JP2003253973A - ドア装置 - Google Patents

ドア装置

Info

Publication number
JP2003253973A
JP2003253973A JP2002105814A JP2002105814A JP2003253973A JP 2003253973 A JP2003253973 A JP 2003253973A JP 2002105814 A JP2002105814 A JP 2002105814A JP 2002105814 A JP2002105814 A JP 2002105814A JP 2003253973 A JP2003253973 A JP 2003253973A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
door
air
void
charcoal
paper honeycomb
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002105814A
Other languages
English (en)
Inventor
Morisuke Kodama
守右 児玉
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP2002105814A priority Critical patent/JP2003253973A/ja
Publication of JP2003253973A publication Critical patent/JP2003253973A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】 居住スペースを占有することなく、更に室内
の雰囲気と景観を損ねることなく、室内の空気を浄化す
る付加価値を有するドア装置を提供する。 【解決手段】 ドア本体2と、ドア本体内部に設けられ
た空隙部3と、空隙部3内に配設された脱臭/除湿/マ
イナスイオン発生素材を塗布又は混入したペーパハニカ
ム等からなる空気浄化作用体4とドア本体2に開設さ
れ、空隙部3に連結された空気吸入/排出口5,6とを
設けることを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、空気浄化作用を有
するドア装置に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、鉄筋コンクリート等を主材とする
家屋、高層マンションが多く建設されている。このよう
な鉄筋コンクリート住宅は、旧来の木造住宅に比べ、堅
牢であり、防音/断熱性に優れている等の利点がある。
しかしながら、このような住居では、密閉性が高まった
ために、通気性が悪く、室内に湿気や臭気が滞留しやす
いという問題がある。湿気の多い住居は、カビやダニの
温床となりやすく、アレルギー疾患の原因ともなってい
る。また、住宅用の新素材に含まれるホルムアルデヒド
等の化学物質に起因するアトピーや化学物質過敏症も増
加し、いわゆる「シックハウス症候群」が社会問題とも
なっている。
【0003】このような問題に対応する最も単純な手法
は、頻繁に窓を開け、或いは換気扇を用いて換気を行う
ことである。或いは、室内の空気を浄化する空気清浄装
置も多種市販されている。空気清浄装置の多くは、空気
吸入口から空気を吸入し、フィルタにより空気中の粉塵
等を取り除き、浄化された空気を空気排出口から排出す
る。また、近年では、喫煙や家電製品の影響でプラスイ
オン過多になりがちな住居内の空気を中和するために、
マイナスイオンを発生する空気清浄装置も多く開発され
ている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上述のような空気清浄
装置は、室内に設置しなくてはならず、限られた居住空
間の一部を占有してしまうという問題がある。さらに、
室内の雰囲気と空気清浄装置のデザインとによっては、
空気清浄装置が室内の景観を損ねてしまうこともある。
【0005】本発明は、上述の課題に鑑みてなされたも
のであり、空気清浄作用を有するドア装置を提供するこ
とを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上述の目的を達成するた
めに、本発明に係るドア装置は、ドア本体と、ドア本体
内部に設けられた空隙部と、空隙部内に配設された空気
浄化作用体と、ドア本体に開設され、空隙部に連結され
た空気吸入/排出口とを備える。この空気浄化作用体
は、脱臭/除湿/マイナスイオン発生素材が塗布又は混
入されたドア内部構造体、例えばペーパハニカム構造体
であってもよい。さらに、脱臭/除湿/マイナスイオン
発生素材としては、木炭、竹炭又はトルマリンの粉末等
を用いることができる。本発明に係るドア装置の空気吸
入/排出口には、ファンを取付けてもよい。
【0007】本発明に係るドア装置は、ドアの開閉動作
又は空気の対流により、空隙部に室内の空気を通過さ
せ、これにより空気を浄化する。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係るドア装置につ
いて、図面を参照して詳細に説明する。
【0009】図1に示すように、本発明を適用したドア
装置1は、ドア本体2と、ドア本体2の内部に設けられ
た空隙部3と、空隙部3内に配設されたペーパハニカム
構造体4と、ドア本体2の下部に開設され、空隙部3に
連結された空気吸入口5と、ドア本体2の上部に開設さ
れ、空隙部3に連結された空気排出口6とを備える。
【0010】この図では、ドア装置1の構造をわかりや
すく示すために、ドア本体2の一部を透視して、ペーパ
ハニカム構造体4を示しているが、実際には、ペーパハ
ニカム構造体4は、外部からは見えないようになってい
る。図2は、このドア装置1の側面の断面を示してい
る。
【0011】このドア装置1は、通常のドアと同様、室
内への出入りの際に開閉される。この開閉動作により、
空気吸入口5から吸入された室内の空気が空隙部3を通
過して、空気排出口6から排出される。空隙部3には、
上述のように、ペーパハニカム構造体4が配設されてい
る。このペーパハニカム構造体4の一部を図3に示す。
【0012】ペーパハニカム構造体4は、格子状に組ま
れた厚紙素材により形成され、この厚紙素材には、空気
を通過させるための貫通孔4aが多数開設されている。
また、このペーパハニカム構造体4には、炭粉末が混入
されたコーティング材が塗布されている。炭は、多孔質
であり空気中の水分や悪臭の元となる粒子を吸収しやす
く、それ単体で除湿作用や脱臭作用を有している。ま
た、炭は、マイナスイオンを放出するという特性を備え
ている。マイナスイオンの働きとしては、空気や水を浄
化する作用、人体内において酸化老化物を活性化し、酸
性体質を弱アルカリ性体質に変化させる作用等が知られ
ている。なお、ここで用いる炭としては、通常の木炭で
ある黒炭の他、比表面積が高い白炭(ウバメカシを原料
とする備長炭等)や竹炭を用いてもよい。
【0013】粉状若しくは粒状の炭を含有するコーティ
ング材が塗布されたペーパハニカム構造体4は、室内の
湿気を吸収し、カビやダニの発生及び繁殖を抑制する。
これによりダニの発生に伴う居住者のアトピー性皮膚炎
やアレルギーが防止及び改善される。また、炭の有する
優れた吸着力により、ペット、ゴミ、煙草等による悪臭
が効果的に除去される。さらに、粉状若しくは粒状の炭
は、上述のようにマイナスイオンを室内に放出及び放射
し、室内の空気を浄化する。
【0014】ここで、炭に代えて又は炭に加えて、トル
マリンの粉末をコーティング材に混入してもよい。トル
マリンはホウ素を含むシクロケイ酸塩鉱物であり、電気
石とも呼ばれ、その化学組成式は、 XY9B3Si6O27(O,OH,F)4 (X=Ca,Na,K,Mn Y=Mg,Fe,Al,
Cr,Mn,Ti,Li) である。
【0015】このトルマリンにおいては、結晶の単位格
子のプラス電荷の中心とマイナス電荷の中心とが大きく
ずれているため、結晶の両端に電極が形成され、電位が
永久的に保持される。さらに、トルマリンは、僅かな温
度差や加圧或いは衝撃により波長4〜14μ程度の人体
に適度な遠赤外線及びマイナスイオンを発生する。
【0016】このように、本発明を適用したドア装置1
は、ドア装置1の開閉動作により、空気吸入口5から吸
入した室内の空気を空隙部3を介して流通させ、この
際、空隙部3内に配設されたペーパハニカム構造体4に
塗布されたコーティング材に混入されている炭及び/又
はトルマリン等の効果により空気を浄化し、空気排出口
6から排出する。これにより、ドア装置1は、室内の空
気を除湿、脱臭及び浄化する。
【0017】なお、上述の具体例では、主に、ドア装置
1の開閉動作により空気を流通させている。さらに、室
内の床側と天井側には、通常、温度差があるため、この
温度差により生じる対流により、ドア装置1は、開閉動
作を行わなくても、常に、室内の空気を浄化する作用を
有している。さらに、空気吸入口5又は空気排出口6
に、図4に示すようなシロッコファン7を取付けてもよ
い。シロッコファン7は、乾電池ボックス8に装着され
た乾電池により駆動され、強制的に室内の空気をドア装
置1内に流通させる機能を有している。なお、図4に示
すシロッコファン7に代えて、図5に示すような通常の
ファン9を取付けてもよい。
【0018】さらに、図示しないが、これらシロッコフ
ァン7又はファン9の動作をタイマにより制御してもよ
い。例えば、ドアの開閉動作を検知して、この開閉動作
をトリガとしてシロッコファン7又はファン9を動作さ
せ、一定時間経過後に動作を停止させるようにしてもよ
い。これにより、ドア装置1をトイレに取付けた場合、
ユーザがトイレを使用する際、及び使用後の一定時間、
シロッコファン7又はファン9が動作して、トイレ内の
空気を浄化する。勿論、シロッコファン7及びファン9
の動作は、スイッチ等により人為的に制御してもよい。
【0019】以上、本発明の実施の形態を詳細に説明し
たが、上述の具体例は、本発明を実現する一例に過ぎな
い。例えば、上述の具体例では、ドア装置1内の空隙部
3には、炭等の粉末が混入されたコーティング材が塗布
されたペーパハニカム構造体4を配設しているが、ここ
では、脱臭、除湿、マイナスイオン発生及び/又は空気
浄化作用を有するいかなる素材を配設してもよい。ま
た、空隙部3には、ムク材等の木質棒材を組み込んでも
よい。これにより、より堅牢なドア装置を実現すること
ができる。
【0020】
【発明の効果】以上のように、本発明に係るドア装置
は、ドア本体と、ドア本体内部に設けられた空隙部と、
空隙部内に配設された空気浄化作用体と、ドア本体に開
設され、空隙部に連結された空気吸入/排出口とを備え
る。これにより、室内の空気を浄化する付加価値を有す
るドア装置を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を適用したドア装置の一部透視斜視図で
ある。
【図2】図1に示すドア装置の側面断面図である。
【図3】ペーパハニカム構造体の一部を示す図である。
【図4】本発明の第1の変形例を示す図である。
【図5】本発明の第2の変形例を示す図である。
【符号の説明】
1 ドア装置 2 ドア本体 3 空隙部 4 ペーパハニカム構造体 5 空気吸入口 6 空気排出口 7 シロッコファン 8 乾電池ボックス 9 ファン

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ドア本体と、 上記ドア本体内部に設けられた空隙部と、 上記空隙部内に配設された空気浄化作用体と、 上記ドア本体に開設され、上記空隙部に連結された空気
    吸入/排出口とを備えるドア装置。
  2. 【請求項2】 上記空気浄化作用体は、脱臭/除湿/マ
    イナスイオン発生素材が塗布又は混入されたドア内部構
    造体、例えばペーパハニカム構造体であることを特徴と
    する請求項1記載のドア装置。
  3. 【請求項3】 上記除湿/マイナスイオン発生素材は、
    木炭、竹炭又はトルマリンの粉末であることを特徴とす
    る請求項2記載のドア装置。
  4. 【請求項4】 上記空気吸入/排出口に取付けられたフ
    ァンを備えることを特徴とする請求項1記載のドア装
    置。
JP2002105814A 2002-03-05 2002-03-05 ドア装置 Pending JP2003253973A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002105814A JP2003253973A (ja) 2002-03-05 2002-03-05 ドア装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002105814A JP2003253973A (ja) 2002-03-05 2002-03-05 ドア装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003253973A true JP2003253973A (ja) 2003-09-10

Family

ID=28672376

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002105814A Pending JP2003253973A (ja) 2002-03-05 2002-03-05 ドア装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003253973A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006257860A (ja) * 2005-02-15 2006-09-28 Matsushita Electric Works Ltd 収納扉
JP2009084897A (ja) * 2007-09-30 2009-04-23 Sumitomo Forestry Crest Co Ltd 遮音扉
KR100895082B1 (ko) * 2002-09-10 2009-04-28 주식회사 포스코 로딩슈트의 정량절출장치
JP2009535544A (ja) * 2006-05-02 2009-10-01 チャン−ホ パク 多機能デジタルドア
CN103726746A (zh) * 2013-11-19 2014-04-16 大连创达技术交易市场有限公司 具有吸附功能的厕所安装门
CN106193951A (zh) * 2016-08-08 2016-12-07 苏州见真物联科技有限公司 一种智能家居用综合防护门
CN106285395A (zh) * 2016-08-02 2017-01-04 苏州见真物联科技有限公司 一种智能家居用换气通风一体式门窗框结构
CN107035297A (zh) * 2017-04-17 2017-08-11 重庆坤秀门窗有限公司 一种镂空雕门

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100895082B1 (ko) * 2002-09-10 2009-04-28 주식회사 포스코 로딩슈트의 정량절출장치
JP2006257860A (ja) * 2005-02-15 2006-09-28 Matsushita Electric Works Ltd 収納扉
JP2009535544A (ja) * 2006-05-02 2009-10-01 チャン−ホ パク 多機能デジタルドア
JP2009084897A (ja) * 2007-09-30 2009-04-23 Sumitomo Forestry Crest Co Ltd 遮音扉
CN103726746A (zh) * 2013-11-19 2014-04-16 大连创达技术交易市场有限公司 具有吸附功能的厕所安装门
CN106285395A (zh) * 2016-08-02 2017-01-04 苏州见真物联科技有限公司 一种智能家居用换气通风一体式门窗框结构
CN106193951A (zh) * 2016-08-08 2016-12-07 苏州见真物联科技有限公司 一种智能家居用综合防护门
CN106193951B (zh) * 2016-08-08 2018-05-22 苏州见真物联科技有限公司 一种智能家居用综合防护门
CN107035297A (zh) * 2017-04-17 2017-08-11 重庆坤秀门窗有限公司 一种镂空雕门
CN107035297B (zh) * 2017-04-17 2018-08-17 重庆坤秀门窗有限公司 一种镂空雕门

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN201144616Y (zh) 节能新风系统及具有该系统的节能窗或门
KR200490019Y1 (ko) 편백나무를 이용한 발향 공기청정기
KR100564445B1 (ko) 환기시스템
JP2006010184A (ja) 空気清浄機及び空気清浄システム並びに建物構造
JP2003253973A (ja) ドア装置
WO2005004933A1 (ja) 空気調節装置
JP2009068802A (ja) 調湿装置
KR100728327B1 (ko) 2중 팬이 부착된 환풍장치
CN206556142U (zh) 空气净化系统
KR102031759B1 (ko) 다기능 축열식 열회수형 환기청정기
JPH1151450A (ja) 空気調和機
JP3974874B2 (ja) 住宅内換気システム
TWM486454U (zh) 紫外線led功能加強型空氣淨化器
WO2005100873A1 (ja) 熱交換ユニット
KR20110067498A (ko) 이산화탄소 저감을 위한 차량용 공기조절장치
KR20110115193A (ko) 복합 기능 축열식 환기 장치
CN201524283U (zh) 电梯活氧空气净化机
CN201756895U (zh) 室内空气净化环保门组合装置
JP2002121830A (ja) 木造住宅
KR100598130B1 (ko) 여과환기시스템
JP4316020B2 (ja) セントラル換気装置
JP2001279833A (ja) 空気環境改善壁構造
KR200289629Y1 (ko) 숯팩
KR200316167Y1 (ko) 실내 공기 정화 장치
CN100384483C (zh) 一种室内空气净化器