JP2005185728A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2005185728A
JP2005185728A JP2003434113A JP2003434113A JP2005185728A JP 2005185728 A JP2005185728 A JP 2005185728A JP 2003434113 A JP2003434113 A JP 2003434113A JP 2003434113 A JP2003434113 A JP 2003434113A JP 2005185728 A JP2005185728 A JP 2005185728A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
variable display
display
control
variable
special
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003434113A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005185728A5 (ja
Inventor
Shohachi Ugawa
Takashi Watanabe
剛史 渡辺
詔八 鵜川
Original Assignee
Sankyo Kk
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kk, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Kk
Priority to JP2003434113A priority Critical patent/JP2005185728A/ja
Publication of JP2005185728A publication Critical patent/JP2005185728A/ja
Publication of JP2005185728A5 publication Critical patent/JP2005185728A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【目的】 遊技者に特定表示結果となることを悟られることなく複数の可変表示部にて可変表示を行う遊技機を提供する。
【構成】 第1の可変表示部9にて特定表示結果が導出表示されたことに基づく特定遊技状態への制御が開始された第1の時点で第2の可変表示部8における可変表示時間の計測を中断し、第1の可変表示部9にて特定表示結果が導出表示されたことに基づく特定遊技状態への制御が終了した第2の時点で当該可変表示時間の計測を再開する間欠手段を含み、第1の時点で第2の可変表示部8における識別情報の可変表示を中断し、第2の時点で第2の可変表示部8における第1の時点で中断した当該識別情報の可変表示を再開するため、複数の可変表示部にて同時に特定遊技状態が発生することを防ぐことができるとともに、第1の可変表示部9に特定表示結果が導出表示されることを遊技者に悟られ難くすることができる。
【選択図】 図15

Description

本発明は、所定の始動条件の成立に基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行って表示結果を導出表示する複数の可変表示部と、該可変表示部の表示結果が予め定められた特定表示結果となったことに基づいて開放する特別可変入賞装置と、を備え、前記複数の可変表示部のうちのいずれかの可変表示部に前記特定表示結果が導出表示されたことに基づいて遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機に関するものである。
遊技機として、遊技球などの遊技媒体を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口などの入賞領域に遊技媒体が入賞すると、所定個の賞球が遊技者に払い出されるものがある。さらに、識別情報を可変表示可能な可変表示部が複数設けられ、いずれかの可変表示部にて識別情報の可変表示の表示結果が特定表示結果となった場合に遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御可能となるように構成されたものがある。
特定遊技状態とは、所定の遊技価値が付与された遊技者にとって有利な状態を意味する。具体的には、特定遊技状態は、例えば特別可変入賞装置の状態を打球が入賞しやすい遊技者にとって有利な状態(大当り遊技状態)、遊技者にとって有利な状態となるための権利が発生した状態、景品遊技媒体払出の条件が成立しやすくなる状態などの、所定の遊技価値が付与された状態である。
上記した遊技機では、特別図柄(識別情報)を表示する可変表示部の表示結果があらかじめ定められた特定の表示態様の組合せ(特定表示結果)となることを、通常、「大当り」という。大当りが発生すると、例えば、大入賞口が所定回数開放して打球が入賞しやすい大当り遊技状態に移行する。そして、各開放期間において、所定個(例えば10個)の大入賞口への入賞があると大入賞口は閉成する。そして、大入賞口の開放回数は、所定回数(例えば15ラウンド)に固定されている。なお、各開放について開放時間(例えば29.5秒)が決められ、入賞数が所定個に達しなくても開放時間が経過すると大入賞口は閉成する。また、大入賞口が閉成した時点で所定の条件(例えば、大入賞口内に設けられているVゾーンへの入賞)が成立していない場合には、大当り遊技状態は終了する。
このような遊技機には、複数の特定可変表示部にて同時に大当りが発生することを防ぐために、一方の可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたときまたは一方の特別可変入賞装置が特定遊技状態に制御されているときに他方の可変表示部にて識別情報の可変表示を開始するまでの時間を遅らせるもの(例えば、特許文献1参照)や、一方の可変表示部にて表示結果を特定表示結果とすることが決定されているときまたは一方の特別可変入賞装置が特定遊技状態に制御されているときに他方の可変表示部にて識別情報の可変表示を開始するまでの時間を遅らせるもの(例えば、特許文献2参照)があった。
特開2001−62080号公報(第9−10頁、第10図) 特開2001−62081号公報(第8−11頁、第9図)
ところが、上記した特許文献1および特許文献2の遊技機においては、一方の可変表示部にて大当りが発生したときに他方の可変表示部の可変表示開始を遅延させていたため、可変表示開始が遅延されたことで遊技者は現在変動中の可変表示部の表示結果が特定表示結果となることを悟れてしまい、遊技者の興趣が下がる虞があった。本発明は、上記した事情に鑑みなされたものであり、その目的とするところは、遊技者に特定表示結果となることを悟られることなく複数の可変表示部にて識別情報の可変表示を行う遊技機を提供することにある。
上記目的を達成するために、請求項1の発明においては、所定の始動条件の成立(例えば、第1始動入賞口14に遊技球が入賞する、第2始動入賞口16に遊技球が入賞する)に基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報(例えば、特別図柄8a〜8c、特別図柄9a〜9c)の可変表示を行って表示結果を導出表示する複数の可変表示部(例えば、第1可変表示部8、第2可変表示部9)と、該可変表示部の表示結果が予め定められた特定表示結果(例えば、大当り図柄)となったことに基づいて開放する特別可変入賞装置(例えば、第1特別可変入賞装置20、第2特別可変入賞装置22)と、を備え、前記複数の可変表示部のうちのいずれかの可変表示部に前記特定表示結果が導出表示されたことに基づいて遊技者にとって有利な特定遊技状態(例えば、大当り遊技状態)に制御する遊技機(例えば、弾球遊技機1)において、前記複数の可変表示部の表示結果をその導出表示以前に決定する事前判定手段(例えば、CPU56の機能であって第1特別図柄通常処理(ステップS300)のステップS56で第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの表示結果を大当りとするか否かを判定する部分と、第2特別図柄通常処理で第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの表示結果を大当りとするか否かを判定する部分)と、該事前判定手段による判定結果に基づいて前記複数の可変表示部それぞれにおける前記識別情報の可変表示を開始してから表示結果を導出表示するまでの可変表示時間と表示態様とを示す可変表示データを予め定められた複数種類の可変表示データ(例えば、変動パターン)の中から選択する可変表示データ選択手段(例えば、CPU56の機能であって第1変動パターン設定処理(ステップS302)にて変動パターン決定用乱数の値に応じて予め定められた複数種類の変動パターンの中から選択する部分)と、該可変表示データ選択手段によって選択された可変表示データに基づく前記可変表示時間を計測する可変表示時間計測手段(例えば、CPU56の機能であって第1特別図柄変動処理(ステップS303)のステップS81で第1特別図柄プロセスタイマを減算する部分と、第特別図柄変動処理で第2特別図柄プロセスタイマを減算する部分)と、該可変表示時間計測手段により計測された前記可変表示時間が経過したかを判定する可変表示時間判定手段(例えば、CPU56の機能であって第1特別図柄変動処理(ステップS303)のステップS82で第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしたか否か判定する部分と、第2特別図柄変動処理で第2特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしたか否か判定する部分)と、前記複数の可変表示部の表示制御を行うとともに前記可変表示時間判定手段により前記可変表示時間が経過した旨の判定がなされたときに前記識別情報の表示結果を導出表示する表示制御手段(例えば、CPU56により演出制御コマンドを表示制御基板80に送信し、表示制御用CPU、RAM、ROM、I/Oポート部、等の周辺回路によって第1可変表示部8および第2可変表示部9の表示を制御する機能)と、を備え、前記複数の可変表示部のうち第1の可変表示部に前記特定表示結果が導出表示され(例えば、図15(B)で第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示され)、且つ、前記第1の可変表示部とは異なる第2の可変表示部にて前記識別情報の可変表示が実行されているとき(例えば、図15(B)で第1可変表示部8に特別図柄8a〜8cの変動表示が実行されているとき)、前記可変表示時間計測手段は、前記第1の可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたことに基づく特定遊技状態への制御が開始された第1の時点(例えば、第2特別図柄変動処理または第2特別図柄停止処理で第2大当り実行中フラグがセットされた時点)で前記第2の可変表示部における可変表示時間の計測を中断(例えば、第1特別図柄変動処理(ステップS303)のステップS87でYESとなり第1特別図柄プロセスタイマの減算を行わない)し、前記第1の可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態への制御が終了した第2の時点(例えば、第2大当り終了処理にて第2大当り実行中フラグおよび中断フラグがリセットされた時点)で当該可変表示時間の計測を再開する間欠手段(例えば、CPU56の機能であって大当り遊技状態が終了するときに第2大当り終了処理にて第2大当り実行中フラグおよび中断フラグをリセットし、第1特別図柄変動処理(ステップS303)のステップS80でNOとなって第1特別図柄プロセスタイマの減算を行わせる部分)を含み、前記表示制御手段は、前記第1の時点で前記可変表示時間計測手段により前記第2の可変表示部における可変表示時間の計測を中断したときに前記第2の可変表示部における前記識別情報の可変表示を中断し(例えば、第1実施形態の第1図柄変動中処理(ステップS802)のステップS824でYESとなりステップS827以降の処理を実行しない制御を行い、または第2実施形態の第1図柄変動中処理のステップSA824でYESとなりステップSA827以降の処理を実行しない)、前記第2の時点で前記可変表示時間計測手段により前記第2の可変表示部における可変表示時間の計測を再開したときに前記第1の時点で前記第2の可変表示部において中断した当該識別情報の可変表示を再開する制御を行う(例えば、第1実施形態の第1図柄変動中処理(ステップS802)のステップS821でYESとなりステップS827以降の処理を実行する制御を行う、または第2実施形態の第1図柄変動中処理のステップSA821でYESとなりステップSA827以降の処理を実行する制御を行う)ことを特徴とする。
また、請求項2の発明においては、遊技の進行を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(例えば、主基板31に搭載されるCPU56、ROM54、RAM55、I/Oポート部57、等の周辺回路)と、前記遊技制御用マイクロコンピュータからの制御信号(例えば、演出制御コマンド)に基づいて前記複数の可変表示部の表示を制御する表示制御用マイクロコンピュータ(例えば、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPU(図示しない)、RAM(図示しない)、ROM(図示しない)、I/Oポート部(図示しない)、等の周辺回路)と、を備え、前記遊技制御用マイクロコンピュータは、前記可変表示時間計測手段と、前記可変表示時間判定手段と、前記第1の時点で(例えば、図15(B)で第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されたときに第1可変表示部8に特別図柄8a〜8cの変動表示が実行されていて、ステップS82で第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしていないと判定されたとき)、前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を一旦停止させる旨を示す中断制御信号(例えば、中断コマンド)を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する中断制御信号送信手段(例えば、CPU56の機能であって第1特別図柄変動処理(ステップS303)のステップS89で中断コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分と、第2特別図柄変動処理で中断コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分)と、前記第2の時点で、前記第2の可変表示部において中断されていた識別情報の可変表示を再開させる旨を示す再開制御信号(例えば、再開コマンド)を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する再開制御信号送信手段(例えば、CPU56の機能であって第2大当り終了処理で再開コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分と、第1大当り終了処理(ステップS307)のステップS107で再開コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分)と、を含み、前記表示制御用マイクロコンピュータは、前記中断制御信号送信手段から前記中断制御信号を受信したときに前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を中断し(例えば、第1実施形態の第1図柄変動中処理(ステップS802)のステップS824で中断コマンドを受信したことに基づいてステップS827以降の処理を実行しない制御を行い)、前記再開制御信号送信手段から前記再開制御信号を受信したときに前記中断制御信号を受信した時点で中断した識別情報の可変表示を再開する制御を行う(例えば、第1実施形態の第1図柄変動中処理(ステップS802)のステップS821でYESとなりステップS827以降の処理を実行する制御を行う)ことを特徴とする。
また、請求項3の発明においては、遊技の進行を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(例えば、主基板31に搭載されるCPU56、ROM54、RAM55、I/Oポート部57、等の周辺回路)と、前記遊技制御用マイクロコンピュータからの制御信号(例えば、演出制御コマンド)に基づいて前記複数の可変表示部の表示を制御する表示制御用マイクロコンピュータ(例えば、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPU(図示しない)、RAM(図示しない)、ROM(図示しない)、I/Oポート部(図示しない)、等の周辺回路)と、を備え、前記遊技制御用マイクロコンピュータは、前記第1の時点で(例えば、図15(B)で第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されたとき)前記特定遊技状態への制御を開始する旨を示す特定遊技状態開始制御信号(例えば、第2大当り開始コマンド、第1大当り開始コマンド)を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する特定遊技状態開始制御信号送信手段(例えば、CPU56の機能であって第2特別図柄停止処理で第2大当り開始コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分と、第1特別図柄停止処理(ステップS304)のステップSA95で第1大当り開始コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分)と、前記第2の時点で前記特定遊技状態への制御が終了した旨を示す特定遊技状態終了信号(例えば、第2確変大当り終了コマンド、第2非確変大当り終了コマンド、第1確変大当り終了コマンド、第1非確変大当り終了コマンド)を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する特定遊技状態終了信号送信手段(例えば、CPU56の機能であって第2大当り終了処理で第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分と、第1大当り終了処理(ステップS307)のステップSA102またはステップSA103で第1確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし、特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信する部分)と、を含み、前記表示制御用マイクロコンピュータは、前記特定遊技状態開始制御信号送信手段から前記特定遊技状態開始制御信号を受信したときに前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を中断し(例えば、第2実施形態の第1図柄変動中処理(ステップS802)のステップSA824で第2大当り開始コマンドを受信したことに基づいてステップS827以降の処理を実行しない制御を行い)、前記特定遊技状態終了信号送信手段から前記特定遊技状態終了信号を受信したときに前記特定遊技状態開始制御信号を受信した時点で中断した識別情報の可変表示を再開する制御を行う(例えば、第2実施形態の第1図柄変動中処理(ステップS802)のステップSA821でYESとなりステップS827以降の処理を実行する制御を行う)ことを特徴とする。
また、請求項4の発明においては、前記表示制御手段は、前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を中断したとき(例えば、ステップS824またはステップSA824でYESとなったとき)、その旨を報知する中断報知手段(例えば、表示制御用CPUの機能であってステップS826またはステップSA826で第1可変表示部8に変動中断表示100を行う部分と、第2図柄変動中処理で第2可変表示部9に変動中断表示100を行う部分)を備えることを特徴とする。
また、請求項5の発明においては、前記複数の可変表示部を所定の間隔を有する仕切部(例えば、仕切部106)を挟んで離間するように配置し、前記表示制御手段は、前記特定遊技状態実行中に前記複数の可変表示部にて演出表示を行うとともに、前記第1の可変表示部と前記第2の可変表示部とに仮想的にまたがる画像(例えば、図16に示すボール104、図17に示す「大当り やったね確変!」105)を表示する際に、当該画像を移動表示させるときには前記仕切部上の部分を隠した態様で各可変表示部上に位置する画像を表示制御し(例えば、ボール104を第1可変表示部8と第2可変表示部9とを画面とみなして画像を表示した場合に、第1可変表示部8または第2可変表示部9に位置する画像のみを表示し、その間の仕切部106上に位置する部分については画像表示を行わない)、当該画像を移動表示させないときには前記仕切部上に表示される部分を含む態様で各可変表示部を表示制御する(例えば、「大当り やったね確変!」105が仕切部106上に位置する場合には、仕切部106上の部分も表示するように第1VRAMおよび第2VRAMに展開して表示する)ことを特徴とする。
請求項1に係る発明においては、第1の可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたときに第2の可変表示部における識別情報の可変表示を中断することにより、複数の可変表示部にて同時に特定遊技状態が発生することを防ぐことができる。また、第1の可変表示部に特定表示結果が導出表示されるまで第2の可変表示部にて識別情報の可変表示が行われるため、第1の可変表示部に特定表示結果が導出表示されることを遊技者に悟られ難くすることができる。
また、請求項2に係る発明においては、中断制御信号送信手段から中断制御信号を受信したときに表示制御用マイクロコンピュータにより第2の可変表示部における識別情報の可変表示を中断し、再開制御信号送信手段から再開制御信号を受信したときに表示制御用マイクロコンピュータにより第2の可変表示部における識別情報の可変表示を再開するため、遊技制御用マイクロコンピュータの制御負担を軽減させることができる。
また、請求項3に係る発明においては、特定遊技状態開始制御信号送信手段から特定遊技状態開始制御信号を受信したときに表示制御用マイクロコンピュータにより第2の可変表示部における識別情報の可変表示を中断し、特定遊技状態終了制御信号送信手段から特定遊技状態終了制御信号を受信したときに表示制御用マイクロコンピュータにより第2の可変表示部における識別情報の可変表示を再開するため、遊技制御用マイクロコンピュータの制御負担を軽減させることができる。また、1つの制御信号で複数の指示を与える、すなわち、制御信号を兼用して制御を行うため、制御信号の数を軽減できる。
また、請求項4に係る発明においては、第2の可変表示部における識別情報の可変表示を中断したときその旨を報知するため、遊技者に不信感を与えることなく、第2の可変表示部における識別情報の可変表示を中断させることができる。
また、請求項5に係る発明においては、第1の可変表示部と第2の可変表示部とに仮想的にまたがる画像を表示する際に、画像を移動表示させるときには仕切部上の部分を隠した態様で各可変表示部上に位置する画像を表示制御し、画像を移動表示させないときには仕切部上に表示される部分を含んだ態様で各可変表示部を表示制御するため、自然な形式で違和感なく画像表示を行うことが可能となる。

以下、本発明の一実施形態について、図面を参照して説明する。まず、遊技機の一例である弾球遊技機1の全体の構成について説明する。図1は弾球遊技機1を正面からみた正面図である。なお、ここでは、遊技機の一例として弾球遊技機を示すが、本発明は弾球遊技機に限られず、例えば、画像式の遊技機、コイン遊技機、及び、スロット機、等であってもよい。
弾球遊技機1は、縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取り付けられた遊技枠とで構成される。また、弾球遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取り付けられる機構板(図示せず)と、それらに取り付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)と、を含む構造体である。
図1に示すように、弾球遊技機1は、額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取り付けられている。なお、遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取り付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には打ち込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。
遊技領域7の中央付近には、所定の始動条件の成立(例えば、打球が第1始動入賞口14へ入賞)に基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報(例えば、特別図柄8a〜8c)の可変表示を行って表示結果を導出表示する第1可変表示部8と、所定の始動条件の成立(例えば、打球が第2始動入賞口16へ入賞)に基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報(例えば、特別図柄9a〜9c)の可変表示を行って表示結果を導出表示する第2可変表示部9と、が所定の間隔を有する仕切部106を挟んで離間するように配置している。本実施形態では、第1可変表示部8および第2可変表示部9はそれぞれ液晶表示装置(LCD)により構成され、左・中・右の3つの表示領域に識別情報が表示制御されるものである。
なお、本実施形態における弾球遊技機1は、第1可変表示部8において、始動入賞発生時(例えば、第1始動入賞口14へ打球が入賞する)に後述する抽出手段(例えば、CPU56の機能であって数値データ(大当り判定用乱数等)を抽出する機能:ステップS312)によって数値データ更新手段(例えば、CPU56の機能であって数値データ(大当り判定用乱数、等)を更新(カウントアップ)する機能:ステップS23)から抽出された数値データ(大当り判定用乱数等)が事前判定手段(例えば、CPU56の機能であって始動入賞発生時に抽出した大当り判定用乱数が大当り判定値と合致するか否かを判定する部分:ステップS56)により所定の判定値(大当り判定値)と合致すると判定されたときに、第1可変表示部8に特定表示結果(大当り図柄)を表示した後に遊技者にとって有利な特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御する機能を有する。
また、第2可変表示部9において、始動入賞発生時(例えば、第2始動入賞口16へ打球が入賞する)に抽出手段(例えば、CPU56の機能であって数値データ(大当り判定用乱数等)を抽出する機能)によって数値データ更新手段(例えば、CPU56の機能であって数値データ(大当り判定用乱数、等)を更新(カウントアップ)する機能:ステップS23)から抽出された数値データ(大当り判定用乱数等)が事前判定手段(例えば、CPU56の機能であって始動入賞発生時に抽出した大当り判定用乱数が大当り判定値と合致するか否かを判定する部分)により所定の判定値(大当り判定値)と合致すると判定されたときに、第2可変表示部9に特定表示結果(大当り図柄)を表示した後に遊技者にとって有利な特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御する機能を有する。そして、第1可変表示部8と第2可変表示部9とのいずれかの表示部に特定表示結果が導出表示されたときに大当り遊技状態に移行制御する。
なお、この実施の形態では、第1可変表示部8に特定表示結果が導出表示されたことにより発生する特定遊技状態と、第2可変表示部9に特定表示結果が導出表示されたことにより発生する特定遊技状態と、を同一(例えば、大当りラウンド数、入賞払出数、等)の特定遊技状態としているが、一方の特定遊技状態を他方の特定遊技状態と比べて更に有利となるように構成してもよい。
また、この実施の形態では、第1可変表示部8と第2可変表示部9との2つの表示部により識別情報の可変表示を行う構成となっているが、これに限らず複数の表示部を備え、複数(2〜∞のうちの任意の自然数)の表示部にて識別情報の可変表示を行う構成としてもよい。
また、特定表示結果(大当り図柄)には、特別表示結果(確変図柄、例えば、同一の奇数図柄の組合せ)と特別表示結果以外の非特別表示結果(非確変図柄、例えば、同一の偶数図柄の組み合わせ)が含まれ、本実施形態における弾球遊技機1は、後述する第1特別図柄停止図柄設定処理(ステップS301)で表示結果を特別表示結果(確変図柄)とすることを決定したときに第1可変表示部8に特別表示結果(確変図柄)を表示した後に特定遊技状態(大当り遊技状態)に制御し、特定遊技状態(大当り遊技状態)終了後に、特定遊技状態とは異なる遊技状態であって、通常遊技状態より特定表示結果(大当り図柄)となり易い(大当り遊技状態となる確率が高い)第1特別遊技状態としての第1確変状態に制御することにより遊技者にとってさらに有利な状態に移行制御する。
また、第2特別図柄停止図柄設定処理(図示しない)で表示結果を特別表示結果(確変図柄)とすることを決定したときに第2可変表示部9に特別表示結果(確変図柄)を表示した後に特定遊技状態(大当り遊技状態)に制御し、特定遊技状態(大当り遊技状態)終了後に、特定遊技状態および第1特別遊技状態とは異なる遊技状態であって、通常遊技状態より特定表示結果(大当り図柄)となり易い(大当り遊技状態となる確率が高い)第2特別遊技状態としての第2確変状態に制御することにより遊技者にとってさらに有利な状態に移行制御する。
なお、通常遊技状態とは、第1特別遊技状態(第1確変状態)、第2特別遊技状態(第2確変状態)、および特定遊技状態(大当り遊技状態)とは異なる遊技状態のことである。また、以下、第1特別遊技状態と第2特別遊技状態とを合わせて特別遊技状態ということがある。
また、第1可変表示部8の下部には、始動条件が成立(打球が第1始動入賞口14へ入賞)したときに抽出手段により数値データ更新手段から抽出された数値データ(例えば、大当り判定用乱数等)の抽出順番を特定可能に記憶する保留記憶手段としての第1保留記憶バッファ(例えば、主基板31に搭載されるRAM55により抽出手段(ステップS312)によって抽出された数値データ(大当り判定用乱数等)を記憶する機能)に記憶された数値データの記憶数(保留記憶数)を特定可能に表示する第1特別図柄保留記憶表示領域10が設けられている。
この第1特別図柄保留記憶表示領域10は、4つの表示領域に分かれ、有効始動入賞(この実施の形態では、第1保留記憶バッファに記憶される数値データの記憶数が4未満のときに打球が第1始動入賞口14に入賞)がある毎に表示色を変化させ、特別図柄8a〜8cの可変表示が開始される毎に表示色が変化している表示領域を1減らす。
また、第2可変表示部9の下部には、始動条件が成立(打球が第2始動入賞口16へ入賞)したときに抽出手段により数値データ更新手段から抽出された数値データ(例えば、大当り判定用乱数等)の抽出順番を特定可能に記憶する保留記憶手段としての第2保留記憶バッファ(例えば、主基板31に搭載されるRAM55により抽出手段によって抽出された数値データ(大当り判定用乱数等)を記憶する機能)に記憶された数値データの記憶数(保留記憶数)を特定可能に表示する第2特別図柄保留記憶表示領域11が設けられている。
なお、第1可変表示部8においては第1特別図柄保留記憶表示領域10と特別図柄8a〜8cを可変表示する表示領域とが区分けされて設けられ、第2可変表示部9においては第2特別図柄保留記憶表示領域11と特別図柄9a〜9cを可変表示する表示領域とが区分けされて設けられているため、特別図柄8a〜8cおよび特別図柄9a〜9cの可変表示中も保留記憶数が表示された状態とすることができる。また、第1特別図柄保留記憶表示領域10を特別図柄8a〜8cを可変表示する表示領域の一部に設け、第2特別図柄保留記憶表示領域11を特別図柄9a〜9cを可変表示する表示領域の一部に設けるように構成してもよく、この場合には、可変表示中は保留記憶数の表示を中断するようにすればよい。また、保留記憶数を表示する表示器(第1特別図柄保留記憶表示器および第2特別図柄保留記憶表示器)を第1可変表示部8および第2可変表示部9とは別個にそれぞれ設ける構成としてもよい。
なお、第1保留記憶バッファに記憶される数値データは、第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの可変表示の開始条件が成立したときに第1可変表示部8にて特別図柄8a〜8cの可変表示を開始するための始動条件であり、第2保留記憶バッファに記憶される数値データは、第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの可変表示の開始条件が成立したときに第2可変表示部9にて特別図柄9a〜9cの可変表示を開始するための始動条件であるため、保留可変表示とも呼ばれる。
また、この実施の形態では、第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファには、抽出手段(例えば、ステップS312)によって抽出された数値データ(例えば、大当り判定用乱数、等)のうち未だ開始条件(例えば、大当り遊技状態および前回の可変表示の終了)が成立していない数値データが予め定められた上限数として4個まで記憶される。なお、第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファに記憶可能となる数値データの上限数は上記したものに限らず、例えば、上限数を20(または0〜∞のうち任意の整数)としてもよい。また、所定条件が成立した(例えば、表示結果が特別表示結果となったことに基づいて特定遊技状態に移行する)ことに基づいて、上限値を変更する(例えば、4個から20個に変更する)構成としてもよい。
第1可変表示部8の下方には、遊技球が入賞可能な第1始動入賞口14を有する第1可変入賞装置15が設けられている。第1始動入賞口14に入った入賞球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ62によって検出される。また、第1始動入賞口14の下部には開閉動作を行う第1可変入賞装置15が設けられている。第1可変入賞装置15は、ソレノイド71によって開状態とされる。ソレノイド71により第1可変入賞装置15が開状態となることにより、遊技球が第1始動入賞口14に入賞し易くなり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態となる。
また、第2可変表示部9の下方には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口16を有する第2可変入賞装置17が設けられている。第2始動入賞口16に入った入賞球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ67によって検出される。また、第2始動入賞口16の下部には開閉動作を行う第2可変入賞装置17が設けられている。第2可変入賞装置17は、ソレノイド74によって開状態とされる。ソレノイド74により第2可変入賞装置17が開状態となることにより、遊技球が第2始動入賞口16に入賞し易くなり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態となる。
第1可変入賞装置15の下方には、第1可変表示部8に特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたことに基づく特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド72によって開状態とされる第1特別可変入賞装置20が設けられている。第1特別可変入賞装置20は、内部に第1大入賞口21を備え、第1大入賞口21を開閉する手段である。第1特別可変入賞装置20から遊技盤6の背面に導かれた入賞球のうち、一方(V入賞領域)に入った入賞球は第1V入賞スイッチ64で検出され、もう一方(10カウント入賞領域)に入った入賞球は第1カウントスイッチ63で検出される。遊技盤6の背面には、第1大入賞口21内の経路を切り換えるためのソレノイド73も設けられている。
第2可変入賞装置17の下方には、第2可変表示部9に特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたことに基づく特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド72によって開状態とされる第2特別可変入賞装置22が設けられている。第2特別可変入賞装置22は、内部に第2大入賞口23を備え、第2大入賞口23を開閉する手段である。第2特別可変入賞装置22から遊技盤6の背面に導かれた入賞球のうち、一方(V入賞領域)に入った入賞球は第2V入賞スイッチ64で検出され、もう一方(10カウント入賞領域)に入った入賞球は第2カウントスイッチ63で検出される。遊技盤6の背面には、第2大入賞口23内の経路を切り換えるためのソレノイド73も設けられている。
なお、この実施の形態では、第1可変表示部8に特定表示結果が導出表示されたことに基づいて開閉する第1特別可変入賞装置20と第2可変表示部9に特定表示結果が導出表示されたことに基づいて開閉する第2特別可変入賞装置22とを備えているが、特別可変入賞装置を1つだけ備えるように構成してもよい。すなわち、第1可変表示部8に特定表示結果が導出表示されたことに基づいて開閉制御される特別可変入賞装置と、第2可変表示部9に特定表示結果が導出表示されたことに基づいて開閉制御される特別可変入賞装置と、を同一の特別可変入賞装置を用いて行うように構成してもよい。
また、この実施の形態では、可変表示部の数だけ可変入賞装置が設けられている、すなわち、第1可変表示部8の始動条件成立に関わる第1可変入賞装置15と第2可変表示部9の始動条件成立に関わる第2可変入賞装置17とを備えているが、可変入賞装置を1つだけ備える構成としてもよい。この場合には、可変入賞装置の始動入賞口に遊技球が入賞したときにいずれの可変表示部(例えば、第1可変表示部8または第2可変表示部9のいずれか)にて特別図柄の可変表示を実行するか選択する構成としてもよく、また、予め定められた所定の順序(例えば、第1可変表示部8と第2可変表示部9とを交互に可変表示)で特別図柄の可変表示を実行するように構成してもよい。
第1特別可変入賞装置20の左側方には、「○」及び「×」と付された一対のLEDからなる第1普通図柄表示器12が設けられている。この第1普通図柄表示器12は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(例えば、「○」及び「×」)を可変表示可能なものである。
第1ゲート28を遊技球が通過し第1ゲートスイッチ61で検出されると、普通図柄当り判定用乱数が抽出されて主基板31に搭載されるRAM55の第1普通図柄バッファに格納される。この実施の形態では、RAM55の第1普通図柄バッファに記憶可能な普通図柄当り判定用乱数の記憶数の上限は、4個となっている。そして、第1普通図柄バッファに記憶される普通図柄当り判定用乱数の記憶数が上限に達していなければ、つまり、第1普通図柄バッファに記憶される普通図柄当り判定用乱数の記憶数が4個に達していなければ、普通図柄当り判定用乱数が抽出される。そして、第1普通図柄表示器12において普通図柄の表示状態が変化(「○」および「×」が交互に点灯)する可変表示を開始できる状態であれば、第1普通図柄表示器12において普通図柄の可変表示が開始される。第1普通図柄表示器12において表示状態が変化する可変表示を開始できる状態でなければ、普通図柄当り判定用乱数を第1普通図柄バッファに格納することで普通図柄当り判定用乱数の記憶数が1増加する。また、第1普通図柄表示器12の下方には、普通図柄当り判定用乱数の記憶数を表示する所定数(この実施の形態では4つ)のLEDを有する第1普通図柄保留記憶表示器18が設けられている。この第1普通図柄保留記憶表示器18は、第1ゲート28を遊技球が通過し、第1ゲートスイッチ61で遊技球が検出される毎に点灯するLEDを1つ増やす。そして、第1普通図柄表示器12にて普通図柄(例えば、「○」及び「×」)の可変表示が開始される毎に点灯しているLEDを1減らす。なお、特別図柄8a〜8cと普通図柄とを一つの第1可変表示部8で可変表示するように構成することもできる。その場合には、特別図柄8a〜8cを可変表示する特別図柄表示エリアと、普通図柄を可変表示する普通図柄表示エリアと、は1つの第1可変表示部8で実現される。
この実施の形態では、第1普通図柄表示器12にて、○と×の付された上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって普通図柄の可変表示が行われ、可変表示は所定時間(例えば、29.2秒)継続する。そして、可変表示の終了時に○の付された上側のランプが点灯すれば当りとなる。当りとするか否かは、第1ゲート28を遊技球が通過し、第1ゲートスイッチ61で遊技球が検出されたときに抽出された数値データ(普通図柄当り判定用乱数)の値が所定の普通図柄当り判定値と合致したか否かによって決定される。第1普通図柄表示器12における可変表示の表示結果が当りである場合には、第1可変入賞装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になって遊技球が第1始動入賞口14に入賞しやすい状態になる。すなわち、第1可変入賞装置15の状態は、普通図柄の停止図柄が当り図柄である場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態に変化する。
第2特別可変入賞装置22の右側方には、「○」及び「×」と付された一対のLEDからなる第2普通図柄表示器13が設けられている。この第2普通図柄表示器13は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(例えば、「○」及び「×」)を可変表示可能なものである。
第2ゲート29を遊技球が通過し第2ゲートスイッチ66で検出されると、普通図柄当り判定用乱数が抽出されて主基板31に搭載されるRAM55の第2普通図柄バッファに格納される。この実施の形態では、RAM55の第2普通図柄バッファに記憶可能な普通図柄当り判定用乱数の記憶数の上限は、4個となっている。そして、第2普通図柄バッファに記憶される普通図柄当り判定用乱数の記憶数が上限に達していなければ、つまり、第2普通図柄バッファに記憶される普通図柄当り判定用乱数の記憶数が4個に達していなければ、普通図柄当り判定用乱数が抽出される。そして、第2普通図柄表示器13において普通図柄の表示状態が変化(「○」および「×」が交互に点灯)する可変表示を開始できる状態であれば、第2普通図柄表示器13において普通図柄の可変表示が開始される。第2普通図柄表示器13において表示状態が変化する可変表示を開始できる状態でなければ、普通図柄当り判定用乱数を第2普通図柄バッファに格納することで普通図柄当り判定用乱数の記憶数が1増加する。また、第2普通図柄表示器13の下方には、普通図柄当り判定用乱数の記憶数を表示する所定数(この実施の形態では4つ)のLEDを有する第2普通図柄保留記憶表示器19が設けられている。この第2普通図柄保留記憶表示器19は、第2ゲート29を遊技球が通過し、第2ゲートスイッチ66で遊技球が検出される毎に点灯するLEDを1つ増やす。そして、第2普通図柄表示器13にて普通図柄(例えば、「○」及び「×」)の可変表示が開始される毎に点灯しているLEDを1減らす。なお、特別図柄9a〜9cと普通図柄とを一つの第2可変表示部9で可変表示するように構成することもできる。その場合には、特別図柄9a〜9cを可変表示する特別図柄表示エリアと、普通図柄を可変表示する普通図柄表示エリアとは1つの第2可変表示部9で実現される。
この実施の形態では、第2普通図柄表示器13にて、○と×の付された上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって普通図柄の可変表示が行われ、可変表示は所定時間(例えば、29.2秒)継続する。そして、可変表示の終了時に○の付された上側のランプが点灯すれば当りとなる。当りとするか否かは、第2ゲート29を遊技球が通過し、第2ゲートスイッチ66で遊技球が検出されたときに抽出された数値データ(普通図柄当り判定用乱数)の値が所定の普通図柄当り判定値と合致したか否かによって決定される。第2普通図柄表示器13における可変表示の表示結果が当りである場合には、第2可変入賞装置17が所定回数、所定時間だけ開状態になって遊技球が第2始動入賞口16に入賞しやすい状態になる。すなわち、第2可変入賞装置17の状態は、普通図柄の停止図柄が当り図柄である場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態に変化する。
更に、第1特別遊技状態としての第1確変状態では、第1可変表示部8にて可変表示される特別図柄8a〜8cの停止図柄が当り図柄(特定表示結果:例えば、「777」)になる確率が通常遊技状態より高められるとともに、特別図柄8a〜8cの可変表示時間(変動時間)が通常遊技状態より短縮される。更に、第1普通図柄表示器12において、停止図柄が当り図柄になる確率が通常遊技状態より高められるとともに、第1可変入賞装置15の開放時間と開放回数とのうちの一方又は双方が通常遊技状態より高められる。これにより遊技者にとって更に有利な状態となる。また、第1確変状態等の所定の状態では、第1普通図柄表示器12における普通図柄の可変表示時間(変動時間)が通常遊技状態より短縮されることによって、遊技者にとって更に有利になるようにしてもよい。
また、第2特別遊技状態としての第2確変状態では、第2可変表示部9にて可変表示される特別図柄9a〜9cの停止図柄が当り図柄(特定表示結果:例えば、「777」)になる確率が通常遊技状態より高められるとともに、特別図柄9a〜9cの可変表示時間(変動時間)が通常遊技状態より短縮される。更に、第2普通図柄表示器13において、停止図柄が当り図柄になる確率が通常遊技状態より高められるとともに、第2可変入賞装置17の開放時間と開放回数とのうちの一方又は双方が通常遊技状態より高められる。これにより遊技者にとって更に有利な状態となる。また、第2確変状態等の所定の状態では、第2普通図柄表示器13における普通図柄の可変表示時間(変動時間)が通常遊技状態より短縮されることによって、遊技者にとって更に有利になるようにしてもよい。
なお、上記した第1特別遊技状態として第1時短状態、第2特別遊技状態として第2時短状態に制御することにより、遊技者にとって通常遊技状態よりも有利な状態とするようにしてもよい。第1時短状態では、第1可変表示部8において特別図柄8a〜8cの変動表示(可変表示)が所定回数(例えば、100回)実行されるまで、第1可変表示部8の特別図柄8a〜8cおよび第1普通図柄表示器12の普通図柄の可変表示時間(変動時間)が通常遊技状態より短縮される。更に、第1可変入賞装置15において、開放時間と開放回数とのうちの一方又は双方が通常遊技状態より高められる。第1可変入賞装置15の開放時間又は開放回数が通常遊技状態より高められることにより、第1始動入賞口14への始動入賞が起こりやすくなり、所定期間内での第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの可変表示回数が増加して特別図柄8a〜8cが当り図柄となる確率が通常遊技状態より高まるため、遊技者にとって更に有利な状態となる。
また、第2時短状態では、第2可変表示部9において特別図柄9a〜9cの変動表示(可変表示)が所定回数(例えば、100回)実行されるまで、第2可変表示部9の特別図柄9a〜9cおよび第2普通図柄表示器13の普通図柄の可変表示時間(変動時間)が通常遊技状態より短縮される。更に、第2可変入賞装置17において、開放時間と開放回数とのうちの一方又は双方が通常遊技状態より高められる。第2可変入賞装置17の開放時間又は開放回数が通常遊技状態より高められることにより、第2始動入賞口16への始動入賞が起こりやすくなり、所定期間内での第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの可変表示回数が増加して特別図柄9a〜9cが当り図柄となる確率が通常遊技状態より高まるため、遊技者にとって更に有利な状態となる。
なお、上述した第1確変状態、第2確変状態は、第1時短状態および第2時短状態よりも更に遊技者にとって有利な状態となるため、一方(または複数のうちのいずれか1つ乃至任意の自然数個)の特別遊技状態を確変状態とし、他方(または残りの複数のうちの1つ乃至任意の自然数個)の特別遊技状態を時短状態とすることにより特別遊技状態に格差をつけるように構成してもよい。例えば、第1特別遊技状態として第1確変状態に制御し、第2特別遊技状態として第2時短状態に制御することにより、第1特別遊技状態となったときに第2特別遊技状態よりも更に有利な状態となるように構成してもよい。このように構成することにより遊技者の興趣を向上させることが可能となる。また、この場合には、特別遊技状態として時短状態に制御する(他の特別遊技状態に比べて遊技者にとって不利となる特別遊技状態に制御する)可変表示部の大当りとなる確率を特別遊技状態として確変状態に制御する(他の特別遊技状態に比べて遊技者にとって有利となる特別遊技状態に制御する)可変表示部の大当りとなる確率よりも高くなるように構成してもよい。このように構成することにより、遊技者の興趣を更に向上させることができる。
また、第1特別遊技状態および第2特別遊技状態は上記したものに限らず、遊技者に有利となる遊技制御を第1特別遊技状態および第2特別遊技状態とすればよい。以下、この遊技制御を大当りに直接的には係わらないもの(特定遊技状態中以外)と大当りに直接的に係わるもの(特定遊技状態中)とに分けて説明する。即ち、特定遊技状態に加える特別遊技状態とは、特定遊技状態とは別の特別遊技状態のことであってもよいし、また特定遊技状態を含む特別遊技状態のことであってもよい。
先ず、第1特別遊技状態の当りに直接的には係わらない遊技制御としては、特別図柄8a〜8c乃至普通図柄に対しての時間短縮(時短)制御又は確率変動(確変)制御、電役(例えば、第1可変入賞装置15)の開放期間の延長制御、特別図柄8a〜8c乃至普通図柄に対しての始動通過領域の増設制御(例えば、遊技盤6に設置される入賞口(図示しない)を特別図柄8a〜8cの始動入賞口として設定変更する制御)、賞球数の増加制御(例えば、入賞に伴う賞球を通常遊技状態時の13個から15個に増加する制御)、あるいは所定領域への通過率向上制御(例えば、第1始動入賞口14の上流側に打玉規制装置を設け、該打玉規制装置の作動により始動入賞率を向上する制御)を第1特別遊技状態とすることができ、さらには始動入賞に基づいて可変表示される図柄の停止図柄が所定の図柄の組合せになると開放する所定の電動役物への入賞があると所定の権利が発生又は継続する弾球遊技機に本発明を適用した場合には、特定領域への入賞率向上制御を第1特別遊技状態としてもよい。
また、第2特別遊技状態の当りに直接的には係わらない遊技制御としては、特別図柄9a〜9c乃至普通図柄に対しての時間短縮(時短)制御又は確率変動(確変)制御、電役(例えば、第2可変入賞装置17)の開放期間の延長制御、特別図柄9a〜9c乃至普通図柄に対しての始動通過領域の増設制御(例えば、遊技盤6に設置される入賞口(図示しない)を特別図柄9a〜9cの始動入賞口として設定変更する制御)、賞球数の増加制御(例えば、入賞に伴う賞球を通常遊技状態時の13個から15個に増加する制御)、あるいは所定領域への通過率向上制御(例えば、第2始動入賞口16の上流側に打玉規制装置を設け、該打玉規制装置の作動により始動入賞率を向上する制御)を第2特別遊技状態とすることができ、さらには始動入賞に基づいて可変表示される図柄の停止図柄が所定の図柄の組合せになると開放する所定の電動役物への入賞があると所定の権利が発生又は継続する弾球遊技機に本発明を適用した場合には、特定領域への入賞率向上制御を第2特別遊技状態としてもよい。
一方、第1特別遊技状態の当りに直接的に係わる遊技制御としては、ラウンド上限数の向上制御、カウント上限数の向上制御、第1特別可変入賞装置20の開放延長制御、あるいは第1特別可変入賞装置20によって開放された第1大入賞口21への入賞に伴う賞球数の増加制御を第1特別遊技状態とすることができる。なお、上記した遊技制御を組合せて第1特別遊技状態とすることもできるのは言うまでもない。さらには、第1特別遊技状態への突入条件(所定条件の成立)及び第1特別遊技状態の終了条件については、本実施形態中に記載のものに限定せず、第1特別遊技状態を発生させるための判定用乱数(数値データ)、第1特別遊技状態を終了させるための判定用乱数(数値データ)、遊技履歴(例えば、時間、リーチ回数、所定入賞口への入賞回数、通過回数等)、入賞、及びサブゲーム(例えば、ジャンケンなどで遊技者自身が選択できるものを含む)の4つの要素のうちいずれか1つ乃至任意の組合せを第1特別遊技状態への突入条件乃至第1特別遊技状態の終了条件に設定するものであればよい。
また、第2特別遊技状態の当りに直接的に係わる遊技制御としては、ラウンド上限数の向上制御、カウント上限数の向上制御、第2特別可変入賞装置22の開放延長制御、あるいは第2特別可変入賞装置22によって開放された第2大入賞口23への入賞に伴う賞球数の増加制御を第2特別遊技状態とすることができる。なお、上記した遊技制御を組合せて第2特別遊技状態とすることもできるのは言うまでもない。さらには、第2特別遊技状態への突入条件(所定条件の成立)及び第2特別遊技状態の終了条件については、本実施形態中に記載のものに限定せず、第2特別遊技状態を発生させるための判定用乱数(数値データ)、第2特別遊技状態を終了させるための判定用乱数(数値データ)、遊技履歴(例えば、時間、リーチ回数、所定入賞口への入賞回数、通過回数等)、入賞、及びサブゲーム(例えば、ジャンケンなどで遊技者自身が選択できるものを含む)の4つの要素のうちいずれか1つ乃至任意の組合せを第2特別遊技状態への突入条件乃至第2特別遊技状態の終了条件に設定するものであればよい。
遊技盤6の遊技領域7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾ランプ25が設けられ、下部には、入賞しなかった打球が取り込まれるアウト口26がある。また、遊技領域7の外側の左右上部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する2つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周上部、外周左部および外周右部には、前面枠に設けられた天枠ランプ40、枠ランプ左41および枠ランプ右42が設けられている。また、枠ランプ左41の近傍には賞球残数があるときに点灯する賞球ランプ51が、枠ランプ右42の近傍には補給球が切れたときに点灯する球切れランプ52が、設けられている。
次に、リーチ表示態様(リーチ)について説明する。本実施形態におけるリーチ表示態様(リーチ)とは、停止した図柄が大当り図柄の一部を構成しているときに未だ停止していない図柄については可変表示(変動表示)が行われていること、および全てまたは一部の図柄が大当り図柄の全てまたは一部を構成しながら同期して変動表示している状態である。
本実施形態では、予め定められた複数の表示領域としての第1可変表示部8に、予め定められた図柄が停止することで当りとなる有効ラインが定められ、その有効ライン上の一部の表示領域に予め定められた図柄が停止しているときに未だ停止していない有効ライン上の表示領域において変動表示が行われている状態(例えば、第1可変表示部8における左、中、右の表示領域のうち左、右の表示領域には大当り図柄の一部となる(例えば、「7」)が停止表示されている状態で右の表示領域は未だ変動表示が行われている状態)、および有効ライン上の表示領域の全てまたは一部の図柄が大当り図柄の全てまたは一部を構成しながら同期して変動表示している状態(例えば、第1可変表示部8における左、中、右の表示領域の全てに変動表示が行われており、常に同一の図柄が揃っている状態で変動表示が行われている状態)をリーチ表示態様またはリーチという。
また、予め定められた複数の表示領域としての第2可変表示部9に、予め定められた図柄が停止することで当りとなる有効ラインが定められ、その有効ライン上の一部の表示領域に予め定められた図柄が停止しているときに未だ停止していない有効ライン上の表示領域において変動表示が行われている状態(例えば、第2可変表示部9における左、中、右の表示領域のうち左、右の表示領域には大当り図柄の一部となる(例えば、「7」)が停止表示されている状態で右の表示領域は未だ変動表示が行われている状態)、および有効ライン上の表示領域の全てまたは一部の図柄が大当り図柄の全てまたは一部を構成しながら同期して変動表示している状態(例えば、第2可変表示部9における左、中、右の表示領域の全てに変動表示が行われており、常に同一の図柄が揃っている状態で変動表示が行われている状態)をリーチ表示態様またはリーチという。
また、リーチの際に、通常と異なる演出がランプや音で行われることがある。この演出をリーチ演出という。また、リーチの際に、キャラクタ(人物等を模した演出表示であり、図柄(特別図柄等)とは異なるもの)を表示させたり、第1可変表示部8および/または第2可変表示部9の背景の表示態様(例えば、色等)を変化させたりすることがある。このキャラクタの表示や背景の表示態様の変化をリーチ演出表示という。
また、図示しないが弾球遊技機1には打球操作ハンドル5を操作することにより駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置45が設けられている。打球発射装置45から発射された遊技球は、遊技盤6に遊技領域7を囲むように円形状に載設された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。打球が第1始動入賞口14に入り第1始動口スイッチ62で検出されると、特別図柄8a〜8cの可変表示を開始できる状態であれば(例えば、大当り遊技終了又は前回の可変表示の終了)、第1可変表示部8にて特別図柄8a〜8cの可変表示(変動表示)を開始する。特別図柄8a〜8cの可変表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶バッファに記憶される数値データ(例えば、大当り判定用乱数等)の記憶数を1増やし、第1特別図柄保留記憶表示領域10の表示色を変化させる。また、打球が第2始動入賞口16に入り第2始動口スイッチ67で検出されると、特別図柄9a〜9cの可変表示を開始できる状態であれば(例えば、大当り遊技終了又は前回の可変表示の終了)、第2可変表示部9にて特別図柄9a〜9cの可変表示(変動表示)を開始する。特別図柄9a〜9cの可変表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶バッファに記憶される数値データ(例えば、大当り判定用乱数等)の記憶数を1増やし、第2特別図柄保留記憶表示領域11の表示色を変化させる。
第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの可変表示は、一定時間が経過したときに停止する。停止時の特別図柄8a〜8cが大当り図柄(特定表示結果)となると、大当り遊技状態に移行する。すなわち、一定時間経過するまで、または、所定個数(例えば、10個)の打球が第1大入賞口21に入賞するまで第1特別可変入賞装置20によって第1大入賞口21が開放される。なお、第1特別可変入賞装置20によって第1大入賞口21が開閉されてから一定期間経過するまで、または、所定個数(例えば、10個)の打球が第1大入賞口21に入賞するまで、が大当り遊技状態における1ラウンドである。そして、第1特別可変入賞装置20による第1大入賞口21の開放中に打球が第1大入賞口21内のV入賞領域に入賞し、第1V入賞スイッチ64で検出されると、継続権が発生し第1特別可変入賞装置20により第1大入賞口21の開放が再度行われる。継続権の発生は、所定回数(例えば、15ラウンド)許容される。
第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動停止時の停止図柄が確率変動を伴う大当り図柄(特別表示結果:確変図柄)である場合には、大当り遊技状態に制御され、大当り遊技状態終了後に、次に当りとなる確率が通常遊技状態よりも高い第1特別遊技状態に制御される。すなわち、第1確変状態という遊技者にとって更に有利な状態となる。
第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの可変表示は、一定時間が経過したときに停止する。停止時の特別図柄9a〜9cが大当り図柄(特定表示結果)となると、大当り遊技状態に移行する。すなわち、一定時間経過するまで、または、所定個数(例えば、10個)の打球が第2大入賞口23に入賞するまで第2特別可変入賞装置22によって第2大入賞口23が開放される。なお、第2特別可変入賞装置22によって第2大入賞口23が開閉されてから一定期間経過するまで、または、所定個数(例えば、10個)の打球が第2大入賞口23に入賞するまで、が大当り遊技状態における1ラウンドである。そして、第2特別可変入賞装置22による第2大入賞口23の開放中に打球が第2大入賞口23内のV入賞領域に入賞し、第2V入賞スイッチ69で検出されると、継続権が発生し第2特別可変入賞装置22により第2大入賞口23の開放が再度行われる。継続権の発生は、所定回数(例えば、15ラウンド)許容される。
第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの変動停止時の停止図柄が確率変動を伴う大当り図柄(特別表示結果:確変図柄)である場合には、大当り遊技状態に制御され、大当り遊技状態終了後に、次に当りとなる確率が通常遊技状態よりも高い第2特別遊技状態に制御される。すなわち、第2確変状態という遊技者にとって更に有利な状態となる。
なお、本発明に係る特定遊技状態は、上記に限らず以下に示す1〜5の制御のうちいずれか1つの制御または組合せた制御を実行する状態であればよい。
1.打球の入賞を容易にする第1の状態と、打球が入賞できないまたは入賞し難い第2の状態と、に変化可能な可変入賞装置に対して所定時間連続的または間欠的に第1の状態にする制御
2.特定の入賞または通過領域での打球の検出を介在させ、打球の入賞を容易にする第1の状態と、打球が入賞できないまたは入賞し難い第2の状態と、に変化可能な可変入賞装置に対して所定時間連続的または間欠的に第1の状態にする制御
3.打球の入賞に関わらず所定数の景品球を直接排出する制御
4.有価価値を有する記憶媒体(カードやレシート等)に対して有価数を加算する制御
5.得点があることに基づいて遊技可能な弾球遊技機に対して得点を付与する制御
図2は、本実施形態に係る弾球遊技機1の回路構成の概要を表したブロック図である。主基板31には、プログラムに従って弾球遊技機1を制御する基本回路53が搭載されている。基本回路53は、ゲーム制御用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムに従って遊技の信号を制御するCPU56、及び表示制御基板80等に制御信号を送信するI/Oポート部57を含む。この実施の形態では、ROM54,RAM55はCPU56に内蔵されている。すなわち、CPU56は、1チップマイクロコンピュータである。なお、CPU56はROM54に格納されているプログラムに従って制御を実行するので、以下、CPU56が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムに従って制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているCPUについても同様である。また、この実施の形態で用いられる遊技制御用マイクロコンピュータとは、主基板31に搭載されるCPU56、ROM54、RAM55、I/Oポート部57、等の周辺回路のことである。
また、第1ゲートスイッチ61、第1始動口スイッチ62、第1カウントスイッチ63、第1V入賞スイッチ64、クリアスイッチ65、第2ゲートスイッチ66、第2始動口スイッチ67、第2カウントスイッチ68、第2V入賞スイッチ69、余剰球受皿4がいっぱいになったときに検出する満タンスイッチ(図示しない)、カウントスイッチ短絡信号(図示しない)、からの信号を基本回路53に与えるスイッチ回路32、第1可変入賞装置15を開閉するソレノイド71、第1特別可変入賞装置20を開閉するソレノイド72、第1大入賞口21内に設けられたシーソーを可動するソレノイド73、第2可変入賞装置17を開閉するソレノイド74、第2特別可変入賞装置22を開閉するソレノイド75、第2大入賞口23内に設けられたシーソーを可動するソレノイド76、等を基本回路53からの指令に従って駆動するソレノイド回路33、電源投入時に基本回路53をリセットするためのシステムリセット回路(図示しない)、基本回路53から与えられるデータに従って、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報、等の情報出力信号をホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路34、も主基板31に搭載されている。
主基板31に設けられた遊技制御用マイクロコンピュータ(CPU56及びROM54,RAM55等の周辺回路)は、プリペイドカード等が挿入されることによって球貸しを可能にするカードユニット50、遊技盤6に設けられた複数の入賞口にて遊技球の入賞を検出したことにより賞球払い出しを行う球払出装置44、を制御する払出制御基板36に払出制御信号を送信する。また、遊技制御用マイクロコンピュータは、打球操作ハンドル5を操作することにより打球発射装置45を駆動制御して遊技球を遊技領域7に向けて発射制御する発射制御基板37に発射制御信号を送信する。
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータは表示制御基板80に演出制御コマンド(演出制御信号)を送信する。演出制御コマンドを受信することにより表示制御基板80に設けられた表示制御用マイクロコンピュータ(表示制御用CPU(図示しない)、RAM(図示しない)、ROM(図示しない)、I/Oポート部(図示しない)、等の周辺回路)が第1可変表示部8および第2可変表示部9の表示制御を行う。演出制御コマンドには、第1可変表示部8の表示を指定するコマンドと、第2可変表示部9の表示を指定するコマンドと、が含まれ、表示制御用マイクロコンピュータは、受信したコマンドに応じた可変表示部(第1可変表示部8または第2可変表示部9)を表示制御する。
表示制御用CPUは、ROMに格納されたプログラムに従って動作し、主基板31から演出制御コマンドを受信すると、受信した演出制御コマンドに従って受信したコマンドに応じた可変表示部(第1可変表示部8または第2可変表示部9)の表示制御を行う。具体的には、画像表示を行う表示制御機能及び高速描画機能を有するVDP(図示しない)により可変表示部の表示制御を行う。表示制御用CPUは、受信した演出制御コマンドに従ってキャラクタROM(図示しない)から必要なデータを読み出す。キャラクタROMは、第1可変表示部8および第2可変表示部9に表示される画像の中でも使用頻度の高いキャラクタ画像データ、具体的には、人物、怪物、文字、図形又は記号等を予め格納しておくためのものである。
そして、表示制御用CPUはキャラクタROMから読み出したデータをVDPに出力する。VDPは表示制御用CPUからデータが入力されたことに基づいて動作する。この実施の形態では、第1可変表示部8の表示制御を行う第1VDP(図示しない)と、第2可変表示部9の表示制御を行う第2VDP(図示しない)と、の2つのVDPが表示制御基板80に搭載されている。なお、可変表示部を3つとした場合にはVDPが3つ搭載される。すなわち、可変表示部の数に対応した数のVDPが表示制御基板80に搭載される。また、第1VDPおよび第2VDPは、それぞれ、表示制御用CPUとは独立した二次元のアドレス空間を持ち、そこに第1VRAM(図示しない)および第2VRAM(図示しない)をマッピングしている。なお、1つのVDPで複数の可変表示部の表示制御を行う構成としてもよい。例えば、第1可変表示部8と第2可変表示部9との両方の表示制御を行うVDPを1つ備える構成としてもよい。
第1VDPまたは第2VDPはキャラクタ画像データに従って受信したコマンドに応じた可変表示部(第1可変表示部8または第2可変表示部9)に表示するための画像データを生成し、第1VDPは第1VRAMに、第2VDPは第2VRAMに展開する。第1VRAMは第1VDPによって生成された画像データを展開するためのフレームバッファメモリであり、第2VRAMは第2VDPによって生成された画像データを展開するためのフレームバッファメモリである。そして、受信したコマンドに応じた可変表示部(第1可変表示部8または第2可変表示部9)に出力する。
また、この実施の形態では、表示制御基板80に設けられた表示制御用マイクロコンピュータが音声出力基板70にスピーカ27の駆動信号を出力し、スピーカ27の音声出力制御を行うともに、ランプドライバ基板35にランプ・LEDの駆動信号を出力し、弾球遊技機1に設けられたランプ・LEDの発光制御を行う。すなわち、表示制御基板80に搭載される表示制御用マイクロコンピュータは、主基板31から送信される第1可変表示部8および第2可変表示部9の表示制御、ランプ・LEDの点灯制御、遊技音発生等の演出の制御に関する指令情報としての演出制御コマンド(制御信号)に基づいて第1可変表示部8、第2可変表示部9、スピーカ27、弾球遊技機1に設けられるランプ・LED等の発光体の制御を行う演出制御用マイクロコンピュータである。
図3は、CPU56が実行するメイン処理にて2ms毎に実行されるタイマ割込処理を示すフローチャートである。タイマ割込が発生すると、CPU56は、レジスタの退避処理(ステップS21)を行った後、ステップS22〜S38の遊技制御処理を実行する。遊技制御処理において、CPU56は、まず、スイッチ回路32を介して、第1ゲートスイッチ61、第1始動口スイッチ62、第1カウントスイッチ63、第1V入賞スイッチ64、クリアスイッチ65、第2ゲートスイッチ66、第2始動口スイッチ67、第2カウントスイッチ68、第2V入賞スイッチ69、等のスイッチの検出信号を入力し、それらの状態判定を行う(スイッチ処理:ステップS22)。
次に、遊技制御に用いられる大当り判定用の乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行う(ステップS23:数値データ更新手段)。CPU56は、更に、初期値用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理(ステップS24)及び表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行う(ステップS25)。
ここで、この実施の形態で用いられる乱数を説明する。各乱数は、以下のように使用される。
(1)大当り判定用乱数:大当りを発生させるか否か決定する
(2)はずれ図柄決定用乱数:特別図柄のはずれ図柄決定用
(3)大当り図柄決定用乱数:大当りを発生させる特別図柄の組合せを決定する
(4)変動パターン決定用乱数:特別図柄の変動パターンを決定する
(5)リーチ判定用乱数:大当りを発生させない場合にリーチとするか否かを決定する
(6)普通図柄当り判定用乱数:普通図柄に基づく当りを発生させるか否か決定する
(7)大当り判定用乱数初期値決定用乱数:ランダム1の初期値を決定する
(8)普通図柄当り判定用乱数初期値決定用乱数:ランダム6の初期値を決定する
図3に示す遊技制御処理におけるステップS23では、CPU56は、(1)の大当り判定用乱数、(3)の大当り図柄決定用乱数、及び(6)の普通図柄当り判定用乱数を生成するためのカウンタのカウントアップ(1加算)を行う。すなわち、それらが判定用乱数であり、(2)のはずれ図柄決定用乱数、(4)の変動パターン決定用乱数、(5)のリーチ判定用乱数、が表示用乱数であり、(7)の大当り判定用乱数初期値決定用乱数及び(8)の普通図柄当り判定用乱数初期値決定用乱数、が初期値用乱数である。
更に、CPU56は、第1特別図柄プロセス処理を行う(ステップS26)。第1特別図柄プロセス制御では、遊技状態に応じて第1可変表示部8、第1特別可変入賞装置20、等を所定の順序で制御するための第1特別図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、第1特別図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。次いで、CPU56は、第2特別図柄プロセス処理を行う(ステップS27)。第2特別図柄プロセス制御では、遊技状態に応じて第2可変表示部9、第2特別可変入賞装置22、等を所定の順序で制御するための第2特別図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、第2特別図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。
なお、第1特別図柄プロセス処理と第2特別図柄プロセス処理とを別々に設けることなく、1つの特別図柄プロセス処理にて上記の処理を実行するように構成してもよい。この場合には、それぞれの可変表示部毎に後述するステップS300〜ステップS307の処理を設けるように構成してもよいし、ステップS300〜ステップS307の処理を実行することで複数の可変表示部全ての制御を行う構成としてもよい。
また、第1普通図柄プロセス処理を行う(ステップS28)。第1普通図柄プロセス処理では、第1普通図柄表示器12の表示状態を所定の順序で制御するための第1普通図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、第1普通図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。次いで、第2普通図柄プロセス処理を行う(ステップS29)。第2普通図柄プロセス処理では、第2普通図柄表示器13の表示状態を所定の順序で制御するための第2普通図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、第2普通図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。第1普通図柄プロセス処理を実行することにより第1普通図柄表示器12の表示制御および第1可変入賞装置15の開閉制御が実行され、第2普通図柄プロセス処理を実行することにより第2普通図柄表示器13の表示制御および第2可変入賞装置17の開閉制御が実行される。
次いで、CPU56は、特別図柄8a〜8cおよび特別図柄9a〜9cに関する演出制御コマンドをRAM55の所定の領域に設定して演出制御コマンドを送出する処理を行う(特別図柄コマンド制御処理:ステップS30)。また、普通図柄に関する演出制御コマンドをRAM55の所定の領域に設定して演出制御コマンドを送出する処理を行う(普通図柄コマンド制御処理:ステップS31)。
更に、CPU56は、例えばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確率変動情報などのデータを出力する情報出力処理を行う(ステップS32)。
また、CPU56は、第1始動口スイッチ62、第1カウントスイッチ63、第1V入賞スイッチ64、第2始動口スイッチ67、第2カウントスイッチ68、第2V入賞スイッチ69、等の検出信号に基づく賞球個数の設定などを行う賞球処理を実行する(ステップS33)。具体的には、第1始動口スイッチ62、第1カウントスイッチ63、第1V入賞スイッチ64、第2始動口スイッチ67、第2カウントスイッチ68、第2V入賞スイッチ69、等の何れかがオンしたことに基づく入賞検出に応じて、払出制御基板36に賞球個数を示す払出制御コマンドを出力する。払出制御基板36に搭載されている払出制御用CPUは、賞球個数を示す払出制御コマンドに応じて球払出装置44を駆動する。
そして、CPU56は、保留記憶数の増減をチェックする記憶処理を実行する(ステップS34)。また、遊技機の制御状態を遊技機外部で確認できるようにするための試験信号を出力する処理である試験端子処理を実行する(ステップS35)。更に、所定の条件が成立したときにソレノイド回路33に駆動指令を行う(ステップS36)。第1可変入賞装置15、第1特別可変入賞装置20、第2可変入賞装置17、第2特別可変入賞装置22を開状態または閉状態としたり、第1大入賞口21、第2大入賞口23、内の遊技球通路を切り替えたりするために、ソレノイド回路33は、駆動指令に応じてソレノイド71〜76を駆動する。その後、レジスタの内容を復帰させ(ステップS37)、割込許可状態に設定する(ステップS38)。
以上の制御によって、この実施の形態では、遊技制御処理は2ms毎に起動されることになる。なお、この実施の形態では、タイマ割込処理で遊技制御処理が実行されているが、タイマ割込処理では例えば割込が発生したことを示すフラグのセットのみがなされ、遊技制御処理はメイン処理において実行されるようにしてもよい。
上述したようにこの実施の形態では、第1可変表示部8と第2可変表示部9との2つの可変表示部によって特別図柄8a〜8cおよび特別図柄9a〜9cの変動表示が実行される。そして、いずれかの可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたときに大当り遊技状態に移行する制御が実行される。このような複数の可変表示部を備えてそれぞれの可変表示部にて特別図柄の変動表示を行う遊技機では同時に大当りが発生する虞がある。ゆえに、この実施の形態では、2つの可変表示部にて同時に大当り遊技状態が発生しないような制御を行っている。以下、これらの制御について説明する。なお、以下の説明においては第1可変表示部8を制御する処理について説明するが、第2可変表示部9を制御する処理も同様の制御が実行される。
図4は、主基板31に搭載されるCPU56が実行する第1特別図柄プロセス処理(ステップS26)のプログラムの一例を示すフローチャートである。上述したように、第1特別図柄プロセス処理では第1可変表示部8を制御する処理が実行される。CPU56は、第1特別図柄プロセス処理を行う際に、遊技盤6に設けられている第1始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出するための第1始動口スイッチ62がオンしていたら、すなわち遊技球が第1始動入賞口14に入賞する始動入賞が発生していたら(ステップS311)、第1始動口スイッチ通過処理(ステップS312)を行った後に、内部状態に応じて、ステップS300〜S307のうちのいずれかの処理を行う。
なお、第1始動口スイッチ通過処理では、CPU56は、RAM55の第1大当りバッファに記憶される数値データの記憶数(保留記憶数)が上限値に達しているかどうか確認し、第1大当りバッファに記憶される数値データの記憶数が最大値に達していなければ、保留記憶数を示す第1保留記憶カウンタのカウント値を1増やす。そして、数値データ更新手段(例えば、CPU56の機能であって数値データ(大当り判定用乱数等)を更新(カウントアップ)する部分)から大当り判定用乱数等の各数値データ(乱数)の値を抽出し、それらを第1大当りバッファの抽出順番に対応する(第1保留記憶カウンタの値に対応する)保存領域に格納する処理が実行される。なお、数値データ(乱数)を抽出するとは、数値データ(乱数)を生成させるためのカウンタからカウント値を読み出して、読み出したカウント値を数値データの値(乱数値)とすることである。
第1特別図柄通常処理(ステップS300):特別図柄8a〜8cの可変表示を開始できる状態になるのを待つ。CPU56は、特別図柄8a〜8cの可変表示が開始できる状態になると、第1大当りバッファに記憶される数値データの記憶数(保留記憶数)を確認する。第1大当りバッファに記憶される数値データの記憶数は第1保留記憶カウンタのカウント値により確認できる。そして、第1保留記憶カウンタのカウント値が0でなければ、特別図柄8a〜8cの可変表示の結果、当りとするか否か(特定表示結果とするか否か)を決定する。当りとする場合には第1大当りフラグをセットする。そして、内部状態(第1特別図柄プロセスフラグ)をステップS301に移行するように更新する。
第1特別図柄停止図柄設定処理(ステップS301):可変表示後の特別図柄8a〜8cの停止図柄を決定する。そして、内部状態(第1特別図柄プロセスフラグ)をステップS302に移行するように更新する。なお、特別図柄8a〜8cの停止図柄は当りとなるときには「0」〜「11」の識別情報のうちいずれの組合せの特別図柄8a〜8cの停止図柄にするかを決定する。また、上述したように当りとなるときの特別図柄8a〜8cの停止図柄が奇数図柄の組合せとなるときには大当り遊技状態終了後に第1確変状態に制御され、偶数図柄の組合せとなるときには大当り遊技状態終了後に通常遊技状態に制御される。すなわち、特別図柄8a〜8cの大当り図柄を決定することにより大当り遊技状態終了後に第1確変状態(第1特別遊技状態)と通常遊技状態とのいずれの遊技状態に制御するかを決定している。
第1変動パターン設定処理(ステップS302):特別図柄8a〜8cの可変表示の変動パターン(可変表示データ)を、始動入賞発生時に抽出した変動パターン決定用乱数の値に応じて予め定められた複数種類の変動パターン(可変表示データ)の中から選択する。変動パターンには変動態様と、該変動態様を実行する時間(変動時間)と、を特定する情報が含まれている。また、決定された変動パターンに基づいて、特別図柄8a〜8cが可変表示を行って導出表示されるまでの可変表示時間(変動時間)を第1特別図柄プロセスタイマにセットした後、第1特別図柄プロセスタイマをスタートさせる。このとき、表示制御基板80に対して、特別図柄8a〜8cの停止図柄を指令する情報(特別図柄指定コマンド)と、変動時間を含む変動態様(変動パターン)を指令する情報(変動パターンコマンド)と、が送信される。そして、内部状態(第1特別図柄プロセスフラグ)をステップS303に移行するように更新する。
第1特別図柄変動処理(ステップS303):第1変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過(ステップS302でセットされた第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウト)すると、内部状態(第1特別図柄プロセスフラグ)をステップS304に移行するように更新する。
第1特別図柄停止処理(ステップS304):第1可変表示部8において可変表示される特別図柄8a〜8cが停止されるように制御する。具体的には、特別図柄停止を示す演出制御コマンド(特別図柄停止コマンド)が送信される状態に設定する。そして、第1大当りフラグがセットされている場合には、内部状態(第1特別図柄プロセスフラグ)をステップS305に移行するように更新する。そうでない場合には、内部状態をステップS300に移行するように更新する。
第1大入賞口開放前処理(ステップS305):第1大入賞口21を開放する制御を開始する。具体的には、カウンタやフラグを初期化するとともに、ソレノイド72を駆動して第1特別可変入賞装置20を開状態とすることで第1大入賞口21を開放する。また、プロセスタイマによって第1大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(第1特別図柄プロセスフラグ)をステップS306に移行するように更新する。
第1大入賞口開放中処理(ステップS306):大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを表示制御基板80に送出する制御や第1大入賞口21の閉成条件の成立を確認する処理等を行う。最後の第1大入賞口21の閉成条件が成立したら、第1大入賞口21内に設けられた第1V入賞スイッチ64の通過の有無を監視して、大当り遊技状態継続条件の成立を確認する処理を行う。大当り遊技状態継続の条件が成立し、且つ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態をステップS305に移行するように更新する。また、所定の有効時間内に大当り遊技状態継続条件が成立しなかった場合、または、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態をステップS307に移行するように更新する。
第1大当り終了処理(ステップS307):大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御手段に行わせるための制御を行う。そして、内部状態をステップS300に移行するように更新する。
図5は、第1特別図柄プロセス処理における第1特別図柄通常処理(ステップS300)を示すフローチャートである。第1特別図柄通常処理において、CPU56は、特別図柄8a〜8cの変動を開始することができる状態(例えば第1特別図柄プロセスフラグの値がステップS300を示す値となっている場合)には第2大当り実行中フラグがセットされているか否かを確認する(ステップS51)。第2大当り実行中フラグは、第2可変表示部9に大当り図柄(特定表示結果)が導出表示されて大当り遊技状態(特定遊技状態)が開始するときに第2特別図柄プロセス処理(ステップS27)における第2特別図柄変動処理(図示しない)にてセットされ、大当り遊技状態(特定遊技状態)が終了するときに第2大当り終了処理(図示しない)にてリセットされる。次いで、CPU56は、保留記憶数の値を確認する(ステップS52)。具体的には、第1保留記憶カウンタのカウント値を確認する。なお、第1特別図柄プロセスフラグの値がステップS300を示す値となっている場合とは、第1可変表示部8において特別図柄8a〜8cの変動表示がなされていず、かつ、大当り遊技中でもない場合である。
保留記憶数が0でなければ、RAM55の第1保留記憶バッファにおける保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納するとともに(ステップS53)、保留記憶数の値を1減らし(第1保留記憶カウンタのカウント値を1減算し)、かつ、各保存領域の内容をシフトする(ステップS54)。すなわち、RAM55の第1保留記憶バッファにおいて保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。よって、各保留記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、保留記憶数=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。すなわち、この例では、可変表示の開始条件が成立する毎に、各保存領域の内容をシフトする構成としているので、各乱数値が抽出された順番を特定することができる。
次いで、CPU56は、乱数格納バッファから大当り判定用乱数を読み出し(ステップS55)、大当り判定モジュールを実行する(ステップS56)。大当りとすることに決定した場合には(ステップS57)、CPU56は、第1大当りフラグをセットする(ステップS58)。そして、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄停止図柄設定処理(ステップS301)に対応した値に更新する(ステップS59)。
以上の処理により、第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態が発生したときには第1可変表示部8にて特別図柄8a〜8cの変動表示を開始させない制御がなされる。すなわち、第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態が発生したときに第2大当り実行中フラグがセットされて、大当り遊技状態が終了するまで第2大当り実行中フラグがリセットされないため、第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了するまでは第1特別図柄通常処理(ステップS300)におけるステップS51でYESが選択され、ステップS52〜ステップS59の処理が実行されない。
図6は、第1特別図柄プロセス処理における第1特別図柄変動処理(ステップS303)を示すフローチャートである。第1特別図柄変動処理において、CPU56は、先ず第2大当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS80)。第2大当りフラグがセットされていない場合には、第1特別図柄プロセスタイマを1減算し(ステップS81)、第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしたら(ステップS82)、第1大当りフラグがセットされているか否か確認する(ステップS83)。第1大当りフラグがセットされていれば(ステップS83)、第1大当り実行中フラグをセットし(ステップS84)、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄停止処理(ステップS304)に対応した値に更新する(ステップS85)。ステップS82で第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしていなければ第1特別図柄プロセスフラグの値を更新しない。すなわち、再び第1特別図柄プロセス処理が実行されると第1特別図柄通常処理が再び行われる。また、ステップS84で第1大当り実行中フラグがセットされることにより第2特別図柄プロセス処理(ステップS27)で第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの変動表示を停止させる処理が実行される。
ステップS80で第2大当りフラグがセットされていれば、中断フラグがセットされているか否か確認する(ステップS86)。中断フラグがセットされていなければ(ステップS86)、第2大当り実行中フラグがセットされているか否かを確認し(ステップS87)、第2大当り実行中フラグがセットされていれば(ステップS87)、中断フラグをセットし(ステップS88)、中断コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットする(ステップS89)。中断コマンドは、第1可変表示部8で変動表示を行っている特別図柄8a〜8cの変動表示を中断させる旨を指示するコマンドである。また、ステップS89でセットされた中断コマンドは2msタイマ割込処理における特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信される。すなわち、ステップS87で大当り実行中フラグがセットされていると判定すると、ステップS81の処理を実行しないため特別図柄プロセスタイマを減算しないとともに、中断コマンドを表示制御基板80に送信する。表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは中断コマンドを受信すると、第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動表示を中断させる制御を実行する。
このように、この実施の形態では、第1可変表示部8にて特別図柄8a〜8cの変動表示を実行しているときに(第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしていないとき)に第2大当り実行中フラグがセットされると、変動時間を計測する特別図柄プロセスタイマの減算を中断するとともに、表示制御基板80に特別図柄8a〜8cの変動表示の中断を指示するコマンドを送信することにより、第2可変表示部9に大当り図柄(特定表示結果)が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態(特定遊技状態)が発生してから、大当り遊技状態が終了するまでは第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動表示を中断させる処理を行っている。
図7は、第1特別図柄プロセス処理における第1特別図柄停止処理(ステップS304)を示すフローチャートである。第1特別図柄停止処理において、CPU56は、先ず第1特別図柄停止コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットする(ステップS91)。第1特別図柄停止コマンドは、第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動表示を停止させる旨を指示するコマンドである。また、ステップS91でセットされた第1特別図柄停止コマンドは、2msタイマ割込処理における特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信される。表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは第1特別図柄停止コマンドを受信すると、第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動表示を停止して表示結果を導出表示させる制御を実行する。
次いで、CPU56は、第1大当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS92)。ステップS92で第1大当りフラグがセットされていれば、すなわち、第1特別図柄通常処理(ステップS300)におけるステップS57で大当りと判定されて第1大当りフラグがセットされたときには、第1大当り開始コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし(ステップS93)、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1大入賞口開放前処理(ステップS305)に対応した値に更新する(ステップS94)。また、ステップS93でセットされた第1大当り開始コマンドは、2msタイマ割込処理における特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信される。表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは第1大当り開始コマンドを受信すると、第1可変表示部8に大当り遊技状態を開始する旨の表示制御を行う。
また、ステップS92で第1大当りフラグがセットされていなければ、すなわち、第1特別図柄通常処理(ステップS300)におけるステップS57ではずれと判定されて第1大当りフラグがセットされていないときには、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS95)。
図8は、第1特別図柄プロセス処理における第1大当り終了処理(ステップS307)を示すフローチャートである。第1大当り終了処理において、CPU56は、第1確変フラグがセットされているか否かを確認する(ステップS101)。第1確変フラグは第1特別図柄プロセス処理における第1特別図柄停止図柄設定処理(ステップS301)で停止図柄を特別表示結果(奇数図柄の組合せ)とすると決定されたときにセットされ、第1確変フラグがセットされることによりステップS56で実行される大当り判定処理にて高確率大当り判定テーブルが使用される。高確率大当り判定テーブルは、通常遊技状態で使用される低確率大当り判定テーブルよりも多くの大当り判定値を含む。すなわち、第1確変フラグがセットされることにより第1確変状態に制御され、通常遊技状態よりも大当りとなる確率が高くなる。そして、第1特別図柄停止図柄設定処理(ステップS301)で停止図柄を非特別表示結果(偶数図柄の組合せ)とすると決定されたときに第1確変フラグがリセットされる。
この実施の形態では、第1確変状態に制御されると第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの表示結果が当りとなる確率および第1普通図柄表示器12における普通図柄の表示結果が当りとなる確率が高められる。一方、第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの表示結果が当りとなる確率および第2普通図柄表示器13の表示結果が当りとなる確率は高められない。そして、第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの表示結果が非特別表示結果(偶数図柄の組合せ)となったときに第1確変状態が終了する。すなわち、第1確変状態と第2確変状態とは別々の制御状態のことであり、個々に開始条件、終了条件が設定されている。
なお、第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの表示結果または第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの表示結果が特別表示結果となったことに基づいて確変状態に制御することにより第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの表示結果および第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの表示結果が当りとなる確率を高めるとともに、第1普通図柄表示器12における普通図柄の表示結果および第2普通図柄表示器13における普通図柄の表示結果が当りとなる確率を高める構成としてもよく。この場合には、第1可変表示部8または第2可変表示部9のいずれかに非特別表示結果が導出表示されたことに基づいて確変状態を終了させる構成としてもよい。
ステップS101で第1確変フラグがセットされていれば、第1確変大当り終了コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし(ステップS102)、ステップS101で第1確変フラグがセットされていなければ第1非確変大当り終了コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットする(ステップS103)。ステップS102およびステップS103でセットされた第1確変大当り終了コマンドおよび第1非確変大当り終了コマンドは、2msタイマ割込処理における特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信される。表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは第1確変大当り終了コマンドを受信すると第1可変表示部8に第1確変大当りを終了する旨の表示制御を行い、第1非確変大当り終了コマンドを受信すると第1可変表示部8に第1非確変大当りを終了する旨の表示制御を行う。
次いで、CPU56は、第1大当り実行中フラグをリセットした後(ステップS104)、第2特別図柄プロセス処理(ステップS27)における第2特別図柄変動処理でセットされた中断フラグをリセットするとともに(ステップS105)、第1大当りフラグをリセットし(ステップS106)、再開コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットする(ステップS107)。そして、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS108)。ステップS104で第1大当り実行中フラグをリセットすることにより第2特別図柄プロセス処理(ステップS27)における第2特別図柄通常処理が実行されて第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの変動を開始させる処理と、第2特別図柄変動処理が実行されて特別図柄の変動時間を計測する特別図柄プロセスタイマの減算処理と、が実行可能な状態になる。また、ステップS107でセットされた再開コマンドは、第2可変表示部9にて中断している特別図柄9a〜9cの変動表示の再開を指示するコマンドであり、2msタイマ割込処理における特別図柄コマンド制御処理(ステップS30)で表示制御基板80に送信される。表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは再開コマンドを受信すると、第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの変動表示を再開する制御を行う。
図9は、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUが実行する表示制御プロセス処理のプログラムの一例を示すフローチャートである。表示制御プロセス処理では、表示制御プロセスフラグの値に応じてステップS800〜S805のうちのいずれかの処理が行われる。各処理において、以下のような処理が実行される。
第1第1変動パターンコマンド受信待ち処理(ステップS800):コマンド受信割込処理によって、変動パターンコマンド(可変表示コマンド)を含む演出制御コマンドを受信したか否か確認する。具体的には、変動パターンコマンドが受信されたことを示すフラグ(第1第1変動パターン受信フラグ)がセットされたか否か確認する。第1変動パターン受信フラグは、表示制御用CPUが実行するコマンド解析処理にて第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動パターン指定の演出制御コマンドが受信されたことが確認された場合にセットされる。
第1図柄変動開始処理(ステップS801):特別図柄8a〜8cの変動が開始されるように制御する。
第1図柄変動中処理(ステップS802):変動パターンを構成する各変動状態(変動速度)の切替タイミングを制御するとともに、変動時間の終了を監視する。
第1図柄停止待ち処理(ステップS803):変動時間タイマがタイムアウトした後に図柄停止を指示する演出制御コマンド(特別図柄停止コマンド)を受信していたら、特別図柄8a〜8cの変動を停止し停止図柄(確定図柄)を表示する制御を行う。
第1大当り表示処理(ステップS804):変動時間の終了後、確変大当り表示または通常大当り表示の制御を行う。
第1大当り遊技中処理(ステップS805):大当り遊技中の制御を行う。例えば、ソレノイド72により第1特別可変入賞装置20を駆動して第1大入賞口21を開放させることを示す第1大入賞口開放前表示や第1大入賞口21が開放中であることを示す第1大入賞口開放時表示の演出制御コマンドを受信したら、ラウンド数の表示制御等を行う。
図10は、第1表示制御プロセス処理における第1図柄変動中処理(ステップS802)を示すフローチャートである。第1図柄変動中処理において表示制御用CPUは、変動中断フラグがセットされているか否か確認し(ステップS820)、変動中断フラグがセットされていなければ中断コマンドを受信したか否か確認する(ステップS824)。そして、ステップS824で中断コマンドを受信していれば変動中断フラグをセットし(ステップS825)、第1可変表示部8に特別図柄8a〜8cの変動表示を中断する旨を示す変動中断表示を行う(ステップS826)。
また、ステップS820で変動中断フラグがセットされていれば、表示制御用CPUは再開コマンドを受信したか否か確認する(ステップS821)。ステップS821で再開コマンドを受信していれば、変動中断フラグをリセットするとともに(ステップS822)、第1可変表示部8に特別図柄8a〜8cの変動表示を再開する旨を示す変動再開表示を行う(ステップS823)。ステップS821で再開コマンドを受信していなければ第1図柄変動中処理を終了する。
ステップS824で中断コマンドを受信していなければ、プロセスタイマがタイムアウトしたか否か確認し(ステップS827)、タイムアウトしていれば表示制御実行データの切替を行う(ステップS828)。この実施の形態では、特別図柄8a〜8cの変動態様を示すプロセスデータが変動パターン毎に設けられている。プロセスデータは、プロセスタイマと表示制御実行データの組合せが複数集まったデータで構成され、表示制御用CPUは変動パターンコマンドに応じたプロセスデータを選択するとともに該プロセスデータを参照してプロセスタイマに設定されている時間だけ表示制御実行データに設定されている変動態様で特別図柄8a〜8cを変動表示させる制御を行う。
また、変動時間タイマがタイムアウトしていれば(ステップS829)、監視タイマをスタートさせ(ステップS830)、第1プロセスフラグを第1図柄停止待ち処理(ステップS803)に対応した値に更新する(ステップS831)。
以上の処理によって、第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態となったときには、中断コマンドを受信したことに基づいて変動中断フラグがセットするとともに変動中断表示を行う。そして、再開コマンドを受信するまでステップS827以降の処理を実行しないように制御する。すなわち、特別図柄8a〜8cの変動表示を行わない制御がなされる。
このように上述した実施の形態では、一方の可変表示部に大当り図柄が導出表示されたときに、主基板31から中断コマンドが表示制御基板80に送信され、中断コマンドを受信したことに基づいて表示制御用CPUは変動表示を中断させる制御を行っている。また、大当り遊技状態が終了するときに主基板31から再開コマンドが表示制御基板80に送信され、再開コマンドを受信したことに基づいて表示制御用CPUは変動表示を再開させる制御を行っている。
なお、主基板31から中断コマンドおよび再開コマンドを送信することなく、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUに特別図柄の変動表示を停止させる指示を行うように構成してもよい。第2実施形態として、以下に説明する。
図11は、第2実施形態の第1特別図柄変動処理である。第1特別図柄変動処理においてCPU56は、第2大当り実行中フラグがセットされていなければ(ステップSA81)、第1特別図柄プロセスタイマを1減算し(ステップSA82)、特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしたか否か確認する(ステップSA83)。ステップSA83で特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしていれば、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄停止処理(ステップS304)に対応した値に更新する(ステップSA84)。
ステップSA81で第2大当り実行中フラグがセットされていると判定されたときには、処理を実行することなく第1特別図柄変動処理を終了する。そして、再び第1特別図柄プロセス処理が実行されたときに第1特別図柄変動処理が実行されるが特別図柄プロセスタイマの減算を行わない。このように、第1実施形態では、中断フラグのセットおよび中断コマンドを表示制御基板80に送信する処理を実行していたが、第2実施形態ではこれらの処理を実行しない。
図12は、第2実施形態の第1特別図柄停止処理である。第1特別図柄停止処理において、CPU56は、先ず第1特別図柄停止コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし(ステップSA91)、第1大当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップSA92)。ステップSA92で第1大当りフラグがセットされていれば、第1大当りフラグをリセットし(ステップSA93)、第1大当り実行中フラグをセットする(ステップSA94)。そして、第1大当り開始コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットし(ステップSA95)、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1大入賞口開放前処理(ステップS305)に対応した値に更新する(ステップSA96)。
また、ステップSA92で第1大当りフラグがセットされていなければ、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップSA97)。
図13は、第2実施形態の第1大当り終了処理である。第1大当り終了処理において、CPU56は、第1確変フラグがセットされているか否かを確認し(ステップSA101)、ステップSA101で第1確変フラグがセットされていれば、第1確変大当り終了コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットする(ステップSA102)。また、ステップSA101で第1確変フラグがセットされていなければ第1非確変大当り終了コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットする(ステップSA103)。
次いで、CPU56は、第1大当り実行中フラグをリセットした後(ステップSA104)、第2特別図柄プロセス処理(ステップS27)における第2特別図柄変動処理でセットされた中断フラグをリセットする(ステップSA105)。そして、第1特別図柄プロセスフラグの値を第1特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップSA106)。このように、第1実施形態では、変動表示の再開を指示する再開コマンドを表示制御基板80に送信する処理を実行していたが、第2実施形態では実行しない。
図14は、第2実施形態の第1図柄変動中処理である。第1図柄変動中処理において表示制御用CPUは、変動中断フラグがセットされているか否か確認し(ステップSA820)、変動中断フラグがセットされていなければ第2大当り開始コマンドを受信したか否か確認する(ステップSA824)。そして、ステップSA824で第2大当り開始コマンドを受信していれば変動中断フラグをセットし(ステップSA825)、第1可変表示部8に特別図柄8a〜8cの変動表示を中断する旨を示す変動中断表示を行う(ステップSA826)。
また、ステップSA820で変動中断フラグがセットされていれば、表示制御用CPUは第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドを受信したか否か確認する(ステップSA821)。ステップSA821で第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドを受信していれば、変動中断フラグをリセットするとともに(ステップSA822)、第1可変表示部8に特別図柄8a〜8cの変動表示を再開する旨を示す変動再開表示を行う(ステップSA823)。ステップSA821で第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドを受信していなければ第1図柄変動中処理を終了する。
ステップSA824で第2大当り開始コマンドを受信していなければ、プロセスタイマがタイムアウトしたか否か確認し(ステップSA827)、タイムアウトしていれば表示制御実行データの切替を行う(ステップSA828)。また、変動時間タイマがタイムアウトしていれば(ステップSA829)、監視タイマをスタートさせ(ステップSA830)、第1プロセスフラグを第1図柄停止待ち処理(ステップS803)に対応した値に更新する(ステップSA831)。
このように、第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態となったときには、第2大当り開始コマンドを受信したことに基づいて変動中断フラグがセットされるとともに変動中断表示を行う。そして、第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドを受信するまでステップSA827以降の処理を実行しないように制御する。すなわち、特別図柄8a〜8cの変動表示を行わない制御がなされる。
以上、本発明の第2実施形態について説明してきたが、第2実施形態では、一方の可変表示部に大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態となったときに、主基板31から第2大当り開始コマンドが表示制御基板80に送信され、第2大当り開始コマンドを受信したことに基づいて表示制御用CPUは変動表示を中断させる制御を行っている。また、大当り遊技状態が終了するときに主基板31から第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドが表示制御基板80に送信され、第2確変大当り終了コマンドまたは第2非確変大当り終了コマンドを受信したことに基づいて表示制御用CPUは変動表示を再開させる制御を行っている。
次に、以上説明した第1実施形態および第2実施形態の制御を行ったときの第1可変表示部8および第2可変表示部9の表示態様について説明する。図15は、大当り遊技状態中の第1可変表示部8および第2可変表示部9の演出表示の一例を示す説明図である。この実施の形態では、第1可変表示部8と第2可変表示部9との2つの可変表示部が設けられ、それぞれの可変表示部にて特別図柄の変動表示を並行して行っている。すなわち、図15(A)において第1可変表示部8において特別図柄8a〜8cの変動表示が実行されているときにも、第2可変表示部9において特別図柄9a〜9cの変動表示が並行して実行される。
なお、主基板31からは表示制御基板80に第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動態様を指示する変動パターンコマンドと、第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの変動態様を指示する変動パターンコマンドと、が送信される。表示制御用CPUは、受信した変動パターンコマンドに応じた可変表示部にて特別図柄の変動表示が行われるように制御する。
また、この実施の形態で主基板31から送信される演出制御コマンドは2バイト構成であり、1バイト目はMODE(コマンドの分類)を表し、2バイト目はEXT(コマンドの種類)を表す。第1可変表示部8における特別図柄8a〜8cの変動パターンを指示するコマンドと、第2可変表示部9における特別図柄9a〜9cの変動パターンを指示するコマンドと、のMODEまたはEXTを異ならせることにより主基板31から送信される変動パターンコマンドがいずれの可変表示部における特別図柄の変動パターンであるかを特定することが可能となる。なお、そのようなコマンド形態は一例であって他のコマンド形態を用いてもよい。例えば、1バイトや3バイト以上で構成される制御コマンドを用いてもよい。
図15(B)で第1可変表示部8において特別図柄8a〜8cの変動表示が実行されている間に、すなわち、図6に示す第1特別図柄変動処理におけるステップS82で第1特別図柄プロセスタイマがタイムアウトしていないときに、第2特別図柄プロセス処理(ステップS27)における第2特別図柄変動処理(または第2特別図柄停止処理)で大当り図柄(特定表示結果)が導出表示されたことに基づいて第2大当り実行中フラグがセットされるとともに第2特別図柄停止処理で第2大当り開始コマンドを表示制御基板80に送信するための処理が行われる。上述した第2実施形態では、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは、ステップSA824で第2大当り開始コマンドを受信したときにステップSA825で変動中断フラグをセットするとともに、ステップSA826で変動中断表示を行う。
また、上述した第1実施形態では、第1特別図柄変動処理(ステップS303)が実行されたときにステップS87で第2大当り実行中フラグがセットされていると判定され、ステップS88で中断フラグがセットされるとともに、ステップS89で中断コマンドを表示制御基板80に送信するための処理が行われる。表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは、ステップS824で中断コマンドを受信したときにステップS825で変動中断フラグをセットするとともに、ステップS826で変動中断表示を行う。
図15(C)に示すように、第1実施形態で中断コマンドを受信すると、および第2実施形態で第2大当り開始コマンドを受信すると変動中断表示100として「変動中断中」を表示する。つまり、変動表示を中断する第1可変表示部8に変動中断表示100として「変動中断中」を表示する。一方の可変表示部にて特別図柄の変動表示を中断させるときに変動中断表示100を表示することにより遊技者に不信感を与えることなく特別図柄の変動表示を中断させることができる。また、この実施の形態では大当り遊技状態が終了するまで(図15(D))変動中断表示100を表示する構成となっているため、大当り遊技状態が終了するまで遊技者に不信感を与えることなく特別図柄の変動表示を中断させることができる。なお、変動中断表示100は少なくとも特別図柄の変動表示の中断を開始するときに表示するようにすればよく、例えば、いずれかの可変表示部にて大当りとなり特別図柄の変動表示の中断を開始させるときにのみ変動中断表示100を行う構成としてもよい。
また、この実施の形態では、一方の可変表示部にて大当りとなったときに大当り遊技状態中における演出表示を一方の可変表示部と他方の可変表示部との両方を用いて行っている。すなわち、図15(B)で第2可変表示部9に大当り図柄が導出表示されたことに基づいて主基板31から第2大当り開始コマンドが表示制御基板80に送信され、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは第2大当り開始コマンドを受信したことに基づいて第1可変表示部8に大当り開始表示101aとして「やったね」と表示させるとともに第2可変表示部9に大当り開始表示101bとして「大当り!」と表示させる制御を行っている。
更に、大当り遊技状態が終了するときにも一方の可変表示部と他方の可変表示部との両方を用いて演出表示を行っている。すなわち、図15(D)で大当り遊技状態が終了するときに主基板31から第2確変大当り終了コマンドが表示制御基板80に送信され、表示制御基板80に搭載される表示制御用CPUは第2確変大当り終了コマンドを受信したことに基づいて第1可変表示部8に確変大当り終了表示102aとして「あと1回」と表示させるとともに第2可変表示部9に確変大当り終了表示102bとして「当るよ!」と表示させる制御を行っている。
このように、大当り遊技状態中における演出表示を第1可変表示部8と第2可変表示部9との両方を用いて行うことにより、視覚効果が高まり遊技者の興趣を向上させることができる。
また、図15(D)で大当り遊技状態が終了するときに主基板31から第2大当り終了コマンド(確変大当り終了コマンドまたは非確変大当り終了コマンド)が表示制御基板80に送信される。上述した第1実施形態では主基板31から表示制御基板80に更に再開コマンドが送信され、表示制御用CPUは再開コマンドを受信したことに基づいてステップS823で変動再開表示103として「変動再開」と表示させるとともにステップS827以降の処理が実行されて変動表示を再開させる制御が実行される。また、上述した第2実施形態では主基板31から第2大当り終了コマンドを受信すると表示制御用CPUは大当り終了表示(例えば、確変大当り終了表示102a)を行った後(図15(C))、ステップSA823で変動再開表示103として「変動再開」と表示させるとともにステップS827以降の処理が実行されて変動表示を再開させる制御が実行される。
このように、この実施の形態では、一方の可変表示部における特別図柄の変動表示中に他方の可変表示部に大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態となった場合には一方の可変表示部に変動表示を中断する旨を示す変動中断表示100を行うとともに、大当り遊技状態が終了したときに一方の可変表示部における特別図柄の変動表示を再開させる旨を示す変動再開表示103を行うため、遊技者に不信感を与えることなく特別図柄の変動表示を中断させることができる。
上述したように、この実施の形態では、第1可変表示部8と第2可変表示部9との両方を用いて大当り遊技状態中の演出表示を行う。また、この実施の形態では、第1可変表示部8と第2可変表示部9とを所定の間隔を有する仕切部(物理的な分離領域)106を挟んで離間するように配置している。このように配置された第1可変表示部8および第2可変表示部9においては、表示制御用CPUが主基板31から受信したコマンドに従ってキャラクタROMから必要なデータを読み出し、読み出したデータをVDPに出力することにより演出表示が実行される。また、この実施の形態では第1可変表示部8を表示制御する第1VDP(図示しない)と、第2可変表示部9を表示制御する第2VDP(図示しない)と、の2つのVDPが設けられ、第1可変表示部8と第2可変表示部9とにまたがった画像を表示する場合には、表示画面上で移動するオブジェクトと、静止している表示オブジェクトとでは異なった表示制御を行っている。
まず、移動オブジェクトを表示する場合、表示制御用CPUは主基板31から受信した演出制御コマンドの第1VDPおよび第2VDPに表示するオブジェクトとそのサイズなどに従ってキャラクタROMから読み出したオブジェクト情報と、そのオブジェクトの第1可変表示部8および第2可変表示部9上の移動態様(位置、速度、等)を指令する。第1VDPおよび第2VDPは、オブジェクト情報および移動態様に従って画像データを生成し、第1VDPは第1VRAMに、第2VDPは第2VRAMに展開する。この際、各VDPは第1可変表示部8と第2可変表示部9の仕切部106上に位置する部分については、隠した(除去した)態様で画像を形成し、各VRAMに展開する。
図16(A)〜(D)に示すように、ラウンド数(この例では5R)が描かれたボール104が第1可変表示部8と第2可変表示部9とを行き来するような表示を行う場合には、ボール104を第1可変表示部8と第2可変表示部9とを画面とみなして画像を表示した場合に、第1可変表示部8または第2可変表示部9に位置する画像のみを表示し、その間の仕切部106上に位置する部分については画像表示を行わない。すなわち、第1可変表示部8および第2可変表示部9の全体を画面とみなして、この上に仮想的に画像を表示した場合に、第1可変表示部8または第2可変表示部9上に表示される画像の画像データのみを第1VRAMまたは第2VRAMに展開する。移動オブジェクトについては、仕切部106上にかかって見えない部分も、その直前までは見えており、また、その直後からも見えるようになるので、このような表示手法をとっても遊技者に提供する情報が不足することはなく、むしろ自然な感覚を与えることができる。
次に静止オブジェクトを表示する場合、表示制御用CPUは主基板31から受信した演出制御コマンドの第1VDPおよび第2VDPに表示するオブジェクトとそのサイズなどに従ってキャラクタROMから読み出したオブジェクト情報を指令する。第1VDPおよび第2VDPは、オブジェクト情報に従って画像データを生成し、第1VDPは第1VRAMに、第2VDPは第2VRAMに展開する。この際、各VDPは第1可変表示部8および第2可変表示部9上で位置が変化しない表示オブジェクト(静止オブジェクト)が第1可変表示部8と第2可変表示部9の仕切部106上に位置する場合には、画像を分割及び/または移動して、第1可変表示部8および第2可変表示部9に表示するように各VRAMに展開する。すなわち、静止オブジェクトが仕切部106上に位置する場合には、仕切部106上の部分も表示するように、画像データを各VRAMに展開する。
図17(A)に示すように、静止オブジェクト(「大当り やったね確変!」105)を第1可変表示部8と第2可変表示部9の間の仕切部106に位置するように表示する旨の指令が表示制御用CPUからあったときに、表示制御用CPUからの指示通り表示を行うと図17(B)に示すような表示になり、表示内容が分からなくなってしまい、遊技者に提供すべき情報が欠落してしまう。そこで、各VDPは、図17(C)および図17(D)に示すように、静止オブジェクト(「大当り やったね確変!」105)を仕切部106の中間線Tで分解して、それぞれ距離d(仕切部106の幅/2)だけ移動して第1VRAMおよび第2VRAMに展開し、図17(D)に示すように表示する。 すなわち、静止しているオブジェクトが仕切部106上に位置する場合には、仕切部106上の部分も表示するように第1VRAMおよび第2VRAMに展開する。これにより表示が見えなくなってしまう事態を防止できるとともに第1可変表示部8および第2可変表示部9の両方を用いて演出表示を行う場合に適切な表示が可能となる。
本実施形態に係る弾球遊技機を正面からみた正面図である。 本実施形態に係る弾球遊技機の回路構成の概要を表したブロック図である。 2msタイマ割込処理の一例を示すフローチャートである。 第1特別図柄プロセス処理の一例を示すフローチャートである。 第1特別図柄通常処理の一例を示すフローチャートである。 第1特別図柄変動処理の一例を示すフローチャートである。 第1特別図柄停止処理の一例を示すフローチャートである。 第1大当り終了処理の一例を示すフローチャートである。 第1表示制御プロセス処理の一例を示すフローチャートである。 第1図柄変動中処理の一例を示すフローチャートである。 第2実施形態の第1特別図柄変動処理の一例を示すフローチャートである。 第2実施形態の第1特別図柄停止処理の一例を示すフローチャートである。 第2実施形態の第1大当り終了処理の一例を示すフローチャートである。 第2実施形態の第1図柄変動中処理の一例を示すフローチャートである。 大当り遊技状態中の第1可変表示部8および第2可変表示部9の演出表示の一例を示す説明図である。 移動オブジェクトの表示処理の一例を示す説明図である。 静止オブジェクトの表示処理の一例を示す説明図である。
符号の説明
1 弾球遊技機
8 第1可変表示部
9 第2可変表示部
14 第1始動入賞口
15 第1可変入賞装置
16 第2始動入賞口
17 第2可変入賞装置
31 主基板
56 CPU
80 表示制御基板

Claims (5)

  1. 所定の始動条件の成立に基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行って表示結果を導出表示する複数の可変表示部と、該可変表示部の表示結果が予め定められた特定表示結果となったことに基づいて開放する特別可変入賞装置と、を備え、前記複数の可変表示部のうちのいずれかの可変表示部に前記特定表示結果が導出表示されたことに基づいて遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機において、
    前記複数の可変表示部の表示結果をその導出表示以前に決定する事前判定手段と、
    該事前判定手段による判定結果に基づいて前記複数の可変表示部それぞれにおける前記識別情報の可変表示を開始してから表示結果を導出表示するまでの可変表示時間と表示態様とを示す可変表示データを予め定められた複数種類の可変表示データの中から選択する可変表示データ選択手段と、
    該可変表示データ選択手段によって選択された可変表示データに基づく前記可変表示時間を計測する可変表示時間計測手段と、
    該可変表示時間計測手段により計測された前記可変表示時間が経過したかを判定する可変表示時間判定手段と、
    前記複数の可変表示部の表示制御を行うとともに前記可変表示時間判定手段により前記可変表示時間が経過した旨の判定がなされたときに前記識別情報の表示結果を導出表示する表示制御手段と、を備え、
    前記複数の可変表示部のうち第1の可変表示部に前記特定表示結果が導出表示され、且つ、前記第1の可変表示部とは異なる第2の可変表示部にて前記識別情報の可変表示が実行されているとき、
    前記可変表示時間計測手段は、前記第1の可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたことに基づく特定遊技状態への制御が開始された第1の時点で前記第2の可変表示部における可変表示時間の計測を中断し、前記第1の可変表示部にて特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態への制御が終了した第2の時点で当該可変表示時間の計測を再開する間欠手段を含み、
    前記表示制御手段は、前記第1の時点で前記間欠手段により前記可変表示時間計測手段による前記第2の可変表示部における可変表示時間の計測を中断したときに前記第2の可変表示部における前記識別情報の可変表示を中断し、前記第2の時点で前記間欠手段により前記可変表示時間計測手段による前記第2の可変表示部における可変表示時間の計測を再開したときに前記第1の時点で前記第2の可変表示部において中断した当該識別情報の可変表示を再開する制御を行うことを特徴とする遊技機。
  2. 遊技の進行を制御する遊技制御用マイクロコンピュータと、
    前記遊技制御用マイクロコンピュータからの制御信号に基づいて前記複数の可変表示部の表示を制御する表示制御用マイクロコンピュータと、を備え、
    前記遊技制御用マイクロコンピュータは、
    前記可変表示時間計測手段と、
    前記可変表示時間判定手段と、
    前記第1の時点で、前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を一旦停止させる旨を示す中断制御信号を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する中断制御信号送信手段と、
    前記第2の時点で、前記第2の可変表示部において中断されていた識別情報の可変表示を再開させる旨を示す再開制御信号を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する再開制御信号送信手段と、を含み、
    前記表示制御用マイクロコンピュータは、
    前記中断制御信号送信手段から前記中断制御信号を受信したときに前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を中断し、
    前記再開制御信号送信手段から前記再開制御信号を受信したときに前記中断制御信号を受信した時点で中断した識別情報の可変表示を再開する制御を行うことを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 遊技の進行を制御する遊技制御用マイクロコンピュータと、
    前記遊技制御制御用マイクロコンピュータからの制御信号に基づいて前記複数の可変表示部の表示を制御する表示制御用マイクロコンピュータと、を備え、
    前記遊技制御用マイクロコンピュータは、
    前記可変表示時間計測手段と、
    前記可変表示時間判定手段と、
    前記第1の時点で前記特定遊技状態への制御を開始する旨を示す特定遊技状態開始制御信号を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する特定遊技状態開始制御信号送信手段と、
    前記第2の時点で前記特定遊技状態への制御が終了した旨を示す特定遊技状態終了信号を前記表示制御用マイクロコンピュータへ送信する特定遊技状態終了信号送信手段と、を含み、
    前記表示制御用マイクロコンピュータは、
    前記特定遊技状態開始制御信号送信手段から前記特定遊技状態開始制御信号を受信したときに前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を中断し、
    前記特定遊技状態終了信号送信手段から前記特定遊技状態終了信号を受信したときに前記特定遊技状態開始制御信号を受信した時点で中断した識別情報の可変表示を再開する制御を行うことを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  4. 前記表示制御手段は、前記第2の可変表示部において実行中の識別情報の可変表示を中断したとき、その旨を報知する中断報知手段を備えることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の遊技機。
  5. 前記複数の可変表示部を所定の間隔を有する仕切部を挟んで離間するように配置し、
    前記表示制御手段は、前記特定遊技状態実行中に前記複数の可変表示部にて演出表示を行うとともに、前記第1の可変表示部と前記第2の可変表示部とに仮想的にまたがる画像を表示する際に、当該画像を移動表示させるときには前記仕切部上の部分を隠した態様で各可変表示部上に位置する画像を表示制御し、当該画像を移動表示させないときには前記仕切部上に表示される部分を含む態様で各可変表示部を表示制御することを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれかに記載の遊技機。

JP2003434113A 2003-12-26 2003-12-26 遊技機 Pending JP2005185728A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003434113A JP2005185728A (ja) 2003-12-26 2003-12-26 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003434113A JP2005185728A (ja) 2003-12-26 2003-12-26 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005185728A true JP2005185728A (ja) 2005-07-14
JP2005185728A5 JP2005185728A5 (ja) 2008-04-10

Family

ID=34791270

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003434113A Pending JP2005185728A (ja) 2003-12-26 2003-12-26 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005185728A (ja)

Cited By (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211237A (ja) * 2004-01-28 2005-08-11 Takeya Co Ltd 遊技機
JP2007037560A (ja) * 2005-07-29 2007-02-15 Sankyo Kk 遊技機
JP2007044145A (ja) * 2005-08-08 2007-02-22 Sankyo Kk 遊技機
JP2007054507A (ja) * 2005-08-26 2007-03-08 Takao:Kk 弾球遊技機
JP2007061589A (ja) * 2005-11-14 2007-03-15 Takao:Kk 弾球遊技機
JP2007097968A (ja) * 2005-10-06 2007-04-19 Sankyo Kk 遊技機
JP2007125176A (ja) * 2005-11-02 2007-05-24 Sankyo Kk 遊技機
JP2007135922A (ja) * 2005-11-18 2007-06-07 Sankyo Kk 遊技機
JP2007135921A (ja) * 2005-11-18 2007-06-07 Sankyo Kk 遊技機
JP2007159941A (ja) * 2005-12-15 2007-06-28 Sankyo Kk 遊技機
JP2007159942A (ja) * 2005-12-15 2007-06-28 Sankyo Kk 遊技機
JP2007313106A (ja) * 2006-05-26 2007-12-06 Sankyo Kk 遊技機
JP2009034551A (ja) * 2008-11-19 2009-02-19 Takao:Kk 弾球遊技機
JP2011050776A (ja) * 2010-12-14 2011-03-17 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2011072723A (ja) * 2009-10-01 2011-04-14 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2011206604A (ja) * 2011-07-29 2011-10-20 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2011218204A (ja) * 2011-07-05 2011-11-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011229957A (ja) * 2011-07-13 2011-11-17 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011229958A (ja) * 2011-07-13 2011-11-17 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011245338A (ja) * 2011-08-09 2011-12-08 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2011255193A (ja) * 2011-08-09 2011-12-22 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2013013791A (ja) * 2012-10-23 2013-01-24 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2014136033A (ja) * 2013-01-17 2014-07-28 Sophia Co Ltd 遊技機

Cited By (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005211237A (ja) * 2004-01-28 2005-08-11 Takeya Co Ltd 遊技機
JP2007037560A (ja) * 2005-07-29 2007-02-15 Sankyo Kk 遊技機
JP2007044145A (ja) * 2005-08-08 2007-02-22 Sankyo Kk 遊技機
JP2007054507A (ja) * 2005-08-26 2007-03-08 Takao:Kk 弾球遊技機
JP2007097968A (ja) * 2005-10-06 2007-04-19 Sankyo Kk 遊技機
JP2007125176A (ja) * 2005-11-02 2007-05-24 Sankyo Kk 遊技機
JP2007061589A (ja) * 2005-11-14 2007-03-15 Takao:Kk 弾球遊技機
JP2007135922A (ja) * 2005-11-18 2007-06-07 Sankyo Kk 遊技機
JP2007135921A (ja) * 2005-11-18 2007-06-07 Sankyo Kk 遊技機
JP2007159941A (ja) * 2005-12-15 2007-06-28 Sankyo Kk 遊技機
JP2007159942A (ja) * 2005-12-15 2007-06-28 Sankyo Kk 遊技機
JP2007313106A (ja) * 2006-05-26 2007-12-06 Sankyo Kk 遊技機
JP2009034551A (ja) * 2008-11-19 2009-02-19 Takao:Kk 弾球遊技機
JP2011072723A (ja) * 2009-10-01 2011-04-14 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2011050776A (ja) * 2010-12-14 2011-03-17 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP2011218204A (ja) * 2011-07-05 2011-11-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011229957A (ja) * 2011-07-13 2011-11-17 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011229958A (ja) * 2011-07-13 2011-11-17 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011206604A (ja) * 2011-07-29 2011-10-20 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2011245338A (ja) * 2011-08-09 2011-12-08 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2011255193A (ja) * 2011-08-09 2011-12-22 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2013013791A (ja) * 2012-10-23 2013-01-24 Taiyo Elec Co Ltd 弾球遊技機
JP2014136033A (ja) * 2013-01-17 2014-07-28 Sophia Co Ltd 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4874677B2 (ja) 遊技機
JP5882168B2 (ja) 遊技機
JP4342909B2 (ja) 遊技機
JP4188202B2 (ja) 遊技機
JP4249082B2 (ja) 遊技機
JP4302000B2 (ja) 遊技機
JP6244098B2 (ja) 遊技機
JP2005006695A (ja) 遊技機
JP4340194B2 (ja) 遊技機
JP2007075202A (ja) 遊技機
JP2007061145A (ja) 遊技機
JP2014195552A (ja) 遊技機
JP2005040541A (ja) スロットマシン
JP2004321593A (ja) 遊技機
JP2004358064A (ja) 弾球遊技機
JP2007319278A (ja) 遊技機
JP5633011B2 (ja) 遊技機
JP4429633B2 (ja) 遊技機
JP5497406B2 (ja) 遊技機
JP2010082178A (ja) 遊技機
JP5792490B2 (ja) 遊技機
JP2003144650A (ja) 遊技機
JP2005192844A (ja) 遊技機
JP2006198345A (ja) 遊技機
JP5264638B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050623

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081014

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081015

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090303