JPH11176137A - Optical disk medium and its recording method and device - Google Patents

Optical disk medium and its recording method and device

Info

Publication number
JPH11176137A
JPH11176137A JP34487397A JP34487397A JPH11176137A JP H11176137 A JPH11176137 A JP H11176137A JP 34487397 A JP34487397 A JP 34487397A JP 34487397 A JP34487397 A JP 34487397A JP H11176137 A JPH11176137 A JP H11176137A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
av
data
recording
clip
file
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34487397A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Katsuhiko Miwa
Tomoyuki Okada
Kazuhiro Tsuga
Tomotaka Yagi
勝彦 三輪
知隆 八木
智之 岡田
一宏 津賀
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a recorder that is the maximum and true application of a rewritable large-capacity optical disk DVD-RAM by recording a thumbnail for indicating the data between partial reproduction sections and control information with pointer information to the thumbnail at each partial reproduction section of moving image data. SOLUTION: A recording/editing/reproducing control part 105 first takes out a thumbnail image. For taking out the thumbnail image, a thumbnail file is guided from the body name of an AV file that a chip belongs to. The recording/editing/reproducing control part 105 requests the reading of thumbnail data to an AV file system part 103 with the thumbnail file and the address and size of the thumbnail to be read as arguments. The AV file system part 103 reads an MPEG program stream where the thumbnail is stored via a disk- reading part 101 and transmits the read MPEG program stream to an AV data reproduction part 130.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、読み書き可能な光ディスクと、その記録方法、記録装置、編集方法、編集装置、再生方法および再生装置であるDVDレコーダに関し、中でも少なくとも動画像データおよびオーディオデータを含むマルチメディアデータが記録された光ディスクと、その記録方法、記録装置、再生方法および再生装置であるDVDレコーダに関する。 The present invention relates includes a read-write optical disk, a recording method, recording apparatus, editing method, editing device, a DVD recorder which is a reproduction method and reproduction apparatus, inter alia at least moving picture data and audio data and optical disk multimedia data is recorded, including, a recording method, a recording apparatus, a DVD recorder which is a reproduction method and reproduction apparatus.

【0002】 [0002]

【従来の技術】640MB程度が上限であった書き換え型光ディスクの分野で数GBの容量を有する相変化型光ディスクDVD−RAMが出現し、コンピュータ用途だけでなく、AVにおける記録・再生メディアとして期待されている。 BACKGROUND OF THE INVENTION Phase-change optical disc DVD-RAM having a capacity of several GB in the field of rewritable optical disc about 640MB was upper appeared not only computer applications, is expected as recording and reproducing media in the AV ing. つまり、従来の代表的なAV記録メディアである磁気テープに代わるメディアとして普及が予想される。 That is, the spread is expected as a medium in place of magnetic tape which is a typical conventional AV recording media.

【0003】(DVD−RAMの簡単な例)近年、書き換え可能な光ディスクの高密度化が進みコンピュータデータやオーディオデータの記録に留まらず、動画像データの記録が可能となりつつある。 [0003] (A simple example of a DVD-RAM) In recent years, not only the recording density has progressed computer data and audio data of a rewritable optical disk, it is becoming possible to record moving image data.

【0004】例えば、光ディスクの信号記録面には、従来から凸凹状のガイド溝が形成されている。 [0004] For example, the signal recording surface of the optical disc, uneven guide grooves have been conventionally formed.

【0005】従来は凸または凹にのみ信号を記録していたが、ランド・グルーブ記録法により凸凹両方に信号を記録することが可能となった。 Conventionally had recorded signals only on the convex or concave, but it has become possible to record signals on both uneven by the land-groove recording method. これにより約2倍の記録密度向上が実現した(例えば特開平8−7282号公報参照)。 Thus realized is approximately twice the recording density (for example, see JP-A-8-7282).

【0006】また、記録密度を向上させるために有効なCLV方式(線速度一定記録)の制御を簡易化し実用化を容易とするゾーンCLV方式なども考案、実用化されている(例えば特開平7−93873号公報参照)。 Further, devised such simplified zone CLV method that facilitates practical control of valid CLV method (constant linear velocity recording) in order to improve the recording density, it has been put to practical use (e.g., JP-A-7 see JP -93,873).

【0007】これらの大容量化を目指す光ディスクを用いて如何に動画像を含むAVデータを記録し、従来のAV [0007] how to record AV data including a moving image by using an optical disc aimed at these large capacity, the conventional AV
機器を大きく超える性能や新たな機能を実現するかが今後の大きな課題である。 Or to achieve the performance and new features that greatly exceeds the equipment is a major issue for the future.

【0008】このような大容量で書き換え可能な光ディスクの出現により、AVの記録・再生も従来の磁気テープに代わり光ディスクが主体となることが考えられる。 [0008] With the advent of rewritable optical disk in such a large volume, AV recording and reproduction of even place optical disk of the conventional magnetic tape is considered to be a principal. テープからディスクへの記録メディアの移行はAV機器の機能・性能面でさまざまな影響を与えるものである。 Migration of the recording media from tape to disk is intended to give the various effects in the functions and performance aspects of the AV equipment.

【0009】ディスクへの移行において最大の特徴はランダムアクセス性能の大幅な向上である。 [0009] The biggest feature in the transition to disk is a significant improvement in random access performance. 仮にテープをランダムアクセスする場合、一巻の巻き戻しに通常数分オーダーの時間が必要である。 If the case of random access to tape, it usually requires time for the number of orders rewinding one volume. これは光ディスクメディアにおけるシーク時間(数10ms以下)に比べ桁違いに遅い。 This order of magnitude slower than the seek time of the optical disc medium (the number of 10ms or less). 従ってテープは実用上ランダムアクセス装置になり得ない。 Thus the tape can not be practically random access device.

【0010】具体例で補足を行うと、仮に2時間テープに2時間分の放送が一度記録された後、途中の30分だけを残し他の1時間半を消去し、消去した部分を他の録画に利用する場合を考える。 [0010] a supplementary illustrative examples, after tentatively broadcast 2 hours to 2 hours tape is once recorded, to erase the one and a half hours leaving only the other 30 minutes of middle portions of the other of the deleted consider the case to be used for recording. テープ上には途中に残った3 Is on the tape was left in the middle of 3
0分の映像で分断された細切れの前半部分と後半部分が残る。 The first half and the second half of the chopped, which is divided at 0 minutes of the video remains. 理論上合計1時間半分の空き領域が存在するにも関わらず、1時間半分の連続録画を行うことはできない。 Despite the presence of theoretical total of 1 hour half free space, it is impossible to perform continuous recording of one hour half.

【0011】これには次の2つの理由が存在する。 [0011] The following two reasons exist for this. まず第1にデジタルVTRであってもテープ上の映像データがファイルとして管理されていない。 Video data on the tape is not managed as a file even first digital VTR in the first. 従ってどこが空き領域であり、どの部分が記録済み領域かが識別できない。 Thus where is the free space, which part can not be identified or recorded area is. 第2の理由として、ランダムアクセス性能の低さにより連続領域以外の離れた領域にAVデータを連続記録も、再生もできない。 As a second reason, continuous recording of AV data to a remote area of ​​non-contiguous regions with low random access performance can not be reproduced.

【0012】このようにテープはその物理構造上、巻き戻しを行い先頭から連続的に記録するか、または記録された最後の部分に追記するかのいずれかの使用方法に限定されるものである。 [0012] tape in this way on its physical structure, is intended to be limited to any use of either additional recording from the beginning do rewinding or continuously recorded, or the recorded last part .

【0013】録画済みのテープに追加録画する場合、実質上先頭への巻き戻しが発生し記録済みの映像を消してしまったり、巻き戻し時間がかかり、録画チャンスを逃がしてしまうことをたびたび経験しているはずである。 [0013] If you want to add video recording to a recorded tape, or have deleted the rewind recorded video occurred to virtually top, rewind time-consuming, often experience that would escape a recording chance and it should have.

【0014】光ディスクによりもたらされるランダムアクセス性能の向上は単なる頭出しの早さだけではなく、 [0014] The improvement in random access performance caused by the optical disc is not only fast as a mere beginning,
以下に説明する3つの機能的な特徴を生み出すものである。 It is intended to produce three functional features described below. 1) AVデータがコンピュータのファイルとして取り扱える。 1) AV data is handled as a file on your computer. 2) AVデータのノンリニア編集が可能となる。 2) it is possible to non-linear editing of AV data. 3) 可変ビットレートのAVデータをリアルタイムで記録・再生可能である。 3) which is a recording-capable of reproducing AV data of variable bit rate in real time.

【0015】以下これらの特徴を従来技術により説明する。 [0015] The following these features will be described by the prior art. (従来技術1:コンピュータファイルとしてAVデータを記録する)相変化型光ディスクDVD−RAMを搭載したマルチメディアPCの場合を例に取って従来技術1 (Prior art 1: computer for recording AV data as a file) phase change optical disk where the multimedia PC with DVD-RAM conventionally taken as an example technology 1
を説明する。 It will be described.

【0016】コンピュータに接続して光ディスクを用いる場合、OS中にあるファイルシステムと呼ばれる記録媒体管理プログラムを通してディスク上への書き込みや読み出しが行われる。 [0016] If connected to a computer using an optical disk, write and read to the disk on through the recording medium management program called file systems in the OS is performed. コンピュータで主に扱うデータは文字やコードデータであるため1ファイルの容量は例えば100kb程度と光ディスクの記録容量(数GB)に対して小さい。 Mainly handled data computer capacity one file for a character or code data is small relative to the example 100kb about the recording capacity of the optical disk (a few GB). そのためファイルシステムは多数の小さなファイルが記録、消去を繰り返しても問題が生じないように設計されている。 Therefore the file system has many small files recorded, it is designed to ensure problem even after repeated erase.

【0017】具体的にはディスク全体を数10KB単位の小さなデータブロックに分割し、一つのデータブロックにファイルがおさまらない場合には、必ずしも連続領域にない他のデータブロックへ残りのデータを記録する。 [0017] Specifically, by dividing the entire disk into small data blocks having 10KB units, when the one data block file does not fit is necessarily recorded the remaining data to the other data blocks not in the continuous area . 最後にデータブロックのリンク情報をファイルの管理情報として記録しファイルの書き込みを完了する。 Last recorded link information of the data block as the management information of the file to complete the writing of a file. 何も記録されていないデータブロックは空き領域として管理され、必要に応じてデータの記録に使われる。 No data block that has not been recorded are managed as a free area is used to record data as required. またファイルが消去された場合には、使用済みのデータブロックは空き領域に登録される。 Further, when a file is erased, the used data blocks are registered in the empty area.

【0018】このような従来型のファイルシステム構造で光ディスクにAVデータを記録・再生する場合を考える。 [0018] Consider the case of recording and reproducing the AV data on the optical disk in the file system structure of the conventional type.

【0019】まず、光ディスクに記録するAVデータのフォーマットはMPEG2(ISO/IEC13318参照)で規定され、ビットレートは8Mbpsであると仮定する。 Firstly, it is assumed that the format of the AV data to be recorded on the optical disk is defined by MPEG2 (see ISO / IEC13318), the bit rate is 8 Mbps. つまり1 That 1
秒間に8メガビット(=1メガバイト)のデータを記録または読み出す必要がある。 8 megabits (= 1 MB) data is recorded or necessary to read the in seconds. 通常従来のマルチメディアPCではMPEG1と呼ばれる1.5Mbps程度のビットレートを有するAVデータが使用されるが、本例ではDVDにおいて標準的に使用されるMPEG2を基本に説明を行う。 Although AV data normally having a bit rate of about 1.5Mbps called conventional in the multimedia PC MPEG1 is employed, it will be described in basic MPEG2 normally used in DVD in this example.

【0020】ここで簡単に、光ディスクドライブのデータ転送速度とランダムアクセス性能について説明する。 [0020] Here briefly be described the data transfer rate and a random access performance of the optical disk drive.

【0021】まずDVD−RAMにおける転送速度は最大11Mbps程度である。 [0021] First, the transfer rate in DVD-RAM is on the order of up to 11Mbps. これは記録時の値であり、読み出し時には倍速以上の読み出し速度の向上も可能である。 This is the value at the time of recording, improvement in speed or faster read speed is possible at the time of reading.
ランダムアクセス性能はディスクドライブの機構系やサーボ系の設計により大きく変わる。 Random access performance may vary greatly depending on the design of the mechanical system or servo system of the disk drive. 通常データブロック間の移動に要する時間は、PC用の周辺機器において30 The time required to move between the normal data blocks, 30 in the peripheral equipment for PC
0ms程度であるが、民生用プレーヤなどでは最大1.5秒程度の時間を必要とする。 Although about 0ms, it requires up to 1.5 seconds to time in such consumer players. 特に最内周から最外周への移動に時間が掛かる。 In particular, it takes time from the innermost to the movement of the outermost periphery. DVD−RAMへの記録をPCで行った後、民生機で再生を行う場合を想定し、ここでは最大 After the recording to DVD-RAM in the PC, assuming the case of reproducing in consumer machine, up to here
1.5秒が必要となると仮定する。 It is assumed that it is necessary to 1.5 seconds.

【0022】従って、ファイルシステムの連続記録単位であるデータブロックを32KBとし、32KB毎にデータブロック間の移動が発生すると仮定すれば1秒分のデータである1MBを記録または読み出すのに、31回のブロック間移動が発生し最悪では45秒以上を要する。 [0022] Thus, the data block is a continuous recording unit of the file system and 32KB, though out recording or reading 1MB is data one second assuming movement between the data blocks for each 32KB occurs, 31 times the interblock movement occurs in the worst take more than 45 seconds. これではAV AV This is
データを途切れずに記録・再生することが全く保証できない。 It can not be guaranteed at all be recorded and reproduced without interrupting the data.

【0023】何も記録されていないディスクにAVデータを記録する場合には連続するデータブロックを割り当てることができるため、連続記録・再生が可能である。 [0023] Nothing for when recording AV data on the disk that is not recorded may be assigned a contiguous block of data, it is possible to continuously record and playback.
しかし、様々な記録と(部分)消去を何度も繰り返していくと、データブロックが連続して割り当てられなくなり、同様の問題が生じる。 However, various recording and (partial) is repeated several times to erase, no longer allocated data blocks in succession, the same problem arises.

【0024】解決手段として従来はガーベッジコレクションと呼ばれる方法が存在する。 [0024] The conventional as a solution means there is a method referred to as garbage collection. これはデータブロックを連続的に配置できない場合に障害となるデータの配置を変更し、連続領域を確保する手法である。 This changes the arrangement of the fault data if it can not continuously arranging data blocks, a method of securing the continuous area. しかし光ディスクでは転送速度が容量の割に遅いため、ガーベッジコレクションに数時間を要することとなり実用的ではなかった。 However, since late in spite of the transfer speed of the capacity of the optical disk, it was not practical now it takes several hours to garbage collection.

【0025】(従来技術2:AVデータを編集する)ディスクによりAVデータを扱うことにより得られる第2の特徴は、AVデータのノンリニア編集が可能となる点である。 [0025] (prior art 2: Edit AV data) second feature obtained by treating the AV data by the disk is that it is possible to non-linear editing of AV data. これはAVデータ中の必要な部分を自由に書き換えたり、不要な部分だけを消去したり、 複数のAVデータの任意の区間同士を接続したりというデータの処理性能の向上とみなすことも出来る。 This AV or freely rewrite the necessary portion in the data, or to erase only an unnecessary portion can also be regarded as improvement of the processing performance of the data that or connect to each other arbitrary section of a plurality of AV data.

【0026】まず最初にテープを用いた編集について簡単に説明する。 [0026] First will be briefly described editing using the tape. 代表的なAVデータの処理として録画された映像のカット編集について考える。 Think about the cut editing of recorded video as the processing of a typical AV data. テープにおけるカット編集とは映像カット1と映像カット2を結合し最終映像を作成し、テープに記録する作業である。 Create a final image combining video cut 1 and the video cut 2 and cut editing of the tape, a work to be recorded on tape. この作業をテープデッキで行う場合、最低2台のデッキと最低2本のテープ(素材と編集結果)が必要となる。 If you do this in the tape deck, the lowest two decks and at least two tapes (material and editing result) it is required.

【0027】まずデッキ1に映像カット1の録画されたテープをセットし、デッキ2に編集結果を記録するテープをセットする。 [0027] First, it sets the recorded tape of the video cut 1 to deck 1, to set the tape to record the edits to the deck 2. デッキ1で映像カット1の先頭個所まで頭だしを行った後デッキ1の再生とデッキ2の録画を同時に開始する。 At the same time to start recording of regeneration and deck 2 deck 1 after head out to the beginning point of the video cut 1 in deck 1. カット1の最後で2台のデッキを止める。 Stop the two decks at the end of the cut 1. 続いてデッキ1のテープにある映像カット2の頭だしを行い、再度デッキ1の再生とデッキ2の録画を同時に開始する。 Then make your head out of the video cut 2 in the tape deck 1 to start recording of the play and deck 2 deck 1 again at the same time. カット2の最後まで録画が終われば、デッキ2のテープを巻き戻して編集作業が終了する。 After completion the recording until the end of the cut 2, editing rewind the tape deck 2 ends.

【0028】テープメディアの編集がこのように手間と時間のかかる作業であり、かつ2台のデッキを必要とするため業務用やプロ用を除いて一般のコンシューマが編集を行うことは希である。 The editing of the tape media is consuming task this way, time and effort, and there rarely is that the general consumer edits except for the business and professional because it requires two decks .

【0029】次にディスクを用いて編集を行う場合を考える。 [0029] Next, consider a case in which the edited using the disk. テープにおける編集は映像をコピーすると考えられた。 Editing in the tape was thought to copy the image. 一方、ディスクにおける編集の場合にはカット1 On the other hand, it cuts in the case of editing in the disk 1
とカット2の間に接続性を指定するだけで編集作業が完了する。 Editing by simply specifying the connectivity between the cut 2 and is completed.

【0030】つまり編集手順は以下の通りとなる。 [0030] In other words editing procedure is as follows. ここで上記の例と同様に映像カット1と映像カット2は同一のディスク上に記録されていると仮定する。 Here it is assumed that the above example as well as the video cuts 1 and the video cut 2 is recorded on the same disc. 1) 映像カット1の最後と映像カット2の先頭を指定し接続を指示する。 1) Specify the last and the beginning of the video cut second video cut 1 instructs the connection. 2) (必要であれば)映像カット1と2以外の不要な部分を消去する。 2) (if necessary) to erase unnecessary portions other than the picture cut 1 and 2.

【0031】再生時に映像カット1に続いてカット2が連続的に読み出されることにより、編集された結果が出力される。 [0031] By cutting 2 Following video cut 1 at the time of reproduction is continuously read, edited result is output.

【0032】上記1)及び2)の操作は大量の映像データを読み出す必要がないため、極めて短時間の内に終了する。 [0032] Since the above 1) and 2) of the operation does not need to read a large amount of video data, and ends within a very short time. しかし従来光ディスクを用いてこのような編集をおこなうものは存在しなかった。 But to perform such editing using a conventional optical disk was present.

【0033】上記の編集において光ディスクを用いた場合の最大の課題は、光ディスクのランダムアクセス性能の低さである。 The biggest challenge in the case of using the optical disk in the editing described above is low in the random access performance of optical disc. テープに比べて桁違いに速い性能も編集操作には不十分である。 Orders of magnitude faster performance compared to tape is also insufficient to editing operations. そのため業務用のノンリニア編集機では、ハードディスクが使用される。 Therefore, in the non-linear editing machine for business, hard disk is used. ハードディスクのランダムアクセス速度は数msであり、かつ転送速度も30Mbps以上であるため、8Mbps程度のAVデータをリアルタイムで記録・再生することは容易である。 Random access speed of the hard disk is several ms, and since the transfer rate is also 30Mbps or more, it is easy to record and reproduce AV data about 8Mbps in real time.

【0034】但し最大の問題は、ハードディスクは固定された装置であり、編集の入力媒体や最終出力媒体とはなり得ない点である。 [0034] However the biggest problem is the hard disk is fixed device, in that not be the input medium and the final output media editing. 従って従来のノンリニア編集機の出力はあくまでビデオテープであり、将来光ディスクに記録する場合にも、ノンリニア編集機に内蔵される編集作業用ハードディスクと編集結果を書き出す光ディスクの2つのディスクが必要となる。 Therefore, the output of a conventional nonlinear editing machine is only video tapes, even in the case of recording in the future optical disc, two discs of the optical disc to write the editing result editing hard disk built in the non-linear editing apparatus is required.

【0035】(従来技術3:可変ビットレートのAVデータを、リアルタイムで記録・再生する)さらにランダムアクセス性能の向上により得られるディスクの第3のメリットとして可変ビットレートのAVデータが記録・ [0035] (Related Art 3: AV data of a variable bit rate, is recorded and reproduced in real time) the AV data of the variable bit rate recording and further as a third advantage of the disk obtained by improving the random access performance
再生可能となる。 It can be reproduced. これはランダムアクセス性能の向上というより空回りできないテープメカと空回り可能なディスクメカの違いともいえる。 This is also said to be Tepumeka the difference between disk mechanism that can be idle that can not be idle rather than the improvement of random access performance.

【0036】DVDではデータの読み出しに間欠転送と呼ぶ手法を用いている。 [0036] are using a technique referred to as intermittent transferred to the readout of the DVD in the data. つまりCDが絶えず連続的に一定の速度でデータを読み続けるのに対して、デコーダなど再生系でデータを消費する速度より速い転送レートでデータを読み出し、読み出し速度と消費速度の差により生じる余裕分を半導体メモリによりバッファリングを行う。 Against That the CD is to read data continuously continuously and at a steady rate, margin to read the data, resulting from the difference between the consumption rate and reading speed at a faster transfer rate than the rate of consuming data reproduction system such as a decoder performing buffered by a semiconductor memory. バッファが一杯になった時点で読み出しを中断しキックバックと呼ばれる空回しを継続する。 Buffer continues idling called to interrupt the reading kickback when full. バッファに空きが生じると再度読み出しを行う。 Performing read again when the free buffer occurs.

【0037】この手法により外部からの振動など何らかの原因でディスク読み出しにエラーが発生してもリトライが可能となる。 [0037] even if an error occurs in a disk read for some reason, such as vibration from the outside by this method it is possible to retry. さらに、重要なことは記録されるAV Furthermore, AV importantly to be recorded
データのビットレートが可変にできる点である。 Bit rate of the data is that it can be variably.

【0038】MPEG2は、基本的に可変ビットレートでの圧縮・転送・記録を目指したものである。 [0038] MPEG2 are those aimed at compression and transfer and recording of basically variable bit rate. 具体的には、 In particular,
エンコード時に入力されるビデオ信号の解析を行い画像の複雑度を計算する。 It analyzes the video signal input during encoding to calculate the complexity of the image. 複雑なシーンでは多くのビット量を割り当て、単純なシーンでは少ないビット量を割り当てる。 In complex scene allocating more bits amount, assigning a small amount of bits is a simple scene. 動きの激しいシーンや高周波成分の多いシーンでは、静止しているシーンや低周波成分主体のシーンに比べ数倍のビット量が割り当てられる。 The intense scenes and high-frequency components with many scenes of the motion, the bit amount several times as compared to the scene of the scene and the low frequency components mainly at rest is allocated.

【0039】この技術により、固定ビットレートのMPEG [0039] With this technology, MPEG fixed bit rate
ストリームに比べて最大2倍程度圧縮率を高めることができ、長時間記録が可能となる。 Can be increased up to two times compression rate as compared to the stream, it is possible to long-time recording.

【0040】しかし、可変ビットレートによりディスクにAVデータを記録すると、ランダムアクセス時にどこに飛び込めば良いかが分からないという問題が生じる。 [0040] However, when recording AV data to disk by the variable bit rate, the problem of where to it Dive at the time of random access do not know occurs.

【0041】このためDVD−ROMでは、内部のビデオデータの再生時間が1つまたは複数のGOPで、0.4秒以上かつ1.0秒(例外的にVOB終端では1.2秒)以下となる連続区間の先頭に、NVパックと呼ばれるDVD固有の情報を収めたパックをおき、NVパックに、近隣のNV [0041] For this reason DVD-ROM, within the playback time of video data of one or more GOP, the beginning of the continuous interval equal to or less than (1.2 seconds in exceptionally VOB end) or 0.4 seconds and 1.0 seconds , put a pack that contains the DVD-specific information called NV pack, the NV pack, neighboring NV
パックを参照する情報や、最初のリファレンスピクチャを表示するために読み出さなければならないデータの大きさが記録される。 Information and to refer to the pack, the size of the data that must be read in order to display the first reference picture is recorded.

【0042】なお、NVパックから次のNVパックの前までのAVデータを、VOBU(Video Object Unitの略)と呼ぶ。 [0042] In addition, the AV data from the NV pack up before the next NV pack, called a VOBU (stands for Video Object Unit). VOBUは、連続かつ隙間なくAVデータを分割する。 VOBU is continuous and divide without a gap AV data.

【0043】NVパックに記録される近隣のNVパックの参照のための情報として、そのVOBUの先頭のタイムコードを基準にして、ある時間間隔だけ離れた場所にある前後のVOBUのNVパックのアドレスを、自身のNVパックのアドレスからの相対値で示す。 [0043] As information for reference points of NV packs recorded in the NV pack, the first based on the time code, an address of the NV pack before and after the VOBU at a remote location by a time interval of the VOBU It is shown by a relative value from the NV pack own address. 時間間隔は、1秒から1秒置きに15秒までと、20秒、60秒、120秒、240秒が使われる。 Time interval, and from 1 to 15 seconds every 1 second, 20 seconds, 60 seconds, 120 seconds, 240 seconds is used.

【0044】次に、早送り再生や巻戻し再生のような特殊再生の動作の一例について説明する。 Next, fast forward playback and winding a description will be given of an example of the operation of special playback such as playback. 再生の速さに応じて、ある一定の時間間隔にあるVOBUのリファレンスピクチャのみを再生することにより、ほぼ一様な速度の特殊再生を実現することができる。 Depending on the speed of the playback, by reproducing only the VOBU reference picture in a certain time interval, it is possible to realize special reproduction substantially uniform rate. 一定の時間間隔のVOBUを次々と読み出すためには、NVパックのある近隣のNVパックのアドレスを示す情報を利用する。 To read one after another VOBU certain time intervals, using information indicating the address of a neighboring NV pack with a NV pack.

【0045】また、AVデータの先頭から一定の時間間隔のタイムコードごとに、そのタイムコードに対応するVOBUのAVデータ内でのアドレスを示すタイムサーチマップ情報が記録される。 Further, for each time code of a certain time interval from the beginning of the AV data, a time search map information indicating an address in the AV data of the VOBU corresponding to the time code is recorded. タイムマップ情報を参照することにより、指定されたタイムコードからAVデータの再生を開始することができる。 By referring to the time map information, it is possible to start the reproduction of the AV data from the specified time codes.

【0046】(従来技術4:ランダムアクセス)ディスクによりAVデータを扱うことにより得られる特徴は、 [0046] (prior art 4: Random access) features obtained by treating the AV data by disk,
AVデータへのランダムアクセスが容易にできることである。 Random access to the AV data is to be able to easily. しかし、ランダムアクセスの対象がどのような内容(映像または音声)であるかを、いかにしてユーザに表示できるかがAV機器やAV記録フォーマットの使い易さに密接に関係してくる。 However, what kind of content is subject to random access (video or audio), or can be displayed to the user how to come closely related to the ease of use of AV equipment and AV recording format. 特に記録するデータ量が大容量になるほど、この問題は深刻である。 In particular, as the amount of data to be recorded is large, this is a serious problem.

【0047】例えば、最近普及が著しいディジタルスティルカメラ(JPEG圧縮による静止画カメラ)の場合、大量に撮られた静止画をユーザが選択再生し易いように、 [0047] For example, recently when spread significant digital still camera (still camera according to JPEG compression), so as to facilitate the user selects play taken still images in large quantities,
サムネイルを用いたメニュー表示を行う方法がよく使われている。 How to do a menu display using the thumbnail has been commonly used. ディジタルスティルカメラの場合、1枚の静止画データが1つのファイルとして記録され、同時にサムネイル用の画像も1つのファイルとして記録媒体(メモリカードやフロッピーディスクなど)に記録される。 For digital still camera, one still image data is recorded as one file, is recorded on a recording medium (such as a memory card or floppy disk) as an image is also a single file for thumbnail simultaneously.
このとき、本画像と縮小画像(サムネイル用の画像)との関係は、ファイル名に規則(例えば、同一プリフィックスまたはサフィックスを付ける)を設けて認識する方法がよく使われている。 At this time, the relationship between the main image and reduced image (image for thumbnail) the rules to the file name (e.g., the same prefix or suffixing) The device provided is often used. また、ディジタルスティルカメラの場合、扱う画像が1枚であるので、本画像を作成および記録した後にサムネイル用の画像を作成および記録すれば十分であった。 Also, when the digital still camera, since handled image is one, was sufficient to create and record an image for thumbnail after creating and recording the main image.

【0048】 [0048]

【発明が解決しようとする課題】本発明は上記従来技術において説明したディスクのランダムアクセス性能を最大限に引き出す上で支障となる以下の課題を解決し、書き換え可能な大容量光ディスクDVD−RAMの最大かつ本命の用途であるDVDレコーダを実現するものである。 [0008] The present invention solves the following problems which become an obstacle in terms of maximizing the random access performance of the disk described in the above prior art, a rewritable large-capacity optical disk DVD-RAM It realizes the DVD recorder is the largest and favorite applications.

【0049】DVD−RAM上のAVデータへのランダムアクセスを行う場合の最大の課題は、AVデータが静止画データだけでなく動画像データを含んでいることである。 The biggest challenge in the case of performing random access to the AV data on the DVD-RAM is that AV data includes video data as well as still image data.

【0050】例えば、数分の動画像データを一つのファイルに記録した場合、ユーザが望むランダムアクセス対象が一個所であることは希である。 [0050] For example, when recording the moving image data corresponding to the number of the one file, it randomly accessed the user desires is one place is rare. 特にカムコーダのように細切れに撮影(一般に数十秒程度と言われている) Especially taking into small pieces as a camcorder (commonly referred to as the order of a few tens of seconds)
を行う機器の場合はなおさらである。 If the equipment to do is even more. このように動画像データを扱うDVDレコーダでは、一つの動画像(ファイル)に対してサムネイル用の画像を複数持てる仕組みと、撮影時の一連の動作の中で、自動的に複数のサムネイル用の画像を作り出す機能が必要であった。 In the DVD recorder thus deals with moving image data, a plurality Moteru mechanism image for thumbnail for one moving image (file), in a series of operation at the time of shooting, automatically for a plurality of thumbnail function to create the image was required.

【0051】 [0051]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため請求項1に係る発明は、少なくとも動画像データと動画像データの管理情報を記録した書き換え可能な光ディスク媒体であって、前記光ディスク媒体に記録されている動画像データの部分再生区間毎に、前記部分再生区間の内容を示すサムネイルと、前記サムネイルへのポインタ情報を有する管理情報を記録していることを特徴とする光ディスク媒体としている。 According to claim 1 for solving the above problem [Summary of the inventors is a rewritable optical disc medium which records management information of at least moving picture data and moving picture data, on the optical disc medium for each partial reproduction interval of the moving image data recorded, and said partial and thumbnails showing the contents of the playback section, an optical disk medium, characterized in that records the management information with a pointer information to the thumbnails.

【0052】また、請求項2に係る発明は、前記サムネイルのデータ容量は、固定値であることを特徴とする請求項1記載の光ディスク媒体としている。 [0052] The invention according to claim 2, the data capacity of the thumbnail is in an optical disk medium according to claim 1, characterized in that it is a fixed value.

【0053】また、請求項3に係る発明は、前記サムネイルのデータ容量は、光ディスク媒体への読み出しおよび書き込み単位であるECCブロックの整数倍であることを特徴とする請求項2記載の光ディスク媒体としている。 [0053] The invention according to claim 3, the data capacity of the thumbnail, as an optical disc medium according to claim 2, wherein an integer multiple of the ECC block which is a read and write unit of the optical disc medium there.

【0054】また、請求項4に係る発明は、請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録装置であって、記録する動画像データに関連する静止画データを一時的に格納するフレームメモリを有することを特徴とする光ディスク記録装置としている。 [0054] Further, still invention according to claim 4, there is provided a recording apparatus for recording moving image data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, associated with the moving image data to be recorded It is an optical disk recording apparatus characterized by having a frame memory for temporarily storing image data.

【0055】また、請求項5に係る発明は、請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録装置であって、動画像データの部分再生区間の内容を示すサムネイル用に、複数の静止画データを格納した静止画ライブラリを有することを特徴とする光ディスク媒体記録装置としている。 [0055] The invention according to claim 5, a recording apparatus for recording moving image data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, in the partial reproduction interval of the moving image data to thumbnail shown, and an optical disc medium recording apparatus characterized by having a still picture library for storing a plurality of still image data.

【0056】また、請求項6に係る発明は、請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録方法であって、前記光ディスク媒体に記録されている動画像データから1フレームだけ静止画データとして取り出すステップと、前記静止画データをサムネイルデータに変換するステップと、前記サムネイルデータを前記光ディスク媒体に記録するステップと、前記光ディスク媒体上の前記サムネイルデータへのポインタ情報を作成するステップと、前記ポインタ情報を記録するステップとから構成されることを特徴とする光ディスク媒体記録方法としている。 [0056] The invention according to claim 6 is the method of recording moving picture data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, videos recorded on the optical disc medium retrieving the still image data by one frame from the image data, converting the still picture data in the thumbnail data, and recording the thumbnail data on the optical disc medium, to the thumbnail data on the optical disk medium and creating a pointer information, and an optical disc medium recording method characterized in that it is composed of a step of recording the pointer information.

【0057】また、請求項7に係る発明は、請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録方法であって、動画像データから新たな部分再生区間を定義する場合に、前記部分再生区間とオーバーラップする部分再生区間が既に存在する場合、前記オーバーラップする部分再生区間の管理情報から前記オーバーラップする部分再生区間のサムネイルデータへのポインタ情報を読み出すステップと、前記ポインタ情報を前記部分再生区間のサムネイルへのポインタ情報として記録するステップとから構成されることを特徴とする光ディスク媒体記録方法としている。 [0057] The invention according to claim 7, claim 1 to the optical disc medium according to claim 3 A method of recording moving picture data and management information, new partial reproduction interval from the moving image data when defining, when the partial reproduction interval overlapping with the partial reproduction interval already exists, it reads the pointer information from the management information of the overlapping partial reproduction period to thumbnail data of the overlapping partial reproduction interval a step, and the optical disc medium recording method characterized in that it is configured the pointer information from the step of recording the pointer information to a thumbnail of the partial reproduction interval.

【0058】 [0058]

【発明の実施の形態】(実施の形態1)本発明の一実施例であるDVDレコーダを用いて本発明の詳細を説明する。 The details of the present invention will be described with reference to a DVD recorder according to an embodiment of DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS (Embodiment 1) The present invention.

【0059】1. [0059] 1. システム構成と各部の機能 DVDレコーダのシステム構成を図24を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 24 the system configuration of the function DVD recorder system configuration and each part.

【0060】(ディスク記録部)ディスク記録部100 [0060] (disk recording unit) disc recording unit 100
は論理セクタ番号と1つ以上のセクタ単位の論理データ(2048バイト)を入力としてディスク上にデータを記録する。 It records the data on the disk as input the logical data (2048 bytes) of the logical sector number and one or more sectors. ディスク上に記録されるデータは16セクタの固まりであるECCブロック単位で処理されるため、ECC Since data recorded on the disk to be processed by the ECC block unit is a cluster of 16 sectors, ECC
ブロックの一部のセクタに記録するときには、以下の処理が発生する。 When recording a portion of a sector of a block, the following processing occurs.

【0061】まず、記録したいセクタを含む当該ECC [0061] First of all, the ECC, including the sector you want to record
ブロックを一度バッファメモリに読み出す。 It reads the block once in the buffer memory. 記録したいセクタ分のデータをバッファの当該領域にコピーし、そのバッファのデータをECCブロックに記録する。 The recorded want sector of data is copied to the area of ​​the buffer, recording the data of the buffer to the ECC block.

【0062】AVデータなど連続する大量のデータを記録する場合には、この処理のオーバーヘッドを取り除くため、ECCブロック単位で記録を行う。 [0062] When recording a large amount of continuous data such as AV data, to remove the overhead of the processing, and recording on an ECC block basis.

【0063】(ディスク読み出し部)ディスク読み出し部101はディスク記録部と同様に読み出す論理セクタ番号とセクタ数を入力すると、当該ECCブロック単位で読み出しを行い、ECC処理を経て必要なセクタデータのみがファイルシステム部に転送される。 [0063] (disk read unit) disk read unit 101 by entering the number of logical sector number and a sector reading like the disc recording unit, reads in the ECC block unit, only the required sector data through ECC processing file It is transferred to the system unit. ディスク記録部と同様にAVデータの読み出し時にECCブロック毎に16セクタ単位で読み出しを行うことによりオーバーヘッドを削減する。 To reduce overhead by performing read in units of 16 sectors for each ECC block as with the disc recording unit when the AV data read.

【0064】PC用の周辺機器であるDVD−RAMドライブはディスク記録部とディスク読み出し部の機能を実現し、SCSIやIDEと呼ばれるインタフェースのコネクタでPC本体と接続される。 [0064] The DVD-RAM drive is a peripheral device for a PC to achieve the function of the disk recording unit and the disk reading section, is connected to the PC body in a connector of the interface called SCSI or IDE. PCをベースとするDVD DVD based on PC
レコーダは本説明と若干異なる仕様となる場合もあるが、本発明の趣旨とは無関係のため説明を省略する。 Recorder may become an present description slightly different specification, a description thereof will be omitted regardless of the spirit of the present invention.

【0065】(ファイルシステム部)ファイルシステム部102はAVデータを扱うAVファイルシステム部10 [0065] (file system unit) file system unit 102 AV file system unit 10 that handles AV data
3と制御情報など非AVファイルを扱う非AVファイルシステム部104で構成される。 Such as 3 and the control information dealing with non-AV file consists of non-AV file system unit 104. 図1にファイルシステム部のコマンド一覧を示す。 Figure 1 shows the command list of the file system unit.

【0066】「CREATE」はディスク上にファイルを新しく作成し、ファイルディスクリプタを返す。 [0066] "CREATE" will create a new file on disk and returns a file descriptor.

【0067】「DELETE」はディスク上に存在するファイルを削除する。 [0067] "DELETE" deletes the file that exists on the disk. 「OPEN」はディスク上に記録されているファイルにアクセスするために、そのファイルへのファイルディスクリプタを取得する。 "OPEN" in order to access the files that are recorded on the disc, to get the file descriptor to the file.

【0068】「CLOSE」はオープンされているファイルをクローズする。 [0068] "CLOSE" to close the files that are open. 「WRITE」は非AVファイルをディスク上に記録する。 "WRITE" records the non-AV file on the disk.

【0069】「AV-WRITE」はAVファイルをディスク上に記録する。 [0069] "AV-WRITE" records the AV file on the disk. 「READ」はディスク上に記録されたファイルを読み出す。 "READ" reads a file that has been recorded on the disc.

【0070】「SEEK」はディスク上に記録されたデータストリーム内を移動する。 [0070] "SEEK" is moving in the data stream that has been recorded on the disc. 「RENAME」はディスク上に記録されたファイルの名前を変更する。 "RENAME" to change the name of the file that has been recorded on the disc.

【0071】「MKDIR」はディスク上に新しいディレクトリを作成する。 [0071] "MKDIR" is to create a new directory on the disk. 「RMDIR」はディスク上に存在するディレクトリを削除する。 "RMDIR" is to delete a directory that exists on the disk.

【0072】「STATFS」はファイルシステムの現在の状況の問い合わせを行う。 [0072] "STATFS" is to query the current status of the file system. 「GET_ATTR」は現在オープンされているファイルの属性の問い合わせを行う。 "GET_ATTR" is making an inquiry of the attributes of the files that are currently open.

【0073】「SET_ATTR」は現在オープンしているファイルの属性を変更する。 [0073] "SET_ATTR" is to change the attributes of files that are currently open. 「IN_AV_BLK_BOUND」はAVファイルの指定された区間内にAVブロックの境界があるかどうかを調べる。 "IN_AV_BLK_BOUND" find out whether there is a boundary of AV block in the interval that is specified in the AV file.

【0074】「MERGE」はディスク上の2つAVファイルと、メモリ中のデータをマージする。 [0074] "MERGE" will be merged with the AV file two on the disk, the data in the memory.

【0075】「SPLIT」はディスク上のAVファイルを2つのAVファイルに分割する。 [0075] "SPLIT" is to split an AV file on the disc into two AV files. 「SHORTEN」はディスク上のAVファイルの端部を削除して、AVファイルの不必要な部分を削除する。 "SHORTEN" deletes the end of the AV file on the disc, to remove unnecessary portions of the AV file.

【0076】「REPLACE」はAVファイルの一部分とメモリ中のデータを入れ替える。 [0076] "REPLACE" is replacing the data of the part and in the memory of the AV file. ここで着目すべき点はA Here it should be noted is A
Vデータの記録時には非AVデータの記録時とは異なるコマンドを用いる点である。 In recording the V data at the time of the non-AV data recording is that it uses a different command. これらの機能を行使した結果ディスク上の記録状態がどのように変化するかについては、後述するAVファイルシステムの動作例を参照のこと。 To determine the recording conditions on a result of the exercise of these functions the disk how changes, see operation example of the AV file system to be described later.

【0077】(ユーザIF部)ユーザIF部106は、 [0077] (user IF section) user IF unit 106,
DVDレコーダ全体を制御している録画・編集・再生制御部105の指示により画面上にグラフィック表示を用いてユーザ操作を促したり、処理の途中経過を表示したり、ユーザのリモコン操作の結果を録画・編集・再生制御部に知らせたりする。 Instructions or prompts the user operation by using a graphic display on the screen by the DVD recorder to control the whole are recording and editing and reproduction control unit 105, and view progress of processing, recording the results of the remote control operation of the user - or to know to edit and playback control unit.

【0078】(録画・編集・再生制御部)録画・編集・ [0078] (recording, editing, and playback control unit) recording, editing, and
再生制御部105は、DVDレコーダ全体を制御する部分である。 Reproduction control unit 105 is a part for controlling the entire DVD recorder. 録画・編集・再生制御部105ではユーザ操作に応じて新規の録画、録画済みのAVデータの再生や編集をAVデータ録画部110、AVデータ再生部13 Recording, editing, and playback control unit novel recording according to 105 the user operation recorded in the AV data playback and editing AV data recording unit 110, AV data reproducing unit 13
0、AVデータ編集部120に処理を要求する。 0, and it requests the processing to the AV data editing unit 120. この際、各処理部は独自にAVファイルシステム部103に対してAVデータの記録や読み出しを要求するが、非A In this case, each processing unit is requesting the own recording and reading of AV data to the AV file system unit 103, non-A
Vデータは制御データ管理部107があらかじめ主記憶上に読み出し、各処理部からの要求に応じて即座に情報を提供できる構成になっている。 V data read on in advance the main memory control data management unit 107 has a configuration that can provide information in real in response to a request from each processing unit.

【0079】(AVデータ録画部)AVデータ録画部1 [0079] (AV data recording unit) AV data recording unit 1
10は、AVデータ入力部、AVファイル管理情報生成部、AVクリップ管理情報生成部、オーバーフロー対策部から構成される。 10 includes an AV data input unit, AV file management information generating unit, AV clip management information generation unit, from the overflow countermeasure. AVデータ録画部110は、録画・ AV data recording unit 110, recording and
編集・再生制御部105からの録画要求を受ける。 It receives a recording request from the editing and playback control unit 105. AV AV
データ入力部111は、入力される映像信号とオーディオ信号のMPEGデータへの変換、つまりエンコードをリアルタイムで実施する。 Data input unit 111, conversion into MPEG data of the video signal and the audio signal inputted, carried i.e. the encoding in real time. 次に、エンコードしたMPEGデータを、AVファイルとしてディスクに書き出すために、A Next, the encoded MPEG data, in order to write to disk as an AV file, A
Vファイルシステム部103に渡す。 It passed to the V file system unit 103. また、AVデータ入力部111は、エンコードしてMPEGビデオデータのデコード可能な最小単位であるGOP毎に、そのGOPのデータをディスクに記録するときに必要となるセクタ数とリファレンスピクチャのセクタ数を計算し、得られた値をA Moreover, AV data input unit 111, encoded for each GOP is a minimum unit decodable MPEG video data, the number of sectors number of sectors and the reference picture required when recording data of the GOP to disk calculated, the obtained value a
Vファイル管理情報生成部に渡す。 Pass to the V file management information generating unit.

【0080】AVファイル管理情報生成部112は、GO [0080] AV file management information generating unit 112, GO
Pごとのセクタ数とリファレンスピクチャのセクタ数を録画が終了するまで主記憶上に記憶する。 The number of sectors per P and recording the number of sectors reference picture is stored in the main memory until the end. 録画の終了時に、記憶していたGOP情報からAVファイル管理情報を生成し、制御データ管理部107に渡す。 At the recording end, it generates the AV file management information from the storage to have the GOP information, and passes the control data management unit 107.

【0081】AVクリップ管理情報生成部114は、録画開始時にAVデータの先頭にStartMarkをつけ、録画終了時にAVデータの終わりにEndMarkを付ける。 [0081] AV clip management information generating unit 114, with a StartMark to the top of the AV data at the time of recording start, put a EndMark at the end of the AV data at the time of recording end. この2つのマークを1つのクリップとして図38に示すAV AV indicating the two marks in FIG. 38 as one clip
クリップ管理情報を作成し、AVクリップ管理情報ファイルとして書き込む。 Create a clip management information, written as an AV clip management information file. また、このクリップ1つより構成される新しいクリップシーケンスをクリップシーケンスを管理するファイルに追加する。 In addition, to add a new clip sequence this clip than one configured in the file that manages the clip sequence. クリップとクリップシーケンスについては後で詳しく説明する。 Will be described in detail later clips and clip sequence.

【0082】次に、録画・編集・再生制御部から一時停止命令を受けた場合の処理を図25を用いて説明する。 Next, a process when receiving the pause instruction from the recording-editing-reproduction control unit will be described with reference to FIG. 25.
図25に示すAVデータ入力部は、ビデオエンコーダと、ビデオエンコーダの出力を格納するビデオバッファと、オーディオエンコーダと、オーディオエンコーダの出力を格納するオーディオバッファと、ビデオデータおよびオーディオデータを多重化するシステムエンコーダと、エンコーダの同期クロックであるSTC(システムタイムクロック)と、全体の制御および管理を行うエンコーダ制御部とから構成されている。 AV data input unit shown in FIG. 25, a system for multiplexing a video buffer, an audio encoder, an audio buffer for storing the output of the audio encoder, the video data and audio data to be stored and a video encoder, the output of the video encoder an encoder, a STC (system time clock) is a synchronous clock for the encoder, and a encoder control unit that performs overall control and management. エンコーダ制御部は、特にビデオエンコーダでのエンコードを管理している。 The encoder control unit, in particular managing the encoding of the video encoder. 具体的には、エンコードを行ったデータのGOP情報およびピクチャ情報などを管理し、AVファイル管理情報生成部に必要な情報を渡す。 Specifically, such manages GOP information and the picture information for data subjected to encoding, and passes the necessary information to the AV file management information generating unit.

【0083】録画・編集・再生制御部からの一時停止命令は、図25中のエンコーダ制御部に送られる。 [0083] pause instruction from the recording-editing-reproduction control unit is sent to the encoder control unit in FIG. エンコーダ制御部は最初にビデオエンコーダおよびオーディオエンコーダに対して一時停止命令を出す。 Encoder control unit issues a pause command to the first video encoder and audio encoder. 一時停止命令を受け取ったビデオエンコーダおよびオーディオエンコーダは、エンコーダ内部にバッファリングしているフレーム(入力中のフレームを含む)までのエンコードを行い、エンコードを中止する。 Video encoder and audio encoder receives a pause instruction, performs encoding to the frame (including the frame in the input) that is buffered within the encoder, it stops the encoding. ビデオエンコーダは、エンコードの中止と同時にエンコード制御部にエンコード中止を知らせる。 Video encoder informs the encoding aborted abort the encoding control unit at the same time of the encoding. ビデオエンコーダからエンコードの中止を受け取ったエンコード制御部は、システムエンコーダおよびSTC(システムタイムクロック)に一時停止命令を送り、システムエンコーダおよびSTC(システムタイムクロック)を一時停止させる。 Encoding control unit which has received the stop encoding the video encoder sends a pause command to the system encoder and STC (system time clock), temporarily stopping the system encoder and STC (system time clock). また、エンコーダ制御部は、AVクリップ管理情報生成部に対して、一時停止を行ったフレームのタイムコード(エンコード開始からの相対値)を送る。 The encoder control unit sends the AV clip management information generation unit, a time code of the frame subjected to Pause (relative value from encoding start). この後、録画・編集・再生制御部からの一時停止解除命令を受けることで、ビデオエンコーダ、オーディオエンコーダ、システムエンコーダおよびSTC(システムタイムクロック)は、エンコードを再開する。 Thereafter, by receiving a pause release instruction from the recording-editing-reproduction control unit, a video encoder, audio encoder, a system encoder and STC (system time clock) resumes encoding.

【0084】AVクリップ管理情報生成部では、一時停止時にAVデータ入力部より受け取ったタイムコードを一つのマークとしてAVクリップ管理情報に記録する。 [0084] In the AV clip management information generation unit, and records the AV clip management information temporary time codes received from the AV data input unit to stop as one mark.
なお、一時停止時刻でクリップを分割しても良い。 It should be noted, may be divided into a clip in pause time.

【0085】オーバーフロー対策部113は、ディスクの記録速度に何らかの障害が生じ、あらかじめ想定されたビットレートでファイルシステム部に転送できない事態が発生した場合、AVデータ入力部で生成されるMPEG [0085] Overflow protection unit 113, cause some trouble in the recording speed of the disc, if the situation can not be transferred to the file system unit with previously assumed bit rate occurs, MPEG generated by the AV data input unit
データが内部に設けられたバッファメモリに対してオーバーフローを起こさないようにAVデータ入力部に対してビットレートの低下を指示するとともに、既に発生したMPEGデータから例えばBピクチャのデータのみを削除しビットレートを強制的に低下させる処理を行う。 Together, already delete only data of the generated MPEG data from, for example, B-picture bit data instructing the decrease of the bit rate for AV data input unit so as not to cause overflow to the buffer memory provided in the to force a process to lower the rate.

【0086】(AVデータ編集部)AVデータ編集部12 [0086] (AV data editing unit) AV data editing unit 12
0は、AVクリップ列編集部121、AVクリップ編集部122およびAVファイル管理情報編集部123から構成される。 0 is composed of AV clip string editing unit 121, AV clip editing unit 122, and AV file management information editing unit 123.

【0087】ここでAVクリップとAVクリップ列について説明する。 [0087] now to AV clip and the AV clip column. AVクリップとはAVデータのカット編集において設定されるIN点(始まりの点)とOUT点(終わりの点)で指定されるAVデータの部分区間である。 The AV clip is a partial section of the AV data to be specified by the IN point is set in the cut editing of AV data and OUT point (point of beginning) (end point). 図2 Figure 2
6にAVクリップとAVクリップ列の例を示す。 6 shows an example of an AV clip and AV clip train. 上段は Upper row
MPEGデータで構成されるAVファイル#jとAVファイル AV file #j and AV file consisting of MPEG data
#kにおいて指定された3つのAVクリップの例を示す。 An example of a three AV clip specified in #k.
クリップ#1はIN点をMark#1が示し、OUT点をMark#2が示す。 Clip # 1 Mark # 1 represents an IN point, indicating the OUT point Mark # 2. Mark#1、Mark#2ともタイムコードで示される。 Mark # 1, Mark # indicated by 2 in both time codes. クリップ#2,#3も同様にMarkによりIN点とOUT点が示される。 Clip # 2, # 3 also IN point and the OUT point indicated by the Mark as well.
このタイムコードはAVファイルの先頭を時刻00:00:0 This time code is time the head of the AV file 00: 00: 0
0:00として計算したものである。 One in which was calculated as 0:00.

【0088】図26の下段は上段に示された3つのAV [0088] Three AV lower stage shown in the upper part of FIG. 26
クリップがシーケンスとして列を構成したものである。 Clip is that constitute the column as a sequence.
まずAVファイル#jのクリップ#1、続いてAVファイル#kのクリップ#1、最後にAVファイル#jのクリップ#2 First of AV file #j clip # 1, followed by the AV file #k clip # 1, the end of the AV file #j clip # 2
が順番に並び編集結果として再生されるAVデータ列を表す。 But representing the AV data string to be played as well as editing the results in order.

【0089】ここで注意すべきはAVクリップ列編集部121ではあくまでマークを指定するだけで、AVデータ自体にはなんの加工も施さない点である。 [0089] only What should be noted here is to specify the only mark the AV clip string editing unit 121, the AV data itself is that it does not also subjected to what the processing. このクリップ列情報はディスクに記録されるとともに、AVデータ再生部130において指定された順序で再生可能である。 The clip train information while being recorded on the disc, playable in the order specified in the AV data reproducing unit 130.

【0090】AVクリップ編集部122は、AVクリップ列編集部121において指定されたAVクリップをA [0090] AV clip editing unit 122, an AV clip that is specified in the AV clip string editing unit 121 A
Vファイルから切り出し、指定されたAVクリップ列の順番に接続をできるようにAVデータ自身を加工する。 Excised from V file, processing the AV data itself to allow the connection in the order of the specified AV clip series.

【0091】ここでAVデータとAVクリップの関係を図27を用いて説明する。 [0091] Here it will be described with reference to FIG. 27 the relationship between AV data and the AV clip. まずAVデータはMPEGで構成されるため、データは約0.5秒を一つの単位とするGOP(G First because AV data is constituted by the MPEG, the data is GOP to one unit of about 0.5 second (G
roup of Pictures)に分割されている。 It is divided into roup of Pictures). 図中において#1 # In FIG. 1
から#8までの各VOBUはGOPを示す。 Each VOBU from to # 8 indicating the GOP. VOBUはVideo Object VOBU the Video Object
Unitの略であり、通常は1GOPで構成される。 Unit is an abbreviation of, usually consists of 1GOP. 一方前述したようにAVクリップのIN点とOUT点を示すマークはタイムコードで指定されGOP(VOBU)の境界とは全く独立に指定される。 Meanwhile mark indicating the IN and OUT points of the AV clip as described above is designated completely independently of the boundary of the GOP (VOBU) specified by the time code.

【0092】図27において斜線部がAVクリップとA [0092] shaded area AV clip 27 and A
Vデータ中の該当するビデオデータとの関係を概ね示している。 The relationship between the corresponding video data in the V data are generally shown. しかしオーディオデータはビデオデータとはずれた状態で多重化されている。 But the audio data are multiplexed in a state deviating the video data. このようなMPEGデータに対してビデオを基準としたデータの取り出しを行うと、 When taken out of the data relative to the video to such MPEG data,
ビデオデータと同期の取れない(再生時刻がビデオよりも前の)オーディオデータが同時に取り出されてしまう。 Not be taken of the video data and synchronization (playback time is earlier than the video) audio data will be retrieved at the same time. このようにAVクリップが指定されたからといって In this way just because AV clip is specified
MPEGの性格上、AVデータを単純に切り出すことは困難である。 The nature of MPEG, it is difficult to simply cut out the AV data. このため切り出しにはMPEGデータの関係するGO GO For this reason, to cut out the relationship between the MPEG data
P(VOBU)を再構成する必要が生じる。 You need to reconfigure the P (VOBU) occurs. AVクリップ編集部ではこのようなMPEGデータの再構築を行う。 Carry out the re-construction of such MPEG data in the AV clip editing unit. 詳細は動作例において説明する。 The details will be described in the operation example.

【0093】AVファイル管理情報編集部123はAV [0093] AV file management information editing unit 123 AV
ファイル管理情報生成部112において生成された特殊再生用ファイル内相対アドレス情報をAVクリップの編集にともなうAVデータの変形に応じて修正する。 To correct according to the deformation of the AV data with the special playback file in the relative address information generated by the file management information generating unit 112 to the editing of AV clip.

【0094】(AVデータ再生部)AVデータ再生部は、AVクリップ列再生部132、AVファイル読み出し部133、読み出しエラー対策部134、AVデコーダ部131で構成される。 [0094] (AV data reproduction unit) AV data reproduction unit, AV clip train reproduction unit 132, AV file reading unit 133, and a read error countermeasure 134, AV decoder unit 131.

【0095】AVクリップ列再生部132は、録画・編集・再生制御部105から渡されたクリップシーケンスの再生を制御する。 [0095] AV clip column regeneration unit 132, to control the playback of the clip sequence that was passed from the recording, editing, and playback control unit 105. AVファイル読み出し部133に対して、クリップシーケンスを構成する各クリップのデータを読み出すことを要求する。 The AV file read unit 133, requesting to read the data of each clip constituting a clip sequence. AVデコーダ部131に対して、読み出されたデータをデコードすることを要求する。 The AV decoder unit 131, requests to decode the read data.

【0096】AVファイル読み出し部133は、クリップシーケンスを構成する各クリップのAVファイル内でのアドレス(ファイル・オフセット)を計算し、ファイルシステム部102に対して、AVファイルからのデータの読み出しを要求する。 [0096] AV file reading unit 133, the address in each clip AV files composing a clip sequence (file offset) is calculated, the file system unit 102, a request to read the data from the AV file to. また、早送り再生や早戻し再生の場合には、再生のために最小限必要な部分を検索し、必要なデータのみを読み出すように、ファイルシステム部102に要求する。 In the case of fast forward playback or rewind playback, search the minimum necessary portion for reproduction, to read out only the required data, it requests the file system unit 102.

【0097】読み出しエラー対策部134は、ディスクに記録されたAVデータがECC処理を実施してもなおエラーの訂正ができない場合、適切な回復、回避処置を行う。 [0097] reading error countermeasure section 134, if the AV data recorded on the disk can not still corrected for errors by performing the ECC process, appropriate recovery, performs evasive action. 具体的には、次のGOP(VOBU)を代わりに指示したり、AVデコーダ部131のオーディオデコーダに対してオーディオのミュートを要求する。 Specifically, and it instructs instead the next GOP (VOBU), and requests the muting of the audio to the audio decoder of the AV decoder portion 131.

【0098】AVデコーダ部131は、ファイルシステム部102から読み出されるAVデータのデコードを行う。 [0098] AV decoder unit 131 performs decoding of AV data read from the file system unit 102. デコーダのモデルは図28に示す。 Model of the decoder shown in FIG. 28. 図28において150は入力されるAVデータ、151はAVデータ中のパックヘッダに記述されたSCRやストリームIDに基づきデータをデコーダに転送するDeMUX(デマルチプレクサー)、152はビデオデコーダ、153はオーディオデコーダ、154はAVデータ中に存在する編集により生じたデータ境界における処理を行うシームレス接続処理部、155はビデオデコーダの出力である映像信号、 AV data 150 in FIG. 28 to be input, 151 AV pack header in the data data based on the described SCR or stream ID for forwarding to the decoder DeMUX (demultiplexer), 152 video decoder, 153 audio decoder, the seamless connection processing unit 154 that performs processing in the data boundary caused by editing existing in the AV data, the video signal 155 is the output of the video decoder,
156はオーディオデコーダの出力であるオーディオ信号である。 156 is an audio signal which is the output of the audio decoder. 本構成はシームレス接続処理部を除き通常の This configuration is typical except for seamless connection processing unit
MPEGデコーダと同じである。 Is the same as the MPEG decoder.

【0099】2. [0099] 2. ディスクフォーマット 次にディスクへ記録するフォーマットについて説明する。 It describes the format to be recorded on the disk format next disk.

【0100】まずディスク全体の構成を図2に示す。 [0100] First shows the entire disk configuration in Figure 2. 図において横軸は物理セクターアドレスを示す。 In the figure, the horizontal axis shows the physical sector address. 物理セクターアドレスの先頭部分にはリードイン領域がありサーボを安定させるために必要な基準信号や他のメディアとの識別信号などが記録されている。 The head portion of the physical sector address such as an identification signal with a reference signal and other media required to stabilize the servo has lead-in area is recorded. リードイン領域に続いてデータ領域が存在する。 Following the lead-in area and data area is present. この部分に論理的に有効なデータが記録される。 Logically valid data is recorded in this portion. 最後にリードアウト領域がありリードイン領域と同様な基準信号などが記録される。 Etc. Finally there are lead-out area similar reference signal and the lead-in area is recorded.

【0101】以下本発明の対象となるデータ領域について詳述する。 [0102] described in detail subject to data area follows the present invention. (データ領域)まずデータ領域はセクタと呼ばれるアクセス可能な最小サイズのブロックに分割されて、セクタ毎に使用状況を割り当て情報管理領域を用いて管理される。 (Data area) first data area is divided into blocks of accessible minimum size called a sector, it is managed by using the allocation information management area usage for each sector. 割り当て管理情報領域の形態はリスト構造やテーブルが考えられる。 Form of assignment management information area are conceivable list structure or table. ここではセクタビットマップという表を用いて管理する例を用いて説明する。 Here it will be described using an example of managed using a table called sector bitmap. 図10にその様子を示す。 Figure 10 shows such a state.

【0102】1つのセクタのサイズは2KBであり、ディスクへのREAD、WRITEはセクタサイズの整数倍の単位でしか許されない。 [0102] The size of one sector is 2KB, READ to the disk, WRITE is not allowed only in units of an integer multiple of the sector size. 更にデータ領域は複数のゾーンに分割される。 Further data area is divided into a plurality of zones. 本例では具体的なゾーン数は24とする。 Specific number of zones in this example is 24. ゾーン導入の意味はゾーン内ではCAV(角速度一定、つまり回転速度一定)でディスクを回転させることにより記録時の制御を容易にすることにある。 Meaning zone introduction is CAV (constant angular velocity, i.e. the rotational speed constant) in the zone is to facilitate the control of the recording by rotating the disk in. また各ゾーンには同一数のトラックが割り当てられる。 The same number of tracks is assigned to each zone. 本例ではゾーンあたり1888本とする。 In the present example, it is supposed that 1888 lines per zone. ゾーンの境界では各ゾーンで2トラック分(48から80セクタに相当)のバッファセクタが設けられ、この領域にはデータは記録できない。 The zone boundary buffer sectors are provided for two tracks in each zone (corresponding to 48 from 80 sectors), data can not be recorded in this area. さらに各ゾーンの先頭はECCブロックの先頭セクタとなっており、アクセス性の向上を図っている。 Furthermore the top of each zone has a first sector of the ECC block, thereby improving the accessibility.

【0103】このようにゾーン境界で記録ができないセクタが存在するが、使用上は不都合であるため物理セクタアドレスから表により論理セクタ番号を計算することにより、論理セクタアドレスはデータの記録可能な領域のみを連続的に示すように考慮されている。 [0103] Although there are sectors that this can not be recorded in the zone boundary as, by calculating the Usage logical sector number by table from the physical sector address because it is inconvenient, the logical sector address can be recorded in the data area It is considered to show only continuously. 従って以降はゾーンの境界に存在する領域は無視して議論を進めるが、但しゾーン境界を跨いで連続的にデータ記録や読み出しを行う場合には数100ms程度の遅延が発生するものとする。 Thus after the region existing in the zone boundary sake of argument ignored, provided it is assumed that the delay of a few 100ms occurs when performing continuous data recording and reading across the zone boundary.

【0104】3. [0104] 3. AVファイルシステム 次に、データ領域の利用方法であるファイルシステムについて説明する。 AV file system will be described the file system is a method of using the data region.

【0105】ファイルシステムの目的はアプリケーションがファイルを単位とするアクセスを可能とすること、 [0105] It is an object of the file system is that the application is to enable access in units of files,
つまり他のファイルのことは気にせずにアプリケーションを実現できることである。 That is, of that other file is that it can realize the application without having to worry about. これにより多数のファイルが同一ディスク上に存在しても容易にアプリケーションが実現可能となる。 Thus a large number of files the application easily be present on the same disc can be realized. さらにファイルの追記や消去を繰り返し行ってもデータ領域を有効に活用が出来る。 In addition it is repeated write-once or erase the file data area the effective use can be. これはファイルの内容となる論理データをディスク上に記録する際に小さなデータブロックに分割し、ブロック間のリンク情報を合わせて管理するからである。 It is divided into small data blocks when recording the logical data comprising the contents of the file on disk, because managing the combined link information between blocks. データ領域の先頭部分には、このようにファイルシステムを通してデータを管理するためのボリューム情報やファイル情報が記録される。 The head portion of the data area, volume information and file information for managing the way the data through the file system is recorded. これら管理情報に続いて実際のファイルデータが記録される。 The actual file data Following these management information is recorded.

【0106】ファイルデータにはAVデータと非AVデータの2種類が存在し、ディスク上における記録方法も異なる。 [0106] The file data there are two types of AV data and non-AV data, also different recording method on the disc. これはAVデータの記録や読み出しにおけるリアルタイム性を保証すると同時に非AVデータ(通常小さい容量である)のファイルが多数記録された場合におけるディスクの使用効率を維持するためである。 This is to maintain the disk utilization efficiency when the file of the non-AV data simultaneously to ensure real-time in the recording and reading of AV data (which is usually small volume) is a number recorded.

【0107】図3はデータ領域の詳細である。 [0107] FIG. 3 is a detailed data area. リアルタイム性を保証するためにはデータの記録・読み出し時に発生するオーバーヘッド時間を正確に見積もる必要がある。 To ensure real-time, it is necessary to accurately estimate the overhead time occurring at the time of recording and reading data. まずデータ領域は、前述のように24のゾーンに分かれており、境界を跨いで連続記録・読み出しを行う際には数100msの遅延が生じる。 First data area is divided into 24 zones as described above, the number 100ms delay occurs when performing continuous recording and reading across the boundary. 一つのゾーンは固定長の論理ブロック(以後AVブロックと呼ぶ)に分割される。 One zone is divided into logical blocks of a fixed length (hereinafter referred to as AV block). 但しゾーンの最後のAVブロックは他のAVブロックよりも大きなサイズを有する。 However last AV block in a zone having a larger size than other AV block. 各AVブロックはEC Each AV block EC
Cブロックの整数倍で構成され、ECCブロックは16セクターで構成される。 Is composed of an integral multiple of the C blocks, ECC block includes 16 sectors. 各セクタは2048Bのデータを記録可能である。 Each sector is capable of recording data of 2048 B. 図3は各セクタにAVデータを記録した場合の例である。 Figure 3 is an example of a case in which AV data has been recorded in each sector. AVブロックのサイズの決定方法に関しては後で説明する。 It will be described later with respect to size determination method of the AV block.

【0108】(AVブロック)各AVブロックはAVデータを記録しても良いし、非AVデータを記録しても良い。 [0108] It (AV block) each AV block may be recorded AV data may be recorded non-AV data. 但し、AVデータと非AVデータを同一のAVブロック内に混在して記録することは認めない。 However, it is not permitted to record a mix of AV data and non-AV data to the same AV block. AVブロックもセクタ同様、割り当て管理情報領域を用いて管理される。 AV block is also sector Similarly, are managed using the allocation management information area. AVブロック用の割り当て管理情報領域の形態も、セクタ用のものと同様に、リスト構造やテーブルが考えられる。 Form of assignment management information area for AV block, like the one for the sector are considered list structure or table.

【0109】なお、この管理情報領域は、ディスクのボリューム管理領域の様にファイルシステム用の領域に持つことも出来るし、アプリケーションから処理できる1 [0109] It should be noted, 1 the management information area, also to be possible to have in the area for the file system as the volume management area of ​​the disk, which can be processed from the application
つのファイルとしてディスク上に持つことも出来る。 One of it is also possible to have on the disk as a file.

【0110】ここではテーブル構造である図4示すAV [0110] AV where shown FIG. 4 is a table structure
ブロック管理テーブルを例に説明を行う。 The description an example block management table. この管理テーブルはデータ領域の先頭にあるボリューム情報の一部として記録される。 This management table is recorded as part of the volume information at the beginning of the data area.

【0111】管理テーブルはAVブロックアドレスに対応するAVブロックがAV用にデータが割り当てられているか、非AV用に割り当てられているか、未使用であるかを識別するために用いられる。 [0111] or management table AV blocks corresponding to the AV block address is data allocated for AV, or allocated for non-AV, used to identify whether the unused. 図中に示すようにテーブルの内容である2ビットが00は未使用、01はAV、1 2 bits is the content of the table as shown in FIG. 00 is not used, 01 AV, 1
0は非AVを示す。 0 indicates a non-AV. 各AVブロックの長さは本例では224 In this example the length of each AV block 224
ECCブロック(約7MB)であり、各ゾーンの最終AV A ECC block (about 7MB), the final AV of each zone
ブロックのみはテーブルに示すゾーン毎に異なる値となる。 Block only a different value for each zone shown in the table. これはゾーン境界をAVブロックが跨ぐのを回避しつつ、ディスクの使用効率を維持するものである。 This while avoiding the cross the zone boundary AV block, it is to maintain the efficiency of use of the disc.

【0112】ここでAVブロックの長さはどのように決定されるのかを説明する。 [0112] To explain how is determined here how the length of an AV block. 図5と図6はAVデータ記録時と読み出し時のバッファリングモデルを示すものである。 Figures 5 and 6 show a buffering model at the time of the read AV data recording. 図5においてエンコーダの出力であるMPEGデータはトラックバッファと呼ばれるFIFO(First In First Out) FIFO MPEG data output from the encoder 5 is called track buffer (First In First Out)
メモリに一時蓄積された後、ディスクに記録される。 After being temporarily stored in the memory, it is recorded on the disc. ディスクに記録する際には可能な限り連続したECCブロック単位でデータを記録することにより無駄な回転待ちやシーク時間を回避できる。 Avoiding unnecessary rotational delay and seek time by recording the data in ECC block units continuously as possible to record on the disc. AVブロックはこのように一度に連続的に記録・読み出しを行う単位である。 AV block is the unit to carry out this way continuously recording and reading at a time. この際にトラックバッファの占有状態をグラフ化した図が図5 Graphed FIG occupancy status of the track buffer at this time is FIG. 5
と図6である。 And it is a diagram 6.

【0113】図5において、トラックバッファへの最大入力レートをVin、ディスク記録の許容最大レートをVou [0113] In FIG 5, the maximum input rate to the track buffer Vin, the allowed maximum rate of the disk recording Vou
tとする。 And t. ここでVin < Voutである。 Here is a Vin <Vout. 本例では実際の値として、Vin=8Mbps, Vout=11Mbpsと設定する。 As the actual value in this example, set Vin = 8 Mbps, and Vout = 11Mbps. トラックバッファは、初期値としてバッファ容量以下のある値までAVデータが蓄積済みと仮定する。 Track buffer assumes AV data and already accumulated as initial value to a value of less buffer capacity. これは蓄積せずに記録を開始するとVout > Vinのためすぐにトラックバッファがアンダーフローを起こし、最大許容レートでディスクに連続記録ができないためである。 This is because immediately track buffer for the start to the Vout> Vin recording without accumulation underflows can not continuously recorded on the disc at the maximum allowable rate. 図5においてAVブロック#jの記録を行いながら、エンコードを続けるとディスクへの書き込み時間中はVin - Voutのレートでバッファの占有量は減少する。 While recording the AV block #j 5, in continuing the encoding disk write time Vin - occupied amount of the buffer at a rate of Vout decreases. ブロック#jの記録が完了した時点で次のAVブロックであるAVブロック#k When the recording of the block #j has been completed the next AV block AV block #k
にジャンプ(シークと回転待ち)を行う。 Perform a jump (seek and rotation waiting) to. この間はエンコードのレートであるVinでバッファ占有量が増加する。 During this time buffer occupancy increases at a rate of encoding Vin. ここで満足すべき条件はトラックバッファがオーバーフローし、AVデータが紛失することを避けることである。 Conditions to be satisfied where the track buffer overflow is to avoid AV data is lost. この条件はAVブロックの長さには無関係にジャンプ時間の最大値とVinから、 Vin x 最大ジャンプ時間 < トラックバッファ容量となる。 This condition from the maximum value and Vin of independent jump time is the length of the AV blocks, Vin x maximum jump time the <track buffer capacity.

【0114】今、Vin=8Mbps、最大ジャンプ時間=1.5 [0114] Now, Vin = 8Mbps, the maximum jump time = 1.5
秒であるのでトラックバッファの容量は1.5MB必要である。 Capacity of the track buffer because in seconds is required 1.5MB. もちろん記録時の最大ジャンプ時間が短いディスク記録装置を用いればバッファ容量は大幅に削減可能となる。 Of course the buffer capacity by using the maximum jump time is short disc recording apparatus for recording becomes considerably be reduced.

【0115】次に、読み出し時のバッファリングモデルを図6を用いて説明する。 [0115] Next, the buffering model at the time of reading will be described with reference to FIG. 図においてディスクから読み出されたデータはECC処理を経てトラックバッファへ Data read from the disk in the figure to the track buffer through ECC processing
Vinのレートで入力される。 It is input at a rate of Vin. トラックバッファは記録時と同様のFIFOである。 Track buffer is the same FIFO and the time of recording. ワーストケースとしてトラックバッファに全くデータが溜まっていない状態からAVブロック#jの読み出しに入る。 It enters a state that is not at all accumulated data in the track buffer as the worst case for reading the AV block #j. この場合、読み出し中にはVi In this case, during the reading Vi
n - Voutのレートでバッファにデータが溜まって行く。 n - go accumulated data in the buffer at a rate of Vout.
AVブロックの長さを224ECCブロック(=7.2MB)とし、Vin=11Mbps、Vout=8Mbpsとすると、AVブロックの読み込み時間は約5.2秒となりバッファをオーバーフローさせないためには約2MBのトラックバッファが必要となる。 The length of the AV block as 224ECC block (= 7.2MB), Vin = 11Mbps, When Vout = 8 Mbps, in order to load time AV block does not overflow the buffer is about 5.2 seconds requires a track buffer of about 2MB Become. 但し、トラックバッファがオーバーフローを起こしてもディスクに記録されているデータを紛失する訳ではないため、2MBのバッファを持つ必要はない。 However, since the track buffer is not to lose the data recorded on the disk even if overflow occurs, it is not necessary to have a buffer of 2MB. 必要条件としては、AVブロック#jの読み込みを完了しジャンプしている間にトラックバッファがアンダーフローを起こさないだけのバッファ容量を確保することである。 The necessary condition is that the track buffer to secure a buffer capacity sufficient not cause underflow while jumping completed loading the AV block #j.
これは最大ジャンプ時間を1.5秒、Vout=8Mbpsとすると This is 1.5 seconds, the maximum jump time, when Vout = 8Mbps
1.5MBとなる。 A 1.5MB. 最大ジャンプ時間が短い読み出し装置の場合、必要なバッファ容量は削減可能である。 For maximum jump time is short reading device, a buffer capacity required can be reduced.

【0116】ここでAVブロック長の下限値について説明する。 [0116] now to the lower limit of the AV block length. 上記の読み出し時のバッファリングモデルにおいてAVブロックを全て一気に読み出した場合2MBのトラックバッファを必要とするが、実際ジャンプ時にデータをアンダーフローさせないためには1.5MBのトラックバッファで十分であると説明した。 It requires a track buffer in the case 2MB read once all the AV blocks in the buffering model during said read but, in order not to actually underflow data during jump has been described to be sufficient in the track buffer 1.5MB . つまり、 AVブロック長を適切に設定したため、2MB > 1.5MBとなりAV That is, due to appropriately set the AV block length, 2MB> 1.5MB next AV
ブロック長を意識することなく議論を進めることが可能となった。 It has become possible to proceed with the discussion without being conscious of the block length. 逆に一気に読み込んだ場合でも1.5MBに満たない量しかトラックバッファに蓄積できなかった場合を考えるとトラックバッファは明らかにアンダーフローを起こす。 The amount less than 1.5MB even if you once read in reverse only consider a case that could not be accumulated in the track buffer the track buffer is clearly cause underflow. 従ってAVブロック内のデータを読み出している間にトラックバッファに蓄積されるデータを、Vinのビットレートで読み出した場合に1.5秒以上の時間が必要になればよいから、 AVブロック長(bit単位)x (Vin -Vout) / (Vin x Vi Thus the data stored in the track buffer while reading the data in the AV block, because it becomes necessary 1.5 seconds or longer when read at a bit rate of Vin, AV block length (bit unit) x (Vin -Vout) / (Vin x Vi
n) > 1.5秒 つまり、AVブロック長は最低5.5MB以上必要となる。 n)> 1.5 seconds that is, AV block length required minimum of 5.5MB.
7MB程度に設定した理由は、ディスクエラーが発生した場合などのマージンを見込んでいるからである。 The reason was set to about 7MB is because it expects the margin, such as when a disk error has occurred.

【0117】このAVブロックを用いてAVファイルを記録する場合、AVファイルの先頭と末尾部分を除いて他の部分をAVブロック内にフルにデータを書き込む形で記録を行えば、AVファイルのリアルタイム記録・再生を保証することが可能となる。 [0117] When recording an AV file using the AV block, by performing recording with the exception of the beginning and end portions of the AV file and the other part in the AV block in the form of writing data to the full, real-time AV file it is possible to guarantee the recording and playback. というのはこれまで説明してきたように、1つAVブロックにフルに連続記録されたAVデータを読み出すと、ビットレート8Mbpsのデコードで1.5秒以上再生できるデータをトラックバッファに蓄積することが出来る。 As has been described heretofore because, one when the AV block is read AV data are continuously recorded in full, it is possible to store data that can be reproduced more than 1.5 seconds at the decoding bit rate 8Mbps in the track buffer. この1.5秒は民生のワーストケースのジャンプ時間であるから、データ読み出し中に如何なるジャンプが発生しても記録・再生を支障なく続けることが可能となる。 Since this 1.5 sec is the jump time consumer worst case, any jump during data reading is generated and it is possible to record and playback trouble continued without. 再生ではAVファイルの先頭の連続記録長がAVブロック長より短いと問題になりそうだが、トラックバッファにデータがフルになるまでデコードを開始しないとすれば、AVファイル再生の初期段階からジャンプを保証することが可能となり、再生が途切れるという問題は発生しない。 Likely the beginning of the problems continuous recording length is shorter than the AV block length of the AV file is reproduced, but if the data in the track buffer does not start decoding until full guarantees a jump from the beginning of the AV file reproducing it becomes possible to, a problem that the playback is interrupted does not occur. このようにAVブロックとバッファリングモデルを用いることによりAV AV By thus using the AV block and Buffering Model
のリアルタイム記録・再生を保証しつつ、ディスクの使用効率を維持することができる。 While ensuring real time recording and reproduction can be maintained utilization of disk.

【0118】なお、説明してきた様にバッファをフルにするためには、7.2MBの連続データは必要ない。 [0118] It should be noted that, in order to make the buffer as has been described in full, continuous data of 7.2MB is not necessary. 5.5MBのデータが連続的に書かれていればバッファをフルにすることは可能である。 Data 5.5MB is possible to buffer if the continuously written full. そのため、5.5MBのデータが連続的に書かれていればAVブロックに未使用領域を作るというAVデータの記録方法も考えられるが、ディスクにより多くのデータを記録するという立場から考えるとディスクの使用効率を下げるようなこの方法は利点がない記録方法となる。 Therefore, it is also conceivable method for recording AV data of making unused space AV block if the data of 5.5MB is continuously written, the use of disk Considering the standpoint record more data disks the method as lowering the efficiency is the recording method no advantage. またAVファイルシステムが、AVブロックに連続的に5.5MBのデータを記録できたかどうかを管理せねばならず、AVファイルシステムの処理も複雑となってしまう。 The AV file system, not must not manage whether or not record the data continuously 5.5MB to AV block, also becomes complicated processing of the AV file system.

【0119】(AVブロックとセクタビットマップの階層化)ここまではAVブロックのみに着目して説明してきたが、データ領域の割り当て状況を管理するという性質は、AVブロック管理テーブルも、セクタビットマップも共にもっており、データ領域を割り当てる場合には、AVブロック管理テーブルとセクタビットマップを同調して操作する必要がある。 [0119] (layering AV block and sector bitmap) So far has been described by focusing only on the AV block, the nature of managing the allocation status of the data area, even AV block management table, sector bit map also it has both when assigning data area, it is necessary to operate in unison the AV block management table and the sector bitmap. AVブロック管理テーブルはAVブロックが未使用(00)、AVファイル用(01)、 The AV block management table AV block is unused (00), for the AV file (01),
非AVファイル用(10)のどの状態であるかを管理する。 Managing whether a non-AV file (10) of the throat conditions.

【0120】またセクタビットマップはセクタの割り当て済み(1)、未割り当て(0)という状態を管理する。 [0120] The sector bit map sector of the allocated (1), to manage the state of unallocated (0).

【0121】ここでは、AVブロック管理テーブルとセクタビットマップの関係を説明する。 [0121] Here, explaining the relationship between the AV block management table and the sector bitmap. ただし、実際の動作(READ、WRITEなど)に伴うAVブロック管理テーブルとセクタビットマップに対する処理の説明は、後でファイルシステムのコマンドを説明する際に行う。 However, the actual operation (READ, WRITE, etc.) the description of the processing for the AV block management table and the sector bit map associated with is carried out later when describing the command file system.

【0122】AVブロックをAVファイル用に割り当てると、その中に含まれる全てのセクタはセクタビットマップ上に割り当て済みと登録される。 [0122] Assigning an AV block for AV file, all the sectors included therein is registered with the already allocated on sector bit map. 図11においてA A 11
VブロックAV_BLK#4がその例である。 V Block AV_BLK # 4 are examples. また図12(a) The FIG. 12 (a)
に、その場合のセクタビットマップの変化を示してある。 A is shown the change of the sector bit map in this case. 実際にデータが書き込まれないセクタが有ったとしても、全て割り当て済みとなるのである。 Indeed even the data there is not written sector, it is becoming all allocated. こうすることで、セクタビットマップのみをサポートし、AVブロック管理テーブルをサポートしないファイルシステムにこのディスクをアクセスさせても、セクタビットマップ及びAVブロック管理テーブルの両方をサポートするファイルシステムで書き込まれたAVファイルを保護することが可能なのである。 In this way, only support sector bit map, even the disc is accessed on a file system that does not support AV block management table, written on the file system that supports both sector bit map and the AV block management table than is capable of protecting the AV file.

【0123】AVファイル用に割り当てられたAVブロックは、記録されている全てのAVデータが削除された場合、AVブロック管理表に未使用のAVブロックと登録される。 [0123] AV blocks assigned for AV files, if all of the AV data recorded is deleted, is registered as an unused AV block AV block management table. 具体的にはAVブロック管理テーブルの01の値が00に変更される。 Specifically 01 values ​​of AV block management table is changed to 00. また同時に未使用に変更されたA A also has been changed to an unused at the same time
Vブロックに含まれるセクタも状態が変更され、セクタビットマップ上で未割り当てセクタと変更される。 Sectors included in the V-block is also state is changed, it is changed unassigned sectors on a sector bit map. 図1 Figure 1
2(b)にそのときの処理内容を示しておく。 Advance showing the contents at that time 2 (b). AVブロック内のAVデータが全て削除されたかどうかは、セクタビットマップから判断できないため、ファイルのExte Since the AV data in the AV block Whether been deleted all, it can not be determined from the sector bit map, Exte file
nt情報を元にAVファイルシステムが判断する。 AV file system is determined on the basis of the nt information.

【0124】AVブロックを非AVファイル用に割り当てると、AVブロック管理テーブルに10と登録される。 [0124] Assigning an AV block for non-AV file is registered as 10 in the AV block management table.
図11のAV_BLK#1がその例である。 AV_BLK # 1 in FIG. 11 are examples. AVブロックを非A Non-A, the AV block
Vファイル用に割り当てる場合、AVブロックに含まれるセクタは、実際にデータが書き込まれるセクタに関してのみセクタビットマップ上で割り当て済みと変更される。 If allocated for V file sectors included in AV blocks are actually changed allocated on sector bit map only for the sector data is written. つまり、AVファイルを記録するときのようにデータを記録しないセクタまでセクタビットマップ上で割り当て済みにすることはない。 That is, not to the assigned on a sector bit map to sectors that do not record the data as when recording an AV file. こうすることで、非AVファイル用AVブロックでは複数の非AVファイルが存在することができ、ディスク全体の使用効率を改善することが可能となる。 In this way, the non-AV file for AV block can have multiple non-AV file, it is possible to improve the use efficiency of the entire disc. また、こうすることでセクタビットマップのみをサポートするファイルシステムでも、非AV Also, a file system that supports only sector bit map in this way, non-AV
ファイル用AVブロックに非AVファイルの書き込みが可能となる。 Writing non-AV file is possible AV block files.

【0125】更にセクタビットマップのみをサポートするファイルシステムで非AVファイルが書き込まれたディスクも、DVD−RAMのファイルシステムにかける際には、はじめにセクタビットマップをサーチして、A [0125] Also disk that non-AV file has been written further in the file system that supports only sector bit map, when applied to the file system of the DVD-RAM is to search the sector bit map at the beginning, A
Vブロック管理テーブルで、00となっているAVブロックに含まれるセクタであるのに、セクタビットマップ上で割り当て済みの状態をもつセクタが存在すれば、そのセクタを含むAVブロックを10としてAVブロック管理テーブルに登録することで、DVD−RAMのファイルシステム上でのディスクの正当性を保つことが出来る。 In V-block management table, to a sector included in the AV block that is to be 00, if there is a sector with an assigned state on sector bit map, AV block AV block including the sector as 10 by registered in the management table, it is possible to maintain the validity of the disk on the file system of the DVD-RAM.

【0126】AVブロックの記録方法に関して付け加えておくと、非AV属性のAVブロックに対しては、データの記録は代替セクタ方式で記録される。 [0126] If you leave added regarding recording method for AV blocks for the AV block of non-AV attribute, recording data are recorded in an alternate sector scheme. しかし、特に記録方式に対する制限はないので、別にECCブロックスキップ方式(アドレスエラーがあるECCブロックはスキップして次のECCブロックに記録を行う。本出願人が出願した特願平8−258078号参照)で、データを記録してもよい。 However, especially since there is no limitation to recording, separately ECC block skip method (Japanese Patent Application No. Hei 8-258078 reference. The present applicant ECC block skip recording on the next ECC block is filed with an address error in), the data may be recorded. ただし、同一のECCブロック中で先の2つの記録方式が混在することだけは避けなければならない。 However, it must be avoided only that the same earlier in the ECC block two recording methods are mixed.

【0127】以上がAVブロックの原理の説明である。 [0127] The above is the explanation of the principles of the AV block. (AVブロックを処理するAVファイルシステムAP (AV File System AP for processing AV block
I)図1に示してあるファイルシステムのコマンドのうち、図24のDVDレコーダの動作について説明する際に必要とされ、しかもAVブロック管理テーブルとセクタビットマップに関係するコマンドをここで説明する。 Any command in the file system is shown in I) Figure 1, it is required when the operation of the DVD recorder 24, moreover explaining commands related to AV block management table and the sector bit map here.

【0128】「WRITE」は、ディスク上に非AVファイルを書き込む場合に実行される。 [0128] "WRITE" is executed when writing the non-AV file on the disk. 「WRITE」はまずAV "WRITE" First AV
ブロック管理テーブルを検索し、10の状態をもつAVブロックを探す。 It searches the block management table, search for AV block with status of 10. 次に見つけたAVブロック内のセクタの状態をセクタビットマップより検索して、未割り当てのセクタがあればそこにデータを書き込み、データを書き込んだセクタをセクタビットマップ上で割り当て済みと状態を変更する。 The state of the sector of the next found AV block searching from sector bit map, write data thereto if any unassigned sectors, changing the allocated and state sector data is written on the sector bit map to. 10の状態をもつAVブロック内に十分な空き領域がない場合、もしくは10のAVブロックが存在しない場合は、00のAVブロックを新しく非AVファイル用のAVブロックとして割り当て、その中のセクタに非AVファイルを書き込む。 If there is not enough free space in the AV block with 10 states of, or if the AV block 10 does not exist, assigns a 00 AV blocks as new AV block for non-AV file, the non-sector therein writes the AV file. この場合もセクタに対する処理は先と同様に行う。 Processing for this case the sector is carried out as before. 01の状態のAVブロックに対して非AVファイルを書き込むことは無い。 It is not to write the non-AV file to the AV block of 01 of the state. 先にも説明したように、AVファイルシステムはファイルをExtent As explained previously, AV file system Extent the file
のリンクリストで管理するため、非AVファイルを書き込む際に記録するセクタが不連続になると、新しくExte To manage the linked list, when a sector to be recorded when writing non-AV file is discontinuous, the new Exte
ntを生成することになる。 It will produce a nt.

【0129】「AV−WRITE」は、ディスク上にAVファイルを書き込む場合に実行される。 [0129] "AV-WRITE" is executed when writing the AV file on the disk. 「AV−WRITE」は、 "AV-WRITE" is,
AVブロック管理テーブルを先頭から00の状態のAVブロックを検索して、先にAVデータを記録していたAV And search for AV block of state of 00 the AV block management table from the beginning, AV, which has been recording AV data before
ブロックに連続した形でなるべく新しいAVブロックを確保しようとする。 To try to ensure as much as possible new AV block in a continuous form to the block. 確保されたAVブロック内に存在する全セクタはセクタビットマップ上で割り当て済みと変更される。 All sectors existing in AV blocks reserved is changed assigned on a sector bit map. そして確保したAVブロックに対して先頭からAVファイルを書き込んでいく。 Then it writes the AV file from the beginning to the AV block secured. 「AV−WRITE」におけるAVブロック管理テーブルとセクタビットマップの変化の様子は図12に示して有る。 State of a change in the AV block management table and the sector bit map in the "AV-WRITE" is there shown in FIG. 12. 「WRITE」とは逆に「AV−WRITE」は10の状態を持つAVブロックに関してAVファイルを記録することは無い。 "WRITE", "AV-WRITE" Contrary to the never record the AV file with respect to AV block with status of 10. AVファイルシステムでは、ファイルはExtentのリンクリストとして管理される。 The AV file system, files are managed as a linked list of Extent. AVファイルを書き込んでいる際に、AVブロックが不連続になった場合、新たなExtentが生成される。 When writing the AV file, if the AV block is discontinuous, the new Extent is generated. AVファイルをゾーンを跨いで記録する場合、ディスクのゾーンの境界にはバッファセクタが存在するため必ずゾーン境界でExtentが切れることになる。 If you want to record across the zone the AV file, so that the Extent expires in sure zone boundary for buffer sector is present in the zone of the boundary of the disk.

【0130】「READ」は、ディスク上に記録されたデータを、指定されたサイズだけ読み出す場合に実行される。 [0130] "READ" is, the data that has been recorded on the disc, is executed in the case in which the image data is read only the specified size. 「READ」は一度に32KB程度のデータを読み出す。 "READ" reads out the data of about 32KB at a time. これは、エラー訂正の最小単位ECCブロックが16セクタで構成され、それが32KBであることに依る。 It consists of a minimum unit ECC block is 16 sectors of error correction, due to that it is 32KB. 「READ」が連続的にデータを読み出しているときに、Extentの境界に到達すると、次のデータが記録されているExtentまでジャンプを行い、そこからまたデータの読み出しを行う。 When "READ" is reading data continuously, upon reaching the boundary of the Extent, perform jump to Extent the next data is recorded, or to read data therefrom. このジャンプ時間はワーストケースで1.5秒であるが、AVブロック内のセクタには連続的にAVファイルが記録されていることから、AVブロック内の全セクタを連続的に読む出すことで、1.5秒の間AVデコーダーに提供するデータをトラックバッファに蓄積することが出来、AVファイル内でのシームレス再生を保証することができる。 This jump time is 1.5 seconds in the worst case, since the continuous AV file in sectors in AV block is recorded, by issuing read all sectors in AV blocks continuously, 1.5 seconds the data provided during AV decoder can be accumulated in the track buffer can ensure seamless reproduction in the AV file. 「READ」自体はAVブロック、セクタビットマップに対して処理を行うことは無い。 "READ" itself never performs processing AV block, relative sector bit map.

【0131】なお、「READ」は指定されたデータ内にA [0131] It should be noted, "READ" is A in the specified data
Vブロックの境界がある場合に、カレントのヘッドの位置から近い方のAVブロックに記録されているデータを先に読み出すことで、データ読み出し時間の最適化を行うことも可能である。 If there is a boundary of the V-block, by reading ahead the data recorded in the AV block closer the position of the current head, it is also possible to optimize the data read time.

【0132】「DELETE」はディスク上に存在するファイル全体を削除する場合に実行される。 [0132] "DELETE" is executes when you delete the entire file that exists on the disk. 「DELETE」はファイルのExtentのリンクリストをたどりながら、全てのEx "DELETE" while follow the link list of the Extent of the files, all of the Ex
tentを削除することでファイルの削除を実現する。 To achieve the deletion of the file by removing the tent. 「DE "DE
LETE」をAVファイルに対して実行するのか、非AVファイルに対して実行するのかでAVブロック、セクタビットマップへの処理が変わってくるので、それぞれの場合について説明を行う。 Whether to perform LETE "against AV file, AV block or to run against a non-AV file, since the processing to the sector bitmap varies for each case will be described.

【0133】まずAVファイルを削除する場合について図13を用いて説明する。 [0133] First, the case of deleting the AV file will be described with reference to FIG. 図13はAVfile#2を削除する例である。 Figure 13 is an example of deleting the avfile # 2. AVfile#2はAV_BLK#11とAV_BLK#14に記録されており、 AVブロック管理テーブル上でAV_BLK#11,#1 Avfile # 2 it is recorded in AV_BLK # 11 and AV_BLK # 14, AV_BLK # 11 on AV block management table, # 1
4(斜線部)は01と登録されている。 4 (shaded area) is registered as 01. AVfile#2に対して「DELETE」コマンドが実行されるとAVブロック管理テーブルのAV_BLK#11、#14の部分が01から00に変更され、 Avfile # 2 the "DELETE" command is executed for the AV block management table of AV_BLK # 11, part of the # 14 is changed from 01 to 00,
未使用AVブロックとして管理される。 It is managed as an unused AV block. 併せて、AV_BLK In addition, AV_BLK
#11、#14に含まれる全てのセクタについてセクタビットマップを割り当て状態(各ビットが1)から未割り当て状態(各ビットが0)に変更する。 # 11, allocation state sector bit map for all the sectors included in # 14 (each bit is 1) is changed to unassigned state (each bit is 0) from.

【0134】次に図14を用いて、非AVファイルを削除する場合を説明する。 [0134] Next with reference to FIG. 14, the case of deleting a non-AV file. 削除する非AVファイルをfile file a non-AV file to be deleted
#3とする。 # And 3. file#3は1つのExtentから構成されており、 file # 3 is composed of one Extent,
Extentの内容は図13に示す通りである。 The contents of the Extent are as shown in FIG. 13. 今、file#3を「DELETE」コマンドにより削除すると、file#3が記録されていたセクタsector#100からsecotr#110のセクタビットマップの内容(太線で囲んだ部分)が割り当て状態から未割り当て状態に変更される。 Now, file when deleting the "DELETE" command to # 3, file # unallocated from 3 the contents of the sector bit map of secotr # 110 from the sector sector # 100 that had been recorded (portion surrounded by a thick line) is assigned state It is changed to. AV_BLK#11のAVブロック管理テーブルの状態は、その時のセクタビットマップの状態により処理が変わってくる。 AV_BLK AV block management table state of # 11, the process varies depending on the state of the sector bit map at that time. file#3以外にもAV file # 3 other than the AV also
_BLK#11内に非AVファイルが記録されている場合、AV_ If the _BLK # 11 non-AV file is recorded, AV_
BLK#11についてAVブロック管理テーブルを変更することはない。 It does not change the AV block management table for BLK # 11. しかし、file#3を消すことでAV_BLK#11内に存在するファイルが無くなる場合、AV_BLK#11についてAVブロック管理テーブルを10から00に変更して、AV_B However, if the file exists in AV_BLK # 11 by erasing the file # 3 is eliminated by changing the AV block management table 00 from 10 for AV_BLK # 11, AV_B
LK#11を未使用状態にする。 The LK # 11 in the unused state.

【0135】「SHORTEN」は、AVファイルの端の要らない部分を削除する場合に実行される。 [0135] "SHORTEN" is performed when you want to delete a portion that does not need the end of the AV file. 「SHORTEN」はAVファイルのみに有効なコマンドで、非AVファイルに対して実行するとエラーとなる。 "SHORTEN" a valid command only AV file, an error When run against a non-AV file. 「SHORTEN」にはA A The "SHORTEN"
Vファイルの先頭部分を削除する場合と、AVファイルの末尾部分を削除する場合の2通りの使い方がある。 And if you want to remove the top portion of the V file, there is a use of two ways if you want to delete the last part of the AV file.

【0136】AVファイルの部分削除は、1つのAVブロック内で処理が完結出来るのであればExtent情報を変更することで実現する。 [0136] partial deletion of the AV file, the process in one AV block is realized by changing the Extent information as long as possible complete. つまり実際にディスク上からデータを削除するわけではなく、Extentの情報を情報を変更することで、ファイルシステムから不要な部分のデータを見えないようにするのである。 That does not mean to delete the actual data from the disk, the information of the Extent by changing the information, is to not be seen the data of unnecessary portions from the file system. AVのAVブロックの場合、ファイルシステムはAVブロックの解放をExtent For AV of AV block, the file system Extent release of AV block
情報により判断して行う。 Making a determination by the information. なぜなら、AVブロックがA This is because, AV block A
Vファイル用に割り当てられると、セクタビットマップ上ではそのAVブロックに含まれる全セクタは割り当て済みとされてしまい、実際にデータが存在しないところまで割り当て済みとなるので、セクタビットマップからAVファイルのデータが存在するところを判断することはできないのである。 When allocated for V file, all sectors are included in the AV blocks on the sector bitmap will be the assigned, since actually the allocated point where data is not present, the sector bit map of AV file it is not possible to determine where the data exists. データを削除することで有効(ファイルシステムから認識される)データを全く持たないAVブロックが出来る場合には、そのAVブロックを未使用の状態に変更する処理を行う。 If the data valid by removing (recognized from the file system) data at all AV block can not having performs a process of changing the state of non-use that AV block. この処理は「DELET This process is "DELET
E」の部分で説明したことと同様のことを行う。 It does the same as those explained in the part of E ".

【0137】図15を用いて、AVファイルに「SHORTE [0137] with reference to FIG. 15, "SHORTE to the AV file
N」を実行した場合の考え方を説明する。 The idea of ​​running the N "will be explained. ただし、図1 However, FIG. 1
5ではわかりやすいように、AVブロックからデータが実際に削除されたように書かれているが、先にも説明したように実際にはデータが残されていることに注意してほしい。 5 for clarity in, but are written so that the data is actually deleted from the AV block, I want you to note that fact to have been left with data, as also described above. 図15(a)はAVfile#1の編集点より前の部分を削除する例である。 Figure 15 (a) is a example of removing the portion before the editing point of avfile # 1. 「SHORTEN」を実行したことで、 By executing the "SHORTEN"
ファイルシステムからはAVfile#1の編集点より前のデータは見えなくなってしまう。 From the file system AVfile data prior to editing point of # 1 becomes invisible. 図15(b)はAVファイルの末端の要らない部分を削除するために「SHORTEN」 Figure 15 (b) to remove the portion not need a terminal of the AV file "SHORTEN"
コマンドを実行する例である。 It is an example of executing the command. 図15(b)においてAV Figure 15 AV in (b)
file#1の編集点より前の部分を削除すると、AV_BLK#kが有効なデータを持たないAVブロックとなる。 When you delete a portion before the editing point of the file # 1, the AV block AV_BLK # k does not have a valid data. この場合は、先に説明した様にAV_BKL#kを未割り当て状態に変更する必要が出てくる。 In this case, it becomes necessary to change the AV_BKL # k as previously described in unallocated state.

【0138】「SPLIT」はAVファイルを2つに分割するために実行される。 [0138] "SPLIT" is performed to divide the AV file into two. 「SPLIT」はAVファイルにのみ有効なコマンドで、非AVファイルに実行するとエラーとなる。 "SPLIT" is a valid command only in the AV file, an error occurs when you run a non-AV file.

【0139】図16を用いてAVfile#1を分割する例を説明する。 [0139] describes an example of dividing the avfile # 1 with reference to FIG. 16. ここでAVfile#1を分割した後でもAVfile#1という名前を使っているが、これは分割後の前のファイルが元ファイルの管理情報をそのまま受け継ぐためにそのようにした。 While using the name AVfile # 1 even after splitting the AVfile # 1 here, this is before the file after the split was that way in order to inherit as it is the management information of the original file. 「SPLIT」によってAVfile#1は(サイズが短くなった)AVfile#1とAVfile#3に分割される。 Avfile # 1 by "SPLIT" is divided into (size is shortened) avfile # 1 and avfile # 3. この時編集点を含むAVブロックAV_BLK#mには2つのファイルが存在することになる。 So that the two files is present in the AV block AV_BLK # m this point including an edit point. AVブロックにAVデータを記録する場合、1つのAVブロックには1つAVファイルしか記録できないため、共存しているAVfile#3のデータは他の未割り当て状態のAVブロックへ移動させなければならない。 When recording AV data to the AV block, since the one AV block can only record one AV file, data avfile # 3 coexisting must move to the AV block other unallocated. そのためAVブロック管理テーブルから00の状態のAV_BLK#nを見つけ、状態を01に変更して、AVfile Therefore find the AV_BLK # n of 00 states from the AV block management table by changing the status to 01, avfile
#3-1をAV_BLK#mから移動する。 # Move 3-1 from AV_BLK # m. AV_BLK#nはAVファイル用のAVブロックとなるので、AV_BLK#nに含まれる全てのセクタは割り当て済みとセクタビットマップを変更される。 Since AV_BLK # n is the AV block for AV files, all sectors included in AV_BLK # n is changed the assigned and sector bit map.

【0140】「MERGE」はディスク上の2つのAVファイルと、メモリ上のデータを接続して1つのAVファイルを作る場合に実行される。 [0140] "MERGE" is executed when the make and two AV files on the disk, one of the AV file by connecting the data on the memory. 「MERGE」におけるデータの移動の様子を図17を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 17 the state of movement of the data in "MERGE". 図17はAVfi 17 AVfi
le#1とAVfile#2とメモリ内のデータを、AVfile#1、メモリ内データ、AVfile#2という順番で接続する例である。 Data le # 1 and avfile # 2 and the memory, avfile # 1, memory data, an example of connecting in the order of avfile # 2.
この場合out点直前のAVfile#1の連続記録長がAVブロック長より長く、AV_BLK#nのout点以降にメモリ内のデータサイズ以上の空き領域(ベクタビットマップには割り当て済みとされているが)があるため、そこにメモリ内のデータを書き込み、メモリ内のデータ最後からのジャンプ先をAV_BLK#nのin点に設定すればmerge処理は終わる。 In this case the continuous recording length avfile # 1 of out point immediately preceding longer than AV block length, but there is a allocated to the data size of free space (vector bitmap in memory after out point of AV_BLK # n because) there is, there to write the data in the memory, it is set to jump from the data last in memory in point of AV_BLK # n merge process ends.

【0141】しかし図17の(b)の場合、つまりメモリ内のデータサイズkがout点以降の空き領域のサイズiより大きい場合には、空き領域にメモリ内のデータが書き込めないため、他の空き領域にAVfile#1のデータを移動させて、メモリ内のデータと合わせてデータ長がA [0141] However, in the case of FIG. 17 (b), that is because the data size k in memory when the size is larger than i in the free space after the out point, not the data in the memory is written in an empty area, other moving the data avfile # 1 in the free space, the data length in conjunction with the data in the memory is a
Vブロック長より長い連続記録データを作成する必要がある。 It is necessary to create a long continuous recording data from the V-block length. これは、AVファイルの端部以外の連続記録データは必ずAVブロック長以上でなければならないと制約があるからである。 This continuous recording data other than the end portion of the AV file is because always there is a limitation and must AV block length or more. AVブロックの長さを決定する考え方を示したところで説明したとおり、もしこの制約を満たさないとファイル内での連続再生を保証することができなくなってしまう。 As described at showing the concept of determining the length of an AV block, it becomes impossible if guarantee continuous playback in the do not satisfy this constraint file. 図17(a)の場合には、AVfile In the case of FIG. 17 (a) is, avfile
#1が既にこの条件を満たしていたので、データの移動を行わなかったのである。 Since the # 1 had already satisfy this condition, it did not perform the movement of data.

【0142】AVファイルの連続記録データ長がAVブロック長以上でなければならないという制約は、図18 [0142] constraint that continuous recording data length of the AV file must AV block length or more is 18
のようなAVfile#1-1のデータサイズlとメモリ内のデータサイズkの合計がAVブロック長以下の場合も適用され、データの移動が発生する。 Avfile # total data size k data size l and the memory 1-1 it is also applied when: AV block length, such as, the movement of data occurs. もしメモリ内のデータを If the data in the memory
AV_BLK#nに書き込むと、AV_BLK#n内のデータ長がAVブロック長以下になってしまい、ファイル内での連続再生を保証できない。 Writing to AV_BLK # n, the data length in AV_BLK # n becomes too below AV block length, it can not guarantee continuous playback in the file. AVブロック長以上の連続データを作成するため、AVfile#1-1とAVfile#1-2を空きAVブロックが2つ連続する領域で2つにまとめ、その後ろにメモリデータを追加することによりAVブロック長以上の長さの連続記録データを作成する。 To create the AV block length or more consecutive data, AV by a avfile # 1-1 and avfile # 1-2 empty AV block grouped in two successive areas, adding memory data behind it to create a continuous recording data block length or longer. これによりファイル内シームレス再生を保証することが可能になる。 This makes it possible to guarantee the files in the seamless playback. なお、AV In addition, AV
file#2のin点以降の連続データ長がAVブロック長未満の場合、これもファイル中の連続記録データ長がAVブロック長未満の場合に該当するので、データの移動を行い連続記録データを再構成する必要がある。 When continuous data length after in point of file # 2 is less than the AV block length, since this is also continuous recording data length in the file corresponds to the case of less than AV block length, the continuous recording data to move between data re there is a need to be configured.

【0143】なお、図17(a)においてAVfile#2のin [0143] It should be noted that, in the AVfile # 2 in Figure 17 (a)
点直前の空き領域のサイズjがメモリ内のサイズkよりも大きい場合、図21に示す様にメモリ内のデータを、 If the size j of the free space of the point immediately before is larger than the size k in a memory, the data in the memory as shown in FIG. 21,
in点直前の空き領域にAVブロックの途中から書き込みという特別な記録の仕方を行い、ファイルをmergeする方法も考えられ得る。 It performed the way of special record of writing from the middle of the AV block in a vacant area of ​​in point just before, how to merge the files can also be considered. これ以降にもAVfile#2の前にメモり中のデータを書き込むという方法を幾つか説明するが、この場合メモリ中のデータをAVfile#2に連続する形で書き込むことに注目して貰いたい。 While some explaining a method of writing the data in the memory before the AVfile # 2 even after this, it got attention to be written in the form of continuous data in this case in the memory to AVfile # 2. 空き領域の途中から書き込むことになるのも、このことが直接の原因である。 Also become possible to write from the middle of the free space, this is a direct result of. というのはAVデータはなるべくデータを連続した形で記録し、余分なジャンプを同一AVブロック内では起こらない様にしなければならないのである。 The AV data is recorded in the form of continuous as possible data, it should I so as not occur in the same AV block extra jumping because. 余分なジャンプがあるために場合によっては、記録されたAVデータの連続再生が出来ない場合が起きてくるのである。 In some cases because of the extra jump, is the case can not be continuous playback of recorded AV data comes happening.
in点直前にメモリ内のデータを書き込めれば、図17 If Kakikomere the data in memory in point just before, as shown in FIG. 17
(b)の時に余計なデータの移動は発生しない。 (B) the movement of the extra data at the time of does not occur. もちろんメモリ内データとAVfile#2を結合して生成された連続記録データ長がAVブロック長以上であるという条件が必要である。 Of course continuous recording data length generated by combining the in-memory data and avfile # 2 is required condition that is AV block length or more.

【0144】また、図17(b)において空き領域iとjの合計がkより大きい場合、図22の(a)の様に、 [0144] Also, if the sum is greater than k free space i and j in FIG. 17 (b), the as shown in (a) of FIG. 22,
サイズiの空き領域にメモリ内のデータを書き込めるだけ書き、メモリ内の残りのデータをサイズjの空き領域内でAVfile#2につながる形で書き込むことが出来れば、 Write only write data in the memory in an empty area of ​​the size i, if it is possible to write in a way that leads to avfile # 2 remaining data in the memory in the free space size j,
余計なデータの移動を行う必要はない。 It is not necessary to perform the movement of extra data. 但しこの場合も、生成される2つAVデータは、長さがAVブロック長以上の条件を満たす必要がある。 However, in this case also, two AV data to be generated, it must satisfy the above AV block length length. また、メモリ内のデータの書き込む手順は先にin点の前に存在するサイズj In addition, the size of procedure for writing the data in the memory is present in front of the in point ahead j
の空き領域に書いてから、out点の後ろに存在する空き領域に残りのデータを書き込むという方法も考えられる。 From the writing of the free space, it is also considered a method of writing the rest of the data in the free space that exists behind the out point.

【0145】なお、図22(a)の方法を考えている場合であっても、iとjの合計がメモり内のデータサイズより小さい場合は、図23に示す様にファイル1のデータの移動をしなくてはならなくなる。 [0145] Incidentally, even when the thinking process in FIG. 22 (a), when the sum of i and j is smaller than the data size in the memory, the data of file 1 as shown in FIG. 23 without the movement no longer must. ただし、今回の場合は、図17(b)の様にAVfile#1のデータを1AVブロック分動かすことをせずに、メモリ中のデータをAV However, if this time, without moving 1AV blocks data avfile # 1 as in FIG. 17 (b), AV data in the memory
ブロック長のデータにするために補う分のデータだけを移動させているのに注意して貰いたい。 We got in mind to have moved by the amount of data to compensate for the data of the block length.

【0146】また、図22(b)の特殊なケースとして、図23に示すようにin点、out点に隣接する2つのデータが共にAVブロック長未満のサイズしかない場合がある。 [0146] Further, as a special case of FIG. 22 (b), the sometimes in point, as shown in FIG. 23, two data adjacent to out point has only the size of less than AV block length together. (a)の様に、in点の前、out点の後ろに空き領域があり、しかもメモリ中のデータをうまく分割すれば、 As of (a), before the in point, there is a free space behind the out point, yet if successfully split the data in memory,
両方のデータが共にAVブロック長以上のサイズを持てるのであれば、図23(a)に示すようなメモリ中のデータの記入の仕方をすれば余分なデータの移動は起こらない。 If both data are both than Moteru the size of more than AV block length, the movement of the extra data if how to fill out the data in the memory as shown in FIG. 23 (a) does not occur.

【0147】また、in点、out点に隣接する空き領域がない(b)の様な場合であっても、in点とout点に隣接するデータとメモリ中のデータを足し合わせてAVブロック長以上のデータを構成できるのであれば、この3つのデータを、新たな空き領域を割り当て移動させれば、 [0147] In addition, in point, even in such a case of there is no free space adjacent to the out point (b), AV block length sum of the data of the data and in the memory which is adjacent to the in point and out point as long as it can constitute a more data, the three data, is moved allocates a new free area,
その他のディスク上のデータは移動させなくて済む。 Data on other disks need not be moved.

【0148】色々な「MERGE」の方法を図面を参照しながら説明してきたが、いずれの場合も共通して言えることは最悪でも移動するデータサイズは2AVブロック長以下におさえることが出来ると言うことである。 [0148] have been described with reference to the way the drawings of various "MERGE", to say that any case of that it can be said in common is the data size to be moved even in the worst case can be suppressed to below 2AV block length it is. ただし唯一の例外として、2つ連続した空きAVブロックが必要なのに、1つずつ孤立した空きAVブロックしか存在しない場合に、2つ連続した空きAVブロックを作るために、1AVブロックのデータを移動させることが必要となる。 One exception, though it requires two consecutive empty AV block, if only empty AV block isolated one does not exist, in order to make the two contiguous free AV block, moving data of the 1AV Block it is necessary. この場合にだけ余分な1AVブロックのデータの移動が発生し、全体として3AVブロックのデータの移動が起こることになる。 In this case only the data movement extra 1AV block occurs, the entire data movement 3AV block occurs as.

【0149】なお、「MERGE」は、1つのファイルとメモリ内のデータをmergeすることも可能である。 [0149] It should be noted, "MERGE", it is also possible to merge the data in one file and memory. 図17 Figure 17
においてAVfile#2を指定しなければ(NULLにすれば)、 If you do not specify a AVfile # 2 in (if to NULL),
AVfile#1とメモリ内のデータのmergeを行うこと、つまりAVファイルの後ろにメモリ内のデータを追加することになる。 Avfile # 1 and performing the merge of the data in the memory, that is, to add the data in the memory after the AV file. また、AVfile#1を指定しなければ、AVfileの前にメモリ内のデータを追加することになる。 Also, unless specified to avfile # 1, will add data in memory before avfile. 更にメモリのデータを指定しなければファイルのみのmergeも行うことが可能である。 Can further be performed merge only file need to specify the data memory.

【0150】これまでの話はファイル内のシームレス再生についてのみ考慮してきたが、ファイル間シームレス再生を考えると、これまで考えてきた「MERGE」の処理では不十分である。 [0150] So far the story has been taken into consideration only for seamless playback in the file, but considering the file between the seamless playback, is not sufficient in the processing of "MERGE" that has been thought up to now. ファイル間シームレス再生を実現しようとする場合、AVファイルの記録で満足しなければならない条件が更に厳しくなる。 When trying to achieve a file between seamless playback, conditions that must be satisfied in recording the AV files become more severe. ファイル内シームレス再生だけを保証するのであれば、一連のAVファイルを記録しているAVブロックの内、最初と最後のAVブロックを除く全てのAVブロックでデータの連続記録長がAVブロック長以上のサイズを持っていれば良かった。 If the seamless playback just a to ensure file, among the AV block that records a series of AV files, the first and last of all except the AV block of data in the AV block continuous recording length is more than AV block length it was good if you have the size.
しかし、ファイル間シームレス再生を保証しようとすると、AVファイルを記録している全てAVブロックでA However, when attempting to ensure inter-file seamless play, with all AV block that records AV file A
Vデータの連続記録長でAVブロック長以上のサイズを持っている必要があり、図17(b)や図18の様なデータの移動が、AVファイルの端部のにおいても必要となってくる。 It must have an AV block length or more sizes in continuous recording length of V data, movement data, such as shown in FIG. 17 (b) and FIG. 18, it becomes necessary also in the end of the AV file .

【0151】「IN_AV_BLK_BOUND」は、指定された2地点の間にAVブロックバウンダリがあるか判定する場合に実行する。 [0151] "IN_AV_BLK_BOUND" performs when determining whether between the specified two points is AV block boundary. もし指定された区間にAVブロックバウンダリが存在すればTRUEを返し、存在しなければFALSEを返す。 Returns TRUE if there is AV block boundary to the specified interval if returns FALSE if it does not exist. 図19においてa点とb点の場合は共にAV_BLK#1 Both in the case of points a and b in FIG. 19 AV_BLK # 1
00の中にあるため、この2点を指定して「IN_AV_BLK_BO Because there in the 00, by specifying the two points "IN_AV_BLK_BO
UND」を実行するとTRUEが返される。 TRUE is returned when you run the UND ". a点とc点で定義される区間にはAV_BLK#100とAV_BLK#101の境界が存在するため、a点とc点を指定して「IN_AV_BLK_BOUND」を実行するとFALSEを返す。 Because the interval defined by a point and the point c which exists boundary AV_BLK # 100 and AV_BLK # 101, return FALSE if by specifying a point and the point c to perform the "IN_AV_BLK_BOUND". このコマンドは特殊再生(特再)の場合に意味を持つもので、詳しい説明は特再情報のところで行うためここでは省略する。 This command is intended to have the meaning in the case of special playback (trick-play), detailed description thereof will be omitted for performing at the trick-play information.

【0152】「SEARCH_DISCON_AV_BLK」は指定された区間にAVブロック不連続境界があるか調べ、ある場合は [0152] "SEARCH_DISCON_AV_BLK" checks whether there is AV block discontinuity boundaries to the designated section, when there is
TRUEを、無い場合はFALSEを返す。 The TRUE, if there is no returns FALSE. ここでAVブロック不連続境界の定義をしておく。 Here it leaves the definition of AV block discontinuity boundaries. AVブロック不連続境界とは、AVファイルの連続データを記録した2つのAV The AV block discontinuous boundary, two AV recording the sequential data of the AV file
ブロックの間に他のAVブロックを挟むか、もしくはゾーン境界を挟む状態を指す。 Or pinching the other AV block during block or refers to a condition sandwiching the zone boundary.

【0153】図20にAVブロック不連続境界の例を示す。 [0153] Figure 20 shows an example of the AV block discontinuity boundaries. (a)において、AVfile#1はAV_BLK#mとAV_BLK#nに連続するデータを記録してある。 In (a), AVfile # 1 is is reported continuous data to AV_BLK # m and AV_BLK # n. AV_BLK#mとAV_BLK#nの間には複数のAVブロックが存在し、AVブロック不連続境界が発生している。 Between AV_BLK # m and AV_BLK # n there are multiple AV block, AV block discontinuity boundary has occurred. Extentもここで分断される。 Extent also is divided here.
(b)の場合、AVfile#2はAV_BLK#k、AV_BLK#lに連続的に記録されている。 For (b), AVfile # 2 is AV_BLK # k, it is continuously recorded in AV_BLK # l. しかし、この2つのAVブロックはそれぞれ異なるゾーン#i、#jに属しているため、このAVブロックの間にAVブロック不連続境界が発生してしまう。 However, different zones # i each of the two AV blocks, because I belong to # j, AV block discontinuous boundary between the AV block occurs.

【0154】「SEARCH_DISCON_AV_BLK」は2地点を指定されて実行される。 [0154] "SEARCH_DISCON_AV_BLK" is executed by the specified two points. AVブロックが不連続である判定は、AVファイルのExtent情報から判断する。 Decision AV block is discontinuous, it is determined from the Extent information of the AV file. 指定された2地点が同じExtentに含まれるのであれば、2地点間にAVブロック不連続境界は存在しない。 If the the two specified points are in the same Extent, AV block discontinuity boundary does not exist between the two points. 指定された2 The specified 2
地点が異なるExtentにそれぞれ含まれ、そのExtentの間にAVブロック長以上の隙間がある、もしくはExtentがそれぞれ違うゾーンに含まれる場合は、指定された2地点の間に必ずAVブロック不連続境界が存在することになる。 Point are included respectively in different Extent, there is AV block length or more gap between the Extent, or if the Extent are included in each different zone, always AV block discontinuous boundary between the specified two points is It will be present.

【0155】もう一つExtentが分割されるケースとしてECCブロックのスキップがある。 [0155] there is a skip of the ECC block as a case Another thing Extent is divided. AVファイルを記録する場合、アドレスエラーが起きたら、そのECCブロックをスキップして次のECCブロックにデータを記録するという記録方法(特願平8−258078号記載) When recording AV files, woke address error, a recording method that skips the ECC block for recording data on a next ECC block (Japanese Patent Application No. Hei 8-258078 claimed)
を行った場合に、ECCブロックのスキップによりExte When performing, Exte by the skip of the ECC block
ntの不連続が起きる。 Discontinuity of nt occurs. そのため、アドレスエラーによりECCブロックをスキップしてAVファイルを記録する場合もExtentは分割されるが、この場合はAVブロック内でECCブロックの不連続境界であり、AVブロック不連続境界には該当しないとする。 Therefore, although even Extent is divided if skipping an ECC block by the address error recording the AV file, in this case a discontinuous boundary of ECC blocks in an AV block does not correspond to AV block discontinuous boundary to.

【0156】ここまでに紹介したプリミティブなAVファイルシステムのコマンドを用いて、AVデータを編集する場合を考えると、余分なデータの移動を発生することがある。 [0156] using a command of the primitive AV file system that was introduced so far, considering the case of editing the AV data, there is possible to generate a movement of the extra data.

【0157】例えば、AVデータを分割するコマンドに「SPLIT」というものが存在するが、AVデータの”A [0157] For example, although there is a thing called "SPLIT" in the command to divide the AV data, the AV data "A
Vデータは1つのAVブロックを占有する”という条件から、「SPLIT」で分割されることによって、編集点より後ろに生成されるファイルは、他の領域に移動されなければならない。 V data from the condition that "occupies one AV block, by being divided by the" SPLIT "file generated behind the editing point must be moved to another area. しかし編集において「SPLIT」が単独で使われることは少なく、その後に付随して行われる処理が存在する場合が多い。 But is not often used, "SPLIT" is alone in the editing, there are many cases where the processing performed thereafter accompanied exist.

【0158】例えばCMカットなどの不要部分の削除を行う場合、「SHORTEN」を実行するために不要部分の中でAVファイルを分割する必要がある。 [0158] For example, in the case of performing the deletion of unnecessary portions, such as CM cut, it is necessary to divide the AV files in the unnecessary portion in order to perform the "SHORTEN". この場合にカットする領域内で「SPLIT」が実行され、新しく出来たA In this case, "SPLIT" is performed in the area to be cut to, the new A
Vファイルのデータは移動されてしまう。 Data of V file would have been moved. この後の流れの中で実行される「SHORTEN」によって削除される不要なデータであるにも関わらず移動してしまうと、余計なデータの移動が1回多く発生することになる。 When thus moved in spite of the unnecessary data is deleted by "SHORTEN" executed in a stream of subsequent movement of the extra data will occur most once. もし「SH If "SH
ORTEN」によって削除される不要な部分を取り除いた後に出来る2つのファイルが、それぞれ別々のAVブロックに存在していれば全くデータの移動は発生しないのである。 ORTEN "two files that can after removing an unnecessary portion to be removed by the, movement of completely data if present on separate AV block is not to occur. このことを考えて、「SPLIT」から「SHORTEN」までの処理を1つのコマンドとして実装すれば、余分なデータの移動を減らすことが可能となる。 Given this fact, if implemented process from "SPLIT" to "SHORTEN" as a single command, it is possible to reduce the movement of the extra data.

【0159】また、「SPLIT」の実行においては、処理されたデータがAVファイルの規定を満足しなくてもよいとすれば、余計なデータの移動は発生しない。 [0159] Further, in the execution of the "SPLIT" it is processed data if it is not necessary to satisfy the requirements of AV files, the transfer of unnecessary data does not occur. これによりデータの移動量は削減出来るが、AVブロックの管理が多少複雑になる。 Thus the amount of movement of the data can be reduced, but administration of an AV block is somewhat complicated. AVファイルがAVブロックの一部分にデータを持つ場合、それを削除したからといって、そのAVブロックをすぐに未使用に出来ない。 If the AV file has the data to a portion of the AV block, just because you delete it, it can not be immediately unused the AV block. なぜなら、AVブロックの残りの空き領域に、他のAVファイルのデータが存在するかもしれないからである。 This is because, in the remaining free space AV block, because it may data of another AV file exists. これは全てのファイルのExtentを調べれば分かるが、これを行うのは面倒である。 This is can be seen by examining the Extent of all of the files, it is troublesome to do this. これの解決策としては、AVブロック管理テーブルに記録されているAVファイルの開始アドレスとサイズを持たせるという方法が考えられる。 The this solution, a method of giving the start address and size of the AV file recorded in the AV block management table is considered.
また、AVファイルシステムしかこのディスクにアクセスしないとすれば、セクタビットマップをAV属性のAV In addition, if only AV file system do not have access to this disk, the sector bit map of the AV attribute AV
ブロックに関しても、データが記録されたセクタしか割り当て済みと登録しない様にすることで、AVブロック内のデータの存在を確かめることが可能となり、AVファイルは1つのAVブロックを占有するという制限を外すことが出来る。 Regard block, that data is so as not to register only recorded sector and assigned, it is possible to ascertain the presence of data in the AV block, AV file remove the restriction that occupies one AV block it can be.

【0160】4. [0160] 4. プレゼンテーションデータ ここでは、MPEGストリーム(以下「プレゼンテーションデータ」とも呼ぶ)が収められているAVファイルについて説明する。 Here the presentation data will be described AV file MPEG stream (hereinafter also referred to as "presentation data") is housed.

【0161】(ディレクトリ構成)図29はDVDレコーダにおいて必要なディレクトリとファイルの構成を示す。 [0161] shows the (directory structure) FIG. 29 is the configuration of the necessary directories and files in the DVD recorder.

【0162】DVDレコーダのファイルは全てROOTディレクトリの下のDVD_RAM_AVという専用のディレクトリに記録される。 [0162] DVD recorder of the file are all recorded in a special directory called DVD_RAM_AV under the ROOT directory. 図中で拡張子が”.avf”であるAV_File_# Extension in the figure is a ".avf" AV_File_ #
1.avf,,,AV_File_#n.avfは実際のMPEGデータを記録したAVファイルを示す。 1.avf ,,, AV_File_ # n.avf shows the AV file that records the actual MPEG data. これらのファイルは前述のAVブロックを用いて連続的に記録される。 These files are continuously recorded using the aforementioned AV block. 図中で拡張子が”.ifo”は後述するAVファイル管理情報ファイル、”.clp”は後述するAVクリップ管理情報ファイルのAV Clip partである。 AV file management information file extension ".ifo" is described later in FIG, ". Clp" is AV Clip part of AV clip management information file to be described later. AVファイル、AVファイル管理情報ファイルおよびAVクリップ管理情報ファイル間では、拡張子を取り除いたボディー名で対応が取れているものである。 AV file, between the AV file management information file and the AV clip management information file, in which corresponding is taken in the body name removal of the extension. また、ファイル名が固定である”Clip_S In addition, the file name is a fixed "Clip_S
equence”は、後述するAVクリップ管理情報ファイルのAV Clip Sequenceである。 equence "is an AV Clip Sequence of AV clip management information file, which will be described later.

【0163】以降ここではAVファイルの論理フォーマットについて説明する。 [0163] Here, after describing the logical format of the AV file. まず、最初にMPEGデータについて簡単に説明し、次に編集によってできるAVファイルのデータ構造および作成方法について説明する。 First, briefly described first MPEG data, then the data structure and method of creating an AV file is described which can be by the editing.

【0164】(ビデオデータ)まず、MPEGのビデオデータについて説明する。 [0164] (video data) First, a description will be given of the video data of MPEG.

【0165】MPEGのビデオ圧縮では、圧縮率を高めるため、フレーム内での空間周波数特性を利用した圧縮だけでなく、過去および未来からの時間相関特性を用いたデータ圧縮も行っている。 [0165] In video compression MPEG, for increasing the compression ratio, not only the compression using spatial frequency characteristics within a frame, it is also carried out data compression using time-correlation characteristics from the past and future. 図30を用いて説明すると、MP To explain with reference to FIG. 30, MP
EGでは、過去および未来からの参照を行うBピクチャと、過去からの参照のみを行うPピクチャと、時間相関を用いないIピクチャの3種類のピクチャタイプが存在する。 In EG, and B picture to be a reference from the past and future, the reference P picture to be only from the past, there are three kinds of picture types of I-picture that does not use a time correlation. 時間相関による圧縮を用いているPおよびBピクチャは参照先のピクチャの情報をもとにデコードされるので、これらのピクチャのデコードには参照先のピクチャがデコードされている必要がある。 Because P and B pictures are used compressed by temporal correlation is decoded based on the information of the referenced picture, when decoding these pictures need the referenced picture has been decoded. そのため、未来からの参照を行っているBピクチャは、参照先である未来のピクチャがデコードされた後でなければ、デコードができない。 Therefore, B picture is performed references from future, the future picture is the reference destination is only after being decoded, can not be decoded. そこで、MPEGの圧縮データ(ストリーム)では、ピクチャの再生順(display order)と異なり、図30に示すようにBピクチャを参照先のピクチャの後に並べる(coding order)ことを行っている。 Therefore, the compressed data of MPEG (stream), unlike the picture in the reproduction order (display order), is performed to align (coding order) that after the referenced picture B picture as shown in FIG. 30. また、この順番の入れ替えをリオーダと呼んでいる。 Also, it is referred to as a reorder the replacement of this order.

【0166】時間相関を用いたPおよびBピクチャは、 [0166] P and B pictures with time correlation,
参照先のピクチャを利用してデコードを行うので、単独でのデコードはできない。 Since using the referenced picture for decoding and can not decode alone. そのため、PおよびBピクチャのみを連続して使用すると、特殊再生などでストリーム途中からのデコードを行う場合に問題が生じるので、 Therefore, when continuously used only P and B pictures, since problems arise when decoding in the middle stream including trick play,
一般的には約0.5秒毎にIピクチャを入れることを行う。 Generally performed to put the I-picture every about 0.5 seconds. このIピクチャを先頭として、次のIピクチャ先頭までをGOP(Group of Pictures)と呼びMPEGでの一圧縮単位として扱っている。 As the top I picture, dealing with the next I-picture head as a compression unit in MPEG is called a GOP (Group of Pictures).

【0167】また、MPEGでは、時間相関を用いた圧縮を行っている関係から、GOPではdisplay orderで一番最後のフレームがIまたはPピクチャで終わり、coding ord [0167] Also, In MPEG, a relationship that performs compression using time correlation, the last frame in the GOP in display order is over the I or P picture, coding ord
erで一番最初のフレームがIでなければならない制限がある。 Best in er first frame there is a limit must be I.

【0168】(多重化)次に、AVデータの多重化について説明する。 [0168] (multiplexing) Next, multiplexing of AV data will be described.

【0169】ビデオおよびオーディオデータは、約2KB [0169] video and audio data, about 2KB
の単位で分割され、2KB固定長のパックに収められる。 Is divided by a unit, it is accommodated in a pack of 2KB fixed length.
ビデオパックおよびオーディオパックは、デコーダバッファに入力する順に並べられ、パックヘッダにデコーダバッファへの入力時刻を示すタイムスタンプであるSCR Video packs and audio packs are arranged in order of input to the decoder buffer is a time stamp indicating the time of an input to the decoder buffer to the pack header SCR
(System Clock Reference)が付けられる。 (System Clock Reference) is attached. また、パック内のパケットヘッダ中には、ビデオおよびオーディオデータの再生時刻を示すPTS(Presentation Time Stamp) Further, in the packet header in the pack, PTS indicating the playback time of the video and audio data (Presentation Time Stamp)
と、デコード時刻を示すDTS(Decoding Time Stamp)が付けられている。 If, DTS indicating the decoding time (Decoding Time Stamp) is attached.

【0170】このようにして多重化が行われるビデオ、 [0170] video this way, the multiplexing is performed,
オーディオデータでは、次のような特長がある。 In the audio data, there are the following features.

【0171】MPEGビデオでは、高効率な圧縮を実現する為、画像の複雑さに応じた動的な符号量割り当てをフレーム単位でできるようにデコーダで入力バッファを持ち、このデコーダバッファへ予めデータを蓄えておくことで圧縮の難しい複雑な画像に対しての大量のデータ割り当てを可能としている。 [0171] In MPEG video, in order to realize a high-efficiency compression, dynamic code amount allocation according to the complexity of the image has an input buffer at the decoder so that it can be on a frame-by-frame basis, the data in advance to the decoder buffer thereby enabling large amounts of data allocation against difficult complex image compression by set aside. 従ってデコーダバッファへ予めデータを蓄える為の時間(以下「VBV delay」と呼ぶ)だけビデオデータを早くデコーダバッファへ入力する必要がある。 Thus (hereinafter referred to as "VBV delay") time in advance for storing the data to the decoder buffer only need to enter the fast decoder buffer video data. これに対してオーディオデータは各フレームとも固定サイズでエンコードされるため、ビデオデータのようにデコード時刻よりも特別に早くデータ入力を行う必要はない。 Since the audio data for which are encoded with a fixed size in each frame, it is not necessary to perform special fast data input than the decoding time as video data. 従ってビデオデータはオーディオデータよりも先行して多重化が行われる。 Thus the video data prior to multiplexing is performed than audio data.

【0172】図31はビデオデータおよびオーディオデータの多重化の例である。 [0172] Figure 31 is an example of multiplexing video data and audio data. 図31は上から、(a)がビデオデータ、(b)がビデオバッファの状態、(c)がビデオデータとオーディオデータを多重化したAVデータ(夫々パック化され多重化されている)、(d)がオーディオデータを示している。 Figure 31 is from above, (a) video data (which is multiplexed are respectively packed) (b) is a video buffer status, AV data (c) is obtained by multiplexing video data and audio data, ( d) indicates the audio data. 横軸は各図に共通した時間軸を示していて、各図とも同一時間軸上に描かれている。 The horizontal axis is shows a common time axis in each figure is drawn on the same time axis in each figure. また、ビデオバッファの状態において、縦軸はバッファ占有量(ビデオバッファのデータ蓄積量)を示し、 Further, in the state of the video buffer, the vertical axis represents buffer occupancy (amount of data stored in the video buffer),
図中の太線はバッファ占有量の時間的遷移を示している。 Thick line in the figure shows the temporal transition of the buffer occupancy. また、太線の傾きはビデオのビットレートに相当し、一定のレートでデータがバッファに入力されていることを示している。 Further, the thick line of the slope is equivalent to the bit rate of the video data at a constant rate indicates that it is input to the buffer. また、一定間隔でバッファ占有量が削減されているのは、データがデコードされたことを示している。 Also, the buffer occupancy is reduced at regular intervals, it indicates that the data has been decoded. また、点線(斜め線)と時間軸の交点はビデオフレームのビデオバッファへのデータ転送開始時刻を示している。 Further, the intersection of the time axis dotted (diagonal lines) indicates a data transfer start time of the video buffer of a video frame.

【0173】以降、ビデオデータ中の複雑な画像Aを例に説明する。 [0173] will hereinafter be described a complex image A in the video data as an example. 図31(b)で示すように画像Aは大量の符号量を必要とするため、画像Aのデコード時刻よりも図中のVBV delayだけ早い時間からビデオバッファへデータ転送を開始しなければならない。 Because the image A as shown in Figure 31 (b) which requires a large amount of codes, it must start the data transfer to the video buffer from the early hours only VBV delay in the drawing than the decoding time of the image A. その結果、AVデータとしては網掛けされたビデオパックの位置(時刻) As a result, the shaded position of the video pack as AV data (time)
で多重化される。 In multiplexed. これに対して、オーディオデータの転送はデコード時刻より特別に早まらないので、図中の網掛けされたオーディオパックの位置(時刻)で多重化される。 In contrast, the transfer of the audio data so Do not panic special than decoding time, it is multiplexed hatched positions of audio packs in Fig. (Time). 従って、同じ時刻に再生されるビデオデータとオーディオデータでは、ビデオデータが先行している状態で多重化が行われる。 Thus, the video data and audio data to be reproduced at the same time, multiplexing in a state in which the video data is ahead is made. 尚、MPEGでは、バッファ内にデータを蓄積できる時間が限定されていて、全てのデータはバッファに入力されてから1秒以内にバッファからデコーダへ出力されなければならないように規定されている。 Incidentally, In MPEG, have a limited time to accumulate data in the buffer, all data are defined so as not to be outputted from the buffer within one second after being input to the buffer to the decoder. そのため、ビデオデータとオーディオデータの多重化でのずれは最大で1秒(厳密に言えばビデオデータのリオーダの分だけ更にずれることがある)である。 Therefore, displacement in the multiplexed video data and audio data is one second at the maximum (strictly minute reorder of the video data only may be further shifted speaking).

【0174】尚、本例では、ビデオがオーディオに対して先行するとしたが、理屈の上では、オーディオがビデオに対して先行することも可能ではある。 [0174] In the present embodiment, although the video precedes the audio, in theory, there is also possible that the audio precedes the video. ビデオデータに圧縮率の高い簡単な画像を用意し、オーディオデータを不必要に早く転送を行った場合に、このようなデータを意図的に作ることは可能である。 Providing a high simple image compression rate in video data, when performing unnecessarily quickly transfer audio data, it is possible to make such data intentionally. しかしながらMPEGの制約により、先行できるのは最大でも1秒までである。 By However MPEG constraints, it is up to 1 second at maximum can prior.

【0175】(編集後のAVファイル)次に、編集を行った結果、AVファイルがどのような構造に変化するのかについて説明する。 [0175] (AV file after editing) Next, as a result of editing, a description will be given of whether to change to any structure AV file.

【0176】例として図26に示す3つのAVクリップを用いて説明する。 [0176] will be described with reference to three AV clips shown in FIG. 26 as an example. まず編集を行う以前の段階では、A First, in the earlier stages of editing, A
Vファイル#j、#kとも図27に示す標準的なMPEGデータ形式で記録される。 V file # j, are recorded in a standard MPEG data format with # k shown in FIG. 27. つまり、先頭のパックのSCRを0として時間的に連続するタイムスタンプが付与される。 That is, successive time stamps temporally the SCR of the leading pack as 0 is given. このようなMPEGデータをDVDではVOB(Video Object)と呼ぶ。 Such MPEG data is referred to as the DVD VOB (Video Object).
VOBの正確な定義はISO/IEC13818-1で規定されるMPEGのプログラムストリームであって最後にprogram_end_code The exact definition of the VOB is a program stream of MPEG determined by ISO / IEC13818-1 by program_end_code last
が付かないものである。 It is those that do not adhere.

【0177】3つのクリップを編集して一つのAVファイルを構成する場合、結果として3つのクリップに対応する3つのVOBから構成される一つのAVファイルが作成される。 [0177] When configuring by editing the three clips one AV file, as a result three corresponding to the clip three one AV file consists of VOB are created. 各VOBの境界ではオリジナルのVOBから切り出された位置に応じて先頭のタイムスタンプが異なるため、VOBの境界ではタイムスタンプは連続していない。 Since each VOB of the leading time stamp in accordance with the position cut out from the original VOB at the boundary is different, the time stamp is not continuous in the VOB boundary.

【0178】図32は、タイムスタンプが連続しない3 [0178] FIG. 32, 3 in which the time stamp is not continuous
つのVOBから構成されるAVファイルの例である。 One of the examples of composed AV file from VOB. 編集によって作られたVOB境界点ではタイムスタンプの不連続が生じる。 Discontinuity of the time stamp occurs in VOB boundary points made by the editing. MPEGで定義されているデコーダモデル(以下「STD」と呼ぶ)はタイムスタンプが連続するストリームに対しての動作を規定したモデルであるため、 Since decoder model defined by MPEG (hereinafter referred to as "STD") is a model that defines the operation of the stream timestamps are consecutive,
本例のようにタイムスタンプの不連続が生じると、VO When the discontinuity of the time stamp as in the present embodiment occurs, VO
B境界を途切れることなく連続再生(以下「シームレス再生」と呼ぶ)することができなくなる。 It will not be able to play continuously without (hereinafter referred to as "seamless playback") that interrupted the B boundary.

【0179】(E-STD)DVDでは、図33に示す拡張STDモデル(以下「E-STD」と呼ぶ)を定義し、タイムスタンプが連続しないVOB間のシームレス再生を実現する。 [0179] In (E-STD) DVD, to define an extended STD model shown in FIG. 33 (hereinafter referred to as "E-STD"), to realize seamless reproduction between VOB timestamp is not continuous.
E-STDは、MPEGで定義しているSTDに比べて、基準時間を刻むシステムタイムクロック(以下「STC」と呼ぶ)にオフセットを加える加算器とSTCの出力値と加算器の出力値の一方を選択できるスイッチが付加された構成となっている。 E-STD, as compared to the STD that are defined in MPEG, carve reference time system time clock (hereinafter referred to as "STC") to one output value of the output value of the adder and STC adding an offset adder It has a configuration in which the switch is added to choose the. この構成によって、VOB間で固有のオフセット(「STC offset」と呼ぶ)を加えることで、図32 This configuration, by adding a specific offset (referred to as "STC offset") between VOB, Fig. 32
に示すようにVOB間で擬似的にタイムスタンプを連続させることが可能となる。 It is possible to continuously pseudo timestamps between VOB as shown in. STC offsetは次のようにして定義される。 STC offset is defined in the following manner. ストリーム中のタイムスタンプで表現した It was represented by a time stamp in the stream
VOBのビデオ表示開始時刻をVOB_V_S_PTMと定義し、終了時刻をVOB_V_E_PTMと定義する。 The video display start time of the VOB is defined as VOB_V_S_PTM, it is defined as VOB_V_E_PTM the end time. この時、STC offsetは次の式より求まる。 In this case, STC offset is calculated from the following equation.

【0180】STC offset = 前部VOBのVOB_V_E_PTM - 後部VOBのVOB_S_PTM 次に、E-STDの動作について簡単に説明する。 [0180] STC offset = front VOB of VOB_V_E_PTM - VOB_S_PTM rear VOB now briefly described the operation of the E-STD. E-STDの動作で重要なことは、図33中の各スイッチ(SW1、SW2、 In Importantly operation of E-STD, the switches (SW1, SW2 in Fig. 33,
SW3およびSW4)の切り替えタイミングである。 SW3 and SW4) is a switching timing of. 中でも、 Among them,
一番最初に切り替えを必要とするデマルチプレクサ用のスイッチSW1の切り替えタイミングは、他のスイッチに対しての切り替え予告となり得るので特に重要である。 Switching timing of the switch SW1 of the very first require switching to demultiplexer is particularly important because it can be switched notice to other switches.
スイッチSW1の切り替えは、前部VOBの最後のパックの入力開始から後部VOBの最初のパックの入力開始までの間なので、前部VOBの最後のパックの入力開始時刻を示すS Switching of switch SW1, so between the input start of the last pack in front VOB to input the start of the first pack of the rear VOB, S indicating an input start time of the last pack in front VOB
CR(LAST_SCR)と、後部VOBの最初のパックの入力開始時刻を示すSCR(FIRST_SCR)をSW1切り替えタイミングとしてE-STDに与えれば良い。 And CR (LAST_SCR), the SCR indicating the input start time of the first pack of the rear VOB (FIRST_SCR) may be applied to the E-STD as SW1 switching timing. これによって通常再生時のスイッチ切り替えが可能になる。 This enables the switch switching at the time of normal playback.

【0181】また、図33中のADPI(Audio Decoder Pa [0181] In addition, ADPI in FIG. 33 (Audio Decoder Pa
use Information)は、オーディオデコーダを一時的に停止させるための情報であるが、詳しくは、後述するオーディオギャップで説明する。 use Information) is information for temporarily stopping the audio decoder, details are described in the audio gap will be described later.

【0182】尚、E-STDの基本動作については、特許「国際公開番号WO97/13364」で詳しく述べているので、本例でのこれ以上の説明は省略する。 [0182] It should be noted that, for the basic operation of the E-STD, because it described in detail in the patent "International Publication No. WO97 / 13364", the further description of the present example will be omitted.

【0183】(オーディオギャップ)VOB間でのシームレス再生を実現するために幾つかの条件がある。 [0183] There are several conditions in order to achieve a seamless playback between (audio gap) VOB. 一つ目はオーディオギャップである。 The first one is an audio gap. DVDで扱うAVデータは、ビデオの場合はNTSC、PALであり、オーディオの場合はDolby AC3、MPEG、LPCMである。 AV data handled by the DVD is, in the case of video NTSC, a PAL, in the case of audio is Dolby AC3, MPEG, LPCM. これらのAVデータは全てフレームという概念を持っていて、それぞれ異なるフレーム周期で構成されている。 All these AV data have a concept of frame, and a different frame periods, respectively. 具体的には、NTSC Specifically, NTSC
の1フレームは約33msec(正確には1/29.97sec)、PALの One frame of about 33 msec (exactly 1 / 29.97 sec), the PAL
1フレームは40msecであり、Dolby AC3の1フレームは32m 1 frame is 40msec, 1 frame of Dolby AC3 is 32m
sec、MPEGの1フレームは24msec、LPCMの1フレームは約 sec, 1 frame of MPEG is 24msec, 1 frame of the LPCM is about
1.67msec(正確には1/600sec)である。 1.67msec (is accurate to 1 / 600sec) it is. このため、どのビデオ、オーディオの組み合わせにおいてもフレーム周期が異なるため、AVファイルからVOBを切り出して異なる2つのVOBを繋ぎ編集を行う場合、ビデオを基準にVOBを繋ぐと、オーディオデータに再生のギャップまたはオーバーラップが生じ、オーディオを基準にV Therefore, any video, since the frame period varies in the combination of the audio, when editing connecting two VOB different cut out VOB from the AV file, connecting the VOB, based on the video, the gap of the reproduction to the audio data or overlap occurs, V on the basis of the audio
OBを繋ぐとビデオデータに再生のギャップまたはオーバーラップが生じてしまう。 Gap or overlap reproduced video data when connecting the OB occurs. DVDでは、ビデオを基準としてオーディオのギャップが生じるものとする。 In the DVD, it is assumed that the gap of the audio is generated based on the video.

【0184】図34は、本例のオーディオギャップを示した図である。 [0184] Figure 34 is a diagram showing an audio gap in the present example. MPEGデータにはデコード時刻や再生時刻を示すタイムスタンプが付加されているが全てのフレームに対して付けられているわけではない。 The MPEG data time stamp indicating a decoding time and the reproduction time is added but not being given for all frames. 例えば、ビデオデータの場合、1GOPに1回、即ち約0.5秒に1回つけられることがしばしばある。 For example, if the video data, once 1 GOP, once it is often given to or about 0.5 seconds. そこでデコーダでは、AV Therefore, in the decoder, AV
データが一定のフレームレートであることを利用して、 By utilizing the fact that data is a constant frame rate,
一定周期で連続的にAVデータのデコードを行っている。 Continuously at a fixed period and performs decoding of AV data. このようなデコーダにオーディオギャップを有するAVデータを入力する場合、デコーダに対してシステム制御部(図24の録画・編集・再生制御部)からオーディオポーズを指示してオーディオデコーダを一時的に停止する必要がある。 When entering the AV data having the audio gap such decoder temporarily stops audio decoder instructs the audio pause from the system control unit (recording, editing, and playback control unit of FIG. 24) to the decoder There is a need. これが図33中のADPI(Audio Deco This is ADPI in FIG. 33 (Audio Deco
der Pause Information)である。 der a Pause Information).

【0185】このようにして、オーディオギャップを処理することが可能となるが、汎用的なマイコンとソフトウェアから構成されるシステム制御部からオーディオデコードの停止を制御する都合上、オーディオギャップが短期間に連続しては、システム制御部の処理が間に合わない問題が生じる。 [0185] In this way, it becomes possible to process the audio gap, convenience of controlling the stopping of the audio decoding from the system control unit composed of a general-purpose microcomputer and software, in a short time audio gap continuously occurs a problem that processing of the system controller can not keep up. そこで、オーディオギャップが一定の間隔以上ひらくように制限を設ける必要がある。 Therefore, it is necessary to provide a restriction to open the audio gap is more than a predetermined interval.

【0186】本例では、以下の制限を設け、上記の問題を回避することとする。 [0186] In this example, the following limitations provided, and to avoid the above problems. オーディオギャップは編集により生じるものであるから、オーディオギャップは編集の単位、即ちVOBに対して最大1つとする。 Since the audio gap is caused by editing, audio gap editing unit, that is, up to one against VOB. 次に、オーディオギャップの時間長に制限を設け、1オーディオフレーム未満とする。 Next, a limit on the time length of the audio gap, and less than one audio frame. 次に、オーディオギャップのおける位置(時刻)に制限を設ける。 Then, a limit on the position where the definitive audio gap (time). オーディオギャップは編集により生じるものであるから、編集の境界面であるV Since the audio gap is caused by the editing, V is a boundary surface of the edit
OBのビデオ表示開始時刻を基準として、前後1オーディオフレーム未満の間にオーディオギャップの開始時刻を置くように制限する。 Based on the video display start time of OB, limits to place the start time of the audio gap in less than one audio frame before and after. 次に、VOBの時間長を1.5秒以上に制限する。 Then, to limit the time length of the VOB to more than 1.5 seconds.

【0187】以上の制限を設けることで、シームレス再生時におけるオーディオギャップの発生間隔は最小でも、”1.5秒−1オーディオフレーム再生時間×2”に収めることが可能である。 [0187] By providing the above restrictions, even in minimum generation interval of the audio gap during seamless reproduction, it is possible to fit the "1.5 sec -1 audio frame reproduction time × 2". 具体的に数値を当てはめてみると、オーディオをDolby AC3とすれば1オーディオフレーム再生時間は32msecであるから、オーディオギャップの発生間隔は最小でも1436msecになる。 Looking fit the specific numerical values, since if the audio and Dolby AC3 1 audio frame playback time is 32 msec, generation interval of the audio gap will 1436msec at a minimum.

【0188】(バッファ制御)二つ目はVOB間でのバッファ制御の連続性である。 [0188] (buffer control) The second is the continuity of the buffer control between VOB.

【0189】前述した多重化の説明でも述べたが、MPEG [0189] mentioned in the description of the multiplexing described above but, MPEG
は高効率な圧縮を実現するためにデコーダに入力バッファを設けて、各フレームに必要な符号量を動的に割り当てられるようにしている。 The high-efficiency compression of the input buffer is provided to the decoder in order to realize, it is dynamically allocated the code quantity required for each frame. この反面、デコーダバッファがアンダーフローまたはオーバーフローを起こすと正常な再生が行えず、再生途中で途切れるなどの障害が生じてしまう。 The other hand, the normal playback when the decoder buffer causes underflow or overflow can not be performed, disorders such as interrupted halfway reproduction occurs. そこでMPEGのエンコーダでは、デコーダバッファがアンダーフローまたはオーバーフローを起こさないようにエンコーダ内部に仮想バッファを設けてデコーダバッファのシミュレーションを行っている。 Therefore, in the encoder of MPEG, which simulate the decoder buffer by providing a virtual buffer within the encoder so the decoder buffer does not cause an underflow or overflow.

【0190】このような一連の流れの中でエンコードされたMPEGデータはデコーダバッファのオーバーフローまたはアンダーフローが起きないことが保証されるが、別々にエンコードされたVOB間でシームレス再生を行う場合、VOB間でデコーダバッファがアンダーフローまたはオーバーフローしないことを保証できない。 [0190] If This MPEG data encoded within the series of flow as it is ensured that does not occur an overflow or underflow of the decoder buffer, performing seamless play between separately encoded VOB, VOB the decoder buffer can not guarantee that no underflow or overflow between. そのため、VOB間でシームレス再生を行うには、VOB間でのバッファ制御の連続性を保証する必要がある。 Therefore, in order to perform seamless reproduction between VOB, it is necessary to guarantee the continuity of the buffer control between VOB. そこで、編集時にVOB間でのバッファ制御が連続するようにVOB境界近傍を局所的に再エンコードを行う。 Therefore, performing local re-encoding the VOB boundary vicinity as the buffer control between VOB are continuous when editing.

【0191】(再エンコード方法)次に、VOB境界近傍での局所的な再エンコードについて説明する。 [0191] (re-encoding method) will be described local re-encoding in VOB near the boundary.

【0192】まず、VOB境界となるAVデータを読み出す。 [0192] First of all, read the AV data as a VOB boundary. 読み出し方法、後述する編集の動作で説明する。 Reading method, described in the operation of the editing to be described later. 読み出したAVデータを、ビデオデータおよびオーディオデータ分離し、それぞれに処理を施す。 The read AV data, separates video data and audio data, performs processing for each.

【0193】まず、ビデオのGOP再構成を行う。 [0193] First, the GOP re-configuration of the video. ビデオの再構成について図35を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 35 for reconstruction of the video.

【0194】ビデオデータはGOPを一塊にした単位でエンコードが行われるため、編集によってGOPが崩されると、全てのフレームのデコードを正常に行うことができなくなってしまう。 [0194] Video data for the encoding in units in which the GOP in loaf performed, the GOP is disturbed by the editing, it is impossible to perform decoding of all frames normally. そこで、図35のようにGOP途中のフレームで編集が要求された場合は、GOPを新たに作り直す必要がある。 Therefore, if the editing in GOP middle frame as shown in FIG. 35 has been requested, it is necessary to create a new one the GOP. 先にも述べたが、MPEGには、時間相関を用いないIピクチャと、過去からの時間相関を用いたPピクチャと、過去および未来からの時間相関を用いたBピクチャの3種類のピクチャタイプがあり、MPEGのB Has been described previously, the MPEG, the I picture that does not use a time correlation, a P picture using temporal correlation from the past, three picture types of B pictures using time-correlation of the past and future There is, MPEG of B
ピクチャと、IおよびPピクチャでは、フレームの表示順(display order)と、フレームの圧縮データ順(cod And the picture, the I and P pictures, the frame display order (display order) and the compressed data order of the frame (cod
ing order)とが入れ替わっている。 ing order) and is replaced. また、GOPでは、フレームの表示順(display order)で、一番最後のフレームがIまたはPピクチャで終わり、フレームの圧縮データ順(coding order)で、一番最初のフレームがIでなければならないため、GOPを再構成する場合、以下のルールに従った処理が必要となる。 Moreover, the GOP, in display order of the frames (display order), the last frame is over the I or P-picture in a compressed data order of the frame (coding order), the very first frame must be I Therefore, when reconstructing the GOP, it is necessary to process in accordance with the following rules.

【0195】一つ目は、前部のVOBの最後のGOPにおいて、フレームの表示順(display order)で、最後のピクチャがBピクチャの場合は、このピクチャをPピクチャ(またはIピクチャ)にピクチャタイプを変更する(ルール1)。 [0195] First, in the last GOP in the front of the VOB, in the frame display order (display order), if the last picture is a B-picture, the picture of the picture to a P picture (or I-picture) to change the type (rule 1).

【0196】二つ目は、後部のVOBの最初のGOPにおいて、フレームの圧縮データ順(codingorder)で、最初のピクチャがPピクチャの場合、Iピクチャに変更する(ルール2)。 [0196] Second, in the first GOP of the rear part of VOB, the compression data order of the frame (Codingorder), the first picture is the case of P-picture is changed to the I picture (Rule 2).

【0197】三つ目は、後部のVOBの最初のGOPにおいて、フレームの表示順(display order)で、最初のI [0197] Third, in the first GOP of the rear portion of the VOB, in the display order of the frame (display order), first I
ピクチャ(ルールに2に従い変更されたIピクチャも含む)より先に表示されるBピクチャでは、過去からの時間相関を打ち切るようにピクチャ内の圧縮方法を変更する(ルール3)。 Picture in the B picture to be displayed before the (including modified I-picture in accordance with 2 to rules), to change the way of compression in the picture to terminate the time correlation of the past (Rule 3).

【0198】次に、ビデオバッファ制御を行う。 [0198] Next, the video buffer control. ビデオバッファ制御について図36を用いて説明する。 For video buffer control will be described with reference to FIG. 36.

【0199】バッファ制御の説明でも述べたが、編集を行う2つのVOB間でビデオバッファ制御が連続しなければならない。 [0199] mentioned in the description of the buffer control, but the video buffer control must continuously between two VOB editing. そこで、2つのVOB間でのバッファ制御が連続できるようにVOB境界近傍での再エンコードを行う。 Therefore, to re-encoding in VOB boundary vicinity as buffer control between the two VOB can be continuous. 図36は、再エンコード時のバッファ制御を示した図である。 Figure 36 is a diagram illustrating a buffer control at the time of re-encoding. まず、VOB境界でのバッファ占有量Bv1を決める。 First, determine the buffer occupancy Bv1 in VOB boundary. Bv Bv
1の決めかたに限定はないが、本例では、後部VOBでの再エンコード前のバッファ占有量をそのまま用いる。 Not limited to one determined type, in this example, it is used as it is a buffer occupancy of the previous re-encoding in the rear VOB. 前部 front
VOBでは、前部VOB最後(VOB境界)のバッファ占有量がB In VOB, the buffer occupancy of the front VOB end (VOB boundary) is B
v1となるように、各ピクチャでの符号量割り当てを行い直し、再エンコード区間の各ピクチャの再エンコードを行う。 So that v1, again performs code amount allocation for each picture, to re-encoding of each picture in the re-encoding section. 後部VOBでは、VOB先頭でのバッファ占有量をBv1 In the rear VOB, the buffer occupancy at the VOB beginning Bv1
として、再エンコード範囲後の最初のピクチャでのバッファ占有量Bv2(再エンコード前と同一値)に繋がるように、再エンコード区間でのバッファ制御を行う。 As, as leading to buffer occupancy Bv2 of the first picture after the re-encoding range (re-encoding before the same value), the buffer control in the re-encoding section.

【0200】以上の処理によって2つのVOB間でのバッファ制御は連続させることが可能となる。 [0200] The above process buffer control between the two VOB some it is possible to continuously. また、ビデオの再エンコードを行う範囲は、少なくともピクチャタイプが変更されるフレームは必要であるが、この限りではなく、複数VOBUに跨って再エンコードを行っても構わない。 Also, a range of re-encoding of the video is the necessary frames at least the picture type is changed, not limited to this, may be performed to re-encoding over a plurality VOBU. しかしながら、再エンコードの範囲が長くなるだけ編集時の再エンコード時間が長くなるデメリットが生じる。 However, disadvantages re-encoding the time when editing only the scope of the re-encoding is prolonged longer occurs.

【0201】次に、オーディオギャップの作成を行う。 [0201] Next, the creation of the audio gap.
オーディオギャップの作成方法について図36を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 36 for creating an audio gap.

【0202】オーディオギャップの説明でも述べたが、 [0202] have been described in the description of the audio gap,
ビデオとオーディオのフレームレートの違いによって、 By the difference of the frame rate of the video and audio,
編集時にVOB境界でオーディオの不連続点(オーディオギャップ)が発生する。 Discontinuity point of the audio in the VOB boundary (audio gap) is generated at the time of editing. また、オーディオギャップの開始時刻は、VOBのビデオ表示開始時刻VOB_V_S_PTMの前後 In addition, the start time of the audio gap, before and after the video display start time VOB_V_S_PTM of VOB
1オーディオフレーム未満になければならない。 It must be in less than one audio frame. そこで、次のようにしてオーディオギャップを決定する。 Therefore, to determine the audio gap in the following manner. 図36において、時刻t2は後部VOBのVOB_V_S_PTMであり、 In Figure 36, the time t2 is the VOB_V_S_PTM of the rear VOB,
この時刻t2を規準として、前部VOBでは、時刻t2を含むオーディオフレームまでを編集後のデータとして使用し(時刻t2がオーディオフレーム境界に一致する場合は、 The time t2 as reference, when the front VOB, until audio frame including the time t2 is used as data after the editing (the time t2 coincides with the audio frame boundaries,
時刻t2で再生終了となるフレームまでを使用する)、後部VOBでは、前部VOB最後のオーディオフレームの再生終了時刻t3直後(同時刻を含む)に再生開始する最初のオーディオフレームからを編集後のデータとして使用する。 Made at the time t2 and a reproduction end to use to frame), the rear VOB, front VOB last audio frame reproduction end time t3 immediately after the (edited from the first audio frame to start playback including the same time) to use as data.

【0203】また、前部VOB最後のオーディオフレームの再生終了時刻t3から、後部VOB最初のオーディオフレームの再生開始時刻t4までの時間がオーディオギャップ長A_GAP_LENになり、後部VOB最初のオーディオフレームの再生開始時刻t4からオーディオギャップ長A_GAP_LEN [0203] In addition, from the playback end time t3 of the front VOB last of the audio frame, the time until the playback start time t4 of the rear VOB first audio frame is the audio gap length A_GAP_LEN, playback start of the rear VOB first audio frame audio from the time t4 gap length A_GAP_LEN
だけ前の時刻がオーディオギャップ開始時刻A_STP_PTM Just prior to the time the start of the audio gap time A_STP_PTM
になる。 become.

【0204】次に、ビデオ、オーディオの多重化を行う。 [0204] Next, the video, the multiplexing of the audio do. ビデオ、オーディオの多重化について図36を用いて説明をする。 Video will be described with reference to FIG. 36 for multiplexing the audio.

【0205】前述した、ビデオのGOP構造の再構成、バッファ制御とビデオ再エンコード、オーディオギャップの作成を行った後、ビデオ、オーディオの多重化を行う。 [0205] mentioned above, reconstruction of GOP structure of the video, after the buffer control and the video re-encoding, to create an audio gap, performs video, multiplexing of audio. 多重化の説明でも行ったがMPEGの性質上、ビデオデータはオーディオデータより先行して多重化が行われる。 Has been made in the description of the multiplexing nature of MPEG, the video data is multiplexed is performed ahead audio data. これは、VOB境界においても同様であり、後部VOBの先頭では、ビデオデータが先行して多重化される分だけ前部VOBにあったオーディオデータが後部VOBに回り込み多重化される。 This is the same in VOB boundary, at the beginning of the rear VOB, audio data that was in an amount corresponding front VOB video data is multiplexed prior are multiplexed sneak the rear VOB. 逆に、前部VOBでは、後部VOBに回り込んだオーディオデータを除いて多重化される。 Conversely, the front VOB, multiplexed with the exception of the audio data wrapping around the rear VOB. 具体的には、図36の時刻t1(後部VOBでのビデオデータ入力開始時刻)を規準として、時刻t1直後(時刻t1は含まない)に再生が開始されるオーディオフレームからは、後部VOBとして多重化を行う。 Specifically, the criterion (the video data input start time of the rear VOB) time t1 in FIG. 36, from the audio frame reproduction is started at time t1 immediately after (time t1 is not included), multiple as rear VOB carry out the reduction.

【0206】尚、VOB間でのバッファ制御の連続および多重化方法については、特許「国際公開番号WO97/ [0206] Incidentally, the continuous and multiplexing method of buffer control between VOB, patent "International Publication No. WO97 /
13367」および「国際公開番号WO97/1336 13367 "and" International Publication No. WO97 / 1336
3」で詳しく述べているので、本例でのこれ以上の説明は省略する。 Since detailed in 3 ", further description of the present embodiment will be omitted.

【0207】このようにシームレス接続・再生の考え方を用いると本来は全てのタイムスタンプを書き換えなければ編集できないMPEGデータであっても、大量のデータの移動や書き換えを伴うことなく簡易に編集が可能となる。 [0207] can be edited easily without this manner, even in the MPEG data originally the use of the concept of seamless connection and playback that can not be edited to be rewritten all the time stamp, the movement and the rewriting of large amounts of data to become.

【0208】(非シームレス接続)次に、非シームレス接続について説明する。 [0208] (non-seamless connection) Next, a description will be given of non-seamless connection.

【0209】編集によってAVファイル内に複数のVOB [0209] A plurality of VOB in the AV file by editing
ができることは先に説明した。 It has been described above that can. ここでは、AVファイル内のVOB間での非シームレス接続について説明する。 Here, a description will be given non-seamless connection between VOB in the AV file.

【0210】VOB間でのシームレス再生方法と、シームレスストリーム作成方法について前述したが、編集を行う全てのMPEGストリーム間をシームレスストリーム化することはできない。 [0210] seamlessly reproducing method among VOB, described above for seamless stream creation methods, it is not possible to seamless streaming between all MPEG stream editing.

【0211】例えば、編集により接続する2つのオーディオストリームが、一方がAC3のストリームであって、 [0211] For example, two audio streams to be connected by the editing, one a stream of AC3,
他方がMPEGのストリームである場合に、その接続境界に対してシームレスストリーム処理を行ったとしても、一般的にデコーダでシームレス再生はできない。 If the other is a stream of MPEG, even subjected to seamless stream processing for the concatenation boundary, seamless reproduction can not be generally at the decoder. ストリームがAC3からMPEGへ変化する場合、デコーダ内部でストリーム属性の切り替えを行うため、この間デコードが停止してしまうからである。 If the stream is changed from AC3 to MPEG, for switching the stream attributes in the inner decoder, because decoding meantime become stopped. オーディオストリームの属性が変わる場合も同様である。 The same may change the attribute of the audio stream.

【0212】以下の条件を少なくとも1つ満たす場合、 [0212] When satisfying at least one of the following conditions,
シームレス再生はできなくなる。 Seamless playback can not. 1)ビデオのフレームレート(NTSC、PAL、...)が異なる 2)オーディオエンコード方式(AC-3、MPEG、LPCM)が異なる 3)オーディオストリームのビットレートが異なる また、意図的に非シームレス接続のVOBとすることも可能である。 1) video frame rate (NTSC, PAL, ...) are different 2) audio encoding method (AC-3, MPEG, LPCM) differs 3) bit rate of the audio stream are different also deliberately non-seamless connection it is also possible to be of VOB.

【0213】上記の場合、VOB間が非シームレスストリームとなるように編集を行う。 [0213] In the above case, it edits as between VOB becomes non-seamless stream. 具体的には、次のようにして再エンコードを行う。 Specifically, performing the re-encoding as follows. 最初のVOB境界の読み出し、A Reading of the first VOB boundary, A
Vストリームの分離、ビデオのGOP再構成までは同一である。 Separation of V stream, which is identical to the GOP reconstruction of the video. VOB間でのビデオバッファ制御は必要なく、各VOB単体でのビデオバッファ制御さえ行えば良く、オーディオデータの切り出しにおいても、オーディオギャップの作成のように厳密な計算は要求されず、ビデオにほぼ一致するオーディオデータを切り出せば良い。 Video buffer control is not required between VOB, may be performed even video buffer control in each VOB alone, even in the cut of the audio data, the exact calculated as creating an audio gap is not required, substantially coincides with the video audio data that may be cut out of the. また、ビデオ、オーディオの多重化も各VOB内でのビデオ、オーディオの多重化さえ行えば良い。 The video multiplexing of audio even video in each VOB, may be carried out even multiplexing audio.

【0214】5. [0214] 5. ナビゲーションデータ 5.1. Navigation data 5.1. AVファイル管理情報 AVファイル管理情報の論理フォーマットについて図5 Figure for the logical format of the AV file management information AV file management information 5
5と図57を参照しながら説明する。 It will be described with reference to 5 and FIG. 57. 図55はAVファイル管理情報の全体を示し、図57はAVファイル管理情報の一部であるStream Informationを示す。 Figure 55 shows the entire AV file management information, Fig. 57 shows the Stream Information that is part of the AV file management information.

【0215】(AV File Management Information)AV Fil [0215] (AV File Management Information) AV Fil
e Management Informationには、対応するAVファイルの識別名を示すAV File ID、そのAVファイルのセクタ単位の大きさを示すSector Size、そのAV Fileの再生時間を示すPlayback Timeと、VOB Tableが記録される。 The e Management Information, AV File ID indicating the identifier of the corresponding AV file, Sector Size indicating a size of the sector unit of the AV file, and Playback Time indicating the playback time of the AV File, VOB Table is recorded that.

【0216】VOB Tableには、AVファイルに含まれるV [0216] The VOB Table is, V that is included in the AV file
OBの数と、VOB Informationの配列へのポインタが記録される。 The number of OB, the pointer is recorded to an array of VOB Information. VOB Informationには、AVファイル先頭からの相対セクタアドレスでVOB先頭のアドレスを示すStart The VOB Information, Start indicating the VOB start address by a relative sector address from the AV file head
Sector、AVファイルの先頭をタイムコード00:00:00: Sector, time code the beginning of the AV file 00:00:00:
00としてVOBの先頭の再生経過時間を示すStart Time、T Start Time, T, which as 00 indicating the beginning of the playback elapsed time of the VOB
ime Mapに記録されたStart Sectorの値を補正するためのSector Offset、Time Mapに記録されたStart Timeの値を補正するためのTime Offset 、VOBのデータ属性を示すStream Informationと、次に説明するTime Map Tab ime the Map Sector for correcting the value of the recorded Start Sector in Offset, and Stream Information indicating the Time Offset, VOB data attributes for correcting the value of the recorded Start Time to Time the Map, will now be described Time Map Tab
leとVOBU Map Tableが記録される。 le and VOBU Map Table is recorded.

【0217】Time Map Tableには、Time Mapの数、Time [0217] The Time Map Table, the number of Time Map, Time
Map間の時間間隔を秒で示すTime Unit、各Time Mapが指す時間を補正するためのTime Base、Time MapのVOBU Time Unit indicating the time interval between Map seconds, Time Base for correcting the time indicated by the respective Time Map, VOBU of Time Map
Map Indexを補正するためのIndex Offsetと、Time Map And Index Offset for correcting the Map Index, Time Map
の配列へのポインタが記録される。 Pointer is recorded on an array. Time Mapには、Time The Time Map, Time
Mapが示す時刻に対応するVOBUのVOBU Map配列内でのインデックスを示すVOBU Map Index、VOBの先頭からのそのVOBUの先頭の相対セクタアドレスを示すStart Secto The Map VOBU indicating the index within the VOBU the Map sequence of the corresponding VOBU to the time indicated Map Index, Start Secto indicating the head of the relative sector address of the VOBU from the start of the VOB
r、VOBの先頭からのそのVOBU先頭のビデオフレームの相対タイムコードを示すStart Timeが記録される。 r, Start Time indicating the relative time code for that VOBU start of video frames from the beginning of the VOB is recorded.

【0218】VOBU Map Tableには、VOBに含まれるVOBU [0218] The VOBU Map Table, VOBU that is included in the VOB
の数とVOBU Mapの配列へのポインタが記録される。 Pointer is recorded on the number of VOBU the Map array. VOBU VOBU
Mapには、VOBUの先頭の相対セクタアドレスを示すStar The the Map, Star indicating the head of the relative sector address of the VOBU
t Sector Offset、VOBU先頭のビデオフレームの相対タイムコードを示すStart TimeOffset、早送りや巻き戻しなど特殊再生時に用いるリファレンスピクチャのVOBU先頭からの相対エンドアドレスを示すEnd Sector of the t Sector Offset, Start indicating a relative time code VOBU start video frame TimeOffset, such as fast-forward or rewind shows the relative end address from the VOBU start reference picture used at the time of special reproduction End Sector of the
Reference Pictureが記録される。 Reference Picture is recorded.

【0219】Time Map Tableは、VOB先頭から一定間隔ごとの時刻に存在するVOBUの情報を記録する。 [0219] Time Map Table records the information of the VOBU to be present in the time of a constant interval from the VOB beginning. VOBU Map VOBU Map
Tableは、VOB中に存在する全VOBUの情報を、VOB中に存在する順番に従って、VOBU Map#1から順に記録する。 Table is, the information of all VOBU present in the VOB, according to the order present in the VOB, and records from the VOBU Map # 1 to the order.

【0220】Time Map#iは、VOB先頭からの再生経過時間が((Time Unit) * i + (Time Base))の時点に存在するVOBUを指す。 [0220] Time Map # i refers to the VOBU playback elapsed time from the VOB head existing at the time of ((Time Unit) * i + (Time Base)). Time Unitが1、Time Baseが0の場合には、Time Map#1、Time Map#2、Time Map#3は、それぞれ、VOBの先頭から1秒後、2秒後、3秒後に存在するV V If Time Unit is 1, Time Base is 0, Time Map # 1, Time Map # 2, Time Map # 3, respectively, that is present from the beginning of the VOB after 1 second, two seconds, three seconds later
OBUを指す。 Refer to the OBU. Time MapのVOBU Map IndexとTime Map Tabl VOBU of Time Map Map Index and Time Map Tabl
eのIndex Offsetを足した値がVOBU Mapのインデックスを示す。 Value obtained by adding the Index Offset of e is the index of the VOBU Map. Time MapのStartSectorとTime Map TableのSec Sec of StartSector and Time Map Table of Time Map
tor Offsetを足した値が、Time Mapが指すVOBUの先頭のアドレスをVOB先頭からのセクタ単位のオフセットで表す。 Value obtained by adding tor Offset is represents the head address of the VOBU pointed to Time Map the offset of the sectors from the VOB beginning. Time MapのStart TimeとTime Map TableのTime Of Time Of the Start Time and Time Map Table of Time Map
fsetを足した値が、Time Mapが指すVOBUの先頭の再生経過時間を、VOBの先頭のタイムコードを00:00:00:00としたタイムコードで表す。 Value obtained by adding the fset is, Time Map the beginning of the playback elapsed time of the VOBU pointed to, the beginning time code of the VOB 00: 00: 00: 00 expressed by the time code was.

【0221】VOBU MapのStart SectorとStart Timeは、 [0221] Start Sector and Start Time of VOBU Map is,
Time Mapで指されたVOBUまたはVOBの先頭を基準とした相対値で表す。 Time represents a relative value relative to the beginning of the pointed to VOBU or VOB with Map. Time Map#1が指すVOBUより前にあるVOBU VOBU in front than the VOBU Time Map # 1 points
に関しては、VOBの先頭を基準とする。 For, as a reference to the beginning of the VOB. その他のVOBUに関しては、Time Mapで指されたVOBUのうちで最も手前にあるものを基準とする。 For other VOBU, referenced to those in the nearest among the VOBU pointed to by Time the Map. Time Unitを数秒に設定した場合は、Start Timeは2バイト、Start Timeは1バイトで表すことができる。 If you set the Time Unit a few seconds, Start Time is 2 bytes, Start Time can be represented by 1 byte.

【0222】図56に、Time MapのVOBU Map IndexとVO [0222] FIG. 56, VOBU of Time Map Map Index and VO
BU Mapの関係を示している。 It shows the relationship between the BU Map. (Stream Information)Stre (Stream Information) Stre
am Informationには、ビデオストリームの種々の属性を示すVideo Attribute、オーディオストリームのマッピングを示すAudio Map Table、オーディオストリームの属性を示すAudio Attribute Tableを記録する。 The am Information, Video Attribute illustrating various attributes of the video stream, Audio the Map Table showing the mapping of the audio stream, the Audio Attribute Table indicating the attribute of audio stream is recorded.

【0223】Audio Map Tableは、8ストリーム分のAud [0223] Audio Map Table is, of 8 stream content Aud
io Mapを記録する。 To record the io Map. Audio Mapは、ストリームが有効か否かを示すValidity FlagとAudio Attribute TableのAu Audio the Map is, Validity Flag indicating whether the stream is enabled and Audio Attribute Table of Au
dioAttributeを指すインデックスを記録する。 To record an index that points to the dioAttribute.

【0224】Audio Attribute Tableは、8ストリーム分のオーディオストリームの種々の属性を記録する。 [0224] Audio Attribute Table records the various attributes of the eight streams of audio streams. Vi Vi
deo FormatはMPEG2の他にMPEG1も設定可能である。 deo Format is a MPEG1 can also be set in addition to the MPEG2. Vide Vide
o SystemはNTSCまたはPAL/SECAMが設定可能であり、 NT o System is capable of setting NTSC or PAL / SECAM, NT
SCではVideo Resolutionは他に352 x 480, 352 x 240が設定可能である。 Video Resolution The SC another in 352 x 480, 352 x 240 can be set. Video Aspectは4:3または16:9のワイドが設定可能であり、ワイドの場合における表示モードとして標準以外にLetter BoxまたはPan Scanが設定できる。 Video Aspect 4: 3 or 16: 9 is wide is configurable, it can be set Letter Box or Pan Scan In addition to the standard as the display mode in the case of wide. Video APSはアナログビデオ信号用のコピー防止制御の方法を示し、AGCはビデオ信号のブランク区間の信号振幅を変化させVTRのAGC回路に障害を与えることによりVTRへのコピーを防止するものである。 Video APS shows a method of copy prevention control for an analog video signal, AGC is to prevent copying to VTR by damaging the AGC circuit of the VTR by changing the signal amplitude of the blank period of the video signal. 他にColor Str Other Color Str
ipeや両方の組み合わせも設定可能である。 The combination of ipe or both can also be set. Audio Forma Audio Forma
tはオーディオのエンコード形式を示し、MPEG2やDolby t represents the encoding format of audio, MPEG2, Dolby
Digital、リニアPCMなどを設定可能である。 Digital, it is possible to set and linear PCM. Audio Samp Audio Samp
lingはサンプリング周波数を示し、他に44.1KHzなどが設定可能である。 ling represents the sampling frequency, etc. other 44.1KHz can be set. Audio Bitrateは固定ビットレートの場合に値を示し、可変ビットレートの場合は"VBR"と記述される。 Audio Bitrate represents a value in the case of a fixed bit rate, in the case of variable bit rate is described as "VBR". これらのAttributesは図24中のAVデコーダ部131の初期設定に用いられる。 These Attributes are used to initialize the AV decoder unit 131 in FIG. 24.

【0225】(AVファイル管理情報の生成)録画時のA [0225] (generation of AV file management information) recorded at the time of A
Vファイル管理情報の生成について説明する。 It will be described the generation of V file management information.

【0226】図24のAVデータ入力部111は、録画中にリアルタイムにGOPごとのセクタ数とリファレンスピクチャのセクタ数に関する情報をAVファイル管理情報生成部112に渡す。 [0226] AV data input unit 111 in FIG. 24, and passes information about the number of sectors the number of sectors and the reference picture for each GOP in the AV file management information generating unit 112 in real time during recording.

【0227】AVファイル管理情報生成部112は、今までに生成したAVファイル管理情報と渡されたGOPの情報から、リアルタイムに現時点までのAVファイル管理情報を生成し、主記憶上に記憶する。 [0227] AV file management information generating unit 112, from the generated AV file management information and information passed in GOP ever real time to generate the AV file management information up to the present time, stored in the main memory. そして、録画の終了時に、この主記憶上に記憶しているAVファイル管理情報を、非AVファイルとして、AVファイル管理情報ファイルに記録する。 At the time of recording end, the AV file management information stored are on the main memory, as non-AV file, recording the AV file management information file.

【0228】なお、AVファイル管理情報生成部は、リアルタイムにGOPの情報のみを記憶し、AVファイル管理情報をディスクに記録する前に、AVファイル管理情報を生成するという動作でも良い。 [0228] Incidentally, the AV file management information generating unit stores only information of a GOP in real time, before recording the AV file management information on the disk, or the operating of generating AV file management information.

【0229】また、AVファイル管理情報生成部は、録画の終了前でも、AVデータのリアルタイムの記録を妨げないならば、AVファイル管理情報を、AVファイル管理情報ファイルに記録しても良い。 [0229] In addition, the AV file management information generating unit, even before the end of the recording, if you do not interfere with the recording of the real-time AV data, the AV file management information, may be recorded in the AV file management information file.

【0230】図58は、録画の開始から終了までの間に、AVファイル管理情報生成部が渡されるGOPの情報の例を示す。 [0230] Figure 58 is between the start and end of recording, an example of information of the GOP AV file management information generating unit is passed. 図59は、図58のGOPの情報から生成されるAVファイル管理情報を示す。 Figure 59 shows the AV file management information generated from the information of the GOP of Figure 58. また、図66は、3 Further, FIG. 66, 3
本のオーディオストリームが存在する場合のAVファイル管理情報の中のStream Informationの例を示す。 An example of a Stream Information in the AV file management information when the audio stream is present.

【0231】まず、録画後に生成されるAVファイル管理情報について説明する。 [0231] First, a description will be given AV file management information generated after recording. 図59は、図58のGOPの情報の例から生成されるAVファイル管理情報の例を示す。 Figure 59 shows an example of the AV file management information generated from the example of the information of the GOP of Figure 58. 図59で示されたAVファイル管理情報の内容について説明する。 It will be described the contents of the AV file management information shown in FIG. 59. VOBの数は1である。 The number of VOB is 1. VOB Informationの Of the VOB Information
Sector OffsetとTime Offset 、Time Map TableのTimeB Sector Offset and the Time Offset, TimeB of Time Map Table
aseとIndex Offsetは、いずれも0であり、Time Mapに記録された値は、補正することなく、VOB先頭を基準にした値を示している。 ase and Index Offset are both 0, the value is recorded in the Time the Map, without correcting indicates a value relative to the VOB beginning.

【0232】次に、図66に示したSteam Information [0232] Next, Steam Information shown in FIG. 66
の内容について説明する。 It will be a description of the contents. Audio Map及びAudio Attribu Audio Map and Audio Attribu
teの最初の3つがValidとなり、その他はInvalidとなる。 The first three are Valid next to te, the other will be Invalid. Audio MapのAudio Attribute Indexには、Audio Ma The Audio Attribute Index of Audio Map, Audio Ma
pのインデックスと同じ値が記録される。 The same value as the index of p is recorded.

【0233】(AVファイル管理情報のSplit)編集時のS [0233] (Split of the AV file management information) S at the time of editing
plitに伴うAVファイル管理情報の更新について説明する。 It will be described update of the AV file management information associated with the plit. 図24の特再情報編集部が、Split要求を受けたときの動作について例を用いて説明する。 Trick-information editing unit of FIG. 24 will be described using an example operation when subjected to Split request. 図60は、Spli FIG. 60, Spli
t前のAVファイル管理情報を示す。 t shows the front of the AV file management information. 図61は、このA FIG. 61, the A
Vファイル管理情報をVOB#3とVOB#4の間でSplitした後の2つのAVファイル管理情報を示す。 The V file management information indicating the two AV file management information after Split between VOB # 3 and VOB # 4.

【0234】まず、前半部のAVファイル管理情報の内容について説明する。 [0234] First, a description will be given of the contents of the AV file management information of the first half section. 前半部のAVファイルが、元のファイルを引き継ぐため、AV File IDはSplit前と同じである。 AV file of the first half part, to take over the original file, AV File ID is the same as before Split. ファイルの大きさ、再生時間、VOBU数が、小さくなることに伴って、AV FileManagement InformationのS The size of the file, playback time, VOBU number, along with the smaller, S of AV filemanagement Information
ector SizeとPlayback Time、VOBU Map TableのVOBU ector Size and Playback Time, VOBU of the VOBU Map Table
数、Time Map TableのTime Map数が、小さくなる。 Number, Time Map number of Time Map Table is smaller.

【0235】次に、後半部のAV管理情報ファイルの内容について説明する。 [0235] Next, a description will be given of the contents of the AV management information file of the second half. AV File IDには新規の名前が記録される。 The new name is recorded in the AV File ID. ファイルの大きさ、再生時間、VOBU数が、小さくなることに伴って、AV File Management Informationの The size of the file, playback time, VOBU number, along with the smaller, the AV File Management Information
Sector SizeとPlayback Time、VOBU Map TableのVOBU Sector Size and Playback Time, VOBU of the VOBU Map Table
数、Time Map TableのTime Map数が、小さくなるのは、 Number, is Time Map number of Time Map Table, become smaller,
前半部と同様である。 It is the same as those of the first half of. ファイルの前側がなくなるため、 Since the front side of the file is lost,
各VOBU Mapや各Time Mapに記録された値を補正しなければならない。 The recorded values ​​in each VOBU the Map and the Time Map must be corrected. そのために、各VOBU Mapや各Time Mapに記録された値を書き換えるのではなく、VOB Information Therefore, instead of rewriting the recorded values ​​in each VOBU the Map and the Time the Map, VOB Information
のSector OffsetとTime Offset 、および、VOBU Time T Of Sector Offset and the Time Offset, and, VOBU Time T
ableのTime BaseとIndex Offsetに、補正をするための値を設定する。 The Time Base and Index Offset of ABLE, sets the value for the correction.

【0236】Stream Informationに関しては、Split前の値が、そのまま、Split後の両方のStream Informatio [0236] With respect to the Stream Information, the value of the previous Split is, as it is, both after the Split Stream Informatio
nに引き継がれる。 It is taken over by the n.

【0237】(AVファイル管理情報のShorten)なお、 [0237] (Shorten the AV file management information) It should be noted,
編集時のShortenの場合は、Splitによってできる2つの In the case of Shorten the time of editing, two of which can be by Split
AV管理情報の一方のみが生成される動作と同じであるため、説明を省略する。 Is the same as the operation only one of the AV management information is generated, the description thereof is omitted.

【0238】(AVファイル管理情報のMerge)編集時のM [0238] (Merge of the AV file management information) M at the time of editing
ergeに伴うAVファイル管理情報の更新について説明する。 It will be described update of the AV file management information associated with the erge. 図24の特再情報編集部が、Merge要求を受けたときの動作について例を用いて説明する。 Trick-information editing unit of FIG. 24 will be described using an example operation when subjected to Merge request. 図62は、Merg FIG. 62, Merg
e前の2つのAVファイル管理情報を示す。 It shows two of the AV file management information before e. 図63は、 FIG. 63,
この2つのAVファイル管理情報を間に再エンコードした2つのVOBUを追加してMergeした後のAVファイル管理情報を示す。 It shows the AV file management information after the Merge by adding two VOBU re-encoding between the two AV file management information. ただし、前方のAVファイルの後には1 However, 1 after the front of the AV file
2フレーム40セクタからなるVOBUを、後方のAVファイルの前には18フレーム56セクタからなるVOBUを追加したものとする。 The VOBU of two frames 40 sectors, in front of the rear of the AV file and appending VOBU consisting 18 frame 56 sectors. また、図67はMerge前の2つのストリーム情報の例を示し、図68はMerge後の2つのストリーム情報の例を示す。 Further, FIG. 67 shows an example of a two stream information before Merge, FIG 68 shows an example of a two stream information after Merge.

【0239】MergeされたAVファイル管理情報の内容について説明する。 [0239] Merge has been about the contents of the AV file management information will be described. 前方のAVファイルにMerge 後のA A post-Merge in front of the AV file
Vファイルが引き継がれるため、AV File IDには前方のAVファイルの名前が記録される。 Since the V file is taken over, the name of the front of the AV file is recorded in the AV File ID. AV File Managemen AV File Managemen
t InformationのSector SizeとPlayback Timeは、2つのAVファイルと追加される2つのVOBUの分を合計した値となる。 Sector Size and Playback of t Information Time is a value obtained by adding the amount of two VOBU to be added to two AV files. 2つのAVファイルが、それぞれVOBとなるため、VOBの数が2となる。 Two AV files, since each the VOB, the number of VOB is two. VOB#1に関しては、VOBU#5が追加されてVOBが大きくなることに伴って、 VOBU Map T For the VOB # 1, with that VOB is larger VOBU # 5 is added, VOBU the Map T
ableのVOBU数とTime Map TableのTime Map数が大きくなる。 able number of VOBU of a Time Map number of Time Map Table increases. VOB#2に関しては、VOBUが追加されてVOBが大きくなることに伴って、 VOBU Map TableのVOBU数が大きくなる。 For the VOB # 2, along with the VOBU is added VOB increases, VOBU number of VOBU the Map Table is increased. 前方にVOBとVOBUが追加されたことにより、各VOBU By VOB and VOBU is added to the front, each VOBU
Mapや各Time Mapに記録された値を補正しなければならない。 The recorded values ​​to the Map and the Time Map must be corrected. そのために、各VOBU Mapや各Time Mapに記録された値を書き換えるのではなく、 VOB InformationのSect Therefore, instead of rewriting the value recorded in each VOBU the Map and the Time the Map, Sect of VOB Information
or OffsetとTime Offset 、および、VOBU Time Tableの or Offset and the Time Offset, and, of VOBU Time Table
Time BaseとIndex Offsetに、補正をするための値を設定する。 The Time Base and Index Offset, set the value for the correction.

【0240】ストリーム情報に関しては、Audio MapにおけるValidなもののインデックスが同じであり、かつ、同じインデックスのAudio Mapに対応するAudio Att [0240] For the stream information is an index of the Valid things in Audio the Map is the same, and, Audio Att corresponding to Audio the Map of the same index
ributeの属性が同じになるように、後半のAVファイルのStream Informationを変更する。 As ribute of the attribute is the same, change the Stream Information of the second half of the AV file.

【0241】(AVファイル管理情報の大きさ)図59の例では、VOBU MapのStart Sectorが2バイト、Start Ti [0241] (size of the AV file management information) in the example of FIG. 59, the VOBU the Map Start Sector 2 bytes, Start Ti
meが1バイト、End Sector of the Reference Picture me is 1 byte, End Sector of the Reference Picture
が1バイトであり、Time MapのStart Sectorが4バイト、Start Timeが4バイト、VOBU Map Indexが2バイトである。 There is one byte, Start Sector 4 bytes of Time Map, Start Time is 4 bytes, VOBU the Map Index is 2 bytes. 例えば再生時間が7時間で各VOBUが0.5秒のA For example, each VOBU a playback time of 7 hours is 0.5 seconds A
Vデータを記録するならば、VOBUMapの大きさは約200キロバイトであり、また、Time Map TableのTime Unitを5秒とするならば、Time Map Tableの大きさは、約50 If records the V data, the size of VOBUMap is approximately 200 kilobytes Also, if 5 seconds the Time Unit of Time the Map Table, the magnitude of Time the Map Table is about 50
キロバイトであるので、AVファイル管理情報の大きさは、約250キロバイトである。 Since in kilobytes, the size of the AV file management information is about 250 kilobytes. 32キロバイトずつディスクにアクセスするならば、約8回のアクセスでAV If access to the disk by 32 kilobytes, AV about 8 views
ファイル管理情報をディスクに書き出すことができる。 It is possible to write the file management information on the disk.

【0242】特殊再生を行う場合に、VOBU Map Tableを参照しないで、Time Map Tableのみを参照しても、特殊再生をすることが可能である。 [0242] In the case of performing the special playback, without reference to VOBU Map Table, just refer to the Time Map Table, it is possible to make a special play. ただし、特殊再生の速度の種類が少なくなる。 However, the speed of the type of special playback is reduced.

【0243】このような特殊再生の方法により、主記憶の容量が少ない再生装置でもVOBU Map Tableを主記憶に記憶しないで、特殊再生を実行することができる。 [0243] By the method of such special reproduction, not stored in the main memory of the VOBU the Map Table in the capacity of the main memory is small reproducing apparatus, it is possible to perform the special playback.

【0244】5.2. [0244] 5.2. AVクリップ管理情報 (AVクリップ管理情報の論理フォーマット)次に、AV Next, AV (logical format of the AV clip management information) AV clip management information
クリップ管理情報の論理フォーマットについて図37を参照しながら説明する。 It will be described with reference to FIG. 37 for the logical format of the clip management information.

【0245】まず、AVファイル毎に作られるAVクリップ管理情報の内のAV Clip partについて説明する。 [0245] First, a description will be given of AV Clip part out of the AV clip management information to be made for each AV file.

【0246】AV Clip partには、対応するAVファイルの識別名を示すAV File IDと、VOB毎に定義されるClip [0246] Clip The AV Clip part, and AV File ID indicating the identifier of the corresponding AV file, which is defined for each VOB
Informationの数と、Clip Informationへのポインタが記録される。 And the number of Information, the pointer is recorded to the Clip Information. Clip InformationはVOBを識別するVOB ID Clip Information identifies the VOB VOB ID
と、AVファイル先頭からの相対値をタイムコードで示したVOBのビデオ表示開始フレームStart Timeと、ストリーム中のタイムスタンプで示したVOBのビデオ表示開始時刻VOB_V_S_PTMと、ストリーム中のタイムスタンプで示したVOBのビデオ表示終了時刻VOB_V_E_PTMと、VOB When showed the relative value of the AV file beginning and video display start frame Start Time of VOB indicated by the time code, and the video display start time VOB_V_S_PTM of VOB indicated by the time stamp in the stream, the time stamp in the stream and video display end time VOB_V_E_PTM of VOB, VOB
先頭パックのバッファへの入力時刻であるFIRST_SCR Which is the input time to the buffer of the first pack FIRST_SCR
と、VOB最後のパックのバッファへの入力時刻であるLAS And, which is the input time to the buffer of VOB last pack LAS
T_SCRと、直前のVOBとのシームレス接続情報を示すSeam Seam shown and T_SCR, the seamless connection information with the immediately preceding VOB
less Informationと、Mark Tableと、Clip Tableが記録される。 And less Information, and Mark Table, Clip Table is recorded. Seamless Informationには、シームレス接続または非シームレス接続するかを判別するSeamless Flag The Seamless Information, Seamless Flag to determine whether seamless connection or non-seamless connection
と、オーディオギャップの開始時刻をストリーム中のタイムスタンプで示したA_STP_PTMと、オーディオギャップの時間長を示したA_GAP_LENが記録される。 When a A_STP_PTM showing start time of the audio gap in the time stamp in the stream, A_GAP_LEN showing a time length of the audio gap is recorded. Mark Tabl Mark Tabl
eにはMarkの数と、マークへのポインタが記録され、各マークにはVOB先頭からの相対値で示したタイムコード(Time_Code)と、マークの指し示すフレームが属するV The number of Mark to e, pointers to mark is recorded, V to the time code for each mark shown in relative value from the VOB beginning (time_code), the frame indicated by the mark belongs
OBUのVOB内での相対タイムコード(VOBU_Time_Code) OBU relative time code in the VOB (VOBU_Time_Code)
と、このVOBUのVOB内での相対アドレス(VOBU_Addres When the relative address in the VOB of the VOBU (VOBU_Addres
s)と、このVOBU先頭からこのフレームの最初のデータまでの相対アドレス(Frame_Address)と、マークの削除の可否を示すDelete_Permission(デフォルトは削除可)が記録される。 And s), and a relative address from the VOBU start until the first data of the frame (Frame_Address), Delete_Permission indicating whether or not deletion of the mark (the default is deletable) are recorded. Clip TableにはClipの数と、クリップへのポインタが記録され、各クリップにはStart Mark The number of Clip in Clip Table, a pointer to the clip is recorded, in each clip Start Mark
と、End Markと、このクリップを一回以上再生したかを示すPlayedフラグ(録画時は未再生)と、クリップの削除の可否を示すDelete_Permission(デフォルトは削除可)と、DVD-RAM上の空き領域が少なくなった場合に、 If, End Mark and, with Played flag indicating whether the clip was played more than once (during recording is not playing), Delete_Permission indicating the deletion of the propriety of the clip (the default is deletable), free on DVD-RAM If the area is low,
自動的に削除しても良いことを示すAuto_Deleteフラグ(デフォルトは自動削除不可)が記録される。 Auto_Delete flag indicating that may be automatically deleted (the default is automatic undeletable) is recorded.

【0247】次に、AVクリップ管理情報の内のAVクリップシーケンス情報である、AV Clip Sequenceについて説明する。 [0247] Next, an AV clip sequence information of the AV clip management information for AV Clip Sequence be described.

【0248】AV Clip Sequenceには、Clip Sequenceの数と、Clip Sequenceへのポインタが記録される。 [0248] The AV Clip Sequence, the number of Clip Sequence, a pointer to the Clip Sequence is recorded. Clip Clip
Sequenceには、クリップシーケンスに設定されたクリップを示すEntry Clipの数と、Entry Clipへのポインタとクリップシーケンスの削除の可否を示すDelete_permiss The Sequence, Delete_permiss that shows the number of Entry Clip showing a clip that has been set in the clip sequence, a deletion of whether or not the pointer and clip sequence to the Entry Clip
ion(デフォルトは削除可)が記録される。 ion (default is deletable) is recorded. Entry Clip Entry Clip
には、クリップの実AVデータのあるAVファイルを識別するAV File IDと、VOBを識別するVOB IDと、Clipを識別するClip IDと、前のEntry Clipとの接続がシームレス再生されるかを判別するSeamless Flagが記録される。 The, the AV File ID identifying the AV file with actual AV data of the clip, the VOB ID identifying the VOB, and Clip ID identifying the Clip, whether a connection with the previous Entry Clip is seamless reproduction determination for Seamless Flag is recorded.

【0249】(AVクリップ管理情報の作成)録画時に作成されるAVクリップ管理情報について説明する。 [0249] The AV clip management information that is created during the (AV clip creation of management information) recorded will be described.

【0250】図24のAVクリップ管理情報生成部は、 [0250] AV clip management information generation unit of FIG. 24,
録画終了時に図38に示すAVクリップ管理情報を作成し、ファイルに書き込む。 Create the AV clip management information shown in FIG. 38 at the end of recording, write to the file. 次に、録画時に生成されるA Next, A generated during recording
Vクリップ管理情報の内容について説明する。 It will be described the contents of the V clip management information. 基本的に一回の録画では、1つのVOBと、2つのマークと、1つのクリップと、1つのクリップシーケンスが生成される。 There are basically single recording, and one VOB, and two marks, and one clip, one clip sequence is generated. 2つのマークは、VOBのビデオ表示開始および終了フレームであり、VOB先頭からの相対値である。 Two marks is the video display start and end frames of the VOB, which is a relative value from the VOB beginning. 1つのクリップは、この2つのマークをStart Mark、End Markとした1つのClipであり、1つのクリップシーケンスは、この1つのクリップから構成されたClip Sequenceである。 One clip, the two marks Start Mark, is one of the Clip was End Mark, one clip sequence is Clip Sequence constructed from the one clip. 各フィールドはAVクリップ管理情報のフォーマットで説明した通りに値が入れられる。 Each field as described in the format of the AV clip management information value is entered.

【0251】なお、AVデータ録画部の説明で行ったように、一時停止が行われた場合には、一時停止をした箇所にマークが置かれる。 [0251] Incidentally, as was done in the description of the AV data recording unit, if the temporary stop is performed, the mark on the position where the pause is placed. また、一時停止等によってVOB In addition, VOB by pause, etc.
が分けられたとした場合、上記の通りVOB単位でマーク、クリップおよびクリップを作成するが、クリップシーケンスに限り、一連の録画単位となる1つのAVファイルで1つを作成する。 If the was separated, marked as VOB units above, but creates a clip and the clip, only the clip sequence to create one in one AV file made up of a series of recording units.

【0252】次に、マーク、クリップ、クリップシーケンスの追加方法について説明する。 [0252] Next, mark, clip, how to add a clip sequence will be described. 図24の録画・編集・再生制御部がマーク追加要求を受けた場合の処理について例を用いて説明する。 Recording, editing, and playback control unit of FIG. 24 will be described with reference to examples of processing when receiving a mark addition request. 図38は録画直後でAVクリップ管理情報を追加する前の図であり、図39はAVクリップ管理情報を追加した後の図である。 Figure 38 is a view before adding the AV clip management information immediately after recording, FIG. 39 is a view after adding the AV clip management information.

【0253】まず、マークの追加方法について説明する。 [0253] First, a description will be given of how to add a mark. 図39は新たなマーク00:00:01:00を追加した場合のAVクリップ管理情報を示す。 Figure 39 is a new mark 00: 00: 01: shows the AV clip management information in the case of 00 were added. 追加するマークは、Ma Mark that you want to add, Ma
rk Tableで使用されていないID Mark#3が与えられ、Mar rk Table is ID Mark # 3 that has not been used is given by, Mar
k Tableに追加される。 It is added to the k Table.

【0254】次に、クリップの追加方法について説明する。 [0254] Next, a description will be given of how to add clip. 図39は先に追加したマーク(図39のMark#3)を開始マークとし、AVファイル末尾のマーク(図39の FIG. 39 is a starting mark a mark that you have added to the earlier (Mark # 3 of FIG. 39), the AV file end mark (in FIG. 39
Mark#2)を終了マークとする新たなクリップを追加した場合のAVクリップ管理情報を示す。 Shows the AV clip management information of when you add a new clip to the end mark the Mark # 2). 追加するクリップは、Clip Tableで使用されていないID Clip#2が与えられ、Clip Tableに追加される。 Clips to be added, ID not used by the Clip Table Clip # 2 is given, is added to the Clip Table.

【0255】次に、クリップシーケンスの追加方法について説明する。 [0255] Next, a description will be given of how to add a clip sequence. 図39は先に追加したクリップ(図39 FIG. 39 is a clip that you add to the earlier (Figure 39
のClip#2)を一つの再生シーケンスとする新たなクリップシーケンスを追加した場合のAVクリップ管理情報を示す。 Of Clip # 2) shows the AV clip management information of adding a new clip sequences to one playback sequence a. 追加するクリップシーケンスは、AV Clip Sequen Clip sequence to be added, AV Clip Sequen
ceで使用されていないID Clip_Sequence#2が与えられ、 ID is not being used Clip_Sequence # 2 is given by ce,
AV Clip Sequenceに追加される。 It is added to the AV Clip Sequence. 追加されたクリップシーケンスは、先に追加したクリップ(図39のClip#2) Additional clips sequences clip added previously (Clip # 2 in FIG. 39)
から構成されるので、このクリップが属するAV File I Because the consist, AV File I that the clip belongs
D、VOB ID、Clip IDと、Seamless FlagがEntry Clipとして管理記録される。 D, VOB ID, and Clip ID, Seamless Flag is managed recorded as Entry Clip.

【0256】次に、マーク、クリップ、クリップシーケンスの削除方法について説明する。 [0256] Next, mark, clip, delete the clip sequence will be described. 図24の録画・編集・再生制御部がマーク削除要求を受けた場合の処理について例を用いて説明する。 Recording, editing, and playback control unit of FIG. 24 will be described with reference to examples for processing when receiving the mark deletion request. 削除は、前述したマーク、クリップ、クリップシーケンスの追加とちょうど正反対になる。 Deleted, become just the opposite mark described above, clip, add the clip sequence with. 即ち、前述した追加の例で使用した図39がAV That is, FIG. 39 AV used with additional examples described above
クリップ管理情報の削除前の図であり、図38がAVクリップ管理情報を削除した後の図になる。 A view before deletion of the clip management information, the FIG after 38 deletes the AV clip management information.

【0257】まず、クリップシーケンスの削除方法について説明する。 [0257] First, a description will be given of how to remove the clip sequence. 削除するクリップシーケンス(Clip Seq Remove the clip sequence (Clip Seq
uence)をエントリークリップ(EntryClip)の情報ごと Each information of uence) the entry clip (EntryClip)
AV Clip Sequenceから削除する。 To remove from the AV Clip Sequence. 同時に、管理しているクリップシーケンス数(Num of Clip Sequences)を削除したクリップシーケンスの分だけ削減する。 At the same time, to reduce minute only of the clip sequences were deleted clip sequence number that is managing the (Num of Clip Sequences).

【0258】次に、クリップの削除方法について説明する。 [0258] Next, a description will be given of how to remove the clip. 削除するクリップ(Clip)をクリップテーブル(Cl Remove the clip (Clip) the clip table (Cl
ip Table)から削除し、管理しているクリップ数(Num Remove from ip Table), the number of clips that management (Num
of Clips)を削除したクリップの分だけ削減する。 of Clips) to reduce by the amount of the clips to remove the. また、削除したクリップを含むクリップシーケンスがある場合は、このクリップシーケンスは削除される。 Also, if there is a clip sequence containing clips removed, the clip sequence is deleted.

【0259】次に、マークの削除方法について説明する。 [0259] Next, a description will be given of how to remove the mark. 削除するマーク(Mark)をマークテーブル(Mark T Mark table a mark (Mark) to be deleted (Mark T
able)から削除し、管理しているマーク数(Num of Mar Remove from able), the number of marks you are managing (Num of Mar
ks)を削除したマークの分だけ削減する。 To reduce by the amount of the mark to remove the ks). また、削除したマークを含むクリップがある場合は、このクリップは削除され、削除されたクリップを含むクリップシーケンスも削除される。 Also, if there is a clip containing marks deleted, the clip is removed, it is also deleted clip sequence with clips that were removed.

【0260】(AVクリップ管理情報のSplit)編集時のS [0260] (Split of AV clip management information) S at the time of editing
plitに伴うAVクリップ管理情報の更新について説明する。 It will be described update of AV clip management information associated with the plit.

【0261】図24の特再情報編集部123が、Split [0261] Japanese re-information editing unit 123 in FIG. 24, Split
要求を受けた時の動作について例を用いて説明する。 It is described using an example the operation when having received the request.

【0262】図40は、Split前のAVクリップ管理情報を示し、図41は、このAVクリップ管理情報をフレーム00:00:02:00でSplitした後の2つのAVクリップ管理情報を示す。 [0262] Figure 40 shows the Split preceding AV clip management information, Fig. 41, the AV clip management information frames 00: 00: 02:00 shows the two AV clips management information after Split with.

【0263】尚、Splitするフレーム00:00:02:00がどちらのAVクリップに属するかは本発明の本質と関係が無いので、本例では後半部のAVクリップに属するものとして以下説明をするが、Splitするフレームの扱いが制限されるものではない。 [0263] Incidentally, Split frames 00: 00: 02:00 since essentially the relationship is not the present invention belongs to either of the AV clip, in the present embodiment will be described below as belonging to the AV clip of the second half portion but, does not treat of a frame to be Split is limited.

【0264】まず、前半部のAVクリップ管理情報の内容について説明する。 [0264] First, a description will be given of the contents of the AV clip management information of the first half section. 前半部のAVファイルが、もとのAVファイルの内容を引き継ぐため、AV_File_IDはSpli AV file of the first half part, to take over the contents of the original AV file, AV_File_ID is Spli
t前と同じである。 t is the same as before. もとのAVファイルに比べて失った区間のマーク(図40のMark#2)と、このマークを含むクリップ(図40のClip#1)が削除される。 A mark section lost compared to the original AV file (Mark # 2 in FIG. 40), the clip (Clip # 1 in FIG. 40) is deleted, including the mark. 代わりに新たなAVファイルのビデオ表示終了フレームを示す新マーク(図41のMark#2)が作られ、AVファイルのビデオ表示開始フレームを示すマーク(図41(a)のMark New marks of a video display end frame of a new AV file (Mark # 2 in FIG. 41) is created instead, marks indicating the video display start frame of the AV file (Mark of FIG. 41 (a)
#1)をStart Mark、AVファイルのビデオ表示終了フレームを示す新マーク(図41(a)のMark#2)をEnd Ma # 1) Start Mark, Mark # 2) the End Ma new mark indicating the video display end frame of the AV file (FIG. 41 (a)
rkとする新たなクリップ(図41(a)のClip#1)が作成される。 New clip (Clip # 1 in FIG. 41 (a)) is created to rk. また、VOB後半を失うため、VOBのビデオ表示終了時刻VOB_V_E_PTMは、新しいマーク(図41(a) In addition, in order to lose the second half VOB, video display end time VOB_V_E_PTM of VOB, a new mark (Fig. 41 (a)
のMark#2)の表示終了時刻となる"270270"に変更され、 Is changed to the Mark becomes the display end time of the # 2) "270 270",
VOB最後のパックのバッファへの入力時刻LAST_SCRも実際のストリーム中の値に変更される(本例においては"1 Input time LAST_SCR to a buffer VOB end pack is also changed to the actual values ​​in the stream (in this example "1
60270")。 60270 ").

【0265】次に、後半部のAVクリップ管理情報の内容について説明する。 [0265] Next, a description will be given of the contents of the AV clip management information of the second half. 後半部のAVファイルのAV_File_ AV_File_ of AV file of the second half
IDには新たな名前が記録される。 A new name is recorded in the ID. もとのAVファイルに比べて失った区間のマーク(図40のMark#1)と、このマークを含むクリップ(図40のClip#1)が削除される。 A mark section lost compared to the original AV file (Mark # 1 in FIG. 40), the clip (Clip # 1 in FIG. 40) is deleted, including the mark. 代わりに新たなAVファイルのビデオ表示開始フレームに新マーク(図41(b)のMark#1)が作られる。 New marks (Mark # 1 in FIG. 41 (b)) is made on the video display start frame of a new AV file instead.
また、前半部を失うため残りのマーク(図40のMark# In addition, the rest of the mark (Fig. 40 to lose the first half of Mark #
2)は失った時間00:00:02:00だけ早まった時刻で記録される。 2) the lost time 00: 00: 02 o'clock only be recorded in premature time. また、AVファイルのビデオ表示開始フレームのマーク(図41(b)のMark#1)をStart Mark、AVファイルのビデオ表示終了フレームのマーク(図41 Further, the mark of the video display start frame of the AV file Start Mark, Mark video display end frame of the AV file (Mark # 1 in FIG. 41 (b)) (Fig. 41
(b)のMark#2)をEnd Markとする新たなAVクリップ(図41(b)のClip#1)が作成される。 New AV clip to be Mark # 2) the End Mark of (b) Clip # 1 (FIG. 41 (b)) is created. また、VOB前半を失うため、VOBのビデオ表示開始時刻VOB_V_S_PTM In addition, in order to lose the VOB first half, the video display start time of the VOB VOB_V_S_PTM
は、新しいマーク(図41(b)のMark#1)の表示開始時刻となる"270270"に変更され、VOB先頭パックのバッファへの入力時刻を示すFIRST_SCRも実際のストリーム中の値に変更される(本例においては"170270")。 Is changed to the new mark is a display start time of (Mark # 1 in FIG. 41 (b)) "270270", is changed to a value also during the actual stream FIRST_SCR showing the input time to the buffer of the VOB first pack that (in this example, "170270").

【0266】次に、クリップシーケンスの情報であるAV [0266] Next, AV is the information of the clip sequence
_Clip_Sequenceについて説明する。 It will be described _Clip_Sequence. Splitにより失われたクリップ(図40のClip#1)を含むクリップシーケンスは削除される。 Clip sequence containing clips lost (Clip # 1 in FIG. 40) by the Split is deleted. 代わりに新たに作成されたクリップ(前半部のAVファイルでは図40(a)のClip#1、後半部のAVファイルでは図41(b)のClip#1)を再生するための新たなクリップシーケンス(図41(c)の Newly created clip (Clip # 1 in FIG. 40 in the AV file of the first half section (a), Clip # 1 in FIG. 41 in the AV file in the second half portion (b)) a new clip sequence for playing instead (Figure 41 (c)
Clip_Sequence#1およびClip_Sequence#2)が作成される。 Clip_Sequence # 1 and Clip_Sequence # 2) is created.

【0267】尚、編集時のShortenの場合は、Splitと、 [0267] It should be noted that, in the case of Shorten the time of editing, and Split,
SplitによってできるAVクリップ管理情報の一方を削除する動作と等価であるため、本例での説明は省略する。 Since an operation equivalent to delete one of the AV clip management information that can be by Split, described in this example it will be omitted.

【0268】(AVクリップ管理情報のMerge)編集時のM [0268] (Merge of AV clip management information) M at the time of editing
ergeに伴うAVクリップ管理情報の更新について説明する。 It will be described update of AV clip management information associated with the erge.

【0269】図24の特再情報編集部がMerge要求を受けたときの動作について例を用いて説明する。 [0269] Japanese re-information editing unit of FIG. 24 will be described with reference to examples of operation when subjected to Merge request.

【0270】図42は、Merge前の2つのAVクリップ管理情報を示す。 [0270] Figure 42 shows two AV clip management information before Merge. 図43は、この2つのAVクリップ管理情報の間に再エンコードした2つのVOBUを追加してMerge Figure 43 with the addition of two VOBU re-encoding between the two AV clips management information Merge
した後のAVクリップ管理情報を示す。 Show was AV clip management information of after. 前方のAVファイルの後には12フレームからなるVOBUを、後方のAVファイルの前には18フレームからなるVOBUを追加する。 The VOBU of 12 frames after the front of the AV file, in front of the rear of the AV file to add the VOBU consisting 18 frames. また、2つのVOBUは夫々接続するVOB(AVファイル)のタイムスタンプに連続してエンコードされたデータであるものとする。 Also, two VOBU is assumed to be data encoded continuously with the time stamp of the VOB (AV file) for each connection.

【0271】MergeされたAVクリップ管理情報の内容について説明する。 [0271] to describe the contents of Merge has been AV clip management information. 前方のAVファイルをMerge後のA A post-Merge the front of the AV file
Vファイルが引き継ぐため、AV File IDには前方のAV Since the V file takes over, the front of the AV in AV File ID
ファイルの名前が記録される。 The name of the file is recorded. 前方のAVファイルには In front of the AV file
12フレームのVOBUが追加されるので、AVファイルのビデオ表示終了フレームを示すマーク(図42(a)のMa 12 because the frame of the VOBU is added, Ma marks indicating the video display end frame of the AV file (FIG. 42 (a)
rk#2)が12フレーム増加する。 rk # 2) will increase 12 frame. 同様に後方のAVファイルには18フレームのVOBUが追加されるので、AVファイルのビデオ表示終了フレームを示すマーク(図42 Since the rear of the AV file VOBU of 18 frames are added as well, marks showing the video display end frame of the AV file (Fig. 42
(b)のMark#2)が18フレーム増加する。 Mark # of (b) 2) is increased by 18 frames.

【0272】2つのAVファイルはMergeによって1つのAVファイルになるが、お互いの時間属性には相関が無いため、2つのAVファイル間でタイムスタンプの不連続が生じる。 [0272] The two AV files becomes a single AV file by Merge, since there is no correlation in the time attribute of each other, discontinuity of the time stamp occurs between two AV files. このため、Mergeされても、異なるVOBとして夫々が管理される。 Therefore, be Merge, is respectively are managed as different VOB. 前方のAVファイルのVOB IDを The VOB ID in front of the AV file
1、後方のAVファイルのVOB IDを2としてAVクリップ管理情報に記録する。 1, recorded in the AV clip management information VOB ID behind the AV file as 2.

【0273】また、前述したオーディオギャップで説明したように、ビデオとオーディオのフレーム周期の違いから、VOB間でオーディオギャップが発生する。 [0273] Further, as described in the audio gap described above, the difference in the frame period of the video and audio, the audio gap between VOB generated. オーディオギャップで述べたように、VOB先頭のビデオ表示開始時刻を基準にオーディオのギャップ開始時刻およびギャップ時間を求めると、オーディオギャップ開始時刻A_ As mentioned in the audio gap, when determining the gap start time and the gap time of the audio based on the video display start time of the VOB beginning, the audio gap start time A_
STP_PTM=216810、オーディオギャップ時間長A_GAP_LEN= STP_PTM = 216810, audio gap length of time A_GAP_LEN =
378となる。 378 to become.

【0274】マークおよびクリップは、VOB内で完結するので、先に説明したMergeで追加されるVOBUの分だけが変更されるが、前方のVOBには後ろに12フレーム、後方のVOBには前に18フレーム夫々増加するので、前方VOB [0274] mark and clips, so completed within VOB, but by the amount of the VOBU to be added in Merge previously described is modified, 12 frames, the rear of the VOB before the back in front of VOB 18 since the frame respectively to increase to, forward VOB
のビデオ表示終了時刻VOB_V_E_PTMは12フレーム分だけ増加し、後方のVOBのビデオ表示開始時刻VOB_V_S_PTMは Of video display end time VOB_V_E_PTM is increased by 12 frames, video display start time VOB_V_S_PTM of the rear of the VOB is
18フレーム分だけ削減される。 18 frames only be reduced.

【0275】また、増加したフレーム分のパックが夫々に増えているので、前方のVOBのLAST_SCRは、増加したパックの最後のSCRに変更され、後方のVOBのFIRST_SCR [0275] In addition, since the increased frame pack of has increased in each, LAST_SCR in front of the VOB is changed at the end of the SCR of increased pack, the back of the VOB FIRST_SCR
は、増加したパックの先頭のSCRに変更される。 It is changed at the beginning of the SCR of increased pack. また、 Also,
マージされた2つのVOB間で、シームレス再生(プレゼンテーションデータ参照)が可能な場合は、後部VOBのSea Between the two merged VOB, the seamless reproduction when (presentation data reference) are possible, the rear VOB Sea
mless Flagを"YES"に変更する。 To change to "YES" mless Flag.

【0276】次に、AVクリップシーケンスの情報であるAV_Clip_Sequenceについて説明する。 [0276] Next, a description will be given AV_Clip_Sequence is information of an AV clip sequence.

【0277】AVクリップシーケンスを構成するEntry [0277] Entry to configure the AV clip sequence
Clipは基本的に変更されないが、AVファイルがMerge Although Clip is not fundamentally changed, AV file Merge
されることによる各Entry Clipの属性が変更される。 Each Entry Clip attributes due to be be changed. En En
try Clip#1は前方のAVファイル中に含まれているので、属性情報はそのまま継承される。 Since the try Clip # 1 is included in the front of the AV file, the attribute information is directly inherited. Entry Clip#2は後方のAVファイル中に含まれているので、属性情報であるAV File IDは"System_2"に、VOB IDは"2"に変更される。 Since Entry Clip # 2 is included in the back of the AV file, which is attribute information AV File ID to "system_2", VOB ID is changed to "2". また、Mergeによって2つのVOB間がシームレス再生可能になった場合は、シームレス再生される後方VOBを示すEntry Clip中のSeamless Flagが"YES"に変更される。 Also, if between the two VOB becomes seamlessly playable by Merge, Seamless Flag of Entry in Clip showing a rear VOB being seamlessly reproduced is changed to "YES". このSeamless Flagの判定は次のようにして行う。 The determination of the Seamless Flag is carried out as follows.

【0278】Entry Clip間でのシームレス再生の判定手順について図44を用いて説明する。 [0278] will be described with reference to FIG. 44 for the determination procedure of the seamless playback between Entry Clip.

【0279】まず、Entry Clip間でAV File IDが一致するかを調べる。 [0279] First, it is checked whether AV File ID match between Entry Clip. 一致する場合はステップ2へ移り、一致しない場合はSeamless Flagを"NONE"にする(ステップ1)。 If they match then control goes to step 2, if they do not match to "NONE" the Seamless Flag (Step 1).

【0280】次に、Entry Clip間でVOB IDが一致するかを調べる。 [0280] Next, it is checked whether VOB ID match between Entry Clip. 一致する場合はステップ3へ移り、一致しない場合はステップ4に移る(ステップ2)。 If they match then control goes to step 3, if they do not match the procedure proceeds to step 4 (Step 2).

【0281】次に、ステップ2でEntry Clip間でVOB ID [0281] Next, VOB ID between Entry Clip in step 2
が一致する場合について説明する。 There will be described that match. AVファイル内でEn En in the AV file
try Clipが連続しているかを調べ、連続する場合はSeam Determine try Clip is continuous, if the successive Seam
lessFlagを"YES"にし、連続しない場合はSeamless Flag And to "YES" lessFlag, if not continuous Seamless Flag
を"NONE"にする(ステップ3)。 The to "NONE" (step 3).

【0282】次に、ステップ2でEntry Clip間でVOB ID [0282] Next, VOB ID between Entry Clip in step 2
が一致しない場合について説明する。 Description will be given of a case where but do not match. AVファイル内で In the AV file
VOBが連続しているかを調べ、連続する場合はステップ5に移り、連続しない場合はSeamless Flagを"NONE"にする(ステップ4)。 Determine VOB is continuous, when continuously moves to step 5, if not continuous to "NONE" the Seamless Flag (Step 4).

【0283】次に、前Entry ClipがVOB終端のClip、且つ、後Entry ClipがVOB先端のClipであるかを調べる。 [0283] Next, before Entry Clip is VOB termination Clip, and the rear Entry Clip examine whether the Clip of VOB tip.
本条件を満たす場合はSeamless Flagを"YES"にし、満たさない場合は、Seamless Flagを"NONE"にする(ステップ5)。 If this condition is satisfied is to "YES" Seamless Flag, if not satisfied, to "NONE" the Seamless Flag (Step 5).

【0284】また、Mergeで、2つのAVファイルに1つのVOBUを追加するのは上述した例で片方のVOBUのサイズが0であるものと同一であり、2つのAVファイルを直接マージするのは上述した例で両方のVOBUのサイズが0であるものと同一であり、1つのAVファイルに1つのVOBU [0284] Further, in Merge, the to add one VOBU into two AV files are the same as those the size of one VOBU in the above example is 0, to merge two AV files directly are the same as those the size of both the VOBU in the above example is 0, one VOBU to one AV file
を追加するのは上述した例で片方のファイルが無く、この空のファイルに追加するVOBUのサイズが0であるものと同一である。 No one of the files in the above-described example of adding the size of the VOBU to be added to the empty file is identical to what is 0. また、上述した例では1つのファイルに追加するVOBUを1つであるとしたが、VOBUの数は本質的に1つに限定されるものではない。 Although the in the above example is one of the VOBU to be added to a single file, the number of VOBU is not intended to be essentially limited to one.

【0285】以上でディスク上に記録されるファイルの論理フォーマットの説明を終わる。 [0285] The above completes the description of the logical format of the file to be recorded on the disk in. 以下、DVDレコーダの動作について図24の構成図を基に説明する。 Hereinafter, the operation of the DVD recorder based on the configuration diagram of FIG. 24.

【0286】6. [0286] 6. DVDレコーダの動作:各動作を、ユーザインタフェースおよびファイル操作とともに説明する。 Operation of DVD Recorder: each operation will be described together with the user interface and file operations.

【0287】6.1. [0287] 6.1. 初期状態 DVDレコーダに新しいディスクが装着されると、ディスク読み出し部101はディスクの状態を調査するためにディスクの回転が安定するのを待った後、ファイルシステム部102に対してDVD−RAMメディアが確かに装着され安定読み出し状態になったことを通知する。 When a new disc to the initial state DVD recorder is loaded, the disc reading unit 101 after the rotation of the disk is waiting for stabilization in order to investigate the state of the disk, certainly DVD-RAM media to the file system unit 102 notifying that has become attached to a stable read state.

【0288】ファイルシステム部102はディスク読み出し部101に対してボリューム情報とファイル情報、 [0288] the file system unit 102 the volume information and file information to the disc read unit 101,
AVクリップ管理情報の読み出しを指示する。 To indicate the reading of AV clip management information. 読み出されたボリューム情報とファイル情報、AVクリップ管理情報はファイルシステム部102のメモリに記憶され、 Read volume information and the file information, AV clip management information is stored in the memory of the file system unit 102,
以降のファイル操作に対してはこのメモリ中のデータを参照する。 For subsequent file operations refer to the data in the memory. これらの情報はディスクの取り出しを指示されるまで、ファイルシステム部102内のメモリに保持される。 This information until instructed to take out the disc, is retained in memory in the file system unit 102.

【0289】録画・編集・再生制御部105は、ユーザIF部106に対して、読み出されたAVクリップ管理情報からディスク内に記録されているAVファイルの状態をグラフィックスし、図46に示す初期画面として表示することを要求する。 [0289] recording, editing, and reproduction control unit 105, the user IF unit 106, the state of the AV file recorded on the disc from the read AV clip management information graphics, shown in FIG. 46 requests that displayed as an initial screen. ディスク内に何も記録されてない場合はカーソルの矢印のみが表示される。 If in the disk Nothing is recorded only arrow cursor is displayed.

【0290】図46の初期画面において、ユーザが図4 [0290] In the initial screen of FIG. 46, the user 4
5に示すリモコンのボタンを操作することにより、再生、編集、録画のそれぞれの状態に移行する。 By operating the button of the remote controller shown in 5, shifts playback, editing, each of the states of recording.

【0291】6.2. [0291] 6.2. 録画 図46の初期画面で、ユーザーが図45に示すリモコンの録画ボタンを押すと、図64の201の画面へと移行してくる。 In the initial screen of the recording Figure 46, the user presses the record button of the remote control shown in FIG. 45, come to transition to screen 201 in FIG. 64. 本実施例では設定可能な録画条件は録画時間と録画品質の2点とする。 Settable recording condition in the present embodiment, the two points of recording quality and recording time.

【0292】まず「1」「選択」を押すと録画時間の指定にフォーカスがあたり、図45のリモコンボタンのカーソルボタンにより「無制限」または「指定時間」に矩形を移動した後、再度「選択」ボタンを押すことにより条件が設定される。 [0292] First of all "1" per the focus to the specified by pressing the "Select" recording time, after you move the rectangle to the "unlimited" or "specified time" by the cursor button of the remote control button of FIG. 45, again "selection" conditions are set by pressing the button.

【0293】「指定時間」が選択された場合には、テンキーボタンにより時間を入力する画面に切り替わり、設定が完了すると再度図64の201の画面に戻る。 [0293] If the "specified time" is selected, switch to the screen to enter the time by numeric keypad button, return to the 201 screen of FIG. 64 again when the setting is completed. 録画条件の「録画品質」はAVデータのビットレートや解像度を制御し、図24のAVデータ入力部111で発生するMPEGデータのビットレートが制御される。 "Recording quality" in the recording condition controls the bit rate and resolution of the AV data, the bit rate of the MPEG data generated by the AV data input unit 111 of FIG. 24 is controlled.

【0294】高画質、標準、時間優先に対する制御方法を図65に示す。 [0294] high-quality, standard, a control method for the time priority shown in FIG. 65. 図64の202に移行した後、リモコンの「録画」ボタンが押されたとする。 After the transition to 202 in FIG. 64, the "record" button on the remote control is pressed.

【0295】録画処理を開始する前に、図24の録画・ [0295] Prior to the start of the recording process, the recording of Figure 24,
編集・再生制御部105は102のファイルシステム部に対して図1のコマンドの中から「CREATE」を要求し、 Editing and reproduction control section 105 requests the "CREATE" from the command shown in FIG. 1 with respect to the file system unit 102,
ファイルシステム部はファイルが作成できる場合にはファイル識別子を返す。 File system unit is if the file can be created returns a file identifier. この際、録画条件に合わせてファイルサイズはディスクの最大サイズが取られる。 In this case, the file size to match the recording conditions is the maximum size of the disk is taken. 録画・ Recording and
編集・再生制御部105からAVデータ録画部110にファイル識別子と録画条件である図65の時間優先のパラメータが渡され録画開始が指示される。 Time priority parameter is passed recording start of FIG. 65 is a recording condition with the file identifier to the AV data recording unit 110 from the editing-reproduction control unit 105 is instructed.

【0296】AVデータ録画部110では内部のバッファメモリであるトラックバッファ1.5MBの内容をクリアし、AVデータの入力が可能となる。 [0296] to clear the contents of the track buffer 1.5MB is a buffer memory inside the AV data recording unit 110, it is possible to input the AV data.

【0297】AVデータ入力部111では入力されるAV [0297] AV input in AV data input unit 111
信号のエンコードが開始される。 Encoding of the signal is started. エンコードされた結果発生するビット列は絶えずトラックバッファに記録される。 Encoded result bit string to be generated is continually recorded in the track buffer. AVファイル管理情報生成部112ではAVデータ入力部がAVデータに挿入するGOP境界識別子及びGOP先頭のI-pictureの境界の検出を行い、検出されるまでにカウントされたビット量をセクター数に換算し内部のメモリに記憶する。 Performs AV file management information generating unit 112 in the AV data input unit to detect the boundary of the GOP boundary identifier and GOP head of I-picture to be inserted into the AV data, converts the amount of bits are counted until the detected number of sectors to be stored in the internal memory.

【0298】AVクリップ管理情報生成部114では、 [0298] In the AV clip management information generating unit 114,
AVデータの記録開始時にメモリ中にAVクリップ管理情報のデータ領域を新しく作り、ビデオデータ開始地点をマークしメモリに記憶する。 In memory during recording at the start of the AV data to create a new data area of ​​the AV clip management information, and mark the video data start point is stored in the memory. この時、他の領域は初期値(もしくは未定義)のままである。 At this time, the other areas remain the initial value (or undefined).

【0299】トラックバッファがあらかじめ定められた容量まで占有された時点でオーバーフロー対策部113 [0299] Overflow countermeasure section 113 at the time the track buffer is occupied up to the capacity of a predetermined
がトラックバッファの内容を読み出しAVファイルシステム部103に対して図1の「AV-WRITE」コマンドを用いてディスクへの書き込みを要求する。 Requests to write to the disk using the "AV-WRITE" command of FIG. 1 but the AV file system unit 103 reads the contents of the track buffer. AVデータ入力部111が発生するビットレートよりファイルシステムを通してディスクに記録されるビットレートが高いため、図5のバッファリングモデルに示されるようにトラックバッファ内のデータ占有量は減少する。 Because of the high bit rate AV data input unit 111 is recorded on a disk through a file system than the bit rate that occurs, the data occupation amount in the track buffer as shown in the buffering model of FIG. 5 is reduced. このAVデータ録画部における処理と並行してAVファイルシステム部103を通じて記録要求されたAVデータはディスク記録部100によりディスクに記録されていく。 AV data recording request through the AV file system unit 103 in parallel with the processing in the AV data recording unit will be recorded on the disc by the disc recording unit 100. この際の記録方法を図7を用いて説明する。 The recording method in this will be described with reference to FIG.

【0300】図7は図4でフォーマットを説明したAV [0300] Figure 7 explained the format in FIG. 4 AV
ブロック管理テーブルの現在の状態を示すものである。 It shows the current state of the block management table.
AVブロック管理テーブルのアドレス(上位)0、(下位) AV block management table of the address (upper) 0, (lower)
0,1,2はボリューム情報、ファイル管理情報、AVファイル管理情報ファイル、AVクリップ管理情報ファイルなど非AVファイル(情報)用にあらかじめ使用することが示されている。 0,1,2 are shown to advance using volume information file management information, the AV file management information file, such as an AV clip management information file for non-AV file (information). これらの情報は実際のディスク上にはまだ記録されていない。 These pieces of information have not been in on the actual disc recorded yet. 一方録画を開始したAVデータはアドレス(上位)1、(下位)0のAVブロックから記録を開始する。 Meanwhile AV data start recording address (upper) 1 starts recording from (lower) 0 of AV block. これは図7中の斜線で示されたブロックである。 This is a block indicated by hatching in FIG. ディスクの初期状態から録画を開始するので、順次連続するAVブロックに連続的に記録がなされた後、 Since start recording from the initial state of the disk after being continuously done recording the AV blocks successive,
ゾーン1とゾーン2の境界でゾーンを2に移り、以降ゾーン2、ゾーン3とゾーン内では連続的に記録が行われ対応するAVブロック管理テーブルの内容も変化する。 Zone transfer 1 and Zone 2 zone boundary 2, since the zone 2, the zone 3 and zone also changes the contents of the AV block management table corresponding performed continuously recorded.
ここでAVブロック管理テーブル自身も図24のファイルシステム部102のメモリ中に記憶されているためディスクにはAVデータのみが書かれるため無駄なシークや回転待ちは一切発生しない。 Here AV block management table itself useless seek and rotation waiting for the disk only AV data is written because the stored file system unit 102 in the memory of FIG. 24 does not occur at all.

【0301】図8にはファイルシステム情報の中のファイル情報の状態を示す。 [0301] FIG. 8 shows the state of the file information in the file system information. DVD-RAMのファイルシステムにおいてファイルは複数のExtentのリンクリストとして管理される。 In the file system of the DVD-RAM file is managed as a linked list of a plurality of Extent. 一つのExtentはディスク上における連続記録領域に対応する。 One Extent corresponds to a continuous recording area on the disc. 先に説明した様にゾーン境界にはセクタバッファが存在するため、ゾーンの境界では連続記録ができず新たなExtentが生成される。 Since the zone boundary as described above there is the sector buffer, new Extent can not continuously recorded in the zone boundary is generated.

【0302】ゾーン境界では数100msの遅延が生じる。 [0302] number 100ms delay occurs at the zone boundary.
しかしAVブロック内の全てのセクターは連続記録を行っているので図24のAVデータ録画部110中のトラックバッファがオーバーフローを起こすことはなく、連続的なデータ入力が行われる。 However, all sectors in AV blocks never track buffer in the AV data recording unit 110 in FIG. 24 because doing continuous recording causes an overflow, continuous data input is performed.

【0303】このようにAVデータの録画を行った結果、ディスクにもはやバッファリングされている以上のデータが記録できなくなった場合の動作を説明する。 [0303] Thus result of recording of AV data will be described an operation when the data beyond those longer buffered disk can no longer be recorded. 図24中のAVデータ録画部において、AVデータ入力部111はエンコード処理を中止する。 In AV data recording unit in FIG. 24, the AV data input unit 111 stops the encoding process. MPEGにおいて有効なデータ境界は必ずGOP境界でなければならないため、 Because valid data boundary must always GOP boundary in MPEG,
中断される直前のGOP境界がデータの最終ポイントとなる。 GOP boundary just before being interrupted becomes the final point of the data.

【0304】AVファイル管理情報生成部112では録画を開始後、全てのGOP境界とGOP先頭のI-picture境界を検出、各GOPのセクタ数及びGOP先頭のI-pictureのセクタ数を図58に示す配列の形態で保持している。 [0304] After start recording the AV file management information generating unit 112, the I-picture boundary of all GOP boundaries and GOP head detecting the number of sectors the number of sectors and the GOP head of I-picture of each GOP in FIG. 58 held in the array of the form shown. これらの情報は制御データ管理部107に転送されAVファイル管理情報ファイルの生成に用いられる。 This information is used to generate a is transferred to the control data management unit 107 AV file management information file. またオーバーフロー対策部113は最後のGOP境界までのAVデータを有効データとしてAVファイルシステム部103に転送を行い、AVデータ録画部110における全ての録画処理が終了する。 The overflow protection unit 113 performs transfer to the AV file system unit 103 to the AV data to the end of the GOP boundary as valid data, all the recording process in the AV data recording unit 110 is completed.

【0305】AVクリップ管理情報生成部114は、録画終了時にAVデータの終了時点をマークし、これをA [0305] AV clip management information generation unit 114, marks the end of the AV data at the recording end, which A
Vクリップ管理情報として、メモリに書き込む。 As V clip management information, write to the memory. このA The A
Vクリップ管理情報は、制御データ管理部107に転送され、AVクリップ管理情報ファイルAV Clip part, A V clip management information is transferred to the control data management unit 107, AV clip management information file AV Clip part, A
V Clip Sequenceの生成や更新に用いられる。 It is used to generate and update of V Clip Sequence.

【0306】制御データ管理部107は引き渡された図58に示されるGOPの情報や図37のAVクリップ管理情報に基づきAVファイル管理情報ファイルとAVクリップ管理情報ファイルを非AVファイルシステム部10 [0306] The control data management unit 107 AV file management information file and AV clip management information file a non-AV file system unit 10 based on the AV clip management information of the GOP information and 37 shown in Figure 58 was handed over
4を通じてディスク上に記録する。 It is recorded on the disk through 4. ここで、AVクリップ管理情報内に記録された録画されたAVデータの開始点から終了点までを1クリップ(マーク位置は開始点と終了点)とし、クリップ1つのAVクリップ列が自動的に生成され、AVクリップ管理情報AV ClipSequenceファイルを新規ディスクであれば作成し、他のAVデータが記録済みのディスクであれば、新たなクリップをAV Generating Here, 1 clip from the start point to the end point of the recorded AV data recorded in the AV clip management information (mark position from the start point the end point), and the automatically clipped one AV clip column is, the AV clip management information AV ClipSequence file created if the new disk, if other AV data is recorded in the disk, AV a new clip
クリップ管理情報AV Clip Sequenceに追加更新する。 To add updates to the clip management information AV Clip Sequence. このとき、この新しいクリップには、Seamless Informati At this time, in this new clip, Seamless Informati
onとしてNon Seamlessがセットされる。 Non Seamless is set as on.

【0307】また、このディスク記録に先立ち、ファイルシステム部102に記憶されていたボリューム情報や図8に示されるExtentなどのファイル情報もディスク上に記録される。 [0307] Further, prior to the disk recording, file information such as Extent indicated in the volume information and 8 which have been stored in the file system unit 102 is also recorded on the disc. これらの情報の記録を終えた後もボリューム情報やファイル情報はファイルシステム内のメモリ中に残り、次の録画や編集に使用される。 Volume information and file information after completing the recording of the information remains in the memory in the file system, is used for the next recording and editing.

【0308】初期状態以外の状態で録画を行う場合には、図45のリモコンの録画ボタンを押すと録画の初期画面が現れ、上記と同じ手順で録画を行うことが出来る。 [0308] in the case of performing the recording in other than the initial state of the state, it appears the initial screen of the video recording and press the record button on the remote control of FIG. 45, it is possible to perform recording in the same procedure as described above.

【0309】6.3. [0309] 6.3. 仮編集 次に、編集の手順について説明する。 Provisional editing Next, a description is given of the procedure of editing.

【0310】本実施例における編集は、AVクリップによる仮編集と、実際にMPEGストリームへの加工(再編集)を行う本編集とから構成される階層式編集である。 [0310] Edit in this embodiment, the temporary edited by AV clip, which is actually working hierarchical editing consists (re-edit) and the editing of performing the MPEG stream. ここでは、仮編集について説明する。 Here, a description will be given provisional editing.

【0311】(マーク設定)まず、AVファイルにマークを設定する手順について説明する。 [0311] (mark setting) First, the procedure will be explained to set the mark in the AV file.

【0312】図46で示す初期状態から一つのクリップシーケンスを選択して再生を行う。 [0312] From the initial state shown in FIG. 46 by selecting one clip sequence to reproduce. 再生の詳細については後述する。 For more information on playback will be described later.

【0313】図47は、マーク設定の流れを示した図である。 [0313] Figure 47 is a diagram showing the flow of mark setting. ユーザは再生画面を見ながら気に入った画面でリモコンのマークボタンを押す。 The user presses the remote control mark button on the screen that if they like while watching the playback screen. この操作によって、リモコンからユーザIF部を通して、録画・編集・再生制御部へマーク要求が送られる。 This operation through the user IF unit from a remote control, mark the request is sent to the recording, editing and playback controller. 録画・編集・再生制御部はA Recording, editing, and playback control unit A
Vデータ再生部へ、再生中のAVファイルの識別子であるAV File IDと、タイムスタンプ(AVファイル内での相対値)を要求し、AVデータ再生部は、録画・編集・ To V data reproduction unit, it requests the AV File ID is the identifier of the AV file being played, time stamp (relative value in the AV file), AV data reproducing unit, the recording-editing-
再生制御部にAVFile IDおよびタイムスタンプを返す。 Return avfile ID and time stamp to playback control unit.
録画・編集・再生制御部は、AVデータ編集部に対して、再生中のAVファイルIDとタイムスタンプを添えてマーク要求を送る。 Recording, editing, and playback control unit, to the AV data editing unit, send the mark request along with a AV file ID and time stamp during playback. AVデータ編集部のAVクリップ列編集部では、AVクリップ管理情報中のAV Clip partの情報を用いて、受け取ったAVファイルIDとタイムスタンプから再生中のVOBを特定し、このVOBのビデオ表示開始時刻VOB_V_S_PTMと受け取ったタイムスタンプを比較し、マークが指定されたフレームのVOB内での相対タイムコードを特定する。 The AV clip string editing unit of the AV data editing unit, by using the information of the AV Clip part in AV clip management information to identify the VOB currently being reproduced from the AV file ID and time stamp the received video display start of the VOB comparing the time stamp received with time VOB_V_S_PTM, identifying the relative time code in the VOB of the frame mark is specified. AVクリップ列編集部は、要求されたマーク情報を、”AVクリップ管理情報の作成”のマーク追加手順に従い、AVクリップ管理情報に追加する。 AV clip column editing unit, the mark information that has been requested, in accordance with mark additional steps of "AV clip creation of management information", to add to the AV clip management information. このAVクリップ管理情報は、AVデータの再生終了後に、制御データ管理部に送られ、非AVファイルシステム部を通してディスクに記録される。 The AV clip management information, after the end of the reproduction of AV data is sent to the control data management unit, it is recorded on the disc through a non-AV file system unit.

【0314】次に、録画時のマーク設定手順について説明する。 [0314] Next, a description will be given of the recording at the time of the mark setting procedure. 図46で示す初期状態から、前述した録画の手順に従い、録画を行う。 From the initial state shown in FIG. 46, following the procedure of recording described above, it performs the recording.

【0315】図48は、録画時のマーク設定の流れを示した図である。 [0315] FIG. 48 is a diagram showing the flow of recording at the time of the mark setting. ユーザは録画画面を見ながら気に入った画面でリモコンのマークボタンを押す。 The user presses the remote control mark button on the screen that if they like while watching the recording screen. この操作によって、リモコンからユーザIF部を通して、録画・編集・再生制御部へマーク要求が送られる。 This operation through the user IF unit from a remote control, mark the request is sent to the recording, editing and playback controller. 録画・編集・再生制御部はAVデータ録画部へ、録画中のAVファイルの識別子であるAV File IDと、タイムスタンプ(AVファイル内での相対値)を要求し、AVデータ録画部は、録画・編集・再生制御部にAVFile IDおよびタイムスタンプを返す。 Recording, editing, and playback control unit to the AV data recording unit, and the AV File ID is the identifier of the AV file in the recording requests a timestamp (relative value in the AV file), the AV data recording unit, recording - returns the AVFile ID and time stamp to edit and playback control unit. 録画・編集・再生制御部は、AV File ID、仮マークIDとタイムスタンプから構成される仮マークテーブルを作成し、この仮マークテーブルへ仮マークおよびタイムスタンプの登録を行う。 Recording, editing, and playback control unit, AV File ID, creates a temporary mark table consists temporary mark ID and timestamp, and registers the temporary mark and a timestamp to the temporary mark table. 以降、マーク要求がある度に、同様の処理を行い、仮マークテーブルへの登録を行う。 Or later, every time there is a marked request, subjected to the same treatment, to register for provisional mark table. 録画・編集・再生制御部は、録画終了と同時に、仮マークテーブルに登録された仮マーク毎に、AVデータ編集部に対して、AVファイルIDとタイムスタンプを添えてマーク要求を送る。 Recording, editing, and playback control unit, recording end at the same time, every provisional mark registered in the provisional mark table, to the AV data editing unit, send the mark request along with a AV file ID and time stamp. 以後の処理は、前述した再生時のマーク設定方法と同様である。 The subsequent processing is the same as the mark setting method at the time of reproduction described above.

【0316】次に、録画時の自動マーク設定方法について説明する。 [0316] Next, a description will be given of the automatic mark setting method at the time of recording. AVデータ録画部で、シーンチェンジを検出した場合、AVデータ録画部は、自動的に録画・編集・再生制御部にAV File IDと、タイムスタンプを送る。 In AV data recording unit, when detecting a scene change, the AV data recording unit, and AV File ID automatically recording, editing and playback control unit sends a time stamp.
録画・編集・再生制御部では、AVデータ録画部より送られたAV File IDと、タイムスタンプを前述した仮マークテーブルに自動的に登録を行う。 The recording and editing and reproduction control unit performs the AV File ID sent from the AV data recording unit, the automatically registered in the temporary mark table described above timestamp. 以後、前述した録画時のマーク設定手順と同様の処理を行い、マークを設定する。 Thereafter, the same processing as mark setting procedure at the time of recording described above, and sets the mark.

【0317】次に、再生時の自動マーク設定方法について説明する。 [0317] Next, a description will be given of the automatic mark setting method at the time of reproduction. AVデータ再生部で、シーンチェンジを検出した場合、AVデータ再生部は、自動的に録画・編集・再生制御部にAV File IDと、タイムスタンプを送る。 In the AV data reproduction unit, when detecting a scene change, the AV data reproducing unit, and AV File ID automatically recording, editing and playback control unit sends a time stamp.
録画・編集・再生制御部では、AVデータ再生部より送られたAV File IDと、タイムスタンプをマーク要求と共にAVデータ編集部に送る。 The recording and editing and reproduction control unit sends the AV File ID sent from the AV data reproducing unit, the AV data editing unit with mark request timestamp. 以後、前述した再生時のマーク設定手順と同様の処理を行い、マークを設定する。 Thereafter, the same processing as the mark setting procedure at the time of reproduction described above, and sets the mark.

【0318】(クリップ設定)次に、AVファイルにクリップを設定する手順について説明する。 [0318] (clip set) Next, a description will be given of a procedure to set the clip to the AV file.

【0319】図49は、クリップ設定の流れを示した図である。 [0319] Figure 49 is a diagram showing a flow of clip setting. 図46で示す初期状態で、リモコンの仮編集ボタンを押すと、録画・編集・再生制御部は、制御データ管理部よりAVクリップ管理情報を読み出し、ユーザIF In the initial state shown in FIG. 46, pressing the tentative edit button on the remote control, recording, editing, and playback control unit reads the AV clip management information from the control data management unit, the user IF
部を通して、クリップ設定の画面を表示する。 Through part, to display the screen of the clip settings. 具体的には、図49に示すような、録画の記録であるAVデータの録画日、録画時間、録画したチャンネルと、録画したデータを時間軸で示す簡単なグラフと、AVデータに登録されているマークおよびクリップと、クリップシーケンスと、一つのマークまたはクリップを選択するカーソルが表示される。 Specifically, as shown in FIG. 49, recording recording a is the AV data recording date of recording time, the recording and the channel was a simple graph showing the recorded data on the time axis, is registered in the AV data a mark and clips are, cursor selection and clip sequence, a single mark or clip is displayed. ユーザはリモコンの上下左右キーを押し、フォーカスされるマークまたはクリップを移動する。 The user presses the up, down, left and right keys on the remote control to move the mark or clip is focused. ユーザは、選択キーを使い2つのマークをリモコンで選択する。 The user selects the two marks Use the Tab key on the remote control. この操作によって、2つのマークに挟まれた区間が1つのクリップとなるように、ユーザIF部を通して、録画・編集・再生制御部にクリップ要求が送られる。 This action, as sandwiched between the two marked sections is one clip, through the user IF unit, the clip request is sent to the recording-editing-reproduction control unit. 録画・編集・再生制御部は、AVデータ編集部に、 Recording, editing, and playback control section, the AV data editing unit,
選択された2つのマークと、2つのマークが属するAVファイルIDおよびVOB IDを添えてクリップ要求を送る。 Send a clip request along with the two marks which are selected, the AV file ID and VOB ID two marks belong. A
Vデータ編集部のAVクリップ列編集部は、要求されたクリップ情報を、”AVクリップ管理情報の作成”のクリップ追加手順に従い、AVクリップ管理情報に追加する。 AV clip column editing of the V-data editing unit, the clip information that has been requested, in accordance with the clip additional steps of "creation of the AV clip management information", to add to the AV clip management information. このAVクリップ管理情報は、制御データ管理部に送られ、非AVファイルシステム部を通してディスクに記録される。 The AV clip management information is sent to the control data management unit, is recorded on the disc through a non-AV file system unit.

【0320】また、カーソルの移動に応じてカーソルが指し示すマークのフレームやマーク以降の映像をバックグラウンドに表示することも可能である。 [0320] In addition, it is also possible to display an image of the frame and mark after the mark indicated by the cursor in accordance with the movement of the cursor to the background. 詳しくは、クリップシーケンスの再生で説明する再生手順と同様である。 For more information, it is the same as the playback procedure described in clip playback sequence.

【0321】(クリップシーケンス設定)次に、クリップシーケンスを設定する手順について説明する。 [0321] (clip sequence settings) Next, a description will be given of a procedure for setting a clip sequence.

【0322】図50は、クリップシーケンス設定の流れを示した図である。 [0322] Figure 50 is a diagram showing a flow of clip sequence setting. クリップ設定と同じく、図46で示す初期状態で、リモコンの仮編集ボタンを押すと、録画・編集・再生制御部は、制御データ管理部よりAVクリップ管理情報を読み出し、ユーザIF部を通して、クリップシーケンス設定の画面を表示する。 Clip setting Like, in the initial state shown in FIG. 46, pressing the tentative edit button on the remote control, recording, editing, and playback control unit reads the AV clip management information from the control data management unit, through the user IF unit, the clip sequence setting screen to display. 具体的には、図5 Specifically, FIG. 5
0に示すような、録画の記録であるAVデータの録画日、録画時間、録画したチャンネルと、登録されているマークと、クリップと、一つのマークまたはクリップを選択するカーソルと、クリップシーケンスが表示される。 0, as shown, record recording a is AV data recording date, recording time, recording with a channel with a mark that has been registered, and a cursor for selecting clips and, one mark or clip, clip sequence display It is. ユーザはリモコンの上下左右キーを押し、フォーカスされるマークまたはクリップを移動する。 The user presses the up, down, left and right keys on the remote control to move the mark or clip is focused. ユーザは、 The user,
選択キーを使い複数のクリップをクリップの再生順に従い、リモコンで選択する。 In accordance with the reproduction order of the clip a plurality of clips Use the Tab key to select the remote control. この一連の操作によって、選択されたクリップ列が一つのクリップシーケンスとなるように、ユーザIF部を通して、録画・編集・再生制御部にクリップシーケンス要求が送られる。 This series of operations, as a clip column selected is the one clip sequence, through the user IF unit, the clip sequence request is sent to the recording-editing-reproduction control unit. 録画・編集・再生制御部は、AVデータ編集部に、選択されたクリップ列と、各クリップが属するAVファイルIDとVOB IDとを添えてクリップシーケンス要求を送る。 Recording, editing, and playback control unit sends the AV data editing unit, and the clip column selected, the clip sequence request along with the AV file ID and VOB ID which each clip belong. AVデータ編集部のAVクリップ列編集部は、要求されたクリップシーケンス情報を、”AVクリップ管理情報の作成”のクリップシーケンス追加手順に従い、AVクリップ管理情報に追加する。 AV clip column editing part of the AV data editing unit, a clip sequence information that has been requested, in accordance with the clip sequence additional steps of "creation of the AV clip management information", to add to the AV clip management information. このAVクリップ管理情報は、制御データ管理部に送られ、非AVファイルシステム部を通してディスクに記録される。 The AV clip management information is sent to the control data management unit, is recorded on the disc through a non-AV file system unit.

【0323】また、カーソルの移動に応じてカーソルが指し示すクリップをバックグラウンドに表示することも可能である。 [0323] In addition, it is also possible to display the clip indicated by the cursor in accordance with the movement of the cursor to the background. 詳しくは、クリップシーケンスの再生で説明する再生手順と同様である。 For more information, it is the same as the playback procedure described in clip playback sequence.

【0324】(クリップシーケンス削除)次に、マーク、 [0324] (clip sequence deleted) Next, mark,
クリップ、クリップシーケンスの削除手順について説明する。 Clip, for instructions on removing the clip sequence will be explained.

【0325】図51は、マーク、クリップ、クリップシーケンス削除の流れを示した図である。 [0325] Figure 51 is a diagram showing marks, clips, the flow of the clip sequence deleted.

【0326】クリップ、クリップシーケンスの設定と同じく、図51で示す初期状態で、リモコンの仮編集ボタンを押すと、録画・編集・再生制御部は、制御データ管理部よりAVクリップ管理情報を読み出し、ユーザIF部を通して、マーク、クリップ、クリップシーケンス削除の画面を表示する。 [0326] clips, setting the clip sequence as well, in the initial state shown in FIG. 51, pressing the tentative edit button on the remote control, recording, editing, and playback control unit reads the AV clip management information from the control data management unit, through the user IF unit, the display mark, clip, the screen of the clip sequence deleted. 具体的には、図51に示すような、 Specifically, as shown in FIG. 51,
録画の記録であるAVデータの録画日、録画時間、録画したチャンネルと、登録されているマークと、クリップと、クリップシーケンスと、マークまたはクリップまたはクリップシーケンスを選択するカーソルが表示される。 Recording recording in which AV data recording date, recording time, and recorded channels, a mark has been registered, a clip, and the clip sequence, a cursor to select a mark or clips or clip sequence is displayed. ユーザは、リモコンの上下左右キーを押し、カーソルを削除したいマークまたはクリップまたはクリップシーケンスに移動し、削除キーを押す。 The user, press the up, down, left and right keys on the remote control, go to the mark or clip or clip sequence you want to delete the cursor, press the Delete key. この操作によって、選択されたマークまたはクリップまたはクリップシーケンスを削除するように、ユーザIF部を通して録画・ This action to delete mark or clip or clips sequence selected, recording and through the user IF unit
編集・再生制御部に削除要求が送られる。 Delete request is sent to the editing and playback control unit. 録画・編集・ Recording, editing, and
再生制御部は、AVデータ編集部に、選択されたマークまたはクリップまたはクリップシーケンスと、マークまたはクリップの場合は各マークまたはクリップが属するAVファイルIDとVOB IDとを添えて削除要求を送る。 Reproduction control section, the AV data editing unit, and sends a mark or clip or clips sequence selected, the case of the mark or clip deletion request along with the AV file ID and VOB ID of each mark or clip belongs. A
Vデータ編集部のAVクリップ列編集部は、要求された削除情報を、”AVクリップ管理情報の削除”の手順に従い、AVクリップ管理情報から削除する。 AV clip column editing of the V-data editing unit, delete information that has been requested, in accordance with the procedure of "deletion of the AV clip management information", to remove from the AV clip management information. このAVクリップ管理情報は、制御データ部に送られ、非AVファイルシステム部を通してディスクに記録される。 The AV clip management information is sent to the control data unit is recorded on the disc through a non-AV file system unit.

【0327】6.4. [0327] 6.4. AVファイル編集(本編集) 次に、AVファイル編集(本編集)について説明する。 AV file editing (the editing) Next, AV file editing (the editing) will be described.
AVファイル編集(本編集)は、前述した仮編集で作成した複数のクリップシーケンスの中から1つのクリップシーケンスを選択し、実際にMPEGストリームに対して加工(編集)を行うものである。 AV file editing (the editing) selects one clip sequences from a plurality of clips sequence created by the temporary editing described above, is performed actually working against MPEG stream (Edit).

【0328】(AVファイル編集の設定)次に、クリップシーケンスにより論理的に仮編集されたAVデータに対しての実際の編集を設定する手順について説明する。 [0328] (Configuration of AV file editing) Next, the procedure will be described for setting the logical actual editing of relative provisionally edited AV data by a clip sequence.

【0329】図52は、編集の設定の流れを示した図である。 [0329] Figure 52 is a diagram showing a flow of setting of the editing. 図46で示す初期状態で、リモコンの本編集ボタンを押すと、録画・編集・再生制御部は、制御データ管理部よりAVクリップ管理情報を読み出し、ユーザIFを通して、編集を行うクリップシーケンス設定の画面を表示する。 In the initial state shown in FIG. 46, pressing the main edit button on the remote control, recording, editing, and playback control unit reads the AV clip management information from the control data management unit, through the user IF, clip sequence setting editing screen to display. 具体的には、図52に示すような、録画の記録であるAVデータの録画日、録画時間、録画したチャンネルと、マークと、クリップと、クリップシーケンスと、一つのクリップシーケンスを選択するカーソルが表示される。 Specifically, as shown in FIG. 52, recording recording a is AV data recording date, recording time, recording with a channel with a mark, a clip, and the clip sequence, a cursor to select one of the clip sequence Is displayed. ユーザはリモコンの上下左右キーを押し、フォーカスされるクリップシーケンス移動する。 The user presses the up, down, left and right keys on the remote control, to move the clip sequence is focused. ユーザは、選択キーを使い複数のクリップシーケンスの中から、気に入った一つのクリップシーケンスを選択する。 The user, from among a plurality of clip sequences Use the Tab key to select the favorite one of the clip sequence.
この操作によって、選択されたクリップシーケンスに対して実際の編集が行われるように、ユーザIF部を通して、録画・編集・再生制御部に編集要求が送られる。 This action, as the actual editing respect clips sequence selected performed, through the user IF unit, edit request is sent to the recording, editing and playback controller. 録画・編集・再生制御部は、AVデータ編集部に、選択されたクリップシーケンスを示すIDを添えて編集要求を送る。 Recording, editing, and playback control section, the AV data editing unit, and sends the edit request along with the ID indicating the clip sequence is selected. AVデータ編集部のAVクリップ編集部は、要求された編集情報を、後述するAVファイル、AVファイル管理情報およびAVクリップ管理情報の編集手順に従い編集を行う。 AV clip editing unit of the AV data editing unit, the requested editing information, editing AV files, which will be described later, in accordance with editing instructions of the AV file management information and AV clip management information. 編集されたAVファイルは、AVファイルシステム部を通してディスクに記録され、AVファイル管理情報およびAVクリップ管理情報は、制御データ管理部に送られ、非AVファイルシステム部を通してディスクに記録される。 Edited AV file is recorded on the disc through the AV file system unit, the AV file management information and AV clip management information is sent to the control data management unit, is recorded on the disc through a non-AV file system unit.

【0330】(AVファイル編集の動作)次に、AVファイル、AVファイル管理情報およびAVクリップ管理情報の編集手順について説明する。 [0330] (AV operation of the file editing) Next, AV file, information on editing the AV file management information and AV clip management information will be described.

【0331】図53は、編集の流れを示した図である。 [0331] FIG. 53 is a diagram showing the flow of editing.
図53は、図52で示すクリップシーケンスの内、クリップシーケンス#3が選択され、編集される場合の例を示した図である。 Figure 53, of the clip sequence shown in Figure 52, the clip sequence # 3 is selected, a diagram showing an example of a case to be edited. 尚、本発明のAVファイル編集とは、クリップの取り出しと、クリップの接続を効率良く組み合わせることで実現するものである。 Note that the AV file editing of the present invention, is realized by combining good clip and retrieval, a clip connection efficiency.

【0332】まず最初に、AVファイルから編集で使用する各クリップを取り出す。 [0332] First of all, take out each clip to be used in the editing from the AV file. AVファイル"System_1"には、使用するクリップが2つ存在するので、夫々を取り出せるように、AVファイルシステムで用意されている The AV file "System_1", ​​since the clip there are two that use, retrieval, respectively, are prepared by the AV file system
Split機能を使いAVファイル"System_1"を2つのAVファイルに分割する。 Use the Split function to divide the AV file "System_1" to two of the AV file. 同様に、AVファイル管理情報、A Similarly, AV file management information, A
Vクリップ管理情報も、夫々用意されているSplit機能を使い2つのAVファイルに分割する(ステップ1)。 V clip management information is also divided into two AV files using the Split function, which are respectively provided (step 1).

【0333】次に、各クリップの両端であるスタートマークおよびエンドマークを含むAVデータを読み出す。 [0333] Next, read the AV data including the start mark and the end mark is both ends of each clip.
多重化の説明でも述べたが、MPEGの性質上ビデオとオーディオのデータは最大1秒離れて多重化が行われるため、各クリップ両端のビデオおよびオーディオデータ両方を読み出すためには、マークが指すビデオフレームを含むVOBUだけでなく、その前後の1秒分のビデオデータを含む一つまたは複数のVOBU(以降「VOBU群」と呼ぶ) Although mentioned in the description of the multiplexing, the data of the character on the video and audio MPEG multiplexing is performed away up to 1 second, in order to read both video and audio data of each clip ends, the video pointed to mark not only VOBU including a frame, one or more of the VOBU includes video data of 1 second before and after (hereinafter referred to as "VOBU" group)
を読み出すことが必要である。 It is necessary to read out. まず、指定されたクリップの属するAVファイルをオープンする。 First, open the AV file belonging of the specified clip. 次にスタートマークのタイムコードとAVファイル管理情報中のVOBU Then VOBU in the time code and the AV file management information of the start mark
Map中のStart Timeとの比較を行い、スタートマークの指すビデオフレームの前後1秒分のビデオデータを含むV It makes a comparison with the Start Time in Map, V, including the video data before and after one second of video frames indicated by the start mark
OBU群を特定する。 To identify the OBU group. 次に、VOBU Map中のStart Sector情報を用いて読み出すVOBU群の開始セクタと終了セクタを特定し、VOBU群開始セクタまでAVファイルのSEEKを行い、VOBU群終了セクタまでAVファイルのREADを行う。 Then, to identify the start sector and the end sector of VOBU group reading using a Start Sector information in VOBU the Map, performs SEEK the AV file until VOBU group starting sector, performing READ the AV file until VOBU group end sector.
エンドマークも同様の処理を行い、VOBU群の読み出しを行う。 End mark also performs the same processing, to read the VOBU group. 以上のようにして読み出したVOBU群に対して、VO Against VOBU group read as described above, VO
B間がシームレス再生可能となるかを読み出したVOBU群の解析により決定し、再エンコード方法の説明で述べた手順に従い、ビデオ再エンコードと、オーディオギャップの作成(シームレス再生時のみ)またはオーディオデータの切り出し(非シームレス再生時のみ)と、ビデオ、オーディオデータの多重化を行う。 Is determined by analysis of the VOBU group read whether a seamless playable among B, following the procedure described in the description of the re-encoding method, a video re-encoding, creates an audio gap (when seamless playback only) or audio data a cut (non-seamless playback only), video, multiplexing of audio data performed. 尚、読み出すVO It should be noted that, read VO
BU群の決定方法は、上記に限定されるものではなく、A Method of determining the BU group is not limited to the above, A
Vデータの解析を行い、必要最小限のAVデータのみを読み出しても良いし、逆に多くても(例えば10 VOBU固定のようにする)構わない(ステップ2)。 Analyzes the V data may be read out only the necessary minimum of AV data, a number (to, for example 10 VOBU fixed) be reversed may (Step 2).

【0334】次に、各AVファイルから不要部分を取り除き、クリップだけのAVファイルを作る。 [0334] Next, remove the unnecessary portions from each AV file, make only the AV file clip. ステップ2 Step 2
でクリップ切断面を含むVOBU群を読み出し、再エンコードおよび多重化を行っているので、この読みだしを行ったVOBU群を含んで不要データとして切り捨てる。 In reading the VOBU group including a clip cutting surface, so that by performing re-encoding and multiplexing, truncating the unnecessary data include VOBU group making this read. AVファイルからのデータの削除は、AVファイルシステムで用意されているShorten機能を使用する。 Deleting Data from the AV file uses Shorten functionality provided by the AV file system. 同様に、AV Similarly, AV
ファイル管理情報、AVクリップ管理情報も夫々用意されているShorten機能を使用して管理情報を変更する(ステップ3)。 File management information, also changes the management information using the Shorten functions are respectively provided AV clip management information (Step 3).

【0335】最後に、クリップを再生シーケンスの順番で接続していき、一つのAVファイルへとマージを行う。 [0335] Finally, it will connect the clips in the order of playback sequence, perform a merge into one of the AV file. まず、最初のクリップ(図53のクリップ(3))と二番目のクリップ(図53のクリップ(4))を1つのAV First, the first clip (Clip 53 (3)) and second clip (clip of FIG. 53 (4)) the one AV
ファイルへとマージを行う。 To merge into a file. この時、ステップ2で読み込み、再エンコードを行ったVOBU群<32'>(ステップ2 At this time, read in step 2, VOBU group re-encoding was performed <32 '> (Step 2
で読み込んだVOBU群<32>を再エンコードしたVOBU群)およびVOBU群<41'>(ステップ2で読み込んだVOBU群<41> Read VOBU group <32> re encoded VOBU group) and VOBU group <41 '> (VOBU group read in step 2 with <41>
を再エンコードしたVOBU群)を間に挟み込む。 Sandwiched between the re-encoded VOBU group). 2つのクリップと2つのVOBU群は、AVファイルシステムで用意されているMerge機能を使用することで、1つのAVファイルへとマージがされる。 Two clips and two VOBU groups, the use of Merge functionality provided by the AV file system, is the merge into one AV file. また、同様に、AVファイル管理情報、AVクリップ管理情報も、夫々用意されているMerge機能を使用して1つのAVファイル管理情報、A Similarly, the AV file management information, AV clip management information also, one AV file management information by using the Merge function are respectively prepared, A
Vクリップ管理情報にマージされる。 It is merged into a V clip management information. 同様に、マージされたAVファイルと、3つ目のクリップ(図53のクリップ(5))と、VOBU群<42'>(ステップ2で読み込まれた Similarly, the merged AV file, a third clip (clip of FIG. 53 (5)), VOBU unit <42 '> (read in step 2
VOBU群<42>を再エンコードしたVOBU群)と、VOBU群<51' VOBU group <42> and re-encoded VOBU group), VOBU unit <51 '
>(ステップ2で読み込まれたVOBU群<51>を再エンコードしたVOBU群)をマージする。 > Merging (loaded VOBU group in step 2 <51> re encoded VOBU group). 最後に、先頭にVOBU群<3 Finally, VOBU group to top <3
1'>(ステップ2で読み込まれたVOBU群<31>を再エンコードしたVOBU群)と最後にVOBU群<52'>(ステップ2で読み込まれたVOBU群<52>を再エンコードしたVOBU群)を夫々Merge機能により接続する(ステップ4)。 1 '> (Step 2 loaded VOBU group <31> re encoded VOBU group) and finally VOBU group <52'> (loaded VOBU group in step 2 <52> re encoded VOBU group) the connection with each Merge function (step 4).

【0336】以上の処理によって、論理的に仮編集されたクリップシーケンスを、実態の伴う1つのAVファイルへと編集を行うことができる。 [0336] By the above processing, clips sequence that is logically temporary editing can edit to one AV file with the actual. また、本編集では、M In addition, in the present editing, M
PEGストリームのタイムスタンプの付け替えを行わないことと、光ディスク上に記録されているMPEGストリームの移動を必要最小限に抑えていることにより、従来のMPEGストリームの編集では得られなかった短時間(数秒)での編集が可能である。 And not to perform replacement timestamp PEG stream, by being kept to a minimum movement of the MPEG stream recorded on an optical disc, a short time which can not be obtained by editing the conventional MPEG stream (seconds it is possible editing in).

【0337】次に、図54を用いて、本実施例における階層式編集方法について説明する。 [0337] Next, with reference to FIG. 54, described hierarchical editing method in this embodiment. 本実施例における階層式編集方法は、次の3つのステップから成り立っている。 Hierarchical editing method in this embodiment is made up of the following three steps. 1)仮編集ステップ:マーク、クリップおよびクリップシーケンスによる編集 2)確認ステップ :仮編集結果の確認 3)本編集ステップ:MPEGストリームの加工(編集) まず、”仮編集ステップ”について説明する。 1) temporary editing step: mark, clips and clip edited by Sequence 2) confirmation step: provisional result of editing confirmation 3) the editing step: machining of an MPEG stream (editing) will be described first "tentative editing step". 仮編集は大きく2つのステップに分かれる。 Provisional editing is divided into two major steps. 前半はマーク設定ステップで、後半はクリップおよびクリップシーケンスの設定ステップである。 The first half is a mark setting step, the second half is the step of setting a clip and clip sequence. まず、マークの設定は、MPEG First of all, the setting of the mark, MPEG
ストリームの再生中に、ユーザからのマーク要求を受けるマーク要求ステップと、マーク要求がある場合にマークを設定するマーク設定ステップと、再生終了を判定する再生終了判定ステップとから構成される。 During playback of the stream, composed of a mark requesting step of receiving a mark request from the user, a mark setting step of setting a mark when there is marked request, and determines reproduction end determination step playback end. 後半は、ユーザからのクリップ要求を受けるクリップ要求ステップと、クリップ要求がある場合にクリップを設定するクリップ設定ステップと、ユーザからのクリップシーケンス要求を受けるクリップシーケンス要求ステップと、クリップシーケンスの要求がある場合にクリップシーケンスを設定するクリップシーケンス設定ステップと、クリップ編集終了を判定するクリップシーケンス判定ステップとから構成される。 The second half, there is a clip requesting step of receiving a clip request from the user, the clip setting step of setting the clip when there is clipping requested, and the clip sequence requesting step of receiving a clip sequence request from the user, a request for a clip sequence a clip sequence setting step of setting a clip sequence when constituted by a determined clip sequence determination step clips editing end.

【0338】次に、”確認ステップ”について説明する。 [0338] Next, a description will be given of "confirmation step". ユーザから確認(再生)を行うクリップシーケンスの選択を受けるクリップシーケンス選択ステップと、ユーザが選択したクリップシーケンスの再生を行う再生ステップとから構成される。 A clip sequence selection step of receiving a selection of clips sequence for sure (reproduce) from the user, composed of a reproduction step of reproducing a clip sequence selected by the user.

【0339】次に、”本編集ステップ”について説明する。 [0339] Next, a description will be given "this editing step". ユーザから本編集を行うクリップシーケンスの選択を受けるクリップシーケンス選択ステップと、選択されたクリップシーケンスがシームレス再生が可能となるようにMPEGストリームの加工を行うMPEGストリーム加工(編集)ステップとから構成される。 A clip sequence selection step of receiving a selection of clips sequence for the edit user, comprised of a MPEG stream processing (editing) performing a processing of an MPEG stream as the clip sequence is selected thereby enabling seamless reproduction .

【0340】本実施例では、DVD-RAMを単なるAVデータの記録媒体としたのではなく、従来にない階層式編集を実現するAVデータおよび仮編集データの記録媒体としていることが特徴である。 [0340] In this embodiment, rather than to the DVD-RAM and the recording medium simply AV data, it is a feature that the AV data and the temporary editing data recording medium realizes the hierarchical editing unprecedented. また、編集における全ての工程を1枚のDVD-RAM上で実現していることも特徴である。 It is also a feature that implements all the steps on one of the DVD-RAM in the editing.

【0341】6.5. [0341] 6.5. 再生 (クリップシーケンスの再生)次に上記のように編集されたAVデータファイルを再生する場合の動作を説明する。 Reproducing (playback of the clip sequence) will now be described an operation of reproducing the edited AV data file, as described above. 図24のユーザIF部106は、録画・編集・再生制御部105より得たAVクリップ管理情報に基づいて、図46に示された画面により、ディスクに存在する全部のクリップシーケンスを表示する。 The user IF unit 106 of FIG. 24, based on the AV clip management information obtained from the recording and editing and reproduction control section 105, the screen shown in Figure 46, to see all of the clip sequences present on the disk. その画面の中で、カーソルは1つのクリップシーケンスを指している。 In that screen, the cursor is pointing to one clip sequences. ユーザがリモコンの「上矢印」ボタンまたは「下矢印」ボタンを操作したときに、ユーザIF部106はクリップシーケンスを指しているカーソルを移動する。 When the user operates the "up arrow" button or "down arrow" button on the remote control, the user IF unit 106 moves the cursor that points to a clip sequence. ユーザがリモコンで「再生」ボタンを押したとき、再生の動作を開始する。 When the user presses the "play" button on the remote control to start the operation of the playback. なお、再生を中止する場合はリモコンの「STOP」ボタンを押す。 It should be noted that, if you want to stop playback press the "STOP" button on the remote control.

【0342】ユーザがリモコンで「再生」ボタンを押したとき、ユーザIF部106は録画・編集・再生制御部105に引数としてクリップシーケンスの番号を渡して再生処理を要求する。 [0342] When the user presses the "play" button on the remote control, the user IF unit 106 to request the reproduction process by passing a number of clip sequence as an argument to the recording, editing, and playback control unit 105. 録画・編集・再生制御部105は再生を指示されると、引数として渡されたクリップシーケンスをAVデータ再生部130に転送し、再生を要求する。 When recording, editing, and reproduction control unit 105 is instructed to play, forward the clip sequence passed as an argument to the AV data reproducing unit 130, and requests the playback.

【0343】AVデータ再生部130が、引数として渡されたクリップシーケンスの再生を行う場合の動作を説明する。 [0343] AV data reproducing unit 130, the operation when reproducing a clip sequence passed as an argument.

【0344】まず、図24のAVクリップ列再生部13 [0344] First, AV clip train playback unit 13 in FIG. 24
2は制御データ管理部107からAVクリップ管理情報をもらい、該当する番号のクリップシーケンスを検索する。 2 got the AV clip management information from the control data management unit 107 searches the clip sequence of the corresponding number. 次に、AVクリップ管理情報を利用して、クリップシーケンスの各クリップの先端と終端のマークに関する情報を作成し、その情報を引数として渡して、AVファイル読み出し部133に再生を要求する。 Then, by using the AV clip management information, and creates information regarding the mark of each clip tip and the end of the clip sequence, and passes the information as an argument and requests the playback AV file read unit 133. 同時に、各クリップ間のシームレス情報を引数として渡して、AVデコーダ部に再生を要求する。 At the same time, passing the seamless information between each clip as an argument and requests the playback AV decoder unit.

【0345】まず、AVファイル読み出し部133は、 [0345] First, AV file reading unit 133,
制御データ管理部107に対して、AVファイル管理情報の転送を要求し、得られたAVファイル管理情報を参照して、引数で渡された各クリップの先端のマークに対応するVOBUの先頭のセクタアドレスと、終端のマークに対応するVOBUの終わりのセクタアドレスを求める。 The control data management unit 107 requests the transfer of the AV file management information, by referring to the AV file management information obtained, the VOBU corresponding to the mark of each clip tip passed in argument first sector seek and address, the sector address of the end of the VOBU corresponding to the mark at the end.

【0346】ここで、マークの指定時刻からVOBUの先頭または終わりのセクタアドレスを求める動作について説明する。 [0346] Here, a description will be given of the operation to obtain the sector address of the beginning or the end from the specified time of the VOBU of the mark. VOB InformationのStart Timeを参照して、指定時刻を含むVOBを探す。 With reference to the Start Time of the VOB Information, look for a VOB that contains the specified time. 得られたVOBのTime Map Table Time Map Table of the obtained VOB
を参照する。 To see. ((Time Unit) *(Time MapのIndex) + (Tim ((Time Unit) * (Index of Time Map) + (Tim
e Base))が各Time Mapの指す時刻を表しているため、マークの指定時刻の前後を指すTime Mapのインデックスを求める。 Since e Base)) represents the time indicated by the Time Map, obtaining the index of Time Map pointing to the front and rear of the specified time of the mark. そのインデックスをiと仮定する。 Assume that index and i. Time Map#i Time Map # i
が指すVOBUをVOBU1、Time Map#(i+1)が指すVOBUをVOBU2 VOBU1 a VOBU which is pointed, Time the Map # the VOBU pointed to (i + 1) VOBU2
と仮定する。 Assume that. 求めたいVOBUは、VOBU1からVOBU2までの間に存在する。 VOBU to be determined is present between the VOBU1 to VOBU2. Time MapのStart Timeを補正することにより、VOBU1とVOBU2の先頭の時刻を得ることができる。 By correcting the Start Time of Time the Map, it is possible to obtain the time of the head of VOBU1 and VOBU2. Ti Ti
me MapのVOBU Map IndexとVOBU Map Tableを参照することにより、VOBU1とVOBU2の間に存在するVOBUを得ることができ、VOBU MapのStart Timeを補正することにより、 By referring to the VOBU the Map Index and VOBU the Map Table for me the Map, it is possible to obtain a VOBU existing between VOBU1 and VOBU2, by correcting the Start Time of the VOBU the Map,
それらのVOBUの先頭時刻を得ることができる。 It is possible to obtain a top time of their VOBU. 以上で得られた各VOBUの先頭の時刻とマークの時刻を比較することにより、マークの時刻を含むVOBUを得ることができる。 By comparing the time of the beginning of time and mark each VOBU obtained above, it is possible to obtain the VOBU containing the time of the mark. そのVOBUのTime MapのStart SectorまたはVOBUMap Start Sector or VOBUMap of Time Map of the VOBU
のStart Sectorを補正することにより、そのVOBUのAV By correcting the Start Sector, AV of that VOBU
ファイルの先頭からのセクタアドレスを得ることができる。 It is possible to obtain the sector address from the beginning of the file. VOBU Map Tableにおいて、得られたVOBUの次のVOBU In VOBU Map Table, the next VOBU of the obtained VOBU
の先頭のセクタアドレスを同様にして求めることにより、必要とするVOBUの終わりのアドレスを得ることができる。 By obtaining in the same manner as a sector address of the first, it is possible to obtain the address of the end of the VOBU to be required.

【0347】次に、AVファイル読み出し部133は、 [0347] Next, AV file reading unit 133,
ファイルシステム部102に対して、1番目のクリップのAV File IDで示されたAVファイルの「OPEN」を要求し、その後、そのクリップの先端のマークに対応するVO To the file system unit 102, requests the "OPEN" in the AV file shown in the first clip AV File ID, then corresponding to the mark of the tip of the clip VO
BUの先頭のセクタアドレスまで「SEEK」を要求する。 To the beginning of the sector address of the BU request a "SEEK". それから、一度に32KB程度の大きさでデータを、AVファイルからAVデータ再生部130内のトラックバッファへ読み込むために、ファイルシステム部102に対して「READ」を要求する。 Then, the data about the size of 32KB at a time, to read from the AV files to the track buffer in the AV data reproducing unit 130 requests the "READ" to the file system unit 102. そのクリップの終端のマークに対応するVOBUの終わりのセクタまで読み出すまで、「REA To read until the sector at the end of the VOBU corresponding to the mark at the end of the clip, "REA
D」を繰り返し要求する。 Repeatedly to request a D ". ただし、トラックバッファがフルになったときは「READ」要求をしないで、トラックバッファに空きができるのを待ち、トラックバッファに空きができたら、「READ」の要求を再開する。 However, without the "READ" request when the track buffer is full, wait for it is free to the track buffer, when you are free to track buffer, resume the request of the "READ". そして、 And,
クリップに対応するデータの読み出し完了後に、トラックバッファにAVデータの切れ目を示すエンドマークを書き出す。 After completion of the read data corresponding to the clip, writes an end mark indicating the cut of AV data in the track buffer.

【0348】AVファイル読み出し部133は、2番目以降のクリップに対しても、順に同様の動作を繰り返し、全部のクリップに対応するデータをトラックバッファに書き出し続ける。 [0348] AV file reading unit 133, also for the second and subsequent clips, sequentially repeating the same operation continues writing data corresponding to the whole of the clip in the track buffer.

【0349】AVデコーダ部131は、再生を要求されたときに、トラックバッファがフルになるまで、トラックバッファを監視しながら待つ。 [0349] AV decoder unit 131, when requested playback until the track buffer becomes full, it waits while monitoring the track buffer. トラックバッファが、 Track buffer,
フルになったときに、デコード動作を開始する。 When it is full, to start a decoding operation. トラックバッファ内にエンドマークが存在し、次のクリップとの接続がノンシームレス接続の場合は、エンドマークのデータまでで、一旦、デコードを停止する。 End mark is present in the track buffer, when connection with the next clip is non-seamless connection, until the data of the end mark, once stops decoding. そして、再び、トラックバッファがフルになったときに、デコード動作を開始する。 Then, again, when the track buffer becomes full, it starts decoding operation. トラックバッファ内にエンドマークが存在し、次のクリップとの接続がシームレス接続の場合は、先に説明したシームレス再生の動作を行う。 There are end mark in the track buffer, when the connection with the next clip seamless connection, the operation of the seamless reproduction as described above.

【0350】次に、このファイル内の連続読み込みにおけるファイルシステムとディスク読み出し部の動作について説明する。 [0350] Next, the operation of the file system and the disk reading section in the continuous reading of this file. 読み出し対象のAVファイルが図9に示すように、AVブロックに記録されているとする。 Read target AV file as shown in FIG. 9, and recorded in the AV block. AV_B AV_B
LK#iとAV_BLK#lを除いて全てのAVブロックには5.5MB LK # i and AV_BLK # 5.5MB for all AV block except l
以上のデータが記録されているものとする。 Shall more data is recorded.

【0351】ファイルシステム部102が「READ」要求を受け取ると、ファイル識別子を元にメモリ中に常駐しているファイル管理情報から該当ファイルのExtent情報を検索する。 [0351] When the file system section 102 receives a "READ" request, to find the Extent information of the corresponding file from the file management information that resides in memory on the basis of the file identifier. AVファイルのExtent#1から先頭のAVブロックのアドレス情報を取り出し、該当するAVブロックからデータを読み込む。 Extracts the first address information of the AV block from Extent # 1 of AV file, it reads the data from the appropriate AV block. ファイルシステム部102からAVデータを受け取った後のAVデコード部131とA AV decoding unit 131 after receiving an AV data from the file system unit 102 and the A
Vデータ再生部130の動作は先に説明したとおりである。 Operations of the V data reproduction unit 130 is as described above. 今AV_BLK#iに5.5MBB以上のデータが記録されていたとする。 Now AV_BLK # i more 5.5MBB to the data is assumed to have been recorded. この場合、デコードはAV_BLK#iを読み込んでいる途中で開始される。 In this case, decoding is started in the middle of reading the AV_BLK # i. ファイルシステム部102はデータを読み込んでいるセクタと、AV_BLK#iの終端セクタを比較して、等しい場合は次のExtent#2へジャンプする。 The file system section 102 and the sector is being read data, by comparing the end sector of AV_BLK # i, equal jumps to the next Extent # 2. この時トラックバッファにはジャンプ中にAVデコード部131へデータを連続的に供給しつづけることが可能なサイズのデータが蓄積されている。 The size of data that can continue to continuously supply data to the AV decoder unit 131 during jumping is accumulated in this case the track buffer. これはAV_B This is AV_B
LK#i内のセクタに連続的にAVデータが記録されており、そのデータを連続的に読み出している間にトラックバッファ内にフルにデータが蓄積されてすることが可能なのである。 LK # sector in i are continuously AV data is recorded, the full data in the track buffer is the capable of being accumulated while reading the data continuously. トラックバッファ内にデータがフルにある場合、およそ1.5秒間AVデコーダ部131にデータを供給することが可能である。 If the data in the track buffer is full, it is possible to supply the data to the approximately 1.5 seconds AV decoder unit 131. この1.5秒という値は民生機における最外周から最内周へのジャンプに要する時間であり、ワーストケースを保証することが可能なのである。 This value of 1.5 seconds is the time required for jump to the innermost from the outermost periphery in consumer devices, it's possible to ensure the worst case. Extent間でゾーンが異なる場合でも、ゾーン境界を跨ぐジャンプを行ってデータ読み出すために必要な時間は数100msであるので、データの連続性が十分保証される。 Even if the zones are different between Extent, since the number 100ms time required to read data by jumping across a zone boundary, continuity of data is sufficiently guaranteed.

【0352】(早送り再生)クリップシーケンスの再生中に、早送りが指示された場合の動作を説明する。 [0352] During playback of the (fast forward playback) clip sequence, the operation when the fast-forward is instructed. クリップシーケンスの再生中に、図45のリモコンにおいて「早送り」ボタンを押すと、図24のユーザIF部10 During playback of the clip sequence, press the "fast forward" button in the remote controller of FIG. 45, the user IF unit 10 of FIG. 24
6から録画・編集・再生制御部105に早送り再生処理を要求し、録画・編集・再生制御部105は、AVクリップ列再生部132に早送り再生処理を要求する。 Requesting fast forward playback process to the recording, editing and playback control section 105 from 6, recording, editing, and reproduction control unit 105 requests the fast-forward reproduction process in the AV clip train reproducing unit 132.

【0353】AVクリップ列再生部132は、AVデコーダ部131にデコードの停止を要求する。 [0353] AV clip train playback unit 132 requests the stop of the decoding the AV decoder unit 131. AVデコーダ部は、停止したときのクリップと時刻に関する情報を、AVクリップ列再生部132に返す。 AV decoder unit, information about a clip and time when the stop is returned to the AV clip train reproducing unit 132. 次に、AVクリップ列再生部132は、トラックバッファをクリアした後に、引数として停止したときのクリップと時刻に関する情報を、AVファイル読み出し部133に渡して、 Next, AV clip train reproducing unit 132, after clearing the track buffer, the information about the clip and time when the stop as an argument passed to the AV file reading unit 133,
早送り再生処理を要求する。 To request a fast-forward reproduction process. 同時に、AVデコーダ部1 At the same time, AV decoder unit 1
31に、早送り再生処理を要求する。 31, requests a fast forward reproduction process.

【0354】AVファイル読み出し部133が、早送り再生処理を要求されたときの動作を説明する。 [0354] AV file reading unit 133, an operation when required by the fast-forward reproduction process. まず、引数として渡された停止したときの時刻より、5秒先の時刻を含むVOBUを求める。 First, from the time when stopping passed as an argument to determine the VOBU containing the 5 seconds ahead time. このVOBUを求める動作は、再生のときに説明したマークの時刻を含むVOBUを求める動作と同じである。 Operation of obtaining the VOBU is the same as the operation to obtain the VOBU containing the time of the mark described during playback. AVファイル読み出し部133は、求めたVOBUの先頭のAVファイル内でのセクタアドレスとリファレンスピクチャのVOBU先頭からの相対エンドアドレスを得る。 AV file reading unit 133 obtains the relative end address from the VOBU start sector address and reference picture within the obtained VOBU start of the AV file. リファレンスピクチャのデータがAVブロックの不連続境界を跨っているか否かをファイルシステム部102に「IN_AV_BLK_BOUND」を要求することにより、判定する。 By data of the reference picture requests "IN_AV_BLK_BOUND" whether over a discontinuous boundary of AV block to the file system unit 102 judges. AVブロックの不連続境界を跨いでいる場合には、隣接する次のVOBUを求め、そのVOBUの先頭のAVファイル内でのセクタアドレスとリファレンスピクチャのVOBU先頭からの相対エンドアドレスを得る。 If you are across discontinuous boundaries AV block, it obtains a next VOBU adjacent to obtain the relative end address from the VOBU start sector address and reference picture at the beginning of the AV file of the VOBU. 次に、 AVファイル読み出し部133は、再生のときにクリップのデータを読み出したのと同様の動作により、 Next, AV file reading unit 133, the same operation as the read clip data when the reproduction,
AVファイルからVOBUのリファレンスピクチャのデータを読み出し、トラックバッファに書き出す。 It reads data of the VOBU of the reference picture from the AV file, written in the track buffer. AVファイル読み出し部133は、データの書き出し完了後に、トラックバッファにAVデータの切れ目を示すエンドマークを書き出す。 AV file reading unit 133, after writing the completion of the data, writes an end mark indicating the cut of AV data in the track buffer. 次に、さらに5秒ごとに先、すなわち、10秒先、15秒先、…のVOBUに対して、順に同様の動作を行う。 Then, farther every 5 seconds, i.e., performed 10 seconds ahead, 15 seconds ahead, relative ... VOBU of the order similar operation. 指定時刻がクリップの終端を越えた場合は、次のクリップの先頭のVOBUを対象とし、そのVOBUから、5秒ごとに先のVOBUに対して、順に同様の動作を行う。 If the specified time is beyond the end of the clip are directed to the beginning of the VOBU of the next clip, from the VOBU, performed on the previous VOBU, the order similar operation every five seconds.

【0355】なお、VOBUの大きさはビットレートが8Mb [0355] In addition, the size of the VOBU is the bit rate is 8Mb
psで1.2秒としても、1.2Mバイトであり、AVブロックの大きさより小さいため、隣接する2つのVOBUがどちらもAVブロック境界を跨ることはない。 Even 1.2 seconds ps, a 1.2M bytes, smaller than the size of the AV block, never both two adjacent VOBU across AV block boundaries.

【0356】上記の説明においては5秒先のVOBUを求めたが、この秒数を変えることにより、早送り再生の速度を変えることができる。 [0356] While was determined VOBU of 5 seconds ahead in the above description, by changing the number of seconds, it is possible to vary the speed of the fast forward playback.

【0357】AVデコーダ部133が、早送り再生処理を要求されたときの動作を説明する。 [0357] AV decoder unit 133, an operation when required by the fast-forward reproduction process. トラックバッファがフルになるか、または、エンドマークがトラックバッファに書き出されたら、デコード動作を開始する。 Or the track buffer is full, or the end mark Once written to the track buffer, starts decoding operation. そして、エンドマークのところでデコードを停止する。 Then, to stop the decoding at the end mark. この動作を、繰り返す。 This operation is repeated.

【0358】(早戻し再生)AVファイルの再生中に、 [0358] during playback of the (rewind playback) AV file,
早戻し再生が指示された場合の動作は、上記の早送り再生の説明における、5秒ごとに先のVOBUを求める動作を、5秒ごとに戻したVOBUを求めるような動作に変更する以外は、同じ動作をする。 The operation when the fast reverse reproduction is instructed, except for changing the description of the fast-forward reproduction, the operation for obtaining the previous VOBU every 5 seconds, the operation to determine a VOBU returning every 5 seconds, the same operation.

【0359】(再生途中での停止)なお、再生途中で停止が行われた場合、再生中であったクリップを停止箇所で2つに分割し、分割した前部クリップの再生済みを示すフラグ(Played)を再生済みにする。 [0359] (playback middle stop) Note that when stopped during reproduction is performed by dividing the clip was being reproduced into two at the stop position, showing the divided front clip has been reproduced flag ( Played) and to pre-regeneration.

【0360】(簡易再生装置)図37のAVクリップ管理情報の論理フォーマットを示す。 [0360] shows the logical format of the AV clip management information (simplified reproduction apparatus) FIG 37.

【0361】第1の実施例におけるAVクリップ管理情報と比較して、MarkにVOBUの先頭のアドレスとタイムコードを示す情報が追加されている。 [0361] Compared to AV clip management information in the first embodiment, information indicating the start address and the time code of the VOBU to Mark has been added. そのため、AVファイル管理情報のVOBU情報がなくてもクリップ再生が可能となるため、主記憶容量の小さい再生装置でも、主記憶にAVファイル管理情報を記憶することなく、クリップ再生が可能となる。 Therefore, since it becomes possible even clip playback without VOBU information of the AV file management information, even a small reproducing apparatus having a main storage capacity, without storing the AV file management information to the main memory, the clip reproduction is possible.

【0362】(実施の形態2)次に、本発明の実施例2 [0362] (Embodiment 2) Next, Embodiment 2 of the present invention
である、サムネイルを用いたメニュー表示を行うDVD At is, DVD to carry out a menu display using thumbnail
レコーダを説明する。 The recorder will be described.

【0363】実施例2のDVDレコーダの構成とその動作、ディスクフォーマットは基本的には上述した実施例1のDVDレコーダと同じであるので、実施例1と異なる部分についてのみ説明を行う。 [0363] The DVD recorder configuration and operation example 2, since disk format is basically the same as the DVD recorder of the first embodiment described above is a description only of portions different from the first embodiment.

【0364】1. [0364] 1. システム構成 DVDレコーダのシステム構成について図24を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 24 the system configuration of a system configuration DVD recorder. DVDレコーダのシステム構成は、実施例1 System configuration of the DVD recorder, Example 1
と同じであるので、ここでは、実施例1にない機能について説明する。 It is the same as will be described here do not function in Example 1.

【0365】(ユーザIF部)ユーザIF部106は、 [0365] (user IF section) user IF unit 106,
実施例1で説明した機能に加えて、クリップ毎に登録されているサムネイルを画面上に表示する。 In addition to the functions described in Example 1, and displays the thumbnails that are registered for each clip on the screen. サムネイル画像の扱いについては後述するプレゼンテーションデータおよびナビゲーションデータで詳しく説明する。 The handling of the thumbnail image will be described in detail in the presentation data and navigation data described later.

【0366】(録画・編集・再生制御部)録画・編集・ [0366] (recording, editing, and playback control unit) recording, editing, and
再生制御部105は、実施例1で説明した機能に加えて、サムネイルの再生のための制御を行う。 Reproduction control unit 105, in addition to the functions described in the first embodiment performs control for thumbnail reproduction.

【0367】(AVデータ録画部)AVデータ録画部1 [0367] (AV data recording unit) AV data recording unit 1
10は、実施例1で説明した機能に加えて、サムネイルの作成を行う。 10, in addition to the functions described in the Example 1, and creates a thumbnail. AVデータ入力部111は、実施例1で説明した機能に加えて、録画開始時(録画開始/ポーズ解除)の最初のフレームを内蔵するフレームメモリに格納しておき、録画停止時(ストップ/ポーズ)に、フレームメモリに格納した画像データをサムネイルの画像サイズに縮小し、MPEGビデオ圧縮とMPEGプログラムストリームへの変換を行い、AVファイルシステム部103を通してサムネイルファイルに記録する。 AV data input unit 111, in addition to the functions described in the first embodiment, may be stored in a frame memory built the first frame of the video recording start time (recording start / pause release), recording stop time (stop / pause ), the reduced image data stored in the frame memory to the image size of the thumbnail, performs conversion into MPEG video compression and MPEG program stream, and records the thumbnail file through the AV file system unit 103. また、AVクリップ管理情報生成部114は、作成したサムネイルデータを制御データ管理部107に送り、AVクリップ管理情報に記録する。 Furthermore, AV clip management information generation unit 114 sends the thumbnail data created in the control data management unit 107, and records the AV clip management information.

【0368】(AVデータ編集部)AVデータ編集部1 [0368] (AV data editing unit) AV data editing unit 1
20は、実施例1で説明した機能に加えて、サムネイルの作成を行う。 20, in addition to the functions described in the Example 1, and creates a thumbnail. AVクリップ編集部122は、AVファイルシステム部103を通して所望のMPEGプログラムストリームを読み出し、MPEGビデオデータを取り出しビデオデコードを行った非圧縮画像をサムネイルの画像サイズに縮小し、縮小画像のMPEGビデオ圧縮とMPEGプログラムストリームへの変換を行い、AVファイルシステム部103を通してサムネイルファイルに記録する。 AV clip editing unit 122 reads the desired MPEG program stream through the AV file system unit 103, reduces the non-compressed image subjected to video decoding taken out MPEG video data to the image size of the thumbnail, the MPEG video compression of the reduced image It performs conversion into MPEG program stream, and records the thumbnail file through the AV file system unit 103. また、AVクリップ編集部122は、作成したサムネイルデータを制御データ管理部107に送り、AVクリップ管理情報に記録する。 Furthermore, AV clip editing unit 122 sends the thumbnail data created in the control data management unit 107, and records the AV clip management information.

【0369】(AVデータ再生部)AVデータ再生部1 [0369] (AV data reproduction unit) AV data reproduction unit 1
30は、実施例1で説明した機能に加えて、サムネイルのデコードを行う。 30, in addition to the functions described in Example 1, and decodes the thumbnail. AVデコーダ部131は、AVファイルシステム部103を通してサムネイル用のMPEGプログラムストリームを取り出し、MPEGビデオデータの取り出しとビデオデコードを行う。 AV decoder unit 131 extracts the MPEG program stream for thumbnail through the AV file system unit 103, takes out the video decoding of MPEG video data. デコードを行った非圧縮のサムネイル画像データは、録画・編集・再生制御部1 Thumbnail image data of the uncompressed subjected to decoding, recording, editing, and playback control unit 1
05を経由して、ユーザIF部106によって画面に表示される。 05 via, is displayed on the screen by the user IF unit 106.

【0370】2. [0370] 2. プレゼンテーションデータ ここでは、サムネイルのデータ(画像データ)について説明する。 Here the presentation data will be described for the data of the thumbnail (image data).

【0371】(ディレクトリ構成)図69は、DVDレコーダにおいて必要なディレクトリとファイルの構成を示す。 [0371] (directory structure) Figure 69 shows the configuration of the necessary directories and files in the DVD recorder.

【0372】基本的には、実施例1での構成と同じであるが、実施例2では、サムネイル用の画像データを収めたファイル(サムネイルファイル)が追加されている。 [0372] Basically, the same structure as in Example 1, Example 2, the file that contains the image data of the thumbnail (thumbnail files) are added.

【0373】実施例1で説明したのと同様に、サムネイルファイルと他のAVファイル、AVファイル管理情報、AVクリップ管理情報との対応は、拡張子を除くボディー名でとられている。 [0373] in the same manner as described in Example 1, the thumbnail files and other AV file, the AV file management information, the correspondence between the AV clip management information is taken in the body name without an extension. サムネイルファイルの拡張子は”.sml”であるので、AVクリップ管理情報から対応するサムネイルファイルを探す場合は、自分のボディー名に拡張子”.sml”のファイルを探せば良い。 Since the thumbnail file extension is ".sml", if you're looking for thumbnail files corresponding from the AV clip management information, to look for files with the extension ".sml" to your body name.

【0374】(画像データ)サムネイルの画像データフォーマットについて説明する。 [0374] For the image data format of the (image data) thumbnail will be explained.

【0375】図70は、サムネイルの画像データフォーマットを示した図である。 [0375] Figure 70 is a diagram showing an image data format of the thumbnail. 図に示す通り、サムネイルの画像データは、所定の画像サイズに縮小したMPEGビデオのIピクチャをパック(パケット)化したMPEGプログラムストリームから構成される。 As shown in the figure, the image data of the thumbnail is configured to I picture scaled down MPEG video to a predetermined image size from the pack (packet) phased MPEG program stream. 縮小する所定のサイズとは、NTSCの場合、176x112(サムネイル1) The predetermined size to shrink, in the case of NTSC, 176x112 (thumbnail 1)
と96x64(サムネイル2)であり、PALの場合、 When a 96X64 (thumbnail 2), in the case of PAL,
176x144(サムネイル1)と96x80(サムネイル2)である。 A 176x144 (thumbnail 1) and 96X80 (thumbnail 2). これら2つのサイズの画像をそれぞれ作り、サムネイルファイルに順番に格納する。 Make two sizes of the image, respectively, are sequentially stored in the thumbnail file.

【0376】また、できあがるMPEGプログラムストリームでの1枚のサムネイルのサイズをECCブロック(32 [0376] In addition, one size ECC block thumbnails in Build MPEG program stream (32
KB)の整数倍に固定する。 It is fixed to an integer multiple of KB). 本実施例では、MPEGビデオのIピクチャの最大サイズである224KBをパック(=2048 In this embodiment, packed 224KB which is the maximum size of the I picture of the MPEG video (= 2048
B)化したサイズ228KBと32KBの最小公倍数である256KB B) phased size 228KB and 32KB of which is the least common multiple 256KB
とする。 To.

【0377】特殊なエンコード処理を行わない限り、一般的にMPEGで圧縮した画像データのサイズは、固定値とはならない。 [0377] Unless perform special encoding process, the size of the general image data compressed by MPEG, not a fixed value. そこで、データサイズが上記の256KBに満たない場合は、パディング(スタッフィング)によってデータ量の調整を行う。 Therefore, if the data size is less than the above 256KB adjusts the amount of data by padding (stuffing).

【0378】データサイズを固定化することのメリットは、不要となったサムネイルを他のサムネイルの上書きによって消去できることである。 [0378] Advantages of immobilizing the data size is to be erased thumbnail which becomes unnecessary by overwriting other thumbnails. これによって、不要となったサムネイルをその都度削除する必要がなくなり、 This eliminates the need to remove each time a thumbnail that is no longer necessary,
不必要なファイルオペレーションを無くすことができる。 It is possible to eliminate unnecessary file operations. また、データサイズをECCブロックの整数倍にすることのメリットは、データの読み書きが早くなることである。 Also, benefits of the data size to an integer multiple of the ECC block is to read and write data becomes faster. なお、サムネイルファイルはAVファイルとして記録され、サムネイルファイルはECCブロック先頭から記録される。 Incidentally, the thumbnail file is recorded as an AV file, thumbnail file is recorded from the ECC block top.

【0379】3. [0379] 3. ナビゲーションデータサムネイルを管理する管理データについて説明する。 The management data for managing the navigation data thumbnail will be explained.

【0380】図71は、AVクリップ管理情報のデータ構造を示す図である。 [0380] Figure 71 is a diagram showing the data structure of the AV clip management information. 図中の斜線部を除く全てのフィールドは実施の形態1におけるAVクリップ管理情報のデータ構造と同一であるので説明は省略する。 Description Since all fields are identical to the data structure of the AV clip management information in the first embodiment except the hatched portions in the figure are omitted.

【0381】図71の斜線部で示す部分がサムネイル用の管理情報であり、サムネイルのアドレス(ファイル先頭からのセクタサイズ)を示す”Thumbnail1 Address/T [0381] the portion indicated by the hatched portion in FIG. 71 is a management information for thumbnail indicates the address of a thumbnail (sector size from the beginning of the file) "Thumbnail1 Address / T
humbnail2 Address”と、サムネイルのデータサイズを示す”Thumbnail1 Size/Thumbnail2 Size”である。ここで言うサムネイルのデータサイズとは、プレゼンテーションデータで説明した通り、オリジナル画像の縮小、 Humbnail2 Address is "and indicates the data size of the thumbnail" Thumbnail1 Size / Thumbnail2 Size ". In the data size of the thumbnail to say here, as described in the presentation data, reduction of the original image,
MPEGビデオエンコードおよびパック(パケット)化した後の値である。 Is a value after turned into MPEG video encoding and packs (packets). プレゼンテーションデータの説明で、サムネイル画像のサイズを固定としたので、”Thum In the description of the presentation data, since a fixed size of the thumbnail image, "Thum
bnail Size”は固定の256KBとなる。 bnail Size "is a fixed of 256KB.

【0382】4. [0382] 4. DVDレコーダの動作 DVDレコーダの動作は、サムネイルの処理を除いて実施例1と同じである。 Operations of DVD recorder DVD recorder is the same as Example 1 except for the processing of the thumbnail. 実施例2では、サムネイルの扱いを中心に説明する。 In Example 2 will be described mainly handling of thumbnails.

【0383】4.1. [0383] 4.1. 初期状態 DVDレコーダの初期状態は、サムネイル表示を除いて実施例1の説明と同じある。 Initial DVD initial state of the recorder are the same there as described in Example 1 except for the thumbnail.

【0384】(サムネイル表示)図72は、初期状態を示す図である。 [0384] (thumbnail display) FIG. 72 is a diagram showing the initial state. 録画・編集・再生制御部105は、ユーザIF部106に対してサムネイル画像データを渡し、 Recording, editing, and reproduction control unit 105 transfers the thumbnail image data to the user IF unit 106,
図72のように各クリップに対応するサムネイルを画面に表示させる。 A thumbnail corresponding to each clip is displayed on the screen as shown in FIG. 72.

【0385】サムネイル画像の表示を図73を用いて説明する。 [0385] will be described with reference to FIG. 73 the display of thumbnail images. 録画・編集・再生制御部105は、まずサムネイル画像を取り出す。 Recording, editing, and playback control unit 105 first takes out the thumbnail images. サムネイル画像の取り出しは、まず当該クリップの属するAVファイルのボディー名からサムネイルファイルを導く。 Extraction of the thumbnail image, first guides the thumbnail file from the body name of the AV file that belongs the clip.

【0386】次に、録画・編集・再生制御部105は、 [0386] Next, recording, editing, and playback control section 105,
制御データ管理部107に記録されているAVファイル管理情報からクリップに対応するサムネイルのアドレス”Thumbnail1 Address/Thumbnail2 Address”およびサイズ”Thumbnail1 Size/Thumbnail2 Size”を読み出す。 It reads the address of the thumbnail corresponding to the clip from the AV file management information recorded in the control data management unit 107 "Thumbnail1 Address / Thumbnail2 Address" and size "Thumbnail1 Size / Thumbnail2 Size". サムネイル1またはサムネイル2のどちらを使用してもよいが、本実施例ではサムネイル1を使用して説明する。 It may be used either thumbnail 1 or thumbnail 2, but in this embodiment will be described using thumbnails 1.

【0387】録画・編集・再生制御部105は、サムネイルファイルと読み出すサムネイル1のアドレスおよびサイズを引数に、AVファイルシステム部103に対してサムネイルデータの読み出し要求を出す。 [0387] recording, editing, and reproduction control unit 105, the address and size of thumbnails 1 to read the thumbnail files as arguments, issues a read request of the thumbnail data to the AV file system unit 103. AVファイルシステム部103はディスク読み出し部101を通してサムネイルの収められたMPEGプログラムストリームを読み出し、読み出したMPEGプログラムストリームをAV AV file system unit 103 reads the MPEG program stream contained a thumbnail through the disk read unit 101, AV the read MPEG program stream
データ再生部130に送る。 And it sends it to the data reproducing unit 130.

【0388】AVデータ再生部130では、AVデコーダ部131でMPEGプログラムストリームからMPEGビデオストリームを取り出し、ビデオデコードを行って、非圧縮のサムネイル画像を録画・編集・再生制御部105へ送る。 [0388] In the AV data reproducing unit 130 takes out the MPEG video stream from the MPEG program stream in the AV decoder unit 131 performs video decoding, and sends the thumbnail image of the non-compressed into the recording, editing, and reproduction control unit 105.

【0389】録画・編集・再生制御部105は、AVデータ再生部130から受け取った非圧縮のサムネイル画像を、ユーザIF部106に送り画面に表示させる。 [0389] recording, editing, and reproduction control unit 105, the uncompressed thumbnail image received from the AV data reproducing unit 130, to be displayed on the screen is sent to the user IF unit 106.

【0390】4.2. [0390] 4.2. 録画 DVDレコーダにおける録画の動作は、サムネイル画像の扱いを除いて実施例1と同じである。 Recording operation in recording the DVD recorder is the same as Example 1 except for the handling of thumbnail images.

【0391】AVデータ録画部の説明でも述べたが、A [0391] have been described in the description of the AV data recording unit, A
Vデータ入力部111は静止画データ1枚分のフレームメモリを持ち、録画開始時に、最初のビデオデータ(1 V data input unit 111 has a frame memory for one sheet still image data, at the recording start, the first video data (1
フレーム)をバッファリングする。 Frame) to the buffer ring. DVDレコーダの録画中は、静止画データをバッファリングし続け、録画停止(ストップまたはポーズ)後にサムネイルデータの作成処理に入る。 During recording DVD recorder, the still image data continues to buffering into the process of creating the thumbnail data after recording stop (stop or pause).

【0392】図74は、録画停止(ストップまたはポーズ)後のサムネイル作成手順を示す図である。 [0392] Figure 74 is a diagram illustrating a thumbnail creation procedure after recording stop (stop or pause).

【0393】AVデータ入力部111は、録画終了後にバッファリングしていた静止画データを取り出し、画像の縮小とMPEGビデオエンコード(1枚の静止画)を行い、次にMPEGプログラムストリームへとシステムエンコードを行う。 [0393] AV data input unit 111, a recording end after extraction still image data that has been buffered, performs reduction of the image and MPEG video encoding (one still image), then to the MPEG program stream system encoding I do. この時、音声データは存在しないので、できあがるMPEGプログラムストリームは音声無しの静止画だけのMPEGプログラムストリームである。 At this time, since the audio data is not present, Build MPEG program stream is an MPEG program stream only still pictures without sound. また、サムネイル画像はサイズの異なる2種類のデータを作成する。 Further, thumbnail image to create two types of data having different sizes.

【0394】AVデータ録画部110は、サムネイルデータの収められたMPEGプログラムストリームの記録をA [0394] AV data recording unit 110, the recording of MPEG program stream contained the thumbnail data A
Vファイルシステム部103に要求し、サムネイルデータの収められたMPEGプログラムストリームはディスク記録部100を通してディスクに記録される。 V requests the file system unit 103, MPEG program stream contained the thumbnail data is recorded through the disc recording unit 100 on the disc.

【0395】AVクリップ管理情報生成部114は、クリップのサムネイル管理情報を作成する。 [0395] AV clip management information generation unit 114 creates a thumbnail management information of the clip.

【0396】AVクリップ管理情報生成部114は、制御データ管理部107から直前のサムネイルのアドレス(=A)およびサイズ(=S)を取り出す。 [0396] AV clip management information generation unit 114 extracts the address of the previous thumbnail (= A) and size (= S) from the control data management unit 107. 取り出した値を用いてAVクリップ管理情報(AV Clip part)中のサムネイル管理情報は次のように求まる。 Thumbnail management information in the retrieved value AV clip management information using the (AV Clip part) is determined as follows.

【0397】 Thumbnail1 Address = A+S Thumbnail1 Size = 256KB Thumbnail2 Address = A+S+256KB Thumbnail2 Size = 256KB ただし、AVファイル最初のクリップの場合、直前のサムネイルが存在しない。 [0397] Thumbnail1 Address = A + S Thumbnail1 Size = 256KB Thumbnail2 Address = A + S + 256KB Thumbnail2 Size = 256KB However, in the case of the AV file the first clip, just before the thumbnail does not exist. この場合は、A=0、S=0として計算する。 In this case it is calculated as A = 0, S = 0.

【0398】以上のようにして求めたサムネイル管理情報を、AVクリップ管理情報生成部114は、実施例1 [0398] The above manner thumbnail management information obtained, AV clip management information generating unit 114, Example 1
と同様に制御データ管理部107に送る。 Send Similarly to the control data management unit 107 and.

【0399】4.3. [0399] 4.3. 仮編集 DVDレコーダにおける仮編集の動作は、サムネイル画像の扱いを除いて実施例1と同じである。 Operation of the temporary editing in the temporary editing DVD recorder is the same as Example 1 except for the handling of thumbnail images.

【0400】サムネイルのデータ構造でも説明したが、 [0400] have been described in the data structure of a thumbnail,
サムネイルはクリップに付随するデータであるので、仮編集中のサムネイル作成は、クリップ作成と同時に行う。 Since the thumbnail is the data associated with the clip, the thumbnail created in the temporary editing is performed clip creation and at the same time.

【0401】サムネイル作成手順について、図75を参照しながら説明する。 [0401] The thumbnail creation procedure will be described with reference to FIG. 75. AVクリップ編集部122は、制御データ管理部107からクリップ先頭のマーク情報(VOBUアドレス、タイムコード、VOBUタイムコード他)とサムネイルファイル最後のサムネイル情報(サムネイルアドレス、サムネイルサイズ)を取り出す。 AV clip editing unit 122, the clip head of mark information from the control data management unit 107 (VOBU address, a time code, VOBU time code etc.) and thumbnail file last thumbnail information (thumbnail address, thumbnail size) taken out.

【0402】AVクリップ編集部122は、マーク情報のタイムコードおよびVOBUタイムコードからマークが指し示すフレームを求め、このフレームデータを得るまで、AVファイルシステム部103を通して、マーク情報のVOBUアドレスからVOBUデータ(MPEGプログラムストリーム)を読み出しデコードを続ける。 [0402] AV clip editing unit 122 obtains a frame indicated by the mark from the time code and the VOBU the time code of the mark information, obtaining the frame data, through the AV file system unit 103, VOBU data from the VOBU address mark information ( MPEG program stream) read continue decoding.

【0403】次に、AVクリップ編集部122は、読み出したフレームデータをサムネイルサイズ(サムネイルサイズ1およびサムネイルサイズ2)にあわせて縮小を行い、MPEGビデオエンコードとMPEGプログラムストリームへの変換後、AVファイルシステム部103を通して、サムネイルファイルに記録する。 [0403] Next, AV clip editing unit 122 reads out frame data subjected to reduction in accordance with the thumbnail size (thumbnail size 1 and thumbnail size 2) were, after conversion to MPEG video encoding and MPEG program stream, AV file through the system unit 103, records the thumbnail file.

【0404】最後に、AVクリップ編集部122は、サムネイル管理情報を求め、制御データ管理部107に送る。 [0404] Finally, AV clip editing unit 122 obtains the thumbnail management information and sends to the control data management unit 107. サムネイル管理情報の求め方は、録画時に関して説明した方法と同じである。 How to determine the thumbnail management information is the same as the method described with respect to the time of recording.

【0405】なお、録画時のサムネイル作成は、AVデータ入力部111にフレームメモリを持たせて、録画開始時のビデオフレームをバッファリングするとしたが、 [0405] Incidentally, thumbnail creation during recording, and to have a frame memory in the AV data input unit 111, but the recording start time of the video frame was buffers,
仮編集時のサムネイル作成と同様に、記録した動画像データ(MPEGプログラムストリーム)からサムネイルデータを作成しても同様の効果が得られる。 Like the thumbnail creation during false editing, the same effect can be obtained from the recorded moving image data (MPEG program stream) creates thumbnail data.

【0406】また、図76に示すようにAVデータ入力部111がサムネイル用のデータ集サムネイルライブラリを有し、録画時にユーザがこのデータ集の中から一枚を選び、サムネイルとしても同様の効果が得られる。 [0406] Also, a data collection thumbnail library for AV data input unit 111 is a thumbnail as shown in FIG. 76, select one user from among the data collection during recording, the same effect as a thumbnail can get.

【0407】また、図77に示すようにAVクリップ列編集部121がサムネイル用のデータ集サムネイルライブラリを有し、仮編集時にユーザがこのデータ集の中から一枚を選び、サムネイルとしても同様の効果が得られる。 [0407] Also, a data collection thumbnail library for AV clip string editing unit 121 is a thumbnail as shown in FIG. 77, the user at the time of the temporary editing select one from among the data collection, the same as the thumbnail effect can be obtained.

【0408】また、仮編集時に必ずサムネイルデータを作成するのではなく、既存のサムネイルデータを共有して使用しても同様の効果が得られる。 [0408] In addition, instead of always create a thumbnail data at the time of the temporary editing, the same effect can be used to share the existing thumbnail data can be obtained.

【0409】また、サムネイル画像の記録をファイルに追加記録すると説明したが、クリップの削除によって不要となったサムネイルデータの上に上書き記録を行っても同様の効果が得られる。 [0409] Further, it is described that is additionally recorded records the thumbnail image file, obtained the same effect even if the overwrite recording on the thumbnail data which becomes unnecessary by the deletion of the clip.

【0410】また、サムネイル情報として、サムネイルのデータサイズを記録したが、サムネイルのデータサイズを固定しているのでデータサイズの情報を省いても同様の効果が得られる。 [0410] Also, as the thumbnail information has been recorded the data size of the thumbnail, similar effect can be obtained by omitting the information data size since the fixed data size of the thumbnail.

【0411】また、サムネイル情報として、サムネイルデータの開始アドレスを記録したが、サムネイルのデータサイズを固定しているので開始アドレスでなく、シーケンシャルに付けたサムネイルデータの番号を記録しても同様の効果が得られる。 [0411] Also, as the thumbnail information has been recorded the start address of the thumbnail data, rather than the start address since the fixed data size of the thumbnail, similar effects to record the number of the thumbnail data attached sequentially It is obtained.

【0412】また、サムネイルのデータサイズを固定値としたが、サムネイルのデータサイズ情報およびアドレス情報を有しているので、可変長としても同様の効果が得られる。 [0412] Further, although a fixed value the data size of the thumbnail, because it has the data size information and the address information of the thumbnail, the same effect can be obtained as a variable.

【0413】また、サムネイルの画像サイズ(解像度) [0413] In addition, the image size of the thumbnail (resolution)
を2種類に固定したが、画像サイズを可変長にしたり、 While fixed to the two types, or the image size to the variable-length,
1種類または複数種類の画像サイズをサムネイルとして記録しても同様の効果が得られる。 One or the same effect even when recording a plurality of types of the image size as the thumbnail is obtained.

【0414】 [0414]

【発明の効果】本発明では、動画像データと動画像データの管理情報を記録した書き換え可能な光ディスク媒体において、光ディスク媒体に記録されている動画像データの部分再生区間毎に、部分再生区間の内容を示すサムネイルデータと、サムネイルへのポインタ情報を有する管理情報が記録されている。 In the present invention, in a rewritable optical disk medium which records management information of the moving image data and moving image data, for each partial reproduction interval of the moving image data recorded on the optical disc medium, the partial reproduction interval and thumbnail data indicating the contents, management information having a pointer information to a thumbnail is recorded. この光ディスク媒体を再生する再生装置において、この光ディスク媒体からサムネイルデータを読み出しメニューとして画面表示することで、大容量の動画像データの中からユーザが所望する動画像データを選択再生することが容易になる効果が得られる。 In the reproducing apparatus for reproducing the optical disk medium, this from the optical disc medium by the screen display as a menu reads thumbnail data, easily be chosen plays back the video data desired by the user from the moving image data of a large capacity consisting of effect can be obtained.

【0415】また、サムネイルデータのサイズを固定値とすることで、不要となったサムネイルデータの上に新たなサムネイルデータを上書きすることが可能となる効果が得られる。 [0415] Further, by a fixed value the size of the thumbnail data, it is possible to overwrite new thumbnail data on the thumbnail data which becomes unnecessary effect.

【0416】また、サムネイルデータのサイズを光ディスク媒体への読み出しおよび書き込み単位であるECC [0416] Further, ECC is read and write unit of the optical disc medium the size of the thumbnail data
ブロックの整数倍とすることで、サムネイルデータの書き込みおよび読み出し処理が早くなる効果が得られる。 By an integral multiple of the block, the effect is obtained that the write and read processing of the thumbnail data is advanced.

【0417】また、この光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録装置において、記録する動画像データに関連する静止画データを一時的に格納するフレームメモリを備えることで、動画データの記録開始時に先頭の1フレームを静止画データとしてフレームメモリにバッファリングし、動画像データの記録終了後に、フレームメモリに格納していた静止画データを取り出しMPEGプログラムストリームに変換したサムネイルデータを記録することが可能となり、録画時におけるサムネイル画像の作成が可能となる効果が得られる。 [0417] Further, in the recording apparatus for recording moving image data and management information on the optical disk medium, by providing a frame memory for storing the still image data associated with the moving image data to be recorded temporarily, recording of the moving image data one frame beginning of the beginning and buffered in the frame memory as a still image data, after completion of recording moving image data, recording the thumbnail data converted into MPEG program stream taken out still image data which has been stored in the frame memory becomes possible, the effect is obtained that it is possible to create the thumbnail image at the time of recording.

【0418】また、この光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録装置において、前もって複数の静止画データを格納した静止画ライブラリを有することで、動画像データの部分作成区間の内容を示すサムネイルを作成する場合に、この静止画ライブラリに格納されている静止画の中から1枚の静止画データを選択してサムネイルとすることで、動画像データの部分再生区間の内容を示すサムネイルを容易に作成することが可能となる効果が得られる。 [0418] Also, shown in a recording apparatus for recording moving image data and management information on the optical disc medium, to have a still image library that previously stores a plurality of still image data, the contents of the partial creation section of the moving picture data when creating a thumbnail, by a thumbnail by selecting one still image data from among the still images stored in the still picture library, a thumbnail showing the contents of a partial reproduction interval of the moving image data effect is obtained that it is possible to easily produce.

【0419】また、この光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録方法において、光ディスク媒体に記録されている動画像データから1フレームだけ静止画データとして取り出すステップと、静止画データをサムネイルデータに変換するステップと、サムネイルデータを光ディスク媒体に記録するステップと、光ディスク媒体上のサムネイルデータへのポインタ情報を作成するステップと、ポインタ情報を記録するステップとを構成することで、編集時に作成する動画像データの部分再生区間の内容を示すサムネイルデータの作成および管理情報を作成することが可能となる効果が得られる。 [0419] Further, in the recording method for recording moving picture data and management information on the optical disk medium, retrieving only as still image data of one frame from the moving image data recorded on the optical disk medium, the still image data thumbnail data and converting the, by configuring the step of recording the thumbnail data on the optical disk medium, a step of creating a pointer information to the thumbnail data on the optical disk medium, and recording pointer information, created when editing it is possible to create a creation and management information of the thumbnail data indicating the contents of the partial reproduction interval of the moving image data effect.

【0420】また、この光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録方法において、動画像データから新たな部分再生区間を定義する場合に、この部分再生区間とオーバーラップする再生区間が既に存在する場合、オーバーラップする部分再生区間の管理情報からオーバーラップする部分再生区間のサムネイルデータへのポインタ情報を読み出すステップと、ポインタ情報をこの部分再生区間のサムネイルへのポインタ情報として記録するステップとを構成することで、編集時に作成する動画像データの部分再生区間の内容を示すサムネイルデータを実際に作成することなく、サムネイルデータを作成したのと同等の効果が得られる。 [0420] Further, in the recording method for recording moving picture data and management information on the optical disk medium, when defining new partial reproduction interval from the moving image data, already this partial reproduction interval and overlap playback section to case, a step of reading the pointer information from the management information overlapping partial reproduction period to thumbnail data overlapping partial reproduction interval, and recording pointer information as a pointer information to a thumbnail of the partial reproduction interval by configuring, without actually creating a thumbnail data indicating the contents of the partial reproduction interval of the moving image data to be created during editing, the same effect as that creates thumbnail data obtained.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】ファイルシステム部の機能一覧を示す図 FIG. 1 is a diagram showing a list of functions in the file system unit

【図2】ディスク全体の構成図 [Figure 2] of the entire disk configuration diagram

【図3】AVブロックの構成図 Figure 3 is a configuration diagram of an AV block

【図4】AVブロック管理テーブルの構成図 Figure 4 is a configuration diagram of an AV block management table

【図5】AVデータ書き込み時のバッファリングモデルを示す図 5 is a diagram showing the buffering model when AV data write

【図6】AVデータ読み出し時のバッファリングモデルを示す図 6 shows a buffering model when AV data read

【図7】初期状態から録画を開始した直後のAVブロック管理テーブルの状態を示す図 7 is a diagram showing a state of the AV block management table immediately after the start of the recording from the initial state

【図8】初期状態から録画を開始した場合のファイル情報の状態を示す図 FIG. 8 is a diagram showing the state of the file information in the case where the recording starts from the initial state

【図9】AVデータのAVブロックへの割り当てとシーケンシャル読み出しを示す図 9 is a diagram showing an assignment and sequential reading of the AV block of the AV data

【図10】セクタビットマップの構成図 FIG. 10 is a block diagram of a sector bit map

【図11】AVブロック管理テーブルの構成図 Figure 11 is a configuration diagram of an AV block management table

【図12】AVブロック属性変化によるセクタビットマップ処理を示す図 12 is a diagram showing the sector bit map processing by the AV block attribute change

【図13】AVファイルの「DELETE」コマンドの処理を示す図 FIG. 13 is a diagram showing the processing of the "DELETE" command of the AV file

【図14】非AVファイルの「DELETE」コマンドの処理を示す図 FIG. 14 is a diagram showing the processing of the "DELETE" command of the non-AV file

【図15】「SHORTEN」コマンドの処理を示す図 Figure 15 shows the process of the "SHORTEN" command

【図16】「SPLIT」コマンドにおけるAVブロックの扱いを示す図 FIG. 16 is a diagram showing the handling of AV block in the "SPLIT" command

【図17】「MERGE」コマンドにおけるAVブロックの扱いを示す図 FIG. 17 is a diagram showing the handling of AV block in the "MERGE" command

【図18】「MERGE」コマンドにおけるAVブロックの扱いを示す図 FIG. 18 is a diagram showing the handling of AV block in the "MERGE" command

【図19】「IN_AV_BLK_BOUND」コマンドの処理を示す図 FIG. 19 is a diagram showing the processing of the "IN_AV_BLK_BOUND" command

【図20】AVブロック不連続境界の説明図 Figure 20 is an illustration of an AV block discontinuous boundary

【図21】「MERGE」コマンドにおけるAVブロックの扱いを示す図 FIG. 21 is a diagram showing the handling of AV block in the "MERGE" command

【図22】「MERGE」コマンドにおけるAVブロックの扱いを示す図 FIG. 22 is a diagram showing the handling of AV block in the "MERGE" command

【図23】「MERGE」コマンドにおけるAVブロックの扱いを示す図 FIG. 23 is a diagram showing the handling of AV block in the "MERGE" command

【図24】DVDレコーダの構成図 FIG. 24 is a block diagram of a DVD recorder

【図25】AVデータ入力部の構成図 Figure 25 is a configuration diagram of the AV data input unit

【図26】AVクリップとAVクリップ列の例を示す図 26 shows an example of an AV clip and AV clip train

【図27】AVクリップとAVデータの関係を示す図 FIG. 27 is a diagram showing the relationship between the AV clip and the AV data

【図28】AVデコーダモデルの構成図 Figure 28 is a configuration diagram of an AV decoder model

【図29】DVDレコーダ用のファイル構成の例を示す図 FIG. 29 is a diagram showing an example of file structure for a DVD recorder

【図30】ビデオピクチャタイプの説明図 FIG. 30 is an explanatory diagram of a video picture type

【図31】多重化の説明図 [Figure 31] of the multiplexing illustration

【図32】3つのVOBから構成されるAVファイルの例を示す図 It shows an example of a composed AV file from Figure 32 the three VOB

【図33】拡張STDモデルの構成図 FIG. 33 is a block diagram of the extended STD model

【図34】オーディオギャップの例を示す図 Figure 34 is a diagram showing an example of audio gap

【図35】ビデオピクチャ構造の説明図 FIG. 35 is an explanatory diagram of a video picture structure

【図36】バッファ制御、オーディオギャップとオーディオ多重化境界の説明図 [Figure 36] buffer control, illustration of the audio gap and the audio multiplex boundary

【図37】AVクリップ管理情報の構成図 FIG. 37 is a block diagram of the AV clip management information

【図38】録画後のAVクリップ管理情報の例を示す図 FIG. 38 shows an example of an AV clip management information after recording

【図39】AVクリップ管理情報追加の例を示す図 Figure 39 is a diagram showing an example of an AV clip management information added

【図40】Split前のAVクリップ管理情報の例を示す図 Figure 40 is a diagram showing an example of a Split preceding AV clip management information

【図41】Split後のAVクリップ管理情報の例を示す図 Figure 41 is a diagram showing an example of an AV clip management information after Split

【図42】Merge前のAVクリップ管理情報の例を示す図 Figure 42 is a diagram showing an example of a Merge preceding AV clip management information

【図43】Merge後のAVクリップ管理情報の例を示す図 Figure 43 is a diagram showing an example of an AV clip management information after Merge

【図44】シームレスフラグ判定のフローチャート Figure 44 is a flowchart of the seamless flag determination

【図45】リモコンの例を示す図 Figure 45 is a diagram showing an example of remote control

【図46】初期画面の例を示す図 FIG. 46 is a diagram showing an example of an initial screen

【図47】再生時のマーク設定の例を示す図 FIG. 47 is a diagram showing an example of a playback of the mark setting

【図48】録画時のマーク設定の例を示す図 FIG. 48 is a diagram showing an example of a recording at the time of the mark setting

【図49】クリップ設定の例を示す図 FIG. 49 is a diagram illustrating an example of clip setting

【図50】クリップシーケンス設定の例を示す図 FIG. 50 shows an example of a clip sequence settings

【図51】マーク、クリップ、クリップシーケンス削除の例を示す図 [Figure 51] mark, shows a clip, an example of a clip sequence deleted

【図52】本編集の例を示す図 Shows an example of FIG. 52 this editing

【図53】本編集での操作ステップの例を示す図 It shows an example of the operation steps in FIG. 53 this edit

【図54】階層式編集方法のフローチャート FIG. 54 is a flowchart of a hierarchical editing

【図55】AVファイル管理情報の構成図 FIG. 55 is a configuration diagram of the AV file management information

【図56】Time MapとVOBU Mapの関係を示す図 FIG. 56 is a diagram showing the relationship between the Time Map and VOBU Map

【図57】ストリーム情報の図 FIG. 57 is an illustration of the stream information

【図58】録画中に生成されるGOPの情報を示す図 Figure 58 illustrates the information of a GOP that is generated during recording

【図59】録画後のAVファイル管理情報の例を示す図 FIG. 59 is a diagram showing an example of the AV file management information after recording

【図60】AVファイル管理情報のSplit前の例を示す図 Figure 60 is a diagram showing an example of a prior Split the AV file management information

【図61】AVファイル管理情報のSplit後の例を示す図 FIG. 61 shows an example of a post Split the AV file management information

【図62】AVファイル管理情報のMerge前の例を示す図 FIG. 62 is a diagram showing an example of previous Merge of the AV file management information

【図63】AVファイル管理情報のMerge後の例を示す図 FIG. 63 shows an example of a post-Merge the AV file management information

【図64】初期及び録画時の表示の例を示す図 Figure 64 is a diagram showing an example of initial and during recording Display

【図65】録画条件と画質選択の対応の例を示す図 Diagram showing an example of correspondence of FIG. 65 the recording conditions and the quality selection

【図66】ストリーム情報の例を示す図 Figure 66 is a diagram showing an example of the stream information

【図67】ストリーム情報のMerge前の例を示す図 FIG. 67 shows an example of a prior Merge the stream information

【図68】ストリーム情報のMerge後の例を示す図 FIG. 68 shows an example of a post-Merge the stream information

【図69】サムネイルファイルを含めたDVDレコーダ用のファイル構成の例を示す図 Figure 69 is a diagram showing an example of file structure for a DVD recorder, including thumbnail files

【図70】サムネイルデータ作成例を示す図 Figure 70 is a diagram showing a thumbnail data creation example

【図71】サムネイル管理情報を含むAVクリップ管理情報の構成図 Figure 71 is a configuration diagram of an AV clip management information including the thumbnail management information

【図72】サムネイルを用いた初期画面の例を示す図 Figure 72 is a diagram showing an example of an initial screen with thumbnail

【図73】サムネイル表示の例を示す図 FIG. 73 illustrates an example of a thumbnail

【図74】録画時のサムネイル作成の例を示す図 FIG. 74 is a diagram showing an example of a thumbnail creation at the time of recording

【図75】編集時のサムネイル作成の例を示す図 FIG. 75 is a diagram showing an example of a thumbnail creation at the time of editing

【図76】サムネイルライブラリを用いた録画時のサムネイル作成の例を示す図 FIG. 76 shows an example of a thumbnail creation during recording using thumbnail library

【図77】サムネイルライブラリを用いた編集時のサムネイル作成の例を示す図 FIG. 77 is a diagram showing an example of creating a thumbnail at the time of editing using the thumbnail library

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 ディスク記録部 101 ディスク読み出し部 102 ファイルシステム部 103 AVファイルシステム部 104 非AVファイルシステム部 105 録画・編集・再生制御部 106 ユーザIF部 107 制御データ管理部 110 AVデータ録画部 111 AVデータ入力部 112 AVファイル管理情報生成部 113 オーバーフロー対策部 114 AVクリップ管理情報生成部 120 AVデータ編集部 121 AVクリップ列編集部 122 AVクリップ編集部 123 AVファイル管理情報編集部 130 AVデータ再生部 131 AVデコーダ部 132 AVクリップ列再生部 133 AVファイル読み出し部 134 読み出しエラー対策部 150 AVデータ入力 151 DeMUX 152 ビデオデコーダ 153 オーディオデコーダ 15 100 disc recording unit 101 the disc reading unit 102 file system unit 103 AV file system unit 104 non-AV file system unit 105 recording, editing, and reproduction control unit 106 the user IF unit 107 controls the data management unit 110 AV data recording unit 111 AV data input unit 112 AV file management information generating unit 113 overflow countermeasure 114 AV clip management information generating unit 120 AV data editing unit 121 AV clip string editing unit 122 AV clip editing unit 123 AV file management information editing unit 130 AV data reproducing unit 131 AV decoder unit 132 AV clip train reproducing unit 133 AV file read unit 134 reads the error countermeasure 0.99 AV data input 151 DeMUX 152 video decoder 153 audio decoder 15 シームレス接続処理部 155 映像出力 156 オーディオ出力 200 録画時選択画面1 201 録画時選択画面2 202 録画時選択画面3 Seamless connection processing unit 155 at video output 156 audio output 200 recording selection screen 1 201 during recording selection screen 2 202 during recording selection screen 3

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 津賀 一宏 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Tsuga Kazuhiro Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】少なくとも動画像データと動画像データの管理情報を記録した書き換え可能な光ディスク媒体であって、前記光ディスク媒体に記録されている動画像データの部分再生区間毎に、前記部分再生区間の内容を示すサムネイルと、前記サムネイルへのポインタ情報を有する管理情報を記録していることを特徴とする光ディスク媒体。 1. A rewritable optical disk medium which records management information of at least moving picture data and moving image data, for each partial reproduction interval of the moving image data recorded on the optical disc medium, the partial reproduction interval a thumbnail showing the contents of optical disk medium, characterized in that records the management information with a pointer information to the thumbnails.
  2. 【請求項2】前記サムネイルのデータ容量は、固定値であることを特徴とする請求項1記載の光ディスク媒体。 2. A data capacity of the thumbnail, the optical disk medium of claim 1, wherein it is a fixed value.
  3. 【請求項3】前記サムネイルのデータ容量は、光ディスク媒体への読み出しおよび書き込み単位であるECCブロックの整数倍であることを特徴とする請求項2記載の光ディスク媒体。 Data capacity wherein the thumbnail claim 2, wherein the optical disc medium which is a integral multiple of an ECC block which is a reading and writing unit to the optical disk medium.
  4. 【請求項4】請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録装置であって、記録する動画像データに関連する静止画データを一時的に格納するフレームメモリを有することを特徴とする光ディスク記録装置。 4. A recording apparatus for recording moving image data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, stores the still image data associated with the moving image data to be recorded temporarily optical disk recording apparatus characterized by having a frame memory.
  5. 【請求項5】請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録装置であって、動画像データの部分再生区間の内容を示すサムネイル用に、複数の静止画データを格納した静止画ライブラリを有することを特徴とする光ディスク媒体記録装置。 5. A recording apparatus for recording moving image data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, the thumbnail showing the contents of the partial reproduction interval of the moving image data, a plurality of optical disk medium recording apparatus characterized by having a still picture library that stores still image data.
  6. 【請求項6】請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録方法であって、 前記光ディスク媒体に記録されている動画像データから1フレームだけを静止画データとして取り出すステップと、 前記静止画データをサムネイルデータに変換するステップと、 前記サムネイルデータを前記光ディスク媒体に記録するステップと、 前記光ディスク媒体上の前記サムネイルデータへのポインタ情報を作成するステップと、 前記ポインタ情報を記録するステップと、から構成されることを特徴とする光ディスク媒体記録方法。 6. A recording method for recording moving picture data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, still only one frame from the moving image data recorded on the optical disc medium retrieving the image data, converting the still picture data in the thumbnail data, and recording the thumbnail data on the optical disk medium, and creating the pointer information to the thumbnail data on the optical disk medium , an optical disc medium recording method characterized in that it is composed, the step of recording the pointer information.
  7. 【請求項7】請求項1ないし請求項3に記載の光ディスク媒体に動画像データおよび管理情報を記録する記録方法であって、 動画像データから新たな部分再生区間を定義する場合に、前記部分再生区間とオーバーラップする部分再生区間が既に存在する場合、前記オーバーラップする部分再生区間の管理情報から前記オーバーラップする部分再生区間のサムネイルデータへのポインタ情報を読み出すステップと、 前記ポインタ情報を前記部分再生区間のサムネイルへのポインタ情報として記録するステップと、から構成されることを特徴とする光ディスク媒体記録方法。 7. A recording method for recording moving picture data and management information on an optical disk medium according to claims 1 to 3, to define a new partial reproduction interval from the moving image data, the partial when the reproduction section and overlapping partial reproduction section already exists, a step of reading the pointer information from the management information of the overlapping partial reproduction period to thumbnail data of the overlapping partial reproduction interval, the pointer information the optical disk recording method characterized in that it is composed of a step of recording the pointer information to a thumbnail of partial reproduction interval.
JP34487397A 1997-12-15 1997-12-15 Optical disk medium and its recording method and device Pending JPH11176137A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34487397A JPH11176137A (en) 1997-12-15 1997-12-15 Optical disk medium and its recording method and device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34487397A JPH11176137A (en) 1997-12-15 1997-12-15 Optical disk medium and its recording method and device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11176137A true true JPH11176137A (en) 1999-07-02

Family

ID=18372658

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34487397A Pending JPH11176137A (en) 1997-12-15 1997-12-15 Optical disk medium and its recording method and device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11176137A (en)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6650828B1 (en) 1998-01-21 2003-11-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium, playback apparatus and recording/playback apparatus thereof
US6965701B2 (en) 2001-12-28 2005-11-15 Canon Kabushiki Kaisha Moving image data management apparatus and method
US7123264B2 (en) 2001-05-31 2006-10-17 Canon Kabushiki Kaisha Moving image management apparatus and method
KR100769375B1 (en) 2001-05-12 2007-10-22 엘지전자 주식회사 Medium on recorded script files, and method and apparatus for reproducing them
KR100771264B1 (en) * 2001-05-12 2007-10-29 엘지전자 주식회사 Medium on recorded script files, and method and apparatus for reproducing them
US7366744B2 (en) 2004-01-07 2008-04-29 Sony Corporation File management device and file management method
US7403695B2 (en) 1998-01-21 2008-07-22 Kabushiki Kaisha Toshiba Digital information recording/playback system and digital information recording medium
JP2008187730A (en) * 2008-03-07 2008-08-14 Sony Corp Video signal recording apparatus and method, video signal reproducing apparatus and method, program recording medium, program, data recording medium, and data structure
JP2009080927A (en) * 2000-06-09 2009-04-16 Lg Electronics Inc Menu support method of high-density optical recording medium
US7729595B2 (en) 2003-07-25 2010-06-01 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US7729594B2 (en) 2004-03-18 2010-06-01 Lg Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream including presentation segments encapsulated into PES packet
US7769277B2 (en) 2003-07-24 2010-08-03 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US8032013B2 (en) 2003-10-14 2011-10-04 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing reproduction of text subtitle and recording and reproducing methods and apparatuses
US8041193B2 (en) 2003-10-15 2011-10-18 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing reproduction of auxiliary presentation data and recording and reproducing methods and apparatuses
US8992299B2 (en) 2002-04-16 2015-03-31 Igt Gaming system, gaming device and method employing audio/video programming outcome presentations
JP2017505012A (en) * 2014-12-14 2017-02-09 エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd Video processing method, apparatus and reproducing apparatus
US9973728B2 (en) 2014-12-14 2018-05-15 SZ DJI Technology Co., Ltd. System and method for supporting selective backtracking data recording

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7248783B2 (en) 1998-01-21 2007-07-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium, playback apparatus and recording/playback apparatus thereof
US6650828B1 (en) 1998-01-21 2003-11-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium, playback apparatus and recording/playback apparatus thereof
US7403695B2 (en) 1998-01-21 2008-07-22 Kabushiki Kaisha Toshiba Digital information recording/playback system and digital information recording medium
US7194190B2 (en) 1998-01-21 2007-03-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium, playback apparatus and recording/playback apparatus thereof
US7197230B2 (en) 1998-01-21 2007-03-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Recording medium, playback apparatus and recording/playback apparatus thereof
JP2009080927A (en) * 2000-06-09 2009-04-16 Lg Electronics Inc Menu support method of high-density optical recording medium
US8146118B2 (en) 2000-06-09 2012-03-27 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of menu data and recording and reproducing apparatuses and methods
KR100769375B1 (en) 2001-05-12 2007-10-22 엘지전자 주식회사 Medium on recorded script files, and method and apparatus for reproducing them
KR100771264B1 (en) * 2001-05-12 2007-10-29 엘지전자 주식회사 Medium on recorded script files, and method and apparatus for reproducing them
US7123264B2 (en) 2001-05-31 2006-10-17 Canon Kabushiki Kaisha Moving image management apparatus and method
US7269290B2 (en) 2001-12-28 2007-09-11 Canon Kabushiki Kaisha Moving image data management apparatus and method
US7155064B2 (en) 2001-12-28 2006-12-26 Canon Kabushiki Kaisha Moving image data management apparatus and method
US6965701B2 (en) 2001-12-28 2005-11-15 Canon Kabushiki Kaisha Moving image data management apparatus and method
US9039410B2 (en) 2002-04-16 2015-05-26 Igt Gaming system, gamine device and method employing audio/video programming outcome presentations
US8992298B2 (en) 2002-04-16 2015-03-31 Igt Gaming system, gaming device and method employing audio/video programming outcome presentations
US8992299B2 (en) 2002-04-16 2015-03-31 Igt Gaming system, gaming device and method employing audio/video programming outcome presentations
US7769277B2 (en) 2003-07-24 2010-08-03 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US8447172B2 (en) 2003-07-24 2013-05-21 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US8515248B2 (en) 2003-07-25 2013-08-20 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US7729595B2 (en) 2003-07-25 2010-06-01 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US8032013B2 (en) 2003-10-14 2011-10-04 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing reproduction of text subtitle and recording and reproducing methods and apparatuses
US8041193B2 (en) 2003-10-15 2011-10-18 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing reproduction of auxiliary presentation data and recording and reproducing methods and apparatuses
US7366744B2 (en) 2004-01-07 2008-04-29 Sony Corporation File management device and file management method
US8538240B2 (en) 2004-03-18 2013-09-17 Lg Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream recorded on the recording medium
US7729594B2 (en) 2004-03-18 2010-06-01 Lg Electronics, Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing text subtitle stream including presentation segments encapsulated into PES packet
JP2008187730A (en) * 2008-03-07 2008-08-14 Sony Corp Video signal recording apparatus and method, video signal reproducing apparatus and method, program recording medium, program, data recording medium, and data structure
JP2017505012A (en) * 2014-12-14 2017-02-09 エスゼット ディージェイアイ テクノロジー カンパニー リミテッドSz Dji Technology Co.,Ltd Video processing method, apparatus and reproducing apparatus
US9973728B2 (en) 2014-12-14 2018-05-15 SZ DJI Technology Co., Ltd. System and method for supporting selective backtracking data recording

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6594442B1 (en) Optical disk recording still image data, a method and apparatus for recording and playing back still image data to and from the optical disk
US6400893B1 (en) Optical disc, recording device and reproducing device
US6148140A (en) Video data editing apparatus, optical disc for use as a recording medium of a video data editing apparatus, and computer readable recording medium storing an editing program
US6347187B1 (en) Optical disc, recording apparatus, and computer-readable recording medium
US20040208135A1 (en) Method and an apparatus for stream conversion, a method and an apparatus for data recording, and data recording medium
US6532334B1 (en) Information reproducing system, information recording/reproducing system, and recording medium applicable to the system
EP0903744A2 (en) Optical disc, video data editing apparatus, computer-readable recording medium storing an editing program, reproduction apparatus for the optical disc, and computer-readable recording medium storing a reproduction program
EP0903743A2 (en) Video data editing apparatus and computer-readable recording medium storing an editing program
US6470140B1 (en) Optical disc optical disc recording and reproducing apparatus, and optical disc recording and reproducing method
US20010043790A1 (en) Optical disc, recording apparatus, and computer-readable recording medium
US6122436A (en) Optical disc, optical disc recording method and apparatus, and optical disc reproducing method and apparatus
US7386223B2 (en) Method and an apparatus for stream conversion a method and an apparatus for data recording and data recording medium
US20020018643A1 (en) Information recording medium, apparatus and method for recording or reproducing data thereof
US6353704B1 (en) Optical disc recording apparatus, computer-readable recording medium recording a file management program, and optical disc
US20050013583A1 (en) Audio/video information recording/reproducing apparatus and method, and recording medium in which information is recorded by using the audio/video information recording/reproducing apparatus and method
US20010043799A1 (en) Optical disc, video data editing apparatus, computer-readable recording medium storing an editing program, reproduction apparatus for the optical disc, and computer-readable recording medium storing an reproduction program
US20100185710A1 (en) Data recording method, data erasure method, data display method, storage device, storage medium, and program
US20040234237A1 (en) Data recording device and method, program storage medium, and program
JP2003242753A (en) Information recording medium, information recording device and method, information reproducing device and method, information recording and reproducing device and method, computer program for recording or reproduction control and data structure including control signal
JP5414932B2 (en) Recording medium playback system
JPH11298845A (en) Optical disk, optical disk recorder and optical disk player
US20030223140A1 (en) Recording device and recording method
JP2000013728A (en) Optical disk recorder, computer readable storage medium storing file management program and optical disk
US20060110111A1 (en) Editing of real time information on a record carrier
JP2003022658A (en) Information recording medium and device for recording and reproducing information to and form information recording medium