JP6670540B2 - Horizontal blinds - Google Patents

Horizontal blinds Download PDF

Info

Publication number
JP6670540B2
JP6670540B2 JP2014163906A JP2014163906A JP6670540B2 JP 6670540 B2 JP6670540 B2 JP 6670540B2 JP 2014163906 A JP2014163906 A JP 2014163906A JP 2014163906 A JP2014163906 A JP 2014163906A JP 6670540 B2 JP6670540 B2 JP 6670540B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tilt
pulley
code
cord
tilt operation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014163906A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016037838A (en
Inventor
万人 山岸
万人 山岸
岡村 正
正 岡村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tachikawa Corp
Original Assignee
Tachikawa Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tachikawa Corp filed Critical Tachikawa Corp
Priority to JP2014163906A priority Critical patent/JP6670540B2/en
Publication of JP2016037838A publication Critical patent/JP2016037838A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6670540B2 publication Critical patent/JP6670540B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、ヘッドボックスからラダーコードを介して多数段のスラットを吊下支持する横型ブラインドに関する。   The present invention relates to a horizontal blind for suspending and supporting a multi-stage slat from a head box via a ladder cord.

横型ブラインドは、ヘッドボックスから吊り下げられるラダーコードに支持された多数段のスラットを昇降させたり、チルトさせたりすることによって、室内に取り込む日射量の調整が可能となっている。   The horizontal blind is capable of adjusting the amount of solar radiation taken indoors by raising and lowering and tilting a multi-stage slat supported by a ladder cord suspended from a head box.

例えば、ラダーコードの下端にボトムレールが配置され、ボトムレールに取着された昇降コードをヘッドボックス内への引き込み及びヘッドボックスからの引き出しを行うことによって、ボトムレールを昇降させることによりスラットを昇降させることができる。   For example, the bottom rail is arranged at the lower end of the ladder cord, and the lifting cord attached to the bottom rail is drawn into and out of the head box, thereby raising and lowering the slat by raising and lowering the bottom rail. Can be done.

この横型ブラインドの一種類として、上部スラット群と下部スラット群とを異なる角度で角度調節可能とした横型ブラインドが知られている(例えば、特許文献1参照)。   As one type of the horizontal blind, a horizontal blind in which an upper slat group and a lower slat group can be adjusted at different angles is known (for example, see Patent Document 1).

特開2009−235670号公報JP 2009-235670A

前述したように、上部スラット群と下部スラット群とを異なる角度で角度調節可能とした横型ブラインドがある。   As described above, there is a horizontal blind in which the upper slat group and the lower slat group can be adjusted at different angles.

このような従来の横型ブラインドでは、上部スラット群を支持する第1のラダーコードと、下部スラット群を支持する第2のラダーコードが設けられ、第1及び第2のラダーコードの上端をそれぞれ取着する複数の吊下げドラムの回転を操作することにより、上部スラット群と下部スラット群とを異なる角度で角度調節することができる。   In such a conventional horizontal blind, a first ladder cord supporting the upper slat group and a second ladder cord supporting the lower slat group are provided, and upper ends of the first and second ladder cords are respectively taken. By operating the rotation of the plurality of hanging drums to be worn, the upper slat group and the lower slat group can be adjusted at different angles.

そして、この角度調節の操作にはヘッドボックスの一端から吊下支持されるチルトポールが用いられている。チルトポールを回転させると、ギヤボックスを介して角度調節軸が回転し、この角度調整軸の回転により空転を伴ってそれぞれの吊下げドラムを回転させることで、上部スラット群と下部スラット群とを異なる角度で角度調節可能としている。   A tilt pole suspended from one end of the head box is used for this angle adjustment operation. When the tilt pole is rotated, the angle adjustment shaft rotates via the gear box, and the rotation of the angle adjustment shaft rotates each of the suspension drums with idling, thereby connecting the upper slat group and the lower slat group. The angle can be adjusted at different angles.

ただし、このようなチルトポールの回転操作は操作者の手首や指に負担が生じることを鑑みれば、ボトムレールの昇降操作と同様に、回転操作でなくチルトコードの移動を可能とする専用のチルト操作コードの引き操作とする形態も考えられる。   However, in consideration of the fact that such a rotation operation of the tilt pole causes a burden on the operator's wrist and fingers, a dedicated tilt that enables the movement of the tilt code, not the rotation operation, is similar to the operation of lifting and lowering the bottom rail. A mode in which the operation code is pulled is also conceivable.

一方で、チルト操作コードによる引き操作で構成するには、スラット重量とチルトコードの取り回しのロスが、その引き操作に必要な操作力となってしまうことから、上記の操作負担が少なくなったとしても操作力が増大してしまうという問題がある。   On the other hand, in order to configure the pull operation using the tilt operation code, since the slat weight and the loss of handling of the tilt code become the operation force required for the pull operation, the above operation load is reduced. However, there is also a problem that the operating force increases.

このため、スラットの角度調節操作に関する操作負担を少なくするとともに、操作力を軽減する技法が望まれる。   For this reason, a technique for reducing the operation load related to the angle adjustment operation of the slat and reducing the operation force is desired.

本発明の目的は、上述の問題に鑑みて、ヘッドボックスからラダーコードを介して多数段のスラットを吊下支持する横型ブラインドを提供することにある。   An object of the present invention is to provide a horizontal blind in which a plurality of slats are suspended and supported from a head box via a ladder cord in view of the above-mentioned problem.

本発明の横型ブラインドは、ヘッドボックスからラダーコードを介して多数段のスラットを吊下支持する横型ブラインドであって、
前記ヘッドボックスから当該ラダーコードを介して吊下支持される多数段のスラットのうち1以上で全部ではない所定数のスラットの角度調節を可能に垂下されるチルトコードと、前記ヘッドボックスから前記角度調節を操作可能に垂下されるチルト操作コードと、前記チルトコードの移動負荷を変換して前記チルト操作コードの操作力を軽減するチルト操作負荷軽減装置と、を備え、前記チルト操作負荷軽減装置は、前記チルトコードを巻き取り可能に取着する第1プーリーと、前記チルト操作コードを巻き取り可能に取着する第2プーリーとを備え、前記第1プーリー及び前記第2プーリーは、互いに連動して回転するよう構成され、前記第2プーリーの巻取径は、前記第1プーリーの巻取径よりも拡径しており、前記第1プーリー及び前記第2プーリーは、同一中心軸で連動して回転するよう構成されており、前記チルトコードは、前記ラダーコードの本数よりも少なく、且つ前記多数段のスラットを昇降させるための昇降コードの本数よりも少ないものとして、前記ヘッドボックスの左右両側から垂下されるラダーコードに沿ってそれぞれ垂下されていることを特徴とする。
The horizontal blind of the present invention is a horizontal blind that suspends and supports multiple slats from a head box via a ladder cord,
A tilt cord suspended from the head box so as to adjust the angle of one or more but not all of a plurality of slats suspended and supported through the ladder cord from the head box; A tilt operation code that hangs down to allow adjustment, and a tilt operation load reduction device that converts a movement load of the tilt code to reduce an operation force of the tilt operation code , wherein the tilt operation load reduction device includes: A first pulley for rewindably attaching the tilt cord, and a second pulley for removably attaching the tilt operation cord, wherein the first pulley and the second pulley are interlocked with each other. The winding diameter of the second pulley is larger than the winding diameter of the first pulley. The second pulley is configured to rotate in conjunction with the same central axis, and the tilt cord is less than the number of the ladder cords, and the number of lifting cords for lifting and lowering the multi-stage slats. as less than, characterized that you have been suspended respectively along the ladder cord is suspended from left and right sides of the headbox.

また、本発明の横型ブラインドにおいて、前記チルトコード及び前記チルト操作コードのいずれか一方に、コードの移動をロック可能なストッパー装置が設けられ、前記ストッパー装置が、前記チルト操作負荷軽減装置のケース内に収容されていることを特徴とする。   Further, in the horizontal blind of the present invention, a stopper device capable of locking movement of the code is provided on one of the tilt code and the tilt operation code, and the stopper device is provided in a case of the tilt operation load reducing device. Characterized by being housed in

本発明によれば、スラットの角度調節操作に関する操作負担を少なくするとともに、操作力を軽減することができる。   ADVANTAGE OF THE INVENTION According to this invention, while reducing the operation | work burden regarding the angle adjustment operation of a slat, the operating force can be reduced.

本発明による一実施形態の横型ブラインドの概略構成を示す正面図である。It is a front view showing the schematic structure of the horizontal blind of one embodiment by the present invention. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける支持部材の概略構成を示す側面図であり、(b),(c)は、スラットとラダーコード及びチルトコードの連結状態を示す説明図である。(A) is a side view which shows the schematic structure of the support member in the horizontal blind of one Embodiment by this invention, (b), (c) is explanatory drawing which shows the connection state of a slat, a ladder code, and a tilt code. It is. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける下降動作の説明図であり、(b)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける水平動作の説明図である。(A) is an explanatory view of a lowering operation in the horizontal blind of one embodiment of the present invention, and (b) is an explanatory view of a horizontal operation in the horizontal blind of one embodiment of the present invention. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける全閉動作の説明図であり、(b)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける逆全閉動作の説明図である。(A) is an explanatory view of the fully closing operation in the horizontal blind of one embodiment according to the present invention, and (b) is an explanatory view of the reverse fully closing operation in the horizontal blind of one embodiment according to the present invention. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける上部遮蔽・下部採光動作の説明図であり、(b)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける上部採光・下部遮蔽動作の説明図である。(A) is an explanatory view of an upper shielding / lower lighting operation in the horizontal blind of one embodiment of the present invention, and (b) is an explanation of an upper lighting / lower shielding operation of the horizontal blind of one embodiment of the present invention. FIG. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける実施例1のチルト操作負荷軽減装置の周辺構成を示す正面図であり、(b)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける実施例1のチルト操作負荷軽減装置の周辺構成を示す平面図である。(A) is a front view which shows the peripheral structure of the tilt operation load reduction apparatus of Example 1 in the horizontal blind of one Embodiment by this invention, (b) is implementation by the horizontal blind of one Embodiment by this invention FIG. 4 is a plan view showing a peripheral configuration of a tilt operation load reducing device of Example 1. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける実施例1のチルト操作負荷軽減装置によるチルトコードの引き出し動作を説明する正面図であり、(b)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける実施例1のチルト操作負荷軽減装置によるチルトコードの引き込み動作を説明する平面図である。(A) is a front view explaining the pull-out operation | movement of the tilt code by the tilt operation load reduction device of Example 1 in the horizontal blind of one embodiment by this invention, (b) is one embodiment of this invention. It is a top view explaining the pull-in operation | movement of a tilt code by the tilt operation load reduction device of Example 1 in a horizontal blind. (a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける実施例2のチルト操作負荷軽減装置の周辺構成を示す正面図であり、(b)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける実施例2のチルト操作負荷軽減装置の周辺構成を示す平面図である (A) is a front view which shows the peripheral structure of the tilt operation load reduction apparatus of Example 2 in the horizontal blind of one Embodiment by this invention, (b) is implementation by the horizontal blind of one Embodiment by this invention FIG. 9 is a plan view showing a peripheral configuration of a tilt operation load reducing device of Example 2 .

以下、図面を参照して、本発明による一実施形態の横型ブラインドを説明する。尚、本願明細書中、図1に示す横型ブラインドの正面図に対して、図示上方及び図示下方をスラットの吊り下げ方向に準じてそれぞれ上方向(又は上側)及び下方向(又は下側)と定義し、図示左方向を横型ブラインドの左側、図示右方向を横型ブラインドの右側と定義する。また、図1の正面図を視認する側を前側(室内側)、及び、その反対側を後側(又は室外側)とし、横型ブラインドの前後方向と称するときは、図1の正面図における図示面に対して垂直な方向を云う。   Hereinafter, a horizontal blind according to an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. In the specification of the present application, with respect to the front view of the horizontal blind shown in FIG. The left direction in the figure is defined as the left side of the horizontal blind, and the right direction in the figure is defined as the right side of the horizontal blind. When the side on which the front view of FIG. 1 is viewed is referred to as the front side (indoor side) and the opposite side is referred to as the rear side (or outdoor side), and referred to as the front-back direction of the horizontal blind, the illustration in the front view of FIG. The direction perpendicular to the plane.

(全体構成)
図1は、本発明による一実施形態の横型ブラインドの概略構成を示す正面図である。図1に示す横型ブラインドは、ヘッドボックス1の中央部、及び左右両側部から垂下されるラダーコード12を介して多数段のスラット4が吊下支持され、そのラダーコード12の下端にボトムレール14が吊下支持されている。
(overall structure)
FIG. 1 is a front view showing a schematic configuration of a horizontal blind of one embodiment according to the present invention. In the horizontal blind shown in FIG. 1, a plurality of slats 4 are suspended and supported via ladder cords 12 hanging from a central portion of a head box 1 and right and left sides, and a bottom rail 14 is provided at a lower end of the ladder cord 12. Are suspended and supported.

また、ヘッドボックス1から室外側のラダーコード12に併設して昇降コード15が吊下支持され、その昇降コード15の下端にボトムレール14が取着されている。   An elevating cord 15 is suspended from and supported by the head box 1 and a ladder cord 12 on the outdoor side, and a bottom rail 14 is attached to a lower end of the elevating cord 15.

ヘッドボックス1内にはラダーコード12及び昇降コード15を吊下支持する支持部材5が配設され、この支持部材5には六角棒状の駆動軸17が挿通されている。   A support member 5 for suspending and supporting the ladder cord 12 and the elevating cord 15 is provided in the head box 1, and a hexagonal rod-shaped drive shaft 17 is inserted through the support member 5.

ヘッドボックス1の左右両側部から垂下されるラダーコード12には、チルトコード16の一端が接続されている。より具体的には、スラット4は、上段のスラット群からなる上部スラット領域4Bと下段のスラット群からなる下部スラット領域4Aとして区分され、上部スラット領域4Bと下部スラット領域4Aを区分する位置で、取付部16aによりスラット4の前後幅方向の両端部をそれぞれ支持するラダーコード12のうちいずれか一方のラダーコード12(本例では、室内側)にチルトコード16の一端が接続されている。チルトコード16の他端は、チルトコード16を垂下する支持部材5内のプーリー53(図2(a)参照)を介して、詳細に後述するチルト操作負荷軽減装置10に取着されている。尚、プーリー53の代わりに、チルトコード16を単に案内する案内溝等の形態とすることもできる。   One end of a tilt cord 16 is connected to a ladder cord 12 hanging from both left and right sides of the head box 1. More specifically, the slats 4 are divided into an upper slat region 4B composed of an upper slat group and a lower slat region 4A composed of a lower slat group, and at a position dividing the upper slat region 4B and the lower slat region 4A, One end of the tilt cord 16 is connected to one of the ladder cords 12 (in this example, the indoor side) among the ladder cords 12 that support both ends of the slats 4 in the front-rear width direction by the attachment portions 16a. The other end of the tilt cord 16 is attached to a tilt operation load reducing device 10 described later in detail via a pulley 53 (see FIG. 2A) in the support member 5 that hangs the tilt cord 16. Instead of the pulley 53, a guide groove or the like for simply guiding the tilt cord 16 may be used.

(支持部材)
図2(a)は、本発明による一実施形態の横型ブラインドにおける支持部材5の概略構成を示す側面図であり、図2(b),(c)は、スラット4とラダーコード12及びチルトコード16の連結状態を示す説明図である。図1及び図2(a)に示すように、支持部材5には一体に形成されたチルトドラム52及び巻取軸51がケース20に回転可能に支持され、そのチルトドラム52及び巻取軸51に駆動軸17が相対回転不能に挿通されている。従って、駆動軸17が回転されると、チルトドラム52及び巻取軸51が一体に回転される。
(Support member)
FIG. 2A is a side view showing a schematic configuration of the support member 5 in the horizontal blind of one embodiment according to the present invention, and FIGS. 2B and 2C are slats 4, a ladder cord 12, and a tilt cord. It is explanatory drawing which shows the connection state of 16. As shown in FIGS. 1 and 2A, a tilt drum 52 and a take-up shaft 51 integrally formed on the support member 5 are rotatably supported by the case 20, and the tilt drum 52 and the take-up shaft 51 are provided. The drive shaft 17 is inserted so as not to rotate relatively. Therefore, when the drive shaft 17 is rotated, the tilt drum 52 and the winding shaft 51 are integrally rotated.

チルトドラム52には弾性を有する捩りコイルスプリング(図示せず)が嵌め込まれ、この捩りコイルスプリングの両端部にラダーコード12が係止されることでラダーコード12がチルトドラム52に掛装される。当該捩りコイルスプリングは、チルトドラム52に対し所定の摩擦力を発生させ、常にはチルトドラム52の回転にともなってラダーコード12の縦糸を昇降する。また、各スラット4がほぼ垂直方向まで回動されて、当該捩りコイルスプリングの一端がケース20内部の突起部に当接して当該捩りコイルスプリングが拡径すると、ラダーコード12の縦糸の同方向への昇降動作が阻止され、チルトドラム52が当該捩りコイルスプリングに対して空回りするようになっている。このような捩りコイルスプリングによるラダーコード12の吊下げ部材の詳細は、例えば、特開2010−150842号公報を参照されたい。   An elastic torsion coil spring (not shown) is fitted into the tilt drum 52, and the ladder cord 12 is engaged with both ends of the torsion coil spring, so that the ladder cord 12 is mounted on the tilt drum 52. . The torsion coil spring generates a predetermined frictional force on the tilt drum 52, and always raises and lowers the warp of the ladder cord 12 with the rotation of the tilt drum 52. When each of the slats 4 is rotated substantially vertically, and one end of the torsion coil spring comes into contact with the projection inside the case 20 and the diameter of the torsion coil spring expands, the ladder cord 12 moves in the same direction as the warp. Is prevented, and the tilt drum 52 idles with respect to the torsion coil spring. For details of the suspension member for the ladder cord 12 using such a torsion coil spring, see, for example, Japanese Patent Application Laid-Open No. 2010-150842.

巻取軸51には昇降コード15の上端部が巻着されている。そして、巻取軸51が昇降コード15の巻取り方向に回転されると、昇降コード15が巻取軸51に巻き取られてボトムレール14が引き上げられ、そのボトムレール14で各スラット4が下段のものから順次押し上げられる。また、巻取軸51が昇降コード15の巻き戻し方向に回転されると、昇降コード15が巻取軸51から巻き戻されてボトムレール14が下降し、各スラット4が上段のものから順次ラダーコード12に支持される状態に復帰する。   The upper end of the lifting cord 15 is wound around the winding shaft 51. Then, when the winding shaft 51 is rotated in the winding direction of the elevating cord 15, the elevating cord 15 is wound on the winding shaft 51 and the bottom rail 14 is raised, and each slat 4 is moved downward by the bottom rail 14. Are sequentially pushed up. When the winding shaft 51 is rotated in the rewinding direction of the lifting cord 15, the lifting cord 15 is rewound from the winding shaft 51 and the bottom rail 14 descends, and each slat 4 is sequentially laddered from the upper one. It returns to the state supported by the cord 12.

また、ボトムレール14が下降するとき、チルトドラム52が巻取軸51と同方向に回転され、ラダーコード12を介して各スラット4の凸面が室外側となる全閉方向に回動される。尚、ボトムレール14とともにスラット4が引き上げられるときには、各スラット4はその凸面が室内側となる逆全閉方向に回動される。   When the bottom rail 14 descends, the tilt drum 52 is rotated in the same direction as the winding shaft 51, and is rotated via the ladder cord 12 in the fully closed direction in which the convex surface of each slat 4 is on the outside. When the slats 4 are lifted together with the bottom rail 14, each slat 4 is rotated in the reverse fully closed direction in which the convex surface is on the indoor side.

図2(a)では、発明の理解を高めるために、チルトコード16がラダーコード12に対して並列して図示しているが、このような形態を実施する際には、図2(b),(c)に示すように、チルトコード16をラダーコード12に編み込むようにするのが美観を向上させる上で好適である。   In FIG. 2A, the tilt code 16 is shown in parallel with the ladder code 12 in order to enhance understanding of the present invention. As shown in (c), it is preferable to knit the tilt cord 16 into the ladder cord 12 in order to improve aesthetic appearance.

より具体的には、チルトコード16は、上部スラット領域4Bの各スラット4を支持している横糸12a,12b間を編み込みながら、下部スラット領域4Aのうちの最上位のスラット4の近傍に至り、その一端が取付部16aによりラダーコード12に接続されている。即ち、上部スラット領域4Bにおいて、チルトコード16が、上位のスラット4の横糸12a,12b間を一方向から編み込まれた後、その下位のスラット4の横糸12a,12b間を他方向から編み込まれている。尚、図2(b),(c)に示す例では、チルトコード16を、上部スラット領域4Bのスラット4毎に編み込む例を示したが、スラット4毎でなくとも、2つおき、或いは3つおき等、任意間隔で、チルトコード16を、スラット4の横糸12a,12b間に編み込む態様とすることができる。   More specifically, the tilt cord 16 reaches the vicinity of the uppermost slat 4 of the lower slat region 4A while knitting between the weft yarns 12a and 12b supporting each slat 4 of the upper slat region 4B, One end thereof is connected to the ladder cord 12 by a mounting portion 16a. That is, in the upper slat area 4B, the tilt cord 16 is knitted between the wefts 12a and 12b of the upper slat 4 from one direction and then knitted between the wefts 12a and 12b of the lower slat 4 from the other direction. I have. In the example shown in FIGS. 2B and 2C, an example is shown in which the tilt cord 16 is woven for each slat 4 in the upper slat region 4B. Tilt cords 16 may be woven between wefts 12a and 12b of slat 4 at arbitrary intervals such as every other interval.

図1を参照するに、ヘッドボックス1の右端部には、駆動軸17を回転駆動するための操作装置7が取着されている。操作装置7の基端側にはプーリー3が回転可能に支持され、そのプーリー3には無端状の操作コード(例えば、ボールチェーン)2が掛装されて下方へ垂下されている。そして、操作コード2の操作によりプーリー3を回転駆動可能となっている。   Referring to FIG. 1, an operation device 7 for rotating and driving a drive shaft 17 is attached to the right end of the head box 1. A pulley 3 is rotatably supported on the base end side of the operation device 7, and an endless operation cord (for example, a ball chain) 2 is mounted on the pulley 3 and hangs downward. The pulley 3 can be driven to rotate by operating the operation code 2.

プーリー3には歯車(図示せず)が一体に形成され、その歯車にヘッドボックス1内で回転可能に支持された伝達歯車(図示せず)が噛み合わされている。従って、プーリー3が回転されると、この伝達歯車が回転する。この伝達歯車の回転が駆動軸17に伝達するよう操作装置7が構成されている。また、操作装置7内には、ストッパー装置(図示せず)が設けられ、このストッパー装置は、ボトムレール14の引き上げ操作の後に操作コード2を手放したとき、ボトムレール14の自重降下を防止する公知の作用をなす。   A gear (not shown) is formed integrally with the pulley 3, and a transmission gear (not shown) rotatably supported in the head box 1 is meshed with the gear. Therefore, when the pulley 3 is rotated, the transmission gear rotates. The operating device 7 is configured to transmit the rotation of the transmission gear to the drive shaft 17. Further, a stopper device (not shown) is provided in the operating device 7, and this stopper device prevents the bottom rail 14 from lowering its own weight when the operation cord 2 is released after the lifting operation of the bottom rail 14. Has a known function.

このような構成により、操作コード2を操作すると駆動軸17が回転されて、ヘッドボックス1から吊り下げられるラダーコード12に支持された多数段のスラット4を昇降させたり、全閉状態又は逆全閉状態でチルトさせたりすることによって、室内に取り込む日射量の調整が可能となっている。   With such a configuration, when the operation cord 2 is operated, the drive shaft 17 is rotated, and the multi-stage slats 4 supported by the ladder cord 12 suspended from the head box 1 are moved up and down, or in the fully closed state or reverse full state. The amount of solar radiation taken into the room can be adjusted by tilting in the closed state.

例えば、図3(a)に示すように、操作コード2の操作によって、全てのスラット4について室内側を凹面とする方向で垂直方向に回動させ、ボトムレール14を下降させるよう操作することができる。逆に、全てのスラット4について室内側を凸面とする方向で垂直方向に回動させ、ボトムレール14を上昇させるよう操作することができる。   For example, as shown in FIG. 3A, by operating the operation code 2, it is possible to rotate all the slats 4 in the direction in which the indoor side is concave so as to lower the bottom rail 14. it can. Conversely, for all the slats 4, the operation can be performed such that the bottom rail 14 is raised by rotating the slat 4 vertically in a direction in which the indoor side is a convex surface.

また、図3(b)に示すように、操作コード2の操作によって、ボトムレール14を下限まで下降させた後、全てのスラット4について水平方向に回動させて保持するよう操作することができる。   Further, as shown in FIG. 3B, by operating the operation cord 2, after lowering the bottom rail 14 to the lower limit, all the slats 4 can be operated to be rotated in the horizontal direction and held. .

更には、図4(a)に示すように、操作コード2の操作によって、ボトムレール14を下限まで下降させた後、全てのスラット4について室内側を凸面とする方向で垂直方向に回動させた逆全閉状態や、図4(b)に示すように、ボトムレール14を下限まで下降させた後、全てのスラット4について室内側を凹面とする方向で垂直方向に回動させた全閉状態で保持するよう操作することができる。   Further, as shown in FIG. 4 (a), after the bottom rail 14 is lowered to the lower limit by the operation of the operation cord 2, all the slats 4 are vertically rotated in a direction in which the indoor side is a convex surface. 4B, the bottom rail 14 is lowered to the lower limit, and then all the slats 4 are vertically rotated in a direction in which the indoor side is concave. It can be operated to hold the state.

また、ヘッドボックス1の左端側から垂下されるチルト操作コード8を操作して、上部スラット領域4Bの各スラット4と、下部スラット領域4Aの各スラット4とを異なる角度で角度調節することができるようになっている。例えば、図5(a)に示すように、操作コード2の操作によってボトムレール14を下限まで下降させ、全てのスラット4について室内側を凸面とする方向で垂直方向に回動させた逆全閉状態から、チルト操作コード8の操作によって、チルトコード16をヘッドボックス1側に引き込み、上部スラット領域4Bの各スラット4を遮蔽状態としたまま下部スラット領域4Aの各スラット4を水平状態(採光状態)とする上部遮蔽・下部採光状態で保持するよう操作することができる。また、図5(b)に示すように、操作コード2の操作によってボトムレール14を下限まで下降させ、全てのスラット4について水平方向に回動させた水平状態(採光状態)から、チルト操作コード8の操作によって、チルトコード16をヘッドボックス1側に引き込み、上部スラット領域4Bの各スラット4を採光状態としたまま下部スラット領域4Aの各スラット4を遮蔽状態とする上部採光・下部遮蔽状態で保持するよう操作することができる。   Further, by operating the tilt operation code 8 hanging down from the left end side of the head box 1, each slat 4 in the upper slat area 4B and each slat 4 in the lower slat area 4A can be adjusted at different angles. It has become. For example, as shown in FIG. 5 (a), the operation of the operation cord 2 lowers the bottom rail 14 to the lower limit, and rotates all the slats 4 vertically in a direction in which the indoor side is a convex surface. From the state, by operating the tilt operation code 8, the tilt code 16 is pulled toward the head box 1, and the slats 4 in the lower slat area 4A are kept in a horizontal state (lighting state) while the slats 4 in the upper slat area 4B are kept in a shielded state. ) Can be operated so as to maintain the upper shielding / lower lighting state. Also, as shown in FIG. 5B, the operation of the operation code 2 lowers the bottom rail 14 to the lower limit, and all the slats 4 are turned in the horizontal direction from the horizontal state (lighting state) to the tilt operation code. By the operation of 8, the tilt cord 16 is pulled into the head box 1 side, and the upper slats 4 in the lower slat area 4A are shielded while the respective slats 4 in the upper slat area 4B are in the lighting state. Can be operated to hold.

このようなチルト操作を実現するために、図1に示すように、ヘッドボックス1の左端部には、ヘッドボックス1から垂下されるチルト操作コード8を案内する案内部13、案内部13を介してチルト操作コード8を挿通するストッパー装置11、及び、チルト操作負荷軽減装置10が設けられている。   In order to realize such a tilt operation, as shown in FIG. 1, a guide section 13 for guiding a tilt operation code 8 hanging from the head box 1 is provided at a left end of the head box 1 via a guide section 13. A stopper device 11 for inserting the tilt operation code 8 and a tilt operation load reducing device 10 are provided.

案内部13は、ヘッドボックス1の一端から斜め下方に突出され、その案内部13からチルト操作コード8が垂下されている。チルト操作コード8の一端には、チルト操作グリップ9が取着されている。   The guide portion 13 projects obliquely downward from one end of the head box 1, and the tilt operation code 8 hangs down from the guide portion 13. A tilt operation grip 9 is attached to one end of the tilt operation code 8.

チルト操作コード8の他端は、ストッパー装置11を経てチルト操作負荷軽減装置10に取着されている。ストッパー装置11は、チルト操作コード8を操作してチルトコード16をヘッドボックス1側に引き込んだ後、チルト操作グリップ9を手放したとき、ボトムレール14やスラット4の自重でチルトコード16が移動するのを防止するようロックする公知の作用をなす。尚、チルトコード16をヘッドボックス1側にわずかに引き込む(即ち、チルト操作コード8をヘッドボックス1側から引き出す)ことでストッパー装置11のロックが解除され、ボトムレール14やスラット4の自重でチルトコード16が移動可能となるよう構成されている。   The other end of the tilt operation code 8 is attached to a tilt operation load reducing device 10 via a stopper device 11. The stopper device 11 operates the tilt operation code 8, pulls the tilt code 16 toward the head box 1, and then releases the tilt operation grip 9, so that the tilt code 16 moves by its own weight of the bottom rail 14 and the slat 4. It has the known function of locking so as to prevent The lock of the stopper device 11 is released by slightly pulling the tilt cord 16 into the head box 1 side (that is, pulling out the tilt operation code 8 from the head box 1 side), and the tilt of the bottom rail 14 or the slat 4 is caused by its own weight. The cord 16 is configured to be movable.

チルト操作負荷軽減装置10は、チルト操作コード8の引き込み操作によってチルトコード16を移動させる際の操作力を所定量軽減させるよう機能する。   The tilt operation load reducing device 10 functions to reduce the operation force when the tilt code 16 is moved by the pull-in operation of the tilt operation code 8 by a predetermined amount.

以下、チルト操作負荷軽減装置10の各実施例について、詳細に説明する。   Hereinafter, each embodiment of the tilt operation load reducing device 10 will be described in detail.

(実施例1のチルト操作負荷軽減装置)
図6(a)は、実施例1のチルト操作負荷軽減装置10の周辺構成を示す正面図であり、図6(b)は、その平面図である。実施例1のチルト操作負荷軽減装置10は、主に、そのケース71内に第1プーリー74、第2プーリー73及び複数の案内バー75が収容されている。
(Tilt operation load reduction device of Embodiment 1)
FIG. 6A is a front view illustrating a peripheral configuration of the tilt operation load reducing device 10 according to the first embodiment, and FIG. 6B is a plan view thereof. In the tilt operation load reducing device 10 of the first embodiment, a first pulley 74, a second pulley 73, and a plurality of guide bars 75 are mainly accommodated in a case 71 thereof.

ヘッドボックス1の左右両側部から垂下されるラダーコード12にそれぞれ一端を接続した2本のチルトコード16の他端は、チルト操作負荷軽減装置10内の案内バー75で規制されて第1プーリー74に巻き取り可能に取着されている。   The other ends of the two tilt cords 16 each having one end connected to a ladder cord 12 hanging down from both left and right sides of the head box 1 are regulated by a guide bar 75 in the tilt operation load reduction device 10 to be a first pulley 74. It is attached so that it can be wound up.

また、チルト操作グリップ9に一端を取着したチルト操作コード8の他端は、案内部13及びストッパー装置11を経て、チルト操作負荷軽減装置10内の案内バー75で規制されて第2プーリー73に巻き取り可能に取着されている。   Further, the other end of the tilt operation cord 8 having one end attached to the tilt operation grip 9 is regulated by a guide bar 75 in the tilt operation load reduction device 10 via the guide portion 13 and the stopper device 11, and is controlled by the second pulley 73. It is attached so that it can be wound up.

そして、第1プーリー74と第2プーリー73は、中心軸72を基に互いに相対回転不能となるよう併設されており、第1プーリー74が回転すれば第2プーリー73が回転し、第2プーリー73が回転すれば第1プーリー74が回転するようになっている。また、第2プーリー73の巻取り径は、第1プーリー74の巻取り径の略2倍となるよう構成されている。   The first pulley 74 and the second pulley 73 are provided side by side so that they cannot rotate relative to each other based on the center shaft 72. When the first pulley 74 rotates, the second pulley 73 rotates, and the second pulley 73 rotates. When the 73 rotates, the first pulley 74 rotates. The winding diameter of the second pulley 73 is configured to be approximately twice the winding diameter of the first pulley 74.

このように構成された実施例1のチルト操作負荷軽減装置10では、図7(a)に示すように、ボトムレール14やスラット4の自重でチルトコード16が引き出される際には、第1プーリー74及び第2プーリー73は図示上で反時計回りに回転するため、チルト操作コード8は、ヘッドボックス1側に引き込まれ、チルト操作グリップ9の位置も上昇する。   In the tilt operation load reducing device 10 according to the first embodiment configured as described above, as shown in FIG. 7A, when the tilt cord 16 is pulled out by the weight of the bottom rail 14 and the slat 4, the first pulley is pulled out. Since the 74 and the second pulley 73 rotate counterclockwise in the drawing, the tilt operation cord 8 is drawn into the head box 1 side, and the position of the tilt operation grip 9 also rises.

一方、図7(b)に示すように、チルト操作グリップ9を操作してチルト操作コード8をヘッドボックス1から引き出すと、第1プーリー74及び第2プーリー73は図示上で時計回りに回転するため、チルトコード16がヘッドボックス1側に引き込まれる。   On the other hand, as shown in FIG. 7B, when the tilt operation cord 8 is pulled out from the head box 1 by operating the tilt operation grip 9, the first pulley 74 and the second pulley 73 rotate clockwise in the drawing. Therefore, the tilt code 16 is drawn into the headbox 1 side.

このとき、チルト操作グリップ9による引き操作の操作力は、第2プーリー73の巻取り径が第1プーリー74の巻取り径の略2倍となるよう構成されていることから、チルトコード16を直接的に引き込む場合と比較して略半分の操作力で済むようになる。   At this time, since the operation force of the pulling operation by the tilt operation grip 9 is configured so that the winding diameter of the second pulley 73 is approximately twice the winding diameter of the first pulley 74, the tilt cord 16 is moved. It requires only about half the operating force as compared with the case of directly retracting.

したがって、チルト操作グリップ9による引き操作の操作力を軽減させて、図5に示す上部遮蔽・下部採光状態、或いは上部採光・下部遮蔽状態を保持するよう操作することができる。これにより、スラット4の角度調節操作に関する操作負担を少なくするとともに、操作力を軽減することができる。   Therefore, the operation force of the pulling operation by the tilt operation grip 9 is reduced, and the operation can be performed so as to maintain the upper shielding / lower lighting state or the upper lighting / lower shielding state shown in FIG. As a result, it is possible to reduce the operation load related to the angle adjustment operation of the slat 4 and to reduce the operation force.

(実施例2のチルト操作負荷軽減装置)
図8(a)は、実施例2のチルト操作負荷軽減装置10の周辺構成を示す正面図であり、図8(b)は、その平面図である。尚、実施例1と同様な構成要素には同一の参照番号を付している。実施例2のチルト操作負荷軽減装置10は、主に、そのケース71内に第1プーリー74、第2プーリー73及び複数の案内バー75、並びにストッパー装置11が収容されている。
(Tilt operation load reduction device of Embodiment 2)
FIG. 8A is a front view illustrating a peripheral configuration of the tilt operation load reducing device 10 according to the second embodiment, and FIG. 8B is a plan view thereof. The same components as those in the first embodiment are denoted by the same reference numerals. In the tilt operation load reducing device 10 according to the second embodiment, a first pulley 74, a second pulley 73, a plurality of guide bars 75, and a stopper device 11 are mainly accommodated in a case 71 thereof.

実施例2のチルト操作負荷軽減装置10は、その下段側にストッパー装置11を配置させ、ヘッドボックス1内の収容効率を高めるよう構成した例である。   The tilt operation load reducing device 10 according to the second embodiment is an example in which a stopper device 11 is disposed at a lower side of the tilt operation load reducing device 10 so as to increase the storage efficiency in the head box 1.

実施例1と同様に、ヘッドボックス1の左右両側部から垂下されるラダーコード12にそれぞれ一端を接続した2本のチルトコード16の他端は、チルト操作負荷軽減装置10内の案内バー75で規制されて第1プーリー74に巻き取り可能に取着されている。   Similarly to the first embodiment, the other ends of the two tilt cords 16 each having one end connected to the ladder cord 12 hanging down from both left and right sides of the head box 1 are connected to a guide bar 75 in the tilt operation load reducing device 10. It is regulated and attached to the first pulley 74 so that it can be wound up.

チルト操作グリップ9に一端を取着したチルト操作コード8の他端は、案内部13を経て、チルト操作負荷軽減装置10内の案内バー75で規制されてストッパー装置11内に挿通され、その後、上下の案内バー75で規制されて第2プーリー73に巻き取り可能に取着されている。   The other end of the tilt operation cord 8 having one end attached to the tilt operation grip 9 is guided by the guide bar 13 in the tilt operation load reducing device 10 via the guide portion 13 and inserted into the stopper device 11, and thereafter, It is regulated by the upper and lower guide bars 75 and is attached to the second pulley 73 so that it can be wound up.

実施例2においても、第1プーリー74と第2プーリー73は、中心軸72を基に互いに相対回転不能となるよう併設されており、第1プーリー74が回転すれば第2プーリー73が回転し、第2プーリー73が回転すれば第1プーリー74が回転するようになっている。また、第2プーリー73の巻取り径は、第1プーリー74の巻取り径の略2倍となるよう構成されている。   Also in the second embodiment, the first pulley 74 and the second pulley 73 are provided side by side so that they cannot rotate relative to each other based on the center shaft 72. When the first pulley 74 rotates, the second pulley 73 rotates. When the second pulley 73 rotates, the first pulley 74 rotates. The winding diameter of the second pulley 73 is configured to be approximately twice the winding diameter of the first pulley 74.

このように構成された実施例2のチルト操作負荷軽減装置10は、実施例1と同様に動作し、チルト操作グリップ9による引き操作の操作力は、第2プーリー73の巻取り径が第1プーリー74の巻取り径の略2倍となるよう構成されていることから、チルトコード16を直接的に引き込む場合と比較して略半分の操作力で済むようになる。   The tilt operation load reducing device 10 according to the second embodiment configured as described above operates in the same manner as the first embodiment, and the operation force of the pull operation by the tilt operation grip 9 is such that the winding diameter of the second pulley 73 is equal to the first diameter. Since the winding diameter of the pulley 74 is set to be approximately twice as large as that of the case where the tilt cord 16 is directly pulled in, the operation force can be reduced to approximately half of the case where the tilt cord 16 is directly pulled in.

また、実施例2のチルト操作負荷軽減装置10では、その下段側にストッパー装置11を配置させ、ヘッドボックス1内の収容効率を高めるよう構成していることから、ヘッドボックス1内における支持部材5等の各部材の設置自由度を高めることができる。   In the tilt operation load reducing device 10 according to the second embodiment, the stopper device 11 is disposed on the lower side of the lower device to increase the storage efficiency in the head box 1. The degree of freedom of installation of each member such as can be increased.

以上、特定の実施形態の例を挙げて本発明を説明したが、本発明は前述の実施形態の例に限定されるものではなく、その技術思想を逸脱しない範囲で種々変形可能である。例えば、チルトコード16は、2本でなくとも3本以上で構成してもよいし、特許文献2のように、上部スラット領域4Bと下部スラット領域4Aのスラット4を個別のコードで支持する形態としてもよい。また、スラット4は、アルミニウム製や木製とすることができ、前述の実施形態の例のような凸面を有する形態のほか、平板上の形態としてもよい。   As described above, the present invention has been described with reference to the specific embodiments. However, the present invention is not limited to the above-described embodiments, and can be variously modified without departing from the technical idea thereof. For example, the tilt cords 16 may be composed of three or more instead of two, and as shown in Patent Document 2, a form in which the slats 4 of the upper slat area 4B and the lower slat area 4A are supported by individual cords. It may be. The slats 4 may be made of aluminum or wood, and may have a flat shape in addition to a shape having a convex surface as in the above-described embodiment.

或いはまた、上部スラット領域4Bと下部スラット領域4Aとを区別することなく、ラダーコード12に支持される全てのスラット4の角度調整を行うよう、最上位のスラット4の近傍のラダーコード12にチルトコード16を接続するよう構成してもよい。   Alternatively, the ladder cord 12 near the uppermost slat 4 is tilted so as to adjust the angles of all the slats 4 supported by the ladder cord 12 without distinguishing between the upper slat area 4B and the lower slat area 4A. You may comprise so that the cord 16 may be connected.

また、前述した各実施例では、チルト操作負荷軽減装置10とストッパー装置11との配置関係について特定の例を説明したが、上下・左右の位置関係を変更した形態としてもよい。例えばチルト操作負荷軽減装置10の下段又は上段に、ストッパー装置11を配置するよう構成してもよい。
Further, in each of the above-described embodiments, a specific example has been described regarding the arrangement relationship between the tilt operation load reducing device 10 and the stopper device 11, but a configuration in which the vertical and horizontal positional relationships are changed is also possible. For example , the stopper device 11 may be arranged below or above the tilt operation load reducing device 10.

従って、上下・左右の位置関係を問わず(好適には、上下の位置関係で)、チルト操作負荷軽減装置10のケース内にストッパー装置11を収容する形態とすることで、ヘッドボックス1内の収容効率を高めることができる。   Therefore, the stopper device 11 is accommodated in the case of the tilt operation load reducing device 10 regardless of the vertical and horizontal positional relationship (preferably, the vertical positional relationship), so that the head box 1 The storage efficiency can be improved.

また、前述した各実施例では、チルト操作グリップ9による引き操作の操作力が、チルトコード16を直接的に引き込む場合と比較して略半分の操作力で済むよう構成する例を説明したが、これに限定されず、チルト操作グリップ9による引き操作の操作力が、チルトコード16を直接的に引き込む場合よりも軽減するよう一方のプーリー巻取り径を他方のプーリー巻取り径よりも拡径した形態とすることができる。
Further, in each of the above-described embodiments, an example has been described in which the operation force of the pull operation by the tilt operation grip 9 is substantially half that of the case where the tilt cord 16 is directly pulled in. is not limited to this, the operation force of the pulling operation by tilting the grip 9, expansion than the winding diameter of the other pulley the winding diameter of one pulley to reduce than when directly draw the tilt cord 16 It can be in the form of a diameter.

また、前述した各実施例では、1本のチルト操作コード8により操作する例を説明したが、無端状のチルト操作コード8を構成し、無端状のチルト操作コード8の操作で、チルト操作負荷軽減装置10によるチルトコード16の移動負荷量を軽減させるようギヤ等の変換機構を設ける構成としてもよい。   Further, in each of the embodiments described above, the example in which the operation is performed by one tilt operation code 8 is described. However, the endless tilt operation code 8 is configured, and the operation of the endless tilt operation code 8 causes the tilt operation load to be increased. A conversion mechanism such as a gear may be provided to reduce the moving load of the tilt cord 16 by the reduction device 10.

本発明によれば、スラットの角度調節操作に関する操作負担を少なくするとともに、操作力を軽減することができるので、ヘッドボックスから多数段のスラットを吊下支持する横型ブラインドの用途に有用である。   ADVANTAGE OF THE INVENTION According to this invention, since the operation | work burden regarding the angle adjustment operation of a slat can be reduced and the operating force can be reduced, it is useful for the application of the horizontal blind which hangs and supports many slats from a headbox.

1 ヘッドボックス
2 操作コード
3 プーリー
4 スラット
4A 下部スラット領域
4B 上部スラット領域
5 支持部材
7 操作装置
8 チルト操作コード
9 チルト操作グリップ
10 チルト操作負荷軽減装置
11 チルト操作コード用のストッパー装置
12 ラダーコード
13 チルト操作コード用の案内部
15 昇降コード
16 チルトコード
16a 取付部
17 駆動軸
71 チルト操作負荷軽減装置のケース
72 中心軸
73 第2プーリー
74 第1プーリー
75 案内バー
76,77 ギヤ
78,79 滑車
80 ベルト
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Head box 2 Operation code 3 Pulley 4 Slat 4A Lower slat area 4B Upper slat area 5 Support member 7 Operating device 8 Tilt operating code 9 Tilt operating grip 10 Tilt operating load reduction device 11 Tilt operating code stopper device 12 Rudder code 13 Guide part for tilt operation code 15 Elevating cord 16 Tilt cord 16a Attachment part 17 Drive shaft 71 Case of tilt operation load reducing device 72 Center shaft 73 Second pulley 74 First pulley 75 Guide bar 76, 77 Gear 78, 79 Pulley 80 belt

Claims (2)

ヘッドボックスからラダーコードを介して多数段のスラットを吊下支持する横型ブラインドであって、
前記ヘッドボックスから当該ラダーコードを介して吊下支持される多数段のスラットのうち1以上で全部ではない所定数のスラットの角度調節を可能に垂下されるチルトコードと、
前記ヘッドボックスから前記角度調節を操作可能に垂下されるチルト操作コードと、
前記チルトコードの移動負荷を変換して前記チルト操作コードの操作力を軽減するチルト操作負荷軽減装置と、
を備え
前記チルト操作負荷軽減装置は、
前記チルトコードを巻き取り可能に取着する第1プーリーと、
前記チルト操作コードを巻き取り可能に取着する第2プーリーとを備え、
前記第1プーリー及び前記第2プーリーは、互いに連動して回転するよう構成され、
前記第2プーリーの巻取径は、前記第1プーリーの巻取径よりも拡径しており、
前記第1プーリー及び前記第2プーリーは、同一中心軸で連動して回転するよう構成されており、
前記チルトコードは、前記ラダーコードの本数よりも少なく、且つ前記多数段のスラットを昇降させるための昇降コードの本数よりも少ないものとして、前記ヘッドボックスの左右両側から垂下されるラダーコードに沿ってそれぞれ垂下されていることを特徴とする横型ブラインド。
A horizontal blind that suspends and supports multiple slats from the headbox via ladder cords,
A tilt cord which is suspended from the head box so as to be able to adjust the angle of a predetermined number of slats which are not all but one or more of a plurality of slats suspended and supported via the ladder cord;
A tilt operation code that hangs from the head box so that the angle adjustment can be operated,
A tilt operation load reducing device that converts a movement load of the tilt code to reduce an operation force of the tilt operation code;
Equipped with a,
The tilt operation load reducing device,
A first pulley for rewindably attaching the tilt cord;
A second pulley for rewindably attaching the tilt operation code,
The first pulley and the second pulley are configured to rotate in conjunction with each other,
The winding diameter of the second pulley is larger than the winding diameter of the first pulley,
The first pulley and the second pulley are configured to rotate in conjunction with the same central axis,
The tilt code is smaller than the number of the ladder codes, and is smaller than the number of lifting codes for raising and lowering the multi-stage slats, along the ladder code hanging from the left and right sides of the head box. horizontal blinds characterized that you have been suspended respectively.
前記チルトコード及び前記チルト操作コードのいずれか一方に、コードの移動をロック可能なストッパー装置が設けられ、前記ストッパー装置が、前記チルト操作負荷軽減装置のケース内に収容されていることを特徴とする、請求項に記載の横型ブラインド。 A stopper device capable of locking the movement of the code is provided on one of the tilt code and the tilt operation code, and the stopper device is housed in a case of the tilt operation load reducing device. The horizontal blind according to claim 1 , wherein:
JP2014163906A 2014-08-11 2014-08-11 Horizontal blinds Active JP6670540B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014163906A JP6670540B2 (en) 2014-08-11 2014-08-11 Horizontal blinds

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014163906A JP6670540B2 (en) 2014-08-11 2014-08-11 Horizontal blinds

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016037838A JP2016037838A (en) 2016-03-22
JP6670540B2 true JP6670540B2 (en) 2020-03-25

Family

ID=55529147

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014163906A Active JP6670540B2 (en) 2014-08-11 2014-08-11 Horizontal blinds

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6670540B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6480252B2 (en) * 2015-05-07 2019-03-06 株式会社ニチベイ blind
JP6480251B2 (en) * 2015-05-07 2019-03-06 株式会社ニチベイ blind
JP6893768B2 (en) * 2016-10-18 2021-06-23 立川ブラインド工業株式会社 Horizontal blinds
CN109424308B (en) * 2017-09-05 2020-07-10 亿丰综合工业股份有限公司 Venetian blind

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5865891A (en) * 1981-10-12 1983-04-19 Hiroshi Makihira Blind
US4940070A (en) * 1988-03-29 1990-07-10 Warden Scott L Bifold privacy miniblind
JPH0671888U (en) * 1993-03-22 1994-10-07 有限会社プロメ Adjustable horizontal blinds
JPH07305580A (en) * 1994-05-12 1995-11-21 Yoshikazu Kusunoki Blind
JPH09310571A (en) * 1996-05-23 1997-12-02 Hiromu Uno Blind
JP4393183B2 (en) * 2003-12-22 2010-01-06 トステム鈴木シャッター株式会社 Shutter device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016037838A (en) 2016-03-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6670540B2 (en) Horizontal blinds
JP6703026B2 (en) Horizontal blinds
WO2010125951A1 (en) Slat drive device for horizontal blinds
JP6408115B2 (en) Horizontal blind
JP2021183805A (en) Horizontal blind
JP6031314B2 (en) Horizontal blind
JP6745215B2 (en) Horizontal blinds
WO2016068021A1 (en) Horizontal blind
JP6463614B2 (en) Ladder cord support device and horizontal blind
JP4710043B2 (en) Blind device
JP6514513B2 (en) Horizontal blind
JP6473313B2 (en) Shielding device
JP5768905B2 (en) Blind device
JP6581406B2 (en) Horizontal blind and stop device
JP2006063702A (en) Blind device
WO2016084527A1 (en) Horizontal blind
JP2006063704A (en) Blind device
JP6675842B2 (en) Horizontal blind and cord adjustment device
JP6271675B2 (en) Horizontal blind
JP6024735B2 (en) Blind device
JP2016053299A (en) Horizontal blind
JP2010261174A (en) Operating device of solar radiation shielding apparatus
JP2016089337A (en) Lifting cord supporting device and shielding device
JP6655262B2 (en) Horizontal blinds
JP6843494B2 (en) Cloaking device

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150918

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170629

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180315

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180501

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180620

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20180925

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20181220

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20181228

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20190301

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20191122

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20200302

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6670540

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150