JPS61200837A - 排ガス処理方法 - Google Patents

排ガス処理方法

Info

Publication number
JPS61200837A
JPS61200837A JP60038786A JP3878685A JPS61200837A JP S61200837 A JPS61200837 A JP S61200837A JP 60038786 A JP60038786 A JP 60038786A JP 3878685 A JP3878685 A JP 3878685A JP S61200837 A JPS61200837 A JP S61200837A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
exhaust gas
adsorbent
gas
regenerated
liquid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP60038786A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6348573B2 (ja
Inventor
Shigeo Yasutake
安武 重雄
Norio Makita
則夫 槙田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ebara Corp
Original Assignee
Ebara Infilco Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ebara Infilco Co Ltd filed Critical Ebara Infilco Co Ltd
Priority to JP60038786A priority Critical patent/JPS61200837A/ja
Publication of JPS61200837A publication Critical patent/JPS61200837A/ja
Publication of JPS6348573B2 publication Critical patent/JPS6348573B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A50/00TECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE in human health protection, e.g. against extreme weather
    • Y02A50/20Air quality improvement or preservation, e.g. vehicle emission control or emission reduction by using catalytic converters

Landscapes

  • Treating Waste Gases (AREA)
  • Physical Water Treatments (AREA)
  • Removal Of Specific Substances (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明はトリクロロエチレン、テトラクロロエチレン等
の発ガン性のある揮発性有機塩素化合物を含む上水、用
水、廃水等の処理で利用するスト関するものである。
〔従来技術〕
近年、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン等の
発ガン性のある揮発性有機塩素化合物による環境汚染が
問題となっており、汚染源は、ドライクリーニング用脱
脂剤や、金属工業、電子産業等の洗浄廃水に起因すると
いわれている。
水中に含まれるこれら揮発性有機塩素化合物は、ストリ
ッピングを行うことによって水中から容易に除去するこ
とができるが、ストリッピングで排気される排ガス中に
揮発性有機塩素化合物が移行し、この排ガスを未処理の
まま大気中に放散すると、再び新たな環境汚染の原因と
なるところから、吸着剤によって排ガスを吸着処理し、
無害化することが一般的に考えられる。
〔発明が解決しようとする問題点〕
しかしながら、前記排ガスの吸着処理は、比較的確実な
方法であるが、対象成分濃度が一般に数十■/N+yr
以下と極めて低濃度であるために、吸に排出される使用
済再生剤中の脱着された成分の処理も必要となり、処理
操作は煩雑であり、全体のランニングコストも高くなる
点が問題であった。
本発明は、揮発性有機塩素化合物を含む上水、用水、廃
水等のストリッピングで排気される排ガスを吸着剤を使
用して、低コストでしかも簡便に無害化処理し、゛環境
汚染防止をはかろうとするものである。
〔問題点を解決するための手段〕
本発明は1.揮発性有機塩素化合物を含む水をストリッ
ピングして排気される排ガスを、吸着剤に接触せしめて
排ガス中に移行された前記揮発性有機塩素化合物を吸着
剤に吸着せしめ、該吸着剤が破過に達した時に再生液も
しくは再生ガスで吸着成分を脱着し、排出される再生排
液もしくは再生排ガスに紫外線を照射して再生排液もし
くは再生排ガス中に脱着された前記揮発性有機塩素化合
物を分解することを特徴とする排ガス処理方法である。
〔作  用〕
本発明の作用について、一実施態様を示す図面を参照し
ながら説明すれば、トリクロロエチレン、テトラクロロ
エチレン等の揮発性有機塩素化合物を含有する原水1は
、ストリッピング装置2に導かれて上方から充填物3に
散布され、下方から送風機4によって吹き込まれるスト
リッピングガス(空気など)5により水中の揮発性有機
塩素化合物が除去され、処理水6となって流出する。一
方、ストリッピング装置2から排気される排ガス7中に
は、水中から追い出された揮発性有機塩素化合物が含ま
れており、この排ガス7を吸着剤8を充填した吸着装置
9に導入して吸着剤8と接触させることにより、排ガス
7中の揮発性有機塩素化合物は吸着剤8に吸着され、無
害化された処理ガス10となって排出される。
このような吸着操作において、吸着剤8は吸着の進行に
伴って吸着能力を失い、破過に達した時点で排ガスの通
気停止あるいは予備吸着装置への切り換えを行い、吸着
剤8の吸着成分の脱着、再生を行う、すなわち、吸着剤
層に再生液もしくは再生ガスll (図示例では送風機
4から再生ガスが送気される)を通過させ、吸着剤8に
吸着された揮発性有機塩素化合物を脱着し、排出される
再生排液もしくは再生排ガス12を紫外線照射装置13
に導入して紫外線を照射すると、強力な紫外線エネルギ
ーにより再生排液もしくは再生排ガス12中に脱着され
た揮発性有機塩素化合物は分解され、無害化されて排出
される。
前記吸着剤8としては粒状又は繊維状、ハニカム状等の
活性炭、ゼオライト、モレキュラシーブ等の天然、合成
樹脂吸着剤を使用することができ、再生液としては温水
又はアルコール等の有機溶媒を、再生ガスとしては加熱
空気(100℃程度で十分である)を使用することがで
き、また吸着装置9に加熱装置14を付設するのも好ま
しい。
〔実施例〕
某工場洗浄廃水を対象として、本発明を図示例の実施態
様にしたがって実施した場合の処理条件及び処理効果は
次の通りであった。
方式:テラレット充填塔(5m充填) 通気量(空気)7通水量:30 通水速度:60m/h 水質 原水中トリクロロエチレン:350〜600μg/l原
水中テトラクロロエチレン:130〜200μg/l処
理水中トリクロロエチレン:く10μg/l処理水中テ
トラクロロエチレン:〈5μgill吸着装置 方式:繊維状活性炭吸着 加熱空気(100℃)再生 入口(排ガス)トリクロロエチレン: lO〜20■/Nイ 入口(排ガス)テトラクロロエチレン:4〜6■/Nr
rr 出口(処理ガス)トリクロロエチレン:〈0.1■/N
rI? 出口(処理ガス)テトラクロロエチレン:〈0.1■/
Nポ 方式:4OOW紫外線ランプによる直接照射入口(再生
排ガス)トリクロロエチレン:500〜1000曙/N
1 人口(再生排ガス)テトラクロロエチレン:500〜1
000■77N1 出口トリクロロエチレン;くlμg/N7!出ロチトラ
クロロエチレン:く1μg/NJ〔発明の効果〕 以上述べたように本発明によれば、排ガス中の揮発性有
機塩素化合物濃度規制が厳しい場合や対象排ガス濃度が
高い場合にも、該化合物を効果的に分解、無害化するこ
とができ、また再生設備のコンパクト化を図ることがで
き、現場で、しかも低コストで吸着剤の再生と環境汚染
防止が可能になるなど極めて有益なる効果を有するもの
である。
【図面の簡単な説明】
図面は本発明の一実施態様を示す系統説明図である。 1・・・−原水、2−・・ストリッピング装置、3−充
填物、4・・・送風機、5−・ストリッピングガス、6
−・処理水、7−・・排ガス、8−吸着剤、9−唆着装
置、10−・処理ガス、11−再生ガス、12−再生排
ガス、13−紫外線照射装置、14−加熱装置。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1、揮発性有機塩素化合物を含む水をストリッピングし
    て排気される排ガスを、吸着剤に接触せしめて排ガス中
    に移行された前記揮発性有機塩素化合物を吸着剤に吸着
    せしめ、該吸着剤が破過に達した時に再生液もしくは再
    生ガスで吸着成分を脱着し、排出される再生排液もしく
    は再生排ガスに紫外線を照射して再生排液もしくは再生
    排ガス中に脱着された前記揮発性有機塩素化合物を分解
    することを特徴とする排ガス処理方法。
JP60038786A 1985-03-01 1985-03-01 排ガス処理方法 Granted JPS61200837A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP60038786A JPS61200837A (ja) 1985-03-01 1985-03-01 排ガス処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP60038786A JPS61200837A (ja) 1985-03-01 1985-03-01 排ガス処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS61200837A true JPS61200837A (ja) 1986-09-05
JPS6348573B2 JPS6348573B2 (ja) 1988-09-29

Family

ID=12534982

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP60038786A Granted JPS61200837A (ja) 1985-03-01 1985-03-01 排ガス処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61200837A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01300969A (ja) * 1988-05-31 1989-12-05 Matsushita Electric Ind Co Ltd ハロゲン化非環式炭化水素化合物の分解方法
EP0352891A1 (en) * 1988-07-29 1990-01-31 Zimpro/Passavant Inc. Process for treatment of water containing volatile and toxic compounds
JPH0356695U (ja) * 1989-10-04 1991-05-30
JPH0526179U (ja) * 1991-09-10 1993-04-06 オルガノ株式会社 有機溶剤含有水の浄化処理装置
US5266540A (en) * 1990-02-02 1993-11-30 Eniricerche S.P.A. Process for the regeneration of active carbon
KR100424507B1 (ko) * 2000-05-27 2004-03-26 (주)백년기술 휘발성 유기화합물 처리방법
EP1715938A1 (en) * 2004-01-27 2006-11-02 Purifics Environmental Technologies, Inc. Advanced contaminant treatment system
CN102107913A (zh) * 2010-12-22 2011-06-29 薛铜龙 一种干洗机废水的处理装置

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108854434B (zh) * 2017-05-15 2021-06-04 中国石油化工股份有限公司 一种炼厂VOCs废气的处理方法及装置
CN108993113B (zh) * 2018-09-07 2020-08-25 上海弘熵环保科技有限公司 一种有机废气气味治理的多工艺组合系统和方法

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01300969A (ja) * 1988-05-31 1989-12-05 Matsushita Electric Ind Co Ltd ハロゲン化非環式炭化水素化合物の分解方法
EP0352891A1 (en) * 1988-07-29 1990-01-31 Zimpro/Passavant Inc. Process for treatment of water containing volatile and toxic compounds
JPH0356695U (ja) * 1989-10-04 1991-05-30
US5266540A (en) * 1990-02-02 1993-11-30 Eniricerche S.P.A. Process for the regeneration of active carbon
JPH0526179U (ja) * 1991-09-10 1993-04-06 オルガノ株式会社 有機溶剤含有水の浄化処理装置
KR100424507B1 (ko) * 2000-05-27 2004-03-26 (주)백년기술 휘발성 유기화합물 처리방법
EP1715938A1 (en) * 2004-01-27 2006-11-02 Purifics Environmental Technologies, Inc. Advanced contaminant treatment system
EP1715938A4 (en) * 2004-01-27 2008-08-06 Purifics Environmental Technol ADVANCED PROCESS FOR TREATING CONTAMINATION
CN102107913A (zh) * 2010-12-22 2011-06-29 薛铜龙 一种干洗机废水的处理装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6348573B2 (ja) 1988-09-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5087374A (en) Removal of contaminates from granular solids
KR100354281B1 (ko) 쓰레기처리장치
KR970005365A (ko) 휘발성 유기성분 제거방법 및 이 방법에 사용되는 도료분무부스
JPS61200837A (ja) 排ガス処理方法
JPS6348574B2 (ja)
JP2008188492A (ja) 水処理システム
JPH0952015A (ja) 溶剤処理装置及び溶剤処理方法
KR20020057852A (ko) 휘발성 유기화합물의 회수 및 제거 방법과 이에 사용되는장치
JPS6348567B2 (ja)
JP2548665B2 (ja) 吸着処理方法
JP3384464B2 (ja) 揮発性有機塩素化合物の処理方法
JP2003159511A (ja) 脱硝用吸着剤の再生方法、排ガスの処理方法および装置
JPH043678Y2 (ja)
JP2004000916A (ja) 分解対象物質装置及びその分解方法
JPS5775121A (en) Method and apparatus for treating waste gas at coating
JP2006055713A (ja) 水処理システム
JP2004098014A (ja) 揮発性有機化合物含有ガスの処理方法
JPH0910553A (ja) 揮発性有機ハロゲン化合物含有排ガスの処理方法
TWM570308U (zh) No heat regeneration system
JP3611278B2 (ja) 汚染成分含有水の処理方法
JP3925890B2 (ja) Pcb類汚染物洗浄排ガスの処理方法およびその装置
JP3382854B2 (ja) 汚染成分含有ガスの処理方法
TW546161B (en) Method for regeneration of exhaust absorbing and treating system
JPH0410368B2 (ja)
JP3421923B2 (ja) 廃棄ガス中に含まれる希薄なガス状炭化水素の処理方法

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees