New! View global litigation for patent families

JPH11175977A - Optical disk device and trial write method - Google Patents

Optical disk device and trial write method

Info

Publication number
JPH11175977A
JPH11175977A JP36181397A JP36181397A JPH11175977A JP H11175977 A JPH11175977 A JP H11175977A JP 36181397 A JP36181397 A JP 36181397A JP 36181397 A JP36181397 A JP 36181397A JP H11175977 A JPH11175977 A JP H11175977A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
area
write
count
number
trial
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP36181397A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3835581B2 (en )
Inventor
Junichi Ando
潤一 安藤
Original Assignee
Mitsumi Electric Co Ltd
ミツミ電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent double write (overwrite) at the time of trial writing in a test area. SOLUTION: In OPC(optimum power control), the number of times (count number) of the trial write in the test area isn't judged from only the record (number of written frames) in a count area, but by detecting an EFM(eight to fourteen modulation) signal really written in the test area, whether or not a write-in planned place in the test area is unrecorded is judged (step 104), and after the fact that all write-in planned places are unrecorded is judged, the trial write is performed on its place. Further, the write-in planned place is obtained from the count number of the count area (step 103). Further, when the count number of the count area is mistaken, its correction is performed (steps 106, 115).

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明が属する技術分野】本発明は、光ディスク装置および試し書き方法に関するものである。 The present invention relates] is related to an optical disk apparatus and a test writing process.

【0002】 [0002]

【従来の技術】光ディスクを記録または記録・再生する光ディスク装置(例えば、CD−Rドライブ装置、CD [Description of the Related Art An optical disk apparatus for recording or recording and reproducing an optical disc (e.g., CD-R drive device, CD
−WRドライブ装置)が知られている。 -WR drive apparatus) is known.

【0003】このような情報の記録機能を持つ光ディスク装置では、実際に情報の書き込み(記録)を行う前に、その光ディスクに固有の特性や環境条件に適した最適な記録パワー(レーザ光の出力)を求める必要がある。 [0003] In the optical disk apparatus having a recording function of such information, before actually writing data (recording), the optimum recording power (laser light output suitable for specific characteristics and environmental conditions in the optical disk ) it is necessary to obtain the.

【0004】この最適記録パワーを求めることをOPC [0004] OPC to seek the optimum recording power
(Optimum Power Control )と呼ぶ。 Referred to as the (Optimum Power Control). OPCは、光ディスクの最内周部にあるPCA(Power Calibration Are OPC is, PCA in the innermost part of the optical disk (Power Calibration Are
a)と呼ばれる領域で行われる。 It is carried out in the area called a). PCAは、テストエリア(Test Area)とカウントエリア(Coun PCA is a test area (Test Area) and the count area (Coun
t Area)の2つに分割されている。 It is divided into two t Area).

【0005】テストエリアでは、レーザ光出力を段階的に変えて試し書きが行われ、カウントエリアでは、その試し書きの回数(OPCの回数)を記録する。 [0005] In the test area, the test writing is performed with a laser beam output stepwise varied, the count area records the number of times the trial writing (the number of OPC).

【0006】この場合、新たにOPCを行う前には、必ずカウントエリアの記録を見て、それ以前に当該光ディスクに書き込まれたOPCの回数を調べる。 [0006] In this case, before the new OPC is always watching record count area, examining the number of OPC which it was previously written on the optical disk.

【0007】しかしながら、何らかの原因で、テストエリアに試し書きを行ったにもかかわらずそのことがカウントエリアに記録されない場合がある。 [0007] However, for some reason, there is a case despite the trial writing is performed in the test area, which is that the not recorded in the count area. すなわち、カウントエリアに記録されている試し書きの回数が実際の回数より少ない場合がある。 That is, there is a case the number of trial writing recorded in the count area is less than the actual number.

【0008】テストエリアに新たに試し書きを行う場合のテストエリア上での書き込み予定箇所は、カウントエリアでの記録回数の情報によってのみ特定しているため、上記のようなカウントエリアの誤記録があった場合には、テストエリアの書き込み済の部分に再度上書き(オーバーライト)を行うこととなり、その結果、OP [0008] Writing planned portion on the test area for performing a new trial writing in a test area, because of the particular only by the information of the recording frequency of the count area, the erroneous recording count area as described above If there is, it is possible to perform overwriting again the written portion of the test area (the overwriting), as a result, OP
Cが失敗に終わる(適正なレーザ光出力が得られない)。 C is fail (no proper laser output is obtained). そして、不適正なレーザ光出力で情報の記録を行うと、光ディスクに多大なダメージを与えることもある。 When recording information in improper laser beam output, sometimes severe damage to the optical disk.

【0009】 [0009]

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、レーザの出力を設定(OPC)を適正に行うことができる光ディスク装置および試し書き方法を提供することにある。 OBJECTS OF THE INVENTION It is an object of the present invention is to provide an optical disk apparatus and a test writing method capable of performing setting the output of the laser the (OPC) properly.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】このような目的は、下記(1)〜(7)の本発明により達成される。 Means for Solving the Problems] Such an object is achieved by the following aspects of the invention (1) to (7).

【0011】(1) 試し書きを行うテストエリアを有する光ディスクに対し記録または記録・再生する光ディスク装置であって、光ディスクを回転駆動するモータと、少なくとも光ディスクの半径方向に移動可能であり、光ディスクにレーザ光を照射して情報を書き込むことができる光学ヘッドと、前記光学ヘッドの作動を制御する制御手段とを有し、前記レーザ光の出力を決定するための試し書きをするに際し、前記テストエリアの書き込み予定箇所が記録済か否かを検出して、未記録箇所にのみ試し書きを行うよう構成したことを特徴とする光ディスク装置。 [0011] (1) An optical disk apparatus for recording or recording and reproducing on the optical disc having a test area for trial writing, a motor for rotating the optical disc, is movable in a radial direction of at least the optical disc, the optical disc upon which the optical head capable of writing information by irradiating a laser beam, and a control means for controlling the operation of the optical head, the test writing for determining the output of the laser beam, the test area write planned portion is to detect whether a recorded optical disk apparatus characterized by being configured to perform trial writing only on the unrecorded portion.

【0012】(2) 試し書きを行うテストエリアと前記テストエリアに試し書きを行った回数を記録するカウントエリアとを有する光ディスクに対し記録または記録・再生する光ディスク装置であって、光ディスクを回転駆動するモータと、少なくとも光ディスクの半径方向に移動可能であり、光ディスクにレーザ光を照射して情報を書き込むことができる光学ヘッドと、前記光学ヘッドの作動を制御する制御手段とを有し、前記レーザ光の出力を決定するための試し書きをするに際し、前記カウントエリアの記録に基づいて検出された前記テストエリアの書き込み予定箇所が記録済か否かを検出して、未記録箇所にのみ書き込みを行うよう構成したことを特徴とする光ディスク装置。 [0012] (2) An optical disk apparatus for recording or recording and reproducing on the optical disc and a count area for recording the number of times that the trial writing trial writing a test area for the test area, rotating the optical disc a motor that is movable in a radial direction of at least the optical disc has an optical head capable of writing information by irradiating a laser beam on an optical disc, and control means for controlling the operation of the optical head, the laser upon the test writing for determining the light output, the writing planned portion of the test area which is detected based on the recording of the count area to detect whether recorded, write only the unrecorded location optical disc apparatus characterized by being configured to perform.

【0013】(3) 前記カウントエリアの記録が誤っていた場合それを修正する機能を有する上記(2)に記載の光ディスク装置。 [0013] (3) The optical disk apparatus according to the above (2) having a function to correct it if the recording of the count area is incorrect.

【0014】(4) 試し書きを行うテストエリアを有する光ディスクの前記テストエリアに試し書きを行う方法であって、前記テストエリアの書き込み予定箇所が記録済か否かを検出し、未記録の箇所にのみ書き込みを行うようにしたことを特徴とする試し書き方法。 [0014] (4) A method of performing a test writing to the test area of ​​the optical disk having a test area for trial writing, writing planned portion of the test area is detected whether recorded, unrecorded portion of the trial writing method being characterized in that to perform the write only.

【0015】(5) 試し書きを行うテストエリアと前記テストエリアに試し書きを行った回数を記録するカウントエリアとを有する光ディスクの前記テストエリアに試し書きを行う方法であって、前記カウントエリアの記録に基づいて前記テストエリアの書き込み予定箇所を検出し、次いで、前記書き込み予定箇所が記録済か否かを検出し、未記録の箇所にのみ書き込みを行うようにしたことを特徴とする試し書き方法。 [0015] (5) A method of performing a test writing to the test area of ​​the optical disk and a count area for recording the number of times that the trial writing trial writing a test area for the test area, of the count area based on the recorded detects write planned portion of the test area, and then, test writing said write planned portion detects whether a recorded, characterized in that to perform the write only locations unrecorded Method.

【0016】(6) 前記カウントエリアの記録が誤っていた場合それを修正する上記(5)に記載の試し書き方法。 [0016] (6) test writing method according to (5) to fix it when the recording of the count area is incorrect.

【0017】(7) 前記試し書きは、光ディスクへの記録の際のレーザ光の出力を決定するために行われる上記(4)ないし(6)のいずれかに記載の試し書き方法。 [0017] (7) the test writing, trial writing method according to any one of (4) to be performed to determine the output of the laser light when the recording on the optical disc (6).

【0018】 [0018]

【発明の実施の形態】以下、本発明の光ディスク装置および試し書き方法を添付図面に示す好適実施例に基づいて詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail with reference to preferred embodiment showing an optical disk apparatus and the trial writing method of the present invention with reference to the accompanying drawings.

【0019】図1は、本発明の光ディスク装置をコンピュータに接続した状態を示すブロック図、図2は、本発明の光ディスク装置の実施例を示すブロック図である。 [0019] FIG. 1 is a block diagram showing a state where the optical disc apparatus of the present invention connected to a computer, FIG. 2 is a block diagram showing an embodiment of an optical disk apparatus of the present invention.

【0020】これらの図に示す光ディスク装置1は、光ディスク(CD−R)2を記録・再生するCD−Rドライブ装置である。 The optical disk apparatus 1 shown in these drawings is a CD-R drive for recording and reproducing an optical disc (CD-R) 2.

【0021】光ディスク2には、図示しない螺旋状のプリグルーブ(WOBBLE:ウォブル)が形成されている。 [0021] the optical disc 2, a spiral pre-groove (not shown) (WOBBLE: wobble) is formed.

【0022】このプリグルーブは、所定の周期(1倍速で22.05kHz )で蛇行しているとともに、該プリグルーブには、ATIP(Absolute Time In Pre-Groove [0022] The pre-groove, with meanders at a predetermined period (22.05 kHz in 1 × speed), to the pre-groove, ATIP (Absolute Time In Pre-Groove
)情報(時間情報)が記録されている。 ) Information (time information) is recorded. この場合、A In this case, A
TIP情報は、バイフェーズ変調され、さらに、22. TIP information is biphase modulated, further, 22.
05kHz のキャリア周波数でFM変調されて記録されている。 At the carrier frequency of 05kHz it is FM-modulated has been recorded.

【0023】このプリグルーブは、光ディスク2へのピット/ランド形成(ピット/ランド記録)時の案内溝として機能する。 [0023] The pre-groove functions as a guide groove when the pit / land formation of the optical disc 2 (pit / land recording). また、このプリグルーブは、再生され、 In addition, the pre-groove is reproduced,
光ディスク2の回転速度制御や、光ディスク2上の記録位置(絶対時間)の特定等に利用される。 Rotational speed control and the optical disc 2, is used to identify the like of the recording position on the optical disc 2 (the absolute time).

【0024】光ディスク装置1は、ターンテーブルおよびターンテーブル回転用(光ディスク回転用)のスピンドルモータ8を備え、このターンテーブルに光ディスク2を装着して回転させる図示しない回転駆動機構を有している。 The optical disc apparatus 1 is provided with a spindle motor 8 for rotating the turntable and the turntable (optical disc rotation), and a rotary drive mechanism (not shown) to mount and rotate the optical disc 2 to the turntable. このスピンドルモータ8の近傍には、スピンドルモータ8の回転を検出するセンサーとして、ホール素子9が設置されている。 In the vicinity of the spindle motor 8, a sensor for detecting the rotation of the spindle motor 8, the Hall element 9 is disposed. スピンドルモータ8の回転に伴い、ホール素子9からは、FG信号(サイン波)が出力される。 With the rotation of the spindle motor 8, the Hall element 9, FG signal (sine wave) is output. このFG信号の周期はスピンドルモータ8の回転数に対応する。 The period of the FG signal corresponds to the rotational speed of the spindle motor 8.

【0025】また、光ディスク装置1は、前記装着された光ディスク2(ターンテーブル)に対し、光ディスク2の径方向(ターンテーブルの径方向)に移動し得る光学ヘッド(光ピックアップ:PU)3と、この光学ヘッド3を前記径方向に移動、すなわち光学ヘッド3の後述する光学ヘッド本体(光ピックアップベース)を前記径方向に移動させるスレッドモータ5を備えた図示しない光学ヘッド本体移動機構と、ドライバ6および11と、 Further, the optical disk apparatus 1, the relative loaded optical disk 2 (turntable), an optical head (optical pickup: PU) capable of moving in the radial direction of the optical disc 2 (the radial direction of the turntable) 3, moving the optical head 3 in the radial direction, i.e. the optical head body moving mechanism (not shown) of the optical head body (optical pick-up base) provided with a thread motor 5 is moved in the radial direction (described later) of the optical head 3, the driver 6 and and 11,
PWM信号平滑フィルター(平滑化回路)7および12 PWM signal smoothing filter (smoothing circuit) 7 and 12
と、制御手段13と、レーザ制御部14と、HF信号生成回路15と、HF信号ゲイン切り替え回路16と、ピーク・ボトム検出回路17と、エラー信号生成回路18 When a control unit 13, a laser control unit 14, the HF signal generating circuit 15, the HF signal gain switching circuit 16, a peak-bottom detection circuit 17, error signal generation circuit 18
と、WOBBLE信号検出回路19と、CDサーボコントローラ21と、WOBBLEサーボコントローラ22 When a WOBBLE signal detection circuit 19, the CD servo controller 21, WOBBLE servo controller 22
と、FG信号2値化回路23と、EFM/CDROMエンコーダ制御部24と、メモリー25、26および29 If a FG signal binarization circuit 23, the EFM / CDROM encoder control section 24, memory 25, 26 and 29
と、シンク信号生成・ATIPデコーダ27と、CDR , A sink signal generation · ATIP decoder 27, CDR
OMデコーダ制御部28と、インターフェース制御部3 And OM decoder control section 28, interface control section 3
1と、クロック32、33、34および35と、これらを収納するケーシング10とを有している。 1, and a clock 32, 33, 34 and 35, and a casing 10 for housing these. 以下、前記光ディスク2の径方向を単に「径方向」と言う。 Hereinafter, the radial direction of the optical disc 2 will simply be referred to as "radial direction".

【0026】光学ヘッド3は、レーザダイオード(レーザ光源)および分割ホトダイオード(受光素子)を備えた図示しない光学ヘッド本体(光ピックアップベース) The optical head 3 includes a laser diode (laser light source) and the split photodiode optical head body (not shown) with a (light receiving element) (optical pick-up base)
と、対物レンズ(集光レンズ)とを有している。 If, and an objective lens (converging lens). このレーザダイオードの駆動は、レーザ制御部(制御手段)1 Driving of the laser diode, the laser control unit (control means) 1
4により制御される。 4 is controlled by the.

【0027】対物レンズは、光学ヘッド本体に設けられた図示しないサスペンジョンバネで支持され、光学ヘッド本体に対し、径方向および光ディスク2(ターンテーブル)の回転軸方向のそれぞれに移動し得るようになっている。 The objective lens is supported by suspension springs (not shown) provided in the optical head body, so as to the optical head main body, may move the respective rotation axis direction of the radial direction and the optical disc 2 (turntable) ing. 対物レンズがその中立位置(中点)からずれると、その対物レンズは、前記サスペンジョンバネの復元力によって中立位置に向って付勢される。 Deviates from the objective lens is its neutral position (central position), the objective lens is biased toward the neutral position by the restoring force of the suspension springs. 以下、前記光ディスク2の回転軸方向を単に「回転軸方向」と言う。 Hereinbelow, the rotational axial direction of the optical disc 2 will simply be referred to as "rotation axis direction".

【0028】また、光学ヘッド3は、光学ヘッド本体に対し、径方向および回転軸方向のそれぞれに対物レンズを移動させるアクチュエータ4を有している。 Further, the optical head 3 with respect to the optical head main body, and has an actuator 4 to move the objective lens respectively in the radial direction and the axial direction.

【0029】制御手段13は、マイクロコンピュータ(CPU)で構成され、光学ヘッド3(アクチュエータ4)、スレッドモータ5、スピンドルモータ8、レーザ制御部14、HF信号ゲイン切り替え回路16、ピーク・ボトム検出回路17、CDサーボコントローラ21、 The control unit 13 is constituted by a microcomputer (CPU), the optical pick-up 3 (actuator 4), sled motor 5, spindle motor 8, laser control unit 14, HF signal gain switching circuit 16, peak and bottom detection circuit 17, CD servo controller 21,
WOBBLEサーボコントローラ22、EFM/CDR WOBBLE servo controller 22, EFM / CDR
OMエンコーダ制御部24、メモリー25、26、2 OM encoder control unit 24, memory 25,26,2
9、シンク信号生成・ATIPデコーダ27、CDRO 9, the sync signal generation · ATIP decoder 27, CDRO
Mデコーダ制御部28、インターフェース制御部31 M decoder control section 28, interface control unit 31
等、光ディスク装置1全体の制御を行う。 Etc., and controls the entire optical disk apparatus 1.

【0030】なお、制御手段13からは、アドレス・データバス36を介してアドレス、データ、COMMAN [0030] Note that the control unit 13, the address through an address data bus 36, data, comman
D(コマンド)等が、EFM/CDROMエンコーダ制御部24、メモリー26、シンク信号生成・ATIPデコーダ27、CDROMデコーダ制御部28、インターフェース制御部31等に入力される。 D (command) or the like, EFM / CDROM encoder control section 24, memory 26, SYNC signal generating · ATIP decoder 27, CDROM decoder control section 28, interface control section 31 and the like.

【0031】この光ディスク装置1には、インターフェース制御部31を介して外部装置(本実施例では、コンピュータ41)が着脱自在に接続され、光ディスク装置1とコンピュータ41との間で通信を行うことができる。 [0031] The optical disk device 1, (in this embodiment, computer 41) the external device via the interface control unit 31 is detachably connected, it is possible to perform communication with the optical disc apparatus 1 and the computer 41 it can.

【0032】インターフェース制御部31としては、例えば、ATAPI(IDE)(アタピー規格)や、SC [0032] The interface control unit 31, for example, ATAPI (IDE) (Atapi standard) or, SC
SI(スカジー規格)等が用いられる。 SI (Small Computer Systems Interface standard), and the like can be used.

【0033】前記コンピュータ41には、キーボード4 [0033] in the computer 41, the keyboard 4
2、マウス43およびモニター44がそれぞれ接続されている。 2, a mouse 43 and a monitor 44 are connected.

【0034】なお、インターフェース制御部31により、送信手段が構成される。 [0034] Incidentally, the interface control unit 31, transmission means configured. また、HF信号生成回路1 Further, HF signal generating circuit 1
5、HF信号ゲイン切り替え回路16、ピーク・ボトム検出回路17、エラー信号生成回路18、WOBBLE 5, HF signal gain switching circuit 16, peak and bottom detection circuit 17, the error signal generating circuit 18, WOBBLE
信号検出回路19、CDサーボコントローラ21およびWOBBLEサーボコントローラ22により、信号処理手段が構成される。 The signal detection circuit 19, CD servo controller 21 and the WOBBLE servo controller 22 constitute a signal processing means.

【0035】次に、光ディスク装置1の作用について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the optical disk apparatus 1. 光ディスイク装置1は、所定のトラックにおいて、フォーカス制御、トラッキング制御、スレッド制御および回転数制御(回転速度制御)を行いつつ、光ディスク2への情報(データ)の記録(書き込み)および再生(読み出し)を行う。 Light Disuiku apparatus 1, in the focus control, tracking control, while performing sled control and rotation number control (rotation speed control), the recording of information onto the optical disc 2 (data) (writing) and reproducing (reading) I do. 以下、記録、再生、フォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御、 Hereinafter, the recording, reproducing, focus control, tracking control and sled control,
回転数制御(回転速度制御)時の作用を説明する。 The action when rotation control (rotation speed control) will be described.

【0036】まず、前提として、図2に示すように、制御手段13からは、所定のCOMMAND信号がCDサーボコントローラ21に入力される。 Firstly, as a premise, as shown in FIG. 2, from the control unit 13, a predetermined COMMAND signal is inputted into the CD servo controller 21. また、制御手段1 In addition, the control means 1
3からは、所定のCOMMAND信号がWOBBLEサーボコントローラ22に入力される。 3 a predetermined COMMAND signal is inputted into the WOBBLE servo controller 22.

【0037】このCOMMAND信号は、制御手段13 [0037] The COMMAND signal, the control means 13
からCDサーボコントローラ21やWOBBLEサーボコントローラ22への所定の命令(例えば、制御の開始等)を示す信号である。 From a predetermined instruction to the CD servo controller 21 and the WOBBLE servo controller 22 (e.g., the start of the control) is a signal indicating.

【0038】そして、CDサーボコントローラ21からは、所定のSTATUS信号が制御手段13に入力される。 [0038] Then, the CD servo controller 21, a predetermined STATUS signal is inputted into the control means 13. また、WOBBLEサーボコントローラ22からは、所定のSTATUS信号が制御手段13に入力される。 Further, from the WOBBLE servo controller 22, a predetermined STATUS signal is inputted into the control means 13.

【0039】このSTATUS信号は、前記命令に対する応答、すなわち、前記制御に対する情報(例えば、制御成功、制御失敗、制御実行中等の各ステータス)を示す信号である。 [0039] The STATUS signal is responsive to said instruction, namely, information for the control (eg, control success, control failure, the status of the control executed like) is a signal indicating.

【0040】[記録] 光ディスク2にデータ(信号)を記録する(書き込む) [0040] [Recording to record data (signal) in the optical disc 2 (writing)
際は、光ディスク2に形成されているプリグルーブが再生され(読み出され)、この後、このプリグルーブに沿って、データが記録される。 During the pre-groove formed on the optical disc 2 is reproduced (read out), after which along this pre-groove, the data is recorded.

【0041】光ディスク装置1に、インターフェース制御部31を介して、光ディスク2に記録するデータ(信号)が入力されると、そのデータは、EFM/CDRO [0041] in the optical disc drive 1 via the interface control unit 31, the data (signal) is input to be recorded on the optical disc 2, the data, EFM / CDRO
Mエンコーダ制御部24に入力される。 Is input to the M encoder control unit 24.

【0042】このEFM/CDROMエンコーダ制御部24では、前記データが、クロック34からのクロック信号に基づいて(クロック信号のタイミングで)エンコードされ、EFM(Eight to Fourteen Modulation)と呼ばれる変調方式で変調(EFM変調)されて、ENC [0042] In the EFM / CDROM encoder control section 24, the data is based on the clock signal from the clock 34 are encoded (timing of the clock signal), modulated by the modulation method known as EFM (Eight to Fourteen Modulation) ( is EFM modulation), ENC
ORDE EFM信号とされる。 It is ORDE EFM signal.

【0043】図3に示すように、このENCORDE [0043] As shown in FIG. 3, this ENCORDE
EFM信号は、3T〜11Tの長さ(周期)のパルスで構成される信号である。 EFM signal is a signal formed by pulses of length of 3T to 11T (period).

【0044】また、図4および図5に示すように、EF In addition, as shown in FIGS. 4 and 5, EF
M/CDROMエンコーダ制御部24では、クロック3 In M / CDROM encoder control section 24, a clock 3
4からのクロック信号を分周して、所定周期のパルスで構成されるSUBCODE−SYNC信号(サブコードシンク信号)が生成される。 The clock signal from the 4 by dividing, SUBCODE-SYNC signal composed of pulses of a predetermined period (subcode sync signal) is generated. このSUBCODE−SY This SUBCODE-SY
NC信号のパルスの周期(隣接するパルス間の間隔) Pulse period of the NC signal (interval between adjacent pulses)
は、1倍速の場合、1/75秒である。 In the case of single-speed, which is 1 / 75th of a second.

【0045】前記エンコードの際は、同期信号、すなわち、SYNCパターン(シンクパターン)が、このSU [0045] During the encoding, synchronization signals, i.e., the SYNC pattern, the SU
BCODE−SYNC信号に基づいて(SUBCODE Based on the BCODE-SYNC signal (SUBCODE
−SYNC信号のタイミングで)、前記ENCORDE -SYNC at the timing of the signal), the ENCORDE
EFM信号に付加される。 It is added to the EFM signal. すなわち、各サブコードフレームの先頭部に対応する部分に、それぞれ、SYNC That is, the portion corresponding to the head portion of each subcode frame, respectively, SYNC
パターンが付加される。 Pattern is added.

【0046】このENCORDE EFM信号は、EF [0046] The ENCORDE EFM signal, EF
M/CDROMエンコーダ制御部24からレーザ制御部14に入力される。 Is input from the M / CDROM encoder control unit 24 to the laser control unit 14.

【0047】また、アナログ信号であるWRITE P [0047] In addition, WRITE P is an analog signal
OWER信号(電圧)が、制御手段13に内蔵される図示しないD/A変換器から出力され、レーザ制御部14 OWER signal (voltage) is outputted from the D / A converter (not shown) in the control means 13, the laser control unit 14
に入力される。 It is input to.

【0048】レーザ制御部14は、ENCORDE E The laser control unit 14, ENCORDE E
FM信号に基づいて、制御手段13からのWRITE Based on the FM signal, WRITE from the control unit 13
POWER信号のレベルをハイレベル(H)と、ローレベル(L)とに切り替えて出力し、これにより光学ヘッド3のレーザダイオードの駆動を制御する。 Level a high level POWER signal (H), and outputs switch to a low level (L), thereby controlling the operations of the laser diode of the optical head 3.

【0049】具体的には、レーザ制御部14は、ENC [0049] Specifically, the laser control unit 14, ENC
ORDE EFM信号のレベルがハイレベル(H)の期間、WRITE POWER信号のレベルをハイレベル(H)にして出力する。 ORDE level period of the EFM signal is high level (H), and outputs the the level of the WRITE POWER signal supplied to the high level (H). すなわち、レーザの出力を上げる(書き込み出力にする)。 That is, it increases the output of the laser (to write output). そして、ENCORDE Then, ENCORDE
EFM信号のレベルがローレベル(L)の期間、WRI Level period of the EFM signal is low level (L), WRI
TE POWER信号のレベルをローレベル(L)にして出力する。 And the level of the TE POWER signal low level (L) output. すなわち、レーザの出力を下げる(読み出し出力に戻す)。 Namely, the laser output is decreased (returned to a level for reading out data).

【0050】これにより、光ディスク2には、ENCO [0050] As a result, the optical disc 2, ENCO
RDE EFM信号のレベルがハイレベル(H)のとき、所定長のピットが書き込まれ、ENCORDE E When the level of the RDE EFM signal is a high level (H), a pit having a predetermined length is written, ENCODE E
FM信号のレベルがローレベル(L)のとき、所定長のランドが書き込まれる。 When the level of the FM signal is low level (L), a predetermined length of the land is written.

【0051】このようにして、光ディスク2の所定のトラックに、データが書き込まれる(記録される)。 [0051] In this way, a predetermined track of the optical disc 2, data is written (recorded).

【0052】EFM/CDROMエンコーダ制御部24 [0052] EFM / CDROM encoder control section 24
では、前述したENCODE EFM信号の他に、所定のENCODE EFM信号(ランダムEFM信号)が生成される。 So in addition to the ENCODE EFM signal described above, a predetermined ENCODE EFM signal (random EFM signal) is generated. このランダムEFM信号は、レーザの出力を決定するOPC(OptimumPower Control )において、テストエリアへの試し書きの際のレーザの出力調整(パワーコントロール)に用いられる。 This random EFM signal, the OPC (OptimumPower Control) for determining an output of the laser used in the laser output adjustment of the time of trial writing in a test area (Power Control).

【0053】OPCについて、図16および図17に基づき説明する。 [0053] For OPC, it will be described with reference to FIGS. 16 and 17. CD−Rによる光ディスク2では、プログラムエリアの内周側に、ATIP特殊情報を有するリードインエリア、PMA(Program Memory Area )、P In the optical disc 2 by the CD-R, the inner peripheral side of the program area, ATIP lead-in area with special information, PMA (Program Memory Area), P
CA(Power Calibration Area)が順次設定されている(図16参照)。 CA (Power Calibration Area) are sequentially set (see Figure 16). PMAは、トラックの開始、終了時間等が書き込まれるエリアである。 PMA is an area in which the start of a track, such as the end time is written.

【0054】また、PCAは、さらに試し書きを行うテストエリアと、そのカウント数を記録するカウントエリアとに別れている(図17参照)。 [0054] Also, PCA is parted and test area for further trial writing, in the count area for recording the count number (see Figure 17). テストエリアは、1 The test area, 1
5ATIPフレーム×100のスペースがあり、それに対応して、カウントエリアは、1ATIPフレーム×1 There is a space of 5ATIP frame × 100, and correspondingly, the count area, one ATIP frame × 1
00のスペースがある。 00 there is a space.

【0055】テストエリアへの試し書きの際には、前記ランダムEFM信号が、EFM/CDROMエンコーダ制御部24からレーザ制御部14に入力される。 [0055] When trial writing in a test area, the random EFM signal is inputted from the EFM / CDROM encoder control unit 24 to the laser control unit 14. また、 Also,
制御手段13では、15段階のレベルのWRITE P The control unit 13, the 15-step level WRITE P
OWER信号が生成され、そのWRITE POWER OWER signal is generated, the WRITE POWER
信号が、制御手段13に内蔵される図示しないD/A変換器から出力され、レーザ制御部14に入力される。 Signal is output from the D / A converter (not shown) in the control means 13, it is inputted into the laser control section 14.

【0056】そして、レーザ制御部14は、前記ランダムEFM信号に基づいて、制御手段13からのWRIT [0056] The laser control unit 14, based on the random EFM signal, WRIT from the control unit 13
E POWER信号のレベルをハイレベル(H)と、ローレベル(L)とに切り替えて出力し、これにより光学ヘッド3のレーザダイオードの駆動を制御する。 E level a high level POWER signal (H), and outputs switch to a low level (L), thereby controlling the operations of the laser diode of the optical head 3. これを15段階のレベルのWRITE POWER信号のそれぞれで行う。 This is done for each of the 15-step level WRITE POWER signals.

【0057】このようにして、15段階の出力のレーザ光でテストエリアへの試し書きが行われる。 [0057] In this way, the trial writing in a test area can be carried out with laser light output of 15 stage. この試し書きは、100回行うことができる。 This test writing can be carried out 100 times. 試し書きを1回行う毎に、カウントエリアにそのことを示すフラグを立てる(1ATIPフレーム分、記録する)。 Test writing for each performed once, a flag indicating that fact to the count area (one ATIP frame is recorded).

【0058】ランダムEFM信号における3Tの信号と11Tの信号の波形の中心同士のずれ量をβとしたとき、この15段階のWRITE POWER信号に対応した15種のβのうち、4%に最も近いもののレーザ出力を適正なレーザ出力として定める。 [0058] When the shift amount of the centers of the waveforms of the random EFM signal 3T signals and 11T signals in was beta, among the 15 stages of the WRITE POWER signal 15 or corresponding to the beta, closest to 4% determine the laser output of goods as an appropriate laser output.

【0059】なお、図16、図17に示すように、リードインエリア開始時間T3、プログラムエリア開始時間(リードインエリア終了時間)T4およびリードアウトエリア最終可能開始時間T5は、それぞれ、ATIP情報にエンコードされている。 [0059] Incidentally, as shown in FIG. 16, FIG. 17, the lead-in area start time T3, the program area start time (lead-in area end time) T4 and the lead-out area last possible start time T5, respectively, the ATIP information It is encoded. そして、PMA開始時間T Then, PMA start time T
2およびPCA開始時間T1は、前記T3を基準にディスク内周側へ所定時間移動した位置として把握される。 2 and PCA start time T1 is grasped as a position moved a predetermined time to the disk inner circumference side the T3 to reference.
また、テストエリアとカウントエリアの境界も同様である。 The same applies to the boundary of the test area and a count area. このように、OPCにおいては、ATIP情報等に基づいて、テストエリアおよびカウントエリアにおける書き込み位置を特定することができる。 Thus, in OPC it can be based on the ATIP information, etc., to identify the writing position in the test area and count area.

【0060】また、光ディスク2にデータを書き込む際は、読み出し出力のレーザ光が、光学ヘッド3のレーザダイオードから光ディスク2のプリグルーブに照射され、その反射光が、光学ヘッド3の分割ホトダイオードで受光される。 [0060] Further, when writing data to the optical disc 2, laser light at a read-out output is emitted from the laser diode of the optical head 3 to the pre-groove of the optical disc 2, the reflected light, received by the split photodiode of the optical head 3 It is.

【0061】この分割ホトダイオードからは、図6に示すWOBBLE信号が出力される。 [0061] From this division photodiode, WOBBLE signal shown in FIG. 6 is outputted. 前述したように、このWOBBLE信号には、1倍速で22.05kHz の周波数の信号と、ATIP情報をバイフェーズ変調し、さらに、22.05kHz のキャリア周波数でFM変調した信号とが含まれる。 As mentioned above, this WOBBLE signal has a frequency of a signal of 22.05kHz at 1 × speed, biphase modulating ATIP information and further includes a signal FM modulated at a carrier frequency of 22.05kHz.

【0062】このWOBBLE信号は、WOBBLE信号検出回路19に入力され、WOBBLE信号検出回路19で2値化される。 [0062] This WOBBLE signal is inputted into the WOBBLE signal detection circuit 19 is binarized by WOBBLE signal detection circuit 19.

【0063】2値化されたWOBBLE信号は、WOB [0063] 2 digitized WOBBLE signal is, WOB
BLEサーボコントローラ22に入力される。 Is input to the BLE servo controller 22.

【0064】WOBBLEサーボコントローラ22では、WOBBLE信号のうちのFM変調されているAT [0064] In the WOBBLE servo controller 22 is FM-modulated among the WOBBLE signal AT
IP情報を復調し、図7に示すBIDATA信号(バイフェーズデータ信号)を得る。 Demodulates the IP information, obtain the BIDATA signal (biphase signal) shown in FIG. このBIDATA信号は、1T〜3Tの信号(パルス信号)である。 This BIDATA signal is a 1T~3T signal (pulse signal). なお、このBIDATA信号をバイフェーズ復調し、その後、デコードすることにより、ATIP情報が得られる。 Incidentally, the BIDATA signal biphase demodulated then by decoding, ATIP information is obtained.

【0065】また、WOBBLEサーボコントローラ2 [0065] In addition, WOBBLE servo controller 2
2に内蔵される図示しないデジタルPLL回路では、前記BIDATA信号に基づいてクロック生成を行って、 The digital PLL circuit (not shown) incorporated in the 2, a clock is generated based on the BIDATA signal,
図7に示すBICLOCK信号を得る。 Obtain BICLOCK signal shown in FIG. このBICLO This BICLO
CK信号は、後述するBIDATA信号のデコードのタイミングに使用される。 CK signal is used in timing of the decoding of the BIDATA signal (described later).

【0066】前記BIDATA信号およびBICLOC [0066] The BIDATA signal and BICLOC
K信号は、それぞれ、シンク信号生成・ATIPデコーダ27に入力される。 K signal are respectively inputted into the SYNC signal generating · ATIP decoder 27.

【0067】シンク信号生成・ATIPデコーダ27では、BICLOCK信号に基づいて、BIDATA信号をバイフェーズ復調し、その後、デコードしてATIP [0067] In the SYNC signal generating · ATIP decoder 27, based on BICLOCK signal, biphase demodulating the BIDATA signal, then decoding ATIP
情報を得るとともに、図7に示すATIP−SYNC信号(ATIPシンク信号)を生成する。 Together with obtaining information, to generate the ATIP-SYNC signal shown in FIG. 7 (ATIP sync signal).

【0068】この場合、図7に示すように、BIDAT [0068] In this case, as shown in Figure 7, BIDAT
A信号に含まれるSYNCパターンが検出されたときに、ATIP−SYNC信号のパルスが生成される。 When the SYNC pattern included in the A signal is detected, the ATIP-SYNC signal pulse is generated. このATIP−SYNC信号のパルスの周期(隣接するパルス間の間隔)は、1倍速の場合、1/75秒である。 Pulse period of this ATIP-SYNC signal (ie, the time interval between adjacent pulses) in the case of 1 × speed is 1/75 sec.

【0069】このATIP−SYNC信号は、制御手段13およびWOBBLEサーボコントローラ22のそれぞれに入力される。 [0069] The ATIP-SYNC signal is inputted into the control means 13 and the WOBBLE servo controller 22.

【0070】また、前記デコードされたATIP情報は、制御手段13に入力される。 [0070] Further, ATIP information the decoding is inputted to the control unit 13. 制御手段13は、このATIP情報により、光ディスク2上の絶対時間を把握する。 Control means 13, by the ATIP information, to know the absolute time on the optical disc 2.

【0071】前述したEFM/CDROMエンコーダ制御部24からのSUBCODE−SYNC信号は、シンク信号生成・ATIPデコーダ27に入力され、このシンク信号生成・ATIPデコーダ27から制御手段13 [0071] SUBCODE-SYNC signal from the EFM / CDROM encoder control section 24 described above, the sync signal is input to the generation · ATIP decoder 27, the control unit 13 from the SYNC signal generating · ATIP decoder 27
およびWOBBLEサーボコントローラ22のそれぞれに入力される。 And is input to each of the WOBBLE servo controller 22.

【0072】図8は、ATIPフレームのフォーマットを示す図である。 [0072] Figure 8 is a diagram showing a format of the ATIP frame. 同図に示すように、ATIPフレームのデータは、4ビットの同期信号、すなわちシンク(S As shown in the figure, data of the ATIP frame, 4 bits for synchronizing signal (S
ync)と、8ビットの分(Min)と、8ビットの秒(Sec)と、8ビットのフレームと、14ビットの誤り検出符号(CRC:Cyclic Redundancy Code)とで構成されている。 And YNC), and the 8-bit minute (Min), and 8 bits of seconds (Sec), and the 8-bit frame, 14-bit error detection code (CRC: is composed de Cyclic Redundancy Code) and.

【0073】WOBBLEサーボコントローラ22では、各ATIPフレームに対し、ATIP情報の誤り(エラー)検出がなされる(ATIP情報が誤っているか否かを判別する)。 [0073] In the WOBBLE servo controller 22, for each ATIP frame (determines whether incorrectly ATIP information) error of the ATIP information (error) detection is performed.

【0074】このATIP情報の誤り検出では、ATI [0074] In the error detection of the ATIP information, ATI
PフレームのSync、分(Min)、秒(Sec)およびフレームのデータに対して所定の演算を行った結果と、誤り検出符号(CRC)とが一致する場合を「正常」、一致しない場合を「ATIPエラー」と言う。 Sync P frame, minutes (Min), and the result of performing a predetermined operation with respect to seconds (Sec) and the frame of data, a case where "normal", does not match the case where the error detection code and (CRC) matches It referred to as a "ATIP error".

【0075】この場合、図4に示すように、WOBBL [0075] In this case, as shown in FIG. 4, WOBBL
Eサーボコントローラ22では、ATIP情報の誤り、 In E servo controller 22, the error of the ATIP information,
すなわちATIPエラーが検出されると、パルス51が生成され、出力される。 I.e. ATIP error is detected, a pulse 51 is generated and outputted.

【0076】このパルス51で構成されるATIP E [0076] ATIP E consists of the pulse 51
RROR信号は、制御手段13のカウンター(計数手段)131に入力される。 RROR signal is inputted into a counter (counting means) 131 of the control unit 13. そして、このカウンター13 Then, the counter 13
1により、ATIP ERROR信号のパルス数が、A By one, the number of pulses of ATIP ERROR signal, A
TIPエラーとして計数(計測)される。 TIP counted as an error is (measured).

【0077】このATIP情報の誤り検出は、ATIP [0077] error detection of the ATIP information, ATIP
フレーム毎に行われるので、ATIPエラーは、75A Because is done on a frame-by-frame basis, ATIP error, 75A
TIPフレーム(1倍速で1秒間)に、最大75個存在する。 TIP Frame (1 sec 1 × speed), there 75 maximum.

【0078】なお、WOBBLEサーボコントローラ2 [0078] It should be noted, WOBBLE servo controller 2
2により、ATIPエラーを検出する検出手段が構成される。 The 2, constitute detection means for detecting such ATIP errors.

【0079】前記ATIPエラーの計数値は、メモリー26に記憶されるとともに、インターフェース制御部3 [0079] counted value of the ATIP error is stored in the memory 26, interface control section 3
1を介して、コンピュータ41に送信され、光ディスク装置1の検査(光ディスク装置1の記録能力の判定)に利用される。 Through 1, it is transmitted to the computer 41 is utilized in examining the optical disc drive 1 (to judge the recording performance of the optical disc apparatus 1).

【0080】前記制御手段13に入力されたATIP− [0080] inputted into the control means 13 ATIP-
SYNC信号は、ATIP時間情報の更新のタイミングに利用される。 SYNC signal is utilized to the timing of renewal of ATIP time information.

【0081】また、WOBBLEサーボコントローラ2 [0081] In addition, WOBBLE servo controller 2
2に入力されたATIP−SYNC信号は、SUBCO ATIP-SYNC signal inputted into the 2, SUBCO
DE−SYNC信号との同期合わせに用いられる。 Used for synchronization with the DE-SYNC signal.

【0082】制御手段13に入力されたSUBCODE [0082] The input to the control means 13 SUBCODE
−SYNC信号は、ATIP時間情報の補間や、前述したATIPエラーの計測に用いられる。 -SYNC signal, interpolation or the ATIP time information, the measurement of the ATIP error described above.

【0083】また、WOBBLEサーボコントローラ2 [0083] In addition, WOBBLE servo controller 2
2に入力されたSUBCODE−SYNC信号は、前記ATIP−SYNC信号と同様、同期合わせの基準信号として用いられる。 SUBCODE-SYNC signal inputted into the 2, the same manner as the ATIP-SYNC signal, used as a reference signal for synchronization.

【0084】なお、同期合わせは、書き込み時に生成するEFMデータ内にあるSUBCODE−SYNC信号の位置と、光ディスク2上のATIP−SYNC信号の発生する位置とを実質的に一致させるために行う。 [0084] Incidentally, the synchronization adjustment is performed and the position of the SUBCODE-SYNC signal in the EFM data generated when writing, the position of occurrence of ATIP-SYNC signal on the optical disc 2 in order to substantially match.

【0085】図9に示すように、SUBCODE−SY [0085] As shown in FIG. 9, SUBCODE-SY
NC信号と、ATIP−SYNC信号のずれは、通常、 And NC signal, the deviation of the ATIP-SYNC signal are normally
光ディスク2全体において、各部位でそれぞれ、±2E In the entire optical disc 2, respectively at each site, ± 2E
FMフレームまで許されている。 It is allowed to FM frame.

【0086】[再生] 光ディスク2からデータ(信号)を再生する(読み出す)際は、レーザ制御部14からのWRITE POW [0086] [play] reproduces the data (signal) from the optical disc 2 (reading) time is, WRITE POW from the laser control unit 14
ER信号のレベルは、読み出し出力に対応する一定のD Level of the ER signal, constant D corresponding to the read output
Cレベルに保持され、これにより、レーザの出力が、読み出し出力に保持される。 Held in C level, thereby, the laser output is maintained in the readout output. 読み出し出力(メインビームの出力)は、通常、0.7mW以下とされる。 Read-out output (the output of the main beam) is usually less 0.7 mW.

【0087】光ディスク2からデータを読み出す際は、 [0087] When reading the data from the optical disc 2,
読み出し出力のレーザ光が、光学ヘッド3のレーザダイオードから光ディスク2の所定のトラックに照射され、 Laser light of the read output is emitted from the laser diode of the optical pick-up 3 onto a predetermined track of the optical disc 2,
その反射光が、光学ヘッド3の分割ホトダイオードで受光される。 The reflected light is received by the split photodiode of the optical head 3.

【0088】この分割ホトダイオードの各受光部からは、それぞれ、受光光量に応じた電流(電圧)が出力され、これらの電流、すなわち、各信号(検出信号)は、 [0088] From the light receiving sections of the divided photodiode, respectively, a current corresponding to the amount of received light (voltage) is outputted, and these currents, namely, each signal (detected signal),
それぞれ、HF信号生成回路15およびエラー信号生成回路18に入力される。 Respectively inputted into the HF signal generating circuit 15 and the error signal generating circuit 18.

【0089】HF信号生成回路15では、これらの検出信号の加算や減算等を行うことにより、HF(RF)信号が生成される。 [0089] In the HF signal generating circuit 15, by performing addition and subtraction and the like of these detection signals, HF (RF) signal is generated.

【0090】このHF信号は、光ディスク2に書き込まれたピットとランドに対応するアナログ信号である。 [0090] This HF signal is an analog signal corresponding to pits and lands formed in the optical disc 2.

【0091】このHF信号は、HF信号ゲイン切り替え回路16に入力され、増幅される。 [0091] The HF signal is inputted into the HF signal gain switching circuit 16, it is amplified. このHF信号ゲイン切り替え回路16の増幅率(ゲイン)は、制御手段13 Amplification factor of the HF signal gain switching circuit 16, the control unit 13
からのゲイン切り替え信号により切り替えられる。 It is switched by a gain switching signal from.

【0092】この増幅後のHF信号(以下、単に「HF [0092] HF signal after this amplification (hereinafter, simply "HF
信号」と言う)は、ピーク・ボトム検出回路17およびCDサーボコントローラ21のそれぞれに入力される。 Referred to signal ") is respectively inputted into the peak bottom detection circuit 17 and the CD servo controller 21.

【0093】また、ピーク・ボトム検出回路17には、 [0093] In addition, the peak bottom detection circuit 17,
のフォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御において説明するトラッキングエラー(TE)信号が入力される。 Focus control, a tracking error (TE) signal described in the tracking control and sled control are input.

【0094】図10に示すように、ピーク・ボトム検出回路17では、入力信号、例えば、HF信号やトラッキングエラー信号等の振幅(エンベローブ)が抽出される。 [0094] As shown in FIG. 10, the peak-bottom detection circuit 17, the input signal, for example, HF signal and the tracking error signal and the like of the amplitude (envelope) is extracted.

【0095】この振幅の上側をPEEK(TOP)、振幅の下側をBOTTOMと言い、振幅の上側に対応する信号をPEEK(TOP)信号、振幅の下側に対応する信号をBOTTOM信号と言う。 [0095] The upper side of the amplitude PEEK (TOP), referred to as BOTTOM the lower side of the amplitude, say signal a PEEK (TOP) signal corresponding to the upper side of the amplitude, the signal corresponding to the lower side of the amplitude and the BOTTOM signal.

【0096】PEEK信号およびBOTTOM信号は、 [0096] PEEK signal and the BOTTOM signal,
それぞれ、制御手段13に内蔵されている図示しないA Respectively (not shown) built in the control unit 13 A
/D変換器に入力され、このA/D変換器でデジタル信号に変換される。 Is input to the / D converter, is converted into a digital signal by the A / D converter.

【0097】これらPEEK信号およびBOTTOM信号は、例えば、振幅測定、トラッキングエラー信号の振幅調整、前記OPCにおけるテストエリア上のランダムEFM信号の有無の検出やβ(β値)の計算、HF信号の有無の判断等に利用される。 [0097] These PEEK signal and the BOTTOM signal are, for example, whether the amplitude measurement, amplitude adjustment of the tracking error signal, the calculation of the detection and beta (beta value) of the presence or absence of the random EFM signal on the test area in the OPC, HF signal It is used for the judgment and the like.

【0098】CDサーボコントローラ21では、HF信号が2値化され、EFM復調され、EFM信号が得られる。 [0098] In the CD servo controller 21, HF signal is digitized and EFM demodulated, EFM signal is obtained. このEFM信号は、3T〜11Tの長さ(周期)のパルスで構成される信号である。 This EFM signal is a signal formed by pulses of length of 3T to 11T (period).

【0099】そして、CDサーボコントローラ21では、このEFM信号に対して、CIRC(Cross Interl [0099] Then, in the CD servo controller 21, with respect to the EFM signal, CIRC (Cross Interl
eaved Read Solomon Code )と呼ばれる誤り訂正符号を用いたエラー訂正(CIRCエラー訂正)が2回行われる。 eaved Read Solomon Code) error correction using an error correction code called (CIRC error correction) is performed twice.

【0100】この場合、1回目のCIRC訂正をC1エラー訂正、2回目のCIRC訂正をC2エラー訂正と言う。 [0100] say in this case, the first C1 error correction CIRC correction, the second of the CIRC correction and C2 error correction.

【0101】そして、1回目のCIRC訂正、すなわちC1エラー訂正において訂正できない場合を「C1エラー」と言い、2回目のCIRC訂正、すなわちC2エラー訂正において訂正できない場合を「C2エラー」と言う。 [0101] Then, by the first CIRC correction, the case ie can not be corrected in the C1 error correction is referred to as a "C1 error", CIRC correction a second time, that is, the case that can not be corrected in the C2 error correction is referred to as a "C2 error".

【0102】図11に示すように、CDサーボコントローラ21では、このC1エラー訂正の際、C1エラーが検出されると、パルス52が生成され、出力される。 [0102] As shown in FIG. 11, in the CD servo controller 21, during the C1 error correction, when the C1 error is detected, a pulse 52 is generated and outputted.

【0103】このパルス52で構成されるC1ERRO [0103] C1ERRO consists of this pulse 52
R信号は、制御手段13のカウンター131に入力される。 R signal is input to the counter 131 of the control unit 13. そして、このカウンターにより、C1ERROR信号のパルス数が、C1エラーとして計数(計測)される。 By this counter, the number of pulses of C1ERROR signal is counted (measured) as a C1 error.

【0104】1サブコードフレームは、98EFMフレームで構成されるので、C1エラーと、C2エラーは、 [0104] 1 subcode frame are configured at 98EFM frame, and C1 errors, C2 error,
それぞれ、75サブコードフレーム(1倍速で1秒間) Each 75 subcode frame (1 sec 1 × speed)
に、最大7350個存在する。 To, up to 7350 pieces exist.

【0105】なお、CDサーボコントローラ21により、C1エラーを検出する検出手段が構成される。 [0105] Incidentally, the CD servo controller 21 constitutes a detection means for detecting the C1 error.

【0106】前記C1エラーの計数値は、メモリー26 [0106] count value of the C1 errors, memory 26
に記憶されるとともに、インターフェース制御部31を介して、コンピュータ41に送信され、光ディスク装置1の検査(光ディスク装置1の再生能力または記録・再生能力の判定)に利用される。 Together they are stored in, through the interface control unit 31, is transmitted to the computer 41 is utilized in examining the optical disc drive 1 (to judge the playback performance or the recording and reproducing performance of the optical disc drive 1).

【0107】CDサーボコントローラ21では、CIR [0107] In the CD servo controller 21, CIR
Cエラー訂正後のEFM信号が、所定形式のデータ、すなわち、DATA信号にデコード(変換)される。 EFM signal after C error correction a predetermined format data, namely, is decoded (converted) into a DATA signal.

【0108】以下、代表的に、光ディスク2にオーディオデータ(音楽データ)が記録されており、そのEFM [0108] Hereinafter, typically, audio data on the optical disc 2 (music data) is recorded, the EFM
信号をオーディオ形式のDATA信号にデコードする場合を説明する。 We describe a case of decoding the signals into an audio format DATA signal.

【0109】図12は、オーディオ形式のDATA信号、LRCLOCK信号およびBITCLOCK信号を示すタイミングチャートである。 [0109] Figure 12 is a timing chart showing the DATA signal, LRCLOCK signal and BITCLOCK signal audio format.

【0110】同図に示すように、CDサーボコントローラ21では、EFM信号が、クロック33からのクロック信号に基づいて、16ビットのLチャンネルデータと、16ビットのRチャンネルデータとで構成されるD [0110] As shown in the drawing, in the CD servo controller 21, EFM signals based on the clock signal from the clock 33, D consists of a 16-bit L-channel data, and 16-bit R-channel data
ATA信号にデコードされる。 It is decoded to ATA signal.

【0111】また、CDサーボコントローラ21では、 [0111] Also, in the CD servo controller 21,
クロック33からのクロック信号に基づいて、BITC Based on the clock signal from the clock 33, BITC
LOCK信号およびLRCLOCK信号が、それぞれ生成される。 LOCK signal and the LRCLOCK signal are respectively generated.

【0112】このBITCLOCK信号は、シリアルデータ転送クロックである。 [0112] This BITCLOCK signal is a serial data transfer clock. また、LRCLOCK信号は、DATA信号中のLチャンネルデータとRチャンネルデータとを区別するための信号である。 Further, LRCLOCK signal is a signal for discriminating the L-channel data and the R-channel data in the DATA signal. この場合、L In this case, L
RCLOCK信号のレベルがハイレベル(H)のときが、Lチャンネルデータを示し、ローレベル(L)のときが、Rチャンネルデータを示す。 When the level of the RCLOCK signal is high level (H) is shown the L-channel data, when the low level of the (L) indicates the R-channel data.

【0113】なお、光ディスク2に通常データが記録されている場合も、そのEFM信号は、前述した16ビットのLチャンネルデータと、16ビットのRチャンネルデータとで構成されるDATA信号にデコードされる。 [0113] Incidentally, even if the optical disc 2 is normal data is recorded, the EFM signal is decoded into a DATA signal comprised a 16-bit L-channel data described above, the 16-bit R-channel data .

【0114】これらDATA信号、LRCLOCK信号およびBITCLOCK信号は、それぞれ、CDROM [0114] These DATA signal, LRCLOCK signal and BITCLOCK signal are respectively, CDROM
デコーダ制御部28に入力される。 Is input to the decoder control unit 28.

【0115】CDROMデコーダ制御部28では、光ディスク2に、補正情報、例えば、ECC(Error Correc [0115] In CDROM decoder control section 28, the optical disc 2, the correction information, e.g., ECC (Error Correc
tion Code )/EDC(Error Detecting Code)のエラー訂正符号が記録されている場合には、DATA信号に対して、そのエラー訂正が行われる。 If an error correction code tion Code) / EDC (Error Detecting Code) is recorded, to the DATA signal, the error correction is performed.

【0116】このECC/EDCは、CD−ROM M [0116] The ECC / EDC is, CD-ROM M
ODE1フォーマットにおけるエラー訂正符号である。 An error correction code in ODE1 format.
このエラー訂正により、ビットの誤り率を10 -12程度まで減少させることができる。 This error correction, the error rate of bits can be reduced to about 10 -12.

【0117】そして、CDROMデコーダ制御部28では、DATA信号が、クロック35からのクロック信号に基づいて、通信(送信)用の所定形式のデータにデコードされ、このデコードされたデータ(デコードデータ)は、インターフェース制御部31を介して、コンピュータ41に送信される。 [0117] Then, the CDROM decoder control section 28, DATA signal, based on the clock signal from the clock 35, is decoded into predetermined format data for communication (transmission), the decoded data (decoded data) , via the interface control unit 31, it is transmitted to the computer 41.

【0118】コンピュータ41側では、例えば、このデコードデータがエンコードされ、そのエンコードされたデータ(エンコードデータ)が、所定の記録媒体(例えば、光ディスク)に記録(コピー)される。 [0118] In the computer 41 side, for example, this decoded data is encoded, the encoded data (encoded data), a predetermined recording medium (e.g., optical disc) is recorded in (copied).

【0119】また、CDサーボコントローラ21では、 [0119] Also, in the CD servo controller 21,
図13に示すFRAME SYNC信号が生成される。 FRAME SYNC signal shown in FIG. 13 is generated.

【0120】このFRAME SYNC信号のレベルは、CDサーボコントローラ21にHF信号が入力され、規定の周期(3T〜11T)でEFM信号が同期しているときに、ハイレベル(H)になる。 [0120] The level of this FRAME SYNC signal is HF signal input to the CD servo controller 21, when the EFM signal is synchronized with a specified period (3T to 11T), at a high level (H). そして、HF Then, HF
信号(EFM信号)が入力されなくなると(同期が合わなくなると)、EFMフレーム単位で、FRAME S Signal when (EFM signal) is not input (the synchronization is not match), the EFM frame unit, FRAME S
YNC信号のレベルが、ハイレベル(H)からローレベル(L)に変化する。 Level YNC signal changes from the high level (H) to the low level (L).

【0121】なお、1EFMフレームの長さ(周期) [0121] In addition, the length of the 1EFM frame (period)
は、1倍速の場合、136μsec であり、98EFMフレームが1サブコードフレームである。 In the case of 1 × speed is 136Myusec, 98 EFM frames is 1 subcode frame.

【0122】このFRAME SYNC信号は、制御手段13に入力され、HF信号の終端の検出に用いられる。 [0122] This FRAME SYNC signal is inputted into the control means 13, is used for detecting the termination of the HF signal.

【0123】また、CDサーボコントローラ21からは、SUBQ DATA信号が制御手段13に入力される。 [0123] Further, from the CD servo controller 21, SUBQ DATA signal is inputted into the control means 13.

【0124】このSUBQ DATA信号は、サブコードデータのうちのQデータを示す信号である。 [0124] This SUBQ DATA signal is a signal which represents Q data in the subcode data.

【0125】サブコードには、P、Q、R、S、T、 [0125] in the sub-code, P, Q, R, S, T,
U、VおよびWの8種類がある。 U, there are eight types of V and W. 1EFMフレームには、サブコードが1バイト付いており、その1バイトには、P〜Wの各データが、それぞれ1ビット記録されている。 The 1EFM frame subcode comes with 1 byte, in its one byte, the data P~W have been 1-bit recording, respectively.

【0126】P〜Wの各データは、それぞれ1ビットであり、1サブコードフレームは、98EFMフレームであるので、1サブコードフレーム中のP〜Wの各データは、それぞれ、98ビットである。 [0126] Each data P~W are each 1 bit, one subcode frame is because it is 98EFM frame, each data P~W in one subcode frame are each 98 bits. 但し、先頭の2EF However, the head of the 2EF
Mフレームは、SYNCパターン(同期信号)に使用されるので、実際のデータは、96ビットである。 M frames, because they are used for the SYNC pattern (synchronization signal), the actual data is 96 bits.

【0127】図14は、Qデータ96ビットのフォーマットを示す図である。 [0127] Figure 14 is a diagram showing a format of the 96 bits of Q data. 同図に示すQ1〜Q4のコントロール(4ビット)は、通常データ/オーディオデータの識別に用いられる。 Control Q1~Q4 shown in FIG. (4 bits) are used to discriminate normal data / audio data.

【0128】また、Q5〜Q8のアドレス(4ビット) [0128] In addition, Q5~Q8 of address (4 bits)
は、Q9〜Q80までのデータ(72ビット)の内容を示す。 Shows the contents of the data (72 bits) to Q9~Q80.

【0129】また、Q81〜Q96のCRC(Cyclic R [0129] In addition, Q81~Q96 of CRC (Cyclic R
edundancy Code)(16ビット)は、エラー(誤り)検出(データが間違っているか否かの判別)に用いられる。 edundancy Code) (16 bits) is used for error (error) detection (or determination whether the data is wrong).

【0130】このQデータからは、さらに、光ディスク2上の絶対時間情報、現在のトラック情報、リードイン、リードアウト、曲の番号、リードインに記録されるTOC(Table Of Contents )と呼ばれる目次の内容等を取得することができる。 [0130] From this Q data, In addition, absolute time information on the optical disc 2, the current track information, the lead-in, lead-out, number of songs, the table of contents called TOC (Table Of Contents), which is recorded in the lead-in it is possible to retrieve the contents and the like.

【0131】制御手段13では、このようなQデータから情報を取得して所定の制御を行う。 [0131] The control unit 13 performs predetermined control by obtaining such information from the Q data.

【0132】また、CDサーボコントローラ21からは、SUBCODE−SYNC信号が制御手段13に入力される。 [0132] Further, from the CD servo controller 21, SUBCODE-SYNC signal is inputted into the control means 13.

【0133】図15に示すように、98EFMフレーム中に、サブコードデータは、98バイトあるが、前述したように、先頭2EFMフレームの2バイト、すなわち、S0およびS1には、SYNCパターン(同期信号)が記録される。 [0133] As shown in FIG. 15, in 98EFM frame, subcode data, there are 98 bytes, as described above, the first two bytes of 2EFM frames, namely, S0 and S1 are SYNC pattern (synchronization signal ) it is recorded.

【0134】CDサーボコントローラ21では、このS [0134] In the CD servo controller 21, the S
YNCパターンが検出されると、パルスが生成され、出力される。 When YNC pattern is detected, a pulse is generated and outputted. すなわち、1サブコードフレーム(98EF That is, one sub code frame (98EF
Mフレーム)毎に、パルスが生成され、出力される。 The M frames) per pulse is generated and outputted. このパルスで構成される信号が、SUBCODE−SYN Signal composed of this pulse, SUBCODE-SYN
C信号である。 A C signal. 前記SYNCパターンは、1倍速の場合、1秒間に75回検出される。 The SYNC pattern, in the case of 1 × speed is detected 75 times per second.

【0135】なお、CDサーボコントローラ21では、 [0135] It should be noted that, in the CD servo controller 21,
SUBCODE−SYNC信号のパルスの検出後に、前述したQデータが更新される。 After detection of the SUBCODE-SYNC signal pulse, Q data described above is updated. そして、その更新されたQデータは、制御手段13に読み込まれる。 Then, Q data thereof updated is read into the control means 13.

【0136】[フォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御] エラー信号生成回路18では、前述した分割ホトダイオードからの検出信号の加算や減算等を行うことにより、 [0136] [focus control, tracking control and sled control] The error signal generation circuit 18, by performing addition and subtraction and the like of the detection signals from the divided photodiode as described above,
フォーカスエラー(FE)信号、トラッキングエラー(TE)信号およびスレッドエラー(SE)信号が、それぞれ生成される。 A focus error (FE) signal, a tracking error (TE) signal and a sled error (SE) signal are respectively generated.

【0137】このフォーカスエラー信号は、合焦位置からの回転軸方向における対物レンズのずれの大きさおよびその方向(合焦位置からの対物レンズのずれ量)を示す信号である。 [0137] The focus error signal indicates the deviation of the objective lens magnitude and its direction (shift amount of the objective lens from the focus position) in the rotation axis direction from the focus position.

【0138】また、トラッキングエラー信号は、トラック(プリグルーブ)の中心からの径方向における対物レンズのずれの大きさおよびその方向(トラックの中心からの対物レンズのずれ量)を示す信号である。 [0138] The tracking error signal indicates track (displacement amount of the objective lens from the center of the track) magnitude and its direction of displacement of the objective lens in the radial direction from the center of the (pre-groove).

【0139】また、スレッドエラー信号は、スレッド制御、すなわち、スレッドサーボ(光学ヘッド3の光学ヘッド本体の送りサーボ)に使用されるエラー(誤差)信号である。 [0139] Furthermore, the sled error signal is also, the thread control, i.e., an error (error) signal used sled servo (feed of the pick-up base of the optical pick 3 servo). 換言すれば、光学ヘッド3の目標位置(適正位置)からの径方向(光学ヘッド3の送り方向)における該光学ヘッド3のずれの大きさおよびその方向を示す信号である。 In other words, a signal that indicates the magnitude and direction of the radial direction of the optical head 3 in the (feed direction of the optical head 3) the deviation from the target position of the optical head 3 (proper position). 前記フォーカスエラー信号は、CDサーボコントローラ21に入力される。 The focus error signal is inputted into the CD servo controller 21.

【0140】また、トラッキングエラー信号は、CDサーボコントローラ21に入力されるとともに、前述したようにピーク・ボトム検出回路17にも入力される。 [0140] The tracking error signal is inputted into the CD servo controller 21, is also input to the peak bottom detection circuit 17, as described above. また、スレッドエラー信号は、CDサーボコントローラ2 Furthermore, the sled error signal is also, CD servo controller 2
1に入力される。 Is input to the 1.

【0141】光ディスイク装置1は、これらフォーカスエラー信号、トラッキングエラー信号およびスレッドエラー信号を用い、所定のトラックにおいて、フォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御を行う。 [0141] Light Disuiku device 1 Using these focus error signal, tracking error signal and sled error signal, in a predetermined track, carries out focus control, tracking control and sled control.

【0142】フォーカス制御の際は、CDサーボコントローラ21では、アクチュエータ4の回転軸方向の駆動を制御するフォーカスPWM(Puls Width Modulation [0142] During the focus control, in the CD servo controller 21, focus PWM (Puls Width Modulation for controlling the driving of the actuator 4 along the rotational axial direction
)信号が生成される。 ) Signal is generated. このフォーカスPWM信号は、 The focus PWM signal is
デジタル信号(連続パルス)である。 A digital signal (continuous pulse).

【0143】このフォーカスPWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター7に入力され、このPWM信号平滑フィルター7で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ6 [0143] The focus PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 7, the smoothing at this PWM signal smoothing filter 7, i.e., is converted into a control voltage (control signal), the driver 6
に入力される。 It is input to. そして、ドライバ6は、この制御電圧に基づいて、アクチュエータ4にフォーカス信号(所定電圧)を印加し、アクチュエータ4を回転軸方向(フォーカス方向)に駆動させる。 The driver 6, based on such control voltage, the focus signal (predetermined voltage) is applied to the actuator 4 to drive the actuator 4 in the rotational axis direction (focus direction).

【0144】この場合、CDサーボコントローラ21 [0144] In this case, CD servo controller 21
は、フォーカスエラー信号のレベルが0になるように(可及的に減少するように)、前記フォーカスPWM信号のパルス幅(デューティー比)の調整と、フォーカスPWM信号の符合(正負)の反転とを行う。 Is (so as to reduce as much as possible) the level of the focus error signal so that a 0, the adjustment of the focus PWM signal having a pulse width (duty ratio), reverses the code of the focus PWM signal (positive or negative) I do. これにより、光学ヘッド3の対物レンズは合焦位置に位置する。 Accordingly, the objective lens of the optical head 3 is positioned at the focus position.
すなわち、フォーカスサーボがかかる。 In other words, the focus servo is applied.

【0145】また、トラッキング制御の際は、CDサーボコントローラ21では、アクチュエータ4の径方向の駆動を制御するトラッキングPWM信号が生成される。 [0145] Further, when the tracking control, in the CD servo controller 21, the tracking PWM signal for controlling the driving of the radial actuator 4 is generated.
このトラッキングPWM信号は、デジタル信号(連続パルス)である。 This tracking PWM signal is a digital signal (continuous pulse).

【0146】このトラッキングPWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター7に入力され、このPWM信号平滑フィルター7で平滑化、 [0146] The tracking PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 7, the smoothing at this PWM signal smoothing filter 7,
すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ6に入力される。 That is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 6. そして、ドライバ6は、この制御電圧に基づいて、アクチュエータ4にトラッキング信号(所定電圧)を印加し、アクチュエータ4を径方向(トラッキング方向)に駆動させる。 The driver 6, based on such control voltage, the tracking signal (predetermined voltage) is applied to the actuator 4 to drive the actuator 4 in the radial direction (tracking direction).

【0147】この場合、CDサーボコントローラ21 [0147] In this case, CD servo controller 21
は、トラッキングエラー信号のレベルが0になるように(可及的に減少するように)、前記トラッキングPWM , Like (so is reduced as much as possible) the level of the tracking error signal becomes zero, the tracking PWM
信号ののパルス幅(デューティー比)の調整と、トラッキングPWM信号の符合(正負)の反転とを行う。 And adjustment of the signal of the pulse width (duty ratio), and reverses the code of the tracking PWM signal (positive or negative) carried. これにより、光学ヘッド3の対物レンズはトラック(プリグルーブ)の中心に位置する。 Accordingly, the objective lens of the optical head 3 is located in the center of the track (pre-groove). すなわち、トラッキングサーボがかかる。 That is, the tracking servo is applied.

【0148】また、スレッド制御の際は、CDサーボコントローラ21では、スレッドモータ5の駆動を制御するスレッドPWM信号が生成される。 [0148] Further, during the sled control, the CD servo controller 21, a sled PWM signal for controlling the driving of the sled motor 5 is generated. このスレッドPW This thread PW
M信号は、デジタル信号(連続パルス)である。 M signal is a digital signal (continuous pulse).

【0149】このスレッドPWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター7に入力され、このPWM信号平滑フィルター7で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ6に入力される。 [0149] The sled PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 7, the smoothing at this PWM signal smoothing filter 7, i.e., is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 6 that. そして、ドライバ6は、この制御電圧に基づいて、スレッドモータ5にスレッド信号(所定電圧) The driver 6, based on such control voltage, the thread signals the sled motor 5 (predetermined voltage)
を印加し、スレッドモータ5を回転駆動させる。 It was applied, the sled motor 5 to rotationally drive.

【0150】この場合、CDサーボコントローラ21 [0150] In this case, CD servo controller 21
は、スレッドエラー信号のレベルが0になるように(可及的に減少するように)、前記スレッドPWM信号のパルス幅(デューティー比)の調整と、スレッドPWM信号の符合(正負)の反転とを行う。 It is (so as to reduce as much as possible) the level of the sled error signal so that the zero adjustment of the sled PWM signal having a pulse width (duty ratio), reverses the code of the sled PWM signal (positive or negative) I do. これにより、光学ヘッド3の光学ヘッド本体は目標位置(適正位置)に位置する。 Thus, pick-up base of the optical pick up 3 is positioned at the target position (proper position). すなわち、スレッドサーボがかかる。 In other words, take a sled servo.

【0151】なお、トラッキングエラー信号は、トラッキング制御の他、例えば、光学ヘッド(PU)3を光ディスク2の所定のトラック(目的トラック)へ移動させるとき(トラックジャンプ動作)の制御等にも用いられる。 [0151] Incidentally, the tracking error signal, in addition to tracking control, for example, is also used for control of the time of moving the optical head (PU) 3 to a predetermined track of the optical disk 2 (target track) (track jump operation) .

【0152】[回転数制御(回転速度制御)] 光ディスク装置1は、例えば、1倍速、2倍速、4倍速、6倍速、8倍速、12倍速のように、スピンドルモータ8の回転数を1倍速の整数倍で多段階に変更することができる。 [0152] [rotation control (rotation speed control)] The optical disc apparatus 1, for example, 1x, 2x, 4x, 6x, 8x, as 12x, 1 × speed the rotational speed of the spindle motor 8 it can be changed in multiple steps in integer multiples. この変更は、倍速切り替えモードに設定されることにより行われる。 This change is carried out by being set to the speed switch mode.

【0153】例えば記録および再生の際には、所定倍速(原則として1倍速で説明する)に設定されている状態で、それに応じてスピンドルモータ8の回転数(回転速度)が制御される。 [0153] For example, when recording and reproducing, in a state which is set to a predetermined speed (described 1 × speed in principle), the rotational speed of the spindle motor 8 (rotating speed) is controlled accordingly.

【0154】この回転数の制御方法には、WOBBLE [0154] The control method of the rotation speed, WOBBLE
PWM(Puls Width Modulation:パルス幅変調)信号で制御する方法、すなわちWOBBLE信号を利用するスピンドルサーボ(WOBBLEサーボ)と、FG PWM: How to control (Puls Width Modulation Pulse Width Modulation) signal, namely a spindle servo (WOBBLE servo) which uses the WOBBLE signal, FG
PWM信号で制御する方法、すなわちFG信号を利用するスピンドルサーボ(FGサーボ)と、EFM PWM How to control the PWM signal, i.e. the spindle servo (FG servo) which uses an FG signal, EFM PWM
信号で制御する方法、すなわちEFM信号を利用するスピンドルサーボ(EFMサーボ)とがある。 How to control the signal, that is, the spindle servo (EFM servo) which uses the EFM signal. 以下、これらを順次説明する。 Below, in order to explain these.

【0155】WOBBLE PWM信号は、WOBBL [0155] WOBBLE PWM signal is, WOBBL
Eサーボコントローラ(マイクロプロセッサ)22で生成されるスピンドルモータ制御信号である。 E is a servo controller spindle motor control signals generated by the (microprocessor) 22. 具体的には、0−5Vレベルのデジタル信号(連続パルス)である。 Specifically, a 0-5V level of the digital signal (continuous pulse).

【0156】このWOBBLE PWM信号は、WOB [0156] This WOBBLE PWM signal is, WOB
BLEサーボコントローラ22からPWM信号平滑フィルター12に入力され、このPWM信号平滑フィルター12で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ11に入力される。 Is input from BLE servo controller 22 to the PWM signal smoothing filter 12, smoothed by the PWM signal smoothing filter 12, i.e., is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 11. そして、ドライバ1 Then, the driver 1
1は、この制御電圧に基づいてスピンドルモータ8を回転駆動させる。 1, the spindle motor 8 is rotated on the basis of the control voltage.

【0157】この場合、WOBBLEサーボコントローラ22は、WOBBLE信号の周波数(周期)が、目標値(例えば、1倍速のときは22.05kHz )になるように、前記WOBBLE PWM信号のパルス幅(デューティー比)を調整する。 [0157] In this case, WOBBLE servo controller 22, the frequency of the WOBBLE signal (period), the target value (e.g., 22.05 kHz when 1x) so that, the WOBBLE PWM signal having a pulse width (duty ratio ) to adjust. これにより、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が目標値(以下「目標回転数」と言う)となるようにスピンドルサーボがかかる。 Thus, the rotational speed of the spindle motor 8 (rotational speed) of the target value (hereinafter referred to as "target speed") and a so spindle servo is.

【0158】FG PWM信号は、制御手段13で生成されるスピンドルモータ制御信号である。 [0158] FG PWM signal is a spindle motor control signals generated by control unit 13. 具体的には、 In particular,
0−5Vレベルのデジタル信号(連続パルス)である。 A 0-5V level of the digital signal (continuous pulse).

【0159】このFG PWM信号は、制御手段13のI/Oポート134から出力され、PWM信号平滑フィルター12に入力され、このPWM信号平滑フィルター12で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ11に入力される。 [0159] The FG PWM signal is output from the I / O port 134 of the control means 13, it is inputted to the PWM signal smoothing filter 12, smoothed by the PWM signal smoothing filter 12, i.e., the control voltage (control signal) is converted, it is input to the driver 11. そして、ドライバ1 Then, the driver 1
1は、この制御電圧に基づいてスピンドルモータ8を回転駆動させる。 1, the spindle motor 8 is rotated on the basis of the control voltage.

【0160】一方、モータ回転数検出手段により、スピンドルモータ8の回転数が、FG(Frequency Generato [0160] On the other hand, the motor rotation speed detection means, the rotational speed of the spindle motor 8, FG (Frequency Generato
r )信号の周波数(周期)として検出される。 r) is detected as a signal of the frequency (period). すなわち、ホール素子9からは、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)に対応するFG信号が出力される。 That is, the Hall element 9, FG signal corresponding to the rotational speed of the spindle motor 8 (rotational speed) is outputted. このF The F
G信号は、FG信号2値化回路23で2値化されて方形波とされ、制御手段13の周波数測定部(周期測定部) G signal is binarized by the FG signal binarization circuit 23 is a square wave, the frequency measurement unit of the control unit 13 (the period measuring unit)
132に入力される。 132 is input to. 制御手段13の周波数測定部13 Frequency measuring unit 13 of the control unit 13
2では、クロック32からのクロック信号に基づいて、 In 2, based on the clock signal from the clock 32,
FG信号の周波数(周期)を測定する。 Measuring the FG signal of a frequency (cycle).

【0161】そして、制御手段13は、FG信号の周波数(周期)が、目標値になるように、前記FG PWM [0161] Then, the control unit 13, as the FG signal frequency (period) becomes the target value, the FG PWM
信号のパルス幅(デューティー比)を調整する。 Adjusting the signal of the pulse width (duty ratio). これにより、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が目標回転数となるようにスピンドルサーボがかかる。 Thus, the rotational speed of the spindle motor 8 spindle servo as (rotational speed) becomes the target rotational speed consuming.

【0162】FG信号の周波数は、スピンドルモータ8 [0162] frequency of the FG signal, the spindle motor 8
の回転数に比例する。 Proportional to the number of revolutions. 従って、例えば6倍速の場合、1 Thus, for example, in the case of 6-speed, 1
倍速に比べ、FG信号の周波数は6倍となる。 Compared to double speed, the frequency of the FG signal is 6 times.

【0163】EFM PWM信号は、CDサーボコントローラ21で生成されるスピンドルモータ制御信号である。 [0163] EFM PWM signal is a spindle motor control signal generated by the CD servo controller 21. 具体的には、0−5Vレベルのデジタル信号(連続パルス)である。 Specifically, a 0-5V level of the digital signal (continuous pulse).

【0164】このEFM PWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター12に入力され、このPWM信号平滑フィルター12で平滑化、 [0164] The EFM PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 12, smoothed by the PWM signal smoothing filter 12,
すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ11に入力される。 That is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 11. そして、ドライバ11は、この制御電圧に基づいてスピンドルモータ8を回転駆動させる。 Then, the driver 11 rotationally drives the spindle motor 8. On the basis of this control voltage.

【0165】この場合、CDサーボコントローラ21 [0165] In this case, CD servo controller 21
は、EFM信号、すなわち、3T〜11Tの周期のパルスのうちの所定のパルスの周期が、目標値になるように、前記EFM PWM信号のパルス幅(デューティー比)を調整する。 Is, EFM signals, namely, the period of a predetermined pulse of the pulse period of 3T~11T is, so that the target value, adjusting the EFM PWM signal of a pulse width (duty ratio). これにより、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が目標回転数となるようにスピンドルサーボがかかる。 Thus, the rotational speed of the spindle motor 8 spindle servo as (rotational speed) becomes the target rotational speed consuming.

【0166】以上のようなスピンドルサーボにおいて、 [0166] In the spindle servo as described above,
スピンドルモータ8の目標回転数は、光ディスク2上での線速を一定とするために、光ディスク2の内周側と外周側とで異なる(最内周は最外周の2.5倍)。 Target rotational speed of the spindle motor 8, to the linear velocity of on the optical disk 2 is constant, it differs between inner and outer peripheries of the optical disc 2 (innermost 2.5 times the outermost). 従って、目標回転数を決定するに際しては、現在何倍速に設定されているかという情報とともに、光学ヘッド3の径方向の位置に関する情報が考慮される。 Thus, in determining the target rotational speed, along with the information that it is set to the current what speed, information about the radial position of the optical head 3 is considered.

【0167】この光学ヘッド3の径方向の位置に関する情報は、光ディスク上の絶対時間より求まる。 [0167] Information about the position in the radial direction of the optical head 3 is determined from the absolute time on the optical disc. この絶対時間は、ATIPデコーダやCDサーボコントローラより出力されるATIPやSUBコードのQデータなどより得られ、制御手段13に入力され、把握される。 This absolute time is obtained from such Q data of the ATIP and SUB code outputted from the ATIP decoder or CD servo controller, is input to the control unit 13, is grasped.

【0168】さて、以上のような光ディスク装置1においては、光ディスク2のプログラムエリア等へのデータの書き込みに際し、前述したOPCを行い、照射するレーザ光の出力を設定する。 [0168] Now, in the optical disc apparatus 1 as described above, when writing data to the program area of ​​the optical disk 2 or the like, it performs the OPC described above, to set the output of the irradiated laser beam.

【0169】この場合、OPCのテストエリアへの試し書き回数(以下「カウント数」と言う)は、カウントエリアの記録(書き込みフレーム数)のみから判断するのではなく、実際にテストエリアに書き込まれているEF [0169] In this case, the trial writing the number of times the test area of ​​the OPC (hereinafter referred to as "count"), the recording of the count area (the number of writing frames) instead of judging from the only, actually written in the test area and have EF
M信号を検出することにより、テストエリアにおける書き込み予定箇所(今回試し書きを行おうとする箇所:1 By detecting the M signal, where an attempt is made to test writing write planned portion (this time in the test area: 1
5ATIPフレーム分のスペースを有する)が未記録であるか否かを判断し、当該書き込み予定箇所の全てが未記録であることを判断してから、その箇所へ試し書きを行う。 5ATIP having a space frame) it is determined whether an unrecorded, all the write planned portion from determines that an unrecorded, test writing is performed to that point. なお、書き込み予定箇所は、カウントエリアのカウント数より次に書き込みを始める箇所(光ディスク上の絶対時間)を計算して求めることができる。 The write planned portion is (absolute time on the optical disc) position to start the next write from the count number of the count area can be obtained by calculation.

【0170】テストエリアにおける前記書き込み予定箇所が一部でも記録済であった場合には、その次の箇所(新たな書き込み予定箇所となる:ディスク内周側に隣接する次の15ATIPフレーム分のスペース)が未記録であるか否かを判断し、当該書き込み予定箇所の全てが未記録であることを判断してから、その箇所へ試し書きを行う。 [0170] in the case where the writing will place in the test area was recorded even in part, be the next place (new write planned portion: The following adjacent to the disk inner circumference side 15ATIP frame of space ) it is determined whether an unrecorded, test writing is performed from all the write planned portion is determined to be an unrecorded, to that portion. また、この場合には、カウントエリアのカウント数(書き込みフレーム数)が欠落していたこととなるので、カウントエリアの修正(修復)を行う。 Further, in this case, since so that the count number of the count area (the number of write frames) was missing, it performs correction of the count area (the repair). すなわち、カウントエリアの書き込みフレーム数を書き込み予定箇所の更新回数に応じて増やす。 That is, increased according to the number of write frame count area update count of the write planned portion.

【0171】図18は、本発明におけるOPCの制御動作を示すフローチャートである。 [0171] Figure 18 is a flowchart showing the control operation of the OPC in the present invention. 以下、図17および図18に基づいて、OPCの制御動作をさらに詳細に説明する。 Hereinafter, based on FIGS. 17 and 18, will be described in more detail the control operation of the OPC.

【0172】まず、初期化を行う(ステップ100)。 [0172] First, initialization is performed (step 100).
この初期化は、今回カウントエリアに書き込む数Nを0 This initialization number N is written to the current count area 0
にする設定が含まれる。 It includes a setting to.

【0173】次に、光学ヘッド3を移動してカウントエリアをサーチし、そこに記録されたカウント数を取得し(ステップ101)、OPCモードに設定する(ステップ102)。 [0173] Next, searches the count area by moving the optical head 3, and obtains the count number recorded therein (step 101), sets the OPC mode (step 102).

【0174】次に、取得したカウント数より、テストエリアの書き込み予定箇所を検出し、そこへ光学ヘッド(PU)3を移動する(ステップ103)。 [0174] Next, from the count number obtained by detecting the writing planned portion of the test area, there to move the optical head (PU) 3 (step 103). 例えばカウント数が3であった場合には、書き込み予定箇所はテストエリアの4番目のパーティション(15ATIPフレーム×4)となる。 For example, when the count number was 3, the fourth partition of the write planned portion is the test area (15ATIP frame × 4).

【0175】次に、光ディスク2を再生し、EFMデータが有るか否か判断する(ステップ104)。 [0175] Next, reproducing the optical disc 2, it is determined whether EFM data is present (step 104). すなわち、ピーク・ボトム検出回路17によりEFMデータ(ランダムEFM信号)のエンベローブのPEEK信号とBOTTOM信号を検出し、両者の差より振幅を求め、当該フレームにEFMデータ(HF信号)が書き込まれているかを判断する。 That is, to detect the PEEK signal and the BOTTOM signal envelope of the EFM data (random EFM signal) by the peak-bottom detection circuit 17 obtains the amplitude from the difference between the two, or EFM data to the frame (HF signal) is written the judges.

【0176】ステップ104の判断の結果、EFMデータが有る場合には、前記カウント数が誤っていたこととなるため、次の書き込み予定箇所(前記例の場合、テストエリアの5番目のパーティション)に光学ヘッド(P [0176] determined in step 104, if the EFM data is present, since the said count is wrong (for the example, the fifth partition of the test area) next writing planned portion in an optical head (P
U)3を移動する(ステップ105)。 U) 3 Move (step 105). 次いで、下記ステップ115でカウントエリアの不足カウント分を修正するために、前記Nを1つインクリメントし(ステップ106)、ステップ104へ戻る。 Then, to correct the deficiency count of the count area in the following step 115, the N and the incremented by one (step 106), returns to step 104.

【0177】ステップ104の判断の結果、EFMデータが無い場合には、当該書き込み予定箇所における終了時間を通過したか、すなわち15ATIPフレーム分E [0177] determined in step 104, if the EFM data is not present, or has passed the end time of the write planned portion, i.e. 15ATIP frame E
FMデータをサーチしたか否かを判断し(ステップ10 It is determined whether or not to search the FM data (step 10
7)、終了時間を通過するまで、ステップ104の判断等を行う。 7), until it passes an end time, performs judgment of the step 104.

【0178】終了時間を通過したら、すなわち、最新の書き込み予定箇所にEFMデータが全く無い状態となったら、当該書き込み予定箇所における書き込み開始時間(書き込み開始位置)に光学ヘッド(PU)3を移動し(ステップ108)、書き込みを開始する(ステップ1 [0178] After passing through the end time, i.e., when the state EFM data at all not in the most recent write planned portion, to move the write start time optical (write start position) the head (PU) 3 in the write planned portion (step 108), starts writing (step 1
09)。 09). これにより、書き込み予定箇所に15段階の出力のレーザ光で試し書きがなされる。 Thus, test writing is performed in the laser beam output of 15 stages write planned portion.

【0179】当該書き込み予定箇所における書き込みが終了したか否かを判断し(ステップ110)、書き込みが終了したら、当該書き込み予定箇所における書き込み開始時間(書き込み開始位置)に再度光学ヘッド(P [0179] determines whether the writing of the write planned portion is completed (step 110), when the writing is completed, the write will write start time at the location (writing start position) again optical head (P
U)3を移動し(ステップ111)、試し書きされたE Move U) 3 (step 111), trial writing has been E
FMデータ(ランダムEFM信号)を読む。 Read the FM data (random EFM signal).

【0180】次に、その試し書きされたEFMデータより、前記β値(15種)を取得し(ステップ112)、 [0180] Next, obtained from the trial writing is EFM data, the β value (15 species) (step 112),
これらのβ値から最適なレーザ出力を計算して求める(ステップ113)。 Determined by calculating the optimum laser output from these β value (step 113).

【0181】次に、この最適なレーザ出力値を制御手段13に内蔵されたD/A変換器にセットし(ステップ1 [0181] Then, set the optimum laser output value on the built-in D / A converter to the control unit 13 (Step 1
14)、このレーザ出力で、カウントエリアをN+1回(N+1ATIPフレーム分)書き込む(ステップ11 14), in the laser output, the count area N + 1 times writing (N + one ATIP frame) (Step 11
5)。 5). これにより、カウントエリアのカウント数が適正な数に修正される。 Accordingly, the count number of the count area is corrected to an appropriate number.

【0182】以上、図17、図18に基づいて説明したように、本発明の光ディスク装置1によれば、OPCのカウント数を、カウントエリアの記録のみから判断するのではなく、テストエリアにおける書き込み予定箇所に実際にEFM信号が記録されているか否かを検出し、当該書き込み予定箇所の全てが未記録であることを判断してから、その箇所へ試し書きを行うので、カウント数の正誤にかかわらず、テストエリア上での二重書き(オーバーライト)を防止することができる。 [0182] As described above with reference to FIG. 17, FIG. 18, the optical disc apparatus 1 according to the present invention, the number of counts OPC, rather than determining only the recording of the count area, the writing in the test area actually detects whether EFM signal is recorded in the planned portion, from all of the writing planned portion is determined to be an unrecorded, since the trial writing to that point, the count number of errata regardless, it is possible to prevent the double writing on a test area of ​​(overwriting).

【0183】カウントエリアのカウント数が誤っていた場合には、それを修正するので、次回からの誤りも無くなり、迅速にOPCを行うことができるとともに、光ディスクを無駄にすることなく使用することができる。 [0183] If the number of counts of the count area is wrong, because to fix it, also eliminates the error from the next time, quickly it is possible to perform the OPC, be used without wasting the optical disk it can.

【0184】本発明の光ディスク装置は、前述したCD [0184] the optical disc apparatus of the present invention, CD mentioned above
−Rドライブ装置に限らず、この他、例えば、CD−R Not limited to -R drive device, the other, for example, CD-R
W、DVD−R、DVD−RAM等の各種光ディスクを記録・再生する各種光ディスク装置や、これらの光ディスクへの記録専用の光ディスク装置に適用することができる。 W, DVD-R, and various optical disk apparatus for recording and reproducing various optical disks such as DVD-RAM, can be applied to recording-only optical disk apparatus to these optical discs.

【0185】以上、本発明の光ディスク装置および試し書き方法を、図示の実施例に基づいて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各部の構成は、同様の機能を有する任意の構成のものに置換し、または省略することができる。 [0185] Although the optical disk apparatus and the trial writing method of the present invention have been described based on the illustrated embodiment, the present invention is not limited thereto, the configuration of the components, optionally with the same function it can be replaced with that of the structure, or omitted.

【0186】 [0186]

【発明の効果】以上述べたように、本発明によれば、テストエリアに試し書きをする際に、二重書き(オーバーライト)を未然に防ぐことができ、これにより、適正なレーザ光の出力設定(OPC)が可能となる。 As described above, according to the present invention, according to the present invention, when the trial writing in a test area, can prevent dual writing (overwriting), thereby, a proper laser beam output settings (OPC) is possible.

【0187】また、カウントエリアの修正を行う場合には、光ディスクを無駄なく使用することができる。 [0187] When correcting the count area can be used without waste optical disk.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の光ディスク装置をコンピュータに接続した状態を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a state of connecting an optical disk device to the computer of the present invention.

【図2】本発明の光ディスク装置の実施例を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing an embodiment of an optical disk apparatus of the present invention.

【図3】本発明におけるEFM/CDROMエンコーダ制御部からのENCORDEEFM信号と、レーザ制御部からのENCORDE EFM信号とを示すタイミングチャートである。 And ENCORDEEFM signal from EFM / CDROM encoder control unit in the present invention; FIG is a timing chart showing the ENCODE EFM signal from the laser control unit.

【図4】本発明におけるATIP−SYNC信号と、シンク信号生成・ATIPデコーダからのSUBCODE And ATIP-SYNC signal in the present invention; FIG, SUBCODE from the SYNC signal generating · ATIP decoder
−SYNC信号と、ATIP ERROR信号とを示すタイミングチャートである。 And -SYNC signal is a timing chart showing the ATIP ERROR signal.

【図5】本発明におけるATIP−SYNC信号と、シンク信号生成・ATIPデコーダからのSUBCODE And ATIP-SYNC signal in the present invention; FIG, SUBCODE from the SYNC signal generating · ATIP decoder
−SYNC信号と、CDサーボコントローラからのSU And -SYNC signal, SU from the CD servo controller
BCODE−SYNC信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the BCode-SYNC signal.

【図6】本発明における1T Biphase ATI 1T Biphase ATI in the present invention; FIG
Pタイミングと、WOBBLE信号と、2値化後のWO And P timing, and the WOBBLE signal, after binarization WO
BBLE信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the BBLE signal.

【図7】本発明におけるBIDATA信号と、BICL A BIDATA signal in the present invention; FIG, BICL
OCK信号と、ATIP−SYNC信号とを示すタイミングチャートである。 And OCK signal is a timing chart showing the ATIP-SYNC signal.

【図8】本発明におけるATIPフレームのフォーマットを示す図である。 8 is a diagram showing a format of the ATIP frame of the present invention.

【図9】本発明におけるATIP−SYNC信号と、S And ATIP-SYNC signal in the present invention; FIG, S
UBCODE−SYNC信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the UBCODE-SYNC signal.

【図10】本発明におけるピーク・ボトム検出回路への入力信号と、その入力信号の振幅(エンベロープ)と、 An input signal to the peak-bottom detection circuit in FIG. 10 the present invention, the amplitude (envelope) of the input signal,
PEEK信号およびBOTTOM信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the PEEK signal and the BOTTOM signal.

【図11】本発明におけるCDサーボコントローラからのSUBCODE−SYNC信号と、C1ERROR信号とを示すタイミングチャートである。 A SUBCODE-SYNC signal from the CD servo controller in [11] The present invention is a timing chart showing the C1ERROR signal.

【図12】本発明におけるオーディオ形式のDATA信号、LRCLOCK信号およびBITCLOCK信号を示すタイミングチャートである。 An audio format DATA signal in FIG. 12 the present invention is a timing chart showing the LRCLOCK signal and BITCLOCK signal.

【図13】本発明におけるCDサーボコントローラからのSUBCODE−SYNC信号と、FRAME SY A SUBCODE-SYNC signal from the CD servo controller in [13] The present invention, FRAME SY
NC信号と、HF信号(EFM信号)とを示すタイミングチャートである。 And NC signal is a timing chart showing the HF signal (EFM signal).

【図14】本発明におけるQデータ96ビットのフォーマットを示す図である。 14 is a diagram showing a format of the 96 bits of Q data in the present invention.

【図15】本発明における1サブコードフレームを示す図である。 15 is a diagram showing a subcode frame in the present invention.

【図16】本発明における光ディスク(CD−R)の情報記録エリアを示す図である。 It is a diagram illustrating information recording area of ​​the optical disk (CD-R) in FIG. 16 the present invention.

【図17】本発明における光ディスク(CD−R)のO O of the optical disc (CD-R) in FIG. 17 the present invention
PCに必要なPCA等を示す図である。 It is a diagram illustrating a PCA or the like necessary to the PC.

【図18】本発明におけるOPCの制御動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing the control operation of the OPC in FIG. 18 the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 光ディスク装置 10 ケーシング 2 光ディスク 3 光学ヘッド(光ピックアップ) 4 アクチュエータ 5 スレッドモータ 6 ドライバ 7 PWM信号平滑フィルター 8 スピンドルモータ 9 ホール素子 11 ドライバ 12 PWM信号平滑フィルター 13 制御手段 131 カウンター 132 周波数測定部(周期測定部) 14 レーザ制御部 15 HF信号生成回路 16 HF信号ゲイン切り替え回路 17 ピーク・ボトム検出回路 18 エラー信号生成回路 19 WOBBLE信号検出回路 21 CDサーボコントローラ 22 WOBBLEサーボコントローラ 23 FG信号2値化回路 24 EFM/CDROMエンコーダ制御部 25、26 メモリー 27 シンク信号生成・ATIPデコーダ 28 CDROMデコーダ制御部 29 メモリー 3 1 the optical disk device 10 casing 2 disc 3 the optical head (optical pickup) 4 actuator 5 thread motor 6 driver 7 PWM signal smoothing filter 8 spindle motor 9 Hall element 11 driver 12 PWM signal smoothing filter 13 controller 131 counter 132 frequency measurement unit (cycle measuring unit) 14 laser controller 15 HF signal generating circuit 16 HF signal gain switching circuit 17 peak and bottom detector 18 error signal generation circuit 19 WOBBLE signal detection circuit 21 CD servo controller 22 WOBBLE servo controller 23 FG signal binarization circuit 24 EFM / CDROM encoder control unit 25, 26 memory 27 sYNC signal generating · ATIP decoder 28 CDROM decoder control unit 29 memory 3 1 インターフェース制御部 32〜35 クロック 36 アドレス・データバス 41 コンピュータ 42 キーボード 43 マウス 44 モニター(CRT) 51、52 パルス 100〜115 ステップ 1 interface control unit 32 to 35 clock 36 address data bus 41 computer 42 keyboard 43 mouse 44 monitor (CRT) 51 and 52 pulses 100-115 Step

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 試し書きを行うテストエリアを有する光ディスクに対し記録または記録・再生する光ディスク装置であって、 光ディスクを回転駆動するモータと、 少なくとも光ディスクの半径方向に移動可能であり、光ディスクにレーザ光を照射して情報を書き込むことができる光学ヘッドと、 前記光学ヘッドの作動を制御する制御手段とを有し、 前記レーザ光の出力を決定するための試し書きをするに際し、前記テストエリアの書き込み予定箇所が記録済か否かを検出して、未記録箇所にのみ試し書きを行うよう構成したことを特徴とする光ディスク装置。 1. A disc apparatus for recording or recording and reproducing on the optical disc having a test area for trial writing, a motor for rotating the optical disc, is movable in a radial direction of at least the optical disc, laser disc upon which the optical head capable of writing information by irradiating light, and a control means for controlling the operation of the optical head, the test writing for determining the output of the laser beam, the test area the write planned portion detects whether recorded, the optical disk apparatus characterized by being configured to perform trial writing only on the unrecorded portion.
  2. 【請求項2】 試し書きを行うテストエリアと前記テストエリアに試し書きを行った回数を記録するカウントエリアとを有する光ディスクに対し記録または記録・再生する光ディスク装置であって、 光ディスクを回転駆動するモータと、 少なくとも光ディスクの半径方向に移動可能であり、光ディスクにレーザ光を照射して情報を書き込むことができる光学ヘッドと、 前記光学ヘッドの作動を制御する制御手段とを有し、 前記レーザ光の出力を決定するための試し書きをするに際し、前記カウントエリアの記録に基づいて検出された前記テストエリアの書き込み予定箇所が記録済か否かを検出して、未記録箇所にのみ書き込みを行うよう構成したことを特徴とする光ディスク装置。 2. A disc apparatus for recording or recording and reproducing on the optical disc and a count area for recording the number of times that the trial writing a test area for trial writing in the test area, rotates the optical disc a motor, is movable in a radial direction of at least the optical disc has an optical head capable of writing information by irradiating a laser beam on an optical disc, and control means for controlling the operation of the optical head, the laser beam upon the test writing for determining the output of the write planned portion of the test area which is detected based on the recording of the count area to detect whether the recorded writes only the unrecorded location optical disc apparatus characterized by being configured so.
  3. 【請求項3】 前記カウントエリアの記録が誤っていた場合それを修正する機能を有する請求項2に記載の光ディスク装置。 3. The optical disk apparatus according to claim 2 having a function to correct it if the recording of the count area is incorrect.
  4. 【請求項4】 試し書きを行うテストエリアを有する光ディスクの前記テストエリアに試し書きを行う方法であって、 前記テストエリアの書き込み予定箇所が記録済か否かを検出し、未記録の箇所にのみ書き込みを行うようにしたことを特徴とする試し書き方法。 4. A method for performing test writing in the test area of ​​the optical disk having a test area for trial writing, the write planned portion of the test area will detect whether recorded, the position of the unrecorded trial writing method being characterized in that to perform the write only.
  5. 【請求項5】 試し書きを行うテストエリアと前記テストエリアに試し書きを行った回数を記録するカウントエリアとを有する光ディスクの前記テストエリアに試し書きを行う方法であって、 前記カウントエリアの記録に基づいて前記テストエリアの書き込み予定箇所を検出し、 次いで、前記書き込み予定箇所が記録済か否かを検出し、未記録の箇所にのみ書き込みを行うようにしたことを特徴とする試し書き方法。 5. A method of performing test writing in the test area of ​​the optical disk and a count area for recording the number of times that the trial writing a test area for trial writing in the test area, the recording of the count area wherein detecting a write planned portion of the test area, then the trial writing method, wherein the write planned portion detects whether recorded, and to perform write only the portion of the unrecorded based on .
  6. 【請求項6】 前記カウントエリアの記録が誤っていた場合それを修正する請求項5に記載の試し書き方法。 6. A trial writing method according to claim 5 to fix it when the recording of the count area is incorrect.
  7. 【請求項7】 前記試し書きは、光ディスクへの記録の際のレーザ光の出力を決定するために行われる請求項4 Wherein said test writing, according to claim 4 which is carried out in order to determine the output of the laser light when the recording onto the optical disc
    ないし6のいずれかに記載の試し書き方法。 To test writing method according to any one of 6.
JP36181397A 1997-12-10 1997-12-10 Optical disk apparatus and a test writing method Expired - Lifetime JP3835581B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP36181397A JP3835581B2 (en) 1997-12-10 1997-12-10 Optical disk apparatus and a test writing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP36181397A JP3835581B2 (en) 1997-12-10 1997-12-10 Optical disk apparatus and a test writing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11175977A true true JPH11175977A (en) 1999-07-02
JP3835581B2 JP3835581B2 (en) 2006-10-18

Family

ID=18474951

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP36181397A Expired - Lifetime JP3835581B2 (en) 1997-12-10 1997-12-10 Optical disk apparatus and a test writing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3835581B2 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001059786A1 (en) * 2000-02-10 2001-08-16 Sony Corporation Method for recording and/or reproducing data on/from recording/recorded medium, reproducing apparatus, recording medium, method for recognizing recording/recorded medium, and method for recording and/or reproducing data for apparatus using recording/recorded medium
EP1197957A2 (en) 2000-10-13 2002-04-17 Pioneer Corporation Parameter setting apparatus and parameter setting method, information recording apparatus and information recording method, and information recording medium
WO2002013192A3 (en) * 2000-08-03 2002-07-04 Toshiyuki Fukushima Information recording medium, information recording and reproduction method, and information recording and reproduction apparatus
US7095692B2 (en) 2001-03-28 2006-08-22 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
KR100828427B1 (en) 2000-02-10 2008-05-08 소니 가부시끼 가이샤 Recording or reproducing method for record medium and recording or reproducing apparatus using record medium

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100828427B1 (en) 2000-02-10 2008-05-08 소니 가부시끼 가이샤 Recording or reproducing method for record medium and recording or reproducing apparatus using record medium
WO2001059786A1 (en) * 2000-02-10 2001-08-16 Sony Corporation Method for recording and/or reproducing data on/from recording/recorded medium, reproducing apparatus, recording medium, method for recognizing recording/recorded medium, and method for recording and/or reproducing data for apparatus using recording/recorded medium
WO2002013192A3 (en) * 2000-08-03 2002-07-04 Toshiyuki Fukushima Information recording medium, information recording and reproduction method, and information recording and reproduction apparatus
US6944107B2 (en) 2000-08-03 2005-09-13 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information recording medium, information recording and reproduction method, and information recording and reproduction apparatus
EP1197957A2 (en) 2000-10-13 2002-04-17 Pioneer Corporation Parameter setting apparatus and parameter setting method, information recording apparatus and information recording method, and information recording medium
EP1197957A3 (en) * 2000-10-13 2004-06-16 Pioneer Corporation Parameter setting apparatus and parameter setting method, information recording apparatus and information recording method, and information recording medium
EP1517308A2 (en) 2000-10-13 2005-03-23 Pioneer Corporation Iinformation recording apparatus, information recording method and information recording medium
EP1517308A3 (en) * 2000-10-13 2006-04-19 Pioneer Corporation Iinformation recording apparatus, information recording method and information recording medium
USRE42023E1 (en) 2000-10-13 2011-01-11 Pioneer Corporation Method and apparatus for setting recording parameter on non-used area of optical recordable disc
US6735153B2 (en) 2000-10-13 2004-05-11 Pioneer Corporation Method and apparatus for setting recording parameter on non-used area of optical recordable disc
US7532550B2 (en) 2000-10-13 2009-05-12 Pioneer Corporation Apparatus for setting a recorded parameter on non-used area of an optical disc
US7151728B2 (en) 2001-03-28 2006-12-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
US7349308B2 (en) 2001-03-28 2008-03-25 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
US7388819B2 (en) 2001-03-28 2008-06-17 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
US7154828B2 (en) 2001-03-28 2006-12-26 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
US7710842B2 (en) 2001-03-28 2010-05-04 Panasonic Corporation Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
US7095692B2 (en) 2001-03-28 2006-08-22 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disc apparatus and recording power determining method thereof
US7944786B2 (en) 2001-03-28 2011-05-17 Panasonic Corporation Optical disc apparatus and recording power determining method thereof

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3835581B2 (en) 2006-10-18 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6469965B1 (en) Apparatus for and method of playing back optical disc
US7065030B2 (en) Reproduction-only recording medium, reproduction device, reproduction method
US6487616B1 (en) Controller for data recorder
US6580684B2 (en) Recording medium, recording apparatus, and reading apparatus
US6594213B1 (en) Data recorder
US6594214B1 (en) Drive apparatus and method for recording and/or reproducing data and for detecting a boundary between a recorded region and a recordable region on a recording medium
US20030002404A1 (en) TLN signal generating apparatus used in optical disc drive and optical disc drive equipped with the apparatus, and optical disc drive equipped with amplitude adjusting apparatus for tracking error signal
US6594210B2 (en) Disc drive apparatus and method for generating wobble information
US20020006084A1 (en) Optical disc and optical disc apparatus
US6377525B1 (en) Optical disc apparatus and method for reading information
US6519217B1 (en) Data record medium, data recording and/or reproducing apparatus, and record medium determining method
US6904008B2 (en) Recording apparatus and recording method
US6249499B1 (en) Optical disc drive and method of discriminating optical discs
US6917572B2 (en) Recording medium, recording apparatus, and reading apparatus
US20020136137A1 (en) Disk drive apparatus, and disk formatting method
US6678226B2 (en) Data recording method and data recording apparatus
JP2002163862A (en) Information recording/reproducing apparatus
EP1128366A2 (en) Recording medium, recording apparatus, and reading apparatus
CN1685426A (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
JP2002117649A (en) Optical disk, information recording device, and information recording method
US20050169147A1 (en) Recording-medium evaluation method, recording/reproduction apparatus and recording medium
US6636461B2 (en) Recording and/or reproducing method and apparatus having reciprocal time domain to binary conversion means
US6707784B2 (en) Optical storage medium having two recording areas of different formats
JP2002298496A (en) Disk recording device and disk recording method
JPH05290383A (en) Optical disk

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20041008

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041019

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041216

A02 Decision of refusal

Effective date: 20051228

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060224

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060313

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060706

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20060719

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120804

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130804

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250