフト41の左側の端部は、ボールベアリング48を介して、ユニットケース4に回転可能に保持されている。   A gap 46 is provided between the input shaft 41 and the stator shaft 44, and a needle roller bearing 47 is disposed in the gap 46 at a position facing the retainer 45 in the rotational radial direction. The input shaft 41 is rotatably held on the stator shaft 44 via a needle roller bearing 47. Further, an inner race (inner ring) of a ball bearing 48 is fitted on the left end portion of the input shaft 41. An outer race (outer ring) of the ball bearing 48 is fixed to the unit case 4. Thus, the left end of the input shaft 41 is rotatably held by the unit case 4 via the ball bearing 48.

また、インプットシャフト41には、ボールベアリング48の右側に隣接して、ボールベアリング51が外嵌されている。   A ball bearing 51 is fitted on the input shaft 41 adjacent to the right side of the ball bearing 48.

ギヤ42は、ボールベアリング51のアウタレースに固定されている。具体的には、ギヤ42は、略円筒状のボス52と、ボス52から回転径方向の外側に延びる略円環板状のウェブ53と、ウェブ53の外周端部が接続され、外周面に多数のギヤ歯を有する略円筒状のリム54とを一体的に備えている。ボス52がボールベアリング51のアウタレースに外嵌されて固定されることにより、ギヤ42は、インプットシャフト41に対して相対回転可能に設けられている。   The gear 42 is fixed to the outer race of the ball bearing 51. Specifically, the gear 42 is connected to a substantially cylindrical boss 52, a substantially annular plate-like web 53 extending from the boss 52 to the outside in the rotational radial direction, and an outer peripheral end portion of the web 53, and is connected to the outer peripheral surface. A substantially cylindrical rim 54 having a large number of gear teeth is integrally provided. The boss 52 is externally fitted and fixed to the outer race of the ball bearing 51, so that the gear 42 is provided to be rotatable relative to the input shaft 41.

図2は、クラッチ43の近傍の構成を示す断面図である。   FIG. 2 is a cross-sectional view showing a configuration in the vicinity of the clutch 43.

クラッチ43は、リテーナ45とボールベアリング51との間に設けられている。クラッチ43は、クラッチドラム61、クラッチハブ62、クラッチピストン63およびキャンセラ64を備えている。   The clutch 43 is provided between the retainer 45 and the ball bearing 51. The clutch 43 includes a clutch drum 61, a clutch hub 62, a clutch piston 63, and a canceller 64.

クラッチドラム61には、インプットシャフト41に外嵌される略円筒状の外嵌部71と、外嵌部71から回転径方向の外側に延びる略円環板状の第1中間部72と、第1中間部72からステータシャフト44の外周面上まで延びる略円筒状の第2中間部73と、第2中間部73から回転径方向の外側に延びる略円環板状の第3中間部74と、第3中間部74から回転軸線方向のギヤ42側に延びる略円筒状のプレート保持部75とがこの順に連続して形成されている。プレート保持部75には、複数のクラッチプレート76が回転軸線方向に間隔を空けてプレート保持部75から回転径方向の内側に延びた状態に保持されている。   The clutch drum 61 includes a substantially cylindrical outer fitting portion 71 fitted on the input shaft 41, a substantially annular plate-shaped first intermediate portion 72 extending outward from the outer fitting portion 71 in the rotational radial direction, A substantially cylindrical second intermediate portion 73 extending from the first intermediate portion 72 to the outer peripheral surface of the stator shaft 44; and a substantially annular plate-shaped third intermediate portion 74 extending outward from the second intermediate portion 73 in the rotational radial direction; A substantially cylindrical plate holding portion 75 extending from the third intermediate portion 74 to the gear 42 side in the rotational axis direction is formed continuously in this order. A plurality of clutch plates 76 are held in the plate holding portion 75 in a state extending from the plate holding portion 75 to the inside in the rotation radial direction at intervals in the rotation axis direction.

インプットシャフト41の外周面には、ボールベアリング51が外嵌されている部分の右側に隣接する部分に、スプライン81が形成されている。これに対応して、外嵌部71の内周面には、スプライン82が形成されている。外嵌部71は、インプットシャフト41のスプライン81が形成されている部分に外嵌され、スプライン82がスプライン81と噛み合うことにより、インプットシャフト41にスプライン嵌合している。   A spline 81 is formed on the outer peripheral surface of the input shaft 41 at a portion adjacent to the right side of the portion where the ball bearing 51 is fitted. Correspondingly, a spline 82 is formed on the inner peripheral surface of the outer fitting portion 71. The external fitting portion 71 is externally fitted to a portion of the input shaft 41 where the spline 81 is formed, and the spline 82 is engaged with the spline 81 so that the input shaft 41 is spline-fitted.

また、インプットシャフト41の外周面には、スプライン81が形成されている部分の右側に隣接する部分に、ねじ83が切られている。ねじ83が切られた部分には、ロックナット84が螺着されている。ロックナット84が締め付けられて、ボールベアリング48のインナレース、ボールベアリング51のインナレースおよびクラッチドラム61の外嵌部71がインプットシャフト41に形成された押し付け面85(図1参照)とロックナット84との間で圧接されることにより、ボールベアリング48のインナレース、ボールベアリング51のインナレースおよびクラッチドラム61がインプットシャフト41に対して固定されている。   Further, a screw 83 is cut on the outer peripheral surface of the input shaft 41 at a portion adjacent to the right side of the portion where the spline 81 is formed. A lock nut 84 is screwed into a portion where the screw 83 is cut. When the lock nut 84 is tightened, the inner race of the ball bearing 48, the inner race of the ball bearing 51, and the outer fitting portion 71 of the clutch drum 61 are formed on the input shaft 41 with a pressing surface 85 (see FIG. 1) and the lock nut 84. The inner race of the ball bearing 48, the inner race of the ball bearing 51, and the clutch drum 61 are fixed to the input shaft 41.

クラッチハブ62は、ギヤ42と一体に形成され、ギヤ42のウェブ53から複数のクラッチプレート76に回転径方向の内側から対向する位置まで延びる略円筒状をなしている。クラッチハブ62には、複数のクラッチディスク91が回転軸線方向に間隔を空けて保持されている。クラッチプレート76とクラッチディスク91とは、回転軸線方向に交互に並ぶように配置されている。   The clutch hub 62 is formed integrally with the gear 42 and has a substantially cylindrical shape extending from the web 53 of the gear 42 to a position facing the plurality of clutch plates 76 from the inside in the rotational radial direction. A plurality of clutch disks 91 are held on the clutch hub 62 at intervals in the rotation axis direction. The clutch plates 76 and the clutch disks 91 are arranged so as to be alternately arranged in the rotation axis direction.

クラッチピストン63は、クラッチドラム61とクラッチハブ62との間に、回転軸線方向に移動可能に設けられている。クラッチピストン63は、回転軸線方向に見た形状が円環状をなし、その内周部がクラッチドラム61の外嵌部71に回転径方向の外側から対向している。また、クラッチピストン63には、シール92が貼着されている。シール92の外周端部93は、クラッチドラム61のプレート保持部75に液密的に当接し、内周端部94は、クラッチドラム61の外嵌部71に液密的に当接している。これにより、インプットシャフト41の周囲において、クラッチドラム61とクラッチピストン63との間に、クラッチピストン63に作用する油圧が供給されるピストン室95が形成されている。   The clutch piston 63 is provided between the clutch drum 61 and the clutch hub 62 so as to be movable in the rotational axis direction. The clutch piston 63 has an annular shape when viewed in the rotational axis direction, and an inner peripheral portion thereof faces the outer fitting portion 71 of the clutch drum 61 from the outer side in the rotational radial direction. A seal 92 is attached to the clutch piston 63. The outer peripheral end portion 93 of the seal 92 is in liquid-tight contact with the plate holding portion 75 of the clutch drum 61, and the inner peripheral end portion 94 is in liquid-tight contact with the outer fitting portion 71 of the clutch drum 61. As a result, a piston chamber 95 to which hydraulic pressure acting on the clutch piston 63 is supplied is formed between the clutch drum 61 and the clutch piston 63 around the input shaft 41.

キャンセラ64は、クラッチハブ62とクラッチピストン63との間に設けられている。回転軸線方向に見た形状が円環状をなし、その内周端部がクラッチドラム61の外嵌部71に外嵌されている。キャンセラ64の外周端部には、シール96が貼着されている。シール96は、クラッチピストン63に液密的に当接している。これにより、クラッチピストン63とキャンセラ64との間に、キャンセラ室97が形成されている。キャンセラ室97には、リターンスプリング98が設けられており、クラッチピストン63とキャンセラ64とは、リターンスプリング98の付勢力により、互いに離間する方向に弾性的に付勢されている。この付勢により、キャンセラ64は、クラッチドラム61の外嵌部71に取り付けられたスナップリング99に当接し、回転軸線方向の移動が規制されている。   The canceller 64 is provided between the clutch hub 62 and the clutch piston 63. The shape viewed in the direction of the rotation axis is an annular shape, and the inner peripheral end portion thereof is externally fitted to the external fitting portion 71 of the clutch drum 61. A seal 96 is attached to the outer peripheral end of the canceller 64. The seal 96 is in liquid-tight contact with the clutch piston 63. Thereby, a canceller chamber 97 is formed between the clutch piston 63 and the canceller 64. The canceller chamber 97 is provided with a return spring 98, and the clutch piston 63 and the canceller 64 are elastically biased in a direction away from each other by the biasing force of the return spring 98. By this urging, the canceller 64 abuts on a snap ring 99 attached to the outer fitting portion 71 of the clutch drum 61, and movement in the rotation axis direction is restricted.

クラッチピストン63は、ピストン室95に供給される油圧により、クラッチプレート76側に移動し、クラッチプレート76を押圧する。この押圧により、クラッチプレート76とクラッチディスク91とが圧接し、クラッチ43が係合する。クラッチ43の係合状態から油圧が開放されると、クラッチピストン63とキャンセラ64との間に介在されているリターンスプリング98の付勢力により、クラッチピストン63がクラッチプレート76から離間する。その結果、クラッチディスク91とクラッチプレート76との圧接が解除され、クラッチ43が解放される。   The clutch piston 63 moves toward the clutch plate 76 by the hydraulic pressure supplied to the piston chamber 95 and presses the clutch plate 76. By this pressing, the clutch plate 76 and the clutch disc 91 are pressed against each other, and the clutch 43 is engaged. When the hydraulic pressure is released from the engaged state of the clutch 43, the clutch piston 63 is separated from the clutch plate 76 by the urging force of the return spring 98 interposed between the clutch piston 63 and the canceller 64. As a result, the pressure contact between the clutch disk 91 and the clutch plate 76 is released, and the clutch 43 is released.

<オイル供給構造>
インプットシャフト41の左側には、図1に示されるように、オイルポンプ5が配置されている。オイルポンプ5は、ポンプ駆動軸101およびポンプギヤ102を備えている。
<Oil supply structure>
As shown in FIG. 1, the oil pump 5 is disposed on the left side of the input shaft 41. The oil pump 5 includes a pump drive shaft 101 and a pump gear 102.

ポンプ駆動軸101は、回転軸線に沿って延び、インプットシャフト41内に挿通されている。ポンプ駆動軸101の右側の端部は、トルクコンバータ2のフロントカバー11に直結されている。インプットシャフト41とポンプ駆動軸101との間には、隙間が空けられており、その隙間による軸間油路111が設けられている。軸間油路111の左側の端部は、シール112により封止されている。軸間油路111は、インプットシャフト41の右側の端面で開放されており、フロントカバー11とロックアップピストン25との間の解放側油室28と連通している。   The pump drive shaft 101 extends along the rotation axis and is inserted into the input shaft 41. The right end of the pump drive shaft 101 is directly connected to the front cover 11 of the torque converter 2. A gap is provided between the input shaft 41 and the pump drive shaft 101, and an inter-shaft oil passage 111 is provided by the gap. The left end of the inter-shaft oil passage 111 is sealed with a seal 112. The inter-shaft oil passage 111 is opened at the right end face of the input shaft 41 and communicates with the release-side oil chamber 28 between the front cover 11 and the lockup piston 25.

ポンプ駆動軸101の左側の端部には、軸心油路113が形成されている。また、ポンプ駆動軸101には、軸間油路111と軸心油路113とを連通する連通油路114が形成されている。   An axial oil passage 113 is formed at the left end of the pump drive shaft 101. Further, the pump drive shaft 101 is formed with a communication oil passage 114 that connects the inter-shaft oil passage 111 and the shaft center oil passage 113.

ポンプギヤ102は、ポンプ駆動軸101と一体回転可能に設けられている。トルクコンバータ2のフロントカバー11が回転すると、ポンプ駆動軸101が回転し、ポンプギヤ102がポンプ駆動軸101と一体に回転する。ポンプギヤ102の回転により、オイルポンプ5で油圧が発生し、その油圧がバルブボディ(図示せず)に供給される。   The pump gear 102 is provided so as to be able to rotate integrally with the pump drive shaft 101. When the front cover 11 of the torque converter 2 rotates, the pump drive shaft 101 rotates and the pump gear 102 rotates integrally with the pump drive shaft 101. As the pump gear 102 rotates, oil pressure is generated in the oil pump 5, and the oil pressure is supplied to a valve body (not shown).

リテーナ45の内部には、複数の供給油路115が形成されている。各供給油路115は、リテーナ45の内周面で開放されている。   A plurality of supply oil passages 115 are formed inside the retainer 45. Each supply oil passage 115 is opened on the inner peripheral surface of the retainer 45.

ステータシャフト44には、連通油路116、クラッチ油路117およびキャンセラ油路118が形成されている。   A communication oil passage 116, a clutch oil passage 117, and a canceller oil passage 118 are formed in the stator shaft 44.

連通油路116は、供給油路115の1つ(以下、この供給油路115を他の供給油路115と区別する必要がある場合には「第1供給油路115」という。)と連通している。また、連通油路116は、ニードルローラベアリング47の右側において、インプットシャフト41とステータシャフト44との間の隙間46に開放され、その隙間46と連通している。   The communication oil passage 116 communicates with one of the supply oil passages 115 (hereinafter referred to as “first supply oil passage 115” when it is necessary to distinguish this supply oil passage 115 from other supply oil passages 115). doing. Further, the communication oil passage 116 is opened to the gap 46 between the input shaft 41 and the stator shaft 44 on the right side of the needle roller bearing 47 and communicates with the gap 46.

クラッチ油路117は、第1供給油路115以外の供給油路115の1つ(以下、この供給油路115を他の供給油路115と区別する必要がある場合には「第2供給油路115」という。)と回転径方向に対向する位置とステータシャフト44の左側の端面との間で回転軸線方向に延びている。クラッチ油路117の左側の端部は、ボール119の圧入により封止されている。クラッチ油路117は、ステータシャフト44に形成された接続油路120を介して第2供給油路115と連通している。また、クラッチドラム61の第2中間部73には、オイル供給孔121が貫通して形成されており、クラッチ油路117は、ステータシャフト44に形成された分岐油路122を介してオイル供給孔121と連通している。   The clutch oil passage 117 is one of the supply oil passages 115 other than the first supply oil passage 115 (hereinafter referred to as “second supply oil when it is necessary to distinguish this supply oil passage 115 from the other supply oil passages 115. A path 115 ”), a position facing the radial direction of the rotation, and the left end surface of the stator shaft 44, extending in the direction of the rotational axis. The left end of the clutch oil passage 117 is sealed by press-fitting a ball 119. The clutch oil passage 117 communicates with the second supply oil passage 115 via a connection oil passage 120 formed in the stator shaft 44. An oil supply hole 121 is formed through the second intermediate portion 73 of the clutch drum 61, and the clutch oil passage 117 is connected to the oil supply hole 122 via a branch oil passage 122 formed in the stator shaft 44. 121 is in communication.

キャンセラ油路118は、第1供給油路115および第2供給油路115とは別の供給油路115(以下、この供給油路115を他の供給油路115と区別する必要がある場合には「第3供給油路115」という。)と回転径方向に対向する位置とステータシャフト44の左側の端面との間で回転軸線方向に延びている。キャンセラ油路118は、ステータシャフト44の左側の端面で開放されており、そのステータシャフト44の左側の端面とクラッチドラム61の第1中間部72との間に設けられたオイル流入空間123と連通している。また、キャンセラ油路118は、ステータシャフト44に形成された接続油路124を介して第3供給油路115と連通している。   The canceller oil passage 118 is different from the first supply oil passage 115 and the second supply oil passage 115 (hereinafter, when the supply oil passage 115 needs to be distinguished from the other supply oil passages 115). (Referred to as “third supply oil passage 115”) and a position facing the rotational radial direction and the left end face of the stator shaft 44 in the rotational axis direction. The canceller oil passage 118 is open at the left end face of the stator shaft 44 and communicates with an oil inflow space 123 provided between the left end face of the stator shaft 44 and the first intermediate portion 72 of the clutch drum 61. doing. The canceller oil passage 118 communicates with the third supply oil passage 115 via a connection oil passage 124 formed in the stator shaft 44.

オイルポンプ5からバルブボディに供給される油圧は、バルブボディで調圧される。そして、その油圧により、バルブボディから軸心油路113および各供給油路115にオイルが供給される。   The hydraulic pressure supplied from the oil pump 5 to the valve body is regulated by the valve body. Then, oil is supplied from the valve body to the shaft center oil passage 113 and each supply oil passage 115 by the hydraulic pressure.

軸心油路113に供給されるオイルは、連通油路114を通して軸間油路111に供給され、軸間油路111を流れて、トルクコンバータ2の解放側油室28に供給される。   The oil supplied to the shaft center oil passage 113 is supplied to the inter-shaft oil passage 111 through the communication oil passage 114, flows through the inter-shaft oil passage 111, and is supplied to the release side oil chamber 28 of the torque converter 2.

第1供給油路115に供給されるオイルは、連通油路116を通してインプットシャフト41とステータシャフト44との間の隙間46に供給され、その隙間46を流れて、ステータシャフト44の右側の端部とタービンハブ13のボス部22との間を通してトルクコンバータ2の係合側油室27に供給される。   The oil supplied to the first supply oil passage 115 is supplied to the gap 46 between the input shaft 41 and the stator shaft 44 through the communication oil passage 116, flows through the gap 46, and the right end of the stator shaft 44. And the boss 22 of the turbine hub 13 is supplied to the engagement side oil chamber 27 of the torque converter 2.

第2供給油路115に供給されるオイルは、接続油路120を通してクラッチ油路117に供給され、クラッチ油路117から分岐油路122およびオイル供給孔121を通してクラッチ43のピストン室95に供給される。   The oil supplied to the second supply oil passage 115 is supplied to the clutch oil passage 117 through the connection oil passage 120, and is supplied from the clutch oil passage 117 to the piston chamber 95 of the clutch 43 through the branch oil passage 122 and the oil supply hole 121. The

第3供給油路115に供給されるオイルは、接続油路124を通して、キャンセラ油路118に流出し、キャンセラ油路118を流れて、キャンセラ油路118からステータシャフト44の左側の端面とクラッチドラム61の第1中間部72との間のオイル流入空間123に流出する。   The oil supplied to the third supply oil passage 115 flows out to the canceller oil passage 118 through the connection oil passage 124, flows through the canceller oil passage 118, and the left end face of the stator shaft 44 and the clutch drum from the canceller oil passage 118. The oil flows out into the oil inflow space 123 between the first intermediate portion 72 of 61.

図3は、クラッチドラム61の外嵌部71および第1中間部72を右側から見た側面図である。   FIG. 3 is a side view of the outer fitting portion 71 and the first intermediate portion 72 of the clutch drum 61 as viewed from the right side.

クラッチドラム61の外嵌部71および第1中間部72の外表面(右側の面)には、たとえば、3つの外溝131が等角度間隔で形成されている。各外溝131は、第1中間部72の回転径方向の途中部から回転径方向の内側に延び、外嵌部71の内周面で開放されている。   For example, three outer grooves 131 are formed at equiangular intervals on the outer surfaces (right surfaces) of the outer fitting portion 71 and the first intermediate portion 72 of the clutch drum 61. Each outer groove 131 extends from the middle portion of the first intermediate portion 72 in the rotational radial direction to the inner side in the rotational radial direction, and is opened at the inner peripheral surface of the outer fitting portion 71.

そして、外嵌部71の内周面には、各外溝131と回転方向に同じ位置に、スプライン82の一部を回転軸線方向の全長にわたって欠落(欠歯)させることにより、内周溝132が形成されている。   Then, on the inner peripheral surface of the outer fitting portion 71, a part of the spline 82 is missing (missing teeth) over the entire length in the rotation axis direction at the same position in the rotation direction as each outer groove 131, thereby forming the inner peripheral groove 132. Is formed.

また、外嵌部71には、キャンセラ室97に臨む位置に、オイル供給孔133が貫通して形成されている。   An oil supply hole 133 is formed through the outer fitting portion 71 at a position facing the canceller chamber 97.

これにより、キャンセラ油路118からステータシャフト44の左側の端面とクラッチドラム61の第1中間部72との間のオイル流入空間123に流出するオイルは、各外溝131に流入し、外溝131から内周溝132に流れ込み、内周溝132からオイル供給孔133を通してキャンセラ室97に供給される。   As a result, the oil flowing out from the canceller oil passage 118 into the oil inflow space 123 between the left end surface of the stator shaft 44 and the first intermediate portion 72 of the clutch drum 61 flows into the outer grooves 131, and the outer grooves 131. From the inner circumferential groove 132 to the canceller chamber 97 through the oil supply hole 133.

<作用効果>
以上のように、クラッチドラム61には、インプットシャフト41に外嵌される外嵌部71が形成されている。インプットシャフト41の周囲でクラッチドラム61の外嵌部71に隣接する位置には、オイルが流入するオイル流入空間123が設けられている。オイル流入空間123とキャンセラ室97とは、クラッチドラム61に形成された外溝131およびインプットシャフト41と外嵌部71との間に設けられた内周溝132からなる油路を介して連通されている。そのため、クラッチピストン63の内周端部が外嵌部71に対して回転径方向に対向し、これによりオイル流入空間123とキャンセラ室97との間にクラッチピストン63が配置されていても、オイル流入空間123から油路(外溝131および内周溝132)を通してキャンセラ室97にオイルを供給することができる。
<Effect>
As described above, the clutch drum 61 is formed with the external fitting portion 71 that is externally fitted to the input shaft 41. An oil inflow space 123 into which oil flows is provided at a position adjacent to the outer fitting portion 71 of the clutch drum 61 around the input shaft 41. The oil inflow space 123 and the canceller chamber 97 are communicated with each other via an oil path including an outer groove 131 formed in the clutch drum 61 and an inner circumferential groove 132 provided between the input shaft 41 and the outer fitting portion 71. ing. Therefore, even if the inner peripheral end portion of the clutch piston 63 faces the outer fitting portion 71 in the rotational radial direction, and the clutch piston 63 is disposed between the oil inflow space 123 and the canceller chamber 97, the oil Oil can be supplied from the inflow space 123 to the canceller chamber 97 through the oil passage (the outer groove 131 and the inner circumferential groove 132).

また、クラッチピストン63の内周端部が外嵌部71に対して回転径方向に対向する構成では、その内周端部を外嵌部71との間に隙間が生じる程度に外嵌部71に近接させることにより、クラッチピストン63の受圧面積の拡大を図ることができる。受圧面積の拡大により、クラッチ枚数(クラッチプレート76およびクラッチディスク91の枚数)を増加させたり、ピストン室95に供給される油圧を増大させたりせずに、クラッチ43の伝達トルク容量を増大させることができる。したがって、クラッチ枚数の増加によるコストアップやピストン室95に供給される油圧の増大によるクラッチドラム61やクラッチピストン63の強度不足の問題を回避しつつ、クラッチ43の伝達トルク容量を増大させることができる。   Further, in the configuration in which the inner peripheral end portion of the clutch piston 63 is opposed to the outer fitting portion 71 in the rotational radial direction, the outer fitting portion 71 is formed so that a gap is generated between the inner peripheral end portion and the outer fitting portion 71. The pressure receiving area of the clutch piston 63 can be increased by bringing the clutch piston 63 close to each other. By increasing the pressure receiving area, the transmission torque capacity of the clutch 43 is increased without increasing the number of clutches (the number of clutch plates 76 and clutch disks 91) or increasing the hydraulic pressure supplied to the piston chamber 95. Can do. Accordingly, it is possible to increase the transmission torque capacity of the clutch 43 while avoiding the problem of insufficient strength of the clutch drum 61 and the clutch piston 63 due to an increase in cost due to an increase in the number of clutches and an increase in hydraulic pressure supplied to the piston chamber 95. .

<変形例>
以上、本発明の一実施形態について説明したが、本発明は、他の形態で実施することもできる。
<Modification>
As mentioned above, although one Embodiment of this invention was described, this invention can also be implemented with another form.

たとえば、前述の実施形態では、クラッチドラム61の外嵌部71の内周面に内周溝132が形成された構成を取り上げた。これに限らず、内周溝132に代えて、インプットシャフト41のスプライン81の一部を回転軸線方向にわたって欠落(欠歯)させることにより、外周溝が形成されてもよい。ただし、クラッチドラム61の外表面に外溝131が形成されている構成では、外溝131が外周溝に接続されるようにインプットシャフト41と外嵌部71との回転方向の位置を合わせる必要があり、インプットシャフト41へのクラッチドラム61の組み付けに手間がかかるので、外嵌部71の内周面に内周溝132が形成されることが好ましい。   For example, in the above-described embodiment, the configuration in which the inner peripheral groove 132 is formed on the inner peripheral surface of the outer fitting portion 71 of the clutch drum 61 is taken up. Not limited to this, instead of the inner circumferential groove 132, an outer circumferential groove may be formed by missing (missing teeth) a part of the spline 81 of the input shaft 41 in the rotational axis direction. However, in the configuration in which the outer groove 131 is formed on the outer surface of the clutch drum 61, it is necessary to align the rotational direction positions of the input shaft 41 and the outer fitting portion 71 so that the outer groove 131 is connected to the outer peripheral groove. In addition, since it takes time to assemble the clutch drum 61 to the input shaft 41, it is preferable that the inner peripheral groove 132 is formed on the inner peripheral surface of the outer fitting portion 71.

また、外溝131およびこれに接続される内周溝132からなる油路が3本形成されているとしたが、外溝131および内周溝132からなる油路の本数は、キャンセラ室97への供給が必要とされるオイルの流量に応じて適宜に変更されるとよい。また、キャンセラ室97への供給が必要とされるオイルの流量に応じて、外溝131および内周溝132からなる油路の幅(断面積)が調整されてもよい。   In addition, although three oil passages including the outer groove 131 and the inner peripheral groove 132 connected to the outer groove 131 are formed, the number of oil passages including the outer groove 131 and the inner peripheral groove 132 can be reduced to the canceller chamber 97. It may be changed as appropriate according to the flow rate of oil that needs to be supplied. Further, the width (cross-sectional area) of the oil passage formed of the outer groove 131 and the inner peripheral groove 132 may be adjusted according to the flow rate of oil that needs to be supplied to the canceller chamber 97.

さらに、ロックナット84を用いずに、クラッチドラム61がインプットシャフト41に対して固定される構成では、外溝131が省略されて、内周溝132またはインプットシャフト41に形成される外周溝で油路が構成されてもよい。   Further, in the configuration in which the clutch drum 61 is fixed to the input shaft 41 without using the lock nut 84, the outer groove 131 is omitted, and the outer circumferential groove formed in the inner circumferential groove 132 or the input shaft 41 is oiled. A path may be configured.

また、自動変速機3に備えられたクラッチ43にオイルを供給する構造を例にとったが、本発明は、自動変速機3以外の動力伝達機構に備えられたクラッチ(ブレーキ)にオイルを供給する構造にも適用可能である。   In addition, the oil supply to the clutch 43 provided in the automatic transmission 3 is taken as an example, but the present invention supplies oil to a clutch (brake) provided in a power transmission mechanism other than the automatic transmission 3. It is also applicable to the structure.

その他、前述の構成には、特許請求の範囲に記載された事項の範囲で種々の設計変更を施すことが可能である。   In addition, various design changes can be made to the above-described configuration within the scope of the matters described in the claims.

43 クラッチ
61 クラッチドラム
63 クラッチピストン
64 キャンセラ
71 外嵌部
95 ピストン室
97 キャンセラ室
123 オイル流入空間
132 内周溝(油路)
223 クラッチハブ
271 クラッチドラム
43 Clutch 61 Clutch drum 63 Clutch piston 64 Canceller 71 External fitting portion 95 Piston chamber 97 Canceller chamber 123 Oil inflow space 132 Inner circumferential groove (oil passage)
223 Clutch hub 271 Clutch drum

Claims (1)

クラッチドラム、クラッチピストンおよびキャンセラを備え、回転軸に外嵌される外嵌部が前記クラッチドラムに形成され、前記クラッチピストンが前記クラッチドラムの内側に設けられて、前記クラッチドラムと前記クラッチピストンとの間にピストン室が形成され、前記クラッチピストンの内周端部が前記外嵌部に対して回転径方向に対向し、前記キャンセラが前記クラッチピストンに対して前記ピストン室と反対側に設けられた構成を有するクラッチにおいて、前記クラッチピストンと前記キャンセラとの間に形成されるキャンセラ室に油圧を供給する構造であって、
前記回転軸の周囲で前記外嵌部に隣接する位置に、オイルが流入するオイル流入空間が設けられ、
前記回転軸と前記外嵌部との間に、前記オイル流入空間と前記キャンセラ室とを連通させる油路が設けられている、オイル供給構造。
The clutch drum includes a clutch drum, a clutch piston, and a canceller, and an outer fitting portion is formed on the clutch drum. The clutch piston is provided inside the clutch drum, and the clutch drum, the clutch piston, A piston chamber is formed, an inner peripheral end portion of the clutch piston is opposed to the outer fitting portion in a rotational radial direction, and the canceller is provided on a side opposite to the piston chamber with respect to the clutch piston. In the clutch having the structure described above, the structure supplies hydraulic pressure to a canceller chamber formed between the clutch piston and the canceller,
An oil inflow space into which oil flows is provided at a position adjacent to the outer fitting portion around the rotating shaft,
An oil supply structure in which an oil passage is provided between the rotating shaft and the outer fitting portion to communicate the oil inflow space with the canceller chamber.
JP2016129283A 2016-06-29 2016-06-29 Oil supply structure Active JP6490625B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016129283A JP6490625B2 (en) 2016-06-29 2016-06-29 Oil supply structure

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016129283A JP6490625B2 (en) 2016-06-29 2016-06-29 Oil supply structure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018003921A true JP2018003921A (en) 2018-01-11
JP6490625B2 JP6490625B2 (en) 2019-03-27

Family

ID=60945006

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016129283A Active JP6490625B2 (en) 2016-06-29 2016-06-29 Oil supply structure

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6490625B2 (en)

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000329160A (en) * 1999-05-18 2000-11-28 Daihatsu Motor Co Ltd Canceler structure for hydraulic clutch
JP2006200659A (en) * 2005-01-21 2006-08-03 Nsk Warner Kk Multiple-disk type frictional engagement device and bush for multiple-disk type frictional engagement device
JP2007040453A (en) * 2005-08-04 2007-02-15 Mazda Motor Corp Friction engaging device for transmission
US20090105916A1 (en) * 2007-10-22 2009-04-23 Gooden James T Avoiding Drift Engagement of a Hydraulic Clutch
JP2009197851A (en) * 2008-02-20 2009-09-03 Mazda Motor Corp Clutch device for transmission
JP2011033044A (en) * 2009-07-29 2011-02-17 Honda Motor Co Ltd Multiple disk clutch device
JP2011202673A (en) * 2010-03-24 2011-10-13 Honda Motor Co Ltd Hydraulic clutch device
WO2013118900A1 (en) * 2012-02-10 2013-08-15 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Hybrid drive device
US8770365B2 (en) * 2012-09-05 2014-07-08 Ford Global Technologies, Llc Friction damper for a transmission clutch
JP2016102561A (en) * 2014-11-28 2016-06-02 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Speed change gear

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000329160A (en) * 1999-05-18 2000-11-28 Daihatsu Motor Co Ltd Canceler structure for hydraulic clutch
JP2006200659A (en) * 2005-01-21 2006-08-03 Nsk Warner Kk Multiple-disk type frictional engagement device and bush for multiple-disk type frictional engagement device
JP2007040453A (en) * 2005-08-04 2007-02-15 Mazda Motor Corp Friction engaging device for transmission
US20090105916A1 (en) * 2007-10-22 2009-04-23 Gooden James T Avoiding Drift Engagement of a Hydraulic Clutch
JP2009197851A (en) * 2008-02-20 2009-09-03 Mazda Motor Corp Clutch device for transmission
JP2011033044A (en) * 2009-07-29 2011-02-17 Honda Motor Co Ltd Multiple disk clutch device
JP2011202673A (en) * 2010-03-24 2011-10-13 Honda Motor Co Ltd Hydraulic clutch device
WO2013118900A1 (en) * 2012-02-10 2013-08-15 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Hybrid drive device
US8770365B2 (en) * 2012-09-05 2014-07-08 Ford Global Technologies, Llc Friction damper for a transmission clutch
JP2016102561A (en) * 2014-11-28 2016-06-02 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Speed change gear

Also Published As

Publication number Publication date
JP6490625B2 (en) 2019-03-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5012912B2 (en) Oil path structure of chain drive type oil pump
US10138949B2 (en) Friction engagement element
JP4109681B2 (en) Clutch assembly with vibration damper
JP2010048316A (en) Torque converter
US20160230874A1 (en) Power transmission device
US9863509B2 (en) Power transmission device
JP6490625B2 (en) Oil supply structure
JP4831575B2 (en) Starting clutch
JP6490638B2 (en) Position control structure of rotating shaft
JP2013076418A (en) Vehicular fluid power transmitting device
JP6328184B2 (en) Transmission unit
JP6328177B2 (en) Shaft support structure
JP6366645B2 (en) Lubrication structure of bearing
JP2017207091A (en) Lock-up device of torque converter
JP5082634B2 (en) Lubricating oil supply device for automatic transmission
JP6381587B2 (en) Centrifugal hydraulic canceller structure
JP6351566B2 (en) Oil supply structure
JP5642647B2 (en) Fluid transmission device for vehicles
JP6580006B2 (en) Oil supply structure
JP7353873B2 (en) transmission
KR20110007432A (en) Torque converter for a vehicle
JP2011038642A (en) Torque converter
JP2557776Y2 (en) Oil pump gear lubrication structure for torque converter
JP6494573B2 (en) Oil supply structure
JP6618959B2 (en) Oil supply structure

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180301

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20180301

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20180514

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180522

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180723

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20181009

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20181210

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190227

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6490625

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250