JPH09120352A - Multiwindow system - Google Patents

Multiwindow system

Info

Publication number
JPH09120352A
JPH09120352A JP7277487A JP27748795A JPH09120352A JP H09120352 A JPH09120352 A JP H09120352A JP 7277487 A JP7277487 A JP 7277487A JP 27748795 A JP27748795 A JP 27748795A JP H09120352 A JPH09120352 A JP H09120352A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
window
key
multi
pressed
screen
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7277487A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Teruhisa Hatsuta
Hideaki Inoue
Maki Seki
秀明 井上
曜尚 八田
真樹 関
Original Assignee
Fanuc Ltd
ファナック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fanuc Ltd, ファナック株式会社 filed Critical Fanuc Ltd
Priority to JP7277487A priority Critical patent/JPH09120352A/en
Publication of JPH09120352A publication Critical patent/JPH09120352A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To easily operate a window irrelevantly to operation environment.
SOLUTION: A correspondence relation managing means 2 manages the correspondence relation between keys 1a-1f and window operation processing and displays its contents at key function display parts 4d-4i. An operator presses the key corresponding to target processing over a look at the key function display parts 4d-4i. Once the key is depressed, the correspondence relation managing means 2 outputs a request to execute a currently assigned window processing function. A window control means 3 performs window operation such as scrolling at the execution request. Thus, the window can be operated by key input without using a pointing device such as a mouse, a touch panel, etc.
COPYRIGHT: (C)1997,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は複数のウィンドウを表示装置に表示するマルチウィンドウシステムにおいて、特に数値制御工作機械のように悪い周辺環境の中で使用されるマルチウィンドウシステムに関する。 The present invention relates in a multi-window system for displaying on the display device a plurality of windows, to a multi-window system used in particular numerically controlled machine tool as bad surrounding environment.

【0002】 [0002]

【従来の技術】今日、パーソナルコンピュータ(以後、 BACKGROUND OF THE INVENTION Today, personal computer (hereinafter,
PCと呼ぶ)用のオペレーティングシステム(OS)はグラフィカルユーザインタフェースを備えたものが一般的である。 Referred to as a PC operating system for) (OS) is that a graphical user interface is common. グラフィカルユーザインタフェースでは、表示画面上に複数の矩形領域を表示することができる。 The graphical user interface may display a plurality of rectangular regions on the display screen. この矩形領域はウィンドウと呼ばれ、複数のウィンドウを表示できる環境をマルチウインドウ環境と呼ぶ。 This rectangular region is called a window, called an environment capable of displaying multiple windows and multi-window environment. マルチウィンドウ環境を提供するOSとしては、Microsoft 社のWindows 等がある。 The OS to provide a multi-window environment, there is Microsoft's Windows or the like.

【0003】マルチウィンドウ環境では、ユーザは表示されているウィンドウの1つを選択し各種操作を行う。 [0003] In a multi-window environment, the user selects one of the windows that are displayed perform various operations.
その操作には、画面上の任意の点を指定する操作が必要である。 Its operation requires an operation to specify an arbitrary point on the screen. その為に、マウスに代表されるポインティングデバイスやタッチパネル等が使用されている。 Therefore, a pointing device and a touch panel is used which is represented by a mouse.

【0004】そして、PCが工作機械業界に普及していく中で、数値制御工作機械の操作環境もPCの動作環境と同一のものが使用されつつある。 [0004] Then, in the PC is going to spread to the machine tool industry, numerical control machine tool operation environment is the same as the operating environment of the PC is being used. その結果、数値制御工作機械においても、マルチウィンドウ環境が提供されるようになった。 As a result, even in a numerically controlled machine tool, multi-window environment is now provided.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】しかし、数値制御工作機械が使用されている現場の環境は、オフィス環境と比べ大きく異なる。 However, [0007], in the field of numerical control machine tool is being used environment is significantly different compared to the office environment. そのため、マルチウィンドウ環境で何らかの操作をするには、以下のような数値制御工作機械に特有の問題が生じる。 Therefore, to any operation in a multi-window environment, specific problems arise in numerically controlled machine tool as described below.

【0006】第1にマウスを使うスペースを確保できないことである。 [0006] is the inability to secure a space to use the mouse to first. マウスを使うには、ほぼ水平に近い平面がなければならない。 To use the mouse, there must be substantially horizontally near the plane. ところが、機械加工の現場でそのようなスペースを確保するのは難しい。 However, it is difficult to ensure such a space in the field of machining.

【0007】第2に油汚れなどでマウスやタッチパネル等の動作不良が起こりやすいことである。 [0007] is that the oil stains prone to malfunction such as a mouse or a touch panel or the like in the second. 第3に現場の作業環境がマウスやそれに準ずるポインティングデバイスに要求される細かな操作に不向きなことである。 Third-site working environment is that unsuitable in fine operation required for the pointing device pursuant to the mouse and it. 一方、タッチパネルなどは、元来細かな作業には不向きである。 On the other hand, such as a touch panel, it is not suitable to the original fine work. そのため、いずれにしても操作が限定さてしまう。 Therefore, operation in any event will be limited.

【0008】第4にポインティングデバイスにより操作を行うにはオペレータが操作に関する知識を習得していなければならないことである。 [0008] To perform the operation by the fourth to the pointing device is that it must have mastered the knowledge of the operator operation. 本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、作業環境に左右されずにオペレータの望むようにウィンドウを操作することができるマルチウィンドウシステムを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of these points, and an object thereof is to provide a multi-window system which can operate the window as desired by the operator irrespective of the work environment.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】本発明では上記課題を解決するために、複数のウィンドウを表示装置の画面に表示するマルチウィンドウシステムにおいて、複数のキーを有する入力手段と、ウィンドウ操作処理の処理内容とキーとの対応関係を管理しており、キーが押されると対応する処理内容の実行命令を出力する対応関係管理手段と、前記実行命令に従いウィンドウ操作処理を実行するウィンドウ制御手段と、を有することを特徴とするマルチウィンドウシステムを提供する。 In order to solve the above object SUMMARY OF THE INVENTION In multi-window system for displaying on a screen of the display device a plurality of windows, and an input means having a plurality of keys, the process of windowing processing manages the correspondence between the contents and the key, the corresponding relationship management means for outputting an execution instruction of processing content corresponding to the key is pressed, and a window control means for executing the windowing processing in accordance with the execution instruction providing a multi-window system characterized in that it has.

【0010】このマルチウィンドウシステムによれば、 [0010] According to the multi-window system,
オペレータが目的のウィンドウ操作処理に対応したキーを押すと、対応関係管理手段が対応関係にある処理の実行要求を出力する。 The operator presses a key corresponding to the windowing processing purposes, the corresponding relationship management means outputs a process execution request in the corresponding relationship. すると、ウィンドウ制御手段が実行要求に従ってウィンドウを操作する。 Then, the window control means for operating the window in accordance with the execution request.

【0011】 [0011]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the accompanying drawings. 図1は本発明のマルチウィンドウシステムの概略構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a schematic configuration of a multi-window system of the present invention. 入力手段1は、複数のキー1a〜1fを有している。 Input means 1 includes a plurality of keys 1 a - 1 f. 対応関係管理手段2は、キー1a〜1fとウィンドウ操作処理との対応関係を管理しているとともに、キー1a〜1fに対応するウィンドウ操作処理の名称を、表示装置4に表示している。 Correlation management unit 2, together with manages the correspondence between the keys 1 a - 1 f and windowing process, the name of the window operation processing corresponding to the key 1 a - 1 f, is displayed on the display unit 4. そして、いずれかのキーが押されると対応するウィンドウ操作処理の実行要求を出力する。 Then, outputs an execution request of the windowing processing corresponding to any key is pressed.

【0012】ウィンドウ制御手段3は、複数種のウィンドウ操作処理部3a〜3cを有している。 [0012] The window control unit 3 includes a plurality of types of windowing processing unit 3 a to 3 c. ウィンドウ操作処理部3a〜3cとしては、例えば、アクティブ画面の切替えや画面のスクロール等のウィンドウ操作処理がある。 The windowing processing unit 3 a to 3 c, for example, a windowing processing such as scrolling switching and screen the active screen. ウィンドウ操作処理の実行要求が出力されると、 When the execution requirements of the windowing processing is outputted,
ウィンドウ制御手段3内のウィンドウ操作処理部3a〜 Windowing processing unit of the window control means 3. 3a-
3cが実行要求に応じたウィンドウ操作を行う。 3c performs window operation according to the execution request.

【0013】表示装置4には、複数のウィンドウ4a〜 [0013] on the display device 4, a plurality of window 4a~
4cが表示されている。 4c is displayed. これらのウィンドウ4a〜4c These windows 4a~4c
は、ウィンドウ制御手段3により制御される。 It is controlled by the window control unit 3. キー機能表示部4d〜4iには、キー1a〜1fに対応するウィンドウ操作処理の名称が表示されている。 The key function display section 4d~4i, the name of the window operation processing corresponding to the key 1a~1f are displayed.

【0014】このようなマルチウィンドウシステムによれば、オペレータはキー機能表示部4d〜4iを見ることにより、どのキーにどのようなウィンドウ操作処理が割り当てられているかを認識することができる。 According to such a multi-window system, the operator by viewing the key function display unit 4D~4i, can recognize what windowing processing is assigned to which key. そして、目的の処理に対応するキーを押す。 Then, press the key that corresponds to the purpose of processing.

【0015】キーが押されると対応関係管理手段2が、 [0015] The corresponding relationship management means 2 when a key is pressed,
現在割り当てられているウィンドウ処理機能の実行要求を出力する。 And it outputs an execution request of the windowing functions currently assigned. ウィンドウ制御手段3は、実行要求に従ってウィンドウ操作を行う。 Window control means 3 performs windowing in accordance with the execution request.

【0016】このようにして、マウス等のポインティングデバイスやタッチパネル等を使用せずに、キー入力によりウィンドウを操作することができる。 [0016] Thus, without using a pointing device and a touch panel such as a mouse, you can operate the window by a key input. 以下に、数値制御工作機械のマンマシンコントローラ(MMC)に本発明のマルチウィンドウシステムを用いた場合について、どのようなウィンドウ操作処理を行うことができるかについて具体的に説明する。 Hereinafter, the case of using a multi-window system of the present invention the numerical control machine tool man-machine controller (MMC), or specifically described what windowing process can be performed.

【0017】図2は、本発明の一実施例である対話形数値制御装置の構成を示すブロック図である。 [0017] FIG. 2 is a block diagram showing the configuration of a conversational numerical control apparatus as an embodiment of the present invention. プロセッサ11はROM12に格納されたシステムプログラムに従って対話形数値制御装置全体を制御する。 The processor 11 controls the overall conversational numerical control apparatus according to a system program stored in the ROM 12. ROM12にはEPROMあるいはEEPROMが使用される。 ROM 12 EPROM or EEPROM is used for. RA RA
M13にはSRAM等が使用され、各種のデータあるいは入出力信号が格納される。 The M13 SRAM or the like is used, various data or input and output signals are stored. 不揮発性メモリ14には図示されていないバッテリによってバックアップされたC C to the nonvolatile memory 14 is backed up by a battery (not shown)
MOSが使用され、電源切断後も保持すべきパラメータ、ピッチ誤差補正量及び工具補正量等が格納される。 MOS is used, the parameter to be retained even after power off, pitch error compensation amount and tool correction amount, and the like are stored.

【0018】軸制御回路15はプロセッサ11から軸の移動指令を受けて、軸の指令をサーボアンプ17に出力する。 The axis control circuit 15 receives a movement command axis from the processor 11 outputs a command of the axis to the servo amplifier 17. サーボアンプ17はこの移動指令を受けて、工作機械18のサーボモータを駆動する。 The servo amplifier 17 receives this movement command, drives the servo motor of a machine tool 18. PMC(プログラマブル・マシン・コントローラ)16はNCプログラムを実行する際に、T機能信号(工具選択指令)等を受け取る。 When PMC (programmable machine controller) 16 for executing the NC program, receiving a like T function signal (tool selection command). そして、これらの信号をシーケンス・プログラムで処理して、動作指令として信号を出力し、工作機械1 Then, it processes these signals in sequence program, and outputs a signal as an operation command, the machine tool 1
8を制御する。 To control 8. また、工作機械18から状態信号を受けて、シーケンス処理を行って、プロセッサ11へ必要な入力信号を転送する。 Also, by receiving a status signal from the machine tool 18, performs sequence processing and transfers a necessary input signal to the processor 11.

【0019】なお、上記構成要素はいずれもバス19によって互いに結合されており、このバス19には、NC [0019] Incidentally, are coupled to each other by any of the above components bus 19, to the bus 19, NC
用のCPUであるプロセッサ11とは別に、対話用のプロセッサ31がバス29によって接続される。 Apart from the processor 11 is a CPU for use, the processor 31 for interaction are connected by a bus 29.

【0020】プロセッサ31はバス39を有し、ROM [0020] The processor 31 has a bus 39, ROM
32、RAM33、不揮発性メモリ34、VRAM(ビデオRAM)35及びグラフィック制御回路36が接続される。 32, RAM 33, nonvolatile memory 34, VRAM (video RAM) 35 and a graphic control circuit 36 ​​is connected. プロセッサ31はROM32に格納された対話処理用のプログラムを実行して、対話形データの入力画面において、設定可能な作業又はデータ等をメニュー形式で後述する表示装置23に表示する。 The processor 31 executes the program for interactive processing stored in the ROM 32, the input screen of the interactive data, and displays the configurable operation or data or the like on the display device 23 described later in a menu format. また、こうして入力されたデータから加工プログラムを作成するとともに、バックグラウンドアニメーションとして、工具の全体の動作軌跡等を表示する。 Moreover, in this way as to create a machining program from the input data, as a background animation, displaying the overall operation trajectory of the tool or the like. ROM32には上記対話処理用のプログラムの他に、上記対話形データの入力画面等が格納される。 The ROM32 other programs for the interaction, the input screen or the like of the interactive data is stored. RAM33にはSRAM等が使用され、対話用の各種データ等が格納される。 SRAM, etc. The RAM33 is used, various data for interaction is stored. 不揮発性メモリ34は図示されていないバッテリによってバックアップされたCMOSが使用され、電源切断後も保持すべきプログラムデータ及び加工プログラム等が格納される。 The non-volatile memory 34 is used CMOS backed up by a battery (not shown), program data and processing programs after power off to be held even is stored.
VRAM35は高速にアクセス可能なRAMであって、 VRAM35 is a RAM accessible to high-speed,
不揮発性メモリ34にNC文として格納された上記加工プログラムに基づき工作機械18の切削シミュレーションを行う際にアニメーション表示のためのグラフィックデータが格納される。 Graphic data for animation display is stored in performing the cutting simulation of the machine tool 18 based on the machining program in the nonvolatile memory 34 is stored as NC statement. グラフィック制御回路36はVR Graphic control circuit 36 ​​VR
AM35に格納されたグラフィックデータを表示用の信号に変換して出力する。 Converting the stored signals for displaying graphic data output to AM35.

【0021】また、オペレータとのヒューマンインタフェースをとるCRT/MDI(Cathode Ray Tube/Manua [0021] In addition, it takes the human interface with the operator CRT / MDI (Cathode Ray Tube / Manua
l Data Input)パネル20はバス19に接続され、グラフィック制御回路21、切換器22、表示装置23、キーボード24及びソフトウェアキー25が設けられる。 l Data Input) panel 20 is connected to the bus 19, the graphic control circuit 21, switching unit 22, a display device 23, keyboard 24 and the software key 25 is provided.

【0022】グラフィック制御回路21はプロセッサ1 [0022] The graphic control circuit 21 processor 1
1等から出力されたディジタル信号を表示用の信号に変換して出力する。 It converts the digital signal output from the 1 like into a signal for display output. 切換器22はグラフィック制御回路3 Switching unit 22 is graphic control circuit 3
6又はグラフィック制御回路21から出力された表示用の信号を切り換えて表示装置23に与える。 6 or by switching the signal for display outputted from the graphic control circuit 21 provided to the display device 23. 表示装置2 The display device 2
3にはCRTあるいは液晶表示装置が使用される。 3 a CRT or a liquid crystal display device is used. キーボード24はシンボリックキー、数値キー等からなり、 Keyboard 24 consists of symbolic keys, numeric keys and the like,
必要な図形データ、NCデータをこれらのキーを使用して入力する。 Necessary graphic data, NC data entered using these keys. ソフトウェアキー25はシステムプログラム等によって機能が変化する指令キーであって、その機能名称等は表示装置23の所定の画面位置に表示される。 Software key 25 is a command key to change the function by the system program and the like, the function name and the like are displayed on a predetermined screen position of the display device 23. なお、ソフトウェアキー25の両側には、図示されていない操作メニューキーがあり、このキーを押すことによりソフトウェアキー25に割り当てられた機能を切り換えることができる。 Note that both sides of the software key 25, there is an operation menu key, not shown, can be switched function assigned to the software key 25 by pressing the key.

【0023】なお、バックグラウンドアニメーション表示のため、プログラムデータが対話用のプロセッサ31 [0023] It should be noted that, because of the background animation display, processor 31 of the program data is for dialogue
により表示用データに処理され、グラフィック制御回路36で表示信号に変換され、表示装置23に表示される。 It is processed in the display data by being converted into display signals in the graphic control circuit 36, displayed on the display device 23. 同様に、対話形式で加工プログラムを作成していくときに、形状及び加工条件等がグラフィック制御回路2 Similarly, when going to create a machining program interactively, graphic shapes, and processing conditions such as the control circuit 2
1で表示用の信号に変換され、表示装置23に表示される。 Is converted into a signal for display at 1, it is displayed on the display device 23.

【0024】以上の構成の数値制御装置において、ソフトウェアキー25にウィンドウ処理機能を割り当てる。 [0024] In the numerical control apparatus having the above configuration, assigning a windowing function to the software key 25.
そして、様々なウィンドウ操作を行う。 Then, the various window operation. このとき、ソフトウェアキー25に割り当てられた機能を表示装置23 At this time, the display device the function assigned to the software key 25 23
の下部にキー機能表示部として表示する。 It is displayed at the bottom of as a key function display section.

【0025】先ず、ウィンドウ操作処理の第1の例は、 [0025] First, the first example of the window operation process,
複数のウィンドウからなるウィンドウグループをソフトウェアキーを押すことにより選択する処理である。 It is a window group consisting of a plurality of windows in the process of selecting by pressing the software keys. 図3 Figure 3
は複数のウィンドウからなるグループ構成の選択画面を示す図である。 Is a view showing a selection screen for group configuration consisting of a plurality of windows. この例では、「Position」、「Tool Off In this example, "Position", "Tool Off
set 」、「Program 」の3つのウィンドウグループ41 set ", three of the window of the" Program "Group 41
〜43が設定されている。 To 43 it has been set. キー機能表示部40a、40 Key function display section 40a, 40
b,40cには、ウィンドウグループ41〜43の名称が、それぞれ表示されている。 b, in the 40c, the name of the window group 41 to 43, are displayed.

【0026】この状態で、キー機能表示部40aに対応するソフトウェアキーが押されると、「Position」のウィンドウグループ41が表示される。 [0026] In this state, when the software key corresponding to the key function display section 40a is pressed, the window group 41 of the "Position" is displayed. このウィンドウグループ41には、「Position画面」、「Actual画面」、 This window group 41, "Position screen", "Actual screen",
「Status画面」の3つのウィンドウ41a〜41cがある。 There are three windows 41a~41c of the "Status screen".

【0027】キー機能表示部40bに対応するソフトウェアキーが押されると、「Tool Offset 」のウィンドウグループ42が表示される。 [0027] software key corresponding to the key function display section 40b is pressed, the window group 42 of the "Tool Offset" is displayed. このウィンドウグループ4 This window Group 4
2には、「Tool Offset 画面」、「Position画面」、 The second, "Tool Offset screen", "Position" screen,
「Actual画面」の3つのウィンドウ42a〜42cがある。 There are three windows 42a~42c of "Actual screen".

【0028】キー機能表示部40cに対応するソフトウェアキーが押されると、「Program」のウィンドウグループ43が表示される。 [0028] Once the software key corresponding to the key function display section 40c is pressed, the window group 43 of the "Program" is displayed. このウィンドウグループ43には、「Program 画面」、「Program Directory 画面」、 This window group 43, "Program screen", "Program Directory screen",
「Status画面」の3つのウィンドウ43a〜43cがある。 There are three windows 43a~43c of the "Status screen".

【0029】このように、1つのソフトウェアキーを押すだけで、画面に表示される複数のウィンドウを同時に切り換えることができる。 [0029] In this way, just by pressing a single software key, it is possible to switch between multiple windows to be displayed on the screen at the same time. 例えば、ウィンドウグループ41からウィンドウグループ42への切り換えもキー機能表示部40bに対応するソフトウェアキーを押すだけでよい。 For example, it is only pressing the software keys corresponding to the switching also key function display section 40b of the window group 41 to the window group 42. もし、このウィンドウ操作をマウスで行った場合には、ウィンドウグループ41で表示されている各ウィンドウ41a〜41cを全て終了させてから、ウィンドウグループ42のウィンドウ42a〜42cを起動させなければならず、マウスの操作はかなり煩雑である。 If this if the window operations performed in mice, terminate all the windows 41a~41c being displayed in window group 41 must activate the window 42a~42c window groups 42, the operation of the mouse is a rather cumbersome.

【0030】ウィンドウ操作処理の第2の例は、画面に表示されたウィンドウの中でアクティブとするウィンドウを選択する処理である。 A second example of [0030] windowing process is a process of selecting a window to be active in a window displayed on the screen. 図4はアクティブウィンドウ選択画面を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing the active window selection screen. この画面には、「Over ALL画面」、「Absolute画面」、「Relative画面」、「Machin This screen, "Over ALL screen", "Absolute screen", "Relative screen", "Machin
e 画面」のウィンドウ51〜54が表示されている。 Window 51 to 54 e-screen "is displayed. キー機能表示部50a〜50dには、ウィンドウ51〜5 The key function display section 50a~50d, window 51-5
4のそれぞれの名称が表示されている。 Each of the names of the 4 are displayed. なお、「Absolu It should be noted that, "Absolu
te画面」、「Relative画面」のように名称が長い場合には、オペレータが理解できる範囲で略称を用いることもできる。 te screen ", when the name, such as" Relative screen "is long, can be used abbreviations in the range that can be understood by the operator. 従って、キー機能表示部50b,50cでは、 Accordingly, the key function display section 50b, in 50c,
頭の3文字を表示している。 You are viewing the three characters of the head.

【0031】この状態で、実行したい画面を選択するには、キー機能表示部50a〜50dに対応するソフトウェアキーのいずれかを押せばよい。 [0031] In this state, to select the screen you want to run, can press any of the software key corresponding to the key function display section 50a~50d. 例えばキー機能表示部50aに対応するソフトウェアキーを入力すると、 For example, if you enter a software key corresponding to the key function display section 50a,
「Over ALL画面」のウィンドウ51がアクティブとなる。 Window 51 of the "Over ALL screen" becomes active.

【0032】ウィンドウ操作処理の第3の例は、ウィンドウの中に表示された制御対象を選択する処理である。 Third example of [0032] windowing process is a process of selecting a control object displayed in a window.
図5はウィンドウ中の制御対象選択画面を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing a control object selection screen in the window. アクティブであるウィンドウ内には、制御対象として「Input Unit」のチェックボックス61、「Paramete Within is the active window, check box 61 of "Input Unit" as an object to be controlled, "Paramete
r Write Enable」のボタン62、及び「Rotation Angl r Write Enable "of the button 62, and" Rotation Angl
e」の数値入力部63がある。 There is a numerical value input portion 63 of the e ". 「Input Unit」のチェックボックス61内には、「inch」と「mm」とのラジオボタン61a,61bがあり、現在は「mm」が選択さている。 In the check box 61 of "Input Unit", there is a radio button 61a, 61b between the "inch", "mm", is currently selected is "mm". キー機能表示部60a〜60cには、チェックボックス61、ボタン62、数値入力部63のそれぞれの名称が表示されている。 The key function display section 60 a to 60 c, check boxes 61, button 62, each of the names of the numerical value input portion 63 is displayed.

【0033】この状態で、キー機能表示部60aに対応するソフトウェアキーを押すと、チェックボックス61 [0033] In this state, pressing the software key corresponding to the key function display section 60a, check box 61
内のラジオボタンが切り換わり、「inch」が選択される。 Radio button of the inner is switched, "inch" is selected. なお、ラジオボタンの数が多い場合には、上向きの矢印と下向きの矢印をキー機能表示部に表示させ、それらに対応するソフトウェアキーを押し選択されるラジオボタンの位置を上下に移動させることにより、任意のラジオボタンを選択することもできる。 Incidentally, when the number of radio buttons is large, to display the up arrow and down arrow key function display unit, by moving the position of the radio button is selected press software key corresponding to them in the vertical , it is also possible to select any of the radio buttons.

【0034】また、キー機能表示部60bに対応するソフトウェアキーを押すと、「Parameter Write Enable」 [0034] In addition, when you press the software key corresponding to the key function display section 60b, "Parameter Write Enable"
のボタン62が押された場合と同じ処理が行われる。 The same process as when the button 62 is pressed is performed. さらに、キー機能表示部60cに対応するソフトウェアキーを押すと、「Rotation Angle」の数値入力状態となり、テンキーから入力した値が「Rotation Angle」の数値入力部63に設定される。 Furthermore, pressing the software keys corresponding to the key function display unit 60c, become numerical value input state of "Rotation Angle", the value entered from the ten-key is set to the numerical value input unit 63 of the "Rotation Angle".

【0035】ウィンドウ操作処理の第4の例は、ウィンドウ内にデータを入力する処理である。 A fourth example of the [0035] windowing process is a process of inputting data in a window. 図6はデータ入力画面を示す図である。 6 illustrates a data entry screen. アクティブであるウィンドウ内は格子状に分割さている。 Inactive is within the window is divided into a grid pattern. 格子内の各領域には数値を入力することができる。 Each area of ​​the grid may enter a numerical value. そして、格子領域の1つにカーソル71が表示されている。 Then, the cursor 71 on one of the grating regions is displayed. この図では、格子領域の枠の部分を太くすることにより、カーソルを表わしている。 In this figure, by thickening the portions of the frame of the grating region, it represents the cursor.
キー機能表示部70a〜70cには、「Input 」、「Cl The key function display section 70a~70c, "Input", "Cl
ear 」、「Copy」の3種類の実行内容が表示されている。 ear ", three types of execution contents of the" Copy "is displayed.

【0036】この状態で、データを入力する場合には、 [0036] In this state, if you enter the data,
キーボードに設けられているカーソル移動キーにより、 By the cursor movement keys provided on the keyboard,
カーソルの位置を目的の領域まで移動する。 To move the position of the cursor to the region of interest. 次に、キー機能表示部70aに対応するソフトウェアキーを押す。 Next, press the software key corresponding to the key function display section 70a.
これで、データ入力の状態となる。 Now, the state of the data input. そして、キーボードの数値キーにより数値を入力する。 Then, enter a number by keyboard numeric key.

【0037】入力されている数値を消去するには、目的の位置にカーソルを移動した後、キー機能表示部70b [0037] In order to erase a number that has been entered, after you move the cursor to the desired location, the key function display section 70b
に対応するソフトウェアキーを押す。 Pressing the corresponding software key. また、ある場所に入力されている値を他の場所に複写するには、複写もとのデータが設定されている位置でカーソルを移動し、キー機能表示部70cに対応するソフトウェアキーを押す。 Further, in copying the values ​​that are input to one place to another, move the cursor at the position where the copying original data are set, pressing the software keys corresponding to the key function display unit 70c. 次いで、データの入力すべき位置でカーソルを移動した後、再度キー機能表示部70cに対応するソフトウェアキーを押す。 Then, after moving the cursor position to be input data, press the software key corresponding to the re-key function display unit 70c. このようにして、格子状の領域間でデータが複写される。 In this manner, data is copied between grid region.

【0038】ウィンドウ操作処理の第5の例は、ウィンドウをスクロールさせる処理である。 Fifth example of [0038] windowing process is a process of scrolling the window. 図7はウィンドウのスクロール画面を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the scroll screen window. 「Position」のウィンドウ81内にパラメータを表示するウィンドウ82がある。 There is a window 82 for displaying a parameter window 81 of the "Position". 現在表示されているパラメータは、「X」、 Parameters that are currently displayed, "X",
「Y」、「Z」の値である。 "Y", which is the value of "Z". しかし、このウィンドウ内にはさらに多くのパラメータが設定されている。 However, it is set more parameters in this window. キー機能表示部80a、80bには、それぞれ「↑」、「↓」 Key function display section 80a, the 80b, respectively, "↑", "↓"
が表示されている。 There has been displayed.

【0039】この状態で、ウィンドウ82内の「X」、 [0039] In this state, in the window 82 "X",
「Y」、「Z」の下にある別のパラメータの値を表示させたい場合には、キー機能表示部80bに対応するソフトウェアキーを押す。 "Y", if you want to display the values ​​of another parameter under "Z", pressing the software keys corresponding to the key function display section 80b. このソフトウェアキーを押しつづけている間、パラメータ表示ウィンドウ82内のデータは上方向に流れていく。 While you hold the software key, the data of the parameter display window 82 flows upward. その結果、下から次々と別のパラメータが現れる。 As a result, one after another another parameter appears from the bottom. そして、ウィンドウ82aのように、「C」、「A」、「B」のそれぞれの値が表示される。 As windows 82a, each having a value of "C", "A", "B" is displayed. 逆に、上にあるデータを表示させたい場合には、キー機能表示部80aに対応するソフトウェアキーを押す。 Conversely, if you want to display the data in the above, pressing the software keys corresponding to the key function display unit 80a. このようにして、ウィンドウをスクロールさせることができる。 In this way, it is possible to scroll the window.

【0040】ウィンドウ操作処理の第6の例は、ウィンドウの移動及びリサイズをさせる処理である。 Sixth example of the [0040] windowing process is a process for the movement and resizing of windows. 図8はウィンドウの移動及びリサイズの状況を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing the status of the movement and resizing of windows. 画面には操作対象となるウィンドウ91が表示されている。 A window 91 to be operated on are displayed on the screen. キー機能表示部90a、90bには、それぞれ移動を意味する「Move」と、拡大縮小を意味する「Resize」 Key function display section 90a, the 90b, means each move as "Move", refers to the scaling "Resize"
とが表示されている。 Bets are displayed.

【0041】ここで、ウィンドウ91を移動する場合には、キー機能表示部90bに対応するソフトウェアキーを押す。 [0041] In this case, when you move the window 91, press the software key corresponding to the key function display section 90b. すると、キー機能表示部の表示が変更され、キー機能表示部90c〜90fには、それぞれ「↑」、 Then, the display of the key function display section is changed, the key function display section 90c~90f, each "↑",
「↓」、「→」、「←」が表示される。 "↓", "→", "←" is displayed. そして、ウィンドウを移動したい方向の矢印が表示されているキー機能表示部に対応するソフトウェアキーを押す。 Then, press the software key corresponding to the key function display unit that displays the direction of the arrow to be moved the window. そのキーを押している間、ウィンドウが矢印の方向へ動き、キーをはなした位置でウィンドウ91aが表示される。 While pressing the key, the window moves in the direction of the arrow, the window 91a is displayed at a position release the key.

【0042】ウィンドウ91を拡大する場合には、キー機能表示部90aに対応するソフトウェアキーを押す。 [0042] In the case of expanding the window 91, press the software key corresponding to the key function display section 90a.
すると、キー機能表示部の表示が変更され、キー機能表示部90g〜90jには、それぞれ「↑」、「↓」、 Then, the display of the key function display section is changed, the key function display section 90g~90j, each "↑", "↓",
「→」、「←」が表示される。 "→", "←" is displayed. そして、拡大したい方向の矢印が表示されているキー機能表示部に対応するソフトウェアキーを押すことにより、ウィンドウ91の右下の角の位置を拡大する。 Then, by pressing the software keys enlarged want the direction of the arrow corresponds to the key function display unit that displays, to expand the position of the lower right corner of the window 91. これで、自由なサイズのウィンドウ91bが得られる。 Now, the window 91b of the free size is obtained.

【0043】ウィンドウ操作処理の第7の例は、ウィンドウを開閉させる処理である。 Seventh example of [0043] windowing process is a process for opening and closing the window. 図9はウィンドウを開く操作を示す図である。 Figure 9 is a diagram showing the operation of opening the window. キー機能表示部101には、「Op The key function display unit 101, "Op
en」が表示されている。 en "it is displayed. そして、現在閉じているウィンドウを開きたい場合には、キー機能表示部101に対応するソフトウェアキーを押す。 And, in case you want to open the windows that are currently closed, press the software key corresponding to the key function display section 101. すると、キー機能表示部102〜105にはウィンドウの名前が、それぞれ「Po Then, the key function display section 102 to 105 name of the window is, each "Po
sition」、「Program」、「Setting 」、「Data I/O」 sition "," Program "," Setting "," Data I / O "
と表示される。 It is displayed. この状態で、開きたいウィンドウの名前が表示されているキー機能表示部と対応するソフトウェアキーを押す。 In this state, press the software key and the corresponding key function display section the name of the window is displayed that you want to open. 図の例では、キー機能表示部102に対応するソフトウェアキーを押している。 In the illustrated example, by pressing the software keys corresponding to the key function display unit 102. これにより、 As a result,
「Position」のウィンドウ106が開く。 Open the window 106 of the "Position".

【0044】図10はウィンドウを閉じる操作を示す図である。 [0044] FIG. 10 is a diagram showing the operation to close the window. 図では、3つのウィンドウ111〜113が開いている。 In the figure, three windows 111 to 113 are open. 現在、ウィンドウ111がアクティブである。 Currently, window 111 is active. キー機能表示部111aには、「Close 」と表示されている。 The key function display section 111a, is displayed as "Close". この状態で、キー機能表示部111aに対応するソフトウェアキーを押す。 In this state, press the software key corresponding to the key function display section 111a. すると、ウィンドウ11 Then, the window 11
1が閉じる。 1 is closed.

【0045】ウィンドウ操作処理の第8の例は、ソフトウェアキーによるガイダンス機能である。 Eighth embodiment of the [0045] window operation processing is a guidance function of the software key. 図11はガイダンス機能による操作状況を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing an operation situation according to the guidance function. この例は、 In this example,
画面上のプログラムをコピーする場合である。 A If you want to copy the program on the screen. キー機能表示部121、122には、それぞれ「Copy」、「Mov The key function display section 121 and 122, respectively, "Copy", "Mov
e」と表示されている。 It is listed as e ". コピーをするには、キー機能表示部121に対応するソフトウェアキーを押す。 To copy, press the software key corresponding to the key function display unit 121. すると、キー機能表示部123、124には「To Buffer Then, the key function display section 123 and 124 "To Buffer
」、「To Program」と表示される。 ", It is displayed as" To Program ". ここでは、プログラムへコピーするものとし、キー機能表示部124に対応するソフトウェアキーを押す。 Here, it is assumed to be copied to the program, press the software key corresponding to the key function display unit 124. 次は、キー機能表示部125〜128にはそれぞれ「Cursol〜」、「〜Curso The following is, each of the key function display section 125 to 128 "Cursol~", "~Curso
l」、「To Bottom 」、「ALL 」と表示される。 l "," To Bottom ", it is displayed as" ALL ". ここでは、全てをコピーするものとし、キー機能表示部128 Here, it is assumed that copy all, the key function display unit 128
に対応するソフトウェアキーを押す。 Pressing the corresponding software key.

【0046】すると、「Program No. 」のダイアログボックス131が表示される。 [0046] Then, the dialog box 131 of the "Program No." is displayed. この状態で、プログラムナンバーを入力する(図では「O0002」)。 In this state, inputs a program number (in the figure "O0002"). この時、 At this time,
キー機能表示部129〜130にはそれぞれ「Exec」、 Each of the key function display section 129 to 130 "Exec",
「Cancel」と表示されている。 It is displayed as "Cancel". そして、入力に間違いがなければ、キー機能表示部129に対応するソフトウェアキーを押す。 And, if there is no mistake in the input, press the software key corresponding to the key function display unit 129. これにより、プログラムをコピーすることができる。 Thus, it is possible to copy the program.

【0047】このように随時、次の操作内容をソフトウェアキーに対応付け、キー機能表示部に表示することにより、オペレータが特別な知識を持っていなくても、目的の操作を実行させることができる。 [0047] In this way at any time, with support for the next operation content to the software key, by displaying the key function display unit, even if they do not have an operator is special knowledge, it is possible to perform the desired operation .

【0048】なお、ソフトウェアキーに対応付けられる処理内容は、ソフトウェアキーの横に設けられている操作メニューキーを押すことにより切り換えることができる。 [0048] Note that the processing contents associated with the software key may be switched by pressing the operation menu key provided in the side of the software keys. この時同時に、キー機能表示部の表示内容が切り換えられる。 At the same time, display the contents of the key function display section is switched. 例えば、図3に示したようなグループ構成の選択画面から図4に示すアクティブウィンドウの選択画面に移るには、操作メニューキーを押す。 For example, the proceeds to the selection screen of the active window illustrated in Figure 4 from the selection screen of the group structure shown in FIG. 3, press the operation menu key. すると、図3 Then, as shown in FIG. 3
に示すように表示されていたキー機能表示部40a〜4 Key function has been displayed as shown on the display unit 40a~4
0cが、図4のような表示内容のキー機能表示部50a 0c is, information displayed in the key function display section 50a as shown in FIG. 4
〜50dとなる。 The ~50d. 従って、ソフトウェアキーに対応付けられる処理内容の切り換えも容易である。 Therefore, switching of the processing contents associated with the software key is easy.

【0049】 [0049]

【発明の効果】以上説明したように本発明では、対応関係管理手段が、キーとウィンドウ操作の処理内容との対応関係を管理しており、キーが入力されると、そのキーに対応付けられたウィンドウ操作処理が実行されるため、作業環境の善し悪しに関係なく操作性の良いマルチウィンドウ環境を得ることが可能となる。 In the present invention, as described above, according to the present invention, correlation management means manages the correspondence between the processing contents of the key and window operations, the key is input, associated with the key because the windowing process is performed, it becomes possible to obtain a good operability multiwindow environment regardless quality of the work environment.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明のマルチウィンドウシステムの概略構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a schematic configuration of a multi-window system of the present invention.

【図2】本発明の一実施例である対話形数値制御装置の構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing the configuration of a conversational numerical control apparatus as an embodiment of the present invention.

【図3】複数のウィンドウからなるグループ構成の選択画面を示す図である。 3 is a diagram showing a selection screen of the group configuration consisting of a plurality of windows.

【図4】アクティブウィンドウ選択画面を示す図である。 FIG. 4 is a diagram showing the active window selection screen.

【図5】ウィンドウ中の制御対象選択画面を示す図である。 5 is a diagram showing a control object selection screen in the window.

【図6】データ入力画面を示す図である。 FIG. 6 is a diagram illustrating a data input screen.

【図7】ウィンドウのスクロール画面を示す図である。 FIG. 7 is a diagram showing a scrolling screen of the window.

【図8】ウィンドウの移動及びリサイズの状況を示す図である。 8 is a diagram showing the status of the movement and resizing of windows.

【図9】ウィンドウを開く操作を示す図である。 FIG. 9 is a diagram showing the operation to open the window.

【図10】ウィンドウを閉じる操作を示す図である。 FIG. 10 is a diagram showing the operation to close the window.

【図11】ガイダンス機能による操作状況を示す図である。 FIG. 11 is a diagram showing the operational status by the guidance function.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 入力手段 2 対応関係管理手段 3 ウィンドウ制御手段 4 表示装置 4a〜4c ウィンドウ 4d〜4i キー機能表示部 1 Input unit 2 correlation management means 3 window control unit 4 display 4a~4c window 4d~4i key function display unit

Claims (12)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数のウィンドウを表示装置の画面に表示するマルチウィンドウシステムにおいて、 複数のキーを有する入力手段と、 ウィンドウ操作処理の処理内容とキーとの対応関係を管理しており、キーが押されると、対応する処理内容の実行命令を出力する対応関係管理手段と、 前記実行命令に従いウィンドウ操作処理を実行するウィンドウ制御手段と、 を有することを特徴とするマルチウィンドウシステム。 1. A multi-window system for displaying on a screen of the display device a plurality of windows, and an input means having a plurality of keys, manages the correspondence between the process contents and the key of the windowing processing, keys When pressed, the multi-window system characterized by comprising: a correlation management means for outputting an execution instruction of the corresponding processing content, and a window control means for executing the windowing processing in accordance with the execution instruction.
  2. 【請求項2】 前記対応関係管理手段は、キーに対応付けられている処理内容の名称を表示装置の画面に表示することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit, multi-window system according to claim 1, wherein the displaying the name of the processing contents associated with the key on the screen of the display device.
  3. 【請求項3】 前記対応関係管理手段は、画面に表示すべきウィンドウのグループ構成データとキーとを対応付けており、キーが押されると、対応するグループ構成データのウィンドウを画面に表示するように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein the correlation management means is in association with the group configuration data and the key window to be displayed on the screen, when the key is pressed, to display a window for the corresponding group configuration data on the screen multi-window system according to claim 1, wherein the outputting the execution instruction.
  4. 【請求項4】 前記対応関係管理手段は、画面表示されているウィンドウをアクティブにする処理とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応するウィンドウをアクティブ状態にするように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with a process and a key to activate the windows displayed on the screen, when the key is pressed, it executes the corresponding window to the active state commands multi-window system according to claim 1, wherein the outputting the.
  5. 【請求項5】 前記対応関係管理手段は、ウィンドウ内の項目を制御対象とする処理とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応する項目を制御対象とするように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with a process and a key for an item in the window as the control target, when the key is pressed, executes the corresponding item to the control target instructions multi-window system according to claim 1, wherein the output.
  6. 【請求項6】 前記対応関係管理手段は、データ入力画面の編集機能とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応する編集機能を実行するように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with editing function of the data input screen and the key, when the key is pressed, characterized in that it outputs the execution instruction to execute the corresponding editing function multi-window system according to claim 1 wherein.
  7. 【請求項7】 前記対応関係管理手段は、ウィンドウのスクロール処理とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応する方向へウィンドウをスクロールするように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with the window scroll process and key, the key is pressed, and wherein outputting the execution to scroll the window to the corresponding direction instruction multi-window system according to claim 1.
  8. 【請求項8】 前記対応関係管理手段は、ウィンドウの移動処理の移動方向とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応する方向へウィンドウを移動するように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with the moving direction and the key moving process window, a key is pressed, it outputs an execution instruction to move the window to the corresponding direction multi-window system according to claim 1, wherein.
  9. 【請求項9】 前記対応関係管理手段は、ウィンドウの拡大縮小処理とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応する大きさへウィンドウを拡大縮小するように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correlation management means is in association with the scaling process and the key window, a key is pressed, it outputs an execution instruction to scale the window to the corresponding size multi-window system according to claim 1, wherein.
  10. 【請求項10】 前記対応関係管理手段は、ウィンドウを開く処理とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応するウィンドウを画面に表示するように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with the process and the key to open the window, when the key is pressed, and wherein outputting the run the corresponding window to be displayed on a screen instruction multi-window system according to claim 1.
  11. 【請求項11】 前記対応関係管理手段は、ウィンドウを閉じる処理とキーとを対応付けており、キーが押されると、対応するウィンドウを画面から消去するように実行命令を出力することを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 Wherein said correspondence management unit is associated with a process and a key for closing the window, when the key is pressed, and characterized in that outputs an execution instruction to erase the corresponding window from the screen multi-window system according to claim 1.
  12. 【請求項12】 前記対応関係管理手段は、キーが押された場合には、押されたキーに割り当てられている処理内容に応じて、次に行う必要のある処理内容をキーに対応付けることを特徴とする請求項1記載のマルチウィンドウシステム。 12. The correlation management means, if the key is pressed, pressed in accordance with the processing contents allocated to the key, that the associated key then need some processing content performed multi-window system according to claim 1, wherein.
JP7277487A 1995-10-25 1995-10-25 Multiwindow system Pending JPH09120352A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7277487A JPH09120352A (en) 1995-10-25 1995-10-25 Multiwindow system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7277487A JPH09120352A (en) 1995-10-25 1995-10-25 Multiwindow system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09120352A true JPH09120352A (en) 1997-05-06

Family

ID=17584285

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7277487A Pending JPH09120352A (en) 1995-10-25 1995-10-25 Multiwindow system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09120352A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6445973B1 (en) 1997-02-19 2002-09-03 Mitsubishi Denki Kabushuki Kaisha Personal computer-incorporated numerical control apparatus, and image transfer method for personal computer-incorporated numerical control apparatuses
WO2009087992A1 (en) 2008-01-07 2009-07-16 Ntt Docomo, Inc. Information processing apparatus and program
WO2009087842A1 (en) 2008-01-07 2009-07-16 Ntt Docomo, Inc. Information processing device and program
JP2013197239A (en) * 2012-03-19 2013-09-30 Disco Abrasive Syst Ltd Processing device
JP2013200766A (en) * 2012-03-26 2013-10-03 Fanuc Ltd Processing program creation device allowing processing simulation on interactive screen
WO2015194010A1 (en) * 2014-06-19 2015-12-23 株式会社牧野フライス製作所 Control device for machine tool
JP2016225709A (en) * 2015-05-27 2016-12-28 コニカミノルタ株式会社 Image processing cooperation system and cooperation method, image processing apparatus and image processing cooperation program

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6445973B1 (en) 1997-02-19 2002-09-03 Mitsubishi Denki Kabushuki Kaisha Personal computer-incorporated numerical control apparatus, and image transfer method for personal computer-incorporated numerical control apparatuses
WO2009087992A1 (en) 2008-01-07 2009-07-16 Ntt Docomo, Inc. Information processing apparatus and program
WO2009087842A1 (en) 2008-01-07 2009-07-16 Ntt Docomo, Inc. Information processing device and program
US8407618B2 (en) 2008-01-07 2013-03-26 Ntt Docomo, Inc. Displaying an operation key image to distinguish a correspondence between an operation key and a selected window
US8984443B2 (en) 2008-01-07 2015-03-17 Ntt Docomo, Inc. Dynamic soft key arrangement based on phone orientation and user preferences
JP2013197239A (en) * 2012-03-19 2013-09-30 Disco Abrasive Syst Ltd Processing device
JP2013200766A (en) * 2012-03-26 2013-10-03 Fanuc Ltd Processing program creation device allowing processing simulation on interactive screen
WO2015194010A1 (en) * 2014-06-19 2015-12-23 株式会社牧野フライス製作所 Control device for machine tool
JPWO2015194010A1 (en) * 2014-06-19 2017-04-20 株式会社牧野フライス製作所 Machine tool controller
US10222780B2 (en) 2014-06-19 2019-03-05 Makino Milling Machine Co., Ltd. Control device for machine tool
JP2016225709A (en) * 2015-05-27 2016-12-28 コニカミノルタ株式会社 Image processing cooperation system and cooperation method, image processing apparatus and image processing cooperation program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5309556A (en) Method for using interactive computer graphics to control electronic instruments
US5157768A (en) Method and apparatus for displaying context sensitive help information on a display
KR920003175B1 (en) Valuator menu for use as a graphical user interface tool
US4686522A (en) Method of editing graphic objects in an interactive draw graphic system using implicit editing actions
JP3517301B2 (en) Virtual screen display processing system
EP0864401A1 (en) Jog feeding method for robots
US6976224B2 (en) Information processing apparatus and method with graphical user interface allowing processing condition to be set by drag and drop, and medium on which processing program thereof is recorded
JP2004265451A (en) Coordinates input device
JP3517457B2 (en) Window system and control method thereof
US5870090A (en) System for facilitating selection and searching for object files in a graphical window computer environment
US5790819A (en) Mechanism for fine-grained and coarse-grained control of zooming in a display of a one-dimensional data set
US5900869A (en) Information processor system allowing multi-user editing
US7051289B1 (en) Window display device and method, and a recording medium recording a window display control program
US5969708A (en) Time dependent cursor tool
US5469352A (en) Operation history display device of numerical control apparatus
US4661810A (en) Method for interactive rotation of displayed graphic objects
JP3982288B2 (en) 3D window display device, 3D window display method, and 3D window display program
JPH08315185A (en) Sign language editing device
US5237653A (en) Multiwindow control method and apparatus for work station having multiwindow function
KR20040039003A (en) method, display system and software for controlling icon
US5179655A (en) Multiwindow control method and apparatus for work station having multiwindow function
EP1247623A2 (en) Robot information processing system
EP1189123B1 (en) Automatic programming and simulation apparatus
US4528623A (en) Controller with programmer for selectively providing programs to operate controller
KR0164014B1 (en) Data processor