JPS63220983A - 鉄筋の抵抗溶接装置 - Google Patents

鉄筋の抵抗溶接装置

Info

Publication number
JPS63220983A
JPS63220983A JP5168287A JP5168287A JPS63220983A JP S63220983 A JPS63220983 A JP S63220983A JP 5168287 A JP5168287 A JP 5168287A JP 5168287 A JP5168287 A JP 5168287A JP S63220983 A JPS63220983 A JP S63220983A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reinforcing bar
arm
main body
reinforcing bars
clamp
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5168287A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0446675B2 (ja
Inventor
Nobukazu Odajima
小田島 信和
Saburo Mori
森 三郎
Sadao Hakamata
袴田 定雄
Hideaki Harasawa
原沢 秀明
Eiji Morishige
森重 英治
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Kokan Koji KK
JFE Engineering Corp
Original Assignee
Nippon Kokan Koji KK
NKK Corp
Nippon Kokan Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Kokan Koji KK, NKK Corp, Nippon Kokan Ltd filed Critical Nippon Kokan Koji KK
Priority to JP5168287A priority Critical patent/JPS63220983A/ja
Publication of JPS63220983A publication Critical patent/JPS63220983A/ja
Publication of JPH0446675B2 publication Critical patent/JPH0446675B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、鉄筋の交差部、殊にその十字重ね部を溶接接
合するための抵抗溶接装置に関する。
[従来の技術] 鉄筋コンクリート構造物の建造に際して、従来の配筋作
業は、鉄筋を1本、1本配筋したうぇでそれらの交差部
を番線またはワイヤで結束し固定している。このような
配筋作業は重労働であり、しかも非能率的であるためそ
の省力化を図る必要があり、そのため工場サイドで一定
の大きさの網目状ないし格子状の鉄筋プレハブ構造物を
製作することが考えられる。
しかし、従来のような番線等で結束した鉄筋プレハブ構
造物をクレーンで運搬すると、プレハブ構造物が崩壊す
るおそれが多分にあり、極めて危険であるためほぼ不可
能である。しかしこれを実施するためには該交差部を的
確に固定する必要があり、これを手溶接で行うと多大の
時間を要し1、あまり能率的とはいえない。そこで、自
動溶接ないしはそれに近い溶接方法により該交差部を安
全に確実に固定する装置の開発が待望されていた。
[発明が解決しようとする問題点] 本発明は、上記のような従来からの問題点を解決するた
めのもので、その目的とするところは、鉄筋交差部の安
全確実な固定を実現すること、およびその固定作業を能
率的に行なえるようにすることにある。
[問題点を解決するための手段] 本発明に係る鉄筋の抵抗溶接装置は、上記の目的を達成
するため、本体に上鉄筋用給電ブロックと、該給電ブロ
ックとの間で主鉄筋をクランプする回動自在に枢支され
た下鉄筋用クランプアームとを配し、また本体に圧接装
置を設けるとともに該圧接装置に上鉄筋用給電ブロック
を取付けた圧接アームを主鉄筋と直交方向に回動自在に
連結し、さらにこの圧接アームに前記上鉄筋用給電ブロ
ックとの間で主鉄筋をクランプする下鉄筋用クランプア
ームを回動自在に枢支してなる構成としたものである。
さらに本発明の好ましい実施態様としては、■鉄筋圧接
時にその強力な圧接力により主鉄筋が主鉄筋まわりにす
り上がろうとするのを抑えるために主鉄筋移動防止装置
を設ける。■鉄筋の交差部接合を2vA所同時に実施で
きるように、本体の中央部に上鉄筋用給電ブロックと下
鉄筋用クランプアームとからなる主鉄筋クランプ部と、
該主鉄筋クランプ部の両側に上鉄筋用給電ブロックと下
鉄筋用クランプアームとからなる1組の主鉄筋クランプ
部とを配置する。
[作 用コ 本発明による鉄筋の抵抗溶接装置では、まず上鉄筋用給
電ブロックと主鉄筋クランプアームとの間で主鉄筋をク
ランプし、次いで上鉄筋用給電ブロックと下鉄筋用クラ
ンプアームとの間で主鉄筋をクランプする。この場合に
、圧接装置の圧接アームは主鉄筋に対し直交方向に回動
するよう圧接装置に連結されているため、本装置の脱着
時に、下鉄筋用クランプアームは主鉄筋と干渉しない。
したがって、このように主鉄筋と主鉄筋をその交差部の
近傍でそれぞれクランプしたのち、圧接装置により主鉄
筋を引上げることにより主鉄筋と強力に加圧させ、この
状態で給電ブロックを通じて通電することにより鉄筋交
差部の抵抗溶接が行われる。
[実施例] 以下、本発明の一実施例を図により詳細に説明する。
第1図は本発明の実施例の正面図、第2図は第1図■−
■線における縦断側面図、第3図は第2図■−■線にお
ける縦断側面図、第4図は第1図の背面図である。これ
らの図に示す実施例では、まず接合すべき主鉄筋1と主
鉄筋2を、あらかじめ所定寸法の格子状に仮組配筋して
おき、次に本装置を用いてそれらの鉄筋交差部の2箇所
すなわちAおよびBを同時に、または個々に順次溶接す
るようになっている。しかして箱形の本体10は、上部
にクレーンで吊下げるための吊り金具12゜13を有し
、本体10の下部中央部に上鉄筋用給電ブロック14が
取付けられている。上鉄筋用給電ブロック14は第2図
に示すように、絶縁体15を介して取付部材16の下端
に取付けられている。さらに本体10の内部に並列接続
にて装置された1組の変圧器18と18aと導体21に
より接続されている。
第3図に示すように主鉄筋1を給電ブロック14との間
でクランプするために、クランプ時、主鉄筋1の下側に
受は部22aが回動してくるように下鉄筋用クランプア
ーム22が本体1oの下部に取付けたブラケット23に
ピン24にて枢支されている。このクランプアーム22
の基端はシリンダ25のロッド26にピン27で連結さ
れ、ロッド26を伸縮させることによりクランプアーム
22をアンクランプおよびクランプ方向に開閉すること
ができる。シリンダ25は本体1oの下部にトラニオン
28にて支持されている。
再び第1図を参照して、本体10には左右一対のシリン
ダからなる圧接装置30.32が装着されている。圧接
装置30.32のシリンダロッド31.33にはスライ
ドブロック34.36を介して圧接アーム38.40が
それぞれビン42゜44にて連結されている。したがっ
て、各圧接アーム38.40はビン42.44を中心と
して上鉄筋1に対し直角方向に回動し得る。さらに、各
圧接アーム38.40には上鉄筋用給電ブロック46.
48が可撓導体47.49がそれぞれ接続されて取付け
られており、また、上鉄筋2を各給電ブロック46.4
8との間でクランプするために、クランプ時、上鉄筋2
の下側に受は部50a。
52aが回動してくるように上鉄筋用クランプアーム5
0,52が各圧接アーム38.40の下部に取付けたブ
ラケット51.53にビン54.56にて枢支されてい
る。そして、各クランプアーム50,52は圧接アーム
38.40の側方にブラケット55.57を介してトラ
ニオン58゜60でそれぞれ枢支されたシリンダ62.
64のロッド63,65とビン66.68にて連結され
ている。したがって、ロッド6B、65を伸縮させるこ
とによりクランプアーム50,52をクランプおよびア
ンクランプ方向に閉止・開放することができる。また、
各クランプアーム50,52の受は部50a、52aは
、第2図に示すように、上鉄筋2の支持部Cから鉄筋交
差部A、Bの直下部までを支持するのに十分な幅を有す
る。
次に、前記のように各圧接アーム38.40をビン42
.44を中心として回動させるために、本体10の下部
にシリンダ70.72 (ただし、72の方は図示され
ていない。したがって、以下においてはシリンダ70側
について説明する。)を設け、このシリンダ70のロッ
ド73先端と圧接アーム40の中間部に設けた長穴74
とをビン75で連結している。したがって、ロッド73
の伸縮により、圧接アーム40はビン75を中心として
第2図において左右方向に揺動し得る。
なお、前記のスライドブロック34.36は、本体10
に取付けられたスライドガイド35.37により案内さ
れている。また、可撓導体47゜49の各基端は本体1
0内部に並列接続にて装置された1組の変圧器20,2
0aにそれぞれ接続されている。
次に、上鉄筋1と上鉄筋2を圧接した時、その強力な圧
接力により上鉄筋2が鉄筋交差部AまたはBを支点とし
て第2図において左方へすり上がるおそれがあるので、
これを防止するために第2図および第4図に示すように
、移動防止装置76゜78が本体10の背面に装着され
ている。
各移動防止装置76.78は、圧接アーム38゜40お
よびそれらに取付けられた上鉄筋用クランプアーム50
,52とほぼ同様の構成からなるもので、本体10の背
面においてビン77.791.:より吊支された押えア
ーム80.82と、押えアーム80.82の下端に取付
けられた上鉄筋2の当金81.83と、受は部84a、
86aを有するクランプアーム84,86と、各クラン
プアーム84,86の中間部を押えアーム80.82の
下端に回動自在に枢支するブラケット85,87および
ビン88.90と、各クランプアーム84.86をアン
クランプおよびクランプ方向に開閉せしめるロッド92
,94を連結じたシリンダ91.93とからなり、シリ
ンダ91.93はトラニオン95.97により押えアー
ム80.82の側方に設けたブラケット99,101に
枢支されている。
なお、各クランプアーム84,86にはばねによる振れ
止め機構98,100が設けられている。
以上のように構成された実施例装置を使用して、格子状
に仮組付けされたプレハブ構造物の鉄筋交差部A、Bを
溶接接合する場合を次に説明する。
すべてのクランプアーム22.50,52,84.86
および圧接アーム38.40を開放状態にして、クレー
ンにより本装置を吊下げ、接合すべき鉄筋交差部A、B
の近傍に下ろす。まず、主鉄筋用クランプアーム22を
閉止することにより上鉄筋1をその給電ブロック14と
クランプ方向 40を第2図において反時計方向に回動させると、上鉄
筋用給電ブロック46.48は主鉄筋2の上面に位置し
、次いでクランプアーム50,52を閉止すれば鉄筋交
差部A、Bの直下部にまでわたって主鉄筋2を給電ブロ
ック46.48と対応するクランプアーム50,52と
でクランプし、さらに主鉄筋2の後方部を移動防止装置
76.78の当金81.83とクランプアーム84,8
6とでクランプする。
次いで、圧接アーム38.40を圧接装置31゜33の
ロッド31,33をして引上げると、鉄筋交差部Aおよ
びBに強力な圧接力を作用させることができる。したが
って、この状態で溶接電流を変圧器18,18aから導
体21および給電ブロック14を経て主鉄筋1に供給し
、また変圧器2o、20aから可撓導体47.49と給
電ブロック46.48を通して主鉄筋2に給電すると、
鉄筋交差部AおよびBはそれぞれジュール熱により加熱
され加圧変形を受は接合されることになる。
以後、同様の動作を各鉄筋交差部に繰返し実施すること
により格子状の鉄筋プレハブ構造物を工場サイドで安全
確実に製作することができるものである。
なお、上記の実施例では、2箇所の鉄筋交差部A、Bを
同時に抵抗溶接する場合を説明したが、個々に溶接する
ものであってもよい。
[発明の効果〕 以上のように本発明によれば、半自動的に鉄筋交差部を
抵抗溶接にて接合することができ、格子状の鉄筋プレハ
ブ構造物を工場サイドで安全確実にかつ能率的に製作す
ることができるという効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の実施例の正面図、第2図は第1図■−
■線における縦断側面図、第3図は第2図■−■線にお
ける縦断側面図、第4図は背面図である。 1・・・主鉄筋 2・・・主鉄筋 10・・・本体 14・・・上鉄筋用給電ブロック 22・・・主鉄筋用クランプアーム 30.32・・・圧接装置 38.40・・・圧接アーム 46.48・・・上鉄筋用給電ブロック50.52・・
・下鉄筋用クランプアーム代理人 弁理士  佐々木 
宗 治 第2図 第3図 第4図

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)本体と、該本体に取付けられた上鉄筋用給電ブロ
    ックと、該上鉄筋用給電ブロックとの間で上鉄筋をクラ
    ンプするべく前記本体に回動自在に枢支された上鉄筋用
    クランプアームと、前記本体に装着された圧接装置と、
    該圧接装置に上鉄筋に対し直交方向に回動自在に連結さ
    れた圧接アームと、該圧接アームに取付けられた下鉄筋
    用給電ブロックと、該下鉄筋用給電ブロックとの間で下
    鉄筋をクランプするべく前記圧接アームに回動自在に枢
    支された下鉄筋用クランプアームとを備えてなることを
    特徴とする鉄筋の抵抗溶接装置。
  2. (2)本体にさらに下鉄筋移動防止装置を備えてなるこ
    とを特徴とする特許請求の範囲第1項記載の抵抗溶接装
    置。
  3. (3)本体の中央部に上鉄筋用給電ブロックと上鉄筋用
    クランプアームとからなる上鉄筋クランプ部と、該上鉄
    筋クランプ部の左右に下鉄筋用給電ブロックと下鉄筋用
    クランプアームとからなる1組の下鉄筋クランプ部とを
    配置してなることを特徴とする特許請求の範囲第1項記
    載の抵抗溶接装置。
JP5168287A 1987-03-06 1987-03-06 鉄筋の抵抗溶接装置 Granted JPS63220983A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5168287A JPS63220983A (ja) 1987-03-06 1987-03-06 鉄筋の抵抗溶接装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5168287A JPS63220983A (ja) 1987-03-06 1987-03-06 鉄筋の抵抗溶接装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63220983A true JPS63220983A (ja) 1988-09-14
JPH0446675B2 JPH0446675B2 (ja) 1992-07-30

Family

ID=12893654

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5168287A Granted JPS63220983A (ja) 1987-03-06 1987-03-06 鉄筋の抵抗溶接装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS63220983A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07112280A (ja) * 1993-10-18 1995-05-02 Kajima Corp 鉄筋結合ロボット溶接装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07112280A (ja) * 1993-10-18 1995-05-02 Kajima Corp 鉄筋結合ロボット溶接装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0446675B2 (ja) 1992-07-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5537942B2 (ja) 同様の好ましくは同一のフレームを有する、板をクランプするプライヤー群およびその群からのプライヤー
CN108067760A (zh) 汽车三元催化器系统焊接装置及汽车焊接设备
JPS63220983A (ja) 鉄筋の抵抗溶接装置
CN111421288A (zh) 一种钢筋笼焊接用夹持焊接钳
CN100391686C (zh) 法兰定位器
WO2008063007A1 (en) Connector for steel bar
CN211306021U (zh) 一种平行夹钳
JP2765758B2 (ja) ヤーンを配向する装置
CN216055624U (zh) 一种数据线焊锡设备的端子焊接机构
CN212695683U (zh) 一种引流线固定装置
CN107756089A (zh) 一种建筑管道手动夹装固定结构
EP0795374A2 (en) Spot welding head
JPH036722B2 (ja)
JPH07112280A (ja) 鉄筋結合ロボット溶接装置
JPH06130243A (ja) 光ファイバの搬送治具
CN218363012U (zh) 管型桁架用焊接夹紧装置
JPH11159092A (ja) 折版材の吊り装置
JP5792232B2 (ja) 絶縁用器具
CN218016617U (zh) 一种钢板加工的快速焊接装置
CN113020767B (zh) 一种用于焊接钢筋骨架的机械手及其使用方法
JPH10230548A (ja) エレクトロフュージョン継手用クランプ装置
CN207727769U (zh) 一种型钢梁与梁箍筋的连接器
JPH036102Y2 (ja)
DK144442B (da) Apparat til magnetisering af langstrakte krumme overfladeomraader
JPH091339A (ja) 溶接機