JP2005008759A - Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image by using the same, and inkjet recording device - Google Patents

Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image by using the same, and inkjet recording device

Info

Publication number
JP2005008759A
JP2005008759A JP2003174711A JP2003174711A JP2005008759A JP 2005008759 A JP2005008759 A JP 2005008759A JP 2003174711 A JP2003174711 A JP 2003174711A JP 2003174711 A JP2003174711 A JP 2003174711A JP 2005008759 A JP2005008759 A JP 2005008759A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
inkjet
composition
recording
image
curable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003174711A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshiyuki Takabayashi
敏行 高林
Original Assignee
Konica Minolta Medical & Graphic Inc
コニカミノルタエムジー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an active ray-curable inkjet ink composition capable of very stably recording a high detailed image having excellent character quality, and hardly causing mixing of colors even in various kinds of printing environment; and to provide a method for forming the image by using the composition, and an inkjet recording device.
SOLUTION: The active ray-curable inkjet ink composition contains 5-30 mass% compound having an oxetane ring as a photopolymerizable compound, and a fluorine-containing nonionic surfactant. The method for forming the image, and the inkjet recording device use the composition.
COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、様々な記録材料に、様々な印字環境下においても、高精細な画像を安定に再現できる活性光線硬化型インクジェットインク組成物と、それを用いた画像形成方法及びインクジェット記録装置に関する。 The present invention relates to various recording materials, even under various printing environments, and active ray curable ink-jet ink composition can be stably reproduced with high-definition image, an image forming method and an ink jet recording apparatus using the same.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近年、インクジェット記録方式は簡便・安価に画像を作成出来るため、写真、各種印刷、マーキング、カラーフィルター等の特殊印刷など、様々な印刷分野に応用されてきている。 In recent years, since the ink-jet recording system that can create a simple and low cost image, photograph, various kinds of printing, marking, and special printing such as color filters, it has been applied to various printing fields. 特に、微細なドットを出射、制御する記録装置や、色再現域、耐久性、出射適性等を改善したインク及びインクの吸収性、色材の発色性、表面光沢などを飛躍的に向上させた専用紙を用い、銀塩写真に匹敵する画質を得ることも可能となっている。 In particular, the emission of fine dots, a recording apparatus and for controlling the color reproduction range, durability, ink absorptivity and ink with improved emission suitability, color development of the colorant, such as surface gloss was dramatically improved using a special paper, it has also become possible to obtain an image quality comparable to silver halide photography. 今日のインクジェット記録方式の画質向上は、記録装置、インク、専用紙の全てが揃って初めて達成されている。 Quality improvement of today's ink jet recording method, recording apparatus, ink, has been achieved for the first time have all of the dedicated paper.
【0003】 [0003]
しかしながら、専用紙を必要とするインクジェットシステムは、記録媒体が制限されること、記録媒体のコストアップが問題となる。 However, ink jet system which requires exclusive paper, the recording medium is limited, the cost of the recording medium becomes a problem. そこで、専用紙と異なる被転写媒体へインクジェット方式により記録する試みが多数なされている。 Therefore, there have been many attempts to record by the inkjet method to special paper with different transfer medium. 具体的には、室温で固形のワックスインクを用いる相変化インクジェット方式、速乾性の有機溶剤を主体としたインクを用いるソルベント系インクジェット方式や、記録後紫外線(UV)光により架橋させるUVインクジェット方式などである。 Specifically, a phase change ink jet method using wax ink which is solid at room temperature, and solvent-based ink jet method using an ink mainly composed of organic solvent quick-drying, after recording an ultraviolet (UV) UV inkjet crosslinking by light, such as it is.
【0004】 [0004]
中でも、UVインクジェット方式は、ソルベント系インクジェット方式に比べ比較的低臭気であり、速乾性、インク吸収性の無い記録媒体への記録が出来る点で、近年注目されつつあり、例えば、紫外線硬化型インクジェットインクが開示されて(例えば、特許文献1、2参照。)いる。 Among them, UV inkjet method is a relatively low odor as compared to solvent-based inkjet system, in that the quick-drying, it is recorded on the ink absorbency without recording medium, are being recently noted, for example, ultraviolet ray curable ink ink is disclosed (for example, see Patent documents 1 and 2.) are.
【0005】 [0005]
しかしながら、これらのインクを用いたとしても、記録材料の種類や作業環境によって、着弾後のドット径が大きく変化してしまい、様々な記録材料に対して、高精細な画像を形成することは不可能である。 However, even with these inks, the recording material of the type and the working environment, the dot diameter of landed will be changes significantly, with respect to various recording materials, to form a high definition image not possible it is.
【0006】 [0006]
特に、紫外線硬化型インクジェット用インクにおいて、カチオン重合性化合物を用いたインク(例えば、特許文献3〜7参照。)は、酸素阻害作用をうけることがないが、分子レベルの水分(湿度)の影響を受けやすいといった問題がある。 In particular, the ultraviolet curable inkjet ink, ink using a cationically polymerizable compound (for example, see Patent Document 3-7.) Is never subjected to oxygen inhibition, the effect of the molecular level of moisture (humidity) there is a problem susceptible to. また、硬化環境によっては硬化収縮による皺の発生が問題となる。 Further, occurrence of wrinkles is problematic due to the curing shrinkage upon curing environment.
【0007】 [0007]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開平6−200204号公報 (特許請求の範囲) JP-6-200204 discloses (claims)
【0008】 [0008]
【特許文献2】 [Patent Document 2]
特表2000−504778号公報 (特許請求の範囲) Kohyo 2000-504778 JP (claims)
【0009】 [0009]
【特許文献3】 [Patent Document 3]
特開2001−220526号公報 (特許請求の範囲、実施例) JP 2001-220526 JP (claims, examples)
【0010】 [0010]
【特許文献4】 [Patent Document 4]
特開2002−188025号公報 (特許請求の範囲、実施例) JP 2002-188025 JP (claims, examples)
【0011】 [0011]
【特許文献5】 [Patent Document 5]
特開2002−317139号公報 (特許請求の範囲、実施例) JP 2002-317139 JP (claims, examples)
【0012】 [0012]
【特許文献6】 [Patent Document 6]
特開2003−55449号公報 (特許請求の範囲、実施例) JP 2003-55449 JP (claims, examples)
【0013】 [0013]
【特許文献7】 [Patent Document 7]
特開平9−31186号公報 (実施例) JP-9-31186 discloses (Example)
【0014】 [0014]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明は、上記課題を鑑みてなされたものであり、その目的は、様々な印字環境下においても、皺の発生無く、文字品質に優れ色混じりの発生がない、高精細な画像を非常に安定に記録することができる活性光線硬化型インクジェットインク組成物と、それを用いた画像形成方法及びインクジェット記録装置を提供することにある。 The present invention has been made in view of the above problems, even under various printing environments, wrinkles without no occurrence of color mixing excellent character quality, very high-definition image and active ray curable ink-jet ink composition can be stably recorded is to provide an image forming method and an ink jet recording apparatus using the same.
【0015】 [0015]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明の上記目的は、以下の構成によって達成された。 The above object of the present invention has been achieved by the following configuration.
【0016】 [0016]
1. 1. 光重合性化合物としてオキセタン環を有する化合物を5〜30質量%含有し、かつ、フッ素系ノニオン活性剤を含有することを特徴とする活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 The compound having an oxetane ring as a photopolymerizable compound containing 5 to 30 mass%, and active ray curable ink-jet ink composition characterized by containing a fluorine-based nonionic active agent.
【0017】 [0017]
2. 2. 更に塩基性化合物を含有することを特徴とする前記1に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 Actinic radiation curable inkjet ink composition according to the 1, characterized in that further contains a basic compound.
【0018】 [0018]
3. 3. 光重合性化合物として、更にオキシラン基を有する化合物を含有することを特徴とする前記1または2に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 As the photopolymerizable compound, the one or actinic radiation curable inkjet ink composition according to 2, characterized in that it contains a compound further having an oxirane group.
【0019】 [0019]
4. 4. 光重合性化合物として、更にエチレン性不飽和二重結合を有する化合物を5〜45質量%含有することを特徴とする前記1〜3のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 As the photopolymerizable compound, further ethylenically unsaturated double bond with a compound of the active radiation curable ink jet ink composition according to any one of the 1 to 3, characterized in that it contains 5 to 45 wt% .
【0020】 [0020]
5.25℃における粘度が7〜50mPa・sであることを特徴とする前記1〜4のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 Actinic radiation curable ink-jet ink composition according to any one of the above 1 to 4, wherein the viscosity at 5.25 ° C. is 7~50mPa · s.
【0021】 [0021]
6. 6. インクジェット記録ヘッドより、前記1〜5のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物を記録材料上に噴射して該記録材料上に画像を形成し、画像形成後、0.001〜1.0秒の間に活性光線を照射することを特徴とする画像形成方法。 Ink-jet recording head, the injection to form an image on the recording material of the active radiation curable ink jet ink composition according to any one of the 1-5 on a recording material after image formation, 0.001 image forming method characterized by irradiating active rays during 1.0 seconds.
【0022】 [0022]
7. 7. 前記6記載の画像形成方法で画像形成した後の総インク膜厚が、2〜20μmであることを特徴とする画像形成方法。 Total ink film thickness after image formation in the image forming method of the sixth aspect is an image forming method which is a 2 to 20 [mu] m.
【0023】 [0023]
8. 8. インクジェット記録ヘッドより、前記1〜5のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物を記録材料上に噴射して該記録材料上に画像を形成する際、該インクジェット記録ヘッドの各ノズルより吐出するインク液滴量が、2〜15plであることを特徴とする画像形成方法。 Ink-jet recording head, when said that by spraying onto the recording material of the active radiation curable ink jet ink composition according to any one of 1 to 5 to form an image on the recording material, each of said ink jet recording head amount of ink droplets to be ejected from the nozzles, an image forming method which is a 2~15Pl.
【0024】 [0024]
9. 9. インクジェット記録ヘッドより、前記1〜5のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物を記録材料上に噴射して該記録材料上に画像を形成する際、ラインヘッド方式のインクジェット記録ヘッドより噴射して画像を形成することを特徴とする画像形成方法。 Ink-jet recording head, when said that by spraying onto the recording material of the active radiation curable ink jet ink composition according to any one of 1 to 5 to form an image on the recording material, the ink jet recording of the line head type image forming method and forming an image by ejecting from the head.
【0025】 [0025]
10. 10. 前記6〜9のいずれか1項に記載の画像形成方法に用いられるインクジェット記録装置が、活性光線硬化型インクジェットインク組成物及びインクジェット記録ヘッドを35〜100℃に加熱した後、該活性光線硬化型インクジェットインク組成物を吐出する手段を有することを特徴とするインクジェット記録装置。 The inkjet recording apparatus used in the image forming method according to any one of 6 to 9, after heating the actinic radiation curable ink-jet ink composition and an ink jet recording head 35 to 100 ° C., the active ray curable an ink jet recording apparatus characterized by comprising means for ejecting the inkjet ink composition.
【0026】 [0026]
本発明を更に詳しく説明する。 The present invention will be described in more detail. 本発明者は、活性光線硬化型インクジェットインク組成物において、光重合性化合物としてオキセタン環を有する化合物を5〜30質量%含有し、かつ、フッ素系ノニオン活性剤を含有することにより、飛躍的に吐出安定性および硬化性が改良され、硬化環境(温度、湿度)によらず硬化収縮による皺の発生のない良好な硬化性、良好な吐出安定性が得られることを見出し、本発明に至った次第である。 The present inventors, in the active ray-curable inkjet ink composition, a compound having an oxetane ring as a photopolymerizable compound containing 5 to 30 wt%, and, by containing a fluorine-based nonionic active agents, dramatically discharging an improved stability and curability, a curing environment (temperature, humidity) without wrinkles caused by curing shrinkage irrespective of the good curability, it found that good ejection stability can be obtained, leading to the present invention it is up to. 特開2003−55449号にも、オキセタン環を有する化合物を少量用いた活性エネルギー線硬化型組成物が紹介されているが、この構成だけでは不十分であり、吐出安定性が要求されるインクジェットインクとして用いることはできない。 Also JP 2003-55449, the ink-jet ink is an active energy ray curable composition of the compound was used a small amount having an oxetane ring is introduced, only the configuration is not sufficient, the discharge stability is required can not be used as. また、特開平9−31186号も同様で、ここで紹介されている構成では、インクジェットインクとして用いることはできない。 Further, the same applies JP 9-31186, in the configuration that is presented here can not be used as an inkjet ink.
【0027】 [0027]
更に塩基性化合物を用いることで、インクジェット記録をする上で重要な特性とされる吐出安定性が非常に良好となり、特に光重合性化合物としてオキセタン環を有する化合物を5〜30質量%含有する系において効果的で、再現性よく高画質な画像を形成することができる。 Furthermore, by using a basic compound, system discharge stability is an important property in terms of the ink jet recording is very good, containing in particular 5 to 30% by weight of compounds having an oxetane ring as the photopolymerizable compound in effective, it can be formed with good reproducibility high-quality image.
【0028】 [0028]
また、エチレン性不飽和二重結合を有する化合物を5〜45質量%含有することで、インクが記録材料上に着弾した後のドット径の制御が容易にでき、高画質な画像を形成することが可能となる。 Further, a compound having an ethylenically unsaturated double bond that contains 5-45% by weight, can be easily controlled in dot diameter after the ink has landed on a recording material, to form a high quality image it is possible.
【0029】 [0029]
本発明においては、光重合性化合物としてオキセタン環を有する化合物を5〜30質量%含有する。 In the present invention, a compound having an oxetane ring containing 5 to 30 mass% as the photopolymerizable compound. 30質量%を超えると、硬化環境(温度、湿度)の影響を受け易くなり、吐出安定性、高画質画像形成の再現性が著しく低下する。 When it exceeds 30 wt%, the curing environment (temperature, humidity) becomes susceptible to ejection stability, reproducibility of high-quality image formation significantly reduced. 好ましくは25質量%以下である。 Preferably 25 mass% or less.
【0030】 [0030]
本発明で用いることのできるオキセタン化合物としては、特開2001−220526号、同2001−310937号に紹介されているような公知のあらゆるオキセタン化合物を使用できる。 The oxetane compound that can be used in the present invention, JP 2001-220526, any known oxetane compounds as introduced in JP 2001-310937 may be used.
【0031】 [0031]
本発明の活性光線硬化型インクジェットインクは、フッ素系ノニオン界面活性剤を含有する。 Active ray curable ink-jet ink of the present invention contains a fluorine-based nonionic surfactant. 本発明のようにオキセタン環を有する化合物を少量用いる場合には、特に有効であり、高画質な画像を形成するためには欠くことはできない。 When using a small amount of a compound having an oxetane ring as in the present invention is particularly effective, it can not be essential in order to form a high quality image.
【0032】 [0032]
本発明で使用されるフッ素系ノニオン界面活性剤としては、パーフルオロアルキルエチレンオキシド付加物、パーフルオロアルキルアミンオキシド、パーフルオロアルキル含有オリゴマー、具体的には例えば、「サーフロン(SURFLON)S−141」、「サーフロンS−145」、「サーフロンS−381」、「サーフロンS−383」、「サーフロンS−393」、「サーフロンSC−101」、「サーフロンSC−105」、「サーフロンKH−40」、「サーフロンSA−100」(以上、セイミケミカル(株)の製品)、「メガファックF−171」、「メガファックF−172」、「メガファックF−173」、「メガファックF−177」、「メガファックF−178A」、「メガファックF−178K」、「メガファッ The fluorine-based nonionic surfactant used in the present invention, perfluoroalkyl ethylene oxide adducts, perfluoroalkyl amine oxides, perfluoroalkyl-containing oligomers, specifically, for example, "Surflon (SURFLON) S-141", "Surflon S-145", "Surflon S-381", "Sarfron S-383", "Sarfron S-393", "Sarfron SC-101", "Sarfron SC-105", "Surflon KH-40", " Sarfron SA-100 "(or more, the product of Seimi Chemical Co., Ltd.)," Megafac F-171 "," Megafac F-172 "," Megafac F-173 "," Megafac F-177 "," Megafac F-178A "," Megafac F-178K "," Megafa' F−179」、「メガファックF−183」、「メガファックF−184」、「メガファックF−815」、「メガファックF−470」、「メガファックF−471」、「メガファックF−1405」、「メガファックEXP.TF−907」(以上、大日本インキ化学工業(株)の製品)等が例示できる。 F-179 "," Megafac F-183 "," Megafac F-184 "," Megafac F-815 "," Megafac F-470 "," Megafac F-471 "," Megafac F- 1405 "," Megafac EXP.TF-907 "(or, the product of Dainippon Ink & Chemicals Inc.) and the like. (参考文献;「13700の化学商品」、p1239−p1242、化学工業日報社(2000))該フッ素系ノニオン界面活性剤は単独でも、もしくは2種類以上の混合物であってもよい。 (Reference: "13700 Chemical Products", p1239-p1242, The Chemical Daily Co., Ltd. (2000)) The fluorine-based nonionic surfactant alone, or may be a mixture of two or more.
【0033】 [0033]
該フッ素系ノニオン界面活性剤は、インク組成物中に好ましくは20〜50,000ppm配合されるのが望ましい。 The fluorine-based nonionic surfactant is preferably in the ink composition desirably is 20~50,000ppm blended. さらに好ましくは、50〜20,000ppm配合することが推奨される。 More preferably, it is recommended to 50~20,000ppm blended. 配合量が20ppm未満の場合には、十分な吐出安定性・良好な硬化性が得られないことがある。 If the amount is less than 20ppm may be sufficient ejection stability and good curability can not be obtained. また、配合量が50,000ppmを超えて配合される場合には、インクの硬化性を阻害してしまう恐れがある。 Also, if the amount to be compounded beyond 50,000ppm, there is a fear that inhibits the curing of the ink.
【0034】 [0034]
本発明では、塩基性化合物が好ましく用いられる。 In the present invention, the basic compound is preferably used. 塩基性化合物を含有することで、吐出安定性が良好となるばかりでなく、低湿下においても硬化収縮による皺の発生が抑制される。 By containing the basic compound, not only the discharge stability becomes satisfactory, the generation of wrinkles due to curing shrinkage even under low humidity is suppressed.
【0035】 [0035]
塩基性化合物としては、公知のあらゆるものを用いることができるが、代表的なものとして、塩基性アルカリ金属化合物、塩基性アルカリ土類金属化合物、アミンなどの塩基性有機化合物などが挙げられる。 The basic compound can be used any known ones, as a typical, basic alkali metal compounds, basic alkaline earth metal compound, and a basic organic compound such as an amine.
【0036】 [0036]
前記の塩基性アルカリ金属化合物としては、アルカリ金属の水酸化物(水酸化リチウム、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等)、アルカリ金属の炭酸塩(炭酸リチウム、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム等)、アルカリ金属のアルコラート(ナトリウムメトキシド、ナトリウムエトキシド、カリウムメトキシド、カリウムエトキシド等)が挙げられる。 As the basic alkali metal compounds, alkali metal hydroxides (lithium hydroxide, sodium hydroxide, potassium hydroxide, etc.), alkali metal carbonates (lithium carbonate, sodium carbonate, potassium carbonate, etc.), alkali metal alcoholates (sodium methoxide, sodium ethoxide, potassium methoxide, potassium ethoxide, etc.).
【0037】 [0037]
前記の塩基性アルカリ土類金属化合物としては、同様に、アルカリ土類金属の水酸化物(水酸化マグネシウム、水酸化カルシウム等)、アルカリ金属の炭酸塩(炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム等)、アルカリ金属のアルコラート(マグネシウムメトキシド等)が挙げられる。 As the basic alkaline earth metal compound, similarly, alkaline earth metal (magnesium hydroxide, calcium hydroxide, etc.), alkali metal carbonates (magnesium carbonate, calcium carbonate, etc.), alkali metal like alcoholates (magnesium methoxide, etc.) of.
【0038】 [0038]
塩基性有機化合物としては、アミンならびにキノリンおよびキノリジンなど含窒素複素環化合物などが挙げられるが、これらの中でも、光重合成モノマーとの相溶性の面からアミンが好ましく、例えば、オクチルアミン、ナフチルアミン、キシレンジアミン、ジベンジルアミン、ジフェニルアミン、ジブチルアミン、ジオクチルアミン、ジメチルアニリン、キヌクリジン、トリブチルアミン、トリオクチルアミン、テトラメチルエチレンジアミン、テトラメチル−1,6−ヘキサメチレンジアミン、ヘキサメチレンテトラミンおよびトリエタノールアミンなどが挙げられる。 As the basic organic compound, an amine and quinoline and quinolizine and a nitrogen-containing heterocyclic compound and the like, among these, the amine from the viewpoint of compatibility with the photopolymerizable synthetic monomer preferably, for example, octylamine, naphthylamine, xylene diamine, dibenzylamine, diphenylamine, dibutylamine, dioctylamine, dimethylaniline, quinuclidine, tributylamine, trioctylamine, tetramethylethylenediamine, tetramethyl-1,6-hexamethylenediamine, hexamethylenetetramine, and triethanolamine, etc. and the like.
【0039】 [0039]
塩基性化合物を存在させる際のその濃度は、光重合性モノマーの総量に対して10〜1000質量ppm、特に20〜500質量ppmの範囲であることが好ましい。 Its concentration when the presence of a basic compound, 10 to 1000 ppm by weight based on the total amount of the photopolymerizable monomer is preferably in the range of particularly 20 to 500 ppm by weight. なお、塩基性化合物は単独で使用しても複数を併用して使用してもよい。 The basic compound may be used in combination of plural be used alone.
【0040】 [0040]
また、本発明においては、更なる硬化性及び吐出安定性の向上のために、少なくとも1種のオキシラン基を有する化合物を含有することが好ましい。 In the present invention, in order to improve further curability and ejection stability, it preferably contains a compound having at least one oxirane group.
【0041】 [0041]
光カチオン重合性モノマーとしては各種公知のカチオン重合性のモノマーが使用出来る。 Various known cationic polymerizable monomers can be used as the cationic photopolymerizable monomer. 例えば、特開平6−9714号、特開2001−31892号、特開2001−40068号、特開2001−55507号、特開2001−310938号、特開2001−310937号、特開2001−220526号に例示されているエポキシ化合物、ビニルエーテル化合物、オキセタン化合物などが挙げられる。 For example, epoxy compounds, JP 2001-31892, JP 2001-40068, JP 2001-55507, JP 2001-310938, JP 2001-310937, JP 2001-220526 epoxy compounds exemplified in, vinyl ether compounds, and oxetane compounds.
【0042】 [0042]
エポキシ化合物には、以下の芳香族エポキシド、脂環式エポキシド及び脂肪族エポキシド等が挙げられる。 The epoxy compounds, the following aromatic epoxides, alicyclic epoxides and aliphatic epoxides and the like.
【0043】 [0043]
芳香族エポキシドとして好ましいものは、少なくとも1個の芳香族核を有する多価フェノール或いはそのアルキレンオキサイド付加体とエピクロルヒドリンとの反応によって製造されるジ又はポリグリシジルエーテルであり、例えばビスフェノールA或いはそのアルキレンオキサイド付加体のジ又はポリグリシジルエーテル、水素添加ビスフェノールA或いはそのアルキレンオキサイド付加体のジ又はポリグリシジルエーテル、並びにノボラック型エポキシ樹脂等が挙げられる。 Preferable aromatic epoxides are polyhydric phenols or di- or polyglycidyl ethers prepared by the reaction of an alkylene oxide adduct thereof with epichlorohydrin with at least one aromatic nucleus, such as bisphenol A or an alkylene oxide di- or polyglycidyl ethers of adducts, di- or polyglycidyl ethers of hydrogenated bisphenol a or an alkylene oxide adduct thereof, novolak epoxy resins. ここでアルキレンオキサイドとしては、エチレンオキサイド及びプロピレンオキサイド等が挙げられる。 Examples of the alkylene oxide, ethylene oxide and propylene oxide.
【0044】 [0044]
脂環式エポキシドとしては、少なくとも1個のシクロへキセン又はシクロペンテン環等のシクロアルカン環を有する化合物を、過酸化水素、過酸等の適当な酸化剤でエポキシ化することによって得られる、シクロヘキセンオキサイド又はシクロペンテンオキサイド含有化合物が好ましい。 The alicyclic epoxide, a compound having a cycloalkane ring such as at least one cyclohexene or cyclopentene ring cycloheteroalkyl, hydrogen peroxide, obtained by epoxidation with a suitable oxidizing agent such as peracetic acid, cyclohexene oxide or cyclopentene oxide-containing compounds are preferred.
【0045】 [0045]
脂肪族エポキシドの好ましいものとしては、脂肪族多価アルコール或いはそのアルキレンオキサイド付加体のジ又はポリグリシジルエーテル等があり、その代表例としては、エチレングリコールのジグリシジルエーテル、プロピレングリコールのジグリシジルエーテル又は1,6−ヘキサンジオールのジグリシジルエーテル等のアルキレングリコールのジグリシジルエーテル、グリセリン或いはそのアルキレンオキサイド付加体のジ又はトリグリシジルエーテル等の多価アルコールのポリグリシジルエーテル、ポリエチレングリコール或いはそのアルキレンオキサイド付加体のジグリシジルエーテル、ポリプロピレングリコール或いはそのアルキレンオキサイド付加体のジグリシジルエーテル等のポリアルキレングリコールのジグリシジルエ Preferable aliphatic epoxides include di- or polyglycidyl ethers of aliphatic polyhydric alcohols or alkylene oxide adducts thereof, and representative examples thereof include diglycidyl ethers of ethylene glycol, diglycidyl ether of propylene glycol or diglycidyl ethers of alkylene glycol such as diglycidyl ether of 1,6-hexanediol, glycerol or polyglycidyl ethers of polyhydric alcohols di- or tri-glycidyl ether of alkylene oxide adduct thereof, polyethylene glycol or an alkylene oxide adduct thereof diglycidyl the diglycidyl ether, polypropylene glycol or polyalkylene glycol diglycidyl ethers of alkylene oxide adducts thereof テル等が挙げられる。 Tel and the like. ここでアルキレンオキサイドとしては、エチレンオキサイド及びプロピレンオキサイド等が挙げられる。 Examples of the alkylene oxide, ethylene oxide and propylene oxide.
【0046】 [0046]
これらのエポキシドのうち、速硬化性を考慮すると、芳香族エポキシド及び脂環式エポキシドが好ましく、特に脂環式エポキシドが好ましい。 Among these epoxides, considering quick curability, aromatic epoxides and alicyclic epoxides are preferable, and alicyclic epoxides are particularly preferable. 本発明では、上記エポキシドの1種を単独で使用してもよいが、2種以上を適宜組み合わせて使用してもよい。 In the present invention, it may be used alone one of the above epoxides may be used in combination of two or more kinds thereof.
【0047】 [0047]
また、本発明においてはAMES及び感作性などの安全性の観点から、オキシラン基を有するエポキシ化合物としては、エポキシ化脂肪酸エステル、エポキシ化脂肪酸グリセライドの少なくとも一方であることが特に好ましい。 From the viewpoint of safety such as AMES and sensitization in the present invention, the epoxy compound having an oxirane group, epoxidized fatty acid esters, and particularly preferably at least one epoxidized fatty acid glyceride.
【0048】 [0048]
エポキシ化脂肪酸エステル、エポキシ化脂肪酸グリセライドは、脂肪酸エステル、脂肪酸グリセライドにエポキシ基を導入したものであれば、特に制限はなく用いられる。 Epoxidized fatty acid esters, epoxidized fatty acid glyceride may be any one obtained by introducing a fatty acid ester, epoxy group fatty acid glyceride used without particular limitation.
【0049】 [0049]
エポキシ化脂肪酸エステルとしては、オレイン酸エステルをエポキシ化して製造されたもので、エポキシステアリン酸メチル、エポキシステアリン酸ブチル、エポキシステアリン酸オクチル等が用いられる。 The epoxidized fatty acid esters, those prepared by epoxidizing oleic acid ester, epoxy stearic acid methyl, butyl epoxy stearate, octyl epoxy stearate and the like are used. また、エポキシ化脂肪酸グリセライドは、同様に、大豆油、アマニ油、ヒマシ油等をエポキシ化して製造されたもので、エポキシ化大豆油、エポキシ化アマニ油、エポキシ化ヒマシ油等が用いられる。 Further, epoxidized fatty acid glycerides, likewise, soybean oil, linseed oil, in which the castor oil produced by epoxidizing, epoxidized soybean oil, epoxidized linseed oil, epoxidized castor oil or the like is used.
【0050】 [0050]
本発明においては、更なる硬化性及び吐出安定性の向上のために、光重合性化合物としてエチレン性不飽和二重結合を有する化合物を5〜45質量%含有することが好ましい。 In the present invention, in order to improve further curability and ejection stability, a compound having an ethylenically unsaturated double bond as the photopolymerizable compound preferably contains 5 to 45 wt%. 好ましくは35質%以下である。 Preferably 35 quality% or less. 45質量%を超えると、記録材料への密着性が不十分で問題となる。 When it exceeds 45 wt%, adhesion to the recording material is insufficient problem.
【0051】 [0051]
エチレン性不飽和二重結合を有する化合物としては、各種(メタ)アクリレートモノマーが使用出来る。 Examples of the compound having an ethylenically unsaturated double bond, various (meth) acrylate monomers can be used.
【0052】 [0052]
例えば、イソアミルアクリレート、ステアリルアクリレート、ラウリルアクリレート、オクチルアクリレート、デシルアクリレート、イソミルスチルアクリレート、イソステアリルアクリレート、2−エチルヘキシル−ジグリコールアクリレート、2−ヒドロキシブチルアクリレート、2−アクリロイロキシエチルヘキサヒドロフタル酸、ブトキシエチルアクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、メトキシジエチレングリコールアクリレート、メトキシポリエチレングリコールアクリレート、メトキシプロピレングリコールアクリレート、フェノキシエチルアクリレート、テトラヒドロフルフリルアクリレート、イソボルニルアクリレート、2−ヒドロキシエチルアクリレート、2−ヒドロキシプロピルアクリレート、2 For example, isoamyl acrylate, stearyl acrylate, lauryl acrylate, octyl acrylate, decyl acrylate, iso-mill acrylate, isostearyl acrylate, 2-ethylhexyl - diglycol acrylate, 2-hydroxybutyl acrylate, 2-acryloyloxyethyl hexahydrophthalic acid , butoxyethyl acrylate, ethoxy diethylene glycol acrylate, methoxy diethylene glycol acrylate, methoxy polyethylene glycol acrylate, methoxy propylene glycol acrylate, phenoxyethyl acrylate, tetrahydrofurfuryl acrylate, isobornyl acrylate, 2-hydroxyethyl acrylate, 2-hydroxypropyl acrylate, 2 ヒドロキシ−3−フェノキシプロピルアクリレート、2−アクリロイロキシエチルコハク酸、2−アクリロイロキシエチルフタル酸、2−アクリロイロキシエチル−2−ヒドロキシエチル−フタル酸、ラクトン変性可とう性アクリレート、t−ブチルシクロヘキシルアクリレート等の単官能モノマー、トリエチレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、トリプロピレングリコールジアクリレート、ポリプロピレングリコールジアクリレート、1,4−ブタンジオールジアクリレート、1,6−ヘキサンジオールジアクリレート、1,9−ノナンジオールジアクリレート、ネオペンチルグリコールジアクリレート、ジメチロール−トリシクロデカンジアクリレート Hydroxy-3-phenoxypropyl acrylate, 2-acryloyloxyethyl succinate, 2-acryloyloxyethyl phthalate, 2-acryloyloxyethyl-2-hydroxyethyl - phthalic acid, lactone modified flexible acrylate, t- monofunctional monomers such as butyl cyclohexyl acrylate, triethylene glycol diacrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol diacrylate, tripropylene glycol diacrylate, polypropylene glycol diacrylate, 1,4-butanediol diacrylate, 1,6 hexanediol diacrylate, 1,9-nonanediol diacrylate, neopentyl glycol diacrylate, dimethylol - diacrylate ビスフェノールAのEO付加物ジアクリレート、ビスフェノールAのPO付加物ジアクリレート、ヒドロキシピバリン酸ネオペンチルグリコールジアクリレート、ポリテトラメチレングリコールジアクリレート等の2官能モノマー、トリメチロールプロパントリアクリレート、EO変性トリメチロールプロパントリアクリレート、ペンタエリスリトールトリアクリレート、ペンタエリスリトールテトラアクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラアクリレート、グリセリンプロポキシトリアクリレート、カプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、ペンタエリスリトールエトキシテトラアクリレート、カプロラクタム変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート等の EO adduct diacrylate of bisphenol A, PO adduct diacrylate of bisphenol A, hydroxypivalic acid neopentyl glycol diacrylate, difunctional monomers such as polytetramethylene glycol diacrylate, trimethylolpropane triacrylate, EO modified trimethylolpropane triacrylate, pentaerythritol triacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, dipentaerythritol hexaacrylate, ditrimethylolpropane tetraacrylate, glycerol propoxy triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, caprolactam modified dipentaerythritol hexa acrylate, etc. 三官能以上の多官能モノマーが挙げられる。 Trifunctional or higher polyfunctional monomer.
【0053】 [0053]
この他、重合性のオリゴマー類も、モノマー同様に配合可能である。 In addition, polymerizable oligomers can also be monomeric as well blended. 重合性オリゴマーとしては、エポキシアクリレート、脂肪族ウレタンアクリレート、芳香族ウレタンアクリレート、ポリエステルアクリレート、直鎖アクリルオリゴマー等が挙げられる。 The polymerizable oligomer, epoxy acrylate, aliphatic urethane acrylates, aromatic urethane acrylates, polyester acrylates, and straight chain acrylic oligomer.
【0054】 [0054]
なお、感作性、皮膚刺激性、眼刺激性、変異原性、毒性などの観点から、上記モノマーの中でも特に、イソアミルアクリレート、ステアリルアクリレート、ラウリルアクリレート、オクチルアクリレート、デシルアクリレート、イソミルスチルアクリレート、イソステアリルアクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、メトキシポリエチレングリコールアクリレート、メトキシプロピレングリコールアクリレート、イソボルニルアクリレート、ラクトン変性可とう性アクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、ポリプロピレングリコールジアクリレート、EO変性トリメチロールプロパントリアクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート、ジトリメチ Incidentally, sensitization, skin irritation, eye irritation, mutagenicity, from the viewpoint of toxicity, especially among the above monomers, isoamyl acrylate, stearyl acrylate, lauryl acrylate, octyl acrylate, decyl acrylate, iso-mill still acrylate, isostearyl acrylate, ethoxy diethylene glycol acrylate, methoxy polyethylene glycol acrylate, methoxy propylene glycol acrylate, isobornyl acrylate, lactone-modified flexible acrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol diacrylate, polypropylene glycol di acrylate, EO-modified trimethylol propane triacrylate, dipentaerythritol hexaacrylate, Jitorimechi ールプロパンテトラアクリレート、グリセリンプロポキシトリアクリレート、カプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、ペンタエリスリトールエトキシテトラアクリレート、カプロラクタム変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレートが好ましい。 Lumpur propane tetraacrylate, glycerol propoxy triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, caprolactam modified dipentaerythritol hexaacrylate preferred.
【0055】 [0055]
更にこの中でも、ステアリルアクリレート、ラウリルアクリレート、イソステアリルアクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、イソボルニルアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、EO変性トリメチロールプロパントリアクリレート、グリセリンプロポキシトリアクリレート、カプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、カプロラクタム変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレートが特に好ましい。 Moreover Among them, stearyl acrylate, lauryl acrylate, isostearyl acrylate, ethoxy diethylene glycol acrylate, isobornyl acrylate, tetraethylene glycol diacrylate, EO-modified trimethylolpropane triacrylate, glycerol propoxy triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, caprolactam modified dipentaerythritol hexaacrylate is particularly preferred.
【0056】 [0056]
本発明の活性光線硬化型インクには、公知のあらゆる光酸発生剤を用いることができる。 The active ray curable ink of the present invention can be used any known photoacid generator.
【0057】 [0057]
光酸発生剤としては、例えば、化学増幅型フォトレジストや光カチオン重合に利用される化合物が用いられる(有機エレクトロニクス材料研究会編、「イメージング用有機材料」、ぶんしん出版(1993年)、187〜192ページ参照)。 As the photo acid generator, for example, chemically amplified photoresists and compounds used in cationic photopolymerization are used (Organic electronics material seminar "Organic material for imaging" from Bunshin publishing house (1993), 187 reference to 192 pages). 本発明に好適な化合物の例を以下に挙げる。 Examples of suitable compounds of the present invention are listed below.
【0058】 [0058]
第1に、ジアゾニウム、アンモニウム、ヨードニウム、スルホニウム、ホスホニウムなどの芳香族オニウム化合物のB(C 、PF 、AsF 、SbF 、CF SO 塩を挙げることができる。 First, diazonium, ammonium, iodonium, sulfonium, aromatic onium compounds such as phosphonium B (C 6 F 5) 4 -, PF 6 -, AsF 6 -, SbF 6 -, CF 3 SO 3 - and salts be able to.
【0059】 [0059]
本発明で用いることのできるオニウム化合物の具体的な例を、以下に示す。 Specific examples of onium compounds usable in the present invention are shown below.
【0060】 [0060]
【化1】 [Formula 1]
【0061】 [0061]
第2に、スルホン酸を発生するスルホン化物を挙げることができ、その具体的な化合物を、以下に例示する。 Second, there may be mentioned sulfonated materials that generate a sulfonic acid, the specific compound is illustrated below.
【0062】 [0062]
【化2】 ## STR2 ##
【0063】 [0063]
第3に、ハロゲン化水素を光発生するハロゲン化物も用いることができ、以下にその具体的な化合物を例示する。 Thirdly, halides that photogenerate a hydrogen halide can also be used, for example the specific compound shown below.
【0064】 [0064]
【化3】 [Formula 3]
【0065】 [0065]
第4に、鉄アレン錯体を挙げることができる。 Fourth, mention may be made of iron allene complex.
【0066】 [0066]
【化4】 [Of 4]
【0067】 [0067]
本発明の活性光線硬化型インクは、上述の活性光線硬化型組成物と共に、各種公知の染料及び/または顔料を含有しているが、好ましくは顔料を含有する。 Active ray curable ink of the present invention, along with the active ray-curable composition described above, containing various known dyes and / or pigments, preferably contains a pigment.
【0068】 [0068]
本発明で好ましく用いることのできる顔料を、以下に列挙する。 The pigments which can be preferably used in the present invention are listed below.
C. C. I Pigment Yellow−1、3、12、13、14、17、81、83、87、95、109、42、 I Pigment Yellow-1,3,12,13,14,17,81,83,87,95,109,42,
C. C. I Pigment Orange−16、36、38、 I Pigment Orange-16,36,38,
C. C. I Pigment Red−5、22、38、48:1、48:2、48:4、49:1、53:1、57:1、63:1、144、146、185、101、 I Pigment Red-5,22,38,48: 1,48: 2,48: 4,49: 1,53: 1,57: 1,63: 1,144,146,185,101,
C. C. I Pigment Violet−19、23、 I Pigment Violet-19,23,
C. C. I Pigment Blue−15:1、15:3、15:4、18、60、27、29、 I Pigment Blue-15: 1,15: 3,15: 4,18,60,27,29,
C. C. I Pigment Green−7、36、 I Pigment Green-7,36,
C. C. I Pigment White−6、18、21、 I Pigment White-6,18,21,
C. C. I Pigment Black−7、 I Pigment Black-7,
また、本発明において、プラスチックフィルムのような透明基材での色の隠蔽性を上げる為に、白インクを用いることが好ましい。 Further, in the present invention, in order to increase the color hiding of a transparent substrate such as a plastic film, it is preferable to use a white ink. 特に、軟包装印刷、ラベル印刷においては、白インクを用いることが好ましいが、吐出量が多くなるため、前述した吐出安定性、記録材料のカール・皺の発生の観点から、自ずと使用量に関しては制限がある。 In particular, flexible packaging printing, in label printing, it is preferable to use a white ink, since the ejection amount is increased, the ejection stability as described above, from the viewpoint of the occurrence of curling and wrinkles of the recording material, with respect to naturally usage There is a limit.
【0069】 [0069]
上記顔料の分散には、例えば、ボールミル、サンドミル、アトライター、ロールミル、アジテータ、ヘンシェルミキサ、コロイドミル、超音波ホモジナイザー、パールミル、湿式ジェットミル、ペイントシェーカー等を用いることができる。 The dispersion of the pigment, for example, can be used a ball mill, sand mill, attritor, roll mill, agitator, Henschel mixer, colloid mill, ultrasonic homogenizer, pearl mill, wet jet mill, a paint shaker. また、顔料の分散を行う際に、分散剤を添加することも可能である。 Further, when dispersing a pigment, it is also possible to add a dispersant. 分散剤としては、高分子分散剤を用いることが好ましく、高分子分散剤としてはAvecia社のSolsperseシリーズや、味の素ファインテクノ社のPBシリーズが挙げられる。 The dispersant, it is preferable to use a polymeric dispersant, the polymer dispersant by Avecia Solsperse Series and include Ajinomoto Fine-Techno Co. PB series. また、分散助剤として、各種顔料に応じたシナージストを用いることも可能である。 Further, as a dispersion adjuvant, it is also possible to use a synergist suitable for the pigment. これらの分散剤および分散助剤は、顔料100質量部に対し、1〜50質量部添加することが好ましい。 These dispersants and dispersion aids, 100 parts by weight of the pigment are preferably added with respect to 1 to 50 parts by weight. 分散媒体は、溶剤または重合性化合物を用いて行うが、本発明に用いる照射線硬化型インクでは、インク着弾直後に反応・硬化させるため、無溶剤であることが好ましい。 Dispersion medium is carried out using a solvent or a polymerizable compound, a radiation curable ink used in the present invention, for reacting and curing immediately after ink deposition, it is preferable not to use a solvent. 溶剤が硬化画像に残ってしまうと、耐溶剤性の劣化、残留する溶剤のVOCの問題が生じる。 When a solvent remains in a cured image, solvent resistance deterioration, the VOC of the solvent remaining problems. よって、分散媒体は溶剤では無く重合性化合物、その中でも最も粘度の低いモノマーを選択することが分散適性上好ましい。 Therefore, no polymerizable compound in the dispersion medium is a solvent, it is preferable in terms of dispersion suitability to select a monomer having the lowest viscosity among them.
【0070】 [0070]
顔料の分散は、顔料粒子の平均粒径を0.08〜0.5μmとすることが好ましく、最大粒径は0.3〜10μm、好ましくは0.3〜3μmとなるよう、顔料、分散剤、分散媒体の選定、分散条件、ろ過条件を適宜設定する。 Dispersion of the pigment, it is preferable that the average particle size of the pigment particles and 0.08~0.5Myuemu, maximum particle size 0.3 to 10 [mu] m, so that preferably a 0.3 to 3 m, the pigment, dispersing agent , selection of the dispersing medium, dispersion conditions and filtering conditions are suitably set. この粒径管理によって、ヘッドノズルの詰まりを抑制し、インクの保存安定性、インク透明性および硬化感度を維持することができる。 By such control of particle size, clogging of a head nozzle can be suppressed, and the storage stability of the ink can be maintained ink transparency and curing sensitivity.
【0071】 [0071]
本発明に係るインクにおいては、色材濃度としては、インク全体の1質量%乃至10質量%であることが好ましい。 In the ink according to the present invention, the colorant concentration is preferably 1 wt% to 10 wt% of the entire ink.
【0072】 [0072]
本発明の活性光線硬化型インクには、上記説明した以外に様々な添加剤を用いることができる。 The active ray curable ink of the present invention, it is possible to use various additives other than those described above. 例えば、界面活性剤、レベリング添加剤、マット剤、膜物性を調整するためのポリエステル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ビニル系樹脂、アクリル系樹脂、ゴム系樹脂、ワックス類を添加することができる。 For example, it is possible to add a surfactant, a leveling additive, a matting agent, a polyester-based resin for adjusting film physical properties, polyurethane resin, vinyl resin, acrylic resin, rubber resin, or wax. また、ラジカル重合性モノマーと開始剤を組み合わせ、ラジカル・カチオンのハイブリッド型硬化インクとすることも可能である。 Also, combinations of radical polymerizable monomer and an initiator, it is also possible to hybrid type curing ink radical cation.
【0073】 [0073]
本発明のインクにおいては、25℃における粘度が7〜50mPa・sであることが、硬化環境(温度・湿度)に関係なく吐出が安定し、良好な硬化性を得るために好ましい。 In the ink of the present invention, has a viscosity at 25 ° C. is 7~50MPa · s, preferably to the discharge is stabilized regardless obtain good curability curing environment (temperature and humidity).
【0074】 [0074]
本発明で用いることのできる記録材料としては、通常の非コート紙、コート紙などの他、いわゆる軟包装に用いられる各種非吸収性のプラスチックおよびそのフィルムを用いることができ、各種プラスチックフィルムとしては、例えば、PETフィルム、OPSフィルム、OPPフィルム、ONyフィルム、PVCフィルム、PEフィルム、TACフィルムを挙げることができる。 As a recording material which can be used in the present invention, conventional non-coated paper, other such coated paper, so-called soft various non-absorbing for use in the packaging can be a plastic and a film, as various plastic films , for example, PET film, OPS film, OPP film, ONy film, PVC film, PE film, and TAC film. その他のプラスチックとしては、ポリカーボネート、アクリル樹脂、ABS、ポリアセタール、PVA、ゴム類などが使用できる。 Other plastics, polycarbonate, acrylic resin, ABS, polyacetal, PVA, and rubbers can be used. また、金属類や、ガラス類にも適用可能である。 Metals and it is also applicable to glasses.
【0075】 [0075]
これら、各種プラスチックフィルムの表面エネルギーは大きく異なり、記録材料によってインク着弾後のドット径が変わってしまうことが、従来から問題となっていた。 These, very different surface energy of various plastic films, it would change the dot diameter after ink deposition by the recording material, it has been a problem conventionally. 本発明の構成では、表面エネルギーの低いOPPフィルム、OPSフィルムや表面エネルギーの比較的大きいPETまでを含む、表面エネルギーが35〜60mN/mの広範囲の記録材料に良好な高精細な画像を形成できる。 The configuration of the present invention, low OPP film surface energy, including to a relatively large PET of OPS film or surface energy, surface energy can form a good high-definition images for a wide range of recording materials 35~60mN / m .
【0076】 [0076]
本発明において、包装の費用や生産コスト等の記録材料のコスト、プリントの作製効率、各種のサイズのプリントに対応できる等の点で、長尺(ウェブ)な記録材料を使用する方が有利である。 In the present invention, the cost of the recording material such as packaging expense and production cost, print making efficiency, in terms of such may correspond to print various sizes, it is advantageous to use a long (web) recording material is there.
【0077】 [0077]
次に、本発明の画像形成方法について説明する。 The following describes the image forming method of the present invention.
本発明の画像形成方法においては、上記のインクをインクジェット記録方式により記録材料上に吐出、描画し、次いで紫外線などの活性光線を照射してインクを硬化させる方法が好ましい。 In the image forming method of the present invention, a method of curing discharging the ink by an ink jet recording system on a recording material, to draw, then the ink is irradiated with active rays such as ultraviolet rays is preferable.
【0078】 [0078]
(インク着弾後の総インク膜厚) (Total ink film thickness after ink landing)
本発明では、記録材料上にインクが着弾し、活性光線を照射して硬化した後の総インク膜厚が2〜20μmであることが好ましい。 In the present invention, the ink is landed on the recording material, the total ink film thickness after cured by irradiation with actinic radiation is preferably 2 to 20 [mu] m. スクリーン印刷分野の活性光線硬化型インクジェット記録では、総インク膜厚が20μmを越えているのが現状であるが、記録材料が薄いプラスチック材料であることが多い軟包装印刷分野では、前述した記録材料のカール・皺の問題でだけでなく、印刷物全体のこし・質感が変わってしまうという問題が有るため、過剰な膜厚のインク吐出は好ましくない。 The actinic ray curable ink-jet recording field of screen printing, the thickness of the ink exceeds the 20μm at present, in many flexible packaging printing field that recording material is a thin plastic material, the recording material described above the well in the Karl wrinkle problem, because there is a problem of stiffness and texture of the entire printed material will change, ink discharge excessive thickness is not preferable.
【0079】 [0079]
尚、ここで「総インク膜厚」とは記録材料に描画されたインクの膜厚の最大値を意味し、単色でも、それ以外の2色重ね(2次色)、3色重ね、4色重ね(白インクベース)のインクジェット記録方式で記録を行った場合でも総インク膜厚の意味するところは同様である。 Here, means the maximum value of the film thickness of the ink drawn into the recording material is a "total ink film thickness", even a single color, superimposing two colors other than it (secondary color), laminated in three colors, four colors overlapping the meaning of the total ink film thickness even when the recording was performed by an ink jet recording method (white ink base) are similar. 尚、膜厚の測定は、断層写真による測定等、通常の方法により測定することができる。 The measurement of the film thickness can be measured, such as measurement by tomography, by conventional methods.
【0080】 [0080]
(インクの吐出条件) (Discharge conditions of ink)
インクの吐出条件としては、インクジェット記録ヘッド及び活性光線硬化型インクジェットインク組成物を35〜100℃に加熱し、吐出することが吐出安定性の点で好ましい。 The discharge condition of the ink, the ink jet recording head and active ray curable ink-jet ink composition was heated to 35 to 100 ° C., it is preferred from the viewpoint of ejection stability of discharge. 活性光線硬化型インクジェットインク組成物は、温度変動による粘度変動幅が大きく、粘度変動はそのまま液滴サイズ、液滴射出速度に大きく影響を与え、画質劣化を起こすため、インク温度を上げながらその温度を一定に保つことが必要である。 Actinic radiation curable inkjet ink composition has a large viscosity variation range due to temperature variations, as the droplet size and the viscosity variation significantly affect the droplet injection speed, to cause image deterioration, the temperature while raising the ink temperature it is necessary to keep a constant. インク温度の制御幅としては、設定温度±5℃、好ましくは設定温度±2℃、更に好ましくは設定温度±1℃である。 The control range of the ink temperature, the set temperature ± 5 ° C., preferably the set temperature ± 2 ° C., more preferably the set temperature ± 1 ° C.. 温度の測定は、公知の温度センサーを要所(例えば、インク溜、インクジェット記録ヘッド等)に設置して行う。 Measurement of the temperature is carried out by installing a known temperature sensor at important (e.g., an ink reservoir, an ink jet recording head or the like).
【0081】 [0081]
また、本発明では、各ノズルより吐出する液滴量が2〜15plであることが好ましい。 In the present invention, it is preferred droplet volume of the ink ejected from each nozzle is 2~15Pl. このような液滴量にコントロールするには、上述したインクジェット記録ヘッド及び活性光線硬化型インクジェットインク組成物の温度制御が必須要件となる。 Thus control the droplet volume, temperature control of the ink jet recording head and active ray curable ink-jet ink composition described above is essential.
【0082】 [0082]
本来、高精細画像を形成するためには、液滴量がこの範囲であることが必要であるが、この液滴量で吐出する場合、前述した吐出安定性が特に厳しくなる。 Essentially, in order to form a high definition image is the amount of the droplet is required to be in this range, if the discharges in this droplet volume, ejection stability becomes particularly severe described above. 上記のように温度制御し、本発明の活性光線硬化型インクジェットインク組成物によれば、インクの液滴量が2〜15plのような小液滴量で吐出を行っても吐出安定性は向上し、高精細画像が安定して形成出来る。 Temperature-controlled as described above, according to the actinic radiation curable ink-jet ink compositions of the present invention, is also ejection stability droplet volume performing discharge a small droplet volume such as 2~15pl ink improved and, high-definition image is stable and can be formed.
【0083】 [0083]
(インク着弾後の光照射条件) (Light irradiation condition after ink landing)
本発明の画像形成方法においては、活性光線の照射条件として、インク着弾後0.001秒〜1.0秒の間に活性光線が照射されることが好ましく、より好ましくは0.001秒〜0.5秒である。 In the image forming method of the present invention, as the irradiation conditions of the active ray, it is preferable that actinic rays between 0.001 seconds to 1.0 seconds after ink deposition is irradiated, more preferably 0.001 sec to 0 a .5 seconds. 高精細な画像を形成するためには、照射タイミングが出来るだけ早いことが特に重要となる。 To form a high-definition image, it is particularly important early as possible the irradiation timing.
【0084】 [0084]
活性光線の照射方法として、その基本的な方法が特開昭60−132767号に開示されている。 As an irradiation method of actinic rays, the basic method is disclosed in JP 60-132767. これによると、ヘッドユニットの両側に光源を設け、シャトル方式でヘッドと光源を走査する。 According to this, light sources are provided on both sides of the head unit to scan the head and the light source in a shuttle system. 照射は、インク着弾後、一定時間を置いて行われることになる。 Irradiation after ink deposition would be performed at a predetermined time. 更に、駆動を伴わない別光源によって硬化を完了させる。 Further, curing is completed by another light source that is not driven. 米国特許第6,145,979号では、照射方法として、光ファイバーを用いた方法や、コリメートされた光源をヘッドユニット側面に設けた鏡面に当て、記録部へUV光を照射する方法が開示されている。 In U.S. Patent No. 6,145,979, as an irradiation method, a method of using an optical fiber, applying a collimated light source to a mirror surface provided on a head unit side face, and a method of irradiating a UV light are disclosed to the recording unit there. 本発明の画像形成方法においては、これらの何れの照射方法も用いることが出来る。 In the image forming method of the present invention can be used any of these irradiation methods.
【0085】 [0085]
また、活性光線を照射を2段階に分け、まずインク着弾後0.001〜2.0秒の間に前述の方法で活性光線を照射し、かつ、全印字終了後、更に活性光線を照射する方法も好ましい態様の1つである。 Further, the active light divided irradiation into two steps, first irradiated with actinic rays in the manner previously described between 0.001-2.0 seconds after ink landing, and, after all the printing is completed, further irradiated with actinic rays the method is also one of the preferable embodiments. 活性光線の照射を2段階に分けることで、よりインク硬化の際に起こる記録材料の収縮を抑えることが可能となる。 By dividing actinic ray irradiation into two steps, it is possible to suppress more shrinkage of the recording material caused at the time of ink curing.
【0086】 [0086]
従来、UVインクジェット方式では、インク着弾後のドット広がり、滲みを抑制のために、光源の総消費電力が1kW・hrを超える高照度の光源が用いられるのが通常であった。 Conventionally, in a UV ink-jet method, the spread dot after ink deposition for bleeding suppression, the high intensity of the light source is used the total power consumption of the light source is more than 1 kW · hr was normal. しかしながら、これらの光源を用いると、特に、シュリンクラベルなどへの印字では、記録材料の収縮があまりにも大きく、実質上使用出来ないのが現状であった。 However, the use of these sources, particularly, in the printing on such shrink labels, shrink too large recording materials, not be substantially used was present.
【0087】 [0087]
本発明では、254nmの波長領域に最高照度をもつ活性光線を用いることが好ましく、総消費電力が1kW・hr以上の光源を用いても、高精細な画像を形成出来、且つ、記録材料の収縮も実用上許容レベル内に収められる。 In the present invention, it is preferable to use actinic rays having a maximum illuminance in the wavelength region of 254 nm, the total power consumption even with a more light sources 1 kW · hr, can form a high-definition image, and the contraction of the recording material also housed in practically acceptable levels.
【0088】 [0088]
本発明においては、更に活性光線を照射する光源の総消費電力が1kW・hr未満であることが好ましい。 In the present invention, it is preferable that the total power consumption of the light source that further irradiated with actinic rays is less than 1 kW · hr. 総消費電力が1kW・hr未満の光源の例としては、蛍光管、冷陰極管、LEDなどがあるが、これらに限定されない。 Examples of the total power consumption of less than 1 kW · hr light sources, fluorescent tubes, cold cathode tubes, LED and the like, but not limited thereto.
【0089】 [0089]
次いで、本発明のインクジェット記録装置(以下、単に記録装置という)について説明する。 Then, the ink jet recording apparatus of the present invention (hereinafter, simply referred to as recording apparatus) will be described.
【0090】 [0090]
以下、本発明の記録装置について、図面を適宜参照しながら説明する。 Hereinafter, the recording apparatus of the present invention will be described with reference to the drawings as appropriate. 尚、図面の記録装置はあくまでも本発明の記録装置の一態様であり、本発明の記録装置はこの図面に限定されない。 Note that the drawings of the recording apparatus is only an embodiment of the recording apparatus of the present invention, the recording apparatus of the present invention is not limited to this drawing.
【0091】 [0091]
図1は本発明の記録装置の要部の構成を示す正面図である。 Figure 1 is a front view showing a structure of a main portion of a recording apparatus of the present invention. 記録装置1は、ヘッドキャリッジ2、記録ヘッドセット3、照射手段4、プラテン部5、記録ヘッド31等を備えて構成される。 Recording apparatus 1, head carriage 2, recording head set 3, irradiation means 4, the platen unit 5, and includes a recording head 31 or the like. この記録装置1は、記録材料Pの下にプラテン部5が設置されている。 The recording apparatus 1, platen section 5 is arranged under recording materials P. プラテン部5は、紫外線を吸収する機能を有しており、記録材料Pを通過してきた余分な紫外線を吸収する。 Platen unit 5 has a function of absorbing ultraviolet rays, absorbs excess UV rays having passed through the recording material P. その結果、高精細な画像を非常に安定に再現できる。 As a result, very stable reproduction of high definition images.
【0092】 [0092]
記録材料Pは、ガイド部材6に案内され、搬送手段(図示せず)の作動により、図1における手前から奥の方向に移動する。 Recording material P is guided by guide member 6, by the operation of the conveying means (not shown), it moves from the front in the direction of the back in FIG. ヘッド走査手段(図示せず)は、ヘッドキャリッジ2を図1におけるY方向に往復移動させることにより、ヘッドキャリッジ2に保持された記録ヘッドセット3の走査を行なう。 Head scanning means (not shown), by reciprocating the head carriage 2 in the Y direction in FIG. 1, to scan the recording head set 3 held by the head carriage 2.
【0093】 [0093]
ヘッドキャリッジ2は記録材料Pの上側に設置され、記録材料P上の画像印刷に用いる色の数に応じて後述する記録ヘッド31を複数個、吐出口を下側に配置して収納する。 Head carriage 2 is provided on the upper side of the recording material P, and the recording head 31 to be described later plurality houses the discharge port disposed on the lower side in accordance with the number of colors used in the image printing on the recording material P. ヘッドキャリッジ2は、図1におけるY方向に往復自在な形態で記録装置1本体に対して設置されており、ヘッド走査手段の駆動により、図1におけるY方向に往復移動する。 Head carriage 2 is installed to the recording apparatus 1 main body in a reciprocating freely form the Y direction in FIG. 1, by driving the head scanning means, to reciprocate in the Y direction in FIG. 1.
【0094】 [0094]
尚、図1ではヘッドキャリッジ2がホワイト(W)、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)、ライトイエロー(Ly)、ライトマゼンタ(Lm)、ライトシアン(Lc)、ライトブラック(Lk)、ホワイト(W)の記録ヘッド31を収納するものとして描図を行なっているが、実施の際にはヘッドキャリッジ2に収納される記録ヘッド31の色数は適宜決められるものである。 The head carriage 2 in Figure 1 white (W), yellow (Y), magenta (M), cyan (C), black (K), light yellow (Ly), light magenta (Lm), light cyan (Lc) , light black (Lk), although performed 描図 as storing recording head 31 of the white (W), the number of colors of the recording head 31 housed in head carriage 2 is appropriately determined in the practice it is intended.
【0095】 [0095]
記録ヘッドセット3は、インク供給手段(図示せず)により供給された活性光線硬化型インク(例えばUV硬化インク)を、内部に複数個備えられた吐出手段(図示せず)の作動により、吐出口から記録材料Pに向けて吐出する。 Recording head set 3, by the operation of the supplied active ray curable ink (e.g. UV-curable ink), and (not shown) ejection means provided a plurality inside the ink supply means (not shown), ejection for ejecting the recording material P from the outlet. 記録ヘッド31により吐出されるUVインクは色材、重合性モノマー、開始剤等を含んで組成されており、紫外線の照射を受けることで開始剤が触媒として作用することに伴なうモノマーの架橋、重合反応によって硬化する性質を有する。 UV ink ejected by the recording head 31 is a coloring material, a polymerizable monomer, which is the composition include initiators such as, cross-linking initiator by receiving irradiation of ultraviolet rays is accompanied monomers to act as a catalyst has the property of curing by polymerization reaction.
【0096】 [0096]
記録ヘッド31は記録材料Pの一端からヘッド走査手段の駆動により、図1におけるY方向に記録材料Pの他端まで移動するという走査の間に、記録材料Pにおける一定の領域(着弾可能領域)に対してUVインクをインク滴として吐出し、該着弾可能領域にインク滴を着弾させる。 The driving of the recording head 31 at one end from the head scanning means of the recording material P, during the scanning of moving to the other end of the recording material P in the Y direction in FIG. 1, certain areas of the recording material P (landing area) against ejecting UV ink as an ink droplet, to land ink droplets on 該着 bullet region.
【0097】 [0097]
上記走査を適宜回数行ない、1領域の着弾可能領域に向けてUVインクの吐出を行なった後、搬送手段で記録材料Pを図1における手前から奥方向に適宜移動させ、再びヘッド走査手段による走査を行ないながら、記録ヘッド31により上記着弾可能領域に対し、図1における奥方向に隣接した次の着弾可能領域に対してUVインクの吐出を行なう。 No number line appropriately the scan, 1 after performing the ejection of the UV ink toward the landing area of ​​the region is moved from the front side to the back side in FIG. 1 the recording material P by the conveying means, again scanned by the head scanning means while performing, the landing area by the recording head 31 to performs ejection of the UV ink for the next landing area adjacent to the depth direction in FIG. 1.
【0098】 [0098]
上述の操作を繰り返し、ヘッド走査手段及び搬送手段と連動して記録ヘッド31からUVインクを吐出することにより、記録材料P上にUVインク滴の集合体からなる画像が形成される。 Repeating the above operations, by ejecting UV ink from the recording head 31 in conjunction with the head scanning means and conveying means, an image comprising an aggregate of UV ink droplets is formed on the recording material P.
【0099】 [0099]
照射手段4は特定の波長領域の紫外線を安定した露光エネルギーで発光する紫外線ランプ及び特定の波長の紫外線を透過するフィルターを備えて構成される。 Irradiation means 4 configured with a filter which transmits ultraviolet lamps and specific UV wavelength of light emission at a stable exposure energy ultraviolet of a specific wavelength region. ここで、紫外線ランプとしては、水銀ランプ、メタルハライドランプ、エキシマーレーザー、紫外線レーザー、冷陰極管、ブラックライト、LED(lightemitting diode)等が適用可能であり、帯状のメタルハライドランプ、冷陰極管、水銀ランプもしくはブラックライトが好ましい。 Here, the ultraviolet lamp, a mercury lamp, a metal halide lamp, an excimer laser, a UV laser, a cold cathode tube, a black light, LED (lightemitting diode) or the like is applicable, strip-shaped metal halide lamp, a cold cathode tube, a mercury lamp or black light is preferable. 特に波長254nmの紫外線を発光する低圧水銀ランプ、冷陰極管及び殺菌灯が滲み防止、ドット径制御を効率よく行なえ、好ましい。 In particular a low-pressure mercury lamp that emits ultraviolet rays having a wavelength of 254 nm, preventing bleeding CCFL and germicidal lamp, performed efficiently dot diameter control, preferred. ブラックライトを照射手段4の放射線源に用いることで、UVインクを硬化するための照射手段4を安価に作製することができる。 By using a black light as a radiation source of irradiation means 4, it is possible to inexpensively produce radiation means 4 to cure the UV ink.
【0100】 [0100]
照射手段4は、記録ヘッド31がヘッド走査手段の駆動による1回の走査によってUVインクを吐出する着弾可能領域のうち、記録装置(UVインクジェットプリンタ)1で設定できる最大のものとほぼ同じ形状か、着弾可能領域よりも大きな形状を有する。 Irradiation means 4, of the landing area where the recording head 31 ejects UV ink by one scan by driving the head scanning means, or substantially the same shape as the maximum that can be set in the recording apparatus (UV inkjet printer) 1 has a larger shape than the landing area.
【0101】 [0101]
照射手段4はヘッドキャリッジ2の両脇に、記録材料Pに対してほぼ平行に、固定して設置される。 On both sides of the irradiation means 4 head carriage 2, substantially parallel to the recording material P, it is placed fixedly.
【0102】 [0102]
前述したようにインク吐出部の照度を調整する手段としては、記録ヘッドセット3全体を遮光することはもちろんであるが、加えて照射手段4と記録材料Pの距離h1より、記録ヘッド31のインク吐出部と記録材料Pとの距離h2を大きくしたり(h1<h2)、記録ヘッドセット3と照射手段4との距離dを離したり(dを大きく)することが有効である。 As a means for adjusting the illumination intensity of the ink ejection portion as described above, but it is of course to shield the entire recording head set 3, than the distance h1 of the addition the illumination means 4 recording material P, the ink in the recording head 31 or by increasing the distance h2 between the discharge portion and the recording material P (h1 <h2), it is effective to increase distance d between recording head set 3 and irradiation means 4 (the larger d). 又、記録ヘッドセット3と照射手段4の間を蛇腹構造7にすると更に好ましい。 Further, more preferable that between the recording head set 3 and irradiation means 4 to bellows structure 7.
【0103】 [0103]
ここで、照射手段4で照射される紫外線の波長は、照射手段4に備えられた紫外線ランプ又はフィルターを交換することで適宜変更することができる。 Here, the wavelength of the ultraviolet rays irradiated by the irradiation unit 4 can be suitably changed by exchange of an ultraviolet lamp or a filter provided in the irradiation unit 4.
【0104】 [0104]
本発明のインクは、非常に吐出安定性が優れており、ラインヘッドタイプの記録装置を用いて画像形成する場合に、特に有効である。 The ink of the present invention is very discharge stability good, when the image formation using the recording apparatus of line head type, is particularly effective.
【0105】 [0105]
図2で示したインクジェット方式は、ラインヘッド方式と呼ばれており、ヘッドキャリッジ2に、各色の記録ヘッド31を、記録材料Pの全幅をカバーするようにして、複数個、固定配置されている。 Ink jet system shown in Figure 2, is called a line head system, head carriage 2, the recording head 31 for each color, so as to cover the entire width of the recording material P, a plurality, and is fixedly arranged .
【0106】 [0106]
一方、ヘッドキャリッジ2の上流側には、同じく記録材料Pの全幅をカバーするようにして、照射光源8、例えば、LED、冷陰極管等を主走査方向及び副走査方向に複数個配列して、インク印字面全域をカバーするように配置されている照射手段4が設けられている。 On the other hand, on the upstream side of the head carriage 2, likewise so as to cover the entire width of the recording material P, the irradiation light source 8, for example, LED, cold cathode tube or the like in a plurality arranged in a main scanning direction and the sub scanning direction , irradiation means 4 is provided which is arranged so as to cover the ink printing surface areas.
【0107】 [0107]
このラインヘッド方式では、ヘッドキャリッジ2及び照射手段4は固定され、記録材料Pのみが、搬送されて、インク出射及び硬化を行って画像形成を行う。 In this line head system, head carriage 2 and irradiation unit 4 is fixed, only the recording material P is being conveyed, an image is formed by performing the ink ejection and curing.
【0108】 [0108]
また、本発明のインクは、非常に吐出安定性が優れており、ラインヘッドタイプの記録装置を用いて画像形成する場合に、特に有効である。 The ink of the present invention is very discharge stability good, when the image formation using the recording apparatus of line head type, is particularly effective.
【0109】 [0109]
【実施例】 【Example】
以下に本発明の実施例を挙げて具体的に説明するが、本発明の実施態様はこれらの例に限定されるものではない。 Specifically described by way of examples of the present invention are shown below, but the embodiments of the present invention is not limited to these examples.
【0110】 [0110]
《インク組成物の調製》 "Preparation of Ink Composition"
インク組成表1〜6記載のインク組成で下記のようにインクを作製した。 An ink as described below were prepared in the ink composition of the ink composition in Table 1-6 described. 尚、表中の量を示す数値はg数を表す。 The numerical values ​​indicating the amount in the table represents a g number.
【0111】 [0111]
分散剤 表に示す種類、量光重合性化合物 表に示す種類、量以上をステンレスビーカーに入れ、65℃ホットプレート上で加熱しながら1時間撹拌混合し溶解させる。 Types shown dispersant table types shown in amount photopolymerizable compound table, placed above amounts to a stainless beaker, to 1 hour stirring mixture was dissolved with heating at 65 ° C. on a hot plate.
【0112】 [0112]
これに、表に示す種類・量の色材を入れて、直径1mmのジルコニアビーズ200gと共にポリ瓶に入れ密栓し、ペイントシェーカーにて2時間分散処理した後、ジルコニアビーズを取り除き、表に示すその他の化合物を加えて撹拌混合した。 Thereto, putting a kind and amount of the color material shown in the table, was sealed in a polyethylene bottle together with zirconia beads 200g of diameter 1 mm, was dispersed for 2 hours by a paint shaker, the zirconia beads were removed, other shown in Table It was mixed by stirring the compound.
【0113】 [0113]
これをプリンター目詰まり防止のため0.8μmメンブランフィルターで濾過してインク組成物セット1〜6を得た。 This was filtered with 0.8μm membrane filter for printers antiloading obtain an ink composition set 1-6 in.
【0114】 [0114]
【表1】 [Table 1]
【0115】 [0115]
【表2】 [Table 2]
【0116】 [0116]
【表3】 [Table 3]
【0117】 [0117]
【表4】 [Table 4]
【0118】 [0118]
【表5】 [Table 5]
【0119】 [0119]
【表6】 [Table 6]
【0120】 [0120]
《インクジェット画像形成方法》 "Inkjet image forming method"
ピエゾ型インクジェットノズルを備えた図1に記載の構成からなるインクジェット記録装置に、上記調製した各インク組成物セット1〜3を装填し、表7に記載の各表面エネルギーを有する巾600mm、長さ500mの長尺の各記録材料へ、下記の画像記録を連続して行った。 The ink jet recording apparatus having the structure described in Figure 1 with a piezoelectric inkjet nozzle, loaded with the ink composition set 1-3 prepared above, width 600mm with the surface energy described in Table 7, the length 500m to the recording material of the elongate, continuously performed image recording below. インク供給系は、インクタンク、供給パイプ、ヘッド直前の前室インクタンク、フィルター付き配管、ピエゾヘッドからなり、前室タンクからヘッド部分まで断熱して50℃の加温を行った。 The ink supply system, ink tanks, supply pipes, head immediately before the front chamber ink tank, pipe with filter, a piezo head, was 50 ° C. warming adiabatically from the front chamber tank to the head portion. ピエゾヘッドは、2〜15plのマルチサイズドットを720×720dpiの解像度で吐出できるよう駆動して、各インクを連続吐出した。 Piezo head is driven so as eject multi-sized dots in 2~15pl at 720 × 720 dpi resolution, it was continuously ejecting the ink. 着弾した後、キャリッジ両脇のランプユニットにより瞬時(着弾後0.5秒未満)に硬化される。 After landing, it is cured instantly (less than 0.5 seconds after landing) the carriage on both sides of the lamp unit. 記録後、トータルインク膜厚を測定したところ、2.3〜13μmの範囲であった。 After recording, the measured total ink film thickness ranged from 2.3~13Myuemu. 本発明でいうdpiとは、2.54cm当たりのドット数を表す。 Dpi referred to in the present invention means the number of dots per 2.54 cm. なお、インクジェット画像の形成は、上記方法に従って、10℃、20%RHの環境下、25℃、50%RHの環境下及び32℃、80%RHの環境下でそれぞれ行った。 The formation of the ink-jet image, according to the above method, 10 ° C., under an environment of 20% RH, 25 ° C., environment and 32 ° C. of 50% RH, were performed respectively in an environment 80% RH.
【0121】 [0121]
また、全く同様に図2に記載のラインヘッド記録方式のインクジェット記録装置を用い、インク組成物セット4〜6を用いて、画像を形成した。 Also, just as with the ink jet recording apparatus of line head recording method according to FIG. 2, by using the ink composition set 4-6, to form an image.
【0122】 [0122]
【表7】 [Table 7]
【0123】 [0123]
なお、表7に記載の各記録材料の略称の詳細は、以下の通りである。 The details of abbreviation of the recording material according to Table 7, as follows.
OPP:oriented polypropylene OPP: oriented polypropylene
PET:polyethylene terephthalate PET: polyethylene terephthalate
シュリンクOPS:市販のシュリンク用途のoriented polystyrene Shrink OPS: of commercially available shrink applications oriented polystyrene
《インクジェット記録画像の評価》 "Evaluation of the ink-jet recording image"
上記画像形成方法で記録した各画像について、下記の各評価を行った。 For each image recorded by the image forming method, were each evaluated as follows.
【0124】 [0124]
(文字品質) (Letter quality)
Y、M、C、K各色インクを用いて、目標濃度で6ポイントMS明朝体文字を印字し、文字のガサツキをルーペで拡大評価し、下記の基準に則り文字品質の評価を行った。 With Y, M, C, and K color inks, and printing the target concentration at 6 point MS Ming character, enlarged evaluate the roughness of the character with a loupe and evaluated for letter quality pursuant to the following criteria.
【0125】 [0125]
◎:ガサツキなし○:僅かにガサツキが見える△:ガサツキが見えるが、文字として判別でき、ギリギリ使えるレベル×:ガサツキがひどく、文字がかすれていて使えないレベル。 ◎: No roughness ○: slight coarseness is visible △: roughness but is visible, can be determined as a character, barely usable level ×: roughness badly, can not be used have blurred the character level.
【0126】 [0126]
(色混じり(滲み、皺)) (Color mixing (bleeding, wrinkles))
720dpiで、Y、M、C、K各色1ドットが隣り合うように印字し、隣り合う各色ドットをルーペで拡大し、滲み及び皺の具合を目視観察し、下記の基準に則り色混じりの評価を行った。 In 720 dpi, Y, M, and printed as C, adjacent K colors 1 dot, to expand the respective color dots adjacent a magnifying glass, bleeding and degree of wrinkling was visually observed and evaluated for color mixing accordance with the following criteria It was carried out.
【0127】 [0127]
◎:隣り合うドット形状が真円を保ち、滲みがない○:隣り合うドット形状はほぼ真円を保ち、ほとんど滲みがない△:隣り合うドットが少し滲んでいてドット形状が少しくずれているが、ギリギリ使えるレベル×:隣り合うドットが滲んで混じりあっており、また、重なり部に皺の発生があり、使えないレベル以上により得られた各評価結果を、表8に示す。 ◎: dot shape adjacent to each other is keeping the true circle, there is no bleeding ○: dot shape adjacent to each other keeps the almost perfect circle, little bleeding there is no △: Although dot shape and dot is not a little blurred adjacent to each other is a little collapse , barely usable level ×: have intermingled in adjacent dots bleeding, also has the occurrence of wrinkles in the overlapping portion, each evaluation results obtained by the above levels that can not be used, shown in Table 8.
【0128】 [0128]
【表8】 [Table 8]
【0129】 [0129]
表8から、本発明は、様々な印字環境下においても、文字品質に優れ、色混じりの発生がなく、高精細な画像を非常に安定に記録することができる画像形成方法であることがわかる。 Table 8, the present invention, even under a variety of printing environments, good character quality, without the occurrence of color mixing it can be seen that an image forming method capable of very stable recording of high-definition image .
【0130】 [0130]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明により、様々な印字環境下においても、皺の発生無く、文字品質に優れ色混じりの発生がない、高精細な画像を非常に安定に記録することができる活性光線硬化型インクジェットインク組成物と、それを用いた画像形成方法及びインクジェット記録装置を提供することができた。 The present invention, even under a variety of printing environments, wrinkles without generation, there is no occurrence of color mixing excellent character quality, actinic radiation curable ink jet ink compositions that can be very stable recording high-definition image If it was possible to provide an image forming method and an ink jet recording apparatus using the same.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明のインクジェット記録装置の要部の構成の一例を示す正面図である。 Is a front view showing an example of a configuration of a main part of an ink jet recording apparatus of the present invention; FIG.
【図2】本発明のインクジェット記録装置の要部の構成の他の一例を示す上面図である。 2 is a top view showing another example of a configuration of a main portion of an ink jet recording apparatus of the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 記録装置2 ヘッドキャリッジ3 記録ヘッドセット4 照射手段5 プラテン部6 ガイド部材7 蛇腹構造8 照射光源31 記録ヘッドP 記録材料 1 recording device 2 head carriage 3 recording headset 4 irradiating means 5 platen 6 the guide members 7 bellows structure 8 illumination sources 31 recording heads P recording material

Claims (10)

  1. 光重合性化合物としてオキセタン環を有する化合物を5〜30質量%含有し、かつ、フッ素系ノニオン活性剤を含有することを特徴とする活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 The compound having an oxetane ring as a photopolymerizable compound containing 5 to 30 mass%, and active ray curable ink-jet ink composition characterized by containing a fluorine-based nonionic active agent.
  2. 更に塩基性化合物を含有することを特徴とする請求項1に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 Further active ray curable ink-jet ink composition according to claim 1, characterized in that it contains a basic compound.
  3. 光重合性化合物として、更にオキシラン基を有する化合物を含有することを特徴とする請求項1または2に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 As the photopolymerizable compound, actinic radiation curable ink-jet ink composition according to claim 1 or 2, characterized in that it contains a compound further having an oxirane group.
  4. 光重合性化合物として、更にエチレン性不飽和二重結合を有する化合物を5〜45質量%含有することを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 As the photopolymerizable compound, further actinic radiation curable ink-jet ink composition according to any one of claims 1 to 3, characterized in that it contains 5 to 45% by weight of compounds having an ethylenically unsaturated double bond Stuff.
  5. 25℃における粘度が7〜50mPa・sであることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物。 Actinic radiation curable ink-jet ink composition according to any one of claims 1 to 4, wherein the viscosity at 25 ° C. is 7~50mPa · s.
  6. インクジェット記録ヘッドより、請求項1〜5のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物を記録材料上に噴射して該記録材料上に画像を形成し、画像形成後、0.001〜1.0秒の間に活性光線を照射することを特徴とする画像形成方法。 Ink-jet recording head, by ejecting onto the recording material of the active ray curable ink-jet ink composition according to any one of claims 1 to 5 to form an image on the recording material after image formation, 0. image forming method characterized by irradiating active rays during 001 to 1.0 seconds.
  7. 請求項6記載の画像形成方法で画像形成した後の総インク膜厚が、2〜20μmであることを特徴とする画像形成方法。 Total ink film thickness after image formation in the image forming method according to claim 6, wherein the image forming method which is a 2 to 20 [mu] m.
  8. インクジェット記録ヘッドより、請求項1〜5のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物を記録材料上に噴射して該記録材料上に画像を形成する際、該インクジェット記録ヘッドの各ノズルより吐出するインク液滴量が、2〜15plであることを特徴とする画像形成方法。 Ink-jet recording head, by ejecting onto the recording material of the active ray curable ink-jet ink composition according to any one of claims 1 to 5 when forming an image on the recording material, of the ink jet recording head amount of ink droplets to be ejected from the nozzles, an image forming method which is a 2~15Pl.
  9. インクジェット記録ヘッドより、請求項1〜5のいずれか1項に記載の活性光線硬化型インクジェットインク組成物を記録材料上に噴射して該記録材料上に画像を形成する際、ラインヘッド方式のインクジェット記録ヘッドより噴射して画像を形成することを特徴とする画像形成方法。 Ink-jet recording head, when by ejecting onto the recording material of the active radiation curable ink jet ink composition according to any one of claims 1 to 5 to form an image on the recording material, inkjet line head type image forming method characterized by and ejected from the recording head to form an image.
  10. 請求項6〜9のいずれか1項に記載の画像形成方法に用いられるインクジェット記録装置が、活性光線硬化型インクジェットインク組成物及びインクジェット記録ヘッドを35〜100℃に加熱した後、該活性光線硬化型インクジェットインク組成物を吐出する手段を有することを特徴とするインクジェット記録装置。 After claims inkjet recording apparatus used in the image forming method according to any one of clauses 6 to 9, it was heated actinic radiation curable ink-jet ink composition and an ink jet recording head 35 to 100 ° C., the active ray curing an ink jet recording apparatus characterized by comprising means for ejecting type inkjet ink composition.
JP2003174711A 2003-06-19 2003-06-19 Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image by using the same, and inkjet recording device Pending JP2005008759A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003174711A JP2005008759A (en) 2003-06-19 2003-06-19 Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image by using the same, and inkjet recording device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003174711A JP2005008759A (en) 2003-06-19 2003-06-19 Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image by using the same, and inkjet recording device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005008759A true true JP2005008759A (en) 2005-01-13

Family

ID=34098114

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003174711A Pending JP2005008759A (en) 2003-06-19 2003-06-19 Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image by using the same, and inkjet recording device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005008759A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005139275A (en) * 2003-11-06 2005-06-02 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image using the same and inkjet recorder
JP2006213883A (en) * 2005-02-07 2006-08-17 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Inkjet ink curable by active ray, method of forming image and device for inkjet recording
JP2006265359A (en) * 2005-03-23 2006-10-05 Fuji Photo Film Co Ltd Ink composition, ink jet recording method, printed matter, method for preparing lithographic plate and lithographic plate

Citations (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1036737A (en) * 1996-07-22 1998-02-10 Hitachi Ltd ink
JP2000044858A (en) * 1998-07-22 2000-02-15 E I Du Pont De Nemours & Co Aqueous pigented ink composition for ink jet ink for printing on vinyl
JP2000144012A (en) * 1998-11-06 2000-05-26 Jsr Corp Circuit board and its production
JP2001512777A (en) * 1997-08-05 2001-08-28 セリコル、リミテッド Ink-jet ink
JP2001294788A (en) * 2000-04-17 2001-10-23 Fuji Xerox Co Ltd Color ink set for ink jet recording and ink jet recording method using the same
JP2002188025A (en) * 2000-10-10 2002-07-05 Toyo Ink Mfg Co Ltd Actinic energy ray-curable ink-jet ink
JP2002531678A (en) * 1998-12-11 2002-09-24 サン ケミカル コーポレイション Radiation-curable aqueous cationic inks and coatings
JP2002274004A (en) * 2001-03-19 2002-09-25 Ricoh Co Ltd Method for forming image and ink composition
JP2002303716A (en) * 2001-04-06 2002-10-18 Canon Inc Optical parts, method for manufacturing the same and optical element which uses the optical parts
JP2002317139A (en) * 2001-04-19 2002-10-31 Riso Kagaku Corp Active energy ray curing ink
JP2003012971A (en) * 2001-06-28 2003-01-15 Konica Corp Inkjet recording method
JP2003026965A (en) * 2001-07-12 2003-01-29 Sharp Corp Recording liquid and recording apparatus using the same
JP2003119414A (en) * 2001-10-15 2003-04-23 Toyo Ink Mfg Co Ltd Active energy ray-curable ink-jet ink
JP2003127518A (en) * 2001-10-26 2003-05-08 Konica Corp Method for ink jet recording, recording unit and ink jet recorder
JP2003145914A (en) * 2001-11-07 2003-05-21 Konica Corp Ink jet recording method and ink jet recording device
JP2003145745A (en) * 2001-11-16 2003-05-21 Konica Corp Method of inkjet recording and recorder
JP2004263175A (en) * 2003-02-12 2004-09-24 Konica Minolta Holdings Inc Active photo-setting aqueous ink, method for forming image using it and printed article
JP2004307613A (en) * 2003-04-04 2004-11-04 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active-light-curable ink composition, image formation method using it, and inkjet recording device
JP2004315565A (en) * 2003-04-11 2004-11-11 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active ray-curable inkjet ink composition, and image-forming method and inkjet recording device using the same
JP2004323578A (en) * 2003-04-22 2004-11-18 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active ray curing type ink composition, method for forming image and inkjet recording apparatus both using the composition

Patent Citations (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1036737A (en) * 1996-07-22 1998-02-10 Hitachi Ltd ink
JP2001512777A (en) * 1997-08-05 2001-08-28 セリコル、リミテッド Ink-jet ink
JP2000044858A (en) * 1998-07-22 2000-02-15 E I Du Pont De Nemours & Co Aqueous pigented ink composition for ink jet ink for printing on vinyl
JP2000144012A (en) * 1998-11-06 2000-05-26 Jsr Corp Circuit board and its production
JP2002531678A (en) * 1998-12-11 2002-09-24 サン ケミカル コーポレイション Radiation-curable aqueous cationic inks and coatings
JP2001294788A (en) * 2000-04-17 2001-10-23 Fuji Xerox Co Ltd Color ink set for ink jet recording and ink jet recording method using the same
JP2002188025A (en) * 2000-10-10 2002-07-05 Toyo Ink Mfg Co Ltd Actinic energy ray-curable ink-jet ink
JP2002274004A (en) * 2001-03-19 2002-09-25 Ricoh Co Ltd Method for forming image and ink composition
JP2002303716A (en) * 2001-04-06 2002-10-18 Canon Inc Optical parts, method for manufacturing the same and optical element which uses the optical parts
JP2002317139A (en) * 2001-04-19 2002-10-31 Riso Kagaku Corp Active energy ray curing ink
JP2003012971A (en) * 2001-06-28 2003-01-15 Konica Corp Inkjet recording method
JP2003026965A (en) * 2001-07-12 2003-01-29 Sharp Corp Recording liquid and recording apparatus using the same
JP2003119414A (en) * 2001-10-15 2003-04-23 Toyo Ink Mfg Co Ltd Active energy ray-curable ink-jet ink
JP2003127518A (en) * 2001-10-26 2003-05-08 Konica Corp Method for ink jet recording, recording unit and ink jet recorder
JP2003145914A (en) * 2001-11-07 2003-05-21 Konica Corp Ink jet recording method and ink jet recording device
JP2003145745A (en) * 2001-11-16 2003-05-21 Konica Corp Method of inkjet recording and recorder
JP2004263175A (en) * 2003-02-12 2004-09-24 Konica Minolta Holdings Inc Active photo-setting aqueous ink, method for forming image using it and printed article
JP2004307613A (en) * 2003-04-04 2004-11-04 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active-light-curable ink composition, image formation method using it, and inkjet recording device
JP2004315565A (en) * 2003-04-11 2004-11-11 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active ray-curable inkjet ink composition, and image-forming method and inkjet recording device using the same
JP2004323578A (en) * 2003-04-22 2004-11-18 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active ray curing type ink composition, method for forming image and inkjet recording apparatus both using the composition

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005139275A (en) * 2003-11-06 2005-06-02 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Active ray-curable inkjet ink composition, method for forming image using the same and inkjet recorder
JP4595311B2 (en) * 2003-11-06 2010-12-08 コニカミノルタエムジー株式会社 Actinic radiation curable ink-jet ink composition, an image forming method and an ink jet recording apparatus using the same
JP2006213883A (en) * 2005-02-07 2006-08-17 Konica Minolta Medical & Graphic Inc Inkjet ink curable by active ray, method of forming image and device for inkjet recording
JP2006265359A (en) * 2005-03-23 2006-10-05 Fuji Photo Film Co Ltd Ink composition, ink jet recording method, printed matter, method for preparing lithographic plate and lithographic plate
JP4606916B2 (en) * 2005-03-23 2011-01-05 富士フイルム株式会社 The ink composition, inkjet recording method, printed material, method of preparing a lithographic printing plate, and planographic printing plate

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20040041893A1 (en) Ink jet recording apparatus
US20040052967A1 (en) Actinic ray curable composition, actinic ray curable ink, image forming method, and ink jet recording apparatus
US20040099170A1 (en) Active ray curable ink jet solventless ink, image forming method using the same, and ink jet recording apparatus
US20040075726A1 (en) Ink-jet printer and ink-jet image forming method using the same
US20040050292A1 (en) Ink-jet image forming method
US20050119362A1 (en) Actinic ray curable composition, actinic ray crable ink, image formation method employing it, and ink-jet recording apparatus
US20030234848A1 (en) Image forming method
US7080900B2 (en) Device and method for recording images
JP2003261799A (en) Active light-curable ink and ink jet recording method using the same
US20050113483A1 (en) Actinic ray curable ink-jet ink composition, image formation method employing the same, and ink-jet recording apparatus
JP2005126508A (en) Inkjet ink and inkjet recording method
JP2003145745A (en) Method of inkjet recording and recorder
JP2003292855A (en) Ink for inkjet recording and method for forming image
JP2003342503A (en) Black ink for ink-jet recording and method for forming image
JP2003191593A (en) Image forming method and image forming apparatus
US20040052968A1 (en) Actinic radiation curable composition and actinic radiation curable ink, and image forming method as well as ink jet recording apparatus using the same
JP2004018546A (en) Ink set for inkjet and inkjet image-forming method
US20030202082A1 (en) Ink jet printed matter
US20040201659A1 (en) Ink jet recording method
JP2004167873A (en) Image recording apparatus and image recording method
US20050196697A1 (en) Actinic ray curable composition, image forming method using the same and ink-jet recording apparatus using the same
JP2004042525A (en) Inkjet printer and image forming method
JP2004050546A (en) Inkjet printer and imaging method
JP2006137185A (en) Printing of radiation-curable ink into radiation-curable liquid layer
JP2004091556A (en) Actinic-radiation-curing composition, actinic-radiation-curing ink, and image formation method and inkjet recorder using the same

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060606

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090826

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091215

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100413