JP6609328B2 - 波荷重および風荷重の最適化された伝達を有する浮体式風力タービンプラットフォーム構造物 - Google Patents

波荷重および風荷重の最適化された伝達を有する浮体式風力タービンプラットフォーム構造物 Download PDF

Info

Publication number
JP6609328B2
JP6609328B2 JP2017565780A JP2017565780A JP6609328B2 JP 6609328 B2 JP6609328 B2 JP 6609328B2 JP 2017565780 A JP2017565780 A JP 2017565780A JP 2017565780 A JP2017565780 A JP 2017565780A JP 6609328 B2 JP6609328 B2 JP 6609328B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wind turbine
stable
struts
floating
truss
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017565780A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018519205A (ja
Inventor
オーボール,アレクシア
チェルメッリ,クリスティアン
ロディアー,ドミニク
ビン ユ,ビン
ナラヤナン,スリラン
ラヒジャニアン,アリレザ
Original Assignee
プリンシプル パワー,インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201562182245P priority Critical
Priority to US62/182,245 priority
Application filed by プリンシプル パワー,インコーポレイテッド filed Critical プリンシプル パワー,インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2016/038235 priority patent/WO2016205746A1/en
Publication of JP2018519205A publication Critical patent/JP2018519205A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6609328B2 publication Critical patent/JP6609328B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03DWIND MOTORS
    • F03D13/00Assembly, mounting or commissioning of wind motors; Arrangements specially adapted for transporting wind motor components
    • F03D13/20Arrangements for mounting or supporting wind motors; Masts or towers for wind motors
    • F03D13/25Arrangements for mounting or supporting wind motors; Masts or towers for wind motors specially adapted for offshore installation
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/02Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement
    • B63B1/10Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls
    • B63B1/107Semi-submersibles; Small waterline area multiple hull vessels and the like, e.g. SWATH
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B35/00Vessels or similar floating structures specially adapted for specific purposes and not otherwise provided for
    • B63B35/44Floating buildings, stores, drilling platforms, or workshops, e.g. carrying water-oil separating devices
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B39/00Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude
    • B63B39/02Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude to decrease vessel movements by displacement of masses
    • B63B39/03Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude to decrease vessel movements by displacement of masses by transferring liquids
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B39/00Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude
    • B63B39/06Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude to decrease vessel movements by using foils acting on ambient water
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B43/00Improving safety of vessels, e.g. damage control, not otherwise provided for
    • B63B43/02Improving safety of vessels, e.g. damage control, not otherwise provided for reducing risk of capsizing or sinking
    • B63B43/04Improving safety of vessels, e.g. damage control, not otherwise provided for reducing risk of capsizing or sinking by improving stability
    • B63B43/06Improving safety of vessels, e.g. damage control, not otherwise provided for reducing risk of capsizing or sinking by improving stability using ballast tanks
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/02Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement
    • B63B1/10Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls
    • B63B1/12Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected rigidly
    • B63B2001/128Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected rigidly comprising underwater connectors between the hulls
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B35/00Vessels or similar floating structures specially adapted for specific purposes and not otherwise provided for
    • B63B35/44Floating buildings, stores, drilling platforms, or workshops, e.g. carrying water-oil separating devices
    • B63B2035/4433Floating structures carrying electric power plants
    • B63B2035/446Floating structures carrying electric power plants for converting wind energy into electric energy
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B39/00Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude
    • B63B39/06Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude to decrease vessel movements by using foils acting on ambient water
    • B63B2039/067Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude to decrease vessel movements by using foils acting on ambient water effecting motion dampening by means of fixed or movable resistance bodies, e.g. by bilge keels
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B2209/00Energy supply or activating means
    • B63B2209/20Energy supply or activating means wind energy
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2240/00Components
    • F05B2240/90Mounting on supporting structures or systems
    • F05B2240/93Mounting on supporting structures or systems on a structure floating on a liquid surface
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2240/00Components
    • F05B2240/90Mounting on supporting structures or systems
    • F05B2240/95Mounting on supporting structures or systems offshore
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/70Wind energy
    • Y02E10/72Wind turbines with rotation axis in wind direction
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/70Wind energy
    • Y02E10/727Offshore wind turbines

Description

本発明は、洋上浮体式風力タービンに関し、さらに詳細には、タービンの荷重伝達および浮体式構造物内における海洋により生成された荷重を最適化する構造要素の構成に関する。本発明は、さらにハルの設計および製造を支援する。
関連出願の相互参照
本願は、2015年6月19日に出願された「Floating Wind Turbine Platform Structure with Optimized Transfer of Wave and Wind Loads」を発明の名称とする米国仮特許出願第62/182,245号の優先権を主張し、その内容全体は参照することにより本願に援用される。
本願は、2008年4月23日に出願された「Column−Stabilized Offshore Platform With Water−Entrapment Plates And Asymmetric Mooring System For Support Of Offshore Wind Turbines」を発明の名称とする米国仮特許出願第61/125,241号の優先権を主張する2009年4月6日に出願されたPCT特許出願第PCT/US2009/039692号の国内段階出願である現在では2013年6月25日に米国特許第8,471,396号として発行された2010年10月15日に出願された米国特許出願第12/988,121号の継続出願である現在では2014年4月8日に米国特許第8,692,401号として発行された2013年6月24日に出願された米国特許出願第13/925,442号の継続出願である2014年3月18日に出願された「Asymmetric Mooring System for Support of Offshore Wind Turbines」を発明の名称とする米国特許出願第14/218,805号にも関する。なおこれらの特許の内容全体は参照することにより本願に援用される。
本願はさらに、2013年5月20日に出願された「Fully−Integrated Control System for Offshore Floating Wind Turbine Platforms」を発明の名称とする米国仮特許出願第61/825,412号の優先権を主張する2014年3月20日に出願された「System and Method for Controlling Offshore Floating Wind Turbine Platforms」を発明の名称とする米国特許出願第14/283,051号に関する。なおこれらの特許の内容全体は参照することにより本願に援用される。
本願は、2014年10月27日に出願された「Connection System for Array Cables of Disconnectable Offshore Energy Devices」を発明の名称とする米国仮特許出願第62/069,235号の優先権を主張する2015年10月27日に出願された「Connection System for Array Cables of Disconnectable Offshore Energy Devices」を発明の名称とする米国特許出願第14/927,448号にも関する。なおこれらの特許の内容全体は参照することにより本願に援用される。
洋上の風力が陸上の風力と比較して強度および均一性の点で非常に優れているため、洋上風力エネルギーは再生可能エネルギーの高い将来性を有する供給源である。はるか洋上での深度が大きい水中において風力エネルギーを利用するにあたり、1つの解決策は浮体式風力タービンを構築することである。浮体式風力タービンは、陸上風力タービンおよび浮体式オイルおよびガス・プラットフォームの両方とは異なる技術上の課題に直面する。
陸上の風力タービンとは異なり、浮体式風力タービンは構造物全体の重量を支持するための浮力を提供するプラットフォームを要求する。そのプラットフォーム構造物は、数本の大きい直径を有する円筒形支柱を有し得る。浮力の提供に加えて、風力タービン発電機と組み合わされたプラットフォームは、動的な風、波、および水流の荷重に抗する能力を、および発電のための安定した支持を提供する能力を、有するべきである。他の課題は、波荷重に起因する追加的な疲労損傷(風荷重に起因する疲労損傷に匹敵し得る)である。これは、より良好な信頼性を達成ために、堅牢な構造設計を要求する。
浮体式風力タービンの設計に関する1つの固有の課題は、浮体式のオイルおよびガス・プラットフォームと比較して、大きい荷重が、風力タービン発電機のタワーから、タワー基部接続部における非常に集中した場所を通って、プラットフォームに伝達されることである。プラットフォームの支柱は通常、浮力を提供するために、風力タービン発電機のタワーよりもはるかに大きい直径を有する。フローターデッキを有するタワー基部接続部を強化するための従来の方法は溶接補剛材を大量に用いる補強であり、係る補強は費用対効果に優れない場合がある。オイルおよびガス産業と比較すると、洋上風力エネルギー生産は利潤差額がはるかに小さい。構造設計の1つの目的は、重量および構造コストの最小化である。したがって、プラットフォーム支柱上の補剛を簡略化することが好適である。
したがって、最小化されたコスト内で荷重支持能力、流体力学的安定性、および優れた信頼性を提供する構造的プラットフォーム設計を有する洋上風力タービンが必要とされる。
オイルおよびガス産業において穿孔用に使用される、先行技術に係る半潜水型プラットフォームの一例を示す図である。 浮体式風力タービンプラットフォームの構造要素を示す図である。 トラス構造の詳細図である。 安定支柱の実施形態の詳細図である。 安定支柱の実施形態の詳細図である。 水エントラップメントプレートおよび対応する構成要素の詳細図である。 水エントラップメントプレートおよび対応する構成要素の詳細図である。 浮体式風力タービンプラットフォームの安定支柱およびトラス構造の幾何学的形状の上面図である。
背景技術のセクションにおいて論じられた主題は、単に背景技術のセクションにおいて記載されているという理由により、先行技術であるとみなされるべきではない。同様に、背景技術のセクションにおいて記載の課題または背景技術のセクションの主題に関連する課題は、先行技術においてすでに認識されているものとみなされるべきでない。背景技術のセクションにおける主題は、請求される本発明の実装にも対応し得る、異なるアプローチを単に提示する。
以下の詳細な説明は、本開示の技術に関する。本開示の技術を例示するための好適な実装について、本開示の範囲を限定するためにではなく、説明する。なお本開示の技術の範囲は請求項により定められる。当業者は、係る記載に関する、様々な均等な変形例を認識するであろう。
本明細書で開示の浮体式風力タービンプラットフォームは、浮体式基礎に対する革新的な構造設計を導入する。一実施形態では、浮体式風力タービンプラットフォームは3本の支柱を有する半潜水型プラットフォームである。なお管状トラス部材がこれらすべての支柱を接続している。水エントラップメントプレートが、水平方向に延長する(すなわち、片持ちの)大きいプレートとしてこれらの支柱の一部または全部の底部分(すなわちキール端部)に、支柱の基部において取り付けられ得る。風力タービン発電機タワーは構造物上の高い位置において相当な風荷重を受け、支柱間の間隔が安定性の達成を支援する。
本明細書で記載のプラットフォームに含まれる支柱は、水平方向および対角線状の管状部材を含む管状トラス部材を用いて互いに連結され得る。各支柱は2つの同心円状の円筒(すなわち、浮力を提供するためのフローターとして機能する外側殻体と、風力タービン荷重を支持するための垂直方向管状部材として機能する、より小さい直径を有する内側軸と)からなる。内側軸も、包括的な流体力学的荷重および流体静力学的荷重を支柱間で伝達する。なお、流体力学的荷重および流体静力学的荷重は、外側殻体により支持される。追加的に、内側軸はタービン荷重(すなわち、タワー基部における曲げモーメントおよび関連する剪断力)を、他の支柱に、水平主要管状部材および対角線状管状部材(なおこれらの管状部材のすべては内側軸に接続されている)を通して、伝達する。したがって風力タービンタワーにより誘導されるモーメントは個々の支柱の浮力の相対的変化により相殺され得る。
本明細書で記載の浮体式風力タービンプラットフォームは、風力タービンプラットフォームの性能を改善するトラス構造の他に、追加的な特徴物も含み得る。いくつかの実施形態では、浮体式風力タービンプラットフォームは、液体バラストを安定支柱間で移動させる能動的バラストシステム(米国特許第8,471,396号参照)を含み得る。この能動的バラストシステムは、支柱間で液体をポンプ輸送することを通して個々の支柱の重量を変化させることにより、風力により誘導されるモーメントを相殺することが可能である。支柱は、出力変換効率が最適化されるよう浮体式プラットフォームを垂直縦方向整列状態に保持するために液体を支柱内のタンク間でポンプを介して移動させる能動的バラストシステムを収容し得る。例えば風がタワーに向かって吹いているとき、センサが風力タービン発電機の回転を検出し得る。センサは制御器に連結され得、この制御器は、1つの支柱から液体を取り出して浮力を増加させ、液体を他の支柱に追加して当該支柱の重量を増加させるよう、ポンプを制御する。一実施形態では、他の支柱への、および他の支柱からの、独立的な流体経路を制御する複数のポンプが各支柱に存在し得る。
バラスト制御器は、風力タービン発電機の横方向角度を調節するために、支柱内の液体体積も制御し得る。いくつかの実施形態では、これらの支柱は、各支柱の水深差により液体の体積を検出するセンサを有する。支柱間で液体バラストを能動的に移動させることにより、誘導された風力が相殺され、それによりプラットフォームが水平状態に保持され得る。いくつかの実施形態では、能動的バラストシステムは、バラストシステム内の液体と周囲の海水とを完全に分離することにより、浮体式風力タービンプラットフォームに発生し得る浸水および沈下を防止するよう構成された閉ループシステムであり得る。バラストポンプの作用により、液体は各支柱間で接続されたトラス部材に関連付けられた配管を通って流れ得る。係る実施形態では、周囲の海水が能動的バラストシステムに侵入することはまったく不可能である。能動的バラストシステムにおいて使用される液体は、腐食問題および他の海水に関連する課題を緩和するために、新鮮な水であり得る。水は、洋上へ曳航される前に波止場地区で追加されてもよく、または補給船により追加されてもよい。
液体バラストシステムの実施形態では、X軸およびY軸に沿って取り付けられたジャイロスコープを含む整列センサが、支柱間でのバラスト液体の分配を制御するために使用され得る。ジャイロスコープは回転角速度(度/秒の単位を有し得る)を表現する信号を出力する。回転角速度を積分すると、角度位置が求められることとなる。したかって整列センサ内のジャイロスコープは、プラットフォームおよびタワーの整列における変動を測定するために使用され得る。X軸ジャイロスコープは水平面にあり、浮体式風力タービンプラットフォームの中心線と整列され得る。Y軸加速度計も水平面にあるが、X軸ジャイロスコープに対して垂直である。トリム角αは構造物のY軸周り角度であり、リスト角γは構造物のX軸周りの角度である。
構造物が完全に整列されている場合、X軸およびY軸のジャイロスコープは加速度をまったく検出しないであろう。一方、構造物がいずれかの方向に傾いている場合、X軸ジャイロスコープがトリム回転を検出し、Y軸ジャイロスコープがリスト回転を検出するであろう。この情報に基づいて、回転角が既知の数学的方程式を使用して計算され得る。例えばプラットフォームのトリム角αおよびリスト角γは、ジャイロスコープによりバラスト制御システムに提供される入力信号である。最初に、測定された信号には、波および風の動的および確率論的な効果に起因するすべての高周波妨害を相殺するために、ローパスフィルタ処理が施され得る。プラットフォームのトリム角およびリスト角は標準的なローパスフィルタ処理ストラテジー(例えば高次バターワースフィルタなど)を使用して、ローパスフィルタ処理が施される。フィルタ処理されたプラットフォームのトリム角
およびリスト角
に基づいて、支柱上部中心iとjとの間の相対的角度θi−jは、次の式を使用して導き出される。
次の規則が使用される。θi−jが正である場合、支柱iが支柱jよりも高いことを意味する。誤差ei−j=|θset−θi−j|が制御器に対する入力として使用される誤差である。通常は、θset=0°である。θi−jの符号に基づいて、ONに対する不感帯を定める特定値よりもei−jが大きい場合、正確なポンプPi−jの動作が開始されるであろう。ポンプPi−jまたはPj−iは、ei−jがOFFに対する不感帯を定める特定値よりも小さい場合、動作が停止されるであろう。相対的角度θi−jに応じて、1つ、2つ、または3つのバラストポンプの動作が開始されるであろう。安定支柱の上部中心間の相対的角度に基づくこのアルゴリズムを用いて、最速の液体伝達経路が常に考慮され、したがって、プラットフォームは常にあらゆる状況で、極めて迅速に、または可能な限り急速に、均等キールに復帰される。1つのポンプに突発的な欠陥が生じた場合、自動バイパスも、そのアプローチを使用して、機能する。プラットフォームのトリム角αおよびリスト角γを含むプラットフォーム動力学が測定され、フィードバックループに帰還されるヒール角測定値を提供するために使用される。したがって整列センサ信号に基づいてバラスト制御器は、各支柱内の液体体積を調整し、それにより垂直整列角度オフセットが修正されるよう、ポンプを制御し得る。プラットフォームが許容可能な水平角内にある場合、バラストシステムは安定支柱間での液体の移動を停止するであろう。
一実施形態では、風力タービン発電機タワーは、これらの安定支柱のうちの1本の安定支柱の内側軸の上部に取り付けられ、当該安定支柱はトラス部材により他の支柱の内側軸に連結される。いくつかの実施形態では、これらのトラス部材は安定支柱外側殻体にも固定され得る。例えばトラス部材は各支柱の外側殻体に溶接され得る。この構造により浮体式風力タービンプラットフォームの全体的な構造効率が改善され、構造物は比較的軽量化され得る。風力タービンタワーは、タワーおよび風力タービンの構成要素の重量を支持する安定支柱の上方に直接的に取り付けられ、その一方で、他の安定支柱は、プラットフォームを全体として安定化させ、かつ、タワーを実質的に垂直整列状態に保持するための主要な機能を有する。上述のように、能動的バラスト制御システムは、一実施形態では、安定支柱間でバラスト液体を移動させ、それによりプラットフォームの安定化が支援されるよう、使用され得る。
いくつかの実施形態では、風力タービン発電機タワーを支持する安定支柱は、タワーおよびタービンの重量を相殺するための追加的浮力を提供するために、他の2つの安定支柱よりも大きい直径を有し得る。他の実施形態では、風力タービン発電機を支持しない2つの安定支柱の中心間の距離は、風力タービン発電機を支持しない2つの支柱の中心と風力タービン発電機を支持する支柱の中心と間の距離とは異なり得る。この特定的な3つの安定支柱の実施形態では三角形断面が二等辺三角形となり、安定支柱の中心間の距離が均一であり正三角形の断面となる他の実施形態とは、異なる。他の実施形態では安定支柱間の距離がすべて異なり、それにより三角形断面が不等辺三角形となる。
ナセル(例えばタービン翼に対するピッチ制御システム、ギアボックス、ヨーイング制御器、および発電機のうちの1つまたは複数を収容し得る)がタワーの上部に取り付けられ得、ハブと、ハブから延長するタービン翼と、を支持し得る。ハブは、通常の風速範囲においてタービン翼の回転速度が一定となるようタービン翼のピッチの調整を可能にするための機構を含み得る。ナセルはヨーイング制御システムに連結され得る。ヨーイング制御システムは、最適効率のために、タービン翼を直接的に風の方向に指向させる。通常はナセル内に配置される風力タービン設備(例えばギアボックスおよび発電機など)は、ナセル内に存在してもよく、または他の実施形態では、タワーの下方部分に配置されてもよく、または安定支柱の上部上に配置されてもよい。
他の実施形態では、ギアボックスを有さない直接駆動タービンも本明細書で記載の半潜水型風力タービンプラットフォームとともに使用され得る。発電機により生成される電力は、風力が変動するため、ランダムな周波数および振幅を有し得る。電力は、変圧器、インバータ、および整流器を用いて変えられ、それにより均一な出力電圧および電流が生成され得る。様々な実施形態では、これらの電気的構成要素は、ナセル内に、タワーの底部に、または他の安定支柱の上側面上に、配置され得る。
風力タービンからの電気的出力は、海底および発電所まで延長する電気ケーブルを通って伝達され得る。海底まで直線状に延長するよりもむしろ、ケーブルの一部は、ケーブルの当該部分を上昇させる浮力機構に連結され得る。次にケーブルは湾曲経路を有し得る。それにより、浮体式風力タービンプラットフォームは、顕著な追加的張力がまったくケーブルに印加されることなく、波、水流、および潮流とともに垂直方向または水平方向に移動することが可能となる(上記で参照することにより援用された、同時係属の米国仮特許出願整理番号第62/069,235号および米国特許出願第14/924,448号参照)。
一実施形態では、浮体式風力タービンプラットフォームは、高強度構造物を提供する特殊な構成を有する。本明細書における記載は全般的に、3つの支柱間で取り付けられるトラス部材について説明するものであって、これらのトラス部材は長さが等しく、そのために、形成される三角形断面が実質的に正三角形となる一方で、当業者は、このプラットフォームが、4つ以上の安定支柱により形成され、4つ以上のトラス部材により、および等しくない長さのトラス部材により、形成され得ることを、理解し得る。
特に、一実施形態では、少なくとも3つの安定支柱のうちの各支柱は、少なくとも3つの安定支柱と、これらの安定支柱に接続された少なくとも3つのトラス部材と、により形成される凸多角形(例えば三角形)の頂点に配置され得る。この凸多角形断面(例えば一実施形態では三角形断面)は、少なくとも3つの安定支柱の長手方向軸に対して垂直な平面内で、安定支柱およびトラス部材により形成される。
他の実施形態では、3つの支柱間に取り付けられたトラス部材の長さが異なり、それにより、いくつかの事例では、風力タービン発電機タワーを支持する支柱が2つの等しい長さのトラス部材が交わる頂点に存在する二等辺三角形が形成される。他の実施形態では、3つの支柱の間に取り付けられた等しくない長さのトラス部材により、不等辺三角形の断面が形成され得る。
いくつかの実施形態では、高強度の船舶グレードの構造用鋼(例えば420MPaまでの降伏強さ)が、トラス部材の水平主要管状部材および対角線状管状部材に使用され得る。追加的に、工場出荷時に事前製造が可能であるパーツ(例えば直線状の管状部材)は、重量および建築コストを最小化するために、690MPaまでの降伏強さの鉄鋼で作られ得る。
ここで図面を参照すると、ハル形状の半潜水型設計が、一般に、図1で示されているように、オイルおよびガス産業で使用される。ハル形状の半潜水型設計は、船舶形状構造物が安定性を保持する場合のように水線面の面積サイズからではなく、むしろ、支柱105a、105b、105c、105d、105e、および105f間の距離から安定性を誘導する、支柱により安定化を図る設計である。追加的な浮力は、支柱105a、105b、105c、および105dと、支柱105e、105f、および図1では視界から遮られている2つの追加的な支柱と、に接続する大きいポンツーン110aおよび110bにより提供される。いくつかの実施形態では、支柱105a、105b、105c、105d、105e、および105fは円形または正方形であり得、通常は、直交補剛されるが、支柱は任意の多様な形状であり得る。半潜水型設計では、支柱に印加される波荷重は、ポンツーン110aおよび110bを通して、場合によっては、支柱外側殻体へとフレーム状に組み立てられる管状のトラス部材115a、115b、115c、および115dを通して、支柱間で横方向に伝達される。これらの支柱は、支柱の上部に対する垂直重力荷重を生成する上部側面プラットフォーム120も支持する。
比較すると、風力タービンに対する浮体式基礎に対する荷重は異なる。これらの荷重は2種類の荷重の組み合わせである。プラットフォームに印加される第1種類の荷重はタービン荷重である。タービン荷重は、タワー上部に設けられたナセルに接続されたロータにより生成され、次に、曲げモーメントの他にも軸方向力および剪断力を通して、タワーの基部に伝達される。これらの負荷は、タービンが回転し発電する通常動作において、比較的高いという特殊性を有する。タービン荷重は、ロータ・ナセル組立体(RNA)およびタワーに印加される、空気力学的風荷重の他に、慣性負荷および重力荷重も含む。これらの荷重は非線形であり、タワーの基部において高い曲げモーメントを生じさせ、また関連付けられた水平剪断力も生じさせる。
剪断荷重はタービン出力に応じて変動し得、タービン出力はロータ直径に略比例して変動する。マルチメガワット級タービンは通常、数百〜数千kNの公称荷重を生成し、曲げモーメントは、タワー高さに応じて、基本的な剪断荷重の10〜100倍のオーダーである。タワー高さは、さらに、タービン翼の長さに依存する。例えばタワーは通常、最下位置におけるタービン翼の先端部がおよそ海水面上で15〜20メートとなるような、高さである。したがって浮体式プラットフォームの構造物は、これらの剪断荷重および曲げモーメント荷重に対応するよう設計されなければならない。
重力荷重もタワーの基部において垂直荷重を形成する。平常の動作状態においてこれらの荷重が優勢であることは、構造物全体に印加される疲労荷重の重要性を指し示す。頻繁に生じる荷重は疲労損傷を発生させ、構造物の様々なパーツ間の接続は、十分な疲労寿命をプラットフォームに提供するよう設計されなければならない。極度の動きに、または極度のロータ風荷重に、起因するものであれ、RNAおよびタワーに対して印加される極度な荷重も、浮体式プラットフォームの設計において重要な役割を果たす。
浮体式風力プラットフォームに印加される第2および第3の種類の荷重は、流体力学的荷重および流体静力学的荷重である。流体力学的荷重は、ハルに対する波の回折および放射からの、および粘度からの、波荷重、および水流荷重を含む。流体力学的荷重は浮力も含む。これらの種類の流体力学的荷重は、すべての種類の半潜水型構造物の設計において重要である。
浮体式風力タービンプラットフォームの構造物は、一実施形態では、製造の費用対効果を保証する一方で、可能な限り最適に、この複雑な荷重の組み合わせに耐え、係る組み合わせを伝達するよう、設計される。この点は、図2〜図6で強調される浮体式風力タービンプラットフォームの異なるパーツにおけるいくつかの構造的革新を通して、達成される。
図2では、浮体式風力タービンプラットフォームの構造要素が図示されている。支柱215aの上部に設けられたタワー・基礎間の接続205は、例えばタービンおよびRNAの設置が容易となるよう、フランジ接続を通して作られる。このフランジ接続は、陸上タービンおよび洋上モノパイルに対して標準的である。構造物の浮体部品が浮揚するよう、および、波荷重に耐えるよう、設計されている浮体式構造物の場合、荷重は基礎に伝達されることが必要である。浮体式風力タービンプラットフォームの一実施形態では、基礎への荷重の伝達は、フランジと、タワーを支持する安定支柱215a内部の同一直径の内側軸と、の間の直接的接続により達成される。マルチメガワット級洋上タービンのタワー基部直径は変動する(多くの場合、3〜7メートル)が、通常は安定支柱が浮力を提供するにあたり必要な直径よりも小さいので、タワー・安定支柱間の接続が単純なフランジとなり得ない。代替的に、内側軸が安定支柱の外側殻体の内部に提供される。内側軸を外側殻体の内部に提供することにより、タワーと支柱との接続において要求される細部の量が最小化される。この構成は、必要とされる追加的構造物の量も最小化する。接続は耐疲労荷重について局部的に最適化される。内側軸またはフランジは、支柱に対して完全性を提供するために、支柱の残余の上部部分にも接続され得る。支柱の上部は、局部的荷重を経験し、局部的補強を必要とし得るが、包括的タービン荷重を基礎全体に伝達するよう設計されていない。風力タービンタワーからの大部分の荷重は、内側軸に対してフランジ接続を使用することにより、内側軸に渡される。
追加的に、水エントラップメントプレート(「WEP」)220a、220b、および220cが、平坦な補剛板としてキール端部において支柱に直接的に接続され得る。WEP220a、220b、および220cは、波荷重からの顕著な垂直圧力荷重と、WEPの縁部における渦離脱に起因する粘性荷重と、を支持する。これらの荷重は安定支柱に伝達される。これらの荷重は一般に、隣接する支柱に印加される静水圧よりも小さい。したがってWEPプレートの厚さは通常、安定支柱の外側殻体と比較して、小さい。
さらに、WEP220a、220b、および220cは、荷重を構造物に戻すために、主要構造物(例えば、以下でさらに詳述するように支柱および/またはトラス部材)から片持ち梁状に突出する。この構成は、支柱およびトラス部材に対する同一の全体的設計に依存する一方で、全体的なプラットフォーム挙動に対する必要に応じてWEPの形状を調整するための多くの自由を提供する。WEPは、風および波により誘導される動きの減衰を大きくし、波の周期に対するプラットフォーム共鳴周期の調整を提供する。安定支柱に対するWEPの接続部は、プラットフォームの寿命にわたりWEPに印加される流体力学的波圧により、ならびに、大きい風浪階級における極度の流体力学的荷重により、生成される周期的疲労荷重を耐えることが必要である。安定支柱の外側殻体は、ハルに印加されるこれらの流体静力学的荷重の大部分に耐える。
安定支柱215a、215b、および215cの各安定支柱内の内側軸は、水平主要管状部材210aおよび対角線状管状部材210bを含み、かつ、安定支柱215a、215b、および215cを一緒に接続する、全体的トラス構造の一部である。
図3でより詳細に示されているように、各支柱内の内側軸315、320、および325は、細長い補剛されない管状部材から作られ、全体的なトラス構造の一部として機能する。全体的トラス構造は、構造に対する包括的荷重伝達(特に、タワーの基部におけるタービン荷重)の他に、包括的流体力学的荷重および流体静力学的荷重にも耐えるよう、設計される。一実施形態では、3つのトラス部材が存在する。各トラス部材は2つの水平主要管状部材305と、2つの対角線状管状部材310と、を有する。内側軸320および325を含む支柱間で延長する図3で示される2つの水平主要管状部材305は、海洋環境荷重に曝露されるこれらの支柱間で横方向に荷重を伝達する能力を有するため、ここでは横方向トラス部材とも呼ばれ得る。2つの水平主要管状部材305に加えて、トラス部材は2つの対角線状管状部材310をさらに含み得る。2つの対角線状管状部材310は、これらの支柱のうちの1つの支柱を2つの水平主要管状部材305のうちの1つの管状部材305に接続することにより、横方向トラスに追加的な構造的支持を提供するために使用される。
トラス部材に印加される圧力荷重(すなわち流体静力学的荷重および流体力学的荷重)は、圧力荷重がトラス部材の壁部厚さに影響しないよう水平主要管状部材305の直径および対角線状管状部材310の直径を十分に小さくする(すなわち、長さ対直径比が7より大きくなり、それにより、多くの場合、直径は1〜2.5メートルの範囲となる)ことにより、最小化され得る。局部的座屈が、圧力がWEPに、または外側殻体のうちの1つに、印加されることの結果として生じ得る。直径が小さい場合、局部的座屈耐性が改善される。すなわち、プレートが平坦であるときよりも、印加された圧力に抗して曲げられたとき、プレートは降伏し難い。トラス部材の水平管状部材および対角線状管状部材の円形の断面が、流体力学的荷重の観点から、好適である。なぜなら円形の断面は、同様の長方形断面と比較して、引張抵抗を最小化するためである。円形断面積は、全方向からの波に由来する荷重を効率的に伝達することも可能である。追加的に円形断面は、風力タービンタワーを製造するために使用される同一の組み立てラインを使用して、効率的な製造が可能である。
図4aおよび図4bでは、一実施形態における安定支柱の詳細図が示されている。いくつかの安定支柱のうちの各安定支柱は、安定支柱の外側殻体の内部に収容されているため、外部天候から保護された内側軸を含む。図4aに示されているように、内側軸405は、タワーおよびトラス部材により伝達される包括的荷重を主に支持するよう設計される。内側軸は、バラスト区画または加圧区域からの何らかの外部静圧も支持し得る。結果的に発生する座屈強度の懸念が、内側軸の壁部厚さを選択する際の有害な要因となることを防止するために、および製造上の要求(例えば輸送上の携帯性)を満足するために、内側軸405の直径は最小化され、内側リングガーダー410が、重量管理ストラテジーとして、局部的に利用され得る。リングガーダー410は内側軸の内部上の断面に沿って内側軸壁部に直接的に取り付けられ、リングガーダー410の垂直位置は、バラストからの外部圧力に、またはトラス部材からの打ち抜き荷重に、耐えるための支持が必要とされるかどうかに応じて調整され得る。風力タービンタワーの下方にない安定支柱内の内側軸の直径は通常、風力タービンタワーを支持する内側軸よりも小さいであろう(例えば、大部分のタービンに対して3〜6メートルの範囲内)。
内側軸は垂直アクセス軸も含み得る。なおこの垂直アクセス軸は、要員が機材の検査または修理のために安定支柱内で効率的に上下に移動することを可能にするものである。
支柱外側殻体415は、主に、浮体式プラットフォームに対して十分な浮力および適切な運動挙動を提供するようなサイズを有する。支柱外側殻体は、キール端部465から支柱の上部までの直線状の垂直壁部を有する構造物である。いくつかの実施形態では、外側殻体は中空状であり、十分な支柱浮力の完全性を提供するために、貫通トラス部材に溶接され得る。他の実施形態では、外側殻体の形状は、トラス部材に内側軸への直接的接続を提供するよう、構築され得る。外側殻体415は、内側軸405の周りの円筒形殻体として成形され得る。いくつかの実施形態では内側軸は外側殻体415の上方および/または下方に延長し得る。他の実施形態では外側殻体415は、対角線状管状部材420および/または水平主要管状部材425が進入し得、それにより外側殻体415が対角線状管状部材420および/または水平主要管状部材425の通路に対して接触または妨害することがないよう、パイ形状の切片が外側殻体の表面から切り取られた状態の全般的円筒形状を有し得る。
大部分のマルチメガワット級洋上風力タービンに対して、安定支柱直径は約4メートルより大きい必要があり、約15メートルにまで達する場合もある。安定支柱の外側殻体に印加される荷重は、流体静力学的な波荷重からの、および流体力学的な波荷重からの、局部的圧力が、および、安定支柱に印加される波荷重および水流荷重が、優位を占める。外側殻体415を通過し得る対角線状管状部材420および/または水平主要管状部材425から伝達される包括的荷重は、局部的にのみ外側殻体に影響を及ぼし、プレートの局部的補強を用いて解決される。したがって一実施形態では、外側殻体415は、外側殻体上の殻体またはプレートの座屈に耐えるよう設計されている。この設計は、図4bで示されているようにリング補剛円筒形殻体またはフラット430aおよび430bを含み得る。リングガーダー435を有するリング補剛円筒形殻体が、費用対効果のために、直交補剛円筒形殻体よりも好適である。
一実施形態では、安定支柱は比較的小さい垂直荷重を支持するよう設計される。なぜなら、上部側面重量およびタービン荷重に起因する垂直(すなわち軸方向)応力の大部分が、外側殻体および垂直補剛材(例えば隔壁)によるよりもむしろ、対応する安定支柱の内側軸により、支持されるためである。垂直荷重は、内側軸および外側殻体の両方に直接的に接続されている安定支柱の底部またはキール端部に印加され、したがって、垂直荷重は2つの構造部材間で分割される。かくして外側殻体は、支柱のキール端部に印加される浮力垂直荷重の一部を支持するが、これらの荷重も内側軸に部分的に伝達される。したがって外側殻体に印加される垂直荷重は最小化され得る。
一実施形態では安定支柱は、加圧され得る安定支柱内の中空区画455を作るために、フラット430aおよび430bと隔壁440とを使用して、区画化されてもよい。これらのフラット430aおよび430bと、水平補剛材445を有する隔壁440と、は、区画機能を、および1つの区画が浸水した場合における浮体式風力タービンプラットフォームの存続可能性を、提供する。さらに、これらのフラットおよび隔壁は、外側殻体により支持される包括的荷重を最小化するためにも、および、これらの荷重を内側軸に戻すためにも、使用される。例えば隔壁440は波および水流の結果として剪断力が加えられ得る。
一実施形態では、支柱の外側殻体415は圧力容器として作用し得る。その角材(壁部厚さおよび補剛)は、外側殻体を形成するために使用されるプレートに印加される局部的圧力の効果を最小化することにより、最小化され得る。この局部的圧力の低減は、内部静圧を提供することにより流体静力学的水位および海洋波からの外部圧力を均衡させることにより達成され得る。例えば鉄鋼製の円筒形外側殻体415に対して、内部圧力が常に外部圧力を上回る場合に最良の構成が得られる。外部圧力は、圧縮性のフープ応力下で座屈を生じさせ、その一方で、内部圧力は殻体に引っ張り応力を生じさせる。許容可能な応力は、座屈におけるより高い不安定性により、鉄鋼において圧縮応力よりも引っ張り状況下で、より高い。
外側殻体に対して鉄鋼シリンダを使用することの1つの利点は、環状永続的バラスト区画450が内部で加圧され得ることである。内部静圧は、内側軸と外側殻体との間の環状永続的バラスト区画450における液体またはガス状のバラストにより作られ得る。液体バラストの場合、バラストの高さは、どれだけの圧力が外側圧力から引かれ得るかを決定する。例えば、区画が平均水位線の10メートル下方に位置し、暴風波浪からの圧力が追加的に10メートル上方に到達することが期待される場合、20水柱メートル(すなわち0.2MPaまたは2バール)が、外部圧力を相殺するために、区画内に提供されるべきである。これは、支柱の上端部に、かつ、グリーンウォーターの到達地点の上方に、配置された排出口に達するまで区画を水で完全に充填することにより達成され、それにより偶発的な浸水が防止される。
一実施形態では、排出口は、バラスト区画上の吸気バルブおよび排気バルブを含み得る。吸気バルブおよび排気バルブは通常動作の際には密閉され得る。吸気バルブおよび排気バルブは、さらに、バラスト区画が充填される際に排気を実施することにより、および逆に、バラスト区画がドレインされる際に吸気を実施することにより、充填時に大気圧がバラスト水の上部において保持されることを保証し得る。この場合、支柱が平均水位線の上方の11メートルまで延長する場合、排出口は平均水位線の上方の約11.75メートルの位置に配置され、バラスト区画の加圧のために20メートルを越える水柱が提供されるであろう。この圧力は、外部圧力を相殺するにあたり十分である。支柱は通常、平均水位線の上方約10メートルに立ち、そのため暴風波浪が支柱の上部上に設けられた機材を損傷することはなく、水が排出口を通って浸入することはない。
いくつかの実施形態では、安定支柱における内側軸と外側殻体との間の内部静圧は、均一に加圧されたガスを使用して達成され得る。係る場合では、バラスト区画は、設置時にバラスト区画の上部に設けられた吸気バルブおよび排気バルブを通して、加圧され、したがって、吸気バルブおよび排気バルブを有する排出口は不必要であり得る。圧力は圧力センサを通して監視され得る。バラスト区画内の圧力変動が、バラスト区画外部の静水圧(水深に線形比例する)と同一の傾向にしたがうことなく、代わって均一であるため、バラスト区画内の圧力は、バラスト区画の全レベルに対して最適値に設定され得る。液体バラストの場合とは異なり、必要に応じて、水柱の高さよりもわずかに高い圧力(例えば数バール高い圧力)に設定され得る。
いくつかの実施形態では、能動的バラスト区画460内の圧力は、大気への排出を介して動的に制御され得る。これらの大気圧排気口は、空気が、能動的バラストシステムに進入するよう、排出されることを可能にする構造物を含み得る。しかし排出口は通常の海洋動作の際に、海水の望ましくない取り入れが防止されるよう、遮蔽されなければならない。一実施形態では、吸入バルブおよび排出バルブは、区画内の圧力を上昇または低下させるために使用され得る。例えば、圧力監視システムが圧力センサを使用して能動的バラスト区画460を監視し得る。圧力損失が生じた場合、アラームが起動され、圧力調整が、自動的に、またはユーザ入力を介して、実施され得る。係る調整は、液体バラストが支柱の上部まで排出口へと延長する場合、蒸発も相殺し得る。内部圧力は、所与の区画と排出口の上部との間で延長する水柱からの圧力にほぼ等しい値に維持され得る。20メートル〜40メートルの範囲で変動する通常の支柱高さに対して内部圧力は4バールまでの値となるであろう。
図5aではWEP220a、220b、および220cの詳細が示されている。WEP220a、220b、および220cは安定支柱のキール端部に直接的に接続された平坦な補剛プレート505である。これらのWEPは支柱の底部平坦キール465から外向きに片持ち梁状に突出し、支持のために既存の構造要素を使用する。例えばWEPは1対の下方水平主要管状部材510に接続され得る。ここでこれらの管状部材510のスパンは安定支柱と交差する。WEPは支柱のキール465にも接続され得る。WEPは、周縁ガーダー515および径方向ガーダー520により支持される。径方向ガーダー520は流体力学的荷重に起因する曲げ荷重を支柱へと戻すように伝達する。これらのフラットは、径方向ガーダー520がフラットガーダーと合致し、それにより荷重を内側軸に戻すように伝達するよう、補剛される。追加的な剛性のために、ニーブレース525が使用され得る。ニーブレース525は、小さい直径(例えば1.5メートルよりも小さい)を有し、WEPからの垂直流体力学的荷重を主に軸方向荷重として支持し、これらの荷重を支柱外側殻体に戻すように伝達し得る、管状部材である。支柱外側殻体はこれらの荷重を支持するために局部的に補強される。WEPと支柱との間のこれらの接続は、疲労分析および強度解析の対象である。
図5bでは、WEP220a、220b、および220cの他の実施形態が示されている。この実施形態では、平坦補剛プレート530は安定支柱キール端部の周縁の少なくとも1部分から径方向に延長する。平坦補剛プレート530は、安定支柱535に接続された2つの下方水平主要管状部材510の方向にも、径方向に延長する。図5aで示されているWEPと同様に、図5bで示されているWEPは支柱535のキール端部465から片持ち梁状に外向きに突出し、支持のために2つの下方水平主要管状部材540aおよび540bを使用し得る。この実施形態におけるWEPは、周縁ガーダー545および径方向ガーダー550により支持される。径方向ガーダー550は曲げ荷重を支柱535へと戻すように伝達する。管状部材ニーブレース555は、WEPからの垂直流体力学的荷重を支持し、これらの荷重を支柱535に戻すように伝達し得る。図5bで示されているように、2つの下方水平主要管状部材540aおよび540bの方向に径方向に延長するWEPの部分は、支柱535の少なくとも1部分から径方向に延長するWEP部分から三角形状のWEP延長部を生成する。
さらに、いくつかの実施形態では、支柱535から径方向に延長するWEP部分は、必ずしも支柱535の周縁全体から延長するものではない。例えば、補剛プレートが存在しない1つまたは複数の間隙エリア560が存在し得る(図4bでもキール465の隣に示されている)。したがってWEPの組み合わされた構造物(すなわち、安定支柱キール端部から径方向に延長し、安定支柱に接続された2つの下方水平主要管状部材の方向に径方向に延長する、平坦補剛プレート)は、図4aおよび図5bで示されているように上部に間隙を有する鍵穴の形状を有する。WEPの形状およびサイズはさらに、様々な設計制約、および、プラットフォーム構造物が海洋に展開されたときに予想される環境状態に対応するよう、変更され得る。
支柱の直径および位置を含むプラットフォームレイアウトは、最適な構造構成が達成されるよう、プロジェクトの仕様に応じて調整され得る。図6では支柱およびトラス部材の寸法の詳細図が示されている。支柱605(風力タービン発電機タワー620を支持する支柱)の直径D1は支柱610および支柱615の直径D2によりも大きい値であり得る。さらに支柱610の中心と支柱615の中心との間の距離は、支柱605の中心と支柱610または支柱615の中心との間の距離よりも、大きい値であってもよく、または小さい値であってもよい。この構造構成では、支柱605を支柱610に接続する軸と支柱605を支柱615に接続する軸との間の角度は、45〜60度の範囲で、または60〜90度の範囲で、変動し得る。3つの支柱の水線より上の高さ(乾舷)および水線より下の高さ(喫水)は気象海洋物理学的環境、製造ならびに設置上の制約、およびタービン性能に応じて、調整される。
上記での浮体式風力タービンプラットフォームに関する記載は、他の構成が実装される場合があるため、特性の網羅的一覧を表すものではない。追加的に、これらの構造物は、単独で、または相互に組み合わされた状態で、使用され得る。したがって本明細書で開示の技術の使用を例示する事例は、限定的な事例または好適な事例として解釈されるべきではない。上記で記載の事例は、過度に複雑化することなく開示した技術を単に例示するために使用されたものである。係る事例は、本明細書で開示の技術の必ずしも全部を例示することを意図するものではない。
主題技術について、以下で記載の様々な態様にしたがって例示する。3つの長尺安定支柱を含む浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームが提供される。3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、上端部、キール端部、および内側軸を含む外側殻体を有する。3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、そのキール端部において水エントラップメントプレートも有する。さらに各水エントラップメントプレートは、安定支柱の長手方向軸に対して垂直な平面において片持ち梁状に突出する。
追加的に、浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームは3つのトラス部材を含み、各トラス部材は、2つの水平主要管状部材および2つの対角線状管状部材を含む。これらの水平主要管状部材のうちの各水平主要管状部材は、3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の内側軸に接続するための第1端部と、3つの安定支柱のうちの異なる1つの安定支柱の内側軸に接続するための第2端部と、を含む。相互接続された3つの安定支柱および3つのトラス部材は、3つの安定支柱の長手方向軸に対して垂直な平面において三角形断面を形成する。ここで、この三角形断面の3つの辺は3つのトラス部材であり、三角形断面の3つの頂点は3つの安定支柱である。各トラス部材に対して、2つの対角線状管状部材のうちの各対角線状管状部材も第1端部および第2端部を有し、各対角線状管状部材の第1端部は1つの安定支柱の内側軸に接続され、各対角線状管状部材の第2端部は同一のトラス部材における水平管状部材のうちの1つの管状部材に接続される。浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームは、タワーの長手方向軸が安定支柱の長手方向軸に対して実質的に平行となるよう3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の上端部の上方に配置された長尺の風力タービンタワーをさらに含む。
一実施形態では、パイ形状切抜部がこれらの支柱外側殻体の各外側殻体の側部上に配置され、それにより、3つのトラス部材のうちの2つの対応するトラス部材が内側軸に接続するための間隙が提供される。いくつかの実施形態では3つのトラス部材は3つの安定支柱の支柱外側殻体にも接続される。3つのトラス部材は、支柱外側殻体を貫通し、支柱外側殻体に接続されるとともに、内側軸にも接続される。
いくつかの実施形態では、3つのトラス部材のうちの1つのトラス部材は他の2つのトラス部材とは長さが異なり、そのために二等辺三角形である三角形断面が形成される。風力タービンタワーは、この実施形態では、同一の長さの他の2つのトラス部材に接続された安定支柱の上端部の上方に配置される。
一実施形態では、3つのトラス部材が等しい長さを有し、この場合、形成される三角形断面は正三角形である。
いくつかの実施形態では、環状区画が、すべての支柱外側殻体のうちの各支柱外側殻体と、対応する内側軸と、の間に形成される。これらの環状区画は液体および気体のうちの少なくとも1つで加圧可能である体積を提供する。
一実施形態では、3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱は、他の2つの安定支柱よりも直径が大きく、風力タービンタワーは、より大きい直径を有する1つの安定支柱の上端部の上方に配置される。
一実施形態では、バラストタンクが3つの安定支柱のうちの各安定支柱内に配置される。バラストタンクは、バラスト制御システムにより3つの安定支柱間で伝達可能であるバラストを収容するために使用される。
いくつかの実施形態では、3つの安定支柱のうちの各安定支柱の支柱外側殻体は、隔壁、リングガーダー、およびリング補剛円筒形フラットのうちの少なくとも1つにより、構造的に支持される。いくつかの実施形態では、3つの安定支柱のうちの各安定支柱の内側軸はリングガーダーにより、構造的に支持される。いくつかの実施形態では、3つの安定支柱のうちの各安定支柱の支柱外側殻体は、隔壁、リングガーダー、およびリング補剛円筒形フラットのうちの少なくとも1つにより構造的に支持され、3つの安定支柱のうちの各安定支柱の内側軸はリングガーダーにより構造的に支持される。
一実施形態では、各水エントラップメントプレートは、i)安定支柱キール端部の周縁の少なくとも1部分から径方向に、および、ii)安定支柱に接続されたトラス部材のうちの2つのトラス部材の方向に径方向に、延長する。一実施形態では、径方向に延長することの結果として、各水エントラップメントプレートは、当該プレートの平面において略鍵穴形状を形成する。
3つの長尺安定支柱を含む浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームも提供される。なおこの風力タービンプラットフォームでは、3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、上端部を、キール端部を、および、外側殻体と支柱外側殻体により収容される内側軸との間の環状区画を、有する。3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、そのキール端部において水エントラップメントプレートを有する。水エントラップメントプレートは、安定支柱の長手方向軸に対して垂直な平面において片持ち梁状に突出する。
浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームは3つのトラス部材を含み、各トラス部材は、2つの水平主要管状部材および2つの対角線状管状部材を含む。これらの水平主要管状部材のうちの各水平主要管状部材は、3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の内側軸に接続するための第1端部と、3つの安定支柱のうちの異なる1つの安定支柱の内側軸に接続するための第2端部と、を含む。相互接続された3つの安定支柱および3つのトラス部材は、3つの安定支柱の長手方向軸に対して垂直な平面において三角形断面を形成する。ここで、この三角形断面の3つの辺は3つのトラス部材であり、三角形断面の3つの頂点は3つの安定支柱である。各トラス部材に対して、2つの対角線状管状部材のうちの各対角線状管状部材も第1端部および第2端部を有し、各対角線状管状部材の第1端部は1つの安定支柱の内側軸に接続され、各対角線状管状部材の第2端部は同一のトラス部材における水平管状部材のうちの1つの管状部材に接続される。浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームは、タワーの長手方向軸が安定支柱の長手方向軸に対して実質的に平行となるよう3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の上端部の上方に配置された長尺の風力タービンタワーをさらに含む。
いくつかの実施形態では、環状区画は、隔壁およびリング補剛円筒形フラットのうちの少なくとも1つにより、分離される。一実施形態では、3つの安定支柱のうちの各安定支柱の支柱外側殻体は、隔壁、リング補剛円筒形フラット、およびリングガーダーのうちの少なくとも1つにより、構造的に支持される。
いくつかの実施形態では、3つのトラス部材のうちの1つのトラス部材は他の2つのトラス部材とは長さが異なり、そのために二等辺三角形である三角形断面が形成される。風力タービンタワーは、同一の長さの他の2つのトラス部材に接続された安定支柱の上端部の上方に配置される。
一実施形態では、3つのトラス部材が等しい長さを有し、この場合、形成される三角形断面は正三角形である。
いくつかの実施形態では、環状区画は液体および気体のうちの少なくとも1つで加圧可能であり得る体積を提供する。
一実施形態では、3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱は、他の2つの安定支柱よりも直径が大きく、風力タービンタワーは、より大きい直径を有する1つの安定支柱の上端部の上方に配置される。
以前の記載は、本明細書で記載の様々な態様を当業者が実施することを可能にするために提供されたものである。これらの態様に対する様々な変更は、当業者には容易に明らかとなるであろう。本明細書で定められた一般的な原則は他の態様にも当てはまり得る。したがって、請求項は、本明細書で示された態様に限定されることを意図するものではなく、請求項の言語と首尾一貫する全範囲にしたがって解釈されるべきである。単数形における1つ要素に関する参照は、特記なき限り「1つであって、ただ1つに限定される」ことを意味するものではなく、むしろ「1つまたは複数」を意味する。
「態様」などの語句は、係る態様が主題技術に対して必要不可欠であること、または、係る態様が主題技術のすべての構成に当てはまることを、意味するものではない。1つの態様に関する開示は、すべての構成に当てはまってもよく、または1つまたは複数の構成に当てはまってもよい。態様などの語句は、1つまたは複数の態様を指す場合があり、その逆もまた成り立つ。「構成」などの語句は、係る構成が主題技術に対して必要不可欠であること、または、係る構成が主題技術のすべての構成に当てはまること、を意味するものではない。1つの構成に関する開示は、すべての構成に当てはまってもよく、または1つまたは複数の構成に当てはまってもよい。構成などの語句は、1つまたは複数の構成を指す場合があり、その逆もまた成り立つ。
本明細書で用いる用語「例示的」は、「事例または例示として役立つ」ことを意味するために使用される。本明細書で「例示的」であるとして記載された態様または設定は、他の態様または設計に対して好適または有利であると必ずしも解釈されるべきでない。本開示を通して記載された様々な態様の構成要素に対する、当業者に対して既知であるか、または将来既知となるであろう、すべての構造的および機能的均等物は、参照することにより本明細書に特に援用され、請求項に含まれることを意図する。

Claims (22)

  1. 浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォームであって、
    3つの長尺安定支柱であって、前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、上端部、キール端部および内側軸を含む外側殻体を、含み、前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、そのキール端部において水エントラップメントプレートを有し、各水エントラップメントプレートは、前記安定支柱の前記外側殻体の表面から外向きに延在する、3つの長尺安定支柱と、
    3つのトラス部材であって、各トラス部材は2つの横方向主要管状部材および2つの対角線状管状部材を含み、前記相互接続された3つの安定支柱および3つのトラス部材が、前記3つの安定支柱の前記長手方向軸に対して垂直である平面において三角形断面を形成するよう、前記横方向主要管状部材のうちの各横方向主要管状部材は、前記3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の前記内側軸に接続するための第1端部と、前記3つの安定支柱のうちの異なる1つの安定支柱の前記内側軸に接続するための第2端部と、を有し、前記三角形断面の3つの辺は前記3つのトラス部材であり、前記三角形断面の3つの頂点は前記3つの安定支柱であり、各トラス部材に対して、前記2つの対角線状管状部材のうちの各対角線状管状部材は第1端部および第2端部を有し、各対角線状管状部材の前記第1端部は1つの安定支柱の前記内側軸に接続され、各対角線状管状部材の前記第2端部は前記同一のトラス部材における前記横方向管状部材のうちの1つの管状部材に接続される、3つのトラス部材と、
    前記3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の前記上端部の上方に配置された長尺風力タービンタワーと、
    を含む、浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  2. 前記3つのトラス部材のうちの2つの対応するトラス部材が前記内側軸に接続されるための間隙を提供するために、切抜部が前記支柱外側殻体のうちの各支柱外側殻体の側面上に配置されている、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  3. 前記3つのトラス部材は前記3つの安定支柱の前記支柱外側殻体にも接続され、前記3つのトラス部材は、前記支柱外側殻体を貫通し、前記支柱外側殻体に接続され、前記内側軸にも接続されている、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  4. 前記3つのトラス部材のうちの1つのトラス部材は前記他の2つのトラス部材とは長さが異なり、前記三角形断面は二等辺三角形である、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  5. 前記風力タービンタワーは、同一の長さの前記他の2つのトラス部材に接続された前記安定支柱の前記上端部の上方に配置されている、請求項4に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  6. 前記3つのトラス部材は長さが等しく、前記三角形断面は正三角形である、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  7. 環状区画が、各支柱外側殻体と、対応する内側軸と、の間に形成され、前記環状区画は液体および気体のうちの少なくとも1つで加圧可能である体積を提供する、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  8. 前記3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱は前記他の2つの安定支柱よりも直径が大きく、前記風力タービンタワーは、前記より大きい直径を有する前記1つの安定支柱の前記上端部の上方に配置されている、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  9. バラストタンクが前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱内に配置され、前記バラストタンクは、バラスト制御システムにより前記3つの安定支柱間で移動可能であるバラストを収容するために使用される、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  10. 前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱の前記支柱外側殻体は、隔壁、リングガーダー、およびリング補剛円筒形フラットのうちの少なくとも1つにより構造的に支持される、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  11. 前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱の前記内側軸はリングガーダーにより構造的に支持される、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  12. 前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱の前記支柱外側殻体は、隔壁、リングガーダー、およびリング補剛円筒形フラットのうちの少なくとも1つにより構造的に支持され、前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱の前記内側軸はリングガーダーにより構造的に支持される、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  13. 各水エントラップメントプレートは、i)前記安定支柱キール端部の周縁の少なくとも一部から径方向に、および、ii)前記安定支柱に接続された前記トラス部材のうちの2つのトラス部材の方向に径方向に、延長する、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  14. 3つの長尺安定支柱であって、前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、上端部を、キール端部を、および、外側殻体と、前記支柱外側殻体により収容される内側軸と、の間の環状区画を、含み、前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱は、そのキール端部において水エントラップメントプレートを有し、各水エントラップメントプレートは、前記安定支柱の前記外側殻体の表面から外向きに延在する、3つの長尺安定支柱と、
    3つのトラス部材であって、各トラス部材は2つの横方向主要管状部材および2つの対角線状管状部材を含み、前記相互接続された3つの安定支柱および3つのトラス部材が、前記3つの安定支柱の前記長手方向軸に対して垂直である平面において三角形断面を形成するよう、前記横方向主要管状部材のうちの各横方向主要管状部材は、前記3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の前記内側軸に接続するための第1端部と、前記3つの安定支柱のうちの異なる1つの安定支柱の前記内側軸に接続するための第2端部と、を有し、前記三角形断面の3つの辺は前記3つのトラス部材であり、前記三角形断面の3つの頂点は前記3つの安定支柱であり、各トラス部材に対して、前記2つの対角線状管状部材のうちの各対角線状管状部材は第1端部および第2端部を有し、各対角線状管状部材の前記第1端部は1つの安定支柱の前記内側軸に接続され、各対角線状管状部材の前記第2端部は前記同一のトラス部材における前記横方向管状部材のうちの1つの管状部材に接続される、3つのトラス部材と、
    前記3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱の前記上端部の上方に配置された長尺風力タービンタワーと
    を含む、浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  15. 前記環状区画は隔壁およびリング補剛円筒形フラットのうちの少なくとも1つにより分離される、請求項14に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  16. 前記3つの安定支柱のうちの各安定支柱の前記支柱外側殻体は前記隔壁、前記リング補剛円筒形フラット、およびリングガーダーにより構造的に支持される、請求項15に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  17. 前記3つのトラス部材のうちの1つのトラス部材は前記他の2つのトラス部材とは長さが異なり、前記三角形断面は二等辺三角形であり、前記風力タービンタワーは、同一の長さの前記他の2つのトラス部材に接続された前記安定支柱の前記上端部の上方に配置されている、請求項14に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  18. 前記3つのトラス部材は等しい長さであり、前記三角形断面は正三角形である、請求項14に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  19. 前記環状区画は、液体および気体のうちの少なくとも1つで加圧可能であり得る体積を提供する、請求項14に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  20. 前記3つの安定支柱のうちの1つの安定支柱は前記他の2つの安定支柱よりも直径が大きく、前記風力タービンタワーは、前記より大きい直径を有する前記1つの安定支柱の前記上端部の上方に配置されている、請求項14に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
  21. 前記長尺風力タービンタワーの前記長手方向軸が前記安定支柱の前記長手方向軸と実質的に平行になるように、前記長尺風力タービンタワーが前記3つの安定支柱のうち1つの安定支柱の前記上端部の上方に配置される、請求項1に記載の浮体式風力タービンプラットフォーム。
  22. 前記長尺風力タービンタワーの前記長手方向軸が前記安定支柱の前記長手方向軸と実質的に平行になるように、前記長尺風力タービンタワーが前記3つの安定支柱のうち1つの安定支柱の前記上端部の上方に配置される、請求項14に記載の浮体式かつ半潜水型の風力タービンプラットフォーム。
JP2017565780A 2015-06-19 2016-06-17 波荷重および風荷重の最適化された伝達を有する浮体式風力タービンプラットフォーム構造物 Active JP6609328B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201562182245P true 2015-06-19 2015-06-19
US62/182,245 2015-06-19
PCT/US2016/038235 WO2016205746A1 (en) 2015-06-19 2016-06-17 Floating wind turbine platform structure with optimized transfer of wave and wind loads

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018519205A JP2018519205A (ja) 2018-07-19
JP6609328B2 true JP6609328B2 (ja) 2019-11-20

Family

ID=57546469

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017565780A Active JP6609328B2 (ja) 2015-06-19 2016-06-17 波荷重および風荷重の最適化された伝達を有する浮体式風力タービンプラットフォーム構造物

Country Status (13)

Country Link
US (2) US9810204B2 (ja)
EP (1) EP3310647B1 (ja)
JP (1) JP6609328B2 (ja)
KR (2) KR20180125633A (ja)
CN (2) CN107709152B (ja)
AU (1) AU2016279059B2 (ja)
CA (1) CA2989615A1 (ja)
DK (1) DK3310647T3 (ja)
HK (1) HK1251207B (ja)
PT (1) PT3310647T (ja)
TW (1) TWI656281B (ja)
WO (1) WO2016205746A1 (ja)
ZA (1) ZA201800231B (ja)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2807373B1 (en) * 2012-01-23 2019-03-13 MHI Vestas Offshore Wind A/S Coordinated control of a floating wind turbine
DE102013222081B4 (de) * 2013-10-30 2016-05-12 Gicon Windpower Ip Gmbh In der offenen See schwimmendes und über Abspannmittel mit Ankern verbundenes Tragwerk für Windkraftanlagen, Servicestationen oder Konverterstationen
CN107709152B (zh) * 2015-06-19 2019-04-16 原理动力有限公司 具有波浪载荷和风载荷的优化传递的浮式风力涡轮机平台结构
US9945359B2 (en) * 2015-08-13 2018-04-17 Abb Schweiz Ag DC output wind turbine with power dissipation
FR3048409B1 (fr) * 2016-03-02 2018-03-23 IFP Energies Nouvelles Systeme de stabilisation, en particulier pour un support flottant, avec au moins trois reserves de liquide reliees entre elles
ES2617991B1 (es) * 2017-02-14 2018-03-27 Berenguer Ingenieros S.L. MARITIME STRUCTURE FOR THE FOUNDATION BY GRAVITY OF BUILDINGS, FACILITIES AND AEROGENERATORS IN THE MARINE ENVIRONMENT
KR101840649B1 (ko) * 2017-11-20 2018-03-21 알렌 주식회사 해상 발전플랫폼의 부유시스템
DE102018113470A1 (de) * 2018-06-06 2019-12-12 Aerodyn Consulting Singapore Pte Ltd Verfahren zum Absenken einer schwimmenden Windenergieanlage von einer Transportposition in eine Arbeitsposition und schwimmende Windenergieanlage
CN109026551B (zh) * 2018-08-27 2020-04-14 浙江大学 基于调谐液柱振荡阻尼器的新型漂浮式风力机基础平台
CA3057491A1 (en) 2018-10-04 2020-04-04 Cory Williams Wind turbine foundation and method of constructing a wind turbine foundation
FR3090567B1 (fr) * 2018-12-24 2021-05-21 Doris Eng Plateforme navale de support d’une éolienne et installation navale associée
CN109737014A (zh) * 2019-02-22 2019-05-10 上海勘测设计研究院有限公司 一种半潜漂浮式基座的平衡控制系统、以及风力发电机组
US10612523B1 (en) * 2019-06-01 2020-04-07 Nagan Srinivasan Offshore monopile wind turbine with triangular support structure
CN111688874A (zh) * 2020-05-27 2020-09-22 中交第二公路工程局有限公司 一种浪涌条件下的组合式稳定平台及应用

Family Cites Families (99)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB1065216A (en) 1964-10-30 1967-04-12 Alden James Laborde Platform for afloat-condition drilling
US3835800A (en) 1968-02-13 1974-09-17 Santa Fe Drilling Co Twin hull semi-submersible derrick barge
US4166426A (en) 1971-09-02 1979-09-04 Santa Fe International Corporation Method of construction of twin hull variable draft vessel
CA996764A (en) 1973-12-20 1976-09-14 Derrick W. Thoms Anchoring offshore drilling platform
US4167147A (en) 1976-01-19 1979-09-11 Seatek Corp. Method and apparatus for stabilizing a floating structure
US4538939A (en) 1984-02-17 1985-09-03 Transworld Drilling Company Method for ballasting a vessel
US4616590A (en) 1984-05-07 1986-10-14 Baldt Incorporated Acoustical mooring release system
US4648848A (en) 1985-11-12 1987-03-10 Fluor Corporation Spar buoy fluid transfer system
JP2515750B2 (ja) 1986-07-31 1996-07-10 ヤマハ発動機株式会社 風力発電装置の制御方法
US4781023A (en) 1987-11-30 1988-11-01 Sea Energy Corporation Wave driven power generation system
JPH03235789A (en) 1990-02-14 1991-10-21 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd Ballast water control method for offshore structure
JP2557740B2 (ja) 1990-11-29 1996-11-27 五洋建設株式会社 鉛直係留式洋上浮遊プラットホームのテンドン緊張力導入方法
JPH06158571A (ja) 1992-11-20 1994-06-07 Japan Aircraft Mfg Co Ltd 浮体の係留ロープ
MX9704642A (es) 1994-12-23 1997-09-30 Shell Int Research NON-COASTAL PLATFORM WITH SUPPLEMENTARY SUPPORT FOR FLOATING DRILL TOWER.
DE19620906C2 (de) 1996-05-24 2000-02-10 Siemens Ag Windenergiepark
DE19802574A1 (de) 1998-01-23 1999-03-11 Siemens Ag Windkraftanlage und Verfahren zum Betrieb einer Windkraftanlage
US6190089B1 (en) * 1998-05-01 2001-02-20 Mindoc, Llc Deep draft semi-submersible offshore structure
JP2000203487A (ja) 1999-01-18 2000-07-25 Sumitomo Heavy Ind Ltd 浮体係留装置
FI107184B (fi) 1999-11-11 2001-06-15 Asko Fagerstroem Menetelmä ja järjestelmä offshore-tuulivoimalan asentamiseksi merelle ja/tai noutamiseksi mereltä, ja offshore-tuulivoimala
DE19955586A1 (de) 1999-11-18 2001-06-13 Siemens Ag Windkraftanlage
JP2001180584A (ja) 1999-12-21 2001-07-03 Sumitomo Heavy Ind Ltd セミサブ型浮体構造物
DE20001864U1 (de) 2000-02-03 2000-04-20 Siemens Ag Windradgruppe mit zumindest zwei Windrädern
US6503023B2 (en) 2000-05-12 2003-01-07 Abb Lummus Global, Inc. Temporary floatation stabilization device and method
US6390008B1 (en) 2000-10-05 2002-05-21 Christopher Louis Beato Tender for production platforms
DE20020232U1 (de) 2000-11-29 2002-01-17 Siemens Ag Windkraftanlage mit Hilfsenergieeinrichtung zur Verstellung von Rotorblättern in einem Fehlerfall
JP4743953B2 (ja) 2000-12-18 2011-08-10 三井造船株式会社 浮体式風力発電装置及びその設置方法
WO2002073032A1 (en) 2001-03-08 2002-09-19 Ishikawajima-Harima Jukogyo Kabushiki Kaisha Offshore floating wind power generation plant
WO2002088475A1 (en) * 2001-04-26 2002-11-07 Suction Pile Technology B.V. Marine structure
US6558215B1 (en) 2002-01-30 2003-05-06 Fmc Technologies, Inc. Flowline termination buoy with counterweight for a single point mooring and fluid transfer system
US6651580B2 (en) 2002-02-22 2003-11-25 Globalsantafe Corporation Method and system for mooring
EP1363019A3 (de) 2002-05-18 2010-08-25 Siemens Aktiengesellschaft Mehrstufiger Windgenerator mit Wellen und Kupplungsystem
JP2003343447A (ja) 2002-05-21 2003-12-03 Marino Forum 21 深層水汲み上げ装置、及び海洋肥沃化装置
NO317431B1 (no) 2002-05-22 2004-10-25 Sway As Anordning ved vindkraftverk pa dypt vann
JP4197929B2 (ja) 2002-11-25 2008-12-17 株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド 浮体構造物の動揺抑制機構を用いた海水汲み上げ装置
JP3944445B2 (ja) 2002-11-27 2007-07-11 日立造船株式会社 洋上風力発電設備
US7156586B2 (en) 2003-01-06 2007-01-02 Vestas Wind Systems A/S Wind turbine with floating foundation
JP2004218436A (ja) 2003-01-09 2004-08-05 National Maritime Research Institute 風力発電装置
US7086809B2 (en) 2003-01-21 2006-08-08 Marine Innovation & Technology Minimum floating offshore platform with water entrapment plate and method of installation
JP2004251139A (ja) 2003-02-18 2004-09-09 Central Res Inst Of Electric Power Ind 浮揚式水上風力発電システム
US7242107B1 (en) 2003-03-17 2007-07-10 Harry Edward Dempster Water-based wind-driven power generation using a submerged platform
DE20310089U1 (de) 2003-07-01 2004-12-02 Wobben, Aloys Windenergieanlage
JP4401703B2 (ja) 2003-08-27 2010-01-20 三井造船株式会社 洋上風力発電装置の設置方法
GB0321768D0 (en) 2003-09-17 2003-10-15 Ocean Power Delivery Ltd Mooring system
JP2011503422A (ja) * 2007-11-12 2011-01-27 オーシャン ウィンド テクノロジー, エルエルシー 発電アセンブリ
DE102004005543A1 (de) 2004-02-04 2005-09-01 Siemens Ag Windkraftanlage
DE102004013131A1 (de) 2004-03-17 2005-10-06 Siemens Ag Windkraftanlage
JP2005271673A (ja) 2004-03-24 2005-10-06 Hitachi Zosen Corp 浮体構造物における姿勢制御装置
US7152347B2 (en) 2004-06-17 2006-12-26 Herzog Contracting Corporation Method and apparatus for applying railway ballast
JP2006274816A (ja) 2005-03-28 2006-10-12 Shinko Electric Co Ltd 耐水没型発電装置
NO20052704L (no) * 2005-06-06 2006-12-07 Norsk Hydro As Flytende vindturbininstallasjon.
JP2007002721A (ja) 2005-06-23 2007-01-11 Teruo Kinoshita レバー体式の海洋風車ポンプ装置、風車人工漁場と洋上浮遊風力発電所
CN101356092B (zh) 2005-12-22 2011-08-03 蓝水能源服务有限公司 系泊系统
JP2007263077A (ja) 2006-03-29 2007-10-11 National Maritime Research Institute 洋上風力発電設備
JP4848215B2 (ja) 2006-07-07 2011-12-28 日本海洋掘削株式会社 浮体式構造物の補助浮力体及び浮体式構造物の改造方法
DE102006033215B4 (de) 2006-07-13 2008-11-06 They, Jan, Dr. Vorrichtung zur stabilen Lagerung von Anlagen oder Bauwerken auf See
US7575397B2 (en) 2006-08-14 2009-08-18 Sergey Sharapov Floating platform with non-uniformly distributed load and method of construction thereof
JP2008095512A (ja) 2006-10-06 2008-04-24 Denso Corp スロットルバルブ装置
GB2442718A (en) 2006-10-10 2008-04-16 Iti Scotland Ltd Wave and wind power generation system
GB2442719A (en) 2006-10-10 2008-04-16 Iti Scotland Ltd Wave and wind power generation system
NZ551485A (en) 2006-11-21 2009-06-26 Ind Res Ltd Wave energy converter
NO327871B1 (no) * 2007-11-19 2009-10-12 Windsea As Flytende vindkraftanordning
PL2727813T3 (pl) 2008-04-23 2018-07-31 Principle Power, Inc. Sea platform with water trap damping plates and asymmetrical mooring system supporting offshore wind turbines stabilized with columns
EP2143629B1 (en) 2008-07-08 2013-04-24 Siemens Aktiengesellschaft Arrangement for stabilization of a floating foundation
WO2010021655A2 (en) 2008-08-18 2010-02-25 Samuel Roznitsky Deep offshore floating wind turbine and method of deep offshore floating wind turbine assembly, transportation, installation and operation
JP5301929B2 (ja) 2008-09-11 2013-09-25 三井造船株式会社 緊張係留浮体と緊張係留浮体の曳航及び設置方法
JP5190329B2 (ja) 2008-11-11 2013-04-24 三井造船株式会社 緊張係留浮体のための支援用浮体、及び、これを用いた緊張係留浮体の曳航方法と設置方法
DK2382389T3 (da) 2008-12-18 2013-11-11 Single Buoy Moorings Flytbare offshore vindturbiner med forinstalleret fortøjningssystem
ES2324276B8 (es) 2009-03-17 2013-11-08 Investigacion Y Desarrollo De Energias Renovables Marinas, S.L. Plataforma flotante para la extraccion de energia eolica
NO330058B1 (no) 2009-03-23 2011-02-14 Pelagic Power As Flytende, oppankret installasjon for energiutvinning
JP5264593B2 (ja) 2009-03-31 2013-08-14 三井造船株式会社 固定用着底部材、緊張係留浮体システム及びその設置方法
KR101248737B1 (ko) 2010-05-06 2013-03-28 미츠비시 쥬고교 가부시키가이샤 해상 풍력 발전 장치
WO2011147482A1 (en) 2010-05-28 2011-12-01 Siemens Aktiengesellschaft Ground anchor, offshore foundation using a ground anchor and method of establishing an offshore foundation
AU2011269929B2 (en) 2010-06-23 2016-08-25 Havkraft As Ocean wave energy system
CN201763510U (zh) * 2010-08-03 2011-03-16 湘潭电机股份有限公司 一种海上可再生能源转换装置
JP5727732B2 (ja) 2010-08-24 2015-06-03 ジャパンマリンユナイテッド株式会社 浮体構造物
US8192160B2 (en) 2010-09-01 2012-06-05 General Electric Company Wind turbine having variable height and method for operating the same
US20120107116A1 (en) 2010-11-03 2012-05-03 Obrecht John M System and method for damping motion of a wind turbine
JP5449111B2 (ja) 2010-11-18 2014-03-19 三菱重工業株式会社 風車およびその制振方法
US20110074155A1 (en) 2010-12-03 2011-03-31 Scholte-Wassink Harmut Floating offshore wind farm, a floating offshore wind turbine and a method for positioning a floating offshore wind turbine
US20140193259A1 (en) 2011-02-03 2014-07-10 Sway As Offshore wind turbine generator connection arrangement and tower system
US20120269628A1 (en) 2011-04-06 2012-10-25 Liu Kuo-Shen Device of Floating Wind Turbine Capable of Counterbalancing Torques Therein
US8662793B2 (en) 2011-05-20 2014-03-04 Carlos Wong Floating wind farm with energy storage facility
FR2977857B1 (fr) * 2011-07-15 2013-08-23 Dcns Support flottant pour une structure offshore telle que notamment une eolienne
GB201117069D0 (en) 2011-10-04 2011-11-16 Tronic Ltd .Installation method and system
CN102490876B (zh) * 2011-12-23 2014-04-02 新疆金风科技股份有限公司 浮动式海上风机运动抑制装置及用于海上风机的浮动基础
EP2807373B1 (en) * 2012-01-23 2019-03-13 MHI Vestas Offshore Wind A/S Coordinated control of a floating wind turbine
GB2501249B (en) 2012-04-16 2014-08-06 Tidal Generation Ltd Water-based power generation installations
TWM436093U (ja) * 2012-05-02 2012-08-21 Houly Co Ltd
CN102758447B (zh) * 2012-07-30 2014-09-17 北京金风科创风电设备有限公司 半潜式海上浮动风机基础
JP5443629B1 (ja) 2012-08-28 2014-03-19 三井造船株式会社 洋上風力発電装置および風力タービン制御装置
JP6026197B2 (ja) 2012-09-24 2016-11-16 三井造船株式会社 浮体構造物およびその動揺低減装置
CN104903572B (zh) 2012-11-30 2018-08-24 菱重维斯塔斯海上风力有限公司 浮体式风力发电装置及该装置的部件搬运方法
EP3686426A1 (en) * 2013-04-01 2020-07-29 Nippon Steel Corporation Floating body structure
JP2014218958A (ja) 2013-05-09 2014-11-20 清水建設株式会社 洋上風力発電用浮体構造物
JP6130207B2 (ja) 2013-05-09 2017-05-17 清水建設株式会社 洋上風力発電用浮体構造物
DE202014004373U1 (de) 2013-06-03 2014-06-24 Siemens Aktiengesellschaft ln die Gründungsstruktur eines Offshore-Bauwerkes integriertes Umspannwerk für Windparks
DE102013222081B4 (de) * 2013-10-30 2016-05-12 Gicon Windpower Ip Gmbh In der offenen See schwimmendes und über Abspannmittel mit Ankern verbundenes Tragwerk für Windkraftanlagen, Servicestationen oder Konverterstationen
JP5798227B2 (ja) 2014-09-11 2015-10-21 三井造船株式会社 浮体の設置方法
CN107709152B (zh) * 2015-06-19 2019-04-16 原理动力有限公司 具有波浪载荷和风载荷的优化传递的浮式风力涡轮机平台结构

Also Published As

Publication number Publication date
US9810204B2 (en) 2017-11-07
AU2016279059B2 (en) 2021-02-04
TW201920833A (zh) 2019-06-01
KR101921279B1 (ko) 2018-11-22
HK1251207B (zh) 2020-04-03
CA2989615A1 (en) 2016-12-22
TWI656281B (zh) 2019-04-11
ZA201800231B (en) 2018-12-19
US20160369780A1 (en) 2016-12-22
EP3310647B1 (en) 2021-03-24
US10174744B2 (en) 2019-01-08
CN107709152B (zh) 2019-04-16
CN109774879B (zh) 2021-03-05
US20180051677A1 (en) 2018-02-22
KR20180043210A (ko) 2018-04-27
DK3310647T3 (da) 2021-05-25
KR20180125633A (ko) 2018-11-23
JP2018519205A (ja) 2018-07-19
EP3310647A4 (en) 2019-01-23
PT3310647T (pt) 2021-04-20
CN107709152A (zh) 2018-02-16
TW201708698A (zh) 2017-03-01
CN109774879A (zh) 2019-05-21
AU2016279059A1 (en) 2018-01-04
EP3310647A1 (en) 2018-04-25
WO2016205746A1 (en) 2016-12-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6484283B2 (ja) 多メガワット海流エネルギー抽出装置
Bachynski et al. Design considerations for tension leg platform wind turbines
CN107709151B (zh) 用于漂浮式风力涡轮机平台的壳体
US9394035B2 (en) Floating wind turbine platform and method of assembling
US7156586B2 (en) Wind turbine with floating foundation
JP5147689B2 (ja) フロート式風力タービン装置
CA2747541C (en) Removable offshore wind turbines with pre-installed mooring system
Lefebvre et al. Preliminary design of a floating support structure for a 5 MW offshore wind turbine
ES2728322T3 (es) Sistema de soporte de turbina eólica flotante
ES2637142T3 (es) Submersible structure of active support for towers of generators and substations or similar elements, in maritime installations
US9194151B2 (en) Transition element for connecting a tower to a jacket
US5555838A (en) Ocean thermal energy conversion platform
JP5860976B2 (ja) 浮体式風力発電装置及び該装置の部品搬送方法
EP1269018B1 (en) Floating offshore wind power installation
JP6039097B2 (ja) 浮遊輸送および設置構造体、および浮遊風力タービン
CN102362068B (zh) 海上风电场
EP1815146B1 (en) Offshore structure support and foundation for use with a wind turbine and an associated method of assembly
US8752495B2 (en) Floating foundation for mass production
CN106164482A (zh) 包括浮动基座的浮动式顺风涡轮机和用于安装这样的风力涡轮机的方法
Musial et al. Feasibility of floating platform systems for wind turbines
CA2743656C (en) Tower segments and method for off-shore wind turbines
KR101171201B1 (ko) 강관말뚝 기초와 조립식 구조물을 사용한 해상풍력 구조물 및 그 시공 방법
Wang et al. Research on floating wind turbines: a literature survey
US20050206168A1 (en) Float type base structure for wind power generationon the ocean
CN100523487C (zh) 一种用来保持水力涡轮机的设备

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180216

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190213

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20190213

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20190225

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190409

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20190708

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190906

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20191001

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20191025

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6609328

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150