WO1993001533A1 - Editing system for sequence program - Google Patents

Editing system for sequence program Download PDF

Info

Publication number
WO1993001533A1
WO1993001533A1 PCT/JP1992/000813 JP9200813W WO9301533A1 WO 1993001533 A1 WO1993001533 A1 WO 1993001533A1 JP 9200813 W JP9200813 W JP 9200813W WO 9301533 A1 WO9301533 A1 WO 9301533A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
program
screen
mnemonic
editing
format
Prior art date
Application number
PCT/JP1992/000813
Other languages
French (fr)
Japanese (ja)
Inventor
Kunio Tanaka
Toru Watanabe
Original Assignee
Fanuc Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from JP3/172396 external-priority
Application filed by Fanuc Ltd filed Critical Fanuc Ltd
Publication of WO1993001533A1 publication Critical patent/WO1993001533A1/en

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05BCONTROL OR REGULATING SYSTEMS IN GENERAL; FUNCTIONAL ELEMENTS OF SUCH SYSTEMS; MONITORING OR TESTING ARRANGEMENTS FOR SUCH SYSTEMS OR ELEMENTS
    • G05B19/00Programme-control systems
    • G05B19/02Programme-control systems electric
    • G05B19/04Programme control other than numerical control, i.e. in sequence controllers or logic controllers
    • G05B19/05Programmable logic controllers, e.g. simulating logic interconnections of signals according to ladder diagrams or function charts
    • G05B19/056Programming the PLC

Abstract

The editing of a sequence program becomes easier using a combination of a ladder diagram system and a mnemomic system. First of all, a screen is selected (Step S1) either for displaying only a ladder diagram or for displaying both a ladder diagram and a mnemonic program. When only one signal is edited, the graphic screen is selected (Steps S7 to S9), and when a plurality of signals are edited by one net, the mnemonic screen is selected (Steps S2 to S6). When the mnemonic program is edited, the corresponding ladder diagram is edited, too. When an escape (ESC) key is pushed (Step S11), the editing is completed. By the combination of the ladder graph system and the mnemonic system, the selection of a program of a desired net can be made on the ladder diagram, while a definite editing operation can be made by the mnemonic system.

Description

明 細 書 シーケ ンス · プログラムの編集方式 技 術 分 野  Description Sequence ・ Program editing method
本発明はシ一ケンス · プログラムを画面上で編集するシーケ ンス · プログラムの編集方式に関し、 特にラダー図形式とニー モニッ ク形式とを複合したシーケンス · プログラ厶の編集方式 に関する。 背 景 技 術  The present invention relates to a sequence program editing method for editing a sequence program on a screen, and more particularly to a sequence program editing method that combines a ladder diagram format and a mnemonic format. Background technology
従来、 シーケ ンス · プログラムの編集方式には、 プログラ ミ ング装置の表示画面上にラダー図形式のプログラムを表示する 方式と、 ニーモニック形式のプログラムをコマン ドライ ン上に 表示する方式とがある。  Conventionally, there are two methods of editing a sequence program: a method of displaying a program in a ladder diagram format on a display screen of a programming device, and a method of displaying a program in a mnemonic format on a command line.
ラダー図形式によるものは、 変更しょうとする接点ゃコィル 等の信号の表示部 (エ レメ ン ト) にカーソルを合わせ、 新しい ァドレスやシンボル等を変更することにより編集を行う。  In the case of the ladder diagram format, edit the cursor by moving the cursor to the signal display (element) of the contact or coil to be changed and changing the new address or symbol.
—方、 ニーモニッ ク形式によるものは、 編集したい信号を含 むネッ トのプログラムをキーで指定し、 コマンドラィ ン上に呼 び出して所望の信号のデータの編集を行う。  On the other hand, in the case of the mnemonic format, the user specifies the net program containing the signal to be edited with a key, calls it on the command line, and edits the data of the desired signal.
しかし、 ラダー図形式によるものは、 現にカーソルで指定さ れている信号だけしか編集できなかった。 そのため、 複数の接 点ゃコィルの編集を行う場合には、 カーソル合わせとキー入力 とを繰り返さなければならず、 操作性が悪かった。  However, in the ladder diagram format, only the signal currently specified by the cursor could be edited. Therefore, when editing a plurality of contact points, it was necessary to repeat the cursor alignment and key input, resulting in poor operability.
また、 二一モニック形式によるものは、 所望のネッ トを呼び 出すためにはそのネッ ト蕃号をキー入力で指定しなければなら ず、 ネッ トの蕃号を調べる必要があった。 このため、 操作性が j§ ノソ、 つ 7 Ο 発 明 の 開 示 In the case of the 21-monic format, the desired net is called. In order to issue it, it was necessary to specify the net ban by key input, and it was necessary to check the ban. Therefore, the operability is reduced to j§.
本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、 ラダー 図形式とニーモニッ ク形式とを複合することにより、 操作性の 向上を図ったシーケンス · プログラムの編集方式を提供するこ とを目的とする。  The present invention has been made in view of such a point, and an object of the present invention is to provide a sequence / program editing method that improves operability by combining a ladder diagram format and a mnemonic format. And
本発明では上記課題を解決するために、 シーケンス · プログ ラムを画面上で編集するシーケンス · プロダラムの編集方式に おいて、 前記画面上にラダー図形式のプログラムを表示し、 前 記ラダー図形式のプログラム上で編集したいプログラムを指定 し、 前記指定された前記ラダー図形式のプログラムに対応する 二一モニッ ク形式のプログラムを同一画面上に表示し、 前記二 一モニック形式のプログラムを編集することを特徵とするシ一 ケンス · プロダラムの編集方式が提供される。  In the present invention, in order to solve the above-mentioned problems, in a sequence / program editing method for editing a sequence program on a screen, a ladder diagram format program is displayed on the screen, and the ladder diagram format is displayed. Specifying a program to be edited on the program, displaying a 21-monic format program corresponding to the specified ladder diagram format program on the same screen, and editing the 21-monic format program. A special sequence and program editing method is provided.
ラダー図形式のプログラム上で所望のプログラムが指定され ると、 指定されたプログラムに対応するニーモニッ ク形式のプ ログラムが同一画面上に表示され、 編集を行う。 したがって、 所望のプログラムの選択をラダー図上で行うことができる一方、 具体的な編集をニーモニック形式で行える。 図 面 の 簡 単 な 説 明  When a desired program is specified on a ladder diagram format program, a mnemonic format program corresponding to the specified program is displayed on the same screen for editing. Therefore, while a desired program can be selected on the ladder diagram, specific editing can be performed in a mnemonic format. Brief explanation of drawings
図 1 は本実施例のシーケンス · プログラムの編集方式の処理 手順を説明するフローチャー ト、 図 2は本発明を実施するためのプログラ ミ ング装置のプロ ッ ク図、 FIG. 1 is a flowchart illustrating the processing procedure of the sequence program editing method of the present embodiment. FIG. 2 is a block diagram of a programming device for implementing the present invention.
図 3はキーボードおよび表示装置の概略図、  Figure 3 is a schematic diagram of the keyboard and display device,
図 4はグラフイ ツク画面を示す図、  Figure 4 shows the graphics screen.
図 5は編集後のグラフィ ック画面を示す図、  Figure 5 shows the edited graphics screen.
図 6はニーモニック画面を示す図、  Figure 6 shows the mnemonic screen,
図 7は編集後のニーモニック画面を示す図である。 発明を実施するための最良の形態  FIG. 7 shows the mnemonic screen after editing. BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
以下、 本発明の一実施例を図面に基づいて説明する。  Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
図 2は本発明を実施するためのプログラ ミ ング装置のプロ ッ ク図である。 プログラ ミ ング装置 1 はプロセッサ 2を中心とし て構成されている。 プロセッサ 2には、 バス 5を介してプログ ラ ムメ モ リ 3とデータメ モ リ 4とが結合されている。 プログラ 厶メモリ 3にはプログラ ミ ング装置 1を機能させるためのシス テム · プログラムが格納されている。 データメ モ リ 4にはプロ グラ ミ ング装置 1で作成されたシーケ ンス · プログラムが格納 される。 このシーケ ンス · プログラムはォブジヱク ト形式で格 納されており、 画面上ではニーモニック形式およびラダー図形 式で表示される。  FIG. 2 is a block diagram of a programming device for implementing the present invention. The programming device 1 is configured around a processor 2. A program memory 3 and a data memory 4 are connected to the processor 2 via a bus 5. The program memory 3 stores a system program for causing the programming device 1 to function. The data memory 4 stores the sequence program created by the programming device 1. This sequence program is stored in object format and is displayed on the screen in mnemonic format and ladder format.
シーケ ンス ♦ プログラムはキーボード 6から入力され、 表示 装置 7に表示される。 また、 シーケ ンス ♦ プログラ ムはマウス 8によって編集したり、 プリ ンタ 9にプリ ン トアウ トすること もできる。 さらにシーケンス ♦ プログラムは外部メモリである ハードディスク装置 1 2に格納されることもある。 作成または 編集されたシーケ ンス · プログラムは、 データメ モ リ 4よりィ ンタフエース 1 0を介して R OMライタ 1 1 に送られ、 そこで R OMに書き込まれる。 なお、 必要に応じて、 PMC (プログ ラ ム . マシン . コ ン ト σ—ラ) から R O Μを取り外すことなく、 PMCの R AMからラダ一 · プログラムの読み込みを行うこと もできる。 この場合、 データの遣り取りはイ ンタフェース 1 3 を介して行われる。 Sequence ♦ The program is input from the keyboard 6 and displayed on the display device 7. In addition, the sequence ♦ program can be edited with the mouse 8 or printed out to the printer 9. Further, the sequence ♦ The program may be stored in the hard disk device 12 which is an external memory. The created or edited sequence program is stored in data memory 4. Via the interface 10 to the ROM writer 11 where it is written to the ROM. If necessary, the ladder program can be read from the PMC RAM without removing the RO RO from the PMC (Program Machine Con- troller). In this case, the exchange of data is performed via the interface 13.
図 3はキーボード 6および表示装置 7の概略図である。 表示 装置?の表示画面 Ί aには、 作成または編集中のシーケ ンス · プログラム等が表示される。 また、 表示画面 7 aの下部にはメ ニュー表示部 7 0が設けられている。 このメニュー表示部 7 0 に表示されるメニュー 7 1〜 7 8は、 表示画面 7 aの表示内容 に応じて随時切り換えられる。 これらメニュー 7 1 ~ 7 8の選 択は、 キーボード 6のフ ァ ンク ショ ンキー 6 0によって行われ る。 このフ ァ ンク ショ ンキー 6 0の各キー 6 1〜 6 8とメ ニュ 一 7 1〜 7 8 とはそれぞれ一対一に対応されており、 例えばキ — 6 1を押すとメニュー 7 1が選択されるようになっている。 キーボード 6にはシーケンス · プログラムの入力や編集に用 いるための文字キ一 8 1 とテンキー 8 2 とが設けられている。 また、 キーボード 6には、 リターンキー 8 3、 エスケープ (E S C) キー 8 4およびカーソルキー 8 5等が設けられている。 次に本実施例のシーケンス · プ σグラムの編集方式の具体的 な手順を説明する。 図 4は編集画面の一つであるグラフィ ック 画面 9 1を示す図である。 グラフィ ック画面 9 1 は、 ラダー図 8 6 とメニュー表示部 7 0 とからなる。 また、 ラダー図 8 6 と メニュー表示部 7 0 との間には、 コマンドライ ン 8 7が設けら れている。 ラダ一図 8 6 は画面をスクロールさせることにより、 その所望のネッ トを表示させることができる。 メ ニュ一表示部 7 0には、 グラフィ ッ ク編集に必要な接点ゃコィル等のシンポ ルゃ、 その他のメ ニュー 7 1〜 7 8が表示されている。 このメ ニュー表示部 7 0には、 ニーモニック画面選択メ ニュー 7 7 と グラフィ ック画面選択メニュー 7 8とが表示されている。 図 4 のグラフィ ック画面 9 1 は、 図 3のファ ンク ショ ンキ一 6 8を 押してグラフィ ッ ク画面選択メニュー 7 8を指定することによ り表示される。 FIG. 3 is a schematic diagram of the keyboard 6 and the display device 7. Display device? The display screen Ίa shows the sequence / program being created or edited. Further, a menu display section 70 is provided below the display screen 7a. The menus 71 to 78 displayed on the menu display section 70 are switched at any time according to the display contents of the display screen 7a. Selection of these menus 7 1 to 7 8 is performed by the function keys 60 of the keyboard 6. The keys 6 1 to 6 8 of the function keys 60 correspond to the menus 7 1 to 7 8 in a one-to-one correspondence. For example, when the key 61 is pressed, the menu 71 is selected. It has become so. The keyboard 6 is provided with character keys 8 1 and numeric keys 8 2 for use in inputting and editing of a sequence and a program. The keyboard 6 is provided with a return key 83, an escape (ESC) key 84, a cursor key 85, and the like. Next, a specific procedure of the editing method of the sequence program σ-program according to this embodiment will be described. FIG. 4 is a diagram showing a graphic screen 91 which is one of the editing screens. The graphic screen 91 includes a ladder diagram 86 and a menu display section 70. Also, a command line 87 is provided between the ladder diagram 86 and the menu display section 70. Figure 8 6 shows the scrolling of the screen. The desired net can be displayed. The menu display section 70 displays the contact points required for graphic editing, such as symbols such as coils, and other menus 71 to 78. In this menu display section 70, a mnemonic screen selection menu 77 and a graphic screen selection menu 78 are displayed. The graphic screen 91 in FIG. 4 is displayed by pressing the function key 68 in FIG. 3 and specifying the graphic screen selection menu 78.
いま、 信号 8 6 aのみの編集を行いたい場合には、 信号 8 6 aにカーソル 8 8を合わせる。 カーソル 8 8は信号毎、 すなわ ちラダー図のェレメ ン ト単位に合わせることができる。 信号 8 6 aのデータを、 例えば X I 2 . 3から X I 2 . 5 に修正した い場合は、 キーボード 6によりデータ X 1 2 . 5を入力する。 (但し、 X 1 2 . 3及び X 1 2 . 5はァ ドレスを示す。 ) この キー入力したデータはコマン ドライ ン 8 7上に表示される。 こ の新しいデータを確定したい場合には、 リター ンキー 8 3を押 す。 これによりデータメ モ リ 4内のシーケンス · プログラムが 表示通りに変換され、 内部的にもデータが確定される。 さらに 信号 8 P aのシンボルを変 したい場合には、 メニュー 7 1〜 7 4の何れかを選択する。 この選択はフア ンク シヨ ンキー 6 1 〜 6 4のうち対応するキーを押す。 例として、 ここではメニュ - 7 2を指定する。 そしてこのデータを確定するため、 リ タ一 ンキー 8 3を押す。 これにより内部的にデータが編集される。 図 5は編集されたグラフィ ッ ク画面 9 1を示す図である。 図か らも分かるように、 信号 8 6 aのデータおよびシンボルの表示 も変換されている。 このように、 一部の信号のデータを編集する場合には、 グラ フィ ック画面 9 1上で容易に行うことができる。 しかし、 同一 のネッ トの信号を複数個編集する場合には、 カーソル合わせや リターンキー入力等を繰り返す必要があり、 入力ミ ス等が生じ やすい。 したがって、 本実施例では同一のネッ トの信号を複数 個編集する場合には、 表示画面 7 aを二一モニック画面 9 2に 切り換えて編集を行う。 すなわち、 キーボード 6のフ ァ ンク シ ヨ ンキー 6 7を押してニーモニッ ク画面選択メ ニュー 7 7を指 定する。 これにより表示画面 7 aは、 グラフィ ック画面 9 1か ら図 6のニーモニッ ク画面 9 2に切り換わる。 二一モニッ ク画 面 9 2に切り換わると、 カーソル 8 8はコマン ドライ ン 8 7上 に移る。 また、 信号 8 6 aを舍むネ ッ トがライ ン 9 3で囲まれ、 そのラ イ ン 9 3が反転表示される。 If you want to edit only signal 86a, move cursor 88 to signal 86a. The cursor 88 can be set for each signal, that is, for each element of the ladder diagram. If it is desired to modify the data of the signal 86a from, for example, XI 2.3 to XI 2.5, enter the data X 12.5 with the keyboard 6. (However, X12.3 and X12.5 indicate the address.) The data entered by this key is displayed on the command line 87. If you want to confirm this new data, press return key 83. As a result, the sequence program in the data memory 4 is converted as displayed, and the data is internally determined. To change the symbol of signal 8Pa, select one of menus 71 to 74. To make this selection, press the corresponding key among the function keys 61 to 64. As an example, specify menu-72 here. Then, press the return key 83 to confirm this data. This internally edits the data. FIG. 5 is a diagram showing the edited graphic screen 91. As can be seen from the figure, the display of the data and the symbol of the signal 86a has also been converted. As described above, when editing data of a part of the signal, it can be easily performed on the graphic screen 91. However, when editing a plurality of signals on the same net, it is necessary to repeat cursor positioning, return key input, and the like, and input errors are likely to occur. Therefore, in this embodiment, when editing a plurality of signals on the same net, the display screen 7a is switched to the 21-monic screen 92 to perform the editing. That is, the function key 67 of the keyboard 6 is pressed to specify the mnemonic screen selection menu 77. As a result, the display screen 7a is switched from the graphic screen 91 to the mnemonic screen 92 in FIG. When the screen is switched to the 21 monic screen 92, the cursor 88 moves to the command line 87. The net carrying the signal 86a is surrounded by a line 93, and the line 93 is highlighted.
ラ イ ン 9 3で囲まれたネッ 卜のプログラムは、 ニーモニック 形式のプログラム 8 9 としてコマン ドライ ン 8 7上に表示され る。 オペレータはカーソル 8 8の位置にある文字や数字を修正 する。 修正する必要のない場合は、 カーソルキー 8 5により力 —ソル 8 8を次に修正したい位置に移動させる。 例えば、 信号 8 6 aのデータ R X 1 2. 3 (R E AD X 1 2. 3 ) を R X 1 2. 5 (R EA D X 1 2. 5 ) に、 かつ信号 8 6 bの データ A R 2. 3 (AND R 2. 3 ) を AN R 4. 5 The program of the net surrounded by the line 93 is displayed on the command line 87 as a mnemonic program 89. The operator corrects the character or number at the position of the cursor 88. If you do not need to make any corrections, use the cursor keys 8 5 to move the force-sol 8 8 to the next position you want to correct. For example, the data RX12.3 (READ X12.3) of the signal 86a is converted to the RX12.5 (READX12.5), and the data AR2.3 of the signal 86b is converted. (AND R 2.3) to AN R 4.5
(AND. O T 4. 5 ) に修正したい場合は、 変換する 文字あるいは数字の下にカーソル 8 8を合わせ、 文字キー 8 1 またはテンキー 8 2により新しいデータを入力する。 これらの 新しいデータを確定する場合は、 リターンキー 8 3を押す。 こ れによりデータメ モ リ 4内のシーケ ンス · プログラムが表示通 りに変換され、 内部的にもデータが編集される。 なお、 コマ ン ドライ ン 8 7上でカーソル 8 8を移動させる場合、 カーソルキ - 8 5の代わりにリターンキ一 8 3を押し続けるようにしても よい。 If you want to modify it to (AND. OT 4.5), place the cursor 88 below the character or number to be converted and enter new data using the character keys 81 or ten keys 82. To confirm these new data, press return key 83. As a result, the sequence program in the data memory 4 is displayed. The data is converted and the data is edited internally. When the cursor 88 is moved on the command line 87, the return key 83 may be kept pressed instead of the cursor key 85.
図 7は編集後のニーモニック画面 9 を示す図である。 図か らも分かるように、 コマン ドラ イ ン 8 7上のプログラム 8 9だ けでなく、 ラダ一図 8 6の信号 8 6 aおよび 8 6 bのデータも 書き換えられる。 このよう に、 ラ イ ン 9 3で囲まれた同一ネッ ト内の編集を続けるときは、 コ マ ン ドラ イ ン 8 7上で連続して 編集し、 最後にリターンキー 8 3を押せばよい。 あるいは文字 や数字を一つずつキー入力する度にリターンキー 8 3を押すよ うにしてもよい。 さらに他のネッ 卜の信号の編集を行いたい場 合には、 再びグラフ ィ ッ ク画面 9 1を選択し、 同様の操作を行 えばよい。 編集を終了するときは、 E S Cキ一 8 4を押せば終 了できる。  FIG. 7 is a diagram showing the mnemonic screen 9 after editing. As can be seen from the figure, not only the program 89 on the command line 87 but also the data of the signals 86a and 86b in the ladder diagram 86 are rewritten. In this way, to continue editing within the same net surrounded by line 93, it is sufficient to edit continuously on command line 87, and finally press return key 83 . Alternatively, the return key 83 may be pressed each time a character or a number is input one by one. If the user wants to edit the signal of another network, he or she can select the graphic screen 91 again and perform the same operation. To end editing, press ESC key 84 to end it.
図 1 は本実施例のシーケンス · プログラムの編集方式の処理 手順を説明するフ ローチャ ー トである。 この処理は、 表示画面 7 aがグラフィ ック画面 9 1 またはニーモニック画面 9 2に選 択された場合に開始される。 なお、 Sに続く数字はステ ッ プ番 号を示す。  FIG. 1 is a flowchart for explaining the processing procedure of the sequence / program editing method of this embodiment. This processing is started when the display screen 7a is selected as the graphic screen 91 or the mnemonic screen 92. The number following S indicates the step number.
〔 S 1〕 ニーモニック画面 9 2が選択されたか否かを判別し、 そうであればステップ S 2に進み、 グラフィ ック画面 9 1が選 択されたのであればステップ S 7に進む。  [S1] It is determined whether or not the mnemonic screen 92 has been selected, and if so, the flow proceeds to step S2, and if the graphic screen 91 has been selected, the flow proceeds to step S7.
〔 S 2〕 カーソル 8 8で指定された信号を含むネッ トをラ イ ン 9 3で囲み、 ラ イ ン 9 3を反転表示する。  [S2] A net including the signal specified by the cursor 88 is surrounded by a line 93, and the line 93 is highlighted.
〔 S 3〕 コマンドライ ン 8 7上にニーモニック形式のプログラ ム 8 9を表示する。 [S3] Mnemonic format program on command line 8 7 Display the time 8 9.
C S 4 3 データが入力されるのを待つ。  Wait for CS43 data to be input.
C S 5 3 キー入力されたデータを内部的に編集するか否か、 す なわちデータ入力後にリターンキー 8 3が押されたか否かを判 別する。 リターンキー 8 3が押された場合はステップ S 6に進 み、 そうでない場合、 すなわちフ ァ ンク ショ ンキー 6 8が押さ れて画面選択がグラフイ ツク画面 9 1 に切り換えられたか、 あ るいは E S Cキー 8 が押されて編集が終了となつた場合には ステップ S 1 0 に進む。  CS53 Determines whether or not to edit the keyed data internally, that is, whether or not return key 83 was pressed after data input. If the return key 83 is pressed, proceed to step S6; otherwise, that is, if the function key 68 is pressed, the screen selection is switched to the graphic screen 91, or ESC. When the key 8 is pressed to end the editing, the process proceeds to step S10.
〔S 6〕 二一モニッ ク画面 9 でキー入力されたデータを内部 的に編集する。  [S6] Internally edit the data entered on the 21st monic screen 9.
〔S 7〕 信号のカーソル指定、 および指定された信号の新しい データの入力を待つ。  [S7] Wait for cursor designation of signal and input of new data of designated signal.
〔 S 8〕 キー入力されたデータを内部的に編集するか否か、 す なわちデータ入力後にリターンキー 8 3が押されたか否かを判 別する。 リターンキー 8 3が押された場合はステップ S 9 に進 み、 そうでない場合、 すなわちフ ア ンクシヨ ンキー 6 7が押さ れて画面選択がニーモニック画面 9 2に切り換えられたか、 あ るいは E S Cキ一 8 4が押されて編集が終了となった場合には ステップ S 1 0 に進む。  [S8] It is determined whether or not the keyed data is to be edited internally, that is, whether or not the return key 83 has been pressed after the data has been input. If the return key 83 is pressed, proceed to step S9; otherwise, that is, if the function key 67 is pressed, the screen selection is switched to the mnemonic screen 92 or the ESC key is pressed. When the editing is completed by pressing 8 4, the process proceeds to step S 10.
〔S 9〕 グラフイ ツク画面 9 1でキー入力されたデータを内部 的に編集する。  [S 9] Internally edits the data entered on the graphic screen 9 1.
C S 1 0〕 ファ ンクショ ンキー 6 7または 6 8が押されて画面 選択がなされたか否かを判別し、 そうであればステップ S 1 に 戻り、 そうでなければステップ S 1 1 に進む。  C S 10] It is determined whether the function key 67 or 68 has been pressed and a screen selection has been made, and if so, the flow returns to step S1; otherwise, the flow proceeds to step S11.
〔S 1 1〕 E S Cキー 8 4が押されたか否かを判別し、 押され たことが確認できれば処理を終了し、 そうでなければステツプ[S 1 1] Determine whether ESC key 84 has been pressed and press If the confirmation is successful, the process is terminated.
S 1 2に進む。 Go to S12.
[ S 1 2〕 キー入力エラーと判断して、 表示画面 7 a上でァラ ーム表示等を行いオペレータにその旨を知らせ、 ステ ッ プ S 5 に民る。  [S12] It is determined that a key input error has occurred, an alarm is displayed on the display screen 7a, etc., and the operator is informed of the error, and the operation proceeds to step S5.
このように、 本実施例では編集したい信号の選択を、 グラフ イ ツク画面 9 1で行うことにより感覚的に分かりやすくすると ともに、 その選択した信号と同一のネッ ト内に編集したい信号 が複数個ある場合には、 それらの編集をニーモニッ ク画面 9 2 で行うことによりキー入力を簡単にしている。 したがって、 操 作性がよい。  As described above, in the present embodiment, the selection of the signal to be edited is made intuitively by performing selection on the graphic screen 91, and a plurality of signals to be edited are included in the same net as the selected signal. In some cases, editing them on the mnemonic screen 92 simplifies key entry. Therefore, operability is good.
以上説明したように本発明では、 ラダ一図形式のプログラム 上で所望のプログラムが指定されると、 それに対応するニーモ 二ック形式のプログラムを同一画面上に表示するようにしたの で、 所望のプログラムの選択をラダー図上で行うことができる 一方、 具体的な編集をニーモニッ ク形式で行える。 したがって, プロダラムの選択が分かりやすく、 かつ編集のためのキー入力 が簡単なため、 操作性が向上する。  As described above, in the present invention, when a desired program is designated on a ladder diagram format program, the corresponding mnemonic program is displayed on the same screen. The program can be selected on the ladder diagram while the specific editing can be done in mnemonic format. Therefore, operability is improved because program selection is easy to understand and key input for editing is simple.

Claims

請 求 の 範 囲 The scope of the claims
1 . シーケ ンス · プログラ厶を画面上で編集するシーケ ンス 1. Sequence to edit the sequence program on the screen
• プログラムの編集方式において、 • In the program editing method,
前記画面上にラダー図形式のプログラムを表示し、  Display a ladder diagram format program on the screen,
前記ラダー図形式のプログラム上で編集したいプログラムを 指定し、  Specify the program you want to edit on the ladder diagram format program,
前記指定された前記ラダー図形式のプログラムに対応する二 一モニック形式のプログラムを同一画面上に表示し、  Displaying a program in a monic format corresponding to the designated program in the ladder diagram format on the same screen;
前記ニーモニック形式のプログラムを編集することを特徴と するシーケ ンス · プログラ厶の編集方式。  An editing method of a sequence program, wherein the program in the mnemonic format is edited.
2 . 前記ニーモニッ ク形式のプログラムが編集されると、 前 記ラダー図形式のプロダラムの対応する部分の表示を編集後の 内容にすることを特徵とする請求項 1記載のシーケンス · プロ グラムの編集方式。  2. The sequence program editing according to claim 1, wherein when the mnemonic format program is edited, the display of the corresponding part of the ladder diagram format program is changed to the edited content. method.
3 . 前記画面は、 前記ラダー図形式のプログラム上で編集し たいプログラムを指定するためのグラフィ ック画面と、 指定さ れたプログラムを編集するためのニーモニック画面とに切り換 えられることを特徵とする請求項 1記載のシーケ ンス · プログ ラムの編集方式。  3. The screen can be switched between a graphic screen for specifying a program to be edited on the ladder diagram format program and a mnemonic screen for editing the specified program. 2. The editing method of the sequence program according to claim 1.
4 . 前記ニーモニック画面上には、 前記グラフ ィ ッ ク画面上 で指定されたェレメ ントを含むネッ トのプログラムを前記二一 モニッ ク形式でコマン ドライ ン上に表示することを特徴とする 請求項 3記載のシーケ ンス · プログラ厶の編集方式。  4. On the mnemonic screen, a net program including the element specified on the graphic screen is displayed on the command line in the 21-monic format. Editing method of the sequence and program described in 3.
PCT/JP1992/000813 1991-07-12 1992-06-25 Editing system for sequence program WO1993001533A1 (en)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3/172396 1991-07-12
JP3172396A JP2698715B2 (en) 1991-07-12 1991-07-12 Editing method of sequence program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO1993001533A1 true WO1993001533A1 (en) 1993-01-21

Family

ID=15941164

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP1992/000813 WO1993001533A1 (en) 1991-07-12 1992-06-25 Editing system for sequence program

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2698715B2 (en)
WO (1) WO1993001533A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105074587A (en) * 2013-02-22 2015-11-18 三菱电机株式会社 System development device, method, and program

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100225954B1 (en) * 1996-12-31 1999-10-15 김영환 Semiconductor memory element for saving power consumption

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59125405A (en) * 1983-01-07 1984-07-19 Fuji Electric Co Ltd Automatic computer programming device
JPS60186904A (en) * 1984-03-05 1985-09-24 Hitachi Ltd Program input system
JPS61147304A (en) * 1984-12-20 1986-07-05 Hitachi Seiki Co Ltd Automatic generating device of sequence program
JPS63204405A (en) * 1987-02-20 1988-08-24 Omron Tateisi Electronics Co Back-up device for generation of program of programmable controller
JPH01244502A (en) * 1988-03-25 1989-09-28 Fanuc Ltd Pc program display system

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59125405A (en) * 1983-01-07 1984-07-19 Fuji Electric Co Ltd Automatic computer programming device
JPS60186904A (en) * 1984-03-05 1985-09-24 Hitachi Ltd Program input system
JPS61147304A (en) * 1984-12-20 1986-07-05 Hitachi Seiki Co Ltd Automatic generating device of sequence program
JPS63204405A (en) * 1987-02-20 1988-08-24 Omron Tateisi Electronics Co Back-up device for generation of program of programmable controller
JPH01244502A (en) * 1988-03-25 1989-09-28 Fanuc Ltd Pc program display system

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105074587A (en) * 2013-02-22 2015-11-18 三菱电机株式会社 System development device, method, and program
CN105074587B (en) * 2013-02-22 2017-08-25 三菱电机株式会社 system development device, method and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2698715B2 (en) 1998-01-19
JPH0519816A (en) 1993-01-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5555357A (en) Computer system and method for generating and manipulating charts and diagrams
WO1982003704A1 (en) Digital control device
WO1993001533A1 (en) Editing system for sequence program
US5504850A (en) Data processing apparatus with headline representation
JPH0660078A (en) Document preparing device and key function setting method
JPH0519817A (en) System for editing sequence program
JP2006065728A (en) Operation information processor and operation information system for electronic equipment, server, terminal device, operation manual preparation method and operation manual output method for electronic equipment, operation manual for electronic equipment, and recording medium recorded with operation manual
JPH07146642A (en) Input system for ladder program
WO1994006065A1 (en) Sequence program editing system
JP2820949B2 (en) Hierarchical object selection method and apparatus, information processing apparatus and CAD apparatus
JPH0580814A (en) Programming device for programmable controller
JPH10301615A (en) Cnc image display system
JPH0528157A (en) Word processor
JPH08147265A (en) Method and device for verifying operability
JPH05313708A (en) Sequence program editing system
JP2000172401A (en) Window display device and storage medium
JP3011050B2 (en) Pointing confirmation method
JPH0863218A (en) Program constitution display system
JPH0696080A (en) Document preparing device having multi-window function and multi-window size changing method
JP2022011034A (en) Data input assistance device, data input assistance method, and program
JP3123720B2 (en) Programming method and programming device for programmable controller
JP3189110B2 (en) Document processing device
JP3201805B2 (en) Dimension line creation device
JPH08137855A (en) Document processor
JPH052587A (en) Document preparation device

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): KR US

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AT BE CH DE DK ES FR GB GR IT LU MC NL SE

122 Ep: pct application non-entry in european phase