JP2004230542A - 三つ目、四つ目ドリル研磨機 - Google Patents

三つ目、四つ目ドリル研磨機 Download PDF

Info

Publication number
JP2004230542A
JP2004230542A JP2003060633A JP2003060633A JP2004230542A JP 2004230542 A JP2004230542 A JP 2004230542A JP 2003060633 A JP2003060633 A JP 2003060633A JP 2003060633 A JP2003060633 A JP 2003060633A JP 2004230542 A JP2004230542 A JP 2004230542A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
drill
blade
setting
grinding
angle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003060633A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Miyajima
誠 宮島
Susumu Watanabe
進 渡辺
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP2003060633A priority Critical patent/JP2004230542A/ja
Publication of JP2004230542A publication Critical patent/JP2004230542A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】三つ目ドリル、四つ目ドリル用の研磨の操作を出来得る限り簡単に正確にできる研磨機の構造。
【解決手段】ドリルを砥石の円形に対して水平に移動し、一枚の砥石を裏返さず左、右ねじれ共研磨可能となる。上記の構造により木材、プラスチック等の材質に適合する切れ刄の逃げ角度も正確に設定出来且つ、罫引刄と削り刄の振り角の設定もピンをピン孔に差し込む簡単な動作で研磨加工が可能である。
【選択図】 図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は金属薄板、木材、プラスチックの穿孔に用いる三つ目、四つめドリルの研磨機の機構と操作に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
従来の三つ目、四つ目ドリルの研磨に際してはドリルのサイズ毎にコレットを用意する必要があり、研磨機価格に付属品価格が追加され、且つ附属品を格納するスペースを要した。又、市販されている諸メーカーのドリル型式の総てに対応することが不可能であり、又右ねじれ、左ねじれ毎に砥石を裏返すか、右ねじれ用、左ねじれ用砥石を各1枚を連動し選択使用する構造を要した。更にドリルの削り刄の切削角の設定もドリルの長短によって変化し、毛引刄のマイナス振り角の設定と毛引刄と削り刄の相対角の設定も熟練を要するので以上の各工程の正確な仕上がりを望むには時間が掛かった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
従来の研磨機は操作が難しく、研磨の各工程に時間が掛かるため研磨コストが高くなるので、研磨機の構造を簡単にし、且つ操作性と研磨精度を向上して、熟練者でなくとも操作可能とする事によって研磨コスト及び研磨機製造費の低減を計る事を目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】
三つ目ドリル、四つ目ドリルの右ねじれ、左ねじれタイプの研磨を一枚の砥石を裏返さず、ドリルの水平移動により可能とすると共に其の機構により削り刄の切削角の設定も同時に可能となる。其の操作としてはモーターの駆動軸に固定された砥石の平面を軸をセンターとして縦に二分割し、其の垂線を延長して昇降枠に設けられたスライド用溝に交差する位置をゼロ点とし、昇降枠の背面側を右ねじれドリル用、正面側を左ねじれドリル用とし、且つそれぞれの方向に材質に合致する削り刄の切削角の設定位置を刻印し、其の位置とドリルの垂線を一致させると砥石の円周と水平線との間に生ずる角度が削り刄の切削角となる。
【0005】
上記機構の他に三つ目ドリル四つ目ドリルの毛引刄180°の振り角の設定、並びに四つ目ドリルの毛引刄と削り刄の相対角の設定を角度数値目盛りを用いることなく、円筒上面に予め穿孔されたドリル振り角設定盤の孔にプッシュ円盤に植え込まれピンを挿入することで容易に所要の振り角度を得る事が可能である。尚毛引刄のマイナス加工も同時に行う。
【0006】
【発明実施の形態】
図1の側面図に於いて1の台座上に4の固定枠を組み立て、11の昇降ハンドルの回転を固定枠の9のねじ軸受けに伝えて3の昇降枠の高さ上下し、ドリル先端と砥石の距離を調整、確定後8の昇降ロッククレバーで固定する。
【0007】
昇降枠3の上部に設けられた水平溝に30のスライドブロックの両外側板の凸起部を嵌合し、溝に沿つてスライドブロックを左右に移動することでドリル垂線と33の砥石センターの間に生ずる距離差で切削角が変化し、且つ砥石センターに向かって右の背面側は右ねじれドリル、向かって左の正面側は左ねじれドリル研磨位置となる、随ってドリル垂線と砥石センターが一致する点をゼロ点とし、左、右に向けてそれぞれ10°20°30°等の所要の角度と▽記号を3の昇降枠の溝の側面に刻字し、それにスライドブロックのセンターの△印を一致させる事で所要の切削角を選択することが出来る。
【0008】
図4に示すように30のオシレーションブロックは中央のブロックに内蔵する33のリニアモーションンベアリングを貫通する34のオシレーション軸と20のオシレーションスプリングを介して連結されるスライドブロック両側板で組み立てられている、両側板にねじ込まれている18のオシレーション巾設定ネジによりドリルの直径に合わせて、毛引刄と削り刄の長さを設定し、19のオシレーションロックナットで固定する。
【0010】
三つ目ドリル、四つ目ドリルの毛引刄の180°の振り角、四つ目ドリルの毛引刄と削り刄の相対角の設定は2図の15のドリルホルダーに固定されている16のプッシュ円盤に植え込まれたピンの位置を示す▽印を17のドリル振り角設定盤の△印に一致させることで予め17のドリル振り角設定盤の内径に嵌合固定する14のドリルホルダー円筒上面に穿孔されている4図37のピン孔にピンを挿入することが出来る、尚ピン孔は毛引刄と削り刄の区分により挿入深さが異なり、右ねじれ左ねじれドリルによりピン孔の位置も異なる。
【0011】
16のプッシュ円盤、は17のドリル振り角設定盤に装着する1図36のスプリングプランジャーの突出部により常時数ミリ浮上し、其の間隔を指で圧下することで11の昇降ハンドルによる昇降巾調整と共に、ドリルを砥石に接触し研磨する。
【0012】
2図に於いて研磨すべきドリルをドリルチャックに装着するとき砥石の平面とドリルの刄面を平行にすることを要する、21のドリルチャック設定ゲージの先端にドリルの刄部を乗せて、平行度を合わせてからドリルチヤックを締め込む。
【0013】
【発明の効果】
本発明は操作が所謂、眼見当、手加減でなく総て前以て設定されたゲージ的構成によつて行うので、正確に、迅速に研磨を完成することが可能である。
【0014】
各種規格の三つ目、四つ目ドリルの研磨が可能である。
【0015】
研磨に熟練を要さず、加工費を低く設定する事が可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】ドリル研磨機の右側面図である。
【図2】ドリル研磨機の正面図である。
【図3】ドリル研磨機の背面図である。
【図4】ドリル研磨機の平面図である。
【図5】三つ目ドリル、四つめドリルの形態図である。
【符号の説明】
1 台座
2 ゴム脚
3 昇降枠
4 固定枠
5 正逆スイッチ
6 スライド設定ネジ
7 皿バネ座金
8 昇降ロックレバー
9 昇降ネジ軸受
10 昇降ネジ軸
11 昇降ハンドル
12 スライドブロック背面ストッパー
13 スライドブロック正面ストッパー
14 ドリルホルダー軸受け
15 ドリルホルダー軸
16 プッシュ円盤
17 ドリル振り角設定盤
18 オシレーシヨン巾設定ネジ
19 オシレーション巾ロックナット
20 オシレーシヨンスプリング
21 ドリルチャック設定ゲージ
22 駆動モーター
23 モーター取付金具
24 モーター摺動ステージ
25 モーター位置調整ボルト
26 砥石取付座
27 排水口
28 昇降スライド溝
29 削り刄角設定ロックレバー
30 オシレーションブロック
31 ドリルチャック
32 ドリル
33 砥石
34 冷却水槽
35 オシレーシヨン軸
36 スプリングプランジャー
37 角度設定ピンあな孔

Claims (5)

  1. 右ねじれ、又は左ねじれのドリルの研磨に際し、砥石の平面の中心を通る垂線と砥石の外周の接する位置を基準点として二分された右側、又は左側にドリルを水平移動することにより一枚の砥石を裏返さず右、左ねじれのどちらのドリルにも共用出来、且つ所要の切削角度に一致する水平移動の目盛りをスライド溝に沿って複数刻印し、それぞれの位置でドリル垂線刻印を一致させることよつて被切削材質に適したドリルの切削角度を正確に設定することが出来る。
  2. ドリル先端から砥石端面までの距離は昇降ネジにより設定変更出来るので規格の異なる各種長さのドリルのセットが可能であり研磨しろの設定も容易である。
  3. オシレーションによるドリルセンターから毛引刄まで、又わ削り刄までの研磨距離の設定はプッシュ円盤を下方に押した儘、砥石とドリルの接点を目視、左右のオシレーシヨ巾設定ねじを調整してロックする。
  4. 三つ目、四つめドリルの毛引刄及び四つ目ドリルの毛引刄と削り刄との相対角と深さを予め設定して振り角設定円盤上に穿孔して、ドリルホルダーのプッシュ円盤に植え込んであるピンを孔に合わせて挿入すれば毛引刄のマイナスも含めて研磨操作が簡単に実施出来る。
  5. ドリルチヤックキング時にドリルの削り刄を砥石の平面と平行にする為に伸縮する設定ゲージをモーター取付金具の上部に装着し、ゲージを伸ばしてドリルの削り刄をゲージに乗せて整合し、チャックを締め込んでからモータ側に引き込み、研磨工程には入る為の機構。
JP2003060633A 2003-01-31 2003-01-31 三つ目、四つ目ドリル研磨機 Pending JP2004230542A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003060633A JP2004230542A (ja) 2003-01-31 2003-01-31 三つ目、四つ目ドリル研磨機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003060633A JP2004230542A (ja) 2003-01-31 2003-01-31 三つ目、四つ目ドリル研磨機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004230542A true JP2004230542A (ja) 2004-08-19

Family

ID=32958913

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003060633A Pending JP2004230542A (ja) 2003-01-31 2003-01-31 三つ目、四つ目ドリル研磨機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004230542A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102950513A (zh) * 2011-08-25 2013-03-06 浙江伟星实业发展股份有限公司 一种修磨机
CN103659481A (zh) * 2013-11-29 2014-03-26 南宁市日建塑料包装有限责任公司 一种磨刀装置
CN103950065A (zh) * 2014-04-08 2014-07-30 航天材料及工艺研究所 一种碳纤维复合材料大深度不贯通方孔加工装置及方法
CN105128092A (zh) * 2015-10-16 2015-12-09 临夏县祥泰工艺品有限责任公司 枋、梁、柱倒棱加工机床
CN113084545A (zh) * 2021-03-31 2021-07-09 柳州市银翔机械有限责任公司 一种车架支架镗孔用工装夹具
CN114290158A (zh) * 2021-12-24 2022-04-08 钟锋良 一种模具通孔装置及其加工方法
CN116690343A (zh) * 2023-08-09 2023-09-05 江苏蓝英石业有限公司 一种建筑石材用磨削设备及其工作方法

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102950513A (zh) * 2011-08-25 2013-03-06 浙江伟星实业发展股份有限公司 一种修磨机
CN103659481A (zh) * 2013-11-29 2014-03-26 南宁市日建塑料包装有限责任公司 一种磨刀装置
CN103950065A (zh) * 2014-04-08 2014-07-30 航天材料及工艺研究所 一种碳纤维复合材料大深度不贯通方孔加工装置及方法
CN103950065B (zh) * 2014-04-08 2015-09-23 航天材料及工艺研究所 一种碳纤维复合材料大深度不贯通方孔加工装置及方法
CN105128092A (zh) * 2015-10-16 2015-12-09 临夏县祥泰工艺品有限责任公司 枋、梁、柱倒棱加工机床
CN113084545A (zh) * 2021-03-31 2021-07-09 柳州市银翔机械有限责任公司 一种车架支架镗孔用工装夹具
CN114290158A (zh) * 2021-12-24 2022-04-08 钟锋良 一种模具通孔装置及其加工方法
CN116690343A (zh) * 2023-08-09 2023-09-05 江苏蓝英石业有限公司 一种建筑石材用磨削设备及其工作方法
CN116690343B (zh) * 2023-08-09 2023-11-17 江苏蓝英石业有限公司 一种建筑石材用磨削设备及其工作方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0286266B1 (en) Apparatus for sharpening edge tools
USRE46941E1 (en) Tool setter for a grinding machine
US2144095A (en) Cutter grinding machine
JP2004230542A (ja) 三つ目、四つ目ドリル研磨機
CN113059494A (zh) 工具磨床用手动精密分度夹具装置
CN201089034Y (zh) 一种手持式切割机
US2958988A (en) Tool grinding machine
US2469365A (en) Tool for dressing grinding wheels
CN207616262U (zh) 一种精密小型磨钻头机
CN213470525U (zh) 一种工具磨床用手动精密分度夹具装置
US2136188A (en) Valve refacing device
KR20070034199A (ko) 숫돌·공구의 위치 및 자세 변경이 가능한 만능 공구 연마기
US6964208B2 (en) Measuring device for wood cutting tool
US3467075A (en) Hand operated sectioning machine
CN210909252U (zh) 一种自动开刃铣刀研磨机
CN210938409U (zh) 阶级钻定位研磨机构
US2623337A (en) Universally adjustable protractor tool guide
US2932131A (en) Tool grinder
CN201669618U (zh) 角度修整器
JP2011525862A (ja) ツイストドリル先端を研摩するための装置及びその使用方法
EP1878536B1 (en) A Truing Tool for a Grindstone
CN215966358U (zh) 可调刀具副后角且带锁紧机构的刀具夹持装置
US2815017A (en) Grinding wheel dresser
CN110712076A (zh) 一种自动开刃铣刀研磨机
CN220362324U (zh) 一种可收集铁尘屑的钻头修磨加工装置