JPH06221594A - 空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム - Google Patents

空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム

Info

Publication number
JPH06221594A
JPH06221594A JP5026311A JP2631193A JPH06221594A JP H06221594 A JPH06221594 A JP H06221594A JP 5026311 A JP5026311 A JP 5026311A JP 2631193 A JP2631193 A JP 2631193A JP H06221594 A JPH06221594 A JP H06221594A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
drain
coil
condensed water
air
outside air
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5026311A
Other languages
English (en)
Inventor
Isamu Kitahara
勇 北原
Yukiharu Tanaka
幸晴 田中
Original Assignee
Fujita Corp
株式会社フジタ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp, 株式会社フジタ filed Critical Fujita Corp
Priority to JP5026311A priority Critical patent/JPH06221594A/ja
Publication of JPH06221594A publication Critical patent/JPH06221594A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】空調機の低温凝縮水を利用することにより、防
露工事の不要化と省エネルギー型の空調システムを提供
する。 【構成】給気ファン3及び熱交換器4の下方の凝縮水貯
留用のドレーンパンBに、汲み上げ圧送用ドレーンポン
プ12を設け、このドレーンポンプ12と金属管をコイ
ル状に形成した熱交換用ドレーンコイル11の上端とを
送水管bで接続した。ドレーンコイル11は、外気取り
入れ口1に隣接して設けられ、ドレーンコイル11の下
方には排水管aを有したドレーンパンAを設けた。ドレ
ーンパンBの貯留凝縮水をドレーンポンプ12で汲み上
げ、ドレーンコイル11に圧送し、低温凝縮水をドレー
ンコイル11内を自然流下させて熱交換により外気の予
備冷却を行うことができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、室内等の空調機の冷房
用空調システムに関し、空調機の冷房運転時に排出され
る凝縮水の利用を図る省エネルギー型の空調システムで
ある。
【0002】
【従来の技術】従来、空調機の冷房用空調システムで
は、取り入れられた外気又は還気(室内等を循環する空
気を指す。外気と還気とを混合する場合もある)は、空
調機内のフィルターに導かれ、そこで空気中の塵等が除
かれ、さらに給気ファンで冷却コイルに導かれて、冷却
コイルを通過する際に熱交換により冷却されていた。冷
却は、熱伝導率の良好な金属製の管をコイル状に形成し
た冷却コイルに、フロン等の冷媒を低温にして通し、冷
却コイルの間を通過する外気と冷却コイル内の冷媒との
間で金属製の管壁を通して熱交換することにより行われ
ていた。このとき、外気中に含まれている水分は冷却コ
イルの管壁等で結露し、結露した水分は通常凝縮水又は
ドレーンと呼ばれていた。この凝縮水は、冷却コイルの
下方に設置されたドレーンパン(凝縮水の受け皿)に一
度貯留された後、そのまま排出されるようになってい
た。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】空調機の冷房運転時に
排出される凝縮水の水温は、15〜16℃の低温で、従
来そのまま排水管を通して外部に排出されていた。その
ため、夏季等の外気温が高く湿度の高い時期には、空調
機の外部に設けられた凝縮水用排水管の周囲には、外気
の水分による結露が生じた。この結露を防ぐためには、
空調機の設置工事後に、防露材で凝縮水用排水管の周り
を覆う附帯工事が必要であった。しかし、この附帯工事
は空調機の設置後に行われるため、重複工事となること
も多く、また工事期間の遅延や工費の上昇等の原因とも
なり、その改善策が要望されていた。一方、都市部にお
ける夏場の冷房使用に係る消費電力は莫大なものとな
り、そのため電力の需給状況が逼迫し、大きな社会問題
となっている。そこで、空調機の低温凝縮水を利用する
ことにより、防露工事の不要化と省エネルギー型の空調
システムを提供することを目的とした。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、建物内等の冷房用に使用する空調機であって、空調
機の熱交換器の凝縮水貯留用のドレーンパンに、貯留凝
縮水の汲み上げ圧送用のドレーンポンプが設置され、金
属管をコイル状に形成した熱交換用のドレーンコイル端
部が、前記ドレーンポンプと送水管で接続され、このド
レーンコイルが空調機の外気取り入れ口に隣接して設け
られ、ドレーンパンの貯留凝縮水をドレーンポンプで汲
み上げ、ドレーンコイルに圧送し、ドレーンコイル中を
流下する低温凝縮水との熱交換により外気の冷却を行
い、熱交換後にドレーンコイルから流出される凝縮水を
排水管により廃棄できるようにした。
【0005】
【作用】本発明では、ドレーンパンに貯留された空調機
の凝縮水が、ドレーン管を通してドレーンポンプにより
吸い上げられ、ドレーンコイルまで圧送できるようにな
っている。ドレーンコイルに送られた凝縮水は15〜1
6℃の低温であるため、凝縮水をドレーンコイルに流す
ことにより、熱交換用の冷媒として使用することができ
る。即ち、空調機に取り入れた外気を、凝縮水を冷媒と
するドレーンコイルに通すことにより、冷却することが
できる。さらに、ドレーンコイルは、空調機の外気取り
入れ口に隣接して設けられているため、空調機に取り入
れられた外気は、ドレーンコイルで予め冷却された後
に、熱交換器に送られることとなる。そのため、空調機
の熱交換器の冷却負荷を軽減することができ、その結果
冷房に係る消費電力を削減することができる。また、ド
レーンコイルを流下して排水される凝縮水は、既に外気
との熱交換により水温が上昇しているので、排水管周囲
で結露を生じさせることはない。
【0006】
【実施例】本実施例を図により説明する。本発明に係る
空調システムは、概略、外気取り入れ口1で取り入れら
れた外気を、従来廃棄されていた凝縮水を冷媒として使
用するドレーンコイル11で一度予備冷却し、その後フ
ィルター2、給気ファン3、熱交換器4を通過させ、吹
き出し口5から室内等に給気送風する、低温凝縮水の利
用による予備冷却機能を有した新しい空調システムであ
る。空調システムでは、前方に設けた外気取り入れ口1
から取り入れた外気を予備冷却することができるよう
に、ドレーンコイル11が外気取り入れ口1に隣接して
設けられている。ドレーンコイル11は、熱伝導性の良
好な金属、例えば銅、黄銅等で造られた管を、外気との
接触面積を増加させるためにコイル状に形成したもので
ある。外気との接触面積を増やして冷却効果を上げるた
めに、さらに、このコイル状に形成された管の外周に
は、冷却フィン(金属性の薄い薄片)が鍔状に多数設け
られている。このコイル状のドレーンコイル11は垂直
に配され、ドレーンコイル11の上端11aから下端1
1bに向けて、鉛直下方に低温凝縮水が自然流下するよ
うになっている。
【0007】また、ドレーンコイル11の下端11b
は、管がそのまま開口された状態になっており、ドレー
ンコイル11の下方に設けられた受け皿状のドレーンパ
ンA内に、凝縮水が落下貯留されるようになっている。
ドレーンパンAは、さらに、貯留された凝縮水が排水で
きるようにドレーンパンAの底部で排水管aに接続され
ている。一方、ドレーンコイル11の上端11aは、後
記するドレーンパンBに送水管bで接続され、低温の凝
縮水が供給されるようになっている。ドレーンパンAに
隣接して、還気口1aが開口されている。この還気口1
aより取り入れられた還気は、ドレーンコイル11を通
過して予備冷却された外気と混合できるようになってい
る。また、還気口1aより室内の空気を取り入れること
により、室内の空気がある程度強制循環させられ、室温
が平均化されるようになっている。
【0008】還気と混合された外気は、外気中の塵埃を
除去するためフィルター2を通過し、給気ファン3によ
り風速が加速されるようになっている。加速された外気
は、熱交換器4に導かれる。本実施例では、熱交換器4
に直接膨張コイルを使用している。この熱交換器4で冷
却された外気の水分は、熱交換器4の管壁で結露して凝
縮水として除かれる。このようにして冷却された外気
は、吹き出し口5から室内に給気送風されるようになっ
ている。また、給気ファン3及び熱交換器4の配置され
ている周囲は、比較的低温状態になっているため、これ
らの器壁に外気中の水分が結露し易い雰囲気となってい
る。そのため、これらの器壁に結露した凝縮水の落下を
受けることができるように、給気ファン3及び熱交換器
4の下方には、受け皿状のドレーンパンBが設けられて
いる。ドレーンパンBにはドレーンポンプ12が設けら
れ、このドレーンポンプ12を介してさらに送水管bに
よりドレーンコイル11の上端11aがドレーンパンB
に接続されている。この送水管bは、低温凝縮水の温度
を上げずにドレーンコイル11に送水できるように、熱
伝導率の低い材質の管を使用することが望ましい。ま
た、ドレーンポンプ12は、低温の凝縮水を短い距離吸
い上げ圧送するためのものであるため、小型の作業発熱
量の小さいポンプを使用することが望ましい。
【0009】以上、本発明に係る空調システムの実施例
では、冷房運転時に生ずる凝縮水をドレーンパンBから
ドレーンポンプ12で汲み上げ、送水管bでドレーンコ
イル11に圧送し、ドレーンコイル11内を低温の凝縮
水を自然流下させて、ドレーンコイル11の間を通る外
気を予備冷却することができる。さらに予備冷却後の外
気を還気と混合し、混合した外気をフィルター2に通し
て塵等を除き、給気ファン3で加速し、熱交換器4で所
望温度まで冷却することができる。尚、図中には、外
気、還気及び給気の流れを矢印で示した。
【0010】
【発明の効果】本発明に係る空調システムでは、凝縮水
による外気の冷却が予備冷却としての機能を果たすた
め、予備冷却なしで外気を熱交換器で冷却する従来のシ
ステムより、熱交換機の冷却負荷を軽減させることがで
きる。そのため、冷房に係る使用電力量を削減すること
ができ、電力供給逼迫時の節電対策に大きく寄与するも
のである。また、凝縮水は、一次冷却に使用した後の水
温が上昇した状態で排水されるため、従来とは異なり、
排水管の周囲に結露が生じることがない。そのため、防
露工事等による工事期間の遅延や工事費の上昇等の、従
来より指摘されていた問題を解消させることができる。
さらに、上記全ての効果は、従来はそのまま捨てられて
いた空調機の凝縮水を利用することにより得られるもの
であり、新たなエネルギーを投入することなく、廃棄エ
ネルギーの利用により空調機の効率利用を達成すること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る空調機凝縮水の利用による外気リ
クール空調システムの説明図である。
【符号の説明】
4 熱交換機 11 ドレーンコイル 12 ドレーンポンプ a 排水管 b 送水管 A ドレーンパン B ドレーンパン

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物内等の冷房用に使用する空調機であ
    って、空調機の熱交換器の凝縮水貯留用のドレーンパン
    に、貯留凝縮水の汲み上げ圧送用のドレーンポンプが設
    置され、金属管をコイル状に形成した熱交換用のドレー
    ンコイル端部が、前記ドレーンポンプと送水管で接続さ
    れ、このドレーンコイルが空調機の外気取り入れ口に隣
    接して設けられ、ドレーンパンの貯留凝縮水をドレーン
    ポンプで汲み上げ、ドレーンコイルに圧送し、ドレーン
    コイル中を流下する低温凝縮水との熱交換により外気の
    冷却を行い、熱交換後にドレーンコイルから流出される
    凝縮水を排水管により廃棄できることを特徴とする空調
    機凝縮水の利用による外気リクール空調システム。
JP5026311A 1993-01-21 1993-01-21 空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム Pending JPH06221594A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5026311A JPH06221594A (ja) 1993-01-21 1993-01-21 空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5026311A JPH06221594A (ja) 1993-01-21 1993-01-21 空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06221594A true JPH06221594A (ja) 1994-08-09

Family

ID=12189837

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5026311A Pending JPH06221594A (ja) 1993-01-21 1993-01-21 空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06221594A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2196933A1 (es) * 1999-07-13 2003-12-16 Bosch Gmbh Robert Procedimiento y dispositivo para la climatizacion del habitaculo interior de un vehiculo de motor.
KR101151502B1 (ko) * 2009-05-19 2012-05-30 주식회사 에프에이치아이코리아 응결수를 재활용하는 냉각시스템을 구비한 공조장치
JP2015190694A (ja) * 2014-03-28 2015-11-02 三菱電機株式会社 冷凍空調装置
JP2016090218A (ja) * 2014-10-29 2016-05-23 台達電子工業股▲ふん▼有限公司Delta Electronics,Inc. 空気調和機の換気予冷装置
JP6284134B1 (ja) * 2016-11-29 2018-02-28 株式会社 エコファクトリー 外気調和機および換気システム
CN111473415A (zh) * 2020-04-16 2020-07-31 刘幸福 一种智能家居用自换气型空调

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2196933A1 (es) * 1999-07-13 2003-12-16 Bosch Gmbh Robert Procedimiento y dispositivo para la climatizacion del habitaculo interior de un vehiculo de motor.
KR101151502B1 (ko) * 2009-05-19 2012-05-30 주식회사 에프에이치아이코리아 응결수를 재활용하는 냉각시스템을 구비한 공조장치
JP2015190694A (ja) * 2014-03-28 2015-11-02 三菱電機株式会社 冷凍空調装置
JP2016090218A (ja) * 2014-10-29 2016-05-23 台達電子工業股▲ふん▼有限公司Delta Electronics,Inc. 空気調和機の換気予冷装置
JP6284134B1 (ja) * 2016-11-29 2018-02-28 株式会社 エコファクトリー 外気調和機および換気システム
JP2018087667A (ja) * 2016-11-29 2018-06-07 株式会社 エコファクトリー 外気調和機および換気システム
CN111473415A (zh) * 2020-04-16 2020-07-31 刘幸福 一种智能家居用自换气型空调

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DK152309B (da) Fremgangsmaade til overfoering af varme mellem afgangsluft og tilgangsluft i et ventilationsanlaeg.
CN103542467A (zh) 空调冷凝水利用装置
EP1617153A2 (en) Air-conditioning system with full heat recovery
WO2017118213A1 (zh) 模块化制冷设备
CN104697149A (zh) 一种空调系统冷凝水回收综合利用系统
CN102305443A (zh) 管式间接再循环紧凑型蒸发冷却空调机组
CN200940906Y (zh) 高效帘式冷风机
CN201285120Y (zh) 一种冷风冷却式空调及带冷风机的空调
CN203687260U (zh) 一种适用于地铁站公共区的组合式整体空调机
CN202254208U (zh) 带有露点间接蒸发冷却风侧经济器的直接膨胀式空调机组
CN1207516C (zh) 一种带热回收的空气除湿冷却装置
JPH06221594A (ja) 空調機凝縮水の利用による外気リクール空調システム
CN205860296U (zh) 一种蒸发式冷凝器空调与水冷空调复合的制冷机组
CN106949549A (zh) 一种铁路机房用双系统空调
CN205261858U (zh) 一种中大型整体式篷房用空调
JP2004108684A (ja) 空気調和機
CN111140949A (zh) 一种间接蒸发冷却装置及方法
KR200487525Y1 (ko) 중계기 장비의 자동 냉각장치
JPH11311438A (ja) 空気調和装置
CN205825560U (zh) 空气处理设备表冷器表面除霜机构
KR100456910B1 (ko) 배수관이 없는 수냉각 에어컨디셔너
CN205860252U (zh) 一种一体化通讯机柜整体式空调
JPH11294832A (ja) 空気調和装置
KR200396845Y1 (ko) 수도 직결형 냉각관에 의한 코일응축부를 갖는 수냉식에어컨
KR100452807B1 (ko) 폐열회수식 냉난방 겸용 공기조화기