JPH11203687A - Tln signal generation device of optical disk device and optical disk device - Google Patents

Tln signal generation device of optical disk device and optical disk device

Info

Publication number
JPH11203687A
JPH11203687A JP1189998A JP1189998A JPH11203687A JP H11203687 A JPH11203687 A JP H11203687A JP 1189998 A JP1189998 A JP 1189998A JP 1189998 A JP1189998 A JP 1189998A JP H11203687 A JPH11203687 A JP H11203687A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
signal
tln
optical disk
optical
optical head
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP1189998A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yuichi Maekawa
雄一 前川
Original Assignee
Mitsumi Electric Co Ltd
ミツミ電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to grasp an accurate position of an optical head to an optical disk at the time of moving the optical head. SOLUTION: The optical disk device is a CD-R drive device for recording/ reproducing an optical disk (CD-R). This optical device amplifies AC components of 1 kHz or higher frequencies included in TLN signal in a state in which offset component (DC component) included in the TNL signal is maintained as it is, by letting the TNL signal generated by the track loss (TNL) signal, generating circuit 75 pass through a high-boost filter 71. The TNL signal having passed through the highfilter 71 is binarized by a binarization circuit 76. This binarized TNL signal is inputted to a CD(compact disk) servo controller, and used in fine searching.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、光ディスクを再生または記録・再生する光ディスク装置のTLN信号生成装置および光ディスク装置に関する。 The present invention relates to relates TLN signal generating device and an optical disk device of an optical disk apparatus for reproducing or recording and reproducing the optical disc.

【0002】 [0002]

【従来の技術】一般に、音楽用CD、CD−ROM等の再生専用のCD(コンパクトディスク)や、記録・再生が可能なCD−R等の光ディスクは、光ディスク装置により駆動される。 In general, music CD, or a CD-ROM or the like of the read-only CD (compact disk), an optical disk such as CD-R capable of recording and reproducing is driven by the optical disc apparatus. 光ディスク装置は、円盤状の光ディスクに対し、その径方向に移動し得る光学ヘッド(光ピックアップ)と、この光学ヘッドを径方向に移動させるスレッドモータを備えた光学ヘッド移動機構とを有している。 Optical disc apparatus, to disc-shaped optical disc has an optical head that can move in the radial direction (an optical pickup), and an optical head moving mechanism having a thread motor for moving the optical head in the radial direction .

【0003】光学ヘッドは、レーザダイオードおよび分割ホトダイオードを備えた光学ヘッド本体と、この光学ヘッド本体に光ディスクの径方向および回転軸方向のそれぞれに移動し得るようにサスペンションバネで支持されている対物レンズと、この対物レンズを回転軸方向および径方向に移動させるアクチュエータとで構成されている。 [0003] The optical head includes a laser diode and an optical head body having a split photodiode, the objective lens is supported by suspension springs so as to move the respective radial and axial direction of the optical disc to the optical head body When, and a actuator for moving the objective lens in the rotation axis direction and the radial direction.

【0004】このような光ディスク装置では、光ディスクを回転させながら、光学ヘッドがトラックに追従するようにその光学ヘッドを径方向に移動させつつ、光ディスク上に螺旋状に記録されたデータを再生する。 [0004] In such an optical disk device, while rotating the optical disc, the optical head while the optical head is moved radially to follow the track, it reproduces the data recorded in a spiral shape on the optical disk.

【0005】また、光学ヘッドを光ディスクの所定のトラックへ移動させる際には、トラックジャンプ制御が行われる。 Further, when moving the optical head to a predetermined track of the optical disc, the track jump control is performed. 例えば、曲番(例えば、3曲目)を選択すると、トラックジャンプ制御を行うことにより、自動的に目的トラックまで光学ヘッドを移動させることができるので、所望の曲を即時に選択して再生することができる。 For example, music number (e.g., 3 track) is selected, by performing a track jump control, the automatic can move the optical head to the target track, to selectively reproduce immediately the desired tune can.

【0006】通常、光ディスク駆動装置におけるトラックジャンプには、ラフサーチとファインサーチとがあり、このうちラフサーチでは、比較的距離の離れたトラックにジャンプする際に使用され、ファインサーチは比較的距離の近いトラックにジャンプする際に使用される。 [0006] Normally, a track jump of the optical disc drive, there is a rough search and a fine search, in these rough search, is used to jump to distant track relatively distance, the fine search is relatively close in distance It is used to jump to the track.

【0007】以下、ファインサーチの動作原理について説明する。 [0007] The following is a description of the operation principle of the fine search. 図27は、光ディスクに形成されているプリグルーブ(WOBBLE:ウォブル)101a、101 Figure 27 is a pre-groove formed on the optical disk (WOBBLE: wobble) 101a, 101
b・・およびこの両端に形成されているランド102 b · · and lands are formed on both ends 102
a、102b・・を模式的に示す図である。 a, is a diagram schematically showing 102b · ·. なお、情報(データ)は、プリグルーブ101a、101b・・に記録される。 The information (data), the pre-groove 101a, is recorded in 101b · ·. すなわち、ピットは、プリグルーブ101 In other words, the pit, the pre-groove 101
a、101b・・に形成される。 a, it is formed to 101b ··.

【0008】光学ヘッドのレーザダイオードから発せられたレーザ光(メインビームおよびサブビーム)は、プリグルーブ101a、101b・・、ランド102a、 [0008] The laser beam emitted from the laser diode of the optical head (main beam and sub-beams) are pre-groove 101a, 101b · ·, lands 102a,
102b・・で反射し、その反射光103a〜103c Reflected by the 102b ··, the reflected light 103a~103c
は、それぞれ分割ホトダイオードにて受光される。 It is received by each division photodiode. そして、この光学ヘッドからの信号に基づいて、トラックロス信号(以下、TLN信号という;TLN信号についての詳細は後述する)等の各種信号が生成される。 Then, based on this signal from the optical head, a track loss signal (hereinafter, referred TLN signal; For more information on TLN signal described later) various signals and the like are generated.

【0009】ここで、ファインサーチを行う際には、光学ヘッドを光ディスクの径方向(図27中矢印「Y」の方向)に移動させるので、光学ヘッドは、プリグルーブ、ランド、プリグルーブ・・・というように、プリグルーブとランドとを交互に横切ることになる。 [0009] Here, when performing the fine search, since moving the optical head in the radial direction of the optical disk (direction in Fig. 27 arrow "Y"), the optical head, the pre-groove, a land, a pregroove ... so on -, it will cross the pre-grooves and lands alternately. 図28に示すように、このときのTLN信号S1は、メインビームがプリグルーブ101a、101b・・の部分を通過したときにレベルが上昇し、ランド102a、102b As shown in FIG. 28, TLN signal S1 at this time, the level is raised when the main beam has passed through the portion of the pregroove 101a, 101b · ·, lands 102a, 102b
・・の部分を通過したときにレベルが下降するような波形状の信号となる。 · Part level when passing through the a wave-shaped signal for lowering the.

【0010】従って、ファインサーチにてトラックジャンプする際には、このTLN信号S1の山の個数をカウントすれば良いことになる。 [0010] Therefore, when the track jump in the fine search is, it is sufficient to count the number of the mountain of the TLN signal S1. すなわち、図28に示すように、ある一定の基準レベルL1を設定しておき、この基準レベルL1によりTLN信号S1を2値化し、TL That is, as shown in FIG. 28, may be set to a constant reference level L1 with the TLN signal S1 is binarized by the reference level L1, TL
N信号S1が基準レベルL1を超える回数をカウントすることにより、所望のトラックへとジャンプすることができる。 By N signal S1 counts the number of times exceeding the reference level L1, it is possible to jump to the desired track. 例えば、10トラック移動するという命令が与えられた場合には、受光された信号より得られるTLN For example, if the instruction to 10 track movement is given, it obtained from received signals TLN
信号が基準レベルL1を10回超えるまで光学ヘッドを移動させれば良いことになる。 Signal it is only necessary to move the optical head to the reference level L1 to more than 10 times.

【0011】しかしながら、実際にはTLN信号S1 [0011] In practice, however, the TLN signal S1
は、基準レベルL1を中心として上下に同一の振幅を有する波形ではなく、オフセット成分(直流成分)を有している。 Is not a waveform having the same amplitude in the vertical around the reference level L1, it has an offset component (DC component). このため、TLN信号S1は、基準レベルL1 Therefore, TLN signal S1, the reference level L1
から一定値だけずれたレベルL2を中心として上下に振動する。 Vertically oscillates around a level L2 which is shifted by a predetermined value from. オフセット成分は、周囲温度、経時変化、光ピックアップの傾き具合、光ディスクの装着の状態等の各要因により変化するので、オフセット成分の大きさによっては、TLN信号S1が振動しているにもかかわらず、TLN信号S1が上記基準レベルL1と交差しないことがある。 Offset component, ambient temperature, aging, the tilt of the optical pickup, so changed by the factors such as the state of mounting of the optical disc, depending on the size of the offset component, despite the TLN signal S1 is oscillating sometimes TLN signal S1 does not intersect with the reference level L1. この場合には、TLN信号S1を精度良く2値化することができない。 In this case, it can not be accurately binarized TLN signal S1. すなわち、実際には光学ヘッドがトラックを横切ったにもかかわらず、ファインサーチ時にこれがカウントされず、このため光学ヘッドを目的トラックに移動させることができないおそれがある。 That, in practice, even though the optical head crosses the tracks, it is not counted during fine search, the order may not be able to move to the target track of the optical head.

【0012】 [0012]

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、光学ヘッド移動時の該光学ヘッドの光ディスクに対する位置を正確に把握し得る光ディスク装置のTLN信号生成装置および光ディスク装置を提供することにある。 OBJECTS OF THE INVENTION It is an object of the present invention is to provide a TLN signal generating device and an optical disk device of an optical disk apparatus capable of grasping the position with respect to the optical disk of the optical head at the time of moving optical head correctly.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】このような目的は、下記(1)〜(6)の本発明により達成される。 Means for Solving the Problems] Such an object is achieved by the following aspects of the invention (1) to (6).

【0014】(1) 光ディスク装置の光学ヘッドからの信号に基づいてTLN信号(トラックロス信号)を生成するTLN信号生成回路と、前記TLN信号生成回路にて生成されたTLN信号に含まれる直流成分を除去することなく、該TLN信号に含まれる交流成分を増幅する信号補正回路とを有することを特徴とする光ディスク装置のTLN信号生成装置。 [0014] (1) and TLN signal generating circuit for generating a TLN signal (track loss signal) based on a signal from the optical head of the optical disc apparatus, a DC component contained in the TLN signal generated by the TLN signal generating circuit without removing, TLN signal generating device of an optical disk apparatus characterized by comprising a signal correction circuit for amplifying an AC component contained in the TLN signal.

【0015】(2) 前記信号補正回路は、前記TLN [0015] (2) the signal correction circuit, the TLN
信号生成回路にて生成されたTLN信号に含まれる直流成分および第1の周波数以下の交流成分を除去することなく、該TLN信号に含まれる前記第1の周波数より高い第2の周波数以上の交流成分を増幅するよう構成されている上記(1)に記載の光ディスク装置のTLN信号生成装置。 Without removing the DC component and the first frequency or less of the AC component contained in the TLN signal generated by the signal generating circuit, the TLN signal the first higher second frequency or the AC frequency included in the TLN signal generating device of an optical disk apparatus according to the above (1) which is configured to amplify the component.

【0016】(3) 前記信号補正回路は、ハイブーストフィルタで構成されている上記(1)または(2)に記載の光ディスク装置のTLN信号生成装置。 [0016] (3) the signal correction circuit, TLN signal generating device of an optical disk apparatus according to the above (1) or (2) that consists of high boost filter.

【0017】(4) 前記信号補正回路により増幅されたTLN信号のレベルと、基準レベルとを比較して、該TLN信号を2値化する2値化回路を有する上記(1) [0017] (4) comparing the level of the TLN signal amplified by the signal correction circuit, and a reference level, said having a binarizing circuit for binarizing the TLN signal (1)
ないし(3)のいずれかに記載の光ディスク装置のTL TL of to an optical disk apparatus according to any one of (3)
N信号生成装置。 N signal generator.

【0018】(5) 上記(1)ないし(4)のいずれかに記載のTLN信号生成装置を有することを特徴とする光ディスク装置。 [0018] (5) above (1) to an optical disk apparatus characterized by having a TLN signal generating apparatus according to any one of (4).

【0019】(6) 光学ヘッドと、該光学ヘッドを移動させる光学ヘッド移動機構とを有し、前記TLN信号生成装置から得られたTLN信号に基づいて、光ディスクに対する前記光学ヘッドの前記光ディスクの径方向の位置を把握するよう構成されている上記(5)に記載の光ディスク装置。 [0019] (6) and the optical head, and an optical head moving mechanism for moving the optical head, on the basis of the TLN signal obtained from TLN signal generating apparatus, the diameter of the optical disk of the optical head with respect to the optical disk the optical disk apparatus according to the above (5) which is configured to recognize the direction of the position.

【0020】 [0020]

【発明の実施の形態】以下、本発明の光ディスク装置のTLN信号生成装置およびそれを備えた光ディスク装置を添付図面に示す好適実施例に基づいて詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail with reference to preferred embodiment showing an optical disk apparatus having a TLN signal generating apparatus and it accompanying drawings of an optical disk apparatus of the present invention.

【0021】図1は、本発明の光ディスク装置をコンピュータに接続した状態を示すブロック図、図2は、本発明の光ディスク装置の実施例を示すブロック図である。 [0021] FIG. 1 is a block diagram showing a state where the optical disc apparatus of the present invention connected to a computer, FIG. 2 is a block diagram showing an embodiment of an optical disk apparatus of the present invention.

【0022】これらの図に示す光ディスク装置1は、光ディスク(CD−R)2を記録・再生するCD−Rドライブ装置である。 The optical disk apparatus 1 shown in these drawings is a CD-R drive for recording and reproducing an optical disc (CD-R) 2.

【0023】光ディスク2には、図示しない螺旋状のプリグルーブ(WOBBLE:ウォブル)が形成されている。 [0023] the optical disc 2, a spiral pre-groove (not shown) (WOBBLE: wobble) is formed.

【0024】このプリグルーブは、所定の周期(1倍速で22.05kHz )で蛇行しているとともに、該プリグルーブには、ATIP(Absolute Time In Pre-Groove [0024] The pre-groove, with meanders at a predetermined period (22.05 kHz in 1 × speed), to the pre-groove, ATIP (Absolute Time In Pre-Groove
)情報(時間情報)が記録されている。 ) Information (time information) is recorded. この場合、A In this case, A
TIP情報は、バイフェーズ変調され、さらに、22. TIP information is biphase modulated, further, 22.
05kHz のキャリア周波数でFM変調されて記録されている。 At the carrier frequency of 05kHz it is FM-modulated has been recorded.

【0025】このプリグルーブは、光ディスク2へのピット/ランド形成(ピット/ランド記録)時の案内溝として機能する。 [0025] The pre-groove functions as a guide groove when the pit / land formation of the optical disc 2 (pit / land recording). また、このプリグルーブは、再生され、 In addition, the pre-groove is reproduced,
光ディスク2の回転速度制御や、光ディスク2上の記録位置(絶対時間)の特定等に利用される。 Rotational speed control and the optical disc 2, is used to identify the like of the recording position on the optical disc 2 (the absolute time).

【0026】光ディスク装置1は、ターンテーブルおよびターンテーブル回転用のスピンドルモータ8を備え、 The optical disc apparatus 1 is provided with a spindle motor 8 for rotating the turntable and the turntable,
このターンテーブルに光ディスク2を装着して回転させる図示しない回転駆動機構を有している。 And a rotary drive mechanism (not shown) to mount and rotate the optical disc 2 to the turntable. このスピンドルモータ8の近傍には、ホール素子9が設置されている。 In the vicinity of the spindle motor 8, the Hall element 9 is disposed.

【0027】また、光ディスク装置1は、前記装着された光ディスク2(ターンテーブル)に対し、光ディスク2の径方向(ターンテーブルの径方向)に移動し得る光学ヘッド(光ピックアップ)3と、この光学ヘッド3を前記径方向に移動、すなわち光学ヘッド3の後述する光学ヘッド本体(光ピックアップベース)を前記径方向に移動させるスレッドモータ5を備えた図示しない光学ヘッド本体移動機構と、ドライバ6および11と、PWM Further, the optical disk apparatus 1, the relative loaded optical disk 2 (turntable), and an optical head (optical pickup) 3 capable of moving in the radial direction of the optical disc 2 (the radial direction of the turntable), the optical moving the head 3 in the radial direction, i.e. the optical head body moving mechanism (not shown) of the optical head body (optical pick-up base) provided with a thread motor 5 is moved in the radial direction (described later) of the optical head 3, the driver 6 and 11 If, PWM
信号平滑フィルター7および12と、制御手段13と、 A signal smoothing filter 7 and 12, a control unit 13,
レーザ制御部14と、HF信号生成回路15と、HF信号ゲイン切り替え回路16と、ピーク・ボトム検出回路17と、PU駆動制御信号生成回路(光学ヘッド駆動制御信号生成回路)18と、WOBBLE信号検出回路1 A laser control section 14, the HF signal generating circuit 15, the HF signal gain switching circuit 16, a peak-bottom detection circuit 17, the PU drive control signal generating circuit (optical head drive control signal generating circuit) 18, WOBBLE signal detection circuit 1
9と、CDサーボコントローラ21と、WOBBLEサーボコントローラ22と、FG信号2値化回路23と、 9, the CD servo controller 21, the WOBBLE servo controller 22, and the FG signal binarization circuit 23,
EFM/CDROMエンコーダ制御部24と、メモリー25、26および29と、シンク信号生成・ATIPデコーダ27と、CDROMデコーダ制御部28と、インターフェース制御部31と、クロック32、33、34 The EFM / CDROM encoder control section 24, a memory 25, 26 and 29, a sync signal generation · ATIP decoder 27, a CDROM decoder control section 28, an interface control unit 31, a clock 32, 33
および35と、これらを収納するケーシング10とを有している。 And and 35, and a casing 10 for housing these. 以下、前記光ディスク2の径方向を単に「径方向」と言う。 Hereinafter, the radial direction of the optical disc 2 will simply be referred to as "radial direction".

【0028】光学ヘッド3は、レーザダイオード(光源)および分割ホトダイオード(受光素子)を備えた図示しない光学ヘッド本体(光ピックアップベース)と、 The optical head 3 includes a laser diode (light source) and split photodiode optical head body (not shown) with a (light receiving element) (optical pick-up base),
対物レンズ(集光レンズ)とを有している。 And an objective lens (converging lens). このレーザダイオードの駆動は、レーザ制御部14により制御される。 The operation of the laser diode is controlled by the laser control unit 14.

【0029】対物レンズは、光学ヘッド本体に設けられた図示しないサスペンジョンバネで支持され、光学ヘッド本体に対し、径方向および光ディスク2(ターンテーブル)の回転軸方向のそれぞれに移動し得るようになっている。 The objective lens is supported by suspension springs (not shown) provided in the optical head body, so as to the optical head main body, may move the respective rotation axis direction of the radial direction and the optical disc 2 (turntable) ing. 対物レンズがその中立位置(中点)からずれると、その対物レンズは、前記サスペンジョンバネの復元力によって中立位置に向って付勢される。 Deviates from the objective lens is its neutral position (central position), the objective lens is biased toward the neutral position by the restoring force of the suspension springs. 以下、前記光ディスク2の回転軸方向を単に「回転軸方向」と言う。 Hereinbelow, the rotational axial direction of the optical disc 2 will simply be referred to as "rotation axis direction".

【0030】また、光学ヘッド3は、光学ヘッド本体に対し、径方向および回転軸方向のそれぞれに対物レンズを移動させるアクチュエータ4を有している。 Further, the optical head 3 with respect to the optical head main body, and has an actuator 4 to move the objective lens respectively in the radial direction and the axial direction.

【0031】制御手段13は、通常、マイクロコンピュータ(CPU)で構成され、光学ヘッド3(アクチュエータ4)、スレッドモータ5、スピンドルモータ8、レーザ制御部14、HF信号ゲイン切り替え回路16、ピーク・ボトム検出回路17、CDサーボコントローラ2 The control means 13 is generally constructed from a microcomputer (CPU), the optical pick-up 3 (actuator 4), sled motor 5, spindle motor 8, laser control unit 14, HF signal gain switching circuit 16, peak and bottom detection circuit 17, CD servo controller 2
1、WOBBLEサーボコントローラ22、EFM/C 1, WOBBLE servo controller 22, EFM / C
DROMエンコーダ制御部24、メモリー25、26、 DROM encoder control unit 24, memory 25 and 26,
29、シンク信号生成・ATIPデコーダ27、CDR 29, sync signal generation · ATIP decoder 27, CDR
OMデコーダ制御部28、インターフェース制御部31 OM decoder control section 28, interface control unit 31
等、光ディスク装置1全体の制御を行う。 Etc., and controls the entire optical disk apparatus 1.

【0032】なお、制御手段13からは、アドレス・データバス36を介してアドレス、データ、COMMAN [0032] Note that the control unit 13, the address through an address data bus 36, data, comman
D(コマンド)等が、EFM/CDROMエンコーダ制御部24、メモリー26、シンク信号生成・ATIPデコーダ27、CDROMデコーダ制御部28、インターフェース制御部31等に入力される。 D (command) or the like, EFM / CDROM encoder control section 24, memory 26, SYNC signal generating · ATIP decoder 27, CDROM decoder control section 28, interface control section 31 and the like.

【0033】この光ディスク装置1には、インターフェース制御部31を介して外部装置(本実施例では、コンピュータ41)が着脱自在に接続され、光ディスク装置1とコンピュータ41との間で通信を行うことができる。 [0033] The optical disk device 1, (in this embodiment, computer 41) the external device via the interface control unit 31 is detachably connected, it is possible to perform communication with the optical disc apparatus 1 and the computer 41 it can.

【0034】インターフェース制御部31としては、例えば、ATAPI(IDE)(アタピー規格)や、SC [0034] as an interface control unit 31, for example, ATAPI (IDE) (Atapi standard) or, SC
SI(スカジー規格)等が用いられる。 SI (Small Computer Systems Interface standard), and the like can be used.

【0035】前記コンピュータ41には、キーボード4 [0035] in the computer 41, the keyboard 4
2、マウス43およびモニター44がそれぞれ接続されている。 2, a mouse 43 and a monitor 44 are connected. なお、インターフェース制御部31により、送信手段が構成される。 Incidentally, the interface control unit 31, transmission means configured.

【0036】また、HF信号生成回路15、HF信号ゲイン切り替え回路16、ピーク・ボトム検出回路17、 Further, HF signal generating circuit 15, HF signal gain switching circuit 16, peak and bottom detection circuit 17,
エラー信号生成回路18、WOBBLE信号検出回路1 Error signal generating circuit 18, WOBBLE signal detection circuit 1
9、CDサーボコントローラ21およびWOBBLEサーボコントローラ22により、信号処理手段が構成される。 9, the CD servo controller 21 and the WOBBLE servo controller 22 constitute a signal processing means.

【0037】また、光学ヘッド本体移動機構およびアクチュエータ4により光学ヘッド移動機構が構成される。 Further, the optical head moving mechanism is constituted by the optical head body moving mechanism and the actuator 4.

【0038】次に、光ディスク装置1の作用について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the optical disk apparatus 1. 光ディスイク装置1は、所定のトラックにおいて、フォーカス制御、トラッキング制御、スレッド制御および回転数制御(回転速度制御)を行いつつ、光ディスク2への情報(データ)の記録(書き込み)および再生(読み出し)を行う。 Light Disuiku apparatus 1, in the focus control, tracking control, while performing sled control and rotation number control (rotation speed control), the recording of information onto the optical disc 2 (data) (writing) and reproducing (reading) I do. 以下、記録、再生、フォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御、 Hereinafter, the recording, reproducing, focus control, tracking control and sled control,
トラックジャンプ制御(光学ヘッドの移動制御)、回転数制御(回転速度制御)時の作用を説明する。 Track (movement control of the optical head) jump control, the operation when rotation control (rotation speed control).

【0039】まず、前提として、図2に示すように、制御手段13からは、所定のCOMMAND信号がCDサーボコントローラ21に入力される。 Firstly, as a premise, as shown in FIG. 2, from the control unit 13, a predetermined COMMAND signal is inputted into the CD servo controller 21. また、制御手段1 In addition, the control means 1
3からは、所定のCOMMAND信号がWOBBLEサーボコントローラ22に入力される。 3 a predetermined COMMAND signal is inputted into the WOBBLE servo controller 22.

【0040】このCOMMAND信号は、制御手段13 [0040] The COMMAND signal, the control means 13
からCDサーボコントローラ21やWOBBLEサーボコントローラ22への所定の命令(例えば、制御の開始等)を示す信号である。 From a predetermined instruction to the CD servo controller 21 and the WOBBLE servo controller 22 (e.g., the start of the control) is a signal indicating.

【0041】そして、CDサーボコントローラ21からは、所定のSTATUS信号が制御手段13に入力される。 [0041] Then, the CD servo controller 21, a predetermined STATUS signal is inputted into the control means 13. また、WOBBLEサーボコントローラ22からは、所定のSTATUS信号が制御手段13に入力される。 Further, from the WOBBLE servo controller 22, a predetermined STATUS signal is inputted into the control means 13.

【0042】このSTATUS信号は、前記命令に対する応答、すなわち、前記制御に対する情報(例えば、制御成功、制御失敗、制御実行中等の各ステータス)を示す信号である。 [0042] The STATUS signal is responsive to said instruction, namely, information for the control (eg, control success, control failure, the status of the control executed like) is a signal indicating.

【0043】[記録] 光ディスク2にデータ(信号)を記録する(書き込む) [0043] [Recording to record data (signal) in the optical disc 2 (writing)
際は、光ディスク2に形成されているプリグルーブが再生され(読み出され)、この後、このプリグルーブに沿って、データが記録される。 During the pre-groove formed on the optical disc 2 is reproduced (read out), after which along this pre-groove, the data is recorded.

【0044】光ディスク装置1に、インターフェース制御部31を介して、光ディスク2に記録するデータ(信号)が入力されると、そのデータは、EFM/CDRO [0044] the optical disc drive 1 via the interface control unit 31, the data (signal) is input to be recorded on the optical disc 2, the data, EFM / CDRO
Mエンコーダ制御部24に入力される。 Is input to the M encoder control unit 24.

【0045】このEFM/CDROMエンコーダ制御部24では、前記データが、クロック34からのクロック信号に基づいて(クロック信号のタイミングで)エンコードされ、EFM(Eight to Fourteen Modulation)と呼ばれる変調方式で変調(EFM変調)されて、ENC [0045] In the EFM / CDROM encoder control section 24, the data is based on the clock signal from the clock 34 are encoded (timing of the clock signal), modulated by the modulation method known as EFM (Eight to Fourteen Modulation) ( is EFM modulation), ENC
ORDE EFM信号とされる。 It is ORDE EFM signal.

【0046】図3に示すように、このENCORDE [0046] As shown in FIG. 3, this ENCORDE
EFM信号は、3T〜11Tの長さ(周期)のパルスで構成される信号である。 EFM signal is a signal formed by pulses of length of 3T to 11T (period).

【0047】また、図4および図5に示すように、EF Further, as shown in FIGS. 4 and 5, EF
M/CDROMエンコーダ制御部24では、クロック3 In M / CDROM encoder control section 24, a clock 3
4からのクロック信号を分周して、所定周期のパルスで構成されるSUBCODE−SYNC信号(サブコードシンク信号)が生成される。 The clock signal from the 4 by dividing, SUBCODE-SYNC signal composed of pulses of a predetermined period (subcode sync signal) is generated. このSUBCODE−SY This SUBCODE-SY
NC信号のパルスの周期(隣接するパルス間の間隔) Pulse period of the NC signal (interval between adjacent pulses)
は、1倍速の場合、1/75秒である。 In the case of single-speed, which is 1 / 75th of a second.

【0048】前記エンコードの際は、同期信号、すなわち、SYNCパターン(シンクパターン)が、このSU [0048] During the encoding, synchronization signals, i.e., the SYNC pattern, the SU
BCODE−SYNC信号に基づいて(SUBCODE Based on the BCODE-SYNC signal (SUBCODE
−SYNC信号のタイミングで)、前記ENCORDE -SYNC at the timing of the signal), the ENCORDE
EFM信号に付加される。 It is added to the EFM signal. すなわち、各サブコードフレームの先頭部に対応する部分に、それぞれ、SYNC That is, the portion corresponding to the head portion of each subcode frame, respectively, SYNC
パターンが付加される。 Pattern is added.

【0049】このENCORDE EFM信号は、EF [0049] The ENCORDE EFM signal, EF
M/CDROMエンコーダ制御部24からレーザ制御部14に入力される。 Is input from the M / CDROM encoder control unit 24 to the laser control unit 14.

【0050】また、アナログ信号であるWRITE P [0050] In addition, WRITE P is an analog signal
OWER信号(電圧)が、制御手段13に内蔵される図示しないD/A変換器から出力され、レーザ制御部14 OWER signal (voltage) is outputted from the D / A converter (not shown) in the control means 13, the laser control unit 14
に入力される。 It is input to.

【0051】レーザ制御部14は、ENCORDE E The laser control unit 14, ENCORDE E
FM信号に基づいて、制御手段13からのWRITE Based on the FM signal, WRITE from the control unit 13
POWER信号のレベルをハイレベル(H)と、ローレベル(L)とに切り替えて出力し、これにより光学ヘッド3のレーザダイオードの駆動を制御する。 Level a high level POWER signal (H), and outputs switch to a low level (L), thereby controlling the operations of the laser diode of the optical head 3.

【0052】具体的には、レーザ制御部14は、ENC [0052] More specifically, the laser control unit 14, ENC
ORDE EFM信号のレベルがハイレベル(H)の期間、WRITE POWER信号のレベルをハイレベル(H)にして出力する。 ORDE level period of the EFM signal is high level (H), and outputs the the level of the WRITE POWER signal supplied to the high level (H). すなわち、レーザの出力を上げる(書き込み出力にする)。 That is, it increases the output of the laser (to write output). そして、ENCORDE Then, ENCORDE
EFM信号のレベルがローレベル(L)の期間、WRI Level period of the EFM signal is low level (L), WRI
TE POWER信号のレベルをローレベル(L)にして出力する。 And the level of the TE POWER signal low level (L) output. すなわち、レーザの出力を下げる(読み出し出力に戻す)。 Namely, the laser output is decreased (returned to a level for reading out data).

【0053】これにより、光ディスク2には、ENCO [0053] As a result, the optical disc 2, ENCO
RDE EFM信号のレベルがハイレベル(H)のとき、所定長のピットが書き込まれ、ENCORDE E When the level of the RDE EFM signal is a high level (H), a pit having a predetermined length is written, ENCODE E
FM信号のレベルがローレベル(L)のとき、所定長のランドが書き込まれる。 When the level of the FM signal is low level (L), a predetermined length of the land is written.

【0054】このようにして、光ディスク2の所定のトラックに、データが書き込まれる(記録される)。 [0054] In this way, a predetermined track of the optical disc 2, data is written (recorded).

【0055】EFM/CDROMエンコーダ制御部24 [0055] EFM / CDROM encoder control section 24
では、前述したENCODE EFM信号の他に、所定のENCODE EFM信号(ランダムEFM信号)が生成される。 So in addition to the ENCODE EFM signal described above, a predetermined ENCODE EFM signal (random EFM signal) is generated. このランダムEFM信号は、OPC(Opti This random EFM signal, OPC (Opti
mum Power Control )において、テストエリアへの試し書きの際のレーザの出力調整(パワーコントロール)に用いられる。 In mum Power Control), used in the laser output adjustment during trial writing in a test area (Power Control).

【0056】OPCにおけるテストエリアへの試し書きの際は、前記ランダムEFM信号が、EFM/CDRO [0056] During the trial writing in a test area under the OPC procedure, the random EFM signal, EFM / CDRO
Mエンコーダ制御部24からレーザ制御部14に入力される。 Is input from the M encoder control unit 24 to the laser control unit 14.

【0057】また、OPCにおけるテストエリアへの試し書きの際は、制御手段13では、15段階のレベルのWRITE POWER信号が生成され、そのWRIT [0057] Further, when trial writing in a test area under the OPC procedure, the control unit 13, 15 step the level of the WRITE POWER signal supplied is generated, the WRIT
EPOWER信号が、制御手段13に内蔵される図示しないD/A変換器から出力され、レーザ制御部14に入力される。 EPOWER signal is output from the D / A converter (not shown) in the control means 13, it is inputted into the laser control section 14.

【0058】そして、レーザ制御部14は、前記ランダムEFM信号に基づいて、制御手段13からのWRIT [0058] The laser control unit 14, based on the random EFM signal, WRIT from the control unit 13
E POWER信号のレベルをハイレベル(H)と、ローレベル(L)とに切り替えて出力し、これにより光学ヘッド3のレーザダイオードの駆動を制御する。 E level a high level POWER signal (H), and outputs switch to a low level (L), thereby controlling the operations of the laser diode of the optical head 3. これを15段階のレベルのWRITE POWER信号のそれぞれで行う。 This is done for each of the 15-step level WRITE POWER signals.

【0059】OPC動作では、このようにして、15段階の出力のレーザ光でテストエリアへの試し書きが行われる。 [0059] In the OPC operation is, in this way, try writing in a test area can be carried out with laser light output of 15 stage.

【0060】また、光ディスク2にデータを書き込む際は、読み出し出力のレーザ光が、光学ヘッド3のレーザダイオードから光ディスク2のプリグルーブに照射され、その反射光が、光学ヘッド3の分割ホトダイオードで受光される。 [0060] Further, when writing data to the optical disc 2, laser light at a read-out output is emitted from the laser diode of the optical head 3 to the pre-groove of the optical disc 2, the reflected light, received by the split photodiode of the optical head 3 It is.

【0061】この分割ホトダイオードからは、図6に示すWOBBLE信号が出力される。 [0061] From this division photodiode, WOBBLE signal shown in FIG. 6 is outputted. 前述したように、このWOBBLE信号には、1倍速で22.05kHz の周波数の信号と、ATIP情報をバイフェーズ変調し、さらに、22.05kHz のキャリア周波数でFM変調した信号とが含まれる。 As mentioned above, this WOBBLE signal has a frequency of a signal of 22.05kHz at 1 × speed, biphase modulating ATIP information and further includes a signal FM modulated at a carrier frequency of 22.05kHz.

【0062】このWOBBLE信号は、WOBBLE信号検出回路19に入力され、WOBBLE信号検出回路19で2値化される。 [0062] This WOBBLE signal is inputted into the WOBBLE signal detection circuit 19 is binarized by WOBBLE signal detection circuit 19.

【0063】2値化されたWOBBLE信号は、WOB [0063] 2 digitized WOBBLE signal is, WOB
BLEサーボコントローラ22に入力される。 Is input to the BLE servo controller 22.

【0064】WOBBLEサーボコントローラ22では、WOBBLE信号のうちのFM変調されているAT [0064] In the WOBBLE servo controller 22 is FM-modulated among the WOBBLE signal AT
IP情報を復調し、図7に示すBIDATA信号(バイフェーズデータ信号)を得る。 Demodulates the IP information, obtain the BIDATA signal (biphase signal) shown in FIG. このBIDATA信号は、1T〜3Tの信号(パルス信号)である。 This BIDATA signal is a 1T~3T signal (pulse signal). なお、このBIDATA信号をバイフェーズ復調し、その後、デコードすることにより、ATIP情報が得られる。 Incidentally, the BIDATA signal biphase demodulated then by decoding, ATIP information is obtained.

【0065】また、WOBBLEサーボコントローラ2 [0065] In addition, WOBBLE servo controller 2
2に内蔵される図示しないデジタルPLL回路では、前記BIDATA信号に基づいてクロック生成を行って、 The digital PLL circuit (not shown) incorporated in the 2, a clock is generated based on the BIDATA signal,
図7に示すBICLOCK信号を得る。 Obtain BICLOCK signal shown in FIG. このBICLO This BICLO
CK信号は、後述するBIDATA信号のデコードのタイミングに使用される。 CK signal is used in timing of the decoding of the BIDATA signal (described later).

【0066】前記BIDATA信号およびBICLOC [0066] The BIDATA signal and BICLOC
K信号は、それぞれ、シンク信号生成・ATIPデコーダ27に入力される。 K signal are respectively inputted into the SYNC signal generating · ATIP decoder 27.

【0067】シンク信号生成・ATIPデコーダ27では、BICLOCK信号に基づいて、BIDATA信号をバイフェーズ復調し、その後、デコードしてATIP [0067] In the SYNC signal generating · ATIP decoder 27, based on BICLOCK signal, biphase demodulating the BIDATA signal, then decoding ATIP
情報を得るとともに、図7に示すATIP−SYNC信号(ATIPシンク信号)を生成する。 Together with obtaining information, to generate the ATIP-SYNC signal shown in FIG. 7 (ATIP sync signal).

【0068】この場合、図7に示すように、BIDAT [0068] In this case, as shown in Figure 7, BIDAT
A信号に含まれるSYNCパターンが検出されたときに、ATIP−SYNC信号のパルスが生成される。 When the SYNC pattern included in the A signal is detected, the ATIP-SYNC signal pulse is generated. このATIP−SYNC信号のパルスの周期(隣接するパルス間の間隔)は、1倍速の場合、1/75秒である。 Pulse period of this ATIP-SYNC signal (ie, the time interval between adjacent pulses) in the case of 1 × speed is 1/75 sec.

【0069】このATIP−SYNC信号は、制御手段13およびWOBBLEサーボコントローラ22のそれぞれに入力される。 [0069] The ATIP-SYNC signal is inputted into the control means 13 and the WOBBLE servo controller 22.

【0070】また、前記デコードされたATIP情報は、制御手段13に入力される。 [0070] Further, ATIP information the decoding is inputted to the control unit 13. 制御手段13は、このATIP情報により、光ディスク2上の絶対時間を把握する。 Control means 13, by the ATIP information, to know the absolute time on the optical disc 2.

【0071】前述したEFM/CDROMエンコーダ制御部24からのSUBCODE−SYNC信号は、シンク信号生成・ATIPデコーダ27に入力され、このシンク信号生成・ATIPデコーダ27から制御手段13 [0071] SUBCODE-SYNC signal from the EFM / CDROM encoder control section 24 described above, the sync signal is input to the generation · ATIP decoder 27, the control unit 13 from the SYNC signal generating · ATIP decoder 27
およびWOBBLEサーボコントローラ22のそれぞれに入力される。 And is input to each of the WOBBLE servo controller 22.

【0072】図8は、ATIPフレームのフォーマットを示す図である。 [0072] Figure 8 is a diagram showing a format of the ATIP frame. 同図に示すように、ATIPフレームのデータは、4ビットの同期信号、すなわちシンク(S As shown in the figure, data of the ATIP frame, 4 bits for synchronizing signal (S
ync)と、8ビットの分(Min)と、8ビットの秒(Sec)と、8ビットのフレームと、14ビットの誤り検出符号(CRC:Cyclic Redundancy Code)とで構成されている。 And YNC), and the 8-bit minute (Min), and 8 bits of seconds (Sec), and the 8-bit frame, 14-bit error detection code (CRC: is composed de Cyclic Redundancy Code) and.

【0073】WOBBLEサーボコントローラ22では、各ATIPフレームに対し、ATIP情報の誤り(エラー)検出がなされる(ATIP情報が誤っているか否かを判別する)。 [0073] In the WOBBLE servo controller 22, for each ATIP frame (determines whether incorrectly ATIP information) error of the ATIP information (error) detection is performed.

【0074】このATIP情報の誤り検出では、ATI [0074] In the error detection of the ATIP information, ATI
PフレームのSync、分(Min)、秒(Sec)およびフレームのデータに対して所定の演算を行った結果と、誤り検出符号(CRC)とが一致する場合を「正常」、一致しない場合を「ATIPエラー」と言う。 Sync P frame, minutes (Min), and the result of performing a predetermined operation with respect to seconds (Sec) and the frame of data, a case where "normal", does not match the case where the error detection code and (CRC) matches It referred to as a "ATIP error".

【0075】この場合、図4に示すように、WOBBL [0075] In this case, as shown in FIG. 4, WOBBL
Eサーボコントローラ22では、ATIP情報の誤り、 In E servo controller 22, the error of the ATIP information,
すなわちATIPエラーが検出されると、パルス51が生成され、出力される。 I.e. ATIP error is detected, a pulse 51 is generated and outputted.

【0076】このパルス51で構成されるATIP E [0076] ATIP E consists of the pulse 51
RROR信号は、制御手段13のカウンター(計数手段)131に入力される。 RROR signal is inputted into a counter (counting means) 131 of the control unit 13. そして、このカウンター13 Then, the counter 13
1により、ATIP ERROR信号のパルス数が、A By one, the number of pulses of ATIP ERROR signal, A
TIPエラーとして計数(計測)される。 TIP counted as an error is (measured).

【0077】このATIP情報の誤り検出は、ATIP [0077] error detection of the ATIP information, ATIP
フレーム毎に行われるので、ATIPエラーは、75A Because is done on a frame-by-frame basis, ATIP error, 75A
TIPフレーム(1倍速で1秒間)に、最大75個存在する。 TIP Frame (1 sec 1 × speed), there 75 maximum.

【0078】なお、WOBBLEサーボコントローラ2 [0078] It should be noted, WOBBLE servo controller 2
2により、ATIPエラーを検出する検出手段が構成される。 The 2, constitute detection means for detecting such ATIP errors.

【0079】前記ATIPエラーの計数値は、メモリー26に記憶されるとともに、インターフェース制御部3 [0079] counted value of the ATIP error is stored in the memory 26, interface control section 3
1を介して、コンピュータ41に送信され、光ディスク装置1の検査(光ディスク装置1の記録能力の判定)に利用される。 Through 1, it is transmitted to the computer 41 is utilized in examining the optical disc drive 1 (to judge the recording performance of the optical disc apparatus 1).

【0080】前記制御手段13に入力されたATIP− [0080] inputted into the control means 13 ATIP-
SYNC信号は、ATIP時間情報の更新のタイミングに利用される。 SYNC signal is utilized to the timing of renewal of ATIP time information.

【0081】また、WOBBLEサーボコントローラ2 [0081] In addition, WOBBLE servo controller 2
2に入力されたATIP−SYNC信号は、SUBCO ATIP-SYNC signal inputted into the 2, SUBCO
DE−SYNC信号との同期合わせに用いられる。 Used for synchronization with the DE-SYNC signal.

【0082】制御手段13に入力されたSUBCODE [0082] The input to the control means 13 SUBCODE
−SYNC信号は、ATIP時間情報の補間や、前述したATIPエラーの計測に用いられる。 -SYNC signal, interpolation or the ATIP time information, the measurement of the ATIP error described above.

【0083】また、WOBBLEサーボコントローラ2 [0083] In addition, WOBBLE servo controller 2
2に入力されたSUBCODE−SYNC信号は、前記ATIP−SYNC信号と同様、同期合わせの基準信号として用いられる。 SUBCODE-SYNC signal inputted into the 2, the same manner as the ATIP-SYNC signal, used as a reference signal for synchronization.

【0084】なお、同期合わせは、書き込み時に生成するEFMデータ内にあるSUBCODE−SYNC信号の位置と、光ディスク2上のATIP−SYNC信号の発生する位置とを実質的に一致させるために行う。 [0084] Incidentally, the synchronization adjustment is performed and the position of the SUBCODE-SYNC signal in the EFM data generated when writing, the position of occurrence of ATIP-SYNC signal on the optical disc 2 in order to substantially match.

【0085】図9に示すように、SUBCODE−SY [0085] As shown in FIG. 9, SUBCODE-SY
NC信号と、ATIP−SYNC信号のずれは、通常、 And NC signal, the deviation of the ATIP-SYNC signal are normally
光ディスク2全体において、各部位でそれぞれ、±2E In the entire optical disc 2, respectively at each site, ± 2E
FMフレームまで許されている。 It is allowed to FM frame.

【0086】[再生] 光ディスク2からデータ(信号)を再生する(読み出す)際は、レーザ制御部14からのWRITE POW [0086] [play] reproduces the data (signal) from the optical disc 2 (reading) time is, WRITE POW from the laser control unit 14
ER信号のレベルは、読み出し出力に対応する一定のD Level of the ER signal, constant D corresponding to the read output
Cレベルに保持され、これにより、レーザの出力が、読み出し出力に保持される。 Held in C level, thereby, the laser output is maintained in the readout output. 読み出し出力(メインビームの出力)は、通常、0.7mW以下とされる。 Read-out output (the output of the main beam) is usually less 0.7 mW.

【0087】光ディスク2からデータを読み出す際は、 [0087] When reading the data from the optical disc 2,
読み出し出力のレーザ光が、光学ヘッド3のレーザダイオードから光ディスク2の所定のトラックに照射され、 Laser light of the read output is emitted from the laser diode of the optical pick-up 3 onto a predetermined track of the optical disc 2,
その反射光が、光学ヘッド3の分割ホトダイオードで受光される。 The reflected light is received by the split photodiode of the optical head 3.

【0088】この分割ホトダイオードの各受光部からは、それぞれ、受光光量に応じた電流(電圧)が出力され、これらの電流、すなわち、各信号(検出信号)は、 [0088] From the light receiving sections of the divided photodiode, respectively, a current corresponding to the amount of received light (voltage) is outputted, and these currents, namely, each signal (detected signal),
それぞれ、HF信号生成回路15およびエラー信号生成回路18に入力される。 Respectively inputted into the HF signal generating circuit 15 and the error signal generating circuit 18.

【0089】HF信号生成回路15では、これらの検出信号の加算や減算等を行うことにより、HF(RF)信号が生成される。 [0089] In the HF signal generating circuit 15, by performing addition and subtraction and the like of these detection signals, HF (RF) signal is generated.

【0090】このHF信号は、光ディスク2に書き込まれたピットとランドに対応するアナログ信号である。 [0090] This HF signal is an analog signal corresponding to pits and lands formed in the optical disc 2.

【0091】このHF信号は、HF信号ゲイン切り替え回路16に入力され、増幅される。 [0091] The HF signal is inputted into the HF signal gain switching circuit 16, it is amplified. このHF信号ゲイン切り替え回路16の増幅率(ゲイン)は、制御手段13 Amplification factor of the HF signal gain switching circuit 16, the control unit 13
からのゲイン切り替え信号により切り替えられる。 It is switched by a gain switching signal from.

【0092】この増幅後のHF信号(以下、単に「HF [0092] HF signal after this amplification (hereinafter, simply "HF
信号」と言う)は、ピーク・ボトム検出回路17およびCDサーボコントローラ21のそれぞれに入力される。 Referred to signal ") is respectively inputted into the peak bottom detection circuit 17 and the CD servo controller 21.

【0093】また、ピーク・ボトム検出回路17には、 [0093] In addition, the peak bottom detection circuit 17,
のフォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御において説明するトラッキングエラー(TE)信号が入力される。 Focus control, a tracking error (TE) signal described in the tracking control and sled control are input.

【0094】図10に示すように、ピーク・ボトム検出回路17では、入力信号、例えば、HF信号やトラッキングエラー信号等の振幅(エンベローブ)が抽出される。 [0094] As shown in FIG. 10, the peak-bottom detection circuit 17, the input signal, for example, HF signal and the tracking error signal and the like of the amplitude (envelope) is extracted.

【0095】この振幅の上側をPEEK(TOP)、振幅の下側をBOTTOMと言い、振幅の上側に対応する信号をPEEK(TOP)信号、振幅の下側に対応する信号をBOTTOM信号と言う。 [0095] The upper side of the amplitude PEEK (TOP), referred to as BOTTOM the lower side of the amplitude, say signal a PEEK (TOP) signal corresponding to the upper side of the amplitude, the signal corresponding to the lower side of the amplitude and the BOTTOM signal.

【0096】PEEK信号およびBOTTOM信号は、 [0096] PEEK signal and the BOTTOM signal,
それぞれ、制御手段13に内蔵されている図示しないA Respectively (not shown) built in the control unit 13 A
/D変換器に入力され、このA/D変換器でデジタル信号に変換される。 Is input to the / D converter, is converted into a digital signal by the A / D converter.

【0097】これらPEEK信号およびBOTTOM信号は、例えば、振幅測定、トラッキングエラー信号の振幅調整、OPC(Optimum Power Control )におけるβ [0097] These PEEK signal and the BOTTOM signal are, for example, amplitude measurement, amplitude adjustment of the tracking error signal, beta in OPC (Optimum Power Control)
(β値)の計算、HF信号の有無の判断等に利用される。 Calculation of (beta value), and to determine the presence or absence of the HF signal.

【0098】CDサーボコントローラ21では、HF信号が2値化され、EFM復調され、EFM信号が得られる。 [0098] In the CD servo controller 21, HF signal is digitized and EFM demodulated, EFM signal is obtained. このEFM信号は、3T〜11Tの長さ(周期)のパルスで構成される信号である。 This EFM signal is a signal formed by pulses of length of 3T to 11T (period).

【0099】そして、CDサーボコントローラ21では、このEFM信号に対して、CIRC(Cross Interl [0099] Then, in the CD servo controller 21, with respect to the EFM signal, CIRC (Cross Interl
eaved Read Solomon Code )と呼ばれる誤り訂正符号を用いたエラー訂正(CIRCエラー訂正)が2回行われる。 eaved Read Solomon Code) error correction using an error correction code called (CIRC error correction) is performed twice.

【0100】この場合、1回目のCIRC訂正をC1エラー訂正、2回目のCIRC訂正をC2エラー訂正と言う。 [0100] say in this case, the first C1 error correction CIRC correction, the second of the CIRC correction and C2 error correction.

【0101】そして、1回目のCIRC訂正、すなわちC1エラー訂正において訂正できない場合を「C1エラー」と言い、2回目のCIRC訂正、すなわちC2エラー訂正において訂正できない場合を「C2エラー」と言う。 [0101] Then, by the first CIRC correction, the case ie can not be corrected in the C1 error correction is referred to as a "C1 error", CIRC correction a second time, that is, the case that can not be corrected in the C2 error correction is referred to as a "C2 error".

【0102】図11に示すように、CDサーボコントローラ21では、このC1エラー訂正の際、C1エラーが検出されると、パルス52が生成され、出力される。 [0102] As shown in FIG. 11, in the CD servo controller 21, during the C1 error correction, when the C1 error is detected, a pulse 52 is generated and outputted.

【0103】このパルス52で構成されるC1ERRO [0103] C1ERRO consists of this pulse 52
R信号は、制御手段13のカウンター131に入力される。 R signal is input to the counter 131 of the control unit 13. そして、このカウンターにより、C1ERROR信号のパルス数が、C1エラーとして計数(計測)される。 By this counter, the number of pulses of C1ERROR signal is counted (measured) as a C1 error.

【0104】1サブコードフレームは、98EFMフレームで構成されるので、C1エラーと、C2エラーは、 [0104] 1 subcode frame are configured at 98EFM frame, and C1 errors, C2 error,
それぞれ、75サブコードフレーム(1倍速で1秒間) Each 75 subcode frame (1 sec 1 × speed)
に、最大7350個存在する。 To, up to 7350 pieces exist.

【0105】なお、CDサーボコントローラ21により、C1エラーを検出する検出手段が構成される。 [0105] Incidentally, the CD servo controller 21 constitutes a detection means for detecting the C1 error.

【0106】前記C1エラーの計数値は、メモリー26 [0106] count value of the C1 errors, memory 26
に記憶されるとともに、インターフェース制御部31を介して、コンピュータ41に送信され、光ディスク装置1の検査(光ディスク装置1の再生能力または記録・再生能力の判定)に利用される。 Together they are stored in, through the interface control unit 31, is transmitted to the computer 41 is utilized in examining the optical disc drive 1 (to judge the playback performance or the recording and reproducing performance of the optical disc drive 1).

【0107】CDサーボコントローラ21では、CIR [0107] In the CD servo controller 21, CIR
Cエラー訂正後のEFM信号が、所定形式のデータ、すなわち、DATA信号にデコード(変換)される。 EFM signal after C error correction a predetermined format data, namely, is decoded (converted) into a DATA signal.

【0108】以下、代表的に、光ディスク2にオーディオデータ(音楽データ)が記録されており、そのEFM [0108] Hereinafter, typically, audio data on the optical disc 2 (music data) is recorded, the EFM
信号をオーディオ形式のDATA信号にデコードする場合を説明する。 We describe a case of decoding the signals into an audio format DATA signal.

【0109】図12は、オーディオ形式のDATA信号、LRCLOCK信号およびBITCLOCK信号を示すタイミングチャートである。 [0109] Figure 12 is a timing chart showing the DATA signal, LRCLOCK signal and BITCLOCK signal audio format.

【0110】同図に示すように、CDサーボコントローラ21では、EFM信号が、クロック33からのクロック信号に基づいて、16ビットのLチャンネルデータと、16ビットのRチャンネルデータとで構成されるD [0110] As shown in the drawing, in the CD servo controller 21, EFM signals based on the clock signal from the clock 33, D consists of a 16-bit L-channel data, and 16-bit R-channel data
ATA信号にデコードされる。 It is decoded to ATA signal.

【0111】また、CDサーボコントローラ21では、 [0111] Also, in the CD servo controller 21,
クロック33からのクロック信号に基づいて、BITC Based on the clock signal from the clock 33, BITC
LOCK信号およびLRCLOCK信号が、それぞれ生成される。 LOCK signal and the LRCLOCK signal are respectively generated. このBITCLOCK信号は、シリアルデータ転送クロックである。 This BITCLOCK signal is a serial data transfer clock.

【0112】また、LRCLOCK信号は、DATA信号中のLチャンネルデータとRチャンネルデータとを区別するための信号である。 [0112] Further, LRCLOCK signal is a signal for discriminating the L-channel data and the R-channel data in the DATA signal. この場合、LRCLOCK信号のレベルがハイレベル(H)のときが、Lチャンネルデータを示し、ローレベル(L)のときが、Rチャンネルデータを示す。 In this case, when the level of the LRCLOCK signal is a high level (H) is shown the L-channel data, when the low level of the (L) indicates the R-channel data.

【0113】なお、光ディスク2に通常データが記録されている場合も、そのEFM信号は、前述した16ビットのLチャンネルデータと、16ビットのRチャンネルデータとで構成されるDATA信号にデコードされる。 [0113] Incidentally, even if the optical disc 2 is normal data is recorded, the EFM signal is decoded into a DATA signal comprised a 16-bit L-channel data described above, the 16-bit R-channel data .

【0114】これらDATA信号、LRCLOCK信号およびBITCLOCK信号は、それぞれ、CDROM [0114] These DATA signal, LRCLOCK signal and BITCLOCK signal are respectively, CDROM
デコーダ制御部28に入力される。 Is input to the decoder control unit 28.

【0115】CDROMデコーダ制御部28では、光ディスク2に、補正情報、例えば、ECC(Error Correc [0115] In CDROM decoder control section 28, the optical disc 2, the correction information, e.g., ECC (Error Correc
tion Code )/EDC(Error Detecting Code)のエラー訂正符号が記録されている場合には、DATA信号に対して、そのエラー訂正が行われる。 If an error correction code tion Code) / EDC (Error Detecting Code) is recorded, to the DATA signal, the error correction is performed.

【0116】このECC/EDCは、CD−ROM M [0116] The ECC / EDC is, CD-ROM M
ODE1フォーマットにおけるエラー訂正符号である。 An error correction code in ODE1 format.
このエラー訂正により、ビットの誤り率を10 -12程度まで減少させることができる。 This error correction, the error rate of bits can be reduced to about 10 -12.

【0117】そして、CDROMデコーダ制御部28では、DATA信号が、クロック35からのクロック信号に基づいて、通信(送信)用の所定形式のデータにデコードされ、このデコードされたデータ(デコードデータ)は、インターフェース制御部31を介して、コンピュータ41に送信される。 [0117] Then, the CDROM decoder control section 28, DATA signal, based on the clock signal from the clock 35, is decoded into predetermined format data for communication (transmission), the decoded data (decoded data) , via the interface control unit 31, it is transmitted to the computer 41.

【0118】コンピュータ41側では、例えば、このデコードデータがエンコードされ、そのエンコードされたデータ(エンコードデータ)が、所定の記録媒体(例えば、光ディスク)に記録(コピー)される。 [0118] In the computer 41 side, for example, this decoded data is encoded, the encoded data (encoded data), a predetermined recording medium (e.g., optical disc) is recorded in (copied).

【0119】また、CDサーボコントローラ21では、 [0119] Also, in the CD servo controller 21,
図13に示すFRAME SYNC信号が生成される。 FRAME SYNC signal shown in FIG. 13 is generated.

【0120】このFRAME SYNC信号のレベルは、CDサーボコントローラ21にHF信号が入力され、規定の周期(3T〜11T)でEFM信号が同期しているときに、ハイレベル(H)になる。 [0120] The level of this FRAME SYNC signal is HF signal input to the CD servo controller 21, when the EFM signal is synchronized with a specified period (3T to 11T), at a high level (H). そして、HF Then, HF
信号(EFM信号)が入力されなくなると(同期が合わなくなると)、EFMフレーム単位で、FRAME S Signal when (EFM signal) is not input (the synchronization is not match), the EFM frame unit, FRAME S
YNC信号のレベルが、ハイレベル(H)からローレベル(L)に変化する。 Level YNC signal changes from the high level (H) to the low level (L).

【0121】なお、1EFMフレームの長さ(周期) [0121] In addition, the length of the 1EFM frame (period)
は、1倍速の場合、136μsec であり、98EFMフレームが1サブコードフレームである。 In the case of 1 × speed is 136Myusec, 98 EFM frames is 1 subcode frame.

【0122】このFRAME SYNC信号は、制御手段13に入力され、HF信号の終端の検出に用いられる。 [0122] This FRAME SYNC signal is inputted into the control means 13, is used for detecting the termination of the HF signal.

【0123】また、CDサーボコントローラ21からは、SUBQ DATA信号が制御手段13に入力される。 [0123] Further, from the CD servo controller 21, SUBQ DATA signal is inputted into the control means 13.

【0124】このSUBQ DATA信号は、サブコードデータのうちのQデータを示す信号である。 [0124] This SUBQ DATA signal is a signal which represents Q data in the subcode data.

【0125】サブコードには、P、Q、R、S、T、 [0125] in the sub-code, P, Q, R, S, T,
U、VおよびWの8種類がある。 U, there are eight types of V and W. 1EFMフレームには、サブコードが1バイト付いており、その1バイトには、P〜Wの各データが、それぞれ1ビット記録されている。 The 1EFM frame subcode comes with 1 byte, in its one byte, the data P~W have been 1-bit recording, respectively.

【0126】P〜Wの各データは、それぞれ1ビットであり、1サブコードフレームは、98EFMフレームであるので、1サブコードフレーム中のP〜Wの各データは、それぞれ、98ビットである。 [0126] Each data P~W are each 1 bit, one subcode frame is because it is 98EFM frame, each data P~W in one subcode frame are each 98 bits. 但し、先頭の2EF However, the head of the 2EF
Mフレームは、SYNCパターン(同期信号)に使用されるので、実際のデータは、96ビットである。 M frames, because they are used for the SYNC pattern (synchronization signal), the actual data is 96 bits.

【0127】図14は、Qデータ96ビットのフォーマットを示す図である。 [0127] Figure 14 is a diagram showing a format of the 96 bits of Q data. 同図に示すQ1〜Q4のコントロール(4ビット)は、通常データ/オーディオデータの識別に用いられる。 Control Q1~Q4 shown in FIG. (4 bits) are used to discriminate normal data / audio data.

【0128】また、Q5〜Q8のアドレス(4ビット) [0128] In addition, Q5~Q8 of address (4 bits)
は、Q9〜Q80までのデータ(72ビット)の内容を示す。 Shows the contents of the data (72 bits) to Q9~Q80.

【0129】また、Q81〜Q96のCRC(Cyclic R [0129] In addition, Q81~Q96 of CRC (Cyclic R
edundancy Code)(16ビット)は、エラー(誤り)検出(データが間違っているか否かの判別)に用いられる。 edundancy Code) (16 bits) is used for error (error) detection (or determination whether the data is wrong).

【0130】このQデータからは、さらに、光ディスク2上の絶対時間情報、現在のトラック情報、リードイン、リードアウト、曲の番号、リードインに記録されるTOC(Table Of Contents )と呼ばれる目次の内容等を取得することができる。 [0130] From this Q data, In addition, absolute time information on the optical disc 2, the current track information, the lead-in, lead-out, number of songs, the table of contents called TOC (Table Of Contents), which is recorded in the lead-in it is possible to retrieve the contents and the like.

【0131】制御手段13では、このようなQデータから情報を取得して所定の制御を行う。 [0131] The control unit 13 performs predetermined control by obtaining such information from the Q data.

【0132】また、CDサーボコントローラ21からは、SUBCODE−SYNC信号が制御手段13に入力される。 [0132] Further, from the CD servo controller 21, SUBCODE-SYNC signal is inputted into the control means 13.

【0133】図15に示すように、98EFMフレーム中に、サブコードデータは、98バイトあるが、前述したように、先頭2EFMフレームの2バイト、すなわち、S0およびS1には、SYNCパターン(同期信号)が記録される。 [0133] As shown in FIG. 15, in 98EFM frame, subcode data, there are 98 bytes, as described above, the first two bytes of 2EFM frames, namely, S0 and S1 are SYNC pattern (synchronization signal ) it is recorded.

【0134】CDサーボコントローラ21では、このS [0134] In the CD servo controller 21, the S
YNCパターンが検出されると、パルスが生成され、出力される。 When YNC pattern is detected, a pulse is generated and outputted. すなわち、1サブコードフレーム(98EF That is, one sub code frame (98EF
Mフレーム)毎に、パルスが生成され、出力される。 The M frames) per pulse is generated and outputted. このパルスで構成される信号が、SUBCODE−SYN Signal composed of this pulse, SUBCODE-SYN
C信号である。 A C signal. 前記SYNCパターンは、1倍速の場合、1秒間に75回検出される。 The SYNC pattern, in the case of 1 × speed is detected 75 times per second.

【0135】なお、CDサーボコントローラ21では、 [0135] It should be noted that, in the CD servo controller 21,
SUBCODE−SYNC信号のパルスの検出後に、前述したQデータが更新される。 After detection of the SUBCODE-SYNC signal pulse, Q data described above is updated. そして、その更新されたQデータは、制御手段13に読み込まれる。 Then, Q data thereof updated is read into the control means 13.

【0136】[フォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御] PU駆動制御信号生成回路18では、前述した分割ホトダイオードからの検出信号の加算や減算等を行うことにより、フォーカスエラー(FE)信号、トラッキングエラー(TE)信号、スレッドエラー(SE)信号およびトラックロス(TLN)信号がそれぞれ生成される。 [0136] [focus control, tracking control and sled control] The PU drive control signal generating circuit 18, by performing addition and subtraction and the like of the detection signals from the divided photodiode as described above, a focus error (FE) signal, a tracking error ( TE) signal, a sled error (SE) signal and a track loss (TLN) signal is generated, respectively.

【0137】このフォーカスエラー信号は、合焦位置からの回転軸方向における対物レンズのずれの大きさおよびその方向(合焦位置からの対物レンズのずれ量)を示す信号である。 [0137] The focus error signal indicates the deviation of the objective lens magnitude and its direction (shift amount of the objective lens from the focus position) in the rotation axis direction from the focus position.

【0138】また、トラッキングエラー信号は、トラック(プリグルーブ)の中心からの径方向における対物レンズのずれの大きさおよびその方向(トラックの中心からの対物レンズのずれ量)を示す信号である。 [0138] The tracking error signal indicates track (displacement amount of the objective lens from the center of the track) magnitude and its direction of displacement of the objective lens in the radial direction from the center of the (pre-groove).

【0139】また、スレッドエラー信号は、スレッド制御、すなわち、スレッドサーボ(光学ヘッド3の光学ヘッド本体の送りサーボ)に使用されるエラー(誤差)信号である。 [0139] Furthermore, the sled error signal is also, the thread control, i.e., an error (error) signal used sled servo (feed of the pick-up base of the optical pick 3 servo). 換言すれば、光学ヘッド3の目標位置(適正位置)からの径方向(光学ヘッド3の送り方向)における該光学ヘッド3のずれの大きさおよびその方向を示す信号である。 In other words, a signal that indicates the magnitude and direction of the radial direction of the optical head 3 in the (feed direction of the optical head 3) the deviation from the target position of the optical head 3 (proper position). 前記フォーカスエラー信号は、CDサーボコントローラ21に入力される。 The focus error signal is inputted into the CD servo controller 21.

【0140】また、トラッキングエラー信号は、CDサーボコントローラ21に入力されるとともに、前述したようにピーク・ボトム検出回路17にも入力される。 [0140] The tracking error signal is inputted into the CD servo controller 21, is also input to the peak bottom detection circuit 17, as described above. また、スレッドエラー信号は、CDサーボコントローラ2 Furthermore, the sled error signal is also, CD servo controller 2
1に入力される。 Is input to the 1.

【0141】光ディスイク装置1は、これらフォーカスエラー信号、トラッキングエラー信号およびスレッドエラー信号を用い、所定のトラックにおいて、フォーカス制御、トラッキング制御およびスレッド制御を行う。 [0141] Light Disuiku device 1 Using these focus error signal, tracking error signal and sled error signal, in a predetermined track, carries out focus control, tracking control and sled control.

【0142】フォーカス制御の際は、CDサーボコントローラ21では、アクチュエータ4の回転軸方向の駆動を制御するフォーカスPWM(Puls Width Modulation [0142] During the focus control, in the CD servo controller 21, focus PWM (Puls Width Modulation for controlling the driving of the actuator 4 along the rotational axial direction
)信号が生成される。 ) Signal is generated. このフォーカスPWM信号は、 The focus PWM signal is
デジタル信号(連続パルス)である。 A digital signal (continuous pulse).

【0143】このフォーカスPWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター7に入力され、このPWM信号平滑フィルター7で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ6 [0143] The focus PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 7, the smoothing at this PWM signal smoothing filter 7, i.e., is converted into a control voltage (control signal), the driver 6
に入力される。 It is input to. そして、ドライバ6は、この制御電圧に基づいて、アクチュエータ4にフォーカス信号(所定電圧)を印加し、アクチュエータ4を回転軸方向(フォーカス方向)に駆動させる。 The driver 6, based on such control voltage, the focus signal (predetermined voltage) is applied to the actuator 4 to drive the actuator 4 in the rotational axis direction (focus direction).

【0144】この場合、CDサーボコントローラ21 [0144] In this case, CD servo controller 21
は、フォーカスエラー信号のレベルが0になるように(可及的に減少するように)、前記フォーカスPWM信号のパルス幅(デューティー比)の調整と、フォーカスPWM信号の符合(正負)の反転とを行う。 Is (so as to reduce as much as possible) the level of the focus error signal so that a 0, the adjustment of the focus PWM signal having a pulse width (duty ratio), reverses the code of the focus PWM signal (positive or negative) I do. これにより、光学ヘッド3の対物レンズは合焦位置に位置する。 Accordingly, the objective lens of the optical head 3 is positioned at the focus position.
すなわち、フォーカスサーボがかかる。 In other words, the focus servo is applied.

【0145】また、トラッキング制御の際は、CDサーボコントローラ21では、アクチュエータ4の径方向の駆動を制御するトラッキングPWM信号が生成される。 [0145] Further, when the tracking control, in the CD servo controller 21, the tracking PWM signal for controlling the driving of the radial actuator 4 is generated.
このトラッキングPWM信号は、デジタル信号(連続パルス)である。 This tracking PWM signal is a digital signal (continuous pulse).

【0146】このトラッキングPWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター7に入力され、このPWM信号平滑フィルター7で平滑化、 [0146] The tracking PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 7, the smoothing at this PWM signal smoothing filter 7,
すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ6に入力される。 That is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 6. そして、ドライバ6は、この制御電圧に基づいて、アクチュエータ4にトラッキング信号(所定電圧)を印加し、アクチュエータ4を径方向(トラッキング方向)に駆動させる。 The driver 6, based on such control voltage, the tracking signal (predetermined voltage) is applied to the actuator 4 to drive the actuator 4 in the radial direction (tracking direction).

【0147】この場合、CDサーボコントローラ21 [0147] In this case, CD servo controller 21
は、トラッキングエラー信号のレベルが0になるように(可及的に減少するように)、前記トラッキングPWM , Like (so is reduced as much as possible) the level of the tracking error signal becomes zero, the tracking PWM
信号ののパルス幅(デューティー比)の調整と、トラッキングPWM信号の符合(正負)の反転とを行う。 And adjustment of the signal of the pulse width (duty ratio), and reverses the code of the tracking PWM signal (positive or negative) carried. これにより、光学ヘッド3の対物レンズはトラック(プリグルーブ)の中心に位置する。 Accordingly, the objective lens of the optical head 3 is located in the center of the track (pre-groove). すなわち、トラッキングサーボがかかる。 That is, the tracking servo is applied.

【0148】また、スレッド制御の際は、CDサーボコントローラ21では、スレッドモータ5の駆動を制御するスレッドPWM信号が生成される。 [0148] Further, during the sled control, the CD servo controller 21, a sled PWM signal for controlling the driving of the sled motor 5 is generated. このスレッドPW This thread PW
M信号は、デジタル信号(連続パルス)である。 M signal is a digital signal (continuous pulse).

【0149】このスレッドPWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター7に入力され、このPWM信号平滑フィルター7で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ6に入力される。 [0149] The sled PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 7, the smoothing at this PWM signal smoothing filter 7, i.e., is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 6 that. そして、ドライバ6は、この制御電圧に基づいて、スレッドモータ5にスレッド信号(所定電圧) The driver 6, based on such control voltage, the thread signals the sled motor 5 (predetermined voltage)
を印加し、スレッドモータ5を回転駆動させる。 It was applied, the sled motor 5 to rotationally drive.

【0150】この場合、CDサーボコントローラ21 [0150] In this case, CD servo controller 21
は、スレッドエラー信号のレベルが0になるように(可及的に減少するように)、前記スレッドPWM信号のパルス幅(デューティー比)の調整と、スレッドPWM信号の符合(正負)の反転とを行う。 It is (so as to reduce as much as possible) the level of the sled error signal so that the zero adjustment of the sled PWM signal having a pulse width (duty ratio), reverses the code of the sled PWM signal (positive or negative) I do. これにより、光学ヘッド3の光学ヘッド本体は目標位置(適正位置)に位置する。 Thus, pick-up base of the optical pick up 3 is positioned at the target position (proper position). すなわち、スレッドサーボがかかる。 In other words, take a sled servo.

【0151】なお、トラッキングエラー信号は、トラッキング制御の他、例えば、光学ヘッド3を光ディスク2 [0151] Incidentally, the tracking error signal, in addition to tracking control, for example, the optical head 3 optical disc 2
の所定のトラック(目的トラック)へ移動させるとき、 When moving to a predetermined track (target track),
すなわち後述するトラックジャンプ制御等にも用いられる。 That used to track jump control to be described later.

【0152】[トラックジャンプ制御(光学ヘッドの移動制御)] 光ディスク装置1では、光学ヘッド3を光ディスク2の現トラックから目的トラックへ即時に移動させる際、すなわち、対物レンズを目的トラックへ移動させる際にトラックジャンプ制御が行われる。 [0152] In Track jump control (movement control of the optical head) optical disc apparatus 1, when moving immediately into the target track of the optical head 3 from the current track of the optical disk 2, i.e., when moving the objective lens to the target track track jump control is performed. このトラックジャンプ制御では、光学ヘッド本体移動機構のスレッドモータ5 This track jump control, sled motor 5 of the optical head body moving mechanism
の駆動と、アクチュエータ4の駆動とをそれぞれ制御し、ラフサーチ、ファインサーチ、またはこれらの組み合わせにより光学ヘッド3の対物レンズを目的トラックへ移動させる。 And driving of the actuator 4 of the drive and the controls, respectively, rough search, the fine search or moved to the target track of the objective lens of the optical head 3 by a combination of these.

【0153】図16は、トラックジャンプ制御を実施する部分のブロック図(図2中の主要部を示す図)である。 [0153] Figure 16 is a block diagram of a portion for performing the track jump control (diagram illustrating a main portion in FIG. 2).

【0154】同図に示すように、光学ヘッド3の分割ホトダイオードからの検出信号a、b、c、d、e、f、 [0154] As shown in the figure, the detection signal a from the split photodiode of the optical head 3, b, c, d, e, f,
gおよびhは、PU駆動制御信号生成回路18に入力され、PU駆動制御信号生成回路18では、検出信号a〜 g and h are input to the PU drive control signal generating circuit 18, the PU drive control signal generating circuit 18, the detection signal a~
hの加算や減算等を行うことにより、トラッキングエラー信号(以下、TE信号という)およびトラックロス信号(以下、TLN信号という)が、それぞれ生成される。 By performing h of addition and subtraction and the like, the tracking error signal (hereinafter, referred to as TE signal) and a track loss signal (hereinafter, referred TLN signal) is generated respectively.

【0155】TE信号およびTLN信号は、CDサーボコントローラ21に入力される。 [0155] TE signal and TLN signal is inputted into the CD servo controller 21. このCDサーボコントローラ21は、前記TE信号およびTLN信号に基づき、ドライバ6に駆動信号を送出する。 The CD servo controller 21, based on the TE signal and TLN signal and sends a drive signal to the driver 6.

【0156】ドライバ6は、第1ドライバ61と、第2 [0156] driver 6, the first driver 61, the second
ドライバ62とで構成されている。 It is composed of a driver 62. 第1ドライバ61 The first driver 61
は、スレッドモータ5に制御信号を送出してスレッドモータ5を駆動し、第2ドライバ62は、アクチュエータ4に制御信号を送出してアクチュエータ4を駆動する。 Drives the sled motor 5 transmits a control signal to the sled motor 5, the second driver 62 sends a control signal to the actuator 4 to drive the actuator 4.

【0157】トラックジャンプ制御を行う際には、CD [0157] When performing the track jump control, CD
サーボコントローラ21は、PU駆動制御信号生成回路18で生成されたTE信号やTLN信号(S1)に基づいて、光ディスク2に対する光学ヘッド3(対物レンズ)の径方向の位置や移動の方向を把握し、その光学ヘッド3(対物レンズ)を目的トラックに移動させる。 The servo controller 21, based on the TE signal and TLN signal generated by the PU drive control signal generating circuit 18 (S1), to grasp the direction of the radial position and movement of the optical head 3 (objective lens) with respect to the optical disc 2 moves the optical head 3 (objective) to a target track.

【0158】ここで、現トラックから目的トラックまでの間のトラック数(以下、目的通過トラック数という) [0158] Here, the number of tracks between the current track to the target track (hereinafter referred to as the objective passes through the number of tracks)
が比較的大きい場合、すなわち、予め設定されている基準値(しきい値)を超える場合には、ラフサーチが行われる。 If is relatively large, that is, if more than the reference value (threshold value) which is set in advance, rough search is performed. そして、このラフサーチ完了時点で、光学ヘッド3が目的トラックに位置していない場合には、次いで、 Then, in this rough search completion, when the optical head 3 is not located at the target track is then
ファインサーチが行われ、このファインサーチにより、 Fine search is performed, by this fine search,
光学ヘッド3は目的トラックに移動される。 The optical head 3 is moved to the target track.

【0159】また、目標通過トラック数が比較的小さい場合、すなわち、基準値以下の場合には、ファインサーチが行われ、このファインサーチにより、光学ヘッド3 [0159] Also, when the target passes the number of tracks is relatively small, i.e., in the case of less than the reference value, the fine search is performed by the fine search, the optical head 3
は確実に目標トラックに移動される。 They are moved securely to the target track. 以下、ラフサーチおよびファインサーチについて詳述する。 It will be described in detail below rough search and a fine search.

【0160】ラフサーチでは、CDサーボコントローラ21は、TE信号に基づいて光学ヘッド3(対物レンズ)の径方向の位置を把握しつつ、第1ドライバ61に駆動信号を送出する。 [0160] In rough search, CD servo controller 21, while grasping the position in the radial direction of the optical head 3 (objective lens) based on the TE signal, and sends a drive signal to the first driver 61. これにより、第1ドライバ61からスレッドモータ5に、制御信号が送出され、スレッドモータ5が駆動して、光学ヘッド本体が径方向に移動する。 Accordingly, the sled motor 5 from the first driver 61, the control signal is sent, by driving the sled motor 5, the optical head body is moved in the radial direction. すなわち、光学ヘッド本体の移動により光学ヘッド3全体を目的トラックに移動させる。 That is moved to the target track of the entire optical head 3 by the movement of the optical head body. 以下、このラフサーチを図17に示す模式図を参照しながら説明する。 It will be described below with reference to the schematic view showing this rough search in FIG.

【0161】図17は、分割フォトダイオードと、反射レーザ光との位置関係を示す図である。 [0161] Figure 17 is a split photodiode is a diagram showing the positional relationship between the reflected laser beam. なお、図17では、メインビームと、2つのサブビームのうち、メインビームが、プリグルーブ72に照射されている状態を示す。 In FIG. 17, of the main beam and two sub beams, showing a state where the main beam is irradiated onto the pre-groove 72.

【0162】同図に示すように、この光ディスク装置1 [0162] As shown in the figure, the optical disc apparatus 1
では、DPP方式(Diffexential Push Pull)を採用しており、光ディスク2に形成されているプリグルーブ7 In employs a DPP method (Diffexential Push Pull), the pre-groove 7 which is formed on the optical disc 2
2にメインビームが照射され、前記プリグルーブ72に隣接する一方のランド73に一方のサブビームが照射され、前記プリグルーブ72に隣接する他方のランド74 2 main beam is irradiated to the one sub-beam is irradiated to one of the lands 73 adjacent to the pre-groove 72, the other lands 74 adjacent to the pre-groove 72
に他方のサブビームが照射される。 The other sub-beam is irradiated.

【0163】そして、プリグルーブ72からのメインビームの反射光は、分割ホトダイオードの受光部81、8 [0163] Then, the reflected light of the main beam from the pre-groove 72, the light receiving portion of the split photodiode 81,8
2、83および84で受光され、これら受光部81、8 It is received by 2,83 and 84, light-receiving unit 81,8
2、83および84から、それぞれ、受光量に対応するレベルの検出信号a、b、cおよびdが出力される。 From 2,83 and 84, respectively, the detection signal a of the level corresponding to the amount of light received, b, c and d are output.

【0164】また、ランド73からのサブビームの反射光は、分割ホトダイオードの受光部85および86で受光され、これら受光部85および86から、それぞれ、 [0164] Further, light reflected sub-beams from the land 73 is received by the light receiving portion 85 and 86 of the split photodiode, the light-receiving unit 85 and 86, respectively,
受光量に対応するレベルの検出信号eおよびfが出力される。 Detection signals e and f of the level corresponding to the received light amount is outputted.

【0165】また、ランド74からのサブビームの反射光は、分割ホトダイオードの受光部87および88で受光され、これら受光部87および88から、それぞれ、 [0165] Further, light reflected sub-beams from the land 74 is received by the light receiving portion 87 and 88 of the split photodiode, the light-receiving unit 87 and 88, respectively,
受光量に対応するレベルの検出信号gおよびhが出力される。 Detection signals g and h of the level corresponding to the received light amount is outputted.

【0166】TE信号は、下記(1)式で示される。 [0166] TE signal is represented by the following formula (1). なお、下記(1)式におけるkは定数である。 Incidentally, k in the following equation (1) is a constant.

【0167】 TE信号={(a+d)−(b+c)}−k{(e+g)−(f+h)} ・・・(1) [0167] TE signal = {(a + d) - (b + c)} - k {(e + g) - (f + h)} ··· (1)

【0168】メインビームがプリグルーブ72もしくは、ランド73、74の中心に位置しているときには、 [0168] The main beam or pre-groove 72, when located at the center of the land 73 and 74,
(a+d)−(b+c)=k{(e+g)−(f+ (A + d) - (b + c) = k {(e + g) - (f +
h)}となるので、TE信号のレベルは、0(0レベル)となる。 Since the h)}, the level of the TE signal becomes 0 (zero level).

【0169】ラフサーチを行う際、スレッドモータ5を駆動させて光学ヘッド3を径方向に移動させると、光学ヘッド3から照射されるレーザ光は、プリグルーブ、ランド、プリグルーブ・・・というように、プリグルーブとランドとを交互に横切る。 [0169] When performing the rough search and by driving the sled motor 5 to move the optical head 3 in the radial direction, the laser beam emitted from the optical head 3, the pre-grooves, lands, and so pregroove ... , across the pre-grooves and lands alternately. レーザ光の反射率は、プリグルーブよりランドの方が低いので、ランドで反射するレーザ光の光量は、プリグルーブで反射するレーザ光の光量よりも少ない。 The reflectance of the laser beam, since the lower of the land from the pre-groove, the light amount of the laser light reflected by the land is less than the amount of the laser light reflected by the pre-groove. このため、上記(1)式にて与えられるTE信号は、径方向の移動に伴い図18に示す波型(波形状)の信号となり、光学ヘッド3が、1プリグルーブ、すなわち1トラック通過する毎に、1波形(1周期)生成される。 Therefore, TE signal given by equation (1) becomes a signal of the wave type shown in accompanying Figure 18 with the movement in the radial direction (wave shape), the optical head 3 is 1 pregroove, i.e. one track passes each, first waveform (1 cycle) is generated.

【0170】従って、TE信号の山または谷の個数をC [0170] Thus, the number of peaks or valleys of the TE signal C
Dサーボコントローラ21に内蔵される図示しないカウンターで計数することにより、通過したグルーブ数、すなわち、通過したトラック数が判り、これにより光学ヘッド3を目的トラックまで移動させることができる。 By counting in a counter (not shown) incorporated in the D servo controller 21, the number of grooves passing through, that is, know the number of tracks passed, thereby moving the optical head 3 to a target track.

【0171】例えば、ラフサーチにより光学ヘッド3を1000トラック移動させる場合には、スレッドモータ5を駆動させて光学ヘッド3を移動させ、これと同時に図18に示すTE信号の山または谷の個数を計数し、この計数値が1000になるようにスレッドモータ5を停止させる。 [0171] For example, in the case where the optical head 3 to 1000 tracks moved by rough search drives the sled motor 5 to move the optical head 3, and at the same time counting a mountain or the number of valleys of the TE signal shown in FIG. 18 and, the count value stops the sled motor 5 to be 1000.

【0172】次に、ファインサーチについて説明する。 [0172] Next, a description will be given of the fine search.
ファインサーチでは、CDサーボコントローラ21は、 In the fine search, CD servo controller 21,
TLN信号に基づいて光学ヘッド3(対物レンズ)の径方向の位置を把握し、かつ前述したTE信号(TE信号とTLN信号の位相差)に基づいて光学ヘッド3(対物レンズ)の移動方向を把握しつつ、第2ドライバ62に駆動信号を送出する。 Grasp the radial position of the optical head 3 (the objective lens) on the basis of the TLN signal, and the moving direction of the optical head 3 (the objective lens) on the basis of the above-mentioned TE signal (phase difference TE signal and TLN signal) while grasping, and sends a drive signal to the second driver 62. これにより、第2ドライバ62からアクチュエータ4に、制御信号が送出され、アクチュエータ4が駆動して、対物レンズが径方向に移動する。 Thus, the actuator 4 from the second driver 62, a control signal is sent, the actuator 4 is driven to move the objective lens in the radial direction.
さらに、CDサーボコントローラ21は、前述した第1 Furthermore, CD servo controller 21, the aforementioned 1
ドライバ61を介しスレッドモータ5の駆動を制御して、光学ヘッド本体を前記対物レンズに追従させる。 And controls the driving of the sled motor 5 through the driver 61 to follow the optical head body in the objective lens. これにより、光学ヘッド3全体が目的トラックに移動する。 Thus, the entire optical head 3 is moved to the target track.

【0173】TLN信号は、下記(2)式で示される。 [0173] TLN signal is represented by the following equation (2).
なお、下記(2)式におけるk′は定数である。 Incidentally, a k 'is a constant in the following equation (2).

【0174】 TLN信号=(a+b+c+d)−k′(e+f+g+h) ・・・(2) [0174] TLN signal = (a + b + c + d) -k '(e + f + g + h) ··· (2)

【0175】図17に示すように、メインビームがプリグルーブ72の中心に位置しているときには、上記(2)式の右辺における第1項の(a+b+c+d)は最大となり、第2項の(e+f+g+h)は最小となるので、TLN信号のレベルは、最大となる。 [0175] As shown in FIG. 17, when the main beam is positioned at the center of the pre-groove 72, the (2) of the first term on the right side of the equation (a + b + c + d) is maximum, the second term (e + f + g + h ) since a minimum, the level of the TLN signal is maximized.

【0176】そして、メインビームがプリグルーブの中心から離れるにつれて、TLN信号のレベルは小さくなり、メインビームがランドの中心に位置したときに、T [0176] Then, as the main beam moves away from the center of the pre-groove, the level of the TLN signal becomes small, when the main beam is located at the center of the land, T
LN信号のレベルは最小となる。 Level LN signal is minimized.

【0177】従って、光学ヘッド3を径方向に移動させると、TLN信号S1は、図19に示すように、ほぼ一定の周期で変動(振動)する波型(波形状)の信号となる。 [0177] Therefore, when moving the optical head 3 in the radial direction, TLN signal S1, as shown in FIG. 19, becomes substantially the signal variation at a predetermined period (vibration) to corrugated (wave-shaped). このTLN信号S1は、光学ヘッド3が、1プリグルーブ、すなわち1トラック通過する毎に、1波形(1 The TLN signal S1, the optical head 3 is 1 pregroove, that every time one track passes, first waveform (1
周期)生成される。 Cycle) is generated. すなわち、このTLN信号S1の谷(波)の個数が、光学ヘッド3が通過したトラック数(プリグルーブ数)に対応するので、この谷の個数をC That is, the number of valleys of the TLN signal S1 (waves) is because it corresponds to the number of tracks which the optical head 3 has passed (number pregroove), the number of the valley C
Dサーボコントローラ21に内蔵される図示しないカウンターで計数することにより、通過したプリグルーブ数、すなわち、通過したトラック数が判り、これにより光学ヘッド3を目的トラックまで移動させることができる。 By counting in a counter (not shown) incorporated in the D servo controller 21, the number of pre-groove which has passed through, i.e., know the number of tracks passed, thereby moving the optical head 3 to a target track.

【0178】例えば、ファインサーチにより光学ヘッド3を50トラック移動させる場合には、アクチュエータ4およびスレッドモータ5を駆動させて光学ヘッド3を移動させ、これと同時に図19に示すTLN信号の谷の個数を計数し、この計数値が50となるようにアクチュエータ4およびスレッドモータ5を停止させる。 [0178] For example, in the case where the optical head 3 is moved 50 tracks by the fine search, the actuator 4 and drives the sled motor 5 to move the optical head 3, and at the same time the number of the valley of the TLN signal shown in FIG. 19 were counted, the count value stops the actuator 4 and the sled motor 5 so that 50.

【0179】PU駆動制御信号生成回路18では、TL [0179] In PU drive control signal generating circuit 18, TL
N信号に対し、補正と、2値化する処理とを行っている。 To N signals, it is performed correction and, a process for binarizing. すなわち、PU駆動制御信号生成回路18の後述する2値化回路76では、図19に示すように、所定の基準レベルL1が予め設定されており、この基準レベルL That is, in the later-described binarization circuit 76 of the PU drive control signal generating circuit 18, as shown in FIG. 19, a predetermined reference level L1 is set in advance, the reference level L
1と、補正されたTLN信号のレベルとを比較することにより、TLN信号を2値化する。 1 and, by comparing the level of the corrected TLN signal, binarizes the TLN signal. なお、TLN信号の補正については、後に詳述する。 Note that the correction of the TLN signal will be described in detail later.

【0180】[回転数制御(回転速度制御)] 光ディスク装置1では、例えば、記録および再生の際、 [0180] In [rotation control (rotation speed control)] the optical disc apparatus 1, for example, when recording and reproducing,
スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が制御される。 Rotational speed of the spindle motor 8 (rotating speed) is controlled. この回転数の制御方法には、WOBBLEPWM The control method of the rotational speed, WOBBLEPWM
(Puls Width Modulation )信号で制御する方法、すなわちWOBBLE信号を利用するスピンドルサーボ(W (Puls Width Modulation) method for controlling the signal, i.e. the spindle servo (W utilizing WOBBLE signal
OBBLEサーボ)と、FG PWM信号で制御する方法、すなわちFG信号を利用するスピンドルサーボ(F And OBBLE servo), a method using an FG PWM signal, namely a spindle servo which uses an FG signal (F
Gサーボ)と、EFM PWM信号で制御する方法、すなわちEFM信号を利用するスピンドルサーボ(EFM And G servo), a method using an EFM PWM signal, namely spindle servo (EFM utilizing EFM signal
サーボ)とがある。 A servo) and is. 以下、これらを順次説明する。 Below, in order to explain these.

【0181】WOBBLE PWM信号は、WOBBL [0181] WOBBLE PWM signal is, WOBBL
Eサーボコントローラ22で生成されるスピンドルモータ制御信号である。 E is a spindle motor control signal generated by the servo controller 22. 具体的には、0−5Vレベルのデジタル信号(連続パルス)である。 Specifically, a 0-5V level of the digital signal (continuous pulse).

【0182】このWOBBLE PWM信号は、WOB [0182] This WOBBLE PWM signal is, WOB
BLEサーボコントローラ22からPWM信号平滑フィルター12に入力され、このPWM信号平滑フィルター12で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ11に入力される。 Is input from BLE servo controller 22 to the PWM signal smoothing filter 12, smoothed by the PWM signal smoothing filter 12, i.e., is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 11. そして、ドライバ1 Then, the driver 1
1は、この制御電圧に基づいてスピンドルモータ8を回転駆動させる。 1, the spindle motor 8 is rotated on the basis of the control voltage.

【0183】この場合、WOBBLEサーボコントローラ22は、WOBBLE信号の周波数(周期)が、目標値(例えば、1倍速のときは22.05kHz )になるように、前記WOBBLE PWM信号のパルス幅(デューティー比)を調整する。 [0183] In this case, WOBBLE servo controller 22, the frequency of the WOBBLE signal (period), the target value (e.g., 22.05 kHz when 1x) so that, the WOBBLE PWM signal having a pulse width (duty ratio ) to adjust. これにより、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が目標値となるようにスピンドルサーボがかかる。 Thus, the rotational speed of the spindle motor 8 (rotational speed) it takes the spindle servo so that the target value.

【0184】FG PWM信号は、制御手段13で生成されるスピンドルモータ制御信号である。 [0184] FG PWM signal is a spindle motor control signals generated by control unit 13. 具体的には、 In particular,
0−5Vレベルのデジタル信号(連続パルス)である。 A 0-5V level of the digital signal (continuous pulse).

【0185】このFG PWM信号は、制御手段13からPWM信号平滑フィルター12に入力され、このPW [0185] The FG PWM signal is inputted from the control unit 13 to the PWM signal smoothing filter 12, the PW
M信号平滑フィルター12で平滑化、すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ11に入力される。 Smoothed by the M signal smoothing filter 12, i.e., is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 11. そして、ドライバ11は、この制御電圧に基づいてスピンドルモータ8を回転駆動させる。 Then, the driver 11 rotationally drives the spindle motor 8. On the basis of this control voltage.

【0186】一方、ホール素子9からは、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)に対応するFG(Frequenc [0186] On the other hand, the Hall element 9, FG corresponding to the rotational speed of the spindle motor 8 (rotational speed) (FREQUENC
y Generator )信号が出力される。 y Generator) signal is output. このFG信号は、F The FG signal, F
G信号2値化回路23で2値化され、制御手段13の図示しない周波数測定部(周期測定部)に入力される。 Is binarized by G signal binarization circuit 23 is input to the frequency measurement unit (not shown) of the control unit 13 (the period measuring unit).

【0187】制御手段13の周波数測定部では、クロック32からのクロック信号に基づいて、FG信号の周波数(周期)が測定される。 [0187] In the frequency measurement section of the control means 13, based on the clock signal from the clock 32, the FG signal frequency (period) is measured. そして、制御手段13は、F Then, the control means 13, F
G信号の周波数(周期)が、目標値になるように、前記FG PWM信号のパルス幅(デューティー比)を調整する。 Frequency of the G signal (period), so that the target value, adjusting the FG PWM signal having a pulse width (duty ratio). これにより、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が目標値となるようにスピンドルサーボがかかる。 Thus, the rotational speed of the spindle motor 8 (rotational speed) it takes the spindle servo so that the target value.

【0188】EFM PWM信号は、CDサーボコントローラ21で生成されるスピンドルモータ制御信号である。 [0188] EFM PWM signal is a spindle motor control signal generated by the CD servo controller 21. 具体的には、0−5Vレベルのデジタル信号(連続パルス)である。 Specifically, a 0-5V level of the digital signal (continuous pulse).

【0189】このEFM PWM信号は、CDサーボコントローラ21からPWM信号平滑フィルター12に入力され、このPWM信号平滑フィルター12で平滑化、 [0189] The EFM PWM signal is inputted from the CD servo controller 21 to the PWM signal smoothing filter 12, smoothed by the PWM signal smoothing filter 12,
すなわち、制御電圧(制御信号)に変換され、ドライバ11に入力される。 That is converted into a control voltage (control signal) is input to the driver 11. そして、ドライバ11は、この制御電圧に基づいてスピンドルモータ8を回転駆動させる。 Then, the driver 11 rotationally drives the spindle motor 8. On the basis of this control voltage.

【0190】この場合、CDサーボコントローラ21 [0190] In this case, CD servo controller 21
は、EFM信号、すなわち、3T〜11Tの周期のパルスのうちの所定のパルスの周期が、目標値になるように、前記EFM PWM信号のパルス幅(デューティー比)を調整する。 Is, EFM signals, namely, the period of a predetermined pulse of the pulse period of 3T~11T is, so that the target value, adjusting the EFM PWM signal of a pulse width (duty ratio). これにより、スピンドルモータ8の回転数(回転速度)が目標値となるようにスピンドルサーボがかかる。 Thus, the rotational speed of the spindle motor 8 (rotational speed) it takes the spindle servo so that the target value.

【0191】次に、ファインサーチの動作について、詳細に説明する。 [0191] Next, the operation of the fine search, will be described in detail. 前述したように、ファインサーチでは、 As described above, in the fine search,
図19に示すTLN信号S1の谷の個数を計数することにより光学ヘッド3の径方向の位置を把握してその光学ヘッド3を目的トラックに移動させる。 To grasp the position in the radial direction of the optical head 3 by counting the number of the valley of the TLN signal S1 shown in FIG. 19 moves the optical head 3 to the target track.

【0192】この場合、前述したように、基準レベルL [0192] In this case, as described above, the reference level L
1を設定しておき、この基準レベルL1と、TLN信号S1のレベルとを比較することにより、TLN信号S1 Have set up 1, and the reference level L1, by comparing the level of the TLN signal S1, TLN signal S1
を2値化し、この2値化されたTLN信号のパルス数を計数することにより、ファインサーチ(トラックジャンプ)の際に、いくつのトラックを横切ったかを検出する。 The binarized, by counting the number of pulses of the binarized TLN signal, detects whether traversed during fine search (track jump), the number of tracks.

【0193】ここで、実際には、TLN信号S1にはオフセット成分(直流成分)が含まれており、このオフセット成分は、周囲温度、経時変化、光学ヘッド3の傾き具合、光ディスク2の装着状態等の各要因により変動するので、TLN信号S1は、常に基準レベルL1に対して一定の振幅で変動するとは限らない。 [0193] Here, in fact, the TLN signal S1 contains the offset component (DC component), the offset component, ambient temperature, aging, the tilt of the optical head 3, mounted state of the optical disc 2 because varies by each factor equal, TLN signal S1 is not always varies with a constant amplitude relative to the reference level L1.

【0194】図20に示すように、オフセット成分が大きくなってくると、TLN信号S1は、基準レベルL1 [0194] As shown in FIG. 20, the offset component becomes larger, TLN signal S1, the reference level L1
と交差しなくなる。 No longer intersects with. このような場合には、TLN信号S In such a case, TLN signal S
1を正しく2値化することができないので、光学ヘッド3がトラックを横切る回数を正確に計数することができず、光学ヘッド3を目的トラックへ移動させることができない。 Can not be correctly binarized 1, can not be the optical head 3 is accurately count the number of times across the track, it can not be moved to the target track of the optical head 3. すなわち、光学ヘッド3を正しくトラックジャンプさせることができない。 That is, it is impossible to correctly track jump of the optical head 3.

【0195】この問題を解決するために、例えば、図2 [0195] In order to solve this problem, for example, FIG. 2
1に示す回路をTLN信号の出力側に設置して、オフセット成分を除去する方法が考えられる。 Set up a circuit shown in 1 in the output side of the TLN signal, a method for removing an offset component can be considered. 図示のように、 As shown in the figure,
この回路ではコンデンサC11等によりTLN信号に含まれるオフセット成分を除去し、その後TLN信号を増幅しているので、基準レベルL1を中心とした大きな振幅を有するTLN信号を得ることができる。 This circuit removes an offset component contained in the TLN signal by the capacitor C11 and the like, since then amplifies the TLN signal, it is possible to obtain a TLN signal having a large amplitude around the reference level L1.

【0196】しかしながら、図21に示す回路では、出力変動に伴なう応答性が悪いので、一旦TLN信号の振幅が変化すると、所定期間、この振幅の変化の影響を受けることになる。 [0196] However, in the circuit shown in FIG. 21, since the poor accompanied responsive to output variations, once the amplitude of the TLN signal changes, the predetermined time period, will be affected by changes in the amplitude.

【0197】例えば、CD−Rは、データが記録されている記録部と、データが記録されていない未記録部とを有する場合があり、光学ヘッド3が記録部を通過したときにはTLN信号の振幅は大きくなり、未記録部分を通過したときにはTLN信号の振幅は小さくなる。 [0197] For example, CD-R has a recording unit in which data is recorded, may have an unrecorded portion where data is not recorded, the TLN signal when the optical head 3 has passed the recording unit amplitude It increases the amplitude of the TLN signal when passing through the unrecorded portion is reduced.

【0198】従って、図22に示すように、光学ヘッド3が記録部から未記録部に移行する際、TLN信号S1 [0198] Therefore, as shown in FIG. 22, when the optical head 3 moves to the unrecorded portion of the recording unit, TLN signal S1
は、徐々に、振動の中心が基準レベルになるように変動するので、実際には光学ヘッド3がトラックを横切っているにもからわらず、TLN信号S1が基準レベルL1 Gradually, so varies as the center of the vibration becomes the reference level, in fact without straw from in the optical head 3 is across the tracks, TLN signal S1 is the reference level L1
と交差しない場合があり、2値化の精度が悪い。 There is a case that does not intersect with, is bad binary of accuracy. このため光学ヘッド3が横切ったトラック数に誤差が生じてしまい、目的トラックに精度良く移動させることができないことがある。 Therefore causes an error occurs in the number of tracks which the optical head 3 is crossed, it may be impossible to accurately moved to the target track.

【0199】図23は、光ディスク装置1のTLN信号生成装置の実施例を示すブロック図である。 [0199] Figure 23 is a block diagram illustrating an embodiment of a TLN signal generating device of an optical disk device 1.

【0200】同図に示すTLN信号生成装置70は、前述したPU駆動制御信号生成回路18の一部を構成するものであり、前述したTLN信号を生成するTLN信号生成回路75と、TLN信号生成回路75からのTLN [0200] TLN signal generating apparatus 70 shown in the figure, constitutes a part of the PU drive control signal generating circuit 18 described above, the TLN signal generating circuit 75 for generating a TLN signal described above, TLN signal generating TLN from the circuit 75
信号を補正するハイブーストフィルタ(信号補正回路) High boost filter for correcting the signal (signal correction circuit)
71と、ハイブーストフィルタ71からのTLN信号を2値化する2値化回路76とで構成されている。 71, and a binarization circuit 76 for binarizing the TLN signal from high boost filter 71.

【0201】TLN信号生成回路75は、オペアンプO [0201] TLN signal generating circuit 75 includes an operational amplifier O
P2を備えた差動増幅器751等で構成されている。 It is composed of a differential amplifier 751 or the like provided with P2.

【0202】また、ハイブーストフィルタ71は、抵抗R1、R2、R3、R4、コンデンサC1およびオペアンプOP1で構成されている。 [0202] In addition, high boost filter 71, resistors R1, R2, R3, R4, is a capacitor C1 and an operational amplifier OP1. すなわち、抵抗R2とコンデンサC1との直列接続回路を抵抗R1に対して並列に接続し、この出力側をオペアンプOP1のマイナス側端子に接続し、該マイナス端子とオペアンプOP1の出力側とを抵抗R3を介して接続している。 That is, a series connection circuit of the resistor R2 and the capacitor C1 connected in parallel with the resistor R1, is connected to the output side to the minus terminal of the operational amplifier OP1, resistor and an output side of the negative terminal and an operational amplifier OP1 R3 It is connected via a. また、オペアンプOP1のプラス側入力端子には、抵抗R4を介して基準電圧Vref が印加されている。 Also, to the positive input terminal of the operational amplifier OP1, reference voltage Vref through the resistor R4 is applied.

【0203】このハイブーストフィルタ71は、図24 [0203] The high boost filter 71, as shown in FIG. 24
に示すように、10Hz(第1の周波数)〜1kHz As shown in, 10 Hz (the first frequency) ~1KHz
(第2の周波数)の周波数帯域にて直線的に増幅率が増加する特性を有し、10Hz以下では約1倍(0dB)の増幅率を有し、1kHz以上では約5倍(14dB)の増幅率を有している。 Have the property of linear gain at a frequency band (second frequency) increases, has an amplification factor of about 1 times the 10Hz or less (0 dB), it is at 1kHz or more about 5 times (14 dB) the amplification factor has.

【0204】TLN信号生成回路75で生成されたTL [0204] generated by the TLN signal generating circuit 75 TL
N信号は、ハイブーストフィルタ71に入力され、このハイブーストフィルタ71で補正される。 N signal is input to the high boost filter 71, it is corrected by the high boost filter 71. すなわち、T In other words, T
LN信号をこのハイブーストフィルタ71に通すことにより、TLN信号のうちの直流成分および10Hz以下の交流成分は、増幅されずそのまま通過し、1kHz以上の交流成分は、約5倍に増幅される。 By passing the LN signal to the high boost filter 71, the AC component of the DC component and 10Hz or less of the TLN signal is not amplified as it passes through, the AC component of the above 1kHz is amplified approximately 5-fold.

【0205】トラックジャンプの際のTLN信号の周波数は、通常、2〜3kHz程度であるので、TLN信号をハイブーストフィルタ71に通すことにより、必要な信号成分のみが約5倍に増幅される。 [0205] track the frequency of the TLN signal when the jump is typically because it is about 2~3KHz, by passing the TLN signal high boost filter 71, only the signal components necessary is amplified approximately 5-fold.

【0206】ハイブーストフィルタ71で補正されたT [0206] corrected by the high boost filter 71 T
LN信号は、前述したように、2値化回路76に入力され、この2値化回路76で2値化される。 LN signal, as described above, is input to the binarization circuit 76 is binarized by the binarization circuit 76. そして、この2値化されたTLN信号は、前述したように、CDサーボコントローラ21に入力され、ファインサーチにおいて利用される。 Then, the binarized TLN signal, as described above, is input to the CD servo controller 21 is utilized in the fine search.

【0207】図25は、ハイブーストフィルタ71を通過する前(図23中の点P1)のTLN信号を示す図、 [0207] Figure 25 is a diagram showing a TLN signal before (point in Fig. 23 P1) passing through the high boost filter 71,
図26は、ハイブーストフィルタ71を通過した後(図23中の点P2)のTLN信号を示す図である。 Figure 26 is a diagram showing a TLN signal after passing through the high boost filter 71 (point in Fig. 23 P2).

【0208】これらの図に示すように、ハイブーストフィルタ71を通過した後(図23中の点P2)のTLN [0208] TLN of As shown in these figures, after passing through the high boost filter 71 (point in Fig. 23 P2)
信号(図26)は、ハイブーストフィルタ71を通過する前(図23中の点P1)のTLN信号(図25)に比べ、交流成分のレベルが大きい。 Signal (Fig. 26) is compared with the previous TLN signal (point P1 in FIG. 23) (FIG. 25) that passes through the high boost filter 71, a large level of the AC component. このため、ハイブーストフィルタ71を通過したTLN信号は、そのTLN信号に含まれるオフセット成分の影響をうけることなく、 Therefore, TLN signal passed through the high boost filter 71, without being affected by the offset component contained in the TLN signal,
確実に基準レベルL1と交差する。 Surely crosses the reference level L1. これにより、精度良くTLN信号を2値化することができ、ファインサーチの際に、光学ヘッド3がトラックを横切る回数を確実に計数することができるので、ファインサーチの精度を著しく向上させることができる。 Thus, it is possible to binarize accurately TLN signal, when the fine search, it is possible to the optical head 3 is counted reliably times across the track, significantly improve the accuracy of the fine search it can. そして、未記録の光ディスク2や、記録部と未記録部とを有する光ディスク2であっても光学ヘッド3を精度良く目的トラックへ移動させることができる。 The unrecorded optical disc 2 and makes it possible to move the optical head 3 to accurately target track even optical disc 2 having a recording portion and an unrecorded portion.

【0209】前記ハイブーストフィルタ71における第1の周波数および第2の周波数の交流成分の増幅率と、 [0209] and the amplification factor of the AC component of the first and second frequencies in the high boost filter 71,
第1の周波数および第2の周波数(周波数帯域)は、それぞれ、抵抗R1〜R3の大きさおよびコンデンサC1 The first frequency and the second frequency (frequency band), respectively, the magnitude of the resistance R1~R3 ​​and capacitor C1
の容量のうちの所定のものを変更することにより、任意に調整(設定)することができる。 By changing the ones given of the capacity it can be arbitrarily adjusted (set).

【0210】本発明の光ディスク装置は、前述したCD [0210] optical disk device of the present invention, CD described above
−Rドライブ装置に限らず、この他、例えば、CD−R Not limited to -R drive device, the other, for example, CD-R
W、DVD−R、DVD−RAM等のプリグルーブを有する光ディスクを記録・再生する各種光ディスク装置、 W, DVD-R, various types of optical disk apparatus for recording and reproducing an optical disk having a pre-groove such as a DVD-RAM,
CD(コンパクトディスク)、CD−ROM等の光ディスクを再生する各種光ディスク装置に適用することができる。 CD (compact disc), can be applied to various optical disc apparatus for reproducing an optical disc such as a CD-ROM.

【0211】以上、本発明の光ディスク装置のTLN信号生成装置および光ディスク装置を、図示の実施例に基づいて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各部の構成は、同様の機能を有する任意の構成のものに置換することができる。 [0211] While the TLN signal generating device and an optical disk device of an optical disk apparatus of the present invention have been described based on the illustrated embodiment, the present invention is not limited thereto, each part of the configuration, the same function can be replaced with any configuration having a.

【0212】例えば、前記実施例では、信号補正回路としてハイブーストフィルタを用いているが、本発明における信号補正回路は、これに限定されるものではなく、 [0212] For example, in the above embodiment uses a high boost filter as a signal correction circuit, signal correction circuit in the present invention is not limited thereto,
TLN信号に含まれる直流成分を除去することなく、T Without removing the direct current component included in the TLN signal, T
LN信号に含まれる交流成分を増幅する回路であればよい。 AC component included in the LN signal may be a circuit for amplifying.

【0213】 [0213]

【発明の効果】以上説明したように、本発明の光ディスク装置のTLN信号生成装置および光ディスク装置によれば、トラックロス信号(TLN信号)の直流成分を除去することなく、TLN信号の交流成分を増幅するので、TLN信号の振幅の変動に伴なう応答性が良く、しかもTLN信号に含まれるオフセット成分の影響をうけることなく、TLN信号を精度良く2値化することができる。 As described in the foregoing, according to the TLN signal generating device and an optical disk device of an optical disk apparatus of the present invention, without removing the DC component of the track loss signal (TLN signal), the AC component of the TLN signal because amplification, often accompanied responsive to variations in the amplitude of the TLN signal, yet without being affected by the offset component contained in the TLN signal, can be accurately binarized TLN signal.

【0214】そして、TLN信号に基づいて、光ディスクに対する光学ヘッドの径方向の位置を把握して、光学ヘッドを目的トラックに移動する場合には、光学ヘッドがトラックを横切る回数を確実に計数することができ、 [0214] Then, based on the TLN signal, to understand the radial position of the optical head with respect to the optical disk, when moving the optical head to the target track is that the optical head is counted reliably times across the track It can be,
光学ヘッドを精度良く目的トラックへ移動させることができる。 It is possible to move the optical head to accurately target track.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の光ディスク装置をコンピュータに接続した状態を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a state of connecting an optical disk device to the computer of the present invention.

【図2】本発明の光ディスク装置の実施例を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing an embodiment of an optical disk apparatus of the present invention.

【図3】本発明におけるEFM/CDROMエンコーダ制御部からのENCORDEEFM信号と、レーザ制御部からのENCORDE EFM信号とを示すタイミングチャートである。 And ENCORDEEFM signal from EFM / CDROM encoder control unit in the present invention; FIG is a timing chart showing the ENCODE EFM signal from the laser control unit.

【図4】本発明におけるATIP−SYNC信号と、シンク信号生成・ATIPデコーダからのSUBCODE And ATIP-SYNC signal in the present invention; FIG, SUBCODE from the SYNC signal generating · ATIP decoder
−SYNC信号と、ATIP ERROR信号とを示すタイミングチャートである。 And -SYNC signal is a timing chart showing the ATIP ERROR signal.

【図5】本発明におけるATIP−SYNC信号と、シンク信号生成・ATIPデコーダからのSUBCODE And ATIP-SYNC signal in the present invention; FIG, SUBCODE from the SYNC signal generating · ATIP decoder
−SYNC信号と、CDサーボコントローラからのSU And -SYNC signal, SU from the CD servo controller
BCODE−SYNC信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the BCode-SYNC signal.

【図6】本発明における1T Biphase ATI 1T Biphase ATI in the present invention; FIG
Pタイミングと、WOBBLE信号と、2値化後のWO And P timing, and the WOBBLE signal, after binarization WO
BBLE信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the BBLE signal.

【図7】本発明におけるBIDATA信号と、BICL A BIDATA signal in the present invention; FIG, BICL
OCK信号と、ATIP−SYNC信号とを示すタイミングチャートである。 And OCK signal is a timing chart showing the ATIP-SYNC signal.

【図8】本発明におけるATIPフレームのフォーマットを示す図である。 8 is a diagram showing a format of the ATIP frame of the present invention.

【図9】本発明におけるATIP−SYNC信号と、S And ATIP-SYNC signal in the present invention; FIG, S
UBCODE−SYNC信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the UBCODE-SYNC signal.

【図10】本発明におけるピーク・ボトム検出回路への入力信号と、その入力信号の振幅(エンベロープ)と、 An input signal to the peak-bottom detection circuit in FIG. 10 the present invention, the amplitude (envelope) of the input signal,
PEEK信号およびBOTTOM信号とを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the PEEK signal and the BOTTOM signal.

【図11】本発明におけるCDサーボコントローラからのSUBCODE−SYNC信号と、C1ERROR信号とを示すタイミングチャートである。 A SUBCODE-SYNC signal from the CD servo controller in [11] The present invention is a timing chart showing the C1ERROR signal.

【図12】本発明におけるオーディオ形式のDATA信号、LRCLOCK信号およびBITCLOCK信号を示すタイミングチャートである。 An audio format DATA signal in FIG. 12 the present invention is a timing chart showing the LRCLOCK signal and BITCLOCK signal.

【図13】本発明におけるCDサーボコントローラからのSUBCODE−SYNC信号と、FRAME SY A SUBCODE-SYNC signal from the CD servo controller in [13] The present invention, FRAME SY
NC信号と、HF信号(EFM信号)とを示すタイミングチャートである。 And NC signal is a timing chart showing the HF signal (EFM signal).

【図14】本発明におけるQデータ96ビットのフォーマットを示す図である。 14 is a diagram showing a format of the 96 bits of Q data in the present invention.

【図15】本発明における1サブコードフレームを示す図である。 15 is a diagram showing a subcode frame in the present invention.

【図16】本発明におけるトラックジャンプ制御を実施する部分のブロック図(図2中の主要部を示す図)である。 It is a block diagram of a portion for performing the track jump control in FIG. 16 the present invention (diagram illustrating a main portion in FIG. 2).

【図17】本発明における分割フォトダイオードと、反射レーザ光との位置関係を示す図である。 A divided photodiode in FIG. 17 the present invention, is a diagram showing the positional relationship between the reflected laser beam.

【図18】トラッキングクエラー信号の一例を示す特性図である。 18 is a characteristic diagram showing an example of a tracking click error signal.

【図19】トラックロス信号の一例を示す図である。 19 is a diagram showing an example of a track loss signal.

【図20】オフセット成分の存在により、トラックロス信号が基準レベルと交差しない様子を示す図である。 The presence of [20] offset component is a diagram showing how the track loss signal does not intersect the reference level.

【図21】トラックロス信号の直流成分を除去し、交流成分のみを増幅する回路を示す図である。 [Figure 21] track loss signal a DC component is removed, and a diagram showing a circuit for amplifying the AC components only.

【図22】図21に示す回路において、トラックロス信号の振幅が変化したときの該回路からの出力信号の変動を示す図である。 In the circuit shown in FIG. 22 FIG. 21 is a diagram showing a variation of an output signal from the circuit when the amplitude of the track loss signal is changed.

【図23】本発明のTLN信号生成装置の実施例を示すブロック図である。 FIG. 23 is a block diagram illustrating an embodiment of a TLN signal generating apparatus of the present invention.

【図24】本発明におけるハイブーストフィルタの増幅率の周波数特性を示すグラフである。 It is a graph showing a frequency characteristic of the amplification factor of the high boost filter in FIG. 24 the present invention.

【図25】本発明におけるハイブーストフィルタを通過する前のトラックロス信号を示す図である。 It is a diagram showing a previous track loss signal passing through the high boost filter in FIG. 25 the present invention.

【図26】本発明におけるハイブーストフィルタを通過した後のトラックロス信号を示す図である。 26 is a diagram showing a track loss signal after passing through the high boost filter in the present invention.

【図27】光ディスクに形成されているプリグルーブおよびこの両端に形成されているランドを模式的に示す図である。 27 is a diagram schematically showing a land formed on the pre-groove and the opposite ends are formed on the optical disk.

【図28】トラックロス信号と基準レベルとを示す図である。 28 is a diagram showing a track loss signal and a reference level.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 光ディスク装置 10 ケーシング 2 光ディスク 3 光学ヘッド(光ピックアップ) 4 アクチュエータ 5 スレッドモータ 6 ドライバ 61 第1ドライバ 62 第2ドライバ 7 PWM信号平滑フィルター 8 スピンドルモータ 9 ホール素子 11 ドライバ 12 PWM信号平滑フィルター 13 制御手段 131 カウンター 14 レーザ制御部 15 HF信号生成回路 16 HF信号ゲイン切り替え回路 17 ピーク・ボトム検出回路 18 PU駆動制御信号生成回路 19 WOBBLE信号検出回路 21 CDサーボコントローラ 22 WOBBLEサーボコントローラ 23 FG信号2値化回路 24 EFM/CDROMエンコーダ制御部 25、26 メモリー 27 シンク信号生成・ATIPデコーダ 28 CDROMデコーダ制御部 29 メ 1 the optical disk device 10 casing 2 disc 3 the optical head (optical pickup) 4 actuator 5 thread motor 6 driver 61 first driver 62 second driver 7 PWM signal smoothing filter 8 spindle motor 9 Hall element 11 driver 12 PWM signal smoothing filter 13 control means 131 counter 14 the laser control unit 15 HF signal generating circuit 16 HF signal gain switching circuit 17 peak and bottom detection circuit 18 PU drive control signal generating circuit 19 WOBBLE signal detection circuit 21 CD servo controller 22 WOBBLE servo controller 23 FG signal binarization circuit 24 EFM / CDROM encoder control unit 25, 26 memory 27 sYNC signal generating · ATIP decoder 28 CDROM decoder control unit 29 menu リー 31 インターフェース制御部 32〜35 クロック 36 アドレス・データバス 41 コンピュータ 42 キーボード 43 マウス 44 モニター 51、52 パルス 70 TLN信号生成装置 71 ハイブーストフィルタ 72 プリグルーブ 73、74 ランド 75 TLN信号生成回路 751 差動増幅器 76 2値化回路 81〜88 受光部 101a、101b プリグルーブ 102a、102b ランド 103a〜103c 反射光 S1 TLN信号 L1 基準レベル L2 レベル OP1、OP2 オペアンプ R1〜R4 抵抗 C1、C11 コンデンサ P1、P2 点 Lee 31 interface control unit 32 to 35 clock 36 address data bus 41 computer 42 keyboard 43 mouse 44 monitor 51 pulse 70 TLN signal generating apparatus 71 high boost filter 72 a pre-groove 73, 74 lands 75 TLN signal generating circuit 751 differential amplifier 76 the binarization circuit 81 to 88 light-receiving portions 101a, 101b pregroove 102a, 102b lands 103a~103c reflected light S1 TLN signal L1 reference level L2 level OP1, OP2 operational amplifier R1~R4 resistance C1, C11 capacitor P1, P2 points

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 光ディスク装置の光学ヘッドからの信号に基づいてTLN信号(トラックロス信号)を生成するTLN信号生成回路と、 前記TLN信号生成回路にて生成されたTLN信号に含まれる直流成分を除去することなく、該TLN信号に含まれる交流成分を増幅する信号補正回路とを有することを特徴とする光ディスク装置のTLN信号生成装置。 And TLN signal generating circuit for generating a TLN signal (track loss signal) 1. A based on a signal from the optical head of the optical disc apparatus, a direct current component included in the TLN signal generated by the TLN signal generating circuit removed without, TLN signal generating device of an optical disk apparatus characterized by comprising a signal correction circuit for amplifying an AC component contained in the TLN signal.
  2. 【請求項2】 前記信号補正回路は、前記TLN信号生成回路にて生成されたTLN信号に含まれる直流成分および第1の周波数以下の交流成分を除去することなく、 Wherein said signal correction circuit, without removing a DC component and a first frequency below the AC component contained in the TLN signal generated by the TLN signal generating circuit,
    該TLN信号に含まれる前記第1の周波数より高い第2 The TLN higher than the first frequency included in the signal second
    の周波数以上の交流成分を増幅するよう構成されている請求項1に記載の光ディスク装置のTLN信号生成装置。 TLN signal generating device of an optical disk apparatus according to claim 1 which is configured to amplify the frequency or higher AC component.
  3. 【請求項3】 前記信号補正回路は、ハイブーストフィルタで構成されている請求項1または2に記載の光ディスク装置のTLN信号生成装置。 Wherein said signal correction circuit, TLN signal generating device of an optical disk apparatus according to claim 1 or 2 is composed of a high boost filter.
  4. 【請求項4】 前記信号補正回路により増幅されたTL 4. A amplified by the signal correction circuit TL
    N信号のレベルと、基準レベルとを比較して、該TLN Compared with the level of the N signals with a reference level, the TLN
    信号を2値化する2値化回路を有する請求項1ないし3 They claim 1 having a binarizing circuit for binarizing a signal 3
    のいずれかに記載の光ディスク装置のTLN信号生成装置。 TLN signal generating device of an optical disk apparatus according to any one of.
  5. 【請求項5】 請求項1ないし4のいずれかに記載のT 5. T according to any one of claims 1 to 4
    LN信号生成装置を有することを特徴とする光ディスク装置。 Optical disk apparatus characterized by comprising a LN signal generator.
  6. 【請求項6】 光学ヘッドと、該光学ヘッドを移動させる光学ヘッド移動機構とを有し、 前記TLN信号生成装置から得られたTLN信号に基づいて、光ディスクに対する前記光学ヘッドの前記光ディスクの径方向の位置を把握するよう構成されている請求項5に記載の光ディスク装置。 6. A optical head, and an optical head moving mechanism for moving the optical head, on the basis of the TLN signal obtained from the TLN signal generating apparatus, the radial direction of the optical disk of the optical head with respect to the optical disk the optical disk apparatus according to claim 5 which is configured to recognize the position.
JP1189998A 1998-01-05 1998-01-05 Tln signal generation device of optical disk device and optical disk device Granted JPH11203687A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1189998A JPH11203687A (en) 1998-01-05 1998-01-05 Tln signal generation device of optical disk device and optical disk device

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1189998A JPH11203687A (en) 1998-01-05 1998-01-05 Tln signal generation device of optical disk device and optical disk device
US09223245 US6606286B1 (en) 1998-01-05 1998-12-30 Tln signal generating apparatus used in optical disc drive and optical disc drive equipped with the apparatus, and optical disc drive equipped with amplitude adjusting apparatus for tracking error signal
EP19990100079 EP0927993A3 (en) 1998-01-05 1999-01-05 Track loss signal generating apparatus used in optical disc drive and optical disc drive equipped wih the apparatus, as well as optical disc drive equipped with amplitude adjusting apparatus for tracking error signal
US10238517 US20030002404A1 (en) 1998-01-05 2002-09-05 TLN signal generating apparatus used in optical disc drive and optical disc drive equipped with the apparatus, and optical disc drive equipped with amplitude adjusting apparatus for tracking error signal

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11203687A true true JPH11203687A (en) 1999-07-30

Family

ID=11790590

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1189998A Granted JPH11203687A (en) 1998-01-05 1998-01-05 Tln signal generation device of optical disk device and optical disk device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11203687A (en)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5737289A (en) Data recording apparatus adapted for recording data signals onto an optical recording medium
US6584053B1 (en) Disk recording system
US5592463A (en) Apparatus for and method for determining optimum power for recording information on recordable optical disc
US5289450A (en) Method of and apparatus for playing back recordable optical disc
US5764610A (en) Optical disk type identification system using a frequency detector
US6469965B1 (en) Apparatus for and method of playing back optical disc
EP0397238A1 (en) Information recording system, and recording device and record carrier for use in such an information recording system
US20040233812A1 (en) Disc recording medium, disc drive apparatus, reproduction method, and disc manufacturing method
US20040172148A1 (en) Signal processing apparatus and signal processing method
US5185732A (en) Recording medium and recording and reproducing apparatus employing the recording medium
US20020006084A1 (en) Optical disc and optical disc apparatus
US6594210B2 (en) Disc drive apparatus and method for generating wobble information
US5864531A (en) DC level fluctuation correction by selecting a time constant coupled to a reproduced signal
US20020027855A1 (en) Optical disc and optical disc apparatus
US5469416A (en) Apparatus for reproducing recorded data and selectively either of read-only or recorded synchronization information from a magneto-optical recording medium
US6192009B1 (en) Information recording and reproducing method and apparatus
US6377525B1 (en) Optical disc apparatus and method for reading information
US20030002404A1 (en) TLN signal generating apparatus used in optical disc drive and optical disc drive equipped with the apparatus, and optical disc drive equipped with amplitude adjusting apparatus for tracking error signal
EP0871169A1 (en) Pre-pit detecting device and information recording apparatus employing the same
US6249499B1 (en) Optical disc drive and method of discriminating optical discs
US5831951A (en) Method and apparatus for controlling a slice signal in the reproduction information recorded in an optical disk
US6600707B2 (en) Optical disc and optical disc driving device
JP2002298496A (en) Disk recording device and disk recording method
US6141306A (en) Optical disc drive and methods of examining the optical disc drive
US6266308B1 (en) Optical disc drive and method of detecting an end portion of recorded data recorded in an optical disc loaded in the optical disc drive

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040511