JP6783256B2 - 電気プラグ及びソケットアセンブリ - Google Patents

電気プラグ及びソケットアセンブリ Download PDF

Info

Publication number
JP6783256B2
JP6783256B2 JP2017568368A JP2017568368A JP6783256B2 JP 6783256 B2 JP6783256 B2 JP 6783256B2 JP 2017568368 A JP2017568368 A JP 2017568368A JP 2017568368 A JP2017568368 A JP 2017568368A JP 6783256 B2 JP6783256 B2 JP 6783256B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air gap
magnetic component
ferromagnetic
fixed
magnetic
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017568368A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018519644A (ja
Inventor
ジャン−ポール ヨネ
ジャン−ポール ヨネ
Original Assignee
グルプラグGulplug
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to FR1556200 priority Critical
Priority to FR1556200A priority patent/FR3038460B1/fr
Application filed by グルプラグGulplug filed Critical グルプラグGulplug
Priority to PCT/FR2016/051585 priority patent/WO2017001755A1/fr
Publication of JP2018519644A publication Critical patent/JP2018519644A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6783256B2 publication Critical patent/JP6783256B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/44Means for preventing access to live contacts
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/62Means for facilitating engagement or disengagement of coupling parts or for holding them in engagement
    • H01R13/6205Two-part coupling devices held in engagement by a magnet
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01FMAGNETS; INDUCTANCES; TRANSFORMERS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR MAGNETIC PROPERTIES
    • H01F7/00Magnets
    • H01F7/02Permanent magnets [PM]

Description

本発明は、電気コネクタアセンブリに関する。電気コネクタアセンブリは、ソケットと、該ソケットに嵌合するように意図された電気プラグとを備える。プラグとソケットとの接続は磁気効果によって達成される。
国際公開第2012/032230号は、ソケットと、該ソケットに嵌合するように意図された電気プラグとを含む電気コネクタアセンブリを記載している。プラグは、ソケットの2つの電気接点に電気的に接続するための2つの電気トラックを含む。2つの電気接点は、接続される機器が使用されていないときに該接点へのアクセスを防止するために、ソケット内の格納位置とソケット外の位置との間の移動の特殊性を示す。プラグをソケットに近づけると、プラグに組み込まれた永久磁石と、ソケット内に収容され、電気接点と一体である可動磁気素子とを含む磁気制御手段により、ソケットから電気接点を引き出すことができる。磁気素子と永久磁石は共に環状であり、それらの間に円形のエアギャップを生成するように互いに向き合っている。この解決策では、永久磁石によって生成された磁場の線は、エアギャップ内に集中するが、永久磁石の反対面を満たすように空気中にループバックし、磁気の解決策をむしろ無効にする。
欧州特許出願公開第2667459号明細書はまた、ソケットと、該ソケットに嵌合するように意図された電気プラグとを含む電気コネクタアセンブリを記載している。この文書は、電気接点の引き出しのための改良された磁気構造を記載している。この構造は、プラグとソケットとの間に磁気回路を形成することに基づいており、プラグに収容された第1部分とソケットに収容された第2部分で形成された磁気ヨークを含む。プラグがソケットから離れているとき、プラグ内に存在する永久磁石によって生成された磁場の線は、プラグの磁気回路内でループバックする傾向がある。従って、プラグがソケットに近づけられると、磁気効果が減衰され、電気接点の引き出しを行うのに用いられる磁石の量がより重要になる。さらに、磁気効果に対する懸念に加えて、この構造は2つの他の欠点を有する:
−3つの異なるエアギャップが存在し、より複雑になり、より多くの磁気漏洩を発生させる。
−外側に磁気ヨークが存在すると、大きなバルクが発生する。
仏国特許出願公開第3012263号明細書は、欧州特許出願公開第2667459号明細書の解決策と同様の欠点を示す電気コネクタアセンブリのさらに別の構造を記載している。特に、提案される解決法は、2つの異なる空気ギャップを規定し、おそらくより多くの磁気漏洩をもたらす。
国際公開第2012/032230号 欧州特許出願公開第2667459号明細書 仏国特許出願公開第3012263号明細書
本発明の目的は、電気接点の引き出しを行うのに用いられる磁石の量が従来技術の解決策に対して低減された、ソケットと電気プラグとを備える、シンプルで信頼性が高く、かさばらない電気コネクタアセンブリを提案することである。本発明の解決策は、特に、本発明のアセンブリの2つの部分の間の磁場をより良好に閉じ込めることを可能にする。
この目的は、以下の構成を備える電気コネクタアセンブリにより達成される。
−少なくとも1つの第1電気接点と、2つの前記第1電気接点と一体的に動作する第1磁性部品とを備え、前記第1磁性部品が、前記第1電気接点がソケットの内部に格納される第1位置と、前記第1電気接点がソケットの外側にある第2位置との間で移動可能である、ソケットと、
−前記ソケットに嵌合するように意図され、前記第1電気接点が前記ソケットの外側にあるときに電気的に接続するように意図された少なくとも1つの第2電気接点と、プラグが前記ソケットに嵌合されたときに前記第1磁性部品に対向して配置され、磁気効果によって前記第1磁性部品をその第2位置に変位させて、前記第1電気接点を前記ソケットの外側に移動させる第2磁性部品とを備えるプラグと、
−前記第1磁性部品又は前記第2磁性部品は、前記ソケットに前記プラグを近づけたときに磁気回路を形成するように、少なくとも1つの永久磁石を備え、
−前記第1磁性部品は、第1エアギャップ面と第2エアギャップ面と、一方で該第1エアギャップ面と反対側の面に、他方で該第2エアギャップ面と反対側の面に固定された第1強磁性片とを有し、
−前記第2磁性部品は、前記プラグを前記ソケットに近づけたときに、第1エアギャップを形成するように、前記第1磁性部品の前記第1エアギャップ面に対向する第1エアギャップ面と、第2エアギャップを形成するように前記第1磁性部品の前記第2エアギャップ面に対向する第2エアギャップ面と、一方で該第1エアギャップ面と反対側の面に、他方で該第2エアギャップ面と反対側の面に固定された第2強磁性片とを有し、
−前記磁気回路は、前記第1磁性部品と前記第2磁性部品との間に形成され、前記第1エアギャップ及び前記第2エアギャップを通過する磁束が生成される。
一特徴によれば、前記第1強磁性片は、接合面に平行に配置されたループ形状の構造を示し、前記第2強磁性片は、前記第1強磁性片と同じ構造を示す。
他の特徴によれば、前記第1強磁性片は環状であり、接合面に平行に配置され、前記第2強磁性片は、前記接合面と平行に配置された環状である。
第1形態によれば、前記永久磁石は、前記第2強磁性片の第1環状部に固定され、前記第2磁性部品の前記第1エアギャップ面を形成する。
第1形態に関する第1構造によれば、前記アセンブリは、
−前記第2磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成するように、前記永久磁石と対称的に第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
−前記第1磁性部品の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された強磁性材料からなる2つの素子と、
を備える。
第1形態に関する第2構造によれば、前記アセンブリは、
−前記第2磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成する、前記第2強磁性片の第2環状部に固定された永久磁石と、
−前記第1磁性部品の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された強磁性材料からなる2つの素子と、
を備える。
第1形態に関する第3構造によれば、前記アセンブリは、
−前記第2磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成する、前記第2強磁性片の第2環状部に固定された永久磁石と、
−前記第1磁性部品の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された2つの永久磁石と、
を備える。
第1形態に関する第4構造によれば、前記アセンブリは、
−前記第2磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成するように、前記永久磁石と対称的に第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
−前記第1磁性部品の前記第1エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の第1環状部に固定された永久磁石と、
−前記第1磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成するように、前記永久磁石と対照的に前記第1強磁性片の第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
を備える。
第2形態によれば、前記永久磁石は、例えば、前記第1強磁性片の第1環状部に固定され、前記第1磁性部品の前記第1エアギャップ面を形成する。
第2形態に関する第1構造によれば、
−前記第1磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成するように、前記永久磁石と対照的に、前記第1強磁性片の第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
−前記第2磁性部品の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップ面を形成する、前記第2強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された強磁性材料からなる2つの素子と、
を備える。
第2形態に関する第2構造によれば、前記アセンブリは、
−前記第1磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の第2環状部に固定された永久磁石と、
−前記第2磁性部品の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップを形成する、前記第2強磁性片の2つの環状部に対照的に固定され、強磁性材料からなる2つの素子と、
を備える。
第2形態に関する第3構造によれば、
−前記第1磁性部品の前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の第2環状部に固定された永久磁石と、
−前記第2磁性部品の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップを形成する、前記第2強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された2つの永久磁石と、
を備える。
本発明の他の特徴によれば、前記プラグはケーシングを備え、前記第2磁性部品は前記ケーシング内で自由に回転するように配置されている。
本発明の他の特徴によれば、前記第1磁性部品及び前記第2磁性部品は、前記磁気回路が前記第1電気接点及び前記第2電気接点を囲む磁束を生成するように配置されている。
他の特徴及び利点は、添付の図面に関して与えられた以下の詳細な説明において明らかになるであろう。
結合されていないソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第1構造を示している。 結合されているソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第1構造を示している。 結合されていないソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第2構造を示している。 結合されているソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第2構造を示している。 結合されていないソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第3の構造を示している。 結合されているソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第3の構造を示している。 結合されていないソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第4の構造を示している。 結合されているソケットとプラグからなる、本発明の電気コネクタアセンブリの第4の構造を示している。 用いられる磁性部品の変形例を示す。
図1A〜図4Bにおいて、磁性部品13、23は、ソケットとプラグとの間に置かれる観察者によって視認されることを理解されたい。
添付図面において、文字Nは磁石のN極を示し、文字Sは磁石のS極を示す。
添付図面を参照すると、本発明の電気コネクタアセンブリは、ソケット1と、ソケット1に嵌合するように意図された電気プラグ2とを備える。
ソケット1は、例えば壁に埋め込まれるように意図されたプラスチックケーシング10を含む。ソケット1は、電気プラグが嵌合可能な前面11を有している。ソケットはまた、2つの第1電気接点120、121が固定された可動支持体12を備える。2つの第1電気接点120、121は、導電線(図示せず)を介して電圧源に接続されている。ソケット1はまた、可動支持体12と一体的に移動し、磁気効果によって第1位置と第2位置との間を移動するように配置された、第1可動磁性部品13を備えている。ソケットのケーシング10の内部に配置され、例えば一方がソケットのケーシング10に固定され、他方が可動支持体12に固定されたばね14は、引き出しに必要な磁気効果がもはや十分でないときに、第1磁性部品13をその第1位置に戻すように配置される。第1磁性部品13の第1位置では、第1電気接点120、121はソケット1内に格納され、第1磁性部品13の第2位置では、第1電気接点120、121はその前面11を貫通してソケット1の外側にある。その第2位置では、支持体12及び磁性部品13によって形成された可動アセンブリは、例えばケーシング10の一部に対して当接する。
電気プラグ2は、実際には、ソケット1の前面11に当接する前面21を有するプラスチックケーシング20を備え、ソケット1と電気プラグ2との間の接合面P(添付図において垂直方向に画定される)を画定する。プラグ2はさらに、ソケット1の2つの第1電気接点120、121と電気的に接触するように意図されている、例えば、その前面21と面一の2つの電気トラックである、2つの第2電気接点220、221を備えている。また、プラグ2をソケット1に近づけて第1電気接点120、121を引き出すときに、第1磁性部品13を引き付けるように意図されている第2磁性部品23を含む。好ましくは、2つの電気トラックは円形であり、同心円状に配置されている。
本発明は、電気接点120、121をソケット1から引き出すために、ばね14によって加えられる力と反対に、十分に大きな磁力を提供することを可能にする磁気回路を形成することを目的とする。
磁気回路は、プラグ2がソケット1に十分に接近すると、2つの磁性部品13、23の間に生成される。
2つの磁性部品13、23は、第1電気接点120、121と第2電気接点220、221の周囲に磁気回路が形成されるように形成され、配置されている。
第1磁性部品13は、第1エアギャップ面S1と、第2エアギャップ面S10と、一方で第1エアギャップ面S1とは反対側の面、及び、他方で第2エアギャップ面S10の反対側の面に固定された第1強磁性片130とを有している。
第2磁性部品23は、プラグ2をソケット1に近づけたときに、第1エアギャップを形成するように第1磁性部品13の第1エアギャップ面S1と対向する第1エアギャップ面S2と、第2エアギャップを形成するように第1磁性部品13の第2エアギャップ面S10と対向する第2エアギャップ面S20とを有している。第2磁性部品23は、一方で第1エアギャップ面S2とは反対側の面、及び、他方で第2エアギャップ面S20とは反対側の面に固定された第2強磁性片230を備えている。
各磁性部品13、23において、2つの強磁性片130、230は、プラグがソケットに近づけられたときに2つのエアギャップ面の間で磁束を流すことを可能にする。
磁気回路は、第1磁性部品13がまだ第1位置にあるときでも、第1磁性部品13と第2磁性部品23が、同一の磁性部品13(又は23)の2つのエアギャップ面S1、S10(又はS2、S20)の間ではなく、第1エアギャップと第2エアギャップを横切って磁束が通過するような方法で配置されるように、形成されている。言い換えれば、各磁性部品13、23において、エアギャップ面は、これらの2つの面の間の磁場の線のループバックを回避するような方法で配置される。
より正確には、
第1強磁性片130は、好ましくは環状形状であり、その回転軸がその前面11に対して垂直になるようにソケット1の内側に配置される。
第2強磁性片230は、好ましくは環状形状であり、その回転軸がその前面21に対して垂直になるようにプラグ2の内側に配置される。
2つの環状の強磁性片130、230は、ソケット1に対してプラグ2を回転させるように同軸に配置され、プラグ2の角度位置決めをソケット1に対して独立にする。この利点は、プラグ2の電気的トラックが円形で同心円状に配置されている場合にのみ許容される。
有利には、第2磁性部品23は、第1磁性部品13に対してそれ自身を向けるように、ケーシング20の内部で自由に回転できるような方法で、プラグのケーシング20の内部に配置される。
この構造によれば、2つの強磁性片130、230は、同一の又は同一でないサイズであってもよい。
有利には、環状の2つの強磁性片は、それらの全周にわたって一定の厚さである。
環状の各強磁性片130、230は、第1角度スパンにわたって広がる第1環状部と、第2角度スパンにわたって広がる第2環状部とを含む。2つの環状部は別個であり、例えば、強磁性片の対称横断面に対して対称的に配置される。好ましくは、各環状部は180°未満の角度スパンを占め、例えば約120°に等しい。
この構造によれば、各環状部は、永久磁石15、16、25、26、及び/又は、強磁性片によって形成される、環状体の厚さに対して厚くなる強磁性材料150、160、260からなる素子で覆われている。永久磁石又は強磁性材料からなる素子は、上記で定義したような磁性部品13、23のエアギャップ表面をそれぞれ形成するように意図されている。
すべての構造において、アセンブリは、磁気回路を生成するように、第1強磁性片130又は第2強磁性片230の環状部に固定された少なくとも1つの永久磁石を含む。
各永久磁石は、固定された強磁性片の環状部を覆うように意図された環の一部の形で製造される。これは、強磁性片に対する第1磁極面と、プラグ又はソケットの前面11、21に向けられた第2磁極面とを示すように配置される。永久磁石の磁極面の向きは、磁気回路内で発生する磁束の感覚を決定する。
添付の図面を参照すると、上述した磁気回路を形成するためのいくつかの構造が可能である。これらのすべての構造において、用いられる各永久磁石は、第1強磁性片130又は第2強磁性片230に固定できることを理解されたい。
第1構造−図1A、1B
第1構造では、磁気回路は単一の永久磁石25のみを含む。図1A、図1Bでは、永久磁石25が第2強磁性片230の第1環状部に固定されている。その第2磁極面は、第2磁性部品23の第1エアギャップ面S2に対応する。第2磁性部品23の第2エアギャップ面S20は、第2強磁性片230の第2環状部の第2強磁性片230に固定された強磁性材料260からなる素子によって形成されている。
この第1構造では、第1磁性部品13の第1エアギャップ面S1、第2エアギャップ面S10はいずれも、第1強磁性片130の2つの異なる環状部にそれぞれ固定された強磁性材料150、160からなる素子によって形成される。
永久磁石25及び各磁気素子は、プラグがソケットに近づけられたときに上記で定義したエアギャップを生成するように配置される。
永久磁石25によって生成された磁束は、これらの2つの磁極面の間の永久磁石を通過した後、第1エアギャップを横切って素子150に循環し、次いで、素子160、第1磁性部品の第2エアギャップ面S10に達するように、第1強磁性片130の2つの側部を平行に、同じ方向に通過し、そして、第2強磁性片体230の2つの側部を平行に、同じ方向に通過することによって、永久磁石25の第1磁極面に達する前に、素子260に達するように第2エアギャップを通過する。
この第1構造では、2つの環状の強磁性片130、230は、必ずしも同一である必要はない。
第2構造−図2A、2B
この構造では、第1構造に対して、その磁気素子260の代わりに、第2永久磁石26が第2強磁性片230に固定される。第2永久磁石26は、その磁極面が第1永久磁石25の磁極面と逆向きになるように固定され、磁気回路内の磁束を良好にする。
第1構造に対して、2つの環状体の回転軸に対して対称的に配置された2つの永久磁石25、26により、この第2構造は、プラグがソケットに近づけられたときにもたらされる磁力の平衡をとるという利点を示す。
この構造では、生成される磁束は、第1構造と同じ経路とたどる。
第3構造−図3A、3B
この第3構造では、第2磁性部品23は、上述した第1構造のものと同一である。ソケット1内に存在する第1磁性部品13は、実際には、第2磁性部品23の永久磁石25とは反対側の第1エアギャップ面S1を形成するように、上記で定義されたその環状部の1つに固定された永久磁石15を備えている。第1磁性部品13では、第2エアギャップ面S10は、磁性材料からなる素子160によって生成される。
この構造では、環状の2つの強磁性片130、230は同じ大きさである。
この構造は、ソケット1及びプラグ2内に分散された2つの永久磁石15、25により、ソケット1上のプラグ2の自動的なセンタリングを可能にするという利点を示す。
この構造では、生成される磁束は、第1構造と同じ経路をたどる。
第4構造−図4A、4B
この構造では、第1強磁性片13の2つの環状部はそれぞれ永久磁石15、16によって占められ、第2強磁性片の2つの環状部もそれぞれ永久磁石25、26によって占められており、プラグ2をソケット1に近づけたときに磁気回路の2つのエアギャップを対にして形成する。
この構成は、効果的な自己センタリングとバランスのとれた磁力の利点を示し、4つの磁石15、16、25、26は、プラグがソケットに近づけられたときに対称的に分配される。
この構造では、環状の2つの強磁性片130、230は同じ大きさである。
この構造では、生成される磁束は、第1構造と同じ経路をたどる。
変形例として、図5に示すように、各永久磁石のサイズを大きくし、重ねられた環状部を伸長させて、もたらされる磁力をより集中させることができる。
−電気接点の引き出しに完全に専用化された磁力の生成、発生した磁気回路に吸収され、空気中に分散していない磁力線、
−ソケットとプラグの両方が永久磁石を含む場合、ソケット上のコネクタの自動自己センタリングを得る可能性、
−磁性部品が対称的に配置された2つの永久磁石を含む場合、もたらされる磁力は平衡し、
−電気接続設備の周りに磁気回路を生成することにより、より良好な機械的締結と、より良好な電気的接続を保証することが可能になる。

Claims (13)

  1. −少なくとも1つの第1電気接点(120、121)と、前記第1電気接点と一体的に動作する第1磁性部品(13)とを備え、前記第1磁性部品(13)が、前記第1電気接点(120、121)がソケット(1)の内部に格納される第1位置と、前記第1電気接点(120、121)がソケット(1)の外側にある第2位置との間で移動可能である、ソケット(1)と、
    −前記ソケットに嵌合するように意図され、前記第1電気接点(120、121)が前記ソケット(1)の外側にあるときに電気的に接続するように意図された少なくとも1つの第2電気接点(220、221)と、プラグが前記ソケットに嵌合されたときに前記第1磁性部品(13)に対向して配置され、磁気効果によって前記第1磁性部品(13)をその第2位置に変位させて、前記第1電気接点(120、121)を前記ソケットの外側に移動させる第2磁性部品(23)とを備えるプラグ(2)と、
    を有する電気コネクタアセンブリであって、
    −前記第1磁性部品(13)又は前記第2磁性部品(23)は、前記ソケット(1)に前記プラグ(2)を近づけたときに磁気回路を形成するように、少なくとも1つの永久磁石(15、16、25、26)を備え、
    −前記第1磁性部品(13)は、第1エアギャップ面(S1)と第2エアギャップ面(S10)と、一方で該第1エアギャップ面と反対側の面に、他方で該第2エアギャップ面と反対側の面に固定された第1強磁性片とを有し、
    −前記第2磁性部品(23)は、前記プラグ(2)を前記ソケット(1)に近づけたときに、第1エアギャップを形成するように、前記第1磁性部品(13)の前記第1エアギャップ面(S1)に対向する第1エアギャップ面(S2)と、第2エアギャップを形成するように前記第1磁性部品(13)の前記第2エアギャップ面(S10)に対向する第2エアギャップ面(S20)と、一方で該第1エアギャップ面と反対側の面に、他方で該第2エアギャップ面と反対側の面に固定された第2強磁性片とを有し、
    −前記第1強磁性片(130)は、接合面に平行に配置されたループ形状の構造を示し、前記第2強磁性片(230)は、前記第1強磁性片と同じ構造を示し、前記第1及び前記第2強磁性片はそれぞれ2つの側部を有し、
    −前記磁気回路は、前記第1磁性部品と前記第2磁性部品との間に形成され、前記第1エアギャップを通過し、そして、前記第1強磁性片(130)の2つの側部を平行に、同じ方向に通過し、次いで、前記第2エアギャップを通過し、そして、前記第2強磁性片(230)の2つの側部を平行に、同じ方向に通過する、
    ことを特徴とする、
    電気コネクタアセンブリ。
  2. 前記第1強磁性片(130)は環状であり、接合面に平行に配置され、前記第2強磁性片(230)は、前記接合面と平行に配置された環状であることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  3. 前記永久磁石(25)は、前記第2強磁性片(230)の第1環状部に固定され、前記第2磁性部品(23)の前記第1エアギャップ面(S2)を形成する、
    請求項に記載のアセンブリ。
  4. −前記第2磁性部品(23)の前記第2エアギャップ面を形成するように、前記永久磁石(25)と対称的に第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
    −前記第1磁性部品(13)の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された強磁性材料からなる2つの素子と、
    を備えることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  5. −前記第2磁性部品(23)の前記第2エアギャップ面(S20)を形成する、前記第2強磁性片(230)の第2環状部に固定された永久磁石(26)と、
    −前記第1磁性部品(13)の前記第1エアギャップ面及び前記第2エアギャップ面を形成する、前記第1強磁性片の2つの環状部に対称的に固定された強磁性材料からなる2つの素子と、
    を備えることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  6. −前記第2磁性部品(23)の前記第2エアギャップ面(S20)を形成する、前記第2強磁性片(230)の第2環状部に固定された永久磁石(26)と、
    −前記第1磁性部品(13)の前記第1エアギャップ面(S1)及び前記第2エアギャップ面(S10)を形成する、前記第1強磁性片(130)の2つの環状部に対称的に固定された2つの永久磁石(15、16)と、
    を備えることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  7. −前記第2磁性部品(23)の前記第2エアギャップ面を形成するように、前記永久磁石(25)と対称的に第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
    −前記第1磁性部品(13)の前記第1エアギャップ面(S1)を形成する、前記第1強磁性片の第1環状部に固定された永久磁石(15)と、
    −前記第1磁性部品(13)の前記第2エアギャップ面(S10)を形成するように、前記永久磁石(15)と対照的に前記第1強磁性片(130)の第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
    を備えることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  8. 前記永久磁石(15)は、前記第1強磁性片(130)の第1環状部に固定され、前記第1磁性部品(13)の前記第1エアギャップ面(S1)を形成する、
    請求項に記載のアセンブリ。
  9. −前記第1磁性部品(13)の前記第2エアギャップ面(S10)を形成するように、前記永久磁石(15)と対照的に、前記第1強磁性片(130)の第2環状部に固定された強磁性材料からなる素子と、
    −前記第磁性部品(23)の前記第1エアギャップ面(S2)及び前記第2エアギャップ面(S20)を形成する、前記第2強磁性片(230)の2つの環状部に対称的に固定された強磁性材料からなる2つの素子と、
    を備えることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  10. −前記第1磁性部品(13)の前記第2エアギャップ面(S10)を形成する、前記第1強磁性片(130)の第2環状部に固定された永久磁石(16)と、
    −前記第2磁性部品(23)の前記第1エアギャップ面(S2)及び前記第2エアギャップ(S20)を形成する、前記第2強磁性片(230)の2つの環状部に対照的に固定され、強磁性材料からなる2つの素子と、
    を備えることを特徴とする、
    請求項に記載のアセンブリ。
  11. −前記第1磁性部品(13)の前記第2エアギャップ面(S10)を形成する、前記第1強磁性片(130)の第2環状部に固定された永久磁石(16)と、
    −前記第2磁性部品(23)の前記第1エアギャップ面(S2)及び前記第2エアギャップ(S20)を形成する、前記第2強磁性片(230)の2つの環状部に対称的に固定された2つの永久磁石(25、26)と、
    を備えることを特徴とする
    請求項に記載のアセンブリ。
  12. 前記プラグ(2)はケーシング(20)を備え、前記第2磁性部品(23)は前記ケーシング内で自由に回転するように配置されていることを特徴とする、
    請求項1〜11のいずれか1項に記載のアセンブリ。
  13. 前記第1磁性部品(13)及び前記第2磁性部品(23)は、前記磁気回路が前記第1電気接点及び前記第2電気接点を囲む磁束を生成するように配置されていることを特徴とする、
    請求項1〜12のいずれか1項に記載のアセンブリ。
JP2017568368A 2015-07-01 2016-06-28 電気プラグ及びソケットアセンブリ Active JP6783256B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
FR1556200 2015-07-01
FR1556200A FR3038460B1 (fr) 2015-07-01 2015-07-01 Ensemble de prise electrique
PCT/FR2016/051585 WO2017001755A1 (fr) 2015-07-01 2016-06-28 Ensemble de prise electrique

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018519644A JP2018519644A (ja) 2018-07-19
JP6783256B2 true JP6783256B2 (ja) 2020-11-11

Family

ID=53879701

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017568368A Active JP6783256B2 (ja) 2015-07-01 2016-06-28 電気プラグ及びソケットアセンブリ

Country Status (9)

Country Link
US (1) US10348024B2 (ja)
EP (1) EP3317926B1 (ja)
JP (1) JP6783256B2 (ja)
KR (1) KR20180022938A (ja)
CN (1) CN108028497B (ja)
BR (1) BR112017028480A2 (ja)
FR (1) FR3038460B1 (ja)
HK (1) HK1250422A1 (ja)
WO (1) WO2017001755A1 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7666593B2 (en) 2005-08-26 2010-02-23 Helicos Biosciences Corporation Single molecule sequencing of captured nucleic acids
US10674619B1 (en) * 2017-01-06 2020-06-02 Edward Lee Heffner Power source with magnetic connection
US10752361B2 (en) 2017-08-23 2020-08-25 Amphenol Phitek Limited Circular magnetic jack
US10312631B1 (en) * 2018-02-20 2019-06-04 The Boeing Company Detachable communications connector for vehicle stores and method therefor
FR3096184A1 (fr) 2019-05-15 2020-11-20 Gulplug Système de connexion électrique triphasée
FR3104836A1 (fr) 2019-12-12 2021-06-18 Bernard KAISSARIS Ensemble de connexion électrique destiné à connecter électriquement deux éléments coulissants l’un par rapport à l’autre.

Family Cites Families (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1951238A (en) * 1933-08-04 1934-03-13 Paul F Fiene Kitchen cabinet
US3012263A (en) * 1959-11-19 1961-12-12 Ralph R Miller Dental cleaning attachment
US3521216A (en) * 1968-06-19 1970-07-21 Manuel Jerair Tolegian Magnetic plug and socket assembly
US3810258A (en) * 1972-07-11 1974-05-07 W Mathauser Quick connect electrical coupler
US3808577A (en) * 1973-03-05 1974-04-30 W Mathauser Magnetic self-aligning quick-disconnect for a telephone or other communications equipment
DE19512335C1 (de) * 1995-04-01 1996-08-29 Fritsch Klaus Dieter Elektromechanische Verbindungsvorrichtung
GB0216448D0 (en) * 2002-07-16 2002-08-21 Mcleish Graham Connector
US7311526B2 (en) * 2005-09-26 2007-12-25 Apple Inc. Magnetic connector for electronic device
US20070254510A1 (en) * 2006-04-27 2007-11-01 Debey Henry C Magnetically Retained Electrical Connector
US7329128B1 (en) * 2007-01-26 2008-02-12 The General Electric Company Cable connector
US9300081B2 (en) * 2010-02-02 2016-03-29 Charles Albert Rudisill Interposer connectors with magnetic components
US8348678B2 (en) * 2010-01-11 2013-01-08 Automotive Industrial Marketing Corp. Magnetic cable connector systems
FR2964501B1 (fr) * 2010-09-07 2013-05-17 Schneider Electric Ind Sas Ensemble de prises electriques
US8702437B2 (en) * 2011-03-24 2014-04-22 Correlated Magnetics Research, Llc Electrical adapter system
US10008817B2 (en) * 2011-03-24 2018-06-26 Correlated Magnetics Research, Llc Electrical adapter system
US9780484B2 (en) * 2011-08-11 2017-10-03 Apple Inc. Magnetic arrangements and labels for connectors
US8608502B2 (en) * 2012-05-08 2013-12-17 Otter Products, Llc Connection mechanism
FR2991111B1 (fr) * 2012-05-24 2014-05-02 Schneider Electric Ind Sas Ensemble de prises electriques
CN203218591U (zh) * 2013-04-22 2013-09-25 熊晓阳 自动对位插头插座
FR3012263B1 (fr) * 2013-10-23 2015-12-18 Schneider Electric Ind Sas Ensemble de prises electriques
KR200489678Y1 (ko) * 2014-11-25 2019-07-23 (주)에스피에스 박막형 마그네틱 커넥터 모듈
US9660378B2 (en) * 2015-09-22 2017-05-23 Simple Socket Inc. Magnetic electrical connector

Also Published As

Publication number Publication date
CN108028497A (zh) 2018-05-11
FR3038460A1 (fr) 2017-01-06
CN108028497B (zh) 2020-06-02
US20180191097A1 (en) 2018-07-05
WO2017001755A1 (fr) 2017-01-05
US10348024B2 (en) 2019-07-09
HK1250422A1 (zh) 2018-12-14
EP3317926B1 (fr) 2021-03-31
KR20180022938A (ko) 2018-03-06
FR3038460B1 (fr) 2019-09-13
BR112017028480A2 (pt) 2018-08-28
JP2018519644A (ja) 2018-07-19
EP3317926A1 (fr) 2018-05-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6783256B2 (ja) 電気プラグ及びソケットアセンブリ
JP2017522847A5 (ja)
JP2009205912A (ja) コネクタ
KR20130065664A (ko) 전기 연결 시스템
WO2007035228A3 (en) Stabilizing power source for a vehicle
FR3012263A1 (fr) Ensemble de prises electriques
JP2004112937A (ja) 磁気アクチュエータ及び触覚呈示装置
KR101674593B1 (ko) 자석을 이용한 커넥터
CN108141655B (zh) 具有可分离本体的智能设备
KR20200010552A (ko) 자기력 제어 장치 및 이를 이용한 자성체 홀딩 장치
JP2010113957A (ja) コネクタ
KR100609659B1 (ko) 부착식 전원접속기구
ES2603410A1 (es) Dispositivo conmutador por campo magnético variable
MX2018011537A (es) ROTATIONAL COUPLING DEVICE WITH NON-CONTACT ANTIRROTATION MECHANISM.
CN105321778B (zh) 磁接触器
WO2012079930A3 (de) Magnethalteeinrichtung
JP2013232375A (ja) コネクタ、給電システム
JP6275543B2 (ja) 制動装置
TWM454008U (zh) 磁吸式電源連接器(二)
CN204118015U (zh) 脱扣机构及漏电保护器
BR112017022957A2 (pt) atuador eletromagnético com variação de desempenho reduzida
US10608516B2 (en) Power generation device
TWM457992U (zh) 磁吸式電源連接器(三)
CN104576244A (zh) 电磁脱扣器
CN105336553B (zh) 脱扣机构及漏电保护器

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190607

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20200423

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200512

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200805

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20200929

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20201021

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6783256

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150